2012年01月29日

胸をうち(拳銃が)、心にささる(刃物が)物語。

先日読みましたコミックの感想です。
やはり面白い…
□キルミーベイベー(4)
■カヅホさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(2.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日『けいおん!!』のDVDなどとともに購入をしましたもので、過去に既刊を読んでおりますことから購入をしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみのまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらの作品は今現在アニメが放送されている作品となりまして、すでにDVDを予約してしまっていたりしております。

内容としましては、とある高校に通うおバカな女の子とそのクラスメイトの二人をメインとした4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなってしまいましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でもよい意味で相変わらず既刊と同様の内容でございまして、とってもおバカで丈夫なやすなさんと殺し屋のソーニャさんの漫才が展開されてまいります…そしてときどき忍者のあぎりさんが登場する、基本的にこの形式は変わらないわけでございます。
登場人物も相変わらずメインキャラはその3人だけでございまして全く増えず…これでもお話が全く詰まったりすることなく相変わらず笑えるという意味で面白いものとなっているのでございますから、よきものでございます。

ということでお話のほうは相変わらず完全ギャグ作品、というよりコント作品となっており、上で触れました様によい意味で特に付け加えることはないかもしれません。
しいてあげれば、まずソーニャさんの幽霊関係が怖いというネタが際立ってきておりましたかも…犬も怖いはずでございますけれども、やすなさんの飼い犬のちくわぶは飼い主に似ておバカでございますので大丈夫でございます(何)
また、ときどき思い出したようにソーニャさんの暗殺者設定が思い出されて刺客が襲い掛かってくるわけで、この巻でも一人現れましたけれど、刺客も相変わらずちょっとおバカかも…?(でも既刊で現れたやすなさんに変装した人々よりはまだ…)
どのお話も面白かったのですけれど、個人的にはハロウィンのお話が結構印象に残り…いえ、不気味な衣装をまとったやすなさんが子供にひどいことをする姿が…(何)
あと、相変わらず巻頭のカラーページが特別ふろくになっていてシュールさを感じさせます…でもその雰囲気が好きなわけでございますけれども。
…ちなみにカバー下は宇宙人のお話でございます(何)

イラストは普通でございます(さすがに初期の頃とは微妙に雰囲気が変わっておりますかも?)
百合的にはいかがでございましょう、いくら痛い目を見てもあくまでソーニャさんにつきまとうやすなさんがそういう目で見ればそう感じられますかも…そういう目で見なくっても、やすなさんのソーニャさんへの執着心はかなり不思議…(何)
ともあれ、相変わらずお笑いの方向で面白い作品でございまして、個人的にはかなり満足…前巻の感想でも触れました様に個人的にはかなり好きな作品でございますし、ネタが続く限りこれからも長く続いていただきたいものでございます。
また、この様なコント作品な内容でアニメ化なんて大丈夫なのか心配でございましたけれども、とっても大好きなあのかたのお話ではアニメのほうも原作好きさんでしたら十分楽しめるものとなっているご様子でございますので、こちらもまた期待してDVDをお待ちしようかと思います(そのあのかたのお話では今期のアニメは女の子主人公な作品が多いらしくって、百合の期待できます作品も少なからずあるのかも…そうなりますと、場合によってはもう1作品くらい同時にDVDを購入することになりますかも?)
…ちなみにアニメでは没キャラの出番があるそうでございますけれど、原作のこの巻にはもちろん彼女の出番はございません(何)


上でも触れましたあのかたもしていらっしゃいます『セブンスドラゴン2020』のほうは、昨日はのんびり地下水道で戦っておりましたので特筆すべきことは特にないのでございますけれども、しいてあげますと…隠し通路があったりいたしましたものの、それでもなお取れない宝箱が一つございます。
いえ、何だか地下鉄構内で遭遇した帝竜の胴体の様なものが地下水道に横たわっておりまして、それが壁になっていて進めない箇所があるのでございました…これは、その帝竜を倒せば消えるとか、そういうことなのでございましょうか(胴体がその帝竜のもの、とは限らないのでございますけれども…そもそもダンジョンが違いますし)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53347863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック