2012年01月21日

忍パラサイト

先日読みましたコミックの感想です。
1巻完結…
□忍パラサイト
■りおしさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.3)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.3)

こちらは過日色々なものとともに購入をしましたもので、何となくよさそうでございましたので購入をしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、忍者のいる日常風景を描いた4コマとなるでしょうか。
と、かなり意味不明な書き出しとなってしまいましたけれども、お話は基本的に普通のきらら系にありがちな高校生の日常を描いた4コマとなっておりますながら、ある点だけが少し違っておりました。
それは、主人公のもとに突然忍者がやってきまして、流れで一緒に暮らすことになったのでございました。
忍者といいましても高校生程度の年齢の女の子で、また完全コメディ作品ですのでゆるいもの…と、暗殺者がいる日常なコメディ作品で以前読んでおります『キルミーベイベー』の様なものかも?(あの作品ほどシュールではございませんけれども、でも巻頭1ページめは相通じるところがございましたかも…)

主人公の愛香さんは高校生の女の子…眼鏡をかけた普通の子でございますけれども、アニメがずいぶんお好きな様子でございます(特に好きな作品は『魔法少女まるこマリコ』という作品…/何)
その愛香さんがある日お風呂に入っておりますと、湯船から突然忍者が出てまいりました…その忍者が言うには一人前の忍者になるには忍の里へよいにおいを持つ乙女を連れて行かなければならないそうで、愛香さんはそれに選ばれてしまったわけでございます。
もちろん愛香さんはお断りいたしますけれど、その忍者はそのまま家にいついて一緒に暮らすことになってしまいました…と、そうはいいましても愛香さんも一緒に暮らすことに関してはすぐに普通に受け入れておりまして、それが日常の風景になっていきましたけれども。
…本編開始わずか3コマで唐突に湯船の中から忍者が登場したり、そのあたりの強引さは以前読みました『つかえて!コハル』あたりに通じるかもしれません(そしてどちらの作品も1巻完結という共通点まで…はい、この作品はこの1冊で終わりの模様でございます)

そのお風呂から現れた忍者というのが瑠璃という愛香さんと同い年くらいの女の子…「ござりゅ」と語尾につける、ずっと忍の里で育ってきたためか一般常識にはうとめのかたとなっております。
現れたときから愛香さんのことが好きになっている様子がございまして、その面では多少変態的な様子も見受けられます…ちなみに忍術は普通に使えまして、変装で愛香さんのクラスへ入り込みましたもののいつの間にか普通に通っている様子でございます(何)
その瑠璃さんを追って現れた小梅さんという忍者は瑠璃さんのライバルという説明がございましたけれど、ライバルというより彼女のことが好きな様子…皆さんと同い年くらいに見えるながら実は28歳というかたで、やっぱり女の子好きな少々変態さんに見えますかも…?(なぜか忍はみんな女の子好き…いえ、よいことでございますけれども)
その他、愛香さんのクラスメイトで大人しい子ながら忍者に憧れていて瑠璃さんへ弟子入りされた北条さんという女の子も登場…こちらは名前はまだございません(何)

お話のほうはその様な皆さんの日常を描いたコメディとなっております。
帯に「職業:自宅警備忍者 基本ごろごろ、ときどき忍術。」と書かれておりました様に瑠璃さんは愛香さんのお家でのんびりされておりまして、ずいぶんゆるいものでございます…忍の里へ彼女を連れ帰る様子もなく、こちらでの日々を楽しんでいる感じでございます。
終盤ではそのやる気のなさから里から警告文が届いてしまうのですけれども、瑠璃さんたちは何と逆に里をつぶしてしまおうと企み、下剋上を起こすために皆さんで里へ向かわれるのでございますけれど、お話はそこで終了…典型的な打ち切りエンドになっておりましたけれど、これは予定の行動なのか、それとも本当に打ち切りになってしまったのかどうか…?

イラストは悪くございません。
百合的には瑠璃さんや小梅さんといった忍者がなかなか女の子好きで、また愛香さんもまんざらではない様子で北条さんも愛香さんと瑠璃さんのお二人のことを応援しておりましたりとなかなかあるのですけれど、最終的な進展はございませんでした。
ともあれ、瑠璃さんがなかなか微笑ましいかたでしたりとなかなかよろしい作品でしたかと思います。


とっても大好きなあのかたがご購入されましたことから私もはじめてみました『セブンスドラゴン2020』のほうは、昨日はやり直す前にも倒しました逆さ都庁でのはじめの3体のドラゴンは倒しましたもののその後はのんびりレベル上げ…ですので特に書くことはなかったりするのでございますけれども、あのかたが運営をされていましてフィンさまがこちらにファンサイトを作ってくださっておりますこちらの『私立天姫学園』で昨日アサミーナさんがこっそり行っていたことは、このゲームとも全く関係がないというわけではないみたい…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53212411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック