2013年03月26日

デート・ア・ストライク

先日読みましたコミックの感想です。
アニメ化する?
□超次元ゲイム ネプテューヌ 〜めがみつうしん〜(3)
■コンパイルハートさま(原作)/葉生田釆丸さま(漫画)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては他に持っていないもの…いえ、持っていることは持っておりますもののまだ未読な作品しかなかったりするものとなります(何)
こちらはいくつかゲームが出ているはずなものの私は持っていないもののコミカライズ版となりまして、帯によりますとどうやら夏にアニメ化もするご様子でございます。

内容としましては、異世界ゲイムギョウ界を守護する女神たちの日常を描いた作品、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻でもゲイムギョウ界を舞台に皆さんの賑々しい日常を描いておりまして、敵組織は一応存在しますものの、やはり全体的には楽しい雰囲気でございます。
海で遊ぶお話や体育祭のお話、年越しやバレンタインなど、一応季節を巡っていっているご様子もございます?

そうした中、古代女神なるかたがたも登場したりいたしました。
プルルートさんはプラネテューヌの守護女神らしく、天然でほんわか気味のかたでございますけれど、変身いたしますとちょっと怖い性格になってしまいます。
ピーシェさんは永い眠りについていらしたかたで、元気いっぱいながら女神としては半人前な感じのかた…妙にネプテューヌさんになついていらっしゃいます?
その他にもベールさんの世界の治安維持をしていらっしゃるクールな雰囲気のケイブさんなど登場いたしましたけれど、これらのかたがたはやはり何か元ネタがあったりするのでございましょうか…私にはやはりよく解りませんかも?

イラストは悪くございません。
百合的には何だかそこはかとなく感じられます…基本的に登場人物が女の子ばかりだからかもしれません?
ともあれ、こちらはどちらかといえば微笑ましく楽しい雰囲気の作品となっておりまして、なかなかよろしいもの…アニメがどうなるかは、原作のゲームの内容が私には未知数ですのでこれまた未知数でございますけれど、あるいは百合的にも多少は期待できたりします、のかも?


また、同時にこちらも読みましたので…。
原作がアニメ化する?
□デート・ア・ストライク(2)
■橘公司さま(原作)/鬼八頭かかしさま(作画)/つなこさま(キャラクター原案)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(3.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはこれまた他には持っていないものとなります。
作画担当のかたは以前読みました『ぱんつぁープリンセス』などを描かれたかたとなります。
帯によりますとこちらもアニメ化する作品だそうでございますので(ただしこちらは春)、そういうつながりで同時に読んでみました…けれど、ただしこちらについては『デート・ア・ライブ』という作品のスピンオフとなっており、アニメ化するのもその原作のほうとのことでございました。

内容としましては、精霊という存在と戦う組織に所属する人々を描いた作品、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻では前の巻の続きから…つまりアシュクロフトと呼ばれる最新鋭装備を奪いにきたイギリスの人々との戦いからでございます。
4つある装備のうち3つまでも相手に奪われ絶体絶命という中、主人公の美紀恵さんがやってきて、残り1つの装備を自分のものにして何とか相手を撃退…という、流れだけ書きますとなかなかこういうお話の王道展開でございますけれど、これはまさにぎりぎり、あと一歩で生命を落とすところでございました…。
…そういえばAST隊員で新しいかたが出てまいりましたけれど、その崇宮真那というかたの口調が以前アンソロジーを読んでおります『モバマス』の仁奈さんの様な感じでよろしゅうございました(何)

相手にもそれなりの事情がある様子でございますけれど、ASTの皆さんもそれぞれの事情などからそれを知ったりしようともしないご様子…。
その相手は一般企業に回されている最後のアシュクロフトを狙うことにいたしますけれど、それが美紀恵さんのご実家でしたり…後半ではそれを巡る攻防戦となり、最終的には折紙さんがそれを得ることになりました。
こちらの作品、設定としては以前コミカライズ版を読んでおります『シンフォギア』などに近しいのでございますけれど、今のところ異形の者との戦いはなくって、人間との戦いになってしまっております…?

イラストはなかなかよろしゅうございます。
百合的にはいかがでしょう、やはり美紀恵さんが折紙さんを慕っておられましたり、また番外編を見ますと隊員の夜刀神十香さんへ対しても何か特別な気持ちを抱いていそうでしたりいたしますけれど、これらのキャラは原作にも出るそうで、そしてその原作の主人公は男性でございますので果たしてどこまで期待できるか…。
ということで、こちらは戦闘がなかなか激しく出血もかなりいたしますけれど(『ぱんつぁープリンセス』も結構痛々しかったでしたっけ…)、お話としてはなかなか悪くないもの…ただ、こちらの作品もこの作品の第1巻と同時に読んでおります『マギサ・ガーデン』やあるいは以前読んでおります『いつか天魔を斬る魔女』などと同様に原作は男性が主人公のコミカライズ版でございますので、その原作がなるというアニメは特に気にしなくってもよろしいでしょう。
しかし、これやそれらの作品全てにいえることでございますけれど、どうしてスピンオフ作品になると主人公が女の子なだけでなく百合的にもよろしい感じになるのでございましょう…いえ、もちろん個人的には歓迎すべきことでございますけれど。
…あと、こちらの作品に関しては帯によりますと公式4コマとして『デイト・ア・オリガミ』というものが出ているそうで、作画担当は以前読んでおります『ユリポップ』などの珠月まやさまとのことでちょっと気になりますけれど、でもベースは原作のほうでございましょうからまずは気にしないでおきましょうか。


とっても大好きでご無事をお祈りしておりますあのかたにお勧めをしていただけました『第2次スパロボα』は引き続き第41話で資金集めでございました。
と、ここでようやく気づけたことがありましたり…いえ、修理や補給の能力を持った機体が小隊にいる場合、その小隊にHPまたはEN回復10%、という効果が現れるみたいなのでございます。
HPは比較的どうでもよろしゅうございますけれど、エネルギーが毎ターン10%回復するは、F91やウイングガンダムゼロカスタムにトールギスV、そしてスーパー系の機体にとっては結構大きい…メガライダーやサンドロック、それに美和さんの重要度がより感じられます。
メガライダーについては2機保有しているうち1機しか使っておりませんでしたけれど、これはもう1機も使うべきでございましょう…ちょうど、レーツェルさんやゼクスさんで新規に編成した小隊の4機めをファ・ユイリィさんの百式にしておりましたので、これをそのままメガライダーへ乗り換えさせればいいかなと思います(ファさんに関してはこれまで使っていなかったのでございますけれど、新規に小隊を編成する際に空きが1つございましたので、有用な補助精神コマンドを使える彼女を選んだのでございました)
…ただ、今後の小隊編成がどうなるかまだ流動的でございますので、そういうことはキンケドゥさんが戻ってきてから考えればいいかな、とも思いましたり…少なくともこのお話ではこのまま百式のままで行こうと思います(キンケドゥさんが戻ってきたらもう1つ小隊が増えかねませんので、メガライダーはファさんではなく他のまだ使っていないかたに乗っていただく、という選択肢もございますから…)


『星彩のレゾナンス』は7周めとして末来さんルートへ赴こうかと思っておりまして、また実際彼女のルートへ入れそうな選択肢が2つほど現れておりましたので大丈夫かとも思ったのでございますけれど、彼女のルートは最後にしないといけない、という情報をいただけたりもしておりましたので、そちらは後に回すことにいたしました。
ですのでいよいよ1周めでつらい終わりかたをしてしまった奈岐さんルートをもう一度進んでみますことに…時間の関係で1周めと同じ展開のところはスキップをいたしましたけれど、でも巫女となったかたがたの最期を見られたり、また終盤の展開など、やっぱりこのルートが一番お話として満足できるものになっているかなと思います。

その様な奈岐さんルートとしての2周めは何が違うのかといえば、終盤、お二人の前に立ちふさがる恵さんや由布さんと縁子さんを倒した際に星霊石を回収するか、という選択肢が新たに現れる様になっておりました。
1周めはその様なものは回収せずに先へ進みましたので、ここは回収して先へ進みますと、終盤の封印の際にまた新たな選択肢が現れます…そういたしますと皆さん(封印の場にいらした神住さんたち3人から、そして奈岐さんからも石を回収して)の石の力も借りて封印を行うことになります。
この展開はまさに皆さんの心の力を集めて、という展開でございまして、王道な流れでよろしゅうございました…その後の母親との再会も他のルートとは違うものでございましたし。
そして鼎さんが声を失うことなく迎えたエピローグ、いきなり穢れに飲み込まれたはずの理事長と秘書が普通に生きていて外の世界へ去っていくところからはじまって驚きましたけれど、このエピローグでは他のルートでは見られなかった、そのルートのヒロイン以外の皆さんのその後も語られていきます。
最後は鼎さんと奈岐さんがともに外の世界へ向かわれるシーンでめでたしめでたし…ハッピーエンドで終わることができました。
…終盤に至るとなぜかアクションパートが全て現れなくなってしまいましたのでかなり不安でございましたけれど、まずは一安心でございました。

ということで奈岐さんルートのトゥルーエンドを終えましたけれど、やはりこの作品のメインヒロインは奈岐さんで、メインシナリオは奈岐さんルート、ということが確認できたかなと思います。
個人的に奈岐さんが一番好きだからこの様なことを言っているわけではなくって、普通にお話として一番描写がしっかりしていたり盛り上がったりするのがこのルート、ということで…ノーマルエンドはノーマルエンドで切ないもので、一度は見ておいてもよい、のかも?
…と、エンディングを見るたびに気になるのでございますけれど、キャストの末尾にいるデューンとレイラという何だか明らかに日本人っぽくなくってこの作品とは関係なさそうに感じられる人々は何者でございましょう…この様な人たち、ここへ至るまで見たこともないのでございますけれど…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64067144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック