2010年12月02日

変わらない毎日が、幸せです。

先日読みましたコミックの感想です。
長期連載に入った?
□かなめも(4)
■石見翔子さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしましたもので、過去に既刊を読んでおりますことから購入をしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらの作品は過去にアニメ化もされました作品となりまして、作者さまは以前読みました『flower*flower』などを描かれたかたとなります。

内容のほうは、すでに両親も亡くそして祖母も亡くしてしまわれた中学生の少女、中町かなさんがひょんなことから新聞の専売所に住み込みで勤めることになる…というお話です。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなってしまいましたので、登場人物などの紹介は省略をいたします。
その第3巻の感想では時間がループしていると書きましたけれど、この第4巻では時が流れはじめておりまして、かなさんが1学年進級されましたりいたしました。
とはいっても特に波乱な内容などはなくって、基本的にはこれまで同様に皆さまの日常を描いたコメディとなっております。

この巻で感じましたのは、美華さんがもう完全にかなさんのことが好きになっているということと、かなさんの性格がかなり黒くなってきたこと、でございましょうか。
美華さんは巻頭の登場人物紹介でかなさんのことが大好き、なんて書かれておりますし、もうその姿があまりにかわいらしすぎまして、この作品で個人的に一番好きなかたとなっております。
一方のかなさんは、ちょっと黒くなりすぎな気が…少なくとも以前読みました第1巻に書きましたかなさんの説明はもう当てはまらないでしょう。
その他、ゆうきさんとゆめさんのお二人は相変わらずよろしい感じで、はるかさんは相変わらず変態…ひなたさんは少々危ういアルバイトもしていらっしゃる気が…。
…そうそう、新聞を取り扱うお話らしく、各新聞社ごとに特定の思想に偏ったことを書いている場合があるので、といったことに触れられていたのは少し感心いたしました…そういうことがございますので、新聞やテレビなどの報道は鵜呑みにしない様にいたしましょう(何)

イラストは悪くないのですけれど、何となく作画が悪化している様な…いえ、私の気のせいでございましたら、それでよいのですけれども…。
百合的には美華さんがとてもよろしい感じでございます…かなさんと幸せになってくだされば幸いなところでございます。
ともあれ、やや微妙なネタなどもあったりしますものの、なかなかよろしい作品でございましょう…4巻も続けばきらら系では長期連載の中に入ってまいりますけれど、ここからあとどのくらい続いてくださるのか、のんびり続いてくだされば幸いでございます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41936283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック