2011年06月25日

二人と二人と二人の夏祭り

先日はこの様なものが届きました。
-----
カバーの下にカバー…
○その花びらにくちづけを 番外総集編(2)
○FriendXFriend
○BEST PARTNER
-----
…今回も全て同人誌となっておりますけれども、一番上の作品は以前一番新しいゲーム作品をしております『その花びらにくちづけを』シリーズで過去に出ました小説な同人誌の総集編となっております。
なお、こちらは年齢制限ありな作品となっておりますのでご注意くださいまし。
今回は表紙にカバーがついているのでございますけれども、そのカバーを外すともう1枚カバーがついております…上の写真に写った2つのうちの1つがそうなわけでございますけれども、こちらは以前購入をしております番外総集編第1巻用のカバーとなっております(その第1巻そのものにはカバーがついておりませんでしたから、改めてそれ用ということでつけてくださったわけでございます)
今回収録されておりますのは『二人のバレンタイン』に『カーテンコールは終わらない』と『愛のキスをもういちど』の3作品でございますけれども、もう1作品…『二人と二人と二人の夏祭り』という、前期3作品のメイン3組の皆さま、七海さんと優菜さま、楓さんと紗良さん、麻衣さんと玲緒さんの夏祭りのお話が書きおろしで収録されておりました(その開始ページのタイトルが『二人と二人と二人のクリスマス』になってしまっておりましたけれども、気にしないでおきましょう…)
…最近はゲームの新作がなかなか出てくださいませんけれども、いずれは以前しております『天使の花びら染め』の雫さんとエリスさんや以前しております『はなひらっ!』のセカンドシリーズなども出てくださることを、のんびり期待いたしましょう。

その他の作品たちは普通の同人誌となりますので、以前購入をしましたもの同様に参考にならない百合度評価をつけつつ感想を書いていこうかと思います。

○FriendXFriend《百合度評価:★★★☆☆(2.5)》
こちらは『なのは』な二次創作作品となりまして、どうも表紙からしてスバティアカップリングの作品の様な気がしまして購入をしてみました、6月19日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、スバルさんのプリンが何者かに盗まれたということでティアナさんとともにその犯人をナカジマ家の中から探し出す…というコメディな4コマ作品となっております。
そういう作品でございますから百合的にはそうないわけでございますけれども、微笑ましい作品であるのは間違いなく、それに何よりこのお二人がメインの作品なんて本当に久し振り…同人誌でいえば以前購入をいたしました『HYBRID RAINBOW』以来のものとなるはずでございますから、スバティア分を多少なりとも補給できただけでもよろしかったでしょうか。
…と、この作品を描かれたサークルさまの作品は以前一度購入をしていたみたいでございます。

○BEST PARTNER《百合度評価:★★★☆☆(3.4)》
こちらは『まどか』な二次創作作品となりまして、杏子さんとさやかさんカップリングの作品ということで購入をいたしました、同じく6月19日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、本編終了後、円環の理に導かれてしまわれた杏子さんがその先でさやかさんと再会し、ほむらさんがこれまでに巡ってきた様々な世界でのお二人の様子を見る、というものでございます。
いずれもお二人は友達以上恋人未満といった関係でございまして(さやかさんには常に件の人物がいらっしゃるみたいでございますし…)、けれどそれでもお二人はよろしい、アニメ本編よりも一緒に日常を送れる時間もあったりとよろしいものでございました。
例えさやかさんが件の人物のことが好きであったとしても、お二人にはそれ以上の絆が生まれているのでございますからよしといたしましょう…ともかく杏子さんはやはり素敵なかたでございます。
…そういえば、以前読みました『おりこ』の世界では杏子さんとさやかさんに接点は生まれないのでございましたっけ…(さやかさんは魔法少女になりませんでしたし)


『メルルのアトリエ』のほうはお店を利用できる様になりましたけれども、以前しております『トトリ』でも行うことのできたこと…つまり井戸から汲んだ水の売却が可能であるということを確認できましたから、しばらくそれを行おうかと思います。
すなわち、まずはカゴがいっぱいになるまで水を汲み、カゴがいっぱいになりましたらアトリエへ戻ってコンテナに水を入れ、コンテナがいっぱいになるまでそれを繰り返します…今回のコンテナはアイテムが1,999個も入るそうでございます。
そしてコンテナが水でいっぱいになりましたら、それをお店でまとめて売却…これ一度で1,900コール程度になるはずでございます。
『トトリ』の際は確か100,000コール程度それで序盤から持つことができまして、中盤までお金に困ることなく非常に楽に進むことができたのでございました(その様なことをしたはじめの理由は、馬車に乗るのに必要と言われたお金を自力で用意したらどうなるのか気になったから、でございましたっけ…)
ただその代償は大きく、多分20時間以上ひたすらに水を売り続けなければならないはずでございます…あまりに大変といえばそうなのでございますけれども『トトリ』でもしたことでございますし、今回も時間をかけて水を100,000コール程度売り続けようかなと思います。
普通の作品でございましたらこの様な労力の多いことはしないのでございますけれども、期限のあるゲームでは1日1日が大切になってまいりますので、お金を貯める無駄な時間を過ごさないためにも重要なのでございます。
…下手をしたら1ヶ月程度それをし続けることになってしまうかもしれません(『メルル』中での時間は1日も進みませんけれど、現実の時間が…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46287724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック