2007年12月23日

GIRL FRIENDS

先日読んだコミックのレビューをば♪
やはりよいもので…♪
□GIRL FRIENDS ―ガールフレンズ―(1)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

これは先日『ねこもころ』などと一緒に購入をしてきた作品…新刊のコーナーで偶然見かけたものですけれど、作者さんが『くちびる ためいき さくらいろ』の森永みるくさまで表紙などからも百合が期待できそうでしたので購入をしてみました。
ちなみに、コミックスとしては『つぶらら』や『暁色の潜伏魔女』と同じみたいです。

内容のほうは、都内の高校に通う真面目で読書好きな女の子、まりさんがテストの日に運悪く学校を休んだために追試を受けていたのですけれど、そこでずいぶん能天気な感じの女の子、あっこさんに声をかけられて、それがきっかけになって仲良くなっていく…というお話です。
内向的だったまりさんがこの出会いをきっかけにして少しずつ成長をしていく姿もありますし、そのあたり…先日の『ねこもころ』のモコロちゃんに通じるところがあるかも?(本当?)

お話としてはそのお二人を中心とした学校などの日常のお話、というところでしょうか。
いつもお二人は一緒にすごしていくうちに、友達から親友へとなって、そして…?
性格が似ているからでしょうか…まりさんの気持ちには、かなり共感するところがあって感情移入ができました。

イラストのほうは、作者さまが作者さまですので問題ありません。
百合的には…タイトルどおりはじめはお二人の関係は友達であり親友なのですけれど、その先の段階へと進みそうな気配があります。
この巻の最後では、まりさんが眠っているあっこさんにキスをしてしまっておりましたし…。
そうでなくとも、お二人の関係はもうなかなかに…『百合姫』あたりに掲載されてもおかしくない様な様子ですし、作者さまが作者さまですし、さらにその作者さまがあとがきで意味深なことを言っておりましたし、これは第2巻に期待が持てそうです♪

というわけで、なかなか期待通りの作品でした♪
こんな年末になって、前回の美紗さんの講座で言っていた今年の特によかった百合的コミックに入りそうな候補に出会えるとは…百合好きさんでしたら購入して損はないかと。
…あっ、でも、やっぱり未成年で飲酒はいけませんよ?(何)


『クラフトソード物語』のほうはレベルも96になって…目標は99だったのですけれど、最大まで上げるともしも続きがあったときに経験値が無駄になってしまいそうな気がしましたので、ここで地下迷宮100階にいたボスを倒しに行きました。
ここのボスは火山で戦ったボスの色違い…武器の耐久度が危うかったですけれど、それでも倒すことができました♪
倒した後は新しい武器の秘伝も手に入りましたけれど、槍はともかく剣のほうは防御力が低くて使いものに…。
しかも、これから何かするか解りませんし…。

…もしかすると、これで終わりでしょうか?
御前試合も特に何も起こらないみたいですし…もしもそうでしたら、いよいよ2のほうへ移行してみようと思います。
でも、地下迷宮にある箱などを全て壊すと…とあのかたにお聞きしましたので、最後に1階から全ての箱を破壊していっています。
ただ、さすがに移動装置を使わずに地下100階までというのはかなりの時間を要しますので、昨日は地下65階あたりで中断…今日はその続きをしてみます。
と…地下60階のボスが復活していたのですけれど…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8698296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック