2012年07月15日

恋するコトしか出来ないみたい。

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○トップをねらえ!(劇場版)
○トップをねらえ2!(劇場版)
○恋するコトしか出来ないみたい。
○残念さやかちゃんでした!
○あまいおかしとちいさなはな
○わたしとあなたの間にあるもの
○クロネこのみーちゃん
-----
…上2つは(同人でない)DVD、その他は同人誌となります。
DVDのほうはロボットアニメでございまして、以前しております『スパロボA』以来ちょっとロボットアニメが気になっておりまして、さらにこの作品はとっても大好きなあのかたのお話では百合要素があるかも、ということでそれに確かずいぶん以前の『百合姉妹』か『百合姫』かのどちらかあたりでも紹介されていた気がいたしましたことから、それに劇場版が廉価版ということでかなり安価でございましたことから購入をしてみましたものとなります。
こちらはまた近いうちにのんびりと観てみましょう。
…ちなみに、虎穴通販では同人系のもの以外のものを注文につけると発送が遅くなる模様…これはメロンブックス通販でもそうでございましたし、今後気をつけましょう。

では、その他のものは同人誌となりますので、以前購入しておりますものたち同様に参考にならない百合度評価をつけつつ感想を書こうかと思います。

○恋するコトしか出来ないみたい。《百合度評価:★★★★☆(4.0)》
こちらは『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入をいたしました、5月3日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、以前購入しております『恋するコトしか出来ないみたいに。』や以前購入しております『恋するコトしか出来ないみたいだ。』と同じシリーズの作品…作品として出たのはこれが2冊めの様子でございますけれど、時系列としましてはこれが一番古いものとなる様子でございます。
お話のほうはさやかさんが杏子さんを自分のお家へ迎え入れて一緒に暮らす過程を描いたものでございまして、百合的にもよろしいものでございました。

○残念さやかちゃんでした!《百合度評価:★★★★☆(3.5)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入をいたしました、こちらも5月3日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、マミさんにお弁当を作ってもらっている杏子さんを見て自分がお弁当を作ってあげようとされるさやかさんのお話となります。
さやかさんのお弁当の味はちょっと残念でした様子で、しかも途中で降ってきた雨のために慌ててしまい形が崩れてしまった模様で、それを気にして去ろうとするさやかさんとそれを引き止めて食べてあげる杏子さんがよろしゅうございます…最後はマミさんも入れて3人で食べたりされます(ほむらさんたちは…最後の1コマに…/何)

○あまいおかしとちいさなはな《百合度評価:★★★☆☆(3.3)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入をいたしました、こちらも5月3日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、杏子さんにお菓子を作ってあげるさやかさんのお話となります。
こちらは4コマとなっており、またボリュームも少ないものでございましたので百合的にはそう感じられないのでございますけれど、でも微笑ましいものではあったかと思います。

○わたしとあなたの間にあるもの《百合度評価:★★★★☆(4.4)》
ここから下はオリジナルな作品となりまして、コメントに「百合」と明記されておりましたことから購入をいたしました、5月5日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、こちらの作者さま、おこさまランチさまが以前読んでおります『Comicリリィ』という百合アンソロジーに掲載されていらした作品を収録した総集編となります。
お話のほうは家庭教師の女のかたとその生徒さんな女の子のお二人の恋を描いたもの…お話ごとに携帯電話やPCなどといった通信関連の機器が出てくるのも特徴でございましょうか。
百合アンソロジーに収録されていた作品ということで百合的にも申し分なく、よろしいものでございました…『Comicリリィ』には他にも連載作品がございましたもののいつの間にか廃刊となってしまいましたし、こうした同人誌の総集編というかたちでよろしいのでそれらも出てくださらないものでございましょうか…。

○クロネこのみーちゃん《百合度評価:★★★☆☆(3.4)》
こちらもコメントに「百合」と明記されておりましたことから購入をいたしました、こちらも5月5日に出ましたらしい作品となります。
内容としましては、黒猫さんと呼ばれる髪の長い女の子と、その女の子のことが大好きでちょっとおバカな子を描いた4コマとなります。
百合的にはそのおバカな子がよろしく、黒猫さんも当初はその子を避けておりましたものの最終的には懐いた様子でよろしゅうございました…お話のほうは4コマらしくコメディ要素が強く、またなかなか微笑ましくもあったかと思います。

ということで今回はDVDも一緒に注文をしてしまいましたけれど、ともあれ同人誌のほうはいずれもなかなかよろしいものでしたかと思います…『Comicリリィ』収録の作品を見つけることもできましたし。


上で触れましたあのかたもご購入をされました『あまつみそらに!』のほうは5人め、芹夏さんのルートへ…こちらは夏帆さんとお二人でテニス部として頑張っているおバカで元気な子ということで、今のところやっぱりテニス部の活動がメインのお話となってきております。
夏帆さんルートも同様にテニス部が描写の中心だったのでございますけれど、このお二人って見ていて楽しくてよろしゅうございます…ただ、こちらの芹夏さんルートでは途中で夏帆さんが怪我をして部活をできなくなる、というお話が出てきてしまいます。
その怪我の原因は芹夏さんの頑張りを無駄にしたくない、と夏帆さんが無理をしすぎてしまって、というもので、それで芹夏さんも落ち込むあまり無理をしそうになったりと、そうした関係もよろしゅうございます…でも、先の千紗さんといい、頑張りすぎる人が多いです?
ともあれ、夏帆さんが部活不能となってしまい一人になってしまった芹夏さんでございますけれど、夏帆さんにお願いされた主人公さんと神奈さんが部活を手伝ってあげる、という流れに…これで主人公さんと芹夏さんの接点ができるわけでございます。
このあたり、千紗ルートの弓道部での主人公さんと深景さんのお二人がしてきたことに似ているのでございますけれど、こちらの主人公さんや神奈さんはそれよりさらに踏み込んだ感じで、完全にコーチとなっておりました。
芹夏さんはテニスのことになるとかなりひたむきで頑張りやさんで、スポーツを頑張る女の子に好感を持ってしまう身としましてはよろしいものでございました…ちなみに芹夏さんは天性の才能がある様子ながらそれを当てにして我流でやっている様子がございましたので、コーチの才能のある主人公さんがそれを矯正していった、といった感じでございます(ちなみに神奈さんはその芹夏さんより実力は上…県大会に出ていたら優勝できるかも?)
その甲斐あり、芹夏さんは県大会でbest8まで進めた模様…確か夏帆さんルートでは夏帆さんが2回戦、芹夏さんも3回戦での敗退でございましたので、これはかなりのものかと思います。
ただ、夏帆さんから試合の状況を聞きますと、第1回戦で優勝候補を撃破したもののそのためにバッシングを受けてしまい準決勝でその相手と同じ学校の相手、しかもかなり大きな学校の選手と戦って、という負けかたでしたそうですので、芹夏さんの精神状態が心配…一応、昨日ゲームを終えた時点では元気でございましたけれども…。

ということで芹夏さんはとてもいい子でございますけれど、今のところ、主人公さんとの関係でいえば芹夏さんルートというよりむしろ夏帆さんルートに見えます様な…芹夏さんはやっぱり神奈さん大好き、な子でございますし、これがこれからどうなっていくでしょうか…。
…そういえば、深景さんがまだ一切出てきておりません…それに、このままの展開で行きますとこちらも夏帆さんルート同様に不思議現象や怪関係のお話が一切ないまま終わりそうでございますけれど、このルートは部活を頑張る女の子、というテーマに絞っていい様な気がいたします(でも当初はそうしたものはなさそうに感じられた千紗さんルートでも結局はございましたし、こちらもいずれ出てくるのかも…芹夏さんの旺盛すぎる食欲がちょっと引っかかってしまいますし)

一方の『リ・セラピー』のほうは2周め…今度は以前しておりますオリジナル版での既読シーンを全て飛ばしてなぎさ先輩ルートを目指します。
途中、オリジナル版では見られなかった、さゆりさんにいじめられるかおりさんへ対して病み気味な表情を見せるなぎさ先輩、というオリジナル版では見られなかったシーンがあったりいたしましたけれど、無事になぎさ先輩ルートの『リ・セラピー』追加シナリオへたどり着けました。
こちらのお話もさゆりさんルート同様にさゆりさんが新人看護師として内科に配属されるところから…かおりさんはさゆりさんのプリセプターになり、さゆりさんルートでは子供部屋担当になるさゆりさんでございましたけれど、こちらでは重症部屋の担当となりました。
その重症部屋にもオリジナル版にいらした都知さんなどのお姿が見られましたものの、症状が悪化しておりました…。
ともあれ、このなぎさ先輩ルートでございますけれど、なぎさ先輩が外科へ行ってしまっていることもあり、上の作品の芹夏さんルート同様に序盤はむしろさゆりさんルートに見えます…さゆりさんはやはり個々の患者に感情移入されてしまわれるところがあるみたいでございます?
もちろん中盤以降はなぎさ先輩がお話の中心になってまいりますけれど、お話のメインは外科へ行ってしまわれたなぎさ先輩がさらに別の病院からヘッドハンティングを受けてさらに距離が開いてしまうかもしれない、というもの…。
これは最終的には主任さんの賭けが勝つかたちになって一応めでたしめでたしで終わりますけれど、その際なぎさ先輩にヘッドハンティングをかけてきたお相手というのが、かおりさんの看護学校時代の親友さんでしたみたいで、エピローグではそのかたから連絡があったりいたします(その際のメールの着信音…あれ、何です?/何)
あと、そういえばかつてかおりさんが階段から突き落とされた、という事象について、あれが結局誰の仕業だったのかということについても判明…オリジナル版ではそこが謎のままでございましたので、ちょっとすっきりいたしました。
ということで、無事になぎさ先輩ルートも終了…『リ・セラピー』での追加シナリオは1時間と少しで終わるくらいのボリュームでございましょうか。
次はオリジナル版でルートのある最後のお一人、主任さんルートを目指して、その後は新規ルートの開拓をいたしましょうか。
…そういえば、途中で310号室をのぞくかどうか、という選択肢が出ましたっけ…これが新キャラさんルートとの分岐になっていそうです?
posted by 桜乃 彩葉 at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57053290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック