2011年11月09日

アビスライフ

先日読みましたコミックの感想です。
破天荒な女の子のお話…
□あわーちゅーぶ(1)
■よしむらかなさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日『けいおん!』のDVDなどとともに購入をしましたもので、何となくよさそうでございましたので購入をしましたものとなります(帯に主人公は百合濃度100%、とか書かれておりましたし…)
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなっております。

内容としましては、とある女子校を舞台にした破天荒な少女たちを描いた4コマ、となるでしょうか。
破天荒、だなんて何だか以前読みました『ヒャッコ』の初期の頃の説明みたいになってしまいましたけれども、実際その『ヒャッコ』以上に破天荒に感じられるかたがたが多かったのですから仕方ございません(そういえばその『ヒャッコ』は今月発売予定でしたはず…が発売延期になっている模様でございます)
主人公は帯などの説明からおそらく瀬戸イツキさんという高校1年生の女の子…って、「女の子」という表現をするのにかなり違和感を覚えてしまいますけれど、高めの身長に大きな胸をされた美少女でございます。
かなり人並みはずれた運動神経をしていらっしゃいまして、その運動神経を生かして(?)日々学園の内外で暴れまわっております…また女の子が大好きな人でございまして、以前読みました『はやて×ブレード』の順さんの如くときには見境なく暴走されてしまわれます。
破天荒ながら確かに惹かれるところも多く、また彼女自身趣味にナンパが入っておりますので、女の子からの人気はかなりのもののご様子…?

他のメインの登場人物も基本的にはそのイツキさんの同級生…まずは織原マドカさんでございまして、長い黒髪をされた、でも頭の上のとんがった部分の髪が妙に気になってしまうかたでございます。
この子は明るくまた天然な子で、面白いことが大好きというかた…その意味もあってイツキさんと一緒に暴走されることが多いですけれど、でも何よりもイツキさんのことが好きなご様子で、口づけなども普通にしておりますし、付き合っている様にしか見えませんかも…?
イツキさんも上で触れました様なかたながら、マドカさんに対しては特別な気持ちを抱いている…はずでございます(何)
同級生ながら海外に留学していた関係で18歳な狭間ルイさんは身長何と220cm、胸の大きさもものすごく、それに身体能力も計測不能という、イツキさん以上に規格外なかたでございまして、おそらく作中で一言も発していないと思われる無口で冷たい雰囲気のするかたでございますけれど、かわいらしい妹さんのレイさんのことは大切にされていらっしゃいます。
最後は穂波セツカさんでございまして、ここまで破天荒なかたが続いてまいりましたけれど、こちらはまともな人…メインキャラで唯一胸も小さいです(何)
イツキさんの従姉妹でもございまして、また常識人なだけに彼女に振り回され、胃薬の手放せない日々になっているご様子…またツンデレでございまして、イツキさんのことが好きなご様子でございます。
その他、ほわほわした先生や、セツカさんのご友人お二人など登場いたしますけれど、やはりいずれも胸が大きい(レイさんも9歳にしてセツカさん以上でございますし、やはり彼女だけ…)

お話のほうは、その様な個性的な少女たちが繰り広げる賑々しい日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
一応、イツキさんがいわゆる動画サイト好きらしくって、そこで色々な映像を見た彼女がそれらに触発されて色々なことをする、という設定もあるみたいでございますけれど、そういうシーンはそう多くございませんでしたかも…?
皆さんの破天荒っぷりが楽しい作品でございまして、そのあたりの雰囲気は上で触れました『ヒャッコ』、あるいは以前読みました『ふおんコネクト!』あたりに近しいでしょうか。
また、イツキさんが上で触れました様な百合属性持ちでございますし、マドカさんはその彼女と付き合っているとまで言えそうな雰囲気を持っておりますし、そちら方向でも悪くないものでございます。
ということはツンデレなセツカさんは以前読みました『うさかめコンボ!』の同じくツンデレなさちさんの如く報われないキャラになってしまいかねませんけれど、でもセツカさんとルイさんのコンビがなかなかよい味を出していらっしゃいますので、こちらでカップリングが成立してもいいのかな、と思えます。

巻末にはこの作品とは全く別のお話、『アビスライフ』という4コマが収録されておりました…今日の日誌のタイトルはあえてそちらから取ってみました。
そちらは深海を舞台にした、深海魚たちの擬人化作品となるでしょうか…短すぎまして作品の評価は難しいところではございますけれど、こちらもなかなか悪くない作品でしたかと思います。

イラストは悪くございません。
百合的には上で触れましたとおり…イツキさんが見境ない感じもいたしまして、マドカさんもそれを普通に見守っておりますけれど、最終的には落ち着くのでしょうか。
ともあれ、おバカ方面の作品ではございますけれど、百合的にも感じられまた楽しいものでございまして悪くないものでしたかと思います。


『ととモノ。Final』のほうは荒野のほうもそうよい素材が出ませんでしたので、ある程度お金を貯めますと先へ進みますことに…とってもお世話になっておりまして大好きな、最近お会いできなくってさみしゅうございますけれどもご無事をお祈りして、そしてまたお会いできますことを願っておりますあのかたにお勧めをしていただけて以前しております『3』にも出てまいりましたドラッケン学園へたどり着きました。
先生の紹介などをしていただけましたけれど、皆さん相変わらずの様子でよろしい感じ…でも、生徒さんは今のところキルシュトルテさんパーティしかいらっしゃいません。
また、購買のほうでは素材のほうがかなりよいものが売っておりまして、合金や百年樹材のレベルのものまで99個買いができる様になっておりました…これで強化のほうもずいぶん楽になります(もっとも、お金をここでまた使い切ってしまいましたけれど…)
ドラッケン学園でも3つほど依頼を受けることができる様になっていたのでございますけれど、まずはモーディアル学園へ戻って何かないか見てみますと、モミジ先生から3学園の特産品を持ってきてもらいたい、というものが出ておりました。
とりあえずドラッケンだけは行けますのでそちらのものを持っていきますと、黒金がいただけました…しかも何個も持っていけば何個も黒金が手に入るみたいで、ありがたいことでございます。
と、どうやら今作では倉庫が全学園共通となっている様子でございます…錬金などを行う際にはこちらのほうが便利でございましょうか。
…そういえば、布は糸くずから鍛えていけば出たのでございました…どうしてこれだけ忘れてしまっていたのでございましょうか…。

続いてはドラッケン学園のクエストからメインイベントとは関係なさそうなものを受けることに…まずはタンポポさんのペットのえさに関するクエストを受けました。
えさはキルシュトルテさんからもらうことになったのですけれども、その条件というのが、かのかたの飼っているペットと戦うというもので…そのペットというのが『3』の下の世界で捕らえたモンスターたちでございました。
まさかここでその様な繋がりが出てくるとは嬉しいものでございますけれど、モンスターの強さは『3』の後半で出てきた当時とそう変わっていなかった様な…つまりそこそこ歯ごたえのある相手、となります。
モンスター図鑑を見ますとこの時点ではかなり強力になるはずな武器を落としてくださるみたいですし、何度も戦えますからそれまで粘ってみる、というのもありなのかもしれません…ペットのえさもたくさんもらえることになりますし。

でも、ひとまずは残されたメインイベントには関係のないクエストをこなしますことに…灰色魔術師という新たな学科を得るためのクエストを受けましたけれど、こちらはとても簡単で、アイテムを拾ってくるだけで終わりました。
その様に簡単なクエストでした割には、得られました灰色魔術師という学科はかなり強力…全ての属性の魔法と回復魔法も使えるという黒と白の魔術師の両方を覚えられるうえ、宝箱を安全に開けるアンロックの魔法まで持っておりますから、『3』のまにまにに近しい使い勝手のよさではないでしょうか(まにまにとの違いは精霊魔法を使えない、というあたり?)
これではもう賢者にこだわる必要はなくなって、魔術師のイメージに一番近しいエステルさん(元々黒魔法使い、という設定でございますので)をこの灰色魔術師にすればよい気がいたします…となりますと、かなさまはエステルさんがメインにする予定でございましたメイドにすることになりそうですけれど、ゴスいおよーふくが好きなかなさまでございますからメイドさんの服も結構お気に召されるのではないかなということで悪くない選択かもしれません
ヴァルキリー学科が出てこないというのであれば、アサミーナさんをメイドにしてもよいかもですけれど…でも、プリンセスのアサミーナさんにメイドのかなさま、という取り合わせも悪くない?(でもアサミーナさんとかなさまのキャラクターのイメージからしますとその逆のほうがしっくりきたりもします…?)
さらに、アンロックが覚えられるということは盗賊技能にそうこだわる必要性もなくなりますから、衣砂さんを盗賊にしておく必要もなくなります…でも、衣砂さんに似合いそうな学科というのもすぐには思い浮かびませんし、しばらくは盗賊のままにしようかなと思います(盗賊はアイテム取得率アップのスキルを持っているのが大きい…)
当初予定しておりました学科について色々見直しが生じそうでございますけれど、でも現状つけている学科がまだ極められておりませんのでまずはそちらを、でございましょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50068299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック