2022年05月18日

単行本『つばめティップオフ!(5)』紹介

【単行本紹介】
『つばめティップオフ!(5)』
□つばめティップオフ!(5/メテオコミックス)
■ワタヌキヒロヤさま
前巻(第4巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○最終巻?

(作品について)
ひょんなことからバスケットボールをはじめることになった女の子を描いたお話です。
この巻では他校と合同で合宿を行うこととなり、前巻の続きとしてその序盤で行われた練習試合にはじまりツバメさんの特訓、そして終盤ではアイビスさん抜きで練習試合に挑むさまが描かれていきます。

その様な今作、合宿が終わったところ、普通に続きのある終わりかたで今巻が終わっているのですけれど、あとがきに第一部完、いったん幕を閉じることになったとあり、どうも打ち切りというかたちでの終わりの様子…。
3ヶ月連続で単行本を刊行しておきながらこうくるとはちょっと思っておらず、悪い意味で不意打ちを受けた印象…お話としては本当にここからといったところであり非常に残念でなりませんけれど、こればかりは仕方ないと諦めるしかありません(第二部がくる可能性は0ではないのかもしれませんけれども…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:09 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月17日

単行本『ゆめぐりっ!(3)』紹介

【単行本紹介】
『ゆめぐりっ!(3)』
□ゆめぐりっ!(3/まんがタイムKRコミックス)
■いしいゆかさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ゆめぐりゆりめぐり』:タイトルの似ている作品

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
銭湯の娘さんとその友人たちの日常を描いたお話です。
この巻では前巻から登場した風音さんというツンデレ気味なかたと仲良くなっていったりするさまが描かれていきます。

その様な今作はこの巻で完結、最終巻…終盤ははなの湯創業記念イベントを皆さんで企画したりすることになります。
最後まで微笑ましく心あたたまるよきお話となっており、最終巻なのはさみしいもののよい作品でしたといえるものとなっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月14日

アニメ『ユニコ』『ユニコ 魔法の島へ』紹介

【アニメ紹介】
『ユニコ』『ユニコ 魔法の島へ』
□ユニコ / ユニコ 魔法の島へ

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:☆☆☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『マイメロディの赤ずきん/キキとララの青い鳥』:直近で紹介した劇場版作品

(特記事項)
 ○それぞれ独立した劇場版作品ですが同じシリーズなものということで同時に紹介
 ○原作は手塚治虫氏の漫画らしい?
 ○前者が1981年、後者が1983年の作品らしい?

(作品について)
ユニコーンの子供であるユニコさんの冒険を描いたお話です。
2作品同時の紹介としてしまいましたけれど、お話の傾向としてはどちらも同じで、ユニコさんが見知らぬ土地でそこにいる人たちと仲良くなっていきつつ邪悪なものと戦ったりすることになっていきます。
『ユニコ』では悪魔の子供や人間になりたい猫と、『魔法の島へ』では人間の女の子と仲良くなるのですけれど、特に後者では人間を憎む魔法使いとの戦いがメインになってきます。
…個人的には『魔法の島へ』の女の子のチェリーさんが非常にかわいく健気で好きです(『ユニコ』の猫は猫のままでしたほうがかわいかったかも…?)…ちなみに彼女の兄の声はシャア・アズナブルでしたりアシエン・ラハブレアでしたりします(何)

多少古い作品ではあるもののキャラクターはかわいくお話も面白いもので、でもなぜこの様なものを唐突に今になって紹介したのかとなりますけれど、上で触れた『マイメロディ/キキララ』の映画と同時に発見し(今作もサンリオのアニメです)色々と気になったので購入をしてみたのでした。
気になった理由は純粋に作品として気になったということの他に、もう一つあり…それはそのうちあさ・かなRadioで触れるかと思います?(何)
ともあれ唐突な紹介となった作品ではありますけれど、よいものなのは間違いありません。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月13日

単行本『のむラリアット!(2)』紹介

【単行本紹介】
『のむラリアット!(2)』
□のむラリアット!(2/まんがタイムKRコミックス)
■こんぱるさま&ふじしまペポさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
とある高校の女子プロレス部の日常を描いた4コマです。
この巻では1冊使って全て試合、春の新人戦の様子を描いていきます。

1冊使って試合の様子を描いていきますので完全にスポーツ部活ものなものとなっていますけれど、プロレスという題材ですのでかなり激しい…現実でこの部活は不可能と思えます?
そして今作はこの巻で完結、最終巻となるのですけれど、準決勝まで勝ち上がったところで終わってしまい、終わりかたも完全な打ち切り…とはいえ基本的には明るくおバカな雰囲気の作品であり終わりもその打ち切りをネタにしたものとなっていたりと、終わりかたを含め悪くはないと思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月11日

単行本『もういっぽん!(18)』紹介

【単行本紹介】
『もういっぽん!(18)』
□もういっぽん!(18/チャンピオンコミックス)
■村岡ユウさま
前巻(第17巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○帯によると2023年1月にアニメが放送される作品

(作品について)
柔道部の活動を描いたお話です。
この巻でも引き続き全国大会の様子が描かれていき、第3回戦の終盤、永遠さんの大将戦が前半では繰り広げられます。
その試合は延長までもつれ込む大激戦となり非常に白熱したものとなり…?

後半ではその先、ついにベスト16が出揃う中で次の試合が行われるのですけれど、このあたりの描写は先の試合に較べて結構あっさり気味…。
皆さんの試合が終わった先は全国の強豪の試合の様子が描かれていくことになり、しばらくはこれを見守ることになりそうです?(以前読んでいた『咲』あたり同様にかなりたくさんの学校や人々が出てきて把握しきれなくなってきてしまいましたかも…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月10日

単行本『踊り場にスカートが鳴る(2)』紹介

【単行本紹介】
『踊り場にスカートが鳴る(2)』
□踊り場にスカートが鳴る(2/百合姫コミックス)
■うたたね游さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
社交ダンス部でペアを組むことになったお二人を描いたお話です。
この巻では新たにペアを組んだお二人が大会に出ることになるのですけれど、意外なことに鳥羽見さんはこれまで大会に出たことがないらしく…?

そうした大会でお二人の関係も深まった…かと思われたのですけれど、大会後にはどこかかみ合わなくなってきてしまって…?
そこはこの巻の終盤で解決してよい流れになっていくのですけれど、一方ききさんとのペアを解消したかたがどうしてその様なことをしたのかなどが見えてきたりし、よき部活ものであり百合なお話でもある印象を強めてきましたけれど、果たして…続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月08日

単行本『RPG不動産(4)』紹介

【単行本紹介】
『RPG不動産(4)』
□RPG不動産(4/まんがタイムKRコミックス)
■険持ちよさま
前巻(第3巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○今期TVアニメ化されている作品

(作品について)
不動産屋さんで働く女の子を描いた4コマです。
この巻ではファーさんを狙う魔王軍の残党と呼ばれる、そしてアリスさんの姉を巡るお話から…この件はどんどんお話が大きくなっていき、終盤では大きな物語の転機、そして波乱が起こることになります。

この魔王などを巡るお話はこの巻でさらに大ごとになっていき、不動産のお話はおまけ程度に2つある程度の完全にシリアスなファンタジーのお話になってきました。
それはそれで悪くはないのですけれど、TVアニメ版はどこまで描かれるのかというのが少々不安…この巻ではその問題は疑問点ばかりで終わっており、アニメでこんな中途半端な終わりかたをされるとどうしようもない作品という評価にしかならず、かといってこの先まで描くとなると原作が間に合うのかという疑問があり、アニメ版はDVDを予約しているのですけれどもどうなるか、ちゃんときりのよいお話になるのかどうか、大丈夫なのでしょうか…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月07日

単行本『リリィ・リリィ・ラ・ラ・ランド(1)』紹介

【単行本紹介】
『リリィ・リリィ・ラ・ラ・ランド(1)』
□リリィ・リリィ・ラ・ラ・ランド(1/MFCキューンシリーズ)
■守姫武士さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『お願い神サマ!』:同一作者さまの単行本

(作品について)
学園の皆さんの憧れの存在なかたがたに迫られることになった女の子を描いたお話です。
お話の舞台は全寮制のお嬢さま学校で、ここにはいわゆる姉妹制度に近しいものとして寮の鍵を交換し合うことにより成立するパートナー制度が存在しました。
お話の主人公な小咲さんは1年生のごく普通の女の子なのですけれど、あることがきっかけで学校の皆さんの憧れの的である5人の先輩さんにそのパートナーになってくれないかとお願いされることになり…?

お話のほうは、その様な事態になった小咲さんとその5人のかたがたの関係を描いたもの…。
くしくも今作と同時に購入をした『どれが恋かがわからない』に近しいシチュエーションとなったのですけれど、最大の違いはあちらは主人公さんも恋愛に乗り気なのに対しこちらは全くの逆、学校の全てを大切に想っているのでそれを壊す様なことはしたくなく、ですのでその誘いも断りたいと思っていることです。
そもそも、5人のかたがたが小咲さんにそうしたお願いをしてくる真意が解りかねるところも大きく…謎の空き部屋と幽霊が絡んでいる様子なのですけれども…?
ともあれ、正統派な百合な雰囲気のある作品としてなかなかよきものとなっており、続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月06日

単行本『推しごとびより(2)』紹介

【単行本紹介】
『推しごとびより(2)』
□推しごとびより(2/まんがタイムKRコミックス)
■はづきさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ゆめぐりゆりめぐり』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
いわゆるオタクなかたがたがアイドルをすることになる4コマです。
この巻ではカラフルリウムというユニット名になった皆さんをライバル視…といっていいのかは少し怪しいところがあるのですけれど、ともかく別のアイドルユニットなお二人が登場し、それがきっかけで皆さんが自身のユニットについて見つめ直すことになったりします。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻ですけれど、最後まで特に波乱はなく、それでいてきれいな終わりかたになっていますので安心して読むことができます。
ゆるくて微笑ましい雰囲気ながらアイドルなお話としても悪くなくよき作品でしたかと思います。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月04日

単行本『どれが恋かがわからない(1)』紹介

【単行本紹介】
『どれが恋かがわからない(1)』
□どれが恋かがわからない(1/MFCキューンシリーズ)
■奥たまむしさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『明るい記憶喪失』:同一作者さまの単行本

(作品について)
色々な女のかたに好かれる女の子を描いたお話です。
主人公のメイさんは女のかたが好きな女の子なのですけれど、高校時代に失恋しており、大学では絶対に彼女を作るという決意を固めていました。
ところが、いざ大学へ入ると、自身へ好意を寄せてくれる女のかたがたが複数人も現れ、自身の気持ちもどうすればよいのか解らないという状態に陥ってしまうのでした。

お話のほうは、そうしたかたがたの関係を描いたお話…。
メイさんはそういう経緯のあるかたでまたその好意を寄せてくるかたがたもそれぞれに魅力的なので全員に惚れている状態ですけれど、でも恋愛としてはどうすればよいのか、ということについては悩んでいる状態です。
そのお相手となるかたがたは5人もいるわけで、果たしてこの先どの様な関係性になっていくのか…引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月03日

アニメ『マイメロディの赤ずきん / キキとララの青い鳥』紹介

【アニメ紹介】
『マイメロディの赤ずきん / キキとララの青い鳥』
□マイメロディの赤ずきん / キキとララの青い鳥

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:☆☆☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『劇場版きんいろモザイク Thank you!!』:直近で紹介した劇場版作品
 『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』:今作と同様の理由で購入をした作品

(特記事項)
 ○1本のDVDに2つの別々の劇場版作品が収録
 ○サンリオが展開しているキャラクターの劇場版作品
 ○1989年公開作品らしい?

(作品について)
おとぎ話をサンリオのキャラクターでアニメにしたお話です。
タイトル通りのかたがたがタイトル通りのおとぎ話を繰り広げていきますけれど、もちろんキャラクターに応じたアレンジは入っており、また『マイメロディの赤ずきん』の結末を見れば解る通り今作はいわゆる劇中劇のかたちを取っており、メロディさんを狼が食べてしまうというのも劇中の出来事という体裁ですので安心です?(『赤ずきん』のお話は確かによくよく思うと色々怖い…)
…メロディさんは元々赤ずきんなので作中でもそのままの姿です(いえ、元はピンクでしたっけ…?)

そうしたこちら、上で触れている通り『ミッフィー』と同様の理由で購入をした作品…うさぎのキャラクターでしたらミッフィーだけではなかったはずとなり、さらにこの様な劇場版があったことからこうして購入してみたのでした(『マイメロディ』はTVアニメ版があったりもしますけれど、そちらはさすがに諸々の理由で手は出ません…)
そうした経緯の、そしてやや古めの作品ではありますけれど、古さは特に感じず作画なども問題なくよきもので、またお話も2つともかわいく微笑ましいよきものです…『マイメロディ』はもちろん『キキララ』も(ララフェルに通じるものがあり/何)よきものです
この手のサンリオキャラクターでおとぎ話を劇場版にしたものは『マイメロディ』はこれだけの模様ながら『ハローキティ』などで他にも結構あるみたいで、うさぎ関係なく購入してみようかなとも少し考えたのですけれど、DVDの販売形態がばらばらすぎてどれを購入すればよいのか全く判断がつかなくなったのでやめておくことにしました…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | 作品紹介

2022年05月02日

アニメ『劇場版きんいろモザイク Thank you!!』紹介

【アニメ紹介】
『劇場版きんいろモザイク Thank you!!』
□劇場版きんいろモザイク Thank you!!
前巻(劇場版第1作)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『きんいろモザイク Best wishhes.』:原作(これは番外編)
 『きんいろモザイク アンソロジーコミック』:アンソロジー
 『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』:直近で紹介した劇場版作品

(特記事項)
 ○原作はコミック、TVアニメ2期・劇場版も製作された作品の劇場版第2作
 ○ブックレット、タペストリー、クリアポスター付属

(作品について)
金髪なかたがたのいる日常を描いたお話です。
この劇場版はいきなり忍さんとアリスさんがもうすでに高校を卒業した後の状態からはじまりますけれど、そうした状態からはじまることからも解る通り、今作は作品としての完結編として描かれていきます。
お話は皆さんが修学旅行へ行かれるお話から進路についての、そして卒業式のお話となっていきます。

個人的には『きんいろモザイク』がまんがタイムきらら系列原作の作品で最上のアニメと感じており、ですのでこの劇場版ももちろんよきもの…展開が展開だけにさみしさを覚えることもありますけれど、それでもお話自体はよきものとなっています。
欲を言えば3年生になった全般を第3期として製作してもらいたかった気もしてしまいますけれど、この劇場版も80分くらいありますので、その点は問題ないといってもよいでしょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月30日

アニメ『アサルトリリィ ふるーつ』紹介

【アニメ紹介】
『アサルトリリィ ふるーつ』
□アサルトリリィ ふるーつ

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『アサルトリリィ BOUQUET』:原作にあたるアニメ
 『アサルトリリィ League of Gardens -full bloom-』:同一シリーズの単行本
 『アサルトリリィ Last Bullet コミックアンソロジー』:同一シリーズのアンソロジー
 『結城友奈は勇者である -大満開の章-』:今作同様のショートアニメとなる『結城友奈は勇者である ちゅるっと!!』が収録
 『ワールドウィッチーズ発進しますっ!』:今作同様のショートアニメ作品例その2

(特記事項)
 ○原作はアクションドールらしく、上で触れたもののほか舞台版やソーシャルゲームなども存在
 ○全13話、1話3分程度のショートアニメ
 ○ブックレット、タペストリー付属

(作品について)
謎の存在と戦うかたがたを描いたお話です。
こちらは上で触れた通りアニメの放送された作品のショートアニメ版でして、『結城友奈』や『スト魔女』、あるいは『刀使ノ巫女』などの様に本編がシリアスさ重視のでしたのに対しショートアニメは明るく楽しいコメディ作品になっている、という例に漏れないものになっています。

ですので内容は楽しく安心して観られるもの…過去に1例、ショートアニメでキャラクターの性格をあまりに崩し過ぎており本編も含め気持ちが一気に冷めてしまった作品があったのですけれど、そういったことはなくって一安心です。
その他、『刀使ノ巫女』のショートアニメ『みにとじ』同様にアニメ本編には登場しない、ソーシャルゲーム版に登場するかたがたのお話もありますけれど、そちらは特に問題なく…ちょっと短すぎる印象を受けなくもありませんけれど、それでもよきものでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月29日

単行本『〆切前には百合が捗る(1)』紹介

【単行本紹介】
『〆切前には百合が捗る(1)』
□〆切前には百合が捗る(1/ビッグガンガンコミックス)
■平坂読さま(原作)/さきだ咲紀さま(作画)/鈴木マナツさま(構成)/U35さま(キャラクター原案)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』:構成担当のかたが漫画担当をされた単行本

(特記事項)
 ○原作はノベル、そのコミカライズ版

(作品について)
小説家のかたのお手伝いとして住み込むことになった女の子を描いたお話です。
主人公の愛結さんは高校生の女の子で、自身が女性のことを恋愛対象として見ているという自覚があり、ある日それを友人や両親に告白するもののかえって迫害を受けることになり、そのため田舎から東京へ家出をしてしまいます。
彼女が頼ったのは従姉で編集者をしているかたで、そのかたの提案によりそのかたが担当している小説家であるヒカリさんの家で住み込みで周囲のお世話をすることになったのでした。

お話のほうは、その様なお二人の同居生活を描いたもの…。
愛結さんは上で触れた様な心の傷はあるものの基本的には純粋ないい子で、一方のヒカリさんも基本的には接しやすいかたなのですけれど、どこか壁のある様にも見え…?
愛結さんはヒカリさんに一目惚れをして意識をしているのですけれど、ともあれその様なお二人の関係がこれからどの様になるのかなど、上で触れた様な家出へ至る経緯の描かれた冒頭は実のところかなり胸の痛む展開ながらその後はよい作品で、第2巻は秋頃発売予定とのことですので引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:43 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月27日

単行本『女ともだちと結婚してみた。(2)』紹介

【単行本紹介】
『女ともだちと結婚してみた。(2)』
□女ともだちと結婚してみた。(2/百合姫コミックス)
■雨水汐さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『欠けた月とドーナッツ』:同一作者さまの単行本

(作品について)
タイトル通りなお話です。
この巻でもその様なお二人の新婚生活な日々が描かれていき、中盤ではちょっとしたことから喧嘩の様な状態になってしまいますけれども…?

こちらは友人という関係からはじまったお二人ではありますけれど、この巻を通じて関係は深まってきており、もうそれ以上の関係になっているといってよいのではないかと感じます?
ともあれ、やはり基本的には読んでいて微笑ましくなる作品となっており、よきもの…続きも見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:56 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月26日

単行本『ささやくように恋を唄う(6)』紹介

【単行本紹介】
『ささやくように恋を唄う(6)』
□ささやくように恋を唄う(6/百合姫コミックス)
■竹嶋えくさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『君に好きっていわせたい』:同一作者さまの単行本

(作品について)
一目惚れをした先輩さんと後輩さんの関係を描いたお話です。
この巻ではひまりさんのよかれと思って行った行動の結果、ひまりさんが依さんたちと対立状態にあるバンドのマネージャになるという展開を見せた状態で夏休みを迎えることになります。

いきさつはともあれひまりさんはまっすぐなかたですのでそのマネージャとしても頑張り、依さんも表向きはそれを認めているのですけれど、もちろん内心はそんな穏やかでいられるはずもなく、気持ちがすれ違い終盤ではそれがかなり大きくなってしまいます。
それでも、今巻の最後ではお互いに気持ちを正直に明かすことで関係を深めることができたのですけれど…最後は悪くない方向での波乱含みの終わりかたとなりましたけれどもどうなるでしょうか、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月24日

単行本『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(10)』紹介

【単行本紹介】
『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(10)』
□普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(10/4コマKINGSぱれっとコミックス)
■小杉光太郎さま
前巻(第9巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』:アニメ版(これはOVA版)

(特記事項)
 ○上で触れた通りTVアニメ化・OVA化された作品
 ○最終巻

(作品について)
ローカルアイドル…略してろこどるの活動をする女の子たちを描いた4コマです。
この巻では縁さんが卒業・留学するため流川ガールズを辞めることになるにあたり、奈々子さんも一緒に辞める決意をし、それからのことが描かれていきます。

そうした流れであることからも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻となります。
この巻ではラストライブへ向けてのお話などが描かれますけれど、終わりへ向けてのお話となってしまいますので読んでいて切ない…とはいえお話自体はとてもよいものであり、最後もきれいに終わっていますので、その点では満足といえるでしょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月23日

単行本『戦翼のシグルドリーヴァ ノンスクランブル(2)』紹介

【単行本紹介】
『戦翼のシグルドリーヴァ ノンスクランブル(2)』
□戦翼のシグルドリーヴァ ノンスクランブル(2/MFコミックス アライブシリーズ)
■阿部かなりさま/戦翼倶楽部さま(原作)
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★☆☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『はいふり』:漫画担当のかたが同じ単行本

(特記事項)
 ○TVアニメのコミカライズ版
 ○最終巻

(作品について)
謎の存在と戦うかたがたの、戦わない日常を描いたお話です。
この巻でも引き続きその様なかたがたののんびりとした微笑ましい日常が描かれていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっていますけれど、最後まで特に波乱要素はなく安心して見守ることができます。
ただ、これは原作となるアニメを一切観ていないので仕方のないところなのですけれど、登場人物などがあまりよく解らず、十分な魅力が伝わってこないというところがあり…今作は立ち位置としては漫画担当のかたが描かれている『はいふり』と全く同じといってよいのですけれど、『はいふり』は原作アニメも観ていますので…。
ともあれ、そういう難点はあり、また今後もアニメのほうは触れる予定はないのですけれど、悪いものではないかと…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:56 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月22日

単行本『すぱいし〜でいず!(1)』紹介

【単行本紹介】
『すぱいし〜でいず!(1)』
□すぱいし〜でいず!(1/まんがタイムKRコミックス)
■蒼山サグさま(原作)/きんつばさま(作画)/伊藤雄一さま(料理監修)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『カレーの王女さま』:今作同様カレーを主題とした作品

(作品について)
カレー部を結成した小学生たちの日常を描いたお話です。
主人公のすてらさんは東京で暮らしていた小学5年生お嬢さまなのですけれど、父親の意向で伊豆大島へ引っ越すことになりました。
その島へやってきて早々に3人の同級生の女の子と仲良くなるのですけれど、その中のお一人は腰痛により引退した祖父が開いていたお店、その中でも特に評判のよかったカレーの専門店を開こうと考えたりしていらっしゃいました。
もちろんすぐにその様なことができるわけはないので、まずは小学校にカレー部を設立することになって…?

お話のほうは、ということでカレー部の活動をするかたがたを描いたお話…。
部活ものといえなくもありませんけれど、小学生を対象にしているというのはなかなか珍しいもの…カレーについては料理監修のかたがついていることもありレシピなども書かれており、お料理ものな作品ともいえます。
また、伊豆大島という特定の場所を舞台にしていると明記された作品でもありますけれど、それらを置いておいてもかわいく微笑ましいよき作品となっており、続きも楽しみに見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月20日

単行本『さよなら幽霊ちゃん(2)』紹介

【単行本紹介】
『さよなら幽霊ちゃん(2)』
□さよなら幽霊ちゃん(2/まんがタイムKRコミックス)
■suger.さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★☆☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
幽霊のいる学校生活を描いた4コマです。
この巻では前巻の終盤で発見された遺書を勘違いから先生に没収され、その先生へ対する心証をよくしようと、あるいは情報を集めるなどの意味も含め新聞を作ることになります。
その新聞を読んだ、幽霊絡みの悩みを持つ先輩の相談を受けることになるのですけれども…?

今巻の前半ではその相談についての顛末が、後半では遺書を入手してからのお話が描かれていきますけれど、いずれも結構重い雰囲気のものに…イラストは確かにコメディな印象のものなのですけれども、お話のほうはあまりコメディとは感じなくなってきましたかも…?
同じレーベルの『最果てのともだち』ほどではないながらも気楽に読める様な雰囲気の作品ではない印象が強まってきましたけれど、ともあれ悪くはないものではありますので引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月18日

単行本『つばめティップオフ!(4)』紹介

【単行本紹介】
『つばめティップオフ!(4)』
□つばめティップオフ!(4/メテオコミックス)
■ワタヌキヒロヤさま
前巻(第3巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 あさ・かなRadioによると来月新刊が発売予定とのことで優先して紹介(先月・再来月と3ヶ月連続刊行とのこと)

(作品について)
ひょんなことからバスケットボールをはじめることになった女の子を描いたお話です。
この巻では他校と合同で合宿を行うことになるのですけれど、当初の予定にはなかったもう1校加わり3校で合宿を行うことになりました。

その様な今巻では、その3校の部員がそれぞれ混成チームを3つ編成、そのそれぞれで対戦することになり、その1戦めをメインで描いていきます。
ただの合宿中の試合とはいえ特殊な設定におけるものとなっておりかなり盛り上がるものとなっていたりと、やはり正統派なスポーツ部活ものとしてよきものとなっており、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月16日

単行本『先輩、美味しいですか?(1)』紹介

【単行本紹介】
『先輩、美味しいですか?(1)』
□先輩、美味しいですか?(1/角川コミックス・エース)
■みかん氏さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『不揃いの連理』:同一作者さまの単行本

(作品について)
恋人役になった先輩さんに料理を教えることになった女のかたのお話です。
主人公の美穂さんは食べることが大好きでまたお料理も上手な、けれどその食べることが好きというのを周囲には隠している大学生の女のかたです。
その美穂さん、友人に恋人がいると嘘をついてしまい、その追及をかわすために弟に恋人役になってもらおうとしたのですけれど断られ、けれど代役を立てたというのでその人に会うのですけれど、それが大学の先輩かつかなりの美人で有名な先輩でして…?(この先輩と弟との接点は謎…本当に全く解りません)
先輩さんは美穂さんが食べること好きだということを以前から知っておりそれで彼女に興味を持っており、けれど先輩さんは料理は全くできないため、恋人のふりをしてもらう代わりというわけでもないのですけれど、彼女に料理を教えることになるのでした。

お話のほうは、その様なお二人の関係を描いたものです。
毎話お料理をしていますのでお料理もの、お食事ものな作品の一つといってよいものとなっていますけれど、それを通じて深まるお二人の関係もまたよいものです。
先輩さんには少し謎めいたところ、あるいはどうも味覚関係に障害がありそうな雰囲気があったりもするのですけれども、果たして…なかなかよき作品で、続きも見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月15日

単行本『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(6)』紹介

【単行本紹介】
『社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(6)』
□社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。(7/ガンガンコミックス)
■有田イマリさま
前巻(第6巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○アニメ化され今期放送されている作品

(作品について)
会社にいる幽霊とそこで働くかたを描いたお話です。
この巻ではまずは前巻の最後に登場した新たな幽霊のかたのお話から…その子はシスターで伏原さんのお世話をすると言い出し、自分たちの役割を奪われると幽霊さんたちは危機感を覚えるのですけれども…?

その他、もちろん基本的にはかわいく微笑ましいお話なのですけれど、ちょっと切なく泣けるお話もあったりし…中盤の猫のお話はかなりよいものです。
終盤では社畜さんのお誕生日にまつわるお話があり、こちらもとてもよいもの…そして最後は例によって(?)また新たな存在が現れたところで終わりましたけれど、果たして…?
とにもかくにも微笑ましくよい作品で、アニメのほうもすでに予約をしていますので楽しみにしましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月13日

単行本『不揃いの連理(6)』紹介

【単行本紹介】
『不揃いの連理(6)』
□不揃いの連理(6/カドカワコミックス)
■みかん氏さま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『Now Loading...!』:同一作者さまの単行本

(作品について)
何組かの女のかたがたの恋愛関係をメインに描いたお話となります。
この巻でも色々なかたがたのそれぞれの関係が描かれていきますけれど、オンラインゲームで繋がった、漫画家と編集者のかたの関係が大きく動いたりします。

あとは第1巻からの不良なかたとお付き合いをしているかたの幸せな様子が描かれたりしますけれど、巻頭、それに巻末の描き下ろしはその後者のかたに想いを寄せている妹さんのおお話となり、とてもよいキャラクターかつ報われないかたですのでかなり切ない…。
その他、教師と生徒のかたなお話もあったりしますけれど、ともあれやはりよい作品で、続きも見守りたいところです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月12日

単行本『SELECTION PROJECT(2)』紹介

【単行本紹介】
『SELECTION PROJECT(2)』
□SELECTION PROJECT(2/ガンガンコミックスUP!)
■SELECTION PROJECTさま(原作)/東皓司さま(作画)
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『SELECTION PROJECT』:アニメ版

(特記事項)
 ○TVアニメのコミカライズ版
 ○最終巻

(作品について)
アイドルオーディションに挑むかたがたを描いたお話です。
今作はそのアニメの前日譚、オーディションに参加されるかたがたお一人お一人の紹介といった趣となっており、今巻では第1巻で紹介できなかった残りのかたがたの紹介となっています。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻…完全に前日譚ですので単行本としてはアニメ本編へ続く、というかたちで終わっています。
そのアニメのほうはすでに全話観ており、個人的にはかなり好きなお話でしたので、そのかたがたのキャラクターをより深めるという意味でも今作はよい作品となっていました。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月09日

単行本『お菊さんはいちゃ憑きたい(1)』紹介

【単行本紹介】
『お菊さんはいちゃ憑きたい(1)』
□お菊さんはいちゃ憑きたい(1/MFC)
■結野ちりさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
悪霊と同居することになった祓い屋のかたを描いたお話です。
主人公の涼世さんは悪霊を祓う祓い屋という仕事をしており、その実力はかなりのものながら、そのため(性格もあり)同業者からは嫌われ、また過去の経験もあり一般のかたとの交流もない、少しさみしい日々を過ごしていました。
その様なある日、三大悪霊の一人といわれるお菊という悪霊が数百年振りに封印が解けてしまうといい、祓い屋が総力を結集して祓おうとするものの失敗、そのお菊さんは涼世さんを指名し彼女といちゃつきたいなどと言い出し、憑りつくかたちで彼女の家に居座ることになるのでした。

お話のほうは、ということでその様なお二人の同居生活を描いたもの…。
お菊さんは悪霊ではあるものの現時点では実害らしい実害はなく、また涼世さんもさみしい思いをこれまでしてきたということもありお菊さんに情が移っていきます。
そうした中、中盤では三大悪霊のその2となる人が出現しさらに別の理由で同居することになったり…ともあれ現状はおバカで楽しいコメディとなっています。
ただ色々背後事情は見え隠れしており、それがこの先どうなるか…引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月07日

単行本『スローループ(6)』紹介

【単行本紹介】
『スローループ(6)』
□スローループ(6/まんがタイムKRコミックス)
■うちのまいこさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ななつ神オンリー!』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○アニメ化された作品

(作品について)
義理の姉妹となった二人の女の子の日常を描いたお話です。
この巻では年始のお話からはじまり冬のお話が描かれていき、過去のお話も少し描かれたりします。

中盤からはその過去のお話でも出てきた小春さんの友人にお会いしたりするために彼女の地元へ皆さんでお出かけすることになります。
そこのお話から終盤にかけては少し重いお話にもなったりしますけれども…?
ともあれ、やはりなかなか悪くはない作品であり、アニメDVDは購入を見送りましたけれども原作は引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月06日

単行本『ニチアサ以外はやってます!(1)』紹介

【単行本紹介】
『ニチアサ以外はやってます!(1)』
□ニチアサ以外はやってます!(1/まんがタイムKRコミックス)
■猫にゃんさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
特撮作品研究部の活動を描いた4コマです。
主人公のあかねさんはかっこいいことがしたいと考える高校1年生の女の子なのですけれど、友人に教えられて向かった特撮研という部活でちょっとトラブルを起こすもののそれがきっかけでスーツアクターとして入部することになりました。
その部は2年生のかたがお二人いるもののそれだけでは廃部となってしまうことから、先にこの部のことを教えてくれた友人を誘い4人で活動していくことになったのでした。

お話としては、ということでその様な部活動を描いたもの…廃部寸前の、それに主人公のあかねさんは特撮について何も知らない人であり、そのあたり含め部活ものの正統派の流れを汲んだお話といえます。
文化祭へ向け特撮作品を作ることになるものの廃部をもくろむ顧問のせいで1週間で何か作ることになったりしながら、ともあれ基本的にはかなり明るくおバカな、安心して読めるコメディ作品となっており続きも見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月04日

アニメ『SELECTION PROJECT』紹介

【アニメ紹介】
『SELECTION PROJECT』
□SELECTION PROJECT(1〜4/写真は第4巻のみ)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『SELECTION PROJECT』:コミカライズ版
 『ラブライブ!スーパースター!!』:今作同様アイドルものなアニメの一例

(特記事項)
 ○2021年秋に放送されたアニメ
 ○1巻に3話ずつ収録(第4巻のみ4話収録、全13話)

(作品について)
アイドルオーディションに挑むかたがたを描いたお話です。
そのあたりの設定は上で触れたコミカライズ版の紹介で軽く触れていますので省略…もちろんアイドルものな作品となりますけれど、オーディションに参加しているかたがたということで正確にいえばアイドルのたまごといったところになっており、その点で独特なお話といえます。
最終的に合格となるのは一人ということになっていますので周囲の皆さんは全員ライバル、ということになるのですけれど、選考の過程でユニットを組むことになったり、あるいは共同生活をすることになったりしていくうちにライバルではなく仲間という意識ができてきます。

そうした今作は中盤あたりから主人公さんまわりの過去を巡って結構重い設定が出てきたりするのですけれど、ともあれ仲間という意識が出てきたことから終盤では誰かが落選するのならばとなかなか思い切った行動に出ることに…それに伴う厳しい現実も描かれますけれど、そこまで皆さんを見守ってきたこちらとしてはその判断でよかったと思えるのでした(ただ、最終審査項目をあの様にしてしまう運営側には問題がある気がしてなりません…エールとは何だったのということになってしまいますし…)
最後もきれいにまとまり、作画の面でやや微妙なところがあったものの、それを置いておけば個人的には満足な作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月01日

単行本『もし、恋が見えたなら(3)』紹介

【単行本紹介】
『もし、恋が見えたなら(3)』
□もし、恋が見えたなら(3/角川コミックス・エース)
■みかみてれんさま(原作)/七路ゆうきさま(漫画)
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『JK小説家っぽい!』:原作のかたが原作を担当した単行本

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
人の恋愛感情が可視化され見える女の子を描いたお話です。
この巻では鳴さんが幼馴染である紗世さんへ対する気持ちを意識していくのですけれども、それをはっきりと意識した瞬間にこれまで見えていた矢印が見えなくなってしまいます。

そうした急展開からも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…3人で幸せになるというルートへは行きませんでしたけれども、それでもハッピーエンドといって問題ない、よい終わりかたでした。
ここまでよい終わりかたになったのはりんなさんがあまりにもいい人だったから、という点が大きいですけれども、ともあれ最後は数年後のお話が見られたりと、百合的にも申し分のない作品といえます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月31日

単行本『雨でも晴れでも(3)』紹介

【単行本紹介】
『雨でも晴れでも(3)』
□雨でも晴れでも(3/電撃コミックスNEXT)
■あらた伊里さま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『とどのつまりの有頂天』:同一作者さまの単行本及び本作のベースとなった作品

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
有頂天部のかたがたの日常を描いたお話です。
この巻では再びメインのお二人に焦点を当てていくのですけれど、蓮さんは美古都さんから告白を受けるものの、様々な理由から彼女を傷つけてしまうお返事をしてしまい…?

この巻ではそうした危うい状態になってしまったお二人の関係がそれを乗り越えハッピーエンドへ向かっていくさまを、さらには蓮さんの家庭事情も解決していきつつ描いていきます。
その様な展開に至ることからも解る通り今作はこの巻で完結、最終巻…ベースとなっている『とどのつまりの有頂天』と比較しメインのお二人の比重が多くまたやや重めの展開もあるものの、その分お二人の関係は深まった先まで描かれていたりとよき作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月30日

単行本『こみっくがーるず(8)』紹介

【単行本紹介】
『こみっくがーるず(8)』
□こみっくがーるず(8/まんがタイムKRコミックス)
■はんざわかおりさま
前巻(第7巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『こみっくがーるず』:アニメ版
 『こみっくがーるず アンソロジーコミック』:アンソロジー

(特記事項)
 ○上で触れた通りTVアニメ化された作品

(作品について)
寮に入って共同生活を送る漫画家さんたちの日常を描いた4コマです。
この巻では翼さんの作品のアニメ化進捗やかおすさんや小夢さんが初単行本を出されたり修学旅行へ行ったりされます。

かおすさんはアニメなどのコミカライズにはかなりの才能を発揮する様で、けれどオリジナルになるとまだまだ微妙と、一時はオリジナルではなくそちら方向へ進めばよいのでは、ということで編集さんともども悩むことになるのですけれども…?
また、はじまりのお話が寮母さんのものになっているのですけれど、彼女については終盤で急展開があったりし…ともあれやはり楽しく微笑ましく、そしてよいお話で、個人的にはこの数年のきらら系アニメ化作品の中で一番よいと思えるものであり、アニメの第2期をやってくださると嬉しいのですけれども、難しいですか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月28日

アニメ『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』紹介 / その他

【アニメ紹介】
『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』
□劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:☆☆☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』:直近で紹介した劇場版作品

(特記事項)
 ○ミッフィー、うさこちゃんとして絵本などの出ている作品のアニメ作品

(作品について)
ミッフィーさんたちが動物園へ行くお話です。
こちらはタイトル通り色々とキャラクター展開されているミッフィー、うさこちゃんのアニメ作品…これは劇場版なわけですけれど、NHKでショートアニメが放送されているはず、です?
また、3DなCGアニメになっています。

そうしたこちらは、対象年齢としては低年齢層…幼児かそれよりももっと下の年齢のかたがたを対象とした内容になっていますので、お話としては特にいうことはなく、かわいく微笑ましいというくらいになるかもしれません?
そうした年齢層が対象ですので、製作はオランダですけれども字幕を優先する普通の洋画DVDとは異なり声は日本語吹き替えが優先されます(ミッフィーさんは案外お姉さんな声で、ときどき画面を見ているこちらに呼びかけてきます)


【その他】
先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
『うさぎさんのまちがいさがし』
○うさぎさんのまちがいさがし
-----
…こちらは以前紹介した『てこてこうさぎさんのいちにち』『うさぎさんのただいま』と同じかたの描かれた絵本となります。
こちらはタイトル通り間違い探しになっていますけれど、例によってうさぎがかわいいのでした。

今回紹介した『ミッフィー』にこの絵本はどちらもうさぎということで購入をしたもの…ミッフィーはうさぎというよりもキャラクター性のほうが強いですけれど、でも多分もっとも親しまれているうさぎキャラクターかと思われます?
うさぎ関連の映像作品は思いのほか少なく…『ピーターラビット』の劇場版がある様子なのですけれど、どうにもその映画のうさぎはかわいくなさそうに見えるのでやめておきます…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:06 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月26日

単行本『気をつけなよ、お姉さん。(2)』紹介

【単行本紹介】
『気をつけなよ、お姉さん。(2)』
□気をつけなよ、お姉さん。(2/REXコミックス)
■サスケさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○掲載雑誌変更に伴いレーベルも変わった模様(それに伴い第1巻が変更後のレーベルにて新装版が出ています)

(作品について)
小学生に恋をしてしまった社会人な女のかたを描いたお話です。
この巻でもその様なお二人の関係を中心としたお話が描かれていき、この巻ではまいさんのお誕生日があったりして…?

中盤ではまいさんのクラスメイトでお嬢さまな女の子が登場、彼女はまいさんが大人である多恵さんと仲良くしているのが気に入らず、お二人の関係を引き裂こうとします。
そのため一時はかなり不安な展開を見せるのですけれど、終盤ではそれが急展開に…これはこれで面白く、果たしてどうなっていくでしょうか。
…掲載雑誌が変わったとのことですけれど、はじめから4コマKINGSぱれっとなどという4コマ雑誌で4コマでない作品を連載せずにこうしていればよかっただけなのではないでしょうか?(まんがタイムきららフォワードの様な4コマレーベルなのに4コマでない専門雑誌があるなら話は別ですが…)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月25日

単行本『のんのんびより りめんばー』紹介

【単行本紹介】
『のんのんびより りめんばー』
□のんのんびより りめんばー(MFコミックスアライブシリーズ)
■あっとさま
前巻(第16巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『こあくまメレンゲ』:同一作者さまの単行本(これは新装版)
 『のんのんびより のんすとっぷ』:アニメ版(これは第3期)
 ○○『きんいろモザイク Best wishhes.』:今作同様本編完結後に出た番外編

(特記事項)
 ○これまで3期にわたりTVアニメ化され劇場版も製作された作品の番外編
 ○1冊完結
 ○OADつき特装版

(作品について)
田舎にある旭丘分校に通う女の子たちの日常を描いた作品です。
今作は全16巻で完結してしまっており、今作は上で触れた『きんいろモザイク Best wishhes.』の様にその完結後のことを描いたり、あるいはちょっとした意外な過去を描いたりしています。
その先、ということで皆さんが1学年進級された姿を見ることができますけれど、そこはよい意味で変わっていません。

その他、本編を色々と振り返る項目が収録されている他、今作は特装版ということで…
『のんのんびより りめんばー』OAD
…『のんすとっぷ』の第13話という扱いのアニメが1話収録されたblu-rayが付属しています。
こちらは『部活をがんばった』ということで、この単行本収録のお話をアニメ化したものとなっていますけれど、最後には劇場版に登場したあおいさんが登場されたりして…?
ともあれまた皆さんのお話を読めて嬉しかったものの、これで完全に完結ということでさみしい気持ちになってしまうのも『きんいろモザイク Best wishhes.』と同じ…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月23日

単行本『甘えさせて雛森さん!(1)』紹介

【単行本紹介】
『甘えさせて雛森さん!(1)』
□甘えさせて雛森さん!(1/百合姫コミックス)
■tsukeさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
ひょんなことから先輩に甘えられることになった女の子を描いたお話です。
主人公の雛森いちごさんは高校1年生の女の子で、成績優秀で常に完璧な周防ややという先輩に憧れていました。
ところがある日、ひょんなことからその様な先輩の意外な一面…というより本性を目撃することになってしまいます。
そして隠していた本性を知られた先輩のほうはといえば、それで何かが目覚めてしまったのか以降いちごさんにことあるごとに甘えてくる様になるのでした。

お話はその様な意外な一面を持つ先輩と関係を持つことになった後輩さんを描いたお話…。
今作はその様な先輩さんに振り回されるかたを描いたおバカで楽しいコメディ作品となっており、そのあたりを素直に楽しめばよいものとなっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月22日

単行本『君としらない夏になる(1)』紹介

【単行本紹介】
『君としらない夏になる(1)』
□君としらない夏になる(1/百合姫コミックス)
■きぃやんさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『おとなりの天涯』:同一作者さまの単行本

(作品について)
島で暮らすことにした二人の女のかたを描いたお話です。
主人公のお二人、はるさんとひのとさんは大学生なかたで、またお付き合いをしていらっしゃいます。
お二人は就職活動の時期に入っているのですけれど、はるさんの就職活動がなかなかうまくいかず、それで精神的に追い詰められてしまうことになります。
ひのとさんはその様な彼女を心配するのですけれど、ある日吹っ切れたお二人は今までの何もかもも投げ捨てることにし、とある島にある、ひのとさんの叔母の所有する古びた別荘で一緒に暮らすことになりました。

お話はその様なお二人の島での生活を描くことになりますけれど、今巻では東京を脱出しその島へやってきてようやく落ち着けそうになるまでが描かれていきます。
事態は結構深刻な気もしてしまいますけれど、お二人とも結構気楽な性格をしており、そしてすでにかなり深い関係となっており、見守る分には楽しく微笑ましいもの…現実的に考えるとこの先かなり厳しそうではありますけれど、何とかなることを願って引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月21日

単行本『きみと世界の終わりを訪ねて』紹介

【単行本紹介】
『きみと世界の終わりを訪ねて』
□きみと世界の終わりを訪ねて(百合姫ミックス)
■こるせさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『少女終末旅行』:世界観の似た作品の一例(これはアニメ版)

(特記事項)
 ○1冊完結

(作品について)
人類の滅亡した地球で生きるかたがたを描いたお話です。
お話はその様な世界で起動したアンドロイドなかたと隔離された場所で生きる女の子、それに世界の上層を目指して旅をする二人組のかたの2つに分けて描かれていき、さらにその2組のかたがたを繋ぐお話として世界崩壊前の出来事やそこで生きた人の姿を描いていきます。

今作はこの1冊で完結となっていますけれど、お話の世界観としては上で触れた通りのものとなっており、個人的にはこういう世界観は好きで、お話の内容もそれに見合ったよきものとなっていました。
そうした世界で生きるかたがたや世界観のほうをしっかり描いた印象ですので百合的にはまずまずといったところではありますけれども、ともあれよき作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:50 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月19日

単行本『お湯でほころぶ雪芽先輩(3)』紹介

【単行本紹介】
『お湯でほころぶ雪芽先輩(3)』
□お湯でほころぶ雪芽先輩(3/メテオコミックス)
■三簾真也さま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
銭湯巡りをするかたがたを描いたお話です。
この巻では会社の皆さんと温泉旅行へ行くことになったお話の顛末から…そのあたりをきっかけに、皆さんに雪芽さんは冷たい人間ではないということが解ってもらえる様になっていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、終盤では湯美さんがお仕事で独り立ちをすることになるさまが描かれていくのですけれど、一時は自分を追い込み過ぎてかなり危うい状況に陥ったりして…?
それも最後は温泉の力で解決したりし、終わりかたも悪くなく、よき作品でしたかと…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:48 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月18日

単行本『もういっぽん!(17)』紹介

【単行本紹介】
『もういっぽん!(17)』
□もういっぽん!(17/チャンピオンコミックス)
■村岡ユウさま
前巻(第16巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○帯によるとアニメ化が決定しているとのこと

(作品について)
柔道部の活動を描いたお話です。
この巻でも引き続き全国大会の様子が描かれていき、第3回戦の中盤あたりの試合模様が描かれていきます。

この巻での主役は1年生のお二人で、お二人とも白帯ですしまだまだ危ういかと思いきや、お互いにかなりの強さを発揮、もちろん相手も相当強いのでかなり白熱した試合が展開されていきます。
そうしてこの巻の最後ではいよいよこの第3回戦最後の勝負が行われることに…かなり白熱した試合になっていますけれども果たしてどの様な決着を迎えることになるでしょうか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月17日

単行本『魔女の旅々(4)』紹介

【単行本紹介】
『魔女の旅々(4)』
□魔女の旅々(4/ガンガンコミックスUP!)
■白石定規さま(原作)/七緒一綺さま(漫画)/あずーるさま(キャラクター原案)
前巻(第3巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『魔女の旅々』:アニメ版

(特記事項)
 ○原作はノベルでありアニメ化もされたものとなり今作はそのコミカライズ版

(作品について)
世界を巡る魔女の旅を描いたお話となります。
この巻では毎日記憶を失うという症状を持ったアムネシアというかたと出会い、そのかたと旅をすることになるその顛末までが1巻全てを使って描かれていきます。

このアムネシアさんというかたはアニメ版の最終話のエピローグで一瞬出てきたかたですので、アニメ版の第2期があればこの単行本のエピソードから描かれるのは間違いのないところです?(第2期がある可能性がどのくらいあるかは解りませんけれども…)
とはいえ彼女はあくまで旅の一時的な同行者であり、この巻の最後には彼女にまつわる問題も解決し別れることになります…お話自体はよきもので、第5巻は2022年12月発売予定とのことですので引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月15日

単行本『つばめティップオフ!(3)』紹介

【単行本紹介】
『つばめティップオフ!(3)』
□つばめティップオフ!(3/メテオコミックス)
■ワタヌキヒロヤさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 あさ・かなRadioによると来月新刊が発売予定とのことで優先して紹介(来月・再来月と3ヶ月連続刊行とのこと)

(作品について)
ひょんなことからバスケットボールをはじめることになった女の子を描いたお話です。
この巻では強豪との試合の顛末から…もちろんそうそううまくいくはずもないわけですけれども、そうした中でつばめさんは得るものがあった様子で…?

その後、アイビスさんが過去について話す機会があるのですけれど、これは『屋上の百合霊さん』や『プラオレ!』など色々な作品で見られた、いわゆる意識の差というもの…それでも今のバスケ部の皆さんは心配なさそうです?
新たなコーチを迎えたりし、次巻では合宿を行うことになる様ですけれども、果たして…正統派のよいスポーツ部活ものとなっており、上で触れた通り今巻含め3ヶ月連続刊行となるとのことで、引き続き見守ってみましょう。
…過去に今作と一緒に紹介した『もういっぽん!』、そしてその『もういっぽん!』の既刊と一緒に紹介している『スローループ』までもがすでに未読状態でありますけれど、現状ではよほどのことがない限り複数冊を同時に紹介する必要はないかなということで、それらはまた時期がきたら読んでみます(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月12日

アニメ『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』紹介

【アニメ紹介】
『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
□すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:☆☆☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『Bang Dream! Episode of Roselia T 約束 / U Song I am.』:直近で紹介した劇場版作品

(特記事項)
 ○キャラクターとして展開されている?作品の劇場版作品

(作品について)
すみっコと呼ばれるすみっこが好きなかたがたを描いたお話です。
こちらはゆるい雰囲気のキャラクターとして展開されている『すみっコぐらし』を劇場版とした作品となり、皆さんがひょんなことから絵本の世界に迷い込んでしまうというものとなっています。
作品自体絵本の様な雰囲気なものとなっており、キャラクターに声はなく、ナレーションが読み聞かせの様に状況などを語っていくかたちとなっています。

お話は色々な絵本の世界を皆さんが巡っていく、楽しく微笑ましいもの…。
その絵本の世界の中で皆さんは迷子のひよこさんにお会いするのですけれども、このひよこさんが物語の大きな鍵となっており、終盤ではかなり切ない展開になって、かなり泣けてしまうことに…。
微笑ましさの中にもそうしたお話もあったりし、そういう点も含めよきもので、こういう作品に触れてみるというのもよいもの…劇場版第2作が現在予約受付中になっていますのでこちらも購入しましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:50 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月11日

単行本『声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている(7)』紹介

【単行本紹介】
『声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている(7)』
□声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている(7/チャンピオンコミックス)
■矢村いちさま
前巻(第6巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
失語症な女の子とそのクラスメイトなかたの関係を描いたお話です。
この巻では冬を迎えた皆さんの日常から、冬休みを迎えてからのことが描かれていきます。

冬休みは習志野さんのお誘い(?)で皆さんで雪山へ旅行…というよりペンションのお手伝いをすることになります。
そこでの出来事を微笑ましく描いていくのですけれど、終盤では習志野さんの過去からはじまり一気にお話が進展していく雰囲気が…筆談のできない中で真白さんの過去を聞こうという流れになっていくのですけれども、果たして…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介