2011年07月13日

For ever with you!

先日はこの様なものが届きました。
-----
『まどか』なものを…
○For ever with you!
○泣いてもいいよ
○あんたのことなんて全然好きじゃねーし!
○恋の魔法は杏子におまかせっ!
-----
…今回も全て同人誌となりますので、以前購入をいたしましたもの同様に参考にならない百合度評価をつけつつ感想を書いていこうかと思います。
ちなみに、今回購入をいたしましたものは全て『まどか☆マギカ』の二次創作な作品となっておりまして、さらに全て杏子さんとさやかさんカップリングなものらしいものからよさげなものを購入してみたのでございました。

○For ever with you!《百合度評価:★★★★☆(4.4)》
こちらは上で触れました様に杏子さんとさやかさんカップリングなものということで、また以前などこれまでにも何冊か百合な同人誌を購入しておりますサークル【ストラトスフィア】さまのものであったこともあり購入をいたしました、4月24日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、舞台はどこになるでしょうか、そのあたりはあまり深く考えない様にしておきまして、杏子さんがさやかさんたちと一緒の学校に通うことになるお話でございます。
そのときのさやかさんはずいぶんご機嫌斜めだったのでございますけれども、杏子さんが積極的に絡んでくるうちにそれも徐々に…ながら魔女との戦いでは一人で無茶をしてしまいますので、杏子さんが身を挺してそれを止められるのでございました。
その先の展開がまた百合的にもとてもよろしいのでございますけれども、ともあれ百合的にも、それに杏子さんもやはりとても素敵なかたでございまして、よろしいものでございました。
…そういえば、この作品の杏子さんは基本的にはじめからデレておりまして、ツンデレなのはさやかさんのほうでございました(何)…いえ、そんな杏子さんも素敵でよろしゅうございます。

○泣いてもいいよ《百合度評価:★★★★☆(3.6)》
こちらも上で触れました様に杏子さんとさやかさんカップリング(以下略)、6月19日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、アニメ本編で杏子さんがさやかさんを一人にせず散ってしまわれた後のお話…死後の世界でお二人が再開し、ともに歩んでいくお話となっております。
その様なお話ですから出だしはとても切ないものでございますけれども、そちらの世界でお二人は一緒に歩んで行ける様になられたのでございますから、百合的にもよろしく、そしてまた杏子さんももちろんとても素敵でよろしいものでございました。
…こちらのサークル【おいでませ月蝕堂】さまはどこかで聞いたことがある気がしたかと思いましたら、こちらの私が運営しておりまして約1年前に放置を決定してしまいました『東方百合同盟』の参加者さまでございました…。

○あんたのことなんて全然好きじゃねーし!《百合度評価:★★★★☆(3.8)》
こちらも上で触れました様に杏子さんと(以下略)、7月10日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、なかなか素直になれない杏子さんとさやかさんが、それぞれほむらさんとまどかさんに恋愛相談をされる…という感じの4コマ作品となっております。
マミさんも生きておりましてまどかさんもいらっしゃいますので…だなんて時間軸のことは気にしないでおきまして、ともあれ4コマということでコメディ分の多い作品でございましたけれども、面白く、またお二人が微笑ましいものでございました。

○恋の魔法は杏子におまかせっ!《百合度評価:★★★☆☆(3.4)》
こちらも上で触れました(以下略)、5月7日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、何といえばよろしいでしょうか…まどかさんのストーカーと化しているほむらさんを杏子さんがたしなめるものの、その杏子さんもさやかさんのことをかなり気にしておりまして…。
つまり杏子さんがほむらさんの恋愛面でのおせっかいを焼いてあげる、といった趣の、上の『あんたのことなんて全然好きじゃねーし!』の逆にあたる感じとなるでしょうか(ただしまどかさんとさやかさんはそれぞれお二人のことをそう認識していらっしゃらないご様子?)
…ちなみに、表紙にマミさんがおりますけれど本編には一切出てまいりません(何)

今回は全て『まどか』…というより杏子さんとさやかさんカップリングのものばかりとなってしまいましたけれども、やはり杏子さんはとてもかっこよくて素敵なかたでございます。
ここまで、『なのは』のティアナさん並に好きになったアニメのキャラクターというのも、最近ではかなり珍しいことでございまして…ですのでこうして杏子さんな同人誌を買うのはお許しくださいまし(何)
…それにいたしましても、やはり杏子さんとゆまちゃんというカップリングな同人誌は今のところお見かけいたしません…仕方のないことなのでございましょうか(そのカップリングもかなり好きでございますので見てみたい気もするのでございますけれども…)


とってもお世話になっておりまして大好きなあのかたにお勧めしていただいて購入をいたしました『スズノネセブン!』のほうは昨日ものんびり進行…日曜日になりまして、合宿開始から1週間程度が過ぎているにも関わらずまだ課題のほうの進展が全くない主人公の幸村さんは、魔法科の人に相談をしてみることにいたしました。
すみれさんは情報提供役のみでございまして莉里さんはご用事があるみたいでございましたので、柚子里さんか仁乃さんかの選択肢…もちろんここは柚子里さんを選択いたしました。
やはり彼女はよいかたなのでございますけれども、まさかこの後あの様な展開になられるとは…この時点では他人事でございましたのに(何)

日曜の夜は静穂さんが料理を作りにきてくださいまして、おバカな兄妹さんが彼女を送っていったのでございますけれども、その間に要先生に恐怖の学園長からのメールが…この学園長、話を聞いている限りかなりかなり問題のある人の様子なのでございますけれども、ゲーム中で本人と会うことはあるのでございましょうか…。
ともあれ要先生はその学園長から誰かを迎えに行く様にメールをされたのでございますけれども、何故だかとても嫌そうで幸村さんに代わりに行く様に頼んでまいります。
そう、ここがあのかたも教えてくださった追加キャラだといいます二人のかたとのルートの分かれ道…これ、何も知らなければ普通に迎えに行ってしまうかと思うのですけれど…。
多分私も何も知らなければ、要先生がかわいそうということもあり迎えに行っていたと思うのですけれど、そういう重要な選択肢でございますので断っておきました…でもここでセーブをして、2周めはその選択肢からはじめられる様にもしておきました(いえ、これまでに出てきた全ての選択肢でセーブをしておりますけれど)
でも、どうして要先生はあそこまで嫌がっていらしたのでしょう…不思議でございますけれども、そちらのルートへ進めば解るのでございましょうか。
…不思議といえば、要先生と静穂さんの関係もかなり不思議に見えますけれども、静穂さんはどうしてあそこまで…。

ともあれ、翌日…なのでございますけれども、ここで柚子里さんの視点となりまして、彼女が受けた課題について解ります。
その課題とは、幸村さんに魔法を教え使える様にすること、というかなり無茶苦茶なもの…しかもその課題が合宿開始1週間後に発表されたというのですから、彼女が怒るのも無理はございません。
でも仕方のないことですから柚子里さんは幸村さんにそれを伝えて魔法の特訓をすることになるわけでございます…幸村さんのほうも自分の課題が魔法で誰かの願いを叶えること、という自分が魔法を使えなければならない様な課題でございますので、これで魔法が使える様になれば幸いなわけでございます。
…でも、そのお二人の会話シーンを新聞にかなり歪曲して面白おかしく載せられたすみれさんはちょっと…いえかなりひどくって、柚子里さん同様に私も少なからず怒りがこみ上げました(何/でもそもそもあの様なとても失礼なことを考え口にまでしてしまった主人公が悪い…)

昨日はその魔法の特訓を少しだけして、でも成果はなかったというところ…今まで魔法が使えなかった人が1日で使える様になるわけございませんから当然でございます。
柚子里さんと幸村さんという二人での特訓に、莉里さんはかなり不満そうというか、心穏やかでないのは確かなご様子…やはり結構心が痛むかもしれません。
また、すみれさんの新聞記事によりますと町にときどき謎の魔法少女が現れて事件を解決している、という事象が起こっているらしく、それを読んだ皆さんで魔法少女談義に花を咲かせたのでございますけれども、柚子里さんと莉里さんの反応が…すみれさんがあげた魔法少女の例は仕事人でございますか?(何)
その前後の描写からも柚子里さんがその魔法少女をしていることが解り、さらにそれが校則違反ということで合宿というペナルティを受けてしまった模様…合宿中にも魔法少女になりに行く柚子里さんは隠しているつもりのご様子でございますけれども、要先生だけでなくすみれさんにもばれているというのは悲しい…(すみれさんはやはり全てを見透かしたご様子があり恐ろしいかたです…)
…昨日は柚子里さんが老人ホーム襲撃の主犯格を捜している、というシーンでゲームを終えたのでございますけれども、相手はかなり手ごわそうでございますし、大丈夫なのでございましょうか…大怪我などしてしまうことになるのではないかと、少々心配でございます。

ということで、どうやら柚子里さんルートに入った模様でございます。
案外個別ルートに入るのがはやく感じられましたけれども、ここからのボリュームがどのくらいあるのでございましょうか…あと、あのかたのお話では柚子里さんのルートは微妙なものなご様子なのでございますけれども、そこはストーリーより彼女のキャラクターとしての素敵さを楽しむことにすることとして、ともあれのんびりまいりましょう。

そういえば、同じくあのかたにお勧めをしていただきまして以前1周めをクリアしております『マイソロ3』は2周めのクリア後要素を進めているのでございますけれども、「ガンドコいこう!」な人とコハクさんとヒスイさんという3人とのイベントをこなしておりますと、ふと上の作品のおバカな兄妹のことが思い浮かびました(何)
いえ、コハクさんとヒスイさんのお二人が例のお二人とかぶったわけでございますけれども、似ているところといえば兄のヒスイさんがちょっとおバカで妹バカでもある、というところくらいなのでございますけれども…ちなみにその兄妹に「ガンドコいこう!」な人を含めた3人も愉快なかたがたでございます(もし美奈都さんルートへ行ったら、真さんもヒスイさんみたいにお二人の関係を否定しようとされるのでございましょうか…/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴(更新終了)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46719188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック