2014年05月29日

少女たちは青春を謳歌する。

先日はこの様なものを購入してまいりました。
-----
きらら系が少ない…
○ゆゆ式(6)
○かいちょー☆(3)
○ラブライブ!(3)
○ビビッドレッド・オペレーション The4コマ びびおぺ(2)
○ろんぐらいだぁす!(0)
○あの娘にキスと白百合を(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- side:金剛(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『ゆゆ式』と『かいちょー☆』はおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックスとなります。
今回は過去に既刊を読んでおりますもののみとなりまして、第1巻な作品はございません…しかもその既刊も2冊と少なくさみしゅうございます。
『かいちょー☆』はこの巻で最終巻となる模様でございます。

『ラブライブ!』から『ろんぐらいだぁす!』までは過去に既刊を読んでおりますことから購入をいたしましたものとなります。
厳密にいうと『ろんぐらいだぁす!』は既刊よりも前の巻となっておりますが…(何)

その他の作品、『あの娘にキスと白百合を』は百合な雰囲気を感じましたことから購入…こちら、以前購入をしております『edge』など同人誌をこれまでも何冊も購入をしておりますサークル【ハイパーケトルイエスタデイ】さまのかたが描かれた模様でございます。
最後の作品はとっても大好きなあのかたのお好きなシリーズの作品ということで購入…こちらは限定版となっておりイラスト集とドラマCDがついてまいりました。

今回はやはり数は少なくさみしいながら個々の作品はレベルの高いものの揃ったきらら系から、といいたいところながら『あの娘にキスと白百合を』がお気に入りサークルな作家さまの作品ということもあり非常に気になりますのでこれを最優先で読みましょう…以前購入しております『ようこそ!オカルト研究会』のあとがきにございました百合な作品を連載、というのはこの作品のことだったのでございますね。
…別の意味で『ろんぐらいだぁす!』が気になりますが…第0巻…。


上でも触れましたあのかたもお好きなシリーズな『その花』は引き続き『白雪の騎士』から璃紗さんと美夜さんルートの続き…あの食事会以降、美夜さんが何だかお仕事のほうで忙しくなってしまい、なかなかお会いしたりできなくなってしまいます。
それにさみしさを覚えながらも我慢をする璃紗さんなのでございますけれど、母親から噂話を聞いて…それによると、美夜さんは母親の恋人さんと仕事面で意気投合し、ビジネスパートナーとしてヨーロッパについてくる、というのでございます。
璃紗さんはその様なことは一切聞いておりませんので、もちろんショックを隠せません。

美夜さんに直接聞いてみようとしても、忙しいから会えないとメールで言われてしまい、ますます不安など大きくなってしまい、保健室で寝込んでしまいますことに…。
放課後に目を覚まし、何とかイベント実行委員会へは行きますけれど、でもそこでも落ち込んでしまって仕事に手がつかない…その様な璃紗さんを見かねた皆さんが相談に乗ってくださり、親身になってくださる皆さんに璃紗さんの気持ちも軽くなり、そして代わって美夜さんにふさわしい存在になれる様に日本に残って頑張る決意をされたのでございました。

ですので夜も遅くまで勉強を頑張る璃紗さんなのでございますけれど、深夜…仕事帰りの美夜さんが、璃紗さんの部屋に明かりがついていたからと立ち寄ってくださいました。
久しぶりにお会いする、そして長く離れ離れになる(と璃紗さんは思っている)愛しい存在…ですので、今日ばかりは璃紗さんから積極的に美夜さんを求めます。
いつもとあまりに違う様子に美夜さんは驚きますけれど、もちろん拒む理由はなくって…?

その後、璃紗さんは意を決して自分の決意を伝えますけれど、それに対する美夜さんの言葉は璃紗さんにとってはあまりに意外なもので…?
ということで今回の波乱は璃紗さんの盛大な勘違いでした、ということで無事に終わりましたけれど、勘違いとはいえ、それが解るまでの璃紗さんの気持ちはとっても切ない…。
残すはエピローグのみかと思いますけれど、引き続き見守ってまいりましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴(更新終了)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98252137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック