2009年02月26日

乙女の祈り

先日読んだコミックのレビューをば♪
たまっていた作品を…
□GIRL×GIRL×BOY 乙女の祈り
■KUJIRAさま
 ○イラスト評価:★★☆☆☆(2.2)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.3)
 ○百合度評価:★★★★★(4.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.3)

これは過日『百合姫S』などとともに購入をしてきたもので、以前拍手で百合かもしれないとお勧めをしていただいた作品となります。
コミックスとしては『つぶらら』や『暁色の潜伏魔女』などと同じものとなります。

内容のほうは、同じ高校に通う風花さんと利理さんの二人の女の子、そしてある日二人と同じクラスに転校してきた一太さんの三人の三角関係を描いた作品…少なくともタイトルはそれを意味しています。
私も読みはじめた当初はそうした内容なのかと思っていたのですけれど…。
風花さんは幼い頃は地味な女の子で男の子たちにいじめられてしまっていたので男の子が嫌いになってしまったかた、そして利理さんはそんな風花さんを昔から護ってきたかた…少しだけ私の書いたこの物語のお二人の境遇に似ている面もあるかもしれません。
一方の一太さんは幼い頃風花さんをいじめてきた中心的人物…途中で転校したのですけれど、高校になって戻ってきてしまったのです。
風花さんは利理さんのことを恋人という気持ちとして好き、利理さんは一太さんのことを好きになってしまった、そして一太さんは昔いじめていた風花さんがものすごくきれいになっているのを見て好きになってしまった…という三角関係が展開されます。

物語は途中まではそんな三角関係が続きますので風花さんへ感情移入をしてしまった身としては非常に切なく、一太さんが非常に邪魔に感じてしまったのですけれど、この物語にはそんな単純なことではすまない展開が待っていました。
実は利理さんも風花さんのことが好きで、でも以前見たTV番組で同性の恋愛は壁が高いことを知って、それで諦めるために一太さんを好きだと言って風花さんにも諦めてもらおうとしたという…。
確かに、現実問題を言うと同性の恋愛はなかなか周囲の理解を得ることは難しいです…ですので、そう考えてしまう利理さんの気持ちもよく解ります。
最後は、一太さんもお二人の応援へ回って、お二人は一緒に…という、ハッピーエンドを迎えるのですけれど…♪

イラストのほうは普通かと思います。
百合的には上に書いたとおり…『百合姫』に掲載される様な、どちらかといえば現実的な百合の物語になっているでしょうか。
ともあれ、なかなかよいお話だったかと思います…先日の『マルスのキス』ほどではないながらも、私の持っている作品ではやや異色かもしれませんけれど。
…そういえば、この作品は以前購入した『百合姫』のコラムで紹介されておりましたね。


私も参加をしている『私立天姫学園』のほうで私が以前から企画をしている武道大会イベントの件ですけれど、けっして忘れているわけではありませんので…!
ただ、今は色々落ち着かなくって…引越しが終わって少ししたあたりでまとめて、そして告知しようかと思いますので、それまでしばしお待ちくださいまし…。

と、こちらのフィンさまが行われたイベントの特設ページではあとがきなども公開されておりますので、イベントに参加されたかたは一度目を通してみるのもよろしいかと…♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
シャッスっ☆

うむむ…その作品は、百合的にはハッピーエンドみたいですけど、余り読む気にはなれない…と言いますか…。

ご気分を害されたなら申し訳ないです;

けれど、私にも経験がありますから…どうも、胸が痛くって…複雑です;

百合な物語は、安心して見れて幸せなのが一番ですよね…☆

うみゅ…イベントは落ち着いてからで、急ぐ必要はないと思います…☆

ようやく、『四季おりおりっ!』に手をつける事ができそう?

でわわ…☆
Posted by 桜花 at 2009年02月26日 07:50
桜花さまへ>
シャッス!です♪
いえいえ、この作品は確かに私向けではあまりありませんでしたし、お気になさらずに…♪
確かに、よき百合作品ではあるといえばあるのですけれども…。

基本的に物語りはそういう安心して読めるものが一番でございます♪

はい、ありがとうございます…♪

それはよいことです…個人的にはなかなかお勧めの作品ですので…♪
Posted by 桜乃彩葉 at 2009年02月26日 08:21
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27222401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック