2018年10月06日

ようせいさんのおさんぽ

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○ようせいさんのおさんぽ
○ようせいちゃんのまんが 艦これコピー誌まとめ本2
○艦これおとぎばなし
○卯月さんと択捉ちゃん -お祭りのお話-
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回は全て『艦これ』の二次創作作品となっており、なおかつ『ようせいちゃんのまんが』以外は全て9月23日に出たらしいものとなっています。

○ようせいさんのおさんぽ《【TRITON61】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.5)/★★★》
こちらの内容としましては、妖精さんがお散歩をするお話…。
こちらは絵本風なものかつ台詞が一切ないものとなっていて実のところあまり『艦これ』要素はないのですけれども、それでも見ていて非常に心あたたまる微笑ましくよきものになっています。

○ようせいちゃんのまんが 艦これコピー誌まとめ本2《【Shuchinsha】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらのみ夏のイベントで出たらしいものとなります。
内容としましては、妖精さんを中心としたコメディ作品となるでしょうか。
こちらは純粋なコメディなのですけれども、やはり妖精さんというのは非常にかわいく微笑ましくよきものです。
…タイトルから解る通りナンバリングが振ってあるのですけれど、1巻に相当する作品は購入できませんでした…非常に残念です。

○艦これおとぎばなし《【さかなのマーチ/谷津製作所】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、色々なおとぎ話を『艦これ』の皆さんに置き換えて描かれたお話…。
こちらはフルカラーの絵本風なものとなっており、6つのお話が収録…かなりおバカに改変されているところもあったりと、そういうところも含めたのしくよきものでした。

○卯月さんと択捉ちゃん -お祭りのお話-《【在月ねっと】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通り卯月さんと択捉さんが鎮守府で開かれたお祭りへ行くお話…。
こちらも純粋なコメディでかなりおバカなところもあるのですけれど、やはり楽しいお話…メインのお二人からして…?
…こちらはシリーズ5冊めらしいのですけれど、既刊は見当たりませんでした…残念です。

今回は『艦これ』から微笑ましそうなものを選んで購入してみたのですけれど、期待通りのものでよかったです。
やはり絵本風な微笑ましい雰囲気のものはとてもよくって…。
…『艦これ』のゲーム自体のほうは、先日で拡張海域のゲージ破壊や月間任務が終わりましたので、来週までのんびり…。


『世界樹の迷宮X』は床が滑る小迷宮を何とか探索、最奥にいるボスを撃破しました。
ここのボスはダンジョンの普通の敵が弱かったこともあり、そちらもそう強くなくって…?

その様なその小迷宮、過去にあった同様に構造が複雑でした小迷宮な桜花天空楼なる場所同様にFOEが存在しませんでした…道筋が複雑すぎるので情けをかけてくださったのでしょうか。
また、これまでの小迷宮はこれまで出会ったどなたかのイベント、あるいはクエストなど何かしらあったのですけれど、ここは本当に何もなく、ボスを含め一切説明文もなく終わってしまいました…これはちょっとさみしいです。

次はそこと同時に出現していたもう一つの小迷宮に挑むことになるでしょうか…多分それが最後のダンジョン、ということになりそうです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年09月28日

西村さん家の満潮ちゃん(続)

先日はこの様なものが届きました。
-----
一つのみ…
○西村さん家の満潮ちゃん(続)
-----
…こちらは同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○西村さん家の満潮ちゃん(続)《【いのべ〜と】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、9月23日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にタイトル通り西村艦隊の満潮さんをメインとしたお話…やはり満潮さんが非常にかわいく微笑ましく、とてもよきかたです。
以前総集編を読んでいる『西村さん家の日常』は一段落してしまったといいますけれど、これからもこの皆さんのお話を読んでみたいです?

今回は1冊でしたけれど、その1冊はよきもので満足です。
…『艦これ』のイベントはあと1週間となり、長くお会いできない状態が続いてさみしく心配ですけれども日々陰ながらご無事と幸せを心からお祈りしている、とっても大好きで愛しいあのかたが参加していらっしゃるとしたら、大丈夫そうでしょうか…順調に進んでいらっしゃることを、願ってやみません。


その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○はんどすたんど!(3)
○アニマエール!(3)
○ぽんこつヒーローアイリーン(2)
○サジちゃんの病み日記(1)
○あの娘にキスと白百合を(9)
○吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん(3)
○となりの吸血鬼さん(5)
○結城友奈は勇者である(4・5)
○結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章(2)
○結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!(2)
○晴れのちシンデレラ(11)
○エクレアrouge あなたに響く百合アンソロジー
○やがて君になる(6)
○籠の少女は恋をする(2)
○ラブライブ!サンシャイン!! Guilty Kiss コミックアンソロジー
○となりの吸血鬼さん 公式コミックアンソロジー
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『はんどすたんど!』から『病み』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『はんどすたんど!』から『ぽんこつ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『はんどすたんど!』『ぽんこつ』はこの巻で最終巻となる模様です。
『病み』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『白百合を』から『籠』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『結城友奈』関連の全作品はこの巻で最終巻となる模様です。

下2冊はいずれも原作が好きな作品のアンソロジー、ということで購入をしたものとなります。

今回は全体的に質が非常に高いのですけれど、何を置いてもやはりまずは『はんどすたんど!』を最優先で読みたいところです。
あとは『白百合を』『吸血鬼ちゃん』『アニマエール!』『吸血鬼さん』『結城友奈』『シンデレラ』『エクレア』あたりを優先して…って、やはり全然絞れておらず、それほど気になる作品が多すぎるということです(ただ、何とは言いませんけれども一方でもう切ってしまおうか迷った作品も混ざっており…一応購入はしましたけれども…?)
また、現状結構未読な作品が溜まってきてしまっており、上で触れた作品以外はそれらとの兼ね合いで読んでいきますのでかなり後回しになってしまいかねません、かも?


『世界樹の迷宮X』は14個めのダンジョンの地下2階へ到達、ここには動きが読みづらいFOEがおり、今のところぶつかってはいないもののかなり不安です。
また、他の敵を倒すと全体カウンターを行ってきたりとかなり嫌な攻撃をしてくる敵も出現、終盤だということを感じさせられます。

その地下2階へ到達した後に新たなクエストが発生、そのうちの1つを受けるとフィールド上で金のドラゴンと戦うことになってしまいました。
これを倒すとレベルの上限が109に上昇…やはり今作も上限のタイミングこそ違えど以前している『5』同様に上限upがあったのでした。
また、ヴィヴィアンさんのクエストを終えてダンジョンから出ると突如上空に別のドラゴンが出現、なんてメッセージが出てまさか戦闘かと不安になるものの、ただ目撃しただけで終わりまずは一安心…さらに先へ進むと何か起こりそうです?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年09月23日

白昼夢とゆりかの!

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○名もなき死体の私とあなた《完全版》
○はたらくゆりろぐ 労働女子百合短編再録集
○明日また会いましょう
○放課後のキミは猫
○君と約束をした
○飴色紅茶館挿話
○白昼夢とゆりかの!
-----
…こちらは全て同人誌となります。
これらはもう1週間以上前にメロンブックス通販で予約をしていたのですけれど、やはり発送がかなり遅れてしまっており、忘れた頃にこうして届きました。
発送が大幅に遅れたお詫びとして今回も抽選権が付いていましたけれど、当然の如く全て外れでした(何)

『名もなき』から『放課後』までは以前読んでいる『KAGEROU'S MEMORIAL!』などと同様にコミックサイズ…かどうかの判断は相当迷ったのですけれど、ともかくそういうことにしましたので、また後日普通の単行本として読んで触れようと思います。

それ以外の作品については、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○君と約束をした《【カニ産地】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
こちらは『FLOWERS』の二次創作作品となり、9月9日に出たらしいものとなります。
内容としましては、冬編のバッドエンドの一つ…蘇芳さんがマユリさん以外の全てのことを忘れ長く眠りについた、というお話のその後を描いたお話…。
その後蘇芳さんとマユリさんは一緒にいられることになったのですけれど、それまでの状態が状態なだけに、ちょっと重い雰囲気のお話に…蘇芳さんへ残した他の皆さんのメッセージが、彼女でなくても泣けてしまいます。

○飴色紅茶館挿話《【仕立屋雅】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
ここからはオリジナルな作品となり、こちらは以前単行本を読んでいる作品ということで購入をした、こちらも9月9日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その単行本本編の後の皆さんの日常を描いたもの…。
こちらは過去に発表されたお話の再録ということになりますけれど、その後の皆さんの様子を見守ることができるのはやはりよきもので…単行本は新装版が出るらしいのですけれど、私はあのレーベルの新装版・完全版は基本的に購入を控えることにしていますので…。

○白昼夢とゆりかの!《【あマルこるど】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは6月17日に出たらしいものとなります。
内容としましては、かつての生命の恩人(?)と大学入学時に再会した女の子のお話…。
こちらはちょっとおバカで明るく楽しい百合なお話になっており、気楽に読めばよいもの…2つのお話と描き下ろしを収録した総集編となっており、続きも出る予定があるっぽいです?

単行本は結構未読な作品が溜まりつつあり月末でまた一気に増えてしばらく消化しきれない状態が続きそうではありますけれど、それでも今回の同人誌を優先していきます?
…それにしれも、いまだに前回届いた同人誌たちが忘れられなくって…特に『あさしおわんことあぶくまさん』がもう…(何)


『世界樹の迷宮X』はあまりできなかったのですけれど、13個めのダンジョンの地下4階へ…レオさんに代わってカリスさんとロブさんが同行してくださいます。
同行者はただついてきているだけかと思ったのですけれど、敵の不意打ちをロブさんが防止してくださいましたので、過去に同行した際の効果は継続されている様子…とはいえ、オリバーさんとマルコさんにレオさんは元々何もなく、カリスさんは直接戦闘に参加してくださいませんけれども…。
この様子ですと、次の階では海の一族が現れそうです?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
天山、7mm機銃、12mm機銃、3連装魚雷
-----
…最近開発結果が目を覆わんばかりの悲惨な状況なのですけれど…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年09月06日

命をつなぐ浜風 -最も人命救助に貢献した駆逐艦-

先日はこの様なものが届きました。
-----
ようやく届き…
○銀灰のガイスト
○榛名日和 総集編(2)
○さしすせそうしゅうへん!DX! 白露型駆逐艦中心漫画総集編
○西村さん家の日常(総集編/続)
○KAGEROU'S MEMORIAL! 陽炎型総集編
○後藤さんと岸田さん 総集編(1)
○マイナスの距離
○時雨るゝ恵雨、木春菊
○睦月型のほんとのチカラっ!(14)
○弥生の様子がおかしいぴょん!
○あさしおわんことあぶくまさん
○命をつなぐ浜風 -最も人命救助に貢献した駆逐艦-
-----
…一番上は同人CD、その他は同人誌となります。
これらは全て夏のイベントのアイテムとしてメロンブックス通販で予約をしていたのですけれど、あの通販はまとめて予約をすると1作品でも委託開始が遅れるとそれを待ってしまって発送が延々遅れてしまい、結果今回の様にものすごく遅くなってしまうという結果になってしまうのでした。
このあたり1週間で発送刻みのある虎穴通販のほうがまだよいのですけれど、ただ虎穴通販はリニューアルという改悪後恐ろしく使い勝手が悪くなってしまいましたので、改悪後は同人誌チェックは一切行っていません…虎穴通販にしかない良作があった場合、それは縁がなかったということになります(何)
…発送が遅れたお詫びということで抽選券がついてきました…何と微妙な…?

CDは『艦これ』のイメージ曲(?)のアルバムとなり、これまでも購入をしているサークルさまのものとなります。
こちらはさっそく聴いてみまして、過去のリミックスがあったりもしましたけれどやはり安定してよきものです。

同人誌について、『榛名日和』から『後藤さん』までは以前読んでいる『トゥエンティ・リリーズ』などと同様にコミックサイズ…でないものも多いですけれど(普通にコミックサイズかつ表紙カバーつきなのは『榛名日和』だけでしたり…)、少なくともかなり分厚いので、普通のコミック扱いとしていずれ普通の単行本として感想を書こうと思います。
『榛名日和』にはクリアファイルがついてきました。

その他の同人誌については、以前購入をしたもの同様に百合度評価などをつけつつ簡単に触れようと思います。

○マイナスの距離《【空への扉】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★★》
こちらは『ことのはアムリラート』の二次創作作品となり、以前にもにも同じジャンルの作品を描かれていらっしゃるサークルさまが出されたものとなります。
なお、こちらは年齢制限ありの作品となりますので、ご注意ください。
内容としましては、凜さんとルカさんのお二人が一線を越えるご様子を描いたもの…。
はじめてその様な雰囲気になったとき、ルカさんは拒絶まではいかないものの微妙な態度を取ってきてしまい…その顛末が描かれているわけですけれど、やはりこのお二人は微笑ましく、ゲームの新作も楽しみなものです(でも続編、なのでしょうか…よく解らないのです)

○時雨るゝ恵雨、木春菊《【黒猫便】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『屋上の百合霊さん』の二次創作作品となります。
内容としましては、結奈さんが比奈さんから告白を受けた直後の、恵さんを描いたお話…。
恵さんは結奈さんに恋愛感情にも近しい感情を描いていたご様子で、ですので比奈さんの告白を受けて色々思うところができたご様子…そのさまを描いたものとなっており、このジャンルの作品が出てくださったこと自体も含めよきものです。

○睦月型のほんとのチカラっ!(14)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
ここから下は全て『艦隊これくしょん』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもある購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は「病気」がテーマになっているものの、そこまで重篤なお話ではなく、また卯月さんのお話に関しては下の作品に通じるものになっていて…?

○弥生の様子がおかしいぴょん!《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも上のサークルさまが出されたものとなります。
内容としましては、ある日突然弥生さんの性格が大きく変化してしまうお話…。
上で触れた作品に収録された卯月さんのお話の弥生さんver.というわけで、純粋に楽しくおバカなお話です。

○あさしおわんことあぶくまさん《【Magicaltale】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★★》
こちらは以前購入をしている『かすみちゃんときよしもちゃん』などを描かれたサークルさまが出されたものとなります。
内容としましては、犬な朝潮さんと彼女に餌をくださったりする阿武隈さんのお話…。
こちらはやはり絵本形式なお話になっていて、今回は猫な弥生さんでした以前購入をしている『ようせいさんとちいさなねこ』に近しいもの…よいお話なのですけれど中盤が色々ととても切なく泣けてしまい、そして阿武隈さんは戻ってくるまでの1年間、何があったのでしょうか…。

○命をつなぐ浜風 -最も人命救助に貢献した駆逐艦-《【そこそこ幸せな生活】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらの内容としましては、史実上の駆逐艦浜風の生涯を描いたお話…。
こちらもまた絵本形式になっていて、艦娘な皆さんでその生涯が描かれていくのですけれど、タイトル通り浜風さんは人命救助をかなりしていたりし、やはり史実は泣けます…。

ということで、ようやく予約をしていた夏のイベントのアイテムが届きました…現状他にはもう注文しておらず、一時期に較べるとかなり数を絞れたかと思います?
それだけ絞っただけあり、昨日手にしたものはいずれもかなりよきもので満足です…本当にどれもよくって、今日の日誌のタイトルにどれを使おうか最後まで迷ってしまいました(何)


また、その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
DVDも…
○スロウスタート(6)
○こみっくがーるず(3)
○刀使ノ巫女(5)
○メルヘン・メドヘン(3)
-----
…こちらはいずれも一連で予約をしているアニメなDVDとなります。
こちらは虎穴通販で予約をしていた、というわけです…あそこの通販システムは定期的に、でも微妙に日付がずれていそうな、複数のお高めなものを予約するのに適していますので、DVDは今後もそこで予約をしようと思います。

『スロウスタート』はこの巻で最終巻となり、クリアポスターがついてきました。
また、『スロウスタート』『こみっくがーるず』には全巻収納boxがついてきました。

そして、それらDVDと一緒にこちらも届いていました。
ひかりさん
…こちらは以前観ている『ブレイブウィッチーズ』から主人公の雁淵ひかりさんのフィギュアとなります。
ひかりさんは主人公としてかなり好印象なかたでしたのでつい購入してしまいましたけれど、やはりよいかたです。


その様な昨日は上で届いたDVDたちのうち『こみっくがーるず』の第3巻を観てみました。

第5話は『編沢さん コスプレするんですか?』ということで、夏の日のお話…。
皆さんで海へ行くのですけれど、小夢さん以外のかたがたは泳いだりするよりも漫画を描くことに夢中…小夢さんは一人で遊びに行きすぐに他のかたと仲良くなるのですけれど、その仲良くなった人たちが明らかにどこか作品で見たことのあるかたがたでした様な…?
海から帰ってくると薫子さんと翼さんは家でゲームをするのですけれど、小夢さんと琉姫さんはお買い物へ…その際に小夢さんと翼さんでデートをしてはどうか、というお話になり…?
後日、そのお二人で遊園地へ行くことになり、他の皆さんはこっそりと様子をうかがうことに…その遊園地では意外なかたとの遭遇もあったりしつつ、お二人の距離はよい感じになった様に見えて…?
そしてエンディング後には謎の人影が…。

第6話は『丸刈りにしてきます』ということで、寮にいる先輩さんが登場するお話…。
そのかたはフーラ先輩こと怖浦すずさんというホラー漫画を描く、確かに自身が幽霊に見えまた自身もそれを楽しんでいる様子のあるかた…。
薫子さんが非常に驚いてくださるため気にいった様子なのですけれど、最後には薫子さんがすずさんに共感して普通に友人になっていきます。
後半は薫子さんたちのクラスの担任のかたのお話…厳しい教師に見えるのですけれども実は漫画好きで、中でも翼さんの描く漫画の大ファンでした。
その翼さんが漫画の作業の影響で寝不足になってしまい、でも翼さんは自身が漫画家であることを隠しているので理由を説明できず、一方先生は前のお話の遊園地でのできごとから薫さんたちが自分が実は漫画好きだということを知ってしまったのでは、ということで互いに腹の探り合いの様な状態になります。
最後は実は翼さんは…ということを先生が知ってしまい…?

ということで、今回は『わかば*ガール』の衝撃などもありましたけれど、やはり一番はすずさんの登場…エンディングにも追加されています。
やはり色々安定してよい作品で、続きも見守りましょう。
…今巻のブックレットなどは何と3巻にしてすずさん仕様…あと上で触れたboxの内側が…?


『世界樹の迷宮X』は10個めのダンジョンのボスへ挑みます…ここのボスは何やら鱗を飛ばして随伴の敵とするのですけれど、ただ凍って撃破できるだけで何だったのかよく解らず…凍らせなければ何か起こっていたのでしょうか。
後半になると炎の障壁を張って物理攻撃にカウンターを与えてきたのですけれど、折よく麻痺が効いてそれが無効となり、問題なく撃破できたのでした。

それを撃破しダンジョンを出ると、人に似た生き物…モリビトと名乗るかたがたの村にたどり着きます。
ここのBGMが相当よい上に、そこの光景は現代文明が朽ちた様な雰囲気になっており、ここの古代文明の名残っぽいです?
モリビトによるとやはりヨルムンガンドというものは人間に繁栄を与えるどころか滅びを与える、しかも生き物とのことで、やはり最後の敵候補になりそう…。

その時点では話をしただけで立ち去ることになるのですけれど、街へ戻ると遺跡に攫われた姫と謎の人影が見かけられた、という話が入り、その捜索ミッションが発動します。
そのうえで再びモリビトの村へ行くと、謎の人影二つが村を荒らしていったといい、主だった村人はそれを追って枯れ森へ向かったというお話を聞け、アサミーナさんたちも後を追うことになります。

11個めのダンジョンはそこになり、また海の一族の姫が同行してくださいます。
そこの地下1階の最奥まで到達すると、ブロートなる人物が姫を連れ、そしてモリビトと対峙していました…このブロートなる人物は姫の意識を奪って操っている様子で、ヨルムンガンド復活を企んでいる様子ですけれども、現状ただの最低最悪の悪人にしか見えません?

その人物が魔物をけしかけてきてしまい、明らかにボスな様子でさらに脱出は可能でしたので昨日はここまでといったところ…あの胡散臭い人物、やはり嫌な人物という認識でよさそうです?(個人的には第一印象からよくありませんでしたし…でも以前している『世界樹と不思議のダンジョン2』のナディカさんですら救いのあるかたでしたし、こちらも完全な悪ということはあるのでしょうか…?)
…下の作品が一段落しましたのでこちらに注力できる…かと思ったのですけれども上で触れたとおりアニメDVDを観ていかなければなりませんし、しかも下の作品のイベントが間もなくはじまるという状況、今作にあまり集中できない状況が続きそうですけれど、とても楽しい、でも時間に追われる作品ではありませんし、日々少しずつでもよいので焦らず触れてあさかなやすみりお、ティにゃさん分を補充していきましょうか(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、35cm連装砲、失敗、流星改
-----
【5-4長波さんたち季間出撃任務】
○道中大破終了:3(2連続:1(夜戦1:3))
○逸走終了:0
○ボス到達:2
-----
【2-5水上反撃任務】
○道中大破終了:0
○逸走終了:0
○ボス到達:1(ヲ級さん旗艦複縦陣:1)
-----
…昨日は残された任務を実施することになってしまいましたけれど、5-4は以前と比較し地獄と化しており、そこへ出撃させられる任務は難易度が大幅に悪化、夜戦で大破大破大破…はぁ…。
それでも上手くいくときは夜戦2戦をどちらも完全勝利で通り抜けることができたりもし…ボスへ到達できれば昼戦で問題なく敵を全滅でき、任務達成となりました。

続いて2-5への水上反撃任務を実施、こちらは夜戦がなくなった代わりに道中が3戦に増えた上に金のリ級さんなどがたくさんおり、3-5の下ルートよりきついのではないかと思われる場所になってしまっており、はっきり言って夜戦含む2戦でした過去のほうがまだよかったです。
ボス戦はヲ級さんを旗艦とし金のル級さん2というきつい編成ながら航空戦で敵艦載機全蒸発に成功、それでも昼戦では駆逐艦2しか撃沈できずこちらは大破1中破2と危ういところでしたながら、夜戦で敵の全滅に成功したのでした。
この任務、今月は幸い1回で終わりましたけれど、道中の(特に第3戦のリ級さん3とかいうおかしい)編成、それにボス次第ではかなり難航しそうで、毎月これをするのは…憂鬱で仕方ありません。

Z作戦任務の6-4及び三川艦隊任務の5-1については今月は実施する予定はありませんので、これで今月の拡張海域のゲージ破壊及び月間・季間任務は全て終えることができました。
拡張海域については2-5はゲージを破壊するだけでしたら以前より簡単になったものの水上反撃任務は上で触れたとおり、4-5と5-5は何とも言えません?
5-4が改悪されたことにより上で触れた任務が大幅に難化、あとは実施していない5-1への三川艦隊任務がどうなるか次第ですけれど、やはり全体的には難易度を上げられてしまった印象を受け、残念な気持ちにさせられます。
…ただ、日々の輸送船撃沈、あと5-5の羅針盤とかいう存在を排除してくださったのは、ありがたいでしょうか。

この数日苦しんだ甲斐あり、今日からはもう解放されのんびり…できるとよかったのですけれど、もうすぐにイベントがはじまってしまうといいます。
もう気持ちが折れかけていますし、新しいかたを全員お迎えすることのみを唯一最大の目標とし、難易度は丙、あるいはもう丁にしてさくさく終わらせてしまいたいです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年05月27日

ココとゆかいな仲間たち

先日はこの様なものが届きました。
-----
CDも…
○カタハネ オリジナルサウンドトラック
○カタハネ オリジナルボーカルアルバム
○ソルフェージュ10周年記念合同誌 Time Capsule
○意味のない幼児化が睦月型を襲う本
-----
…上2つはCD、下2つは同人誌となります。
今回は何やらよき百合ゲームに関連するものが目立ちます?

CDのほうはいずれも以前リメイク版をしている『カタハネ』のCD…あまりに愛おしい作品となりましたし、音楽もよきものでしたので思わず購入をしてしまいました。
そちらの通販には以前第2作をしている『クオリア』の続編である『おわりのクオリア』のサントラもありましたけれど、お金も厳しい中、そんなまだ出ていない作品のサントラにお金をかけることは…。
…同封のポストカードになぜかその『クオリア』のものもありましたけれども(何)…今日の日誌のタイトルはそれらの中の1枚のタイトルからですけれどやはりココさんはかわいく、それにフローラさんなども微笑ましくてよいものです。

では、同人誌のほうは以前購入をしたもの同様に百合度評価などをつけつつ簡単に触れようと思います。

○ソルフェージュ10周年記念合同誌 Time Capsule《【私立桜立舎学苑OG会】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『ソルフェージュ』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、5月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りのもの…以前完全版をしている『ソルフェージュ』が10周年を迎えた記念の合同誌ということになります。
基本的にはノベルとなっていますけれど、参加者の中の円まどかというかた…原作に関わっているかたではありませんでしたっけ…?(何)

○意味のない幼児化が睦月型を襲う本《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、上で触れた以前購入したものに作品があったりと好きなサークルさまということもあり購入をした、4月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りのもの…長月さん、卯月さん、三日月さんの三人が突然小さくなってしまうお話…。
その小さくなったかがたがを周囲の皆さんが愛でるお話ということで、かわいく微笑ましいもの…どうして小さくなったのかって、それはタイトル通り意味のないことですので気にしないでおきましょう(何)

『ソルフェージュ』もかなりよき百合ゲームでしたけれども、もう10周年でしたか…今回CDを購入した『カタハネ』も原作はCDのブックレットによるとやはり2007年発売らしいので10年程度になり、その他以前廉価版をしている『アオイシロ』や以前最新作をしている『その花』も10年程度前の作品となりますし、10年前にはもうよき百合作品が多数出ていた、ということになります?(この時期と思われる百合作品、年齢制限ありなものであと2つほどお名前を聞いた記憶があるのですけれど、さすがに今では『カタハネ』みたいにリメイクでもされない限りは入手できないでしょうか…)


その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックも…
○ゴスロリJK無人島漂流記(2)
○Aチャンネル(9)
○彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(20)
○さくらと加瀬さん。
○百合+カノジョ -ヒロイン同士のハッピーエンド-
○ガヴリールドロップアウト(6)
○刀使ノ巫女(2)
○今日も女の子を攻略した。(3)
○かなえるLoveSick(3)
○ひなたすたでい。(2)
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(7)
○ギャルとオタクはわかりあえない。(3)
○ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(10)
○ガールズ&パンツァー リボンの武者(9)
○ガールズ&パンツァー 戦車道のススメ(3)
○エデンの処女(2)
○ゆりぐらし
○サキュバスじゃないモン!(1)
○もんれす! -異種格闘モンスター娘-(1)
○キリング・ミー!(1)
○いこくい! かざりとエリーの放課後★異国ごはん(1)
○スーパーカブ(1)
○ガールズ×セクハライフ(1)
○昼下がりに、また。(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『ゴスロリ』から『10のこと』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『ゴスロリ』『Aチャンネル』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『ゴスロリ』はこの巻で最終巻となる模様です。
『10のこと』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『艦これ』アンソロジーから『エデンの処女』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『かなえる』『ひなたすたでい。』はこの巻で最終巻となる模様です。
『さくらと加瀬さん。』は特装版ということでドラマCDなどがついてきました。

その他作品群、『ゆりぐらし』はタイトルからして百合が期待できそうなことから、『サキュバスじゃないモン!』『もんれす!』は百合が期待できると教えていただいたことから、その他の作品は何となくよさそうでしたり百合が期待できそうな雰囲気があったりしたことから購入をしたものとなります。

今回はやや数が多いですけれど、未読の作品もほぼ消化できていますので今回の購入作品から気になるものを優先して読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、九四式爆雷、失敗、失敗
-----
【食材捜索(3-5)】
(サラトガさん・翔鶴さん・瑞鶴さん・羽黒さん・熊野さん・初月さん編成)
○道中(〜第2戦)大破終了:3(初戦:3)
○第3戦敵全滅:6(お米:2・お茶:1・まるゆさんドロップ:1)
○ボス到達:―(第3戦で撤退)
-----
【4-4出撃任務】
(サラトガさん・翔鶴さん・瑞鶴さん・熊野さん・五月雨さん・初月さんさん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・B判定→第3戦・五月雨さん中破敵全滅→分岐西進→ボス戦・敵全滅・お茶入手
-----
【5-2出撃任務】
(瑞鳳さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・リシュリューさん・由良さん・初月さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・A判定→分岐東進→第3戦・完全勝利→ボス戦・敵全滅・梅干し入手
○2回め:初戦・敵全滅→対潜第2戦・B判定→分岐南下→第3戦・完全勝利→ボス戦・翔鶴さん由良さん中破敵全滅・梅干し入手
-----
…まずは引き続き3-5でお茶を集めようとしますけれど、何と初戦で3連続大破終了…それ以降もその初戦で中破3回発生と、これまでそこは基本的に完全勝利で抜けることができていましたのに、昨日の大破終了1回発生といい、かなり悪い周期に入ってしまった様子です…(ただ、そこを抜けると第2戦はだいたい完全勝利になるのですけれども)
それでも多少のお茶、それにまたまるゆさんが出ましたので、結果はそう悪くはない、といえるかもしれません…ただ、ドロップしないことが多くなってきたうえにドロップしたかと思えばお米になると、本当に嫌になってしまいます…。

西方海域任務が完了したため、昨日は4-4出撃任務以降の任務を実施していきました。
4-4は先週も出撃したのですけれど、先週はボス前で大破終了が出たり、今週もそこで五月雨さんが航空戦で中破となかなか厳しい…それでも今週は1回でボスへ進み、しかもお茶まで入手できました。
5-2は軽空母の枠に先制対潜攻撃のできる瑞鳳さんを入れれば対潜エリアで多少安定するのでは、ということに気づき…ボスまでルート固定ができるだけまだ気楽かもしれません?

これで西方海域から連なる一連の任務は完了したわけですけれど、3-5でのお茶入手率がかなり悪化しており、また4-4はまだほとんど周回していませんから、羅針盤とかいう存在に苦しめる場所ではあるもののまだ1/2とましなレベルではあるため今日はここでお茶を探してみようと思います?
しかしあとどれだけ食材を集めれば日の丸弁当量産任務が終わるのか…当初何もついていなかった任務欄がお茶が増えるごとに50%以上、80%以上達成マークがついていっていますので、多分お茶が足りないのかと思われ、そして80%以上達成マークがついているということはあともう少しと思われるわけですけれど…?(現状はお米67・梅干し19・お茶9・海苔3…)


『スパロボX』はボーナスシナリオが3つ開放されましたのでそれらを実施していきます。

1つめはアムロさんがメガファウナのメカニックなかたと仲良くなり、Hi-νガンダムの慣熟運転に彼を連れて行きつつジュドーさんたちも連れて行って模擬戦を行おうとするお話…。
ここにネオ・ジオンの機体を使っているジット団という勢力が出現しそれと戦うことになるのですけれど、その敵機と戦うたびにアムロさんたちがその敵機の解説を行ったりジュドーさんたちに戦術の指導をされたりされます。
敵の数は多いもののこちらがアムロさん、ジュドーさん、トビアさん、ベルリさん、ラライヤさんとかなり強力(突撃娘さんは、って?/何)なため特に苦戦することなく終了…アムロさんは元々機械いじりが好きなので、平和になったらそちらの道に進みたいと考えている様子ですけれど…?
…アムロさん、それにシャア・アズナブルもラライヤさんに甘いらしいのですけれど、そう言われてみるとラライヤさんって…(何)

2つめはマサキさんが部隊内の誰かを苦手としており、甲児さんとアサミーナさんがその相談に乗るというもの…。
マサキさんが苦手としている、というよりライバル視しているといってよいのかもしれませんけれど、ともかくそれはヒイロさんであり、甲児さんとアサミーナさんはそのお二人の関係をよくするために四人で出撃するのですけれど、そこに(ホープスさんが召喚した)野良ゴーレムが出現、マサキさんとヒイロさんがエースの座を巡って撃墜数争いをすることになり、面倒なことにならない様にと甲児さんとアサミーナさんもその争いに参加することになってしまいます。
途中でゼクスさんが現れ一喝されてしまい事なきを得るのですけれど…撃墜自体は、マサキさんに魂+スマッシュヒットの効果のあるドグマを使用した上でサイフラッシュを使用するとまさに一網打尽となってしまいます。
…なぜマサキさんとヒイロさん…と思ったら、このお二人、声が…(何)

3つめは以前している『V』でもおなじみでした、これまで戦った強敵との対戦その2…。
こちらは本編の強化パーツやスキルプログラム等が反映されないのでかなりきつい、はずなのですけれどもドグマは反映されている上にはじめからExCが5あり、また敵のHPも10000程度に抑えられていたりここでの撃墜数は本編には反映されないため、マップ兵器が猛威を振るいます。
ですので上で触れたのと同じ戦法なサイフラッシュ一発でダイヤモンドローズ騎士団は全滅、ZZガンダムのハイ・メガ・キャノンで7体の敵を一網打尽にできてしまったりと、2ターンで終了…恐ろしくあっさりしていました?

3つのボーナスシナリオがいずれも意外とあっさり終わりましたので、先へ進むことに…したのですけれど、シークレットシナリオが発動しました。
こちらはシャア・アズナブルが仲間になったものの、彼が過去にしたこと、そしてハマーン・カーンとの関係などからジュドーさんは彼を敵視しており、その様な中でシャア大佐がそのジュドーさんとトビアさんのお二人を連れ立ってミスルギの補給基地を叩くことにするお話…。
シャア大佐は若い二人に期待して連れてきた模様で、ともかく多少の敵がいますのでまずはそれを全滅、するとヤザン・ゲーブルやラカン・ダカランが出現しジュドーさんに攻撃を仕掛けるもののシャア大佐がそれをかばい機体が大破してしまいます。
そこに至りジュドーさんはシャア大佐の気持ちを知り憎しみをなくすことになり、大佐を後ろへ下げるのですけれど…下がった大佐はここにあった新たな機体、以前している『αU』で敵として出現したナイチンゲールなる機体を持ち出してきました。
さらに艦隊も到着、あとは敵を全滅させて終了ということになります。

昨日はここまででしたけれど、シークレットシナリオで新たにシーブックさんとドニエル艦長、サブオーダーにてブラックガインさんがエースパイロットとなれました。
今日はメインのお話を先へ進めることになります?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年05月10日

アル・ワース食堂開店

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○彼女のくちづけ 感染するリビドー 総集編(2)
○トゥエンティ・リリーズ(1)
○睦月型のほんとのチカラっ!(13)
○西村さん家の日常(拾)
-----
…今回は全て同人誌となります。
購入数を本当に、もう本当によほどの、絶対購入したいというものかコミックサイズなもののみに絞った結果、これまででしたらここにあと+10冊は増えるところをここまでに抑えることができました(何)

上2つは以前読んでいる『Dilly Dilly』などと同様にコミックサイズなものとなりますので、またいずれ普通の単行本として読んで感想を書こうと思います。

では、通常の同人誌については以前購入をしたもの同様に百合度評価などをつけつつ簡単に触れようと思います。
なお、いずれも『艦これ』の二次創作作品となります。

○睦月型のほんとのチカラっ!(13)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前総集編を購入したりしている、4月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は「ゲーム」あるいは「勝負」がテーマとなっていますけれど、よい意味で相変わらず微笑ましくかわいらしいよき作品となっています。

○西村さん家の日常(拾)《【いのべ〜と】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前期間を購入していることもあり購入をした、5月6日に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り西村艦隊のかたがたの日常を描いたお話…。
前巻が西村艦隊が主役でした秋のイベントについて描かれていたのですけれど、今巻はその後の皆さんや冬のイベントについて描かれていて、前巻を読んでいればよりよきものとなっていました。
…こちらのかたは次で総集編を出してくださるご様子ですので、期待したいものです。

実のところ『睦月型』『西村さん家』ともに待っていればそのうち総集編が出る可能性が高い(前者はすでに2冊出ていて、後者もあとがきでそう触れています)ので単体で購入する必要はないのでは、となりますけれども…それでも購入したいほど好きな作品ということでお許しください(何)
…『西村さん家』はすでに総集編が1冊出ている様子なのですけれど、品切れで残念…。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
41cm連装砲、失敗、流星、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:完全無意味なボス直行加古さん中破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→どうしようもない場所逸走任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→どうしようもない場所逸走任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→どうしようもない場所逸走任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成Z3さん大破任務失敗
○特設艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:7(3連続:2)
○輸送船エリア行き:8(4連続:1・3連続:1・ボス前南下:4(2連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所逸走:0
○ボス到達:3(2連続:1・ヲ級さん編成:1)→ろ号作戦達成につき任務放棄
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:2
〇輸送船エリア到達:2
〇ボス行き:1
-----
…昨日は輸送船撃沈任務の時点で大荒れとなってしまい、高速建造材とかいう本当に完全無意味でどうしようもない場所への逸走という最低最悪の展開が連発し通商破壊艦隊はなすすべなく壊滅、崩壊…あのエリア、本当に消滅してもらえないでしょうか。
はじめの出撃以外はことごとくはじめの分岐も逸走させられ続け、ようやく輸送船エリアへ到達したかと思えば、例の如く大外れ編成と人の心をずたずたに折れ果てさせてきます…こういうとき、再度輸送船エリアへ到達すると4編成が出現するのですけれど、はじめからこれを出してください。

こうなると当然の流れで南西諸島任務も大荒れを覚悟しなくてはならなくなり、もちろんはじめの出撃から4連続で輸送船エリア行き、8回出撃して7回そうさせられ、先日も南西諸島任務は大荒れでしたけれど、昨日は輸送船撃沈任務の時点でそうさせられたのでよりうんざり、げんなり…南西諸島任務単体としての荒れっぷりも相変わらずはじめの分岐での逸走率が高かったりと呆れるレベルに達してしまいましたけれど、ただ先日とは違いどうしようもない場所への逸走は1回も発生しなかったのでまだよいです。
そして輸送船エリア行き連発のため、何と昨日の時点でろ号作戦が完了してしまいました…その時点で南西諸島任務はボス到達4回だったのですけれど、もう疲れていましたし、その状況から輸送船エリア行きになるとつらいので、もうそのまま南西諸島任務は放棄としました。

昨日は荒れに荒れ果てましたけれど、ただこれで今週はもうはやくもこの輸送船撃沈及び南西諸島任務は放棄できることになり、昨日の大荒れも無駄ではなかったといえます?


『艦これ』があまりにあんまりな大荒れで時間を余計に消費させられたため、『スパロボX』をする時間が削減されてしまいました…ただ、上で触れたとおり今週はもうろ号作戦が完了となりましたので、今日からはこちらに時間を使えます。
その様な昨日はボーナスシナリオが3つ開放されましたので、それらの消化を行います。

1つめはショウさんやカレンさんたちがまだ地球にいた頃、ルルーシュ皇帝やドレイク・ルフトといった敵勢力と戦っていた頃のお話…太平洋にてショウさんやカレンさんたちがスザクさんやトッドさんたちと敵として戦ったお話となります。
途中でヒイロさんも現れますけれど、こちらはショウさんのビルバインがかなり強く、敵の数の割には簡単でした?

2つめは異世界へ飛ばされた皆さんに少しずつストレスが溜まりつつある中、C.C.さんがピザを食べたいと言い出し、その材料の調達のため、地方視察を行っているアンジュさんの兄や妹のところへ押し入るお話…。
その警備を仮面の人が行っており、差別階級からのし上がろうとする彼が同じく差別階級にあるアンジュさんに触れて少し心境に変化を起こしたりと、基本的にはおバカなお話なはずなのですけれども結構いいお話にもなっていて…あと、ピザを食べるC.C.さんが今作にしては非常に珍しい(はじめてな気も?)一枚絵になっておりびっくり…。
…今日の日誌のタイトルはこのお話のタイトルから取ってみました。

3つめは以前している『V』でも数回あった、これまでに遭遇したボス格のかたがたとの戦い…さすがにまだシャア・アズナブルはいませんでした。
機体改造やレベル等、通常時の育成要素は一切反映されませんので、普段使っていない主役級の機体を出したりし、ある意味新鮮な戦いが見られます…ダイターン3がやはりかなり強かったり、あるいはヒイロさんのバスターライフル最大出力のターゲット照準時には結構色々な相手に個別台詞が用意されているっぽかったり…?(全然関係ない作品なヒナさん相手でもしっかりお相手の名前を言いましたし…)
一見大変そうなお話ですけれど、精神コマンドやExCの分だけこちらが有利になっていて、案外苦戦することなく行えます?

今日はまたメインシナリオへ戻りますけれど、分岐シナリオが待っています…基本的には『ワタル』のシナリオに沿っていこうと思っていますけれど、ヒルダさんとカレンさんとサリアさんとルーさんとなるべく一緒にいられる様にしたいものです(とはいえヒルダさんとサリアさんが別々になるのはあり得ないでしょうけれども)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年05月03日

背中合わせの二人

先日は雑誌の様な定期刊行されている同人誌が届きましたが、嫌な予感がしますので内容については一切触れず、先日こうして手元に届いたというその事実のみを書き記しておくことにします(何)
ただ、届いたという事実を書くのもよくなかったとのことですので、今後は届いても私の心の内にのみ留めることとし、日誌では一切触れないことにします(書籍を読む前にwebサイト等をチェックすることはどうしても未実施になるので、ややこしいことになるよりはこうしておいたほうが確実そうです)


その様な昨日は過日届いたDVDたちのうち『メルヘン・メドヘン』の第1巻を観てみました。
第1巻ということではじめて観ることになるわけなこちらは以前読みましたコミカライズ版がよかったということで購入をしたものとなります。

第1話は『物語症候群』ということで、主人公の葉月さんが魔法と出会うお話…。
この葉月さんは以前読んでいる『ハナヤマタ』のなるさんや以前第1期を観ている『ラブライブ!サンシャイン!!』の花丸さんの様な本が好きで物語の世界へ入り込む性格をもう少し悪化させた様なかたで、友人がこれまでに一人もいないというかた…物語症候群とはつらいことがあるとすぐに本を読んで空想の世界へ逃げ込むという自身の性格を彼女自身が表現する言葉となっています。
その葉月さん、つらいことがあったのでいつも通り本を買い込んでハンバーガーショップにてその世界に没頭するのですけれど、ふと見ると購入した覚えのない、しかも開かない本が鞄に入っていることに気付いたのですけれど、そのお店でフードで顔を隠した怪しい人物を見かけ、それが気になって後を追います。
このあたりの展開は上で触れたコミカライズ版同様ですので省略…夢でしかないと思っていた魔法の世界へやってきた彼女、原書使いとなるべくその魔法学園で学んでいくことを決意されたのでした。

第2話は『はじめての魔法』ということで、魔法の勉強をすることになるお話…。
静さんに原書の説明を受けた葉月さんはさっそく自身の原書を使おうとするのですけれど、全く発動せず、見学をしているかたがたに馬鹿にされてしまいます。
この馬鹿にしてきたかたがたなのですけれど、コミカライズ版では葉月さんのことを魔法使いの血を引いていない、と言っていたのに対し、このアニメ版ではあちらの世界からきたとか、あちらの世界の人間が魔法を使うなんて聞いたことがない、といったことを言っており、設定が微妙に違うのでしょうか…静さんも含め、あちらの世界出身ではない、のですか…?(ブックレットによると学校は千代田区にあるらしい…並行世界でしたっけ、これ…)
葉月さんは基礎の基礎から魔法を学ぶことになるのですけれど、それがきっかけで静さんのお名前を知ることができ、またかぼちゃの召喚にも成功、自身の力で魔法を成功させたことに喜びます。
けれどそこに一言多いカザンさんがやってきて、葉月さんと静さんの間に微妙な空気が…けれど、それもお二人が出会った場所でもあるハンバーガーショップで距離を縮めることができたのでした。

ということで、こちらはコミカライズ版がよかったということで購入をしたという、今期以降ではお金の関係で購入できなくなるであろう理由で購入をしたものとなるわけですけれど、ここまでのところは楽しくよいお話です…葉月さん、もしかすると今まで観てきた全アニメの中でも一、二を争うほど感情移入できるかたかもしれませんし…(何)
そのコミカライズ版はまだ1巻しか出ていないのですけれど、アニメの第2話まではまだそのコミカライズ版第1巻の範囲内に収まっており、ここまでは内容も解っているもの…ただ、上で触れた生徒の会話など、細部が結構違うというか、コミカライズ版のほうがかなり細かく描かれていますけれど、これは尺の問題で仕方ない、といえるのです?(アニメ版と同じストーリーのコミカライズ版というものは大体アニメ版で描かれなかった部分を描くものですし…)
ですので、アニメ版は多少物足りなさを感じないこともなく…先にアニメ版を観た後にコミカライズ版を読めば印象が変わりそうですけれど…?

その他、作画はよくもなく悪くもなく、といったところ…今作同様に前期放送でDVDを購入している『citrus』同様にやや不安定な印象も受けますけれど…?
同様に前期放送でDVDを購入している、といえば『スロウスタート』同様にエンドカードまで映像に入っています…結構エンドカードを省略する作品は多いので…。
ブックレットは雑誌風になっていて変な4コマ(いえ、タイトルが『メル変・メド変』ですし…/何)なども収録されています?
ということで、こちらはコミカライズ版よりも内容が薄くなっているとはいえ第一印象はよいもので個人的に好みなお話に感じられ続きにも期待しつつ見守りたいところ…第3話の予告にはコミカライズ版第1巻では見たことのない謎の中年男性の姿があったりとここでもう第1巻の内容を追い抜くのでしょうか…。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
35cm連装砲、失敗、天山、瑞雲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:6(3連続:1・2連続:1)
○輸送船エリア行き:8(4連続:1・3連続:1・ボス前南下:8(4連続:1・3連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所逸走:3
○ボス到達:4(2連続:1・ヲ級さん編成1)
○損害:小破2
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:5
〇輸送船エリア到達:4
〇ボス行き:1
-----
【1-6ゲージ破壊】
(嵐さん・初月さん・藤波さん・親潮さん・春雨さん・阿武隈さん編成)
○1回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・損害なし→最終戦(軽空母含)・藤波さん大破敵全滅→帰港・燃料1000
○2回め:対潜戦・A判定→航空戦・親潮さん小破→最終戦(リ級さん)・親潮さん中破A判定→帰港・燃料1000
○3回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・春雨さん中破→最終戦(リ級さん)・春雨さん大破親潮さん小破リ級さん残存その他撃沈・夜戦敵全滅→帰港・弾薬300
○4回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・損害なし→最終戦(水雷戦隊)・初月さん中破敵全滅→帰港・ボーキサイト200
○5回め:対潜戦・A判定→航空戦・損害あり→最終戦(水雷戦隊)・初月さん大破春雨さん小破敵全滅→帰港・鋼材100
○6回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・損害なし→最終戦(水雷戦隊)・駆逐艦1残存その他撃沈・夜戦敵全滅→帰港・燃料1000
○7回め:対潜戦・敵全滅→航空戦・損害なし→最終戦(水雷戦隊)・親潮さん小破敵全滅→帰港・燃料1000・ゲージ消滅
-----
【6-5ゲージ破壊】
(アイオワさん・サラトガさん・瑞鶴さん・涼月さん・熊野さん・木曾さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→第2戦・木曾さん小破敵全滅→第3戦・敵全滅→空襲・損害なし→ボス戦(ヲ級さん1)・基地航空隊5撃沈・T字不利アイオワさん中破空母棲姫さん小破その他撃沈・夜戦敵全滅
○2回め:初戦・敵全滅→第2戦・完全勝利→第3戦・涼月さん中破敵全滅→空襲・損害あり→ボス戦(ヲ級さん1)・基地航空隊4撃沈・航空戦空母棲姫さん艦載機蒸発・空母棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅
○3回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→基地への空襲・損害なし→空襲・損害あり→ボス戦(ヲ級さん1)・基地航空隊5撃沈・航空戦敵艦載機全蒸発・空母棲姫さん中破その他撃沈・夜戦完全勝利
○4回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→基地への空襲・資源に損害→第3戦・敵全滅→空襲・損害あり→ボス戦(ヲ級さん1)・基地航空隊6撃沈・航空戦空母棲姫さん艦載機蒸発・空母棲姫さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅
○5回め:初戦・完全勝利→第2戦・完全勝利→基地への空襲・損害なし→第3戦・敵全滅→空襲・損害なし→ボス戦(ヲ級さん2)・基地航空隊4撃沈・航空戦敵艦載機全蒸発・空母棲姫さん小破ヲ級さん1HP1残存・夜戦サラトガさん大破敵全滅
○6回め:初戦・敵全滅→第2戦・サラトガさん小破敵全滅→第3戦・敵全滅→基地への空襲・混乱1→空襲・涼月さん大破終了
○7回め:初戦・完全勝利→第2戦・完全勝利→基地への空襲・損害1→第3戦・敵全滅→空襲・損害なし→ボス戦(ヲ級さん2)・基地航空隊3撃沈・航空戦空母棲姫さん艦載機蒸発・空母棲姫さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅・ゲージ破壊
-----
…南西諸島任務の2-2ははじめの出撃から9連続でボスへ到達せず…ボス前からことごとく艦隊が南下していくという、ルート固定でもされたか5-1の海上突入任務でもしているのかというほど南下しかしない状態が続きます。
ただ、それは輸送船を撃沈できますので別に構わなく…そう、それは構わないのですけれど、どうしようもない場所への逸走がかなりの頻度で発生するのは本当にうんざり、げんなりさせられてしまいます。
後半にはボス行きも発生する様になってきましたけれどもやはりどうしようもない場所への逸走も起こってしまったりし、控えめに言って最近では一番の大荒れと言ってよい結果でしょう…ただ、この結果ろ号作戦が昨日の時点ですでに80%以上達成状態となり、今週ははやくに達成できそうです。
…潜水艦隊による2-3はあくまでボス前にしか行かない様子です?

拡張海域のゲージ破壊は残された1-6と6-5を行うことにします。
まず1-6は大破撤退なく無事終了できました。

6-5は序盤は順調に推移、また基地への空襲も…
損害なし
…お正月に雷電を得るまでは全く見ることのなかったこの損害全くなし、という事象が発生する様になってありがたいことです(ただゲージ破壊直前になるとお相手の編成が強くなって混乱や損害が生じてしまいます)
ボス戦でのヲ級さんの数も1であることが多く、ゲージ破壊直前までは極めて順調に進み、このままストレートで終わるのでは…という考えはやはり甘く、そこからはお約束ともいえる空襲での大破撤退が発生、過去もここでの大破がもっとも多く、この空襲エリアが最大の難所といえます。
それでも、その次の出撃で…
6-5終了
…ゲージ破壊に成功、7回の出撃で完了しましたのでかなり順調な結果といえそうです。
その最後の出撃、ボス戦で鹿島さんがドロップしたのですけれど、扱いに困る…この様な場所でドロップするのですか…。

これで拡張海域のゲージは全て破壊に成功、あとはろ号作戦終了後に出現する1-4や4-2、2-5への月間任務を残すのみといったところで、まずは一段落ついたといってよいです。
これであとは、とっても大好きでお会いできない日々が長く続きますけれどもご無事をお祈りしているあのかたが、5周年任務を無事に終えていらっしゃるか、というところでしょうか…大丈夫ですよね、ね…。


6-5が順調に推移したということで多少の時間がありましたので『スパロボX』も実施、ボーナスシナリオが2つ開放されましたのでそれらを行います。

まず1つはアイーダさんの突撃娘っぷりにメガファウナの艦長さんが頭を痛め、何やら高貴な雰囲気を感じるセシリーさんに教育係をお願いするお話…でもセシリーさんも困った末にマーベルさんに相談、そのマーベルさんはアンジュさんを呼び、アンジュさんはこの機会にとナディアさんを呼びました。
アンジュさんが主導することになりましたのでちょっと荒々しいことになり模擬戦を行うことになるのですけれど、ここで敵が襲来、このメンバーでそれらを撃退することに…一時は敵の増援に弱気になりかけますけれど、アイーダさんが毅然とした態度を見せ皆さんの士気を上げました。
皆さんアイーダさんに対ししっかりとしたプリンセスの資質を感じた様子で…けれど、それは艦長さんが望むものとはちょっと違うものみたいです?

2つめはカップリングシステムを発動させることのできる青葉さんとディオさんが喧嘩ばかりしているので、艦隊に所属する他のパートナーと呼べるかたがたと訓練を行って何かを得てもらおう、というお話…今日の日誌のタイトルはこのお話のタイトルから取ってみました。
呼ばれたのは師弟関係なワタルさんとシバラクさん、機体がすでに合体しているシモンさんとヴィラルさん、自薦したものの一方通行気味でしたベルリさんとアイーダさん、そして愛の関係だというショウさんとマーベルさんといったところ…ところがそこにゾギリア軍がしかもかなりの数でやってきてしまいます。
お相手はカップリングシステムの稼働時間限界を狙っていたのですけれど、青葉さんとディオさんはいわゆる喧嘩するほど仲のよい関係でしたわけで、その限界時間を突破しシステムを稼働し続け敵を一網打尽にしたのでした。
ゲームとしてはそれでもなおかなりの敵が残っているものの、オーラバトラーが強すぎて敵ターンのカウンターでほぼ全滅…。

2つめのお話で主役でした『バディ・コンプレックス』は他に使いたいかたが多すぎなため戦艦以外は使わない方針になっているのですけれど、なかなかどうして、シモンさんとヴィラルさんが言っていた様に熱いかたがたで悪くありません…知らない作品の魅力を垣間見るという点でも、このボーナスシナリオというのはよい補完になります。
もちろんお金やTacP、強化パーツも得られてありがたいところ…今日からはいよいよメインシナリオを進めることになり、しかも分岐シナリオといいますけれど、果たしてどうなるでしょうか…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年01月19日

デレマス百合4コマ!

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○Dilly Dilly メイド百合再録集
○箱庭少女と傷だらけの騎士(1・総集編)
○デレマス百合4コマ!
○ELDER TIME MOONY
-----
…こちらは全て同人誌となり、全て昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
うち上2冊は以前読んでいる『マジカルフィクションガールズラバーズ』などの様に(表紙カバーはないものの)分厚いコミックサイズなものとなっていますので、いずれ普通のコミックとして読んで触れようと思います。

それでは、その他の普通の同人誌については、以前購入しているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○デレマス百合4コマ!《【つむぎ百合工房】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、百合が期待できるということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りのもの…何組かのかたの関係が描かれています。
こちらはゆるく微笑ましいお話たちになっていて、それが楽しくよきもの…やはりうづりんなどはよきものです。
…と、こちらのサークルさま、以前既刊っぽいものを購入しているかたとなっていました。

○ELDER TIME MOONY《【FlowerMaid】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらはオリジナルな作品となります。
内容としましては、メイド喫茶で働くメイドさん好きな女の子が19世紀のロンドンに飛ばされるお話…。
そこにあったお屋敷で働くメイドさんに本物のメイドさんと間違われ働くことになるという、こちらは以前している『ことのはアムリラート』の様なお話…結末はその『ことのは』の別離ルートの様な終わりかたですので切ないものになってしまいますかも…?

コミックサイズな同人誌2冊はいずれも期待できそうですので、下で触れるコミックで最優先で読みたい3冊を読んだ後はこちらを優先してしまっていいかもしれません?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(19)
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(11)
○いつかみのれば(2)
○女の子のいちばんやわらかいところ。
○恋に煩い
○透明な薄い水色に
○私に体、売ってみない?
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『艦これ』の2冊と『いつかみのれば』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『いつかみのれば』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群は全て百合が期待できそうということで購入をしたものとなります。

今回はまずは『艦これ』、それに『女の子のいちばんやわらかいところ。』を最優先で読むところですけれど、その他の作品群はまだ未読な作品で気になるものがあったり、あるいは上で触れた同人誌もありますので、それらとの兼ね合いで気の向いたものから、ということになるでしょうか。
…今回購入したもののうち『艦これ』関連以外は百合姫コミックスとなる模様で、以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によると百合姫コミックスはもう1冊発売予定でしたはずながら、それは発売延期となった模様です?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
九一式徹甲弾、失敗、13号対空電探、彗星一二型甲
-----
【輸送船3/5撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成3撃沈任務達成・ろ号作戦も達成
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4当たり編成5撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…通商破壊艦隊によるはじめの出撃で輸送船3撃沈任務とともにろ号作戦も完了、けれど昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので再度通商破壊艦隊を派遣することに…幸いそちらも輸送船エリアへ到達、無事任務達成とできました。

これで今週はのんびりできます…近代化改修は龍田さんから行っていますので、新任務は彼女のものから実施することになります?
…もともと、龍田さんと村雨さんの新任務は雲泥の差で前者のほうが楽ですし…(何)

ところで、節分まではまだかなり間があるのですけれど、皆さんはすでに節分仕様に入っており、佐渡さんなどかわいく微笑ましいイラストになっていて…
風雲さん
…特に風雲さんがとてもよい感じ、かも?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は9つめのダンジョンの探索を進めていきますけれど、ある程度奥へ進むとダンジョンの雰囲気とBGMが重々しいものへ変化…しますけれど敵には特に変化はありません。
そこからそう階層を重ねないうちに最下層一歩手前まで到達してしまいましたので、例によって全階層の全フロア踏破へ移行しましょう。
…ただ、皆さんレベルが93前後にまで上がっていて、それに砦にいらっしゃるティナさんはすでにレベル99に達しておりやはりそれで上限となっていて、すこしのんびりしすぎた印象も受けてしまいます、かも?

そう、レベルがもうすぐ上限に達しそうで、そうなると得られるスキルポイントもあとわずかということになり、ですので次に街へ戻った際に全員のスキルの見直し、最終的な最適化を行いたいものです…明らかに使わない技にスキルポイントを振っていたり、有用なパッシブスキルが放置されていたりしかねませんし…。
…街に戻った際にそれを覚えていれば…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2018年01月06日

雨音に濡れる天使の歌声

先日はこの様なものが届きました。
-----
冬のイベントのアイテムが…
○もっと!あきつしま12SEASONS
○蒼刻のスラスト
○睦月型のほんとのチカラっ! ふたまとめ
○待てば海路の日和あり 総集編
○艦サンブル(1〜5)
○A lover
○マジカルフィクションガールズラバーズ
○雨音に濡れる天使の歌声
○ガールズトーク
○睦月型のほんとのチカラっ!(12)
○榛名日和(7)
○榛名日和 海戦編 フィナーレ!
○西村さん家の日常(玖)
○鳥海妖精奮闘記
○かすみちゃんときよしもちゃん
○ユリリィ 〜Date〜
○Heart rate
○LOVE LETTER FOR YOU!
○ちっちゃくなっちゃった卯月ちゃん!
○Lillekastid
-----
…一番上はカレンダー、その下1つは同人CD、その他は同人誌となります。
今回届いたものは全て昨年末の冬のイベントで出たらしいものとなります?

カレンダーは『艦これ』の二次創作作品…秋津洲さんの卓上カレンダーとなります。
秋津洲さんがあまりにかわいく微笑ましいので購入してしまいましたけれど、卓上ですので邪魔にもならないのでよいですよね、ね?

同人CDはこれまでも購入しているサークルさまのもの…同時に那珂ちゃんのものも出ていたのですけれど、そちらはネタ色が強そうでしたのでちょっと控えてしまいました…購入したほうがよかったのでしょうか…?(何)
こちらの後半は実際に行われたっぽいライブでの様子が収録されていました。

同人誌について、『睦月型のほんとのチカラっ! ふたまとめ』から『マジカルフィクションガールズラバーズ』までの4つはいずれもコミックサイズな総集編となっていますので、いずれもそのうち、普通の単行本として読んでみようと思います(とはいえ表紙カバーのついているのは『A lover』だけですが…)
ただ、過日購入したもので未読なもののうちまだ優先して読みたい作品がいくつか残っていますので、これらを読むのはそれらを消化してから、となるでしょうか…。

それでは、その他の同人誌については、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
…その前回届いたものは昨年9月購入でしたか…同人誌はなるべく控える様に心がける様にしたのですけれど、今のところ何とか抑え気味にできているといえそう、です?(オリジナルなものを本当に控える様にしていますし…)

○雨音に濡れる天使の歌声《【空への扉】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★★》
こちらは『ことのはアムリラート』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ある雨の日の凜さんとルカさんのお話…。
こちらは凜さんがルカさんの世界で生きていくことを決意した後のお話になるご様子…百合的にもよきもので、そしてやはりこのお二人は非常によいキャラクターです。

○ガールズトーク《【マズルン】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『フレームアームズ・ガール』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、本編の夢の世界でのお話でした、皆さんが普通の高校生になっている状態の日常を描いたもの…。
皆さんの楽しい日常の様子が見られ、アニメ本編でもこれをしてくださると嬉しいのですけれども…第2期をしてもよいと思いますよ?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『フレガの日』を描かれたサークルさまとなっていました。

○睦月型のほんとのチカラっ!(12)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は「おしゃれ」がテーマとなっており、そうなると如月さんが色々活躍されたり…こちらは同時に総集編も購入しているとおりかなりの巻数を重ねていますけれどもやはり安定しており、続きも楽しみにしたいものです。

○榛名日和(7)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、少し小さな榛名さんと艦娘の皆さんの日常を描いたお話…。
こちらはやっぱりフルカラーの、そして微笑ましいものとなっていて、やっぱり高いレベルで安定してよきもの…引き続き続刊を期待したくなるものです。

○榛名日和 海戦編 フィナーレ!《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらも上で触れたサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、上で触れた既刊『榛名日和 海戦編』の後日談を描いたお話…。
どうやら中央から大和さんや陸奥さんたちによる援軍がきていたということが解ったり、戦ったお相手は南方棲戦姫さんでしたことが解ったりと、既刊を読んでいるとエピローグとして面白い作品となっています(南方棲戦姫さん、5-3や5-5でお会いしますが、あんな強大な力なお相手だとは…/何)
後半には『アズ×艦!』なる『アズールレーン』という作品に登場するらしい赤城さんと加賀さんが漂着するお話も収録…巻末の数ページはその作品に登場するかたがたのお話になっているっぽいです?

○西村さん家の日常(玖)《【いのべ〜と】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★★》
こちらは上で触れた『フレガの日』とともに既刊に近しい作品を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り西村艦隊のかたがたの日常を描いたお話…。
秋のイベントで西村艦隊の皆さんメインのイベントが行われたこともあり、お話はそれにちなんだものが多く泣けます。
巻末にはこちらのサークルさまがその秋のイベントを難易度甲でクリアした報告がなされていましたけれど、西村艦隊好きのかたでしたら、あのイベントはやはり何が何でも西村艦隊7人で難易度甲クリアしなければ気がすまないものでしたご様子…。
その他、どうやらはじめのお話で時雨さんや山城さんが仮装していたのは上で触れたものにも登場した『アズールレーン』という作品に登場するお二人でした模様…あとがきによると、その作品を題材にしたほうが同人誌が売れるのは確実、らしいですが旬の作品なのでしょうか(確かによく見かける印象を受けますが…?)
…あぁ、このサークルさまの作品よすぎます…総集編は過去に出ているっぽいですがすでに品切れで、どうして購入していないのか後悔の念が強く…(何)

○鳥海妖精奮闘記《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらは上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊とともに既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り鳥海さんの装備についている妖精さんたちの戦いを描いたお話…。
こちらは以前観ている劇場版冒頭の戦いを妖精さん視点で描いたものとなっています…あれ、やはり第一次ソロモン海戦を再現した戦いでしたか…。

○かすみちゃんときよしもちゃん《【Magicaltale】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★★》
こちらは上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊とともに購入をしている『ちま大鯨さん』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り霞さんと清霜さんのお二人を描いたお話…。
やはり絵本形式なお話になっていて、とてもかわいらしく微笑ましい作品…このサークルさまも非常によいです。

○ユリリィ 〜Date〜《【ユリリィ製作委員会】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、『シンデレラガールズ』の百合カップリングなアンソロジーとなります。
今回はタイトル通りデートを題材としたものとなっており、下で触れるサークルさまなど見たことのあるかたも参加していたり、内容もよきものとなっておりかなり満足できました。

○Heart rate《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは以前購入をしている『コイノキズナ』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、凛さんのことが気になってどきどきしてしまう卯月さんのお話…。
こちらはその感情を意識しはじめた卯月さん、そして凛さんのお話になっていて、こういう初々しいものもやはり微笑ましくよきものです。

○LOVE LETTER FOR YOU!《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊とともに購入をしている『Cherish』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、別行動の多くなった中で凛さんと未央さんにお手紙を送った卯月さんと、それを受け取った凛さんのお話…。
こちらもまだお付き合いなどはしていないのですけれど、お互いにお互いのことが好きなさまが微笑ましくよきものです。

○ちっちゃくなっちゃった卯月ちゃん!《【やまぶろ屋】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『フレガの日』の既刊とともに購入をしている『夏の卯月に悶える凛』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りある日突然小さくなってしまった卯月さんを描いたお話…。
その卯月さんを家でかくまうことになった凛さんとのやり取りが微笑ましく、またその原因を探るさまがおバカでしたり…?

○Lillekastid《【Retrovirus/八百万屋総本舗】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『FLOWERS』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、『FLOWERS』のアンソロジーとなります。
アンソロジーということでたくさんのかたがたの参加された、短編漫画やノベルなど様々なお話が収録されたもの…登場人物は一通り(サブキャラなかたがたも含め)登場していたり、なかなかよきものとなっています。

ということで、オリジナルを極力控えた結果二次創作作品な同人誌ばかりとなりましたけれど、いつもの『艦これ』『シンデレラガールズ』だけでなく『ことのはアムリラート』に『フレームアームズ・ガール』という大好きな作品の二次創作作品にも巡り会え、かなり満足でした。
結局これだけで20000円程度になってしまっていますけれど、ただ現状もう注文しているものはなかったりと、例年に較べるとかなり控えられている印象…私の購入する主要ジャンルが縮小しているだけ、かもですけれども…(どうやら『艦これ』『シンデレラガールズ』ともに縮小に転じ、今の旬は『Fate/GrandOrder』に『アズールレーン』という作品っぽいですから…まぁ、2作品とも異様なレベルで旬の長い作品でしたので、縮小に転じるのが遅いほどかもですし、少なくなっても量より質、でいってくだされば…)
…今回購入をした『艦これ』な同人誌の中にもコラボをしている作品があったり、やはり『アズールレーン』という作品は艦船の擬人化作品らしい…現状『艦これ』だけで手いっぱいですので、とっても大好きなあのかたが手をつけていてお勧めだとでも言われない限りは手をつける予定はありませんが、別の艦船擬人化作品が人気になるとは、他の擬人化作品も色々あるはずな中で『艦これ』についでまた艦船なものが注目されるだなんて皆さん艦船好きなのですね(何)


その様な先日は、『艦これ』もようやく一段落を見せたこともあり、過日届いたアニメDVDたちのうち『NEW GAME!!』の第4巻を観てみました。

第7話は『凄く熱い視線を感じる』ということで、第2期になってからの新キャラさんたち…ほたるさん以外の新キャラさんたちメインのお話…。
まずはねねさんがプログラマとしてイーグルジャンプに入社するべく面接を受けるのですけれど、面接官はうみこさんと青葉さんという恐ろしくやりづらい状況に…それでも何とか気を抜くことなく受け答えができ、まずは大学在学中ということもありアルバイトから段階を経ていくことになりました。
先にあった諸々の件でキャラ班のかたがたに嫌われていると感じる大和さんに対し葉月さんが何やら吹き込んだ様子で、もずくが妙になついてきたのはお守りの影響だったみたいなのですけれど、結果としてはそれで多少距離を縮めることができたみたいで…?
そして、イーグルジャンプにインターンとして専門学校生お二人が配属されることに…青葉さんにとって初の後輩ということで非常に張り切るのですけれど、多少空回りしている様にも感じられ…。
配属されたのはプログラマのツバメさんとキャラデザの紅葉さんで、ツバメさんは明るく社交的なのに対し紅葉さんは対人関係は苦手そう…その彼女、青葉さんに対しライバル心の様なものを抱いた様子で…?
…新人さんたちがやってきたということからか、このお話からエンディング曲が変更となっていました。

第8話は『メイド喫茶がいいと言ったんだよ』ということで、このタイトルは葉月さんの発言なのですけれど、このお話ではこのかたの暴走が留まることを知らず、お仕事面はともかく人間的には相当…(何)
青葉さんとゆんさんとはじめさんの3人で新人歓迎会の幹事となり、どこで行うか悩むことに…三人なりに色々考えているわけですけれど、そういえば居酒屋で開催された青葉さんの歓迎会は誰が考えたのでしょう(いえ、青葉さん未成年なので…/何)
歓迎会の席でツバメさんはうまくやっているのですけれど、紅葉さんのほうは当初ちょっと気まずい空気も流れており…コウさんも入社当時は似た様な雰囲気だったといいますが…?
この紅葉さんの対人関係についてひふみさんもあれこれするのですけれど、最終的には多少はよくなってきたといえるでしょうか…でもやっぱり青葉さんに対してはライバル心、あるいは倒すべき敵といった感情を持つに至った様にも見えて…?

ということでこの巻から新キャラとなる新人お二人が登場、紅葉さんは結構危うい雰囲気をはじめから出しており、一方のツバメさんも今は普通なのですけれど、原作通りならばこの先ちょっとねねさんとひと悶着発生するはずで…?
多少の気まずさを覚えるお話になることも予想されますけれど、ただ(葉月さんの暴走など)やはり面白い作品でもあり、新キャラさんたちも含め皆さんよきかたがたですので、続きも楽しみに見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、14cm単装砲、32号対水上電探、水偵
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成浦風さん大破任務達成・ろ号作戦も達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…輸送船を撃沈しようと2-2へ艦隊を派遣しても、延々ボス直行…さすがにため息が出てしまいます。
ようやく輸送船エリアへ到達しても大破1に損害3という嫌に多い損害を受けてしまいましたけれど、それと引き換えにろ号作戦も完了、これで今週の南西諸島任務は放棄とできます。

ろ号作戦が完了したことにより1-5への3回出撃任務の他、1-4と4-2への月間出撃任務が出現しました。
ただ、1-4は空母撃沈任務も発動しているとき、4-2は輸送船3撃沈任務のついでに実施しようかなということで、昨日は1-5への出撃任務のみの実施で…拡張海域のゲージ破壊や新春任務も終わりましたし、のんびりいきましょう(正直に言うと、新年の忙しい時期に先日まで無理をして疲れました/何)

運営電文によると今月は駆逐艦と軽巡洋艦、来月には戦艦の改二仕様が実装されるといいますけれど、一体どなたになるでしょうか。
まだまだ候補が多すぎてどなたになるか全く解りませんけれど、楽しみにしておきましょう。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は通路を走っていたところその先で催眠攻撃をしてくる敵が待ち受けており一気にお二人が催眠状態に陥った上に通路を走る状態は行き止まりになるまで止まらないため状態異常を回復できず、アイテムを2つも投げ捨てられることに…幸い捨てられたアイテムは重要でないものだったのですけれど、今後は通路を走ることも許されない模様…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年09月16日

がんばったね磯波ちゃん!

先日はこの様なものが届きました。
-----
ゲームも…
○FLOWERS(冬編)
○FLOWERS ORIGINAL SOUNDTRACK (冬編)
○朝潮型の満潮ちゃんはガチ!!
○がんばったね磯波ちゃん!
○PureReplay
-----
…一番上はPCゲーム、その下はCD、その他は同人誌となります。

ゲームのほうは以前秋編をしていたりと一連で購入をしている百合なシリーズ作品の第4作、そしてこれで完結となります。
特典として例の如くドラマCDがついてきたほか、マユリさんのアクリルキーホルダーもついてきました。
百合なゲームは以前している『ことのはアムリラート』に以前している『全ての恋に、花束を。』と非常によい作品が連続でプレイできていますので、これもそれに連なってくださるはず…と期待したいものです。
…百合な作品といえば、以前ゲームをしている『りりくる』に何か新しい動きがみられるっぽいのですけれど…期待していいのです?

CDのほうはその作品のサントラとなります。

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○朝潮型の満潮ちゃんはガチ!!《【歪な果実】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をしました、9月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、文月さんのことが好きで仕方のない満潮さんを描いたお話、となるでしょうか。
お二人は同時期に鎮守府へやってきたらしいのですけれど、ともかく満潮さんが文月さんのことが好きすぎでよく鼻血を出してしまっています…ややおバカで楽しい作品です。

○がんばったね磯波ちゃん!《【歪な果実】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも『艦これ』の二次創作作品となり、上の作品と同じサークルさまの作品ということで購入をしました、4月2日に出たらしいものとなります。
内容としましては、自分に自信を持てない様子の磯波さんを描いたお話…。
けれど磯波さんは人知れずかなり頑張っていて、それを見ていた皆さんが彼女を労わってくださるという、微笑ましくよいもの…ちなみにこの鎮守府の提督は過去に何かあったらしくあきつ丸さんが影武者になっています?(何)

○PureReplay《【ティラピア軍団】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『フリップフラッパーズ』の二次創作作品となり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしました、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、アニメ本編終了後の皆さんを描いたお話…。
お話はヤヤカさんが中心となっていて、彼女もとても微笑ましいかたですのでお話も楽しくよいもの…そこはかとなく百合的にも感じられます?

ということで、同人誌は数が少ないけれど精鋭だから(何)楽しくよきものでした。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックも…
○はるかなレシーブ(4)
○ちょっといっぱい!(2)
○サクラクエスト(3)
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(18)
○月が綺麗ですね(3)
○デミライフ!(2)
○ブラックリリィと白百合ちゃん(2)
○将来的に死んでくれ(2)
○放課後アサルト×ガールズ(4)
○白雪姫と黒タイツ(1)
○パルフェ おねロリ百合アンソロジー
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『はるかなレシーブ』から『サクラクエスト』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものは全て4コマでも大判サイズでもないものとなります。

『艦これ』アンソロジーから『放課後アサルト×ガールズ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『デミライフ!』はこの巻で最終巻となる模様です。
また、『月が綺麗ですね』は特装版となっておりドラマCDと小冊子がついてきました。

その他の作品群、『白雪姫と黒タイツ』は百合が期待できると教えていただいたことから、『パルフェ』は百合が期待できそうなことからそれぞれ購入をしたものとなります。

先日までに未読な作品もかなり消化できほぼ溜まってませんし、今回購入をしたものたちを優先して月末までに読んでいけばよいかなというところ…何を最優先するかはなかなか気になる作品が多くて迷うところですけれど、『はるかな』『艦これ』『月が綺麗ですね』『デミライフ!』あたりから気分で選択していきます?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm3連装砲、35cm連装砲、水偵、零戦21型
-----
【大型艦建造最低値】
山城さん
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成・ろ号作戦も達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【6-2サラトガさん任務】
(サラトガさん・アイオワさん・ザラさん・由良さん・五月雨さん・照月さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→第2戦(リ級さん改編成)・敵全滅→ボス戦・照月さん中破敵全滅
-----
…大型艦建造最低値がこの数日山城さんばかりなのですが…。

この数日南西諸島任務がどうしようもないレベルで大荒れの連続になっていたわけですけれど、昨日はそれがその前任務である輸送船撃沈任務にまで波及、人の心をずたずたに折れ果てさせようとしてきます。
ただ、その任務の果てにろ号作戦も終了しましたので、これで今週はもう南西諸島任務はしないことにしました。

そしてサラトガさんの近代化改修が完了しましたので、彼女の出撃任務のうちひとまずすぐに実施可能な6-2への出撃任務を行ってみることにしました…こういう場合戦艦枠は普段はリットリオ(イタリア)さんにしているのですけれど、今回はアメリカ空母が旗艦ということになりますのでアメリカ戦艦にしておきました。
こちらは問題の第2戦でヲ級さん改やル級さん改が出ることもあるながら今回はリ級さん改でしたり、ボス戦に空母がいなかったりし…
空母カットイン
…空母のこの様なカットインが発動したり、あるいはザラさんが無傷のル級さん改を一撃撃破したこともあり照月さん中破が唯一の損害と特に苦戦することなく敵の全滅に成功、任務50%以上達成状態にできました。
運営電文の空母カットインの説明を読む限り艦爆が必要そうでしたのでこうして混ぜましたけれど、ただ4-5の際には艦爆は外さなければ…港湾棲姫さんを空母が攻撃しなくなってしまいますから。

ただ…その任務、5-5へもサラトガさんを旗艦とし軽巡洋艦1駆逐艦2を含む編成での勝利が必要となっており、そんなのどうすればいいの、という状態です…。
ひとまず編成は今回の6-2を基本にザラさんを空母に代えるくらいでしょうけれど、さすがに決戦を含めた支援艦隊は必要ですよね、ね…ともかく今月は長門さんのついでに5-5のゲージを破壊してしまいましたので、もし実施するとしても来月以降、でしょうか。
…他の提督さんはこの様な任務も普通にこなしているのでしょうか…確かにランキングを見ると甲種勲章を11個持っているかたが多数いますし、私の様なそれを1つも持っていない存在とは実力が全然違うのでしょうけれど、それにしても実施できない任務がどんどん溜まるのはつらいです…(アメリカ軍機改修任務にしても、あれ、何個改修資材が必要なのか…他の提督さんはそんなにたくさん改修資材を持っているのでしょうか…)

あと、5-3で旗風さんを最優先にしてレベル上げをすることにしたのですけれど…
完全勝利
…こうなるとやはりよい気持ちになります?(何)


『FLOWERS』冬編はインストールのみし、『フレームアームズ・ガール』の迅雷さんを作りはじめた…のですが、はやくもニッパーが錆びついてきています…?
やはりコトブキニッパーではなく2000円程度のニッパーではダメだったのでしょうか(一応プラモデル用と書かれていたのですが)…それとも、私の部屋の環境が著しく悪くてどうしようもない、ということです…?

…鹿島さんのフィギュアを予約してしまいました…すでにお一人予約しているはず、なのに…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年09月08日

西村さん家の満潮ちゃん

先日はこの様なものが届きました。
-----
ドラマCDも…
○リナリアの花束
○ちびむらさん!!!!!!
○夏の卯月に悶える凛
○あんにならいふ(総集編)
○西村さん家の満潮ちゃん
○文月のほのぼの日記 〜夏休み編〜
○フレガの日
-----
…一番上は同人なドラマCD、その他は同人誌となります。

ドラマCDは8月26日に出たらしいものとなり、オリジナルで百合なものということで購入をしたものとなります。
内容としましてが、同級生な高校生お二人の関係を描いたもので、正統派でなかなか悪くないものといえるでしょう。
…友人があそこでああも自分に不利になる告白をしてしまったのはあれですけれど、気持ちが抑えられなかったのでしょう(何)

それでは、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、同人誌については全て夏のイベントにて出たらしいものとなります。

○ちびむらさん!!!!!!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前総集編を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、それら既刊同様に小さな卯月さんが凛さんと同居をされているお話で、他にも小さくなったかたがたが登場しますけれど、ともかくやはり微笑ましくよきものです。

○夏の卯月に悶える凛《【やまぶろ屋】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらはうづりんカップリングな作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り夏休みの間卯月さんと一緒に過ごす凛さんが悶々とされるお話…。
こちらはそのさまが微笑ましく、また百合的にもよい感じになっていく面白い作品となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『うづりんののファミリー』などを描かれたかたとなっています。

○あんにならいふ(総集編)《【ふうせんかずら】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★★》
こちらは気になりよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、仁奈さんが杏さんの家でお世話になったりする様子を描いたお話…。
タイトル通り過去にこちらのサークルさまが出された作品の総集編となっており、このお二人をメインとした作品といえば以前購入をしている『モフモフの世界』がありますけれど、こちらも非常に微笑ましくよきものでした。
…日誌のタイトルはこれにしようかどうしようか最後まで迷った末に下のものにしたのでした(何)

○西村さん家の満潮ちゃん《【いのべ〜と】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★★》
ここから二つは『艦これ』の二次創作作品となり、いずれも気になりよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り西村艦隊の満潮さんをメインとしたお話…。
こちらもまた基本的にはとても微笑ましく満潮さんが非常にかわいらしく、それでいてときには泣かせる展開になっていたりととてもよいもの…このシリーズ、過去に総集編が出ている様子なのですけれど品切れで購入できないのが残念…。

○文月のほのぼの日記 〜夏休み編〜《【ちまえま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通り文月さんたちの夏休みなどの様子を描いたお話…。
メインは文月さんと皐月さんと菊月さんの三人で、この三人の微笑ましく楽しい日常を描いたもの…やはり睦月型はよいものです。

○フレガの日《【マズルン】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『フレームアームズ・ガール』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしたものとなります。
内容としましては、あおさんと皆さんの賑々しい日常を描いたもの、となるでしょうか。
少々パンツ要素が多めでしたり、例の姉妹によりスティレットさんがかなりひどい目にあってしまうお話もありますけれど、概ねは楽しくよいものでしたかと思います。

ということで、今回の同人誌はどれも非常に微笑ましくかなり満足…『西村さん家』シリーズの総集編がほしい…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、10cm連装高角砲、失敗
-----
【大型艦建造最低値】
伊勢さん
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成任務達成
-----
【2-4季間任務(1回達成済)】
○1回め:初戦・完全勝利→分岐北西行き終了
○2回め:初戦・完全勝利→分岐北東→第2戦・完全勝利→第3戦・敵全滅→ボス戦・完全勝利
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:2
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:4(ヲ級さん編成:1)
-----
…2-4の任務については、先日とあわせて4回の出撃で完了とできましたので順調に推移したほう、といえます。
はっきり言うとこの任務が定期任務最大の難関でしたので、それがあまりひどいことにならずに終わって一安心です。

2-2のほうは、本当に高速建造材という完全無意味な場所行きはやめてください…そして今週も輸送船撃沈数が危うく、日曜日までろ号作戦達成はかかってしまいそうな雰囲気が…。


『全ての恋に、花束を。』はアリサさんルートへ…やはり選択肢は最後に出てくる三択だけでルートが決まるという解りやすいものになっている様子です。
こちらのルートはアリサさんの元になったデザイナーさんのルートといってよい展開になっていくという少し予想外の、けれどアリサさんというキャラクターを思うと解る展開になっていきます。
そのためアリサさん自身とのお話がかなり少なくなっているというさみしさはあるのですけれど、最後は非常にきれいでよい展開になってくださったのでよしとしましょう…この終わりかた、相当私の好みで大好きかも…。
…けれど隣人のイザベルさんは一体何者…ただの少々変わり者ながら愉快な男性かと思いきや、完全に超人なのですが…(1周めでは彼が家族認定される終わりかたになっていましたけれど、今回は明確にそうなったという文言はありませんでしたっけ…でも普通にのあさんたちと話していそうな雰囲気ですのでこの周でも家族認定されたと思われます?)

それと並行してはじめたことは…
本体は完成…
…轟雷さんの本体が完成、Figmaの様な趣がありますけれど、自分で作るというのもなかなかに楽しいものです。
ただ、武装もついていてそちらのほうが複雑そうですので、完全な完成まではまだ少々時間がかかりそう、でもこのペースならDVD第3巻が届くまでにスティレットさんも含め作り上げることはできそう、かも?(それまでに作らないとまたお一人増える…/何)
…武装とは関係なさそうな部品も少し余っているのですけれど、パーツをよく見ると「アーキテクト」とか「マテリア」とか「イノセンティア」とか書かれているものがあり、他のキャラクターの部品を一部流用しています?(イノセンティア、というかたは知らないのですが…)

その他、ゲームといえば以前購入しているものの百合でない年齢制限あり描写があるっぽいので回避していた『カタハネ』がヴィータさんで出るっぽい?
ヴィータさんでしたら年齢制限あり描写自体が削除されるはずですので、やってみていいかも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年08月26日

君に逢えて良かった

先日はこの様なものが届きました。
----
こちらは同人ではない…
○フレームアームズ・ガール(2)
○ことのはアムリラート
-----
…こちらは下で触れるものたちとは違い同人ではないものとなり、上はDVD(といってもblu-rayですけれども)、下はゲームとなります。

DVDは一連で予約をしているアニメとなります。
今回もプラモデルが特典としてついてきて、今回はスティレットさん…つ、作る時間がない…(何)
…そしてなぜか昨日『ひなこのーと』『バンドリ』のDVDが発送された模様…どうしてこれと一緒に発送されなかったのです…。

ゲームは百合な作品ということで購入をしたものとなります。
限定版ということでドラマCDと主題歌CDにサントラCD、設定資料集がついてきました。


また、その様な先日はこちらも届いていましたので…。
-----
こちらは同人な…
○全ての恋に、花束を。
○赫灼のレジスト
○シーズンシアターシアトリカル(2)
○ゆめのロワイヤル(2)
○睦月型のほんとのチカラっ!(11)
○睦月型のにゃんこのチカラっ!(2)
○はるにゃさん(改二甲)
○妖精たちのまとめ本(2)
○妖精葛城隊 〜ワレ カツラギ カンサイキタイ〜
○いつものお出かけ
○カンムス・ア・ゴーゴー 総集編+α(2)
○艦×パン!
○ちいさな鎮守府のちま大鯨さん
○君に逢えて良かった アイドルマスターシンデレラガールズ 渋谷凛×島村卯月 合同誌
○Cherish papillonうづりん再録集
○モフモフの世界 苺ソーダ式総集編
○PN52
○PI-15
○Etoile 番外編 月と世界とエトワール 総集編
○あいた〜ん(1〜4まとめ)
-----
…こちらは上の2作品とは違い同人なアイテムたちとなり、一番上はゲーム、その下1つはCD、その他は同人誌となり、全て夏のイベントにて出たらしいものとなります。

ゲームのほうは百合な作品ということで購入をした、オリジナルなものとなります。
CDはおなじみとなっているサークル【キネマ106】さまの『艦これ』のボーカルCDとなります…さっそく聴いてみましたけれどもやはりよいものです。

では、同人誌に関しては以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思いますけれど、『シーズンシアターシアトリカル』『ゆめのロワイヤル』はコミックサイズなものとなりますので後日普通の単行本として扱おうと思います…正確にいえば表紙カバーがついているのは『ゆめのロワイヤル』だけでしかも両者とも厚さはそうないのですけれど、どちらも第1巻が普通の単行本として出ているものということでそういう扱いとすることにしました(実のところ『Cherish』『Etoile』のほうがそれら2作よりも分厚く単行本扱いにしてよい厚さではあるのですけれど、迷った結果普通の同人誌扱いにすることに…/何)
その他、『艦×パン!』にはクリアファイルがついてきました。
…今日あたり今月末の単行本を購入してくるつもりですので、『シーズンシアターシアトリカル』『ゆめのロワイヤル』を読むのは当分先になりそうかも?

○睦月型のほんとのチカラっ!(11)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
ここからしばらくは『艦隊これくしょん』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は「怖い」がテーマになっており、皆さんが何かを怖がったりするお話が収録…こちらはもうこれだけ巻数を重ねていることもありよい意味で安定して微笑ましいものとなっています。

○睦月型のにゃんこのチカラっ!(2)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊睦月型の皆さんがそれぞれお一人ずつ猫さんになって日常を過ごす話…。
こちらもやはりかわいく微笑ましいもの…多くを語る必要はないでしょう(何)

○はるにゃさん(改二甲)《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さくて猫の耳や尻尾のある榛名さんと周囲の皆さんの日常を描いたお話…。
今回は榛名さんがお一人で出撃してしまい、港湾棲姫さんに遭遇してしまうというもの…港湾棲姫さんや北方棲姫さんがお相手ですので大変なことにはならず微笑ましいお話となっています。

○妖精たちのまとめ本(2)《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された作品の再録集となります。
といっても収録作品はこれまで読んだことのないものがほとんどで、またやはり妖精さんたちの奮闘ぶりがよい作品となっています。

○妖精葛城隊 〜ワレ カツラギ カンサイキタイ〜《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらも上のサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り葛城さんの艦載機の妖精さんたちを描いたお話…。
葛城さんはかの坊ノ岬沖海戦の際に囮となって出撃する案があったらしく、それをもとにしたお話…やはり妖精さんたちの戦いぶりが厚く、また葛城さんとの関係もよいものです。

○いつものお出かけ《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に赤城さんたち4人の日常を描いたもの…。
今回は赤城さんたちが異世界へ飛ばされたりするお話…そういえば最近妙に『サモンナイト』無印の様な異世界を舞台にした作品が多いっぽいのですけれど、はやっているのでしょうか…?(ともかくこちらはいつも通り楽しいものです)

○カンムス・ア・ゴーゴー 総集編+α(2)《【ポンコツ】さま/百合度評価:★★☆☆☆(1.5)/★★》
こちらは上で触れた『はるにゃさん』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様にタイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編に描き下ろしを加えたものとなります。
こちらはよい意味で相変わらずのシュールなギャグ作品になっていて、とてもおバカで楽しい4コマ…こちらのかた、最近またアンソロジーにカバー下ながら登場する様になり、今後も出てくださると嬉しいものです。

○艦×パン!《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは上で触れた『妖精さん』な作品の既刊とともに購入をしている『榛名日和』のサークルのかたの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、『艦これ』と『ガールズ&パンツァー』のかたがたが共存している世界のお話…ちなみに艦娘は巨大サイズになっています。
その皆さん入り混じっての楽しいコメディ作品になっていて、これはこれで悪くないものといえるでしょう…巻末にはやや百合的に高めかつおバカな西住姉妹のお話もあり…?

○ちいさな鎮守府のちま大鯨さん《【Magicaltale】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、大鯨さんが出撃をされようとするお話…。
その初出撃で迷子になった彼女は、北方棲姫さんと遭遇し…こちらは絵本形式な作品となっておりかわいく微笑ましいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ようせいさんとちいさなねこ』を出されたかたとなっていました。

○君に逢えて良かった アイドルマスターシンデレラガールズ 渋谷凛×島村卯月 合同誌《【まじひま】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしている『しまむらさんと3びきのわんわんお』などを出されているサークルさまの主宰する、タイトル通りのものということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ということでタイトル通り卯月さんと凛さんカップリングな合同誌となり、かなりの人数のかたが参加しているものとなります。
それだけのボリュームのもので全てうづりんカップリングなものということで、これは非常に素晴らしい…やはりうづりんはよいものです。

○Cherish papillonうづりん再録集《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしている『ハツコイシンドローム』などを出されたサークルさまの作品、ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
そしてタイトル通りうづりんカップリングなもののまとめとなっており、こちらの卯月さんと凛さんも非常によい関係でとっても満足…。

○モフモフの世界 苺ソーダ式総集編《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしている『ウサギのおはなし』などを出されたサークルさまの作品、ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
こちらのサークルさまの杏さんと仁奈さんのお話は非常に微笑ましくまた泣けるものもあったりと、やはりとてもよいもの…描き下ろしなものも収録されています。

○PN52《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、なのはさんとヴィータさんがゲームで対戦したりするお話…。
なのはさんと普通に仲良くなっていることに違和感を覚えたヴィータさんが勝負を挑むのですが…こちらはオチといいよい意味で相変わらずなものといえますけれど、まえがきにある劇場版が気になる…。

○PI-15《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上で触れた『PN51』とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
例によって実際のゲーム中でのイベントをモチーフにしたお話になっている様子で私には解らない面もあるものの、お話の微笑ましさは十分解るので十分なのでした(何)

○Etoile 番外編 月と世界とエトワール 総集編《【CHS】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここかはらオリジナルなものとなり、こちらは以前などに既刊にあたる作品を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
こちらは以前読んでいる『月と世界とエトワール』の番外編なわけで、かなり正統派な百合作品ですのでこうして番外編が読めるのは嬉しいものなのでした。

○あいた〜ん(1〜4まとめ)《【山猫BOX】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された第4巻までの同人誌の総集編となります。
お話は田舎暮らしの女の子と東京からきた女の子の日常を描いたお話…ゆったりした悪くないお話で、同人誌購入制限のため正規ナンバリングは購入しなくなりそうながら、また総集編が出たら購入をしましょう。

同人誌については、かなり厳しい購入制限をかけたためにオリジナルなものは総集編的なもの以外何も購入しない、という事態に…オリジナルな百合作品を楽しめないのは残念ですけれど、それだけに百合姫コミックスの同人誌再録単行本に期待したいところです?
今回購入をしたものたち自体はどれもかなりレベルの高いものとなっていて大満足…やはりうづりんはよいもので、『シンデレラガールズ』関連の3作品はどれももう素晴らしすぎて言うことがありません。
ゲームについて、昨日は時間がなくて手が付けられませんでしたけれど、百合なノベル系ゲームが2作品同時に届いてしまうとは、はやく届いたほうからする予定でしたので非常に困ったことに…同人でない『ことのはアムリラート』からやってみます、か?


そして昨日は上で触れた『フレームアームズ・ガール』のDVD第2巻も観てみました。

第4話の前半は『迅雷参上!』ということで、ある日突然新たなフレームアームズ・ガールな迅雷さんがあおさんの部屋の窓からカーテンを破って現れるお話…。
戦国武将に憧れ眼帯をしている、性格も勇ましいものの猪突猛進なところのある、戦闘スタイルは武将というより忍者なスタイルの彼女ですけれど、早々に轟雷さんとのバトルを要求、夏休みの予定を立てていたあおさんは乗り気ではないものの押し切られるかたちでバトルが開始されることになりました。
戦闘空間でのバトルは轟雷さんの新兵器の暴発により彼女の勝利に終わったのですけれど、当初はデータ収集、そのうちに勝利にこだわる様になった迅雷さんはさらなるバトルを要求、戦闘空間の外でのバトルが行われることになりました。
フレームアームズ・ガールの兵装は戦闘空間の外でも使用可能ではあるものの出力は大幅に低下する模様…ただ勝負は兵器ではなく相撲にて行われることになり、でもそれでも轟雷さんが勝利、何気に轟雷さんはこれまで負けたことがなく、このあたりではそれを意識しはじめています?
もちろん(?)迅雷さんもそのままあおさんの部屋に居座ることになったのでした。

第4話の後半は『お部屋づくりは楽しいな』ということで、人数が増えたフレームアームズ・ガールのかたがたが部屋を荒らしまわるために業を煮やしたあおさんが部屋を片付けさせるとともに、6つに分かれた棚を与えそこに彼女たちの部屋を作らせることにしました。
それぞれ思い思いに、個性の出た部屋を作っていきますけれど、バーゼラルドさんの部屋へ対するマテリア姉妹の行動はひどいかも…彼女たちがひどいといえば、彼女たちの部屋はドールハウスのものを通信販売で購入したのですけれど、そのお金はあおさんのこれまでのフレームアームズ・ガールのバトルにより得られたお金全てにより支払われた模様で、さすがのあおさんも理性が吹き飛んでしまいました。
…6つに分かれた棚、ということで左上が空いており、あおさんはこれをフラグと感じて、そして実際…(何)

第5話の前半は『アーキテクト・起動』ということで、轟雷さんと迅雷さんが戦闘空間でバトルをしていると、突如その空間に第三者が出現するお話…。
突然現れた新たなフレームアームズ・ガールはアーキテクトさんといい、マテリア姉妹の次に作られたという、データ上のみしか存在しないというプログラム…彼女がお二人相手にバトルを申し入れてきて、お二人で共闘することになりました。
データと戦闘プログラムを駆使して戦うアーキテクトさんにお二人は苦戦するものの、お二人で力を合わせた結果彼女の撃破に成功、これまで負けたことのないっぽいアーキテクトさんはシステムエラーを起こしかけますけれど、轟雷さんの友情の力で何とか正気を取り戻します。
ただ、彼女はデータのみの存在であり、戦闘データは蓄積されるものの記憶はこの場を去るとともに消えるといい、轟雷さんたちはそれを惜しみつつ別れます…が、データのみと思われた彼女の実機があおさんの部屋に送られてきて、彼女もまた一緒に暮らすことになったのでした。

第5話の後半は『おつかいレース』ということで、円形掃除機が皆さんの乗り物になった中、酢豚を作っていたあおさんが酢を切らしていたことに気づき、皆さんが自主的にお使いをすることになります。
そのお使いをレースで競うことになり、掃除機に乗った轟雷さんと迅雷さん、空を飛べるスティレットさんとバーゼラルドさん、ドローンを強奪していたマテリア姉妹、そして単独行動を申し出たアーキテクトさんの4つのチームに分かれることになりました。
ところがアーキテクトさん以外のチームは全てトラブルに巻き込まれ、結局徒歩で向かったアーキテクトさんが酢を購入して帰宅、でも…?

第6話の前半は『感じて花火大会』ということで、まずはアーキテクトさんの部屋作りから…皆さんが色々ものを持ち寄り明らかに適当な感じでつくられたものの、アーキテクトさんは満足している模様…?
その間にあおさんは浴衣に着替えて花火大会へ出かける準備をしていたのですけれど、下着を身に着けていることを知った迅雷さんがそれを見とがめ、下着を切り落とした上、その混乱を楽しむマテリア姉妹やバーゼラルドさんにより棚も接着剤により封印され、あおさんは絶望に陥ってしまいます。
皆さんで夏の思い出にしようと花火大会を楽しみにしていたあおさんは落胆、それを見た皆さんもさすがに心が痛みますけれど、大家さんから食べ物をもらって屋上を開放してもらってあおさんはあっさり機嫌を直し、皆さん一緒に屋上で花火を楽しむのでした。

第6話の後半は『学校に行こう2』ということで、夏休み最後の日、あおさんは武希子さんの部屋で宿題合宿をすることに…。
ところが学校に課題のノートを忘れていたことに気付き、皆さんに取りに行ってもらえないかとお願い…暗いところなどが苦手らしいスティレットさんは乗り気ではありませんでしたけれど、結局向かうことに…。
この際マテリア姉妹とバーゼラルドさんは留守番をすると言って残ったのですけれど、実は学校に先行し皆さんを怖がらせるための罠を仕掛けていました。
ところが、この学校には本当の怪奇現象である欠けたニッパーがおり、三人はそれにやられた模様…でもそのニッパーはいい妖怪(?)で轟雷さんの切り忘れていたパーツを切ってくれて満足した模様…?
…ニッパーを持ち帰る皆さんを見守る元の持ち主の幻がいましたけれど、あれって別に死んで幽霊になったわけではないですよね、ね?(何)

ということで何やら『艦これ』の長門さんや那智さんな雰囲気もある迅雷さんに轟雷さん以上に感情に乏しいアーキテクトさんといった新しいかたが登場しましたけれど、いずれもよいかたがたです。
一方でマテリア姉妹の横暴がやや目につきましたけれど、でも第6話の最後で一応バーゼラルドさんともども制裁を受けたのでまずは…?
そのフレームアームズ・ガールの皆さんがやはり微笑ましく、またあおさんが何ともいえず面白いかたでこちらもまたとてもよく、観ていて本当に純粋に楽しい気持ちで観ていられるよき作品です…続きも楽しみにしたいものです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、46cm3連装砲、水偵、失敗
-----
【大型艦建造最低値】
榛名さん
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務失敗
○潜水艦隊2-3:分岐東進→分岐南下任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:2
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:5(5連続:1・ヲ級さん編成:2)
○損害:中破1
-----
…南西諸島任務は輸送船エリアへ2回飛ばされたのちに5連続でボスへ進行というかなり順調な結果を得ました。
ろ号作戦も80%以上達成となっており、今日の輸送船3撃沈任務でそちらも達成となった場合は今日と明日の南西諸島任務はお休みにしようと思います。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年08月21日

コイノキズナ

先日はこの様なものが届きました。
-----
本隊はいつ…?
○コイノキズナ
○ガレット(3)
-----
…こちらはどちらも同人誌となりますので以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れますけれど、2冊しかないこれら、それぞれ全く別ルートで届いたものになっています。
前者はおなじみのメロンブックス通販で予約をしていた夏のイベントのアイテムなわけですけれど、同人誌を控えるとはいっても1冊しか予約をしていないはずはなく、本隊ともいえるものは別枠で予約をしてあり、けれど例によって多めな数の中の何かが委託開始遅れなどにより足を引っ張っていていまだ発送の気配すら見られないという状態…今回の1冊のみはそれらとは予約タイミングが遅れたため結果的にはやく届くという皮肉な結果となり、本隊到着は今月中に届けばまだいいかな、という気持ちで気長に待つしかない模様…。
後者はその夏のイベントから1週間後の昨日あったイベントで頒布開始されたもので、予約をしなくても届くシステムになっているのでこうして届きました。

○コイノキズナ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前既刊にあたる『コイノアラシ』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊で卯月さんと凛さんがデートをしているシーンを撮られてしまった、その写真が流出してしまった件の顛末…。
卯月さんのお相手が凛さんだとは知られず、また大ごとにもならなかったのですけれど、卯月さんは1ヶ月謹慎することになってその間は凛さんなどにもお会いできないことになり…お二人の関係がやはりとてもよく、そしてまだ続いてくださる様子が見られ、続きも楽しみにしたいものです。

○ガレット(3)《【ガレットワークス】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★★》
こちらはオリジナルなものとなり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に百合なアンソロジーとなり、やはり同人誌というよりも普通の雑誌といった趣のもの…特典として小冊子やQUOカード、次回予告がついてきました。
収録作品についてはもう細かく触れる必要はないかと思われる、参加されているかたがたも内容もかなり高いレベルで安定した、かなり正統派の百合作品が多数収録…連載作品が半数以上になってきている印象も受けますけれど、それはつまり今後も長く続けてくださる気持ちがあるということになりますのでそれはそれでよいことです(いえ、中には連載作品があるのに平気でフェードアウトしたアンソロジーも存在しますが…/何)
次号は11月23日発売予定となっており、引き続き期待をしたいものです。

ということで、夏のイベントのアイテムについてはしっかり予約はしているものの、その中の何かが引っかかってしまっていて発送されません…今月中に届けばいいかも、という長い気持ちで待つしかなさそう…(こうなることは解り切っていますので、よほど楽しみ過ぎるものは単体で予約をしたほうが安全かも?)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、4連装魚雷、失敗、零戦21型
-----
【大型艦建造最低値】
比叡さん
-----
【輸送船3撃沈任務】
○潜水艦隊2-3:分岐東進→分岐南下→南下2戦ルート到達・輸送船空母両方任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…輸送船3撃沈任務について、昨日は空母3撃沈任務も発動していたためまずは後者も兼ねて2-3への潜水艦隊で実施…うまく2戦ルートに乗れたため両方を1回の出撃で完了できました。

今日は各種週間任務が出現しますけれど、い号作戦は1-4でのみ実施して南西諸島任務は放棄しようかな、と…いえ、ろ号作戦が発動していませんから…。


『スパロボV』の2周めは最終話、アベルト・デスラー座乗艦に多少の損害を与えるとアンドロイドなアールフォルツ司令が出現、システム・ネバンリンナ発動のために3000年前からガーディム第8艦隊司令の本来のアールフォルツ司令を召喚、そのアールフォルツ司令によりアンドロイドなほうは処分されてしまいます。
そしてアールフォルツ司令はシステム・ネバンリンナなど不要と自らの艦隊で地球を制圧しようと戦いを仕掛けてきて…この展開は1周め同様ながら、今回はそこにアベルト・デスラーもいるという違いがあります。
アールフォルツ司令の傲慢さにはさすがのアベルト・デスラーも呆れ果てていた様子…一方のアールフォルツ司令も3000年前に反映していたガーディムのあった大マゼランに現在居座っているガミラスによい感情はなく、三つ巴の戦いになることになりました。

次の勝利条件はアベルト・デスラー、アールフォルツ司令の撃破…これを達成するとひどいことになることがすでに威力偵察(?)によりはっきりしていますので、まずは引き続きそれら以外の敵を倒していきます。
昨日はあまり時間がなかったこともありそこまで…そのひどいことに備え、その両者のどちらか片方まで敵を減らした時点で味方を有利な位置に移動させたのちに撃破、という流れがよさそうかもしれません?
posted by 桜乃 彩葉 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年07月10日

うづりんののファミリー

先日はこの様なものが届きました。
-----
うづりんな…
○ブレイブウィッチーズ(5)
○しまむらさんと3びきのわんわんお
○うづりんののファミリー
○いつの間にか主導権を握られている!
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほうは過去に既刊が届いており一連で予約をしているアニメとなります。
特典として小さめのタペストリーがついてきました。

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届いたものは全て『シンデレラガールズ』の二次創作かつ6月25日に出たらしいものとなります。

○しまむらさんと3びきのわんわんお《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、卯月さんと彼女が飼っている3匹の犬のお話…。
けれど、その犬というのがトライアド・プリムスの三人が犬になっている、以前読んでいて以前アニメを観ている『にゃんこデイズ』の犬版、といった趣な作品となっており、ですので微笑ましいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『こんにちは はじめまして』などを描かれたかたとなっています。

○うづりんののファミリー《【やまぶろ屋】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらの内容としましては、卯月さんと凛さんが結婚をしておりなおかつ子供に乃々さんがいる、というお話…。
その様な皆さんの日常を描いたお話となっており、むしろ乃々さんのかわいらしさをメインにしている趣も見られますけれど、それはそれでよく、また卯月さんと凛さんの関係もいうまでもなくよいものでよきものです。

○いつの間にか主導権を握られている!《【やまぶろ屋】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらの内容としましては、お付き合いをしている卯月さんと凛さんのお話…。
タイトル通り主導権が卯月さんに握られており、凛さんはそれも悪くないかもと感じつつも…こちらは1ページめに色々諸注意がありまさにその様な内容となっており、やや微妙なところも多いものの、お二人の関係性自体は…?
…こちらの作品は上の作品と同じサークルさまの作品となります。

同人誌は極力購入を控えよう、ということにしてはいるのですけれど、やはりうづりんの魅力には抗えません(何)
サークル【まじひま】のかたはうづりんな合同誌を企画しているとのことで、そちらも楽しみにしたいものです。


その様な昨日は上で触れた『ブレイブウィッチーズ』のDVD第5巻を観てみました。

第9話は『ブレイクウィッチーズ』ということで、ものをよく壊す隊員たちのお話…。
菅野さん、ニパさん、偽伯爵の三人は部隊の隊員の中でも特によくものを壊すということでブレイクウィッチーズの異名を持っており、ひかりさんはその様な一員にならない様にと注意をされます…ちなみに偽伯爵は先のお話の怪我がまだ治っておらず入院中です。
その様な中、前面火力の強力なネウロイが出現、新機体を得てちょっと調子に乗ってしまった菅野さんが突出してしまいますけれど、それが原因でサーシャさんが怪我をしてしまうことになってしまいました。
それで菅野さんは一時は落ち込んでしまうものの何とか立ち直り、再度そのネウロイを撃破する作戦が発動、後方に隙がありそうということでロスマンさんたちが前面で囮になっている間に菅野さんたちが後方から奇襲をかける戦法を採ります。
けれどそれを察知したネウロイは分離しコアの位置を解らなくしてしまい、ひかりさんが接触魔眼の使用を提案し隊長は許可をしますが、前衛を務めることになった菅野さんが先のサーシャさんのことを思い出したのかひどく弱気になり作戦を中止しよとします。
それに対しひかりさんが菅野さんを叱咤することになり、最終的に彼女の気持ちが届き菅野さんも吹っ切れ、接触魔眼の発動も成功し無事ネウロイを撃破…作戦が成功し、菅野さんはひかりさんのことをつい相棒だと呼んでしまうのですけれど…?
けれど直後ひかりさんと菅野さん、さらにニパさんのストライカーユニットも壊れてしまい三人とも落下…これでひかりさんもブレイクウィッチーズの一員になってしまうのでした。
一方、扶桑皇国ではどこかで見覚えのあるウィッチの治療によりひかりさんの姉である孝美さんが3ヶ月振りに意識を取り戻す場面が見られて…?

第10話は『姉と妹と。』ということで、ネウロイの巣であるグリゴーリ殲滅のためのフレイヤー作戦が立案されます。
こちらは純粋な火力でネウロイを撃破したうえで空になったネウロイの巣のコアを魔眼持ちのウィッチの力で特定し列車砲にて破壊するという作戦となります…本来は1ヶ月程度の作戦準備期間があったもののグリゴーリが移動を開始したということで7日程度の準備期間とされてしまいます。
この魔眼能力保持者について、説明を受けた皆さんはてっきりひかりさんのことかと思い、説明に赴いたマンシュタイン元帥に抗議をするのですけれど、実はそうではなく…怪我から復帰した孝美さんが基地へやってきて、彼女がその作戦に赴くといいます。
ひかりさんは当然姉の復帰を喜びますけれど、けれど孝美さんはやや冷たい様子でひかりさんに対し元々の辞令にあった後方部隊に移動する様にと言ってきます。
その冷たい態度や言われたことにショックを受けるひかりさんですけれど、孝美さんとしてはひかりさんにこの様な危険な場所で危険な任務をしてもらいたくはなく、けれどそれを直接伝えても諦める様な性格ではないためあえて冷たく言っている様子…隊長の言うとおり、姉妹ともども不器用といえます。
結局その様な態度をされてもひかりさんは部隊残留を諦めず、そのとき先に偽伯爵が撃破したネウロイが再生し出現し補給路を脅かしてしまって再度の撃破の必要性がでてきたわけですけれど、隊長はそのネウロイのコアを先に発見し撃破に繋げたほうを部隊に残し負けたほうは後方に送るという決定を下します。
その現れたネウロイはやっぱり偽伯爵のストライカーユニットを取り込んでいましたけれど、それは先のネウロイと同じ個体だと認識させる以上の意味はなかった様子…そのネウロイが再生したのはコアの中にコアがあるという反則的な能力を持っていたからの様子…。
ひかりさんも善戦するものの、わずかの差で孝美さんのほうが先にコアを発見し撃破に繋げた様子…ネウロイ撃破後、最後の一撃がひかりさんに命中してしまったりもしましたが、偽伯爵のときにもありましたっけ、それ…。
ということで、ひかりさんは部隊を去ることになってしまいました。
…戦闘中、皆さんひかりさんの応援をしていて、一緒にいた時間の長さなどからしてこうなるのは当然ながら、これ、孝美さんが某機動戦士の某少尉でしたら「みんなグルかよ…」と闇に堕ちかねないものでしたかも…(何)

今回はひかりさんが菅野さんにも完全に認められたかと思いきや慕っていた姉により結果的に部隊を追放されることになるという落差の非常に激しい展開となってしまいました。
主人公が追放されたら(主人公が孝美さんに変更でもされない限り)お話が終わってしまいますので今後何らかの展開があるのでしょうけれど、そこは大人しく今後の展開を見守ることにしましょう。
残りは2話ということで、グリゴーリは撃破できるでしょうけれど、果たしてどの様な展開になるのか…最後まで見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、46cm3連装砲、失敗、流星改
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成・ろ号作戦完了
-----
【水上反撃任務(2-5)】
○1回め:初戦夕立さん大破敵全滅終了
○2回め:初戦朝潮さん霞さん大破敵全滅終了
○3回め:初戦完全勝利→夜戦完全勝利→ボス戦同航戦・夜戦完全勝利任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(2連続:1)
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:
○ボス到達:4(3連続:1・2連続逸れ:1・ヲ級さん編成:1)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○1回め:初戦から第3戦まで完全勝利→ボス戦完全勝利
○2回め:初戦から第3戦まで完全勝利→ボス戦完全勝利
○3回め:第2戦後通信エラー発生
○4回め:初戦から第3戦まで完全勝利→ボス戦完全勝利
-----
…ろ号作戦が南西諸島任務前に完了しましたので、残された最後の月間任務である2-5への水上反撃任務を、いつも通り五月雨さんを旗艦にザラさんと阿武隈さん、夕立さんと朝潮さんと霞さんで実施することとしました。
ところが初戦での大破が連発、一方でうまくいくときは3回めの出撃の様に夜戦も含め完全勝利になるのですが…その出撃ではボス戦でも昼戦で敵の攻撃が全て外れ、夜戦の結果完全勝利となり、その出撃だけ見ると損害なしの極めて順調な結果で任務達成となったのでした。
…終わってから思い出しましたけれど、そういえば由良さんに晴嵐や甲標的を載せて出撃してみてもよかったのですか…。

2-2での南西諸島任務は2日連続でストレートクリアというよい意味での異常事態が続いていたのですけれど、昨日ははじめの出撃からボス前での南下を引き起こされその僥倖も早々に終了、恐れていた反動が引き起こされていくことになりつつも任務自体は何とか完了まで持っていけました。
また、先日の4回ほどではないもののヲ級さん編成はやはり出現、こういうことは今日してもらいたいものですけれども…?

ろ号作戦が完了したということで1-5への3回出撃任務が発動、こちらは昨日中にしておかなければ任務消滅となりますのでいつもの皆さんで消化をしておきました。
こちらでは最低最悪の事象を引き起こされましたけれど、2-5の任務の際に引き起こされるよりはまだ…いえ、これを引き起こされること自体、最低最悪なわけですけれども…(特に無意味な疲労蓄積が追い打ちをかけてきて…)


『スパロボV』は2周め…さすが2周め、お金もTacPも強化パーツも潤沢なためさくさく進めることができます。
ただ、武器をフル改造しても思ったよりはダメージが大きくならず…やはりこれはパイロットの能力値も大きく影響している、ということでしょうか。

また、ストーリのほうはやはり最序盤から非常にハード…というより、これって最序盤がもっとも絶望感に満ちている様な気がしないこともなく…?
ヴァングレイのシステム99が非常にそっけないのもあの尊大なガーディム由来のシステムであるということで納得ができます…でも出会いの時点で結構すみれさんとの関係が悪くない雰囲気が見られこれが後にナインさんに繋がっていくわけで、このあたりを見守っていくのも面白いものです。
…あと気になったのは、結局ガミラスというのは純粋な領土拡張のためだけに地球侵攻をしてきた、ということでしたっけ…うろ覚えな記憶では、オリジナル版では確か生存戦争でした様な気がして…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年06月04日

好きだ!!と伝えて!!

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌は今後控えます?
〇PN51
〇PI-14
〇いじわるしないで
〇好きだ!!と伝えて!!
〇みえないあなた
-----
…こちらは同人誌となりますので、以前購入をしたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

〇PN51《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、5月28日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊に続いてのインテリジェントデバイスについてのお話など…。
後半ではなのはさんが自分の得意なことについて悩むのですけれど、最後は結局…ともあれよい意味で相変わらず楽しい作品です。

〇PI-14《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上の作品と一緒に既刊を購入していることもあり購入をした、同日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
例によって実際のゲーム中でのイベントをモチーフにしたお話になっている様子ですけれど、やはり楽しい作品…蒼の会が気になるところです(何)

〇いじわるしないで《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
ここから下は全てオリジナルな作品かつ5月6日に出たらしいものとなります。
内容としましては、美人ながら性格の悪いクラスメイトのことを好きになってしまった女の子のお話…。
こちらは百合な正統派といえる流れのお話となっており、その意味でもよい作品です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ドキドキスキンシップ』などを描かれたサークルさまとなっていました。

〇好きだ!!と伝えて!!《【はこや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、お付き合いをすることになった幼馴染なお二人のお話…。
片方のかたがクールなのですけれどなかなか気持ちの伝わりづらいかたですのでお相手のかたがやきもきするところも…そういうところも微笑ましくよいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『CONTRAST』などを描かれたサークルさまとなっていました。

〇みえないあなた《【Chat Vert】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、2つの短編を収録したもの…。
片方は先輩と後輩さん、もう一方はクラスメイトなお二人のお話…どちらも百合な正統派といえるお話になっていて微笑ましくよいものでした。

と、同人誌についてなのですけれど、お金の状況がかなり悪いということもあり、今後は基本的に購入は控えることにし、よほど…もう本当によほど気になるもののみ購入、ということにしようかと思います。
過去に何度か控えようとしてはいましたけれど、今回はそれまでよりも断固たる態度を持ってそうしようかと…今回購入したものでいえばサークル【ぱるくす】さまのもののみは購入であとは控える、というかたちになるかと思います?
…よい百合作品に巡り合える機会が減少してしまいますけれど、こればかりはどうにもならないところで…?(今日あたり百合な同人イベントもあるっぽいのですけれど、そちらも基本的に静観ということになるかと…)


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいましたので…。
-----
数は少なくても精鋭だから…?
○晴れのちシンデレラmagical(2)
○ゆるゆり(15)
○けものフレンズ こみっくあんそろじー じゃぱりまん編
○私は君を泣かせたい(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。
本当は中旬に購入してこようかと思っていたのですけれど、一番下の作品が気になってしまって…?(何)

『晴れのちシンデレラ』『ゆるゆり』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ゆるゆり』は特装版ということで小冊子がついてきました。

その他の作品群、『けものフレンズ』アンソロジーは気になる作品のアンソロジーということで、『私は君を泣かせたい』は百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。

今回は数は少ないものの気になるものが多く、以前購入をしたものがまだ結構未読なのですけれど、それらとの兼ね合いをつけつつ読んでいきましょう。
とりあえず、まずは作者さまの気になる『私は君を泣かせたい』から読むことになりそう、です?
…『彼女中』という作品も帯にガールズラブと明記されていましたので購入しようかとも思ったのですけれど、どうも雰囲気があまりに暗そうで私には合わなさそうな雰囲気でしたので回避してしまいました…購入作品も多くて大変になってきましたし、上で触れたとおりお金も結構苦しいので、こういう理由で回避するのもありですよね、ね…?


『艦隊これくしょん』の開発は4連装魚雷、15cm単装砲、失敗、九七式艦攻となり、いつも通りとはいえあまりに無残な惨状…。
大型艦建造最低値は三隈さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ直行できけれどル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃も輸送船エリアへ直行でき、またル級さんが存在するもののその様なこととはかかわりなく任務達成となりました。

引き続いて南西諸島任務を実施、どうも今週はよくない周期に入っているっぽいこちら、昨日もまたはじめの出撃から4連続ではじめの分岐で北上させられる上に2回めの出撃ではやくも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされその周期から抜けられない雰囲気が強く漂い早々にげんなり…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリアへはボス前での南下の1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、おかしな場所行きが多めなもののそれでも最近にしては順調にいった部類に入ります?
また、ヲ級さん編成も連日多数出現している中で昨日も2回出現、昨日は空母撃沈任務が発動しておりそれは達成となったのですけれど、昨日は下で触れる通り別にも空母撃沈の機会がありましたので、あまり意味は…こういうことは月曜日にしてほしいものです?

拡張海域のゲージ破壊は終了、月間任務も最大の問題である5-1は完了しましたので、昨日は5-1ほどではないながらも羅針盤sんとの戦いの発生する1-4と4-2へのものを実施していきます。
まず1-4へ、阿武隈さんを旗艦に阿賀野さんと矢矧さん、秋月さんと舞風さんに山風さんの艦隊で出撃を実施します。
そのはじめの出撃、問題のはじめの分岐は見事に南下させられ、初戦は完全勝利、問題その2のそこの分岐は当然の様にあらぬ方向行き任務失敗…。
2回めの出撃、問題のはじめの分岐は中央ルートに乗れ初戦は完全勝利、そこの先の分岐は南下させられ第2戦は舞風さんが4の損害を受けつつ敵は全滅とし、ボス戦へ…第2戦に続いて舞風さんに攻撃が集中し小破に対しヲ級さん1が中破残存となりましたので、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
これでこちらの任務は完了、あらぬ方向行きが発生したのは残念でしたけれども2回で終わったので悪くはないといえます?

続いて4-2へ、日向さんを旗艦に赤城さんと飛龍さんと雲龍さん、秋月さんと不知火さんによる艦隊を編成し出撃をしていきます。
そのはじめの出撃、はじめの分岐は北上し完全勝利、第2戦は赤城さんが10の損害を受けつつ敵は全滅し、問題のそこの分岐は…ボス行きとでき、ボス戦は完全勝利としました。
これでこちらの任務は完了、こちらは一回で完了できましたのでよい結果です。

4-2の任務を完了すると代わって2-5への月間任務が出現、こちらは今日にでも実施しましょう。
さらに同時に2-4への季間任務まで出現、こちらは2-4のボスを2回撃破でしたはずで前回は羅針盤さんと20回近く戦わされた記憶のあるかなりつらい任務といえますけれど、色々と忙しい月曜日以外の日に少しずつ出撃をして達成できる様にしましょう。


『スパロボV』は第26話の続きから…あとは敵を全滅させるだけでしたので全滅させます。
すると鉄也さんが竜馬さんをどこかへ連れて行こうとするのですけれど、竜馬さんが拒否ししたためにお一人でどこかへ行ってしまいました…。
また、この戦いですでに触れたルーさんの他にサリアさんも50機撃墜に達しエースパイロットになりました…ボーナスは敵を撃墜することで得られるボーナスポイントがはじめからつく上に命中率と回避率10%upというかなり優秀なものとなっていました。

ともかく戦い終わり、エヴァンゲリオン2機はロンド・ベルで使っていくことになりました…NERVなる組織の司令の様子を見ていると、何か裏がありそうですが…?
また、ここで思い切って使っている全機体の改造度を6まで上げてしまいました…このためお金が1600にまで激減…(何)

マジンガーZの宿敵であるっぽいDr.ヘルというマッドサイエンティスト(?)が世界征服を狙っており、あしゅら男爵とブロッケン伯爵なるお二人を引き連れ計画を練っていましたけれど、先のNERV司令の台詞にもあった謎の組織っぽいものの名前がここでも出てきます?
ロンド・ベルの艦長クラスのかたがたの間でもちょっとよく解らない会話が交わされていましたけれど、普通のかたがたの間ではDr.ヘルがこんな荒れ果てた世界を征服して何をしようとしているのかというところから、アンジュさんたちは元の世界へ帰りたいかというお話になっていきます…ノーマ扱いされていたかたがたは帰れないならそれでも、というところながらアンジュさんは何か心残りがあるらしく…?

その様な折、敵が襲来…ナデシコが強制出撃であと2戦艦を出せますのでラー・カイラムとヤマトを出します(潜水艦はミノフスキークラフトを装備させても空を飛べませんでした…/何)
現れたのはあしゅら男爵という身体の左右で男女に別れた姿をした人物、第27話はかの者の率いる軍勢との戦いとなります。
あしゅら男爵を撃墜するとかの者とマジンガーZが一騎討ちをしようとするのですけれど、そこに鉄也さんが現れあしゅら男爵を逃したうえでマジンガーZと戦おうとし皆さん戸惑ってしまいます。
さらに、そのグレートマジンガーとの戦いの最中に真・ゲッターを持って隼人さんたちが現れ、竜馬さんはそれに乗ってグレートマジンガーと対峙をすることに…。
…あしゅら男爵の引き連れてきた石像はチュートリアルで出てきた敵でしたけれど攻撃が非常に鈍い動きで、それはもうリョーコさんに「鈍くせぇ攻撃だな」と言われても仕方ないとしか思えません(でもあの体当たり攻撃の射程が5、というのは非常に納得いかないかも…/何)

ところがここでさらにドラゴンまでもが出現、しかもドラゴンは謎の機体に乗る謎の人物に制御されている様子で、ドラゴンは人為的に操ることのできる生物だったというのでしょうか…。
このお話の勝利条件はあくまでグレートマジンガーの撃墜ですので、ドラゴンやその謎の機体はその前に全滅をさせておくことに…ドラゴンとその謎の機体は完全に想定外の出現(勝利条件が青くなったあとの出現)でしたけれど、かえってお金を多く得られたので嬉しかったかもしれません?
グレートマジンガーを撃墜すると、けれど鉄也さんはその真意を語ることなく去っていき、一方でまた謎の機体が出現、けれどアンジュさんのヴィルキスが謎の機動を発揮しそれを撃退、けれど謎の人物は何も説明することなく去ってしまいました。
また、この戦いでシーブック…キンケドゥさんの撃墜数が50に達しエースパイロットとなれたのですけれど、ボーナスが格闘系武器の射程upと、F91には全く合っておらずむしろクロスボーン・ガンダム向きなものとなっており、これは暗に彼をクロスボーン・ガンダムへ乗せろと言われている様な…?(やっぱりF91が大好きですのでこのまま使っていきたいですが…?)

戦い終わり、そのヴィルキスの機動とボソン・ジャンプを組み合わせることによりナデシコの世界へ戻れるかもしれない、というお話が出てきます…どうもナインさんの発案らしいのですけれど…?
昨日はここまででしたけれど、第27話は作中でも言われた通り色々なことが発生しすぎて気持ちがさらに高まってしまいました。
次はまた分岐シナリオとなっており、果たして何がどうなるのか、緊張して慎重に選びたいところ…また、ボーナスシナリオが2つ開放されましたので、まずはそちらをすることになるでしょうか。
…ところで、よく見るとアンジュさんの覚える精神コマンド枠が5つしかないのですが…サブパイロットならともかくメインのかたは彼女以外は全員6あるのですけれど、彼女は本当に5つしか覚えないのですか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年05月10日

森の動物ギルドにようこそ!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
予定よりはやく購入…
○スーパーロボット大戦V
-----
…こちらはヴィータさんなゲームとなり、とっても大好きなあのかたにお勧めしていただけたことから購入をしたものとなります。

以前している『A』や以前している『αU』などと同様な『スパロボ』シリーズですけれど、それら2作品よりもずっと新しい、今年出た作品…どれだけ映像面で進化しているのかなどどきどきです?
先日のアサミーナさんとかなさまの放送にて、今作の購入は週末あたりのコミック購入の際に一緒に、と書いたのですけれど、我慢できずに昨日購入してきてしまいました(何)

ただ、昨日は下で触れる諸々などで『艦これ』のイベント並に時間を使ってしまいましたので(何)今作には手をつけられず…今日からやってみます?


また、その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
ちょっと多いかも…
○ユリリィ
○こんにちは はじめまして
○ほろよいBirthday
○睦月型のほんとのチカラっ!(10)
○めんつゆごまだれかんたい
○社会人百合アンソロジー Rouge
○彼女のくちづけ 感染するリビドー(8) …友達と彼女…
○ふるえる(6)
○あいた〜ん(5)
○すきのいと(4)
○元ヤン我に返る 元ヤンシリーズ(2)
○MONSTAR
○ウサギショートケイクス
○2013-2015 同人誌再録短編集
○修学旅行大作戦!
○キス魔イリップス
○吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん{秘密}
○森の動物ギルドにようこそ!
○紅の瞳
○あかのめ
○ハッピースクールデイズ
○塔子さんは家事ができない。(1)
○恋愛の第3法則
○あたしを××××してるあの子が気になって仕方ない。
○CREPE PANIC!
-----
こちらは全て同人誌となりますので、以前購入をしたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
その他、メロンブックス通販を利用したのですけれど、春の百合応援フェアらしくイラストの描かれたペーパーがついてきました…これ、百合作品を多く買ったからついてきたのか、それともそうでない作品にもついてくるのか…?(何)

○ユリリィ《【ユリリィ製作委員会】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、百合が期待できることから購入をした、5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、『シンデレラガールズ』の百合カップリングなアンソロジーとなります。
9人のかたが参加していらして、もちろん全て百合なお話…下で触れる2サークルさまなど見たことのあるかたもおり、うづりんやあんきらカップリングなど色々楽しめるよいものでした。

○こんにちは はじめまして《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『お姫様のわがまま』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をした、4月23日に出たらしいものとなります。
内容としましては、幼少時の卯月さんと凛さんがお会いしていたら、という「もし」を描いたお話…。
幼いお二人のお話ですので、とてもかわいく微笑ましいもの…あるいは現在に繋がるかもしれないという終わりかたになっていましたけれど…?

○ほろよいBirthday《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、上で触れた『お姫様のわがまま』と一緒に購入をしている『恋文』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をした、こちらも4月23日に出たらしいものとなります。
内容としましては、卯月さんと凛さんが一緒に暮らしている中、卯月さんが21歳の誕生日を迎えるお話…。
こちらはこのサークルさまが過去に出されたお話の続きとのことなのですけれど、どうもそれは持っていないっぽい、どうして…それはともかくタイトル通り卯月さんがお酒を飲むお話なのですけれど、お二人の関係が微笑ましくよいもので…?
…上で触れた『ユリリィ』収録のこちらのサークルさまの作品、このお話に繋がる感じでしたかも?

○睦月型のほんとのチカラっ!(10)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『艦隊これくしょん』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、4月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は家具がテーマとなっており、温泉な家具でくつろがれたり、皐月さんが家具を作ったり…やはりいつも通りに微笑ましいものとなっておりよきものです。

○めんつゆごまだれかんたい《【AstralCraft】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらも『艦これ』の二次創作作品となり、五月雨さんがメインな作品ということで購入をした、5月7日に出たらしいものとなります。
内容としましては、五月雨さんが装備の開発をしようとされるお話…。
ソナーを作ろうとしているのですけれど、何かのささやきが聴こえて艦戦ばかりできてしまうという…微笑ましいお話です。

○社会人百合アンソロジー Rouge《【鹿嵐屋】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、基本的には全て5月6日に出たらしいものとなる、こちらは百合なアンソロジーということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り社会人なかたを題材とした百合なアンソロジーとなります。
11人のかたが参加しており、発行サークルである以前購入をしている『君と』などを描かれたかたの他、下で触れる作品のサークルさまもいらしたり他にも百合な作品でよく見かけるかたが多くいらっしゃいました…そういうものですのでもちろん内容はかなり質の高い百合な作品となっていました。

○彼女のくちづけ 感染するリビドー(8) …友達と彼女…《【そそう支部】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をしたものとなります。
内容としましては、今回は主人公さんの親友さん視点のお話…。
他のかたとお付き合いをはじめた主人公さんにやきもちをやいてしまい、いっそ関係を壊してしまおうとすら考えてしまうのですけれど…こちらはその親友さんもよいキャラクターで、続きも楽しみにしたいものです。

○ふるえる(6)《【星屑宝石】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前総集編を読んでいることから購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊通り先輩さんと後輩さんの関係を描いたお話…。
こちらは完結したとのお話もあったのですけれど、続きがこうして出てくださって嬉しいところ…後輩さんの人気に不安になられたりされますけれど、また続きがありそうな気配です?

○あいた〜ん(5)《【山猫BOX】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をした、こちらは4月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、田舎暮らしの女の子と東京からきた女の子の日常を描いたお話…。
今回はいくつかの短編を収録したかたちとなっており、いずれも楽しく面白いお話となっています。

○すきのいと(4)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をした、ここからはまた5月6日に出たらしいものたちとなっていきます。
内容としましては、旗艦に引き続いて先生と生徒なかたの関係を描いたお話…。
この巻では過去に先生と付き合っていたという女性が出現するのですけれども…こちらはこの巻で一気に完結まで進むのですけれど、正統派な先生と生徒なお話といえるよいものとなっています。

○元ヤン我に返る 元ヤンシリーズ(2)《【CURL UP】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の流れで過去に色々絡んできたお相手と付き合うことになってしまったかたのお話…。
タイトル通り主人公さんは我に返り元の目的、つまりいわゆるヤンキーを脱する活動に入ろうとするのですけれど…こちらはやはりおバカで面白いものとなっています。

○MONSTAR《【ハイパーケトルイエスタデイ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、3人のかたによる合同誌よなります。
収録されたお話はタイトル通り人ではないかたをメインとした百合なお話となっており、ロボット…と思いきや意外な展開や獣人、アンドロイドなかたなお話となっており、個人的にははじめの幽霊(何)なお話が特に好きでしょうか。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『元ヤン美容室にいく』と一緒に購入をしている『ハロー、マイ・ディア アザーズ』などを描かれたかたとなっていました。

○ウサギショートケイクス《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、こちらのサークルさまが過去に出された作品の総集編となります。
6つのお話が収録されており中には過去に私が触れたことのある作品もあったりし…いずれのお話も百合なよいお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ゆりかとさゆりは恋人同士』などを描かれたかたとなっていました。

○2013-2015 同人誌再録短編集《【BQ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは昨年の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された作品の総集編となります。
7つのお話が収録されており、中には悲恋確定なお話もあるのですけれど、それも含めてどこかおバカで明るい雰囲気を醸し出した作風…百合的にもよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『元ヤン美容室にいく』と一緒に購入をしている『そらの悩みは犬も食わない。』などを描かれたかたとなっていました。

○修学旅行大作戦!《【BQ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、修学旅行を迎えた女の子たちのお話…。
メインのお二人は同室のお二人に恋の悩みを打ち明けられていて、それの相談に乗ってあげるのですけれど、そのため二人きりになれる時間がなくって…やはりこちらも楽しく、それでいて百合的にもよいものとなっていました。
…と、こちらも上の作品と同じサークルさまの作品となります。

○キス魔イリップス《【MarmaladeWaltz】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、キス魔に迫られる女の子を描いたお話…。
そのキス魔なクラスメイトは自分にだけその様なことをしてきますので、色々複雑な気持ちに…こちらはこの先のお二人の関係が気になるところで…?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『バラといちご センチメンタル』などを描かれたかたとなっていました。

○吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん{秘密}《【Waterall】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通り吸血鬼なかたとその後輩さんを描いたお話…。
色々万能な先輩さんが吸血鬼であるという事実はその後輩さんしか知らないご様子で…百合的にはこれから、といったところなのですけれど、こちらは雑誌での連載がされているらしく、そうなると単行本に期待したいです?
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『アンジュ・ヴィエルジュ cross†L.I.N.K.s』の漫画担当などされているかたとなっていました。

○森の動物ギルドにようこそ!《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらの内容としましては、森にいる動物を守るギルドに入ることになった女の子のお話…。
森の動物たちが幽霊に脅かされているということで、それと戦ったりするギルドに入ることになった女の子ですけれど、こちらは世界観が現代ですのでもちろんちょっと戸惑ってしまったりして…こちらは心あたたまるよいお話です。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『元ヤン美容室にいく』と一緒に購入をしている『しずかな樹海のミトリ』などを描かれたかたとなっていました。

○紅の瞳《【にらたま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、捨てられた猫耳な女の子が竜っぽい商人な女のかたの家で一緒に暮らすことになるお話…。
こちらはそのお二人の関係がよいのですけれど、ただ今作はどうやら以前購入をしている『薬師の白猫』の前日談になるらしく、そう考えると薬師の人ひどい…(何)
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『悪夢の楽園』などを描かれたかたとなっていました。

○あかのめ《【にらたま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらは年齢制限ありの作品となりますのでご注意ください。
内容としましては、上で触れた『紅の瞳』の主人公さんのお話…。
彼女が拾ってくれたかたのことを想いながら…なお話となり、こちらは上の作品のおまけといえます?

○ハッピースクールデイズ《【モノフォビア】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらの内容としましては、学校を舞台にしたお話…。
その同じ学校にいらっしゃる先生や生徒さんなど何組かの関係を描いたものとなっていて、先生お二人の関係はまだ百合とはいえないものなのですけれど、続きを描いてくださる気配があります?
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『元ヤン美容室にいく』と一緒に購入をしている『昨日の敵は今日も敵』などを描かれたかたとなっていました。

○塔子さんは家事ができない。(1)《【生ハム食べ放題】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、父親の会社の部下な女のかたと一緒に過ごすことになった女の子のお話…。
その部下のかたは海外出張に行く父親に頼み込まれて娘さんである主人公さんの世話をすることになったのですけれど、タイトル通りの事態で…こちらはナンバリングが振ってある通り続くご様子でそちらを楽しみにしたいものです。

○恋愛の第3法則《【Do well!!】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、成績優秀な生徒さんとちょっと頼りない先生のお二人のお話…。
お二人は付き合っており一緒に暮らしてもいる関係で、先生から一目惚れをしたのですけれど、生徒さんが自分に向けている感情など色々複雑な想いもあるご様子で…こちらもあとがきによると続きがあるご様子です?

○あたしを××××してるあの子が気になって仕方ない。《【ユッケ塩ダレで。】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、見ず知らずのかたからいつの間にか某つぶやきがブロックされていた女の子のお話…。
どうしてそんなことをされるのか気になってしまい、それが誰なのか突き止めようとするのですけれど…こちらはこれからよい友情になっていきそうな雰囲気のお話で、最後にはちょっとおバカな漫画も収録…。

○CREPE PANIC!《【MEiTEiTEi.】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、幼馴染なお二人を描いたお話…。
こちらは仲のよい幼馴染の微笑ましい日常を描いたといったもので、そこはかとなく百合な雰囲気もあるといったくらいの、でもよいものです…なお、こちらはフルカラーなさくひんとなっています。

ということで、同人誌購入は控えるつもりでしたのに、ここまで多い事態に…内容はどれもよかったのでよいのですけれども…。


その様な昨日は先日届いたDVDたちのうち最後の作品となる『ブレイブウィッチーズ』を観てみました。

第5話は『極寒の死闘』ということで、ジョゼさんと定子さんのお話…。
ジョゼさんはちょっと食いしん坊な面があるものの日々皆さんのお部屋を掃除したりと気配りのできるかたなのですけれど人見知り気味かつ他の理由もありひかりさんを避けている、定子さんは料理で色々な知識も豊富なのですけれどそれがネウロイ撃破に直結しないため自分にちょっと自信のないかた…ちなみに定子さんがいないと基地の料理は壊滅してしまいます(何)
ある日、ひかりさんとジョゼさんと定子さんの三人でラドガ湖方面へ偵察に出るのですけれど、ラドガ湖湖畔の街が完全に凍結しているのを発見、しかもそれは寒気を増幅させるというとんでもない能力を持ったネウロイの仕業であり、無線も通じなくなってしまったので定子さんが独断で攻撃を仕掛けるものの銃やユニットが凍結してしまい三人とも墜落、遭難してしまいます。
ひかりさんは危うく凍傷になるところだったのですけれど、ジョゼさんが治癒魔法をかけ続けたため何とか無事に…そのジョゼさんがどうしてひかりさんを今まで避けていたのか告白してきましたけれど、それは彼女の治癒魔法でひかりさんの姉を回復できなかったことを悔やんでいたからなのでした。
けれど彼女の治癒魔法がなければそもそも生命を落としていたかもしれず、ひかりさんはジョゼさんに感謝、お二人の関係も縮まったのでした。
最終的に三人はKV2なるどこかで見たことのある戦車の中で暖を取ることになったのですけれど、寒気を発生させているネウロイがそこを去りペテルブルグ方面へ向かったためそれの撃破を決意、定子さんの知識のもと、戦車の燃料で可燃材料を作ったり即席の弓矢を用意します。
その可燃材料をネウロイにぶつけることにより寒暖の差で装甲を破壊、核を弓矢で射貫くのですが、寒気でユニットがまた凍結してしまいそうになり、ひかりさんはジョゼさんの回復魔法で溶かすことを提案するものの何と回復魔法は誰かが怪我をしていないとそもそも発動すらできないという衝撃の事実が発覚、そこでひかりさんは故意に怪我をして回復魔法を使える状態にし、無事ネウロイ撃破に成功、皆さんもおいしい食事に戻ることができたのでした。

第6話は『幸運を』ということで、戦闘隊長であるサーシャさんのお話…。
ペテルブルグにネウロイによる長距離砲撃が実施され、そこまでの長距離精密砲撃は街中に観測役のネウロイが侵入しているからではないかということで、砲撃を実施しているネウロイとその観測役のネウロイの両方を探索することになりました。
街中を捜索することになったのは土地勘があるのではないかとされたサーシャさんとニパさん、あとはひかりさんなのですけれど、サーシャさんは祖母がここで暮らしていたものの自分はきたことがないので思い入れはないといい、またニパさんは買い物で一度だけきただけだといいます…。
随伴がドジっ子なニパさんと新人なひかりさんということでちょっとため息をついてしまうサーシャさん…実際、物に擬態していた弾着観測用のネウロイを発見した際、お二人は色々なものにぶつかったりしてネウロイ追撃ができず、サーシャさんお一人で追撃することになってしまいました。
その追撃の最中、サーシャさんはなぜか自分にこの街の記憶があることに気づき戸惑ってしまい、それが原因…とはいえないかとは思いますけれど、ともかくネウロイを逃してしまいました。
その夜、サーシャさんは自分のユニットにニパさんが落書きをしているのを発見し激怒とともに悲しんでしまいますけれど…?
翌日、またネウロイ捜索となりますけれど、ニパさんがぶつかった像が擬態していたネウロイであり、この発見方法はこれで2回め…ニパさんはついているのかついていないのか…。
ともかくまた追撃に当たりますけれどまた逃してしまい、そしてその最中にサーシャさんはどうしてこの街のことを覚えていて、でも今まで忘れていたのかを思い出します…ここには幼少時のつらい過去があったみたいで…?
でも同時にその後あたたかく包んでくださった母親や祖母とのことも思い出し、気持ちが晴れたサーシャさん、固有魔法である正確に記憶するという能力を生かし、建物にないものに擬態していたネウロイを発見、それの撃破に成功しました。
けれどその撃破寸前に弾着観測情報は砲撃ネウロイに送られ、他の皆さんがそれを撃破する寸前に砲撃は実施されます…サーシャさんは退避を命じますけれど、この街が彼女にとって大切な場所だと認識しているニパさんはその砲弾を迎撃、被害は抑えますが彼女自身は撃墜されてしまいました。
その彼女の行動、それに彼女はサーシャさんのユニットに描いていた落書きの真実を知り、サーシャさんは泣いてしまわれるのでした…ちなみにニパさんの固有魔法は自身を素早く回復させるという結構とんでもないもので、この場もすぐに回復できました。

ということで、今回もメンバーのかたがたに焦点を当てたお話となっていましたけれど、お話としても、それにキャラクターもとてもよく、どちらも全く文句の付けどころのないものとなっていました。
本当に、今のところ大満足な作品になっていて、今後も期待したいところ…これであと焦点が当たっていないのは隊長と偽伯爵(何)のお二人だけ、のはずです?


『艦隊これくしょん』の開発は九六式艦戦、20cm連装砲、20cm連装砲、零戦21型となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は霧島さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在し加古さんが大破するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、月曜日ははじめの出撃でボス前で1回南下させられて以降4連続でボスへ直行でき(あと1回は2-1で到達し)順調にクリアできたわけですけれど、昨日は最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回となり、何と全出撃でボス到達のストレートというものすごい順調な結果を得られ、10回戦闘任務が完了しないうちに任務達成となってしまいました。
ただその代償なのか、はじめのボス到達以外の4回は全てヲ級さん編成を出現させられてしまいました。

そして3-3へ北方海域任務実施のため(少し重い気もしますが/何)リットリオ(イタリア)さんを旗艦にザラさん、赤城さんと雲龍さんと飛龍さんにグラーフ・ツェッペリンさんによる艦隊を派遣していきます。
こちらははじめの出撃は家具箱中行きになったのですけれど、その後4連続でボスへ到達、先日の1回とあわせ任務達成となりました。
…最後の最後で、リットリオさんが弾着観測射撃で駆逐艦に4のダメージを出してしまいましたが…(何)

運営電文によると、あのかたに教えていただけた由良さんだけでなく、航空巡洋艦や戦艦のかたにも改二仕様が準備されているといいます。
どなたになるにしても楽しみなことで…もっとも、現状改二仕様がすでにあるかたでもまだ数人、改二仕様になっていないかたが私の艦隊にはいますけれども…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年05月06日

私、社員旅行って初めてなので…

先日はこの様なものが届きました。
-----
どちらもちょっと特殊…?
○NEW GAME!(EX)
○ガレット(2)
-----
…上はアニメのDVD、下は同人誌となります。

DVDは以前観ている『NEW GAME!』のアニメDVD全巻購入特典として得られる、新作OVAとなります。
同封の書類によると、はやくも第2期が今年の7月から放送予定とのことで、来期購入DVDが1作品確定になってしまいました(何)
…ただ、それはつまり第2期にはこのOVAの内容は含まれなくなるということで、何だかもったいない…以前第2期を観ている『のんのんびより』が以前読んでいる原作の第何巻かの特典OVAで沖縄旅行前夜を描いたことに通じます?

同人誌は同人誌といいながら雑誌の様な感じの、以前創刊号を購入しているものとなります。
その創刊号はお店で購入したのですけれど、この第2巻はいくばくかのお金を支援することにより届くシステムを利用しましたのでこうして配達されてきたのでした…気持ちとしては最大限な万単位の支援金額を支払いたいのですけれど、それではこちらが持たなくなってしまいますので、その次の支援ということで…(でもそのコースはすでになくなっていた様な…?)
特典として小冊子や図書カード、次巻予告がついてきました。
…支援した際には雑誌の末尾に名前が掲載されますけれど、少し恥ずかしいので普段でしたら使用しそうなアサミーナさんなどのお名前ではなく少し解りづらい、でも見る人が見れば解りそうな名前を使ってみました(何)


ということで、その様な先日は上で触れた2作品の両方に触れてみることとし、まずは『NEW GAME!』のOVAから観ていきます。
こちらはアニメ1話分が収録されており、『私、社員旅行って初めてなので…』ということで、タイトル通り社員旅行へ行くお話となります。
北海道へやってきた皆さん、それぞれスキーをされたり風邪をひいてしまったり(何)と思い思いの時間を過ごしていきます…青葉さんはひふみさんにスキーを教わることになり、当初は苦手意識が出ていたのですけれど、やっているうちに楽しめる様になった様子です。
夜は温泉へ入り夕食を取って、それからはまた思い思いの時間を過ごすことに…青葉さんはひふみさんともう一度温泉へ入り、はじめさんはゆんさんとサウナへ行き、コウさんとりんさんはうみこさんと一緒に居酒屋へ行きます。
青葉さんは雪だるま遊びをしているのですけれど、そのさまが何とも言えず面白く…?

ということで、こちらは原作にもあった、さらには以前しているゲーム版の後半の題材ともなっている社員旅行のお話となっていました。
ゲーム版は北海道か沖縄かでルートによって行き先が違うのですけれど、こちらはもちろん原作通り北海道なのでした。
これをOVAで消費するのは上で触れた通りややもったいない気もしますけれど、『のんのんびより』といい、旅行関係のお話はOVAにしてしまうのでしょうか(何)
上で触れた通り来期には第2期があるといいますので、そちらにも期待しましょう(原作はちょっと重いところが出てきていた気がするのですけれど…/何)


続いて『ガレット』の第2巻も読んでみました。
こちらは同人誌扱いなのですけれど、かつて定期購入をしていた『百合姉妹』やそれに続いていたはずの某雑誌たちと比較しても遜色のない普通の雑誌な趣になっています。
価格はそれら雑誌よりもややお高くなっているみたいですけれど、同人形式でここまでの参加者さまや高い質を持っているものでしたら普通といえそうです。

収録作品たちも雑誌らしくいくつかの連載作品もあったりし、読み切り作品も豊富…参加されている作者のかたも見覚えのあるかたが結構たくさんいらっしゃって…?
それら全てが『百合姉妹』や初期の某雑誌の様なかなり正統派な百合作品となっていて、百合アンソロジーも少なくなり某雑誌も別方向へ向かっている様子な中、とっても嬉しいこと…。
中にはかなり切ない終わりかたをしている作品もありましたけれど、個人的にはああいうのはああいうので好みでしたりしますので、それもよしです…もちろんハッピーエンドをもっとも好むのですけれど、切ないものもいいですよね、ね?
連載作品も続きの気になるものになっていて、これは次号も購入をしたくなるものです。

ということで今回も正統派で質の高い百合作品をたくさん楽しめて満足できたこちら、第3巻は8月20日発売予定とのことで、引き続き期待をしましょう…本当、こういう百合雑誌が定期刊行してくださるのはとってもありがたく嬉しいことです。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして海防艦の択捉さんがいらしてくださいました…これでドロップ限定な新しいかたは全員お迎えできたことになります?
海防艦なかたがたは皆さん小さくかわいらしいのですけれど、この択捉さんもその例外に漏れず、外見は某守護騎士のかたに見えるのですけれど性格は朝潮さんの様な真面目な子…1-5で全員まとめて育てたいので、駆逐艦なかたがたのレベル上げはちょっと滞ることになってしまいます?

開発は12mm単装機銃、20cm連装砲、12mm単装機銃、13号対空電探となり、最後が救いとなる結果となりました。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ…輸送船エリアへ直行、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から連続でボス前まで進むことができたのですけれど、2回めの出撃ではやくもそこからの南下を引き起こされ、先日の輸送船エリア行き多発に引き続き連日の不穏な気配を出されてしまいます。
その気配は期待を裏切らずその後ははじめの分岐での3連続北上に連続での高速建造材という完全無意味な場所吹き飛ばされ、その次は3連続でボス前まで直行できながら連続での南下を引き起こされたりと、大荒れになっていきます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリアへは全てボス前での南下の3回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、ともかくボス前での南下やおかしな場所行きの多い残念な結果となりました。

ろ号作戦がすでに完了しており1-5への3回出撃任務が発動していましたので、軽空母枠に春日丸さんを入れて、イベント前にこちらを一気に実施してしまうことにしました。
そのはじめの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も先制攻撃と通常攻撃で1回ずつ攻撃を外してしまいつつ完全勝利としました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
3回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
これで今週分のこちらへの出撃任務は完了、損害を一切受けずに終えられました…1-5へは月曜日にはあ号作戦実施のために延々出撃することもありますし、春日丸さんはその際に入れてレベル上げをしていけばよさそうです。

イベント海域は、後段作戦となる海域その4へ…深海棲艦が幌筵方面、占守島に上陸をしてしまい、そこに逆上陸作戦を敢行することに…戦艦出撃不能な艦隊を組むことになりました。
大淀さんの説明ではボスは陸上型なかたになるっぽいので三式弾を持っていきたいところで、また先日いただいたコメントの情報では潜水艦を入れるといいというらしいので、まずはそれに沿った編成で…
-----
○第1艦隊:熊野さん(99)・葛城さん(99)・瑞鶴さん(99)・翔鶴さん(99)・鈴谷さん(99)・伊13さん(69)
-----
…この様は編成で試しに挑戦してみることにしました。

その出撃、はじめの分岐は北上しその初戦は梯形陣な水雷戦隊との戦いとなりさらにT字有利となりますが敵の攻撃前に対潜艦を撃沈でき完全勝利、その先の第2戦は空襲を受け翔鶴さんが5の損害、その先の第3戦は金の軽空母率いる水雷戦隊との戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は南下し第4戦は空襲を受け損害なく切り抜け、その先の第5戦は単縦陣な水雷戦隊との戦いとなり翔鶴さん小破に対し敵は全滅、ボス戦へ…ボス戦は北端上陸姫なる離島棲鬼さんに似た姿をしたかたが率いる連合艦隊となり、伊13さん大破に対し北端上陸姫さん損害その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

ということで、この編成で行けることは行けるのですけれど、道中の梯形陣や輪形陣のお相手に攻撃を許すと潜水艦が簡単に大破しそうなのが怖い…事実、ボスでは駆逐艦の1回の攻撃で大破してしまいましたし…。
ボス撃破もぎりぎりで、でも空母を減らして重巡洋艦を増やすとボスの連合艦隊編成の旗艦以外撃沈が難しくなりそうで悩ましい…ひとまずこのままで出撃を継続することとしました。
敵が近すぎる…
…それにしても、こんな幌筵と目と鼻の先に敵が上陸しているとは…史実上の占守島へのソ連侵攻がモデルなのでしょうけれど、でもやっぱり複雑な気分…(何)

2回めの出撃、初戦は完全勝利、空襲となる第2戦は損害なく切り抜け、第3戦は完全勝利、空襲となる第4戦は大きな損害なく切り抜け、第5戦は完全勝利とし、ボス戦へ…航空戦終了時点で北端上陸姫さん以外全撃沈とし、昼戦で完全勝利としました。
3回めの出撃、初戦は伊14さんが大破の軽巡洋艦に4の損害、空襲となる第2戦は損害なく切り抜け、第3戦は大きな損害なく敵を全滅、空襲となる第4戦は損害なく切り抜け、第5戦は完全勝利とし、ボス戦へ…砲撃戦までに北端上陸姫さん以外は撃沈、伊13さん大破に対し北端上陸姫さん損壊とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
4回めの出撃、初戦は完全勝利、空襲となる第2戦は複数人が損害、第3戦は完全勝利、空襲となる第4戦は損害なく切り抜け、第5戦は完全勝利とし、ボス戦へ…雷撃戦の際なぜか熊野さんしか雷撃せず鈴谷さんや伊13さんが何もしなかったのですけれど、ともかく昼戦で完全勝利としました。
5回めの出撃、初戦は完全勝利、空襲となる第2戦は損害なく切り抜け、第3戦はヌ級さん改が出現してしまいしかも先制対潜攻撃をしてきて伊13さん中破から通常攻撃で大破終了…軽空母が先制対潜攻撃って何ごとです…。
6回めの出撃、初戦は完全勝利、空襲となる第2戦は損害なく切り抜け、問題の第3戦はやはりヌ級さん改が出現してしまい先制攻撃は外れたものの鈴谷さんがヌ級さん改への攻撃を外した後の返す刃で伊13さん大破終了…。

これはもうちょっと、根本的に考え直したほうがいい気がしてきて、基地航空隊を全てそのエリアへ送ってしまうことにして7回めの出撃を実施、初戦は完全勝利、空襲となる第2戦は少なくない損害、問題の第3戦は基地航空隊でヌ級さん改を撃沈し完全勝利、空襲となる第4戦は損害なく切り抜け、第5戦は完全勝利とし、ボス戦へ…基地航空隊のいない中で航空戦は駆逐艦3の撃沈にとどまり鈴谷さん小破、昼戦は一瞬で伊13さんが大破に対し北端上陸姫さん損害その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これで海域その4を難易度丙にて突破、特典として勲章とカタパルトを得ました。
続いて最終海域となる海域その5へ向かう…ところなのですけれど、少し気になることがあるため再度海域その4へ出撃をして見ることにしました。
気になることというのは、海域クリア後は第3戦はどうなっているのか、ということで、ヌ級さん改出現がゲージ破壊直前だったためで他の場合は出ないというのであれば、ここを周回するのは非常に楽ですのでここで新しいかたを探すべきでは、と思ったわけです…海域その5は連合艦隊となる様子ですのでなおさらなのでした。
多分もう出ないのではないのかという希望的観測の元基地航空隊をボスへ送ってのその出撃、その問題の第3戦は金のヌ級さんとなりヌ級さん改ではなかったので、ここで周回することにしたのでした。
ところが、数回出撃を実施するとヌ級さん改が出現してしまい、どうやらただのランダムだった模様…それでもそこへ基地航空隊を送ればそこを切り抜けボスもぎりぎりで撃破できましたので、昨日は時間いっぱいまで周回を繰り返すことにしたのでした。
同じかたばかり…
…最終的にはこの様になり、基地航空隊をヌ級さん改のエリアへ回したのと引き換えにボス戦では伊13さんが確実に中大破する様になってしまいましたが、これは仕方ありません。
同時にボス撃破もほぼ夜戦までもつれ込む様になり、1回はボス撃沈失敗という事態も発生…ただ1回ですみましたので、それは目をつぶれます?
それ以上に周回する上で心を折ってきたのは、エラー発生は論外としても同じかたばかりドロップするという現象…表のドロップ欄で赤く塗ってあるのは4回、橙は3回、黄色は2回出てしまったかたとなり、ほとんどがかぶってしまっている状態…。
しかもすでに持っている占守さんまでまた出てしまい、昨日は心の折れたまま終えることになりそうだったのですけれど…
択捉さん
…何とか目的を達することはできたのでした。

これで残すは海域その5のみとなり、ドロップ限定のかたはもう全員揃ってくださいましたので、この海域は本当にもう突破するだけになります。
それならば難易度を上げてもいいのでは、ということになりますけれど、海域その2以降ずっと難易度丙できましたのにここでいきなり難易度を乙にする(甲は前の海域が丙なので選択不可能)のはあまりにもきつい気がしてしまいますので、やはり丙にしようかなと思います…?
資源に余裕はある…?
…ちなみに昨日終了時点での資源はこの様な感じで、さすがにもう新しいかたを探す旅はないので資源蒸発はないはずで、ですから今日からまた日々の大型艦建造最低値を実施していこうかなと思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年03月19日

お姫様のわがまま

先日はこの様なものが届きました。
-----
『シンデレラガールズ』のもののみ…
○お姫様のわがまま
○恋文
○ウサギのおはなし
○イトユビ
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回届いたものは全て『シンデレラガールズ』の二次創作かつ3月12日に出たらしいものとなります。

○お姫様のわがまま《【まじひま】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★★》
こちらは以前購入をしている『ちびむらさんMAX!』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、すでにお付き合いをされている卯月さんが凛さんのお部屋へお泊りに行くお話…。
それまで凛さんは何かと理由をつけてお泊りを断っていて、それに卯月さんは少し不安な気持ちになっていたのですけれど…こちらは百合的にも相当高い、色々な意味でよいものとなっていました。
また、こちらには特典としてクリアファイルがついてきました。

○恋文《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『ちびむらさんMAX!』と一緒に購入をしている『コイノアラシ』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、以前観ているアニメ最終話にあったシン選組ガールズでの劇中を題材とした卯月さんと凛さん(の演じている沖田さんと土方さん)のお話…。
あくまで劇中のお二人のお話という設定ですけれどそこはあまり深く考えない様にして、こちらも百合的にもよいお話となっています。

○ウサギのおはなし《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは以前購入をしている『なまけんぼうのサンタクロース』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、兎の気持ちになりたい仁奈さんとそれを指導することになった杏さんを描いた4コマ…。
こちらは相変わらずお二人がかわいくやり取りも面白いよきものです。

○イトユビ《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前購入をしている『キミマチ』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、向こうから自分に触ってくれることがないために夏樹さんから触ってくれるまでスキンシップを控えようとする李衣菜さんのお話…。
こちらはお二人の行動が微笑ましくまた百合的にも高く、やはり色々な意味でよいものとなっていました。

前回の同人誌購入の際に今後はなるべく同人誌購入は控えたいと書きましたけれど、今回購入したものたちはさすがに我慢ができないです…それだけどれもよい作品で満足のいくものとなっていました。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
数は少なく…
○デミライフ!(1)
○ポッピンQ reverse
○それいけ!ロシア女子戦車小隊
-----
…こちらは全てコミックとなります。

今回購入したものは全て何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
しいて言えば一番上の作品は百合姫コミックスであるため百合に期待できるはず、真ん中の作品は原作が劇場版でありDVD予約で見かけて気になったこともあり、一番下の作品は作画担当のかたが戦車アニメのコミカライズ版でよく見かけるかたでしたことから、といったところになります…と、こう書くとそれぞれにそれなりの理由があるっぽい…(何)

今回購入作品はどうでしょうか、以前購入をしているものたちに未読なものがまだ多くそちらでまだ優先して読みたいものも残っており、それらも交えつつ読んでいきましょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は7mm機銃、15cm単装砲、33号対水上電探、九六式艦戦となり、悪い結果…九六式艦戦、デザインが変わりました?
大型艦建造最低値はまるゆさんとなりよい結果を得られました。

戦いのほう、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣しますけれど、また無意味にボスへ直行させられ任務失敗…どうにも最近、はじめの出撃でこのパターンに陥ることが多くてげんなりします…。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4ル級さんなしの当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、(すでに達成した1-4とともに)2-2と2-3へ軽巡洋艦を旗艦に出撃という任務が発動しており、ですので普段の南西諸島任務用艦隊の1つをその仕様にして2-3へ派遣します。
その出撃、はじめの分岐は東進となってしまい初戦は損害を抑えられず、問題その1のそこの分岐は東進でき、問題その2のそこの分岐は…北上させられ任務失敗…。
2回めの出撃、はじめの分岐は東進となってしまい初戦は完全勝利、問題その1のそこの分岐は東進でき、問題その2のそこの分岐はボスへ進行…赤いル級さんを旗艦にル級さんとヲ級さんなどとの戦いとなりサラトガさんが小破させられますけれども敵の全滅には成功しました。

残りの3つの南西諸島任務用艦隊は普段通り2-2へ派遣、はじめのボス到達達成までは軽巡洋艦を旗艦にして出撃をし、それははじめの出撃で達成できました…が赤いリ級さんによりアクィラさんが一撃大破…。
そして2回めの出撃からは5連続でボス前まで直行できながらそこからボス前での6連続南下というちょっとさすがに今まで一度も見たことのない意味不明の事象を引き起こされてしまい、ため息ではなくさすがに怒りがこみ上げてきました…この様なことをされては終わるものも終わるはずがありません。
さらにその後は4連続ではじめの分岐で北上させられる上に高速建造材という完全無意味な場所1回を挟んでまだボス前での南下を懲りずに発生という、あくまでボスへは行かせないという羅針盤さんの猛烈な悪意に当てられ本当にどうしようもない展開に…南西諸島任務用艦隊が3巡、12回出撃して(2-3での1回も含め)ボス到達2回とは、一体どういう嫌がらせなのでしょうか…。
こうなってはもうどうしようもありませんので、損害も顧みず以降何も期待せず無心で連続出撃を実施…すると無心となったのが功を奏したのかそこからは嘘の様にボス行きが連発、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上7回輸送船エリア8回うちボス前での南下7回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、言うまでもなくひどい、大荒れの結果です。
唯一の救いとしては何と蒼龍さんが2回もドロップ、零戦21型が得られました…いえ、二式水戦改修任務についてこれが必要なのですけれど、その前提条件である二式水戦を改修するのにも零戦21型が10機必要であることが判明してしまいましたのでいくつあっても足りないという事態に…(それ以前に1回改修につき改修資材が5も必要、というのはどうすればよいのでしょうか…この任務、魚雷や洋上補給任務同様に放置したほうがいいのかも…)

南西諸島任務はあまりにひどい事態になりながらも一応達成、そして同時に1-4と2-2と2-3への出撃任務も完了したのですけれど、何と空母か水上機母艦を旗艦とし3-5と4-4と6-2へ出撃、というさらにひどい任務が発動してしまいました。
3-5と4-4とくれば、次は5-2あたりでいいと思うのですけれど、どうして6-2…6-2はなぜか出撃するたびにエラーをかならず発生させられるという謎のトラウマがある場所ですのであまり行きたくないのですが、仕方ないです…。

1-5への3回出撃任務も発動しているのですけれど、それは今日へ回してしまい昨日はこれらいずれもきつい海域への出撃を実施してしまうこととしました。
まずは3-5からということで、こちらはすでにゲージを破壊してしまっておりまた空母または水上機母艦旗艦という条件の時点で空母3+αで上ルートということになります。
編成としては(4-4以降も全て)大鳳さんを旗艦にし、翔鶴さんと瑞鶴さんをつけ、あとはレベル98に達したザラさんと99な筑摩さん、そして新春任務の際に連れて行って案外大丈夫でした照月さんを防空担当で入れてみました。
その出撃、初戦は大きな損害なく敵を全滅、問題その1の第2戦はヲ級さん改が出現してしまい筑摩さんが小破しつつ敵を全滅、問題その2の北方棲姫さんとの戦いは大鳳さんが中破しつつA判定勝利とし、ボス戦へ…航空戦は駆逐艦1のみの撃沈となり、砲撃戦でお相手の攻撃が全命中となり照月さん以外全員微少ダメージが相当蓄積しつつも昼戦で敵の全滅には成功しました。
1回の出撃でボス撃破に成功、任務に50%以上達成マークがつきましたので、やはり編成は空母(か水上機母艦)を旗艦にさえしておけば問題ない様子…そしてやっぱり3-5上ルートは防空艦な駆逐艦を入れていっても問題ないみたいです?(かつては五十鈴さんを入れて行っていた記憶もありますし…?)

続いて4-4という久しく出撃していない海域への出撃、こちらは記憶がかなり曖昧になっていますけれども、かなり以前にとっても大好きなあのかたに教えていただけたお話では重巡洋艦1と駆逐艦2でボス前までルート固定ができるはずとのことでした。
また、ボス戦に潜水艦がいた記憶がありますので、引き続き大鳳さんを旗艦としつつ先制対潜攻撃のできる朝潮さんに防空担当の照月さん、それに重巡洋艦のザラさんを入れ、あとは瑞鶴さんと金剛さんを入れてみます。
その出撃、初戦は完全勝利、そこの分岐は西進し対潜戦となる第2戦は完全勝利、そこの分岐は西進し第3戦は金のヲ級さん2に赤いル級さんというかなりきついお相手との戦いとなりつつ大きな損害なく敵を全滅、問題のそこの分岐は西進しボス戦へ…金のタ級さんを旗艦に赤い潜水艦のいる編成がお相手、航空戦で金の軽巡を撃沈し先制対潜攻撃では潜水艦中破にとどまり、照月さん大破に対し昼戦で敵の全滅に成功しました。
これでこちらの出撃も1回で完了、任務達成率が80%以上となりました…2-2と違い羅針盤さんが敵に回らなくてよかったです。

これで残すは6-2ということになり、ここはあのかたに教えていただけた情報や以前の海域突破時の編成を参考に大鳳さんを旗艦としリットリオ(イタリア)さんとザラさんと筑摩さん、五月雨さんと照月さんによる艦隊を編成してみます。
その出撃、初戦は金のル級さんとの戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、問題の第2戦はヲ級さん改や金のル級さんに赤いツ級さんという強烈なお相手となりザラさんが小破しつつ敵は全滅し、ボス戦へ…金の輸送船を旗艦に金のヲ級さんとル級さん改に赤いツ級さんというなかなか強烈なお相手となり、リットリオさん中破に対し輸送船小破ル級さん改大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これで任務に必要なすべての海域でのボス撃破に成功し任務達成、熟練搭乗員を得ました。
難航が予想された任務ですが全ての海域にて1回の出撃でボス撃破に成功しましたので一安心…よい意味での2-2の反動というのでしょうか。
今日は1-5への3回出撃任務を実施することになります…大変な任務といえば三川艦隊で5-1へ、というものが存在素ますけれど、どうしましょう、あれ…。


『艦これ』に時間がとられましたので『マイソロ2』はほとんどできなかったのですけれど、そういえば…と存在を思い出した闘技場に挑戦をしてみました。
何回か闘うと以前している『3』の様にコングマンさんが現れましたけれど、倒しても仲間にはなりませんでした…今作はならないのか、それとも何か別の条件があるのか…?(もしかするとスタンさんの存在が鍵になったりしているのかも…『3』でははじめから彼がいましたから問題なかったのですけれど、今作では今のところ姿がありませんし…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年02月26日

ゆうゆう、しずしず。

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○ViVid Strike!(3)
○ゆゆ式OVA
○ぷちでれ!(2)
○はぴついらいふ
○ゆりかとさゆりは恋人同士(2)
○ゆうゆう、しずしず。
-----
…上2つはDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほう、上は一連で予約をしているアニメの新刊となります。
下は以前観ているアニメのOVA版となります。
『ゆゆ式』のほうにはポスターと見せかけたカレンダーがついてきました。
…金曜日に発売したっぽい『NEW GAME!』『アンジュ・ヴィエルジュ』『ラブライブ!サンシャイン!!』『ブレイブウィッチーズ』はいずれも来週発送に回された模様…これは来週が大変なことになりそうです…。

それでは、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、一番上の作品以外は全て2月12日に出たらしいものとなります。

○ぷちでれ!(2)《【純粋な不純物】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなる、いつ出たのかはよく解らないっぽいものとなります?
内容としましては、既刊同様に『ぷちます!』の『シンデレラガールズ』版な4コマとなります。
既刊同様にかわいく微笑ましいものとなっており、『ミリオンライブ!』なものともども公式にあってよいのではないかと思わせます…また、やっぱりページの開きが普通の作品と逆になっていますけれど、あとがきによるとやはりこちらのサークルさまは大韓民国のかたらしく、他国のかたも『シンデレラガールズ』が好きというのは嬉しいことです。

○はぴついらいふ《【むげんくずもち】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、一緒に暮らしているご様子な杏さんときらりさんの日常を描いたもの…。
幸せな日常を描いたお話、ということで微笑ましくまた百合的にもよいものとなっています。

○ゆりかとさゆりは恋人同士(2)《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様にお付き合いをしているお二人の関係を描いたもの…。
今回ははじめてのお泊りの様子をメインに描いていて、微笑ましくまた百合的にもとてもよきものとなっていました…こちらは続刊を書く予定もあるといい、楽しみにしたいものです。

○ゆうゆう、しずしず。《【Sleeping farm】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、同居している二人の女のかたを描いたお話…。
そのお二人は偶然出会ってルームシェアをはじめたご様子なのですけれど、それが一種の運命の出会いとなった様子で…そうして今ではお付き合いをされているお二人の日常を描いた、微笑ましいものとなっています。

今回の同人誌もよいものでしたけれど、ただ…ちょっと最近、同人誌の購入量が多めということもありお金がやや怪しくなってきてしまいました。
ですので今後は購入頻度を下げるか、購入作品を減らすかを実施するかと思われます…購入頻度を下げる場合、実際に購入するまでに品切れとなる可能性もありますけれど、その際は縁がなかったということで諦めましょう…。


その様な先日は上で触れたDVDのうち『ViVid Strike!』の第3巻を観てみました。

第5.75話は『見守る瞳』ということで、すでにはじまっているウィンターカップの少し前のお話…。
タイトル通りそれへ向けての皆さんを見守るノーヴェさんを中心としたお話となり、またヴィクターさんとリンネさんの関係も描かれたりします。

第7話は『高町ヴィヴィオ』ということで、ミウラさんが敗北した後のお話…非常に痛々しい終わりかたをしていましたけれど、幸いミウラさんはイクスさんの治療もあり大事には至りませんでした。
そう、今作ではイクスさんも普通に登場…以前読んでいて以前アニメを観ている、今作の前の時間軸に当たる『なのはViVid』ではまだ意識を回復していない状態のはずなのですが…。
他の皆さんは順当に勝ち上がり、次なる試合はヴィヴィオさんとリンネさんとの戦い…先のお話ではミウラさんが面白いほどに死亡フラグならぬ負けフラグを乱立して勝負は目に見えていましたけれど、ヴィヴィオさんはその様なものを一つもたてません。
逆にリンネさんが過去の回想をするという負けフラグを一つ立ててしまうのですが…?
…リンネさんはヴィヴィオさんの境遇を中途半端に調べていましたけれど、完全な事実を知っていれば果たしてどう思ったでしょうか。

第8話は『勝者と敗者』ということで、引き続いてヴィヴィオさんとリンネさんの試合の行方が描かれます。
序盤はヴィヴィオさん、中盤ではリンネさんが優勢となり、そのままリンネさんが押し通るかと思われたのですけれど、ヴィヴィオさんはリンネさんに想いを伝えることはフーカさんへ託し、そして今回の大会も捨て、ほぼ相打ちというかたちでリンネさんをKO、自らも力を使い果たしてしまいました。
試合後、眼鏡のコーチは慢心はなかったはずと言っていましたが、正気でしょうか…試合中の彼女の様子なんて、もう慢心の塊で不愉快極まりないくらいだったのですが…。

第9話は『再会』ということで、ウィンターカップはヴィヴィオさんが棄権したこともあり、決勝はアインハルトさんとフーカさんの同門、しかも同流派の師弟対決になることが決まりました。
一方、敗北したリンネさんは今まで強迫観念な趣で強さにこだわり続けた反動で心が折れ、もう競技をやめると言い出しました。
個人的にはやめてしまっていいのでは…と思ってしまいましたけれど、アインハルトさんがとある提案を持ちだします。
それはリンネさんがフーカさんと戦い、リンネさんがそれに勝てば正式なタイトルマッチとして自分との試合を設ける、というもの…。
リンネさんはそれに乗り、ルーテシアさんの世界でフーカさんとリンネさんの試合が執り行われることになりました。
やっぱりリンネさんはちょっと歪んでしまっている様に見え、フーカさんがそれを何とかすることができるのかどうか…。

その他、ブックレットには第9話のお二人の直接対決前、フーカさんの合宿の様子を描いた漫画が収録されています。
…正直、これを1話使って放送するのかと思っていました…展開がはやい…。

ということで、フーカさんとリンネさんの勝負がはじまりましたが…えと、これ、あと3話残っているはずですよね、ね?
それなのにもうこれをしてしまっていいのでしょうか、まさか3話かけて勝負を描くわけはないですし、時間が余ってしまいます…。
それとも、フーカさんが勝てばウィンターカップで、リンネさんが勝てばタイトルマッチとして、どちらが勝ってもアインハルトさんとの勝負が控えていますから、それをクライマックスに持ってくるということなのでしょうか…。
それでどうお話を盛り上げるのかちょっと解りませんけれど、もしかすると想像もつかない展開が待っているのかもしれませんし、引き続き見守りましょう…もちろん、個人的にはフーカさんを全面的に応援しています。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm単装砲、甲標的、九六式艦戦、彗星となり、いつも通りとはいえ見るも無残な結果…。
大型艦建造最低値は霧島さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、輸送船4の大当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は珍しくかなり順調に終えることのできたこちら、けれど昨日ははじめの出撃からいきなりあらぬ方向行きにさせられ青葉さん中破、そして続いての出撃ではボス前で南下と、早々にダメな空気が流れます。
ところがその後はボス行きのみ発生となり、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、先日に引き続き相当順調な結果となりました。
ただ、損害は先日とは違い戦艦3が小破近い損害などかなり大きめになってしまいました。

5-3でのレベル上げでは…
S勝利
…敵を全滅した上で松風さんがMVPを獲得、という事象が発生したりもしました。
里緒菜さん
…ちなみに下で触れる『マイソロ2』の里緒菜さんも松風さんの様な帽子をかぶっていたりして…いえ、外見重視にするとこれ以上強力な頭装備にできないのです(ちょっと以前読んでいて以前劇場版を観ている『けいおん!』の澪さんに見える様な…里緒菜さんは以前アニメを観ている『シンデレラガールズ』の凛さんに近しいかたなのですが…/何)


『NEW GAME!』のゲームはうみこさんルートを終了…最終日は青葉さんも勝負を諦めサバイバルゲームをすることになるかと思われたのですけれど、ねねさんが偶然勝負を勝利へ導いて…?
そして青葉さんの未来はなぜかモデラーエンド…ともあれ、次はうみこさんルートでは一切姿を見せなかった葉月さんルートを目指してみます?

一方の『マイソロ2』はのんびりクエストをこなしつつ皆さんのレベル上げ…。
里緒菜さんの装備は上で触れた通り外見重視なのですけれど、今作にも以前している『3』同様にレディアント装備があるならば、それが得られる様になった時点で全職業のそれを装備できるレベルにまで上げ、その上で一番里緒菜さんに似合う職業を最終的な彼女の固定職業にしようと思います(『3』の場合アサミーナさんは剣士、ティナさんはガンマンでしたけれどその『3』基準になると里緒菜さんは何が一番よく似合いそうでしょう…聖騎士あたり、かも?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年02月19日

ふたつの誕生日プレゼント

〜拍手のお返事〜
19:32(昨日)/桜花さま>
わざわざの拍手、本当にありがとうございます…♪
それに、『艦これ』なイベントの海域その2を突破されたとのことで、そちらも本当におめでとうございます♪
私は丙で、しかもずっと機動部隊で出撃していましたのに、お姉さまは乙かつ輸送部隊でクリアされたとのことで、さすがです♪
甲は怖い空母がいらしたとのことでさけたとのことですけれど、それは仕方ありません!
松風さん…どこかの歌劇団にいそうな雰囲気を感じましたけれど、そう言われると確かにその様な感じも…?


先日はこの様なものが届きました。
-----
全てオリジナル…
○貝とオルタナロック(5) 黎明のアルペジオ
○しずかな樹海のミトリ ふたつの誕生日プレゼント
○百合短編集 ゆきもよう
○ハロー、マイ・ディア アザーズ
○純情ミルフィーユ
○きつね姉妹ととある日常
○昨日の敵は今日も敵
○手をとって駆けてく
○マワシノミ
○そらの悩みは犬も食わない。
○うそでいいので。
○百合短編集 ゆりあわせ
○ひかりのどけき春の日に
○星の花束
○わたしのおひめさま
○また、あの場所で
○ふわとろメトロ
○元ヤン美容室にいく
○彼女募集中
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届きましたものは全てオリジナルなものとなり、そして一部を除き2月12日に出たらしいものとなります。

○貝とオルタナロック(5) 黎明のアルペジオ《【nak.moo】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…好きになったお相手のかたの過去が明らかになったりします。
そのこともあったりし気持ちを受け入れられなかったわけですけれども…こちらの作品はこの巻で完結となるということで、最後はハッピーエンドといえる終わりかたとなっており一安心です。

○しずかな樹海のミトリ ふたつの誕生日プレゼント《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、ミトリさんがお誕生日を迎えるお話…。
彼女に関する意外な秘密も明らかになる中、祖父が用意してくれた誕生日プレゼントを探す冒険に出かけます…こちらはやはり心あたたまるよいお話です。

○百合短編集 ゆきもよう《【ソラミント】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらは以前購入をしている『吾妻さんと板倉先輩は恋をする。』の続きも収録されていることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、3つの作品を収録した短編集となります。
うち2つは以前購入をしている『pair of glasses』など過去の合同誌に収録されたものの再録となっており、残り1つは上で触れた通り…最後は悲恋気味なお話ですけれど、それ以外の2つはよき関係のお二人で、またどのお話も正統派でよきものです。

○ハロー、マイ・ディア アザーズ《【ハイパーケトルイエスタデイ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録した短編集となります。
お話はいずれも淡いもの、あるいはもうすでに終わったもの(何)となったりしていまして百合的にはそれほどでもなかったりするのですけれど、それでもよいお話といえるでしょう。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『カワイイとサヨナラ、』などを描かれたかたとなっていました。

○純情ミルフィーユ《【クマシカ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらの内容としましては、同級生お二人のお話…。
そのお二人は当初特に接点はなかったのですけれど、主人公さんが偶然立ち寄ったケーキ屋さんがきっかけで仲良くなり…こちらはまだまだはじまったばかり、あとがきにも続きを描く予定があるとのことでそちらも楽しみにしたいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『女ヲタのジジョウ』などを描かれたかたとなっていました。

○きつね姉妹ととある日常《【空白茶屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通りな姉妹の日常を描いた4コマ…。
年末年始を迎えた姉妹の皆さんを描いており、こちらはその微笑ましさを楽しむ作品です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ねこの島』などを描かれたかたとなっていました。

○昨日の敵は今日も敵《【モノフォビア】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、職場の同僚お二人のお話…。
そのお二人がお付き合いをされるまで、された後、そして出会いを描いていて、よい社会人な百合のお話なのですけれど、はじめのお話はどこかで読んだ記憶が…気のせいでしたっけ…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『言い訳しても許されません!』を描かれたかたとなっていました。

○手をとって駆けてく《【よあけのピアノ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは冬のイベントにて初版が出たらしいものとなり、内容としましては、ひそかに想う親友さんの恋愛を応援する子のお話…。
ただ彼女の置かれたちょっと特殊で、永遠に高校3年間の生活をループしていたりし…その様な不思議な、でも結末は変わらない世界の中で、好きなかたの笑顔を見るために時間を繰り返すちょっと切ないお話…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ひとりぼっちのGroupie』などを描かれたかたとなっていました。

○マワシノミ《【黎明ネルトリンゲン】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、コーラ好きな女の子と紅茶好きな女の子のお話…。
主にコーラ好きな子のこだわりを見ることになるお話なのですけれど、お二人の関係が楽しくまた百合的にもそこはかとなくあるお話になっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Anniversary CINDERELLA GIRLS 2nd+』などを描かれたかたとなっていました。

○そらの悩みは犬も食わない。《【BQ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらの内容としましては、すでにお付き合いをされ一緒に暮らしているかたが一線を越える行為がなくなってしまったことを悩むお話…。
こちらはおバカなコメディといえるお話ですけれども百合的にもかなり高いものとなっており色々よいものでしょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『カヤとセンパイ』を描かれたかたとなっていました。

○うそでいいので。《【煮込みオムライス】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは1月22日に出たらしいものとなり、内容としましては、元は猫だったという女の子が現れるお話…。
主人公さんはその様な子ともちろん信じられないので適当にあしらおうとするのですが…こちらはそうなのかと思わせといて実は、なのですけれどもそのあたりも含め面白いものです。
……と、こちらのサークルさま、上で触れた『しずかな樹海のミトリ』の既刊とともに購入をしている『イエロー』を描かれたかたとなっていました。

○百合短編集 ゆりあわせ《【ひらめきWORK BOX】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通り百合な短編集となります。
11ものお話が収録されており、淡めでしたりちょっと切ない終わりかたをするものがやや多め…もちろんそういうお話も悪くなく、またかなり深い関係かつハッピーエンドなお話もあったりし、よきものです。

○ひかりのどけき春の日に《【K2Corp.】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、先輩さんと後輩さんの関係を描いたお話…。
お付き合いをされているお二人の、学校を舞台にした正統派なお話なのですけれど、まだちょっと謎なところもあり、それもそのはず、こちらはまだ続いている作品の総集編とのこと…続きも出すご予定があるとのことで、そちらを見守りましょう。

○星の花束《【ぽけたり!】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、二人のかたによる合同誌となります。
前者のかたは先輩と後輩の悲恋気味なお話、後者のかたは生徒会を舞台にした先輩と後輩の卒業の別れを見据えたお話となり、どちらもやや切ないものの正統派なお話でよいものです。

○わたしのおひめさま《【Lonly Church】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、お姫さまになりたい女の子のもとに突然本物のお姫さまがやってくるお話…。
自分が中心でいたかった主人公さんはそれが気に食わず、また過去の約束を思い出してもお姫さまの気持ちを受け入れられなかったのですが…こちらはちょっとおバカですが百合的もよいお話です。

○また、あの場所で《【ブラクラ堂】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、同じ学校に通う先輩後輩さんのお話…。
お二人はお付き合いをされているのですけれど、ただ先輩さんは卒業後に結婚することが決められていて…そのあたり切ない展開にしかならない予感もしますけれど、こちらは続きを描かれるご予定があるとのことで、そちらも見守りたいものです。

○ふわとろメトロ《【おたべ★ダイナマイツ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、一緒の電車に乗る姉妹のお話…。
ちょっと天然そうな姉には実は重大な秘密があり…こちらはかなり切ないながらもよいお話といえるでしょう。

○元ヤン美容室にいく《【CURL UP】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通りのもの…。
その美容室の店員さんが過去に色々絡んできたかたで、何とか正体がばれない様に祈るわけですけれど…こちらはおバカで面白いものとなっています。

○彼女募集中《【空想舟】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらの内容としましては、自己紹介の際にタイトルの様に宣言する女の子とその親友さんを描いた4コマ…。
こちらは相当ページ数の少ない作品なのですけれど、おバカかつそのお二人の関係のよい作品です。

今回はこれだけの数がありつつ全てオリジナルなものとなりましたけれど、百合的にももちろん笑えたり泣けたり微笑ましかったりと、そういったバラエティも豊富でよいものでした。


『艦隊これくしょん』の開発は21号対空電探、九九式艦爆、失敗、天山となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は日向さん…まぁ、そうなるな。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの分岐で北上させられしかも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するもののその様なこととは関わりなく任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、イベントが完了してから大荒れの日々が続いてしまっているこちら、昨日もまたはじめの出撃から高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされたかと思えばその次の出撃ではボス前で南下を発生させられたりと南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達わずか1回と、その最悪の流れから抜け出すことは全く叶いません。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐7回輸送船エリア4回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、先日ほど壊滅的な結果ではないもののそれでも十分大荒れといえる残念な結果となってしまいました。
損害も能代さん大破阿賀野さん中破とひどいもの…。

ろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務が発動しており、南西諸島任務の大荒れっぷりから昨日も止めておこうとも思ったものの、今日も結局大荒れになりそうな気がしてしまい、あまり引き伸ばし続けるのもあれですので一気に実施してしまいます。
そのはじめの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
3回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。

これで今週の週間任務も一段落、あとは日々の南西諸島任務が安定化することを願いたいものですが…。


『NEW GAME!』のゲームはゆんさんルートに入ったところまでですけれど、社員旅行はまた沖縄になりやはりねねさんもついてきました。
北海道のほうがデフォルトかと思っていたのですけれど、もしかしてひふみさんルートのほうが珍しい展開だったのかも…?


『マイソロ2』はルークさんたちを探しに行くところから…最奥にルークさんとガイさんがいましたけれど、こちらを追ってだと勘違いしたガイさんが問答無用で襲い掛かってきてしまいます。
そちらを撃退するとティアさんとジェイドさんが現れようやく誤解が解消、彼らもバンエルティア号へやってきます。
このバンエルティア号、そういえば海上に浮かんだかたちでしか映像では出てこず、また近海移動しかできないと説明されるあたり、空を飛ぶ機能はないっぽい…ともかくそういうことで、過激派環境保護テロ団体に襲撃されたルークさんたちは本国へ帰ることができず、ここで様子見をすることになったのでした。

これでルークさんたちが仲間に加わったのですけれど、ルークさんの雰囲気が以前している『3』とはずいぶん違う…『3』ではかなり我儘なかただったのですけれど、こちらではずいぶんやわらかい雰囲気になっていて…?
それはよいのですけれど、皆さんどうして装備品がないのですか…これ、もしかして装備は使い回す前提になったりしています?
『3』でも装備の使い回しはしませんでしたので、今作でもそれをするつもりはなく…焦る必要はありませんし、お金はのんびり貯めましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年02月11日

ういこい

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○フリップフラッパーズ(2)
○デレマス百合4コマ
○極上スイーツ
○ういこい
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDは一連で予約をしているアニメとなります。
こちらはまた後ほど…?

同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○デレマス百合4コマ《【つむぎ百合工房】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をした、今年の2月12日(?)に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りのもの…主に卯月さんと凛さん、ありすさんと莉嘉さんのお話となっています。
基本的にはゆるい方向の微笑ましいお話となっており、そこまで百合的には高いというわけではないのですけれども、その微笑ましい関係というのもそれはそれでとてもよいものですのでよきものでした。

○極上スイーツ《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルかつ同じサークルさま、また冬のイベントで出たらしいものとなり、こちらは以前読んでいる『隠密一家』などと続いている作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、狐なお二人の夢の中を巡るお話…。
夢の中に獏がやってきて、もう片方のかたの夢を見に行ってみることにしたのですけれど…こちらはその結末が微笑ましくまた百合的にもよいものとなっておりよきものです。

○ういこい《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、文字通り一匹狼になってしまった狼な女の子とお嬢さまのお話…。
お二人は偶然出会い、それはあまりよい出会いかたではなかったのですけれど、それでもお嬢さまは狼な子を自分のお屋敷に置いてあげることにし…こちらも微笑ましく心あたたまるよいお話となっていました。

今回の同人誌は数は少ないもののいずれもよいものとなっていました。
どうも明日あたり、またオリジナルなものを中心に色々出る気配が見え隠れしますけれど…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックも…
○あんハピ♪(7)
○ゆるキャン△(2)
○いつか私は、君を裏切る(1)
○けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-(2)
○終活女子高生(2)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『あんハピ♪』から『いつか私は、君を裏切る』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものたちは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
『あんハピ♪』『ゆるキャン△』は過去に既刊を読んでいることから、『いつか私は』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

その他の作品たちはいずれも過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、いずれもこの巻で最終巻となる模様です。

今回はやや数は少なめですけれど『けものフレンズ』はアニメDVD購入は諦めることになったとはいえかなり気になる作品であることには変わりありませんから、こちらや『あんハピ♪』あたりを最優先にして読んでいきたいものです。
…しかし購入したはよいのですが『いつか私は、君を裏切る』は恐ろしく暗そうな雰囲気…大丈夫なのでしょうか…(何)


それでは、昨日は上で触れた『フリップフラッパーズ』の第2巻を観ましたので、そちらについて…。

第3話は『ピュアXLR』ということで、砂漠なピュアイリュージョンへ飛ばされたお話…。
冒頭からいきなりお二人は離れ離れになっていて、パピカさんはその世界の住人たちにたすけてもらうのですけれど、その集落に無法者の集団が襲い掛かってきてしまいます。
パピカさんはそれを撃退しようとするのですけれど、彼らの用心棒らしい仮面をかぶった存在に圧倒され…しかもそれはどうもココナさんらしいのです。
頭突きをくらわせた結果その仮面は割れてココナさんは正気を取り戻すのですけれど、その様なお二人の前にココナさんへ仮面をかぶせた化け物が出現、お二人で変身をして何とかそれを撃退します。
ただとどめを刺すには至らず、とどめを刺したのは突如出現した…何とココナさんの幼馴染であるヤヤカさん…。
ヤヤカさんは謎の双子っぽいお二人とともに欠片を集めている(世界征服をしようとしているらしい?)謎の組織に所属しているっぽくって…?

第4話は『ピュアイコライゼーション』ということで、ピュアイリュージョンへの行き来や変身がどうにも安定しないのはインピーダンスが合っていないからだとフリップフラップのかたに言われ、お互いのことをもっと理解するために共同生活をすることになるお話…。
パピカさんがまたココナさんの学校へやってきますけれど、そこで出会ったヤヤカさんから多少の説明はしてもらえ…ヤヤカさんはココナさんがピュアイリュージョンの世界に入る前からこの様なことをしていたということが判明します。
ヤヤカさんはお二人を仲間に誘ってきますけれど、パピカさんが強硬に拒否するのでした。
そしてお二人の共同生活の場なのですけれど、何とパピカさんが用意した土管な家…中は案外きれいにしてあるのですけれど、半ば野宿の様なものです。
けれど翌日、海へ食べ物を採りに行った際に空飛ぶアイテムを紛失、無人島での完全な野宿に転じてしまいます。
さすがに心が折れそうになるココナさんですけれど、パピカさんの存在がそれを癒してくださり、お二人の距離も縮まったご様子…。
翌日には筏を作って島を脱出しようとされますけれど、その様な際にピュアイリュージョンの扉が開いて…?
…ユクスキュルが草を食べようとする際のシルエットが…(何)

ということで、やっぱりまだまだ謎の多い今作ですけれど、今回一番驚かされたのはヤヤカさん…ただのお友達ポジションかと思っていましたのに、まさかこちら側(何)に深く入り込んでいるかただったとは…。
彼女の所属している組織、いえそもそもフリップフラップのほうも何を考えているのか全くまだ解らなかったりするのですけれど、それはまたおいおい解るはずです?
ココナさんとパピカさんのお二人の関係は着実によいものになっていっていますし、謎は多いながらそれも含め楽しい作品なのは確かなところで、続きも楽しみに見守ってみましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は10cm連装高角砲、15cm3連装砲、水偵、紫電改二となり、10cm連装高角砲が出ましたのでまだ救いはあるでしょうか。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在しレベル97の三隈さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施するのですけれど、はじめの出撃からいきなりはじめの分岐で南下というひどい仕打ちを受け嫌な流れとなります。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下の2回となり、南下は抑えられなかったもののよい結果になり、やはり大荒れ傾向は去ってくださった様に感じられます。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動していましたがヲ級さん編成が2回しゅつげんしそちらも達成となりました。
…ただ、順調な傾向の裏返しか、ろ号作戦がまだ50%以上達成にとどまっており少々不安…?

今日からイベントがはじまるということでそのためのメンテナンスが予定されており、運営電文によると21:30終了予定とのことでその時点でちょっと怪しくさらに過去の経験から完全に手をつけられなくなる可能性すらありますので、今日の南西諸島任務は先ほどまでに終わらせておきました。
その結果は…明日の日誌で触れますが、エラーが…(何)


『NEW GAME!』のゲームはデバッグを中心に育成モードを実施した結果、ねねさんのお仕事イベントが9つも発生しました。
そしてマスターアップとなりますけれど、そのあたりの展開はもちろん1周めと同じ…ところが社員旅行の発表の場で突如1周めとは違う展開が発生しました。
社員旅行の行き先について、1周めは北海道だったのですけれど、今回は何と突如沖縄になりました…以前読んでいる原作での社員旅行はスキーでしたので全てそれに準拠してスキーもできる北海道になるかと思っていたのですけれど、そうではなかった模様…。

そのままねねさんルートに突入しますけれど、ねねさんは社員旅行に個人的なお金を払ってたまたま行き先が同じだった、という理由でついてきてしまいます。
けれどバスツアーにはついてくることができず、それでちょっと喧嘩になってしまったりもして…その際にうみこさんに相談をしたりと、うみこさんとねねさんとの関係も描かれていきます。
また、1周めではずっと一緒に行動することもあり一貫してひふみさん視点でお話が進みましたけれど、今回は2日めで別行動となることもあり比較的青葉さん視点が多めの両者視点となっていたり…?
ともあれ、引き続きねねさんルートの結末を見守っていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月28日

いつもの総集編

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○NEW GAME!(5)
○ViVid Strike!(2)
○いつもの総集編
○さようなら雨の日
○BERRY STRAWBERRY SHAKE
○ノープラン
○imprinting
-----
…上2つはDVD、その他は同人誌となります。

DVDはいずれも一連で予約をしているアニメの最新巻となります。
『ViVid Strike!』にはアクリルキーホルダーがついてきました。

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回のものも基本的には冬のイベントで出たらしいものとなり、今回のもので予約・通常注文したものともに一通り届いたことになります。

○いつもの総集編《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
収録作品はちょうど以前購入をしている5冊となっており、楽しく微笑ましい作品です。

○さようなら雨の日《【Spice!】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、大雨の中で凛さんのお家に雨宿りにくる卯月さんのお話…。
このお話でお二人はすでにお付き合いをされているご様子で、けれどお話開始当初はちょっと距離のできている状態…雨をきっかけにお二人の距離が再び縮んでいくさまが百合的にもよいものです(凛さんのお名前が凜、になっていたのは気にしないでおきましょう/何)

○BERRY STRAWBERRY SHAKE《【JESUS DRUG】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊に相当する単行本を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その『ストロベリーシェイク』の続きを描いたお話…。
新装版の最後に収録されたお話の続きとなっており、よい意味で相変わらずなかたがたで、続きを読めたこと自体も嬉しくお話も楽しくよいものとなっていました。

○ノープラン《【JESUS DRUG】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品となり、こちらのみ2015年の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、3つの短編を収録した短編集となります。
いずれのお話もコメディなお話ながらも百合的にもよいものとなっていて、楽しくよいもので満足です。

○imprinting《【ランゲルハンス島】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、親友さんお二人の関係を描いたお話…。
お互いにひそやかにお互いのことを親友以上だと思っている、百合の正統派といえるお話…家庭事情がそのお二人の関係を縮めることになったのですけれど、ともあれ百合的にもよいお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『season standard』などを描かれたかたとなっています。

今回で冬のイベントのアイテムも一段落…『いつもの』な総集編やうづりんカップリング、さらに面白かった単行本の後日談など、最後を飾るにふさわしいといえるものでしたかもしれません?


その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○うらら迷路帖(4)
○音無さんは破壊神!(2)
○神様生徒会部(2)
○いちごの入ったソーダ水(3)
○トモダチヅクリ(1)
○しょーがくせいのあたまのなか(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府(4)
○ひとりぼっちの○○生活(3)
○わたしのご主人様は人間じゃない気がする(2)
○さくらマイマイ(2)
○桃色トランス(2)
○わくわくろっこモーション(3)
○ふるまぷら(2)
○ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante(1)
○ご主人様と獣耳の少女メル(1)
○学園塔に魔女はオドる(1)
○異議ガール!(1)
○男装喫茶ハニーミルク(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『うらら迷路帖』から『しょーがくせいのあたまのなか』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『うらら』から『いちご』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたもの…『音無さん』『神様』はこの巻で最終巻となる模様です。
『トモダチヅクリ』『しょーがくせい』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『止まり木の鎮守府』から『ふるまぷら』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『桃色』『わくわく』『ふるまぷら』はこの巻で完結となる模様です。

その他の作品群、『ガールズ&パンツァー』は気になる作品のコミカライズ版ということで購入をしました。
それ以外の4作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

月末はやはりやや数が多くなりがちで今月も結局結構な数になってしまいました…『うらら』や『止まり木の鎮守府』『ひとりぼっち』『ご主人様と獣耳の少女メル』あたりを最優先にして読み進めていきましょうか。


そして昨日は上で触れたDVDたちのうち『NEW GAME!』の第5巻を観てみました。
…こちらを観ましたので『NEW GAME!』のゲームはお休み…(何)

第9話は『出勤しちゃいけないんですか?』ということでりんさんが風邪を引くお話…。
コウさんはその様な彼女を心配して家まで送ってそのまま看病をしてあげることに…やはりこのお二人の関係はよいものです。
上司お二人がいなくなったため他の皆さんは少々賑々しくなってうみこさんに怒られたりし…ひふみさんは自分がしっかりしようとはされるのですけれど…?
その翌日は土曜日なのですけれど点検が入るらしく出勤は不可能ということで、青葉さんは徹夜で残ってお仕事をしていくことに…アルバイトのねねさんは帰りますけれど、ひふみさんたち3人も残ることにされます。
さすがに深夜まで働き続けると疲れ果ててしまうのですけれど、ひふみさんが見つけた入浴施設で皆さんまったりされることに…。
一方、ねねさんはその素行からついにうみこさんの直接監視下に置かれることに…けれどそのうみこさん、ねねさんのことを結構気に入っているようにも見えて…?

第10話は『正社員ってお給料を安くするための法の抜け穴…』ということで、先のお話では控えることになった土曜日に出勤をされるところから…。
お仕事は楽しいと感じている青葉さんですけれど、多忙さからやや疲れ気味、また土曜日ということで普通に休日を満喫する家族連れなどを目にして何やら複雑な気持ちに…とっさに後ろにいたコウさんが目をふさいでその光景を見せまいとします(何)
一緒に出社することになったお二人は半額で売っていたドーナツを購入し差し入れにするのですけれど、くる人くる人皆さんがそれを買ってきてしまい大変なことに…。
後半はちょっと無理をしている様に見える青葉さんをねねさんが気遣おうとするのですけれど、心配するあまりお仕事のことを非難する様なことを言ってしまい、お二人が喧嘩状態になってしまいます。
ここは青葉さんとねねさんの過去の様子なども見ることもでき、お二人の仲を再確認できるよい機会だったのですけれど、ねねさんが転ぶさまはもう…(何)

ということで、こちらも残り1巻…高いレベルで安定してよい作品ですのでさみしさを覚えてしまいます。
このペースですと最終話は皆さんが現在作っているゲームが完成して終わり、という以前読んでいる原作の第2巻までで、ということになりそうです。
ただ、こちらの原作は本来その2巻で完結予定だった節もあり、アニメの切りとしては以前原作を読んでいる『ハナヤマタ』の以前観ているアニメ版の様に原作はまだ続いているとはいえきれいに終われる場所となっていてよいのではないでしょうか(逆に以前原作を読んでいる『桜Trick』や以前原作を読んでいる『あんハピ♪』あたりの以前以前に観ているアニメ版は中途半端でしたリ伏線が全然回収されていない状態で終わったりしてしまっていますので2期が必要と思えてしまいます)
ともあれ、ちょうどアニメにおけるこの時期あたりのことを描いているゲーム版をのんびり楽しみつつ、最終巻も楽しみにしておきましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は25mm連装機銃、強化型艦本式缶、10cm連装高角砲、九九式艦爆となり、10cm連装高角砲が出ましたのでよい結果なのですが、強化型艦本式缶が最近出すぎな印象…?

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…輸送船エリアへ直行、けれど例によってまたル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃も輸送船エリアへ直行、またル級さんが存在し青葉さん大破衣笠さん中破という異様な大損害を被らされましたがその様なこととは関わりなく任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は本当に過去最悪レベルで大荒れに荒れたこちら、昨日もまたはじめの出撃からはじめの分岐で北上させられた上にボス前で南下という事象を発生させられ不穏な気配が流れます。
その後は3連続でボスへ直行とよい流れに乗れたかと思われたのですが、その後は案の定というかはじめの分岐での4連続北上に転じさせられしかも連続で高速建造材という完全無意味な場所行きにされてしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、先日とは比較にならないほど順調な結果となりましたがそれでも高速建造材という完全無意味な場所へ2回飛ばされたりしていますので比較的悪い結果です。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動しており、ボス到達4回達成時点でヲ級さん編成は1回のみの出現でしたのでそのタイミングで2-3へ潜水艦隊を派遣、南下しての輸送船エリア行きとされ空母撃沈任務のみ達成となりました。

5-3でのレベル上げはかなり順調…かと思いきや、終了しようかなという時間になってから最後の4回連続で分岐で北上という、ちょっと嫌がらせかもと感じてしまう様な事象を発生させられ、気分よく終わることができなくって残念でした。


『スパロボA』の2周めは第32話から…木連との交渉が決裂し彼らの軍勢に包囲されてしまうお話…。
木連の機体は漏れなくディトーションフィールドを持っており攻撃が減衰されてしまいちょっと戦いづらい…しかも初期の敵に加え二波に渡って増援が出現するのでやや大変、というより面倒です?
しかも祝福を持っているかたが何とザンボット3の恵子さんだけというさみしい事態…お金もあまり貯められず、それでも敵は何とか全滅しました。

戦い終わり、木連側では九十九さんは戦死扱いとされ二階級特進となりましたけれど、当の彼はミナトさんに贈る予定でした婚約指輪が銃弾をそらしていたために生存していました。
彼や皆さんは和平への希望を捨てないのですけれど、ただバームのリオン大元帥の際と同じことになってしまい、仮に九十九さんが戻ったとしてもスパイ扱いをされると思われるので事態はそう簡単ではないということになってしまいました。
その様な中、テンカワさんとユリカさんはネルガルの人々の誘導により、知らないうちにナデシコごと火星へボソン・ジャンプをしてしまい…?

その火星にあるという古代文明の遺跡を抑えていたため木連の強硬派は地球との和平を蹴ったわけですけれど、アカツキ・ナガレたちが火星へのボソン・ジャンプを強行したのはそれを乗り越えて和平への道を開こうとせんがためだと純粋なかたがたに思われ感心されてしまい、もちろん彼らの真意は全く違いそうですので…この人、完全なギャグキャラクターですよね…(万丈さんやギャリソンさんは彼の真意を知りつつおだてているっぽいですがそれもまた面白く…)
ただ、その遺跡はすでに第三勢力…久しぶりに登場のメガノイドに奪われてしまっていました。
…草壁中将の演説はかなり独特…木連は本当に『ゲキ・ガンガー』を聖典とし崇めている様子です。

第33話は久しぶりのメガノイドとの戦いとなりましたけれど、昨日はここまで…木連にメガノイドと1周めではその末路の解らなかった勢力がどうなっていくのか、引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月24日

ちびむらさんMAX!

〜拍手のお返事〜
13:00(昨日)/桜花さま>
わざわざの拍手へのコメント、本当にありがとうございます…♪
来期のアニメについて、『フレームアームズ・ガール』という作品の主人公が女の子なのですね…♪
はじめて聞くタイトルの作品なのですけれど、「何と」とおっしゃられたということは女の子主人公というのは意外な展開なのでしょうか…来期は現状まだ他に何も作品を把握していませんし、よさそうでしたら…♪
今期は本当に気になる作品が多すぎて大変です、ひとまず『うらら迷路帖』と『バンドリ』はDVDを予約しまして、あとは『にゃんこデイズ』も購入予定です!
お姉さまは『メイドラゴン』がお気に入りということで、そちらは原作を購入しており『けものフレンズ』『ガヴリールドロップアウト』あたりともども気になるといえばそうなのですけれども…むぅ。


先日はこの様なものが届きました。
-----
これで予約分は…
○えぶりdayおりーぶ!(1〜3)
○ちびむらさんMAX!
○Flash back MAGIC! -春雨トランジスタ 総集編-
○コイノアラシ
○ハツコイシンドローム
○To my precious you
○HAPPY NEW ROCKER
○もっと頑張れでぃ!
○あなたと夢見る水色世界(3)
○くっつきぼし あいのすづくり
○メレンゲドール
-----
…こちらは全て同人誌となりますけれど、一番上のものは以前読んでいる『なのサマ!!』などと同様にコミックサイズなものとなりますので、またいずれ普通の単行本として読んで触れていこうと思います。

その他のものについては、以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届きましたものもやはり基本的には冬のイベントにて出たものとなり、メロンブックス通販で予約をしていたもの…これで予約分は一通り届いたことになりますけれど、まだ通常注文をしているものがいくつかあって…?

○ちびむらさんMAX!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしているものの総集編ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ということでこちらのサークルさまが過去に出された『ちびむらさん!』シリーズの総集編となります。
こちらは小さな卯月さんが凛さんと同居をされるお話でかわいく微笑ましいもの…お二人以外にも何組かのかたがたがやはり片方は小さい子になった状態で一緒に暮らしているのですけれど、それぞれにやはり微笑ましいものなのでした。

○Flash back MAGIC! -春雨トランジスタ 総集編-《【春雨トランジスタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前などに作品を購入しているサークルさまの総集編ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ということでこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
基本的には楽しいコメディな4コマとなるのですけれど、その中にあって卯月さんと凛さん、加蓮さんと奈緒さんの関係も良かったりと色々よいものです。

○コイノアラシ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊に当たる『コイノアカシ』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、お付き合いをはじめた卯月さんと凛さんがテーマパークでデートをされるお話…。
それ自体はよいお話なのですけれど、ただちょっとしたアクシデントでおかしな人たちが卯月さんが(凛さんとは知られなくて)誰かと付き合っているということを知り何やら変なことをしそうという不穏な気配…要するにまだ続くわけで、果たして…?

○ハツコイシンドローム《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらもやはりうづりんカップリングな作品ということかつまた上で触れた『コイノアカシ』とともに購入をした『シンデレラのひみつ』などを描かれたサークルさまということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、お付き合いをはじめたばかりの卯月さんと凛さんのお話…。
お互いに手が繋げないことについてそれぞれ個別に未央さんへ相談されて…こちらはその初々しさが微笑ましいよきものです。

○To my precious you《【まじひま】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらもやはりうづりんカップリングな作品ということかつまた上で触れた『ちびむらさんMAX!』と同じサークルさまということもあり購入をしたものとなり、こちらのみ昨年の11月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、風邪を引いた卯月さんのお見舞いにやってきた凛さんのお話…。
卯月さんは風邪を引いたことを凛さんに伝えておらず、凛さんはそれで色々複雑な気持ち…やや重い雰囲気もあるのですけれども百合的にもよい作品です。

○HAPPY NEW ROCKER《【スクメタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前などに既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りに2人のかたの合同誌となるでしょうか。
前者のかたはもちろんロックなお二人の年末年始の様子を描いており、後者のかたはゲームで声のないかたがたの2ページ漫画を描かれており、後者はともかく前者の4コマは相変わらず百合的にもよいものとなっています。

○もっと頑張れでぃ!《【温狐屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、上で触れた『ちびむらさん!』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、暁さんを中心とした艦娘のかたがたを描いた4コマ…。
4コマということもあり楽しくちょっとおバカなコメディとなっておりそれを素直に楽しめばよいもので、暁さんが微笑ましいフルカラー作品となっています。

○あなたと夢見る水色世界(3)《【すた〜だすとくれいどる】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊の続きとなり今回は部長さんメインのお話…。
部長さんの過去も少し見え隠れしつつ、主人公さんとその先輩さんに置いていかれている気がしてしまった彼女は…やや過激な描写もありますけれど、下の作品に較べるとまだ…?(何)

○くっつきぼし あいのすづくり《【石川プロ】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、やはり例によって以前アニメを観ている作品のお二人を描いたもの…。
今回は引っ越しをした先で荷解きをしている中で中学校時代の制服を見つけて…こちら、年齢制限はないはずなのですけれどもついてもおかしくない描写になっています?
また、今回はフルカラーではなくモノクロになってもいます。

○メレンゲドール《【TWIN HEART】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★》
こちらは以前既刊となる『Share happy doll』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その作品の番外編となるお話…。
番外編ということで、夢の中でのお話となっており独立したものと考えてもよいものといえるでしょうか…メルヘンな世界でのお二人の百合的に高い様子を描いています。

前回届いたものがあんきら、杏さん中心でしたのに対し今回はうづりん中心なものとなっていて、あんきらとうづりんが好きで好きでたまらない身としてはとっても嬉しいこと…『コイノアラシ』はどうにも不穏な終わりかたをしていましたけれど大丈夫ですよね、ね?


『艦隊これくしょん』の開発は15cm3連装副砲、タービン、21号対空電探、失敗となり、悪くはないのですけれども…?
大型艦建造最低値は日向さん…まぁ、そうなるな。
午後の演習ははじめの戦いが昼戦終了後にエラー発生、確認画面では潜水艦隊でしたお相手はいざ挑むと戦艦空母編成に変化しており大敗の上に装備変更の時間も無駄になるという散々なものに…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在し夕雲さんを大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活、ですのでい号作戦進行もあわせ2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施します。
こちらは南西諸島任務終了までに輸送船エリア2回となり、いずれも1戦ルートでしたのであまり…?

さらに同様にい号作戦を遂行するために南西諸島任務用艦隊の一つを2-1へも派遣、先々週はボス到達ばかり、先週はあらぬ方向行きばかりと極端な傾向の続くこちら、昨日は南西諸島任務終了までにボス2回となり、ボス到達のみという結果を得られました。
これだけを見ると南西諸島任務は2-1でしたほうが安定するのでは、と思えるのですけれど、先週はボス到達0回でしたので…?

大荒れ傾向が先週は続いた2-2ははじめの出撃からボス前で南下をさせられしかもレベル96の雲龍さんが一撃大破というどうしようもない最悪の出だしで不穏さしか感じられなくなります。
せっかくのボス前直行をその様なことをされ無にされ、それからははじめの分岐での北上を3連続で発生させられたりし、最終的にはボス到達3回までにはじめの分岐で北上4回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回となり、ボス前直行は2回中2回そこから南下という残念な結果…2-1がなければどうなっていたでしょうか…。
また、ヲ級さん編成は1回のみの出現となりい号作戦へ多少寄与しました。

南西諸島任務終了時点で空母撃沈数は11となりましたので、残りを埋めるために1-4へ機動部隊を派遣していきます。
こちらは今週ははじめの分岐での南下はなく4回出撃し全てボスへ進みい号作戦を完了できたのですけれど、やはり対空カットイン頼みというのは運が絡んできてしまい、1回不発した際には航空戦で瑞穂さん中破という大損害を被ることになってしまいました。

あとは延々1-5へ艦隊を派遣しあ号作戦を完遂させます…山風さんがレベル99に達しましたので旗艦はまたいつも通り五月雨さんに…。
こちらはボス到達15回であ号作戦に必要な規定回数に達したのですけれど、1出撃4戦闘全てで同じかたがMVPを獲得という偏りが2回も発生したり、那珂さんが妙に攻撃を外したりとやや微妙な流れ…とはいえ損害はそこまで出ることなく終えることができました。

これで今週分の週間任務はおおむね完了、あとはろ号作戦を日々の南西諸島任務の際に進めていきましょう。
…毎日大型艦建造をしたりしている関係で鋼材が日々減っていき現在の資源で唯一100,000を切ってしまい、他の3資源も現状維持で増えることはほとんどない状態になっていて、2月の月間任務が終わったら大型艦建造はお休みして回復に転じます、か?(でもイベント開始は2月上旬だといいますし、それでは遅いのかも…?)


『スパロボA』の2周めは昨日はお休み…今日はお金を貯めます?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月19日

なまけんぼうのサンタクロース

先日はこの様なものが届きました。
-----
杏さんが多い…
○なまけんぼうのサンタクロース
○HAPPY×3 CANDY DAYS
○キミガミタセカイ
○あなたのきもちを感じたいの。
○なべどる
○双奏モデラート
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、こちらも基本的には冬のイベントのアイテム…メロンブックス予約のうづりんカップリングなものなどはいまだに発送の気配なし…。

○なまけんぼうのサンタクロース《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしている『モフモフのもりのおばけ』などを描かれたサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、まだ仁奈さんがデビューする前のお話…。
クリスマスの日、仁奈さんは偶然サンタクロースの格好をした杏さんと出会い、一緒に過ごすのですけれども…こちらのサークルさまのこのお二人のお話は相変わらず微笑ましくまた泣けもするよいお話です。

○HAPPY×3 CANDY DAYS《【腹切薬局】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここからしばらくは好きなカップリングの作品等いこともあり購入をしたものとなり、こちらはさらに以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんを中心とした4コマとなります。
4コマということもありこちらはおバカで楽しいコメディなものとなっていますけれど、杏さんときらりさんの関係がよき感じです。

○なべどる《【SGM Works】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、鍋を一緒に食べる杏さんときらりさんを描いたお話…。
それだけといえばそれだけなのですけれど、そのさまが微笑ましくよいもの…また、1ページ漫画として他の何組かのかたがたの鍋の様子も描かれています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『あんずときらりの働かない一日』を描かれたかたとなっていました。

○キミガミタセカイ《【しめじ楼】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらのみ昨年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、魔法のあるファンタジーな世界を舞台にした杏さんときらりさんのお話…。
才能は抜群ながらだらだらしている杏さんの元へ10年ぶりにきらりさんが戻ってくるのですが、彼女は巨大化の呪いをかけられてしまっており、杏さんはその呪いを解くためにきらりさんとともに旅へ出るというもの…お二人の関係も含めよき作品です。

○あなたのきもちを感じたいの。《【しめじ楼】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品となります。
内容としましては、きらりさんの初ステージ前の様子を描いたお話…。
そこへ杏さんとの出会いも絡め、杏さんがきらりさんの不安をぬぐい取ってあげるお話…やはりこちらもお二人の関係がよいものです。

○双奏モデラート《【空色の音】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★》
こちらはオリジナルな作品となります。
内容としましては、アイドルをしている双子の女の子のお話…。
そのお二人の学校での様子を描いたものになっていて、ややお話が短めなのがさみしいところ…ちなみにこちらは過去にいくつか出た作品の続きということにもなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『初恋は君色の』などを描かれたかたとなっていました。

今回は『シンデレラガールズ』…というよりあんきら、杏さんがほぼ全てとなっていましたけれど、どれもよいものでした。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
1冊忘れ…
○月が綺麗ですね(2)
○あとで姉妹ます。(2)
○ちょこメイト
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(9)
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(16)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『月が綺麗ですね』から『ちょこメイト』まではおなじみとなる百合姫コミックスとなります。
前者2つは過去に既刊を読んでいることから、後者1つは問題なさそうなことから購入をしたものとなります。

その他の作品たちは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回は数は少ないもののよいものが多く、以前購入したもので未読なものにも気になるものが結構残っていますけれど、ひとまずはこちらを優先してみようと思います。
…帰ってきてから気づいたのですが上2作品同様に百合姫コミックスで既刊を読んでいる『桃色トランス』の第2巻を完全に見落としていたみたいです、同じ場所に置いてあったはずなのに…仕方ありませんのでまた次の機会に購入します。


『艦隊これくしょん』の開発は15cm3連装副砲、35cm連装砲、零戦21型、零戦21型となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は三隈さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられた上に高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃は無意味無残にボスへ進まされ、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗…。
連日の任務失敗にうんざりさせられますが、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので仕方ありませんので潜水艦隊を2-3へ派遣、北上ルートに乗せられつつも輸送船エリアへ到達、輸送船2の撃沈で3撃沈任務は達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施するのですが…輸送船任務の際は無意味にボスへ直行させられたのに、こちらでははじめの出撃からいきなりボス前で連続南下となり、強烈に不穏な気配が流れます。
その気配通り南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達はわずか1回となってしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア4回うちボス前での南下3回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、ボス前での南下率や高速建造材という完全無意味な場所行きの多い悪い結果になってしまい、輸送船任務とあわせ連日の荒れ模様となってしまいました。


『スパロボA』の2周めは木星トカゲの有人機を回収したところから…そのパイロットはナデシコ内に潜伏していたのですけれど、ゲキ・ガンガーマニアでしたかたの部屋でそのアニメに見入っているところを発見され捕らえられてしまいました。
彼の身分証から木星トカゲの正体はかつて地球連邦に反逆しつつ追放された人々の末裔であることが判明、相手にも同情すべきところがあると解ったりしたことからナデシコのクルーお二人が彼とともに艦を脱出してしまいました。
一方、ベガ星連合軍ではルビーナさんが捕虜になっているかたがたの脱出を手引きしたり、あるいはベガ大王が他の星の勢力の失敗続きに見ていられなくなり自らの勢力を出撃させるに至りました。

第22話は脱出した九十九さんたちを追おうとする中、ベガ星連合軍がリヒテル提督を伴って出現するお話…ダイモスとマジンガーZとグレートマジンガーが強制出撃となったりし出撃枠がやや制限されますのでこのまま先へ進みます。
九十九さんを取り逃がすと代わって敵がグレンダイザーを出してくるのですけれど、そこにスペイザーに乗ったマリアさんとルビーナさんとひかるさんがやってきて、それは偽物だと教えてくださいます…彼女たちは敵に追われておりその敵も新たに出現、それも倒すことになります。
このあたりになると敵のHPが一般敵でもかなり高くなってきてしまっていますけれど、レベル99に達しレベル上げを気にしなくてよくなったサリサディアさんに支援をさせたりすると楽になります…この戦いで新たにフォウさんと一矢さんがレベル99に達しました。
敵を全滅させるとアクセル隊長が出現、ルビーナさんをさらっていってしまいました。

戦い終わり、デューク・フリードの現状を教えていただけ、目的地である月で捕らわれていることが判明しますので救出作戦も検討されることになります。
マリアさんとひかるさんはレベル96で仲間に加わり、それぞれ感応と再動という有用な精神コマンドを持っていますけれど、ここは数少ない感応持ちかつキャラクターもよりよいマリアさんを、ひとまずはミネルバXに乗せます…将来的には量産型グレートマジンガーというものが入手できるはずでそちらに乗せたく、ミネルバXはルビーナさんあたりのものになりそうです?
一方、リヒテル提督はリオン大元帥暗殺の真相、それにエリカさんが小バームにいることを知りそちらへ戻ることとなり、そしてそういえばこれまでお話に一切かかわってこなかったため存在を忘れていたヒイロさんたちの姿も見えはじめて…?

木星連合、木連について、ネルガル重工の会長であるアカツキさんに説明を求めることになり…彼は正体を隠して潜伏しているつもりだった模様なのですけれど、ばれないほうが不思議というほどの杜撰な潜伏でしたみたいで…。
マリーメイアさんも活動を本格化させようという中、デュークさんは脱獄を決意し…?

第23話は木連に包囲されているテンカワさんのお話…彼我のレベル差が激しく危うく、もちろんこのお話もそのまま進みます。
敵の攻撃は避けられないのですけれど幸いレベル48のテンカワさんでも覚醒を1回実施でき加速もありましたので逃げ切ることは可能…途中九十九さんが現れ彼についていったお二人に説得を受けますけれど、火星都市の他の人々を殺されているテンカワさんは聞く耳を持ちません。
そこへ脱出してきたデュークさんがやってきて、さらにはベガ星連合軍も現れてしまい木連は無人機を残し撤退…グレンダイザーを美しいと感じたみたいですけれど…?
そこからまた少し耐えるとようやく他の皆さんが救援にやってきてくださいます…一般な敵でもレベルが98〜99に達してしまっており、ですのでこちらのレベルも概ね…?

戦い終わり、デュークさんは皆さんとともに戦うことにされるのですけれど、そのときギガノス帝国がマスドライバーを地球へ発射、三輪長官が激怒されてしまいそちらの対処を行うことになりました…デュークさんやグレンダイザーもなかなかよいものなのですけれど、もちろん枠がなく…。
一方、デキム・バートンのところにはアクセル隊長がおり、そこに潜入していたヒイロさんたちの前にトロワさんと五飛さんを立ちはだからせます…実際に戦闘シーンになるのですけれど、ヒイロさんの放ったツインバスターライフル、ものすごい映像なのに五飛さんに1000程度のダメージしか与えていない…。
五飛さんはともかくトロワさんはもちろん情報収集のためわざと潜り込んでおり、デビルガンダムの件を伝えてくるのでした。

昨日はここまでといったところ…次のお話も自由枠がわずか8、さらにマリアさんも強制的にドリルスペイザーに乗り込んでの出撃となっていますので、さくさく進めてしまいたいところです?
とはいえ、『よるのないくに2』が発売日未定になってしまったので全く急ぐ理由もないわけですけれども…今作自体相当楽しくプレイできていますので、のんびり満喫します?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月14日

ようせいさんとちいさなねこ

〜拍手のお返事〜
15:26(昨日)/桜花さま>
わざわざの拍手、本当にありがとうございます♪
それに、『艦これ』の改二仕様なかた、運営電文ではぼかした説明になっている中、どなたかっぽいまでお教えくださり、こちらもありがとうございます♪
ザラさんと荒潮さんなご様子とのことで、私の艦隊のお二人もレベル90以上ですので多分大丈夫です!
重巡洋艦がザラさんでしたのは確かに意外でしたけれど、でもザラさんだけでなく高雄さんや愛宕さんに青葉さん、プリンツ・オイゲンさんやポーラさんのどなたがきてもやっぱりとっても嬉しいもので、つまり誰がきても大歓迎なのです♪
荒潮さんもかなり好きなかたですしこちらもとっても嬉しく、どちらも楽しみにしましょう♪


先日はこの様なものが届きました。
-----
CDも…
○ぱーてぃたいむ! 〜その花びらにくちづけを10周年記念アルバム〜
○ようせいさんとちいさなねこ
○サマーカット
○Sweetie!
○栗ちゃんと虫とスケッチブック(13)
○ご主人様とゆきのひ
○DRIED-FLOWERS(1)
○ありがちなスーパー生徒会に所属している斎藤会長と志方さんは恋人同士である。(2)
○ドキドキスキンシップ
○すきのいと(3)
○杖をバトンに持ち替えて
○TRUEHEARTED LOVER
○うちのメイドがおしゃべりで
○ゲス百合
○DAY BY DAY
-----
…一番上はCD、その他は同人誌となります。

CDはタイトル通りのもので、以前最新作をしている『その花』の10周年記念アルバムとなっています。
皆さんで歌う歌や比較的新しい作品の主題歌、あとはラジオの特別篇などが収録されています。
また、ブランケットなども一緒についてきました…エロ乙女認定証、なんていうものまでついてきましたけれど…?(何)

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回届きましたものも基本的には冬のイベントのアイテムとなります。
前回届いたものはメロンブックス通販に予約していたものに対し、今回のものは虎穴通販で予約をしていたもの…あとはメロンブックス通販で予約しているもの第2陣や通常注文分が届いていないのですけれど、前者は委託開始されないものが引っかかって、後者は普通に繁忙期に引っかかって発送の気配が全く見えず、気長に待つしかなさそうです。

○ようせいさんとちいさなねこ《【Magicaltale】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、猫さんな弥生さんと妖精さんな間宮さんの触れ合いを描いたお話…。
こちらはフルカラーの絵本形式な作品となっており、とてもかわいく微笑ましく、少し切ないものの最後はハッピーエンドになってくださり、色々ととてもよい作品でした。

○サマーカット《【Poppy Seed】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしました、こちらは昨年夏のイベントのアイテムとなる模様です。
内容としましては、お仕事のために髪を切ってボーイッシュな雰囲気になったきらりさんと杏さんのお話…。
きらりさんは新境地となるお仕事を張り切って頑張っていますけれど、杏さんにはやっぱり違和感があり…こちらは杏さんからの視点のよいお二人のお話です。

○Sweetie!《【Poppy Seed】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の…上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、ある日突如お仕事にやる気を燃やす様になった杏さんときらりさんのお話…。
その杏さんの変化っぷりにきらりさんはやっぱり違和感を覚え…つまりは上のお話と立場が逆転した作品となるわけですけれど、こちらはこちらでとてもよいものでした。

○栗ちゃんと虫とスケッチブック(13)《【むぎネコ屋】さま/百合度評価:★★☆☆☆(2.0)/★》
こちらは『スケッチブック』の二次創作作品となり、以前総集編を読んだりしているものということで購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に栗原先輩を中心とした皆さんを描いた4コマとなります。
例によってゲストのかたも多くなっており、ここまで巻数を重ねますとよくも悪くも安定したものといえるでしょう。

○ご主人様とゆきのひ《【はちしろ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルの作品となり、こちらは以前既刊となる『ご主人様となつやすみ』を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に獣耳で小さな女の子なメイドさんと、その主人となる女性のお話…。
今作はタイトル通り雪の日のお話で、雪遊びをされたりされます…こちらはやはり微笑ましさやかわいらしさの前面に出たよい作品で、こちらの商業誌版が単行本として今月出るとのことで、そちらも注目したいものです。

○DRIED-FLOWERS(1)《【BiTTERSWEETS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、アンドロイドのいる日常を描いたお話、となるでしょうか。
既刊の続き、というより既刊は予告編でしたわけで、今回が本格的にお話がはじまるわけで、基本的には微笑ましいのですけれどもアンドロイドなかたは旧式になっていて保守の限界が見え隠れしている雰囲気も…こちらは設定などよい感じのものでまた続刊も出てくださる様子ですので楽しみにしましょう。

○ありがちなスーパー生徒会に所属している斎藤会長と志方さんは恋人同士である。(2)《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『DRIED-FLOWERS』の既刊とともに既刊を購入をしていることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとなり引き続きお付き合いをしているお二人の関係を描いたもの…。
この巻では生徒会のお仕事関係のお話になっていて、意地悪をしてくる文芸部部長さんが登場しますけれど…そのかたも含め、百合的にもよい作品となっています。

○ドキドキスキンシップ《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前既刊となる『スキスキスキンシップ』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その続きということで晴れてお付き合いをすることになったお二人のお話…。
お付き合いすることになったのはいいのですけれど、やっていることはその前と変わらないので不満になったりと…やはりそのあたりはまさに正統派といえるお話といえよきものです。

○すきのいと(3)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊の続きとなり今回は先生視点のお話…。
その生徒とは距離を取ろうとしたりするものの、いざ向こうが近づいてこなくなると複雑な気持ちになったりと心が揺れ動くのですけれど、その様な中で最後には彼女にトラウマを与えた過去の人物が現れて…波乱の予感というところで続きます。

○杖をバトンに持ち替えて《【すこやかペンギン】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録した総集編となるでしょうか。
元魔女な女の子がパレードに出るお話、名字が同じ3人の女の子たちのお話、そして世界に二人きりなアンドロイドなかたがたのお話と全く傾向の違うお話なのですけれどもどれもとてもよく、百合的にもそこはかとなく感じられる、これはとてもよい短編たちでとっても気に入りました。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『今日のノルマさん』などを描かれたかたとなっていました。

○TRUEHEARTED LOVER《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
こちらは初版が昨年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
こちらの内容としましては、お嬢さまのそばにいるため侍女になるべく修行を積んできたかたが戻ってくるお話…。
ところがそのお嬢さまは彼女が侍女になることをかたくなに拒んできてしまい…終盤でお嬢さまの本心も明らかになりますけれど、こちらは百合なお話として相当よいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『DRIED-FLOWERS』の既刊とともに購入をしている『ハーウッド家のメイドさんたち』などを描かれたかたとなっていました。

○うちのメイドがおしゃべりで《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも上の作品を描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、隣り合うお屋敷に仕えるメイドさんのお話…。
そのメイドさんお二人はタイトル通りおしゃべり好きでいつも互いのお屋敷のことをおしゃべりしています…その様なお二人の関係がよく、またそれをきっかけに互いの家の主も…?

○ゲス百合《【chico*/CHS】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらの内容としましては、二人のかたの合同誌となり、タイトル通りやや汚いかたがたを描いたお話となります?
前者は結婚してしまった想い人とずっと一緒にいるために色々されるかた、後者は編集のかたと漫画家のかたの関係を描いていて、前者はまだ解りやすいのですけれども後者は読み進めていくうちにこれは…となっていく、恐さとしては後者のほうが強い、いずれにしても百合的にも高めのお話たちとなっています。
…と、こちらに参加されたサークルさま、前者のかたは以前読んでいる『北陸とらいあんぐる』などを描かれた、後者のかたは上で触れた『ご主人様となつやすみ』とともに購入をしている『GROW』などを描かれたかたとなっていました。

○DAY BY DAY《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは年齢制限ありなお話となりますのでご注意ください。
内容としましては、同じお名前を持つ二人の女の子の関係を描いたお話…。
ひょんなことから知り合ったお二人は同じお名前ということで仲良くなっていき、互いに互いを好きだとは思っているものの言い出せずに…こちらはそのまだ友達以上恋人未満なところで終わってしまうのですけれどもそれもまた微笑ましくてよく、でも続きを読んでみたいとも思えるのでした。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ココロとカラダ』とともに購入をしている『GROW』などを描かれたかたとなっていました。

今回はオリジナルなものが中心となりましたけれど、そのオリジナルなものや二次創作なものなど、どれもよいものとなっており満足です。
…現在注文中な作品群も無事に届けばいいのですが…特にうづりんカップリングなものは委託開始待ちなものに引っかかってしまっていて、開始できないならはじめから予約をやめてくださればいいのに…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○双角カンケイ。(2)
○45分間の魔法使い(1)
○ちょっといっぱい!(1)
○ハナとヒナは放課後(3)
○篠崎さん気をオタしかに!(8)
○ガヴリールドロップアウト(4)
○南鎌倉高校女子自転車部(9)
○女子かう生(6)
○小林さんちのメイドラゴン 公式アンソロジー(1)
○うちのメイドがウザすぎる!(1)
○ニーナさんの魔法生活(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『双角カンケイ。』から『ちょっといっぱい!』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものは大判サイズでも4コマでもないものとなっています。
『双角カンケイ。』は過去に既刊を読んでいることから、『45分間の魔法使い』『ちょっといっぱい!』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『ハナとヒナは放課後』から『女子かう生』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ハナとヒナは放課後』はこの巻で最終巻となる模様です。
『南鎌倉高校女子自転車部』は限定版ということでバッグや缶バッジがついてきました。

その他の作品群、『メイドラゴン』アンソロジーは原作を読んでいる作品ということもあり購入をしました。
『うちのメイドがウザすぎる!』は以前しているアサミーナさんとかなさまの放送で教えていただいたこともあり購入…というよりこれは以前読んでいる『ひらり、』で連載されていたもののそちらが消滅してしまい続きが読めなくなってしまっていたあの『つばくま!』ではないですか…。
一番下の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回購入のものたちは非常に気になるものが多く、どれから読もうか迷ってしまいます…『つばくま!』改め『うちのメイドがウザすぎる!』や『ハナとヒナ』『篠崎さん』『双角カンケイ。』あたりを最優先にしつつ今期アニメな『ガヴリールドロップアウト』や『南鎌倉高校女子自転車部』あたりも読んでみたいです?(もっとももう今期アニメでDVD購入確定作品は完全に埋まっていてその2作や『メイドラゴン』はすでに切ること確定になっていますが…/何)
『Lガールズ』について、今回はメロンブックス通販に予約注文しているのですけれど、上で触れた未発送な同人誌の事情の通りに冬のイベントのアイテムラッシュに巻き込まれてしまったのかいまだ発送される気配なし…思ったより今回購入の作品も多いですし、のんびり待ちましょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は3連装魚雷、甲標的、九一式徹甲弾、九九式艦爆となり、徹甲弾が出ましたのでよい結果です。
大型艦建造最低値は利根さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣するものの、無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃も何と無意味にボスへ直行されられ、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗…。
あまりの無残さにげんなりさせられつつ、仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃を実施、はじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされまたも任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船は3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、4回連続でボス前へ直行できはじめの2回はそのままボスへ進めたものの、その次の2回は連続南下とさせられ嫌な流れとなってしまいます。
せっかくのボス連続到達の機会を潰したことにより、その後ははじめの分岐での北上やそこからのあらぬ方向行きも発生させられ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア4回うちボス前での南下3回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、ボス前での南下率が高くまたおかしな場所へも吹き飛ばされるというよくない結果となりました。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動しておりボス到達4回時点でヲ級さん編成は1回のみの出現でしたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、南下しての輸送船エリア行きとされ空母撃沈任務のみ達成としました…が、その後2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成が出現してしまい無意味な出撃となってしまいました…。


『スパロボA』2周めのほうは、昨日はのんびり第16話でレベル上げです。
昨日でブライトさんのレベルも一線級の皆さんに追いつき、またサリサディアさんのレベルもグン・ジェム隊長をかなり追い抜きましたので、今日はまた先へ進めましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月05日

ぜんぶ雪のせいだ。

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○なのサマ!!(7)
○強面オトン提督の娘 総集編
○睦月型のほんとのチカラっ!(9)
○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ(3)
○榛名日和 海戦編(後編)
○妖精艦戦隊 〜ワレ ズイホウ ゼロセンタイ〜
○ひえーの明日はグローバル!
○ひはるびより(2)
○五月雨の降り残してや光堂
○もうドジっこなんて言わせませんから!(2)
○Cinderella Collection [AN*KIRA ASSORTMENT]
○ぜんぶ雪のせいだ。
○杏、ひとりじゃ歩けません。
○PN50
○PI-13
○彼女のくちづけ 感染するリビドー(7)雨宿り
○ヒロインたちのリチェルカーレ
○じゃあ私にもしてよ
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、『なのサマ!!』は以前読んでいる『放課後すずなり倶楽部!』などと同様にコミックサイズなものとなっていますのでまたいずれ読むこととします。
その他の作品については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、今回届いたものは全て冬のイベントで出たものとなり、メロンブックス通販で予約をしていたもの…まだうづりんカップリングなものを中心に別個で予約をしているもの、あるいは虎穴通販で予約しているものがありますけれど、量としては今回のものが最大となるはずです?(そして思ったより届くのがはやかったです/何)
『榛名日和』『妖精艦戦隊』にはクリアファイルがついてきました。

○強面オトン提督の娘 総集編《【パレス犬吠埼】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前に単品としての同人誌を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り過去に出た同人誌の総集編…第1巻と第2巻を収録しています。
前半に4コマをまとめ、短編は後半にまとめている形式…4コマはとにかく微笑ましく、短編のほうは切ないところもあるながらよいお話です。

○睦月型のほんとのチカラっ!(9)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は姉妹愛がテーマということで、より皆さんの仲のよい様子が見られます…提督が登場してしまいましたけれど、こちらは読者の想像に任せる形式ですのでまだ…?

○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ(3)《【migmig】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さめな女の子な提督さんと艦娘な皆さんの日常を描いたお話…。
提督さんは初雪さんみたいなかたなのですけれど、初雪さん自体は登場せず、登場すれば気が合いそうなのですがまさか…それはともかくやはりかわいく微笑ましい作品です。

○榛名日和 海戦編(後編)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、海戦を主題としたお話の後編を描いたフルカラーな作品…。
比叡さんと隼鷹さんを轟沈せしめた(と思われた)強大な深海棲艦との決着をつけるお話で、長門さんが大活躍…また、最後はきれいなかたちでハッピーエンドとなっておりよい終わりかたにもなっており一安心です。

○妖精艦戦隊 〜ワレ ズイホウ ゼロセンタイ〜《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらも上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、瑞鳳さんの艦載機である零戦隊の活躍を描いたお話…。
レイテ沖海戦をモチーフにした戦いが繰り広げられるお話で、やはりなかなか激しく熱いお話となっています。

○ひえーの明日はグローバル!《【かなでや】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.5)/★★》
こちらは以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さな比叡さんの日常を描いたお話…。
今回はタイトル通り海外艦な皆さんとの交流を描いたものとなっており、やはり楽しく微笑ましいものとなっています。

○ひはるびより(2)《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに購入をしている『はるにゃさん』と同じサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り(?)比叡さんと榛名さんカップリングなお話…。
いくつかのお二人な短編を収録していますけれど、いずれも微笑ましくよいもの…お二人は秘密で付き合っているとのことですので百合的にもよいものです。
…ナンバリングが振ってありますが私は既刊は持っていません(何)

○五月雨の降り残してや光堂《【狐姫町】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは五月雨さんが主役な作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、五月雨さんと夕張さんが同じ学校での先輩後輩という関係になっているお話…。
こちらでは夕張さんは少しダメな先輩になっていて一緒に大学へ行けなかったのですけれど…こちらはこの先を読んでみたくなるお話かも?

○もうドジっこなんて言わせませんから!(2)《【かわらそば】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★》
こちらも五月雨さんが主役な作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、提督さんのいない日に五月雨さんが代理を務めるお話…。
提督さんの姿は直接は出てきませんのでそこは想像にお任せということにしておいて、五月雨さんが色々頑張る楽しい作品といえます。
…ナンバリングが振ってありますがやはり私は既刊は持っていません(何)

○Cinderella Collection [AN*KIRA ASSORTMENT]《【asaba-Kan】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、こちらのサークルさまが過去に出されたあんきらカップリングな同人誌の総集編…。
基本的には微笑ましいお話になっているのですけれど、ときには少し重い設定なお話もあり、けれどそれがお二人の関係をよりよいものにしており、こちらは一連で読むとかなりよいものになっています。
…こちらのサークルさまのサークル名、過去の日誌記事で全て間違って表記してしまっていました…申し訳のないことです(でも修正はしない…/何)

○ぜんぶ雪のせいだ。《【タチバナ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらはあんきらカップリングな作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、大雪の降った日の杏さんときらりさんのお話…。
きらりさんは大はしゃぎで雪遊びをするのですけれど、北海道生まれの杏さんは引きこもり…こちらは楽しく微笑ましいものになっています。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『第38期藍本女子高等学校生徒会活動日誌 あいぽん』などを描かれたかたとなっていました。

○杏、ひとりじゃ歩けません。《【スズリンゴ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★》
こちらもあんきらカップリングな作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、杏さんがきらりさんにかなり依存されてしまわれるお話…。
一方のきらりさんもかなり甘やかしており、いわゆる共依存と呼ばれる関係に…こちらは終わりかたがやや不安を覚える終わりかたにもなっていたかも…?

○PN50《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
内容としましては、インテリジェントデバイスに関するお話…。
このサークルさまにしてはなかなか珍しい題材といえますけれど、内容のほうは相変わらずといえば相変わらずの少しおバカで楽しいお話となっています。

○PI-13《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上で触れた前回既刊を購入しておりまた上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
こちらは実際のゲーム中のイベントをモチーフにしたお話になっているみたいで、ゲームをしていない私には解らないところもあるのですけれど、それでも十分楽しいお話になっているかと思います。

○彼女のくちづけ 感染するリビドー(7)雨宿り《【そそう支部】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、今回はお二人で一緒にデートへ出かけたのですけれど雨に祟られてしまい…?
そこで雨宿りをすることになったのですけれど、その場所というのが…一線を越えそうになりますけれどそこはムードを大切にしている様子で、そういうお二人もまたよいもの、そしてまだ続く様子で続きも楽しみにしましょう。

○ヒロインたちのリチェルカーレ《【UnisonBell】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらの内容としましては、修学旅行へ行った3人の女の子たちのお話…。
その3人はその旅行先でクラスメイトな女の子お二人が口づけをしているシーンを目撃してしまい…こちらははっきり言うとちょっと何ともいえない内容になっているのですけれど、以前購入をしている『きみととなりのヒロイン』のスピンオフ的作品となっており、その点では面白いものです。

○じゃあ私にもしてよ《【てくてくあるく】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、すでにお付き合いをしている別のクラスにいるお相手の子が他の子に親しげにしているのを見てやきもちをやくお話…。
確かにそのお相手の子がやっていたことはやきもちをやいても仕方のないもので…こちらは微笑ましく百合的にもとてもよい作品です。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『きらぼしのはこ』を描かれたかたとなっています。

今回はやや数の多い中に『艦これ』『シンデレラガールズ』にサークル【ぱるくす】さまにオリジナルとおなじみのジャンル、サークルさまが揃っていて高いレベルで安定したものとなっており満足です。
…ごめんなさいごめんなさい、1冊同人誌を「なかったこと」にし今後そのサークルさま自体を「なかったこと」にしようと思います…内容自体とは関係ない、我ながら非常に心が狭く責められても仕方ないと解っている理由なので詳細は伏せますけれど、ちょっと気持ち悪くなって…(「なかったこと」ついでに以前購入している単行本群から『ジューンフレンド』という作品も「なかったこと」にしておきます…設定からしてダメそうと思いつつ購入したのですけれど、やはりダメそうで…/何)


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、15cm3連装副砲、12mm単装機銃、零戦21型となり、いつも通りの惨状…仕方ありませんのでその零戦21型を消費して21型熟練を得る任務を消化しておきました。
大型艦建造最低値は日向さん…まあ、そうなるな。
…演習ではこちらが旗艦でないかたの大破1中破1に対しお相手がHP1の大破2その他大破1中破1でC判定敗北というよく解らないことをされてしまい、その他T字不利にされ双方ほとんど損害のないままに終了(一応B判定勝利にはできましたが)と、少々気分のよくない展開に…?(その分他のかたが1〜2人編成としてくださっていたのですが)

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2-5へ水上反撃部隊で、という任務が発生したためこれを同時に実施しることにします。
編成はこれまで通り五月雨さんを旗艦に羽黒さん、夕立さんと朝潮さんと霞さん、阿武隈さんという皆さんで出撃を敢行します。
その皆さんの出撃、初戦は朝潮さん中破に対し敵を全滅、問題の夜戦は完全勝利とし、ボス戦へ…阿武隈さんの先制雷撃は金の軽巡を撃沈しT字有利、五月雨さん夕立さん中破羽黒さん小破に対し戦艦3大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
これで今月のこの任務は完了、1回の出撃で終えられましたのでよい結果といえます。

一方の2-2ははじめの出撃でいきなり高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、その次はボス前で南下、その次でボスへ到達できたかと思えばヲ級さん編成が出現しローマさんが20近い損害を受けるという先が思いやられる展開になってしまいます。
ただ、そのローマさんが結構な損害を受けた戦いから3連続でボスへ直行できよい流れに傾きかけたかと思われたものの、その先はまたあらぬ方向行きを連発させられ悪い方向へまた戻され、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、高速建造材という完全無意味な場所行きの多いよくない結果となりました。
損害も上で触れたローマさんの他ビスマルクさんが小破にまでさせられたり金剛さんも10の損害に酒匂さん中破などひどい惨状…特に戦艦は修理時間がひどくもうレベル90台の戦艦をこの海域に出すのは限界なのでしょうか、けれど代わりになるかたがいない…。

任務について、上で触れた通り2-5のものは終えることができ、残りは新春任務と5-1へものとなり、まずは3-5へ空母を旗艦とし駆逐艦2+αで反復出撃、という任務を実施することとしました。
こちらは空母指定の時点で上ルート確定な上に下ルートでしか使わない駆逐艦を2入れる、という無茶苦茶な指定…上ルートは任務で強制されない限りは出撃せずずっと下ルートで精鋭水雷戦隊によるゲージ破壊を実施し続け今月もすでに破壊済みですので、色々と厄介なことになってしまいました。
昨年の新春任務の際は4番めに出現したのが6-2という当時出撃不能な場所でしたので諦めたわけですけれど、今回は3-5という一応出撃は可能な場所ですので、挑戦せざるを得ません…この様な編成を組んで出撃を敢行してみることにしました。
-----
○大鳳さん(93)・翔鶴さん(99)・瑞鶴さん(99)・筑摩さん(99)・照月さん(99)・初月さん(98)
-----
…上ルートは道中での敵機跳梁があまりに激しいので、この様な編成に…そういえば過去に任務で上ルートを強要された際には五十鈴さんを入れましたけれど、さすがに駆逐艦2が確定の中でさらに軽巡洋艦にするのは火力が危うすぎて…?

その皆さんの出撃、金の軽巡や金のリ級さんに赤いタ級さんなどとの戦いとなる初戦は大きな損害なく敵を全滅、ヲ級さん改率いる金のヲ級さん2金のタ級さん1などというボスとしか思えない非常にきついお相手との第2戦は初月さん中破のA判定勝利、久しぶりにお会いする、そしてお正月なお姿になっていた北方棲姫さん率いる護衛要塞5との第3戦は大きな損害なくA判定勝利とし、ボス戦へ…ツ級さんを旗艦とし金の輸送船2金のタ級さん1などとの戦い、航空戦で駆逐艦2を撃沈、タ級さんの初撃により瑞鶴さんがHP1にされますが敵の全滅には成功しました。
2回めの出撃、初戦は完全勝利、問題その1の第2戦はヲ級さん改が存在せず大きな損害なくA判定勝利、問題その2の第3戦は初月さん中破照月さん小破のA判定勝利とし、ボス戦へ…航空戦は駆逐艦2を撃沈、初月さん大破に対しツ級さんタ級さん大破残存、夜戦を挑み敵の全滅に成功し、この時点で50%以上達成マークがつきました。
3回めの出撃、初戦は完全勝利、問題その1の第2戦はヲ級さん改が存在せず大きな損害なく敵を全滅、問題その2の第3戦は初月さん中破に対しA判定勝利とし、ボス戦へ…航空戦はタ級さん駆逐艦1を撃沈、初月さん大破に対し輸送船1中破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これでその任務は完了、熟練搭乗員と掛け軸が得られました。
そしてこれ以上の任務は出現せず、まずは一安心…大苦戦が予想されましたがストレートでクリアできましたのでこちらもよかったです。
…ただそれでも3-5を上ルートで今後していく気にはなりませんが…。

新春任務は終了、そして月間任務としても残るは5-1へ水上打撃部隊でというもののみとなり、こちらは五十鈴さんを旗艦に長門さんと陸奥さん、山城さん、筑摩さんと利根さんという艦隊を編成、山城さんと利根さんには瑞雲を載せ瑞雲戦法を実施します。
その皆さんの出撃、初戦は完全勝利、問題のそこの分岐は南下し第2戦は完全勝利、第3戦は航空優勢を取り大きな損害なく敵を全滅、ボス戦は金のヲ級さんを旗艦としつつも潜水艦はいない編成が出現し制空権を確保し大きな損害なく敵を全滅しました。
これでこちらの任務も完了、月間任務も一段落着くことになりました。

これで今月はもうのんびりできるのですけれど…6-3とか、様子を見に行くべきですか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年12月09日

仁奈といっしょにおいしいごはんたべるでごぜーます!

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○ぷちでれ!(1)
○仁奈といっしょにおいしいごはんたべるでごぜーます!
○PI-12
○女ヲタのジジョウ
-----
こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたもの同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○ぷちでれ!(1)《【純粋な不純物】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしました、2016年冬のイベントにて出たらしいものとなります(?)
内容としましては、ぷちどるたちのいる日常を描いたお話…。
つまりちょうど先日読みました『ぷちます!』の『シンデレラガールズ』版ということになるわけで、ですのでもちろんかわいく微笑ましいお話になっており嬉しいもの…百合的にもそこはかとなく感じられます。
裏表紙にある様になぜ『ぷちでれ』はないのか、という疑問からご自身で描かれたとのことで、ナンバリングが振ってあることから続刊が出る予定もありそうで期待したいものです…その様な今作は何か違和感があると思えばページの開きが普通の同人誌や単行本とは逆方向になっており、サークルのかたが海外のかた(作中に1ヶ所に見られた文字からおそらく大韓民国のかた?)かと思われそのためかもです?

○仁奈といっしょにおいしいごはんたべるでごぜーます!《【ゆきいちご】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしました、2月7日に出たらしいものとなります。
内容としましては、仁奈さんのお食事事情を描いたお話…。
彼女の母親はおにぎりを作っていってくれるのですけれど、それを一人で食べることが多くさみしさを覚えていて…こちらは百合的には全くないのですけれど、それを置いておいても少し切なくもそれ以上に心のあたたまるよいお話です。

○PI-12《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることから購入をしました、11月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
今回は星梨花さんが謎の病気にかかってしまわれたりと、相変わらずの楽しいコメディ作品となっています。

○女ヲタのジジョウ《【クマシカ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★》
こちらはオリジナルな作品となり、百合ジャンルに区分されていたことから購入をしました、10月23日に出たらしいものとなります。
内容としましては、一緒に暮らしているアイドル好きな二人の女のかたのお話…。
こちらはあとがきにもある通り百合よりもアイドル好き成分のほうが高めとなっています…その方向ではなかなか面白いお話でしたりして?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『すいもあまいもうまいも』を描かれたサークルさまとなっていました。

今回購入した同人誌のかたのおっしゃられる通り『ぷちます!』の『シンデレラガールズ』版、そしてできれば『ミリオンライブ』版もあればいいのに…。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、25mm連装機銃、15cm単装砲、九九式艦爆となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は矢矧さん…。
…イベント期間中ということで皆さん拡張海域へあまり挑まれていないのか、拡張海域の4-5までクリアをしたアサミーナ提督さんのランキングがいまだに500位程度にとどまっており、元帥枠ということで演習に挑まれる機会が多いので極力レベル98かつ装甲値の下がる洋上補給を3つ装備した速吸さんお一人を置いているのですけれど、これが多分一番勝ちやすいですよね、ね?

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2-4への2回出撃任務があと1回分残っており、1回めは鬼怒さんたちの任務と一緒に実施したのですけれどこちらは別に編成制限はありませんので最近出番のない伊勢さんと日向さんを基幹とし木曾さんと阿武隈さん、大鳳さんと飛龍さんによる艦隊を派遣してみます。
その出撃、初戦は完全勝利とし、問題のそこの分岐は東進し第2戦は完全勝利、問題その2のそこの分岐は東進し第3戦は完全勝利、問題その3のそこの分岐はあらぬ方向行きにされ任務失敗…羅針盤さんと3回も戦うなんて無理です…。
2回めの出撃、初戦は完全勝利とし、問題のそこの分岐はあらぬ方向行きとされ早々に終了、任務失敗…。
結局3回めの出撃の順番が回ってくる前に南西諸島任務が完了したため昨日はそれで終了、任務失敗…やはり羅針盤さんを相手にするのは非常につらく、毎日南西諸島任務に混ぜて実施していくしかなさそうです。

一方の2-2、先日は意味不明レベルの大荒れとなったこちらなのですけれど、昨日もまたはじめの出撃から4回連続ではじめの分岐で北上させられる上に2回めの出撃ではやくもボス前での南下を発生させられ、連日の絶望的な空気が流れてしまいます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリアへはボス前での南下の1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、よくはないもののそれほど悪くもない結果に収まりました。

とにかく2-4への出撃任務が問題…初戦終了後の分岐で1/3な確率のはずな北東へ進むことができればボス到達を確定できるはずなのですが…。
ただ伊勢型のお二人を久しぶりに使えたのはよかったことで、特に日向さんは台詞がやっぱり妙に面白く感じられたりして…最上の奴も頑張っているか?

5-3でのレベル上げでは酒匂さんのレベルを多摩さんや那珂さん同等の61まで上げられましたので以降は日々の2-2で使い続けることにし、代わって遠征でレベル17になっていた朝風さんを入れて他の駆逐艦の皆さん同等まで上げることにしました…さっそく大破してしまいましたけれど表情が相当痛々しい…。
また連続で艦隊を北行きにされたりしてしまったのですけれど、その北行きでこちらの攻撃はお一人だけ命中でき相手を小破、対するお相手の攻撃は何と全て外れとなりその小破の微妙なダメージ分のみでB判定勝利という出来事が発生…さすがにこれは驚きました。

今日でイベントも終わりとなり、私は早々に目的を達成してしまったことから通常モードに戻っていましたけれど、とっても大好きなあのかたもクリアをなされたということでまずは一安心…あとはお一人でも多く新しいかたをお迎えできていらっしゃれば幸いですけれども…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年11月13日

花、星と月

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○キミマチ
○花、星と月
○liaison
○Flower fizz(1)
○吾妻さんと板倉先輩は恋をする。
○宿屋で満足するしかない
○ぬきさしならない。(2)
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、一番上以外の作品は全て10月23日に出たらしいものとなります。

○キミマチ《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『ぷちちゃんといっしょ!』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をした、9月25日に出たらしいものとなります。
内容としましては、ロックなお二人がお仕事の関係で1ヶ月一度もお会いできない状況に置かれることになったお話…。
李衣菜さんは途中で夏樹さんのお部屋にこっそり行くことになるのですけれど、そこから行き違いが起こることになって…こちらは百合的にも高く微笑ましいよいお話です。

○花、星と月《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
ここから下は全てオリジナルな作品となります。
こちらの内容としましては、好きな先輩が突然髪を切ってしまったお話…。
それを見た後輩さんはショックを受けるのですけれど、彼女が髪を切ったのには微笑ましい理由があり…最後には第三者のかたのお話もありますけれど、それも含め百合的にもよいお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ゆりかとさゆりは恋人同士。』などを描かれたかたとなっています。

○liaison《【corner】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、クラスの副委員長さんと引きこもりの女の子のお話…。
副委員長さんは打算からその引きこもりな子に接近して学校へこさせようと説得をされるのですが…こちらは当初は最悪な関係でしたお二人の関係が近づきつつ、さらに最後にちょっとした急展開もあって面白いお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『寮の幽霊に迷惑しています!』などを描かれたかたとなっています。

○Flower fizz(1)《【ヒイラギ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録したものとなります。
どのお話も百合的にももちろん内容のほうもとてもよいもので、百合の正統派な作品としてかなり好みで満足…何気にナンバリングが振ってありましたけれど、いずれ続刊を出してくださるのでしょうか…。

○吾妻さんと板倉先輩は恋をする。《【ソラミント】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、部活の先輩と後輩さんのお話…。
先輩さんは人目を惹く美人さんなのですけれど、ある日後輩さんに告白をしてきて…こちらは正統派な先輩後輩の百合なお話となっておりよきものでした。

○宿屋で満足するしかない《【FUNNYロケット】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、ファンタジーな世界で勇者を目指す女の子が宿屋で働くことになるお話…。
その宿屋の主人が(元魔王らしく)かなり強く、それに惹かれて弟子入りした先が宿屋でしたわけで…こちらは楽しく面白いファンタジーなお話で、この先の皆さんのお話も読んでみたくなるのですけれど…?

○ぬきさしならない。(2)《【U.M.E.PROJECT】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
こちらの内容としましては、お付き合いをされている女の子のお話…。
学生さんながら一緒に暮らしてお付き合いをしているっぽいお二人のお話なのですけれど、後半では百合な絵を描くのが好きな人が登場し…こちらはややおバカなコメディとしても面白い作品といえるでしょうか。
…ちなみにナンバリングが振ってあり確かに第1巻に相当する作品は存在するのですが私は持っておらず品切れでもう購入もできません(何)

今回の同人誌はオリジナル中心となりましたけれど、よいものが多くかなり満足できたといえます。


その様な先日はこの様なものを購入もしてきていました。
-----
コミックも…
○ウィーンで歌ってみて(1)
○球詠(1)
○Lガールズ(3)
○さばげぶっ!(12)
○なり×ゆきリビング(2)
○女子高生VS(2)
○少女騎士団×ナイトテイル(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『ウィーンで歌ってみて』『球詠』はおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
今回はいずれも何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『Lガールズ』から『女子高生VS』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『なり×ゆきリビング』『女子高生VS』はこの巻で最終巻となる模様です。

最後の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回購入した作品もなかなか気になるものが多いのですけれど、未読の作品にもまだ気になるものも多く、それらも含め気の向いたものから優先して読んでいくこととしましょう。
ただ、月末は今月同様に結構大変なことになることが予想されますので、それまでには一通り読み終えておきたいところです?


『艦隊これくしょん』の開発は九四式爆雷、25mm3連装機銃、12cm連装高角砲、零戦52型となり、改修に必要な零戦52型が出たのでよい結果です…これと41cm連装砲はいくつあっても足りません。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗な上、さらに無意味にヲ級さん編成に遭遇させられ加古さん大破の大損害…。
2回めの出撃もまた無意味にボスへ直行、通商破壊艦隊は何らその任を為すことなく任務に完全失敗…。
早々にうんざりさせられる展開、また昨日は輸送船5撃沈任務も発動していたため潜水艦隊を2-3へ派遣…しますが何とこちらまで無意味なボス行きで任務失敗…。
2回めの出撃は初戦で伊19さんが中破させられた上にまた無意味に…何なのですこれ…。
潜水艦隊も何ら為すことなく任務に完全失敗しもう意味不明な事態になり完全に嫌になってきてしまいながら、仕方ありませんので特設艦隊を編成し2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、輸送船任務の際にあれだけ無意味にボスへ進まされそれだけで4回到達していたのですからもちろんこちらでもどんどんボスへ進行…するはずもなく、2回めの出撃で早々に高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされその後もはじめの分岐で4連続北上させられるに至り、むしろ(もちろん?)そこで無駄な運を吸い込まれてしまったかたちになってしまいました。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア1回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、2連続で高速建造材という完全無意味な場所行きにされたりと、輸送船任務と合せてみると大荒れといってよい結果となりました。
損害は南西諸島任務のほうはそこまででもなかったのですけれど、輸送船任務のほうが…。

南西諸島任務の1回の輸送船エリア到達で輸送船5撃沈任務、それにろ号作戦も完了となり1-5への3回出撃任務が発動、昨日は2回実施しました。
その出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は鳳翔さんが大破させられつつ敵の全滅には成功しました。
これで今日は1回出撃するだけで任務達成となるはずです。

あとはのんびり5-3でレベル上げなのですけれど、何と2回連続ではじめの分岐で北行き…ところがそのはじめの出撃ではこちらが全員無傷、2回めはお相手の旗艦撃沈に成功しいずれもB判定勝利を得られ、特に全員無傷というのには驚かされました(ときには逆にお相手が全員無傷、という事態も生じるのが対潜装備満載での北行きではありますが…)
その後も連続で北行きという無情な事象が発生、3度めはB判定勝利を得ましたがさすがに4度めは…こうも北行きを乱発されること自体、悲しく運の悪い事態なわけですが…。
…ところが最後に普通の装備をした駆逐艦6人で北行きを実施すると初戦をまた完全勝利どころか第2戦まで完全勝利…これはこれでものすごく驚いてしまいました(これなら普通に北行きでレベル上げをすればよいのでは、となりますが大鯨さんと明石さんのレベル上げも兼ねていますので、最低でもこのお二人のレベルが99になるまでは潜水艦ルートで…)


『Fate/EXTELLA』ですが…ごめんなさいごめんなさい、再プレイの『その花』のほうを優先してしまっている現状…。
いえ、アサミーナさんの外見をほぼ完全再現できている点はいいのですけれど、ゲームシステムが私にはややややこしくついていきづらいものになっていたり、やはりアクション面が強い戦闘がちょっと…慣れれば大丈夫、と信じてゆっくりやっていきますので…(それ以上にやはり『その花』が微笑ましすぎて癒される、という点も大きく…)
以前している『よるのないくに』の新作も同様にアクションな作品になるかと思いますけれど、難易度としてそちらのほうが低ければそちらを先にやって慣れていく、というのもありかも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年10月29日

はるにれ鳥が飛び立つとき

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○放課後すずなり倶楽部
○ゆりぼん
○月夜の乙女たち
○大人百合合同誌 Bouquet
○アクアリウムはじめよう!(2)
○静かな樹海のミトリ はるにれ鳥が飛び立つとき
○スキスキスキンシップ
○ねこみみセーラータイム
○ポインティリズム
○イエロー
○隠密一家 えくすとら!
○三夏の恋人にはほどとおく。
○フタリノセカイ
○星にのれなかった少女
-----
…こちらは全て同人誌となります。

『放課後すずなり倶楽部』は(表紙カバーはありませんが)コミックサイズのものということで以前読んでいる『恋色証明』などと同様に普通の単行本として扱いいずれじっくり読もうと思います。
先日の大量に購入してしまったコミックたちがありますので、いつ読めるかは解りませんが…(何)

『ゆりぼん』については諸々の理由により後程触れます。

では、その他の作品たちについては、以前購入をしているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、今回届いたものは全てオリジナルな作品となり、特筆されていないものは全て10月23日に出たらしいものとなります。

○月夜の乙女たち《【夢猫通り/よあけのピアノ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては2つのサークルさまの参加された合同誌となり、片方のかたは以前購入をしている『ひとりぼっちのGroupie』などを描かれたかたとなります。
お話のほうは大正期あたりの雰囲気を醸し出す女学園を舞台にした、正統派といえる淡い百合なお話…4つのお話が収録されていますけれど全て繋がったお話になっており、やはりこの時代の独特な雰囲気はよいものです。

○大人百合合同誌 Bouquet《【OKB】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、結構な人数のかたが参加された合同誌となり、以前購入をしている『後藤さんと岸田さん』を描かれたサークル【なすこん】さまやそれと一緒に購入をしている『君と』を描かれたサークル【鹿嵐屋】さまといった私が同人誌(や単行本)を持っているかたも参加されていらっしゃいます。
タイトル通り大人の百合をテーマにしたものなのですけれど、収録作品は上の作品同様に全て登場人物の共通した繋がったお話となっており、同じカップリングのお話を別のかたが描いたりしておりその意味でもなかなか面白いもの…ボリュームもかなりあり、大人なかたがたのお話ということでやや重かったりするところもあるながら百合的にもよい作品です。

○アクアリウムはじめよう!(2)《【梅の実画報】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらの内容としましては、以前購入をしている既刊の続き…いよいよ熱帯魚の飼育をはじめることになります。
そのあたりの解説もなかなか詳しく、またお二人の関係も一歩進み百合なものとなっていき、その意味でもよいものとなっています。

○静かな樹海のミトリ はるにれ鳥が飛び立つとき《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★★》
こちらの内容としましては、以前購入をしている既刊と同じシリーズのお話…ちょっと旅に出たミトリさんたちが怪我をした鳥に出会うお話…。
こちらはやはりファンタジーでよいお話になっていて、百合を気にせず購入しているものなのですけれどもやはりよいものです…別に恋愛至上主義者ではありませんので…(何)
…樹海、といわれるとこの作品の影響で迷宮が思い浮かんでしまう…(何)

○スキスキスキンシップ《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらの内容としましては、親友さんに片想いをしている女の子のお話…。
お相手の子が拒絶したりしないのでスキンシップを激しく取っていくのですけれど、ある日その子が告白を受けているところを目撃してしまい…こちらは親友という関係の正統派な百合のおはなしとなっておりよきものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『あしたから夏休み』などを描かれたかたとなっています。

○ねこみみセーラータイム《【くるみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは今年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、猫耳(一部別の動物も…?)な女の子たちの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
その皆さんの微笑ましい様子を楽しむ作品といえますけれど、百合的にもそこはかとなく感じられ…?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ねこねこクーヘン1234』などを描かれたかたとなっています。

○ポインティリズム《【いえぱれ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、正反対な性格のお二人の友情を描いたお話…。
お互いの進路のことについて葛藤したり嫉妬してしまったりしながらもよい関係を築いていく、こちらは百合というよりは友情なお話なのですけれども、それでもお二人の関係は非常によいものでこちらも正統派といえるよいお話…また、こちらの作品はフルカラーなものとなっておりそのイラストもよいものとなっています。

○イエロー《【煮込みオムライス】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、コンタクトレンズをなくして目がほぼ見えなくなってしまった女の子と、その子に付き添ってあげる女の子のお話…。
こちらも親友さんを題材とした、やはり友情寄りといえるものですけれど、楽しく微笑ましいコメディ寄りのお話…もちろんそういう作品もよいものです。

○隠密一家 えくすとら!《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★》
こちらは今年の1月31日に出たらしいものとなります。
内容としましては、獣耳な皆さんの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
メインは狐なお二人となるのですけれど、こちらは本編の番外編らしい…ただ私はその本編を全く持っていないのでそこは残念ですけれど、それでも普通に楽しめるくらいにはなっているかと思いますよ?

○三夏の恋人にはほどとおく。《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、上の作品のお二人が遭難してしまうお話…。
その中で不思議な果物を食べてしまい、本音が抑えられなくなるのですけれど…こちらも番外編だというのですけれど(以下略)、でも百合的なことも含め十分楽しめるお話になっていると思います。

○フタリノセカイ《【Twin Braid glasses】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは9月18日に出たらしいものとなります。
内容としましては、気持ちをストレートに表現する女の子とそれを軽くあしらっている女の子の関係を描いたお話…。
もちろんその後者の女の子もお相手の子のことが好きなわけで…ですのでこちらも正統派といえる百合なお二人を描いたものとなり、またそのお二人の友人な女の子と先生の関係について、こちらではただの背景程度かと思ったのですけれど…?(何)

○星にのれなかった少女《【Twin Braid glasses】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらも9月18日に出たらしいものとなります。
内容としましては。先生に惹かれる生徒さんのお話…。
お二人は親しい関係になるのですけれど、でもその先生は結婚をしてしまい…それで終わればこれもある意味で正統派な流れといえる悲恋なのですけれど、ここから上の作品に繋がっていきます。

今回は全てオリジナルな同人誌となりましたけれど、合同誌などボリュームも多いものも多くよいものが多く満足でしょうか。


また、その様な先日はこちらも届いてました。
-----
ゲームも…
○その花びらにくちづけを 初めて出逢ったあの日から
-----
…こちらはPCなゲームとなり、年齢制限ありな作品となりますのでご注意ください。

タイトルから解る通り、こちらは以前しているシリーズの最新作となります。
璃紗さんと美夜さんの出会いのお話らしく、それはつまり以前している『ミカエルの乙女たち』ではないのか、と不思議にもなりますけれど、実際にやってみれば解るでしょう。

ただ、昨日は時間がなく手をつけられず…百合なゲームは以降以前している『FLOWERS』秋編のヴィータさん版くらいしか把握していませんし、焦らずのんびりすればよさそうでしょうか。


では、上で触れました…
雑誌の様な…?
…『ゆりぼん』について軽く触れてみます。

わざわざ別枠を設けてみたのは、こちらは装丁や厚さなど、同人誌ながら完全に雑誌といえるものでしたので…ちなみに以前読んでいる『ユリボン』とは関係ありません(何)
付録としてアクリルキーホルダーやエコバッグ、ノートがついてきています。
こちらは本当に雑誌そのものの作りとなっており、偽広告もあったり、また読者コーナーもかなりしっかり作られています…読者コーナーは偽物ではなく、お勧め百合漫画では個人的には結構意外と感じる作品が高評価でした他私の知らない作品がいくつか(『ななしのアステリズム』『羣青』『蝋燭姫』など…)存在し購入すべきかとも考えたのですけれど現状未読な作品が多すぎますし、どうしましょう…?(何)

作品を収録された作家さまについて、私が単行本などを持っているかたとしてましては作品の掲載順に以前購入している『彼女のくちづけ 感染するリビドー』などのサークル【そそう支部】な寄田みゆきさま、以前読んでいる『恋愛ログ』などの竹宮ジンさま、以前読んでいる『あやめ14』などの天野しゅにんたさま、以前読んでいる『ライカ、パブロフ、ポチハチ公』などの四ツ原フリコさま、上で触れたサークル【なすこん】なやまもとまもさま、上で触れたサークル【よあけのピアノ】なひるのつき子さま、以前読んでいる『午後6時のシンデレラ』などのちさこさま、以前読んでいる『月と世界とエトワール』などの高上優里子さま、以前購入をしている『あなたじゃなきゃだめなの』などのサークル【luciole】の吉沢蛍さま、それと一緒に購入をしている『ココロとカラダ』などのサークル【ゆりりんの素】のゆりりんさま、それと一緒に購入をしている『明日死ぬなら何したい?』などのサークル【味市】のアジイチさま、以前読んでいる『茜色のキスは屋上で』などの百乃モトさま、以前読んでいる『住めど地獄のインフェルノ』などの春日沙生さま、以前購入をしている『ハーウッド家のメイドさんたち』などのサークル【BouquetBlanc】のななせ悠さま、以前購入をしている『ゆりかとさゆりは恋人同士。』などのサークル【Usagisan-Books】のやとさきはるさま、以前購入をしている『もとめよ、さらばあたえられん』などのサークル【少女2乗】の奥たまむしさま、以前読んでいる『理由もなく悲しくなるの』などの袴田めらさまがいらっしゃいました。
このメンバーでしたらあのかたやあのかたなどがいらしてもおかしくない気がしますけれど、ともかく現状百合雑誌やアンソロジーでも集められないのではと思えるほどの錚々たるかたがたがいらっしゃいました。

本編はもちろん百合な短編の収録されたアンソロジーといったところ…これだけの量の百合短編を読む機会は久しくありませんでしたから嬉しい悲鳴といえます。
これだけのかたがたが参加していらっしゃいますのでお話もバラエティ豊かで満足のできるもの…3つ4つほど過去に読んだことのあるものが収録されていましたけれど、大きな問題ではありません。

次号予告が一応書かれていますけれどそれは嘘予告…あくまで同人誌ですので次はない、のかと思われます?
それでもここまでの、質や量ともにかなり高レベルな雑誌といってよいものが出てくださったのは非常に嬉しいところです。


『艦隊これくしょん』の開発は14cm単装砲、35cm連装砲、失敗、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…やはりやる気のない羅針盤の妖精さんはいけません…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、例によってル級さん+輸送船2といううんざり、げんなりさせられる大外れ編成と遭遇させられますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので2の撃沈のみで3撃沈任務は達成となるのでした。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2回めの出撃ではやくもボス前での南下を連続で発生させられ早々に全てを諦め無心で出撃を繰り返していく事態に…南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達わずか1回でも気にせず連続出撃を実施していきます。
その後は3回連続でボスへ直行したりと持ち直したかと思われたのですけれど、その後はまたボス前での南下を発生させられたりと不安定化、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア6回うちボス前での南下4回となり、ボス前での南下を抑えられない荒れた結果となってしまいました。
損害も先日に引き続いてプリンツ・オイゲンさん小破をはじめローマさんとビスマルクさんといった海外のかたがたを中心に大損害を被ります。

この数日南西諸島任務が大荒れ気味で輸送船エリアへ飛ばされ続けた結果もちろんろ号作戦が完了し、1-5への3回出撃任務が発動しましたので、1日に1回ずつ出撃して実施することにします。
昨日の出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。

あとは5-3でレベル上げをするのですけれど、昨日は羅針盤さんが非常に不機嫌で4回連続など3/4で北へ飛ばされるという意味不明な事態に陥ってしまいました…運がよければA〜B判定勝利を得ることもあるのですけれど、大体はC判定敗北、ときどきD判定敗北となってしまいます…(潜水艦へ行けば8割がたS〜A判定勝利、ときどきB判定勝利やC判定敗北になります)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年10月06日

私がお姉ちゃんって呼びますねっ

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○私がお姉ちゃんって呼びますねっ
○CUBE
○あなたと夢見る水色世界(1・2)
○うさみみ姫と恋のまほう
-----
…今回は全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○私がお姉ちゃんって呼びますねっ《【木漏れ日亭】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、五月雨さんメインのお話ということで購入をした、9月25日に出たらしいものとなります。
内容としましては、五月雨さんが夕張さんの妹になろうとされるお話…。
五月雨さんは夕張さんに姉妹艦がいないことからその様な提案をされ、夕張さんはそれを魅力的と感じるもののけれど姉妹以上の関係になりたいと考えているために悩むことに…そういうことで百合的にもよいお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ゆっくりと、またひとつ』などを描かれたかたとなっています。

○CUBE《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらは『その花』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、「○○しないと出られない部屋」なる部屋に入れられたかたがたのお話…。
入れられたのはいつもの2カップリング(で解りますよね、ね…)なわけで、まずまず悪くない作品といったところでしょうか。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『薄紅葉』などを描かれたかたとなっています。

○あなたと夢見る水色世界(1・2)《【すた〜だすとくれいどる】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、いずれも百合が期待できそうなことから購入をした、こちらは第2巻が夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、とある高校の大空管理部なる部に入部した女の子のお話…。
彼女は素敵な先輩に惹かれて本来普通の生徒は入ることのできないその部に入り、その先輩さんと姉妹の関係になったりするのですけれど…こちらはまだ続きそうな作品で、なかなか悪くないものです。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『みゅ〜こん!』などを描かれたかたとなっています。

○うさみみ姫と恋のまほう《【すた〜だすとくれいどる】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、9月24日に出たらしいものとなります。
内容としましては、クラス委員の女の子に憧れる地味な女の子が魔法で変身してその子に近づくお話…。
3日以内にその子とキスをすればずっとその変身したままの姿でいられるということで、何とかしようとされるのですけれど…こちらは百合的にも高めのよいお話です。

ということでやはり五月雨さんはかわいいです!
あと、やはり『みゅ〜こん!』の作者さまの作品といえばスクール水着、これは間違いない模様です(何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、41cm連装砲、25mm連装機銃、九六式艦戦となり、41cm連装砲が出ましたのでよい結果です。

その様な昨日はメンテナンスがあり、秋津洲さんに曙さんや瑞穂さん、秋雲さんやローマさんに限定グラフィックが…皆さん何か食べていらっしゃいます?
また、基地航空隊が実装されたそうながら、そちらは6-4と6-5という私には関係のない場所でしか使えないそうですので…。
基地航空隊関連の任務もあるそうながら、私のところには出てこず…。
家具は何も増えておらず一安心…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3の撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられさらには(また)無意味にボスへ進まされ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられしかも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、通商破壊艦隊は2日連続で何ら為すことなく任務に完全失敗という無残さ…。
仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、はじめの分岐で北上させられしかもまた高速建造材という完全無意味な場所…。
2回めの出撃もまたはじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれどル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…こうなるともう嫌がらせとしか思えないのですが…。
完全にうんざり、げんなりしましたので潜水艦隊を2-3へ派遣、北上させられつつ輸送船エリアへ到達し任務達成となりました。
…本当、高速建造材という完全無意味な場所は永久に消滅すればよいのに…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は大荒れで途中で放棄した上に昨日の輸送船もこの有様ではやくも嫌な予感しかしないこちら、昨日もはじめの出撃からいきなりボス前で南下させられしかもル級さんにより飛龍さんが一撃大破を受けはやくもげんなり、うんざり気味…。
その後は連続でボスへ直行できたのも束の間、次は連続で高速建造材という完全無意味な場所行きとされてしまい、しかも南西諸島任務用艦隊が1巡した時点で戦艦が4中3も被弾しており先の飛龍さんと合わせ損害がすでにげんなりするレベル…損害を受けなかった残り1は高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされただけのことで、これはこれでげんなり…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリアへはボス前での南下のみの2回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、よくはないものの大荒れとまではいかない結果ながら、輸送船任務とあわせて見るとやはり大荒れレベル…特にはじめの分岐で北上させられるとボスへ進む気がしません(ボス前での南下2回はいずれもはじめの分岐で北上させられた末のことで、つまり昨日のはじめの分岐で北上させられた際のボス到達回数は0…)
むしろ損害のほうが恐ろしくひどく、飛龍さん大破ビスマルクさんウォースパイトさん軽空母1小破、戦艦空母全員被弾という意味不明なレベルでの大損害…損害を被った総人数も出撃24人中21人と、入渠ページを見るだけで吐き気を覚えるレベル…。

と、いつの間にか2-1への出撃任務も出現していましたけれど、昨日は実施せず…。
文面からしてどの様な艦隊で出撃しても大丈夫そうですので、今日から南西諸島任務用艦隊のうちの1つをそちらへ派遣してのんびり実施しましょう…いえ、2-1って2-4並に羅針盤さんに苦しめられた記憶があって…。

疲れつつも少しだけ5-3でのレベル上げも実施したのですけれど、こちらはこちらで不可解な事象が発生…
明石さんが…
…何と明石さんがMVPを獲得しました。
いえ、分岐で北上させられた上に明石さん以外全員が攻撃を外し敵撃沈数0のD判定敗北を受けただけなのですけれども、それにしても明石さんがMVPとは非常に貴重な気が…(ちなみに5-3の分岐で北上させられると対潜装備なため概ねこの様な結果になるものの、ただ場合によっては敵が全ての攻撃を外してA〜B判定勝利になることもあります)


『世界樹の迷宮5』はお金を貯めるのですけれど、浮遊したままで下の階へ行けることが判明…これで22階と21階でマップが埋まっていなかった上半分が埋められましたけれど結構複雑な移動を要求され、これは過去の階も見落としがあるのではないかと不安になるかも…(特に2階あたり、やはり上半分が不自然に空いていて…上層の階は明らかに隠し通路があるものの今は進めない、という趣っぽいのですけれども)

それでも素材集めや敵集めのアイテムを用いて何とか全員の装備を整えることはできましたので、今日はまた先…24階へ進んでみましょう。
…ところで、素材集めの際「!!ああっと!!」とかいって敵の不意打ちを許すのを何とかしてください…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月29日

ひえーちゃんのなつやすみ写真館

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○ひえーちゃんのなつやすみ写真館
○ショートショートショート
○ホシアイ
○season standard
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○ひえーちゃんのなつやすみ写真館《【かなでや】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(0.5)/★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、小さな比叡さんとイ級さんの夏休みの模様を撮った写真集となるでしょうか。
写真は(青葉さんが撮った)実際の風景となっており、そこに比叡さんとイ級さんがいるというもの…微笑ましいものなのですけれど、ボリュームがかなり少なくて…?

○ショートショートショート《【百景】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、百合が期待できそうなこともあり購入をした、こちらも夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、様々なカップリングを非常に短い短編で描いたもの…。
あとがきなどに基本的に投げっぱなし、と書かれている様に個々のお話は非常に短いものですけれど、百合的なことも含めなかなかよいものとなっています。

○ホシアイ《【TWIN HEART】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『白愛』の二次創作作品となり、気になるジャンルの作品ということで購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、なおさんルートのその後を描いたお話…。
なおさんといえば本編では非常に怖いかたでもあったのですけれど、こちらではその様なこともなく微笑ましく百合的にも高いものとなっており一安心…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Share happy doll』などを描かれたかたとなっていました。

○season standard《【ランゲルハンス島】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらはオリジナルな作品となり、以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、こちらも9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にアイスクリーム…コンビニエンスストアに並ぶ某高級な雰囲気のあるアイスクリームカップの擬人化作品となっております。
今回はバニラさんの元に期間限定なラムレーズンさんが戻ってくる、というもの…こちらは百合的によいお話となっています。

今回は見事に全てジャンルがばらばらのものが1冊ずつ…小さな比叡さんとイ級さんはかわいいのですけれど、ボリュームが…。


その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
CDも…
○世界樹の迷宮5 長き神話の果て ORIGINAL SOUNDTRACK
○きんいろモザイク(7)
○幸腹グラフィティ(7)
○カスタムメイド!(2)
○裏庭には…!(2)
○きらりブックス迷走中!(1)
○あじさいプラネット(1)
○リトル・リトル・アリス(1)
○のんのんびより(10)
○Lガールズ(2)
○星屑ネバーランドガーデン(2)
○里山ごちそうスケッチ(2)
○御伽楼館 新装版(2)
○マギサ・ガーデン アクセル・ワールド/デュラル(7)
○ラブライブ!サンシャイン!!(1)
○だーがしゅか(1)
○おふれこタイムス(1)
○同居人が不安定でして(1)
-----
…こちらは一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは今現在しているゲームのサントラ…今作の音楽もかなりよい感じということでサントラを購入してみました。
その作曲者の古代祐三というかたのお名前、どこかで見覚えがあるかと思えば以前第3作をしている『七竜』シリーズのサントラででした…つまり同じかたが作った曲というわけで、『七竜』の曲も非常によいもので(手にするのが遅かった無印以外)サントラを購入していますし、どうりでよいもののはずです。
こちらはまだゲームをクリアしていませんし、クリアしてから聴きましょう。

『きんいろ』から『リトル・リトル・アリス』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなります。
『きんいろ』から『裏庭には…!』までは過去に既刊を読んでいることから購入…『幸腹』『カスタムメイド!』『裏庭』はこの巻で完結となる模様です。
『きらりブックス』から『アリス』までは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『のんのんびより』から『マギサ・ガーデン』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『里山』『御伽楼館』はこの巻で完結となる模様です。
また、『のんのん』は特装版ということでDVDがついてきました。

その他の作品群、『ラブライブ!サンシャイン!!』は気になるシリーズの作品ということで購入をしてみました。
『だーがしゅか』から下の3作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

きらら系だけでなく最近勢いを感じる電撃コミックスNEXTやキューンが重なったりと、どうも最近月末購入分が非常に多くなってきてしまい、読むのもかなり大変…以前しているアサミーナさんとかなさまの放送では来月もこの傾向になりますし、ですので11月以降もこうなりそうな予感がし、嬉しい悲鳴といえてしまいます?
ここに以前購入をした分が加わるとさらに収拾のつかないことになりそうでしたし、それらを先行して購入をしたのは正解でした。
ひとまずはきらら系の既刊の出ている4冊がどれも非常にレベルが高いのでこれらと『のんのん』『Lガールズ』あたりを最優先にして読んでいきたいところ(他の作品もどれも最優先で読みたい雰囲気を放っていて非常に悩ましいところなのですが)…『幸腹』と『里山』は食べ物繋がり、『裏庭』と『星屑』は学生寮を舞台にした作品繋がり、ということでそれぞれ一緒に読んでみてもいいかもしれません?
…やや未読の作品が溜まってきましたけれど、来月に新刊が出るなど追い込まれればきっと優先して読みますので…(もう完結していて続刊が出ない作品は…まぁ、機会が向けば…?/何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、35cm連装砲、3連装魚雷、零戦21型となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は比叡さん…上の同人誌の影響でしょうか(何)

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務を実施するために2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、また例によってル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務が発動しておりですので輸送船2撃沈のみで3撃沈任務は達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からはじめの分岐で北上→あらぬ方向行きとされ、よくない流れ…。
その後は3回連続でボスへ直行しよい流れが向きますけれど、4連続めのボス前直行で南下となり不穏な空気…とはならず最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、かなり順調に終えることができました。
損害については、ヲ級さん編成2回め出現の際にアクィラさんが小破してしまったくらいで、こちらも比較的軽微といえます。

5-3でのレベル上げは叢雲さんが目標レベルに到達しましたので昨日からは綾波さんを最優先にして上げていきます。
彼女と浦波さん、磯波さんと敷波さん+αで2-5へ、という任務も発動していますけれど、せっかくですのでそちらは綾波さんが改二仕様になってから挑もうと思います?


『世界樹の迷宮5』は17階の芋虫を6体撃破しアサミーナさんの武器を新調できましたので、18階へ進みます。
ここのマップ上に姿のある敵は双頭の首を持った犬で、全体攻撃をされて危ういことになりそうになりましたけれど、それでも芋虫よりは楽に戦えました。
ただ、その犬は2体しかいなかった上にどうもレアアイテムを落とすらしく、でもどうやったら落としてくれるのかは解らず、19階以降でこの敵に関するクエストが出てきたらお手上げかも…?

昨日はその18階の探索を終えたところまで…ティナさんの武器も新調できましたけれど、代償として残りのお金が150になってしまい、宿屋に泊まることもできなくなってしまいました…。
ですので今日はまず16階から行けるところまで下っていって素材収集をしてお金を得ようかなと…?
…18階に水晶を探している人がいて手持ちのものを渡すかの選択肢が出ましたけれど、その様なものは17階までにしかありませんでしたし、もちろん全て売却してしまっています…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月22日

水無月のほんとのチカラっ!

先日はこの様なものが届きました。
-----
数は少なくても精鋭だから…?
○水無月のほんとのチカラっ!
○再録集 君と
○後藤さんと岸田さん(4)
○夕凪マーブレット(7)
-----
…今回は全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○水無月のほんとのチカラっ!《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、水無月さんが新たにやってきたお話…。
水無月さんはずっと自分がいない仲で仲良くなってきた他の睦月型の皆さんの中に入ることができるのか不安になってしまいますけれど…こちらは皆さんかわいく心あたたまるとてもよいお話です。

○再録集 君と《【鹿嵐屋】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前作品を購入したりしているサークルさまの作品であることもあり購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された作品の再録集となっています。
収録作品はバラエティ豊かですけれど、比較的悲恋気味なお話が多かった印象…それもまた悪くありませんし、そうはいってもハッピーエンドのお話もありますし、どれもよいお話です。

○後藤さんと岸田さん(4)《【なすこん】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊から続く眼鏡をかけた真面目な生徒さんとちょっと不真面目な生徒さんの関係を描いたものとなるでしょうか。
今回は岸田さん視点のお話となっており、彼女もまた後藤さんへ対する気持ちに気づいたのですけれど、ただ相手がその様に想っているはずないと考えてしまい最終的に距離を置いてしまうことに…こちらは第3巻から結構間があいてしまいましたけれど続きを描かれる予定はある様子ですので楽しみにしましょう。

○夕凪マーブレット(7)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…転入生さんの過去の描写から入ります。
そのこともあってちょっと距離ができてしまった状態になっていますけれど、果たして…続きを見守るしかないでしょう。

今回は数は少なくても精鋭だから(何)、満足のできるものたちとなっていました。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、46cm3連装砲、25mm連装機銃、流星となり、任務で必要な25mm連装機銃が出ましたのでよい結果…ただまだ数が足りません(25mm単装機銃もありませんし)
大型艦建造は霧島さん…。

戦いのほう、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめのうちはそこそこの流れだったのですけれど、やがてボス前での連続南下を発生させられ嫌な方向に流れが進みます。
それでも最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、そこまで悪くない結果に落ち着きました。
ただ、ヲ級さん編成が3回も出現、軽空母1小破など損害が多めに出てしまいました。

あとはのんびり5-3でレベル上げなのですけれど…
浦波さんが…
…レベルも低く装備スロットも少ない浦波さんがMVPを取ることもあり侮れません。


『世界樹の迷宮5』は第二階層の最奥にいるボスを倒すことに…すみれさんによる部位封印が全て効いてしまったこともありお相手はほぼ何もできず、通常攻撃を1回受けただけで撃破をできてしまいました。
そのまま第三階層・11階へ向かってみると、そこは恐ろしく陰鬱な雰囲気の墓場となっており…そして一度街へ戻って報告をしないと先へは進めなくなっていました。
…戻ってみると、お店の皆さんの台詞が少し変化…より親しみを持ってもらえている様な感じになりました?

ですので戻って報告を行うと達人と認められ二つ名というものを名乗ることを許されました。
これはいわゆる上位職業になるもので、レベル20以上の人がなれるとのこと…1つの職業につき2種類の選択肢があり、どちらかを選ぶともう戻れなくなります。
2種類の選択肢で覚えられるスキルが全く異なりますので、恐ろしく悩ましいところ…二つ名の名前を自分でつけられる、というのがそれにさらに拍車をかけます。

まずアサミーナさんはそう迷わずチェイン優先…もう片方は回避優先だったのですけれど今作で敵の攻撃をさくさく回避できる印象がなく微妙そうでしたのでそうしたわけで、二つ名についてはアサミーナさんはこの別世界の実績より「世界樹のディセンダー」を名乗ります。
かなさまは回復特化か状態異常特化かを選択でき、全体回復のできず前者も魅力的だったのですけれど状態異常状態で敵を倒すとレアアイテムを得られる場合があるということで後者とし、「剣と魔法のアイドル」を名乗ることに…。
ティナさんは双剣モードもよかったのですけれど防具装備枠が減りそうで怖いのでもう片方とし、この別世界の実績より「ルシェのルーンナイト」を名乗ります。
すみれさんは彼女のイメージからすると自身の体力を削っていくスタイルもよかったのですけれどさすがにゲームとしてしんどそうでしたのでコンボ重視のほうを選び「天姫の頼れるセンパイ」を名乗ります。
里緒菜さんが一番悩ましく、魔法属性全体攻撃か物理属性全体攻撃かを選ぶことになり、非常に悩んだ末に前者を選択…「天姫のクールな後輩」を名乗ります。
…これにより覚えるスキルが倍増…以前している無印の『七竜』同様、レベル99になっても全スキルを覚えることは不可能なのでは、と思えてしまい…?

また、達人となったことでレベル19以下のキャラクターをレベル20にできてしまう書物を得られましたけれど、まぁそれは…アサミーナさんたち以外で冒険するつもりは現在のところありませんし、彼女たちのレベルはすでに37ですので…。

昨日はそのまま11階の探索を実施したところまで…毒でダメージを受ける床があるとのことでしたけれど、少なくともこの階にはまだなかったみたいです?
それが出現したときには、里緒菜さんがダメージ床を回避できるスキルを覚えていますので、そちらを…。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月18日

皐長同盟

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○三者三葉(4)
○はつゆきです。総集編(弐)
○さしすせそうしゅうへん! 白露型の本をまとめた本。
○皐長同盟 皐月&長月アンソロジー
○おはなししましょ
○はつゆきです。(10)
○フレフケワンモア! 雨よ降れフレ、風よ吹けフケ!
○ににんがし!
○頑張れでぃ!
○ちびむらさん!!!!!
○HoneyMoon Baby
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほうは一連で予約をしているアニメの最新刊となります。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○はつゆきです。総集編(弐)《【幻竜一夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前総集編第1巻を購入していることもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その第1巻同様に過去に出た同人誌の総集編…以前購入している『くうぼヲきゅうさん』や以前購入をしている『あかぎです』も収録されています。
以前読んでいる『榛名日和』などといい、深海棲艦なかたがたと仲良くするお話は微笑ましくてよいものなのですけれど、最後についに無人島を脱出してしまいさみしさを覚える…の、ですけれど…?

○さしすせそうしゅうへん! 白露型の本をまとめた本。《【衛星ベジータG】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは五月雨さんがメインの一人でいる作品ということで購入をした、2014年の冬のイベントで出たらしく今年の夏に再販されたものとなるみたいです。
内容としましては、タイトル通り過去に出た同人誌の総集編…3つの作品と描き下ろしが収録されています。
五月雨さんと涼風さんを中心に白露型の皆さんの微笑ましい日常が描かれた4コマとなっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『フレフケ!』などを描かれたかたとなります。

○おはなししましょ《【一〇八豆腐店】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも五月雨さんがメインの一人でいる作品ということで購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、過去にこちらのサークルさまが出された同人誌の総集編…3作品に描き下ろしが収録されています。
五月雨さんと時雨さん、涼風さんと江風さんの関係をメインに描いており、史実要素を含んだお話もあり江風さんが沈んだのちに戻ってくる涼風さんのお話はとても切ない…。

○皐長同盟 皐月&長月アンソロジー《【地球ソルト】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは気になったことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りのお二人を主役をした、11人のかたの参加されたアンソロジーとなっています。
参加されたかたの中には以前購入している『睦月型のほんとのチカラっ!』を描かれたかたもおり、いずれのお話もお二人の関係が微笑ましかったりあるいはゆりてきによいものとなっていたりとよきものとなっていました。
…その『睦月型のほんとのチカラっ!』のかたの水無月さんが登場する作品もある模様なのですけれど、これらを注文した時点ではまだ発売開始されていませんでした、残念…。

○はつゆきです。(10)《【幻竜一夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは上で触れた総集編と同じ作品ということで購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、初雪さんたちが鎮守府へ戻ってきた後のお話…。
深海棲艦の皆さんは無人島でまだ暮らしているのですけれど、その皆さんが遊びにこられて…よい関係が続いているのなら何よりで嬉しいことです。

○フレフケワンモア! 雨よ降れフレ、風よ吹けフケもーいっかい!《【衛星ベジータG】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは上で触れた総集編と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その総集編同様に五月雨さんと涼風さんを中心とした白露型の皆さんを描いた4コマ…。
こちらでは江風さんが改二仕様になったことを皆さんでお祝いされたりと、やはり微笑ましくよいもの…巻末には白露型でないかたがたのお話も収録されています。

○ににんがし!《【まぜもの】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは気になったことから購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、水無月さんが新たにやってきた中での長月さんや皐月さん、文月さんのお話…。
水無月さんをお迎えして一緒に秋祭りへ行かれたりされるのですけれど、水無月さんは何か悩んでいそうで…こちらもやはり微笑ましくよいもので、睦月型なかたがたもよいものです。
…と、こちらのサークルさまも上で触れた『皐長同盟』に参加されていました。

○頑張れでぃ!《【温狐屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは何となくよさそうに感じられたことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、暁さんが一人でお出かけをされる顛末を描いた4コマ…。
こちらは臆病な暁さんがかわいく微笑ましい、フルカラーなのもよい作品です。

○ちびむらさん!!!!!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
ここから下は『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊同様に子供な卯月さんと一緒に暮らしている凛さんのお話…未央さんや奈緒さんなども同様に出ていらっしゃいます。
こちらはもう結構な巻数が出ているのでやはり安定して微笑ましくよいものといえるでしょう…この様なお話を書いていつつ作者のかたは子供を描くのが苦手らしいですが…(何)

○HoneyMoon Baby《【金平糖工房】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは好きなカップリングの作品ということで購入をした、こちらも夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、お仕事が忙しいきらりさんとそれを心配する杏さんのお話…。
二人で旅行に行くことになるのですけれど、それですら取材の一環の様なもので…そうした背景はともかくとしてお二人の関係は微笑ましくよいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『それいゆ』などを描かれたかたとなります。

今回は大好きなジャンルの二次創作作品のみでしたこともあり、どれも高いレベルで安定してよいものでした…五月雨さんやうづりん、あんきらという非常に大好きなものに加え、睦月型な皆さんなども堪能できましたし。


また、その様な先日はこの様なものを購入もしていました。
-----
コミックも…
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(15)
○推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)
○ダムマンガ(4)
○はやて×ブレード2(4)
○放課後アサルト×ガールズ(2)
○あまんちゅ!(11)
○終電で帰さない、たった1つの方法
-----
…こちらは全てコミックとなります。

一番下の作品以外は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ダムマンガ』はこの巻で完結となる模様です。

一番下の作品は百合姫コミックスとなります。

以前購入をした大量のコミックたちも先日読んだ『セーラー服とブレザーちゃん』でほぼ一段落しましたので、今日からはこれらを読んでいきましょう。
以前しているアサミーナさんとかなさまの放送を見るまでもなく、今月や来月、おそらくその先も月末が危険なことになりそうですが…(そしてそれに対し上旬の数が少なすぎるので、今回はこの時期になるまで購入しに行かなかったわけですが…)

その他、以前読んでいる『Lガールズ』の第2巻は発売延期となった模様…延期となっただけですので、百合なアンソロジーにありがちな(?)フェードアウトしたというわけではない様子ですので一安心…(あの雑誌は出ていた模様ですけれど…気にしないでおきますか)
また、『シンデレラガールズ WILD WILD GIRL』という作品も購入したのですけれど、ぱらぱらと確認して「なかったこと」にしてしまいました…いえ、さすがにあのプロデューサは私には厳しすぎで、ごにょごにょ…。
…購入した作品を「なかったこと」にしたのはいつ以来でしょう、少し記憶がないくらいで、ですのでこれ以外外れを滅多に購入してこなかったのはある意味で幸運ともいえそうです?


昨日は上で触れた『三者三葉』DVD第4巻を観てみました。

第7話は『十円足りない』ということで、最後の主要キャラである辻兄妹が登場…。
双葉さんは各所の大食いチャレンジを踏破しそのため有名になりすぎ出入り禁止にされてしまったりしたのですけれど、その様な双葉さんをライバル視する少年が登場…それが辻兄妹の兄なのですけれど、彼に対し双葉さんは結構容赦ない…。
一方、双葉さんたちと同じ学校に通い同学年でもある彼の妹さんも兄を想って双葉さんを敵視しているのですけれど、同時にクラスメイトである葉子さまと仲良くなりたいとも考えていて…?
それにしても、双葉さん行きつけの中華料理店の店主は心が広いです…かの店のみ彼女を出入り禁止にせずどんどん大食いに挑戦させてあげていますから。

第8話は『たくさん釣れてる』ということで、第7話が双葉さんをライバル視するかたのお話ならこちらは照さんをライバル視するかたのお話…。
それはもちろん西山さんなのですけれど、照さんと西山さんは動物好きという共通点があり、猫カフェで鉢合わせをしただけでなく、双葉さんの持っていた無料券で一緒にふれあい動物タウンへ行くことに…それをこっそり双葉さんが近藤さんと一緒に様子をうかがっているのですけれど、これってお金を払っているのでしょうし本末転倒…(双葉さんは照さんのお誘いを遠慮していますし)
動物がいるとお二人とも仲の悪さを忘れる…かと思われたのですけれど、西山さんが調子に乗りすぎたために恐ろしいことに…?
後半は近藤さんのお話…無邪気な雰囲気をして恐ろしく空気の読めないかたなのですけれど…?

第3巻までに収録されていたOVAは今回はありませんでしたけれど、ボイス付原作4コマ集は健在でした。
こちらもやはり面白いものです。

ということで今回はメインのかたがたをライバル視するかたがたのお話になっていましたけれど、相変わらず高いレベルで面白く満足です。
登場人物もこれで一通り登場したことになりますけれど、辻兄妹の妹さんが非常にかわいらしい…百合的なことを言っても彼女が今作で一番よい感じですし。
残り2巻ということで、そちらも楽しみにしたいものです。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の浦波さんがいらしてくださいました…先日出る様になったばかりのかたですけれど、無事にお迎えできてよかったです。
これで私の艦隊にいないのはやはり酒匂さんのみ、ということに…ともあれ彼女は遠征でレベル上げをしようとも思ったのですけれど、水無月さんがもうすぐ他の皆さんのレベルに追いつくこともあり、5-3へ組み込んでしまおうと思います?
また、彼女と磯波さん、綾波さん、敷波さんによる4人による編成任務が出現しておりこれを実施すると続いて彼女たちで1-5へ出撃という任務が発動…誰も先制対潜攻撃ができませんしこれはきつい任務になりそうで、とりあえず浦波さんが改仕様になれるまで待とうと思います。

開発は失敗、15cm単装砲、3連装魚雷、失敗となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は利根さん…。
…朝の演習では上から2番めと3番めのかたが長波さんお一人、4番めのかたが長波さんと沖波さんのお二人、一番下のかたが沖波さんお一人のみな編成と、妙に息の合ったかたがたと遭遇…これは一体…。

戦いのほう、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行でき、ル級さんが存在し青葉さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、運営電文によると2-4で新しいかたが出るのは確かっぽいので、こちらへも…3ヶ月に1回ある2回ボス撃破任務時の艦隊を少しいじり、思い切って空母4で出撃してみます。
そのはじめの出撃は初戦完全勝利、問題のそこの分岐は北東へ進み第2戦は完全勝利、気のせいを経た第3戦は航空戦のみで敵が全滅、その先はボス戦となり航空戦が不発しT字不利となり微少ダメージ(といっても結構な損害ですが)が蓄積しつつ敵の全滅に成功、ドロップは大鯨さん…。
2回めの出撃の初戦は完全勝利、問題のそこの分岐は北東へ進み第2戦は完全勝利、気のせいを経た第3戦ははじめの出撃とは別ルートを辿り金のヲ級さんと赤いヲ級さん2が出現するものの大きな損害はなく敵を全滅、その先はボス戦となり雲龍さんが中破させられつつ敵の全滅に成功、ドロップは…
浦波さん
…浦波さんとなりました。
この時点で南西諸島任務が完了、また昨日は空母3撃沈任務が発動していましたけれど2回めの出撃の第3戦のみで達成となりました。

2-2のほうは最終的にはボス到達3回までにはじめの分岐での北上1回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となりましたので、あまりよい結果とはいえません?

すでに1-5への3回出撃任務が発動しており1回実施していましたので、昨日も1回実施します。
その皆さんの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利とし、ボス戦も完全勝利としました。

懸案でした新しいかたも少ない出撃回数でお迎えでき、肩の荷が下りたというところ…6-2へ酒匂さんを探しに行く旅をしてもよいかもしれませんけれど、下の作品を優先させたく、また来月には秋刀魚イベントがまたあるっぽくそこで資源が飛びそうですので、今月はのんびりしようと思います?
弾薬が回復してない…
…ただ、毎日大型艦建造最低値を実施しているため、資源回復はかなり微々たるもの…最後に母港画面を貼った8月31日夜の時点と比較し特に弾薬はずっと横ばい状態です。
ちなみに母港の家具、床の仕様によく合う教室にしてしまいました(何)


『世界樹の迷宮5』はやり直し前に追いついたのですけれど…件のダメージを受けるイベント、薬草学のスキルを覚えていても回避不能でした…。
つまりやり直した意味がない、ということになってしまいますけれど…でももう追いついたのですし、それに今後必要になるものがあるかもしれませんから、死角を少しでも潰しておけたという意味では無意味ではなかった、と考えましょう。
…かなさまの外見のみが残念ですけれど、でも今の外見も幼すぎる点を気にしなければまずまずですし…?(幼すぎる、は声が完全に『艦これ』の高波さんになっていることからよりそう感じられるのかも…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月06日

本屋と絵と、休日に

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○総集編 恋色証明etc.
○比榛これくしょん 〜カッコカリ〜
○あんずときらりの働かない一日
○薄紅葉
○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(7)
○バラといちご センチメンタル
○デート日和で
○トモダチとはしないコト
○ありがちなスーパー生徒会に所属している斉藤会長と志方さんは恋人同士である。
○DRIED-FLOWERS(#0 予告編)
○CONTRAST
○その境界をこえて
○砂糖なんかじゃない
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、一番上の『恋色証明』は以前読んでいる『栗ちゃんと虫とスケッチブック』などの様に(表紙カバーはありませんが)コミックサイズのものとなりますので、またいずれ通常の単行本と同様に読んで感想を書こうと思います。
…ただ、現状では以前購入をしているコミックの消化がまだまだ途上でそちらに気になる作品がまだまだたくさんありますので、いつ読めるか…。

その他の作品については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○比榛これくしょん 〜カッコカリ〜《【いかづち屋union / TOP GEAR】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り比叡さんと榛名さんカップリングなお話を収録した、10人のかたの参加された合同誌となり、参加されていらっしゃるかたには以前購入をしている『はるにゃさん』を描かれたかたもいらっしゃいました。
お話のほうはその様な一見珍しくも感じるカップリングなのですけれど、個人的に両者とも戦艦の中では1、2を争うほど大好きなかたがたでしたりしますし、それに微笑ましいお話も多く、なかなかよきものでした。

○あんずときらりの働かない一日《【SGM Works】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をした、やはり夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りの一日を描いた4コマとなります。
杏さんが北海道民ですので北海道へ旅行へ行きたいといった話題が出つつ、お二人でのんびりされる微笑ましいお話です。

○薄紅葉《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『FLOWERS』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、やはり夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り(?)秋編を題材としたいくつかの短編を収録したもの…。
林檎さんルートとネリネさんルートのその後を描いたものがメインでして、どちらも百合的にもよいお話…あとがきで言われるまで気付きませんでしたけれど、あのネリネさんエンド、ドラマCDがなければ心中したのではと受け取られてもおかしくない終わりかたでしたっけ…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『大体黒髪のせい。』などを描かれたかたとなっています。

○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(7)《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下は全てオリジナルとなり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、8月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にとあるお屋敷にいらっしゃるメイドさんたちを描いたお話…。
今回はお嬢さまとよい関係になっているメイドさんと同室のメイドさんのお話で、お嬢さまと仲良くしているその子を見て複雑な感情を抱いてしまいます…これは少々つらいところですけれど、この先どうなっていくでしょうか…。

○バラといちご センチメンタル《【MarmaladeWaltz】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも8月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、ということでそちらのお話お二人のそれからの関係を描いたお話…。
まだまだ百合的にはこれからといったところではありますけれど、でも唯一自分の素を出せる関係となっておりよきお話です。

○デート日和で《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前に既刊となる『ヒスイのすず カナリアのかんざし』を購入していることもあり購入をした、昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、そのお話のお二人のその後を描いたお話…。
お二人が一緒にお出かけ…デートといってよいものをされるお話で、関係としては淡い感じですけれどそれもまた微笑ましくよいお話です。
今日の日誌のタイトルは今作収録の2つのお話のうちの後半なお話から取ってみました。
…その『のすず カナリアのかんざし』と今作との間でもう1作品同人誌が出ている模様ながら、そちらは見逃してしまっていました…。

○トモダチとはしないコト《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも上の作品と同様の理由から購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、上の作品のお二人のその後を描いたお話…。
今回はお付き合いをしているはずとはいえ友達関係でいるのと変わらないことしかしていないのでは、ということについて悩んだりされるお話…こちらも淡い百合なお話として正統派でよいものとなっています。

○ありがちなスーパー生徒会に所属している斉藤会長と志方さんは恋人同士である。《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、同様に夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り生徒会長さんとお付き合いをしている後輩さんのお話…。
お二人の出会いのお話から描かれており生徒会長さんはかわいく微笑ましいかたなのですけれどその後輩さんが非常に癖のある性格をしており、会長さんの親友さんと対立を…こちらはそのあたりも楽しく面白いお話です。

○DRIED-FLOWERS(#0 予告編)《【BiTTERSWEETS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、アンドロイドのいる日常を描いたお話、となるでしょうか。
アンドロイドのかたと彼女を姉と慕う女の子のお話ですけれど、タイトル通り予告編らしくここからお話がはじまるっぽい…何だか切ないお話になりそうな雰囲気を感じますけれど、ともかく見守りましょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『雪花水仙』などを描かれたかたとなっています。

○CONTRAST《【はこや】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下の作品は全て8月21日に出たらしいものとなります。
こちらの内容としましては、夏を迎えた中の親友なお二人を描いたお話…。
片方の子は常に教室でプールの授業は見学をしており、その理由が解らないので親友さんは少々もやもやしたりもするのですが…こちらは好きだという想いを秘めて、という一種の失恋なお話となっていますけれど、お話の内容自体はかなりよいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『すきのいと』などを描かれたかたとなっています。

○その境界をこえて《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
内容としましては、まだちょっと曖昧な関係でした二人の女のかたのお話…。
お泊りにやってきた日、片方のかたが少し意外というか戸惑う提案をしてくるのですけれども…こちらはお互いの関係に思い悩む、そしてそれを乗り越えるお二人がよい感じのお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『とりあえずのこいびと』などを描かれたかたとなっています。

○砂糖なんかじゃない《【N-26】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、砂糖みたいに甘そうに見える女の子とその親友なかたのお話…。
親友なかたはそのこの子のことが好きなのですけれど、その子は別に好きな人がおり、しかも結構計算高くもあり…こちらもまた親友さんの失恋なお話で少しつらいところもありますけれど、お話としては面白いものです。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『少女2』などを描かれたかたとなっています。

今回はオリジナルなもの中心となりましたけれどどれもよいものでしたかと思います。
今回届いたもので虎穴通販に注文をしていた分も届き、一段落といいたいところながら、実はメロンブックス通販に予約をしているものが1件残っているのですけれど、その予約同人誌3作品中1作品が発売予定日を過ぎても全く発売する気配がなくそのため発送されない模様なのでした…急いでいるわけではありませんし、のんびり待ちます?


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装高角砲、14cm単装砲、15cm単装砲、流星となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は筑摩さん…。
また、高波さんがレベル99に達しました。
…その高波さんがレベル99に達した演習は潜水艦がお相手でしたのでよかったのですけれど、その唯一のお相手以外は漏れなく厳しい編成で参ってしまいます…戦艦1空母5のお相手に久しぶりのD判定敗北を受けてしまいました(潜水艦で挑めばよいといえばそうなのですが…)

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務のためいつも通り通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれどこの最近の常としてまたボスへ直行させられ任務失敗…何なのです、これ…。
2回めの出撃もまたボスへ直行させられ任務失敗…本当に何なのです、これ…。
あまりに理不尽で意味不明な事態に怒りや悲しみすら覚えそうになりますけれど、げんなりさせられつつも仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、けれどこれすらボスへ直行させられ任務失敗…もうこれ、嫌がらせの域に達してますよね、ね…。
2回めの出撃、4回連続でボス直行…はぁ…。
うんざしりつつ、もう航空巡洋艦が尽きましたので大鯨さんに水上戦闘機を搭載し南西諸島任務用艦隊その1から空母を外して彼女を入れた艦隊を出撃、はじめの分岐で北上させられその先の無意味な初戦で結構な損害を受けてしまいつつようやく輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇し任務達成…と思いきや、ここで何とエラー発生という、もうどうしようもない最低最悪の事象が生じました…。
やっていいことと悪いことがあると思うのですけれど、その悪いことの中でも最大のことをさせられてしまい心が折れてしまいましたけれど、でも何とか進めるしかありませんので南西諸島任務用艦隊その2に大鯨さんをつけて出撃を実施、はじめの分岐で北上させられ高速建造材という完全無意味な場所行きにされ任務失敗…。
南西諸島任務用艦隊その3に大鯨さんをつけての出撃、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在しつつも輸送船は3存在し今度こそ任務達成となりました。
…もう本当に嫌になってしまいます…確実に輸送船を3撃沈できた夏のイベント海域その1の存在が懐かしいです…。

輸送船任務で無意味にボスへの直行が連続しもう完全に無意味に運を使わされた上にエラー発生などとすでにもうかつてないほどの大波乱となりどうしようもない状況の中、引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活、い号作戦実施のため潜水艦隊の2-3派遣も同時に実施します。
その2-3へのはじめの出撃はボスへ進み空母1軽巡2複縦陣という外れ編成と遭遇させられ、結局この1回で出撃終了となりましたのでい号作戦にはほぼ寄与しませんでした。
一方の2-2ははじめの出撃(という気分は全くしませんが…)から連続でボスへ直行したりし、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアへはボス前での南下1回となり、南西諸島任務だけ見ればなかなか順調な結果といえるのですけれど、そこへ至るまでがひどすぎで…。
また、ヲ級さん編成が2回出現しい号作戦へ多少寄与した他、輸送船任務での出撃がかさみすぎたこともあり損害多数…出撃人員が約30人にもなればそれも仕方ないのですけれど、16人が損害というこちらもげんなり、ですので日々節約をしていて本来この任務で使っては意味のない高速修復材をしかも大量に使ってしまいました。

任務は進めなくてはいけませんから、さらに引き続いてい号作戦を進めるため、まずは一定数の空母を撃沈できる4-2へ機動部隊で、という月間任務を実施することに…普段は空母2で出撃をしているのですけれど、今回は空母3に初月さんと秋月さん、ウォースパイトさんという編成で出撃をしてみました。
その出撃、はじめの分岐は北上し初戦は完全勝利、第2戦は赤い軽空母が3出現し対空カットインが不発となってしまいつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…南下させられ任務失敗…。
2回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦と水上艦艇混じりの艦隊との戦いとなり水上艦艇のみ撃沈しつつ損害はなし、第2戦は赤い軽空母3が出現し対空カットインがまた不発しつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…また南下させられ任務失敗、輸送船任務の際といい、完全に嫌な流れができている雰囲気をこの時点で感じます…。
3回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦のみとの戦いとなり複数人が損害を被ってしまい、第2戦は赤いヲ級さん1と赤い軽空母2が出現し秋月さんが対空カットインを発動させつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…はぁ、もう…。
4回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦のみとの戦いとなりこれまでの損害の蓄積により赤城さんが小破、第2戦は赤い軽空母が3出現し秋月さんが対空カットインを発動させつつ大きな損害はなく敵を全滅、そこの分岐はようやくボスへ進行、金のル級さんや赤いヲ級さんが出現、初月さんが対空カットインを発動させつつ完全勝利としました。

それで4-2への出撃任務が完了、代わって2-5へ水上反撃で、という月間任務が出現しましたけれどそれは昨日のところは気にせず、この時点でい号作戦が完了しませんでしたので同じく月間任務な1-4へ水雷戦隊で、という任務を実施することに…阿武隈さんを旗艦にすでに損害を受けていた阿賀野さんと大淀さん、それに4-2に引き続いて初月さんと秋月さんに暁さんを加えて出撃を実施します。
その皆さんの出撃、これまでの流れからある程度予想できていたことながらはじめの分岐は当然の如く南下、初戦は完全勝利としつつそこの分岐は…言うまでもない結果となり、解り切っていたこととはいえため息しか出ません…。
その時点でい号作戦は完了しましたのでこの任務はもう後回しにしようかとも思ったのですがマップ構成を見る限りでは75%でボスへ進めるはずな構造になっているはずですので(やめておけばよいのに)あ号作戦の意味も込め2回めの出撃を実施、またはじめの分岐で南下させられるという意味不明な嫌がらせを受け、初戦は複数人が損害を受けつつ敵を全滅しつつ(以下略)
3回めの出撃もまた(略)
4回めの出撃(略)
5回めの(略)
6回めの出撃にしてようやくはじめの分岐で中央ルートに乗り、初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦として軽空母戦を挟んでしまい対空カットインが不発となり損害を受け、ボス戦もまた対空カットインが不発となり阿賀野さんと大淀さんが小破する上に夜戦にまでもつれ込みますけれど敵の全滅に成功しました。

これで1-4への出撃任務は完了しましたけれど…ちょっと嫌がらせが過ぎませんか?
さすがにちょっと、いえかなり怒りすら沸いてきてしまったのですが…。
これを完了したからかはよく解らないのですけれど、3ヶ月に1回っぽい任務な2-4への2回出撃任務が出現してしまっていました…これもまた羅針盤さんに苦しめられる任務ですし、むしろそれに悩まされることのない2-5への水上反撃任務を先にしてしまおうと思います。

もううんざりしきった状態でしたけれども最後は羅針盤さんの心配はない場所なため、1-5で延々あ号作戦進行のための出撃を実施していきます。
他の場所が散々でしたためか、ここでは8出撃連続で損害なしを記録、9回めの出撃で川内さんが4の損害を受けたのですけれど、それが何と第2戦…つまり一人先制対潜攻撃を外したということに…。
最終的にはボス到達13回であ号作戦に対するボス到達24回を達成、それまでにその川内さんの損害の他鳳翔さん大破川内さん中破球磨さん10の損害を1回ずつ被ります。

昨日はとにかく羅針盤さんというものにうんざりさせられる、相当運の悪い結果の連続…輸送船撃沈任務と1-4と4-2、いずれも過去最悪といえる運の悪さが重なってしまいました。
2-4というこれまた羅針盤さんに翻弄される場所へ2回も出撃する任務が出現してしまいましたけれど、こちらは何とか無事に終わってくださればよいのですが…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月26日

頑張らない卯月

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○三者三葉(3)
○まーぶるコンフェクション!(1) Melty Sugar
○さよならロックンロール
○トロピカルロック!
○がるぱんのほん TheMovie
-----
…一番上1つはDVD、その下1つは同人CD、その他は同人誌となります。

DVDは一連で予約をしていて過去に既刊が届いているアニメなものとなります。
昨日は観る時間を作れませんでしたので、今日にでも…?

同人CDはドラマCDとなり、百合と明記されていたことから購入をしたものとなる、以前購入している同人誌『Lilyca』などを出されているサークル【あとりえ雅】さまの作品となります。
昨日はこちらを聴いてみましたけれど、こちらは百合なアイドルを目指すことになった4人の新人アイドルさんのお話…どちらかといえばおバカな、あまり深くは考えずに4人の女の子たちが仲良くしているさまを楽しめばよい作品かと思います?
こちらは同時にキャラクター紹介を兼ねた同人誌、またdisc2としてキャストトークやオリジナル曲を収録したCDもついてきまして、またナンバリングが振ってある通り続刊を期待してよいかと思われます?

同人誌については先日届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、一番はじめの作品以外は(上のドラマCDも含めて)夏のイベントにて出たらしいものとなります。

○さよならロックンロール《【スクメタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前などにも既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、こちらは昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊通りに2人のかたの合同誌となるでしょうか。
前者のかたはロックなお二人の4コマを、後者のかたは例の常務が新人アイドルになるお話を描いています…前者は百合的にもよく、後者はおバカで面白いお話となっているでしょうか。

○トロピカルロック!《【スクメタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、上の作品と同じサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、やはり既刊通りに2人のかたの合同誌となるでしょうか。
前者のかたはロックなお二人がお付き合いをはじめるお話と卯月さんと凛さんカップリングの4コマ、後者のかたは何か別のゲームとのコラボを検討するお話…前者のかたのお話はやはり百合的にもよいもので、今日の日誌のタイトルはそのうづりんなお話のタイトルから取りました。
…後者のお話に出てきているゲームはおそらく実名ですよね…『グランブルーファンタジー』とか稀に名前を目にする印象がありますけれど、どういうものなのでしょう…?(それより気になったのはその作品の団なる組織につけられた名前…ディアナカウンターって、あれですよね?/何)

○がるぱんのほん TheMovie《【あとりえ雅&超あるまじろくらぶ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『ガールズ&パンツァー』の二次創作作品となり、上で触れたドラマCDを出されたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、4人のかたの参加された合同誌となるでしょうか。
タイトル通り劇場版を題材としたお話となっており、おバカで楽しいお話から百合的によい感じのお話までどれもよいお話となっていたかと思います。

これでメロンブックスへしていた通常注文分も届きましたので、あとは虎穴通販にしている通常注文分なのですけれど、こちらは発送される気配が全く見られませんので、のんびり待ちましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、15cm3連装砲、4連装魚雷、瑞雲となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は熊野さん…。
…昨日は妙にネットワークが不安定でエラー発生が頻発…演習勝利直後にエラーを発生させられ艦載機だけ減らされ補充不能、という事態にも…。

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務実施のためイベント海域その1へ対潜艦隊を派遣、ボス戦で夕張さんが中破させられるものの任務は達成しました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日はほぼ完璧なストレートで終了したこちら、昨日も2回連続でボスへ進み幸先のよい出だしとなります。
その後は例によってボス前での南下も発生させられ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、高速建造材という完全無意味な場所1回となり、高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされましたのでよくない結果といえます。
損害は霰さんと雷巡1大破阿賀野さん中破戦艦2被弾など、やや大きめ…中破以上の損害はいずれも2回出現したヲ級さん編成の航空戦により、航空優勢を取りつつも被りました。

5-3でのレベル上げでは大鯨さんが3回連続で大破…6-1では全ての攻撃を回避してくださいましたのに…。
…その様なことよりも、運営電文でイベントの突破率が書かれていましたけれど、とっても大好きなかたは無事に進行していらっしゃるでしょうか…そうであることを願ってやみません。


『はじまりの石』は一番性能のいい釣竿を入手したのですけれど、ゲージ速度がはやすぎて最大にしようとするとすかっとなって最低になってしまいます…。
なるべく慣れるためにその釣竿を使用していますけれど、使い勝手は中間のもののほうが…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月25日

ご主人様となつやすみ

先日はこの様なものが届きました。
-----
予約分はこれで…
○栗ちゃんと虫とスケッチブック 総集編(1)
○人魚嬢ルリ
○PN49
○PI-11
○PS16
○HAPPY×2 CANDY DAYS
○みりおんぱーてぃー!! 総集編(2)
○ホタル
○二人の夏
○ご主人様となつやすみ
○貝とオルタナロック(4) その波はやさしく揺れる
○くっつきぼし きけんなせんぱい
○あなたじゃなきゃだめなの
○GROW
○夏季限定ふたりぐらしはじめました
○ココロとカラダ
○あしたから夏休み
○明日死ぬなら何したい?
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、『栗ちゃんと虫とスケッチブック』『人魚嬢ルリ』は以前読みました『あまひま*さくさく』総集編などと同様にコミックサイズとなりますので、またいずれ普通の単行本として読んで触れてみようと思います。

その他の同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届きましたものは全て夏のイベントにて出たもの…虎穴通販にて予約をしていたものたちとなります。

○PN49《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、いつも通り『A’s』の後日談的な皆さんの様子を描いたお話…。
今回はなのはさんがフェイトさんとの関係を見直そうとされるお話と、梅干を食べるお話…よい意味で相変わらずの楽しい作品で、また前者は百合的にも高めのものとなっていました。
…まえがきに結構衝撃的なことが書かれていたのですが…(何)

○PI-11《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上と同じサークルさまの作品でありまた以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
今回は静香さんと志保さんのお二人の関係などを中心にしたもの…私もそこはかとなく登場人物を把握できる様になってきましたし、楽しくよいものでしたかと思います。

○PS16《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
こちらは『咲』の二次創作作品となり、上と同じサークルさまの作品でありまた以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、『阿知賀編』なかたがたの様子を描いたお話…。
憧さんを告白させようと周囲のかたがたが画策されたり、あるいは想いを熱く語る憧さんなのですが…ということで、こちらはやはり百合的にもよいものとなっています。

○HAPPY×2 CANDY DAYS《【腹切薬局】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんカップリングの4コマとなります。
4コマということもあり楽しく賑々しいコメディなお話…ちょっとおバカ気味ですけれどそれも楽しく、また杏さんときらりさんの関係も微笑ましくよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『PS』シリーズの既刊とともに購入をしている『HAPPY CANDY DAYS』を描かれたかたとなっています。

○みりおんぱーてぃー!! 総集編(2)《【桃京武戯夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された作品の総集編となります。
第1巻同様に星梨花さんメインの作品になっておりかわいく微笑ましいよいもの、またフルカラー作品となっています。
…第1巻はコミックサイズな作品という扱いにしましたけれど、今回は普通サイズのものでしたのでさすがに普通の同人誌扱いで…(何)

○ホタル《【いちごアンテナ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『きんいろモザイク』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、皆さんでホタルを見に行く4コマ…。
こちらは皆さんの様子が原作通りに微笑ましくよいもので、楽しく読めるものとなっています。
…あとがきにかなり衝撃的なことが書かれていたのですが…(何)

○二人の夏《【いちごアンテナ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらはボイスロイド(ですよね?)の二次創作作品となり、百合と明記されていましたので購入をしたものとなります(というより百合ジャンル区分にありましたのでオリジナルかと思って購入をしていました/何)
内容としましては、ゆかりさんとマキさんというかたが一緒に暮らしている様子を描いたお話…。
タイトル通り夏の、そしていちゃいちゃしているお二人の様子を描いたもので百合的に高いものとなっています。
…上で触れた通りオリジナル作品かと思って購入をしてしまったわけでこのジャンルのことは解らなかったりするのですけれど、ただとっても大好きなあのかたがボイスロイド、そしてゆかりさんというキャラクターのことを気にされていたはずで、ですので私も気にはなるかも…?(何)

○ご主人様となつやすみ《【はちしろ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に獣耳で小さな女の子なメイドさんと、その主人となる女性のお話…。
今作はタイトル通り夏のお話で、海へお出かけされたりされます…こちらはやはり微笑ましさが前面に出たかわいらしいお話といえます。
…あとがきによるとこちらはweb漫画で連載がはじまったみたいで、となるといずれ同じく元は同人誌な以前読んでいる『合法百合夫婦本』の様に単行本になる日がくる、のかも?

○貝とオルタナロック(4) その波はやさしく揺れる《【nak.moo】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…ひょんなことから想いを寄せるかたのお部屋にお泊りをすることになるお話…。
そこでお相手のかたの過去を垣間見ることができたのですけれど、どうもそれに関する波乱が最後に起こりそう…次で最終巻となる模様で、見守ってみましょう。

○くっつきぼし きけんなせんぱい《【石川プロ】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★》
こちらは上で触れた『PN』シリーズの既刊とともに総集編を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、やはり例によって以前アニメを観ている作品のお二人を描いたもの…。
今回はタイトル通り危険な先輩として生徒会長さんが出現、お二人の関係に割って入ろうと…いうわけではないもののともかくちょっと一悶着あるのですけれど…?

○あなたじゃなきゃだめなの《【luciole】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★》
こちらの内容としましては、こちらのサークルさまが過去にこのタイトルで出された作品の総集編となります。
7つのお話が収録されており、それぞれ登場人物は共通しているものの主役は変わっていくといういわゆる群像劇といえるものでしょうか…いずれのお話もややどろどろしたところはあるのですけれど百合的に高くよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『吉沢蛍 コピー誌総集編 2012〜2014』などを描かれたかたとなっています。

○GROW《【CHS】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、とある秘密を持った幼馴染なお二人を描いたお話…。
高校生になった折、その秘密を下級生に知られるのですけれど、それがきっかけでその下級生に告白をされ…こちらは正統派でよい百合のお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Lune2』などを描かれたかたとなっています。

○夏季限定ふたりぐらしはじめました《【chico*】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、一人暮らしをするOLさんのところにある日中学生の女の子がやってくるお話…。
その子は知人の娘さんなのですけれど、OLさんはどうも過去にその知人さんへ想いを寄せていた節があり、その子に過去を重ねている雰囲気…ともかくこちら、あとがきでもある通りプロローグ程度の内容となってしまっていますので、続きが出ることを期待したいものです。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ご主人様となつやすみ』の既刊とともに購入をしている『それが理想のクリスマスだった気がするけどそんな夢見てたの遠い昔過ぎてもう思い出せねえ』などを描かれたかたとなっています。

○ココロとカラダ《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらは年齢制限ありな作品となりますのでご注意ください。
内容としましては、親友な女の子お二人の関係を描いたお話…。
ある日そのお相手の子がいつの間にか誰かと付き合いそして別れていたという事実を知りショックを受けるのですけれども…こちらはまた正統派な百合のお話となっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『終わらないキミのくちびる』などを描かれたかたとなっています。

○あしたから夏休み《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★》
こちらの内容としましては、タイトル通り明日から夏休みを迎える二人の女の子を描いたお話…。
こちらは他愛のない、少しおバカな日常を描いたものというところですけれど、それもまたたのしくよいものでした。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『終わらないキミのくちびる』とともに購入をしている『spring lolita complex』などを描かれたかたとなっています。

○明日死ぬなら何したい?《【味市】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★》
こちらの内容としましては、死神の女の子が余命いくばくもない少女の生命を狩りに行くお話…。
こう書くと重そうな内容のお話に感じられますけれど、実際のところは結構斜め上の展開に進んでいくおバカといってもよいお話…百合的にもまずまずです?
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『PN』シリーズの既刊とともに購入をしている『Dear My Teacher』などを描かれたかたとなっています。

今回はオリジナルなものがメインといえますけれど、いずれもよきものでしたかと思います。
その様な今回でようやく虎穴通販で予約をしていた分が届き、メロンブックス通販ともども予約をしていたものは届いたことになりますけれど、ただその後普通に注文をしたものは届いておらず…メロンブックス通販で注文したものは今日届きそうなのですけれど虎穴通販のほうは全く気配が見えず、のんびり待ちましょうか。

そして上で触れた通り、今回購入の同人誌のまえがきやあとがきで見て衝撃を受けたことがあり…。
まず前者、結構衝撃的なこととして以前原作を読んでいてアニメ化もされけれどDVD化が全然されない『なのはViVid』の続編、ではなくスピンオフがアニメになるとのことなのですけれど、これはどういうこと…?
後者、ものすごく衝撃を受けたこととして以前原作を読んでおり以前アニメ第2期を観ている『きんいろモザイク』について、スクリーン化するとのことですけれど、これって劇場版になるということなのですよね、ね…そんなまさか、どの様な内容で劇場版にするというのでしょう…?
特に後者に衝撃を受けてしまいましたけれど、これらって本当なのです、か…?


『艦隊これくしょん』の開発は九三式ソナー、失敗、15cm単装砲、瑞雲となり、四式ソナー改修に九三式ソナーが2つ要求されますのでよい結果といえます。
大型艦建造は日向さん…。

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務実施のためイベント海域その1へ対潜艦隊を派遣、ボス戦で潮さんが中破するものの任務は達成しました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から4回連続でボスへ直行し幸先のよい出だしとなります。
さすがに完全ストレートで任務達成などという幸運はなくその先ははじめの分岐で北上させられ…たもののそこからボスへ進み、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上1回となり、出撃回数はストレートで完了と非常に順調に推移しました。
その分(?)ヲ級さん編成が3回出現し矢矧さんが小破と、損害はやや出てしまいましたけれども…。


『はじまりの石』は師匠との対決から…先の兄貴分のかたとの戦いはお相手がドリルを使ってくるので武器破壊を諦めたのですけれど、今回はお相手が2つ使ってくるとはいえいけそうな雰囲気が見られましたので狙ってみることにしました。
すると、ぎりぎりのところですみれさんの体力が尽きてしまった…のですけれど、そうすると自動的にパートナーの里緒菜さんへキャラクターが変更され戦闘が続行、結果武器破壊に成功しました(ただ、すみれさんと里緒菜さんの経験値バランスが逆転していましたので、すみれさんには経験値が入らなかった模様です?)

それからはすみれさんたちも一緒に別の町へ行くために森を抜けることになるのですけれど、そこの洞窟で最後の武器である弓を作ることのできる素材を得られましたので、弓を鍛えることに…。
以前している『2』などには登場せず今作で初登場となる弓ですけれど、思いのほか使い勝手がよい武器…ただ耐久性が低くすぐに耐久値がなくなってしまうのが難点といえそうでしょうか。
…その他、ダンジョンに的が置いてある場所があるのですけれど、それを射るとどこからともなく弓乙女を名乗る人が現れアイテムをくださいます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月19日

コイノアカシ

先日はこの様なものが届きました。
-----
夏のイベントの…
○火焔ノ水彩
○艦あに 艦隊あにめいしょん(4)
○榛名日和 総集編
○あまひま*さくさく 総集編(2)
○初恋は君色の
○睦月型のほんとのチカラっ!(8)
○さみだれ学園日誌(2)
○いつもの縁側
○強面オトン提督の娘(3)
○はるにゃさん改二
○榛名日和 海戦編(前編)
○妖精陸攻隊(上・下)
○カンムス・ア・ゴーゴー 総集編+α
○かげぬい総集編
○戦いも終わったことですしそろそろ一緒に暮らしませんか?
○ほっぽちゃんの秋祭り
○ほっぽちゃんのこどもの日
○ほっぽちゃんの夏休み。
○コイノアカシ
○シンデレラのひみつ
○飴玉の唄
○お紅茶入りました
○ROOM
○ユリコン(地元方言編)
○彼女のくちづけ 感染するリビドー(6) 彼女の事情
○おとまりアンビシャス
○ラブとボニーは交わらない?
-----
…一番上1つは同人CD、その下1つは同人DVD、その他は全て同人誌となります。

同人CDは『艦これ』のイメージソングといえばよいでしょうか、とっても大好きなあのかたに教えていただけたサークルさまの新譜となります。
今回は五月雨さんの曲もある他、深海棲艦なかたのものもあったりして…?

同人DVDも上のCDと同じサークルさまのもので以前に既刊を購入していることもあり購入…したのですけれど第3巻が抜けています…。
こちらはそのうち観てみます?

その他は同人誌となりますので以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきますけれど、『榛名日和』の総集編から『初恋は君色の』までは以前読んでいるものなどと同様にコミックサイズとなりますので、普通のコミックとして読んで改めて感想を書こうと思います…『榛名日和』にはクリアファイルがついてきました。
また、今回届いたものは基本的には夏のイベントにて出たものとなっています。

○睦月型のほんとのチカラっ!(8)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたお話…。
今回は夏をテーマとしており、海へ行かれたり怖い話をされたりする皆さんが描かれており、やはりかわいく微笑ましいよきものです。
…次巻からは水無月さんも登場しそうで、あとは夕月さんが加われば…?

○さみだれ学園日誌(2)《【pastel*palette】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に学校に通う五月雨さんを描いたお話…。
この巻ではすっかり学校になじんできた五月雨さんと周囲の皆さんを描いており微笑ましいものとなっていますけれど、その様な中で夕張さんが五月雨さんのことを気にしているご様子で…こちらは先へ続いてくださりそうです。

○いつもの縁側《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様にいつもの4人の日常を描いたお話となります。
今回は冬のお話を挟みつつも夏の、いつもの皆さんの微笑ましい日常が描かれており、こちらもやはり楽しくよいものです。

○強面オトン提督の娘(3)《【パレス犬吠埼】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に表情が恐めな提督さんと漣さんを中心とした皆さんの日常を描いたお話…。
やはり前半は各艦娘さんたちとの微笑ましい1ページ漫画、後半は提督さんと漣さんの過去を描いたものとなっており、後半はやはり泣けてしまうよいお話…。

○はるにゃさん改二《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★★☆(3.3)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さくて猫の耳や尻尾のある榛名さんと周囲の皆さんの日常を描いたお話…。
今回は榛名さんがお一人で別の鎮守府へお使いに行くお話となっており、こちらもやはりかわいく微笑ましいものとなっています。

○榛名日和 海戦編(前編)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り海戦を主題とした榛名さんたちのお話…こちらはフルカラーな作品となっています。
榛名さんたちは謎の強大な深海棲艦と戦うことになるのですけれど、それがもう恐ろしく強く別作品の敵としか思えない超火力を持っていて…前編となっている通りこの巻では終わりませんでしたけれど、こちらはかなりシリアスなお話…(特に比叡さんと隼鷹さん…轟沈、してしまったのです、か…?)
…長門さん、しゃべれたのですか…(何)

○妖精陸攻隊(上・下)《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、基地航空隊所属の陸攻隊な妖精さんたちの戦いを描いたお話…サブタイトルについて、上巻は『ワレ リクコウ バクゲキタイ』、下巻は『ワレ リクコウ ライゲキタイ』となります。
こちらはやはり既刊通りかなり激しい戦いのお話となっており、それもまた面白いといえるものでしょう…熱いお話です。

○カンムス・ア・ゴーゴー 総集編+α《【ポンコツ】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらは過去に読んだアンソロジーに収録されていた同じ作者さまの作品が面白かったこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編に描き下ろしを加えたものとなります。
こちらのお話はかなりシュールなギャグ作品となっており、それを純粋に楽しめばよいものとなっています…以前読んでいる『ひらめきはつめちゃん』などの大沖さまに通じる感じ、といえるでしょうか。

○かげぬい総集編《【たまごやき】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらはよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
こちらはタイトル通り(?)陽炎さんと不知火さんカップリングのお話となっており、やや変態な提督も出てくるものの、基本的にはそのお二人のお話…コメディながら百合的にも悪くないものといえるでしょうか。

○戦いも終わったことですしそろそろ一緒に暮らしませんか?《【まっくろけ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらもよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、戦いが終わり艦娘さんたちも解散する中での夕張さんと由良さんのお話…。
こちらはタイトル通りのお話となっており、お二人の関係が百合的によいものとなっています。

○ほっぽちゃんの秋祭り《【爆タソスイッチ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらもよさそうに感じられたこともあり購入をした、こちらは昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、北方棲姫さんが港湾棲姫さんや艦娘の皆さんと秋を楽しまれるお話…。
秋祭りを中心とした、皆さんの微笑ましい様子が描かれておてよいもの…かわいらしく、またフルカラーの作品となっています。

○ほっぽちゃんのこどもの日《【爆タソスイッチ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入…正確にいえばこちらを購入しようとして上の作品も、という流れですが(何)
内容としましては、こちらも北方棲姫さんたちの日常を描いたお話…。
こちらはタイトル通りこどもの日のお話をメインに、季節ごとの行事を描いたやはり微笑ましいものとなっており、上の作品同様にフルカラーとなっています。

○ほっぽちゃんの夏休み。《【さかなのマーチ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらもよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、北方棲姫さんが艦娘なかたがたと一緒に夏を楽しまれるお話…。
こちらも微笑ましいお話となっており、やはり深海棲艦なかたがたが友好的なお話というのも、微笑ましさメインなものではよいものです。
…ちなみにタイトルが似ていますけれど、こちらは上の作品のサークルさまとは違うかたとなります(何)

○コイノアカシ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊で凛さんとお付き合いをすることになった卯月さんのお話…。
そうはなったもののなかなか以前と較べ関係が進展しない様子に卯月さんが不安になったりするのですけれど…こちらは百合的にもよいお話で、また続きそうな終わりかたをしていましたので期待をしたいものです。

○シンデレラのひみつ《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、シンデレラガールというものに選ばれた卯月さんと、一緒にいる凛さんのお話…。
あとがき通りどちらかというと凛さんが卯月さんのことを、という感じのお話ですけれど、でもそれでも百合的にもよきものといえるでしょう。
…こちらのサークルさま、上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊と一緒に購入をしている『Bouquet』を描かれたかたとなっていました。

○飴玉の唄《【asada-Kan】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、一緒にお仕事をする杏さんときらりさんの様子を描いたもの…。
こちらは杏さんから見たきらりさんの色々な姿、といったところ…やはりお二人の関係もまたよいものです。
…こちらのサークルさま、上で触れた『妖精陸攻隊』の既刊と一緒に購入をしている『レッツゴーハピハピデイズ★』を描かれたかたとなっていました。

○お紅茶入りました《【苺の塊】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『ガールズ&パンツァー』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしたものとなります。
内容としましては、ローズヒップさんとアッサムさんのお二人メインのお話…。
アッサムさんがローズヒップさんに振り回されたりするコメディなお話、といったところ…やはりローズヒップさんがかわいいです。
…こちらのサークルさま、以前購入をしている『彼女の友情タクティクス』などを描かれたかたとなっていました。

○ROOM《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、いずれも百合と明記されていたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、3人の作家さまの参加された百合なアンソロジーとなります。
お話はいずれも大人なかたを扱った、そしてタイトル通りいずれもお部屋を舞台にしたお話となっており、いずれのお話も百合的にもちろんよいものといえるでしょう。
…こちらのサークルさま、以前購入をしている『夕凪マーブレット』などを描かれたかたとなっていました。

○ユリコン(地元方言編)《【ユリコン編集部】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、5人の作家さまの参加された百合なアンソロジーとなります。
お話は学生さんなものから大人なものまでありますけれど、メインテーマは百合であるとともにサブタイトルにもある通り方言を使うかたがたをメインキャラにしている、というところ…そういう特色もありつつ、百合的にももちろんよいものといえるでしょう。
…参加された全てのかたがたに何らかの商業コミックなどがあり最後に広告がついているのですけれど、約2名ちょっと…いえ、気にしないでおきましょう(何)

○彼女のくちづけ 感染するリビドー(6) 彼女の事情《【そそう支部】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとなり、今回は綾音さんが風邪を引いてしまわれ…?
彼女の家庭の事情などを知らない早奈さんは色々不安になってしまうのですけれど…この巻ではそのあたりのことが少し垣間見れたりします?

○おとまりアンビシャス《【苺の塊】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、アルバイト先の後輩さんが先輩さんのお家のお泊りにくるお話…。
後輩さんは常々先輩さんのことを好きだと言っているのですけれど、それに対し先輩さんは…これは後半の展開がかなり微笑ましくてよい百合のお話となっています。
…こちら、上の『お紅茶入りました』とサークルさまは同じなのですけれど、描いているかたはそちらとは別のかたとなります。

○ラブとボニーは交わらない?《【UnisonBell】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、部活の先輩と後輩さんの関係を描いたお話…。
後輩さんに振り回される先輩さん、といった趣のお話ですけれど、微笑ましく百合的にもよいお話…あとがきの言い回しが少し引っかかるのですけれど、やはり気にしないでおきましょう(何)
…こちらのサークルさま、上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊と一緒に購入をしている『きみととなりのヒロイン』を描かれたかたとなっていました。

今回は『艦これ』中心となりましたけれど、総じてよい作品ばかりで満足…そしてやはりうづりんカップリングは非常によいものです。
今回届いたものは主にメロンブックス通販に予約をしていたものですけれど、まだ虎穴通販に予約をしているものやイベント後に注文をしたものがありますので、そちらにも期待してみましょう。
…どうしても改二丁を見ると朝潮さんに大きく心が動かされるのですけれど、結局最後は五月雨さんに戻ってくるのですよね(何)


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして空母のアクィラさんがいらしてくださいました…彼女はイタリアの空母なのですけれど、グラーフ・ツェッペリンさん同様に未完成のまま終わってしまったかたですので、運が低いです。
また、彼女は隼鷹さんや飛鷹さん同様に大型客船を改造した、大きさも彼女たちとそう変わらない空母でしたので久しぶりの軽空母…かと思いきや、何と正規空母でした…。
これは一体どういうことなのか、ちょっと理解できません…彼女が正規空母なら隼鷹さんたちもそうあるべきで、隼鷹さんたちが軽空母なら彼女もそうあるべきではないでしょうか…。
どちらかというと軽空母を求めているのでちょっと残念ではありましたけれど、でも空母自体が不足している現実は確かで、また素敵なかたに変わりはありませんし、まずは日々の2-2で運用していきましょうか。
その他、何とも微妙な性能な戦闘機も持ってきてくださいました。

開発は失敗、九一式徹甲弾、バルジ、流星改となり、基地航空隊のために数がぎりぎりになっている流星改に加えて徹甲弾まで出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務を実施しますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので2-2へ通商破壊艦隊を派遣することとし輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。
…輸送船5撃沈任務が発動している場合は輸送船2の撃沈でも3撃沈任務が達成されるので2-2での大外れ編成に遭遇させられても任務達成となるためイベント海域ではなくこちらへ艦隊を派遣したわけですけれど、3の編成に遭遇できたのでしたらそれはそれで問題ありません(何)

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、どうも最近荒れることの多い印象を受けるこちら、昨日ははじめの出撃でボスへ直行でき幸先はよい流れとなりました…が2回めの出撃のはじめの分岐で北上させられその先の無意味な初戦でグラーフ・ツェッペリンさんが10もの損害を受けた上にあらぬ方向へ吹き飛ばされ一転して不穏な空気となってしまいます。
その不穏な空気は案の定現実化、それからもはじめの分岐で北上→あらぬ方向行きを4連続で発生させられ連日の大荒れ確定…かと思いきやその後は3連続でボスへ進み最悪の事態は回避できた様に感じます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア3回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、明らかに悪い結果ですけれど大荒れというほどでもありません。
損害は広く浅く、ではなく狭く深い感じで受けてしまい、個々の修理時間は長くなってしまいました。
…イベント期間中にもこの様な任務をしていてどうなの、と思わないこともありませんけれど、意外なことに収支は悪くなかったりします…輸送船3撃沈任務やこの後に出現する潜水艦撃沈任務とあわせて高速修復材は+3されますし、大荒れにならない限り燃料も増え、ボーキサイトは確実に増えてくださいます。

はやくも先日で1-5への3回出撃任務が発動していましたので、昨日も1回出撃を実施しました。
その出撃、初戦と第2戦は完全勝利、第3戦は五月雨さんが2の損害を受け、ボス戦は矢矧さんが3の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
…どうも阿賀野さんと矢矧さんを一緒に出すと矢矧さんばかりMVPを取ってしまうのですけれど、何なのでしょうか…。

そしてイベント海域のほうは、先日に引き続いて新しいかたを求める旅を海域その3にて実施、この様な結果を得ました。
昨日の結果
…この様になり、つまり通算して23回の出撃、昨日だけですと12回の出撃で…
アクィラさん
…最大の目的でしたアクィラさんをお迎えすることに成功しました。
その他副産物として、備考にある通り鈴谷さんとアイオワさんのレベルが99に達してしまいました…鈴谷さんはルート固定メンバーですので外せませんけれど、アイオワさんは燃費の関係から21周め以降は比叡さんと交代したのでした。
ボス到達率は高めに推移してくださいましたし、また資源も残り燃料80,000と致命的なことになる前に出てくださいましたので、よい結果といえます?

これで残るは酒匂さん、なのですけれど…先日のコメントで難易度丙では出ないという噂がある、という話を聞いてしまいました。
それが事実なのかは解りませんけれど、もし事実でしたらもう完全な徒労に終わってしまうことになりますし…あ、あのかたに教えていただけるまでは、様子を見ましょうか…。
ともあれ、どうなるにしてもここまで少し夜更かしをしすぎたりと疲れましたので、少しゆっくりしましょうか…。


…あぁ、あのかたにお伝えした百合なゲームにおけるお勧めなツンデレのかた、以前している『白恋』のさゆりさんと以前している『天使たちの約束』の晶さんの他にどなたか重要なかたを忘れていると思ったらそうです、以前最新作をしている『FLOWERS』の千鳥さんを忘れていました…とはいえ、彼女は夏編の後半以降完全にデレになりますが、それもまたかわいくてよしでしょう(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月12日

モフモフのもりのおばけ

こちらによると、以前している『FLOWERS』秋編のヴィータさん版が11月17日に発売予定となった模様です。
過去作のヴィータさん版も全て購入していますのでもちろん購入をしましょう…ただ、発売時期が以前第2作をしている『Fate/EXTRA』関連の新作と重なりますので、実際にプレイをするのは…冬編発売直前とか、そういうタイミングになる、かも?


その様な先日はこの様なものが届きました。
-----
1冊のみ…
○モフモフのもりのおばけ
-----
…こちらは同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○モフモフのもりのおばけ《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『モフにな』などを描かれたサークルさまの作品ということで購入をした、今年の8月14日に出た(?)作品となります。
内容としましては、以前購入をしている『もふもふのふゆ。』と同じ世界観での杏さんと仁奈さんのお話…。
皆さんの住む森に無口なクマっぽい生き物がいてそれと仲良くなっていく皆さん…そのクマっぽい生き物には少し秘密があったのですけれど、ともあれ心あたたまる、そして泣けてしまうよいお話です。

今回購入したものは1冊のみとなっていますけれど、これは夏のイベントのアイテムの様子で、そのイベントも今日からっぽい…下で触れる『艦これ』なイベントも今日からですし、楽しみなことです?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○ハナヤマタ(8)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(6)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(12)
○ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:継続高校
○黒鉄ぷかぷか隊(4)
○ヤマノススメ(12)
○餡さんぶるっ!(1)
○ろみちゃんの恋、かな?
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『ハナヤマタ』から『ヤマノススメ』までは全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品たち、『餡さんぶるっ!』は百合が期待できるかもと教えていただけたこともあり購入をしたものとなります。
『ろみちゃんの恋、かな?』は何となくよさそう…表紙にガールズラブ、と明記されていたことから購入をしたものとなります。

今回はどれもよい感じの作品となっており、まずは『艦これ』あたりを優先して読んでいこうと思います。
そして月末まで新たなコミックを購入することはなさそうかつ未読で残っている作品群にも優先して読みたい様なものはありませんので、そう急ぐことなく1冊ずつ読んでいっても問題なさそうです?(何)


『艦隊これくしょん』の開発は8cm高角砲、失敗、12mm単装機銃、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在し球磨さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は荒れに荒れたこちらですが昨日は3回連続でボスへ直行し非常によい出だし…の引き換えに全ての戦闘にて能代さん中破鳳翔さん小破ビスマルクさんグラーフ・ツェッペリンさん被弾の大損害を被ってしまいます。
その後は艦隊がはじめの分岐で北上してしまうものの、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回となり、つまり戦闘回数10回任務達成前にストレートで終了と、よい意味で先日の反動がきたといえそうです。
ただ、損害は上で触れた皆さんに加え北上さん中破霧島さん小破と、戦闘回数の割に大きすぎの印象…。

今日からイベントが発動するとのことなのですけれど、メンテナンス終了予定時間は22時になっている上に春のイベントの際は結局発動日とされていた日にはゲームに入ることすらできませんでしたので、ですので今日の南西諸島任務までは朝のうちに実施しておくことに…その結果は明日の日誌で触れます?


『七竜3』は幻影首都の探索…真竜ヒュプノスの影を倒した先あたりから宝箱で最強の武器を回収できる様になってきました…が、皆さん何を装備しても攻撃力は変わりませんのであまり意味はなし…。
その先はチカさんとリッカさん、ユウマさんといった真竜ではない人々と戦うのですけれど、彼ら彼女らは影扱いではなかった様な名前…そして後者は相変わらずLF全快を頻繁にしてきますので、この戦いばかりは奥義を使うしかありません(奥義1回で15000のダメージでしたので最大LFが22000程度っぽいユウマさんは2回で倒せます…がティナさんの普通のスキルのダメージのほうが大きい…)
…ダンジョンの性質上、ここかグレイトフルセブンスかのどちらかに真竜フォーマルハウトを出してほしかった…特にグレイトフルセブンスではかの者が出るのではと期待していたのですが…。

真竜ノーデンスの影を倒した先は以前している『2020』の真竜の領域になっていましたけれど、真竜アイオトの話ではこの最奥にはある人間がいる、とのこと…。
…はぁ、結局今作も追加ダンジョンの最後の敵は人類戦士なのですか、彼はもういいです、お腹いっぱいでうんざりです…(これで人竜Mなどが待ち受けていればかえって評価しますが、まぁ人類戦士Tなのでしょう)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年07月31日

はるにゃさん

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○あんハピ♪(2)
○ハイスクール・フリート(2)
○はるにゃさん
○はるにゃさん改
-----
…上2つはDVD、下2冊は同人誌となります。

DVDはいずれも全巻予約をしている、前期に放送されていたアニメたちとなります。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○はるにゃさん / はるにゃさん改《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★★☆(3.3)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしてみました、『改』が昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、小さくて猫の耳や尻尾のある榛名さんと周囲の皆さんの日常を描いたお話…。
その小さな榛名さんがかわいく微笑ましく、またその榛名さんを主に愛でるのが比叡さんだというのも、比叡さん好きな身としては嬉しくよい作品でした。

以前にも『榛名日和』という榛名さんの微笑ましい同人誌を購入していますし、榛名さんの二次創作は微笑ましいものが多い、です?
はやいものでもうすぐ夏のイベントがあるっぽいのですけれど、今回の『はるにゃさん』にその『榛名日和』の新刊など、すでによさそうなものをいくつか予約してありますので楽しみです。


その様な昨日は届いたDVDたちのうち『あんハピ♪』の第2巻を観てみました。

第3話は『4月28日 はじめての幸福実技』ということで、謎の幸福に関する授業が始動します。
その幸福クラスに用意されたのは実物大すごろくだったのですけれど、このすごろくの会場がとんでもない場所で…ずいぶんお金をかけていますけれど、確か後にこれに異議を申し立てる教師が出てくるはず…?
ともかくこのすごろくで最下位となったチームには宿題が課されるのですけれど、やはり皆さんは最下位を争うことに…ライバルになったのは、くしくも(なぜか特に瑠璃さんを)目の敵にする響さんとその幼馴染の蓮さんのチームになります。
2チームの争いはあまりに低レベルなためすごろくでは決着がつかず、両チームの直接対決にゆだねられることに…。

第4話は『4月29日 ナゾナゾな罰ゲーム』ということで、先のお話で最下位となた皆さんが宿題をすることになるお話…。
宿題はそれぞれのかたがたの幸運アイテムを写真に収める、というものとなっており休日に皆さんでお出かけしてみることにします。
うち杏さんに課せられた幸運アイテムがタイトル通りなぞなぞの様なものとなっており、皆さんでそれを探すことに…。
皆さんに幸運になってもらいたくないと考える響さんも蓮さんを連れて皆さんの後をつけるのですけれど…?

ということで、今回は響さんと蓮さんの本格登場となるお話となりましたけれど、やはり響さんが非常に微笑ましいキャラクターでよき感じです。
お話も微笑ましく、第4話の終わりかたは非常にきれいな終わりかたでよいものでしたけれど、やはり先生が黒すぎて怖いです…原作でも怖いのですけれど、動く絵と声が加わるとそれがより増してしまい、本当に恐怖を覚えるレベルです。
その点は置いておくと微笑ましい作品ですし、引き続きのんびり見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、12cm連装高角砲、20cm連装砲、九九式艦爆となり、いつも通りの惨状…ちょっと、九九式艦爆の出現率が高すぎではないでしょうか…。

戦いについて、まずはいつもの様に輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し、敵の命中率が100%で損害はかさんだものの任務達成となりました。

続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からはじめの分岐で北上させられさらにあらぬ方向へ進まされ、次の出撃でボスへ到達したかと思えば大破したお相手にビスマルクさんが2回も命中弾を受けるという幸先の良くない出だしとなってしまいます。
その後もローマさんや霧島さんが一撃で小破近くまで損害を受けたりと戦艦を中心に損害が続発する上、7連続ではじめの分岐で北上、しかもその中でも3連続であらぬ場所へ吹き飛ばされる事象も発生、となってしまいまた大荒れの様相を呈してきます…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上8回輸送船エリア5回うちボス前での南下1回となり、北上率とそれに伴う輸送船エリア行きが多すぎ、そのために被った損害とあわせてかなりよくない結果といえます。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動しており2-2でのボス到達4回の時点でヲ級さん編成は1回の出現で撃沈数が1足りませんでしたので2-3へ潜水艦隊を派遣、もちろん(?)輸送船エリア行きとなり空母撃沈任務は果たしました…こういう場合2-2でのボス到達5回めでヲ級さん編成が出現することが少なからずあるのですけれど、昨日はその様なことはなく一安心です?

1-5への3回出撃任務が発動していますので、昨日も1回、五月雨さんたちを派遣します。
その出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。


延々レベルを上げては10レベルを下げて転職することで恒久的に能力値upを図っている『七竜3』はついに物理攻撃力と魔法防御力もどの職業になっても最大になる様になりました。
これで残るは魔法攻撃力のみとなりましたので、全員をデュエリストにして延々能力値upを図っていくことになります。
だいぶ終わりが見えてきましたけれど、パーティにサムライ、あるいはエージェントがいないということは誰も連続攻撃ができず、ですのでフロワロシードが出現した際に少々面倒なことになってしまうのでした(フロワロシード自体経験値は非常に少ないので倒せなければそれはそれでよいので、逃げてくれればそれでいいのですが…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年07月25日

変なぬいぐるみですわねー!!

先日はこの様なものが届きました。
-----
数は少ないですが…
○変なぬいぐるみですわねー!!
○夕凪マーブレット(6)
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○変なぬいぐるみですわねー!!《【徒歩二分】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『ガールズ&パンツァー』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしてみました、6月26日に出たらしいものとなります。
内容としましては、愛里寿さんが聖グロリアーナへ一時入学をされるお話…。
何とか彼女を正式入学させたいと思うアッサムさんたちの考えとは裏腹にローズヒップさんが愛里寿さんの神経を逆撫ですることばかり言ってしまい…とはいえローズヒップさんは裏表のないかたですので、次第に愛里寿さんとの距離を縮めていき…?
何気に戦車道の同人誌を購入するのはこれがほぼはじめてなのですけれど、それはローズヒップさんというキャラクターに非常に惹かれてしまったからで…この同人誌でもものすごくよいかたでやっぱり大好きなのでした。

○夕凪マーブレット(6)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらはオリジナルの作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしました、7月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…秋の日、お二人で一緒に花火をされるお話…。
ここで転入生さんの過去に何があったのかが解るのですけれど、かなり思わせぶりな終わりかたとなっており、波乱を思わせる感じ…続きを見守りましょう。

ということでやっぱりローズヒップさんがかわいすぎて仕方ないのですけれど、今回購入の同人誌のあとがきによるとドラマCDに彼女が出てくる作品があるそうで…?
ドラマCDは今まで未チェックだったのですけれど、どうしましょうか…購入してみたほうがよかったりします、か…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(5)
○あやかしこ(2)
○ふたりべや(3)
○小百合さんの妹は天使(4)
○ばくおん!!(8)
-----
…こちらは全てコミックとなります。
本当はこれらは月末のきらら系作品群たちと一緒に購入しようと思っていたのですけれど、以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によるとどうも今月末のきらら系は質・量ともに非常に多くこれら良作が埋没しかねずまた現在残っている未読作品にはもうそれほど優先して読みたいと感じる作品もないことから、昨日の帰り道に思い切ってさっと立ち寄りさっと購入してみました(何/ただ以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によると来月末のほうがもっと危機的にも見えますが…?)

今回購入作品は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『小百合さんの妹は天使』はこの巻で最終巻となる模様で、また『ろこどる』は特装版ということでドラマCDがついてきました。

今回購入作品はどれも過去に既刊を読んでいるということでよいものだということは解り切っており、どれも最優先で読みたいところながら、きらら系購入までにすべて読めるかどうか…?
ひとまずまずはやっぱり『ろこどる』から読みたいものです。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、失敗、失敗、零戦52型となり、いつも通りの惨状…。
…ただ、最近調べはじめた艦載機改修について、瑞鶴さんなどを2番艦にすると熟練零戦やあの岩本隊零戦53型などの改修ができるのですけれど、それらに漏れなく52型消費が要求されており、ですので52型はいくつあっても足りない事態になりそうで、となると52型は(41cm連装砲の様に)装備改修用として当たりといえるのかもしれません?(ただ現状ソナー爆雷の改修のほうを優先していますが…やはり魚雷には手が回りそうにありません…)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの出撃で久しぶりに北上させられなかったもののボスへ直行となり任務失敗…。
2回めの出撃も無残にボスへ直行、通商破壊艦隊は何ら為すことなく任務に完全失敗…。
最悪の流れにげんなりさせられつつ、仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、はじめの分岐で北上させられそこの無意味な初戦で摩耶さんが小破させられるほどの損害を受けてしまいつつ輸送船エリアへ到達、けれどいつも通りに例の如くル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ多摩さん大破の上に任務失敗…もうこの編成本当にやめてください…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、輸送船4の編成と遭遇し任務達成…ですからはじめからこの編成を出してください…。

輸送船任務の時点ですでに展開、損害ともに大荒れの様相を呈してしまいつつ引き続いて南西諸島制海権任務を実施、北上率が高く推移し続けてしまうものの、それでも案外とその先はボスへ進行することができました。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア1回となり、輸送船任務に対しこちらはかなり順調に終えることができたといえます。

1-5への3回出撃任務があと1回残っていますので、五月雨さんたちで出撃を実施します。
その出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は五月雨さんが中破させられるものの敵の全滅には成功しました。
これで先週分の1-5出撃任務は完了しましたけれど、月曜日となる今日はあ号作戦遂行のためにまたここへかなり出撃することになりそうです?


延々転職を繰り返して能力値upを図っている『七竜3』はどの職業になっても物理防御力も最大値を維持できる様になりましたので、ローテーションからルーンナイトも外せることになりました。
これで残るは物理攻撃力の上がるサムライと魔法攻撃力の上がるデュエリスト、魔法防御力の上がるメイジの3つだけになってきてかなり終わりが見えてきた…といいたいところながら、物理攻撃系の職業の魔法攻撃力、あるいはその逆を最大にするのはなかなか大変ですので、まだ結構果てが見えない状態、かも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年06月30日

寮の幽霊に迷惑しています!

先日はこの様なものが届きました。
-----
CDも…
○りりくる 〜LIly LYric cyCLE〜 VOCAL COLLECTION!!
○アイドルマスター シンデレラガールズ Cool jewelries!003
○PI-10
○あかぎです
○ひとりぼっちのGroupie
○寮の幽霊に迷惑しています!
○32番目の幸せ
-----
…上2つはCD、その他は同人誌となります。

CDのほう、上のものはこちらは元はドラマCDで以前ゲームもしている『りりくる』のキャラクターソングを収録したアルバムとなります。
今作のキャラソンはどれもとてもよい感じですのでもちろんアルバムもこうして迷わず購入、キャラソンもそうなのですけれど、キャラクター自体もとてもよく、お話も明るく楽しいよいものですから、個人的に『りりくる』は以前最新作をしている『その花』並に大好きなシリーズで、今後も何か出てくだされば嬉しいのですが…その『その花』は以前している『愛しさのフォトグラフ』の新装版が出ましたけれど、すでにオリジナル版をしていたり、またいずれ以前届いているファーストシリーズの様にセカンドシリーズもまとめて出るのでは、という疑念もありますのでひとまず様子見で…。
また、こちらは特典としてクリアファイルがついてきました。

もう1つのCDは以前にも届いているシリーズのCool編です。
こちらは全巻購入特典として収納boxがついてきました。

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○PI-10《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、6月26日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にどうやらゲーム中であったイベントなどを題材としたコメディなお話となっています。
饂飩にこだわる静香さんが微笑ましかったりと、今回は(も?)微笑ましく楽しいお話になっておりよきものです。

○あかぎです《【幻竜一夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前同じシリーズの作品を購入していることもあり購入をした、こちらも6月26日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その『はつゆきです。』のお話の赤城さん視点のお話…『くうぼヲきゅうさん』の赤城さん版といえるわけです。
こちらではヲ級さんが見つけたひよこがどんどん大変なことになっていくさまが見られますけれど、あれは一体…それはそうとやはり微笑ましい雰囲気の作品です。

○ひとりぼっちのGroupie《【よあけのピアノ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下は全てオリジナルかつ百合と明記されていたことから購入をしました、こちらは5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、バンド好きな女の子の様子を描いたお話、となるでしょうか。
主人公さんはそのバンドのボーカルな女性が好きで、同じくファンなクラスメイトとライバル関係なのですが…こちらは一種の失恋なお話になっているのですけれど、そのライバルさんとの関係にこの先変化がありそうな気もして、続きも見てみたいかもです?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『アイムホーム!』などを描かれたかたとなっていました。

○寮の幽霊に迷惑しています!《【corner】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★★》
こちらも5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、古びた学生寮のただ一人の寮生な女の子とその寮にいる幽霊な女の子のお話…。
幽霊さんはもう居候状態で楽しく暮らしていたのですが、ある日学生寮が取り壊されることが決まり…こちらはお二人が微笑ましくまたハッピーエンドにもなってくださり、個人的な好みにかなり合致したとてもよいお話となっています。

○32番目の幸せ《【カレーのようせい】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、すでにお付き合いをはじめていらっしゃる幼馴染お二人のお話…。
さらに一歩先へ進もうとしつつもなかなか踏み出せない中、不思議な夢を見たりして…こちらは正統派な百合のお話といえ、その点よいものです。

ということで、同人誌はどれもよきもので、そしてやっぱり『りりくる』のキャラソンも満足です。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、46cm3連装砲、13号対空電探、失敗となり、何ともいえないながら普段に較べるとものすごくよい結果ともいえます…実のところ46cm砲よりも41cm砲のほうが嬉しかったりしますが…(何)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ出撃、輸送船エリアへ直行でき、けれど例の如くいつも通りに輸送船2+ル級さんという大外れ編成と遭遇させられ三隈さん大破の上に任務にも失敗しました。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、またル級さんが存在し今度も三隈さん、さらには衣笠さんも大破させられつつ任務達成となりました。
…高速修復材はたくさんあるとはいえ、さすがにこうも大破率が高くなるとため息が出てしまいます。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から2回連続でボスへ直行でき幸先のよい出だしとなります。
けれどもちろんその様な幸運は長くは続かず、その次でボス前での南下となり調子を狂わされるとその後ははじめの分岐で北上させられる様になってしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回となり、よくもなく悪くもない結果となりました。

最前線海域である5-4への出撃も、戦艦はレベル88の3人で一番経験値が少ない金剛さんにして出撃を実施してみました。
その初戦は航空戦で5の撃沈ができたこともあり完全勝利、第2戦は装甲空母鬼さんではなく金のヲ級さん2に赤いヲ級さん1の編成が出現し大きな損害なく敵を全滅、燃料115を入手した先のボス戦は大きな損害なく敵の全滅に成功しました。

これで5-4のゲージはおそらくあと2回で破壊できそうですけれど、今日1回出撃しても、明日は7月1日ですので拡張海域のゲージ破壊や月間任務の消化に移行しますし、それが終わってももう7月ですので夏のイベントへ向けて資源回復モードへ移行しようと思いますから最前線海域出撃はお休みにしようかなと…でも5-4は妙に簡単ですし、このままゲージの破壊をしてもいいのかも、でもその様なことをすると5-5のゲージ破壊も検討しなくてはならなくなりますし、どうすれば…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年06月21日

コイノツボミ

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○コイノツボミ
○それいゆ
○LOVELAIKAのそわそわ文通デイズ
○大体黒髪のせい。
○Lilyca(4-2016,SPRING)
○創作百合短編集
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○コイノツボミ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』な二次創作作品となり、こちらは好きなカップリングの作品ということで購入をした、6月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、何か悩み事を抱えている様に見える凛さんのことを気にする卯月さんのお話…。
けれど凛さんから見ても卯月さんが何か悩んでいる様に見えたらしく、ともかくお二人はお泊り会をすることにしたのですけれど…こちらは微笑ましくもかなり正統派な展開の百合なお話となっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『RRR』を描かれたかたとなっていました。

○それいゆ《【金平糖工房】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をした、6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、学校帰りの杏さんのところへきらりさんがやってきてお二人で放課後を過ごすお話…。
周囲の注目を浴びてしまいつつも、制服姿のお二人が一緒に過ごすさまというのはちょっと新鮮な感じで、また微笑ましいお話となっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『COTTON CANDY』を描かれたかたとなっていました。

○LOVELAIKAのそわそわ文通デイズ《【陽光歯車】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらはちょっと気になったこともあり購入をした、6月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、お互いのお仕事などがあってなかなか顔を合わせられないラブライカのお二人が文通をされるお話…。
そのお二人の関係が非常に微笑ましくよいお話で、ラブライカのお二人は結構同人誌が出ていて気になってはいたものの今まで購入を控えていたのですけれど、この機にもっと購入をしてみるのも…?

○大体黒髪のせい。《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『その花』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、麻衣さんと玲緒さん、美夜さんと璃紗さんの2組のかたがたを描いたお話…。
前者はコメディ、後者はちょっとシリアスなところもある、けれどどちらも百合的にももちろんお話もよきものとなっており…タイトルからして雫さんは?となるわけですがきちんとそこもあとがきで触れられていました(何)
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『チョコレイトディスコ』などを描かれたかたとなっていました。

○Lilyca(4-2016,SPRING)《【あとりえ雅】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここから下はオリジナルで百合と明記されていたことから購入をしたものたちとなり、こちらはまた以前に既刊を購入していることもあり購入をした、5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、4人の参加された百合を題材とした合同誌となっています。
どのお話も微笑ましさが前面にくるよい百合なお話で満足…藤枝雅さまの『飴色紅茶館挿話』はこれまで通り以前読んでいる『飴色紅茶館歓談』の番外編、未来を描いたお話となっています。
また、『まーぶるCONFECTION!』というアイドル作品も収録されているのですけれど、こちらはドラマCDとして夏のイベントで出るとのことで、そちらも期待したいものです。

○創作百合短編集《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは6月5日に出たものとなり、上で触れた『大体黒髪のせい。』と同じサークルさまの作品ともなっています。
内容としましては、タイトル通りのもの…いくつかの短編を収録した短編集となっています。
そしてもちろんタイトル通りどのお話も百合なものとなっており、少し不思議なものから短いながらも微笑ましいもの、そして悲しいお話と色々あり、どれもよきお話となっています。

今回はうづりんやあんきら分を十分に補充でき、他の作品もそれぞれによいもので満足できました。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、15cm3連装砲、徹甲弾、失敗となり、徹甲弾が出ましたので大当たりといえます。
また、大型艦建造を実施するものの、結果は瑞鶴さん…かなり珍しいかたですのでまだ…?

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということでい号作戦が発動しましたので2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施します。
2-2は輸送船撃沈任務からはじめの分岐で北上させられてしまうこと連続4回を数えてしまいつつもボス到達率は高く、さらにその後はボス前直行が連続し、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、なかなか順調なよい結果となりました…ヲ級さん編成は1回のみで、い号作戦には極々わずかに寄与しました。
ただ、損害については赤城さん小破グラーフ・ツェッペリンさん10と、空母なかたがたが比較的大きめ…。
2-3へは南西諸島任務終了までに1回のみの出撃となり輸送船エリアへ進みました。

い号作戦進行のために引き続き2-3へ潜水艦隊を派遣しつつ1-4へ機動部隊も派遣します。
2-3は初戦で伊19さんが小破させられつつ3回全ての出撃で輸送船エリアへ進み、うち1回は南下しての2戦ルートに乗りました。
一方の1-4ははじめの分岐での南下が発生せず全てボスへ進めましたけれど、途中で軽空母戦を挟むことが一度もありませんでしたので効率はやや悪め…それでも3回の到達でい号作戦達成となりましたので5-3で潜水艦撃沈任務を実施し資源の再利用を行いました。

あとは瑞穂さんたちを1-1へ派遣しあ号作戦を遂行…4回連続でボスへ進んで幸先がよいと思ったのも束の間、その次からは7回連続で分岐で北上させられあっという間に北上のほうが逆転…。
その後も連続4回など北上行きが多く推移、いつも通りかと思われたのですけれど、後半になると連続5回などボスへの進行が多くなり、最終的にはボス到達16回であ号作戦達成に対しそれまでの分岐での北上15回となり、ボス到達数のほうが多くなりよい結果を得られたといえます。

今回は総じて順調にいったといえます…ろ号作戦もこの調子で進んでくだされば…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年06月12日

今日もおさかなの日

先日はこの様なものが届きました。
-----
同じ作品のblu-rayも…
○ご注文はうさぎですか??(6)
○ガールズ&パンツァー 劇場版
○夕凪マーブレット(5)
○あいた〜ん(4)
○すきのいと(2)
○竜灯屋台のリディアとルー 今日もおさかなの日
○あした、あさって、しあさって
○嘘つきピアスホール
○エルフの護手
-----
…上2つはDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほう、上は全巻予約していてこれまでも既刊が届いている作品となり、この巻で最終巻となります。
下は以前通常版DVDを観ている作品の限定版blu-ray…内容があまりによかったのでつい限定版を購入してしまいましたけれど、仕方ありませんよね、ね…しかも、限定版の内容を見ると、通常版にはなかった『不肖・秋山優花里の戦車講座』が収録されていて、これは少しショックでしたかも…。
…両者ともにタペストリーが特典としてついてきましたけれど、タペストリー付属な作品が多すぎて正直困るかも…。

同人誌は以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、今回届いたものは全てオリジナルなものとなっています。

○夕凪マーブレット(5)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…お二人の関係は順調で周囲とも溶け込みはじめたかと思われたのですけれど、転入生さんの過去を知る教師が出現し、波乱の展開となっていくさま…。
こちらはその波乱が巻き起こりそうなところで終わっており、まだ続きがあるとのことで引き続き見守りましょう。

○あいた〜ん(4)《【山猫BOX】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…東京から引っ越してきた女の子がそのこともありクラスの皆さんの人気を集め、主人公さんが少し複雑な気持ちになったりするお話…。
こちらはやはり百合というよりは友情なお話の印象も強いですけれど、微笑ましいお話なのは間違いありませんし、まだ続刊を描かれる予定があるご様子ですので引き続き見守りましょう。

○すきのいと(2)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、高校を舞台にした先生と生徒の恋愛のお話…今回は生徒さん視点のお話になっており、どうして彼女が先生を好きになったのかなどが描かれます。
先生はあくまで生徒さんの気持ちを受け入れてくださいませんけれど、こちらはまだ続くご様子ですので引き続き見守りましょう。

○竜灯屋台のリディアとルー 今日もおさかなの日《【狐灯籠】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様のお二人の日常を描いたお話…タイトル通り魚を捕って食べるお話となります。
お二人の出会いの回想もありますけれど、基本的には微笑ましいお話…こちらは漫画としてはこうした微笑ましいお話、物語の本筋はノベルになるそうで、ノベルは基本的に購入しないことにしている身としては…。

○あした、あさって、しあさって《【先天性爆弾娘。】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、幼馴染なお二人のお話…気持ちをまっすぐ伝えてくるかたとツンデレなかたのお二人となります。
そうしたお二人の関係ですのでやはり微笑ましいもの…と、あとがきによるとこちらは3作めということで、このサークルさまの作品をたどれば過去に既刊を読んでいることが解りそうながらちょっと掘り出せず残念…(何)
…ということで、こちらのサークルさまは以前購入をしている『yurirog petit』などを描かれたサークルさまとなっていました。

○嘘つきピアスホール《【暴挙に出てみた】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、真面目な女の子が親友の女の子にピアスの穴をあけたい、とお願いするお話…。
こちらはこの両者の視点のお話が描かれているのですけれど、両想いなのにそれが伝わらずすれ違っているさまが読み取れて切ない…特に真面目な女の子を守るために男性と付き合うことにした子があまりにも切ない、でもよいお話です。

○エルフの護手《【ブラクラ堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、エルフが絶滅したといわれる世界でエルフの王であるという女の子と出会った盗賊の女の子のお話…。
お二人は一緒に旅をすることになるのですけれども…こちらは百合的にはやや薄めといったところで多少重いお話でもあるのですけれど、続きを見守りたくもなってしまいます。

同人誌は全てオリジナルなものとなりましたけれどもどれもよきものでした。
DVDについては、昨日は戦車講座を観るにとどめ、『うさぎですか??』は最終巻となりますのでまた今日にでもじっくり観てみましょう…戦車講座はしっかり劇場版初登場の戦車を解説してくださっておりよかったです。


また、その様な先日はこの様なものを購入してもきていました。
-----
CDも…
○ガールズ&パンツァー 劇場版 オリジナルサウンドトラック
○あんハピ♪(6)
○ほおばれ!草食女子(1)
○邪神ちゃんドロップキック(6)
○ハナとヒナは放課後(2)
○あいたま(9)
○女子かう生(5)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは上で触れた作品のサントラ…音楽も非常によかったので購入をしてしまいました。

コミックたち、『あんハピ♪』と『ほおばれ!草食女子』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、これらは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
前者は過去に既刊を読んでいることから、後者は何となく悪くはなさそうなことから購入をしました。

その他の作品は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回のコミックは過去に既刊を読んでいる作品がどれも非常に気になるので、それらを優先して読んでいきたいものです。
…唯一の第1巻な作品については、作者が『巴○○の○○な○○』という個人的に非常に(略)な作品のかたなので、正直期待していません…(何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、3連装魚雷、14cm単装砲、失敗となり、いつも通りの惨状…。
そして先日に引き続いて長距離練習航海による高速修復材持ち戻り率が悪すぎ…というより1つも持ち戻りがなく、これ、もうどうすればよいのです…?

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ…例によってはじめの分岐は北上させられつつも輸送船エリアへ到達、けれどこちらも例によって、もう本当にいつものことながらル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務に失敗しました。
連日の惨状にため息が出つつ、輸送船を2は撃沈できていますので潜水艦隊を2-3へ派遣、南下に成功しさらに2戦ルートに乗り任務達成となりました。
…もう、本当に何なのです、あのル級さん+輸送船2という大外れ編成…はじめの出撃でせっかく輸送船エリアへ到達できても高確率でその編成に遭遇させられ任務失敗になってげんなりします…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から2回連続でボスへ直行し幸先のよい出だしになったと思ったのも束の間、その次は高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ暗雲が立ち込めます…この数日この高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされることが多く、そのためろ号作戦の進行も阻害されておりかなり残念です…(以前は高速建造材という完全無意味な場所なんて1回も飛ばされないことのほうが多かったはずなのに…)
そこからは5回連続ではじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所行きが連発、でも輸送船エリアへは全く進まずろ号作戦が完了しないというため息しか出ない事態に…あまりに悲しい事態にボス到達4回の時点で、(初戦大破しなければ)ボスか輸送船エリアかしか選択肢のない潜水艦隊を2-3へ派遣してみることにし南下し輸送船エリア行きとなりさらに2戦ルートに乗り、ろ号作戦が完了となりました。
南西諸島任務は最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回高速建造材という完全無意味な場所4回となり、高速建造材という完全無意味な場所行きが多すぎよくない結果と言わざるを得ません。

ろ号作戦が完了したということで1-5への3回出撃任務が発動、海上護衛強化月間とあわせ実施しますけれど、昨日の時点で土曜日になっており、1日に1回ずつでは達成不能ですので昨日は2回ボス撃破を目指して出撃を実施しました。
そのはじめの出撃、絶望の初戦は伊勢さんへ放たれた先制雷撃は外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は伊勢さんと神通さんが15〜7の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
2回めの出撃、絶望の初戦は神通さんが中破、恐怖の第3戦は鳳翔さんが4の損害となり、ボス戦は鳳翔さんが大破し伊勢さんも5の損害を受けさらに攻撃がちぐはぐとなり旗艦が大破残存…すっきりしない結果ですがA判定勝利でも任務は進行しますのでよしとしましょうか…。

最前線海域への出撃は、1-5へ2回出撃しなおかつ損害が結構出たことからお休み…何か言い訳をつけて未知の海域への出撃を渋っている様に見えますけれど、間違いではありません(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年05月30日

ゆりかとさゆりは恋人同士。

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○榛名日和(1〜3・陸)
○流川より愛をこめて
○総天然色乙女組!!!
○しずかな樹海のミトリ 思い出のジャム
○ゆりかとさゆりは恋人同士。
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、オリジナルな下3作品は全て5月5日に出たらしいものとなります。

○榛名日和(1〜3・陸)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『葛城日和』と同じサークルさまの作品でしたことから購入をした、一番新しいものが昨年冬に出たものとなります。
内容としましては、榛名さんと皆さんの日常を描いたお話…。
こちらは『葛城日和』同様にフルカラーかつ微笑ましいお話となっており、とにかくみなさんかわいく、それでいて泣けてしまう様ないいお話もあるとてもよきものです。
こちらは第4巻以降もあるもののそれらは品切れとなっており残念…もしも再入荷等あれば購入をしたいものです。
また、「陸」には特典としてクリアファイルがついてきました。

○流川より愛をこめて《【れっどでぃざいあ】【波回廊】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『ろこどる』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、4月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、2つのサークルさまの合同誌…2つの短編漫画と2つのノベルが収録されています。
いずれのお話も皆さんらしいよきお話になっており、やはり『ろこどる』は登場人物の皆さんもお話もよいものです、と再確認させていただけました。

○総天然色乙女組!!!《【Randam 6】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に同級生な3人の女の子の日常を描いた4コマとなります。
今回はお一人のかたの弟に彼女ができたのでは、という疑惑を調査するものとなり、楽しいお話ですけれど百合的には…と思われたのですが、オチが…(何)

○しずかな樹海のミトリ 思い出のジャム《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらも既刊を上の『総天然色乙女組!!!』の既刊などとともに購入をしていることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、森で暮らす女の子が街へ出てジャムを売るのですけれど、そこで一人の老人と出会うお話…。
彼の依頼で幻のジャムを作ることになったのですけれど…こちらは結末が非常に切なく涙を誘われるものの、よいお話なのは間違いありません。

○ゆりかとさゆりは恋人同士。《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、お付き合いをはじめた高校生の女の子お二人を描いた4コマとなります。
その様なお二人の日常を描いたお話ということで、微笑ましいものかつ百合的にも満足のできるよき作品…巻末にはお二人の出会いを描いたお話も展開されています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Twinkle Twinkle My star』などを描かれたかたでした。

今回はどれも非常によいお話ばかりで大満足といってよいでしょう…『榛名日和』は持っていない巻をぜひ入手したいですが…。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、41cm連装砲、7mm機銃、彗星となり、41cm連装砲が出ましたのでよい結果といえます。
演習は最近はなるべく勝てる様に戦っているのですけれど、昨日は全てレベル155な伊401さんと大和さんと武蔵さん、翔鶴さんと瑞鶴さんに秋月さんという編成と遭遇、さすがに色々と面倒になってしまい鹿島さんを旗艦として香取さんや春風さんたちの艦隊で挑んでD敗北にしてしまいました(何)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため、この数日輸送船を1も撃沈できていない通商破壊艦隊を2-2へ…昨日はようやく輸送船エリアへ直行となり、けれどル級さん+輸送船2の大外れ編成と遭遇させられ、結局任務失敗なことには変わりのない結果となってしまいました…。
2回めの出撃はボスへ直行させられ、結局通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務に失敗…もう彼女たちに何の期待も持てなくなってきてしまいました…。
げんなりしつつ、仕方ありませんので潜水艦隊を2-3へ派遣、輸送船エリアへ到達でき任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からいきなりボス前で南下させられ出鼻を大きくくじかれてしまいます…。
その好機を逃してしまったため2回めの出撃からは4回連続ではじめの分岐で北上させられ、さらに2回連続で高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、さらにその先でようやくまたボス前まで直行できたかと思えばまた南下させられるに至り、大荒れ確定の流れとなってしまいます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア4回うちボス前での南下3回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、ボス前での南下率が相変わらず高めに推移してしまったり高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされる回数も多く、控えめに言って大荒れの非常に残念な結果…さらに加賀さんが中破させられたのをはじめ戦艦や空母といったかたがたを中心に損害も多発してしまい、やはり悲しい結果なのでした…。

ここまでの荒れた展開にげんなりさせられ、また嫌な予感を覚えつつ、けれど昨日2回出撃しなければ任務が無効化させられることから1-5への出撃を実施します。
そのはじめの出撃の絶望の初戦は球磨さんが6の損害、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は球磨さんが小破しつつ敵の全滅に成功します。
2回めの出撃、その絶望の初戦は雷撃が外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は清霜さんが小破し伊勢さんも8の損害を受けつつ敵の全滅には成功しました。
これで先週分の1-5出撃任務は完了です。

あとはイベント海域その3へU-511さんを探す旅へ向かいます。
大きな損害は涼風さんが一度大破したくらいですみましたので、やはり海域その2への新しいかたを求める旅に較べてものすごく損害が少なく気が楽です…ただ、先日に引き続き大破が涼風さんばかり…。
肝心のドロップは時雨さんと最上さんが4回と、ボクっ子に縁があった模様…。

今日は月曜日ですので、まずは諸々の週間任務を消滅させようと思います…海域その3ではい号作戦は全く進みませんので、普通に進めるしかないですね…。


『りりくる』は10月のイベントを進めていたのですけれど、星良さんと晴さんの文化祭のイベントを見ると、そのまま一気にエンディングまで進んでしまいました。
つまりお二人の個別エンド、というところに到達したわけですけれど、エンディングテーマはお二人が歌うものになっており…どうやらしっかり全カップリング分のエンディング曲が用意されているみたいです(歌は同じなのですが、歌っているかたが違う、というわけで…)
これからどんどん他の皆さんのエンディングも登場しそうですけれど、これまでどおり日付順に進めていきましょう…ちなみにカレンダーは翌年3月までありますのでまだまだ先は長いです。
…その他、エンディングを一つ迎えたということでCGギャラリーとおまけが開放…おまけは出演声優さまのコメントでしたけれど、エンディングを迎えたキャラクターのかたしか開放されません。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴