2010年03月03日

毎日、ゆるくて、おもしろい。

〜拍手のお返事〜
1:36>
何と、4月に『百合アンソロジー ひらり』というアンソロジーコミックが出る、でございますか…それは非常によい情報を、ありがとうございます。
昨年後半から『comicリリィ』や『百合少女』といったアンソロジーが出てまいりましたけれど、また1つ増えるとのことで、とても喜ばしいことでございます。
けれど、ここ最近になって急にここまで百合なアンソロジーが増えてきたということは、百合がまた(?)ブームになってきている、ということなのでございましょうか…そうだとしますと、きっかけがよく解りませんけれど…。


先日読みましたコミックの感想です。
無事2巻…
□ゆゆ式(2)
■三上小又さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.7)
 ○内容評価:★★★★☆(3.7)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.3)

これは先日『ささめきこと』のDVDなどとともに購入をしましたもので、過去に既刊を読んでおりますことからも購入をしたものとなります。
コミックスとしてはおなじみのまんがタイムきららコミックスとなります。
…本当は同時に購入しております『天然あるみにゅーむ!』第2巻のほうを優先して読みたいところだったのでございますけれど、昨日は疲れ気味と言うこともあり、一番気楽に読めそうなこちらを…(何)

内容としては、とある高校にある情報処理部に所属する3人の女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、やはり説明が以前読みました第1巻の感想と同じとなってしまいましたので、メインキャラの説明などはそちらをお読みくださいまし。
メインはその3名のみで変わらないのですけれど、第1巻の感想、よく見ると顧問の先生のお名前が書かれておりません…松本頼子さんとおっしゃるのですけれど、相変わらずほんわかしていらしてとてもよき先生です。
この手の4コマには、こういう雰囲気の先生がよく見受けられるかも…以前読んでアニメにもなりました『GA』のさめちゃん先生とか、以前読みました『○本の住人』のさなえ先生とか…。
4コマにいらっしゃる女の先生はそうしたほんわかタイプのかたと以前読みました『スケッチブック』の春日野先生みたいなやる気のないタイプ、あとは以前読みました『魔法の呪文を唱えたら』のエリーゼ先生みたいな大雑把なタイプあたりがよく見かけられる気がいたしますけれど、私はやはりほんわかした雰囲気の先生が一番好みですので、この作品の先生ももちろん大好きでございます。
…私の頭の中で、自然とこの先生の声がさめちゃん先生の声と同じもので当てはめられてしまうのですが…(何)

登場人物としては他にも3人のクラスメートな相川千穂さんが登場いたしました。
2つに1つのお話の割合で数コマ登場する程度の登場頻度なのですけれども、こちらはまともなかたで、当初は唯さんのお友達で残り2名を避けていたご様子なのですけれど、今では一応その残り2名とも交流を持てる様になられたみたい?
千穂さんのお友達が唯さんに対して、千穂さんを取られそうでライバル視しているご様子があったりなかったり…?

お話としては相変わらずのおバカ気味の日常を描いております…特にイベントらしいイベントも起こりませんけれど、そういえばこれを購入した日の日誌のタイトルにもしました『イベントなど要らぬ。』はこの作品の裏表紙側の帯に書かれていたのでございましたっけ。
それでも一応今回は唯さんと縁さんの出会いを描いたお話などが収録されていて、そのあたりのエピソードがほのかに百合的なものを感じさせたかもしれません。
きらら系によくありますゆるい感じの学園もの4コマ、といった趣ですけれど、やはりそれが普通に面白い、ということでございましょうか。
あと、こちらの作品は男キャラが皆無でございますので、その面でもとても安心して楽しんで読んでいくことができます。
また、3人は周囲から百合な人たちだと見られている節がある…?

イラストのほうは普通です。
百合的には、唯さんと縁さんのお二人、あるいは唯さんと千穂さんがほのかにある様な…特に前者は幼馴染でもありますし…。
ともあれ第1巻に稀にありましたやや微妙なネタも今回は特に見当たらず、まったりのんびりと読むことのできる作品ですし、無事に第2巻が出てくださって一安心でございました。
…そういえば以前読みました『百合姫S』に収録されておりました『ささめきこと』アニメの原作者と脚本のかたの対談でこの『ゆゆ式』のことが触れられておりましたっけ…数あるきらら系の作品の中で百合的にはほのかに程度のこの作品が触れられたということは、もしかするとこれは評価の高い作品…?


私も参加をしております、フィンさまがこちらにファンサイトを置いてくださっている『私立天姫学園』につきまして、以前から疲れ気味のときは相手のかたの失礼にもならない様にと、3ヶ所以上の入室は控えることにしております…最近は新しいかたがいらしていて何とかしたいとは思うのですけれど、疲れていなくても3ヶ所以上の入室は色々と厳しいものがございますから…。
特に最近は色々と疲れておりましてよほどのことがない限りは2ヶ所までの入室にさせていただいておりまして、昨日もお仕事関係のことが長引いたりいたしまして疲れておりましたので入室は2ヶ所にさせていただいたのですけれども、そのために他のかたにご不快な思いをさせてしまったみたいで、申し訳ございません…もう取り返しのつかないことになってしまったみたいでございますけれど、私の不徳の致すところですので、本当に申し訳ございません…。
先日の日誌に書きました、私のキャラが絡みづらそうな場所への入室は控えます、ということともにご了承願いたいのですけれど…わがままで大変に申し訳ないのですけれども、これらを無理をしても学園の最前提であるお互いに楽しむ、ということができそうにありませんので、お許しくださいまし。
あと、現状ではやはり入室されたかたのところにどなたも入室されないまま退室されてしまう、ということが多い様に見えますので、無闇にそういう場所を増やさないために、原則として私からの単独入室は自粛して、どなたかのいらっしゃる場所で私が入室しても大丈夫そうなところにのみ入室をすることにいたします(10〜20分くらい様子をうかがうと思います…)…以前の日誌に書きましたこちらのフィンさまの作りかけながら私の項目はある名簿順に一人ずつキャラを入室させてみる企画も正式に中止といたします…。
…と、ここに書いても意味のないことなのかもしれませんけれども…。
この記事へのコメント
しゃっす…☆

にゅぅ♪
作品をお読みになられたみたいで、『ゆゆ式』にゃのですね♪
楽しそうな作品で、お勧めでしょうか…☆

まだ2巻程度なので、機会があれば購入してみますん♪

学園のお話ですが、私にも非があると思います。
本当に申し訳ありませんでした…。

Posted by 桜花 at 2010年03月03日 09:37
桜花さまへ>
シャッス!です♪
はい、先日購入しましたきららコミックスを1冊読んでみました…♪
まずまず悪くない作品ですので、機会がございましたら購入するのもよいかもしれません…♪

第2巻の作品は、やはり無事に出てくださったという安心感が出てまいります…特にきらら系は…。

と、そんな、今回の件は私に問題があったかと思いますし、お姉さまが謝ることは何もないかと…!
Posted by 桜乃彩葉 at 2010年03月03日 20:53
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35899235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック