2011年04月18日

エンドレスルーム

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□エンドレスルーム
■藤が丘ユミチさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは先日『つぼみ』などとともに購入をしましたもので、百合が確実なこともあり購入をしました作品となります。
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスなのでございますけれども、こちらは以前読みましたアンソロジー『つぼみ』掲載作品がコミック化される際の独立したレーベル「つぼみシリーズ」となっております(でも『つぼみ』自体は「GLシリーズ」…)

内容としては、名門ホテルを舞台にしました一期一会の物語、となるでしょうか。
そのホテルは100年以上の歴史を誇る由緒あるホテルなのでございますけれども、そのホテルの名物でございますスイートルームには昔から珍しいお客さまばかりが泊まるといいます。
例えば不眠症の政治家とか、死んだことになりたい有名芸能人とか、はたまた宝探しにきた探偵とか…このコミックではその経歴にさらに何人かのお客さまが加わるわけでございます。
お話は5つの読み切り形式の短編からなっておりまして、同じホテルが舞台でございますので同じ登場人物も出ますものの、基本的に全てのお話で主人公が変わっております。
一番最後のお話は少々違いますけれど、それ以外のお話はそのお部屋に宿泊される変わったお客さんたちのお話…たとえば妙に日焼けをしたがるお嬢さまとか、何かから逃亡生活を送っている女の人とか、とてもとても仲のよろしい双子さんとか、箱入りのお嬢さまといったところでございます(最後のかたはまともな感じでございますけれど…)
双子さんのお話だけはその双子さんがラブラブするものなのでございますけれど、それ以外のお客さまメインのお話ではお客さまと従業員のかたが惹かれあっていく、という百合なお話となっております。
一番最後のお話は従業員同士のお話、となるわけでございます…やる気に満ちたできる後輩さんと無気力な先輩さんのお話となるでしょうか。

ホテルが舞台でなおかつ従業員に結構視点を当てたお話といいますと、以前読みまして現在アニメが放送されている『花咲くいろは』や以前読みました『此花亭奇譚』を思い出します(その2作はホテルではなく旅館が舞台…)けれど、その2作が主に従業員の皆さんの頑張る姿を主に描いているのに対しまして、こちらでは主にカップリング要素を重視していらっしゃる感じでございましょうか。
それでいてどのお話もそう深い関係になるわけでもないのでございますけれども、淡いものでもお二人の関係がよろしいものになっているのはもちろん解りますし、よいものでございます。
それに、この作品でも従業員の皆さまの頑張りぶりは結構きちんと見られますし…特に最後のお話の無気力な先輩さん、やるときはちゃんとやるかたなのでございます。
と、一応それが最後のお話とはなるのですけれど、さらにそのあとには番外編のお話が収録されておりまして、そちらではこのホテルができた際の逸話が描かれております。

イラストは悪くございません。
百合的にはお話ごとにまちまちではございますけれど、上で触れました様にそう深い関係になるものではございません…でも確かな繋がりは感じられますし、よろしいものでございます。
ともあれ、この作品は『つぼみ』連載当時はそう印象に残る作品ではなかったのでございますけれど(失礼!)、こうして改めてコミックでまとめて読んでみますとなかなかどうして、よろしいお話でございました。
ただ、この作品は上で触れました『つぼみ』最新巻にはもう収録されておらず、このコミックにもナンバリングが振られておりませんから、以前読みました『タンデムLOVER』同様にもう完結した扱いになってしまったみたい…少し残念でございましょうか。


とってもお世話になっておりまして大好きなあのかたもしていらっしゃいます『マイソロ3』は重要クエストを受けて先へ進むことにいたしました。
今回はあの新興宗教の拠点へ行ってあの赤い人を確保してくる、というもの…メンバーは固定メンバーがアンジュさんと眼鏡の男性という色々と腹黒い様な陰険な様な恐いメンバー構成となっておりまして、残り一人の自由枠には例によってエステルさんを入れて問題の地へ向かいました(でもここは頭の切れるこの二人でないと荷が重かったのかも…前回の山の様に「ワイール♪」な子などでは厳しかったでしょうし)
そこでは信者が不思議な力を手に入れていて、赤い人を確保しようとする主人公のアサミーナさんたちに襲い掛かってまいります…さすがにずいぶん強い人たちでしたけれど倒しますと、彼らの身体が魔物の様なものへ変化されてしまいました。
逃げていく彼らを追うと、そこにはあの赤い人…今では完全に人の姿を手に入れた、ラザリスと名乗る少年か少女かの姿がございました(一応外見は子供で一人称は「僕」…)
どうもその者はルミナシアという今ある世界とは別に誕生するはずでした世界が実体化したものみたいで、人々の願いを叶えたりしていたのはそれによって人間の思考など色々学習をしていらしたみたいなのでございますけれども、その結果人間は醜いもの、本来世界に必要のないものと判定されたみたいで、人に害を及ぼす存在となっていきそうな雰囲気でございます(なんて、キャラクタープロフィールにもう結構細かく書かれているのですが/何)…これはもうラスボス確定?
その者はアサミーナさんたちを吹き飛ばして姿を消したのでございますけれども、その直前に意味深な言葉を残していきました…かの者はアサミーナさんをディセンダーとして認識していらっしゃる?
一方、魔物の姿になった信者たちはやはりアサミーナさんが元の姿に戻してあげまして、その後どうやらその信者たちからラザリスという者についてのことを聞いて、今回のクエストは終了でございました。

それからはイベント終了後恒例のスキット会話やサブクエストが発生…アンジュさんが運動苦手というのも先ほどの戦いぶりからして胡散臭いのでございますけれど、それ以上にあのロックスという小動物も謎が多い…。
サブクエストのほうは武器屋のモフモフ族からのものとウッドロウさんからのものがあったのでございますけれど、モフモフ族のほうは鍛冶屋が開ける様になるといいますので、まずはそちらを受けることにしてみました。
例によってまた頂上ルートへ挑んでしまい何もおりませんでしたけれど、今回はベストメンバーで挑んでおりましたから問題ございません…また目的のキャラは弱い敵のほうにいらしたのでございました…。
ともあれそれが終わりますと鍛冶屋が利用可能となりまして、武器防具の強化などが行える様になりました…弱い装備品から特殊効果だけを強い装備品へ移し替えることができる、というのはありがたいことでございますし、これからは弱い装備品でもよい効果がついているものは売らずに鍛冶屋へ回しましょう。
強化のほうは、まだ鍛冶屋レベルが低いということであまりよい強化アイテムは使えません…装備品には強化回数の制限もございますし、特に外見のよい装備はここで急いで強化せず、後々もっと強くできる様になってからしたほうがいいかもしれません(強化しますと装備するのに必要なレベルが上がってしまいますし…)
…それにしましても、モフモフ族ってラッコでございましたか。

それから久し振りのカノンノさんイベントが起こりまして、彼女はいい子なのは間違いないのでございますけれども…う〜ん(そういえば、カノンノさんって魔法剣士でございましたっけ…)
それが終わりますとまた新キャラさんたちが船へやってまいりました…彼らは先にいらしていたナタリアさんの国の人たちで、同じ様な理由でやってきたわけでございます。
今回は3人とも男キャラでございまして、渋い師匠と不肖の弟子たち、といった感じでございましょうか…特に兄のほうは高貴な生まれの割にずいぶん粗野な感じ…?
…ちなみにこの3人はレベルの低い状態での加入でございました…。

それからはウッドロウさんのサブクエストでまた新キャラを出迎えに行くクエストでございましたけれど、今回はまた一人で行くことになってしまいました…ウッドロウさんがついてきてくだされば、まだ彼を使ったことがないという意味でも嬉しかったのでございますけれども。
さらに今回は職業が狩人ということで、敵に近寄られるとなかなか厳しい戦いになりましたものの何とか奥へ…以前しております『P3P』の真田先輩、つまりヒイロ声をした(何)少年がおりましたけれど、何と彼と戦う羽目になってしまいました。
まさかこういう展開になると予想しておりませんでしたので狩人できてしまったのでございますけれども、でも思いのほかあっさり倒せましたので一安心…彼も仲間になったのでございました。
…ちなみに彼、リオンさんはレベルの高い状態での加入でございました…どうも集団で仲間になるキャラたちは低レベル状態で、一方アサミーナさんがサブクエストで迎えに行き単独で仲間になるキャラは高レベルな傾向がありそうです。

そのクエストから帰ってまいりますとチャットさんが精霊のいる山へ降りる場所が見つかったと話していて、精霊に会うための重要クエストが受けられる様になりまして、パーティメンバーへの指示に「アイテムを奪え」を選択できる様になっておりましたからルーティさんをパーティメンバーに加えて普通のクエストを少しこなして敵からアイテムを奪い取ってみた後、そちらを受けてみました。
今回の重要クエストは雪山にいるという精霊に会ってくるというものでございまして、同行者はカイウスさんとエミルさんのお二人が固定、残り一人は自由枠でございましたので例によってエステルさんを選びます。
カイウスさんは訓練クエストでよくルビアさんと一緒に使っておりましたけれど、エミルさんはこれが初の使用となります…おどおどした少年だったのでございますけれど、戦闘になるとものすごく怖い人になってしまわれたりと二重人格っぽく、獣人であるカイウスさんと合わせ二重要素のある二人、ということでございましょうか。
このお二人は剣士でございますので強い強い…特に苦戦することもなく山頂へたどり着きますとそこには精霊と契約しているというリヒターという男性がおりまして、こちらの話を聞く耳持たない彼と戦闘になってしまいました。
メンバーがメンバーですので特に苦戦することもなく彼を倒しますと、氷の精霊であるセルシウスさんが現れて彼女の話を聞けましたけれど、ここでついに公式にアサミーナさんがディセンダーであると告げられました…意外とこのことが明らかになるタイミングがはやかったかも?
ともあれセルシウスさんとリヒターさんを船に招いてこれまでの色々なことについてたずねるわけでございますけれど、あのラザリスという者は星晶により封じられていたもののそれが採掘されてしまったために封印が解けた、世界に災いをもたらすもの…という程度のことしか解りませんでした。
ちなみにセルシウスさんとリヒターさんは仲間になりました…まさか精霊が仲間になってくださるとは思っておりませんでしたけれど、なかなかよさげなかたに感じられます(ただしレベルは低い…)
…アサミーナさんがディセンダーと解っても、皆さん意外と普通の反応…いえ、精霊まで仲間になったりとこれだけ特殊な人が揃っている場所ですから、このくらいのことではそう驚かないのでしょう。

重要クエストはそれで終わりでしたから、そこからは恒例のスキット会話やサブクエストでございます…と、その前にアサミーナさんとカノンノさんの会話があったのでございますけれども、確かにこのお二人は百合的になかなかよさげな関係になりそうで、それだけにあれが非常に残念なところでございます…。
スキット会話では大きな胸に悩む人たちの会話がございまして、ジュディスさんとミントさんにティアさんとしいなさんがいらっしゃいましたけれど(ちなみにアーチェさんはその悩みが解らない側の人…)、アサミーナさんも本来ならあの中に入れるはずで、あとイメージではルーティさんやフィリアさんにノーマさん、ナナリーさんあたりも入りそうな気がするのでございました。
そういえば、大きな胸とは直接関係はないのでございますけれど、ロックスさんは女性にお菓子をたくさん食べさせてふくよかにしてしまおうと企んでいるご様子です…どうやらもうアンジュさんが被害にあっている節がありましたり、イリアさんあたりがその企みに感づきはじめていらっしゃるご様子?(何)
そのロックスさんのいる食堂ではモフモフした生物が一同に会していて、チャットさんが地獄絵図とおびえているのが楽しかったです…ここにカイウスさんとユージーンさんがいれば完璧だったのでございますけれども。
サブクエストはウッドロウさんとユーリさん、それに鍛冶屋のモフモフ族のかたからのものなのですけれど、どうやら全て新たな仲間を迎えにいくものっぽいです…と、昨日はここで時間が尽きたのでございました。
ですので結局昨日はセルシウスさんを戦闘に参加させることはなかったのでございますけれど、彼女も格闘系のキャラっぽいです…格闘系の女の子はファラさんにコハクさん、ソフィさんもいらっしゃったり、かなり豊富なことになってきております。
この記事へのコメント
しゃっす…♪

にゅ〜ん?

みゃ、作品をお読みになられたみたいで…オムニバスなお話みたいで百合的にも良さ気で何よりですん♪
オススメでしょうか…☆

ゲームの方も順調みたいで♪
遂に、ラザリスたんが出てきましたのね?
ラザリスたんは女の子…僕っ娘で良いと思います♪(ぇ)
確か誰かが、ラザリスたんを彼女と呼んでいた気がします?(何)
はい、ラスボスです…そしてある意味ヒロインです。(ぁ)

うにゃ、鍛冶屋解禁されたのですね!
これは勝利のダンスを踊らざるおえませんのね♪(ぇ)

能力を移す時は、本命とは別の装備に移す予定の能力を複数移してから、本命の装備に移すと強化回数1消費だけで済みますの♪(分かり辛いかったらごめんなさい;)

あと、防具は同じジャンルの物しか移せませんが、武器はどれからでも移せますの♪
あとあと、間違えてキャラが装備している物を合成してしまうと丸腰になってしまいますので、お気をつけ下さい;

同じ装備でもスロットや強化回数が違ったりしますので、多いにこしたことはありません!

セルシウスさんは、テイルズシリーズで一番人気な精霊さんです♪
私も大好きですの…☆

リオンさんは、恐らく男性キャラで一番人気ですの♪
後々もう1人出てきますの…(何)

うにゃ…カノンノさんは本当にメインヒロインらしいヒロインですので、女性主人公にすると中々な百合具合になりますの…♪
………はぁ。(何)

セルシウスさんとリヒターさんが仲間になったのでしたら、そろそろ新しい修行クエストが発生しますので、そこでセルシウスさんが使える筈?
その戦闘BGMが大好きでして…(何)
彩葉たんはどのBGMがお好きでしょうか?(ぇ)

にゃ、チェルシーさんは可愛らしいですの♪(何)

でわわふ。
Posted by 桜花 at 2011年04月18日 08:31
桜花さまへ>
シャッス!です♪
…クィッキー?

はい、こちらの作品はつぼみコミックスでございますので百合的にも問題なく、まずまずよろしい作品でしたかと思います…♪

なるほどです、ラザリスさんは女の子でございましたか…元々が赤い人でございましたので、性別はないのかもですけれども…(何)
やはりラスボスでございましたか…けれど、敵にも何か事情があるタイプ?

あらあら、そんなダンスを…♪
うゅ、よく解りましたし、わざわざの説明ありがとうございます…♪
さっそくご意見を参考にしながら鍛冶屋を活用していこうかと思います♪

なるほどですの、他にも色々な精霊さんがいらっしゃるのでございましょうか…♪

さすがヒイロ声の人でございますね…女のかたと間違われがちっぽいですけれど…(何)
あらあら、それは同じ声の人が…?

う〜ん、本当にカノンノさんは惜しいかたでございます…あの問題がなければ、メインキャラにすらしたかもしれませんのに…。

なるほどです、修行クエストでございますね…♪
なかなか使う機会が発生しなくて困っていたのですけれども、その機会にでも…♪

あらあら、どなたでございましょうか…もうすぐ仲間になるかた、とか…?
Posted by 桜乃彩葉 at 2011年04月18日 18:35
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44409676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック