2013年01月04日

璃紗と美夜の放課後ティータイム

先日はこの様なものが届きました。
-----
ドラマCDも…
○その花びらにくちづけを いちゃラブ春休み
○その花びらにくちづけを 玲緒のわがままご褒美デイズ
○その花びらにくちづけを スプリング・スプラッシュ
○ルミノシティ(4)
○ホウカゴ ティータイム GoGo!アズロンドン!
○すとらいくうぃっちーずのほん REVIVAL!!
○COLLECT
○Another World
○Lilyca(2012,Winter)
○境界線上のホライゾンのほん(1)
○PN37
○PS3
○Girls Night
○ペットな彼女
○エトセトラ
○dolce
○お気に召すままsweet
○愁焉
○おせっかいのススメ
○恋はいつも幻のように
○週間しゃんぷーはっと
○くっつきぼし へんたいぎわく
○秋蘭学園たべあるぶ!
○デンシ書籍三号
-----
…上2つは同人なドラマCD、その他は同人誌となります。
今回届きましたものも全て冬のイベントにて出ましたアイテムとなっております。

ドラマCDたちは、個人的には今回の冬のイベントのメインアイテムといえるものたちで無事に届いてよろしゅうございました…以前しております『ミカエルの乙女たち』などの『その花』シリーズのドラマCD2つでございまして、これらは年齢制限がございますのでご注意くださいまし。
昨日はそのうち、『いちゃラブ春休み』のほうを聴くことができました…こちらは『ミカエルの乙女たち』の主人公でございました璃紗さんと美夜さんのお話…こちらもまた本編のエピローグ前、春休みにあったことを描いておられます。
こちらでは春休み前に少しすれ違いが生じるものの(璃紗さんって結構勢いで暴言を発して後悔するタイプでございますよね…/何)無事に仲直りをされたり、春休みに遊園地デートをされたり、家出をされた美夜さんを迎え入れたりするお話が展開…特に遊園地デートでは美夜さんの意外な一面がかなり見られますかも?
今日の日誌のタイトルは、このドラマCDの最後のおまけコーナーのタイトルから…美夜さんの性格から他のドラマCDの様なラジオ型式ではなくなっておりまして、また内容もかなり嘘八百(でもその中に真実も少しだけ…あと、真のベストカップルとされた人々のお名前、引っかかるものもあったり?)
美夜さん、何だか下で二次創作作品について結構触れる作品のほむらさんに似ていらっしゃる様に感じられますかも…このタイプのかたは本来かなり好きで、できればほむらさんも(切なく泣ける要素も多分にあり)同人誌など買いたいところながら、なかなかお金が…(何)
…やはり璃紗さんと美夜さんもよろしいお二人で、ドラマCDのもうお一方の麻衣さんと玲緒さんも言うまでもなくよいかたでございますけれど、いずれはいまだドラマCDの出ていない2組のカップリング、つまり雫さんとエリスさん、貴子先生と瑠奈さんのものも出してくださることを強く願っております。

同人誌たちでございますけれど、『スプリング・スプラッシュ』はタイトルどおりドラマCDと同じシリーズの、こちらはノベルでございます…なお、こちらも年齢制限がございますのでご注意くださいまし。
内容としましては、『ミカエルの乙女たち』の主人公でございました璃紗さんと美夜さんのお話…こちらもまた本編のエピローグ前、春休みにあったことを描いておられます。
こちらは東京スカイシティというところのプールへ行かれるお二人のお話となりますけれども、こちらでも美夜さんの意外な一面が明らかになったりいたしますかも?

その下の同人誌な『ルミノシティ』はイラスト集でございまして、以前既刊を購入しておりますもの…そして上の『その花』シリーズのイラスト担当のぺこさまのものとなっております。

その下の『ホウカゴ ティータイム GoGo!アズロンドン!』から『Another World』までの4冊は装丁もカバーつきでしっかりとしたコミックサイズの同人誌となっておりますので、例によってまたじっくりと読みまして、普通のコミック同様に感想を設けたいと思います。
…ただ、未読のコミックもたまっておりますので、せめてきらら系の新刊は先に読んでしまおうかなと思っております。

では、その他の通常の同人誌については以前購入をいたしましたもの同様に参考にならない百合度評価をつけつつ感想をかいていきたいと思います。
なお、通常でしたら二次創作のジャンルごとに感想を書いていきたいところなのではございますけれども、この昨年の冬のイベントの際に購入をいたしましたもの同様に同一サークルさまが複数ジャンルを出していらっしゃるものもございますので、まずはそういったサークルさまのものを取り上げ、その後ジャンルごとにまとめていこうと思います。
…といいましても、今回はジャンルが思いのほか少ないのでございますけれども…(何)

○Lilyca(2012,Winter)《百合度評価:★★★★☆(4.2)》
こちらはオリジナルな作品となりまして、以前作品を購入しておりましたりとお気に入りなサークルでございます【あとりえ雅】…藤枝雅さまの作品ということもあり購入をいたしましたものとなります(ジャンルも完全な百合でございましたし)
内容としましては、以前購入をいたしました同タイトルのもの同様に百合なアンソロジーとなっておりまして、藤枝さまも含めた6人のかたがそれぞれにオリジナルなお話を描いておられます。
参加されていらっしゃるのは藤枝さまと藤枝さまのアシスタントらしい遊日さまに藤枝さまの同人誌ではおなじみのノギヒカルさま、それに以前読んでおります『レンアイ女子ファイル』などの森島明子さま、以前読んでおります『私の世界を構成する塵のような何か。』などの天野しゅにんたさま、以前読んでおります『エデンの東戸塚』『さろめりっく』などの袴田めらさまでございます。
藤枝さまは以前読んでおります『飴色紅茶館歓談』の後日談を描かれておりましたり、他のかたがたもそれぞれにとてもよい百合のお話を描かれておりまして、これは個人的にはかなり満足なアンソロジー…今後も刊行する予定らしいですし、期待をいたしましょう。

○境界線上のホライゾンのほん(1)《百合度評価:★★★☆☆(2.6)》
こちらは『境界線上のホライゾン』という作品の二次創作作品となりまして、上の作品同様に藤枝雅さまの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、かのかたが過去に出されました同ジャンルの同人誌3冊をまとめた総集編となっております。
メインはキャラ紹介になっておりましたり、この作品のことを全く知らない私にとってはよく解らない作品になっておりましたかも…藤枝さまの作品といえどかつて『ラブプラス』『コードギアス』といったよく解らなかったり興味が惹かれないジャンルの同人誌は購入を控えておりましたので今回もそうしてもよろしかった、のかも…?(妙に戦国武将の名前が目につきましたけれど、そうでない人のほうが多くて世界観が全く解りませんでしたし…)
…でも、百合的には全くないわけではない、ご様子です?

○PN37《百合度評価:★★★☆☆(3.4)》
こちらは『なのは』の二次創作作品となりまして、以前作品を購入しておりましたりとお気に入りなサークルでございます【ぱるくす】さまの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、例によりまして『A's』終了後あたりの時間軸の皆さんの日常を描いたものでございます。
今回は皆さんで交換日記をする、といったお話となっておりまして、やはりこのサークルさまの作品は相変わらず微笑ましくてよろしゅうございました。
…実は今回、このサークルさまはこの作品と下で触れます作品の他、『まどか』のものも出していらっしゃるのでございますけれど、メロンブックス通販の予約ではなぜかそれだけ期限内に予約できませんでしたので、別で購入という悲しい事態となっております…。

○PS3《百合度評価:★★★★☆(3.8)》
こちらは『咲』の二次創作作品となりまして、上の作品同様にサークル【ぱるくす】さまの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、『咲』のいくつかのカップリングの皆さんの日常を描いたものとなります。
今回からは『咲』本編と『阿知賀編』との区別をなくされたとのことで、両方の皆さんが登場されてまいります。
こちらは比較的百合度の高い内容となっていたかなと思います。

○Girls Night《百合度評価:★★★★☆(3.5)》
こちらは『ゆるゆり』の二次創作作品となりまして、以前作品を購入しておりましたりとなかなか気になるサークルでございます【GRINP】さまの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、結衣さんと京子さん、あかりさんとチーナさん、それぞれのお泊りの様子を描いたお話となります。
こちらは日常ものよりもむしろいちゃいちゃ要素を重視して描かれたそうで、百合的にちょっと高めのものになっておりましたでしょうか…後者のカップリングは少々コメディ要素が強いですけれども。

○ペットな彼女《百合度評価:★★★★☆(3.7)》
こちらは『まどか』の二次創作作品となりまして、上の作品同様にサークル【GRINP】さまの作品でありまた好きなカップリングの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、杏子さんを巡る2つの短編の収録されたものとなっております。
前者のお話は杏子さんとほむらさんのお話で、ほむらさんが杏子さんを餌付けしている様な感じのお話となるでしょうか…いえ、なかなかしんみりくるお話でしたりいたしますよ?(何)
後者はさやかさんのお家に杏子さんがお泊りするお話でございますけれど、何と言いますか、あとがきにございました様に色々台無し…いえ、これはこれで面白いお話ではございますけれど、年齢制限ぎりぎりですかも?

○エトセトラ《百合度評価:★★★★☆(3.8)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、杏子さんとさやかさんカップリングの読み切りな短編をいくつか収録した短編集となっております。
色々なお話が収録されておりましたけれども、基本的にはお二人がよい関係のものとなっておりまして、百合的にもよきものでございました。
…こちらのサークルさま、以前購入をしております『同棲ゴッコ』などを出されたかたでございました。

○dolce《百合度評価:★★★★☆(3.8)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入を(以下略)
内容としましては、こちらのサークルさまが過去に出された同人誌4冊に描きおろしを加えた総集編となっております。
その中には以前購入をしておりました『はなむけ』も含まれておりましたけれど、それ以外の作品たちはおおむねコメディ…そしてマミさんがいいところを持っていくお話となっておりました(何)
『はなむけ』に関しましてはそういうことですでに持っている作品ではございましたけれども、改めて読んでみますとやはり切なくよろしいお話で、泣けてきてしまいました…。
…こちらのサークルさま、それ以外にも以前購入をしております、そして今回の総集編には収録されていない『お気に召すまま』などを出されたかたでございました。

○お気に召すままsweet《百合度評価:★★★★☆(4.0)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで(以下略)
ちなみに上の『dolce』と同じサークルさまの作品でございまして、内容としましてはその上で触れました『お気に召すまま』と逆のパターン…つまり杏子さんがメイドの服装を着る、というものとなっております。
お話のほうは劇場版のパンフレットにあった魔法少女の皆さんのパラメータを見てさやかさんが…というものでございましたけれど、そのパラメータは公式のもので、さやかさんが圧倒的に弱い…(ほむらさんも非常に弱いですけれど一点だけものすごく高いのでございました)
そういうことで落ち込むさやかさんを杏子さんが慰めてあげる、というものでございます。

○愁焉《百合度評価:★★★☆☆(2.5)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、杏子さんのお話でよさげでございましたことから購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、杏子さんが昔の記憶…つまり家族のことを思い返す中、というお話…。
ですのでもちろんかなり切ない内容ではございますけれども、やはりよいお話でございました…百合的にはございませんけれども、また少し泣けてしまいました…。
…こちらのサークルさま、以前購入をしております『がぶりん2号』などを出されたかたでございました。

○おせっかいのススメ《百合度評価:★★★★☆(3.8)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、とある理由から記憶を保った状態で改変後の世界へ転生をしたさやかさんが杏子さんとの出会いをやり直す、というもの…。
でも杏子さんは改変前の記憶は持っておりませんので、さやかさんはかなり空回り…こちらもかなり切ないお話となっておりましたけれども、最後はハッピーエンドでありよきものとなっており、こちらでもまた少し泣けてしまいました…。

○恋はいつも幻のように《百合度評価:★★★★☆(3.8)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで購入を(以下略)
内容としましては、杏子さんの幻覚魔法が勝手に発動して幻の杏子さんが勝手に動き回ってしまう、というもの…ちなみにこちら、結構珍しいことにフルカラー作品となっております。
コメディな作品ではございますけれど、その幻の杏子さんが微笑ましくかなりよい子でございました…その子がきっかけて杏子さんとさやかさんの関係もよろしくなったご様子で、百合的にもよきものでございました。

○週間しゃんぷーはっと《百合度評価:★★★★☆(3.5)》
こちらも『まどか』の二次創作作品となりまして、好きなカップリングの作品ということで(以下略)
内容としましては、2つの短編を収録したものとなっております。
前半は車に轢かれた猫さんを巡る杏子さんとさやかさんのお話で、こちらはちょっと切ないながらもよいお話…後者は謎の小生物として現れた杏子さんをさやかさんが飼うお話で、こちらは完全コメディなものとなるでしょうか。
…お話自体は悪くなかったのでございますけれど、あとがきの一部で少し引いてしまいました…(何)

○くっつきぼし へんたいぎわく《百合度評価:★★★★★(4.5)》
ここから下は全てオリジナルな作品となりまして、こちらは以前同じシリーズのものを購入しておりまた「百合」と明記されておりましたことから購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、やはり例によってアニメ本編より少し前かアニメ本編と重なる時期…つまり夏休みのお二人を描いたものとなっておりまして、やはり年齢制限ぎりぎりな雰囲気の、でも百合的にはよろしいお二人を描いております。
今後は夏休み以外のお二人の様子を描く予定とのことでございますけれど、秋以降はあの謎の惑星へ飛ばされてしまったのでは…いえ、そのあたりは気にしないほうがよろしゅうございます?(何)

○秋蘭学園たべあるぶ!《百合度評価:★★☆☆☆(1.5)》
こちらは上で触れました藤枝雅さまの作品と同時に作品を購入しておりましたりとお気に入りなサークルでございます【超あるまじろくらぶ】…つまり源久也さまの作品ということで購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、秋蘭学園にある食歩部の活動を描いたコメディ作品となっております。
この部は名前の通り地元の商店街の飲食店を食べ歩く部でございまして、そのレビューがかなり評判…主人公はその部に入部した女の子でございます。
こちらの作品、登場人物は男女半々くらいで百合的にはございませんけれども、なかなか勢いのあって面白い作品でございました。
…ところで、まえがきで『ふ〜ふ』の連載が一区切りした、とございましたけれど…これ、完結したとかそういうわけではございません、よね?

○デンシ書籍三号《百合度評価:★★★☆☆(3.4)》
こちらは上で触れましたサークル【ぱるくす】さまの作品と同時に既刊を購入しておりましたことから購入をいたしましたものとなります。
内容としましては、既刊同様に獣耳をした女の子が登場する、そして百合なお話、ということをテーマにした合同誌となります。
2つの短編が収録されており、百合的には前者がなかなか悪くございませんでしたけれど、後者は『サモンナイト3』をネタにしておりましたっけ…こちらの作品、リメイクは購入しておりますものの手をつけておらず、少し気になってしまいましたかも?(でも他に色々ございますのでやはりてはつけられませんけれども/何)

ということで同人誌たち、藤枝雅さまや源久也さまのものはやはりよろしく、その他のものも泣けてしまったりするものもありよろしゅうございました。
ドラマCDについて、『玲緒のわがままご褒美デイズ』は聴けませんでしたので、また今日にでも…と、今日はとっても大好きでご無事を願っておりますあのかたがお好きなシリーズでまだ未見でした作品のDVDを借りられることになっておりますけれど、でもまずはこちらのドラマCDを優先かな、と考えております。
…そのアニメDVDがございますので、今年になってまだ手をつけられておりませんゲームの進行はかなり遅れそう…『新・ととモノ。』終了後に手をつけようと思っておりました『スパロボZ』などの開始がかなり遅れそうでございますけれど、よろしゅうございます、よね?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61206526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック