2012年12月26日

3年生の受験目前。それでも変わらない、優しくて楽しい毎日♪

先日読みましたコミックの感想です。
まだまだ続く…?
□ひだまりスケッチ(7)
■蒼樹うめさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.3)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたもので、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらはアニメが第4期(でございましたっけ?)までも放送されているという作品で、以前読んでおります様にアンソロジーも出ているもの…作者のかたは以前観ておりまして色々展開されております『まどか』のキャラクターデザインをされたかたでもございます。
…このコミック、きらら系の4コマなのでございますけれど、今月のずいぶん中途半端な時期に発売となりました…他のきらら系4コマは月末に普通に出ますので、よく解らない現象でございます(こうしたことは過去、以前読んでおります『けいおん!』第3巻でもあった模様でございますけれど、不思議な現象…)

内容としましては、私立やまぶき高校の美術クラスに通う、学校のすぐ前にあるひだまり荘で暮らす6人の女の子たちの日常のお話となります。
と、説明がやはり以前読みました第6巻の感想と同じとなってしまいましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でもやはり皆さんの微笑ましい寮生活や学園生活の様子が描かれておりまして、本当に心があたたかくなるよろしいものでございました。
夏の海へ行かれるお話からはじまり、秋の体育祭ややまぶき祭を過し、夏目さんも交えたクリスマスパーティ、皆さんで過す大晦日…この巻ではゆのさんたちが2年生のときの夏から冬にかけてのお話が展開されていきます。

途中、なずなさんのご両親や沙英さんの妹さん、といったご家族関係のかたが少し出てきたりもいたしますけれど、ともかく…冬まで季節が流れたということで、この巻の最後は沙英さんとヒロさんの3年生組の受験のお話の顛末となります。
お二人とも無事に志望校に合格をされた、というところでこの巻はおわりでございましたけれど、そうなりますと次の巻では確実にお二人がご卒業、ということになりそう…この作品はおそらくゆのさんが卒業されるまで続くかとは思いますけれど、やはりさみしさは感じてしまいます。
しかし、この沙英さんとヒロさんもそうでございますけれども、ゆのさんと宮子さん、なずなさんと乃莉さんと、それぞれの学年のお二人の仲のよさが非常によろしゅうございます…以前読んでおります、同じく美術系のお話でもございます『放課後アトリエといろ』あたりもその様な感じになっておられましたっけ。
あと、大家さんがああいう性格の作品って以前読んでおります『ふら・ふろ』を思い浮かべますかも…何かの作品を思い浮かべてしまう、といえばヒロさんが上で触れました『まどか』のマミさんに重なる印象もあったり?
…沙英さんとヒロさんのカップリングは覆せないとは思いますけれど、この巻のクリスマスのお話など、やはり夏目さんと沙英さんというカップリングも非常に捨てがたいのでございました。

イラストはなかなかよろしいものでございます。
百合的には上でも触れました様にそれぞれの学年のお二人に夏目さんを加えた感じでよろしゅうございます。
ということで相変わらず微笑ましくてよろしいものでございまして、しかも以前読んでおります9巻にも及ぶ『三者三葉』には及ばないものんそれでもきらら系としては非常に長く続いている部類になります、以前読んでおります『落花流水』に並ぶ7巻という巻数、これからも続いていっていただきたいもの…ではございますけれど、次の巻では切ない展開が待っていそうでございます…?


また、同時にこちらも読みましたので…。
4コマでないアンソロジー…
□ひだまりスケッチ ストーリーアンソロジーコミック(1)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたもので、気になるシリーズの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては上の作品と同じもの…タイトルから解ります様に内容も上の作品関連のものということで、そういうことで同時に読んでみました。
…というより、上の作品がすぐに出ると解っておりましたので、それまでこちらは読まずに取っておいていたのでございました(何)

内容としましては、上で読んでおります『ひだまりスケッチ』のアンソロジーコミックとなります。
アンソロジーコミック、は上でも触れております様にすでに第5巻まで出ているのでございますけれども、こちらはわざわざ『ストーリーアンソロジーコミック』という様に別枠扱いにしてナンバリングも第1巻とされております。
この様なことは、以前原作を読んでおりまして以前(劇場版の)DVDも観ております『けいおん!』においても、以前読んでおります普通のアンソロジーに対してまして以前読みました様にストーリーアンソロジー、と分けられたことがございました。
普通のアンソロジーとこのストーリーアンソロジーの違いでございますけれど、『けいおん!』の際からおぼろげながらそう感じておりましたながら、今回の原作者さまあとがきから、やはり4コマでない作品のみで構成されたものがストーリーアンソロジー、となるご様子でございます(ですので今作は全て4コマではない短編で構成されております)

今回参加していらっしゃる作家さまで私がコミックなどを持っているかたといたしましては、作品の収録順に以前読みました『スマイル・スタイル』の筋肉☆太郎さま、以前読みました『green.』などの大朋めがねさま、以前読みました『ベツキス』の百合原明さま、以前読みました『月曜日の空飛ぶオレンジ』のあfろさまがいらっしゃいました。
また、巻頭のイラストページでの参加といたしましては以前読みました『√中学生』のさくやついたちさま、以前読みました『きものなでしこ』の八色さまがいらっしゃり、その他表紙イラストは以前読みました『ラッキー・ブレイク』の平つくねさまが、カバー下の漫画は以前読みました『アキタランド・ゴシック』の器械さまが、巻頭1ページめのタイトルページのイラストは以前読みました『ハナヤマタ』の浜弓場双さまが描かれておられました。
やはりきらら系で見かけるかたがたが多い…と、八色さまの『きものなでしこ』はきらら系ではございませんけれど(百合姫コミックス…)あの作品自体はきらら系に存在しても何ら違和感がございませんものね…。

ということでお話のほうは、4コマでない短編たちで構成されたアンソロジーとなります…ただしカバー折り目は4コマでございます(何)
4コマでない、とはいいましてもやはり基本は『ひだまりスケッチ』らしい微笑ましいお話がメインとなっておりますので、そのあたりは安心して読めるかなと思います。
全体的な印象としましてはまずそれで、あとはヒロさんがダイエットに悩んでいらっしゃるお話が結構見受けられました様な…このあたり、上の作品で触れました様にやはり『まどか』のマミさんと重なる面がございますかも…?
…大朋めがねさまはやはり沙英さんを主題にされておられましたか…(いえ、このかたは名前の通り、作品の登場人物がかならず眼鏡をかけておられて…/何)

イラストはアンソロジーでございますので玉石混淆ではございますけれども、全体的に悪くなかったかと思います。
百合的にもお話によるわけでございますけれども、でも全体的に原作と同程度はあったかなと思います。
ということで、こちらもなかなか悪くないものでしたかと思います…やはり『ひだまり』は微笑ましくてよろしいものでございます。


とっても大好きでご無事を願っておりますあのかたもしていらっしゃいます『新・ととモノ。』のほうは4周めの秋、岸壁の探索を行っております。
こちらなのでございますけれど、毎周ととモノ。メダルが入手できる謎の場所でございまして、今回もまた2枚のメダルが入手できました。
これは果たしてこのダンジョンが特殊なのか、それともただ単に運の問題なのか、気になるところ…でも、ここ以外では冬の孤高で1枚入手できた以外は全く入手できていないのも事実なのでございました。
岸壁の宝箱はあと1つ残っており、ここからもメダルが得られる様に粘ってみようかなと思います(1つの宝箱からはこれまで未入手でございましたアイテムを入手…それはそれでよろしゅうございます)
…アイテムポイントからはメダルは得られません、よね?(冬の孤高はアイテムポイントからの入手でございましたけれども…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61035245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック