2013年08月23日

生徒会のヒメゴト

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…?
□生徒会のヒメゴト(1)
■みなづき忍さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたものとなりまして、何となくよさそうに感じられましたことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては『篠崎さん気をオタしかに!』や『部長に威厳はありません』同じものとなります。

内容としましては、白百合高校という女子校らしい高校の生徒会の日常を描いた作品となります。
主人公は、その学校の生徒会会長を務める長谷部麗夢さん…長い黒髪をされた一見素敵なかたなのでございますけれど、その実態は女の子好きな、しかもちょっと変態な方向に進まれたかただったのでございました。
その変態振りはいかがでございましょう、以前読んでおります『はやて×ブレード』の順さんに通じるものがございますかも…いえ、さすがにあそこまで変態ではございませんけれども、でもそう変わりませんかも?

他の生徒会役員としましては、まず副会長の福山冴さんはボーイッシュでかっこいい雰囲気をかもしだした、生徒会役員の中では比較的まともなかたで麗夢さんの抑え役となるでしょうか…その麗夢さんに誘われて一緒に生徒会に入ったりしておりまして、彼女自身麗夢さんのことを気にかけているご様子を受けます?
書記の記野萌子さんは眼鏡をかけた無口で大人しいかたでございますけれど、どうも黒魔術とか、そちらの方面に興味を持っているかたのご様子でございます…?
会計の計屋こがねさんはちょっとおバカな印象も受ける元気で明るい子でございますけれど、お名前のとおりお金に関することになりますと結構厳しい感じとなってしまわれます。

その他登場人物、麗夢さんには1つ年下で同じ学校に通うリコという妹さんがおられ、この妹さんは麗夢さんが変態だからかちょっと距離を置こうとしたりしているご様子ながら、でもそれでも姉のことを気にしているご様子でございます?
麗夢さんのクラスメイトには元気な女の子な歩さんとほんわかした、でも黒いところもかなり見られまた辛いもの好きなかすみさんというかたがおられ、このお二人は百合的にかなりよろしい関係に見られます。
あとは手芸部兼風紀委員さんなど、といったところでございましょうか。

お話のほうは、ということで生徒会を舞台にしたコメディなお話となります。
基本的には生徒会長さんが暴走をされて周りがそれを抑える、といった趣のお話になるでしょうか…一応季節に沿ったお話になっておりまして、この巻1冊でバレンタインのお話までやってきたりしております。
1話1話は短めな分、お話自体は多めとなるでしょうか…百合要素のやや強めなおバカで気楽に読めるコメディ作品、といったものかなと思います。
…生徒会長さんが女の子好きでしたり変態でしたりするお話、他にも何か読んだことのある気がしたのでございますけれど、何でございましたっけ…思い出せません(何)

イラストは悪くございません。
百合的にはということで、会長さんが女の子好き…その会長さんと副会長さんの関係などもよろしく、まずまずある印象を受けます。
ということで、こちらはなかなか悪くない作品…どうやら来月はやくも第2巻が出るとのことで、そちらも購入をしてみましょう。


ゲームのほうは、とっても大好きでお会いできない日々が続いてさみしく心配でございますけれどもご無事をお祈りしておりますあのかたもお好きなシリーズな『サモンナイト』を無印から…昨日は第2話のフリーバトルでレベル上げでございました。
と、この無印、レベルがずいぶん上がりやすい…『2』や『3』のイメージではレベル上げは大変という印象があったのでございますけれど、この無印に関しましてはかなり楽なことになっておりました。
まずレベルアップに必要な経験値は完全にそのレベル×100の数値で固定の模様…つまりレベル14にするには1,400の経験値でよく、レベル15でも1,500でよい、ということになります。
さらにレベルアップによる能力値上昇はかなり大きい様子で、少しレベルを上げれば主人公のアサミーナさんお一人で敵を全滅させることができます…全滅させられなくっても危なくなったら撤退すればよいわけで、やはりアサミーナさんお一人で戦えます。
そしてレベル上げをするのが一人でよいため、経験値は全てアサミーナさんに振り分ければいいわけで、これでさらにレベルがはやく上がっていくのでございました。

結果、昨日だけでレベル14まで上昇…これではやくもクラスチェンジが発生し、移動力が3から4にupいたしました。
やはり今作は主人公さんお一人でも普通に進められる様な作品…ですので今後も基本的にはそうして、+αとしてカシスさんやミモザさんにケイナさんのお姉さん(ですから名前が出てこない…/何)あたりの気になる女のかた数人を使っていけばよろしいでしょう。
…忍者の子はどういたしましょうか…あまり人数が増えてもあれなのでございますけれど、でも5、6人程度でしたら全然問題ないのかもしれません?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73091303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック