2009年07月31日

みこきっさ

〜拍手のお返事〜
2:51>
えっ、『ロロナのアトリエ』でパイを全て完成させたらパイ職人エンドになる、でございますか?
う〜ん、私は冒険者でないクーデリアさんエンドを目指しておりますし、それは危険でございますね…幸い材料の関係でまだ暗黒パイだけ作っておりませんし、それは放置して最後まで行くことにしましょうか。
…しかし、パイを作らなくてよいのでしたら、やはりイクセル氏など私には不要でございますね。


どうやらこちらの【ふぐり屋】さまの公式サイトによると、8月13日に『その花びらにくちづけを ずっといっしょの夏』というドラマCDが発売するみたいです。
こちらは麻衣さんと玲緒さんのお話になるみたい…時期として夏のイベントな頃ですけれど別にそのイベントに出るわけではなく、お店へ委託のみみたいでございますね。
同人誌の総集編が8月7日に発売予定だった気がするのですけれど、別々の発売…?


では、先日読んだコミックの感想です。
かなり息の長い作品…?
□ねこきっさ(5)
■ととねみぎさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.5)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.4)
 ○百合度評価:★☆☆☆☆(0.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.0)

こちらは過日『ふら・ふろ』などとともに購入した作品で、過去に既刊を読んでいたこともあり購入をした作品となります。
コミックスとしてはおなじみのまんがタイムきららコミックスとなりますね。

内容のほうは、魔界にある喫茶店へアルバイトに入った猫さん(人型)のクゥさんを中心とした、その喫茶店『ねこきっさ』の日常のお話となります。
と、やはり説明が以前一気に読んだ第1巻から第4巻までの感想と同じとなってしまいました。
喫茶店でのお話はやや少なくなってまいりましたけれど、クゥさんたちの生活する魔界での日常を描くコメディ4コマ、という様子はこれまでと変わらず、この巻でも色々な愉快な騒動などが巻き起こりますね。

きらら系の4コマで第5巻まで長く続いている作品はそうはないはずです。
きらら系コミックスは巻末にきらら系コミックス全ての中でそれが何冊めの作品か、という番号が振られているのですけれど、『ねこきっさ』の第1巻の番号は何と4…1は『トリコロ』第1巻ですけれど、その頃から今までずっときらら系で続いている作品なんてこれくらいではないでしょうか(ちなみに第5巻の今作の番号は316でした)
巻頭のカラーページは過去にきららな雑誌などを飾ったカラーイラストの掲載でしたけれど、それも最古のもので平成15年(2003年)のものでございましたものね。
それだけ長く続くと某作品や某作品みたいに登場人物がどんどん増えて収拾がつかない事態になる作品が結構見受けられる中、この『ねこきっさ』は適度な人数で抑えられている気がいたしますね。
なかなかよい登場人物が多いのですけれど、個人的に好きなのは主人公のクゥさんよりむしろルーシアさんやほねっこの山岡大海さんなどになるでしょうか。
表紙の女の子と猫は同一人物(?)でございますね…個人的にはミルクさんはあまり好きではないかも…?
…この作品にも、きらら系にときどき見受けられる兄キャラがいますけれど、この作品の兄の場合完全に妹に避けられているうえに完全なギャグキャラですので見過ごしましょうか。

イラストのほうは普通です。
百合的にはおそらくないかと…。
ということで百合的にはないのですけれど、恋愛要素などとあるタコ以外ない作品ですし、特に心配なく読むことのできるギャグな作品でございますね。
このままのんびり長く続いてくださることを願います。
…今日の日誌のタイトルはカバー下を見れば解ります…『たこきっさ』『しごきっさ』『しこきっさ』『はこきっさ』『ほこさっき』もございます(最後のは少し違う?)


上で触れた『ロロナのアトリエ』のほうですけれど、2周めの最後の3ヶ月はやはり何もすることがなくなりましたので、調合に専念した結果…
これで安心…?
…少し見づらいですけれど、ようやく錬金術レベルも50にすることができました。
でも、この時点で11月に入って少し…最後の依頼は例によって品質値120の金を納入して最高評価となりました(金パイでもよかったのですけれども…あれって使い道がありませんし)
まだ時間はありますし、残った時間はレアモンスター退治やあまり調合していないアイテムを極めたりしてみましょう。
さてさて、これでエンディングは無事冒険者でないクーデリアさんエンドになるのか…。


私も参加をしている、フィンさまがこちらにファンサイトを作ってくださった『私立天姫学園』のほうですけれど、新しくいらしてくださったかたのお相手、昨日も私となってしまいました…これまで全て私がお相手しておりますし、何とか次の機会には他のかたとも交流ができる様にしたいものです…。
あと、やはり最近いらっしゃらないかたが多くて心配ですけれど、お忙しいことかと思いますし、どうかご無理はなさらずに…けれど、近いうちにまたお会いできることを願っております…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
シャッスですの♪

ゲームは自分のプレイスタイルを貫き通す…のです☆(何)

『ゆるゆり』でラスボスを余裕で倒したい気持ちは…重々。(何)

にゃんとっ!
その花なドラマCD…新作が発売されるのですね♪

しかも、大好きな麻衣さんと玲緒さんペアみたいで…凄く楽しみですのん♪

…発売日はお給料日も近いので、余裕ですの…予約はまだ始まって無い?

『ねこきっさ』お読みになられたのですね…☆
私は2巻までしか持ってませんけれど、相変わらずみたいで♪

そうなのです、きららでも初期から続いているのです♪
…珍しいのです、芳文社は色々と…ごにょ。(何)

大好きだったのに闇に葬られた作品が多々ありますの…くすん;

それにしても…ミルクさんも随分と変わられてしまいましたのね…。(何)
夢オチとかでは無いですよね…?

私もミルクさんは微妙ですん;
ルーシアさんと親分が一番ですの♪
…骨身に染みる?(何)

それにしても…『みこきっさ』だなんて…ワクワクしちゃいますのっ!(マテ)


アトリエ、順調みたいですのね♪
二つ目のエンディング、どんな感じだったのでしょう♪

うーむ、私がアルバイトじゃなければ…入室出来るのですけど…くすん;

でわわふ☆
Posted by 桜花 at 2009年07月31日 14:21
桜花さまへ>
シャッス!です♪
そうでございますね…やはり、楽しんでするのが一番でございます♪

あらあら、なるほどですの…♪

はい、今日の公式サイトで発表されておりましたので、予約はあるとしてももう少し先になりそう…?

『ねこきっさ』のほうは相変わらずな雰囲気でございますね♪

う〜ん、きらら系は時として第1巻を出して第2巻を出さない、ということをいたしますものね…。
その作品を期待していた人に対してどう思っているのでしょうか…。

いえ、あの姿は魔剣を手にしたときのみ…?

なるほどです、同じでございますね…♪

あらあら、そんな、わくわくしてしまうなんて…♪(何)

エンディングのほうは今日にでも見られると思いますけれど、どうなるのか…。

はわ、そんな、ご用事があるのは仕方のないことですし、機会があるときにで…♪
Posted by 桜乃彩葉 at 2009年07月31日 18:38
最近、何の新巻が出てるか情報が来ません

というか漫画買ってません

ねこきっさかー……もう飽きてきたなー(な

ヒビキとかぷちモンとか……どうなったかなー
Posted by sion at 2009年07月31日 23:11
sionさまへ>
何と、そうでございましたか…一応私の日誌にもときどき新巻情報を書いておりますけれど、百合が期待できるもの限定でございますからね…。

私は今日もコミックを購入してきたり…。

う〜ん、それほど長いということでございましょうか…流れも一緒でございますものね…。

そういえば『ヒビキのマホウ』は休載しているみたい…?
他にも個人的に好きな作品がいくつかいつの間にか休載になってコミックの続きが出ない、という事態に…。
Posted by 桜乃彩葉 at 2009年08月01日 07:38
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30951762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック