2010年09月28日

会長と副会長

〜拍手のお返事〜
10:01(昨日)/桜花さまへ>
は、はい、私ばかり泣き言を言ってしまい、大変申し訳ございませんでした…!
でも、その、まずはご無事を確認できまして、安堵いたしました…。
これからは泣き言など言わず、お邪魔にならない様にできるだけ静かに、でも日々ご無事を願い続けておりますので、どうかご無理はなさらずご無事でいらしてくださいね…?


先日読みましたコミックの感想です。
最後はあの作品みたいに…
□会長と副会長
■袴田めらさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.5)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日『百合姫S』などとともに購入をしましたもので、百合姫コミックスということで購入をしましたものとなります。
ということでコミックスとしましては百合姫コミックスとなりまして、こちらは廃刊となってしまった『百合姫S』に掲載された作品たちとなります。
作者のかたは以前読みました『わたしの大切なともだち』などを描かれました袴田めらさまでございます。

内容としては、とある高校(のはず…明記されていなかった気がいたします)の会長さんと副会長さんのお話となります。
お二人ともきちんとお名前はあるのでございますけれど、作中でほとんど「会長」「副会長」と呼ばれておりましたので、こちらでもその様に呼んでいきましょう。
主人公はお二人とも、でございましょうか…はじめと最後は会長さん視点、その他はほぼ全て副会長さん視点で描かれております。
その会長さんは僕っ子らしく少しボーイッシュなかたで、明るい雰囲気でまたやや適当な性格をされていらっしゃるかも…どうして生徒会長になれているのか不思議な気もするかたなのでございますけれど、人望はありますのでその関係ででございましょう。
一方の副会長さんはそんな会長さんとは正反対の、眼鏡をかけクールな雰囲気をかもし出した、真面目な性格のかたとなっております。
お話のほうは、第1話を読みますと会長さんが副会長さんのことを好きなのかと思いきや、その後のお話はずっと副会長さん視点で描かれ、彼女が徐々に会長さんに惹かれ、恋を自覚するまでにいたります。
実は書記さんも会長さんのことが好きで彼女の妨害があったり、また会長さんの受け入れる者は拒まないという性格もありちょっとした波乱などは起こりますけれど、最後は無事お二人が結ばれめでたしめでたし…と、簡単に書くとこの様な感じでございます。

と、この作品の副会長さんの様なかた、やはり個人的に結構好きなタイプのキャラクターでございます。
副会長さんが会長さんに惹かれ、そして一緒になるまでのお話も好きなのでございますけれど、特に好きなのは最後の会長さん視点で語られる文化祭のことでございましょうか…いえ、このお話はもうほぼ以前しております『その花びらにくちづけを わたしの王子さま』のラスト、楓さんが眼鏡を外して皆さんの羨望の的になるのと全く同じ展開なのでございますけれど、そういう展開が大好きでよろしいのでございました(何)
最後には描きおろしとなります『悩める副会長』が収録されております…と、そういえばこのお二人のお話といえば以前購入いたしました『注文の多い会長と副会長』という同人誌が出ているのでございますけれど、そのお話は収録されておりませんでした…。
…最近、というわけでもございませんけれどもアニメで生徒会ものをよく見かけますけれど、少なくともこの作品は特に強く不思議な権限など持っていない、普通の学校の普通の生徒会のお話でございます。

イラストのほうは普通でございます。
百合的には最終的にはお二人とも両想いになりましたし、問題ございません。
ともあれ、確かにほとんど出番のなかった会計さんと書記さんのエピソードもあとがきに書かれておりました様に読んでみたかった気もいたしますけれど、いずれにしましてもなかなかよき作品でございました。
袴田めらさまの百合姫コミックスは来月にも『それが君になる』が出ることになっておりまして、2ヶ月連続ということになります…そちらも購入いたしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック