2013年06月10日

月と泥

先日読みましたコミックの感想です。
短編集です
□月と泥
■大北紘子さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.4)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.6)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、百合が確実な作品ということで購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなっております百合姫コミックスとなります。
こちらの作者のかたは以前読みました『裸足のキメラ』を描かれたかたとなっております。

内容としましては、6+αの短編を収録した短編集となっております。
こちらの短編集は作品ごとに繋がりなどのない、また最後の描きおろしを除いて全て1話完結の読み切りとなっておりまして、そして結構独特な世界観のお話が多い印象…と、それは上でも触れましたこの作者さまの他の作品『裸足のキメラ』でも感じたことでございましょうか。
その作品の感想で「ということでかなり癖のある、安易なハッピーエンドでないお話もあり(前半のお話は/これは『裸足のキメラ』の感想でのこと…)読後感もあまりよろしくなかったりするのでございますけれど」と書いておりますけれど、それはこちらにも当てはまることでしたかと思います。

収録作品、単行本のタイトルにもなっております『月と泥』は旅館をしている実家に帰省してきた少女がお嬢さまと思われた少女と親しくなるのでございますけれど、実は…というものでございまして、そのお嬢さまと思われた女の子の運命が悲しいのでございますけれど、そのために全てを投げ捨てた主人公さんの姿がよろしく、お二人のこの先に光があることを願わずにはいられない、暗めの作品なものの個人的には好きなお話でございました。
『六花にかくれて』はかつては同僚として働いていた軍人さんたちのお話…今では片方は国賊として処刑を待つ身、片方はその様な彼女のことを監視する身となってしまっているのでございますけれど…?
『好きの海の底』はいじめられている女の子とその女の子に興味を示す正直に言って変わり者の女の子のお話で、この作品収録の作品では一番普通の世界観のお話…百合的にはちょっと薄めにも感じられますけれど、ちょっとおバカな雰囲気もあり楽しくもあるお話でしたりいたします。
『しあわせにしてほしい』は恋愛もお仕事もなかなか上手くいかないOLさんが、ふとやさしい声をかけてくれたお仕事のできる女のかたに恋をしてしまわれるという、こちらもなかなか普通の世界観のお話…てっきりハッピーエンドで終わると思いきや、この最後って…?
『丘上の約束』は丘の上に引っ越してきたお姉さんと、そのかたをしたい日々そこへ通う少女のお話…そのお姉さんのお仕事の内容を知って、もうこない様にと言われてもなお気持ちを変えなかった少女の想いは最後にはどうやら通じたご様子でございましょうか。
『鎖の斬手』は伝統芸能である舞い手の世界を描いたお話で、昇格する際の特殊な儀式にまつわるできごと…こちらはなかなか主人公さんの思惑通りにいかなくって大変なことになるお話ながら、最終的には何とかよい結果に納まった…?
また、最後には描きおろしといたしまして『鎖の少女たち』というお話が収録されており、こちらは『鎖の斬手』を舞台にした、様々なかたがたについて描いたものとなっております。

イラストはなかなかよろしいものでございます。
百合的にはお話によってはちょっと薄めのものもございましたけれど、でも全体的にはまずまずございましたかと思います。
ということで、こちらはなかなか独特な世界観、そして暗めのお話も多かったりいたしますけれど、でもなかなか悪くないものでしたかと思います。


とっても大好きでご無事をお祈りしておりますあのかたもご購入をされておられます『七竜2020-2』は今しばらく置いておきまして、以前1周めを終えております『Fate/EXTRA CCC』の2周めを進行…先日のアサミーナさんとかなさまの放送で触れました様に以前しております前作たる『Fate/EXTER』でのガトーさんの姿などを確認できましたから、改めて先へ進みます。
エリザベートさんの階層になっているわけでございますけれど、この後半は終始メルトリリスさんが大きな壁として描かれており、エリザベートさんは前座といった扱いなのが切ない…でも、一度倒した相手でございますのでそれも仕方ございません?
とはいいましても、この衛士になったエリザベートさんはかなり微笑ましいかたになっておりまして、そのこともあり後に彼女をサーヴァントとして扱えるお話が嬉しく感じられるわけでございますけれども。

また、キャスターさんの2つめのSGも明らかになりましたけれども、これはエリザベートさんと重なるものでございましたり…料理に関することでございますけれど、キャスターさんは料理上手でございます。
…キャスターさんは増えるタマモちゃんなるスキルが存在しますのでやはり1周めのセイバーさんのときに較べて得られる経験値が多いのでレベルが上がるのもはやいです…これなら2周めはずいぶんはやく終わりそう?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69169615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック