2013年03月29日

廊下は走らず、殺さず。

先日はこの様なものが届きました。
-----
ようやく発売…
○Fate/EXTRA CCC
-----
…こちらはPSPのゲームとなりまして、以前しております『Fate/EXTRA』の続編的作品ということで購入をいたしましたものとなります。
確かこちらは本来もう1年以上前に発売予定でしたはずのものが、ここまで発売延期となっていたのでございました…まずは無事に出てくださってよろしゅうございました。

こちらは限定版での購入ということで、ビジュアルワークスもついたサントラ、それに…
限定版でしたので…
…セイバーさんのfigmaがついてきたりもいたしました。
その他、冊子やテレカもついてまいりました。

さて、この作品に私が期待しているのはただ一つ、主人公が私のオリジナルキャラのアサミーナさんそのもの、キャラメイクも何もなしで完全な状態だということで、今回もそれが再現できるかどうかということ…説明書を見ますとそこは問題なく一安心でございました。
説明書によりますと、戦闘などの基本システムは前作同様の模様ながら、今回は他のマスターとは対立ではなく協力して進んでいく模様で、前作よりは悲しい展開は少なくなりそうです?
ただ、前作の対象年齢が12歳以上でしたのに対し、今作は17歳以上と大幅に上がっているのが少し気にかかりますかも…CEROがDの作品なんて他には何も持っておりませんし。

主人公がアサミーナさんそのもの、その様な彼女で動き回れる作品ということで、私にとってはそれだけでする価値のある作品なのでございますけれど、実は今日にも以前『ミカエルの乙女たち』をしております『その花』シリーズの新作が届く予定で、それに下で触れます作品を中断する予定もなくって、ゲームは同時に2作品が限界でございますので、ひとまずこちらは『その花』の後にすることになりそうでございます。
でも、1ヵ月後には以前しております『七竜2020』の続編までやってまいりますので、それとの兼ね合いも難しいところ…とりあえず『その花』終了後はこちらをして、『七竜』がやってきたらその時点で考える、ということにしたいと思います?
…昨日少しだけしようと思ったのでございますけれど、データインストールに思いのほか時間がかかりましたので、それだけで終えてしまったのでございました(何)


また、昨日はこの様なものも購入してまいりました。
-----
CDも…
○Consolation
○キルミーベイベー(5)
○かいちょー☆(2)
○ウォーターガールズ(2)
○もこもこBOX(2)
○JOB&JOY(1)
○△コンプレックス(1)
○城下町のダンデライオン(1)
○輪廻のラグランジェ(3)
○輪廻のラグランジェ 〜暁月のメモリア〜(4)
○ぷちます!(5)
○夏色キセキ(3)
○苺ましまろ(7)
○ひなたCafeへようこそ(2)
○射 〜Sya〜(4)
○魔法少女リリカルなのは The MOVIE コミックアラカルト
○ココロ図書館(上・下)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。
CDのほうは個人的に好きでこれまでもアルバムを購入してきておりますkalafinaさまのNewアルバムということで購入をいたしましたものとなります。
さっそく聴いてみましたけれど、やはりよろしいものでございます。

コミックのほう、『キルミーベイベー』から『城下町のダンデライオン』まではおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『キルミーベイベー』から『もこもこBOX』までは過去に既刊を読んでおりますもの…『ウォーターガールズ』はこの巻で最終巻となる模様でございます。
『JOB&JOY』から『城下町のダンデライオン』までは何となくよさそうでございましたので購入をしてみましたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『キルミーベイベー』の帯から取ってみました。

『ラグランジェ』から『射』までは過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
なお、『ラグランジェ』『暁月のメモリア』『夏色キセキ』『ひなたCafeへようこそ』はこの巻で最終巻となる模様でございます。
また、『ぷちます!』のほうには特典DVDがついてまいりました。

最後のものたち…『なのは』コミックアラカルトは気になる作品のアンソロジーということで購入をいたしました。
『ココロ図書館』はちょっと気になりましたことから購入をいたしましたものとなります。

今回はきらら系を中心に非常に数が多く、また気になる作品も少なからずありまして、それらは優先度を高くして読んでいきたいものでございます。
とりあえずは、やはり『キルミーベイベー』からでございましょう。


とっても大好きでご多忙な日々が続いていらして大変かもですけれどもご無事をお祈りしておりますあのかたにお勧めをしていただけました『第2次スパロボα』は先へ進みますことに…人質を盾にされ、恐竜帝国との戦いのとき同様に撤退してしまったところからでございます。
地球連邦の極東支部であるビッグファルコンでは三輪長官がお怒り…けれど最近は隕石落下など確かに失敗続きで、なかなか返す言葉がないことも事実でございました。
ともかく人質をどう救出するかになりますけれど、奪われた機体はなかなかに恐ろしいもののご様子で、そう簡単にはいかない模様…その様な中、ミケーネ帝国がビッグファルコンにまで押し寄せてまいりました。
この戦いへ赴く前、主人公の彩菜さんがイルイさんにこの戦いは生きて帰ってこれないかも、と今までになく絶望的な見通しを語っておられましたけれど、そこまでおっしゃられるなんてよほど見通しが暗かったです…?

その様な第42話、まずは普通にミケーネ帝国と戦いますけれど、数ターンいたしますと人質を乗せた真・ゲッターとマジンカイザーという機体が現れまして、人質を救出するためにそれらのHPを1,000以下にするという、かつてダイターン関係のイベントであったことと同じことをすることになります。
今回のこの2体はHP回復(大)というとんでもない能力を持っておりますので少し厄介でございましたけれど、それでも何とか、しかもてかげんを使わずにそうすることができました…それでその2体は一瞬動きを止めましたけれど、それは地獄大元帥の策略で、実はまだ敵の支配下にあったのでございました…。
今まで高みの見物をしていた地獄大元帥が現れ、その2体とともに満を持してこちらを撃破しにかかってきますけれど、そこにクストースとこちらが呼ぶ謎の機体(名前は伏せられております)3機が現れ、力を貸してくださいました…その力で真・ゲッターとマジンカイザーは正気を取り戻し、人質ごとこちらへやってきてめでたし…あとは地獄大元帥を倒すのみでございます。
その様なちょっと面倒なお話な上、さらにクストースと呼ばれる3機は勝手に味方として動いて勝手に敵を撃破してしまいますので、このお話ではのんびりできません…先へ進むことにいたします。
ということで地獄大元帥を撃破いたしますけれど、なかなかしぶといかたで一度はHPを完全回復してしまいます…と、そこから先はイベント戦闘でマジンガーZとグレートマジンガーとゲッターの合体攻撃により撃退、撤退していきました。
…しかし、クストースという機体たち、イルイさんの声に応じてやっていらした様な…やはりイルイさんはただかわいく彩菜さんとの関係がよろしいだけの存在ではなく、物語の鍵となる人物なのでございましょうか(クストースと呼ばれる機体たちも、そしてイルイさんも図鑑に登録されませんし…)

戦い終わり、人質も無事に救出できてまずは一安心…さらに真・ゲッターとマジンカイザーという機体も使用可能となりました。
でも、戦前にイルイさんを泣かせてしまったのでございますから、彩菜さんが彼女に無事なお姿を見せてあげる、というシーンがあってもよろしかったのでは…。

昨日はそこまででございましたけれど、新たに加入いたしました真・ゲッターとマジンカイザーはそれぞれにかなり強力な機体な上、それぞれゲッターとマジンガーZの改造状態を引き継いでおりましたのでもう十分に改造されている状態、つまりお金をかけなくってもよい状態になっておりました。
それなら何の気兼ねもなく使える、かと思ったのでございますけれど、マジンカイザーについては強力な機体な分コストがマジンガーZやグレートマジンガーより0.5上がってしまっておりました(それでもゴーショーグンやボルテスVにコンバトラーVよりは0.5低いのでございますけれど…これら3機はコストのせいもあり使えません/何)…わずかの数値といえばそうなりますけれど、でもその0.5が結構重くのしかかってくることも事実なのでございました…(小隊編成の際はその0.5のやりくりでかなり苦しんでおりますから…)
結局マジンガーZと同様の運用をする、というのはどうにもならなくって、またマジンガーZも微妙に強化されておりましたので、甲児さんには引き続きマジンガーZに乗っていただくことにいたしました(そもそもマジンガーZは行方不明となってしまったキンケドゥさんの代わりに入れているに過ぎなかったりいたしますし…/何)
マジンカイザーのほうはといえば、思い切ってさやかさんに乗っていただいた上で、小隊コストにかなり余裕のありました彩菜さんの小隊へ、ヴィレッタさんを外して入れることにいたしました…マジンカイザーの移動力が8もある、という点も大きかったです(空は飛べませんので強化パーツをつけるしかございませんけれど…でも強化パーツをつけた結果、小隊長が彩菜さんの場合ですと通常状態で移動力が10になったりしてしまわれました/何)
ヴィレッタさんはアンナマリーさんのところへ移動して、アンナマリーさんを予備に回してしまいました…アンナマリーさんではなくビルギットさんを予備へ回してもよかったのでございますけれど、ビルギットさんは期待という有用な精神コマンドを持っておりますので…(あとはトロワさんのヘビーアームズなども予備へ回す候補に上がっておりまして、実はまだ悩み中…)
彩菜さんの小隊についてはこれまで散々どなたを入れようか悩んでまいりましたのに、ここにきてこれまで考えもしなかったさやかさんを入れることになりましたけれど、スレイさんと比瑪さんはもちろんこれまでどおりいらっしゃいますし、それにさやかさんでございましたらまだよろしゅうございますよ、ね…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64144319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック