2013年01月31日

その恋は純粋―

先日読みましたコミックの感想です。
2冊めが登場…
□百合アンソロジー dolce due
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★★★(4.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますこともあり購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『麒麟町ぼうえいぐみ』や『純潔ロマンス』あたりと同じものとなる様子でございます。

内容としましては、タイトルどおり百合なアンソロジーとなっております。
こちらのアンソロジーは以前第1巻に相当する『dolce』が出ておりまして、でもその1冊で終わりかと思っておりましたので、こうして2冊めが出てくださったのは想定外…もちろん嬉しい想定外でございます。
百合アンソロジーといえば長らく続いておりました『つぼみ』が以前読みましたもので最終巻を迎えてしまいましたので、こうして別の百合アンソロジーが出てくださるのはなおさらにとても嬉しいことでございましょう。
その第1巻に相当するものや『つぼみ』などと同様、今回のこちらもなかなかの分厚さを誇っておりました。

参加されていらっしゃる作家さまで私がコミックを持っていらっしゃるかたといたしましては、作品の掲載順に以前購入をしております同人誌『さやかわさやDAY』などを出されていらっしゃるサークル【やわらぎ瓶】さまのぴかちさま、作品が古すぎまして感想は残っておりませんものの確かに読んでおります『voiceful』のナヲコさま、以前読んでおります『ベツキス』の百合原明さま、以前読んでおります『ハナレビの楽園』の水本正さま、以前しておりますゲーム『屋上の百合霊さん』のイラストを描かれたPegさま、以前読んでおります『いちばん近くて、とおいふたり』などの黒柾志西さま(いえ、こちらでは以前読んでおります『魔法とパンツとオレ』などと同様にベンジャミンさま名義でございましたけれど)がいらっしゃいました。
また、イラストのほうでは以前購入をしております同人誌『らぐほ総集編』のらぐほさまがいらっしゃり、その他ひびき玲音さまや小梅けいとさまといった他作品で見かけたかたがたなどいらっしゃいました。

お話のほうは、もちろん全て百合をテーマにしたアンソロジーでございます。
こちら、第2巻に相当するものとはいいましても、やはり基本的には読み切りを収録したものでございまして、その意味ではやはり最近の他の百合アンソロジーではあまり堪能できなくなった読み切り作品を存分に、という意味でよろしいものでございました。
明らかにお話が第1巻から繋がっている作品も2つほど見受けられましたけれど、そういえばもう古すぎまして感想は残っておりませんものの確かに読んでおりますアンソロジー『[es]〜エターナル・シスターズ』にもそうした作品がございましたっけ…だからというわけではございませんけれども、このアンソロジー、第1巻では以前読みました『百合少女』に雰囲気が似ていると書きましたものの今思いますとより『[es]』のほうに近しい印象を受けます。
要するに『百合少女』にしろ『[es]』にしろおかしな言いかたをすれば古きよき淡い感じの百合作品を収録していたものでございまして、こちらもそれを継承している、といえるのではないかなと思えるわけでございました…個人的にはそうしたものがかなり好みでございますので、よきことでございます。
でも、やはり過去を回想する形式のお話はちょっと胸が痛む…あと、最後に収録されましたベンジャミンさまのお話は明らかに続きがあるのでございますけれど、これは第3巻が出ることを想定して、ということでございます?

イラストはアンソロジーでございますので玉石混淆といいたいのですけれど、全体的にレベルは高かったかと思います。
百合的には百合なアンソロジーでございますのでどのお話もよろしいものでございました。
ということで、第1巻で望みました様に続刊が出てくださった上に読み切りがほぼ全て、というスタンスを守ってくださっておりよろしゅうござました…今後も刊行予定がございましたら、この雰囲気を守っていっていただきたいものでございます。


とっても大好きで最近少しお会いできない日々が続いてさみしく心配でございますけれどもご無事をお祈りしておりますあのかたにお勧めをしていただけました『第2次スパロボα』は第6話でのんびり資金集め…やっぱりここは資金をずいぶん集めやすい印象がございます。
それに小隊を全体攻撃で全滅させてさらに経験値2倍にしておきますとある程度のレベル上げもできますし、やっぱりしばらくはここでのんびりしようかなと思います…この先どの様な機体が仲間になってくるか全く見えない以上、よいキャラが仲間になってもすぐに機体を改造できるだけの資金は持っておきたいものでございますから(それに、あのかたのことが気がかりでございますし…はぅ)

そういえば、今現在観ておりますアニメDVDに出てまいりますルーさんがすでに仲間になっておりまして、それに以前しております『A』ではプルさんやプルツーさんも出てまいりましたけれど…エルさんは出てこないのでございましょうか(何)
いえ、DVDを観ておりますとエルさんもかなりよいかたでございますので、出てくださると嬉しいかな、と…それにいたしましてもこの作品、作風が前作と序盤は全然違いましたけれど、女の子キャラのレベルでいえば全シリーズの中でも最高なのではと思えますかも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61882506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック