2013年05月04日

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SHUFFLE!!

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□コミックアンソロジー THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SHUFFLE!!
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、とっても大好きでご多忙な日々が続いていらして心配でございますけれどもご無事をお祈りしておりますあのかたにお勧めをしていただけましたこともあり購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてははじめて手にするもの…一応ガンガン系ではございますけれども。
こちらはタイトルからも解ります様に以前読んでおります『ぷちます!』などと同様に『アイマス』シリーズの作品となります。

内容としましては、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のアンソロジーとなります。
こちらは上で触れました『ぷちます!』の元となった『アイマス』とは少し違いまして、通称『モバマス』となるっぽい作品のかたがたの作品…こちらの作品のアンソロジーとしましては以前3冊読んでおりまして、そちら同様のかたがた、となるわけでございます(でも今回は1冊ということでcuteもcoolもpassionも一まとめでございます)

参加していらっしゃる作家さまで私がコミックを持っていたりするかたといたしましては、作品の掲載順に以前読んでおります『はみがき子たん』などの凪庵さま、以前読んでおります『桜Trick』のタチさま、上で触れました『ぷちます!』と同時に読んでおります『キルミーベイベー』のカヅホさまがいらっしゃいました。
また、巻頭のカラーイラストを描かれたかたとして以前読んでおります『スイート マジック シンドローム』のCUTEGさまがいらっしゃいました。
参加されているかたはあまり多くはない印象を受けますけれど、その代わり複数話掲載していらっしゃるかたが結構いらっしゃったりいたします。

お話のほうは、ということで『シンデレラガールズ』の皆さんのアンソロジーでございます。
4コマあり短編ありといったものでございますけれど、基本的に微笑ましく楽しい、皆さんのかわいらしさなどを堪能できる、安心して読むことのできますよきものでございました。
私が個人的に好きなきらりさんや杏さんの出番も比較的多くて一安心…お二人が絡むお話はなくってそこは残念ではございましたけれど、でもお二人の素敵さは堪能できましたのでよしといたしましょう。
どのお話も好きでございましたけれど、個人的には特に甘党さまの『アイドルはじめました』の蘭子さんに関するお話が、少し泣けてしまったりもしてよろしゅうございました…蘭子さんも比較的出番が多いかたでしたかと思います。
ちなみに、登場するアイドルの紹介が巻頭に書かれておりましたのも、個人的にはありがたいものでございました…いえ、まだまだ私には解らないかたが多いので…。
…ちひろさんというアイドルではないかたがおられましたけれど、こちらは『アイマス』の小鳥さんの様な事務員か、あるいはプロデューサではなくってマネージャ、といったところのかたなのでございます?

イラストはアンソロジーでございますので玉石混淆ではございますけれど、悪くございません。
百合的にはいかがでございましょう、お話によってはほのかにといったところもありますかも…ちなみに『アイマス』でネックとなってしまうプロデューサという存在はほぼ出てまいりませんのでそこは一安心でございました。
ということで、こちらは微笑ましく、それに皆さんのことも堪能できるよいアンソロジーでございましたかと思います。


上でも触れましたあのかたにお勧めをしていただけました『第2次スパロボα』は先へ進みます…戦前、コロス氏がドン・ザウサーなる者に語りかけるシーンがございましたけれど、この際の会話の内容から、コロス氏はかつてすでに万丈さんと戦い敗れているご様子でございます?

その第56話はミケーネ帝国の本拠地に乗り込みます…相対するはミケーネ帝国の将軍たちとメガノイドでございます。
ここでコロス氏にある程度のダメージを与えますと、メガノイドのボスらしいドン・ザウサーなる者が出現…こちらはHPも170,000ある上に小隊長能力もありなかなか強力、ダリウス大帝並の相手になっております。
しかも、コロス氏を先に撃墜いたしますと、このドンは精神コマンドの愛を使用してしまいます…これを使用されると必中+熱血+ひらめきという効果がついてしまいますので、誰かが甚大なダメージを受けるのは避けられないわけでございます。
でもその様な被害を受けたくはございませんでしたので、ここはコロス氏とドンの両方に瀕死のダメージを与えておいた上でプレアディスで一掃…これで安全に倒すことができました。
それでメガノイドとの決着はついたわけでございますけれど、そのメガノイドが前衛で出ていたためにまだミケーネ帝国の将軍たちは無傷で残っております。
…ドンはゾンダーの力を取り込んで力を得たそうでございまして、そういえばコロス氏がパスダー氏を回収していたシーンがございましたけれど、メガノイドはそのパスダー氏をどう扱っていたのでございましょう…結局その後姿は見えませんでしたし…。

昨日はメガノイドを倒したところまで、というところで中断…ミケーネ帝国との決着は今日以降に持ち越しでございます。
ただ、昨日の時点では熟練度入手条件がまだ未開示のままでございました…きっと将軍たちを倒したりすると闇の帝王なる者が現れるのでございましょうけれど、これは少々不安でございます。
いえ、ドンが結構強かった相手だということもあり、結構精神コマンドを使用してしまって、SPの残りに不安が…闇の帝王がドンやダリウス大帝、赤い彗星より強力な相手でございましたらかなり危険かもしれません?


一方の『Fate/EXTRA CCC』は12階の最奥へ…ジナコさんのレリーフ前には壁が築かれておりまして、そこを越えると聖杯戦争敗者の様に消滅、死が訪れてしまうといいます。
その様な中、ガトーさんが現れ、その壁を軽く乗り越えてしまわれました…結果、彼は消滅する運命となってしまいますけれど、彼はそうなることが解ってそうされたのでございます。
ガトーさんは記憶が戻った際に自分は聖杯戦争ですでに敗北している身、つまり本当はすでに死んでいる身だということを知り、すでに死んでいる身を生かす場所はここだと考えられたわけで…つまりシンジさんもやはり実際はすでに死んだ身、月の裏側にいるのは亡霊の様なもののご様子…(BB氏に引き上げられた?)
ともかく、その様な無茶を通り越した行動をしたガトーさんに当然ジナコさんはショックを受けますけれど、彼は最期のときまで非常に堂々とした態度でジナコさんを説き伏せます…そして、彼経由で最後のSGを入手できました。
ただ、そのガトーさんがあまりに立派すぎ、ジナコさんの心を救いすぎたためにかえってジナコさんは自分が恥ずかしくて存在してはいけない、と思ってしまったご様子…。
…いえ、実際、ガトーさんはあまりに立派すぎる人物で、その最期は涙が出てしまいます。

ここで一度戻ることになり、生徒会室で今後について話し合いますけれど、どうやらサクラ迷宮は現在のところ12階までしかないらしく、ジナコさん解放後速やかに先へ進み、月の表側へ向かうという作戦が練られます。
表側へたどり着けばムーンセルが異変を感知しBB氏が即座に解体されるとのことでございますけれど、まさかここで終わりになるとは思えませんし、第2章終了後の様なことがまた起こることは普通に推察されるわけで…そうはいいましても先へ進むしかないわけで、ジナコさんのところへ赴きます。
今までどおりジナコさんの心の中へ入り込みますけれど、これまでのかたがたとは違って彼女の心の中はかなり重い…強い心を持った凛さんやAIに近いラニさん、それに特殊な存在のパッションリップさんとは違ってジナコさんはごくごく普通の人ですからそれも仕方のないところではございましょう(でも衛士に足る力を持っていた、のではございますよね?)
深層でランサー…いえ、ランチャーなカルナと戦い、そしてジナコさんの心を暴いていきますけれど、これで少しは彼女の心も救われたのでございましょうか…。

ジナコさん解放後、そのまま奥へ進みますと新たな階層が構成される前の場所へたどり着きBB氏と対峙することに…以前しております前作たる『Fate/EXTRA』に登場しましたロビン・フッドなアーチャーが邪魔をしてまいりますけれど、そこへレオさんとガウェインさんが現れ、彼らがBB氏と戦うことになりました。
けれど、BB氏はマスターには手を出せない、というAIの法則をすでに書き換えてしまっており、レオさんたちは敗退…ガウェインはレオさんの令呪により予選へ遡り契約を破棄されることによりBB氏に吸収されるのを免れ、そしてレオさんはアサミーナさんに生徒会長の座を託して消滅をしてしまいます。
けれど、これだけで事態は収まらず、ついに牙をむいたBB氏はスパイでしたユリウス氏に命じて旧校舎にいる人々を全て処理してしまった模様…。
さらに自分の本当の目的を語りますけれど、これが本当でございましたらこのBBという存在は本当に狂った存在でどうしようもない…でも圧倒的な力を持っているのも確かで、セイバーさんは消滅させられた上にアサミーナさんも虚数空間へ落とされてしまうのでございました。

その様な状態で第4章は終了し、次は謎の章…サブタイトルがBad end.でございました様に絶望的な状況から…。
暗黒の空間へ落とされてしまい、もはや立つこともできない状況…その様な中でもアサミーナさんは諦めることなく、這ってでも先へ進まれます。
このあたりは本当に苦行なのでございますけれど、諦めないその様子を見かねたBB氏が敵性プログラムを送り込んできてしまいます。
けれど、それの反応を頼りにユリウス氏が入り込んできてアサミーナさんをたすけてくださいます…何と彼は二重スパイの様なものとなっており、はじめからBB氏を裏切るつもりで彼女についていたのでございますので、当然凛さんたちも生きているわけでございました。
また、ユリウス氏の言葉から、AIであるBB氏がここまで狂った存在になったのにはかならず何らかの外的要因があったみたい…それを解き明かすことがこの先できるのでございましょうか。
ユリウス氏はアサミーナさんへ別の空間へ通じる場所を開けてあげますけれど、その様なことをしてしまったことから当然BB氏に消滅させられてしまいます。
どうして彼がここまでしてくれたのか…それは『Fate/EXTRA』における決勝戦でのできごとがあったからで、彼はアサミーナさんのことを唯一の友人だとまでおっしゃられました。
BB氏には6回戦開幕までの記憶しかないそうなのでございますけれど、ユリウス氏は2度死んだ記憶もあるということでなかなかややこしい感じではございますけれど、ともあれ彼もまたガトーさんやレオさん同様にとても立派なかたでございました。
…これで男性マスターは全員消滅、ということになった模様…あ、いえ、シンジさんがまだおりましたっけ。

ユリウス氏に飛ばされた先は、セイバーさんの心の中でございました。
ここでセイバーさんに再会できますけれど、彼女はアサミーナさんのことを完全に忘れてしまっており、その代わり道の先のほうにこれまでの衛士の様なレリーフが見られます…セイバーさんは虚数空間へ落とされた際に己の時間を止めることにより消滅を免れ、その止められた時間、つまり記憶がそのレリーフのご様子でございます(実体化しているセイバーさんは本能のみの状態…)
これはつまり、ゲームの冒頭でアサミーナさんが完全に記憶を失っていてセイバーさんのことも忘れてしまっていたのと同じ状態…ですので何も迷うことはございません、レリーフに近づく者は異物として攻撃の対象とされるといいますものの、たとえ己の身が消滅しようともそこへ向かうのみでございます。
何とか消滅する直前にレリーフ前へたどり着けますけれど、同時にBB氏が干渉してきて攻撃プログラムをけしかけてきてしまいます。
けれど、アサミーナさんに関する記憶のないはずの本能なセイバーさんがこれまでの行動からアサミーナさんを認めてくださり護ってくれ、そしてアサミーナさんはレリーフに呼びかけ彼女の記憶を呼び覚まします。
そうして元に戻ったセイバーさんとともに攻撃プログラムと戦いますけれど、この際に彼女の宝具も解放…本来は4ターン経過しないと使えないものながら、今回のみはいつでも使える状態で戦えるのでございました。
戦い終わり、再びお二人はともに歩むことになったのでございます。

旧校舎へ戻りますと、第5章の始動…校舎前には無事に生き延びておりました凛さんとラニさんとジナコさん、シンジさんの姿がございました。
やはりレオさんとユリウス氏の消滅は免れないことでした模様で、惜しい人物を亡くしました…ともかく、BB氏の現状判明している目的が地球を地獄に変えることだという以上、ここで自分たちが諦めるわけにはいきませんので、引き続き先へ進むことになります。
ただ、アサミーナさんはかなり疲労がたまっているご様子でございましたので、今日のところはマイルームへ戻って休むことに…と、昨日はそのあたりまででございました。
昨日はかなり怒涛の展開続きでございまして、中盤の山場といったところでございましたでしょうか…これからどうなるか、引き続き進めてまいりましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
みゆ♪

にゃ、シンデレラガールズのアンソロジーでございますね♪
私も読みましたの・・☆

杏さんも出てきましたり♪
そうなんです・・蘭子さんが可愛くって可愛くって・・☆(何)
加奈さんとのやり取りが微笑ましかったです♪

ちひろさんはゲームではナビゲーターの様な感じ・・・本家で言う小鳥さんポジションですけど、何かしら課金に誘導しようとする悪魔のような存在です。(何)

シンデレラガールズは基本的な設定しか決まっていませんので、結構描く人によって変わってきますから面白いですの♪

ではでは♪



Posted by 桜花 at 2013年05月06日 09:38
桜花さまへ>
はい、こちらの作品、さっそく読んでみました…♪

杏さんやきらりさんもやはり微笑ましく、それにこの作品ではやはり蘭子さんがとてもよろしゅうございましたよね…♪

ちひろさんはその様な役回りのかたでございましたか…なかなか、ゲームを知っていると印象が変わりそうです?

なるほどですの、そういうこともあるのでございますね…♪
同人誌はなかなか手を出せませんし、アンソロジーなどもっと出てくだされば…♪
Posted by 桜乃彩葉 at 2013年05月06日 18:31
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66395251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック