2010年06月30日

雪の向日葵

先日観ましたアニメの感想です。
コミック2巻分…
□ささめきこと(1〜6・写真は6のみ)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○音楽評価:★★★☆☆(3.0)
 ○声優評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○付加要素(おまけなど):★★☆☆☆(2.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

これは先日最終巻となる第6巻を色々なコミックとともに購入をしましたもので、百合的に期待のできます作品ということで購入をしておりましたアニメとなります。
こちらは以前読みまして、今現在第6巻までコミックが出ております作品となります。

内容としては、強くてかっこいい感じの純夏さんと、かわいい女の子好きの汐さんを中心とした物語となります。
と、説明が上で触れました原作の感想と同じとなってしまいましたので、登場人物紹介などは省略しても大丈夫でございましょうか…?(何)
基本的に登場人物は原作と全く同じでございまして、メインは村雨純夏さんと風間汐さんのお二人、あとは女子部のメンバーとしまして蓮賀朋絵さんと当麻みやこさん+α、その他鳥迫きよりさんと蒼井あずささんといったメンバーでお話は進んでまいります。
お話のほうも基本的に原作に忠実でございます…今回観ましたDVD第6巻の12話の様に一部アニメオリジナルと思われるお話もございますけれど、原作の雰囲気を壊してはおりません。
そんなお話の大筋は純夏さんと汐さんのお二人の百合な関係、あとは女子部の皆さまのコメディ分の2つが主要素となっているでしょうか。
主に第1話が切なすぎますのでそれで敬遠されてしまわれるかたもいらっしゃる作品ではございますけれど、しっかりコメディもございますので、女の子たちが賑々しく騒がれる作品が好きなかたも楽しめるのではないでしょうか。
…と、ちなみに今日の日誌のタイトルは、あずささんが書こうとしていらした物語のタイトルです。

ここのお話の感想につきましては、以前第5巻の感想を書いておりましたりとすでに以前触れておりますので、ここでは最終巻となります第6巻の感想のみを…。
第11話は『なんでもない』ということで、皆さんでプールへ遊びに行ったときのお話となります。
この時点であずささんは完全に純夏さんのことを好きになってしまっていらっしゃり、べったりなのでございますけれど…やはり、先の巻に続いてあずささん関連のことは切ないものでございます。
相変わらず汐さんの兄の関係で汐さんはあずささんと距離を置くことにしているのですけれど、それが純夏さんにとりあずささんが邪魔になってしまう要素になってしまうのでございました…。
プールでも純夏さんはあずささんのお相手をしなければならない…はずだったのですけれど、きよりさんが胸の大きな人と小さな人とでチームを分けてしまわれました。
大きな人は純夏さんと汐さんに朋絵さん、小さなチームはきよりさんとあずささんにみやこさんということで、純夏さんは汐さんと一緒に過ごせることに…朋絵さんとみやこさんは離れ離れになってしまいましたけれど…。
その胸の小さなチームは、きよりさん一人が楽しんでいらっしゃるご様子…他のお二人は完全に振り回されてしまっていて、あのみやこさんが完全にのまれてしまっておりました。
一方の胸の大きなチームは純夏さんが浮かれすぎでございましたけれど、とあるできごとからやや微妙な空気が流れはじめ…たものの、それでも汐さんのほんの少しの一言でまた浮かれモードに戻るのでございました。
そしていつの間にか泳ぎで純夏さんと朋絵さんが勝負をすることになったのですけれど、朋絵さんが圧勝…プロ並の実力の持ち主でございます。
そのためへとへとになった純夏さんでございますけれど、汐さんに膝枕をしてもらった上に泳ぎを教えてあげられることになり、幸せいっぱいといったところでございます。
そんなお二人を目撃したあずささんはショックを受けてしまわれ…やはり、切ないものでございます…。
…そう、あずささんのおっしゃる通り、純夏さんと汐さんはお互いに好きあっているはずですのに互いにそれに気づいていないばかりか片方は自分の気持ちにすら気づいていないのでございました…いずれは気づくのでございますけれど、それはかなりかなり先の話…(このアニメのペースですと、2クール以上先でしょう)

第12話は『雨を見たかい』…純夏さんの朝食シーンからはじまりますけれど、純夏さんの3人の兄が本当に全員同じ人で、これはこれで面白いのでございました。
ちなみに、この第12話は原作で読んだ記憶がございません…アニメオリジナルのお話かと思われる?
その日は夏休みながら登校日ということで、皆さん暑い中登校…あまりに暑いので純夏さんは雨が降らないかと思ったのですけれど、ホームルーム中に雨が降ってきたのでございました。
でも、登校日に学校の大掃除とは、なかなか不毛な気がするのですけれども…しかも体操着に着替えておりましたし、これは無駄すぎる気が…。
ともあれ登校日はそのまま終了するのですけれど、傘の持っていない女子部のかたがたは図書館にて待機…と、第1話での悲劇を生みました汐さんと図書委員の先輩さんが仲良くする姿を見て、純夏さんは多少はやきもちをやかれた?
その様な中、みやこさんが偶然拾い上げました本の端に謎の書き込みを発見、それは何かを隠したの様なメッセージでございましたので、女子部としてそれを探すことにしたのでございました(きよりさんは女子部ではございませんけれど)
目的の場所を調べるとさらにメモ書きがありそこを探すという完全な宝探しになってまいりましてその様子を傍から見ている先輩さんは本当に不思議そうでございます。
最終的には雨の中皆さんで中庭の池さらいをすることになってしまい、校舎に残っていた人たちの注目を浴びることに…一応、目的のものは見つかったのでございました。
完全なギャグ回でございましたけれど、なかなか面白いよきお話でございました…この手のメッセージを追っていく宝探し的なお話は確か『ARIA』にもございましたけれど、楽しいものでございます。

第13話は『CALLING YOU』ということで、一応これが最終話となります(全く完結しておりませんけれど)
純夏さんは電話で汐さんに連絡をし、また夜にかける約束をした後に田舎へ帰ることに…でも、帰りますと実家は火事で焼失しており代わりに泊まることになったお寺は電波が圏外になってしまっており、連絡をすることはできなかったのでございました。
しかし、純夏さんのお父さまや兄たちはなかなか愉快な微笑ましいかたがた…さらに言いますと田舎の人たちも微笑ましいかたがたでございます。
さらに翌日に純夏は緊急事態で川へ飛び込んでしまったため携帯が壊れてしまいました…そうした事情を知らない汐さんは一向にない電話を待ちわび続けるもののそうした事情ですので連絡はございません…。
大切な人から連絡が一切ないと、最悪の事態を思い浮かべてしまう…これはとてもよく気持ちが解りますし、仕方のないことでございます…。
このあたり、今の私と重なってしまいまして、そのつらさがよく解ってしまうのでございました…。
連絡が取れないたびに、想いの募るお二人…汐さんも十分純夏さんに恋しているかと思うのですけれど、やはりまだそこまでは気づかないのでございました…。
でも、原作は終わっていないもののアニメはこの回で最終回でございますので、ここで最後のまとめな雰囲気に入り…それを見ますと、やはりもう十分お二人は両想いにしか見えないのでございました。
と、水没していた純夏さんの携帯がいつの間にか復活しており、お昼におバカなことをしてしまった男の子がお祭り中の純夏さんにその携帯を届けまして、無事に汐さんと連絡が取れたのでございました。
このお話は完全に純夏さんと汐さんのお二人でその他の女子部の皆さんは誰も出てこないのですけれど、最後もお二人が百合的によろしい感じでございましたので、よきものでございました。
…ただ、やはり全然完結はしておりません。

ということで、この作品は以前観ました『咲 -Saki-』同様に原作の完結していないストーリーものの作品のアニメ化でございましたので最後をどうするのか気になりましたけれど、思いのほか最終回ということを意識していない、第13話は原作と全く同じ終わりかたでございました。
これは第2期があるとおもってよろしいのでしょうか…いえ、お二人の関係が進展するのはもっと先でございますし、それにこの先はロッテちゃんという魅力的なキャラクターも登場いたしますので…。
ちなみに、この作品の原作は上で触れました様に第6巻まで出ておりますけれど、アニメで進みましたのはちょうど以前読みました第2巻の最後まで…そう、つまり全然進んでいないのでした。

登場人物のほうは、個人的には百合同人少女のあずささんが好きなのですけれど、彼女は全般的に切ない役回りですので、観ていてもう…。
あと、アニメを観まして印象がよくなりましたのは、きよりさんや朋絵さんにみやこさんといった、メインのお二人以外のかた…いえ、原作では微妙に印象に残っていなかったのですけれど、アニメを観ましていずれも愉快なかたがたということで印象に残ったのでございました。
特にみやこさんが声もあいまって以前観ました『ストライクウィッチーズ』のルッキーニさんの様な印象が…。
その他、サブキャラさんたちも純夏さんのお父さまや兄たちに家政婦さん、汐さんの兄、あずささんの両親など出てまいりましたけれど、いずれも悪くないかたがたでしたかと思います。
もちろん、純夏さんの壊れっぷり、暴走っぷりも面白く、また彼女の片想いも切ないものでございます。
…メインキャラにもう一人いた気もいたしますけれど、以前観ましたDVD第1巻の感想での説明どおり触れません。

イラスト、つまり作画のほうは、ここ数年で観ましたアニメたち、つまり『スト魔女』や『咲』、あるいは以前観ました『GA』や以前観ました『Candy boy』などよりは残念ながら一段劣る、普通程度のものでございます。
内容のほうは一部非常に残念な回がありましたものの、それ以外はよきものでしたかと思います。
音楽のほうはいかがでございましょう、特に印象に残った音楽はございませんし、普通くらいかと思います。
声優さんのほうは解らないかたが多いのですけれど、いずれも声は合っておりましたし、問題ございません…特にみやこさんの斎藤千和さまがよろしゅうございました。
百合的には久し振りの百合をメインにしました作品ですので問題ないのですけれど、まだ片想い状態ですのが少々残念なところでございましょうか。
付加要素としましては一応全ての巻に一通りの特典映像は収録されております。
ということで、よい百合作品ではございますけれど、原作にしましてまだ第2巻まで進んでおりませんので、今後第2期があるのかどうかが気になるところでございましょうか。
…これでしばらくはDVDは購入する予定がございません…次に購入するとしましたら、『スト魔女』第2期となるでしょうか。


…今年のカレンダーは以前購入しております藤枝雅さまの2010年カレンダーを一番見やすい場所にかけまして使用しているのでございますけれど、その6月のカレンダーには31日まで記入がございました。
危うく明日まで6月かと思いましたけれど、今日まででございました…6月は30日まででございます(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39343859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック