2011年08月20日

おはようからおやすみまであなたと一緒に過ごせるしあわせ。

先日はこの様なものを購入してまいりました。
-----
百合姫コミックスたちと…
○はやて×ブレード(14)
○ふ〜ふ(1)
○死神アリス(2)
○百合男子(1)
-----
…今回は全てコミックとなっております。

一番上の作品は過去に既刊を読んでおりますもの…これはちょっと発売延期になっていたものでございますけれど、こうして無事に出てくださりよろしゅうございました。
…でも、正直に言いますと発売を延期してくださってよかった、という気持ちもありました…いえ、この巻は物語における一つの大きな山場となっておりまして、その先に進むのがさみしい気がしておりましたから…。

その他3冊は百合姫コミックスでございます。
『ふ〜ふ』はおなじみ藤枝雅さまの相方の源久也さまの作品なのでございますけれど、何気に彼女の出されるコミックはこれがはじめてとなりまして、ちょっと意外…でも嬉しいことでございます。
『死神アリス』はこの巻で完結となっております。
『百合男子』は私がコミックを購入する基準の大前提である「主人公は女性であること」という項目に当てはまりませんので正直に言いますと購入をちょっと逡巡いたしましたけれども、でも一応過去にも例外がなかったわけではございませんし(これ(not『リリカルマジカルThe MOVIE 1stなの!』)とか…いえ、これはなのはさんが主人公でございますよね?/何)、百合姫コミックスでございますからこうして購入はいたしました。
…今日の日誌のタイトルは『ふ〜ふ』の帯から取ってみました。

最近はコミックサイズの同人誌もたくさん手に入り、ますますコミックがたまってまいりましたけれども、今回購入しましたもののうち上2冊…『はやて×ブレード』と『ふ〜ふ』は最優先で読みたいものでございますし、現状たまっている他の作品全てを後回しにしてでもこの2冊は先に読もうかと思います。
…でも『はやて×ブレード』は読み進めるのがさみしい、という気持ちもやっぱり…(何)


とってもお世話になっておりまして大好きなあのかたにお勧めをしていただけました『スズノネセブン!』は昨日ものんびり進行をいたしまして、トアさんルートも終わったことですので、6周め…いよいよ最後のルートへ向かうことにいたしました。
最後になるということでもう一度はじめからしようとも思ったのでございますけれども、他のゲームたちも控えているということもあり、でもいきなり個別ルートからというのも気が引けましたので、要先生がトアさんたちへの迎えを幸村さんへ頼む選択肢のところからはじめることにいたしました。
昨日はトアさんがすみれさんのことを代官山一族だと知って衝撃を受け、やはりトライアルには何か秘密があると燃え上がるところまで…と、確か5周めもちょうどここで終えていた気がいたします。
ここまでの流れは5周めで見ておりますから特に言うことはないのですけれども、でもやっぱりトアさんはいい子でございます。
…ところで、あの迎えの選択肢で要先生がトアさんたちを迎えに行った場合、確かにトアさんたちが合宿所にくることはなくなりそうでございますけれど、留学してきた事実は変わらないはずで仁乃さんやすみれさんのクラスにやってきて何らかの交流を持ちそうな気がするのですけれど…いえ、追加キャラに対して元々あったルートへの矛盾点をつくなど不毛なことでございますよね(何)

一方、やっぱりあのかたにお勧めをしていただけまして以前1周めをクリアしております『マイソロ3』のほうはこちらものんびり3周めへ移行したのでございますけれど、難易度を最高難度のマニアにしても普通に戦うことができて一安心でございます。
3周めの主人公にしたエリノアさまについて、難点を言えば胸を大きくできないことと勝利ポーズが微妙なこと、あと声が実はエリノアさまとはちょっと違う…あれはティナさんをツンデレよりもクール寄りにした感じの声でございますけれど、残念ながらエリノアさまに合う声がなかったので、この3つの難点はどれもどうしようもないでしょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)一般作品等購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47447376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック