2012年07月19日

この夏、宇宙の友だちからの、頼まれごと。

先日はこの様なものを購入してまいりました。
-----
DVDも…
○輪廻のラグランジェ(1〜4)
○MIO(MIQ) パーフェクト・ベスト
○百合姫(2012,9月号)
-----
…一番上はDVD、その下はCD、一番下は雑誌となります。
昨日は他にも届いたものがあるのでございますけれど、それはまた後ほど触れるといたしまして…ともあれ、今回は珍しくコミックなしでございます。

DVDのほうは以前コミカライズ版を読んでおりますアニメDVD…今現在DVDがまだ全巻出ていないほど新しい作品で、また今期に第2期が放送されている作品の、今現在出ている分を購入いたしました。
DVDについては何か買おう、とは考えておりまして、とっても大好きなあのかたにお勧めをしていただけまして以前しております『スパロボA』に登場した作品からストーリーなど気になりました『ダイモス』『ドラグナー』か、以前第1作に以前第2作を劇場版で観ておりましてとてもよろしゅうございました『トップをねらえ!』のOVA版を買おうかで迷ったのでございますけれど、最終的にはこちらに落ち着きました。
理由はといえば、『トップ!』は劇場版とはいえ一応触れることができたことにはなりますし、この『ラグランジェ』もその『トップ!』同様に明るくいい雰囲気の女の子が主人公で百合な雰囲気のあるロボットアニメということで、それにあのかたもお好きなご様子でとても気になったのでこちらに落ち着きました。
…気がはやいかもですけれど、DVD第5巻及び第6巻、そして第2期のDVD全てを虎穴通販で予約をしておきました…『ゆるゆり』第2期とともに(何)

CDのほうは以前購入しておりますTWO-MIXさまなどと同じシリーズなbestアルバム…こちらはあのかたご存じのかたでございましたし、確か『0083』の後期OPを歌っていらした気がいたしましたので購入をしてみました。
結論からいいますとその『0083』の曲は収録されていなかったのでございますけれど、でもあのかたにお勧めをしていただけました動画で観ました『ダンバイン』『エルガイム』の曲が入っておりそれらがやはりなかなかよろしいものでしたりと、悪いものではございませんでした。

雑誌のほうは例によって後で触れるといたしまして…DVDのほう、『ラグランジェ』の第1巻をさっそく観てみました。
物語はきっと近未来(艦艇がビームを放てますし)…ロボットアニメなのでございますけれど、千葉県鴨川市を舞台にした一種のご当地ものな作品ともなっております?
第1話は『ようこそ、鴨川へ!』ということで主人公のまどかさんが謎の少女に出会って、そしてロボットに乗ってわけの解らないままに戦ってそれに勝利するまで…わけの解らないままにロボットに乗るのはロボットアニメの王道でございます?
第2話は『鴨川スピリット』ということで、先の戦いで撃破した宇宙人の仲間が襲撃してきてそれと戦うお話…お姉さんの激励で復活して撃破できたかと思われましたものの増援でその敵の宇宙人の最後の一人がやってきたところまででございます。

ということで、序盤は上で触れましたコミカライズ版と同じでございましたけれど、何とそのコミカライズ版の第1巻、このアニメの第2話の途中までしか描けておりませんでした…このペースでございますとコミカライズ版はかなりの巻数になってしまう気がいたします?
ともあれアニメ版…主人公のお名前がまどか、と言われるとあの作品を思い浮かべてしまいますけれどこちらのまどかさんのほうがよろしゅうございまして、このよろしさは『トップ2!』のノノさんに通じるところがございます。
ランさんはクールな雰囲気ながらそれだけでもなさそうなよさげなかた…ムギナミさんってメインキャラなのでございますね…(いえ、ほんの一瞬の登場でございましたので…)
まどかさんの過去などまだまだ解らないことは多いですけれど、それはおいおい解っていくでしょうか。
…地球に味方している宇宙人のボスの目を常に閉じた人がかなり胡散臭く見えてしまうのですが…(何)

その他、作画は悪くなく、声優さんや音楽も特に違和感なく、そのあたりは気にせずに観ることができそうでございます。
ともあれ第一印象はよろしゅうございましたし、まずは購入した分をのんびり観たいものでございますけれど、下の作品とどちらを優先いたしましょうか…。
…ところで、この作品って分類するとしましたらスーパーロボット系でございます?


ということで、先日はこの様なものも届いておりました。
-----
劇場版です
○けいおん!(劇場版)
-----
…こちらはアニメのDVDとなりまして、以前観ておりますアニメの劇場版となります。
劇場版といいましても上で触れました『トップ!』などとは違って総集編というわけではなくって新規のお話…卒業旅行を描いたものとなります。

届きましたものを見ますと案外重い上になぜかBOXとなっている…と思いましたら、BOXの中にはDVDの他、絵コンテ集というかなり分厚い資料に設定資料集的なものが2冊入っておりました。
また、虎穴購入特典としましてバッグもついてきたのでございました。

こちらは昨日は観れませんでしたけれど、そのうちのんびりと楽しむといたしましょう。


では、先日購入をしてまいりました…
半額?
…『百合姫』の感想などをば。
今号はなぜか(何)定価が普段の半額の440円となっておりますけれど、それによって特にボリュームや質が低下したりしている、ということはございません。

巻頭は上で触れました『ラグランジェ』の第2期などとともに今期放送されております『ゆるゆり』第2期の特集…『百合姫』連載作品初のアニメ化作品なのでございますから、ここまで大々的に扱われるのもまずは当然といったところでございましょう(私もすでに第2期のDVDを予約してしまいましたし…)
…『百合姫』連載作品で初のアニメ化作品は『シムーン』では、と…あれはアニメのコミカライズでしたはずでございますから…(何)

連載作品はそのなもりさまの『ゆるゆり』をはじめまずは八色さまの『きものなでしこ』やくずしろさまの『犬神さんと猫山さん』といったゆるめの作品たちは相変わらず安定したもの…それに後者2作品はやっぱり複数話掲載でございます。
その他の連載作品について、今回は全て収録されていた気がします…いつの間にか「なかったこと」にされてしまった作品群をのぞけば、でございますけれども(何)
個人的にはやっぱりまずは源久也さまの『ふ〜ふ』…今回はあのお姉さんのお話でございまして、ついに心境に変化が訪れてまいりました?(何)
例のお二人の(何)『恋愛遺伝子XX』はついに自分の気持ちが恋だと気づいたアオイさんでございますけれど…そういえば彼女ってかなりの方向音痴なのでございましたね…。
森島明子さまの『レンアイ女子探偵ファイル』はハッピーエンド…あの探偵さんがよろしゅうございました。
その他、個人的に結構好きな連載な田仲みのるさまの『ロケット☆ガール』と再田ニカさまの『Cirque Arachne』の両作品もきちんとあって、それにそれぞれによい内容でございましてよろしゅうございました。
倉田嘘さまの『百合男子』については…個人的には正直うんざり気味でございまして、これは過剰に大きく扱うことなくひっそりと巻末を定位置にしておけばよいかな、と思います(とりあえず主人公さんは超人あるいはギャグ世界の住人、のいずれかでよろしゅうございますね?)
…連載作品といえば、巻頭の柏原麻実さまの『少女惑星』は新連載と書かれておりましたけれど、最後は「fin.」になっておりましたし1話完結の様な…?

読み切り作品も多数でございまして、やっぱりかえってアンソロジーなはずな以前読んでおります『つぼみ』のほうが圧倒的に読み切りが少なかったりいたします。
竹宮ジンさまの作品はやっぱり過去作品とつながったものでしたりいたしましたけれども、ともあれ今回収録の読み切り作品たちは全体的に大人の女性のお話が多かった印象がございますかも…やっぱり王道は学園ものとなるかと思いますけれど、これはこれで新鮮でよろしかったかと思います。

何故だか毎回もう『百合姉妹』以来続けてきた購読をもうそろそろ切ってもいいかな、という考えが真剣に浮かんできたりしてしまう『百合姫』でございますけれど、読んでみますとやっぱり結構満足できますので、とりあえず今後も購入は続けましょう。
…そう、少なくとも『きものなでしこ』と『ふ〜ふ』が存在している限りは…(何)


その様な昨日は時間が中途半端でしたこともあり、ゲームは上でも触れましたあのかたもご購入をされておられます『あまつみそらに!』のみを進行…引き続き妹さんルートでございますけれど、まずは期末試験が迫る中で神奈さんをどうしよう、というお話に…。
とりあえず、妹さんが計画をたてて成績優秀組の皆さんで勉強を見てもらうことにしたのでございますけれども、この計画のことといい妹さんはしっかりしていらっしゃいます…でも神奈さんは途中で音をあげてテニス部の県大会についていくというかたちで逃げてしまわれましたけれども。
その様な中、妹さんがゴールデンタイムの番組に出演して学校内で話題になったりされておられましたけれど、そうした状況の中で主人公さんは自分の気持ちをはっきり認識したご様子…つまり妹さんを家族としてではなく別の意味で好き、ということで、この段階で好きという気持ちにまで至るなんて、他のルートに較べてずいぶんはやい気がいたしますかも?
また、妹さんも眠っている主人公さんにキスをしてしまったりしてしまわれましたので、あとはお互いに気持ちをはっきり伝えることが第一の問題となりそうです?

その様な主人公さんと妹さんは深景さんの夏祭りの準備なお手伝いをすることになりましたけれど、そういえば夏祭りって芹夏さんルートにはなかった様な気がいたします?
そうした中、妹さんの過去についての回想もございましたけれど、そういえば神奈さんルートでも少し垣間見れたところによると、この妹さんにもかなり何か怪異関連で何か隠されたものがある様子…それが波乱要素となってきそうでございますけれど、まずは見守りましょうか。
…やっぱり、神奈さんは家族枠で賑々しくしていらっしゃるのが一番楽しく似合っている様な気がいたします?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57123488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック