2014年03月25日

キミはこのアイドルを目視できるか!?

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□こなみっくす!(2)
■石津カユさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★☆☆(2.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★☆☆(2.8)

こちらは過日色々なものとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは4コマでも大判サイズでもないものとなります。

内容としましては、4人組のアイドルユニットの活動を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻ではマネージャのあまもさんがこなみさんにこだわる理由や、こなみさんがこれからどうしていくかなどの葛藤が描かれていきまして、そしてこなみさんがどうしてあそこまで歌うと存在感が消えていくのか、という理由なども説明されていく…はずなのでございますけれど、これは結局よく解らなかったかもしれません?
いえ、こなみさんは確かに神さまに気に入られた存在ではあるみたいなのでございますけれど、存在感が薄くなるのはそれとは関係のない様にも見えまして…?

終盤ではいよいよこなみさんを正式メンバーとしてファンの皆さんの前で紹介する、という流れになり、こなみさんも前向きになるのでございますけれど、神さまにそそのかされたこなみさんはリハーサルで脱退すると言って逃げ出してしまいました。
そのままライブは本番を向かえることになるのでございますけれど、果たしてこなみさんの選ぶ道は…ということで、こちらの作品はこの巻で完結、最終巻となっておりました。
正直に言いますとこちらの作品、展開があまりに超展開でしたり個々の掘り下げが微妙でしたりと、この第2巻は個人的にはあまりよい印象を受けないままに終わってしまったかなと…。
アイドルものの作品は最近お気に入りが多くって、それらと較べてしまうとどうしてもかなり見劣りしてしまいましたかも…?

イラストは悪くございません。
百合的にはいかがでございましょうか、ユニットの他の皆さんがこなみさんのことを好きな様にも見えますけれど…?
ということで、こちらはこの巻で最終巻となっておりましたけれど、個人的にはやや微妙でしたかもしれません?


また、同時にこちらも読みましたので…。
つらい展開…
□がっこうぐらし!(3)
■千葉サドルさま(作画)/海法紀光(ニトロプラス)さま(原作)
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★☆☆(3.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をいたしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
コミックスとしましては上と同じもの…そういうことで、また上の作品だけで終わるのはあまりにもあんまりな気がしてしまいましたことから同時に読んでみました(でもこの作品にしたのは間違いでしたかも…/何)
作画担当のかたは以前読んでおります『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS あんさんぶる!』の漫画担当のかたとなります。

内容としましては、学園生活部という部活に所属する女の子たちの日常を描いたもの、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読んでおります第2巻と同じになってしまいましたので、詳細な説明は省略をいたします。
この巻では、その第2巻の終盤で保護いたしました女の子、直樹美紀なる苗字も名前に見える(何)女の子が目覚めるところから…美紀さんは少し冷めた雰囲気の感じる女の子でございましょうか。
彼女は特に恐怖の病気に感染したりはしておりませんでしたので皆さんとともに過ごすことになるのでございますけれど、現状を理解していないゆきさんのことがちょっと理解できない…ゆきさんはめぐねえというかたが亡くなられたあたりでそうなってしまったらしくショックで障害を起こしたと思われ、美紀さんはその様な彼女に現実を直視させようとするのでございますけれど…?

そうした波乱を引き起こす美紀さんでございますけれど、でもゆきさんは今のままでいいのかな、と最終的には思い直すのでございました。
このお話の際にめぐねえがどの様なかたでしたのかの一端を垣間見ることができますけれど、かなり素敵なかたでしたご様子…どうして亡くなられたのか、は明記されておりませんけれど…?
終盤では教員でしたそのめぐねえが皆さんには見せていなかったマニュアルが発見され、くるみさんがそれに記載されておりました倉庫へ向かうのでございますけれど…この巻は相当読後感の悪い終わりかたになっております。
おそらくは最悪の事態に陥るのでは、と予想される終わりかた…何だか気分が沈んでしまい、上の作品の埋め合わせで読む様な作品ではございませんでした…(何)
…巻末にはそのマニュアルが収録されておりますけれど、現状を招いた事態、普通に想定はされている世界でしたみたいです?

イラストはなかなかよろしゅうございます。
百合的には何ともいえないところがあるのでございますけれど、でもほのかにある様な気も…?
ということで、この作品は元々暗いのでございますけれど、今回の終わりかたは非常につらく、第4巻は絶望的な展開になるのではとかなり怖い…ここまで暗鬱でつらい気持ちにさせられるなんて以前劇場版のコミカライズ版を読みました作品並かもしれず、またこれ以上に暗いと思われるここで読んでおります一番下の作品を1巻で切り捨てた過去からこの作品も見限っていいのかもですけれど、でもここまできたからには…第4巻、一応見守ってみます、か…?


とっても大好きでご無理はなさらずご無事な日々を送ってくださっておりますことをお祈りしておりますあのかたもお好きなシリーズたち、『サモンナイト』は『5』のほうで釣りをしつつ、第2話のイベントバトルの再戦で新たな鉱石を得てこれで武器にTEC…器用さupの効果をつけていきます。
そういえば、この戦いなどではイェンファさんの持つ押収というスキルで敵からアクセサリを奪うことができまして(アベルトさんも使用可能なあたり、警察な人の持つスキルな様子…)、それはお店では現状売っていないもの…これからもこのあたりは注意して、アイテムの取りこぼしがない様にしないといけないみたいでございます。


一方の『その花』は引き続き『ミカエルの乙女たち』から貴子先生と瑠奈さんルートの続き…ようやくクリスマスフェス当日のお話に戻ってまいりました。
お二人は麗奈先生とともにイベントの司会進行役をすることになりまして、それも無事に終了…瑠奈さんはいずれは貴子先生とベストカップルになる日を夢見るのでございました。

帰ったお二人はもちろん一緒にクリスマスを過ごしますけれど、まずは寒い外を歩いてきて身体が冷えてしまったということでお風呂へ…けれど、そこで貴子先生は気持ちを抑えきれずに熱いひとときを過ごされてしまうのでございました。
クリスマスの後は南の島へバカンスへ行くことになった、と軽く触れられますけれど、そういえば同人誌の存在がすっかり頭から抜けておりました…今回はゲームとドラマCDをはじめから振り返っているわけでございますけれど、随所に同人誌で描かれているイベントもあったりするわけでございます(体育祭とかもあったはず…)
それでも新年はいつものお部屋で迎えて、今年も…これからもずっと一緒にいることを約束しあうのでございました。

ここでアイキャッチが入りましたけれど、ここまでの進行時間がおよそ10分と非常に短いものになっておりましたので、このまま先へ進みますことに…瑠奈さんと麗奈先生はすっかり仲直りをされまして、瑠奈さんは麗奈先生にべったりになってしまいました。
姉妹の関係がよくなったのは貴子先生としても嬉しいことのはず、なのでございますけれど…バレンタインの日もチョコレートの交換をした直後にそのまま麗奈先生の家へ行ってしまう瑠奈さんを見て、とても複雑な気持ちになってしまうのでございました。

その様なある日、いつもどおりに麗奈先生の家へ出かけた瑠奈さんが元気のない様子で戻ってきます。
話を聞くと、麗奈先生がまた海外へ行ってしまう、つまり離れ離れになってしまうということで、それで瑠奈さんは落ち込んでしまわれていたのでございました。
けれど、その話を聞いた貴子先生はこれでまた瑠奈さんを自分だけのものできる、と少し思ってしまって自己嫌悪してしまうのでございました…。

麗奈先生がいなくなってしまう、ということを知った日から、瑠奈さんは元気がなく…貴子先生がいくら励まそうとしても元気になってくださいません。
その様な中、麗奈先生が貴子先生の部屋を訪れると瑠奈さんは一気に元気になって、一緒にお料理をしたりと非常に仲睦まじい様子になります…その様なお二人を見た貴子先生はもう自分の居場所がない様に感じられて、思わず部屋を飛び出してしまったのでございました。
そしてカフェで一人自己嫌悪に陥っておりますと、声をかけてきたのは雫さんと麻衣さんと楓さんのちょっと珍しい組み合わせ…恋人がいずれも人気者な3人はやきもちグループなる連合を結成していたといい、たまたまお会いした貴子先生のお話を聞いてくださることになりました。
貴子先生もまたこのグループに加わるにふさわしい(?)かたでございまして、自分の心に抱いた醜く感じられる気持ち…麗奈先生への嫉妬を吐露されるのでございました。
それを3人は解ってくださり、貴子先生も気持ちがすっきりして、そしてこれからしなければならないことをするために帰ろうと…されるとちょうど貴子先生を追ってきていた瑠奈さんにお会いして、彼女に引っ張られて部屋に戻ることになります。
部屋でお互いの気持ちを告白しあったお二人は、想いが抑えきれずに熱いひとときを過ごされることに…。

麗奈先生はすでに荷造りをされ、部屋を後にする準備をしておりましたけれど…そうしながら、この数ヶ月のことを思い出されておりました。
特に瑠奈さんと仲直りができたことは本当によかったと思っていらしたご様子で、この回想シーンはなかなか切ない…。
その様なときに貴子先生が麗奈先生のもとを訪れ、先日の非礼をお詫びするとともに自分の抱いていた気持ちを告白…麗奈先生はそれを受け止めた上で、貴子先生に瑠奈さんのことを託されるのでございました。

そうして、麗奈先生が旅立つ日がやってまいりまして、貴子先生と瑠奈さんだけでなくイベント実行委員会の皆さんも見送りにやってきてくださいます。
麗奈先生について、以前プレイをしました際にはあまり印象が良くなかったのでございますけれど、それでもこのルートはよろしいものでございまして、このお別れのシーンは切ない…。
その夜はまた貴子先生と瑠奈さんはお互いにずっと一緒にいることを確認する意味も込めて熱いひとときを過ごされて…?

昨日はここまででございましたけれど、よく見るとお二人のルートの残りCGが1枚になっておりました…この先にもう一波乱あった気がしたのでございますけれど、そう大したことではございませんでしたっけ…?
付属部を卒業して貴子先生と離れ離れになる、って結構大きな問題の気がするわけでございますけれど…ともあれ、引き続き見守ってまいりましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91601944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック