2009年07月02日

松永いちごのスマイル・ギャ○グ 第29次集会

(い:松永いちごさん・エ:冴草エリスさんです)

い:松永いちごのスマイル・ギャ○グ〜♪

エ:シャッス!
  前回の集会から1ヶ月がたっちゃったわね…もう7月で梅雨時だけど大丈夫かしらね、副ヘッドの冴草エリスよ?

い:シャッス!ですぅ♪
  う〜ん、蒸し暑くってもうダメです、ヘッドの松永いちごですぅ。

エ:全く、相変わらずだらしないわね…しっかりしなさいよね?

い:は、はいですぅ…でも、副ヘッドさんはくーちゃんに似てますね♪

エ:誰よ、それは?

い:先日からはじめた『ロロナのアトリエ』っていうゲームに出てくる子のことですぅ♪

エ:ふぅん、でも私に似ているなんて、どんな感じの子なのよ?

い:えっと、主人公のロロナさんの幼馴染の女の子で名前はクーデリアさんですからくーちゃんって呼ばれてて、普段ツンツンしてますけどでもロロナさんのことが大好きで色々世話を焼いてくれたりする、ちみっこの女の子ですぅ♪

エ:…あによ、それはつまり、私が普段ツンツンしていて背が低い、って言いたいわけ?

い:はいですぅ♪

エ:…何ですって!

い:は、はわっ、お、落ち着いてくださいですぅ。

エ:全く、あんまりふざけたこと言ってるんじゃないわよ…で、その『ロロナのアトリエ』ってゲームは面白いの?

い:はいですぅ、『ヴィオラートのアトリエ』を最後に迷走を続けていた『アトリエ』シリーズもやっと正統派に戻ってきた感じですし、登場人物も男は放っておくとして女の子はいい感じですし、普通に楽しいですぅ♪

エ:まぁ、それは何よりなことね…最近の調子はどうなのよ?

い:はい、順調すぎるのが怖いくらい順調ですぅ…もう街の人たちからの人気も100%になっちゃいましたし。

エ:ふぅん、やるじゃない?

い:あっ、そういえばジオって渋めのおじさんに会ったんですけど、ロロナさんはその人のことをおじいさんって言ってて、キャラ紹介にも老人って書かれてましたっけ…まだ40代なのに。

エ:う、う〜ん、年齢の感覚がこっちとは違うのかしらね?

い:不思議ですぅ…しかもキャラ紹介には実年齢よりも若く見える、なんて書かれてましたし…。

エ:それなのにおじいさん…それはそうと、フィンさんがここにファンサイトを作ってくれた『私立天姫学園』のほうでヘッドが最近このゲームの主人公なコスプレをしてる、って聞いたんだけど…。

い:は、はわ、あれはコスプレじゃなくって、錬金術士の服装なんですぅ!

エ:でも、ヘッドが錬金術に手を出そうとしたのって、結局このゲームの影響なのよね?

い:え、えっと、それもありますけど、その…お姉さまが、この道の人ですし…ごにょ…。

エ:はいはい、ごちそうさま。

い:も、もうっ、な、何なんですぅ?

エ:別に何でもないわよ…その学園のほうって、今はここに特設ページを作ってあるイベントの他に、もう1つ進行中なのがあるわよね?

い:あっ、この『あなたといちゃいちゃしたい42の方法』ですね…昨日もサリサディアさんがぎりぎりで39番を達成したんですけど、今まで何が達成済みなのかちょっとよく解りませんでしたから調べてみました。

エ:ふぅん、で、どうだったのよ?

い:はいです、出席簿で報告されている分だけですと…1、5、6、7、10、13、15、22、24、26、28、29、34、35、36、38番が達成されているみたいですぅ♪

エ:で、昨日で39番も達成、と…まだまだ未達成のものがあるみたいね?

い:そうですね…なかなか狙ってするのは難しいですし、逆に無意識のうちに達成すると報告を忘れちゃいそうですけど、とにかくまだまだ期間はありますし、全部達成できるといいですね♪

エ:そうね…で、今日の企画はあによ?

い:あっ、はいです…もう今年も半年が過ぎちゃいましたね。

エ:そうね…何だかあっという間だった気がするわ。

い:はいです、今日はそんな2009年上半期に読んだコミックでとってもよかったってものを振り返ってみようと思いますぅ♪

エ:2009年上半期に発売した、じゃなくって読んだ、なのね?

い:はいです、その間に読んだものには去年以前に発売したものもありますし、それに今年発売したものでもまだ読めていないものがたくさんありますから。

エ:そうね、昨日の日誌に書いた『ふら・ふろ』とか『ぐーぱん!』とか、楽しみにしてたんだからはやく読んであげなさいよね。
  ま、『ロロナ』があるからなかなか時間が取れないのかもしれないけど。

い:は、はわわ、きょ、今日から読んでいきますぅ。

エ:ま、あんまり未読なコミックを積まない程度にね。

い:は、はいですぅ…とにかく、今日の企画の対象になるのは、今年に入ってからはじめて読んだこの『ひだまりスケッチ』第4巻から先日読んだこの『青い花』までの間に読んだ…
-----
○ひだまりスケッチ(4)
○ストライクウィッチーズ 天空の乙女たち(2)
○うらがアルっ! URA★GIRLS(1)
○黒鉄ぷかぷか隊(1)
○東方儚月抄 Silent Sinner in Blue.(中)
○異聞妖々夢
○天獄パラダイス(2)
○三ツ星クリーニング
○学園Like Love Life(2)
○カプレカ(2)
○みつきにっき
○カシオペア・ドルチェ(1)
○オトメキカングレーテル(1)
○HONEY CRUSH(1)
○flower*flower(1)
○BAMBOO BLADE(10)
○ストロベリーシェイクSweet(2)
○純水アドレッセンス
○星の海のアムリ -月の闇のプラグイン-
○ひめくり倶楽部
○キルミーベイベー(1)
○つぼみ(1・2)
○おとして↓アプリガール(1・2)
○もうすこしがんばりましょう(5)
○GIRL×GIRL×BOY 乙女の祈り
○東方三月精 〜Strange and Bright Nature Deity(2)
○苺ましまろ(6)
○雅さんちの戦闘事情(3)
○けいおん!(2)
○からめるマフィン(1)
○天然あるみにゅーむ!(1)
○はるみねーしょん(1)
○R18! あーるじゅうはち!(1)
○ラジオでGO!(1)
○謎部のアレ.(1)
○帝立第13軍学校歩兵科異常アリ!?(1〜3)
○めろんちゃんコミックアンソロジー(1)
○総天然色乙女組(1)
○まん研(1)
○ミカるんX(1・2)
○落花流水(4)
○ささめきこと(4)
○咲 -Saki-(5)
○かなめも(2)
○ARCANAHEART アルカナハート(2)
○魔法の呪文を唱えたら(2)
○クイーンズブレイド -Hide&Seek-(2)
○クイーンズブレイド 流浪の戦士(1)
○クイーンズブレイド ストラグル(1)
○もっと!委員長(2)
○はなまるべんと!(2)
○ゆゆ式(1)
○Sweet Peach! 〜スイートピー!〜(1)
○百合姫Wildrose(3)
○にじぷり(1)
○絶対衝激 〜PLATONIC HEART〜(1)
○スノーホワイト 〜君に舞う雪〜
○魔法少女いすずさんフルスロットル(1)
○とある科学の超電磁砲(3)
○トランジスタティーセット 〜電気街路図〜(1)
○はやて×ブレード(1〜10)
○うぃずりず(3)
○まーぶるインスパイア(2)
○天秤は花と遊ぶ(1)
○CIRCLEさ〜くる(2)
○教艦ASTRO(1)
○リスランタンプティフルール
○クイーンズブレイド 流浪の戦士 コミックアラカルト(1・2)
○まなつラビリンス(1)
○瞳のフォトグラフ(1)
○ちびでびっ!(3)
○ふおんコネクト!(3)
○猫神やおよろず(2)
○ゆるユルにゃー!!(2)
○極上ドロップス(2)
○SORA -そら-(2)
○ひなぎく純真女学園(2)
○ぽかぽかばんぱいあ
○スケッチブック(6)
○あずまんが大王(1年生)
○リンケージ
○熱帯少女
○○本の住人(1・2)
○青い花(1〜4)
-----
  …これらの作品になりますぅ。

エ:やっぱり、結構あるわね…皆さんの読んだことのある作品はあったかしら?

い:えっと、コミックの感想には基本的にそれぞれイラスト評価、内容評価、百合度評価の3つがついていますから、それぞれで一番評価の高かった作品をあげてみますぅ♪

エ:あんまり参考にならない評価らしいけど…とにかくまずはイラスト評価が一番高かった作品ってわけだけど、何になるのよ?

い:う〜ん、それが、さっきあげた『ひだまりスケッチ』第4巻の4.5が最大の評価みたいですぅ。

エ:あれっ、確かイラスト評価5.0越えした作品ってなかった?

い:あぁ、副ヘッドさんが言ってるのはきっとこれですね…今回の企画はコミックだけですから、ゲームとかは除外なんですぅ。

エ:そう、でも『ひだまりスケッチ』なら何となく納得じゃない?

い:そうですね、最近は『けいおん!』のほうが注目を浴びてる感じですけど、やっぱりまんがタイムきららコミックスを代表する作品っていったらこれになりそうな気がしますぅ♪

エ:ちなみに、次点としては4.4としてこの『ちびでびっ!』第3巻があるみたいね…こっちもまんがタイムきららコミックスみたいね?

い:う〜ん、イラスト面では上半期はきらら系が頑張ってた、ってことかもですぅ…でも、これはあくまでイラストだけの評価ですから、内容が伴ってるかはまた別のお話しで、ですから手放しはお勧めはしないですぅ。

エ:じゃあ、次はその肝心な内容評価のほうだけど、こっちはどうなのよ?

い:はいです、ここで読んだ『リンケージ』が何と最大の5.0の評価を得ていますぅ♪

エ:何と、って…これは去年読んだ作品だけど、ここで読んだ作品なんて5.0オーバーしてるじゃない。

い:そ、それは『ありかる』ですから本当に例外ですぅ…とにかく、この『リンケージ』は個人的な好みにぴったり合った、百合好きさんでしたらぜひ読んでもらいたい、お勧めの作品ですぅ♪

エ:そうなの、気になるわね…ちなみに、次点としては4.9としてここで読んだ『ストロベリーシェイクSweet』にここで読んだ『ささめきこと』第4巻があったみたいね。

い:その2つもほんとにいい作品ですぅ…前者はに読んだ『はやて×ブレード』とともにおバカで笑えるコメディ作品という意味でお勧めですし、後者は百合なお話っていう意味でお勧めですぅ♪

エ:『よつばと!』や『スケッチブック』より笑える作品、ってすごいわね…じゃ、次は百合度評価ね?

い:えっと、百合度評価のほうはここで読んだ『百合姫Wildrose』第3巻とここで読んだ『極上ドロップス』第2巻が最大の5.0みたいですぅ♪

エ:う〜ん、どっちも結構過激な作品ね…でも、そこまで過激だから最大評価になったのかもしれないってとこ?

い:そのあたりの判断は完全にそのときの気分なのかもですぅ…確かに5.0なのは過激な作品が多いですけど、でも上であげた『ソルフェージュ』やこの作品も5.0みたいですから。

エ:全く、気紛れなのね…とにかく、次点としては4.8としてここで読んだ『熱帯少女』があるみたいね。

い:う〜ん、やっぱり百合度評価になると百合姫コミックスが強いみたいですぅ♪

エ:それじゃ、最後にやっぱり2009年上半期最高だった作品をあげてもらおうかしらね?

い:はい、良作はいっぱいあったんですけど、実は総合評価で4.5を越えた、★が5つついた作品って3つしかなかったんですよ?

エ:まぁ★4つでもかなりの良作ってとこだから、★5つなんてのはそうそうあるわけないわよね…でも、それってあによ?

い:はい、上の内容評価のときにあげた3つの作品『リンケージ』『ストロベリーシェイクSweet』『ささめきこと』の3つですぅ…その中でもやっぱり一番は『リンケージ』になると思いますぅ♪

エ:じゃあ、上半期最優秀作品は『リンケージ』で決まりね?

い:はいです、『リンケージ』、それに『ストロベリーシェイクSweet』『ささめきこと』は自信を持ってお勧めする作品ですから、機会があったら読んでみてくださいですぅ♪

エ:また下半期もいい作品があればいいわね?

い:はいですぅ、皆さんのこの上半期のbest作品を教えてもらえたら嬉しいですぅ♪

エ:また年末にこれの下半期編をするかもしれないわね…っと、今日はもう時間みたいよ?

い:あっ、そうみたいですね…お疲れっした♪

エ:はい、お疲れっした♪

い:じゃあ、また次回まで…かかってこ〜い、ですぅ♪
posted by 桜乃 彩葉 at 07:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio
この記事へのコメント
シャッスですの♪

みゅみゅ、もう7月ですのね…☆
これから冷たいものが欲しくなる時期ですけど、お身体にはお気をつけて下さいまし♪

私は冷房とかダメですので…溶けるしかありませんの。

それと…ごちそうさま…☆(何)

みゅー…天姫イベント狙いすぎるのも、少し引かれそうな気がして…あぅ;
ファティシアさんは、サリサ姉さまの前ではもう完全に仔猫ちゃん?

今日は上半期の総決算ですのね?
随分とまぁ、沢山のコミック達が…☆

私も負けてはいませんよっ!(何張り合って?)
未読数も半端無いですが…あぅあぅ;

やはり百合姫コミックスは鉄板の様ですね…☆

リンゲージ…探してみますの♪

実は…今月の7日はエリスさんの誕生日らしい?(ぇ)

ではでは♪
Posted by 桜花 at 2009年07月02日 23:52
桜花さんへ>
シャッス!ですぅ♪
はい、お互いに気をつけましょう♪
…って、溶けちゃダメですよぅ?

なっ、何がごちそうさまなんですっ?

う〜ん、ラブラブなお二人がラブラブなことをするんでしたら、何にも問題ないと思いますよ♪

はい、こうして見てみると結構たくさん読んじゃってたみたいですぅ♪

はぅ、私も未読なコミックがたまっちゃって大変ですぅ。

やっぱり特に百合度の高いコミックはそうなりますね…でも、外れ気味な作品もありますから、過信は禁物ですぅ。

はいです、その作品は本当にお勧めですぅ♪

わっ、七夕ですね…う〜ん、何かしたほうがいいのでしょうか、考えてみますぅ。
Posted by 松永いちご at 2009年07月02日 23:59
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30236636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック