2012年07月31日

まきこまれるのとかもういいです。

先日はこの様なものを購入してまいりました。
-----
ちょっと多いかも…
○ポケットモンスターブラック2
○輪廻のラグランジェ オリジナルサウンドトラック
○ティンクルセイバーNOVA(4)
○ゆるゆり(8・9)
○ゆりゆり
○ゆるゆり コミックアンソロジー(6)
○ひらり、 ピュア百合アンソロジー(8)
○あさがおと加瀬さん。
○さろめりっく
○天然あるみにゅーむ!(4)
○ごきチャ(1)
○Good night! Angel(1)
○魔法少女まどか☆マギカ 4コマアンソロジーコミック(1)
○のんのんびより(4)
○放課後アトリエといろ(3)
○青い花(7)
○いつか天魔を斬る魔女(2)
○たたかうおんなのこたち(2)
○輪廻のラグランジェ 〜暁月のメモリア〜(1・2)
○マジでカガク(1)
○TSUWAMONO!!(1)
-----
…一番上はゲーム、その下はCD、その他はコミックとなります。
ゲームのほうはとっても大好きなあのかたのお好きなシリーズ…とても有名なシリーズものとなりますけれど、(以前『A』をしております『スパロボ』シリーズ同様に)私が手を出すのはこれがはじめてとなります。
その『スパロボ』同様にあのかたがされていらっしゃるのが気になりまして、今回こうして購入…色々作品がございましたけれど、まずは最新作で主人公さんの雰囲気もよさげな、そして同じっぽい作品でも2種類ありましたうちあのかたもご購入されておりました黒いほうを選んでみました。
下で触れます『新・ととモノ。』がございますのですぐに手をつけることはできないかもですけれど、それが終わったら次はこちらをしてみようかと思っております(あとは『サモンナイト3/4/5』次第…来年2月には『Fate/EXTRA CCC』が待っておりますけれど、それまでにはきっと一段落つくでしょう)
…まだ『スパロボZ』も手を出せておりませんのにこちらまで購入してしまってごめんなさいまし…どちらを先にするべきでございましょうか…?

CDのほうは現在第1期のDVDを継続購入中でまた第2期が放送されているはずなアニメのサントラ…こちらの作品はなかなかお気に入りとなってまいりまして、また音楽もなかなかよい印象でしたことからサントラを購入してみました。

コミックのほう…『ティンクルセイバー』は過去に既刊を読んでおります藤枝雅さまの作品で、限定版ということでドラマCDもついてまいりました。

その次の『ゆるゆり』も過去に既刊を読んでおります作品で、第8巻及び第9巻も限定版ということでドラマCDもついてまいりました。
『ゆりゆり』は百合姫コミックスかつ『ゆるゆり』同様になもりさまの作品ということで、その下は過去に既刊を読んでおりましてさらに『ゆるゆり』のアンソロジーということで購入をいたしました。

『ひらり、』はおなじみとなっております百合アンソロジー、その下の『加瀬さん。』と『さろめりっく』はその『ひらり、』に掲載されていた作品が単行本となりました、きららコミックスつぼみシリーズの様なものとなるでしょうか。

『天然あるみにゅーむ!』から『まどか』4コマまではおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックス…『天然あるみにゅーむ!』は過去に既刊を読んでおりますことから、その他の3作品は何となくよさそうでしたり気になりましたことから購入をいたしましたものとなります。

『のんのんびより』から『たたかうおんなのこたち』の5作品は過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
『いつか天魔を斬る魔女』と『たたかうおんなのこたち』は今回で最終巻となる模様でございます。

『輪廻のラグランジェ 〜暁月のメモリア〜』は『ラグランジェ』のコミカライズ版でございましたので購入…どうも敵側を描いたものになるみたいでございます?
そして一番下の2作品は何となくよさそうでございましたので購入をいたしましたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『マジでカガク』の帯から取ってみました。

コミックのほうはあまりに数が多く、しかも『ティンクルセイバー』『ゆるゆり』『ゆりゆり』や『ひらり、』『加瀬さん。』『のんのんびより』に『天然あるみにゅーむ!』や『放課後アトリエといろ』などあまりに気になるよい作品が多すぎてどれから読もうか非常に悩ましいところでございますけれど、それらを最優先にしてじっくり読み進めてまいりましょう。
…それらの何から読むのか、となると非常に難しいところとなりますけれど、それは気分次第で…?


上でも触れましたあのかたもしていらっしゃいます『新・ととモノ。』のほうは先へ進みますことに…必修クエストを受けてみます。
こちらは皆さんの実力をテストするものらしく、マラソンと題して新ダンジョンである塹壕の中にいる体育会系の先生のもとまで行く、というものでございます。
アサミーナさんは生徒会長さんということもあり、出発前に先生から他の生徒の皆さんの手助けをできる様ならしてもらいたい、とお願いされます。

そしてダンジョンへ赴きまして、ところどころで生徒さんたちと話していきますけれど、元気な女の子に助言をしてあげたところ、あまり力になれた雰囲気はございませんでしたのに、その子との交友値が一気に2も上昇いたしました。
どうやら交友値の上昇はクエストをこなすだけでなく、会話の選択肢でも発生する模様…これは気をつけて、よいかたの見落としがない様に気をつけなくてはいけません。
…いつの間にかめんどくさがりやさんのセレスティアな女の子との交友値も1上がっておりましたけれど、これは一体いつの間に…この塹壕で一度会話を交わしたくらいかと思いますけれど、もしかいたしますと会話を交わしただけで上がる場合もあるのでございます?

ともあれ、昨日はその塹壕の探索の途中まで…いえ、ここが案外広くて時間がかかってしまいました。
それに、今作は敵の出現率がちょっと高めに感じられる不思議(以前しております『Final』など過去作とそう変わらないはずなのでございますが…)…これは、わざわざ敵の出現率を上げる装備は装備しなくってもよさそうでございます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57342635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック