2007年01月26日

Dear Friend

〜拍手のお返事〜
22:56(昨日)>
面白いと思っていても薦められない…それは、年齢制限的に、ということなのでございましょうか…。


今日は日誌を書く気持ちになれません…。
ちょっと、ショックなことがあまりに重なりすぎてしまいまして…。

悲しく、切ないです…。

…ごめんなさい…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:09 | Comment(9) | TrackBack(0) | お知らせ/その他
この記事へのコメント
げ、元気出すまぅよっ
Posted by sion at 2007年01月26日 05:41
あやのさま、どうか元気を出して下さい。
私には、それ位しか言える資格がありませんが……
あやのさまが心配です。
お気を落とさずに……
Posted by 骨董屋 at 2007年01月26日 07:41
えっと、気を落とさずに、まずは気持ちを落ち着けて整理いたしましょう…

元気を出すのはそれからでも大丈夫です…♪

どうか、無理だけはなさらないように、なのです…
Posted by 藍河 稀沙 at 2007年01月26日 08:51
理由はすぐに分かりました…ついさっき見てきたのですがまさかあんなことになるとは……信じられません……えと、あまりこういった経験がなくて不器用になってしまいますがあやのさん元気を出してください……
Posted by E.D at 2007年01月26日 12:35
どうか悲しいことはお一人で抱え込まないで下さい・・・。
わたしなどではお力になれないでしょうが、あやのさまには周りに助けて下さる方がいらっしゃると思います。
苦しい時に誰かに甘えるのは決して恥ではありません、また甘えられた方も決して迷惑などとは思われないはずです。・・・わたしが恩師からいただいた言葉です。
・・・知った風な口をきいてしまいすみません・・・。
Posted by ヴァン at 2007年01月26日 13:38
本当に何も出来ない私はこんなことを言うしか出来ないのですが…

皆様がまた元気になれる様にお祈りします
Posted by フィン at 2007年01月26日 14:31
皆さま、私などの心配をしてくださって、本当に申し訳ございません…本当に大変なのは、私ではございませんのに…ごめんなさい。
明日までには、何とか落ち着きたいと思いますので、心配はしなくても大丈夫です。
Posted by あやの at 2007年01月26日 20:50
人の心は風の様なものなんだと思います。
優しく吹いたり、強く吹いたり…時には突然止まってしまったり。
でも、風が無くなってしまうことは無くて…一度止まっても、また吹き始めたりして…♪

私は今、幸せです…♪
きっと、あの学園に行かなければこつり先生たちや…学園の皆さんに出会うことも無かったでしょう…♪
これも全部、あの方がその場所を作ってくださったからこそ…♪

私は、自分の知らなかった物語に出会うことが出来て…とっても、嬉しかったです…♪
会えなくなるのは寂しいですけど…それでも、私の心の中には今までの学園での楽しい思い出があります…♪

…さよならとは言いません。
縁があれば…心の風が向けばきっと、また…♪

だから、今は…

「また、会えたらいいですね…♪」

余計なお世話かもしれませんが…どこかで見てくださっていることを密かに祈って…

それと…あやのさま、長くてよく分からない文章を書いてしまってごめんなさい…
これからいろいろとあるかもしれませんが…ゆっくりと、頑張りましょう…♪
私も及ばずながら力になれればと思います…♪

…小説、好きでした。
もし、書きたいと言う気持ちが生まれたら…自分のために、書いてください…♪
そして、もしよろしければまた…読ませていただきたいです…♪
Posted by 月下飛泉 at 2007年01月27日 02:22
月下飛泉さまへ>
そんな、謝らなくても大丈夫です…本当に、ありがとうございます…♪
そのお言葉、きっと届くと思います…♪
私に対してのお言葉も、嬉しく思います…頑張ります!
Posted by あやの at 2007年01月27日 04:38
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3169606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック