2011年12月02日

一家に一冊!これさえあれば安心アンコールワット!

先日はこの様なものを購入してまいりました。
-----
ファンブックも…
○けいおん!!(2)
○ゆるゆり 公式ファンブック
○百合缶Miel
○サキュバス★ハニー
○Seasons
-----
…一番上はDVD、その下はファンブックの類、その他はコミックとなります。

DVDのほうはお会いできない日々が長く続いていてさみしゅうございますけれど、ご無事を祈っておりますとっても大好きなあのかたにお勧めしていただけたこともありこれまで少しずつ揃えてまいりましたアニメDVDとなりまして、第2期に入ってきております。
そういえば、そろそろこの作品の劇場版が公開される時期でございます…?

ファンブックのほうは夏に放送されまして今現在DVDを購入中のアニメ『ゆるゆり』のファンブックとなっております。
こうしたアニメのファンブックはしばらく購入していない気がしたのでございますけれども、今年に入りましてから以前購入しております『まどか』のガイドブックを購入しておりますし、こうしたものを購入しているということはやはり今年は比較的アニメの当たり年でしたのかもしれません。
内容のほうは色々描かれておりましてファンでしたら購入しても損のないもの…やはり劇中に出てきました後輩さんは原作者ななもりさまの別の作品の登場人物でございましたか(何)

コミックのほう、『百合缶Miel』は百合なアンソロジーということで購入をしたものとなりまして、『サキュバス★ハニー』はそれ系列の百合が確実な作品ということで購入をいたしました。
『Seasons』は百合な作品を多数描いていらっしゃる竹宮ジンさまの作品ということで購入をいたしました。

コミックたちにつきましては以前購入をいたしましたものが以前読みました『うらバン!』以外まだ全て未読ということになってしまっておりますし、百合アンソロジーな『百合缶』のほうも今回は過激な方向らしいということもございますし、今回購入しましたものたちは後回しになってまずはその以前購入しましたものたちを優先して読んでいくことになりそうな気がいたします。


昨日は上で購入をしております『けいおん!!』のほうを観てみました。
今回は第4話『修学旅行!』、第5話『お留守番!』、第6話『梅雨!』の3つのお話が収録…メインは修学旅行のお話でございましょうか。
きらら系コミックの学園ものの4コマなどでは恒例の修学旅行ネタでございますけれど、アニメで修学旅行のお話を観ましたのは案外これがはじめての様な気がいたします…『ゆるゆり』にもそういうお話はございますけれど、まだそのお話の収録されたDVDは出ておりませんし。
第4話は修学旅行に行った皆さん、第5話はお留守番をすることになりました梓さんや憂さんたちのお話となっておりましたけれども、それぞれに微笑ましくよろしいものでございました。
修学旅行のお話では普通に新幹線に乗って富士山を見ておりましたし、校舎のモデルはともかく実際の学校は関東地方にあるご様子?
憂さんのお姉さん大好きっぷりがとてもよろしいのですけれども、それだけに先の展開を思うと色々不安…だって、唯さんは家を出てしまうのですから、憂さんは大丈夫なのでございましょうか…(唯さんも妹さんなしで大丈夫なのです…?/何)
また、純さんはジャズ研究会に所属していらしたのでございましたっけ…それが最終的には軽音部にきてくださるというのですけれど、ジャズ研のほうはどうなります…?(原作では特に何にも入っていなかった気がしまして問題なかったのですけれども…)
あと、メインの皆さま以外の、背景となっておりますクラスメイトさんたちの一部が気になります…今のところ、エンディングのキャストはただの生徒になっておりますけれども、一部はきちんとお名前があったりするはず…?
その様なところはともかくといたしまして、梅雨のお話を含めまして今回は全体的にとても微笑ましいお話たちでしたかと思います。
『けいおん!』につきましては原作は第1巻からずっと読んでおりましたながらアニメについては過去に結構白い目で見ていた時期もあったのでございますけれど、実際にこうして観てみますとやはりなかなかよろしい作品かと思います(あそこまで過剰に騒がれる様なものかというと、よく解らなくもございますけれど…)


『ととモノ。Final』のほうは地底世界のはじめのダンジョンを探索中…途中、敵の魔女が現れて(扉を開けたすぐ先にイベントポイントがある、という今までになかったことになっていて驚きました…)通ってしまうとととモノボールこと天空の宝珠を手に入れても願いが叶わなくなる呪い、というすごいのかすごくないのかよく解らない呪いのかかった結界を張って行く手を妨害してまいりました。
個人的にはアサミーナさんたちにその様なものは気にせず突破をしていただきたかったのですけれども、そこを突破されたのはキルシュトルテさんパーティ…アイテムなどなくても願いはもう叶っていると解ったからで、これは百合的によろしいものでございました(この調子で天空の宝珠を欲する生徒を減らしていくのでございましょうか/何)
やはりキルシュトルテさんとクラティウスさんはとてもよろしいお二人で、それを見守るシュトレンさんもよく、さらに勇者パーティもベルタさんなどよろしく、それに加えてザッハトルテさんまでいるのでございますからドラッケン学園のキャラはやはりかなり強いでしょうか(先生がたもよろしゅうございますし)
妨害してきた魔女は幻影でその場は消えましたけれど、そのときの態度が思わせぶり…改心する可能性があるかもしれません。
ともあれ、こちらのダンジョンは思ったよりも深くて昨日は踏破できず…のんびりまいりましょう。

と、ゲームといえば、上でも触れましたあのかたが運営をされておりますこの『私立天姫学園』のファンサイトをここに作ってくださっておりますフィンさまの日記に、以前の日誌で気にいたしました作品『セブンスドラゴン2020』という作品のことが少し触れられていたのでございますけれども、やはり少し気になりますかも…?
でも、やっぱりまずはあのかたのお勧め作品がないかどうか気になりますし、それに何より今現在は『ととモノFinal』がございますから、ひとまずは置いておきましょうか…。
ちなみに『ととモノ。Final』について、以前しております『3』はその仕様上最低3周しなければ学科など極めることはできませんでしたけれども、今作は1周で全て極まりそうな雰囲気がございます…それでも2周はしようかなと考えております(その際は全員を再履修…レベル1へ戻して…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)一般作品等購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51286572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック