2010年07月23日

《剣》の巻

先日はお休みではなかったのでございますけれども、書店へ立ち寄る機会がございましたので、この様なものを購入してまいりました。
-----
また読むべき作品が…
○ゆきの咲くにわ(2)
○魔法少女リリカルなのはViVid(2)
○ひゃくえん!(2)
○学園ナイトメア(2)
-----
…今回は全てコミックとなりまして、また全て過去に既刊を購入しております作品となります。
『ゆきの咲くにわ』はぱれっとコミックス…そういえば最近ぱれっとコミックスに関しては新規開拓を全くしていない状況でございますけれど、最近はよい作品が出ているのでございましょうか…。
『なのはViVid』は以前行いました美紗さんの講座では26日発売予定となっていたのでございますけれど、なぜか先日見つかりました…発売日がはやまったのでございましょうか。
ちなみに、この『なのはViVid』及び同じコミックスで以前第1巻を読んでおり来月第2巻が出るらしい『魔法戦記リリカルなのはForce』の2冊につきまして、第3巻の発売日は両者ともに2011年3月10日となっており、また両者ともにねんどろいどなどのついてくる限定版が出るみたいでございます。
その他2冊はいずれも同じコミックスとなります…と、今回購入しましたのは全て第2巻となる作品たちでございました。

先日購入しました12冊もの百合姫コミックスがまだ先日読みました『さくら文通』1冊しか読めていない状況でまたコミックを増やしてしまいましたけれど、少なくとも『ゆきの咲くにわ』と『なのはViVid』は優先順位がかなり高くなりそうかも…。


と、昨日は虎穴通販より、この様なものも届いておりました
3人め…
…こちらは見れば解ります様に『なのはStrikerS』のティアナ・ランスターさんのフィギュアとなります。
予約しました際は6月発売予定になっていたのでございますけれど、6月は色々ございましてお金が危うい状態でございましたので、今の時期になってくださりかえってたすかりました。
ティアナさんのフィギュアといえば以前以前の二度にわたり購入をしておりまして、今回で3人めとなります。
ちなみにあとはスバルさんにエグゼリカさんにティンクルセイバーさんが一人ずついらっしゃるのでございますけれど…ティアナさんは分身魔法が使えますし、3人いらっしゃっても問題ないのでございます(何)
今回のティアナさんはこれまでとは一味違いまして…
ポーズをとらせるのはやや難しい…
…髪型を成長されたお姿にできたり表情を変えたり、ポーズを自由に変化させたりすることができます。
他のお二人のティアナさんは髪型の変更はできませんから、こちらは成長されたお姿にしておきましょう。
ともあれ、やはりティアナさんは素敵なかたで…。


『トトリのアトリエ』を終了したということで再開しておりました廉価版『アオイシロ』のほうは夏夜さんルートを終了…このルートは夏夜さんよりも根方宗次氏の強さや渋さの目立つ、何だか根方宗次氏ルートの様な趣になっていた気がいたします(いえ、好きなのでございますけれど、根方氏)
V系の人もこのルートで初登場でございますけれど、根方氏にあっさりやられてしまったのでございました。

次はコハクさんルートへ行くところなのでございますけれど、その前に…以前クリアしておりますPC版を元にしておりますこの廉価版では、そのPC版で夏夜さんルートをクリアしたあたりで現れます外伝が登場するのではないかと玉手箱を見て見ましたところ現れておりましたので、まずはそちらを閲覧です。
『友あり遠方にて出逢う』は葵先生とそのご友人の浅間サクヤさんがお会いするお話で、『アカイイト』をしたことのあるかたへのファンサービスでございます…サクヤさんは『アカイイト』を購入した頃はそれほど好きではなかったのでございますけれど、今ではかなり好きなかたとなっております(『ストパニ』の夜々さんが当初それほどでもなかったのに今では大好きになっているのと同じ感じ…)
『《剣》の巻』は夏夜さんが《剣》にたどり着くまでのお話でございますけれど、V系の人も《剣》がどこにあるかまでは知らなかったわけでございまして、夏夜さんが友人から得た情報を元に《剣》を探し当てたというのはなかなかすごいことでございます。
ともあれ、廉価版にもきちんと外伝が収録されておりましたのはよろしゅうございました…かといって、これだけのために、通常版を持っているかたに廉価版をお勧めすることはなかなかできないことではございますけれども…。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴(更新終了)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック