2012年08月04日

さくひま放送ON AIR!

先日読みましたコミックの感想です。
連続刊行の…
□ゆるゆり(8・9)
■なもりさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なものとともに購入をしましたもので、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスといたしましてはおなじみとなります百合姫コミックスとなります。
こちらの作品は以前DVDを観ております様にアニメ化もしておりましてまた今現在第2期も放送しているはずの作品となります。

内容としましては、とある中学校の娯楽部の皆さんの日常を描いた作品でございます。
と、説明がやはり以前読みました第7巻の感想と同じとなってしまいましたので、詳細な説明などは省略をいたします。
この巻でも変わらない皆さんの愉快で楽しい日常を描いておりまして、よい意味で特に付け加える様なことはなかったりいたしますけれども、でも強いて言いますと第8巻の結衣さんが陸上部にスカウトされるお話はちょっとだけシリアスなお話でしたかも…そういえばそのお話の最後に出てまいりました漫研でございますけれど、確かなもりさまの他の作品がこの『ゆるゆり』と同じ学校が舞台になっていて、とかそういうことがございませんでしたっけ…?

その第8巻では2年生組と1年生組がそれぞれ分かれてお泊り会をされておられたり、ごらく部の皆さんが心を読んで行動をするものの全然読めていないお話などが特に印象に残る楽しいお話でございましたでしょうか…もちろん向日葵さんと櫻子さんの婚姻届のお話というこのお二人のカップリング好きな身としては素晴らしいお話もよろしゅうございます。
あとはごらく部の皆さんが百合姫コミックスを読むお話、『百合姫』掲載時には著作権マークはなかった…なんてそれは別によろしゅうございますけれども、以前総集編を読んでおります『Wildrose』を読んでしまうチーナさんって…(何)
そのチーナさんはあかりさんのお姉さんが苦手…というより恐怖を感じる存在の模様でございます?
…そういえば第8巻には会長さんや爆発教師の出番がなかった…(爆発教師は第9巻にも出番がなかった様な…でもキャラ紹介はきちんとございます)

一方の第9巻は全てが描きおろしとなっている1冊…そういえば目次を見れば解りますけれど、通常の連載作品と描きおろし作品はきちんと話数が分離されております。
こちらではごらく部設立の流れが軽く語られましたり、あかりさんとチーナさんや京子さんと綾乃さんのデート(の様なもの)が描かれたりしております…桜子さんもいくつかのお話で相変わらずのおバカなところを見せてくださり向日葵さんがそれに突っ込むといういつものお姿を見せてくださっておりますので一安心でございます。
あと、巻末には『ミラクるん』の登場人物の皆さんの日常のお話も収録されております…ライバるんがかなりいい子…。
この巻のアンケート葉書は会長さんによるものなのでございますけれども、裏面が完全に解読不能…第8巻の爆発教師によるアンケート葉書と見比べれば何となかるかもしれませんけれど、でも7つめの質問は完全に読み取れません(何)

ということで2冊同時に読みましたけれど、7月4週はこの2巻の通常版と限定版、それにこれと同時に購入しております『ゆりゆり』と、5日連続でなもりさまの何らかの作品が出るというなかなかすごいことになっておりましたっけ…。
それはともかくといたしまして内容のほうは相変わらず安定して面白いものでございますのでそこは何の心配もいりません。
あと、今回は限定版での購入ということで、第8巻にはごらく部の皆さんによる『激論!ミラクるん現象に迫る』、第9巻には生徒会の皆さんによる『さくひま放送ON AIR!』というドラマCDがそれぞれについてきております。

イラストは悪くございません。
百合的にはいかがでございましょう、この作品はタイトルどおり百合要素よりゆるい雰囲気を重視した作品ではございますけれども、それでも色々ほのかに以上には感じられます(チーナさんは誰が見ても解るほど結衣さん大好きなのでございますけれど、その結衣さんはその想いをどう受け取っていらっしゃるのでございましょう…/何)
ということでアニメの第2期も放送されております作品でございますけれども、やはりよろしいものでございます…このまま無事に続いていっていただきたいものでございます。


とっても大好きなあのかたもしていらっしゃいます『新・ととモノ。』のほうは先日受けました校長先生からの依頼で、ツンデレなエルフさんたちといっしょに塹壕へ…ここではあの転入生が胡散臭い動きを見せておりまして、任務を達成しても結局その行動の謎はとけないままでございました…。
しかも、ツンデレなかたへの転入生の態度が個人的には嫌な感じで、やはりこの転入生は好きになれそうにございません…。

昨日は塹壕の探索に手間取りましたのでここまででございましたけれども、2つめの学科について、アサミーナさんとかなさまははやくも極められ、エステルさんも98%という状態…これは先へ進む前にエステルさんも学科を極めて、3つめの学科へ転科してから先へ進もうかなと思います。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57425112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック