2010年01月23日

ハニー★カルテット

先日読んだコミックの感想です。
これも出るのがはやい…?
□カシオペア・ドルチェ(2)
■高木信孝さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは先日『百合姫』などとともに購入をした作品で、過去に既刊を読んでいることもあり購入をした作品となります。
コミックスとしては百合姫コミックスとなります…こちらは『百合姫S』にて連載されている作品となります。
作者さまは以前新装版を読んだ『PUREまりおねーしょん』やアニメにもなった『ココロ図書館』などと同じかたとなります。

内容としては、ドールハウス「カシオペア」にて修行をすることになった見習い(ドルチェ)のアンナさんと、そのドールハウスにいらっしゃるかたがたのお話となります。
と、やはりいつもの如く説明が以前読んだ第1巻の感想と同じとなってしまいましたので、メインの登場人物紹介などはそちらをご覧くださいまし。
第2巻ではエルザさんへ想いを寄せるアンナさんがその気持ちを暴走させつつもなかなか告白できず、しかもドールの色々なパーツを(目とか髪とか)を作ってくださるかたがたに惚れられてしまうというラブコメな部分と、アンナさんがはじめて自分のドールを制作するというお仕事面での成長という2つの面をメインに進んでいくでしょうか。
エルザさんは相変わらずかなり鈍感でこの巻の終了時点でもアンナさんは片想い状態なのですけれど、この巻を読むとエルザさんは本当に鈍感なだけなのか…と少し疑問になってくるかもしれません。
つまり、もうとっくにアンナさんのお気持ちに気づいてはいるものの、何らかの理由で気づいていない振りをしていらっしゃるのでは、ということ…これらも含め、第3巻の見所になっていくのでしょうか。
…第1巻の感想でアンナさんがいい子だと書いていますけれど、この巻ではかなり恋の暴走をされていらっしゃるかも?

この巻で初登場の、ドールの目を作る役割をなさっていらっしゃるカレンさんは上で触れたとおりアンナさんに恋をしてしまって、そしてはっきり告白までされてしまわれます。
なかなかクールな雰囲気を漂わせたかたで、個人的には好きなかたなのですけれど、このかたがアンナさんに告白をして振られてしまわれるあたりは、全般的にコメディ調なこの作品にあって少々切ないシーンかも…?
そして、そんな皆さまの力も借りてはじめてアンナさんが作り上げたドールが何としゃべった…というところで第2巻は終わりですし、第3巻の展開を色々待ちましょう。

イラストのほうは悪くありません。
百合的には第1巻より上がってきたでしょうか…今後どうなっていくのか、楽しみです。
ともあれ、やはり悪い作品ではございませんし、第3巻に期待いたしましょう。
…と、先日読んだ『ゆるゆり』や先日読んだ『此花亭奇譚』とともにこの作品も新巻が出るのがはやいですけれど、そういえば『百合姫S』で初期の頃から連載していらして休載もほとんどなく順調に連載し続けているのはこの作品くらいかも…?


また、同時にこちらも読みましたので…。
なかなかよき…?
□ハニー★カルテット
■所ケメコさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.6)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.3)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.4)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.3)

これは過日『百合少女』などとともに購入をした作品で、百合姫コミックスということもあり購入をしたものとなります。
ということで、こちらは上の作品と同じ百合姫コミックスながら『百合姫/百合姫S』には掲載されておらず、これと同時に購入した他の百合姫コミックスともども携帯配信な作品となります。

内容としては、百合の里女学院という中高一貫の全寮制私立校に通う4人の女の子たちのお話となります。
この学校は少し変わったところがあり、生徒が全員忍者なのでした…そう、ここは忍者を育成する学校でもあるのです(もちろん舞台は現代です)
生徒の中でも特に成績優秀な人はAクラスの証である黒タイをしており、物語の主役となる4人は全員その証を持っておりなかなか優秀なかたがたです。
主人公の服部さんは主人公らしく一直線な性格をした子、その服部さんと寮で同室の風魔さんはツンデレなかたです。
服部さんが想いを寄せている百地さんは委員長タイプのいい子、その百地さんと寮で同室の石川さんは大人の魅力をかもし出したかたです。
本当は4人とも名前もあり、服部フジコさん、風魔ユキさん、百地ハナさん、石川ヨシノさんというのですけれど、名前が登場するのは放送で呼び出されるときくらいで、皆さん苗字で呼び合っております。
と、忍の世界に詳しいかたでしたら、この4人の苗字についてぴんとくるのではないでしょうか…そう、皆さんそれぞれその忍の家の家系の末裔なのです。
つまり服部といえば服部半蔵で有名な、風魔といえば小田原北条氏に仕えた風魔衆、百地といえば伊賀者の頭領…石川だけはなぜか忍者ではなく盗賊の石川五右衛門ですが、一説では石川五右衛門は忍者だったという説もありますし、よしとしておきましょうか。

お話は、その4人の忍者な学園生活を送りつつ色々恋などが発展していくものを描いた、こんな設定からも解るとおりコメディな作品です。
特に服部さんと風魔さんのお二人に焦点が当てられているでしょうか…風魔さんはツンデレながら服部さんのことが好きで、また当初は百地さんのことが気になっていた服部さんも次第に…。
最後はそのお二人の想いが重なって、また石川さんと百地さんも一緒になって…という感じで終わるのでした。
この作品は携帯配信な作品の例に漏れず(以前読んだ『空色ガールフレンド』は例外です)過激なところがございますけれど、この作品はその中ではソフトな表現でまだ抑えられていた気がいたします。
そうした描写より、コメディらしい笑える表現などが優先されておりましたし、そうした方向で普通に楽しいものでございました。

イラストのほうは普通です。
百合的には百合姫コミックスですし、問題のないものです…ハッピーエンドでございますし。
ともあれ、以前読んだ『乙女戦士ラブリー5!』がやや微妙な作品でしたのでそれと同時に購入をしたもののうち未読な残り2作品はこうして後回しにしてしまったわけですけれど、この作品は普通に面白い作品だったかと思います。
…ただ、もう1作品は表紙からして明らかに微妙な作品の雰囲気を漂わせておりますので、あまり読む気が…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
しゃっすぅ〜☆

にゃでにゃで…☆

うゅうゅ、作品をお読みになられたみたいで…お疲れ様です♪
昨日に続いて、百合姫な作品達なのですね…☆

オススメ度はどのくらいでしょうか♪

忍とはまた斬新な感じがしますの…五右衛門風呂ですね?(違)

でわでわ♪
Posted by 桜花 at 2010年01月23日 16:35
桜花さまへ>
シャッス!です♪
…ほわん♪

はい、これで先日購入した百合姫コミックスは全て読めました…♪

そうでございますね、両方悪くはない作品ですので、気が向いて余裕があったら購入するのもよいかもしれません♪
でも、先日の『此花亭奇譚』のほうがよりお勧めかも…?

過激な要素も控えめでございましたし、思ったより面白い作品でございました…♪
石川五右衛門は忍者という説が確かに存在するみたいで…(何)
Posted by 桜乃彩葉 at 2010年01月23日 19:04
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34898327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック