2017年03月19日

お姫様のわがまま

先日はこの様なものが届きました。
-----
『シンデレラガールズ』のもののみ…
○お姫様のわがまま
○恋文
○ウサギのおはなし
○イトユビ
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回届いたものは全て『シンデレラガールズ』の二次創作かつ3月12日に出たらしいものとなります。

○お姫様のわがまま《【まじひま】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★★》
こちらは以前購入をしている『ちびむらさんMAX!』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、すでにお付き合いをされている卯月さんが凛さんのお部屋へお泊りに行くお話…。
それまで凛さんは何かと理由をつけてお泊りを断っていて、それに卯月さんは少し不安な気持ちになっていたのですけれど…こちらは百合的にも相当高い、色々な意味でよいものとなっていました。
また、こちらには特典としてクリアファイルがついてきました。

○恋文《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『ちびむらさんMAX!』と一緒に購入をしている『コイノアラシ』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、以前観ているアニメ最終話にあったシン選組ガールズでの劇中を題材とした卯月さんと凛さん(の演じている沖田さんと土方さん)のお話…。
あくまで劇中のお二人のお話という設定ですけれどそこはあまり深く考えない様にして、こちらも百合的にもよいお話となっています。

○ウサギのおはなし《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは以前購入をしている『なまけんぼうのサンタクロース』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、兎の気持ちになりたい仁奈さんとそれを指導することになった杏さんを描いた4コマ…。
こちらは相変わらずお二人がかわいくやり取りも面白いよきものです。

○イトユビ《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前購入をしている『キミマチ』などを描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、向こうから自分に触ってくれることがないために夏樹さんから触ってくれるまでスキンシップを控えようとする李衣菜さんのお話…。
こちらはお二人の行動が微笑ましくまた百合的にも高く、やはり色々な意味でよいものとなっていました。

前回の同人誌購入の際に今後はなるべく同人誌購入は控えたいと書きましたけれど、今回購入したものたちはさすがに我慢ができないです…それだけどれもよい作品で満足のいくものとなっていました。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
数は少なく…
○デミライフ!(1)
○ポッピンQ reverse
○それいけ!ロシア女子戦車小隊
-----
…こちらは全てコミックとなります。

今回購入したものは全て何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
しいて言えば一番上の作品は百合姫コミックスであるため百合に期待できるはず、真ん中の作品は原作が劇場版でありDVD予約で見かけて気になったこともあり、一番下の作品は作画担当のかたが戦車アニメのコミカライズ版でよく見かけるかたでしたことから、といったところになります…と、こう書くとそれぞれにそれなりの理由があるっぽい…(何)

今回購入作品はどうでしょうか、以前購入をしているものたちに未読なものがまだ多くそちらでまだ優先して読みたいものも残っており、それらも交えつつ読んでいきましょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は7mm機銃、15cm単装砲、33号対水上電探、九六式艦戦となり、悪い結果…九六式艦戦、デザインが変わりました?
大型艦建造最低値はまるゆさんとなりよい結果を得られました。

戦いのほう、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣しますけれど、また無意味にボスへ直行させられ任務失敗…どうにも最近、はじめの出撃でこのパターンに陥ることが多くてげんなりします…。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4ル級さんなしの当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、(すでに達成した1-4とともに)2-2と2-3へ軽巡洋艦を旗艦に出撃という任務が発動しており、ですので普段の南西諸島任務用艦隊の1つをその仕様にして2-3へ派遣します。
その出撃、はじめの分岐は東進となってしまい初戦は損害を抑えられず、問題その1のそこの分岐は東進でき、問題その2のそこの分岐は…北上させられ任務失敗…。
2回めの出撃、はじめの分岐は東進となってしまい初戦は完全勝利、問題その1のそこの分岐は東進でき、問題その2のそこの分岐はボスへ進行…赤いル級さんを旗艦にル級さんとヲ級さんなどとの戦いとなりサラトガさんが小破させられますけれども敵の全滅には成功しました。

残りの3つの南西諸島任務用艦隊は普段通り2-2へ派遣、はじめのボス到達達成までは軽巡洋艦を旗艦にして出撃をし、それははじめの出撃で達成できました…が赤いリ級さんによりアクィラさんが一撃大破…。
そして2回めの出撃からは5連続でボス前まで直行できながらそこからボス前での6連続南下というちょっとさすがに今まで一度も見たことのない意味不明の事象を引き起こされてしまい、ため息ではなくさすがに怒りがこみ上げてきました…この様なことをされては終わるものも終わるはずがありません。
さらにその後は4連続ではじめの分岐で北上させられる上に高速建造材という完全無意味な場所1回を挟んでまだボス前での南下を懲りずに発生という、あくまでボスへは行かせないという羅針盤さんの猛烈な悪意に当てられ本当にどうしようもない展開に…南西諸島任務用艦隊が3巡、12回出撃して(2-3での1回も含め)ボス到達2回とは、一体どういう嫌がらせなのでしょうか…。
こうなってはもうどうしようもありませんので、損害も顧みず以降何も期待せず無心で連続出撃を実施…すると無心となったのが功を奏したのかそこからは嘘の様にボス行きが連発、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上7回輸送船エリア8回うちボス前での南下7回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、言うまでもなくひどい、大荒れの結果です。
唯一の救いとしては何と蒼龍さんが2回もドロップ、零戦21型が得られました…いえ、二式水戦改修任務についてこれが必要なのですけれど、その前提条件である二式水戦を改修するのにも零戦21型が10機必要であることが判明してしまいましたのでいくつあっても足りないという事態に…(それ以前に1回改修につき改修資材が5も必要、というのはどうすればよいのでしょうか…この任務、魚雷や洋上補給任務同様に放置したほうがいいのかも…)

南西諸島任務はあまりにひどい事態になりながらも一応達成、そして同時に1-4と2-2と2-3への出撃任務も完了したのですけれど、何と空母か水上機母艦を旗艦とし3-5と4-4と6-2へ出撃、というさらにひどい任務が発動してしまいました。
3-5と4-4とくれば、次は5-2あたりでいいと思うのですけれど、どうして6-2…6-2はなぜか出撃するたびにエラーをかならず発生させられるという謎のトラウマがある場所ですのであまり行きたくないのですが、仕方ないです…。

1-5への3回出撃任務も発動しているのですけれど、それは今日へ回してしまい昨日はこれらいずれもきつい海域への出撃を実施してしまうこととしました。
まずは3-5からということで、こちらはすでにゲージを破壊してしまっておりまた空母または水上機母艦旗艦という条件の時点で空母3+αで上ルートということになります。
編成としては(4-4以降も全て)大鳳さんを旗艦にし、翔鶴さんと瑞鶴さんをつけ、あとはレベル98に達したザラさんと99な筑摩さん、そして新春任務の際に連れて行って案外大丈夫でした照月さんを防空担当で入れてみました。
その出撃、初戦は大きな損害なく敵を全滅、問題その1の第2戦はヲ級さん改が出現してしまい筑摩さんが小破しつつ敵を全滅、問題その2の北方棲姫さんとの戦いは大鳳さんが中破しつつA判定勝利とし、ボス戦へ…航空戦は駆逐艦1のみの撃沈となり、砲撃戦でお相手の攻撃が全命中となり照月さん以外全員微少ダメージが相当蓄積しつつも昼戦で敵の全滅には成功しました。
1回の出撃でボス撃破に成功、任務に50%以上達成マークがつきましたので、やはり編成は空母(か水上機母艦)を旗艦にさえしておけば問題ない様子…そしてやっぱり3-5上ルートは防空艦な駆逐艦を入れていっても問題ないみたいです?(かつては五十鈴さんを入れて行っていた記憶もありますし…?)

続いて4-4という久しく出撃していない海域への出撃、こちらは記憶がかなり曖昧になっていますけれども、かなり以前にとっても大好きなあのかたに教えていただけたお話では重巡洋艦1と駆逐艦2でボス前までルート固定ができるはずとのことでした。
また、ボス戦に潜水艦がいた記憶がありますので、引き続き大鳳さんを旗艦としつつ先制対潜攻撃のできる朝潮さんに防空担当の照月さん、それに重巡洋艦のザラさんを入れ、あとは瑞鶴さんと金剛さんを入れてみます。
その出撃、初戦は完全勝利、そこの分岐は西進し対潜戦となる第2戦は完全勝利、そこの分岐は西進し第3戦は金のヲ級さん2に赤いル級さんというかなりきついお相手との戦いとなりつつ大きな損害なく敵を全滅、問題のそこの分岐は西進しボス戦へ…金のタ級さんを旗艦に赤い潜水艦のいる編成がお相手、航空戦で金の軽巡を撃沈し先制対潜攻撃では潜水艦中破にとどまり、照月さん大破に対し昼戦で敵の全滅に成功しました。
これでこちらの出撃も1回で完了、任務達成率が80%以上となりました…2-2と違い羅針盤さんが敵に回らなくてよかったです。

これで残すは6-2ということになり、ここはあのかたに教えていただけた情報や以前の海域突破時の編成を参考に大鳳さんを旗艦としリットリオ(イタリア)さんとザラさんと筑摩さん、五月雨さんと照月さんによる艦隊を編成してみます。
その出撃、初戦は金のル級さんとの戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、問題の第2戦はヲ級さん改や金のル級さんに赤いツ級さんという強烈なお相手となりザラさんが小破しつつ敵は全滅し、ボス戦へ…金の輸送船を旗艦に金のヲ級さんとル級さん改に赤いツ級さんというなかなか強烈なお相手となり、リットリオさん中破に対し輸送船小破ル級さん改大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これで任務に必要なすべての海域でのボス撃破に成功し任務達成、熟練搭乗員を得ました。
難航が予想された任務ですが全ての海域にて1回の出撃でボス撃破に成功しましたので一安心…よい意味での2-2の反動というのでしょうか。
今日は1-5への3回出撃任務を実施することになります…大変な任務といえば三川艦隊で5-1へ、というものが存在素ますけれど、どうしましょう、あれ…。


『艦これ』に時間がとられましたので『マイソロ2』はほとんどできなかったのですけれど、そういえば…と存在を思い出した闘技場に挑戦をしてみました。
何回か闘うと以前している『3』の様にコングマンさんが現れましたけれど、倒しても仲間にはなりませんでした…今作はならないのか、それとも何か別の条件があるのか…?(もしかするとスタンさんの存在が鍵になったりしているのかも…『3』でははじめから彼がいましたから問題なかったのですけれど、今作では今のところ姿がありませんし…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年02月26日

ゆうゆう、しずしず。

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○ViVid Strike!(3)
○ゆゆ式OVA
○ぷちでれ!(2)
○はぴついらいふ
○ゆりかとさゆりは恋人同士(2)
○ゆうゆう、しずしず。
-----
…上2つはDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほう、上は一連で予約をしているアニメの新刊となります。
下は以前観ているアニメのOVA版となります。
『ゆゆ式』のほうにはポスターと見せかけたカレンダーがついてきました。
…金曜日に発売したっぽい『NEW GAME!』『アンジュ・ヴィエルジュ』『ラブライブ!サンシャイン!!』『ブレイブウィッチーズ』はいずれも来週発送に回された模様…これは来週が大変なことになりそうです…。

それでは、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、一番上の作品以外は全て2月12日に出たらしいものとなります。

○ぷちでれ!(2)《【純粋な不純物】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなる、いつ出たのかはよく解らないっぽいものとなります?
内容としましては、既刊同様に『ぷちます!』の『シンデレラガールズ』版な4コマとなります。
既刊同様にかわいく微笑ましいものとなっており、『ミリオンライブ!』なものともども公式にあってよいのではないかと思わせます…また、やっぱりページの開きが普通の作品と逆になっていますけれど、あとがきによるとやはりこちらのサークルさまは大韓民国のかたらしく、他国のかたも『シンデレラガールズ』が好きというのは嬉しいことです。

○はぴついらいふ《【むげんくずもち】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、一緒に暮らしているご様子な杏さんときらりさんの日常を描いたもの…。
幸せな日常を描いたお話、ということで微笑ましくまた百合的にもよいものとなっています。

○ゆりかとさゆりは恋人同士(2)《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様にお付き合いをしているお二人の関係を描いたもの…。
今回ははじめてのお泊りの様子をメインに描いていて、微笑ましくまた百合的にもとてもよきものとなっていました…こちらは続刊を書く予定もあるといい、楽しみにしたいものです。

○ゆうゆう、しずしず。《【Sleeping farm】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、同居している二人の女のかたを描いたお話…。
そのお二人は偶然出会ってルームシェアをはじめたご様子なのですけれど、それが一種の運命の出会いとなった様子で…そうして今ではお付き合いをされているお二人の日常を描いた、微笑ましいものとなっています。

今回の同人誌もよいものでしたけれど、ただ…ちょっと最近、同人誌の購入量が多めということもありお金がやや怪しくなってきてしまいました。
ですので今後は購入頻度を下げるか、購入作品を減らすかを実施するかと思われます…購入頻度を下げる場合、実際に購入するまでに品切れとなる可能性もありますけれど、その際は縁がなかったということで諦めましょう…。


その様な先日は上で触れたDVDのうち『ViVid Strike!』の第3巻を観てみました。

第5.75話は『見守る瞳』ということで、すでにはじまっているウィンターカップの少し前のお話…。
タイトル通りそれへ向けての皆さんを見守るノーヴェさんを中心としたお話となり、またヴィクターさんとリンネさんの関係も描かれたりします。

第7話は『高町ヴィヴィオ』ということで、ミウラさんが敗北した後のお話…非常に痛々しい終わりかたをしていましたけれど、幸いミウラさんはイクスさんの治療もあり大事には至りませんでした。
そう、今作ではイクスさんも普通に登場…以前読んでいて以前アニメを観ている、今作の前の時間軸に当たる『なのはViVid』ではまだ意識を回復していない状態のはずなのですが…。
他の皆さんは順当に勝ち上がり、次なる試合はヴィヴィオさんとリンネさんとの戦い…先のお話ではミウラさんが面白いほどに死亡フラグならぬ負けフラグを乱立して勝負は目に見えていましたけれど、ヴィヴィオさんはその様なものを一つもたてません。
逆にリンネさんが過去の回想をするという負けフラグを一つ立ててしまうのですが…?
…リンネさんはヴィヴィオさんの境遇を中途半端に調べていましたけれど、完全な事実を知っていれば果たしてどう思ったでしょうか。

第8話は『勝者と敗者』ということで、引き続いてヴィヴィオさんとリンネさんの試合の行方が描かれます。
序盤はヴィヴィオさん、中盤ではリンネさんが優勢となり、そのままリンネさんが押し通るかと思われたのですけれど、ヴィヴィオさんはリンネさんに想いを伝えることはフーカさんへ託し、そして今回の大会も捨て、ほぼ相打ちというかたちでリンネさんをKO、自らも力を使い果たしてしまいました。
試合後、眼鏡のコーチは慢心はなかったはずと言っていましたが、正気でしょうか…試合中の彼女の様子なんて、もう慢心の塊で不愉快極まりないくらいだったのですが…。

第9話は『再会』ということで、ウィンターカップはヴィヴィオさんが棄権したこともあり、決勝はアインハルトさんとフーカさんの同門、しかも同流派の師弟対決になることが決まりました。
一方、敗北したリンネさんは今まで強迫観念な趣で強さにこだわり続けた反動で心が折れ、もう競技をやめると言い出しました。
個人的にはやめてしまっていいのでは…と思ってしまいましたけれど、アインハルトさんがとある提案を持ちだします。
それはリンネさんがフーカさんと戦い、リンネさんがそれに勝てば正式なタイトルマッチとして自分との試合を設ける、というもの…。
リンネさんはそれに乗り、ルーテシアさんの世界でフーカさんとリンネさんの試合が執り行われることになりました。
やっぱりリンネさんはちょっと歪んでしまっている様に見え、フーカさんがそれを何とかすることができるのかどうか…。

その他、ブックレットには第9話のお二人の直接対決前、フーカさんの合宿の様子を描いた漫画が収録されています。
…正直、これを1話使って放送するのかと思っていました…展開がはやい…。

ということで、フーカさんとリンネさんの勝負がはじまりましたが…えと、これ、あと3話残っているはずですよね、ね?
それなのにもうこれをしてしまっていいのでしょうか、まさか3話かけて勝負を描くわけはないですし、時間が余ってしまいます…。
それとも、フーカさんが勝てばウィンターカップで、リンネさんが勝てばタイトルマッチとして、どちらが勝ってもアインハルトさんとの勝負が控えていますから、それをクライマックスに持ってくるということなのでしょうか…。
それでどうお話を盛り上げるのかちょっと解りませんけれど、もしかすると想像もつかない展開が待っているのかもしれませんし、引き続き見守りましょう…もちろん、個人的にはフーカさんを全面的に応援しています。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm単装砲、甲標的、九六式艦戦、彗星となり、いつも通りとはいえ見るも無残な結果…。
大型艦建造最低値は霧島さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、輸送船4の大当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は珍しくかなり順調に終えることのできたこちら、けれど昨日ははじめの出撃からいきなりあらぬ方向行きにさせられ青葉さん中破、そして続いての出撃ではボス前で南下と、早々にダメな空気が流れます。
ところがその後はボス行きのみ発生となり、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、先日に引き続き相当順調な結果となりました。
ただ、損害は先日とは違い戦艦3が小破近い損害などかなり大きめになってしまいました。

5-3でのレベル上げでは…
S勝利
…敵を全滅した上で松風さんがMVPを獲得、という事象が発生したりもしました。
里緒菜さん
…ちなみに下で触れる『マイソロ2』の里緒菜さんも松風さんの様な帽子をかぶっていたりして…いえ、外見重視にするとこれ以上強力な頭装備にできないのです(ちょっと以前読んでいて以前劇場版を観ている『けいおん!』の澪さんに見える様な…里緒菜さんは以前アニメを観ている『シンデレラガールズ』の凛さんに近しいかたなのですが…/何)


『NEW GAME!』のゲームはうみこさんルートを終了…最終日は青葉さんも勝負を諦めサバイバルゲームをすることになるかと思われたのですけれど、ねねさんが偶然勝負を勝利へ導いて…?
そして青葉さんの未来はなぜかモデラーエンド…ともあれ、次はうみこさんルートでは一切姿を見せなかった葉月さんルートを目指してみます?

一方の『マイソロ2』はのんびりクエストをこなしつつ皆さんのレベル上げ…。
里緒菜さんの装備は上で触れた通り外見重視なのですけれど、今作にも以前している『3』同様にレディアント装備があるならば、それが得られる様になった時点で全職業のそれを装備できるレベルにまで上げ、その上で一番里緒菜さんに似合う職業を最終的な彼女の固定職業にしようと思います(『3』の場合アサミーナさんは剣士、ティナさんはガンマンでしたけれどその『3』基準になると里緒菜さんは何が一番よく似合いそうでしょう…聖騎士あたり、かも?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年02月19日

ふたつの誕生日プレゼント

〜拍手のお返事〜
19:32(昨日)/桜花さま>
わざわざの拍手、本当にありがとうございます…♪
それに、『艦これ』なイベントの海域その2を突破されたとのことで、そちらも本当におめでとうございます♪
私は丙で、しかもずっと機動部隊で出撃していましたのに、お姉さまは乙かつ輸送部隊でクリアされたとのことで、さすがです♪
甲は怖い空母がいらしたとのことでさけたとのことですけれど、それは仕方ありません!
松風さん…どこかの歌劇団にいそうな雰囲気を感じましたけれど、そう言われると確かにその様な感じも…?


先日はこの様なものが届きました。
-----
全てオリジナル…
○貝とオルタナロック(5) 黎明のアルペジオ
○しずかな樹海のミトリ ふたつの誕生日プレゼント
○百合短編集 ゆきもよう
○ハロー、マイ・ディア アザーズ
○純情ミルフィーユ
○きつね姉妹ととある日常
○昨日の敵は今日も敵
○手をとって駆けてく
○マワシノミ
○そらの悩みは犬も食わない。
○うそでいいので。
○百合短編集 ゆりあわせ
○ひかりのどけき春の日に
○星の花束
○わたしのおひめさま
○また、あの場所で
○ふわとろメトロ
○元ヤン美容室にいく
○彼女募集中
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届きましたものは全てオリジナルなものとなり、そして一部を除き2月12日に出たらしいものとなります。

○貝とオルタナロック(5) 黎明のアルペジオ《【nak.moo】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…好きになったお相手のかたの過去が明らかになったりします。
そのこともあったりし気持ちを受け入れられなかったわけですけれども…こちらの作品はこの巻で完結となるということで、最後はハッピーエンドといえる終わりかたとなっており一安心です。

○しずかな樹海のミトリ ふたつの誕生日プレゼント《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、ミトリさんがお誕生日を迎えるお話…。
彼女に関する意外な秘密も明らかになる中、祖父が用意してくれた誕生日プレゼントを探す冒険に出かけます…こちらはやはり心あたたまるよいお話です。

○百合短編集 ゆきもよう《【ソラミント】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらは以前購入をしている『吾妻さんと板倉先輩は恋をする。』の続きも収録されていることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、3つの作品を収録した短編集となります。
うち2つは以前購入をしている『pair of glasses』など過去の合同誌に収録されたものの再録となっており、残り1つは上で触れた通り…最後は悲恋気味なお話ですけれど、それ以外の2つはよき関係のお二人で、またどのお話も正統派でよきものです。

○ハロー、マイ・ディア アザーズ《【ハイパーケトルイエスタデイ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録した短編集となります。
お話はいずれも淡いもの、あるいはもうすでに終わったもの(何)となったりしていまして百合的にはそれほどでもなかったりするのですけれど、それでもよいお話といえるでしょう。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『カワイイとサヨナラ、』などを描かれたかたとなっていました。

○純情ミルフィーユ《【クマシカ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらの内容としましては、同級生お二人のお話…。
そのお二人は当初特に接点はなかったのですけれど、主人公さんが偶然立ち寄ったケーキ屋さんがきっかけで仲良くなり…こちらはまだまだはじまったばかり、あとがきにも続きを描く予定があるとのことでそちらも楽しみにしたいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『女ヲタのジジョウ』などを描かれたかたとなっていました。

○きつね姉妹ととある日常《【空白茶屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通りな姉妹の日常を描いた4コマ…。
年末年始を迎えた姉妹の皆さんを描いており、こちらはその微笑ましさを楽しむ作品です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ねこの島』などを描かれたかたとなっていました。

○昨日の敵は今日も敵《【モノフォビア】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、職場の同僚お二人のお話…。
そのお二人がお付き合いをされるまで、された後、そして出会いを描いていて、よい社会人な百合のお話なのですけれど、はじめのお話はどこかで読んだ記憶が…気のせいでしたっけ…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『言い訳しても許されません!』を描かれたかたとなっていました。

○手をとって駆けてく《【よあけのピアノ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは冬のイベントにて初版が出たらしいものとなり、内容としましては、ひそかに想う親友さんの恋愛を応援する子のお話…。
ただ彼女の置かれたちょっと特殊で、永遠に高校3年間の生活をループしていたりし…その様な不思議な、でも結末は変わらない世界の中で、好きなかたの笑顔を見るために時間を繰り返すちょっと切ないお話…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ひとりぼっちのGroupie』などを描かれたかたとなっていました。

○マワシノミ《【黎明ネルトリンゲン】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、コーラ好きな女の子と紅茶好きな女の子のお話…。
主にコーラ好きな子のこだわりを見ることになるお話なのですけれど、お二人の関係が楽しくまた百合的にもそこはかとなくあるお話になっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Anniversary CINDERELLA GIRLS 2nd+』などを描かれたかたとなっていました。

○そらの悩みは犬も食わない。《【BQ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらの内容としましては、すでにお付き合いをされ一緒に暮らしているかたが一線を越える行為がなくなってしまったことを悩むお話…。
こちらはおバカなコメディといえるお話ですけれども百合的にもかなり高いものとなっており色々よいものでしょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『カヤとセンパイ』を描かれたかたとなっていました。

○うそでいいので。《【煮込みオムライス】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは1月22日に出たらしいものとなり、内容としましては、元は猫だったという女の子が現れるお話…。
主人公さんはその様な子ともちろん信じられないので適当にあしらおうとするのですが…こちらはそうなのかと思わせといて実は、なのですけれどもそのあたりも含め面白いものです。
……と、こちらのサークルさま、上で触れた『しずかな樹海のミトリ』の既刊とともに購入をしている『イエロー』を描かれたかたとなっていました。

○百合短編集 ゆりあわせ《【ひらめきWORK BOX】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通り百合な短編集となります。
11ものお話が収録されており、淡めでしたりちょっと切ない終わりかたをするものがやや多め…もちろんそういうお話も悪くなく、またかなり深い関係かつハッピーエンドなお話もあったりし、よきものです。

○ひかりのどけき春の日に《【K2Corp.】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、先輩さんと後輩さんの関係を描いたお話…。
お付き合いをされているお二人の、学校を舞台にした正統派なお話なのですけれど、まだちょっと謎なところもあり、それもそのはず、こちらはまだ続いている作品の総集編とのこと…続きも出すご予定があるとのことで、そちらを見守りましょう。

○星の花束《【ぽけたり!】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、二人のかたによる合同誌となります。
前者のかたは先輩と後輩の悲恋気味なお話、後者のかたは生徒会を舞台にした先輩と後輩の卒業の別れを見据えたお話となり、どちらもやや切ないものの正統派なお話でよいものです。

○わたしのおひめさま《【Lonly Church】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、お姫さまになりたい女の子のもとに突然本物のお姫さまがやってくるお話…。
自分が中心でいたかった主人公さんはそれが気に食わず、また過去の約束を思い出してもお姫さまの気持ちを受け入れられなかったのですが…こちらはちょっとおバカですが百合的もよいお話です。

○また、あの場所で《【ブラクラ堂】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、同じ学校に通う先輩後輩さんのお話…。
お二人はお付き合いをされているのですけれど、ただ先輩さんは卒業後に結婚することが決められていて…そのあたり切ない展開にしかならない予感もしますけれど、こちらは続きを描かれるご予定があるとのことで、そちらも見守りたいものです。

○ふわとろメトロ《【おたべ★ダイナマイツ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、一緒の電車に乗る姉妹のお話…。
ちょっと天然そうな姉には実は重大な秘密があり…こちらはかなり切ないながらもよいお話といえるでしょう。

○元ヤン美容室にいく《【CURL UP】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、タイトル通りのもの…。
その美容室の店員さんが過去に色々絡んできたかたで、何とか正体がばれない様に祈るわけですけれど…こちらはおバカで面白いものとなっています。

○彼女募集中《【空想舟】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらの内容としましては、自己紹介の際にタイトルの様に宣言する女の子とその親友さんを描いた4コマ…。
こちらは相当ページ数の少ない作品なのですけれど、おバカかつそのお二人の関係のよい作品です。

今回はこれだけの数がありつつ全てオリジナルなものとなりましたけれど、百合的にももちろん笑えたり泣けたり微笑ましかったりと、そういったバラエティも豊富でよいものでした。


『艦隊これくしょん』の開発は21号対空電探、九九式艦爆、失敗、天山となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は日向さん…まぁ、そうなるな。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの分岐で北上させられしかも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するもののその様なこととは関わりなく任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、イベントが完了してから大荒れの日々が続いてしまっているこちら、昨日もまたはじめの出撃から高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされたかと思えばその次の出撃ではボス前で南下を発生させられたりと南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達わずか1回と、その最悪の流れから抜け出すことは全く叶いません。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐7回輸送船エリア4回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、先日ほど壊滅的な結果ではないもののそれでも十分大荒れといえる残念な結果となってしまいました。
損害も能代さん大破阿賀野さん中破とひどいもの…。

ろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務が発動しており、南西諸島任務の大荒れっぷりから昨日も止めておこうとも思ったものの、今日も結局大荒れになりそうな気がしてしまい、あまり引き伸ばし続けるのもあれですので一気に実施してしまいます。
そのはじめの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
3回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。

これで今週の週間任務も一段落、あとは日々の南西諸島任務が安定化することを願いたいものですが…。


『NEW GAME!』のゲームはゆんさんルートに入ったところまでですけれど、社員旅行はまた沖縄になりやはりねねさんもついてきました。
北海道のほうがデフォルトかと思っていたのですけれど、もしかしてひふみさんルートのほうが珍しい展開だったのかも…?


『マイソロ2』はルークさんたちを探しに行くところから…最奥にルークさんとガイさんがいましたけれど、こちらを追ってだと勘違いしたガイさんが問答無用で襲い掛かってきてしまいます。
そちらを撃退するとティアさんとジェイドさんが現れようやく誤解が解消、彼らもバンエルティア号へやってきます。
このバンエルティア号、そういえば海上に浮かんだかたちでしか映像では出てこず、また近海移動しかできないと説明されるあたり、空を飛ぶ機能はないっぽい…ともかくそういうことで、過激派環境保護テロ団体に襲撃されたルークさんたちは本国へ帰ることができず、ここで様子見をすることになったのでした。

これでルークさんたちが仲間に加わったのですけれど、ルークさんの雰囲気が以前している『3』とはずいぶん違う…『3』ではかなり我儘なかただったのですけれど、こちらではずいぶんやわらかい雰囲気になっていて…?
それはよいのですけれど、皆さんどうして装備品がないのですか…これ、もしかして装備は使い回す前提になったりしています?
『3』でも装備の使い回しはしませんでしたので、今作でもそれをするつもりはなく…焦る必要はありませんし、お金はのんびり貯めましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年02月11日

ういこい

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○フリップフラッパーズ(2)
○デレマス百合4コマ
○極上スイーツ
○ういこい
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDは一連で予約をしているアニメとなります。
こちらはまた後ほど…?

同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○デレマス百合4コマ《【つむぎ百合工房】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をした、今年の2月12日(?)に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りのもの…主に卯月さんと凛さん、ありすさんと莉嘉さんのお話となっています。
基本的にはゆるい方向の微笑ましいお話となっており、そこまで百合的には高いというわけではないのですけれども、その微笑ましい関係というのもそれはそれでとてもよいものですのでよきものでした。

○極上スイーツ《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルかつ同じサークルさま、また冬のイベントで出たらしいものとなり、こちらは以前読んでいる『隠密一家』などと続いている作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、狐なお二人の夢の中を巡るお話…。
夢の中に獏がやってきて、もう片方のかたの夢を見に行ってみることにしたのですけれど…こちらはその結末が微笑ましくまた百合的にもよいものとなっておりよきものです。

○ういこい《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、文字通り一匹狼になってしまった狼な女の子とお嬢さまのお話…。
お二人は偶然出会い、それはあまりよい出会いかたではなかったのですけれど、それでもお嬢さまは狼な子を自分のお屋敷に置いてあげることにし…こちらも微笑ましく心あたたまるよいお話となっていました。

今回の同人誌は数は少ないもののいずれもよいものとなっていました。
どうも明日あたり、またオリジナルなものを中心に色々出る気配が見え隠れしますけれど…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックも…
○あんハピ♪(7)
○ゆるキャン△(2)
○いつか私は、君を裏切る(1)
○けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-(2)
○終活女子高生(2)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『あんハピ♪』から『いつか私は、君を裏切る』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものたちは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
『あんハピ♪』『ゆるキャン△』は過去に既刊を読んでいることから、『いつか私は』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

その他の作品たちはいずれも過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、いずれもこの巻で最終巻となる模様です。

今回はやや数は少なめですけれど『けものフレンズ』はアニメDVD購入は諦めることになったとはいえかなり気になる作品であることには変わりありませんから、こちらや『あんハピ♪』あたりを最優先にして読んでいきたいものです。
…しかし購入したはよいのですが『いつか私は、君を裏切る』は恐ろしく暗そうな雰囲気…大丈夫なのでしょうか…(何)


それでは、昨日は上で触れた『フリップフラッパーズ』の第2巻を観ましたので、そちらについて…。

第3話は『ピュアXLR』ということで、砂漠なピュアイリュージョンへ飛ばされたお話…。
冒頭からいきなりお二人は離れ離れになっていて、パピカさんはその世界の住人たちにたすけてもらうのですけれど、その集落に無法者の集団が襲い掛かってきてしまいます。
パピカさんはそれを撃退しようとするのですけれど、彼らの用心棒らしい仮面をかぶった存在に圧倒され…しかもそれはどうもココナさんらしいのです。
頭突きをくらわせた結果その仮面は割れてココナさんは正気を取り戻すのですけれど、その様なお二人の前にココナさんへ仮面をかぶせた化け物が出現、お二人で変身をして何とかそれを撃退します。
ただとどめを刺すには至らず、とどめを刺したのは突如出現した…何とココナさんの幼馴染であるヤヤカさん…。
ヤヤカさんは謎の双子っぽいお二人とともに欠片を集めている(世界征服をしようとしているらしい?)謎の組織に所属しているっぽくって…?

第4話は『ピュアイコライゼーション』ということで、ピュアイリュージョンへの行き来や変身がどうにも安定しないのはインピーダンスが合っていないからだとフリップフラップのかたに言われ、お互いのことをもっと理解するために共同生活をすることになるお話…。
パピカさんがまたココナさんの学校へやってきますけれど、そこで出会ったヤヤカさんから多少の説明はしてもらえ…ヤヤカさんはココナさんがピュアイリュージョンの世界に入る前からこの様なことをしていたということが判明します。
ヤヤカさんはお二人を仲間に誘ってきますけれど、パピカさんが強硬に拒否するのでした。
そしてお二人の共同生活の場なのですけれど、何とパピカさんが用意した土管な家…中は案外きれいにしてあるのですけれど、半ば野宿の様なものです。
けれど翌日、海へ食べ物を採りに行った際に空飛ぶアイテムを紛失、無人島での完全な野宿に転じてしまいます。
さすがに心が折れそうになるココナさんですけれど、パピカさんの存在がそれを癒してくださり、お二人の距離も縮まったご様子…。
翌日には筏を作って島を脱出しようとされますけれど、その様な際にピュアイリュージョンの扉が開いて…?
…ユクスキュルが草を食べようとする際のシルエットが…(何)

ということで、やっぱりまだまだ謎の多い今作ですけれど、今回一番驚かされたのはヤヤカさん…ただのお友達ポジションかと思っていましたのに、まさかこちら側(何)に深く入り込んでいるかただったとは…。
彼女の所属している組織、いえそもそもフリップフラップのほうも何を考えているのか全くまだ解らなかったりするのですけれど、それはまたおいおい解るはずです?
ココナさんとパピカさんのお二人の関係は着実によいものになっていっていますし、謎は多いながらそれも含め楽しい作品なのは確かなところで、続きも楽しみに見守ってみましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は10cm連装高角砲、15cm3連装砲、水偵、紫電改二となり、10cm連装高角砲が出ましたのでまだ救いはあるでしょうか。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在しレベル97の三隈さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施するのですけれど、はじめの出撃からいきなりはじめの分岐で南下というひどい仕打ちを受け嫌な流れとなります。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下の2回となり、南下は抑えられなかったもののよい結果になり、やはり大荒れ傾向は去ってくださった様に感じられます。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動していましたがヲ級さん編成が2回しゅつげんしそちらも達成となりました。
…ただ、順調な傾向の裏返しか、ろ号作戦がまだ50%以上達成にとどまっており少々不安…?

今日からイベントがはじまるということでそのためのメンテナンスが予定されており、運営電文によると21:30終了予定とのことでその時点でちょっと怪しくさらに過去の経験から完全に手をつけられなくなる可能性すらありますので、今日の南西諸島任務は先ほどまでに終わらせておきました。
その結果は…明日の日誌で触れますが、エラーが…(何)


『NEW GAME!』のゲームはデバッグを中心に育成モードを実施した結果、ねねさんのお仕事イベントが9つも発生しました。
そしてマスターアップとなりますけれど、そのあたりの展開はもちろん1周めと同じ…ところが社員旅行の発表の場で突如1周めとは違う展開が発生しました。
社員旅行の行き先について、1周めは北海道だったのですけれど、今回は何と突如沖縄になりました…以前読んでいる原作での社員旅行はスキーでしたので全てそれに準拠してスキーもできる北海道になるかと思っていたのですけれど、そうではなかった模様…。

そのままねねさんルートに突入しますけれど、ねねさんは社員旅行に個人的なお金を払ってたまたま行き先が同じだった、という理由でついてきてしまいます。
けれどバスツアーにはついてくることができず、それでちょっと喧嘩になってしまったりもして…その際にうみこさんに相談をしたりと、うみこさんとねねさんとの関係も描かれていきます。
また、1周めではずっと一緒に行動することもあり一貫してひふみさん視点でお話が進みましたけれど、今回は2日めで別行動となることもあり比較的青葉さん視点が多めの両者視点となっていたり…?
ともあれ、引き続きねねさんルートの結末を見守っていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月28日

いつもの総集編

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○NEW GAME!(5)
○ViVid Strike!(2)
○いつもの総集編
○さようなら雨の日
○BERRY STRAWBERRY SHAKE
○ノープラン
○imprinting
-----
…上2つはDVD、その他は同人誌となります。

DVDはいずれも一連で予約をしているアニメの最新巻となります。
『ViVid Strike!』にはアクリルキーホルダーがついてきました。

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回のものも基本的には冬のイベントで出たらしいものとなり、今回のもので予約・通常注文したものともに一通り届いたことになります。

○いつもの総集編《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
収録作品はちょうど以前購入をしている5冊となっており、楽しく微笑ましい作品です。

○さようなら雨の日《【Spice!】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、大雨の中で凛さんのお家に雨宿りにくる卯月さんのお話…。
このお話でお二人はすでにお付き合いをされているご様子で、けれどお話開始当初はちょっと距離のできている状態…雨をきっかけにお二人の距離が再び縮んでいくさまが百合的にもよいものです(凛さんのお名前が凜、になっていたのは気にしないでおきましょう/何)

○BERRY STRAWBERRY SHAKE《【JESUS DRUG】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊に相当する単行本を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その『ストロベリーシェイク』の続きを描いたお話…。
新装版の最後に収録されたお話の続きとなっており、よい意味で相変わらずなかたがたで、続きを読めたこと自体も嬉しくお話も楽しくよいものとなっていました。

○ノープラン《【JESUS DRUG】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品となり、こちらのみ2015年の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、3つの短編を収録した短編集となります。
いずれのお話もコメディなお話ながらも百合的にもよいものとなっていて、楽しくよいもので満足です。

○imprinting《【ランゲルハンス島】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、親友さんお二人の関係を描いたお話…。
お互いにひそやかにお互いのことを親友以上だと思っている、百合の正統派といえるお話…家庭事情がそのお二人の関係を縮めることになったのですけれど、ともあれ百合的にもよいお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『season standard』などを描かれたかたとなっています。

今回で冬のイベントのアイテムも一段落…『いつもの』な総集編やうづりんカップリング、さらに面白かった単行本の後日談など、最後を飾るにふさわしいといえるものでしたかもしれません?


その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○うらら迷路帖(4)
○音無さんは破壊神!(2)
○神様生徒会部(2)
○いちごの入ったソーダ水(3)
○トモダチヅクリ(1)
○しょーがくせいのあたまのなか(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府(4)
○ひとりぼっちの○○生活(3)
○わたしのご主人様は人間じゃない気がする(2)
○さくらマイマイ(2)
○桃色トランス(2)
○わくわくろっこモーション(3)
○ふるまぷら(2)
○ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante(1)
○ご主人様と獣耳の少女メル(1)
○学園塔に魔女はオドる(1)
○異議ガール!(1)
○男装喫茶ハニーミルク(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『うらら迷路帖』から『しょーがくせいのあたまのなか』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『うらら』から『いちご』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたもの…『音無さん』『神様』はこの巻で最終巻となる模様です。
『トモダチヅクリ』『しょーがくせい』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『止まり木の鎮守府』から『ふるまぷら』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『桃色』『わくわく』『ふるまぷら』はこの巻で完結となる模様です。

その他の作品群、『ガールズ&パンツァー』は気になる作品のコミカライズ版ということで購入をしました。
それ以外の4作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

月末はやはりやや数が多くなりがちで今月も結局結構な数になってしまいました…『うらら』や『止まり木の鎮守府』『ひとりぼっち』『ご主人様と獣耳の少女メル』あたりを最優先にして読み進めていきましょうか。


そして昨日は上で触れたDVDたちのうち『NEW GAME!』の第5巻を観てみました。
…こちらを観ましたので『NEW GAME!』のゲームはお休み…(何)

第9話は『出勤しちゃいけないんですか?』ということでりんさんが風邪を引くお話…。
コウさんはその様な彼女を心配して家まで送ってそのまま看病をしてあげることに…やはりこのお二人の関係はよいものです。
上司お二人がいなくなったため他の皆さんは少々賑々しくなってうみこさんに怒られたりし…ひふみさんは自分がしっかりしようとはされるのですけれど…?
その翌日は土曜日なのですけれど点検が入るらしく出勤は不可能ということで、青葉さんは徹夜で残ってお仕事をしていくことに…アルバイトのねねさんは帰りますけれど、ひふみさんたち3人も残ることにされます。
さすがに深夜まで働き続けると疲れ果ててしまうのですけれど、ひふみさんが見つけた入浴施設で皆さんまったりされることに…。
一方、ねねさんはその素行からついにうみこさんの直接監視下に置かれることに…けれどそのうみこさん、ねねさんのことを結構気に入っているようにも見えて…?

第10話は『正社員ってお給料を安くするための法の抜け穴…』ということで、先のお話では控えることになった土曜日に出勤をされるところから…。
お仕事は楽しいと感じている青葉さんですけれど、多忙さからやや疲れ気味、また土曜日ということで普通に休日を満喫する家族連れなどを目にして何やら複雑な気持ちに…とっさに後ろにいたコウさんが目をふさいでその光景を見せまいとします(何)
一緒に出社することになったお二人は半額で売っていたドーナツを購入し差し入れにするのですけれど、くる人くる人皆さんがそれを買ってきてしまい大変なことに…。
後半はちょっと無理をしている様に見える青葉さんをねねさんが気遣おうとするのですけれど、心配するあまりお仕事のことを非難する様なことを言ってしまい、お二人が喧嘩状態になってしまいます。
ここは青葉さんとねねさんの過去の様子なども見ることもでき、お二人の仲を再確認できるよい機会だったのですけれど、ねねさんが転ぶさまはもう…(何)

ということで、こちらも残り1巻…高いレベルで安定してよい作品ですのでさみしさを覚えてしまいます。
このペースですと最終話は皆さんが現在作っているゲームが完成して終わり、という以前読んでいる原作の第2巻までで、ということになりそうです。
ただ、こちらの原作は本来その2巻で完結予定だった節もあり、アニメの切りとしては以前原作を読んでいる『ハナヤマタ』の以前観ているアニメ版の様に原作はまだ続いているとはいえきれいに終われる場所となっていてよいのではないでしょうか(逆に以前原作を読んでいる『桜Trick』や以前原作を読んでいる『あんハピ♪』あたりの以前以前に観ているアニメ版は中途半端でしたリ伏線が全然回収されていない状態で終わったりしてしまっていますので2期が必要と思えてしまいます)
ともあれ、ちょうどアニメにおけるこの時期あたりのことを描いているゲーム版をのんびり楽しみつつ、最終巻も楽しみにしておきましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は25mm連装機銃、強化型艦本式缶、10cm連装高角砲、九九式艦爆となり、10cm連装高角砲が出ましたのでよい結果なのですが、強化型艦本式缶が最近出すぎな印象…?

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…輸送船エリアへ直行、けれど例によってまたル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃も輸送船エリアへ直行、またル級さんが存在し青葉さん大破衣笠さん中破という異様な大損害を被らされましたがその様なこととは関わりなく任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は本当に過去最悪レベルで大荒れに荒れたこちら、昨日もまたはじめの出撃からはじめの分岐で北上させられた上にボス前で南下という事象を発生させられ不穏な気配が流れます。
その後は3連続でボスへ直行とよい流れに乗れたかと思われたのですが、その後は案の定というかはじめの分岐での4連続北上に転じさせられしかも連続で高速建造材という完全無意味な場所行きにされてしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、先日とは比較にならないほど順調な結果となりましたがそれでも高速建造材という完全無意味な場所へ2回飛ばされたりしていますので比較的悪い結果です。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動しており、ボス到達4回達成時点でヲ級さん編成は1回のみの出現でしたのでそのタイミングで2-3へ潜水艦隊を派遣、南下しての輸送船エリア行きとされ空母撃沈任務のみ達成となりました。

5-3でのレベル上げはかなり順調…かと思いきや、終了しようかなという時間になってから最後の4回連続で分岐で北上という、ちょっと嫌がらせかもと感じてしまう様な事象を発生させられ、気分よく終わることができなくって残念でした。


『スパロボA』の2周めは第32話から…木連との交渉が決裂し彼らの軍勢に包囲されてしまうお話…。
木連の機体は漏れなくディトーションフィールドを持っており攻撃が減衰されてしまいちょっと戦いづらい…しかも初期の敵に加え二波に渡って増援が出現するのでやや大変、というより面倒です?
しかも祝福を持っているかたが何とザンボット3の恵子さんだけというさみしい事態…お金もあまり貯められず、それでも敵は何とか全滅しました。

戦い終わり、木連側では九十九さんは戦死扱いとされ二階級特進となりましたけれど、当の彼はミナトさんに贈る予定でした婚約指輪が銃弾をそらしていたために生存していました。
彼や皆さんは和平への希望を捨てないのですけれど、ただバームのリオン大元帥の際と同じことになってしまい、仮に九十九さんが戻ったとしてもスパイ扱いをされると思われるので事態はそう簡単ではないということになってしまいました。
その様な中、テンカワさんとユリカさんはネルガルの人々の誘導により、知らないうちにナデシコごと火星へボソン・ジャンプをしてしまい…?

その火星にあるという古代文明の遺跡を抑えていたため木連の強硬派は地球との和平を蹴ったわけですけれど、アカツキ・ナガレたちが火星へのボソン・ジャンプを強行したのはそれを乗り越えて和平への道を開こうとせんがためだと純粋なかたがたに思われ感心されてしまい、もちろん彼らの真意は全く違いそうですので…この人、完全なギャグキャラクターですよね…(万丈さんやギャリソンさんは彼の真意を知りつつおだてているっぽいですがそれもまた面白く…)
ただ、その遺跡はすでに第三勢力…久しぶりに登場のメガノイドに奪われてしまっていました。
…草壁中将の演説はかなり独特…木連は本当に『ゲキ・ガンガー』を聖典とし崇めている様子です。

第33話は久しぶりのメガノイドとの戦いとなりましたけれど、昨日はここまで…木連にメガノイドと1周めではその末路の解らなかった勢力がどうなっていくのか、引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月24日

ちびむらさんMAX!

〜拍手のお返事〜
13:00(昨日)/桜花さま>
わざわざの拍手へのコメント、本当にありがとうございます…♪
来期のアニメについて、『フレームアームズ・ガール』という作品の主人公が女の子なのですね…♪
はじめて聞くタイトルの作品なのですけれど、「何と」とおっしゃられたということは女の子主人公というのは意外な展開なのでしょうか…来期は現状まだ他に何も作品を把握していませんし、よさそうでしたら…♪
今期は本当に気になる作品が多すぎて大変です、ひとまず『うらら迷路帖』と『バンドリ』はDVDを予約しまして、あとは『にゃんこデイズ』も購入予定です!
お姉さまは『メイドラゴン』がお気に入りということで、そちらは原作を購入しており『けものフレンズ』『ガヴリールドロップアウト』あたりともども気になるといえばそうなのですけれども…むぅ。


先日はこの様なものが届きました。
-----
これで予約分は…
○えぶりdayおりーぶ!(1〜3)
○ちびむらさんMAX!
○Flash back MAGIC! -春雨トランジスタ 総集編-
○コイノアラシ
○ハツコイシンドローム
○To my precious you
○HAPPY NEW ROCKER
○もっと頑張れでぃ!
○あなたと夢見る水色世界(3)
○くっつきぼし あいのすづくり
○メレンゲドール
-----
…こちらは全て同人誌となりますけれど、一番上のものは以前読んでいる『なのサマ!!』などと同様にコミックサイズなものとなりますので、またいずれ普通の単行本として読んで触れていこうと思います。

その他のものについては、以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届きましたものもやはり基本的には冬のイベントにて出たものとなり、メロンブックス通販で予約をしていたもの…これで予約分は一通り届いたことになりますけれど、まだ通常注文をしているものがいくつかあって…?

○ちびむらさんMAX!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしているものの総集編ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ということでこちらのサークルさまが過去に出された『ちびむらさん!』シリーズの総集編となります。
こちらは小さな卯月さんが凛さんと同居をされるお話でかわいく微笑ましいもの…お二人以外にも何組かのかたがたがやはり片方は小さい子になった状態で一緒に暮らしているのですけれど、それぞれにやはり微笑ましいものなのでした。

○Flash back MAGIC! -春雨トランジスタ 総集編-《【春雨トランジスタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前などに作品を購入しているサークルさまの総集編ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ということでこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
基本的には楽しいコメディな4コマとなるのですけれど、その中にあって卯月さんと凛さん、加蓮さんと奈緒さんの関係も良かったりと色々よいものです。

○コイノアラシ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊に当たる『コイノアカシ』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、お付き合いをはじめた卯月さんと凛さんがテーマパークでデートをされるお話…。
それ自体はよいお話なのですけれど、ただちょっとしたアクシデントでおかしな人たちが卯月さんが(凛さんとは知られなくて)誰かと付き合っているということを知り何やら変なことをしそうという不穏な気配…要するにまだ続くわけで、果たして…?

○ハツコイシンドローム《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらもやはりうづりんカップリングな作品ということかつまた上で触れた『コイノアカシ』とともに購入をした『シンデレラのひみつ』などを描かれたサークルさまということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、お付き合いをはじめたばかりの卯月さんと凛さんのお話…。
お互いに手が繋げないことについてそれぞれ個別に未央さんへ相談されて…こちらはその初々しさが微笑ましいよきものです。

○To my precious you《【まじひま】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらもやはりうづりんカップリングな作品ということかつまた上で触れた『ちびむらさんMAX!』と同じサークルさまということもあり購入をしたものとなり、こちらのみ昨年の11月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、風邪を引いた卯月さんのお見舞いにやってきた凛さんのお話…。
卯月さんは風邪を引いたことを凛さんに伝えておらず、凛さんはそれで色々複雑な気持ち…やや重い雰囲気もあるのですけれども百合的にもよい作品です。

○HAPPY NEW ROCKER《【スクメタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前などに既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りに2人のかたの合同誌となるでしょうか。
前者のかたはもちろんロックなお二人の年末年始の様子を描いており、後者のかたはゲームで声のないかたがたの2ページ漫画を描かれており、後者はともかく前者の4コマは相変わらず百合的にもよいものとなっています。

○もっと頑張れでぃ!《【温狐屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、上で触れた『ちびむらさん!』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、暁さんを中心とした艦娘のかたがたを描いた4コマ…。
4コマということもあり楽しくちょっとおバカなコメディとなっておりそれを素直に楽しめばよいもので、暁さんが微笑ましいフルカラー作品となっています。

○あなたと夢見る水色世界(3)《【すた〜だすとくれいどる】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊の続きとなり今回は部長さんメインのお話…。
部長さんの過去も少し見え隠れしつつ、主人公さんとその先輩さんに置いていかれている気がしてしまった彼女は…やや過激な描写もありますけれど、下の作品に較べるとまだ…?(何)

○くっつきぼし あいのすづくり《【石川プロ】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、やはり例によって以前アニメを観ている作品のお二人を描いたもの…。
今回は引っ越しをした先で荷解きをしている中で中学校時代の制服を見つけて…こちら、年齢制限はないはずなのですけれどもついてもおかしくない描写になっています?
また、今回はフルカラーではなくモノクロになってもいます。

○メレンゲドール《【TWIN HEART】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★》
こちらは以前既刊となる『Share happy doll』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その作品の番外編となるお話…。
番外編ということで、夢の中でのお話となっており独立したものと考えてもよいものといえるでしょうか…メルヘンな世界でのお二人の百合的に高い様子を描いています。

前回届いたものがあんきら、杏さん中心でしたのに対し今回はうづりん中心なものとなっていて、あんきらとうづりんが好きで好きでたまらない身としてはとっても嬉しいこと…『コイノアラシ』はどうにも不穏な終わりかたをしていましたけれど大丈夫ですよね、ね?


『艦隊これくしょん』の開発は15cm3連装副砲、タービン、21号対空電探、失敗となり、悪くはないのですけれども…?
大型艦建造最低値は日向さん…まぁ、そうなるな。
午後の演習ははじめの戦いが昼戦終了後にエラー発生、確認画面では潜水艦隊でしたお相手はいざ挑むと戦艦空母編成に変化しており大敗の上に装備変更の時間も無駄になるという散々なものに…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在し夕雲さんを大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活、ですのでい号作戦進行もあわせ2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施します。
こちらは南西諸島任務終了までに輸送船エリア2回となり、いずれも1戦ルートでしたのであまり…?

さらに同様にい号作戦を遂行するために南西諸島任務用艦隊の一つを2-1へも派遣、先々週はボス到達ばかり、先週はあらぬ方向行きばかりと極端な傾向の続くこちら、昨日は南西諸島任務終了までにボス2回となり、ボス到達のみという結果を得られました。
これだけを見ると南西諸島任務は2-1でしたほうが安定するのでは、と思えるのですけれど、先週はボス到達0回でしたので…?

大荒れ傾向が先週は続いた2-2ははじめの出撃からボス前で南下をさせられしかもレベル96の雲龍さんが一撃大破というどうしようもない最悪の出だしで不穏さしか感じられなくなります。
せっかくのボス前直行をその様なことをされ無にされ、それからははじめの分岐での北上を3連続で発生させられたりし、最終的にはボス到達3回までにはじめの分岐で北上4回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回となり、ボス前直行は2回中2回そこから南下という残念な結果…2-1がなければどうなっていたでしょうか…。
また、ヲ級さん編成は1回のみの出現となりい号作戦へ多少寄与しました。

南西諸島任務終了時点で空母撃沈数は11となりましたので、残りを埋めるために1-4へ機動部隊を派遣していきます。
こちらは今週ははじめの分岐での南下はなく4回出撃し全てボスへ進みい号作戦を完了できたのですけれど、やはり対空カットイン頼みというのは運が絡んできてしまい、1回不発した際には航空戦で瑞穂さん中破という大損害を被ることになってしまいました。

あとは延々1-5へ艦隊を派遣しあ号作戦を完遂させます…山風さんがレベル99に達しましたので旗艦はまたいつも通り五月雨さんに…。
こちらはボス到達15回であ号作戦に必要な規定回数に達したのですけれど、1出撃4戦闘全てで同じかたがMVPを獲得という偏りが2回も発生したり、那珂さんが妙に攻撃を外したりとやや微妙な流れ…とはいえ損害はそこまで出ることなく終えることができました。

これで今週分の週間任務はおおむね完了、あとはろ号作戦を日々の南西諸島任務の際に進めていきましょう。
…毎日大型艦建造をしたりしている関係で鋼材が日々減っていき現在の資源で唯一100,000を切ってしまい、他の3資源も現状維持で増えることはほとんどない状態になっていて、2月の月間任務が終わったら大型艦建造はお休みして回復に転じます、か?(でもイベント開始は2月上旬だといいますし、それでは遅いのかも…?)


『スパロボA』の2周めは昨日はお休み…今日はお金を貯めます?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月19日

なまけんぼうのサンタクロース

先日はこの様なものが届きました。
-----
杏さんが多い…
○なまけんぼうのサンタクロース
○HAPPY×3 CANDY DAYS
○キミガミタセカイ
○あなたのきもちを感じたいの。
○なべどる
○双奏モデラート
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、こちらも基本的には冬のイベントのアイテム…メロンブックス予約のうづりんカップリングなものなどはいまだに発送の気配なし…。

○なまけんぼうのサンタクロース《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前購入をしている『モフモフのもりのおばけ』などを描かれたサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、まだ仁奈さんがデビューする前のお話…。
クリスマスの日、仁奈さんは偶然サンタクロースの格好をした杏さんと出会い、一緒に過ごすのですけれども…こちらのサークルさまのこのお二人のお話は相変わらず微笑ましくまた泣けもするよいお話です。

○HAPPY×3 CANDY DAYS《【腹切薬局】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここからしばらくは好きなカップリングの作品等いこともあり購入をしたものとなり、こちらはさらに以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんを中心とした4コマとなります。
4コマということもありこちらはおバカで楽しいコメディなものとなっていますけれど、杏さんときらりさんの関係がよき感じです。

○なべどる《【SGM Works】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、鍋を一緒に食べる杏さんときらりさんを描いたお話…。
それだけといえばそれだけなのですけれど、そのさまが微笑ましくよいもの…また、1ページ漫画として他の何組かのかたがたの鍋の様子も描かれています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『あんずときらりの働かない一日』を描かれたかたとなっていました。

○キミガミタセカイ《【しめじ楼】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらのみ昨年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、魔法のあるファンタジーな世界を舞台にした杏さんときらりさんのお話…。
才能は抜群ながらだらだらしている杏さんの元へ10年ぶりにきらりさんが戻ってくるのですが、彼女は巨大化の呪いをかけられてしまっており、杏さんはその呪いを解くためにきらりさんとともに旅へ出るというもの…お二人の関係も含めよき作品です。

○あなたのきもちを感じたいの。《【しめじ楼】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品となります。
内容としましては、きらりさんの初ステージ前の様子を描いたお話…。
そこへ杏さんとの出会いも絡め、杏さんがきらりさんの不安をぬぐい取ってあげるお話…やはりこちらもお二人の関係がよいものです。

○双奏モデラート《【空色の音】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★》
こちらはオリジナルな作品となります。
内容としましては、アイドルをしている双子の女の子のお話…。
そのお二人の学校での様子を描いたものになっていて、ややお話が短めなのがさみしいところ…ちなみにこちらは過去にいくつか出た作品の続きということにもなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『初恋は君色の』などを描かれたかたとなっていました。

今回は『シンデレラガールズ』…というよりあんきら、杏さんがほぼ全てとなっていましたけれど、どれもよいものでした。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
1冊忘れ…
○月が綺麗ですね(2)
○あとで姉妹ます。(2)
○ちょこメイト
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(9)
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(16)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『月が綺麗ですね』から『ちょこメイト』まではおなじみとなる百合姫コミックスとなります。
前者2つは過去に既刊を読んでいることから、後者1つは問題なさそうなことから購入をしたものとなります。

その他の作品たちは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回は数は少ないもののよいものが多く、以前購入したもので未読なものにも気になるものが結構残っていますけれど、ひとまずはこちらを優先してみようと思います。
…帰ってきてから気づいたのですが上2作品同様に百合姫コミックスで既刊を読んでいる『桃色トランス』の第2巻を完全に見落としていたみたいです、同じ場所に置いてあったはずなのに…仕方ありませんのでまた次の機会に購入します。


『艦隊これくしょん』の開発は15cm3連装副砲、35cm連装砲、零戦21型、零戦21型となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は三隈さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられた上に高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃は無意味無残にボスへ進まされ、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗…。
連日の任務失敗にうんざりさせられますが、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので仕方ありませんので潜水艦隊を2-3へ派遣、北上ルートに乗せられつつも輸送船エリアへ到達、輸送船2の撃沈で3撃沈任務は達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施するのですが…輸送船任務の際は無意味にボスへ直行させられたのに、こちらでははじめの出撃からいきなりボス前で連続南下となり、強烈に不穏な気配が流れます。
その気配通り南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達はわずか1回となってしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア4回うちボス前での南下3回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、ボス前での南下率や高速建造材という完全無意味な場所行きの多い悪い結果になってしまい、輸送船任務とあわせ連日の荒れ模様となってしまいました。


『スパロボA』の2周めは木星トカゲの有人機を回収したところから…そのパイロットはナデシコ内に潜伏していたのですけれど、ゲキ・ガンガーマニアでしたかたの部屋でそのアニメに見入っているところを発見され捕らえられてしまいました。
彼の身分証から木星トカゲの正体はかつて地球連邦に反逆しつつ追放された人々の末裔であることが判明、相手にも同情すべきところがあると解ったりしたことからナデシコのクルーお二人が彼とともに艦を脱出してしまいました。
一方、ベガ星連合軍ではルビーナさんが捕虜になっているかたがたの脱出を手引きしたり、あるいはベガ大王が他の星の勢力の失敗続きに見ていられなくなり自らの勢力を出撃させるに至りました。

第22話は脱出した九十九さんたちを追おうとする中、ベガ星連合軍がリヒテル提督を伴って出現するお話…ダイモスとマジンガーZとグレートマジンガーが強制出撃となったりし出撃枠がやや制限されますのでこのまま先へ進みます。
九十九さんを取り逃がすと代わって敵がグレンダイザーを出してくるのですけれど、そこにスペイザーに乗ったマリアさんとルビーナさんとひかるさんがやってきて、それは偽物だと教えてくださいます…彼女たちは敵に追われておりその敵も新たに出現、それも倒すことになります。
このあたりになると敵のHPが一般敵でもかなり高くなってきてしまっていますけれど、レベル99に達しレベル上げを気にしなくてよくなったサリサディアさんに支援をさせたりすると楽になります…この戦いで新たにフォウさんと一矢さんがレベル99に達しました。
敵を全滅させるとアクセル隊長が出現、ルビーナさんをさらっていってしまいました。

戦い終わり、デューク・フリードの現状を教えていただけ、目的地である月で捕らわれていることが判明しますので救出作戦も検討されることになります。
マリアさんとひかるさんはレベル96で仲間に加わり、それぞれ感応と再動という有用な精神コマンドを持っていますけれど、ここは数少ない感応持ちかつキャラクターもよりよいマリアさんを、ひとまずはミネルバXに乗せます…将来的には量産型グレートマジンガーというものが入手できるはずでそちらに乗せたく、ミネルバXはルビーナさんあたりのものになりそうです?
一方、リヒテル提督はリオン大元帥暗殺の真相、それにエリカさんが小バームにいることを知りそちらへ戻ることとなり、そしてそういえばこれまでお話に一切かかわってこなかったため存在を忘れていたヒイロさんたちの姿も見えはじめて…?

木星連合、木連について、ネルガル重工の会長であるアカツキさんに説明を求めることになり…彼は正体を隠して潜伏しているつもりだった模様なのですけれど、ばれないほうが不思議というほどの杜撰な潜伏でしたみたいで…。
マリーメイアさんも活動を本格化させようという中、デュークさんは脱獄を決意し…?

第23話は木連に包囲されているテンカワさんのお話…彼我のレベル差が激しく危うく、もちろんこのお話もそのまま進みます。
敵の攻撃は避けられないのですけれど幸いレベル48のテンカワさんでも覚醒を1回実施でき加速もありましたので逃げ切ることは可能…途中九十九さんが現れ彼についていったお二人に説得を受けますけれど、火星都市の他の人々を殺されているテンカワさんは聞く耳を持ちません。
そこへ脱出してきたデュークさんがやってきて、さらにはベガ星連合軍も現れてしまい木連は無人機を残し撤退…グレンダイザーを美しいと感じたみたいですけれど…?
そこからまた少し耐えるとようやく他の皆さんが救援にやってきてくださいます…一般な敵でもレベルが98〜99に達してしまっており、ですのでこちらのレベルも概ね…?

戦い終わり、デュークさんは皆さんとともに戦うことにされるのですけれど、そのときギガノス帝国がマスドライバーを地球へ発射、三輪長官が激怒されてしまいそちらの対処を行うことになりました…デュークさんやグレンダイザーもなかなかよいものなのですけれど、もちろん枠がなく…。
一方、デキム・バートンのところにはアクセル隊長がおり、そこに潜入していたヒイロさんたちの前にトロワさんと五飛さんを立ちはだからせます…実際に戦闘シーンになるのですけれど、ヒイロさんの放ったツインバスターライフル、ものすごい映像なのに五飛さんに1000程度のダメージしか与えていない…。
五飛さんはともかくトロワさんはもちろん情報収集のためわざと潜り込んでおり、デビルガンダムの件を伝えてくるのでした。

昨日はここまでといったところ…次のお話も自由枠がわずか8、さらにマリアさんも強制的にドリルスペイザーに乗り込んでの出撃となっていますので、さくさく進めてしまいたいところです?
とはいえ、『よるのないくに2』が発売日未定になってしまったので全く急ぐ理由もないわけですけれども…今作自体相当楽しくプレイできていますので、のんびり満喫します?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月14日

ようせいさんとちいさなねこ

〜拍手のお返事〜
15:26(昨日)/桜花さま>
わざわざの拍手、本当にありがとうございます♪
それに、『艦これ』の改二仕様なかた、運営電文ではぼかした説明になっている中、どなたかっぽいまでお教えくださり、こちらもありがとうございます♪
ザラさんと荒潮さんなご様子とのことで、私の艦隊のお二人もレベル90以上ですので多分大丈夫です!
重巡洋艦がザラさんでしたのは確かに意外でしたけれど、でもザラさんだけでなく高雄さんや愛宕さんに青葉さん、プリンツ・オイゲンさんやポーラさんのどなたがきてもやっぱりとっても嬉しいもので、つまり誰がきても大歓迎なのです♪
荒潮さんもかなり好きなかたですしこちらもとっても嬉しく、どちらも楽しみにしましょう♪


先日はこの様なものが届きました。
-----
CDも…
○ぱーてぃたいむ! 〜その花びらにくちづけを10周年記念アルバム〜
○ようせいさんとちいさなねこ
○サマーカット
○Sweetie!
○栗ちゃんと虫とスケッチブック(13)
○ご主人様とゆきのひ
○DRIED-FLOWERS(1)
○ありがちなスーパー生徒会に所属している斎藤会長と志方さんは恋人同士である。(2)
○ドキドキスキンシップ
○すきのいと(3)
○杖をバトンに持ち替えて
○TRUEHEARTED LOVER
○うちのメイドがおしゃべりで
○ゲス百合
○DAY BY DAY
-----
…一番上はCD、その他は同人誌となります。

CDはタイトル通りのもので、以前最新作をしている『その花』の10周年記念アルバムとなっています。
皆さんで歌う歌や比較的新しい作品の主題歌、あとはラジオの特別篇などが収録されています。
また、ブランケットなども一緒についてきました…エロ乙女認定証、なんていうものまでついてきましたけれど…?(何)

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回届きましたものも基本的には冬のイベントのアイテムとなります。
前回届いたものはメロンブックス通販に予約していたものに対し、今回のものは虎穴通販で予約をしていたもの…あとはメロンブックス通販で予約しているもの第2陣や通常注文分が届いていないのですけれど、前者は委託開始されないものが引っかかって、後者は普通に繁忙期に引っかかって発送の気配が全く見えず、気長に待つしかなさそうです。

○ようせいさんとちいさなねこ《【Magicaltale】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、猫さんな弥生さんと妖精さんな間宮さんの触れ合いを描いたお話…。
こちらはフルカラーの絵本形式な作品となっており、とてもかわいく微笑ましく、少し切ないものの最後はハッピーエンドになってくださり、色々ととてもよい作品でした。

○サマーカット《【Poppy Seed】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしました、こちらは昨年夏のイベントのアイテムとなる模様です。
内容としましては、お仕事のために髪を切ってボーイッシュな雰囲気になったきらりさんと杏さんのお話…。
きらりさんは新境地となるお仕事を張り切って頑張っていますけれど、杏さんにはやっぱり違和感があり…こちらは杏さんからの視点のよいお二人のお話です。

○Sweetie!《【Poppy Seed】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の…上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、ある日突如お仕事にやる気を燃やす様になった杏さんときらりさんのお話…。
その杏さんの変化っぷりにきらりさんはやっぱり違和感を覚え…つまりは上のお話と立場が逆転した作品となるわけですけれど、こちらはこちらでとてもよいものでした。

○栗ちゃんと虫とスケッチブック(13)《【むぎネコ屋】さま/百合度評価:★★☆☆☆(2.0)/★》
こちらは『スケッチブック』の二次創作作品となり、以前総集編を読んだりしているものということで購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に栗原先輩を中心とした皆さんを描いた4コマとなります。
例によってゲストのかたも多くなっており、ここまで巻数を重ねますとよくも悪くも安定したものといえるでしょう。

○ご主人様とゆきのひ《【はちしろ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルの作品となり、こちらは以前既刊となる『ご主人様となつやすみ』を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に獣耳で小さな女の子なメイドさんと、その主人となる女性のお話…。
今作はタイトル通り雪の日のお話で、雪遊びをされたりされます…こちらはやはり微笑ましさやかわいらしさの前面に出たよい作品で、こちらの商業誌版が単行本として今月出るとのことで、そちらも注目したいものです。

○DRIED-FLOWERS(1)《【BiTTERSWEETS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、アンドロイドのいる日常を描いたお話、となるでしょうか。
既刊の続き、というより既刊は予告編でしたわけで、今回が本格的にお話がはじまるわけで、基本的には微笑ましいのですけれどもアンドロイドなかたは旧式になっていて保守の限界が見え隠れしている雰囲気も…こちらは設定などよい感じのものでまた続刊も出てくださる様子ですので楽しみにしましょう。

○ありがちなスーパー生徒会に所属している斎藤会長と志方さんは恋人同士である。(2)《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『DRIED-FLOWERS』の既刊とともに既刊を購入をしていることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとなり引き続きお付き合いをしているお二人の関係を描いたもの…。
この巻では生徒会のお仕事関係のお話になっていて、意地悪をしてくる文芸部部長さんが登場しますけれど…そのかたも含め、百合的にもよい作品となっています。

○ドキドキスキンシップ《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前既刊となる『スキスキスキンシップ』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その続きということで晴れてお付き合いをすることになったお二人のお話…。
お付き合いすることになったのはいいのですけれど、やっていることはその前と変わらないので不満になったりと…やはりそのあたりはまさに正統派といえるお話といえよきものです。

○すきのいと(3)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊の続きとなり今回は先生視点のお話…。
その生徒とは距離を取ろうとしたりするものの、いざ向こうが近づいてこなくなると複雑な気持ちになったりと心が揺れ動くのですけれど、その様な中で最後には彼女にトラウマを与えた過去の人物が現れて…波乱の予感というところで続きます。

○杖をバトンに持ち替えて《【すこやかペンギン】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録した総集編となるでしょうか。
元魔女な女の子がパレードに出るお話、名字が同じ3人の女の子たちのお話、そして世界に二人きりなアンドロイドなかたがたのお話と全く傾向の違うお話なのですけれどもどれもとてもよく、百合的にもそこはかとなく感じられる、これはとてもよい短編たちでとっても気に入りました。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『今日のノルマさん』などを描かれたかたとなっていました。

○TRUEHEARTED LOVER《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
こちらは初版が昨年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
こちらの内容としましては、お嬢さまのそばにいるため侍女になるべく修行を積んできたかたが戻ってくるお話…。
ところがそのお嬢さまは彼女が侍女になることをかたくなに拒んできてしまい…終盤でお嬢さまの本心も明らかになりますけれど、こちらは百合なお話として相当よいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『DRIED-FLOWERS』の既刊とともに購入をしている『ハーウッド家のメイドさんたち』などを描かれたかたとなっていました。

○うちのメイドがおしゃべりで《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも上の作品を描かれたサークルさまの作品となります。
内容としましては、隣り合うお屋敷に仕えるメイドさんのお話…。
そのメイドさんお二人はタイトル通りおしゃべり好きでいつも互いのお屋敷のことをおしゃべりしています…その様なお二人の関係がよく、またそれをきっかけに互いの家の主も…?

○ゲス百合《【chico*/CHS】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらの内容としましては、二人のかたの合同誌となり、タイトル通りやや汚いかたがたを描いたお話となります?
前者は結婚してしまった想い人とずっと一緒にいるために色々されるかた、後者は編集のかたと漫画家のかたの関係を描いていて、前者はまだ解りやすいのですけれども後者は読み進めていくうちにこれは…となっていく、恐さとしては後者のほうが強い、いずれにしても百合的にも高めのお話たちとなっています。
…と、こちらに参加されたサークルさま、前者のかたは以前読んでいる『北陸とらいあんぐる』などを描かれた、後者のかたは上で触れた『ご主人様となつやすみ』とともに購入をしている『GROW』などを描かれたかたとなっていました。

○DAY BY DAY《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは年齢制限ありなお話となりますのでご注意ください。
内容としましては、同じお名前を持つ二人の女の子の関係を描いたお話…。
ひょんなことから知り合ったお二人は同じお名前ということで仲良くなっていき、互いに互いを好きだとは思っているものの言い出せずに…こちらはそのまだ友達以上恋人未満なところで終わってしまうのですけれどもそれもまた微笑ましくてよく、でも続きを読んでみたいとも思えるのでした。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ココロとカラダ』とともに購入をしている『GROW』などを描かれたかたとなっていました。

今回はオリジナルなものが中心となりましたけれど、そのオリジナルなものや二次創作なものなど、どれもよいものとなっており満足です。
…現在注文中な作品群も無事に届けばいいのですが…特にうづりんカップリングなものは委託開始待ちなものに引っかかってしまっていて、開始できないならはじめから予約をやめてくださればいいのに…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○双角カンケイ。(2)
○45分間の魔法使い(1)
○ちょっといっぱい!(1)
○ハナとヒナは放課後(3)
○篠崎さん気をオタしかに!(8)
○ガヴリールドロップアウト(4)
○南鎌倉高校女子自転車部(9)
○女子かう生(6)
○小林さんちのメイドラゴン 公式アンソロジー(1)
○うちのメイドがウザすぎる!(1)
○ニーナさんの魔法生活(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『双角カンケイ。』から『ちょっといっぱい!』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものは大判サイズでも4コマでもないものとなっています。
『双角カンケイ。』は過去に既刊を読んでいることから、『45分間の魔法使い』『ちょっといっぱい!』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『ハナとヒナは放課後』から『女子かう生』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ハナとヒナは放課後』はこの巻で最終巻となる模様です。
『南鎌倉高校女子自転車部』は限定版ということでバッグや缶バッジがついてきました。

その他の作品群、『メイドラゴン』アンソロジーは原作を読んでいる作品ということもあり購入をしました。
『うちのメイドがウザすぎる!』は以前しているアサミーナさんとかなさまの放送で教えていただいたこともあり購入…というよりこれは以前読んでいる『ひらり、』で連載されていたもののそちらが消滅してしまい続きが読めなくなってしまっていたあの『つばくま!』ではないですか…。
一番下の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回購入のものたちは非常に気になるものが多く、どれから読もうか迷ってしまいます…『つばくま!』改め『うちのメイドがウザすぎる!』や『ハナとヒナ』『篠崎さん』『双角カンケイ。』あたりを最優先にしつつ今期アニメな『ガヴリールドロップアウト』や『南鎌倉高校女子自転車部』あたりも読んでみたいです?(もっとももう今期アニメでDVD購入確定作品は完全に埋まっていてその2作や『メイドラゴン』はすでに切ること確定になっていますが…/何)
『Lガールズ』について、今回はメロンブックス通販に予約注文しているのですけれど、上で触れた未発送な同人誌の事情の通りに冬のイベントのアイテムラッシュに巻き込まれてしまったのかいまだ発送される気配なし…思ったより今回購入の作品も多いですし、のんびり待ちましょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は3連装魚雷、甲標的、九一式徹甲弾、九九式艦爆となり、徹甲弾が出ましたのでよい結果です。
大型艦建造最低値は利根さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣するものの、無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃も何と無意味にボスへ直行されられ、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗…。
あまりの無残さにげんなりさせられつつ、仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃を実施、はじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされまたも任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船は3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、4回連続でボス前へ直行できはじめの2回はそのままボスへ進めたものの、その次の2回は連続南下とさせられ嫌な流れとなってしまいます。
せっかくのボス連続到達の機会を潰したことにより、その後ははじめの分岐での北上やそこからのあらぬ方向行きも発生させられ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア4回うちボス前での南下3回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、ボス前での南下率が高くまたおかしな場所へも吹き飛ばされるというよくない結果となりました。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動しておりボス到達4回時点でヲ級さん編成は1回のみの出現でしたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、南下しての輸送船エリア行きとされ空母撃沈任務のみ達成としました…が、その後2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成が出現してしまい無意味な出撃となってしまいました…。


『スパロボA』2周めのほうは、昨日はのんびり第16話でレベル上げです。
昨日でブライトさんのレベルも一線級の皆さんに追いつき、またサリサディアさんのレベルもグン・ジェム隊長をかなり追い抜きましたので、今日はまた先へ進めましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2017年01月05日

ぜんぶ雪のせいだ。

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○なのサマ!!(7)
○強面オトン提督の娘 総集編
○睦月型のほんとのチカラっ!(9)
○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ(3)
○榛名日和 海戦編(後編)
○妖精艦戦隊 〜ワレ ズイホウ ゼロセンタイ〜
○ひえーの明日はグローバル!
○ひはるびより(2)
○五月雨の降り残してや光堂
○もうドジっこなんて言わせませんから!(2)
○Cinderella Collection [AN*KIRA ASSORTMENT]
○ぜんぶ雪のせいだ。
○杏、ひとりじゃ歩けません。
○PN50
○PI-13
○彼女のくちづけ 感染するリビドー(7)雨宿り
○ヒロインたちのリチェルカーレ
○じゃあ私にもしてよ
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、『なのサマ!!』は以前読んでいる『放課後すずなり倶楽部!』などと同様にコミックサイズなものとなっていますのでまたいずれ読むこととします。
その他の作品については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、今回届いたものは全て冬のイベントで出たものとなり、メロンブックス通販で予約をしていたもの…まだうづりんカップリングなものを中心に別個で予約をしているもの、あるいは虎穴通販で予約しているものがありますけれど、量としては今回のものが最大となるはずです?(そして思ったより届くのがはやかったです/何)
『榛名日和』『妖精艦戦隊』にはクリアファイルがついてきました。

○強面オトン提督の娘 総集編《【パレス犬吠埼】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前に単品としての同人誌を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り過去に出た同人誌の総集編…第1巻と第2巻を収録しています。
前半に4コマをまとめ、短編は後半にまとめている形式…4コマはとにかく微笑ましく、短編のほうは切ないところもあるながらよいお話です。

○睦月型のほんとのチカラっ!(9)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたもの…。
今回は姉妹愛がテーマということで、より皆さんの仲のよい様子が見られます…提督が登場してしまいましたけれど、こちらは読者の想像に任せる形式ですのでまだ…?

○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ(3)《【migmig】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さめな女の子な提督さんと艦娘な皆さんの日常を描いたお話…。
提督さんは初雪さんみたいなかたなのですけれど、初雪さん自体は登場せず、登場すれば気が合いそうなのですがまさか…それはともかくやはりかわいく微笑ましい作品です。

○榛名日和 海戦編(後編)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、海戦を主題としたお話の後編を描いたフルカラーな作品…。
比叡さんと隼鷹さんを轟沈せしめた(と思われた)強大な深海棲艦との決着をつけるお話で、長門さんが大活躍…また、最後はきれいなかたちでハッピーエンドとなっておりよい終わりかたにもなっており一安心です。

○妖精艦戦隊 〜ワレ ズイホウ ゼロセンタイ〜《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらも上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、瑞鳳さんの艦載機である零戦隊の活躍を描いたお話…。
レイテ沖海戦をモチーフにした戦いが繰り広げられるお話で、やはりなかなか激しく熱いお話となっています。

○ひえーの明日はグローバル!《【かなでや】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.5)/★★》
こちらは以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さな比叡さんの日常を描いたお話…。
今回はタイトル通り海外艦な皆さんとの交流を描いたものとなっており、やはり楽しく微笑ましいものとなっています。

○ひはるびより(2)《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに購入をしている『はるにゃさん』と同じサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り(?)比叡さんと榛名さんカップリングなお話…。
いくつかのお二人な短編を収録していますけれど、いずれも微笑ましくよいもの…お二人は秘密で付き合っているとのことですので百合的にもよいものです。
…ナンバリングが振ってありますが私は既刊は持っていません(何)

○五月雨の降り残してや光堂《【狐姫町】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは五月雨さんが主役な作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、五月雨さんと夕張さんが同じ学校での先輩後輩という関係になっているお話…。
こちらでは夕張さんは少しダメな先輩になっていて一緒に大学へ行けなかったのですけれど…こちらはこの先を読んでみたくなるお話かも?

○もうドジっこなんて言わせませんから!(2)《【かわらそば】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★》
こちらも五月雨さんが主役な作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、提督さんのいない日に五月雨さんが代理を務めるお話…。
提督さんの姿は直接は出てきませんのでそこは想像にお任せということにしておいて、五月雨さんが色々頑張る楽しい作品といえます。
…ナンバリングが振ってありますがやはり私は既刊は持っていません(何)

○Cinderella Collection [AN*KIRA ASSORTMENT]《【asaba-Kan】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、こちらのサークルさまが過去に出されたあんきらカップリングな同人誌の総集編…。
基本的には微笑ましいお話になっているのですけれど、ときには少し重い設定なお話もあり、けれどそれがお二人の関係をよりよいものにしており、こちらは一連で読むとかなりよいものになっています。
…こちらのサークルさまのサークル名、過去の日誌記事で全て間違って表記してしまっていました…申し訳のないことです(でも修正はしない…/何)

○ぜんぶ雪のせいだ。《【タチバナ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらはあんきらカップリングな作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、大雪の降った日の杏さんときらりさんのお話…。
きらりさんは大はしゃぎで雪遊びをするのですけれど、北海道生まれの杏さんは引きこもり…こちらは楽しく微笑ましいものになっています。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『第38期藍本女子高等学校生徒会活動日誌 あいぽん』などを描かれたかたとなっていました。

○杏、ひとりじゃ歩けません。《【スズリンゴ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★》
こちらもあんきらカップリングな作品ということで購入をしてみたものとなります。
内容としましては、杏さんがきらりさんにかなり依存されてしまわれるお話…。
一方のきらりさんもかなり甘やかしており、いわゆる共依存と呼ばれる関係に…こちらは終わりかたがやや不安を覚える終わりかたにもなっていたかも…?

○PN50《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
内容としましては、インテリジェントデバイスに関するお話…。
このサークルさまにしてはなかなか珍しい題材といえますけれど、内容のほうは相変わらずといえば相変わらずの少しおバカで楽しいお話となっています。

○PI-13《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上で触れた前回既刊を購入しておりまた上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
こちらは実際のゲーム中のイベントをモチーフにしたお話になっているみたいで、ゲームをしていない私には解らないところもあるのですけれど、それでも十分楽しいお話になっているかと思います。

○彼女のくちづけ 感染するリビドー(7)雨宿り《【そそう支部】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは上で触れた『強面オトン提督の娘』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、今回はお二人で一緒にデートへ出かけたのですけれど雨に祟られてしまい…?
そこで雨宿りをすることになったのですけれど、その場所というのが…一線を越えそうになりますけれどそこはムードを大切にしている様子で、そういうお二人もまたよいもの、そしてまだ続く様子で続きも楽しみにしましょう。

○ヒロインたちのリチェルカーレ《【UnisonBell】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらの内容としましては、修学旅行へ行った3人の女の子たちのお話…。
その3人はその旅行先でクラスメイトな女の子お二人が口づけをしているシーンを目撃してしまい…こちらははっきり言うとちょっと何ともいえない内容になっているのですけれど、以前購入をしている『きみととなりのヒロイン』のスピンオフ的作品となっており、その点では面白いものです。

○じゃあ私にもしてよ《【てくてくあるく】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、すでにお付き合いをしている別のクラスにいるお相手の子が他の子に親しげにしているのを見てやきもちをやくお話…。
確かにそのお相手の子がやっていたことはやきもちをやいても仕方のないもので…こちらは微笑ましく百合的にもとてもよい作品です。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『きらぼしのはこ』を描かれたかたとなっています。

今回はやや数の多い中に『艦これ』『シンデレラガールズ』にサークル【ぱるくす】さまにオリジナルとおなじみのジャンル、サークルさまが揃っていて高いレベルで安定したものとなっており満足です。
…ごめんなさいごめんなさい、1冊同人誌を「なかったこと」にし今後そのサークルさま自体を「なかったこと」にしようと思います…内容自体とは関係ない、我ながら非常に心が狭く責められても仕方ないと解っている理由なので詳細は伏せますけれど、ちょっと気持ち悪くなって…(「なかったこと」ついでに以前購入している単行本群から『ジューンフレンド』という作品も「なかったこと」にしておきます…設定からしてダメそうと思いつつ購入したのですけれど、やはりダメそうで…/何)


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、15cm3連装副砲、12mm単装機銃、零戦21型となり、いつも通りの惨状…仕方ありませんのでその零戦21型を消費して21型熟練を得る任務を消化しておきました。
大型艦建造最低値は日向さん…まあ、そうなるな。
…演習ではこちらが旗艦でないかたの大破1中破1に対しお相手がHP1の大破2その他大破1中破1でC判定敗北というよく解らないことをされてしまい、その他T字不利にされ双方ほとんど損害のないままに終了(一応B判定勝利にはできましたが)と、少々気分のよくない展開に…?(その分他のかたが1〜2人編成としてくださっていたのですが)

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2-5へ水上反撃部隊で、という任務が発生したためこれを同時に実施しることにします。
編成はこれまで通り五月雨さんを旗艦に羽黒さん、夕立さんと朝潮さんと霞さん、阿武隈さんという皆さんで出撃を敢行します。
その皆さんの出撃、初戦は朝潮さん中破に対し敵を全滅、問題の夜戦は完全勝利とし、ボス戦へ…阿武隈さんの先制雷撃は金の軽巡を撃沈しT字有利、五月雨さん夕立さん中破羽黒さん小破に対し戦艦3大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
これで今月のこの任務は完了、1回の出撃で終えられましたのでよい結果といえます。

一方の2-2ははじめの出撃でいきなり高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、その次はボス前で南下、その次でボスへ到達できたかと思えばヲ級さん編成が出現しローマさんが20近い損害を受けるという先が思いやられる展開になってしまいます。
ただ、そのローマさんが結構な損害を受けた戦いから3連続でボスへ直行できよい流れに傾きかけたかと思われたものの、その先はまたあらぬ方向行きを連発させられ悪い方向へまた戻され、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、高速建造材という完全無意味な場所行きの多いよくない結果となりました。
損害も上で触れたローマさんの他ビスマルクさんが小破にまでさせられたり金剛さんも10の損害に酒匂さん中破などひどい惨状…特に戦艦は修理時間がひどくもうレベル90台の戦艦をこの海域に出すのは限界なのでしょうか、けれど代わりになるかたがいない…。

任務について、上で触れた通り2-5のものは終えることができ、残りは新春任務と5-1へものとなり、まずは3-5へ空母を旗艦とし駆逐艦2+αで反復出撃、という任務を実施することとしました。
こちらは空母指定の時点で上ルート確定な上に下ルートでしか使わない駆逐艦を2入れる、という無茶苦茶な指定…上ルートは任務で強制されない限りは出撃せずずっと下ルートで精鋭水雷戦隊によるゲージ破壊を実施し続け今月もすでに破壊済みですので、色々と厄介なことになってしまいました。
昨年の新春任務の際は4番めに出現したのが6-2という当時出撃不能な場所でしたので諦めたわけですけれど、今回は3-5という一応出撃は可能な場所ですので、挑戦せざるを得ません…この様な編成を組んで出撃を敢行してみることにしました。
-----
○大鳳さん(93)・翔鶴さん(99)・瑞鶴さん(99)・筑摩さん(99)・照月さん(99)・初月さん(98)
-----
…上ルートは道中での敵機跳梁があまりに激しいので、この様な編成に…そういえば過去に任務で上ルートを強要された際には五十鈴さんを入れましたけれど、さすがに駆逐艦2が確定の中でさらに軽巡洋艦にするのは火力が危うすぎて…?

その皆さんの出撃、金の軽巡や金のリ級さんに赤いタ級さんなどとの戦いとなる初戦は大きな損害なく敵を全滅、ヲ級さん改率いる金のヲ級さん2金のタ級さん1などというボスとしか思えない非常にきついお相手との第2戦は初月さん中破のA判定勝利、久しぶりにお会いする、そしてお正月なお姿になっていた北方棲姫さん率いる護衛要塞5との第3戦は大きな損害なくA判定勝利とし、ボス戦へ…ツ級さんを旗艦とし金の輸送船2金のタ級さん1などとの戦い、航空戦で駆逐艦2を撃沈、タ級さんの初撃により瑞鶴さんがHP1にされますが敵の全滅には成功しました。
2回めの出撃、初戦は完全勝利、問題その1の第2戦はヲ級さん改が存在せず大きな損害なくA判定勝利、問題その2の第3戦は初月さん中破照月さん小破のA判定勝利とし、ボス戦へ…航空戦は駆逐艦2を撃沈、初月さん大破に対しツ級さんタ級さん大破残存、夜戦を挑み敵の全滅に成功し、この時点で50%以上達成マークがつきました。
3回めの出撃、初戦は完全勝利、問題その1の第2戦はヲ級さん改が存在せず大きな損害なく敵を全滅、問題その2の第3戦は初月さん中破に対しA判定勝利とし、ボス戦へ…航空戦はタ級さん駆逐艦1を撃沈、初月さん大破に対し輸送船1中破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

これでその任務は完了、熟練搭乗員と掛け軸が得られました。
そしてこれ以上の任務は出現せず、まずは一安心…大苦戦が予想されましたがストレートでクリアできましたのでこちらもよかったです。
…ただそれでも3-5を上ルートで今後していく気にはなりませんが…。

新春任務は終了、そして月間任務としても残るは5-1へ水上打撃部隊でというもののみとなり、こちらは五十鈴さんを旗艦に長門さんと陸奥さん、山城さん、筑摩さんと利根さんという艦隊を編成、山城さんと利根さんには瑞雲を載せ瑞雲戦法を実施します。
その皆さんの出撃、初戦は完全勝利、問題のそこの分岐は南下し第2戦は完全勝利、第3戦は航空優勢を取り大きな損害なく敵を全滅、ボス戦は金のヲ級さんを旗艦としつつも潜水艦はいない編成が出現し制空権を確保し大きな損害なく敵を全滅しました。
これでこちらの任務も完了、月間任務も一段落着くことになりました。

これで今月はもうのんびりできるのですけれど…6-3とか、様子を見に行くべきですか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年12月09日

仁奈といっしょにおいしいごはんたべるでごぜーます!

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○ぷちでれ!(1)
○仁奈といっしょにおいしいごはんたべるでごぜーます!
○PI-12
○女ヲタのジジョウ
-----
こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたもの同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○ぷちでれ!(1)《【純粋な不純物】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしました、2016年冬のイベントにて出たらしいものとなります(?)
内容としましては、ぷちどるたちのいる日常を描いたお話…。
つまりちょうど先日読みました『ぷちます!』の『シンデレラガールズ』版ということになるわけで、ですのでもちろんかわいく微笑ましいお話になっており嬉しいもの…百合的にもそこはかとなく感じられます。
裏表紙にある様になぜ『ぷちでれ』はないのか、という疑問からご自身で描かれたとのことで、ナンバリングが振ってあることから続刊が出る予定もありそうで期待したいものです…その様な今作は何か違和感があると思えばページの開きが普通の同人誌や単行本とは逆方向になっており、サークルのかたが海外のかた(作中に1ヶ所に見られた文字からおそらく大韓民国のかた?)かと思われそのためかもです?

○仁奈といっしょにおいしいごはんたべるでごぜーます!《【ゆきいちご】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしました、2月7日に出たらしいものとなります。
内容としましては、仁奈さんのお食事事情を描いたお話…。
彼女の母親はおにぎりを作っていってくれるのですけれど、それを一人で食べることが多くさみしさを覚えていて…こちらは百合的には全くないのですけれど、それを置いておいても少し切なくもそれ以上に心のあたたまるよいお話です。

○PI-12《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることから購入をしました、11月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
今回は星梨花さんが謎の病気にかかってしまわれたりと、相変わらずの楽しいコメディ作品となっています。

○女ヲタのジジョウ《【クマシカ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★》
こちらはオリジナルな作品となり、百合ジャンルに区分されていたことから購入をしました、10月23日に出たらしいものとなります。
内容としましては、一緒に暮らしているアイドル好きな二人の女のかたのお話…。
こちらはあとがきにもある通り百合よりもアイドル好き成分のほうが高めとなっています…その方向ではなかなか面白いお話でしたりして?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『すいもあまいもうまいも』を描かれたサークルさまとなっていました。

今回購入した同人誌のかたのおっしゃられる通り『ぷちます!』の『シンデレラガールズ』版、そしてできれば『ミリオンライブ』版もあればいいのに…。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、25mm連装機銃、15cm単装砲、九九式艦爆となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造最低値は矢矧さん…。
…イベント期間中ということで皆さん拡張海域へあまり挑まれていないのか、拡張海域の4-5までクリアをしたアサミーナ提督さんのランキングがいまだに500位程度にとどまっており、元帥枠ということで演習に挑まれる機会が多いので極力レベル98かつ装甲値の下がる洋上補給を3つ装備した速吸さんお一人を置いているのですけれど、これが多分一番勝ちやすいですよね、ね?

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2-4への2回出撃任務があと1回分残っており、1回めは鬼怒さんたちの任務と一緒に実施したのですけれどこちらは別に編成制限はありませんので最近出番のない伊勢さんと日向さんを基幹とし木曾さんと阿武隈さん、大鳳さんと飛龍さんによる艦隊を派遣してみます。
その出撃、初戦は完全勝利とし、問題のそこの分岐は東進し第2戦は完全勝利、問題その2のそこの分岐は東進し第3戦は完全勝利、問題その3のそこの分岐はあらぬ方向行きにされ任務失敗…羅針盤さんと3回も戦うなんて無理です…。
2回めの出撃、初戦は完全勝利とし、問題のそこの分岐はあらぬ方向行きとされ早々に終了、任務失敗…。
結局3回めの出撃の順番が回ってくる前に南西諸島任務が完了したため昨日はそれで終了、任務失敗…やはり羅針盤さんを相手にするのは非常につらく、毎日南西諸島任務に混ぜて実施していくしかなさそうです。

一方の2-2、先日は意味不明レベルの大荒れとなったこちらなのですけれど、昨日もまたはじめの出撃から4回連続ではじめの分岐で北上させられる上に2回めの出撃ではやくもボス前での南下を発生させられ、連日の絶望的な空気が流れてしまいます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリアへはボス前での南下の1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、よくはないもののそれほど悪くもない結果に収まりました。

とにかく2-4への出撃任務が問題…初戦終了後の分岐で1/3な確率のはずな北東へ進むことができればボス到達を確定できるはずなのですが…。
ただ伊勢型のお二人を久しぶりに使えたのはよかったことで、特に日向さんは台詞がやっぱり妙に面白く感じられたりして…最上の奴も頑張っているか?

5-3でのレベル上げでは酒匂さんのレベルを多摩さんや那珂さん同等の61まで上げられましたので以降は日々の2-2で使い続けることにし、代わって遠征でレベル17になっていた朝風さんを入れて他の駆逐艦の皆さん同等まで上げることにしました…さっそく大破してしまいましたけれど表情が相当痛々しい…。
また連続で艦隊を北行きにされたりしてしまったのですけれど、その北行きでこちらの攻撃はお一人だけ命中でき相手を小破、対するお相手の攻撃は何と全て外れとなりその小破の微妙なダメージ分のみでB判定勝利という出来事が発生…さすがにこれは驚きました。

今日でイベントも終わりとなり、私は早々に目的を達成してしまったことから通常モードに戻っていましたけれど、とっても大好きなあのかたもクリアをなされたということでまずは一安心…あとはお一人でも多く新しいかたをお迎えできていらっしゃれば幸いですけれども…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年11月13日

花、星と月

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○キミマチ
○花、星と月
○liaison
○Flower fizz(1)
○吾妻さんと板倉先輩は恋をする。
○宿屋で満足するしかない
○ぬきさしならない。(2)
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、一番上以外の作品は全て10月23日に出たらしいものとなります。

○キミマチ《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『ぷちちゃんといっしょ!』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をした、9月25日に出たらしいものとなります。
内容としましては、ロックなお二人がお仕事の関係で1ヶ月一度もお会いできない状況に置かれることになったお話…。
李衣菜さんは途中で夏樹さんのお部屋にこっそり行くことになるのですけれど、そこから行き違いが起こることになって…こちらは百合的にも高く微笑ましいよいお話です。

○花、星と月《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
ここから下は全てオリジナルな作品となります。
こちらの内容としましては、好きな先輩が突然髪を切ってしまったお話…。
それを見た後輩さんはショックを受けるのですけれど、彼女が髪を切ったのには微笑ましい理由があり…最後には第三者のかたのお話もありますけれど、それも含め百合的にもよいお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ゆりかとさゆりは恋人同士。』などを描かれたかたとなっています。

○liaison《【corner】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、クラスの副委員長さんと引きこもりの女の子のお話…。
副委員長さんは打算からその引きこもりな子に接近して学校へこさせようと説得をされるのですが…こちらは当初は最悪な関係でしたお二人の関係が近づきつつ、さらに最後にちょっとした急展開もあって面白いお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『寮の幽霊に迷惑しています!』などを描かれたかたとなっています。

○Flower fizz(1)《【ヒイラギ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録したものとなります。
どのお話も百合的にももちろん内容のほうもとてもよいもので、百合の正統派な作品としてかなり好みで満足…何気にナンバリングが振ってありましたけれど、いずれ続刊を出してくださるのでしょうか…。

○吾妻さんと板倉先輩は恋をする。《【ソラミント】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、部活の先輩と後輩さんのお話…。
先輩さんは人目を惹く美人さんなのですけれど、ある日後輩さんに告白をしてきて…こちらは正統派な先輩後輩の百合なお話となっておりよきものでした。

○宿屋で満足するしかない《【FUNNYロケット】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、ファンタジーな世界で勇者を目指す女の子が宿屋で働くことになるお話…。
その宿屋の主人が(元魔王らしく)かなり強く、それに惹かれて弟子入りした先が宿屋でしたわけで…こちらは楽しく面白いファンタジーなお話で、この先の皆さんのお話も読んでみたくなるのですけれど…?

○ぬきさしならない。(2)《【U.M.E.PROJECT】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
こちらの内容としましては、お付き合いをされている女の子のお話…。
学生さんながら一緒に暮らしてお付き合いをしているっぽいお二人のお話なのですけれど、後半では百合な絵を描くのが好きな人が登場し…こちらはややおバカなコメディとしても面白い作品といえるでしょうか。
…ちなみにナンバリングが振ってあり確かに第1巻に相当する作品は存在するのですが私は持っておらず品切れでもう購入もできません(何)

今回の同人誌はオリジナル中心となりましたけれど、よいものが多くかなり満足できたといえます。


その様な先日はこの様なものを購入もしてきていました。
-----
コミックも…
○ウィーンで歌ってみて(1)
○球詠(1)
○Lガールズ(3)
○さばげぶっ!(12)
○なり×ゆきリビング(2)
○女子高生VS(2)
○少女騎士団×ナイトテイル(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『ウィーンで歌ってみて』『球詠』はおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
今回はいずれも何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『Lガールズ』から『女子高生VS』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『なり×ゆきリビング』『女子高生VS』はこの巻で最終巻となる模様です。

最後の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回購入した作品もなかなか気になるものが多いのですけれど、未読の作品にもまだ気になるものも多く、それらも含め気の向いたものから優先して読んでいくこととしましょう。
ただ、月末は今月同様に結構大変なことになることが予想されますので、それまでには一通り読み終えておきたいところです?


『艦隊これくしょん』の開発は九四式爆雷、25mm3連装機銃、12cm連装高角砲、零戦52型となり、改修に必要な零戦52型が出たのでよい結果です…これと41cm連装砲はいくつあっても足りません。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗な上、さらに無意味にヲ級さん編成に遭遇させられ加古さん大破の大損害…。
2回めの出撃もまた無意味にボスへ直行、通商破壊艦隊は何らその任を為すことなく任務に完全失敗…。
早々にうんざりさせられる展開、また昨日は輸送船5撃沈任務も発動していたため潜水艦隊を2-3へ派遣…しますが何とこちらまで無意味なボス行きで任務失敗…。
2回めの出撃は初戦で伊19さんが中破させられた上にまた無意味に…何なのですこれ…。
潜水艦隊も何ら為すことなく任務に完全失敗しもう意味不明な事態になり完全に嫌になってきてしまいながら、仕方ありませんので特設艦隊を編成し2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、輸送船任務の際にあれだけ無意味にボスへ進まされそれだけで4回到達していたのですからもちろんこちらでもどんどんボスへ進行…するはずもなく、2回めの出撃で早々に高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされその後もはじめの分岐で4連続北上させられるに至り、むしろ(もちろん?)そこで無駄な運を吸い込まれてしまったかたちになってしまいました。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア1回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、2連続で高速建造材という完全無意味な場所行きにされたりと、輸送船任務と合せてみると大荒れといってよい結果となりました。
損害は南西諸島任務のほうはそこまででもなかったのですけれど、輸送船任務のほうが…。

南西諸島任務の1回の輸送船エリア到達で輸送船5撃沈任務、それにろ号作戦も完了となり1-5への3回出撃任務が発動、昨日は2回実施しました。
その出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は鳳翔さんが大破させられつつ敵の全滅には成功しました。
これで今日は1回出撃するだけで任務達成となるはずです。

あとはのんびり5-3でレベル上げなのですけれど、何と2回連続ではじめの分岐で北行き…ところがそのはじめの出撃ではこちらが全員無傷、2回めはお相手の旗艦撃沈に成功しいずれもB判定勝利を得られ、特に全員無傷というのには驚かされました(ときには逆にお相手が全員無傷、という事態も生じるのが対潜装備満載での北行きではありますが…)
その後も連続で北行きという無情な事象が発生、3度めはB判定勝利を得ましたがさすがに4度めは…こうも北行きを乱発されること自体、悲しく運の悪い事態なわけですが…。
…ところが最後に普通の装備をした駆逐艦6人で北行きを実施すると初戦をまた完全勝利どころか第2戦まで完全勝利…これはこれでものすごく驚いてしまいました(これなら普通に北行きでレベル上げをすればよいのでは、となりますが大鯨さんと明石さんのレベル上げも兼ねていますので、最低でもこのお二人のレベルが99になるまでは潜水艦ルートで…)


『Fate/EXTELLA』ですが…ごめんなさいごめんなさい、再プレイの『その花』のほうを優先してしまっている現状…。
いえ、アサミーナさんの外見をほぼ完全再現できている点はいいのですけれど、ゲームシステムが私にはややややこしくついていきづらいものになっていたり、やはりアクション面が強い戦闘がちょっと…慣れれば大丈夫、と信じてゆっくりやっていきますので…(それ以上にやはり『その花』が微笑ましすぎて癒される、という点も大きく…)
以前している『よるのないくに』の新作も同様にアクションな作品になるかと思いますけれど、難易度としてそちらのほうが低ければそちらを先にやって慣れていく、というのもありかも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年10月29日

はるにれ鳥が飛び立つとき

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○放課後すずなり倶楽部
○ゆりぼん
○月夜の乙女たち
○大人百合合同誌 Bouquet
○アクアリウムはじめよう!(2)
○静かな樹海のミトリ はるにれ鳥が飛び立つとき
○スキスキスキンシップ
○ねこみみセーラータイム
○ポインティリズム
○イエロー
○隠密一家 えくすとら!
○三夏の恋人にはほどとおく。
○フタリノセカイ
○星にのれなかった少女
-----
…こちらは全て同人誌となります。

『放課後すずなり倶楽部』は(表紙カバーはありませんが)コミックサイズのものということで以前読んでいる『恋色証明』などと同様に普通の単行本として扱いいずれじっくり読もうと思います。
先日の大量に購入してしまったコミックたちがありますので、いつ読めるかは解りませんが…(何)

『ゆりぼん』については諸々の理由により後程触れます。

では、その他の作品たちについては、以前購入をしているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、今回届いたものは全てオリジナルな作品となり、特筆されていないものは全て10月23日に出たらしいものとなります。

○月夜の乙女たち《【夢猫通り/よあけのピアノ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては2つのサークルさまの参加された合同誌となり、片方のかたは以前購入をしている『ひとりぼっちのGroupie』などを描かれたかたとなります。
お話のほうは大正期あたりの雰囲気を醸し出す女学園を舞台にした、正統派といえる淡い百合なお話…4つのお話が収録されていますけれど全て繋がったお話になっており、やはりこの時代の独特な雰囲気はよいものです。

○大人百合合同誌 Bouquet《【OKB】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、結構な人数のかたが参加された合同誌となり、以前購入をしている『後藤さんと岸田さん』を描かれたサークル【なすこん】さまやそれと一緒に購入をしている『君と』を描かれたサークル【鹿嵐屋】さまといった私が同人誌(や単行本)を持っているかたも参加されていらっしゃいます。
タイトル通り大人の百合をテーマにしたものなのですけれど、収録作品は上の作品同様に全て登場人物の共通した繋がったお話となっており、同じカップリングのお話を別のかたが描いたりしておりその意味でもなかなか面白いもの…ボリュームもかなりあり、大人なかたがたのお話ということでやや重かったりするところもあるながら百合的にもよい作品です。

○アクアリウムはじめよう!(2)《【梅の実画報】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらの内容としましては、以前購入をしている既刊の続き…いよいよ熱帯魚の飼育をはじめることになります。
そのあたりの解説もなかなか詳しく、またお二人の関係も一歩進み百合なものとなっていき、その意味でもよいものとなっています。

○静かな樹海のミトリ はるにれ鳥が飛び立つとき《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★★》
こちらの内容としましては、以前購入をしている既刊と同じシリーズのお話…ちょっと旅に出たミトリさんたちが怪我をした鳥に出会うお話…。
こちらはやはりファンタジーでよいお話になっていて、百合を気にせず購入しているものなのですけれどもやはりよいものです…別に恋愛至上主義者ではありませんので…(何)
…樹海、といわれるとこの作品の影響で迷宮が思い浮かんでしまう…(何)

○スキスキスキンシップ《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらの内容としましては、親友さんに片想いをしている女の子のお話…。
お相手の子が拒絶したりしないのでスキンシップを激しく取っていくのですけれど、ある日その子が告白を受けているところを目撃してしまい…こちらは親友という関係の正統派な百合のおはなしとなっておりよきものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『あしたから夏休み』などを描かれたかたとなっています。

○ねこみみセーラータイム《【くるみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは今年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、猫耳(一部別の動物も…?)な女の子たちの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
その皆さんの微笑ましい様子を楽しむ作品といえますけれど、百合的にもそこはかとなく感じられ…?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ねこねこクーヘン1234』などを描かれたかたとなっています。

○ポインティリズム《【いえぱれ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、正反対な性格のお二人の友情を描いたお話…。
お互いの進路のことについて葛藤したり嫉妬してしまったりしながらもよい関係を築いていく、こちらは百合というよりは友情なお話なのですけれども、それでもお二人の関係は非常によいものでこちらも正統派といえるよいお話…また、こちらの作品はフルカラーなものとなっておりそのイラストもよいものとなっています。

○イエロー《【煮込みオムライス】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、コンタクトレンズをなくして目がほぼ見えなくなってしまった女の子と、その子に付き添ってあげる女の子のお話…。
こちらも親友さんを題材とした、やはり友情寄りといえるものですけれど、楽しく微笑ましいコメディ寄りのお話…もちろんそういう作品もよいものです。

○隠密一家 えくすとら!《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★》
こちらは今年の1月31日に出たらしいものとなります。
内容としましては、獣耳な皆さんの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
メインは狐なお二人となるのですけれど、こちらは本編の番外編らしい…ただ私はその本編を全く持っていないのでそこは残念ですけれど、それでも普通に楽しめるくらいにはなっているかと思いますよ?

○三夏の恋人にはほどとおく。《【ひみつや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、上の作品のお二人が遭難してしまうお話…。
その中で不思議な果物を食べてしまい、本音が抑えられなくなるのですけれど…こちらも番外編だというのですけれど(以下略)、でも百合的なことも含め十分楽しめるお話になっていると思います。

○フタリノセカイ《【Twin Braid glasses】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは9月18日に出たらしいものとなります。
内容としましては、気持ちをストレートに表現する女の子とそれを軽くあしらっている女の子の関係を描いたお話…。
もちろんその後者の女の子もお相手の子のことが好きなわけで…ですのでこちらも正統派といえる百合なお二人を描いたものとなり、またそのお二人の友人な女の子と先生の関係について、こちらではただの背景程度かと思ったのですけれど…?(何)

○星にのれなかった少女《【Twin Braid glasses】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらも9月18日に出たらしいものとなります。
内容としましては。先生に惹かれる生徒さんのお話…。
お二人は親しい関係になるのですけれど、でもその先生は結婚をしてしまい…それで終わればこれもある意味で正統派な流れといえる悲恋なのですけれど、ここから上の作品に繋がっていきます。

今回は全てオリジナルな同人誌となりましたけれど、合同誌などボリュームも多いものも多くよいものが多く満足でしょうか。


また、その様な先日はこちらも届いてました。
-----
ゲームも…
○その花びらにくちづけを 初めて出逢ったあの日から
-----
…こちらはPCなゲームとなり、年齢制限ありな作品となりますのでご注意ください。

タイトルから解る通り、こちらは以前しているシリーズの最新作となります。
璃紗さんと美夜さんの出会いのお話らしく、それはつまり以前している『ミカエルの乙女たち』ではないのか、と不思議にもなりますけれど、実際にやってみれば解るでしょう。

ただ、昨日は時間がなく手をつけられず…百合なゲームは以降以前している『FLOWERS』秋編のヴィータさん版くらいしか把握していませんし、焦らずのんびりすればよさそうでしょうか。


では、上で触れました…
雑誌の様な…?
…『ゆりぼん』について軽く触れてみます。

わざわざ別枠を設けてみたのは、こちらは装丁や厚さなど、同人誌ながら完全に雑誌といえるものでしたので…ちなみに以前読んでいる『ユリボン』とは関係ありません(何)
付録としてアクリルキーホルダーやエコバッグ、ノートがついてきています。
こちらは本当に雑誌そのものの作りとなっており、偽広告もあったり、また読者コーナーもかなりしっかり作られています…読者コーナーは偽物ではなく、お勧め百合漫画では個人的には結構意外と感じる作品が高評価でした他私の知らない作品がいくつか(『ななしのアステリズム』『羣青』『蝋燭姫』など…)存在し購入すべきかとも考えたのですけれど現状未読な作品が多すぎますし、どうしましょう…?(何)

作品を収録された作家さまについて、私が単行本などを持っているかたとしてましては作品の掲載順に以前購入している『彼女のくちづけ 感染するリビドー』などのサークル【そそう支部】な寄田みゆきさま、以前読んでいる『恋愛ログ』などの竹宮ジンさま、以前読んでいる『あやめ14』などの天野しゅにんたさま、以前読んでいる『ライカ、パブロフ、ポチハチ公』などの四ツ原フリコさま、上で触れたサークル【なすこん】なやまもとまもさま、上で触れたサークル【よあけのピアノ】なひるのつき子さま、以前読んでいる『午後6時のシンデレラ』などのちさこさま、以前読んでいる『月と世界とエトワール』などの高上優里子さま、以前購入をしている『あなたじゃなきゃだめなの』などのサークル【luciole】の吉沢蛍さま、それと一緒に購入をしている『ココロとカラダ』などのサークル【ゆりりんの素】のゆりりんさま、それと一緒に購入をしている『明日死ぬなら何したい?』などのサークル【味市】のアジイチさま、以前読んでいる『茜色のキスは屋上で』などの百乃モトさま、以前読んでいる『住めど地獄のインフェルノ』などの春日沙生さま、以前購入をしている『ハーウッド家のメイドさんたち』などのサークル【BouquetBlanc】のななせ悠さま、以前購入をしている『ゆりかとさゆりは恋人同士。』などのサークル【Usagisan-Books】のやとさきはるさま、以前購入をしている『もとめよ、さらばあたえられん』などのサークル【少女2乗】の奥たまむしさま、以前読んでいる『理由もなく悲しくなるの』などの袴田めらさまがいらっしゃいました。
このメンバーでしたらあのかたやあのかたなどがいらしてもおかしくない気がしますけれど、ともかく現状百合雑誌やアンソロジーでも集められないのではと思えるほどの錚々たるかたがたがいらっしゃいました。

本編はもちろん百合な短編の収録されたアンソロジーといったところ…これだけの量の百合短編を読む機会は久しくありませんでしたから嬉しい悲鳴といえます。
これだけのかたがたが参加していらっしゃいますのでお話もバラエティ豊かで満足のできるもの…3つ4つほど過去に読んだことのあるものが収録されていましたけれど、大きな問題ではありません。

次号予告が一応書かれていますけれどそれは嘘予告…あくまで同人誌ですので次はない、のかと思われます?
それでもここまでの、質や量ともにかなり高レベルな雑誌といってよいものが出てくださったのは非常に嬉しいところです。


『艦隊これくしょん』の開発は14cm単装砲、35cm連装砲、失敗、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…やはりやる気のない羅針盤の妖精さんはいけません…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、例によってル級さん+輸送船2といううんざり、げんなりさせられる大外れ編成と遭遇させられますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので2の撃沈のみで3撃沈任務は達成となるのでした。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2回めの出撃ではやくもボス前での南下を連続で発生させられ早々に全てを諦め無心で出撃を繰り返していく事態に…南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達わずか1回でも気にせず連続出撃を実施していきます。
その後は3回連続でボスへ直行したりと持ち直したかと思われたのですけれど、その後はまたボス前での南下を発生させられたりと不安定化、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア6回うちボス前での南下4回となり、ボス前での南下を抑えられない荒れた結果となってしまいました。
損害も先日に引き続いてプリンツ・オイゲンさん小破をはじめローマさんとビスマルクさんといった海外のかたがたを中心に大損害を被ります。

この数日南西諸島任務が大荒れ気味で輸送船エリアへ飛ばされ続けた結果もちろんろ号作戦が完了し、1-5への3回出撃任務が発動しましたので、1日に1回ずつ出撃して実施することにします。
昨日の出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。

あとは5-3でレベル上げをするのですけれど、昨日は羅針盤さんが非常に不機嫌で4回連続など3/4で北へ飛ばされるという意味不明な事態に陥ってしまいました…運がよければA〜B判定勝利を得ることもあるのですけれど、大体はC判定敗北、ときどきD判定敗北となってしまいます…(潜水艦へ行けば8割がたS〜A判定勝利、ときどきB判定勝利やC判定敗北になります)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年10月06日

私がお姉ちゃんって呼びますねっ

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○私がお姉ちゃんって呼びますねっ
○CUBE
○あなたと夢見る水色世界(1・2)
○うさみみ姫と恋のまほう
-----
…今回は全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○私がお姉ちゃんって呼びますねっ《【木漏れ日亭】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、五月雨さんメインのお話ということで購入をした、9月25日に出たらしいものとなります。
内容としましては、五月雨さんが夕張さんの妹になろうとされるお話…。
五月雨さんは夕張さんに姉妹艦がいないことからその様な提案をされ、夕張さんはそれを魅力的と感じるもののけれど姉妹以上の関係になりたいと考えているために悩むことに…そういうことで百合的にもよいお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ゆっくりと、またひとつ』などを描かれたかたとなっています。

○CUBE《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらは『その花』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、「○○しないと出られない部屋」なる部屋に入れられたかたがたのお話…。
入れられたのはいつもの2カップリング(で解りますよね、ね…)なわけで、まずまず悪くない作品といったところでしょうか。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『薄紅葉』などを描かれたかたとなっています。

○あなたと夢見る水色世界(1・2)《【すた〜だすとくれいどる】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、いずれも百合が期待できそうなことから購入をした、こちらは第2巻が夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、とある高校の大空管理部なる部に入部した女の子のお話…。
彼女は素敵な先輩に惹かれて本来普通の生徒は入ることのできないその部に入り、その先輩さんと姉妹の関係になったりするのですけれど…こちらはまだ続きそうな作品で、なかなか悪くないものです。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『みゅ〜こん!』などを描かれたかたとなっています。

○うさみみ姫と恋のまほう《【すた〜だすとくれいどる】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、9月24日に出たらしいものとなります。
内容としましては、クラス委員の女の子に憧れる地味な女の子が魔法で変身してその子に近づくお話…。
3日以内にその子とキスをすればずっとその変身したままの姿でいられるということで、何とかしようとされるのですけれど…こちらは百合的にも高めのよいお話です。

ということでやはり五月雨さんはかわいいです!
あと、やはり『みゅ〜こん!』の作者さまの作品といえばスクール水着、これは間違いない模様です(何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、41cm連装砲、25mm連装機銃、九六式艦戦となり、41cm連装砲が出ましたのでよい結果です。

その様な昨日はメンテナンスがあり、秋津洲さんに曙さんや瑞穂さん、秋雲さんやローマさんに限定グラフィックが…皆さん何か食べていらっしゃいます?
また、基地航空隊が実装されたそうながら、そちらは6-4と6-5という私には関係のない場所でしか使えないそうですので…。
基地航空隊関連の任務もあるそうながら、私のところには出てこず…。
家具は何も増えておらず一安心…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3の撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられさらには(また)無意味にボスへ進まされ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられしかも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、通商破壊艦隊は2日連続で何ら為すことなく任務に完全失敗という無残さ…。
仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、はじめの分岐で北上させられしかもまた高速建造材という完全無意味な場所…。
2回めの出撃もまたはじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれどル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…こうなるともう嫌がらせとしか思えないのですが…。
完全にうんざり、げんなりしましたので潜水艦隊を2-3へ派遣、北上させられつつ輸送船エリアへ到達し任務達成となりました。
…本当、高速建造材という完全無意味な場所は永久に消滅すればよいのに…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は大荒れで途中で放棄した上に昨日の輸送船もこの有様ではやくも嫌な予感しかしないこちら、昨日もはじめの出撃からいきなりボス前で南下させられしかもル級さんにより飛龍さんが一撃大破を受けはやくもげんなり、うんざり気味…。
その後は連続でボスへ直行できたのも束の間、次は連続で高速建造材という完全無意味な場所行きとされてしまい、しかも南西諸島任務用艦隊が1巡した時点で戦艦が4中3も被弾しており先の飛龍さんと合わせ損害がすでにげんなりするレベル…損害を受けなかった残り1は高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされただけのことで、これはこれでげんなり…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリアへはボス前での南下のみの2回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、よくはないものの大荒れとまではいかない結果ながら、輸送船任務とあわせて見るとやはり大荒れレベル…特にはじめの分岐で北上させられるとボスへ進む気がしません(ボス前での南下2回はいずれもはじめの分岐で北上させられた末のことで、つまり昨日のはじめの分岐で北上させられた際のボス到達回数は0…)
むしろ損害のほうが恐ろしくひどく、飛龍さん大破ビスマルクさんウォースパイトさん軽空母1小破、戦艦空母全員被弾という意味不明なレベルでの大損害…損害を被った総人数も出撃24人中21人と、入渠ページを見るだけで吐き気を覚えるレベル…。

と、いつの間にか2-1への出撃任務も出現していましたけれど、昨日は実施せず…。
文面からしてどの様な艦隊で出撃しても大丈夫そうですので、今日から南西諸島任務用艦隊のうちの1つをそちらへ派遣してのんびり実施しましょう…いえ、2-1って2-4並に羅針盤さんに苦しめられた記憶があって…。

疲れつつも少しだけ5-3でのレベル上げも実施したのですけれど、こちらはこちらで不可解な事象が発生…
明石さんが…
…何と明石さんがMVPを獲得しました。
いえ、分岐で北上させられた上に明石さん以外全員が攻撃を外し敵撃沈数0のD判定敗北を受けただけなのですけれども、それにしても明石さんがMVPとは非常に貴重な気が…(ちなみに5-3の分岐で北上させられると対潜装備なため概ねこの様な結果になるものの、ただ場合によっては敵が全ての攻撃を外してA〜B判定勝利になることもあります)


『世界樹の迷宮5』はお金を貯めるのですけれど、浮遊したままで下の階へ行けることが判明…これで22階と21階でマップが埋まっていなかった上半分が埋められましたけれど結構複雑な移動を要求され、これは過去の階も見落としがあるのではないかと不安になるかも…(特に2階あたり、やはり上半分が不自然に空いていて…上層の階は明らかに隠し通路があるものの今は進めない、という趣っぽいのですけれども)

それでも素材集めや敵集めのアイテムを用いて何とか全員の装備を整えることはできましたので、今日はまた先…24階へ進んでみましょう。
…ところで、素材集めの際「!!ああっと!!」とかいって敵の不意打ちを許すのを何とかしてください…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月29日

ひえーちゃんのなつやすみ写真館

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○ひえーちゃんのなつやすみ写真館
○ショートショートショート
○ホシアイ
○season standard
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○ひえーちゃんのなつやすみ写真館《【かなでや】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(0.5)/★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、小さな比叡さんとイ級さんの夏休みの模様を撮った写真集となるでしょうか。
写真は(青葉さんが撮った)実際の風景となっており、そこに比叡さんとイ級さんがいるというもの…微笑ましいものなのですけれど、ボリュームがかなり少なくて…?

○ショートショートショート《【百景】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、百合が期待できそうなこともあり購入をした、こちらも夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、様々なカップリングを非常に短い短編で描いたもの…。
あとがきなどに基本的に投げっぱなし、と書かれている様に個々のお話は非常に短いものですけれど、百合的なことも含めなかなかよいものとなっています。

○ホシアイ《【TWIN HEART】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『白愛』の二次創作作品となり、気になるジャンルの作品ということで購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、なおさんルートのその後を描いたお話…。
なおさんといえば本編では非常に怖いかたでもあったのですけれど、こちらではその様なこともなく微笑ましく百合的にも高いものとなっており一安心…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Share happy doll』などを描かれたかたとなっていました。

○season standard《【ランゲルハンス島】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらはオリジナルな作品となり、以前に既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、こちらも9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にアイスクリーム…コンビニエンスストアに並ぶ某高級な雰囲気のあるアイスクリームカップの擬人化作品となっております。
今回はバニラさんの元に期間限定なラムレーズンさんが戻ってくる、というもの…こちらは百合的によいお話となっています。

今回は見事に全てジャンルがばらばらのものが1冊ずつ…小さな比叡さんとイ級さんはかわいいのですけれど、ボリュームが…。


その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
CDも…
○世界樹の迷宮5 長き神話の果て ORIGINAL SOUNDTRACK
○きんいろモザイク(7)
○幸腹グラフィティ(7)
○カスタムメイド!(2)
○裏庭には…!(2)
○きらりブックス迷走中!(1)
○あじさいプラネット(1)
○リトル・リトル・アリス(1)
○のんのんびより(10)
○Lガールズ(2)
○星屑ネバーランドガーデン(2)
○里山ごちそうスケッチ(2)
○御伽楼館 新装版(2)
○マギサ・ガーデン アクセル・ワールド/デュラル(7)
○ラブライブ!サンシャイン!!(1)
○だーがしゅか(1)
○おふれこタイムス(1)
○同居人が不安定でして(1)
-----
…こちらは一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは今現在しているゲームのサントラ…今作の音楽もかなりよい感じということでサントラを購入してみました。
その作曲者の古代祐三というかたのお名前、どこかで見覚えがあるかと思えば以前第3作をしている『七竜』シリーズのサントラででした…つまり同じかたが作った曲というわけで、『七竜』の曲も非常によいもので(手にするのが遅かった無印以外)サントラを購入していますし、どうりでよいもののはずです。
こちらはまだゲームをクリアしていませんし、クリアしてから聴きましょう。

『きんいろ』から『リトル・リトル・アリス』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなります。
『きんいろ』から『裏庭には…!』までは過去に既刊を読んでいることから購入…『幸腹』『カスタムメイド!』『裏庭』はこの巻で完結となる模様です。
『きらりブックス』から『アリス』までは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『のんのんびより』から『マギサ・ガーデン』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『里山』『御伽楼館』はこの巻で完結となる模様です。
また、『のんのん』は特装版ということでDVDがついてきました。

その他の作品群、『ラブライブ!サンシャイン!!』は気になるシリーズの作品ということで購入をしてみました。
『だーがしゅか』から下の3作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

きらら系だけでなく最近勢いを感じる電撃コミックスNEXTやキューンが重なったりと、どうも最近月末購入分が非常に多くなってきてしまい、読むのもかなり大変…以前しているアサミーナさんとかなさまの放送では来月もこの傾向になりますし、ですので11月以降もこうなりそうな予感がし、嬉しい悲鳴といえてしまいます?
ここに以前購入をした分が加わるとさらに収拾のつかないことになりそうでしたし、それらを先行して購入をしたのは正解でした。
ひとまずはきらら系の既刊の出ている4冊がどれも非常にレベルが高いのでこれらと『のんのん』『Lガールズ』あたりを最優先にして読んでいきたいところ(他の作品もどれも最優先で読みたい雰囲気を放っていて非常に悩ましいところなのですが)…『幸腹』と『里山』は食べ物繋がり、『裏庭』と『星屑』は学生寮を舞台にした作品繋がり、ということでそれぞれ一緒に読んでみてもいいかもしれません?
…やや未読の作品が溜まってきましたけれど、来月に新刊が出るなど追い込まれればきっと優先して読みますので…(もう完結していて続刊が出ない作品は…まぁ、機会が向けば…?/何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、35cm連装砲、3連装魚雷、零戦21型となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は比叡さん…上の同人誌の影響でしょうか(何)

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務を実施するために2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、また例によってル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務が発動しておりですので輸送船2撃沈のみで3撃沈任務は達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からはじめの分岐で北上→あらぬ方向行きとされ、よくない流れ…。
その後は3回連続でボスへ直行しよい流れが向きますけれど、4連続めのボス前直行で南下となり不穏な空気…とはならず最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、かなり順調に終えることができました。
損害については、ヲ級さん編成2回め出現の際にアクィラさんが小破してしまったくらいで、こちらも比較的軽微といえます。

5-3でのレベル上げは叢雲さんが目標レベルに到達しましたので昨日からは綾波さんを最優先にして上げていきます。
彼女と浦波さん、磯波さんと敷波さん+αで2-5へ、という任務も発動していますけれど、せっかくですのでそちらは綾波さんが改二仕様になってから挑もうと思います?


『世界樹の迷宮5』は17階の芋虫を6体撃破しアサミーナさんの武器を新調できましたので、18階へ進みます。
ここのマップ上に姿のある敵は双頭の首を持った犬で、全体攻撃をされて危ういことになりそうになりましたけれど、それでも芋虫よりは楽に戦えました。
ただ、その犬は2体しかいなかった上にどうもレアアイテムを落とすらしく、でもどうやったら落としてくれるのかは解らず、19階以降でこの敵に関するクエストが出てきたらお手上げかも…?

昨日はその18階の探索を終えたところまで…ティナさんの武器も新調できましたけれど、代償として残りのお金が150になってしまい、宿屋に泊まることもできなくなってしまいました…。
ですので今日はまず16階から行けるところまで下っていって素材収集をしてお金を得ようかなと…?
…18階に水晶を探している人がいて手持ちのものを渡すかの選択肢が出ましたけれど、その様なものは17階までにしかありませんでしたし、もちろん全て売却してしまっています…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月22日

水無月のほんとのチカラっ!

先日はこの様なものが届きました。
-----
数は少なくても精鋭だから…?
○水無月のほんとのチカラっ!
○再録集 君と
○後藤さんと岸田さん(4)
○夕凪マーブレット(7)
-----
…今回は全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○水無月のほんとのチカラっ!《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、水無月さんが新たにやってきたお話…。
水無月さんはずっと自分がいない仲で仲良くなってきた他の睦月型の皆さんの中に入ることができるのか不安になってしまいますけれど…こちらは皆さんかわいく心あたたまるとてもよいお話です。

○再録集 君と《【鹿嵐屋】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前作品を購入したりしているサークルさまの作品であることもあり購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された作品の再録集となっています。
収録作品はバラエティ豊かですけれど、比較的悲恋気味なお話が多かった印象…それもまた悪くありませんし、そうはいってもハッピーエンドのお話もありますし、どれもよいお話です。

○後藤さんと岸田さん(4)《【なすこん】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊から続く眼鏡をかけた真面目な生徒さんとちょっと不真面目な生徒さんの関係を描いたものとなるでしょうか。
今回は岸田さん視点のお話となっており、彼女もまた後藤さんへ対する気持ちに気づいたのですけれど、ただ相手がその様に想っているはずないと考えてしまい最終的に距離を置いてしまうことに…こちらは第3巻から結構間があいてしまいましたけれど続きを描かれる予定はある様子ですので楽しみにしましょう。

○夕凪マーブレット(7)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることから購入をした、9月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…転入生さんの過去の描写から入ります。
そのこともあってちょっと距離ができてしまった状態になっていますけれど、果たして…続きを見守るしかないでしょう。

今回は数は少なくても精鋭だから(何)、満足のできるものたちとなっていました。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、46cm3連装砲、25mm連装機銃、流星となり、任務で必要な25mm連装機銃が出ましたのでよい結果…ただまだ数が足りません(25mm単装機銃もありませんし)
大型艦建造は霧島さん…。

戦いのほう、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめのうちはそこそこの流れだったのですけれど、やがてボス前での連続南下を発生させられ嫌な方向に流れが進みます。
それでも最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、そこまで悪くない結果に落ち着きました。
ただ、ヲ級さん編成が3回も出現、軽空母1小破など損害が多めに出てしまいました。

あとはのんびり5-3でレベル上げなのですけれど…
浦波さんが…
…レベルも低く装備スロットも少ない浦波さんがMVPを取ることもあり侮れません。


『世界樹の迷宮5』は第二階層の最奥にいるボスを倒すことに…すみれさんによる部位封印が全て効いてしまったこともありお相手はほぼ何もできず、通常攻撃を1回受けただけで撃破をできてしまいました。
そのまま第三階層・11階へ向かってみると、そこは恐ろしく陰鬱な雰囲気の墓場となっており…そして一度街へ戻って報告をしないと先へは進めなくなっていました。
…戻ってみると、お店の皆さんの台詞が少し変化…より親しみを持ってもらえている様な感じになりました?

ですので戻って報告を行うと達人と認められ二つ名というものを名乗ることを許されました。
これはいわゆる上位職業になるもので、レベル20以上の人がなれるとのこと…1つの職業につき2種類の選択肢があり、どちらかを選ぶともう戻れなくなります。
2種類の選択肢で覚えられるスキルが全く異なりますので、恐ろしく悩ましいところ…二つ名の名前を自分でつけられる、というのがそれにさらに拍車をかけます。

まずアサミーナさんはそう迷わずチェイン優先…もう片方は回避優先だったのですけれど今作で敵の攻撃をさくさく回避できる印象がなく微妙そうでしたのでそうしたわけで、二つ名についてはアサミーナさんはこの別世界の実績より「世界樹のディセンダー」を名乗ります。
かなさまは回復特化か状態異常特化かを選択でき、全体回復のできず前者も魅力的だったのですけれど状態異常状態で敵を倒すとレアアイテムを得られる場合があるということで後者とし、「剣と魔法のアイドル」を名乗ることに…。
ティナさんは双剣モードもよかったのですけれど防具装備枠が減りそうで怖いのでもう片方とし、この別世界の実績より「ルシェのルーンナイト」を名乗ります。
すみれさんは彼女のイメージからすると自身の体力を削っていくスタイルもよかったのですけれどさすがにゲームとしてしんどそうでしたのでコンボ重視のほうを選び「天姫の頼れるセンパイ」を名乗ります。
里緒菜さんが一番悩ましく、魔法属性全体攻撃か物理属性全体攻撃かを選ぶことになり、非常に悩んだ末に前者を選択…「天姫のクールな後輩」を名乗ります。
…これにより覚えるスキルが倍増…以前している無印の『七竜』同様、レベル99になっても全スキルを覚えることは不可能なのでは、と思えてしまい…?

また、達人となったことでレベル19以下のキャラクターをレベル20にできてしまう書物を得られましたけれど、まぁそれは…アサミーナさんたち以外で冒険するつもりは現在のところありませんし、彼女たちのレベルはすでに37ですので…。

昨日はそのまま11階の探索を実施したところまで…毒でダメージを受ける床があるとのことでしたけれど、少なくともこの階にはまだなかったみたいです?
それが出現したときには、里緒菜さんがダメージ床を回避できるスキルを覚えていますので、そちらを…。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月18日

皐長同盟

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○三者三葉(4)
○はつゆきです。総集編(弐)
○さしすせそうしゅうへん! 白露型の本をまとめた本。
○皐長同盟 皐月&長月アンソロジー
○おはなししましょ
○はつゆきです。(10)
○フレフケワンモア! 雨よ降れフレ、風よ吹けフケ!
○ににんがし!
○頑張れでぃ!
○ちびむらさん!!!!!
○HoneyMoon Baby
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほうは一連で予約をしているアニメの最新刊となります。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○はつゆきです。総集編(弐)《【幻竜一夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前総集編第1巻を購入していることもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その第1巻同様に過去に出た同人誌の総集編…以前購入している『くうぼヲきゅうさん』や以前購入をしている『あかぎです』も収録されています。
以前読んでいる『榛名日和』などといい、深海棲艦なかたがたと仲良くするお話は微笑ましくてよいものなのですけれど、最後についに無人島を脱出してしまいさみしさを覚える…の、ですけれど…?

○さしすせそうしゅうへん! 白露型の本をまとめた本。《【衛星ベジータG】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは五月雨さんがメインの一人でいる作品ということで購入をした、2014年の冬のイベントで出たらしく今年の夏に再販されたものとなるみたいです。
内容としましては、タイトル通り過去に出た同人誌の総集編…3つの作品と描き下ろしが収録されています。
五月雨さんと涼風さんを中心に白露型の皆さんの微笑ましい日常が描かれた4コマとなっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『フレフケ!』などを描かれたかたとなります。

○おはなししましょ《【一〇八豆腐店】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも五月雨さんがメインの一人でいる作品ということで購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、過去にこちらのサークルさまが出された同人誌の総集編…3作品に描き下ろしが収録されています。
五月雨さんと時雨さん、涼風さんと江風さんの関係をメインに描いており、史実要素を含んだお話もあり江風さんが沈んだのちに戻ってくる涼風さんのお話はとても切ない…。

○皐長同盟 皐月&長月アンソロジー《【地球ソルト】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは気になったことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りのお二人を主役をした、11人のかたの参加されたアンソロジーとなっています。
参加されたかたの中には以前購入している『睦月型のほんとのチカラっ!』を描かれたかたもおり、いずれのお話もお二人の関係が微笑ましかったりあるいはゆりてきによいものとなっていたりとよきものとなっていました。
…その『睦月型のほんとのチカラっ!』のかたの水無月さんが登場する作品もある模様なのですけれど、これらを注文した時点ではまだ発売開始されていませんでした、残念…。

○はつゆきです。(10)《【幻竜一夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは上で触れた総集編と同じ作品ということで購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、初雪さんたちが鎮守府へ戻ってきた後のお話…。
深海棲艦の皆さんは無人島でまだ暮らしているのですけれど、その皆さんが遊びにこられて…よい関係が続いているのなら何よりで嬉しいことです。

○フレフケワンモア! 雨よ降れフレ、風よ吹けフケもーいっかい!《【衛星ベジータG】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは上で触れた総集編と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その総集編同様に五月雨さんと涼風さんを中心とした白露型の皆さんを描いた4コマ…。
こちらでは江風さんが改二仕様になったことを皆さんでお祝いされたりと、やはり微笑ましくよいもの…巻末には白露型でないかたがたのお話も収録されています。

○ににんがし!《【まぜもの】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは気になったことから購入をした、9月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、水無月さんが新たにやってきた中での長月さんや皐月さん、文月さんのお話…。
水無月さんをお迎えして一緒に秋祭りへ行かれたりされるのですけれど、水無月さんは何か悩んでいそうで…こちらもやはり微笑ましくよいもので、睦月型なかたがたもよいものです。
…と、こちらのサークルさまも上で触れた『皐長同盟』に参加されていました。

○頑張れでぃ!《【温狐屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは何となくよさそうに感じられたことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、暁さんが一人でお出かけをされる顛末を描いた4コマ…。
こちらは臆病な暁さんがかわいく微笑ましい、フルカラーなのもよい作品です。

○ちびむらさん!!!!!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
ここから下は『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊同様に子供な卯月さんと一緒に暮らしている凛さんのお話…未央さんや奈緒さんなども同様に出ていらっしゃいます。
こちらはもう結構な巻数が出ているのでやはり安定して微笑ましくよいものといえるでしょう…この様なお話を書いていつつ作者のかたは子供を描くのが苦手らしいですが…(何)

○HoneyMoon Baby《【金平糖工房】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは好きなカップリングの作品ということで購入をした、こちらも夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、お仕事が忙しいきらりさんとそれを心配する杏さんのお話…。
二人で旅行に行くことになるのですけれど、それですら取材の一環の様なもので…そうした背景はともかくとしてお二人の関係は微笑ましくよいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『それいゆ』などを描かれたかたとなります。

今回は大好きなジャンルの二次創作作品のみでしたこともあり、どれも高いレベルで安定してよいものでした…五月雨さんやうづりん、あんきらという非常に大好きなものに加え、睦月型な皆さんなども堪能できましたし。


また、その様な先日はこの様なものを購入もしていました。
-----
コミックも…
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(15)
○推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)
○ダムマンガ(4)
○はやて×ブレード2(4)
○放課後アサルト×ガールズ(2)
○あまんちゅ!(11)
○終電で帰さない、たった1つの方法
-----
…こちらは全てコミックとなります。

一番下の作品以外は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ダムマンガ』はこの巻で完結となる模様です。

一番下の作品は百合姫コミックスとなります。

以前購入をした大量のコミックたちも先日読んだ『セーラー服とブレザーちゃん』でほぼ一段落しましたので、今日からはこれらを読んでいきましょう。
以前しているアサミーナさんとかなさまの放送を見るまでもなく、今月や来月、おそらくその先も月末が危険なことになりそうですが…(そしてそれに対し上旬の数が少なすぎるので、今回はこの時期になるまで購入しに行かなかったわけですが…)

その他、以前読んでいる『Lガールズ』の第2巻は発売延期となった模様…延期となっただけですので、百合なアンソロジーにありがちな(?)フェードアウトしたというわけではない様子ですので一安心…(あの雑誌は出ていた模様ですけれど…気にしないでおきますか)
また、『シンデレラガールズ WILD WILD GIRL』という作品も購入したのですけれど、ぱらぱらと確認して「なかったこと」にしてしまいました…いえ、さすがにあのプロデューサは私には厳しすぎで、ごにょごにょ…。
…購入した作品を「なかったこと」にしたのはいつ以来でしょう、少し記憶がないくらいで、ですのでこれ以外外れを滅多に購入してこなかったのはある意味で幸運ともいえそうです?


昨日は上で触れた『三者三葉』DVD第4巻を観てみました。

第7話は『十円足りない』ということで、最後の主要キャラである辻兄妹が登場…。
双葉さんは各所の大食いチャレンジを踏破しそのため有名になりすぎ出入り禁止にされてしまったりしたのですけれど、その様な双葉さんをライバル視する少年が登場…それが辻兄妹の兄なのですけれど、彼に対し双葉さんは結構容赦ない…。
一方、双葉さんたちと同じ学校に通い同学年でもある彼の妹さんも兄を想って双葉さんを敵視しているのですけれど、同時にクラスメイトである葉子さまと仲良くなりたいとも考えていて…?
それにしても、双葉さん行きつけの中華料理店の店主は心が広いです…かの店のみ彼女を出入り禁止にせずどんどん大食いに挑戦させてあげていますから。

第8話は『たくさん釣れてる』ということで、第7話が双葉さんをライバル視するかたのお話ならこちらは照さんをライバル視するかたのお話…。
それはもちろん西山さんなのですけれど、照さんと西山さんは動物好きという共通点があり、猫カフェで鉢合わせをしただけでなく、双葉さんの持っていた無料券で一緒にふれあい動物タウンへ行くことに…それをこっそり双葉さんが近藤さんと一緒に様子をうかがっているのですけれど、これってお金を払っているのでしょうし本末転倒…(双葉さんは照さんのお誘いを遠慮していますし)
動物がいるとお二人とも仲の悪さを忘れる…かと思われたのですけれど、西山さんが調子に乗りすぎたために恐ろしいことに…?
後半は近藤さんのお話…無邪気な雰囲気をして恐ろしく空気の読めないかたなのですけれど…?

第3巻までに収録されていたOVAは今回はありませんでしたけれど、ボイス付原作4コマ集は健在でした。
こちらもやはり面白いものです。

ということで今回はメインのかたがたをライバル視するかたがたのお話になっていましたけれど、相変わらず高いレベルで面白く満足です。
登場人物もこれで一通り登場したことになりますけれど、辻兄妹の妹さんが非常にかわいらしい…百合的なことを言っても彼女が今作で一番よい感じですし。
残り2巻ということで、そちらも楽しみにしたいものです。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の浦波さんがいらしてくださいました…先日出る様になったばかりのかたですけれど、無事にお迎えできてよかったです。
これで私の艦隊にいないのはやはり酒匂さんのみ、ということに…ともあれ彼女は遠征でレベル上げをしようとも思ったのですけれど、水無月さんがもうすぐ他の皆さんのレベルに追いつくこともあり、5-3へ組み込んでしまおうと思います?
また、彼女と磯波さん、綾波さん、敷波さんによる4人による編成任務が出現しておりこれを実施すると続いて彼女たちで1-5へ出撃という任務が発動…誰も先制対潜攻撃ができませんしこれはきつい任務になりそうで、とりあえず浦波さんが改仕様になれるまで待とうと思います。

開発は失敗、15cm単装砲、3連装魚雷、失敗となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は利根さん…。
…朝の演習では上から2番めと3番めのかたが長波さんお一人、4番めのかたが長波さんと沖波さんのお二人、一番下のかたが沖波さんお一人のみな編成と、妙に息の合ったかたがたと遭遇…これは一体…。

戦いのほう、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行でき、ル級さんが存在し青葉さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、運営電文によると2-4で新しいかたが出るのは確かっぽいので、こちらへも…3ヶ月に1回ある2回ボス撃破任務時の艦隊を少しいじり、思い切って空母4で出撃してみます。
そのはじめの出撃は初戦完全勝利、問題のそこの分岐は北東へ進み第2戦は完全勝利、気のせいを経た第3戦は航空戦のみで敵が全滅、その先はボス戦となり航空戦が不発しT字不利となり微少ダメージ(といっても結構な損害ですが)が蓄積しつつ敵の全滅に成功、ドロップは大鯨さん…。
2回めの出撃の初戦は完全勝利、問題のそこの分岐は北東へ進み第2戦は完全勝利、気のせいを経た第3戦ははじめの出撃とは別ルートを辿り金のヲ級さんと赤いヲ級さん2が出現するものの大きな損害はなく敵を全滅、その先はボス戦となり雲龍さんが中破させられつつ敵の全滅に成功、ドロップは…
浦波さん
…浦波さんとなりました。
この時点で南西諸島任務が完了、また昨日は空母3撃沈任務が発動していましたけれど2回めの出撃の第3戦のみで達成となりました。

2-2のほうは最終的にはボス到達3回までにはじめの分岐での北上1回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となりましたので、あまりよい結果とはいえません?

すでに1-5への3回出撃任務が発動しており1回実施していましたので、昨日も1回実施します。
その皆さんの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利とし、ボス戦も完全勝利としました。

懸案でした新しいかたも少ない出撃回数でお迎えでき、肩の荷が下りたというところ…6-2へ酒匂さんを探しに行く旅をしてもよいかもしれませんけれど、下の作品を優先させたく、また来月には秋刀魚イベントがまたあるっぽくそこで資源が飛びそうですので、今月はのんびりしようと思います?
弾薬が回復してない…
…ただ、毎日大型艦建造最低値を実施しているため、資源回復はかなり微々たるもの…最後に母港画面を貼った8月31日夜の時点と比較し特に弾薬はずっと横ばい状態です。
ちなみに母港の家具、床の仕様によく合う教室にしてしまいました(何)


『世界樹の迷宮5』はやり直し前に追いついたのですけれど…件のダメージを受けるイベント、薬草学のスキルを覚えていても回避不能でした…。
つまりやり直した意味がない、ということになってしまいますけれど…でももう追いついたのですし、それに今後必要になるものがあるかもしれませんから、死角を少しでも潰しておけたという意味では無意味ではなかった、と考えましょう。
…かなさまの外見のみが残念ですけれど、でも今の外見も幼すぎる点を気にしなければまずまずですし…?(幼すぎる、は声が完全に『艦これ』の高波さんになっていることからよりそう感じられるのかも…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年09月06日

本屋と絵と、休日に

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○総集編 恋色証明etc.
○比榛これくしょん 〜カッコカリ〜
○あんずときらりの働かない一日
○薄紅葉
○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(7)
○バラといちご センチメンタル
○デート日和で
○トモダチとはしないコト
○ありがちなスーパー生徒会に所属している斉藤会長と志方さんは恋人同士である。
○DRIED-FLOWERS(#0 予告編)
○CONTRAST
○その境界をこえて
○砂糖なんかじゃない
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、一番上の『恋色証明』は以前読んでいる『栗ちゃんと虫とスケッチブック』などの様に(表紙カバーはありませんが)コミックサイズのものとなりますので、またいずれ通常の単行本と同様に読んで感想を書こうと思います。
…ただ、現状では以前購入をしているコミックの消化がまだまだ途上でそちらに気になる作品がまだまだたくさんありますので、いつ読めるか…。

その他の作品については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○比榛これくしょん 〜カッコカリ〜《【いかづち屋union / TOP GEAR】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り比叡さんと榛名さんカップリングなお話を収録した、10人のかたの参加された合同誌となり、参加されていらっしゃるかたには以前購入をしている『はるにゃさん』を描かれたかたもいらっしゃいました。
お話のほうはその様な一見珍しくも感じるカップリングなのですけれど、個人的に両者とも戦艦の中では1、2を争うほど大好きなかたがたでしたりしますし、それに微笑ましいお話も多く、なかなかよきものでした。

○あんずときらりの働かない一日《【SGM Works】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をした、やはり夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りの一日を描いた4コマとなります。
杏さんが北海道民ですので北海道へ旅行へ行きたいといった話題が出つつ、お二人でのんびりされる微笑ましいお話です。

○薄紅葉《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『FLOWERS』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、やはり夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り(?)秋編を題材としたいくつかの短編を収録したもの…。
林檎さんルートとネリネさんルートのその後を描いたものがメインでして、どちらも百合的にもよいお話…あとがきで言われるまで気付きませんでしたけれど、あのネリネさんエンド、ドラマCDがなければ心中したのではと受け取られてもおかしくない終わりかたでしたっけ…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『大体黒髪のせい。』などを描かれたかたとなっています。

○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(7)《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下は全てオリジナルとなり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、8月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にとあるお屋敷にいらっしゃるメイドさんたちを描いたお話…。
今回はお嬢さまとよい関係になっているメイドさんと同室のメイドさんのお話で、お嬢さまと仲良くしているその子を見て複雑な感情を抱いてしまいます…これは少々つらいところですけれど、この先どうなっていくでしょうか…。

○バラといちご センチメンタル《【MarmaladeWaltz】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも8月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、ということでそちらのお話お二人のそれからの関係を描いたお話…。
まだまだ百合的にはこれからといったところではありますけれど、でも唯一自分の素を出せる関係となっておりよきお話です。

○デート日和で《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前に既刊となる『ヒスイのすず カナリアのかんざし』を購入していることもあり購入をした、昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、そのお話のお二人のその後を描いたお話…。
お二人が一緒にお出かけ…デートといってよいものをされるお話で、関係としては淡い感じですけれどそれもまた微笑ましくよいお話です。
今日の日誌のタイトルは今作収録の2つのお話のうちの後半なお話から取ってみました。
…その『のすず カナリアのかんざし』と今作との間でもう1作品同人誌が出ている模様ながら、そちらは見逃してしまっていました…。

○トモダチとはしないコト《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも上の作品と同様の理由から購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、上の作品のお二人のその後を描いたお話…。
今回はお付き合いをしているはずとはいえ友達関係でいるのと変わらないことしかしていないのでは、ということについて悩んだりされるお話…こちらも淡い百合なお話として正統派でよいものとなっています。

○ありがちなスーパー生徒会に所属している斉藤会長と志方さんは恋人同士である。《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、同様に夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り生徒会長さんとお付き合いをしている後輩さんのお話…。
お二人の出会いのお話から描かれており生徒会長さんはかわいく微笑ましいかたなのですけれどその後輩さんが非常に癖のある性格をしており、会長さんの親友さんと対立を…こちらはそのあたりも楽しく面白いお話です。

○DRIED-FLOWERS(#0 予告編)《【BiTTERSWEETS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、アンドロイドのいる日常を描いたお話、となるでしょうか。
アンドロイドのかたと彼女を姉と慕う女の子のお話ですけれど、タイトル通り予告編らしくここからお話がはじまるっぽい…何だか切ないお話になりそうな雰囲気を感じますけれど、ともかく見守りましょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『雪花水仙』などを描かれたかたとなっています。

○CONTRAST《【はこや】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下の作品は全て8月21日に出たらしいものとなります。
こちらの内容としましては、夏を迎えた中の親友なお二人を描いたお話…。
片方の子は常に教室でプールの授業は見学をしており、その理由が解らないので親友さんは少々もやもやしたりもするのですが…こちらは好きだという想いを秘めて、という一種の失恋なお話となっていますけれど、お話の内容自体はかなりよいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『すきのいと』などを描かれたかたとなっています。

○その境界をこえて《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
内容としましては、まだちょっと曖昧な関係でした二人の女のかたのお話…。
お泊りにやってきた日、片方のかたが少し意外というか戸惑う提案をしてくるのですけれども…こちらはお互いの関係に思い悩む、そしてそれを乗り越えるお二人がよい感じのお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『とりあえずのこいびと』などを描かれたかたとなっています。

○砂糖なんかじゃない《【N-26】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、砂糖みたいに甘そうに見える女の子とその親友なかたのお話…。
親友なかたはそのこの子のことが好きなのですけれど、その子は別に好きな人がおり、しかも結構計算高くもあり…こちらもまた親友さんの失恋なお話で少しつらいところもありますけれど、お話としては面白いものです。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『少女2』などを描かれたかたとなっています。

今回はオリジナルなもの中心となりましたけれどどれもよいものでしたかと思います。
今回届いたもので虎穴通販に注文をしていた分も届き、一段落といいたいところながら、実はメロンブックス通販に予約をしているものが1件残っているのですけれど、その予約同人誌3作品中1作品が発売予定日を過ぎても全く発売する気配がなくそのため発送されない模様なのでした…急いでいるわけではありませんし、のんびり待ちます?


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装高角砲、14cm単装砲、15cm単装砲、流星となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は筑摩さん…。
また、高波さんがレベル99に達しました。
…その高波さんがレベル99に達した演習は潜水艦がお相手でしたのでよかったのですけれど、その唯一のお相手以外は漏れなく厳しい編成で参ってしまいます…戦艦1空母5のお相手に久しぶりのD判定敗北を受けてしまいました(潜水艦で挑めばよいといえばそうなのですが…)

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務のためいつも通り通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれどこの最近の常としてまたボスへ直行させられ任務失敗…何なのです、これ…。
2回めの出撃もまたボスへ直行させられ任務失敗…本当に何なのです、これ…。
あまりに理不尽で意味不明な事態に怒りや悲しみすら覚えそうになりますけれど、げんなりさせられつつも仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、けれどこれすらボスへ直行させられ任務失敗…もうこれ、嫌がらせの域に達してますよね、ね…。
2回めの出撃、4回連続でボス直行…はぁ…。
うんざしりつつ、もう航空巡洋艦が尽きましたので大鯨さんに水上戦闘機を搭載し南西諸島任務用艦隊その1から空母を外して彼女を入れた艦隊を出撃、はじめの分岐で北上させられその先の無意味な初戦で結構な損害を受けてしまいつつようやく輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇し任務達成…と思いきや、ここで何とエラー発生という、もうどうしようもない最低最悪の事象が生じました…。
やっていいことと悪いことがあると思うのですけれど、その悪いことの中でも最大のことをさせられてしまい心が折れてしまいましたけれど、でも何とか進めるしかありませんので南西諸島任務用艦隊その2に大鯨さんをつけて出撃を実施、はじめの分岐で北上させられ高速建造材という完全無意味な場所行きにされ任務失敗…。
南西諸島任務用艦隊その3に大鯨さんをつけての出撃、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在しつつも輸送船は3存在し今度こそ任務達成となりました。
…もう本当に嫌になってしまいます…確実に輸送船を3撃沈できた夏のイベント海域その1の存在が懐かしいです…。

輸送船任務で無意味にボスへの直行が連続しもう完全に無意味に運を使わされた上にエラー発生などとすでにもうかつてないほどの大波乱となりどうしようもない状況の中、引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活、い号作戦実施のため潜水艦隊の2-3派遣も同時に実施します。
その2-3へのはじめの出撃はボスへ進み空母1軽巡2複縦陣という外れ編成と遭遇させられ、結局この1回で出撃終了となりましたのでい号作戦にはほぼ寄与しませんでした。
一方の2-2ははじめの出撃(という気分は全くしませんが…)から連続でボスへ直行したりし、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアへはボス前での南下1回となり、南西諸島任務だけ見ればなかなか順調な結果といえるのですけれど、そこへ至るまでがひどすぎで…。
また、ヲ級さん編成が2回出現しい号作戦へ多少寄与した他、輸送船任務での出撃がかさみすぎたこともあり損害多数…出撃人員が約30人にもなればそれも仕方ないのですけれど、16人が損害というこちらもげんなり、ですので日々節約をしていて本来この任務で使っては意味のない高速修復材をしかも大量に使ってしまいました。

任務は進めなくてはいけませんから、さらに引き続いてい号作戦を進めるため、まずは一定数の空母を撃沈できる4-2へ機動部隊で、という月間任務を実施することに…普段は空母2で出撃をしているのですけれど、今回は空母3に初月さんと秋月さん、ウォースパイトさんという編成で出撃をしてみました。
その出撃、はじめの分岐は北上し初戦は完全勝利、第2戦は赤い軽空母が3出現し対空カットインが不発となってしまいつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…南下させられ任務失敗…。
2回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦と水上艦艇混じりの艦隊との戦いとなり水上艦艇のみ撃沈しつつ損害はなし、第2戦は赤い軽空母3が出現し対空カットインがまた不発しつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…また南下させられ任務失敗、輸送船任務の際といい、完全に嫌な流れができている雰囲気をこの時点で感じます…。
3回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦のみとの戦いとなり複数人が損害を被ってしまい、第2戦は赤いヲ級さん1と赤い軽空母2が出現し秋月さんが対空カットインを発動させつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…はぁ、もう…。
4回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦のみとの戦いとなりこれまでの損害の蓄積により赤城さんが小破、第2戦は赤い軽空母が3出現し秋月さんが対空カットインを発動させつつ大きな損害はなく敵を全滅、そこの分岐はようやくボスへ進行、金のル級さんや赤いヲ級さんが出現、初月さんが対空カットインを発動させつつ完全勝利としました。

それで4-2への出撃任務が完了、代わって2-5へ水上反撃で、という月間任務が出現しましたけれどそれは昨日のところは気にせず、この時点でい号作戦が完了しませんでしたので同じく月間任務な1-4へ水雷戦隊で、という任務を実施することに…阿武隈さんを旗艦にすでに損害を受けていた阿賀野さんと大淀さん、それに4-2に引き続いて初月さんと秋月さんに暁さんを加えて出撃を実施します。
その皆さんの出撃、これまでの流れからある程度予想できていたことながらはじめの分岐は当然の如く南下、初戦は完全勝利としつつそこの分岐は…言うまでもない結果となり、解り切っていたこととはいえため息しか出ません…。
その時点でい号作戦は完了しましたのでこの任務はもう後回しにしようかとも思ったのですがマップ構成を見る限りでは75%でボスへ進めるはずな構造になっているはずですので(やめておけばよいのに)あ号作戦の意味も込め2回めの出撃を実施、またはじめの分岐で南下させられるという意味不明な嫌がらせを受け、初戦は複数人が損害を受けつつ敵を全滅しつつ(以下略)
3回めの出撃もまた(略)
4回めの出撃(略)
5回めの(略)
6回めの出撃にしてようやくはじめの分岐で中央ルートに乗り、初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦として軽空母戦を挟んでしまい対空カットインが不発となり損害を受け、ボス戦もまた対空カットインが不発となり阿賀野さんと大淀さんが小破する上に夜戦にまでもつれ込みますけれど敵の全滅に成功しました。

これで1-4への出撃任務は完了しましたけれど…ちょっと嫌がらせが過ぎませんか?
さすがにちょっと、いえかなり怒りすら沸いてきてしまったのですが…。
これを完了したからかはよく解らないのですけれど、3ヶ月に1回っぽい任務な2-4への2回出撃任務が出現してしまっていました…これもまた羅針盤さんに苦しめられる任務ですし、むしろそれに悩まされることのない2-5への水上反撃任務を先にしてしまおうと思います。

もううんざりしきった状態でしたけれども最後は羅針盤さんの心配はない場所なため、1-5で延々あ号作戦進行のための出撃を実施していきます。
他の場所が散々でしたためか、ここでは8出撃連続で損害なしを記録、9回めの出撃で川内さんが4の損害を受けたのですけれど、それが何と第2戦…つまり一人先制対潜攻撃を外したということに…。
最終的にはボス到達13回であ号作戦に対するボス到達24回を達成、それまでにその川内さんの損害の他鳳翔さん大破川内さん中破球磨さん10の損害を1回ずつ被ります。

昨日はとにかく羅針盤さんというものにうんざりさせられる、相当運の悪い結果の連続…輸送船撃沈任務と1-4と4-2、いずれも過去最悪といえる運の悪さが重なってしまいました。
2-4というこれまた羅針盤さんに翻弄される場所へ2回も出撃する任務が出現してしまいましたけれど、こちらは何とか無事に終わってくださればよいのですが…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月26日

頑張らない卯月

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○三者三葉(3)
○まーぶるコンフェクション!(1) Melty Sugar
○さよならロックンロール
○トロピカルロック!
○がるぱんのほん TheMovie
-----
…一番上1つはDVD、その下1つは同人CD、その他は同人誌となります。

DVDは一連で予約をしていて過去に既刊が届いているアニメなものとなります。
昨日は観る時間を作れませんでしたので、今日にでも…?

同人CDはドラマCDとなり、百合と明記されていたことから購入をしたものとなる、以前購入している同人誌『Lilyca』などを出されているサークル【あとりえ雅】さまの作品となります。
昨日はこちらを聴いてみましたけれど、こちらは百合なアイドルを目指すことになった4人の新人アイドルさんのお話…どちらかといえばおバカな、あまり深くは考えずに4人の女の子たちが仲良くしているさまを楽しめばよい作品かと思います?
こちらは同時にキャラクター紹介を兼ねた同人誌、またdisc2としてキャストトークやオリジナル曲を収録したCDもついてきまして、またナンバリングが振ってある通り続刊を期待してよいかと思われます?

同人誌については先日届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、一番はじめの作品以外は(上のドラマCDも含めて)夏のイベントにて出たらしいものとなります。

○さよならロックンロール《【スクメタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前などにも既刊の様なものを購入していることもあり購入をした、こちらは昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊通りに2人のかたの合同誌となるでしょうか。
前者のかたはロックなお二人の4コマを、後者のかたは例の常務が新人アイドルになるお話を描いています…前者は百合的にもよく、後者はおバカで面白いお話となっているでしょうか。

○トロピカルロック!《【スクメタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、上の作品と同じサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、やはり既刊通りに2人のかたの合同誌となるでしょうか。
前者のかたはロックなお二人がお付き合いをはじめるお話と卯月さんと凛さんカップリングの4コマ、後者のかたは何か別のゲームとのコラボを検討するお話…前者のかたのお話はやはり百合的にもよいもので、今日の日誌のタイトルはそのうづりんなお話のタイトルから取りました。
…後者のお話に出てきているゲームはおそらく実名ですよね…『グランブルーファンタジー』とか稀に名前を目にする印象がありますけれど、どういうものなのでしょう…?(それより気になったのはその作品の団なる組織につけられた名前…ディアナカウンターって、あれですよね?/何)

○がるぱんのほん TheMovie《【あとりえ雅&超あるまじろくらぶ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『ガールズ&パンツァー』の二次創作作品となり、上で触れたドラマCDを出されたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、4人のかたの参加された合同誌となるでしょうか。
タイトル通り劇場版を題材としたお話となっており、おバカで楽しいお話から百合的によい感じのお話までどれもよいお話となっていたかと思います。

これでメロンブックスへしていた通常注文分も届きましたので、あとは虎穴通販にしている通常注文分なのですけれど、こちらは発送される気配が全く見られませんので、のんびり待ちましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、15cm3連装砲、4連装魚雷、瑞雲となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は熊野さん…。
…昨日は妙にネットワークが不安定でエラー発生が頻発…演習勝利直後にエラーを発生させられ艦載機だけ減らされ補充不能、という事態にも…。

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務実施のためイベント海域その1へ対潜艦隊を派遣、ボス戦で夕張さんが中破させられるものの任務は達成しました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日はほぼ完璧なストレートで終了したこちら、昨日も2回連続でボスへ進み幸先のよい出だしとなります。
その後は例によってボス前での南下も発生させられ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、高速建造材という完全無意味な場所1回となり、高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされましたのでよくない結果といえます。
損害は霰さんと雷巡1大破阿賀野さん中破戦艦2被弾など、やや大きめ…中破以上の損害はいずれも2回出現したヲ級さん編成の航空戦により、航空優勢を取りつつも被りました。

5-3でのレベル上げでは大鯨さんが3回連続で大破…6-1では全ての攻撃を回避してくださいましたのに…。
…その様なことよりも、運営電文でイベントの突破率が書かれていましたけれど、とっても大好きなかたは無事に進行していらっしゃるでしょうか…そうであることを願ってやみません。


『はじまりの石』は一番性能のいい釣竿を入手したのですけれど、ゲージ速度がはやすぎて最大にしようとするとすかっとなって最低になってしまいます…。
なるべく慣れるためにその釣竿を使用していますけれど、使い勝手は中間のもののほうが…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月25日

ご主人様となつやすみ

先日はこの様なものが届きました。
-----
予約分はこれで…
○栗ちゃんと虫とスケッチブック 総集編(1)
○人魚嬢ルリ
○PN49
○PI-11
○PS16
○HAPPY×2 CANDY DAYS
○みりおんぱーてぃー!! 総集編(2)
○ホタル
○二人の夏
○ご主人様となつやすみ
○貝とオルタナロック(4) その波はやさしく揺れる
○くっつきぼし きけんなせんぱい
○あなたじゃなきゃだめなの
○GROW
○夏季限定ふたりぐらしはじめました
○ココロとカラダ
○あしたから夏休み
○明日死ぬなら何したい?
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、『栗ちゃんと虫とスケッチブック』『人魚嬢ルリ』は以前読みました『あまひま*さくさく』総集編などと同様にコミックサイズとなりますので、またいずれ普通の単行本として読んで触れてみようと思います。

その他の同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。
なお、今回届きましたものは全て夏のイベントにて出たもの…虎穴通販にて予約をしていたものたちとなります。

○PN49《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、いつも通り『A’s』の後日談的な皆さんの様子を描いたお話…。
今回はなのはさんがフェイトさんとの関係を見直そうとされるお話と、梅干を食べるお話…よい意味で相変わらずの楽しい作品で、また前者は百合的にも高めのものとなっていました。
…まえがきに結構衝撃的なことが書かれていたのですが…(何)

○PI-11《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上と同じサークルさまの作品でありまた以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊通りにアイドルな皆さんの日常を描いたお話…。
今回は静香さんと志保さんのお二人の関係などを中心にしたもの…私もそこはかとなく登場人物を把握できる様になってきましたし、楽しくよいものでしたかと思います。

○PS16《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★★》
こちらは『咲』の二次創作作品となり、上と同じサークルさまの作品でありまた以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、『阿知賀編』なかたがたの様子を描いたお話…。
憧さんを告白させようと周囲のかたがたが画策されたり、あるいは想いを熱く語る憧さんなのですが…ということで、こちらはやはり百合的にもよいものとなっています。

○HAPPY×2 CANDY DAYS《【腹切薬局】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんカップリングの4コマとなります。
4コマということもあり楽しく賑々しいコメディなお話…ちょっとおバカ気味ですけれどそれも楽しく、また杏さんときらりさんの関係も微笑ましくよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『PS』シリーズの既刊とともに購入をしている『HAPPY CANDY DAYS』を描かれたかたとなっています。

○みりおんぱーてぃー!! 総集編(2)《【桃京武戯夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された作品の総集編となります。
第1巻同様に星梨花さんメインの作品になっておりかわいく微笑ましいよいもの、またフルカラー作品となっています。
…第1巻はコミックサイズな作品という扱いにしましたけれど、今回は普通サイズのものでしたのでさすがに普通の同人誌扱いで…(何)

○ホタル《【いちごアンテナ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『きんいろモザイク』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、皆さんでホタルを見に行く4コマ…。
こちらは皆さんの様子が原作通りに微笑ましくよいもので、楽しく読めるものとなっています。
…あとがきにかなり衝撃的なことが書かれていたのですが…(何)

○二人の夏《【いちごアンテナ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらはボイスロイド(ですよね?)の二次創作作品となり、百合と明記されていましたので購入をしたものとなります(というより百合ジャンル区分にありましたのでオリジナルかと思って購入をしていました/何)
内容としましては、ゆかりさんとマキさんというかたが一緒に暮らしている様子を描いたお話…。
タイトル通り夏の、そしていちゃいちゃしているお二人の様子を描いたもので百合的に高いものとなっています。
…上で触れた通りオリジナル作品かと思って購入をしてしまったわけでこのジャンルのことは解らなかったりするのですけれど、ただとっても大好きなあのかたがボイスロイド、そしてゆかりさんというキャラクターのことを気にされていたはずで、ですので私も気にはなるかも…?(何)

○ご主人様となつやすみ《【はちしろ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に獣耳で小さな女の子なメイドさんと、その主人となる女性のお話…。
今作はタイトル通り夏のお話で、海へお出かけされたりされます…こちらはやはり微笑ましさが前面に出たかわいらしいお話といえます。
…あとがきによるとこちらはweb漫画で連載がはじまったみたいで、となるといずれ同じく元は同人誌な以前読んでいる『合法百合夫婦本』の様に単行本になる日がくる、のかも?

○貝とオルタナロック(4) その波はやさしく揺れる《【nak.moo】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…ひょんなことから想いを寄せるかたのお部屋にお泊りをすることになるお話…。
そこでお相手のかたの過去を垣間見ることができたのですけれど、どうもそれに関する波乱が最後に起こりそう…次で最終巻となる模様で、見守ってみましょう。

○くっつきぼし きけんなせんぱい《【石川プロ】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★》
こちらは上で触れた『PN』シリーズの既刊とともに総集編を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、やはり例によって以前アニメを観ている作品のお二人を描いたもの…。
今回はタイトル通り危険な先輩として生徒会長さんが出現、お二人の関係に割って入ろうと…いうわけではないもののともかくちょっと一悶着あるのですけれど…?

○あなたじゃなきゃだめなの《【luciole】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★》
こちらの内容としましては、こちらのサークルさまが過去にこのタイトルで出された作品の総集編となります。
7つのお話が収録されており、それぞれ登場人物は共通しているものの主役は変わっていくといういわゆる群像劇といえるものでしょうか…いずれのお話もややどろどろしたところはあるのですけれど百合的に高くよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『吉沢蛍 コピー誌総集編 2012〜2014』などを描かれたかたとなっています。

○GROW《【CHS】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、とある秘密を持った幼馴染なお二人を描いたお話…。
高校生になった折、その秘密を下級生に知られるのですけれど、それがきっかけでその下級生に告白をされ…こちらは正統派でよい百合のお話となっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Lune2』などを描かれたかたとなっています。

○夏季限定ふたりぐらしはじめました《【chico*】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらの内容としましては、一人暮らしをするOLさんのところにある日中学生の女の子がやってくるお話…。
その子は知人の娘さんなのですけれど、OLさんはどうも過去にその知人さんへ想いを寄せていた節があり、その子に過去を重ねている雰囲気…ともかくこちら、あとがきでもある通りプロローグ程度の内容となってしまっていますので、続きが出ることを期待したいものです。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ご主人様となつやすみ』の既刊とともに購入をしている『それが理想のクリスマスだった気がするけどそんな夢見てたの遠い昔過ぎてもう思い出せねえ』などを描かれたかたとなっています。

○ココロとカラダ《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらは年齢制限ありな作品となりますのでご注意ください。
内容としましては、親友な女の子お二人の関係を描いたお話…。
ある日そのお相手の子がいつの間にか誰かと付き合いそして別れていたという事実を知りショックを受けるのですけれども…こちらはまた正統派な百合のお話となっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『終わらないキミのくちびる』などを描かれたかたとなっています。

○あしたから夏休み《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★》
こちらの内容としましては、タイトル通り明日から夏休みを迎える二人の女の子を描いたお話…。
こちらは他愛のない、少しおバカな日常を描いたものというところですけれど、それもまたたのしくよいものでした。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『終わらないキミのくちびる』とともに購入をしている『spring lolita complex』などを描かれたかたとなっています。

○明日死ぬなら何したい?《【味市】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★》
こちらの内容としましては、死神の女の子が余命いくばくもない少女の生命を狩りに行くお話…。
こう書くと重そうな内容のお話に感じられますけれど、実際のところは結構斜め上の展開に進んでいくおバカといってもよいお話…百合的にもまずまずです?
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『PN』シリーズの既刊とともに購入をしている『Dear My Teacher』などを描かれたかたとなっています。

今回はオリジナルなものがメインといえますけれど、いずれもよきものでしたかと思います。
その様な今回でようやく虎穴通販で予約をしていた分が届き、メロンブックス通販ともども予約をしていたものは届いたことになりますけれど、ただその後普通に注文をしたものは届いておらず…メロンブックス通販で注文したものは今日届きそうなのですけれど虎穴通販のほうは全く気配が見えず、のんびり待ちましょうか。

そして上で触れた通り、今回購入の同人誌のまえがきやあとがきで見て衝撃を受けたことがあり…。
まず前者、結構衝撃的なこととして以前原作を読んでいてアニメ化もされけれどDVD化が全然されない『なのはViVid』の続編、ではなくスピンオフがアニメになるとのことなのですけれど、これはどういうこと…?
後者、ものすごく衝撃を受けたこととして以前原作を読んでおり以前アニメ第2期を観ている『きんいろモザイク』について、スクリーン化するとのことですけれど、これって劇場版になるということなのですよね、ね…そんなまさか、どの様な内容で劇場版にするというのでしょう…?
特に後者に衝撃を受けてしまいましたけれど、これらって本当なのです、か…?


『艦隊これくしょん』の開発は九三式ソナー、失敗、15cm単装砲、瑞雲となり、四式ソナー改修に九三式ソナーが2つ要求されますのでよい結果といえます。
大型艦建造は日向さん…。

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務実施のためイベント海域その1へ対潜艦隊を派遣、ボス戦で潮さんが中破するものの任務は達成しました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から4回連続でボスへ直行し幸先のよい出だしとなります。
さすがに完全ストレートで任務達成などという幸運はなくその先ははじめの分岐で北上させられ…たもののそこからボスへ進み、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上1回となり、出撃回数はストレートで完了と非常に順調に推移しました。
その分(?)ヲ級さん編成が3回出現し矢矧さんが小破と、損害はやや出てしまいましたけれども…。


『はじまりの石』は師匠との対決から…先の兄貴分のかたとの戦いはお相手がドリルを使ってくるので武器破壊を諦めたのですけれど、今回はお相手が2つ使ってくるとはいえいけそうな雰囲気が見られましたので狙ってみることにしました。
すると、ぎりぎりのところですみれさんの体力が尽きてしまった…のですけれど、そうすると自動的にパートナーの里緒菜さんへキャラクターが変更され戦闘が続行、結果武器破壊に成功しました(ただ、すみれさんと里緒菜さんの経験値バランスが逆転していましたので、すみれさんには経験値が入らなかった模様です?)

それからはすみれさんたちも一緒に別の町へ行くために森を抜けることになるのですけれど、そこの洞窟で最後の武器である弓を作ることのできる素材を得られましたので、弓を鍛えることに…。
以前している『2』などには登場せず今作で初登場となる弓ですけれど、思いのほか使い勝手がよい武器…ただ耐久性が低くすぐに耐久値がなくなってしまうのが難点といえそうでしょうか。
…その他、ダンジョンに的が置いてある場所があるのですけれど、それを射るとどこからともなく弓乙女を名乗る人が現れアイテムをくださいます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月19日

コイノアカシ

先日はこの様なものが届きました。
-----
夏のイベントの…
○火焔ノ水彩
○艦あに 艦隊あにめいしょん(4)
○榛名日和 総集編
○あまひま*さくさく 総集編(2)
○初恋は君色の
○睦月型のほんとのチカラっ!(8)
○さみだれ学園日誌(2)
○いつもの縁側
○強面オトン提督の娘(3)
○はるにゃさん改二
○榛名日和 海戦編(前編)
○妖精陸攻隊(上・下)
○カンムス・ア・ゴーゴー 総集編+α
○かげぬい総集編
○戦いも終わったことですしそろそろ一緒に暮らしませんか?
○ほっぽちゃんの秋祭り
○ほっぽちゃんのこどもの日
○ほっぽちゃんの夏休み。
○コイノアカシ
○シンデレラのひみつ
○飴玉の唄
○お紅茶入りました
○ROOM
○ユリコン(地元方言編)
○彼女のくちづけ 感染するリビドー(6) 彼女の事情
○おとまりアンビシャス
○ラブとボニーは交わらない?
-----
…一番上1つは同人CD、その下1つは同人DVD、その他は全て同人誌となります。

同人CDは『艦これ』のイメージソングといえばよいでしょうか、とっても大好きなあのかたに教えていただけたサークルさまの新譜となります。
今回は五月雨さんの曲もある他、深海棲艦なかたのものもあったりして…?

同人DVDも上のCDと同じサークルさまのもので以前に既刊を購入していることもあり購入…したのですけれど第3巻が抜けています…。
こちらはそのうち観てみます?

その他は同人誌となりますので以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきますけれど、『榛名日和』の総集編から『初恋は君色の』までは以前読んでいるものなどと同様にコミックサイズとなりますので、普通のコミックとして読んで改めて感想を書こうと思います…『榛名日和』にはクリアファイルがついてきました。
また、今回届いたものは基本的には夏のイベントにて出たものとなっています。

○睦月型のほんとのチカラっ!(8)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたお話…。
今回は夏をテーマとしており、海へ行かれたり怖い話をされたりする皆さんが描かれており、やはりかわいく微笑ましいよきものです。
…次巻からは水無月さんも登場しそうで、あとは夕月さんが加われば…?

○さみだれ学園日誌(2)《【pastel*palette】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に学校に通う五月雨さんを描いたお話…。
この巻ではすっかり学校になじんできた五月雨さんと周囲の皆さんを描いており微笑ましいものとなっていますけれど、その様な中で夕張さんが五月雨さんのことを気にしているご様子で…こちらは先へ続いてくださりそうです。

○いつもの縁側《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様にいつもの4人の日常を描いたお話となります。
今回は冬のお話を挟みつつも夏の、いつもの皆さんの微笑ましい日常が描かれており、こちらもやはり楽しくよいものです。

○強面オトン提督の娘(3)《【パレス犬吠埼】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に表情が恐めな提督さんと漣さんを中心とした皆さんの日常を描いたお話…。
やはり前半は各艦娘さんたちとの微笑ましい1ページ漫画、後半は提督さんと漣さんの過去を描いたものとなっており、後半はやはり泣けてしまうよいお話…。

○はるにゃさん改二《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★★☆(3.3)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さくて猫の耳や尻尾のある榛名さんと周囲の皆さんの日常を描いたお話…。
今回は榛名さんがお一人で別の鎮守府へお使いに行くお話となっており、こちらもやはりかわいく微笑ましいものとなっています。

○榛名日和 海戦編(前編)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通り海戦を主題とした榛名さんたちのお話…こちらはフルカラーな作品となっています。
榛名さんたちは謎の強大な深海棲艦と戦うことになるのですけれど、それがもう恐ろしく強く別作品の敵としか思えない超火力を持っていて…前編となっている通りこの巻では終わりませんでしたけれど、こちらはかなりシリアスなお話…(特に比叡さんと隼鷹さん…轟沈、してしまったのです、か…?)
…長門さん、しゃべれたのですか…(何)

○妖精陸攻隊(上・下)《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、基地航空隊所属の陸攻隊な妖精さんたちの戦いを描いたお話…サブタイトルについて、上巻は『ワレ リクコウ バクゲキタイ』、下巻は『ワレ リクコウ ライゲキタイ』となります。
こちらはやはり既刊通りかなり激しい戦いのお話となっており、それもまた面白いといえるものでしょう…熱いお話です。

○カンムス・ア・ゴーゴー 総集編+α《【ポンコツ】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらは過去に読んだアンソロジーに収録されていた同じ作者さまの作品が面白かったこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編に描き下ろしを加えたものとなります。
こちらのお話はかなりシュールなギャグ作品となっており、それを純粋に楽しめばよいものとなっています…以前読んでいる『ひらめきはつめちゃん』などの大沖さまに通じる感じ、といえるでしょうか。

○かげぬい総集編《【たまごやき】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらはよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となります。
こちらはタイトル通り(?)陽炎さんと不知火さんカップリングのお話となっており、やや変態な提督も出てくるものの、基本的にはそのお二人のお話…コメディながら百合的にも悪くないものといえるでしょうか。

○戦いも終わったことですしそろそろ一緒に暮らしませんか?《【まっくろけ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらもよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、戦いが終わり艦娘さんたちも解散する中での夕張さんと由良さんのお話…。
こちらはタイトル通りのお話となっており、お二人の関係が百合的によいものとなっています。

○ほっぽちゃんの秋祭り《【爆タソスイッチ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらもよさそうに感じられたこともあり購入をした、こちらは昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、北方棲姫さんが港湾棲姫さんや艦娘の皆さんと秋を楽しまれるお話…。
秋祭りを中心とした、皆さんの微笑ましい様子が描かれておてよいもの…かわいらしく、またフルカラーの作品となっています。

○ほっぽちゃんのこどもの日《【爆タソスイッチ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入…正確にいえばこちらを購入しようとして上の作品も、という流れですが(何)
内容としましては、こちらも北方棲姫さんたちの日常を描いたお話…。
こちらはタイトル通りこどもの日のお話をメインに、季節ごとの行事を描いたやはり微笑ましいものとなっており、上の作品同様にフルカラーとなっています。

○ほっぽちゃんの夏休み。《【さかなのマーチ】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらもよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、北方棲姫さんが艦娘なかたがたと一緒に夏を楽しまれるお話…。
こちらも微笑ましいお話となっており、やはり深海棲艦なかたがたが友好的なお話というのも、微笑ましさメインなものではよいものです。
…ちなみにタイトルが似ていますけれど、こちらは上の作品のサークルさまとは違うかたとなります(何)

○コイノアカシ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊で凛さんとお付き合いをすることになった卯月さんのお話…。
そうはなったもののなかなか以前と較べ関係が進展しない様子に卯月さんが不安になったりするのですけれど…こちらは百合的にもよいお話で、また続きそうな終わりかたをしていましたので期待をしたいものです。

○シンデレラのひみつ《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、シンデレラガールというものに選ばれた卯月さんと、一緒にいる凛さんのお話…。
あとがき通りどちらかというと凛さんが卯月さんのことを、という感じのお話ですけれど、でもそれでも百合的にもよきものといえるでしょう。
…こちらのサークルさま、上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊と一緒に購入をしている『Bouquet』を描かれたかたとなっていました。

○飴玉の唄《【asada-Kan】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、一緒にお仕事をする杏さんときらりさんの様子を描いたもの…。
こちらは杏さんから見たきらりさんの色々な姿、といったところ…やはりお二人の関係もまたよいものです。
…こちらのサークルさま、上で触れた『妖精陸攻隊』の既刊と一緒に購入をしている『レッツゴーハピハピデイズ★』を描かれたかたとなっていました。

○お紅茶入りました《【苺の塊】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『ガールズ&パンツァー』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしたものとなります。
内容としましては、ローズヒップさんとアッサムさんのお二人メインのお話…。
アッサムさんがローズヒップさんに振り回されたりするコメディなお話、といったところ…やはりローズヒップさんがかわいいです。
…こちらのサークルさま、以前購入をしている『彼女の友情タクティクス』などを描かれたかたとなっていました。

○ROOM《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、いずれも百合と明記されていたこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、3人の作家さまの参加された百合なアンソロジーとなります。
お話はいずれも大人なかたを扱った、そしてタイトル通りいずれもお部屋を舞台にしたお話となっており、いずれのお話も百合的にもちろんよいものといえるでしょう。
…こちらのサークルさま、以前購入をしている『夕凪マーブレット』などを描かれたかたとなっていました。

○ユリコン(地元方言編)《【ユリコン編集部】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、5人の作家さまの参加された百合なアンソロジーとなります。
お話は学生さんなものから大人なものまでありますけれど、メインテーマは百合であるとともにサブタイトルにもある通り方言を使うかたがたをメインキャラにしている、というところ…そういう特色もありつつ、百合的にももちろんよいものといえるでしょう。
…参加された全てのかたがたに何らかの商業コミックなどがあり最後に広告がついているのですけれど、約2名ちょっと…いえ、気にしないでおきましょう(何)

○彼女のくちづけ 感染するリビドー(6) 彼女の事情《【そそう支部】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとなり、今回は綾音さんが風邪を引いてしまわれ…?
彼女の家庭の事情などを知らない早奈さんは色々不安になってしまうのですけれど…この巻ではそのあたりのことが少し垣間見れたりします?

○おとまりアンビシャス《【苺の塊】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、アルバイト先の後輩さんが先輩さんのお家のお泊りにくるお話…。
後輩さんは常々先輩さんのことを好きだと言っているのですけれど、それに対し先輩さんは…これは後半の展開がかなり微笑ましくてよい百合のお話となっています。
…こちら、上の『お紅茶入りました』とサークルさまは同じなのですけれど、描いているかたはそちらとは別のかたとなります。

○ラブとボニーは交わらない?《【UnisonBell】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、部活の先輩と後輩さんの関係を描いたお話…。
後輩さんに振り回される先輩さん、といった趣のお話ですけれど、微笑ましく百合的にもよいお話…あとがきの言い回しが少し引っかかるのですけれど、やはり気にしないでおきましょう(何)
…こちらのサークルさま、上で触れた『睦月型のほんとのチカラっ!』の既刊と一緒に購入をしている『きみととなりのヒロイン』を描かれたかたとなっていました。

今回は『艦これ』中心となりましたけれど、総じてよい作品ばかりで満足…そしてやはりうづりんカップリングは非常によいものです。
今回届いたものは主にメロンブックス通販に予約をしていたものですけれど、まだ虎穴通販に予約をしているものやイベント後に注文をしたものがありますので、そちらにも期待してみましょう。
…どうしても改二丁を見ると朝潮さんに大きく心が動かされるのですけれど、結局最後は五月雨さんに戻ってくるのですよね(何)


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして空母のアクィラさんがいらしてくださいました…彼女はイタリアの空母なのですけれど、グラーフ・ツェッペリンさん同様に未完成のまま終わってしまったかたですので、運が低いです。
また、彼女は隼鷹さんや飛鷹さん同様に大型客船を改造した、大きさも彼女たちとそう変わらない空母でしたので久しぶりの軽空母…かと思いきや、何と正規空母でした…。
これは一体どういうことなのか、ちょっと理解できません…彼女が正規空母なら隼鷹さんたちもそうあるべきで、隼鷹さんたちが軽空母なら彼女もそうあるべきではないでしょうか…。
どちらかというと軽空母を求めているのでちょっと残念ではありましたけれど、でも空母自体が不足している現実は確かで、また素敵なかたに変わりはありませんし、まずは日々の2-2で運用していきましょうか。
その他、何とも微妙な性能な戦闘機も持ってきてくださいました。

開発は失敗、九一式徹甲弾、バルジ、流星改となり、基地航空隊のために数がぎりぎりになっている流星改に加えて徹甲弾まで出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務を実施しますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたので2-2へ通商破壊艦隊を派遣することとし輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。
…輸送船5撃沈任務が発動している場合は輸送船2の撃沈でも3撃沈任務が達成されるので2-2での大外れ編成に遭遇させられても任務達成となるためイベント海域ではなくこちらへ艦隊を派遣したわけですけれど、3の編成に遭遇できたのでしたらそれはそれで問題ありません(何)

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、どうも最近荒れることの多い印象を受けるこちら、昨日ははじめの出撃でボスへ直行でき幸先はよい流れとなりました…が2回めの出撃のはじめの分岐で北上させられその先の無意味な初戦でグラーフ・ツェッペリンさんが10もの損害を受けた上にあらぬ方向へ吹き飛ばされ一転して不穏な空気となってしまいます。
その不穏な空気は案の定現実化、それからもはじめの分岐で北上→あらぬ方向行きを4連続で発生させられ連日の大荒れ確定…かと思いきやその後は3連続でボスへ進み最悪の事態は回避できた様に感じます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア3回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、明らかに悪い結果ですけれど大荒れというほどでもありません。
損害は広く浅く、ではなく狭く深い感じで受けてしまい、個々の修理時間は長くなってしまいました。
…イベント期間中にもこの様な任務をしていてどうなの、と思わないこともありませんけれど、意外なことに収支は悪くなかったりします…輸送船3撃沈任務やこの後に出現する潜水艦撃沈任務とあわせて高速修復材は+3されますし、大荒れにならない限り燃料も増え、ボーキサイトは確実に増えてくださいます。

はやくも先日で1-5への3回出撃任務が発動していましたので、昨日も1回出撃を実施しました。
その出撃、初戦と第2戦は完全勝利、第3戦は五月雨さんが2の損害を受け、ボス戦は矢矧さんが3の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
…どうも阿賀野さんと矢矧さんを一緒に出すと矢矧さんばかりMVPを取ってしまうのですけれど、何なのでしょうか…。

そしてイベント海域のほうは、先日に引き続いて新しいかたを求める旅を海域その3にて実施、この様な結果を得ました。
昨日の結果
…この様になり、つまり通算して23回の出撃、昨日だけですと12回の出撃で…
アクィラさん
…最大の目的でしたアクィラさんをお迎えすることに成功しました。
その他副産物として、備考にある通り鈴谷さんとアイオワさんのレベルが99に達してしまいました…鈴谷さんはルート固定メンバーですので外せませんけれど、アイオワさんは燃費の関係から21周め以降は比叡さんと交代したのでした。
ボス到達率は高めに推移してくださいましたし、また資源も残り燃料80,000と致命的なことになる前に出てくださいましたので、よい結果といえます?

これで残るは酒匂さん、なのですけれど…先日のコメントで難易度丙では出ないという噂がある、という話を聞いてしまいました。
それが事実なのかは解りませんけれど、もし事実でしたらもう完全な徒労に終わってしまうことになりますし…あ、あのかたに教えていただけるまでは、様子を見ましょうか…。
ともあれ、どうなるにしてもここまで少し夜更かしをしすぎたりと疲れましたので、少しゆっくりしましょうか…。


…あぁ、あのかたにお伝えした百合なゲームにおけるお勧めなツンデレのかた、以前している『白恋』のさゆりさんと以前している『天使たちの約束』の晶さんの他にどなたか重要なかたを忘れていると思ったらそうです、以前最新作をしている『FLOWERS』の千鳥さんを忘れていました…とはいえ、彼女は夏編の後半以降完全にデレになりますが、それもまたかわいくてよしでしょう(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年08月12日

モフモフのもりのおばけ

こちらによると、以前している『FLOWERS』秋編のヴィータさん版が11月17日に発売予定となった模様です。
過去作のヴィータさん版も全て購入していますのでもちろん購入をしましょう…ただ、発売時期が以前第2作をしている『Fate/EXTRA』関連の新作と重なりますので、実際にプレイをするのは…冬編発売直前とか、そういうタイミングになる、かも?


その様な先日はこの様なものが届きました。
-----
1冊のみ…
○モフモフのもりのおばけ
-----
…こちらは同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○モフモフのもりのおばけ《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『モフにな』などを描かれたサークルさまの作品ということで購入をした、今年の8月14日に出た(?)作品となります。
内容としましては、以前購入をしている『もふもふのふゆ。』と同じ世界観での杏さんと仁奈さんのお話…。
皆さんの住む森に無口なクマっぽい生き物がいてそれと仲良くなっていく皆さん…そのクマっぽい生き物には少し秘密があったのですけれど、ともあれ心あたたまる、そして泣けてしまうよいお話です。

今回購入したものは1冊のみとなっていますけれど、これは夏のイベントのアイテムの様子で、そのイベントも今日からっぽい…下で触れる『艦これ』なイベントも今日からですし、楽しみなことです?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○ハナヤマタ(8)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(6)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(12)
○ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:継続高校
○黒鉄ぷかぷか隊(4)
○ヤマノススメ(12)
○餡さんぶるっ!(1)
○ろみちゃんの恋、かな?
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『ハナヤマタ』から『ヤマノススメ』までは全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品たち、『餡さんぶるっ!』は百合が期待できるかもと教えていただけたこともあり購入をしたものとなります。
『ろみちゃんの恋、かな?』は何となくよさそう…表紙にガールズラブ、と明記されていたことから購入をしたものとなります。

今回はどれもよい感じの作品となっており、まずは『艦これ』あたりを優先して読んでいこうと思います。
そして月末まで新たなコミックを購入することはなさそうかつ未読で残っている作品群にも優先して読みたい様なものはありませんので、そう急ぐことなく1冊ずつ読んでいっても問題なさそうです?(何)


『艦隊これくしょん』の開発は8cm高角砲、失敗、12mm単装機銃、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在し球磨さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は荒れに荒れたこちらですが昨日は3回連続でボスへ直行し非常によい出だし…の引き換えに全ての戦闘にて能代さん中破鳳翔さん小破ビスマルクさんグラーフ・ツェッペリンさん被弾の大損害を被ってしまいます。
その後は艦隊がはじめの分岐で北上してしまうものの、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回となり、つまり戦闘回数10回任務達成前にストレートで終了と、よい意味で先日の反動がきたといえそうです。
ただ、損害は上で触れた皆さんに加え北上さん中破霧島さん小破と、戦闘回数の割に大きすぎの印象…。

今日からイベントが発動するとのことなのですけれど、メンテナンス終了予定時間は22時になっている上に春のイベントの際は結局発動日とされていた日にはゲームに入ることすらできませんでしたので、ですので今日の南西諸島任務までは朝のうちに実施しておくことに…その結果は明日の日誌で触れます?


『七竜3』は幻影首都の探索…真竜ヒュプノスの影を倒した先あたりから宝箱で最強の武器を回収できる様になってきました…が、皆さん何を装備しても攻撃力は変わりませんのであまり意味はなし…。
その先はチカさんとリッカさん、ユウマさんといった真竜ではない人々と戦うのですけれど、彼ら彼女らは影扱いではなかった様な名前…そして後者は相変わらずLF全快を頻繁にしてきますので、この戦いばかりは奥義を使うしかありません(奥義1回で15000のダメージでしたので最大LFが22000程度っぽいユウマさんは2回で倒せます…がティナさんの普通のスキルのダメージのほうが大きい…)
…ダンジョンの性質上、ここかグレイトフルセブンスかのどちらかに真竜フォーマルハウトを出してほしかった…特にグレイトフルセブンスではかの者が出るのではと期待していたのですが…。

真竜ノーデンスの影を倒した先は以前している『2020』の真竜の領域になっていましたけれど、真竜アイオトの話ではこの最奥にはある人間がいる、とのこと…。
…はぁ、結局今作も追加ダンジョンの最後の敵は人類戦士なのですか、彼はもういいです、お腹いっぱいでうんざりです…(これで人竜Mなどが待ち受けていればかえって評価しますが、まぁ人類戦士Tなのでしょう)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年07月31日

はるにゃさん

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○あんハピ♪(2)
○ハイスクール・フリート(2)
○はるにゃさん
○はるにゃさん改
-----
…上2つはDVD、下2冊は同人誌となります。

DVDはいずれも全巻予約をしている、前期に放送されていたアニメたちとなります。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○はるにゃさん / はるにゃさん改《【待てど海路の日和なし】さま/百合度評価:★★★★☆(3.3)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしてみました、『改』が昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、小さくて猫の耳や尻尾のある榛名さんと周囲の皆さんの日常を描いたお話…。
その小さな榛名さんがかわいく微笑ましく、またその榛名さんを主に愛でるのが比叡さんだというのも、比叡さん好きな身としては嬉しくよい作品でした。

以前にも『榛名日和』という榛名さんの微笑ましい同人誌を購入していますし、榛名さんの二次創作は微笑ましいものが多い、です?
はやいものでもうすぐ夏のイベントがあるっぽいのですけれど、今回の『はるにゃさん』にその『榛名日和』の新刊など、すでによさそうなものをいくつか予約してありますので楽しみです。


その様な昨日は届いたDVDたちのうち『あんハピ♪』の第2巻を観てみました。

第3話は『4月28日 はじめての幸福実技』ということで、謎の幸福に関する授業が始動します。
その幸福クラスに用意されたのは実物大すごろくだったのですけれど、このすごろくの会場がとんでもない場所で…ずいぶんお金をかけていますけれど、確か後にこれに異議を申し立てる教師が出てくるはず…?
ともかくこのすごろくで最下位となったチームには宿題が課されるのですけれど、やはり皆さんは最下位を争うことに…ライバルになったのは、くしくも(なぜか特に瑠璃さんを)目の敵にする響さんとその幼馴染の蓮さんのチームになります。
2チームの争いはあまりに低レベルなためすごろくでは決着がつかず、両チームの直接対決にゆだねられることに…。

第4話は『4月29日 ナゾナゾな罰ゲーム』ということで、先のお話で最下位となた皆さんが宿題をすることになるお話…。
宿題はそれぞれのかたがたの幸運アイテムを写真に収める、というものとなっており休日に皆さんでお出かけしてみることにします。
うち杏さんに課せられた幸運アイテムがタイトル通りなぞなぞの様なものとなっており、皆さんでそれを探すことに…。
皆さんに幸運になってもらいたくないと考える響さんも蓮さんを連れて皆さんの後をつけるのですけれど…?

ということで、今回は響さんと蓮さんの本格登場となるお話となりましたけれど、やはり響さんが非常に微笑ましいキャラクターでよき感じです。
お話も微笑ましく、第4話の終わりかたは非常にきれいな終わりかたでよいものでしたけれど、やはり先生が黒すぎて怖いです…原作でも怖いのですけれど、動く絵と声が加わるとそれがより増してしまい、本当に恐怖を覚えるレベルです。
その点は置いておくと微笑ましい作品ですし、引き続きのんびり見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、12cm連装高角砲、20cm連装砲、九九式艦爆となり、いつも通りの惨状…ちょっと、九九式艦爆の出現率が高すぎではないでしょうか…。

戦いについて、まずはいつもの様に輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し、敵の命中率が100%で損害はかさんだものの任務達成となりました。

続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からはじめの分岐で北上させられさらにあらぬ方向へ進まされ、次の出撃でボスへ到達したかと思えば大破したお相手にビスマルクさんが2回も命中弾を受けるという幸先の良くない出だしとなってしまいます。
その後もローマさんや霧島さんが一撃で小破近くまで損害を受けたりと戦艦を中心に損害が続発する上、7連続ではじめの分岐で北上、しかもその中でも3連続であらぬ場所へ吹き飛ばされる事象も発生、となってしまいまた大荒れの様相を呈してきます…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上8回輸送船エリア5回うちボス前での南下1回となり、北上率とそれに伴う輸送船エリア行きが多すぎ、そのために被った損害とあわせてかなりよくない結果といえます。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動しており2-2でのボス到達4回の時点でヲ級さん編成は1回の出現で撃沈数が1足りませんでしたので2-3へ潜水艦隊を派遣、もちろん(?)輸送船エリア行きとなり空母撃沈任務は果たしました…こういう場合2-2でのボス到達5回めでヲ級さん編成が出現することが少なからずあるのですけれど、昨日はその様なことはなく一安心です?

1-5への3回出撃任務が発動していますので、昨日も1回、五月雨さんたちを派遣します。
その出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。


延々レベルを上げては10レベルを下げて転職することで恒久的に能力値upを図っている『七竜3』はついに物理攻撃力と魔法防御力もどの職業になっても最大になる様になりました。
これで残るは魔法攻撃力のみとなりましたので、全員をデュエリストにして延々能力値upを図っていくことになります。
だいぶ終わりが見えてきましたけれど、パーティにサムライ、あるいはエージェントがいないということは誰も連続攻撃ができず、ですのでフロワロシードが出現した際に少々面倒なことになってしまうのでした(フロワロシード自体経験値は非常に少ないので倒せなければそれはそれでよいので、逃げてくれればそれでいいのですが…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年07月25日

変なぬいぐるみですわねー!!

先日はこの様なものが届きました。
-----
数は少ないですが…
○変なぬいぐるみですわねー!!
○夕凪マーブレット(6)
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思います。

○変なぬいぐるみですわねー!!《【徒歩二分】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『ガールズ&パンツァー』の二次創作作品となり、気になったことから購入をしてみました、6月26日に出たらしいものとなります。
内容としましては、愛里寿さんが聖グロリアーナへ一時入学をされるお話…。
何とか彼女を正式入学させたいと思うアッサムさんたちの考えとは裏腹にローズヒップさんが愛里寿さんの神経を逆撫ですることばかり言ってしまい…とはいえローズヒップさんは裏表のないかたですので、次第に愛里寿さんとの距離を縮めていき…?
何気に戦車道の同人誌を購入するのはこれがほぼはじめてなのですけれど、それはローズヒップさんというキャラクターに非常に惹かれてしまったからで…この同人誌でもものすごくよいかたでやっぱり大好きなのでした。

○夕凪マーブレット(6)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらはオリジナルの作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしました、7月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…秋の日、お二人で一緒に花火をされるお話…。
ここで転入生さんの過去に何があったのかが解るのですけれど、かなり思わせぶりな終わりかたとなっており、波乱を思わせる感じ…続きを見守りましょう。

ということでやっぱりローズヒップさんがかわいすぎて仕方ないのですけれど、今回購入の同人誌のあとがきによるとドラマCDに彼女が出てくる作品があるそうで…?
ドラマCDは今まで未チェックだったのですけれど、どうしましょうか…購入してみたほうがよかったりします、か…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(5)
○あやかしこ(2)
○ふたりべや(3)
○小百合さんの妹は天使(4)
○ばくおん!!(8)
-----
…こちらは全てコミックとなります。
本当はこれらは月末のきらら系作品群たちと一緒に購入しようと思っていたのですけれど、以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によるとどうも今月末のきらら系は質・量ともに非常に多くこれら良作が埋没しかねずまた現在残っている未読作品にはもうそれほど優先して読みたいと感じる作品もないことから、昨日の帰り道に思い切ってさっと立ち寄りさっと購入してみました(何/ただ以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によると来月末のほうがもっと危機的にも見えますが…?)

今回購入作品は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『小百合さんの妹は天使』はこの巻で最終巻となる模様で、また『ろこどる』は特装版ということでドラマCDがついてきました。

今回購入作品はどれも過去に既刊を読んでいるということでよいものだということは解り切っており、どれも最優先で読みたいところながら、きらら系購入までにすべて読めるかどうか…?
ひとまずまずはやっぱり『ろこどる』から読みたいものです。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、失敗、失敗、零戦52型となり、いつも通りの惨状…。
…ただ、最近調べはじめた艦載機改修について、瑞鶴さんなどを2番艦にすると熟練零戦やあの岩本隊零戦53型などの改修ができるのですけれど、それらに漏れなく52型消費が要求されており、ですので52型はいくつあっても足りない事態になりそうで、となると52型は(41cm連装砲の様に)装備改修用として当たりといえるのかもしれません?(ただ現状ソナー爆雷の改修のほうを優先していますが…やはり魚雷には手が回りそうにありません…)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの出撃で久しぶりに北上させられなかったもののボスへ直行となり任務失敗…。
2回めの出撃も無残にボスへ直行、通商破壊艦隊は何ら為すことなく任務に完全失敗…。
最悪の流れにげんなりさせられつつ、仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、はじめの分岐で北上させられそこの無意味な初戦で摩耶さんが小破させられるほどの損害を受けてしまいつつ輸送船エリアへ到達、けれどいつも通りに例の如くル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ多摩さん大破の上に任務失敗…もうこの編成本当にやめてください…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、輸送船4の編成と遭遇し任務達成…ですからはじめからこの編成を出してください…。

輸送船任務の時点ですでに展開、損害ともに大荒れの様相を呈してしまいつつ引き続いて南西諸島制海権任務を実施、北上率が高く推移し続けてしまうものの、それでも案外とその先はボスへ進行することができました。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア1回となり、輸送船任務に対しこちらはかなり順調に終えることができたといえます。

1-5への3回出撃任務があと1回残っていますので、五月雨さんたちで出撃を実施します。
その出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は五月雨さんが中破させられるものの敵の全滅には成功しました。
これで先週分の1-5出撃任務は完了しましたけれど、月曜日となる今日はあ号作戦遂行のためにまたここへかなり出撃することになりそうです?


延々転職を繰り返して能力値upを図っている『七竜3』はどの職業になっても物理防御力も最大値を維持できる様になりましたので、ローテーションからルーンナイトも外せることになりました。
これで残るは物理攻撃力の上がるサムライと魔法攻撃力の上がるデュエリスト、魔法防御力の上がるメイジの3つだけになってきてかなり終わりが見えてきた…といいたいところながら、物理攻撃系の職業の魔法攻撃力、あるいはその逆を最大にするのはなかなか大変ですので、まだ結構果てが見えない状態、かも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年06月30日

寮の幽霊に迷惑しています!

先日はこの様なものが届きました。
-----
CDも…
○りりくる 〜LIly LYric cyCLE〜 VOCAL COLLECTION!!
○アイドルマスター シンデレラガールズ Cool jewelries!003
○PI-10
○あかぎです
○ひとりぼっちのGroupie
○寮の幽霊に迷惑しています!
○32番目の幸せ
-----
…上2つはCD、その他は同人誌となります。

CDのほう、上のものはこちらは元はドラマCDで以前ゲームもしている『りりくる』のキャラクターソングを収録したアルバムとなります。
今作のキャラソンはどれもとてもよい感じですのでもちろんアルバムもこうして迷わず購入、キャラソンもそうなのですけれど、キャラクター自体もとてもよく、お話も明るく楽しいよいものですから、個人的に『りりくる』は以前最新作をしている『その花』並に大好きなシリーズで、今後も何か出てくだされば嬉しいのですが…その『その花』は以前している『愛しさのフォトグラフ』の新装版が出ましたけれど、すでにオリジナル版をしていたり、またいずれ以前届いているファーストシリーズの様にセカンドシリーズもまとめて出るのでは、という疑念もありますのでひとまず様子見で…。
また、こちらは特典としてクリアファイルがついてきました。

もう1つのCDは以前にも届いているシリーズのCool編です。
こちらは全巻購入特典として収納boxがついてきました。

では、同人誌については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○PI-10《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、6月26日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にどうやらゲーム中であったイベントなどを題材としたコメディなお話となっています。
饂飩にこだわる静香さんが微笑ましかったりと、今回は(も?)微笑ましく楽しいお話になっておりよきものです。

○あかぎです《【幻竜一夜】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前同じシリーズの作品を購入していることもあり購入をした、こちらも6月26日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その『はつゆきです。』のお話の赤城さん視点のお話…『くうぼヲきゅうさん』の赤城さん版といえるわけです。
こちらではヲ級さんが見つけたひよこがどんどん大変なことになっていくさまが見られますけれど、あれは一体…それはそうとやはり微笑ましい雰囲気の作品です。

○ひとりぼっちのGroupie《【よあけのピアノ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下は全てオリジナルかつ百合と明記されていたことから購入をしました、こちらは5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、バンド好きな女の子の様子を描いたお話、となるでしょうか。
主人公さんはそのバンドのボーカルな女性が好きで、同じくファンなクラスメイトとライバル関係なのですが…こちらは一種の失恋なお話になっているのですけれど、そのライバルさんとの関係にこの先変化がありそうな気もして、続きも見てみたいかもです?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『アイムホーム!』などを描かれたかたとなっていました。

○寮の幽霊に迷惑しています!《【corner】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★★》
こちらも5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、古びた学生寮のただ一人の寮生な女の子とその寮にいる幽霊な女の子のお話…。
幽霊さんはもう居候状態で楽しく暮らしていたのですが、ある日学生寮が取り壊されることが決まり…こちらはお二人が微笑ましくまたハッピーエンドにもなってくださり、個人的な好みにかなり合致したとてもよいお話となっています。

○32番目の幸せ《【カレーのようせい】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、すでにお付き合いをはじめていらっしゃる幼馴染お二人のお話…。
さらに一歩先へ進もうとしつつもなかなか踏み出せない中、不思議な夢を見たりして…こちらは正統派な百合のお話といえ、その点よいものです。

ということで、同人誌はどれもよきもので、そしてやっぱり『りりくる』のキャラソンも満足です。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、46cm3連装砲、13号対空電探、失敗となり、何ともいえないながら普段に較べるとものすごくよい結果ともいえます…実のところ46cm砲よりも41cm砲のほうが嬉しかったりしますが…(何)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ出撃、輸送船エリアへ直行でき、けれど例の如くいつも通りに輸送船2+ル級さんという大外れ編成と遭遇させられ三隈さん大破の上に任務にも失敗しました。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、またル級さんが存在し今度も三隈さん、さらには衣笠さんも大破させられつつ任務達成となりました。
…高速修復材はたくさんあるとはいえ、さすがにこうも大破率が高くなるとため息が出てしまいます。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から2回連続でボスへ直行でき幸先のよい出だしとなります。
けれどもちろんその様な幸運は長くは続かず、その次でボス前での南下となり調子を狂わされるとその後ははじめの分岐で北上させられる様になってしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回となり、よくもなく悪くもない結果となりました。

最前線海域である5-4への出撃も、戦艦はレベル88の3人で一番経験値が少ない金剛さんにして出撃を実施してみました。
その初戦は航空戦で5の撃沈ができたこともあり完全勝利、第2戦は装甲空母鬼さんではなく金のヲ級さん2に赤いヲ級さん1の編成が出現し大きな損害なく敵を全滅、燃料115を入手した先のボス戦は大きな損害なく敵の全滅に成功しました。

これで5-4のゲージはおそらくあと2回で破壊できそうですけれど、今日1回出撃しても、明日は7月1日ですので拡張海域のゲージ破壊や月間任務の消化に移行しますし、それが終わってももう7月ですので夏のイベントへ向けて資源回復モードへ移行しようと思いますから最前線海域出撃はお休みにしようかなと…でも5-4は妙に簡単ですし、このままゲージの破壊をしてもいいのかも、でもその様なことをすると5-5のゲージ破壊も検討しなくてはならなくなりますし、どうすれば…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年06月21日

コイノツボミ

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○コイノツボミ
○それいゆ
○LOVELAIKAのそわそわ文通デイズ
○大体黒髪のせい。
○Lilyca(4-2016,SPRING)
○創作百合短編集
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○コイノツボミ《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』な二次創作作品となり、こちらは好きなカップリングの作品ということで購入をした、6月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、何か悩み事を抱えている様に見える凛さんのことを気にする卯月さんのお話…。
けれど凛さんから見ても卯月さんが何か悩んでいる様に見えたらしく、ともかくお二人はお泊り会をすることにしたのですけれど…こちらは微笑ましくもかなり正統派な展開の百合なお話となっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『RRR』を描かれたかたとなっていました。

○それいゆ《【金平糖工房】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をした、6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、学校帰りの杏さんのところへきらりさんがやってきてお二人で放課後を過ごすお話…。
周囲の注目を浴びてしまいつつも、制服姿のお二人が一緒に過ごすさまというのはちょっと新鮮な感じで、また微笑ましいお話となっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『COTTON CANDY』を描かれたかたとなっていました。

○LOVELAIKAのそわそわ文通デイズ《【陽光歯車】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらはちょっと気になったこともあり購入をした、6月19日に出たらしいものとなります。
内容としましては、お互いのお仕事などがあってなかなか顔を合わせられないラブライカのお二人が文通をされるお話…。
そのお二人の関係が非常に微笑ましくよいお話で、ラブライカのお二人は結構同人誌が出ていて気になってはいたものの今まで購入を控えていたのですけれど、この機にもっと購入をしてみるのも…?

○大体黒髪のせい。《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『その花』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、麻衣さんと玲緒さん、美夜さんと璃紗さんの2組のかたがたを描いたお話…。
前者はコメディ、後者はちょっとシリアスなところもある、けれどどちらも百合的にももちろんお話もよきものとなっており…タイトルからして雫さんは?となるわけですがきちんとそこもあとがきで触れられていました(何)
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『チョコレイトディスコ』などを描かれたかたとなっていました。

○Lilyca(4-2016,SPRING)《【あとりえ雅】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここから下はオリジナルで百合と明記されていたことから購入をしたものたちとなり、こちらはまた以前に既刊を購入していることもあり購入をした、5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、4人の参加された百合を題材とした合同誌となっています。
どのお話も微笑ましさが前面にくるよい百合なお話で満足…藤枝雅さまの『飴色紅茶館挿話』はこれまで通り以前読んでいる『飴色紅茶館歓談』の番外編、未来を描いたお話となっています。
また、『まーぶるCONFECTION!』というアイドル作品も収録されているのですけれど、こちらはドラマCDとして夏のイベントで出るとのことで、そちらも期待したいものです。

○創作百合短編集《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは6月5日に出たものとなり、上で触れた『大体黒髪のせい。』と同じサークルさまの作品ともなっています。
内容としましては、タイトル通りのもの…いくつかの短編を収録した短編集となっています。
そしてもちろんタイトル通りどのお話も百合なものとなっており、少し不思議なものから短いながらも微笑ましいもの、そして悲しいお話と色々あり、どれもよきお話となっています。

今回はうづりんやあんきら分を十分に補充でき、他の作品もそれぞれによいもので満足できました。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、15cm3連装砲、徹甲弾、失敗となり、徹甲弾が出ましたので大当たりといえます。
また、大型艦建造を実施するものの、結果は瑞鶴さん…かなり珍しいかたですのでまだ…?

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということでい号作戦が発動しましたので2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施します。
2-2は輸送船撃沈任務からはじめの分岐で北上させられてしまうこと連続4回を数えてしまいつつもボス到達率は高く、さらにその後はボス前直行が連続し、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、なかなか順調なよい結果となりました…ヲ級さん編成は1回のみで、い号作戦には極々わずかに寄与しました。
ただ、損害については赤城さん小破グラーフ・ツェッペリンさん10と、空母なかたがたが比較的大きめ…。
2-3へは南西諸島任務終了までに1回のみの出撃となり輸送船エリアへ進みました。

い号作戦進行のために引き続き2-3へ潜水艦隊を派遣しつつ1-4へ機動部隊も派遣します。
2-3は初戦で伊19さんが小破させられつつ3回全ての出撃で輸送船エリアへ進み、うち1回は南下しての2戦ルートに乗りました。
一方の1-4ははじめの分岐での南下が発生せず全てボスへ進めましたけれど、途中で軽空母戦を挟むことが一度もありませんでしたので効率はやや悪め…それでも3回の到達でい号作戦達成となりましたので5-3で潜水艦撃沈任務を実施し資源の再利用を行いました。

あとは瑞穂さんたちを1-1へ派遣しあ号作戦を遂行…4回連続でボスへ進んで幸先がよいと思ったのも束の間、その次からは7回連続で分岐で北上させられあっという間に北上のほうが逆転…。
その後も連続4回など北上行きが多く推移、いつも通りかと思われたのですけれど、後半になると連続5回などボスへの進行が多くなり、最終的にはボス到達16回であ号作戦達成に対しそれまでの分岐での北上15回となり、ボス到達数のほうが多くなりよい結果を得られたといえます。

今回は総じて順調にいったといえます…ろ号作戦もこの調子で進んでくだされば…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年06月12日

今日もおさかなの日

先日はこの様なものが届きました。
-----
同じ作品のblu-rayも…
○ご注文はうさぎですか??(6)
○ガールズ&パンツァー 劇場版
○夕凪マーブレット(5)
○あいた〜ん(4)
○すきのいと(2)
○竜灯屋台のリディアとルー 今日もおさかなの日
○あした、あさって、しあさって
○嘘つきピアスホール
○エルフの護手
-----
…上2つはDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほう、上は全巻予約していてこれまでも既刊が届いている作品となり、この巻で最終巻となります。
下は以前通常版DVDを観ている作品の限定版blu-ray…内容があまりによかったのでつい限定版を購入してしまいましたけれど、仕方ありませんよね、ね…しかも、限定版の内容を見ると、通常版にはなかった『不肖・秋山優花里の戦車講座』が収録されていて、これは少しショックでしたかも…。
…両者ともにタペストリーが特典としてついてきましたけれど、タペストリー付属な作品が多すぎて正直困るかも…。

同人誌は以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、今回届いたものは全てオリジナルなものとなっています。

○夕凪マーブレット(5)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…お二人の関係は順調で周囲とも溶け込みはじめたかと思われたのですけれど、転入生さんの過去を知る教師が出現し、波乱の展開となっていくさま…。
こちらはその波乱が巻き起こりそうなところで終わっており、まだ続きがあるとのことで引き続き見守りましょう。

○あいた〜ん(4)《【山猫BOX】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…東京から引っ越してきた女の子がそのこともありクラスの皆さんの人気を集め、主人公さんが少し複雑な気持ちになったりするお話…。
こちらはやはり百合というよりは友情なお話の印象も強いですけれど、微笑ましいお話なのは間違いありませんし、まだ続刊を描かれる予定があるご様子ですので引き続き見守りましょう。

○すきのいと(2)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、高校を舞台にした先生と生徒の恋愛のお話…今回は生徒さん視点のお話になっており、どうして彼女が先生を好きになったのかなどが描かれます。
先生はあくまで生徒さんの気持ちを受け入れてくださいませんけれど、こちらはまだ続くご様子ですので引き続き見守りましょう。

○竜灯屋台のリディアとルー 今日もおさかなの日《【狐灯籠】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様のお二人の日常を描いたお話…タイトル通り魚を捕って食べるお話となります。
お二人の出会いの回想もありますけれど、基本的には微笑ましいお話…こちらは漫画としてはこうした微笑ましいお話、物語の本筋はノベルになるそうで、ノベルは基本的に購入しないことにしている身としては…。

○あした、あさって、しあさって《【先天性爆弾娘。】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも6月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、幼馴染なお二人のお話…気持ちをまっすぐ伝えてくるかたとツンデレなかたのお二人となります。
そうしたお二人の関係ですのでやはり微笑ましいもの…と、あとがきによるとこちらは3作めということで、このサークルさまの作品をたどれば過去に既刊を読んでいることが解りそうながらちょっと掘り出せず残念…(何)
…ということで、こちらのサークルさまは以前購入をしている『yurirog petit』などを描かれたサークルさまとなっていました。

○嘘つきピアスホール《【暴挙に出てみた】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、真面目な女の子が親友の女の子にピアスの穴をあけたい、とお願いするお話…。
こちらはこの両者の視点のお話が描かれているのですけれど、両想いなのにそれが伝わらずすれ違っているさまが読み取れて切ない…特に真面目な女の子を守るために男性と付き合うことにした子があまりにも切ない、でもよいお話です。

○エルフの護手《【ブラクラ堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも5月5日に出たらしいものとなります。
内容としましては、エルフが絶滅したといわれる世界でエルフの王であるという女の子と出会った盗賊の女の子のお話…。
お二人は一緒に旅をすることになるのですけれども…こちらは百合的にはやや薄めといったところで多少重いお話でもあるのですけれど、続きを見守りたくもなってしまいます。

同人誌は全てオリジナルなものとなりましたけれどもどれもよきものでした。
DVDについては、昨日は戦車講座を観るにとどめ、『うさぎですか??』は最終巻となりますのでまた今日にでもじっくり観てみましょう…戦車講座はしっかり劇場版初登場の戦車を解説してくださっておりよかったです。


また、その様な先日はこの様なものを購入してもきていました。
-----
CDも…
○ガールズ&パンツァー 劇場版 オリジナルサウンドトラック
○あんハピ♪(6)
○ほおばれ!草食女子(1)
○邪神ちゃんドロップキック(6)
○ハナとヒナは放課後(2)
○あいたま(9)
○女子かう生(5)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは上で触れた作品のサントラ…音楽も非常によかったので購入をしてしまいました。

コミックたち、『あんハピ♪』と『ほおばれ!草食女子』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、これらは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
前者は過去に既刊を読んでいることから、後者は何となく悪くはなさそうなことから購入をしました。

その他の作品は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回のコミックは過去に既刊を読んでいる作品がどれも非常に気になるので、それらを優先して読んでいきたいものです。
…唯一の第1巻な作品については、作者が『巴○○の○○な○○』という個人的に非常に(略)な作品のかたなので、正直期待していません…(何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、3連装魚雷、14cm単装砲、失敗となり、いつも通りの惨状…。
そして先日に引き続いて長距離練習航海による高速修復材持ち戻り率が悪すぎ…というより1つも持ち戻りがなく、これ、もうどうすればよいのです…?

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ…例によってはじめの分岐は北上させられつつも輸送船エリアへ到達、けれどこちらも例によって、もう本当にいつものことながらル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務に失敗しました。
連日の惨状にため息が出つつ、輸送船を2は撃沈できていますので潜水艦隊を2-3へ派遣、南下に成功しさらに2戦ルートに乗り任務達成となりました。
…もう、本当に何なのです、あのル級さん+輸送船2という大外れ編成…はじめの出撃でせっかく輸送船エリアへ到達できても高確率でその編成に遭遇させられ任務失敗になってげんなりします…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃から2回連続でボスへ直行し幸先のよい出だしになったと思ったのも束の間、その次は高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ暗雲が立ち込めます…この数日この高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされることが多く、そのためろ号作戦の進行も阻害されておりかなり残念です…(以前は高速建造材という完全無意味な場所なんて1回も飛ばされないことのほうが多かったはずなのに…)
そこからは5回連続ではじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所行きが連発、でも輸送船エリアへは全く進まずろ号作戦が完了しないというため息しか出ない事態に…あまりに悲しい事態にボス到達4回の時点で、(初戦大破しなければ)ボスか輸送船エリアかしか選択肢のない潜水艦隊を2-3へ派遣してみることにし南下し輸送船エリア行きとなりさらに2戦ルートに乗り、ろ号作戦が完了となりました。
南西諸島任務は最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回高速建造材という完全無意味な場所4回となり、高速建造材という完全無意味な場所行きが多すぎよくない結果と言わざるを得ません。

ろ号作戦が完了したということで1-5への3回出撃任務が発動、海上護衛強化月間とあわせ実施しますけれど、昨日の時点で土曜日になっており、1日に1回ずつでは達成不能ですので昨日は2回ボス撃破を目指して出撃を実施しました。
そのはじめの出撃、絶望の初戦は伊勢さんへ放たれた先制雷撃は外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は伊勢さんと神通さんが15〜7の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
2回めの出撃、絶望の初戦は神通さんが中破、恐怖の第3戦は鳳翔さんが4の損害となり、ボス戦は鳳翔さんが大破し伊勢さんも5の損害を受けさらに攻撃がちぐはぐとなり旗艦が大破残存…すっきりしない結果ですがA判定勝利でも任務は進行しますのでよしとしましょうか…。

最前線海域への出撃は、1-5へ2回出撃しなおかつ損害が結構出たことからお休み…何か言い訳をつけて未知の海域への出撃を渋っている様に見えますけれど、間違いではありません(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年05月30日

ゆりかとさゆりは恋人同士。

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○榛名日和(1〜3・陸)
○流川より愛をこめて
○総天然色乙女組!!!
○しずかな樹海のミトリ 思い出のジャム
○ゆりかとさゆりは恋人同士。
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。
なお、オリジナルな下3作品は全て5月5日に出たらしいものとなります。

○榛名日和(1〜3・陸)《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『葛城日和』と同じサークルさまの作品でしたことから購入をした、一番新しいものが昨年冬に出たものとなります。
内容としましては、榛名さんと皆さんの日常を描いたお話…。
こちらは『葛城日和』同様にフルカラーかつ微笑ましいお話となっており、とにかくみなさんかわいく、それでいて泣けてしまう様ないいお話もあるとてもよきものです。
こちらは第4巻以降もあるもののそれらは品切れとなっており残念…もしも再入荷等あれば購入をしたいものです。
また、「陸」には特典としてクリアファイルがついてきました。

○流川より愛をこめて《【れっどでぃざいあ】【波回廊】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『ろこどる』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、4月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、2つのサークルさまの合同誌…2つの短編漫画と2つのノベルが収録されています。
いずれのお話も皆さんらしいよきお話になっており、やはり『ろこどる』は登場人物の皆さんもお話もよいものです、と再確認させていただけました。

○総天然色乙女組!!!《【Randam 6】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に同級生な3人の女の子の日常を描いた4コマとなります。
今回はお一人のかたの弟に彼女ができたのでは、という疑惑を調査するものとなり、楽しいお話ですけれど百合的には…と思われたのですが、オチが…(何)

○しずかな樹海のミトリ 思い出のジャム《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらも既刊を上の『総天然色乙女組!!!』の既刊などとともに購入をしていることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、森で暮らす女の子が街へ出てジャムを売るのですけれど、そこで一人の老人と出会うお話…。
彼の依頼で幻のジャムを作ることになったのですけれど…こちらは結末が非常に切なく涙を誘われるものの、よいお話なのは間違いありません。

○ゆりかとさゆりは恋人同士。《【Usagisan-Books】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、お付き合いをはじめた高校生の女の子お二人を描いた4コマとなります。
その様なお二人の日常を描いたお話ということで、微笑ましいものかつ百合的にも満足のできるよき作品…巻末にはお二人の出会いを描いたお話も展開されています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Twinkle Twinkle My star』などを描かれたかたでした。

今回はどれも非常によいお話ばかりで大満足といってよいでしょう…『榛名日和』は持っていない巻をぜひ入手したいですが…。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、41cm連装砲、7mm機銃、彗星となり、41cm連装砲が出ましたのでよい結果といえます。
演習は最近はなるべく勝てる様に戦っているのですけれど、昨日は全てレベル155な伊401さんと大和さんと武蔵さん、翔鶴さんと瑞鶴さんに秋月さんという編成と遭遇、さすがに色々と面倒になってしまい鹿島さんを旗艦として香取さんや春風さんたちの艦隊で挑んでD敗北にしてしまいました(何)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため、この数日輸送船を1も撃沈できていない通商破壊艦隊を2-2へ…昨日はようやく輸送船エリアへ直行となり、けれどル級さん+輸送船2の大外れ編成と遭遇させられ、結局任務失敗なことには変わりのない結果となってしまいました…。
2回めの出撃はボスへ直行させられ、結局通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務に失敗…もう彼女たちに何の期待も持てなくなってきてしまいました…。
げんなりしつつ、仕方ありませんので潜水艦隊を2-3へ派遣、輸送船エリアへ到達でき任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からいきなりボス前で南下させられ出鼻を大きくくじかれてしまいます…。
その好機を逃してしまったため2回めの出撃からは4回連続ではじめの分岐で北上させられ、さらに2回連続で高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、さらにその先でようやくまたボス前まで直行できたかと思えばまた南下させられるに至り、大荒れ確定の流れとなってしまいます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア4回うちボス前での南下3回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、ボス前での南下率が相変わらず高めに推移してしまったり高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされる回数も多く、控えめに言って大荒れの非常に残念な結果…さらに加賀さんが中破させられたのをはじめ戦艦や空母といったかたがたを中心に損害も多発してしまい、やはり悲しい結果なのでした…。

ここまでの荒れた展開にげんなりさせられ、また嫌な予感を覚えつつ、けれど昨日2回出撃しなければ任務が無効化させられることから1-5への出撃を実施します。
そのはじめの出撃の絶望の初戦は球磨さんが6の損害、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は球磨さんが小破しつつ敵の全滅に成功します。
2回めの出撃、その絶望の初戦は雷撃が外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は清霜さんが小破し伊勢さんも8の損害を受けつつ敵の全滅には成功しました。
これで先週分の1-5出撃任務は完了です。

あとはイベント海域その3へU-511さんを探す旅へ向かいます。
大きな損害は涼風さんが一度大破したくらいですみましたので、やはり海域その2への新しいかたを求める旅に較べてものすごく損害が少なく気が楽です…ただ、先日に引き続き大破が涼風さんばかり…。
肝心のドロップは時雨さんと最上さんが4回と、ボクっ子に縁があった模様…。

今日は月曜日ですので、まずは諸々の週間任務を消滅させようと思います…海域その3ではい号作戦は全く進みませんので、普通に進めるしかないですね…。


『りりくる』は10月のイベントを進めていたのですけれど、星良さんと晴さんの文化祭のイベントを見ると、そのまま一気にエンディングまで進んでしまいました。
つまりお二人の個別エンド、というところに到達したわけですけれど、エンディングテーマはお二人が歌うものになっており…どうやらしっかり全カップリング分のエンディング曲が用意されているみたいです(歌は同じなのですが、歌っているかたが違う、というわけで…)
これからどんどん他の皆さんのエンディングも登場しそうですけれど、これまでどおり日付順に進めていきましょう…ちなみにカレンダーは翌年3月までありますのでまだまだ先は長いです。
…その他、エンディングを一つ迎えたということでCGギャラリーとおまけが開放…おまけは出演声優さまのコメントでしたけれど、エンディングを迎えたキャラクターのかたしか開放されません。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年05月21日

とりあえずのこいびと

先日はこの様なものが届きました。
-----
オリジナルな…
○乙女心は小説よりも奇なり
○彼女の友情タクティクス
○とりあえずのこいびと
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回のものは全てオリジナルかつ5月5日に出たらしいものとなります。

○乙女心は小説よりも奇なり《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらの内容としましては、商業施設内の隣り合うお店で働く女のかたお二人のお話…。
お互いに当初は接点がなかったのですけれど、姿を見ているうちにお互いのことが気になってきまして…こちらは両者のかたの視点でお話が語られていましてそのさまも面白い、その後の関係も見てみたくなる作品でした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-』などを描かれたかたとなっています。

○彼女の友情タクティクス《【苺の塊】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★》
こちらの内容としましては、対照的な雰囲気の女の子が仲良くなりたいと声をかけてくるお話…。
主人公のかたは当初は軽くあしらっていたのですが、実のところお相手のかたのほうが一枚上手で…終盤の回想が百合的なよさをより引き上げてくださっています。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ハーウッド家のメイドさんたち』と一緒に購入をしている『重くて重い』などを描かれたかたとなっています。

○とりあえずのこいびと《【はこや】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、後輩さんに告白されてまずはお試しとしてお付き合いをすることになった先輩さんのお話…。
その後輩さんは一見ほんわか大人しくかわいい雰囲気のかたなのですけれど、ちょっとギャップもあったりして…こちらはまさに正統派な百合なお話となっており、その点非常に満足できました。

今回は数は少なめながらどれも百合的によきものでした。


その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックも…
○citrus【シトラス】(5)
○少女失格(2)
○合法百合夫婦本
○チヨちゃんの嫁入り
○ヴァルキリードライヴ ビクニズム
○ヴァルキリードライヴ セイレーン -ブレイクアウト-
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『シトラス』から『チヨちゃんの嫁入り』までは百合姫コミックスということもあり購入をしたものとなります。
上2冊は過去に既刊を読んでいることから購入…『少女失格』はこの巻で完結となる模様です。

その他2作品は気になったことから購入をしたものとなります。

今回は(『少女失格』以外)なかなか気になるものが多く、『合法百合夫婦本』『チヨちゃんの嫁入り』あたりを最優先に優先度を高めにして読んでいこうと思います。
…そういえば件の雑誌があるのは確認しましたけれど、そろそろ月刊化はしたのでしょうか…いえ、もうよほどのことがない限り再度購読をすることはしませんが…。


『艦隊これくしょん』は古鷹さんに天城さんと長門さんもレベル99に到達…空母や戦艦はもう交代できるかたがいません。
開発は10cm連装高角砲、失敗、14号対空電探、水観となり、信じられないほどの大当たり…何ごとなのでしょうか。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、しかも珍しく輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、どうも最近大荒れになることの多いこちら、昨日もまたはじめの出撃からいきなり2連続でボス前での南下となり不穏な気配が色濃くなります。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下で3回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、よくない結果…先日ほどではありませんがボス前での南下率の高さが目立ちます。
また、先日は空母3撃沈任務も発動していましたけれど、ヲ級さん編成が2回出現しましたのでそちらも達成となりました(イベント海域でたくさん撃沈できるので無意味といえばそうですが)

ボス前で南下し続けた結果昨日でろ号作戦が終了、ですので1-5への3回出撃任務が出現、1日に1回ずつ実施していくこととします。
その出撃、絶望の初戦は清霜さんが中破、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は川内さんが9の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。

新しいかたを求める旅は引き続き実施、まずはイベント海域その2へ向かいましたけれど、4回めの出撃でエラー画面へ吹き飛ばされる、恒例の悲劇が発生…。
結局珍しいかたは浜風さんが1回登場したくらいで…
-----
○浜風さん:6回
○谷風さん:4回
○照月さん:3回
○春雨さん:4回
○天津風さん:3回
○磯風さん(新):1回
○秋月さん(新):2回
○まるゆさん:1回
-----
…通算しての結果はこの様な感じとなりました。
完全勝利もありましたけれど、五十鈴さんでした…前回の様に何もなし、でなかっただけよかったのかもですけれど…(昨日はさらに2回五十鈴さんが登場、下で触れる様に海域その7ですら登場と、五十鈴さんに縁がある…五十鈴さんは(仮)したいと思えてしまうほど好きなかたですのでよいといえばそうですが…)
一方でもうこれで昨日の出撃を終えようとしたときに全員中破以上の大損害を受け全員に高速修復材を使わなければならない惨状となり、それで疲労も消えましたので思い切ってあと2回出撃を敢行したりも…もちろん、得るものは何もありませんでしたが。

海域その7へも、毎日襲い来るエラーの影におびえつつ出撃を実施します。
そのはじめの出撃、初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は北上し空襲となる第3戦は損害なく切り抜け、第4戦前の空襲で基地が1つ損壊という大損害を被りつつ大きな損害なく敵を全滅します。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手は集積地棲姫さんや戦艦棲姫さんとなり、基地航空隊は駆逐艦1撃沈、航空戦は駆逐艦1駆逐古姫さん撃沈とし、第2艦隊は何も起こさず、第1艦隊は天城さん中破に対し集積地積姫さん破壊戦艦棲姫さん撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
ドロップは五十鈴さん…いえ、初回からエラーが発生、という最悪の事態が出なかっただけ救いはあります。
…この戦いで天城さんがレベル99に達しましたが、正規空母なかたで精鋭のかたがたは今現在艦隊に組み込まれている蒼龍さん以外もう皆さん99に達してしまいましたので、以降は攻撃力upを図るため瑞鶴さんを投入します。

2回めの出撃の初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は完全勝利、分岐は北上し空襲となる第3戦は大きな損害なく切り抜け、第4戦は完全勝利とします。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手は集積地棲姫さんや戦艦棲姫さんとなり、基地航空隊は駆逐艦2を撃沈、航空戦は駆逐古姫さん撃沈、第2艦隊は五月雨さん熊野さん中破、第1艦隊は翔鶴さん大破瑞鶴さん蒼龍さん中破と空母が早々に壊滅しさらに長門さんも大破させられ、夜戦を挑み照月さん中破に対し最後の古鷹さんで何とか敵の全滅に成功しました。
ドロップは早霜さん…ちなみにその前のエリアでは初雪さんがドロップしており…?
…この戦いで長門さんがレベル99に達しましたが、戦艦で精鋭なかたがたは資源が大変な大和さん以外もう皆さんレベル99に達してしまいましたので、春風さんが登場するか時間切れになるか資源が尽きるまでもうこのままでいこうと思います。

3回めの出撃の初戦は完全勝利、第2戦は大きな損害なく敵を全滅、分岐は北上し空襲となる第3戦は大きな損害なく切り抜け、第4戦は大きな損害なく敵を全滅します。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手は飛行場姫さんや空母棲姫さんが出現してしまい、基地航空隊は駆逐艦1を撃沈、航空戦は何と何も起こさず、第2艦隊は阿武隈さん大破に対し駆逐艦1撃沈、第1艦隊は空母棲姫さん駆逐古姫さん撃沈、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
ドロップは比叡さん…ひぇー!

4回めの出撃、初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は大きな損害なく敵を全滅、分岐は南下しそこの能動分岐を北上し空襲となる第3戦は長門さんが小破、第4戦は照月さんが中破しつつ敵は全滅します。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手は集積地棲姫さんや戦艦棲姫さんとなり、基地航空隊は駆逐艦2を撃沈、航空戦は戦艦棲姫さんを撃沈、駆逐古姫さんの先制雷撃で熊野さんが中破、第2艦隊は照月さん古鷹さん大破、第1艦隊は長門さん中破に対し駆逐古姫さん撃沈、夜戦を挑むものの重巡の損害が激しく中枢棲姫さんが残りHP4で残存、敵の全滅に失敗…。
敵の全滅に失敗したためドロップは白雪さん…仕方ありません…。
…駆逐古姫さんを航空戦までに撃沈しなければ(大破でも先制雷撃されます)相当ひどいことになってしまいます…また、ここまで全出撃において空襲となる第3戦で照月さんが対空カットインを発動してくださらず、ついに大損害を受けるに至ってしまい、運に左右されすぎる対空カットインに頼りすぎるのはいけないのでしょうけれども…。

5回めの出撃、初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は萩風さんが中破しつつ敵は全滅、分岐は北上し空襲となる第3戦は損害なく切り抜け、第4戦は萩風さん熊野さん大破翔鶴さん小破の大損害を受け終了…。
これまでボス到達前に大破撤退はあったものの、ここまでの大損害はありませんでしたので、残念かつ悲しくなります…。

6回めの出撃、初戦は完全勝利、第2戦は大きな損害なく敵を全滅、分岐は南下しそこの能動分岐を北上し空襲となる第3戦は大きな損害なく切り抜け、そこの分岐は初となる南下となり未知の第4戦はリ級さん改やネ級さん2ツ級さんかつ複縦陣というかなり危険な編成(今までの第4戦は輪形陣なかたがた…)のかたがたとの戦いとなり阿武隈さんが小破しますけれど敵の全滅に成功しました。
そこの分岐は北上し南回りでボスに到達、お相手は集積地棲姫さんや戦艦棲姫さんとなり、基地航空隊は集積地棲姫さん破壊駆逐艦2撃沈、航空戦は戦艦棲姫さん撃沈、第2艦隊は熊野さん阿武隈さん中破、第1艦隊は翔鶴さん大破瑞鶴さん中破に対し駆逐古姫さん撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
ドロップは名取さん…。
…この戦いで古鷹さんのレベルが99に達し、以降筑摩さんと交代します。

昨日はエラーこそ少なく済み特に海域その7では出なかったのでよかったですけれども、でもよかったのはそれだけ…何も、本当に全く何も得るものなく、資源と時間ばかりがどんどん吹き飛んでいってしまいます。
だいたいの場合、ここまでして出なかったかたはイベント終了まで結局出ずに終わる、というパターンになる印象がありますので、もう諦めてしまいたくもなりますけれども…ただ、他のかたでしたらともかく嵐さんと春風さんはやはり非常に気になりますので、やはり諦められないのでした…。
これはもう、両者ともに過去のイベントの失敗に終わった捜索と同等かそれ以上の難航となると思われますので、その2はもう数えることは不可能ながら、その7のほうは過去の日誌をさかのぼりどの程度難航しているか記録をつけていくことにしました。
昨日の終了時点では…
-----
○ボス到達S勝利:16
○ボス到達A勝利:5
○ボス到達B以下:0
○道中大破撤退:2
○エラー発生強制撤退:9
-----
…あくまで捜索のみ、ゲージ破壊に要した出撃は数に含めず、この様な感じで、やはりエラー発生率が異常といえる数に達してしまっており、これらが発生せずボスへ到達できていればもしかして、と思ってしまいます。
果たして、これがイベント終了までにどのくらいになるでしょうか…それまでに燃料が枯渇することが予想されます…(高速修復材は3000あったものが2700とすでに300以上が蒸発…)
やはり、私程度の運で最終海域で新しいかたを探すのは無謀なのでしょうか…。


ゲームといえば、こちらの『カタハネ』の公式サイトが更新されていてストーリーを読める様になっていましたけれど…こちらが百合作品でしたかどうか、いまいち自信がなくなってきました。
…もしかして違いましたっけ…?
posted by 桜乃 彩葉 at 04:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年05月14日

もとめよ、さらばあたえられん

先日はこの様なものが届きました。
-----
オリジナルな…
○創作百合アンソロジーLuna
○百合総集編(3) ***終わらないキミのくちびる***
○夕凪マーブレット(4)
○spring lolita complex(2)
○ヴィンテージ・スイート
○もとめよ、さらばあたえられん
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回届いたものは全てオリジナルかつ5月5日に出たらしいものとなります。

○創作百合アンソロジーLuna《【veronique】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらはタイトル通り百合なアンソロジーとなり、以前購入をしている『Nalu』などと同じサークルさまが出されたものとなっています。
今回もかなりの厚さなものとなっており、ノベルも収録されていますけれども基本的には短編コミックなものとなり、タイトル通り(?)宇宙に関するお話が多め…もちろんメインは百合ですのでそのあたり心配なく読むことのできるものでした。

○百合総集編(3) ***終わらないキミのくちびる***《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらはタイトル通り以前購入をしている『各駅停車』などを描かれたサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となっています。
なお、こちらは年齢制限がありますのでご注意ください。
収録作品は4作品でいずれも過去に読んでいるものとなっていますけれど、いずれも年齢制限ありとはいえかなり正統派な百合のお話となっておりよきもの…また巻末にはそのうちの1作品の後日談を描いた描き下ろしも収録されています。

○夕凪マーブレット(4)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…主人公さんと転校生さんの距離が一気に縮まるさまを描いています。
このあたりやはり正統派な百合のお話でよいものですけれど、そのさまを目撃した教師がおり、果たしてどうなるか…まだ続くご様子ですので見守りましょう。

○spring lolita complex(2)《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとなり、年上のかたが東京へ行ってしまわれた後を描いた4コマ…。
4コマですので基本は明るく楽しいコメディですけれど、主人公のかたの想いが百合的にもよい感じで、続きを読みたくなります。

○ヴィンテージ・スイート《【鹿嵐屋】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、学生時代からもう10年以上一緒にいる親友さんお二人のお話…。
お二人は長い間一緒に過ごしてきて、でもその間ずっと親友として接してきておりお互いにそれ以上の気持ちは自覚していなかったのですけれど、ふとしたことにその均衡が崩れることになり…こちらは社会人なかたの百合なお話としてかなりよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『鹿4コマまんが』などを描かれたかたとなっています。

○もとめよ、さらばあたえられん《【少女2乗】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、真面目な性格の社会人のかたがひょんなことから出会った女のかたに癒されるお話…。
けれどそのかたはちょっと…なお仕事をしておりそのためちょっと偏見を持ってしまいそうになるのですけれど、それでも惹かれていく、こちらは終わりかたが相当素晴らしい、こちらもまた社会人なかたの百合なお話としてかなりよいものとなっていました。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『ハートオブtheガール』などを描かれたかたとなっています。

今回は全てオリジナルなものとなりましたけれど、どれも百合的に満足のいくものとなっておりよきものでした。


その様な先日はこの様なものを購入してきたりもしていました。
-----
コミックも…
○あんハピ♪ アンソロジーコミック(吉)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(11)
○ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:知波単学園
○L -Ladies & Girls Love-(11)
○侵略!イカ娘(22)
○笑って!外村さん(6)
○ねこむすめ道草日記(14)
○カガクチョップ(3)
○姫のためなら死ねる(6)
○小林さんちのメイドラゴン(4)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『あんハピ♪』アンソロジーはおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズではないものとなり、またタイトル通りアンソロジーとなります。
…きらら系、本当は過去に既刊を読んでいるものも出ていたのですけれど、もういわゆる『マギカ』系の作品は全て切ることにしましたので…。

その他の作品群は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『イカ娘』はこの巻で最終巻となる模様です。

今回はどれも気になる作品ですので最優先で読んでいきたいところ…もうすぐ百合姫コミックスが発売するっぽいですけれども(何)
ひとまずは『艦これ』と戦車のアンソロジーからということになるでしょうか。
…帯によると『小林さんちのメイドラゴン』がアニメ化とのことですが、それ以上に謎なのは『カガクチョップ』の帯で赤崎千夏さまがその『カガクチョップ』のキャラクターの役を演じている、と書かれていたこと…アニメ化しましたっけ?

アニメといえば、今期放送のアニメのうち以前原作を読んでいる『パンでPeace!』のDVDが予約できる様になっていて、やはり予想通りショートアニメっぽいので予約をしてみました。
そちらがショートアニメでしたことから、思い切って以前原作を読んでいる『あんハピ♪』もDVD購入を実施することに…これで今期はショートアニメな『パン』を置いておいてもそちらに以前原作を読んでいる『三者三葉』に以前コミカライズ版を読んでいる『ハイスクール・フリート』と3作品も購入することにしてしまいましたけれど、果たして大丈夫でしょうか…(もちろん『ばくおん!!』は諦めざるを得ない…)
…これで来期によい作品が2作品以上あったら金銭面でかなり危険なことに…怪しいのはきらら系作品群に加え『ラブライブ!』『スト魔女』の新作あたりですが…?


『艦隊これくしょん』は比叡さんがレベル99になったということで他の皆さんももう突破させていいかな、ということで2番手として由良さんが演習でレベル99に達し、その後高雄さんと榛名さんも達しました…レベル99になると、よく見るとレベル表示のところが輝いています?
開発は8cm高角砲、九一式徹甲弾、7mm機銃、九九式艦爆となり、徹甲弾が出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣しそのはじめの分岐はもう何回連続になるか解らないほど連続な北上とさせられつつ輸送船エリアへ到達、珍しく輸送船4の当たり編成と遭遇し任務達成となりました。
ろ号作戦の進行状況が不安ですので再度通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ到達しまた輸送船4の当たり編成と遭遇できました(でもこういうことをしたときって大抵その後の展開が…そして昨日もまさに…)

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃ではじめの分岐で北上させられた先の戦いとボス戦とでプリンツ・オイゲンさんが集中攻撃を受け微少ダメージのみで小破、といういきなりの意味不明な大損害を被ります。
その様な南西諸島任務、先日はストレートで終了したのですけれど、さすがにその様な幸運は続かず、むしろその反動がやってきてしまい最終的にボス到達5回までにはじめの分岐10回輸送船エリア6回うちボス前での南下4回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、異常な北上率とそれに伴うその先の不安定化、特にボス前での南下率の高さにより控えめに言って最悪レベルの大荒れとなり、大荒れということはもちろん損害もそれだけ多く散々な結果となったのでした。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動していたのですけれどもヲ級さん編成が3度出現しそちらも達成…とはいえ、空母はイベント海域その2でも倒せますのであまり意味はないのですが。
…今週は先日を例外として数ヶ月に一回レベルの大荒れが続いている印象が強く、何だというのでしょう…さすがに嫌になってきました…。

南西諸島任務が大荒れになった結果ろ号作戦が完了、ですので1-5への3回出撃任務が発動したため海上護衛強化月間ともども1日に1回ずつ実施していきます。
昨日の出撃、絶望の初戦は球磨さんが5の損害、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は先制雷撃が外れてくださり敵の全滅に成功しました。

引き続きイベント海域その2へ新しいかたを求める旅へ向かったのですけれど、大破3中破2という大損害を受けた次の出撃で渦潮に巻き込まれたところでエラー画面へ吹き飛ばされるという悲劇が発生、一気に心を折ってきました…。
その様な惨状が発生する中、昨日も嵐さん以外の珍しいかたがたな浜風さんや天津風さんが登場、通算で銀色以上な背景の駆逐艦が出た数としては…
-----
○浜風さん:3回
○谷風さん:1回
○照月さん:2回
○春雨さん:3回
○天津風さん:3回
○磯風さん:1回
-----
…この様になりましたが、新しいかたはきません…。

その昨日はメンテナンスがあったみたいなのですけれど、運営電文によると純粋に不具合を修正するためのものでしたみたいで…でも、親潮さんが出る確率が高まったといいます。
ただ、そもそも彼女がどこにいるのかよく解りません…とっても大好きなあのかたのお話では海域その6っぽいのですけれど、その6(とその5)はもう積極的には行きたくない場所で…。

それよりも気になる、というより強く惹かれたのは春風さん…昨日の演習ではじめてお会いしたのですけれど、何ですあの子、ものすごく気になって気になって仕方ありません!
ですので海域その2での捜索は引き続き実施しつつも1日の最後などに1回でも春風さんのいるその7へ出撃し、彼女を探してこようかなと…その7は非常に資源が吹き飛ぶ場所ですけれど、1日に1回2回程度でしたら大丈夫なはずし、何より海域その2に見込みが全くない気がしてしまって…(私は過去に一度もボスでない場所で目当てのかたを出せたことがないので…)
上で比叡さんや由良さんのレベルが99に達したと書いたとおり、もう99まで上げるのにためらいがなくなりましたので、ここで98のかたがたのレベル上げを同時に実施することとし…
-----
○第1艦隊:龍鳳さん(98)・榛名さん(98)・リットリオ(イタリア)さん(98)・瑞鶴さん(98)・天城さん(98)・葛城さん(98)
○第2艦隊:五月雨さん(141)・照月さん(77)・鬼怒さん(98)・萩風さん(98)・高雄さん(98)・羽黒さん(98)
-----
…五月雨さんと対空カットイン要員な照月さん以外全員レベル98なこの様な艦隊を編成、レベルが99に達したら別のかたへ交代していくこととしました。
基本的には海域突破時の編成なのですが、重巡洋艦は第2艦隊にも入れられますので、代わりに航空戦力の増強ということで軽空母なかたを入れて旗艦に据えることにしました。

その皆さんによる出撃、初戦は完全勝利、能動分岐を経た第2戦は完全勝利、そこの分岐は北上し基地空襲で1つが損壊しつつ第3戦は空襲を受け大きな損害なく切り抜け、第4戦は鬼怒さんが中破しつつ敵は全滅しました。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手は集積地棲姫さんや戦艦棲姫さんが出現し基地航空隊は駆逐古姫さんと駆逐艦1を撃沈、航空戦は駆逐艦1を撃沈、第2艦隊は五月雨さん大破照月さん中破、第1艦隊は龍鳳さん大破に対し戦艦棲姫さん撃沈集積地棲姫さん破壊中枢棲姫さん損害とし、夜戦を挑み羽黒さんが中破させられつつ敵の全滅に成功しました。
目的のドロップは愛宕さんということで残念…また、はやくも高雄さんと榛名さんがレベル99に達しましたので古鷹さんと山城さんに交代します。

もう一度だけ出撃を実施、その初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は大きな損害なく敵を全滅、分岐を北上しての第3戦は空襲を受け損害なし、第4戦は大きな損害なく敵を全滅します。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手の編成は飛行場姫さんと空母棲姫さんなどというきつい編成となり基地航空隊は駆逐艦2撃沈とし航空戦は空母棲姫さん大破、駆逐古姫さんの先制雷撃で照月さんが中破、第2艦隊は五月雨さん中破、第1艦隊は天城さん大破に対し空母棲姫さん駆逐古姫さん撃沈とし、夜戦を挑み羽黒さんが大破させられてしまい中枢棲姫さんは撃沈するものの飛行場姫さん残存で終了…重巡洋艦を的確に狙うのやめてください…。
ですのでドロップももちろん残念ながら隼鷹さん…。

ということで海域その7は7で非常にきついわけで…とにかく、重巡洋艦を狙うのをやめてください、本当にお願いします。
引き続き春風さんは探したいのですけれど、この様な調子で果たしてお迎えできるのか…本当に彼女は気になって仕方ありませんので、何とかお迎えしたいのですけれど…。
…ただ、ボスでない場所で目当てのかたをこれまで出したことがないのと同様、今まで最終海域で新しいかたを求める旅をしたことがない、というのも大きな不安点(夏の風雲さんは最終海域とはいえボスではなく、しかも出なかった…冬の沖波さんはゲージ破壊時に出たのでした)…資源が尽きそうな予感…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年05月11日

もう女の子を好きになんてならない。

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○彼女のくちづけ 感染するリビドー(1)
○睦月型のほんとのチカラっ!(7)
○ひえーちゃんの本だよっ!(3)
○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ(2)
○葛城日和
○孤島のふたり
○ちびむらさん!!!!
○ぷちちゃんといっしょ!
○Be in the Pink!Pink!!
○Bouquet
○もう女の子を好きになんてならない。
○きみととなりのヒロイン
○あのことあのこは同じ傘の色
○カヤとセンパイ
○みずきちゃんはイケメン
-----
…今回は全て同人誌となりますので以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価をつけつつ軽く触れていきますけれど、一番上の作品については以前読みました『宝石のようなもの』などと同様にコミックサイズなものとなっていますのでいずれ普通のコミックとして読んで感想を書こうと思います。

○睦月型のほんとのチカラっ!(7)《【万里の少女】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
ここからしばらくは『艦これ』の二次創作作品となり、こちらは以前総集編を読んでいたりと既刊を購入していることもあり購入をした、5月1日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様に睦月型の皆さんの日常を描いたお話…。
今回は食べ物、何かを食べたりすることがテーマになっていまして、やっぱり微笑ましい…最後の如月さんのお話は少し切なくもなりますけれど、でもよいものです。

○ひえーちゃんの本だよっ!(3)《【かなでや】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも5月1日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にデフォルメされた比叡さんの日常を描いたものとなっています。
今回は謎の蒼龍さんと飛龍さんもどきが登場したりもしつつ、やはり基本的には比叡さんがとってもかわいく微笑ましい、楽しいお話なのでした。

○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ(2)《【migmig】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも以前既刊を購入していることもあり購入をした、5月8日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様に小さめな女の子な提督さんと艦娘な皆さんの日常を描いたお話…。
こちらもまた既刊同様に提督ちゃんを含めて皆さんかわいらしく微笑ましい、やはり癒される作品…今回は鹿島さんの出番が多めです?

○葛城日和《【ぷりん堂】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★★》
こちらはよさそうに見えたことから購入をした、5月1日に出たらしいものとなります。
内容としましては、葛城さんと皆さんの日常を描いたお話…。
このお話の葛城さんは駆逐艦の皆さんくらいの幼い女の子で、北方棲姫さんをお姉ちゃんと呼んだりと非常にかわいらしく、他の皆さんもかわいくお話もとても微笑ましい、非常によいものでした…ちなみにフルカラーな作品になっています。

○孤島のふたり《【調布市民ふれあい文化サークル】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★★》
こちらもよさそうに見えたことから購入をした、やはり5月1日に出たらしいものとなります。
内容としましては、無人島に漂着した日向さんとタ級さんが共同生活を送るお話…。
日向さんは元から個性的ですがタ級さんも非常に個性的なかたになっており、そのお二人がよい関係を築きつつ生活をするさまは非常に面白い…それだけでなく終わりかたはなかなか泣けるものとなっており、よいお話です。

○ちびむらさん!!!!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
ここからしばらくは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、5月5日に出たらしいものとなります…ちなみにここから下の作品は全てその日に出たらしいものとなっています。
内容としましては、その既刊同様に子供な卯月さんと一緒に暮らしている凛さんのお話…未央さんや奈緒さんなども同様に出ていらっしゃいます。
こちらもまたとにかく小さい皆さんがかわいらしく、そして大きなかたがたとの関係もよく微笑ましいものなのでした。

○ぷちちゃんといっしょ!《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前購入をしている『ハニラビ』などを描かれたサークルさまの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、ロックなお二人が小さなお二人と一緒に暮らすお話…ゲームをしてないのでよく解らないのですけれど、実際にぷちデレラなる存在があるみたいです?
手のひらサイズなかたがたがいる風景ということでやっぱり微笑ましいものとなっており、そしてこちらはお二人の関係も百合的によい感じの作品です。

○Be in the Pink!Pink!!《【@sada-kan】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんの日常を描いたお話…。
何気ない日常を描いているのですけれど、その一つ一つがとても微笑ましく、そして百合的にもよい感じになっていてよきものです。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ハニラビ』とともに購入をしている『京町甘姫』を描かれたかたとなっています。

○Bouquet《【papillon】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、卯月さんのお誕生日に花をプレゼントされる凛さんのお話…。
その花には花言葉が込められていたのですけれど、卯月さんは最近花言葉を勉強しており…こちらは百合的にとてもよいうづりんなお話で大満足です。

○もう女の子を好きになんてならない。《【長靴と猫亭】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★★》
ここから下はオリジナルかつ百合が期待できるということで購入をしたものとなります。
内容としましては、過去に女の子同士の恋愛で傷ついた女の子が、もう女の子を好きにならないと決意されるお話…。
ところが同じ部活にどんどん距離を縮めてこようとする後輩がやってきて…こちらは(私の物語における彩菜さんの様なもので)非常に好みのシチュエーションで、終盤の後輩さんの態度には驚かされましたけれどそれもまたよく、大満足の作品といえます。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『わたしのご主人様は人間じゃない気がする。』などを描かれたかたとなっています。

○きみととなりのヒロイン《【UnisonBell】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、修学旅行で一緒の班になった二人の女の子のお話…。
このお二人はちょっと対照的なお二人で、またそれまで特に接点はなかったのですけれど、それを機に互いに意識しはじめて…なかなかよい百合なお話で、続きの関係も気になる様なものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『グローイングフラワー』などを描かれたかたとなっています(このサークルさま、百合作品は【UnisonBell Lilac】名義で出されると過去に書いていらっしゃいましたので今回は百合ではないと思って危うく見過ごすところでした…)

○あのことあのこは同じ傘の色《【Bィ-Crusaderz】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、3つの短編を収録したものとなっています。
一つは幽霊(かと思われた)女の子との交流を、一つは先輩さんと後輩さんの、そしてもう一つはかなり短い雨の日のお話となっており、百合的には2つめのお話がよい感じで他は淡い感じなのですが、お話としてはどれも好みでよいものでした。

○カヤとセンパイ《【BQ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの内容としましては、先輩さんのことが気になる後輩さんのお話…。
その後輩さんは先輩さんに一目惚れをしたのですけれど、ある日その先輩さんの気になる噂を耳にして…こちらは紆余曲折がなかなか激しいのですけれどもそこも含め面白く百合的にもよい作品となっています。

○みずきちゃんはイケメン《【honey lip】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらはかっこいいけれど少し変わった女の子と、その子の友人である女の子の関係を描いた4コマとなります。
4コマということから解る様にこちらはコメディ重視の楽しいお話…百合的にはこれから、といったところですけれども楽しいものですのでそれもまたよいでしょう。

今回届いたものは二次創作はどれも非常に微笑ましく癒されるものに、オリジナルなものは百合的によきものとなっており、かなり満足のいくものとなっていました。
どれもとてもよいものなのですけれども、その中でも特に『葛城日和』『孤島のふたり』『Bouquet』『もう女の子を好きになんてならない。』はもはや何も言うことがないほどよいもので、今日の日誌のタイトルはどれにしようか非常に迷ったほど…。
…そしてこれら微笑ましい作品たちを読んで完全に決意できました、先日のアサミーナさんとかなさまの放送で触れた『魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編]』などいわゆる『マギカ』な作品からはパロディ系も含めて全て手を引こう、と…もういいですよね、ね…?


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、失敗、7mm機銃、天山となり、いつも通りの惨状…。
…ランキングがなかなか落ちずまだ400位くらいにいるせいで演習が厳しすぎ…昨日の午後、そして先ほども全て潜水艦で挑む羽目になってしまいました…。

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣しますけれど、はじめの分岐はもう何日連続か解らないほど続いている北上とさせられつつ輸送船エリアへ到達、けれど例によっていつも通りル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ任務に失敗します。
2回めの出撃もはじめの分岐はやはり北上させられ、さらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務失敗…。
げんなりし、また空母3撃沈任務も発動していることから潜水艦隊を2-3へ派遣、南下に成功し空母3撃沈任務ともども完了となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃から分岐で北上させられた上に輸送船エリアへ飛ばされさらに舞風さんが大破させられるという嫌な展開…最近順調にいっていないこの任務が昨日も波乱にさせられる予感を覚えます。
その予感は残念ながら的中、南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達はわずか1回…最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリア3回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、無意味な場所へ2回も飛ばされていますのでやはり荒れた結果といえます。

あとはイベント海域その2で嵐さんを探す旅に出ます。
過去のイベントで長い旅をした際の様に個々の出撃記録は書かないでおきますけれど、昨日の結果としてはもちろん(?)何の収穫もありませんでした…。
編成は清霜さんを旗艦にレベルを上げたい重巡洋艦2+軽巡洋艦1+駆逐艦1+龍驤さんで向かっているのですけれど、さすが金のル級さんは強く結構大破が出てしまい、高速修復材がどんどん飛んでいきます。
そしてボスエリアではないので何も出ずに終わることも多々あり、私はそういう場所で目当てのかたを出したことが過去に一度もないので不安にもなりますけれど、ただそこまでは確実にたどり着け敵の全滅もでき、消費資源も(修復材を除けば)比較的軽めですので、何とか通い続けましょう…時間はまだまだあります。

そのイベントなのですけれど、昨日の運営電文で海域その6について、とっても大好きなあのかたのおっしゃられていた様にギミックがあると解説がなされていました。
そこはもう(力押しで)突破したのでよいのですけれど、何だか今回のイベントは色々不具合がある様子で、運営電文が平謝りになっていました…何だか切なくなってしまいます。
金曜日に不具合修正のメンテナンスをされるそうなのですけれど、その際に親潮さんがドロップしやすくされるそう…もしも嵐さんとU-511さんが出たら目指してみるのもあり、かも?(神風さんを見ていると春風さんが気になって仕方ありませんが…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年04月14日

妹がきました!

先日はこの様なものが届きました。
-----
微笑ましい…
○Cinderella Fairy story!
○Cコイン
○おたいほう
○妹がきました!
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。

○Cinderella Fairy story!《【春雨トランジスタ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をした、4月10日に出たらしいものとなります。
内容としましては、おとぎ話の登場人物を皆さんに置き換えたら、という趣の短編を収録したもの…。
現在ちょうどヴィータさん版をしていて以前オリジナル版をしている『FLOWERS』夏編の各章導入部がグリム童話になっていますのでそれにも通じ、そしてそれぞれのお話がやはり微笑ましく、卯月さんと凛さんや杏さんときらりさんは百合的にもよい感じとなっておりよきものでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ニュージェネレーション&トライアドプリムス!』などを出されたかたとなっていました。

○Cコイン《【泥舟海運】さま/百合度評価:★★☆☆☆(2.0)/★★》
ここから下は全て『艦これ』の二次創作作品となり、やはりよさそうに感じられたことから購入をした、昨年の9月20日に出たらしいものとなります。
内容としましては、家具ポイントの使用方法を巡って初霜さんが皆さんと対立してしまわれるお話…。
そうはいってもそう深刻な話ではなくって、駆逐艦の皆さんが賑々しくされるお話で皆さんがとってもかわいく微笑ましいものなのでした。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『みょん速HARAKIRI Girl』などを出されたかたとなっていました…かつて『東方Project』というジャンルの同人誌を購入していた頃に購入していたサークルさまですけれど、よい意味で変わらない雰囲気のままで非常に安堵しました。

○おたいほう《【泥舟海運】さま/百合度評価:★★☆☆☆(2.0)/★★》
こちらも同じサークルさまの作品ということで購入をした、4月3日に出たらしいものとなります。
内容としましては、鎮守府に大鳳さんが着任されたお話…。
ただなかなか出撃や演習の機会がなく、真面目な性格の大鳳さんが少々焦ってしまわれ…それもまた微笑ましく、やはりかわいらしい作品なわけですけれど、大鳳さんが着任されるとか何とうらやましい…(何)

○妹がきました!《【あかじゅう】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは好きなキャラクターの作品ということで購入をしました、3月6日に出たらしいものとなります。
内容としましては、新たに艦隊に加わった榛名さんと霧島さんの世話を焼く比叡さんを描いたお話…。
このお話の榛名さんと霧島さんはまだ少々幼く微笑ましく、そして比叡さん自体相当微笑ましいかたですので、やはり非常にかわいくよいお話…やっぱり比叡さんは非常によいかたです。

今回届いた同人誌は全てが全てかわいらしく微笑ましいものとなっており満足でした。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
よいものが多め…
○バミれ、みどりちゃん!(2)
○ルイは友を呼ぶ(2)
○あんハピ♪(5)
○レーカン!(7)
○さばげぶっ!(11)
○ダムマンガ(3)
○南鎌倉高校女子自転車部(8)
○放課後アサルト×ガールズ(1)
○アイドれ!グリーン・ラプソディ(1)
○とある結婚
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『みどりちゃん』から『あんハピ♪』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもない作品たちとなっています。
今回はいずれも過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『みどりちゃん』『ルイ』はこの巻で最終巻となる模様です。

『レーカン!』から『南鎌倉高校』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
こちらは最終巻となる作品はない模様です。

下3冊は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回はアニメ化するorした作品がかなり多めとなっていますけれど、個人的にはそれらより『みどりちゃん』や『ルイ』といった今回で最終巻だというきらら系作品などのほうがより気になりますので、まずはそれらや『レーカン!』『さばげぶっ!』あたりを最優先で読んでいくことになるでしょうか…いずれにしても今回購入のものはどれも期待できそうなものばかりですので、優先度を高くして読んでいきたいものです。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、25mm単装機銃、12mm単装機銃、彗星一二型甲となり、彗星一二型甲が出ましたのでよい結果といえるながら、ただこの機体はもう結構な数がある割に利用価値がそれほどない様に見えて、それは流星改などにも言える気がしてしまい、もう艦載機を狙った配合は日々の開発から外してもよいのかも、と思えてしまいます?(今現在は10cm連装高角砲狙い、主砲or徹甲弾狙い、電探or徹甲弾狙い、艦載機狙いの配合を1回ずつ、合計4回実施しています)

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、そのはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、珍しく輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。
ろ号作戦が発動していることもあり再度通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ進みル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ衣笠さんが大破させられました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、昨日は同時に空母3撃沈任務も発動しておりはじめの出撃でいきなりヲ級さん編成と遭遇、幸先のよいといえる出だしとなりました。
空母撃沈任務はボス到達時の2回連続でヲ級さん編成となったためそれで達成、2-3へ潜水艦隊を派遣する必要はありませんでした…最終的には3回ヲ級さん編成が出現しました。
南西諸島任務のほうは最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下の3回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、やはりこの数日の傾向であるボス前での南下率が異常といえるレベルで高く、それだけでもげんなりしますのにさらにそこでのル級さん+輸送船2という大外れ編成率まで高くってもう本当にため息が出てしまいます…何とかならないのでしょうか…。

5-3の潜水艦、昨日はなぜか色なしな潜水艦が猛威を振るい、かの者たちのカットインでない普通の雷撃で中破が3人も出てしまいました…何だというのでしょうか…。

…現在、上で触れた通り『FLOWERS』夏編のヴィータさん版をしているのですけれど、そうすると何もしていないときは旗艦を浜風さんにして置いておきたくなる…いえ、千鳥さんと浜風さんの雰囲気がよく似ていらして…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年03月11日

月見ヶ丘団地55号棟

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○ご注文はうさぎですか??(3)
○ミス・モノクローム -The Animation-(2/3)
○PI-09
○チョコレイトディスコ
○Lune2
○月見ヶ丘団地55号棟
○薬師の白猫
-----
…上2つ(3つ?)はDVD、その他は同人誌となります。

DVDたち、『うさぎですか??』は一連で予約をしているアニメシリーズで、今回は全巻収納boxがついてきました。
『モノクローム』は以前観ました第1期が面白かったことから予約をしていたもので、この1本で第2期と第3期の両方が収録されています…こちらには特典として『ミス・モノクロームのアイドルのたまご とらのあな編』なるCDがついてきました。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○PI-09《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、3月6日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にどうやらゲーム中であったイベントを題材にしたりしたコメディなお話となっています。
やっぱり例によって私はゲームをしていないのでそのあたりは少しよく解らないところもあったりするのですけれど、今回はバレンタインなどがメインでした?

○チョコレイトディスコ《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらは『FLOWERS』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、2月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、夏編のエリカさんと千鳥さんのバレンタインなお話…。
こちらは明るい雰囲気のコメディな作品で、すっかり素直になった千鳥さんが微笑ましくよきものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『10周年だよ!全員集合!』などを描かれたかたとなっていました。

○Lune2《【CHS】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、こちらは以前購入をしている『別冊エトワール』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をした、昨年の夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、その『別冊エトワール』同様に以前読んでいる『月と世界とエトワール』に関する作品となっています。
とはいえこちらは過去に公開されたイラストなどを収録したもの、といったところ…バレンタインに関するちょっとした4コマも収録されており、やはりこの作品は登場人物もよい感じで好きな作品です。

○月見ヶ丘団地55号棟《【CHS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも上の作品と同じサークルさまの作品ということで購入をしました、昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、同じ団地で暮らす二人の女のかたのお話…。
主人公は新人漫画家のかたで、ひょんなことから階下で暮らす一人暮らしの女のかたと知り合い、彼女のことが気になって彼女を主人公とした作品を描きはじめるのですけれども…こちらは百合的にはこれから、といった雰囲気のお話ながらボリュームも十分でよいお話となっています。

○薬師の白猫《【にらたま】さま/百合度評価:★★★★☆(4.2)/★》
こちらは1月31日に出たらしいものとなります…なお、こちらは年齢制限のある作品となりますのでご注意ください。
内容としましては、タイトル通り薬師な女性と彼女と一緒に暮らす猫耳な女の子を描いたお話…。
年上の女性と幼い雰囲気の女の子の百合なお話、かつファンタジーな雰囲気ということで前回購入をしました『竜灯屋台のリディアとルー』に通じるところのあるもの…そういうカップリングもよいものです。

今回は何やらバレンタインに縁があった印象…2月あたりに出た作品たちだから、といいたいところながら『Lune2』は昨年夏の作品なのですよね…(何)


その様な先日はこの様なものも届いていました。
-----
手をつけるのは当分先…?
○サモンナイト6 LostBorders 失われた境界たち
-----
…こちらはヴィータさんな機種の作品となり、以前『5』をしていたりと好きなシリーズの作品ということで購入をしたものとなります。

こちらは15周年記念豪華パックなる限定版となっており、サントラや画集など色々特典がついてきました。
タペストリーは店舗特典の模様です。

ただ、こうして購入をしたのはよいのですけれど、現状はほぼ完璧なアサミーナさんと完璧なすみれさんを再現できてしまう『七竜3』を無印とともに進行、しかもかなり堪能してしまっていますので、今作を手に付ける機会が生じるとしたら、とっても大好きなあのかたが相当お気にされているといったことがない限りは、その『七竜3』が完全に終了してから他に何もない場合に、ということになるでしょうか。


その様な先日は上で触れたDVDのうち『うさぎですか?』第2期の第3巻を観てみました。

第5羽は『ひと口で普通のもちもちだと見抜いたよ』ということで、ココアさんの姉がやってくるお話…。
けれどその姉、モカさんはなかなかラビットハウスへ現れませんので、ココアさんはお店を出て探しに行くことにし、それと入れ違いでモカさんがやってきてしまいます。
モカさんははじめは変装をしてココアさんの出現を待とうとしたのですけれど、ココアさんが焼いたパンを食べて我慢できなくなり正体を現してしまいます…要するにこの話のタイトル通り彼女の焼いたパンが普通のもちもちしかないことを見抜いたわけです(何)
ココアさんがお店へ戻ってくる前にモカさんはその姉の力でチノさんやリゼさんを圧倒してしまわれ、それを見たココアさんはちょっとショックを受けたり…ここからお二人の少々厄介な関係がはじまります(何)
モカさんは数日間ラビットハウスで過ごすことになったのですけれど…?

第6話は『木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)』ということで、モカさんが帰るまでのお話…。
その姉の力により周囲の皆さんをどんどん妹にしてしまう(何)モカさんへ対し、ココアさんは少々複雑な感情…。
その複雑な感情のココアさんを見たモカさんは、自分が原因だということはつゆ知らず元気のない彼女を心配、さらに避けられ気味になってしまい落ち込んだりもしてしまいます。
このあたりのすれ違いは今作にしては珍しくやや切なさを覚えるのですけれど、とはいえココアさんが姉のことを大切に想っているのは確かで、元気のないモカさんを見て最後の日にパーティを開くことを企画されたりされるのでした。
そうしてモカさんは変えることになるのですけれど、これまたこの話のタイトル通りモカさんによるこの街にいるココアさんの友人たちを全員妹にするというミッションが完了してしまうのでした(何)
…ちなみにモカさんは青山先生のファンなのですけれど、第5話でそうとは知らず彼女に会っており、そしてこのお話で…?

ということで、今回はココアさんの姉が主役のお話…原作でも嵐の様に現れ去っていったかたでしたけれど、こちらでももちろんその様な感じ…。
DVD3巻にしてモカさんが登場されるとは少々意外でもありましたけれど、やはり面白いお話で…彼女は帰ってしまいましたけれど、続きも楽しみにしましょう。


『艦隊これくしょん』は優先的に演習で旗艦にしていた夕張さんがレベル98に達しました…今後はひとまず霞さんを優先して旗艦にしてレベル98を目指そうと思います?
開発は失敗、35cm連装砲、失敗、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずは日々の任務な輸送船3撃沈実施を目指して通商破壊艦隊を2-2へ派遣しはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、珍しく輸送船4の当たり編成に遭遇でき任務達成となりました。
ろ号作戦の進行が芳しくないためもう一度通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ到達しまた輸送船4の当たり編成と遭遇できました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、昨日は空母3撃沈任務も発動しており、はじめの出撃と次の出撃の2回連続でボスへ到達かつヲ級さん編成となり任務達成となったのですけれど、2回めの戦いの際は航空戦で白雪さんと大淀さんが大破にローマさんも小破に近い損害(2回めの出撃で小破…)という大損害を被ることに…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアは南下しての1回となりかなり順調に終了しましたけれど、ろ号作戦はいまだ50%以上といったところで、今日終えるのは無理そうです。

出撃任務は西村艦隊で5-1へ、というものを実施…こちらは扶桑さんと山城さんと最上さんに満潮さんと時雨さん+1、という編成で向かうことになります。
+1のところに重巡洋艦を加えればルート固定ができるわけですけれど、ただそれですと空母が入らなくなるのが悩ましいところ…ルート固定を捨てるか制空権を捨てるかで迷いましたけれど、航空戦艦と航空巡洋艦に瑞雲を載せてどうなるか様子を見てみることにしました。
ただ、ここのボスには潜水艦が存在する可能性があり、そうなると瑞雲を搭載していると攻撃が全てそちらに行ってしまう可能性があり、ですので二人ずついる航空戦艦と航空巡洋艦の片方のかたにのみ瑞雲を2ずつ装備し、もう片方のかたには瑞雲を搭載せず砲撃に集中してもらうことにしました(さらに瑞雲を搭載しない山城さんにはリットリオさんの主砲を装備させ一番はじめに行動できる様にも…)
満潮さんは対潜装備、時雨さんは対空カットイン装備としておきます。

その皆さんによる出撃、初戦は金のタ級さんたちとの戦いとなりそのタ級さんに最上さんが大破され終了となりました。

初戦から金のタ級さんということもあり、また最上さんだけレベル41ですので仕方がないといえばそうなのですけれど、あまりに悲しい結果でもありまた最上さん以外無傷でしたこともあり再度出撃を実施してみました。
けれどその初戦はT字不利ながら今度は時雨さんが中破し微少ダメージもかさみ、敵の全滅にも失敗しA判定勝利となります。
その先は初となる南下となり第2戦は赤い軽空母に金のル級さん2との戦いとなり航空戦は航空優勢を取ることに成功、敵の全滅に成功しました。
その先の第3戦は問題の軽空母3との戦いとなりやはり制空権は取れず、けれど時雨さんの対空カットインが発動したためか軽空母3のうち2が中破などしていないにも関わらず何も攻撃してこなくなり、T字不利となったこともあり敵の全滅には失敗しA判定勝利となるものの大破なく切り抜けます。
その先はボス戦、金のタ級さん2の編成ながらなぜか赤い輸送船が旗艦でさらに空母も潜水艦も存在せず自動的に制空権確保となり、時雨さんが大破するものの昼戦で敵の全滅に成功しました。

これで無事に西村艦隊で5-1へ、という任務が完了、任務ですのに何と勲章を得ることができました。
瑞雲の全滅もなく、ボス戦で空母が出現しなかったという幸運もあることながら、案外何とかなることが判明しました。
ですので戦艦3+軽巡1+αという水上打撃部隊で5-1へ、という任務も、完全なルート固定はできないものの駆逐艦ではなく航空巡洋艦のほうを組み込んで同様の方法で瑞雲で制空権を確保する努力をすることにより挑戦をしてみようと思います?
…駆逐艦2と重巡2、どちらのほうがルート固定に重要な要素を占めているか、でボス到達の難易度が大きく変わってきそうですが…あまりに大変そうでしたらこちらは名前からして月間任務の雰囲気もありますので、水上反撃部隊で2-5へというもの同様に放置しようかとも思ったのですけれど、でもあのかたが現在挑戦しているという、5-2を突破した私にとっても次に向かうことになる最前線海域な5-3は相当大変な様子で、そこへ向かうくらいなら少しこの任務を頑張ってみたほうがまだ楽なのかも…(何)


無印のレベル上げもしつつ再始動した『七竜3』はいよいよその無印の世界、5,000年後の未来へ向かう直前までやってきました。
かつて竜殺剣に封印された真竜ヘイズが次の目標とのことで、無印をする前にここまでやってきた際には何も解らなかったのですけれど、無印をしている今でしたらそれが何者なのかも解る様になり、やはり無印をした価値はあったかと思います。

ただ、昨日はまだそちらへは向かわず、出現したクエストをこなすといったところ…。
ユウマさんとセブンスエンカウントで演習を実施するのですけれど、彼は真竜ニアラの再現データを一撃で粉砕してしまうのでした…以前している『2020』や無印では最後の敵のはずですのにこの扱い…。
ブラスターレイブンにも再会しますけれど、彼の正体が明らかになるのはもう少し先のこと…確かその直後あたりで進行をやめて無印へ移行した記憶が…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年03月01日

強面オトン提督の娘

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌に…
○ちびむらさん!!!
○ハピハピBirthday!
○杏ちゃん!ゲーセンに行こっ!
○強面オトン提督の娘(1)
○さつきまち(1)
○四月の人魚は見抜けない
○わたしのたいせつなともだち(1)
○竜灯屋台のリディアとルー 竜の子供が帰る家
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきたいと思います。

○ちびむらさん!!!《【まじひま】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をした、2月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、子供な卯月さんと一緒に暮らしている凛さんのお話…。
他にも未央さんや奈緒さんも小さくなったかたがたと一緒に暮らしているのですけれど、ともかくそれはかわいらしくその微笑ましさを楽しむ作品…これ、過去に既刊が2冊ほど出ているっぽいのですけれど、どうして買っていないのでしょう…(もう在庫切れでどうしようもありません/何)
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『渋谷と島村』を描かれたかたとなっていました。

○ハピハピBirthday!《【時間屋】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、上の作品と同様の理由で購入をした、同日に出たらしいものとなります。
内容としましては、杏さんのお家にきらりさんが遊びにくるお話…。
実はその日は杏さん自身忘れていたのですけれど、杏さんのお誕生日で、さらにきらりさんの誕生日が…ということで、こちらは百合的にもよいお話になっていました。

○杏ちゃん!ゲーセンに行こっ!《【cockatiel】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、やはり上の作品と同様の理由で購入をした、同日に出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りきらりさんが杏さんをゲームセンターへ誘うお話…。
どうしてきらりさんがその様なことを言い出したのかにはちょっとした理由があるのですけれど、こちらもお二人の関係がよい感じのお話となっています。

○強面オトン提督の娘(1)《【パレス犬吠埼】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前続刊を購入していることもあり購入をした、昨年の夏のイベントで出たらしいものとなります。
内容としましては、続刊同様に表情が恐めな提督さんと漣さんを中心とした皆さんの日常を描いたお話…。
やはり前半は各艦娘さんたちとの微笑ましい1ページ漫画、後半は漣さんとのややシリアスなお話となっていて、前半はその微笑ましさに、後半はその切なさにかなり泣かされました…この作品、続刊でも泣かされましたけれど、そういう(よいお話だという)意味で相当危険です…。
…なぜ続刊を先に購入しているのかといえば、一緒に購入しようとしたものの続刊しか在庫がなく、つい先日のタイミングでこの1巻が再入荷されたから…(何)

○さつきまち(1)《【フランネル202】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
ここから下は全てオリジナルな作品かつ百合という表記があったこともあり購入をした、こちらは2月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、同じ学校に通う先輩さんと後輩さんのお話…。
後輩さんは通学バスで偶然一緒になった先輩さんに憧れを抱いて…というまさに百合の正統派といえるお話で、ナンバリングが振ってある様に続きのあるお話となりますので引き続き見守りたいものです。

○四月の人魚は見抜けない《【フランネル202】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも2月21日に出たらしい、上の作品と同じサークルさまの作品となります。
内容としましては、昔夢で見た人魚によく似た女の子が同じクラスに転校してくるお話…。
その子はなぜか内気な主人公さんに好意を寄せてくださっているのですけれど、それは果たして夢の通り彼女は実は、ということなのか…そのあたりの真相はともかくとして、(小学生ですし)百合未満といったお話ながらよいお話でした。

○わたしのたいせつなともだち(1)《【R.I.P】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)》
こちらは冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、2組のお友達な関係のかたがたを描いたお話、となるでしょうか…。
こちらはボリュームが少なすぎて、この段階では何とも言えない作品としか…ナンバリングが振ってある通り続刊が出ると思われますので、それを見守ってみます?
また、こちらにはイラスト集が一緒についてきましたけれど、微妙に年齢制限に引っかかる気が…?

○竜灯屋台のリディアとルー 竜の子供が帰る家《【狐灯籠】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは1月31日に出たらしいものとなります。
内容としましては、ファンタジーな世界で一緒に暮らす女のかたと小さめな女の子のお二人を描いたお話…。
このお話はノベルで出ているものの続きといいますけれど、一応単体でも読める様になっていて、お二人が竜の子供を拾うお話…なかなかよい雰囲気のお話で、続きが出れば読みたいところです?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『聖騎士の休日』を描かれたかたとなっていました。

今回はうづりんやあんきらカップリングのものも安定してよかったりと全体的に満足できるもの揃いだったのですけれど、とにかく『強面オトン』が反則級に泣かせてきました…続刊の星がなぜか2つになっていますけれど、続刊ともども3つにしてよい、百合要素など度外視してよいお話といえるでしょう。
さすが、とっても大好きなあのかたがお勧めしてくださった作品なだけなことはあって…本当にありがとうございます。


その様な先日は、この様なものを購入してきてもいました。
-----
CDも…
○普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ミュージック・アルバム 〜ウィンター&スプリング〜
○GA 芸術科アートデザインクラス(7)
○しゅばりえーる(2)
○ヴぁるばいと!(2)
○やさしい新説死霊術(1)
○ハートオブtheガール(1)
○あの娘にキスと白百合を(4)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(10)
○シンデレラガールズ劇場(4)
○ぷちます!(8)
○ストライクウィッチーズ 第501統合戦闘航空団(4)
○ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!(2)
○ストライクウィッチーズ 小ぃさいズ(2)
○オンリー☆ユー 〜あなたと私の二人ぼっち計画〜
○ガールズ in ヘブン
○ぺたがーる(1)
○みかはな週末トリップ(1)
○ふるまぷら(1)
○ハルユリ(1)
○ポケドル(1・2)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは好きな作品のアルバム…どうやら現在予約中のOVA収録の曲を中心に収録されているみたいです?
さっそく聴いてみましたけれどやはりよきものです…これはOVAも相当期待してよさそうです。

コミックのほう、『GA』から『ハートオブtheガール』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『GA』から『ヴぁるばいと!』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、この3作品全てこの巻で最終巻となる模様です。
『やさしい新説死霊術』『ハートオブtheガール』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『あの娘にキスと白百合を』から『小ぃさいズ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『スト魔女』関連の3作品は全てこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、『オンリー☆ユー』から『ふるまぷら』までは全て百合が期待できると教えていただけたこともあり購入をしたものとなります。
下2作品は何となくよさそうに感じられたことから購入…『ポケドル』は今回購入をした2巻で完結の模様です。

今回は数が多めでどれからどう読んでいこうか非常に悩ましいですけれど、幸いもう未読な作品群に今回のものたちよりも優先して読みたいものは残っていませんので(読み切った、というわけではありません…まだかなり残っています/何)、今回購入したものを優先して読んでいきましょう。
まずは『あの娘にキスと白百合を』と『GA』あたりで次は『艦これ』『シンデレラガールズ劇場』あたり、あとは百合的に期待できそうな作品から優先して読んでいきます、か?(帯などを見た感じ『オンリー☆ユー』『ガールズ in ヘブン』『ハルユリ』が特に期待できそう?)


『艦隊これくしょん』はプリンツ・オイゲンさんがレベル45で改仕様となることができ、はじめて見る機銃と電探を持ってきてくださいました…特に電探に関してはかなり高性能です。
また、演習で優先的に旗艦にしていた五十鈴さんがレベル98に達しました…でも五十鈴さんは本当によいかたですので、経験値ゲージが2/3程度になるまで引き続き優先的に使いますか?
開発は10cm連装高角砲、20cm連装砲、中型艦バルジ、零戦52型となり、10cm連装高角砲が出ましたのでよい結果です。
大型艦建造は伊401さんを目指すものの結果はあきつ丸さん…。

その様な昨日はメンテナンスが実施され、冬のイベントが終了しました。
前回のイベントではログイン時にバレンタインのチョコレートがもらえましたけれど、今回は菱餅がもらえました…1年前、私がちょうど『艦これ』をはじめた頃はこの菱餅を集めるイベントが発動していた模様なのですけれど(その頃の私はその様なものを気にしている余裕はなかったのですが)、今回はそういうイベントはないみたいです。
何やら陸奥さんたち大型戦艦4人に水上戦闘機が搭載できる様になったとか、あまり多くはない人数のかたに新たな限定台詞が用意されたり、任務画面の大淀さんやアイテム屋さんの明石さんが何か食べていて…
アイテム屋さんの明石さん…
…もうその明石さんの表情が何ともいえずとてもよく、艦隊にいる明石さんもこのグラフィックにしてもよいのに…(何)
限定イラストといえば、てっきり瑞穂さんが三方に菱餅を乗せているのではないかと思ったのですけれど、その様なことはありませんでした。
家具には待望の金剛さんの紅茶セットがあってさっそく入手しましたけれど…
雛祭り仕様…
…もうすぐ雛祭りということで、3月3日まではこの内装でいこうと思います(これにより母港BGMも桃の節句仕様に変化しました)
これらの家具を入手する際、家具職人の数がどうしても足りませんでしたので、思い切って何人か購入をしてしまいました…一つ300円ですし、ここまでゲームを楽しませていただいていますし、それに母港拡張などをした際に使ったポイントが多少余っていましたので、このくらいでしたらいいですよね、ね?(というより、家具職人を要求する家具が多すぎ…ただ結構どうでもいい、悪趣味な類の家具に要求されることも多く、そういうものはスルーできますので一安心…/何)
その他、新たな編成任務が出現していましたけれどそちらには皐月さんの改二仕様が必要とのことで、現状彼女のレベルは56でそのレベルでは改二仕様にはなれませんでしたので、この任務も放置ということになるでしょうか…。
…何やら携帯電話での操作が可能になる仕様の先行受付もされているみたいですけれど、私には関係のない話で…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれど例によってル級さん+輸送船2の大外れ編成と遭遇させられ任務に失敗します。
2回めの出撃も輸送船エリアへ到達、またル級さん+輸送船2の大外れ編成と遭遇させられ青葉さんと球磨さんが大破させられるという異様な大損害を受けるものの任務は達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務も復活、ですのでい号作戦遂行のために潜水艦隊による2-3出撃も同時に進行、けれどそのはじめの出撃は初戦でまるゆさんが中破させられさらにボスへ進まされた上に空母1雷巡2軽巡1というい号作戦にほぼ寄与しない上に最大の損害の予想されるまさに大外れな編成と遭遇させられまるゆさんが大破と、非常に幸先の悪い出だしとなりました。
まるゆさんを抜きにした2度めの出撃は初戦で今度は伊19さんが小破させられしかもまたボスへ進まされ、また1回めと同じ編成との遭遇とさせられ南西諸島任務終了までに空母撃沈数2、というひどい惨状となってしまいました…。

一方の2-2もはじめの出撃で北上→戦艦被弾と幸先の悪い出だしとなり嫌な感じ…ただこちらはその先でボスへ到達できましたのでまだ救いがありましたけれども。
こちらはボス到達3回(2回は上で触れた通り2-3で…)までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアはボス前で南下しての1回となり順調といえるもののヲ級さん編成とは遭遇せず、南西諸島任務では本当に空母が撃沈できずに終わりました。

引き続き、全く進まなかったい号作戦を進行すべく潜水艦隊を2-3へ派遣しつつ、機動部隊を1-4へも派遣してみます。
2-3はやはりなぜかボスにしか進むことができない上に漏れなく南西諸島任務時と同様の大外れ編成とばかり遭遇させられ損害が多発する上に空母も1ずつしか撃沈できずかなりげんなり…。
1-4ははじめの出撃でいきなり南下→ル級さん行き、というひどい仕打ちを受けることとなり、南下しなくても空母遭遇数2ルートしかたどれず、昨日はあくまで空母撃沈数を最低限にしようという猛烈な悪意すら感じる日となってしまったものの、何とかい号作戦を完遂、資源の再利用を実施しました。
…1-4、いつもはやる気がなくてのんびり回す羅針盤のかたが外れである南下の際のみ一瞬で南を指してくるのが悲しいです…。

あとは瑞穂さんたちによる1-1出撃によるあ号作戦遂行で、こちらは存外に順調に進みあ号作戦を完遂することができました。

イベントも終了したということでのんびり3-2でのレベル上げとともに通常海域への出撃を再開、榛名さんを旗艦で南方海域へ、というものがありましたので、今まで駆逐艦2固定編成でも余裕で突破できていた5-2でいいでしょう、ということでそちらへ出撃を実施し、ボスを撃破した…のですけれど、任務達成となりませんでした。
任務条件は南方海域へ、としか書かれておらずその中のどこへ、という指定はありませんでしたので南方海域でしたらどこでもよいのかと思っていたのですけれど、どうもそうではなかった模様…同じ南方海域へ、という表現の任務として他にも西村艦隊なものと水上打撃部隊なものがあるのですけれど、ではこれらはどこへ出撃すればよいと…。

ともかく謎すぎるそれらの任務は放置するしかなさそうで、さらに今日から3月ということで拡張海域のゲージが復活、ということになりますから今日からはそちらの破壊を目指すことになるでしょうか。
イベントで勲章が2つ得られており、そして演習などで積極的に使用した結果天城さんのレベルも葛城さんや雲龍さんが改仕様となることのできた50まで上がっていますので、1-5と2-5を突破するだけで彼女を改仕様にすることができるはず、です。
…でももちろん残りの拡張海域も突破はします…あぁ、また恐怖の4-5が…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年02月25日

ニュージェネレーション&トライアドプリムス!

先日はこの様なものが届きました。
-----
ゲームも…
○艦これ改
○宝石のようなもの
○ニュージェネレーション&トライアドプリムス!
○RRR
○10周年だよ!全員集合!
○夕凪マーブレット(3)
○1×1/2
-----
…一番上はゲーム、その他は同人誌となります。

ゲームは現在ブラウザ版を日々実施しています『艦これ』のヴィータさん版となります。
こちらはブラウザ版で手一杯なこともあって購入はとりあえず控えようかと思っていたのですけれど、とっても大好きなあのかたがご購入されたお話を聞いているうちに我慢できなくなって購入をしてしまいました。
通常版での購入となりますけれど、それでも特典として夕立さんのクリアファイルがついてきました(あのかたが購入したものにもついていた様な…)
こちらは現状そのブラウザ版と『七竜』でゲームが手一杯ですのでとりあえず手をつけることはできなさそうなのですけれど、今のところは手元にあるというだけで満足、かも…?
…私が『艦これ』をはじめたのがちょうど1年前の今日、2月25日でしたりして、それからほぼちょうど1年後にヴィータさん版が手元にきたのも何か運命めいたものを感じます、かも?

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れようと思いますけれど、『宝石のようなもの』については以前読んでいる『なのサマ!!』などと同様にコミックサイズになっていますので、また改めて普通のコミック同様に読んで感想を書こうと思います。
なお、今回届いたものは一番下のものを除いて全て2月21日に出たらしいものとなります。

○ニュージェネレーション&トライアドプリムス!《【春雨トランジスタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングなどの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトル通りニュージェネレーションとトライアド・プリムスの皆さんの日常を描いたお話…。
皆さんの微笑ましい日常が描かれていてそれだけでもよきものなのですけれど、こちらは卯月さんと凛さんの関係も百合的によいものとなっていたりと、その面でも満足できるよきものでした。
…満足できるのもそのはず、こちらのサークルさま、以前購入をしている『Blue Spring 冬のうづりん漫画合同誌』を出されたかたとなっていました。

○RRR《【POCHI】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、凛さんが卯月さんのお部屋に一緒にやってくるのですけれど、そこに未央さんから電話がかかってきて…?
こちらは百合的に相当高いお話になっていまして、その面でも満足…やっぱり卯月さんはかわいいです。

○10周年だよ!全員集合!《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★》
こちらは『その花』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、いわゆる赤文字系な皆さんと『にゅーじぇね!』な皆さんの短編を収録したもの…。
『その花』10周年ということでそれぞれのカップリングのお話を2ページずつ、といったところ…それぞれのボリュームは少なめですけれど、それらの作品の皆さんが全員登場していらっしゃるという意味でもよいものでしょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ゆりのあるくに』などを出されたかたとなっていました。

○夕凪マーブレット(3)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下はオリジナルの作品となり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…転入生さんについて、彼女の過去に何があったのかを垣間見ることになります。
その過去を知ったうえで主人公さんがどうされるのか、こちらの作品はまだ続きますので見守りたいところ…そしてこのサークルさまは一緒に購入をしたコミックサイズな同人誌な『宝石のようなもの』を出されたかたでもあり、このお話が完結したらこちらもコミックサイズなものとして総集編を出していただけると嬉しいものです。

○1×1/2《【どよんど。】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは百合が期待できることから購入をしました、これのみ1月31日に出たらしいものとなります。
内容としましては、母子家庭において母親のことを母親として以上に好きになってしまった娘さんのお話…。
母と実の娘の百合のお話、というのは(当然といえばそうながら)なかなか見かけることのないものですけれど、こちらはそう重いお話になっているわけでもなく、でも主人公さんの想いは本物で…複数話収録かつ続刊へ続く、というかたちとなっていましたので、引き続き見守ってみましょう。

やっぱり卯月さんと凛さんカップリングは非常に素晴らしくよきもので、今回の2冊はその面でも、そして卯月さんのかわいらしさ、微笑ましさを堪能できるという面でもかなり満足…『シンデレラガールズ』のカップリングといえば杏さんときらりさんもよきものですけれど、うづりんはあんきらに負けていません。
『シンデレラガールズ』のカップリングな同人誌としては、最近ラブライカなものが一番目立つ印象があり、そのお二人も確かに素敵なかたがたで気になるのですけれど、数も多いので今のところ同人誌を購入しようというところまでは思い切れません、かも?


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、12cm連装高角砲、25mm連装機銃、流星となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は大鳳さんを目指すものの蒼龍さんという結果となり、やはりダメそう…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれどそのはじめの出撃は無残に高速建造材という完全無意味な場所へ飛ばされ任務に失敗します。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、妙高さんが一撃大破を受けたりとやっぱり赤いリ級さんが猛威を振るいます…妙高さんも一応レベル61になっているのですけれども…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアはボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、はじめの分岐で北上→戦艦被弾→高速建造材という完全無意味な場所飛ばされる、という負の連鎖が発生した時点で順調とはいえなくなりましたけれど、でも悪くない結果です。

南西諸島任務自体は早々に終わったものの、輸送船エリアへの到達率が低くろ号作戦が不安になってきたため、イベント海域はその1へ出撃しつつも同時にろ号作戦達成率が50%以上になるまでその2へも出撃を実施します。
久しぶりの海域その3はボスで4人程度が中破以上になったりと大損害を受けるのはともかく、やはり金のリ級さんエリアが色々と…色なしの駆逐艦にレベル95の霞さんが中破させられたり、お相手が2人しか残っていない状態から雷撃戦で6人全員が片方、しかも弱いほうにばかり何度も雷撃を集中させるとか、一体何ごとなのでしょうか…。
海域その1ではもう4回めくらいになる大淀さんや2度めとなる江風さんが登場…そんなところで運を使わなくっても…。

そういえば、何やらリットリオ(イタリア)さんやローマさんに瑞雲を搭載できる様になったみたいなのですけれど…?


のんびりレベル上げを実施している無印の『七竜』とともに再度はじめから始動した『3』のほうは、スキルポイントが得られないのでセブンスエンカウントでの戦いはそこそこに先へ進み、12,000年前のルシェの国…ネバンプレス帝国、ではなくアトランティスへ向かうことになります。
その前にノーデンス社内を回ったりするのですけれど、一応アサミーナさんたちはノーデンス社員の扱いになるはずで、でも給料が出ないどころか戦って得たお金で社内で装備をお金を出して買う、という…ナガミミさんの言う通りしょっぱい会社です(何)
そしてネバンプレス帝国のルシェを見るとやはりこのアトランティスのルシェの性格がほとんど真逆になっているという…まぁ、17,000年も間が空きましたし、それにネバンプレス帝国のルシェは2021年にエメルさんが復活させたかたがたですものね…。

とにかくやっぱり『3』は無印よりかなりアサミーナさん(とすみれさん)分を補充できてレベル上げだけでもとっても楽しい…本当に『3』のアサミーナさんやすみれさんの再現度は外見も声も素晴らしくほぼ完璧です。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年02月13日

雪のまにまに

〜拍手のお返事〜
21:45(昨日)/桜花さまへ>
拍手、それにイベント海域その2突破のお祝いのお言葉まで、本当にありがとうございます♪
初月さんはクールな雰囲気なボクっ子でこれもまたありなかたかと思います♪
春雨さんもかわいらしいかたで、ようやくお迎えできてよかったです…そして昨日はさらに…(何)


先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○その花びらにくちづけを 玲緒っぽいらじお(5)
○モフにな 仁奈をモフる7の方法
○ハニラビ
○雪のまにまに
○京町甘姫
○百合詰め
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDのほうは、以前にも既刊の届いている、『その花』シリーズのwebラジオを収録したものとなっています。
こちらは4時間分の収録となっていて、まだその既刊も観れて(聴けて?)いません…。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回のものは一番最後の作品を除き全て2月7日に出たらしくまたそれらは全て『シンデレラガールズ』の二次創作作品となっています。

○モフにな 仁奈をモフる7の方法《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★》
こちらは以前購入をしている『もふもふのふゆ。』などを描かれたサークルさまの作品、ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、仁奈ちゃんと周囲の皆さんの日常を描いた4コマとなります。
こちらはページ数が少ないこともあり内容はこれまでほどの印象はないながら、でも仁奈ちゃんのかわいらしさは堪能できるものになっているかと思います。

○ハニラビ《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前購入をしている『裸足のスターダスト』などを描かれたサークルさまの作品、ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、ロックなお二人がお泊りをされるお話…。
こちらはお二人がもう相当によい関係になった状態の日常を描いていますので百合的に非常によい感じとなっていまして、またお話も微笑ましいよきものとなっていました。

○雪のまにまに《【哀れなウサギ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは好きなカップリングの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんの日常を描いたお話…。
お二人の日常をいくつかのお話に分けて微笑ましく描いていましてそれだけで満足な作品ですけれど、最後は百合的にもよい展開となっていました。
…と、こちらのサークルさま、以前第2巻を購入をしている『とあるプロダクションの総集編』などを描かれたかたとなっていました。

○京町甘姫《【@sada-kan】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも好きなカップリングの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、着物を着て京都を旅行される杏さんときらりさんを描いたお話…。
こちらもまた上の作品同様にお二人の微笑ましい姿をいくつかのお話に分けて描いている感じで、百合的にもよきものとなっていて満足です。

○百合詰め《【corner】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらのみオリジナルな作品となり、百合な作品ということで購入をした、1月31日に出たらしいものとなります。
内容としましては、7つの短編を収録した短編集となります。
1つ1つのお話はかなり短いものとなっているのですけれども、正統派な学生さんなものが中心となりつつコメディなものもあったりバラエティに富んでいて百合的にももちろんよきものとなっていました。

今回はあんきらカップリングがかなり堪能できて満足…この調子でうづりんカップリングももっと堪能したいところなのですけれどそれに適した作品は見当たらず、以前購入をしている『Blue Spring 冬のうづりん漫画合同誌』のみで我慢をしておきましょうか…。


その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○怪獣の飼育委員(2)
○ひらめきはつめちゃん(6)
○東京自転車少女。(10)
○この靴しりませんか?(完全版)
○ガラスの花と壊す世界(上)
○里山ごちそうスケッチ(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『怪獣の飼育委員』から『東京自転車少女。』までの3冊は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『怪獣の飼育委員』『ひらめきはつめちゃん』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品たち、『この靴しりませんか?』は百合が期待できまた以前オリジナル版を読んでいることもあり購入をしました。
下2作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

今回は数は少ないもののなかなかよさそうなものが揃っており、どれも優先して読みたいものです。
その中の1冊、『ガラスの花と壊す世界』という作品はどうも劇場版アニメのコミカライズ版らしく、DVDが今月の17日に発売予定といいますので、それを購入する価値があるのかどうか見極めるためにも最優先で読んでみます、か?


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして重巡洋艦のプリンツ・オイゲンさんをお迎えできました…このかたは秋のイベントでお迎えしようとして、けれど失敗に終わったかたで、まさか出てくださるとは思ってもおらず非常に驚かされました。
これで春のイベントの雲龍さん、夏のイベントの風雲さん、秋のイベントの彼女と、ボスでない場所でお迎えするのを目指して失敗したかたがたが次のイベントできてくださる、という謎のジンクスが崩れずに続くことにもなりました…さすがに今回ばかりはジンクス崩壊かと思っていたのですけれど、ともかくそのジンクスがありましたので秋であれだけ粘って失敗したのも無意味ではなかった、といえるかもしれません。
…ちなみに台詞が想像していたよりもずっとかわいらしいです…ふぁいあー、ふぁいあー!(何)

開発は失敗、46cm3連装砲、20cm連装砲、失敗となり、扱いに困る46cm3連装砲が出てきました…現状こちらの改修まで手が回っていませんけれど、そのうち必要になるかもしれません(何)
ひとまず、46cm3連装砲ができましたので戦艦は引き続き比叡さんで開発を実施していこうと思います。

バレンタインの限定グラフィックですけれど、ドロップした叢雲さんがいきなりそうなっていたり、如月さんも高速修復材のバケツにチョコレートを入れているという少し面白さも感じる姿になっていたりと、思った以上に結構たくさんのかたがたにあるみたいです?
今のところ確認できましたのは弥生さんと卯月さん、如月さん、曙さん、衣笠さん、浜風さん、瑞穂さん、叢雲さん、そして先日ドロップした春雨さんというところでしょうか。
台詞のほうは本当にたくさんのかたがたに追加されていまして、中には金剛さんの様に戦闘中の台詞が変わる人も存在している模様です?

戦いのほうは、まずはひとまずいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施するのですけれど、天城さんを目指すために通うことになるイベント海域その2のボスで輸送船が2〜3出現するため、そこへ先日同様の艦隊を編成し実施することにします。
その出撃、対潜戦となる初戦は完全勝利、航空戦となる第2戦は損害なく完全勝利扱い、ここが最大の難関であると思われる第3戦は金のリ級さんが残存するものの大きな損害はなく、第4戦は大きな損害なく敵を全滅、ボス戦は輸送船2編成となり、昼戦で清霜さん大淀さん小破に対し集積地棲姫さん混乱その他撃沈で夜戦となり、大淀さんが大破するものの敵は全滅、その大淀さんがドロップで出たのですけれどどうしましょう…。
…輸送船が2しかいなかったため任務失敗かと思いきや、なぜか任務達成になっていました…輸送船5撃沈任務が同時に発動しているとどうもおかしなことになりがちですけれど、少ない数で終わるのでしたらそれはそれでよいです。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、けれどいきなり2連続でボス前で南下させられ嫌な予感が生じてきます。
その嫌な予感は見事的中、最終的にボス到達5回までにはじめの分岐での北上8回輸送船エリア8回うちボス前での南下5回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、普通に大荒れと表現して問題のない、ものすごく悪い結果となりました。
何だかイベントがはじまってから大荒れになる率が高くなりましたし、イベント期間中はやはりやめておいたほうがよいのでしょうか…。

ともかく南西諸島任務終了後の潜水艦撃沈任務は残り2回な1-5への3回出撃任務とともに、満潮さんたちいつもの皆さんを出撃して実施します。
その絶望の初戦は龍驤さんが中破しさっそく無力化、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は日向さんに先制雷撃が集中し15の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。

後はイベントの実施で、まずは海域その2突破後に出現した、親善艦参加観艦式を実施してみます。
こちらは普通に北方鼠輸送な皆さんで実施して成功したのですけれど、帰ってきた際に何か見慣れぬ人がついてきた様な…でも特に新たに誰かが艦隊に加わるということはなく、任務を達成すると203mm/53連装砲というイタリア重巡洋艦の主砲が入手できました。
その主砲は射程が何と長になるのですけれど、命中率が下がるのが悲しいところ…。

その任務を達成すると海域その3が開放されますけれど、何と舞台はアサミーナ提督のいらっしゃる幌筵周辺、北海道北東沖を戦場とした作戦名は捷四号作戦となり、まずは幌筵泊地方面に物資を輸送するということで秋のイベントにもあった輸送艦隊な連合艦隊を編成することになり、この様な艦隊を編成してみました。
-----
○第1艦隊:五月雨さん(137)・涼風さん(73)・谷風さん(73)・初雪さん(73)・利根さん(96)・三隈さん(87)
○第2艦隊:名取さん(98)・加古さん(88)・衣笠さん(88)・萩風さん(98)・満潮さん(87)・霞さん(87)
-----
…最終海域ということでいよいよ五月雨さんを投入、ただ第1艦隊の駆逐艦はそれほど活躍できませんのでレベル98のかたがたではなく中堅レベルの皆さんを入れておきました。
その他、第2艦隊に萩風さんや名取さんといったレベル98なかたがたを投入しつつ、でも他の皆さんはやっぱり中堅レベルのかたがたにしたのでした。
相手の航空勢力が未知数でしたので、航空巡洋艦のお二人には2スロットの瑞雲を搭載、またドラム缶を持っているかたがたが皆さん遠征に出ていて手持ちが非常に少なかったので第1艦隊の五月雨さん以外の駆逐艦3人に1つずつ、つまり3つの装備にとどまってしまったのでした。
…満潮さんと霞さんが全海域での出撃となっていますけれど、よいかたがたですし、現状最優先でレベル上げをしているかたがたでもありますからいいですよね、ね?

難易度は海域その2ですでに丙に落としましたので引き続き丙にて実施、その皆さんによる出撃なのですけれど、海域その2に続いてスタート地点が3つあり、今回は最西に位置する樺太南からスタート、初戦は赤2無色2の潜水艦隊との戦いとなりT字不利になり1撃沈に対し加古さんが5の損害を受けB判定勝利、その先の第2戦は巡洋艦隊との戦いとなり雷撃戦で満潮さんが小破し第1艦隊は谷風さんも小破しますけれど敵は全滅、そこの分岐は東進し第3戦はまた赤2無色2の潜水艦隊との戦いとなり名取さんが4の損害に対し2撃沈のB判定勝利となり、その先は幌筵となり物資の揚陸地点となっています。
その先はボス戦となり、駆逐棲姫さんに金の雷巡2赤い軽空母などの艦隊との戦いとなり、航空戦は航空優勢を取ることができ駆逐艦2を撃沈、その後雷撃戦で霞さんが中破するものの昼戦で敵の全滅に成功、TPが61減少しました。

意外とTPも減少しましたのでそのままの編成、装備で2回めの出撃を敢行、対潜戦となる初戦は先制雷撃でいきなり萩風さんが小破させられ普通の雷撃で衣笠さんが小破するというA判定勝利ながら恐ろしく嫌な出だし、第2戦はお相手にツ級さんが存在したためか艦載機が蒸発した上に重巡洋艦のかたがたが砲撃を完全に外し五月雨さんが小破した上にもちろん敵の全滅に失敗しB判定勝利、また対潜戦となる第3戦は五月雨さんが戦闘糧食を食しつつT字有利となり完全勝利、幌筵で物資を揚陸し、ボス戦は航空戦は完全に空振り、雷巡が無傷で残ったため雷撃戦で萩風さん大破霞さん中破となりつつ昼戦で駆逐棲姫さん小破その他撃沈とし夜戦で敵の全滅に成功、TPを60減少させます。
3回めの出撃、対潜戦となる初戦は完全勝利、第2戦はまた艦載機が蒸発した上に重巡洋艦のかたがたがまた全砲撃を外し敵の全滅に失敗するものの大きな損害はなくA判定勝利、対潜戦となる第3戦はまた五月雨さんが戦闘糧食を食しはやくも使い切りつつ加古さんが損害を受けさらにT字不利となり色なしの撃沈にとどまりA判定勝利、幌筵で物資を揚陸、ボス戦は航空戦で駆逐艦1を撃沈、霞さんが中破しつつ昼戦で駆逐棲姫さん大破その他撃沈とし夜戦で敵の全滅に成功、TPを60減少させ…
プリンツ・オイゲンさん
…新しいかたが登場しました。

TPはまだ119残っていますので引き続き4回めの出撃を実施、対潜戦となる初戦は完全勝利、第2戦はやっぱり艦載機が蒸発しそしてやっぱり重巡洋艦のかたが何も仕事をしませんけれど萩風さんがツ級さんを一撃撃破、でも残った金のリ級さんにより涼風さんが一撃大破したため夜戦で敵を撲滅して終了、帰ってくると三隈さんの瑞雲が熟練度リセットとなっていました…。
5回めの出撃、対潜戦となる初戦は完全勝利、問題の第2戦は艦載機の蒸発はなくまたリ級さん2が金ではなく赤でしたこともあり大きな損害なく第2艦隊のみで敵を全滅、対潜戦となる第3戦は先制雷撃で名取さんが小破しその後の雷撃で名取さんが中破しつつ敵は全滅、幌筵で物資を揚陸、ボス戦は航空戦は空振りし第2艦隊は名取さん大破に対し駆逐艦1しか撃沈できず雷撃戦で萩風さん大破霞さん中破となり、駆逐棲姫さん小破金の雷巡1大破で夜戦となり敵の全滅に成功、TPを60減少させます。
6回めの出撃、対潜戦となる初戦は先制雷撃とその後の雷撃で萩風さんと衣笠さんが微少ダメージを受けつつA判定勝利、問題の第2戦はやはり艦載機が蒸発しまたやっぱり重巡洋艦のかたがたが砲撃を全て外したため雷撃戦で満潮さんが大破、その後第1艦隊が敵を全滅させるものの終了となりました…帰ってくると三隈さんの瑞雲が完全に消滅しており、そしてちょっと加古さんと衣笠さんの命中率のひどさは目をつぶれないレベルに達している印象になり、青葉さんと足柄さんに交代することにしました。
7回めの出撃、対潜戦となる初戦は損害なくA判定勝利、問題の第2戦は例によって艦載機が思いっきり蒸発し青葉さんや足柄さんは砲撃を当てますけれどT字不利に働き撃沈には至らず雷撃戦で名取さんが小破し敵は結構残存しB判定勝利、対潜戦となる第3戦は損害はなくA判定勝利、幌筵で物資を揚陸、ボス戦は軽空母が金色に変化しており航空優勢も確保できず、第2艦隊は青葉さん以外全員砲撃を外し霞さん小破満潮さん中破となり雷撃戦でさらに青葉さん中破萩風さん小破となり第2艦隊で損害を受けていないのはわずかに足柄さんのみ、駆逐棲姫さん無傷雷巡2小破というかなり絶望的な状態で夜戦となり、満潮さんが中破し最後の霞さんまで攻撃が長引きますけれど最後で何とか駆逐棲姫さんを撃沈し敵の全滅に成功、TPを59減らし輸送ゲージが消滅…帰ってくると利根さんの瑞雲も消滅していました。

これでまずは輸送ゲージの破壊に成功しましたけれど、なかなか苦戦を強いられてしまい、これはやはり私では難易度丙で限界の模様…1年プレイしてもこれですので、今後もやはりずっと丙で進むことになりそうです?
輸送ゲージは破壊されましたけれど、秋イベントの最後の海域の様にその後さらに普通のゲージが出現、今度は普通の連合艦隊で出撃を敢行することになりました。
どうも最近は艦載機の蒸発を恐れて水上打撃艦隊編成を行うことが多く、今回もやっぱりそちらを選択、この様な艦隊を編成してみました。
-----
○第1艦隊:龍驤さん(80)・祥鳳さん(98)・陸奥さん(98)・長門さん(98)・伊勢さん(91)・日向さん(91)
○第2艦隊:五月雨さん(137)・萩風さん(98)・鬼怒さん(98)・リットリオ(イタリア)さん(98)・加古さん(88)・衣笠さん(88)
-----
…ほぼ演習のみでレベル98まで上がった陸奥さんと長門さんとリットリオさんを本格的な戦闘へ参加させようということで組み込んでみました。
軽空母なかたがたはほとんどレベル98に達していて、飛鷹さんに至ってはもうすぐ99に達するほどになっていますので、まずは上で上げたお二人、ということに…正規空母1重巡洋艦1、にしてもよかったのですけれども。
軽巡洋艦は今度は鬼怒さん、由良さんは出番がないままに終わることになりますけれど演習で最近優先して使っていますからよしとします…レベル98な駆逐艦のかたがたは3-5、重巡洋艦は2-5、戦艦や正規空母は4-5でそれぞれ出番がありますから無理にここで出番を作る必要はないかな、ということで…?
…戦艦のかたが多すぎて、改修できている41cm砲や徹甲弾の数が足らない事態に…。

その皆さんの出撃なのですけれど、今度はスタート地点がこれまでと変更になり、ちょうどアサミーナ提督のいる幌筵からの出発となりました(残る1ヶ所のスタート地点は単冠湾の位置です)
そこからはじめの分岐は能動分岐となっておりどちらも変わらなさそうでしたので南下を選択、初戦は金のル級さん3にツ級さんという恐怖の編成との戦いとなりましたけれども完全勝利となり、その先の第2戦は航空戦となり損害なく完全勝利扱い、その先の第3戦は金と赤のル級さんに輸送船2などの編成との戦いとなり敵の攻撃が全て陸奥さんに集中した結果、彼女のみ大破で他の皆さんは無傷で終了となり、帰ってくると龍驤さんの村田隊天山がもう少しで全滅しそうになっていました。

あの編成のお相手で大破撤退はただ単に運が悪かっただけとも受け取れる気がしますけれど、でしたら能動分岐の別方向でしたらどうなるのか、ということで2回めの出撃は能動分岐で東進を選択してみます。
その先の初戦はネ級さん2ツ級さん1を含む巡洋艦隊との戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、その先の第2戦は赤と無色が2ずつの対潜戦となり先制雷撃でリットリオさんが9の損害を受けつつA判定勝利、そこの分岐は索敵エフェクトが発動し南下、第3戦は戦艦棲姫さんやツ級さん編成との戦いとなるものの航空戦で4の撃沈に成功したこともあり完全勝利、そこの分岐は南下すればボスへ行けたのですけれど東進させられてしまい第4戦は飛行場姫2との航空戦となり損害なく完全勝利扱いとなりました。
その先はボス戦となり、重巡棲姫さんというはじめて見るかたが旗艦に赤いル級さん2ツ級さんなどがお相手、航空戦で駆逐艦1を撃沈、祥鳳さんが中破しますけれど昼戦で敵の全滅に成功しました。
…ちなみに重巡棲姫さん、被弾時の台詞が集積地棲姫さんとは別の意味で痛々しい…血反吐を吐いている様な感じで…。

2度の出撃で水上打撃艦隊による両方のルートをたどった結果、東進ルートのほうが戦闘数は多いものの安定性がある、という結果にはなりましたけれど、ただ艦載機を蒸発させてくるツ級さんが南下ルートですとボスを含め2回なのに対し東進ルートでは3回出現するのが嫌な感じで、また戦闘回数も東進ルートのほうが多くなり、しかも戦艦棲姫さんなんてかたまで登場されました。
つまりどちらもどちら、ということになるわけですけれど、そういえばお相手に空母が0でしたので味方空母には攻撃機を満載できるっぽい…その上で怖いのはやはりツ級さんによる艦載機蒸発ですので、もう一度南下ルートに挑戦してみることにしました。

空母から戦闘機を降ろした3回めの出撃は南下ルートに再挑戦、その初戦はやはり金のル級さん3にツ級さんがお相手となり伊勢さんが一撃大破、あっさり終了となりました。

全く話にならない結果に終わり頭を抱えそうになりましたけれど、ツ級さん恐怖症にかかってしまっていますので(何)もう1回南下ルートに挑戦してみました。
4回めの出撃となるそちら、初戦は完全勝利で切り抜けることに成功、航空戦となる第2戦は祥鳳さんが6の損害を受けA判定勝利、第3戦は祥鳳さんや陸奥さんが少なくない損害を受けるものの敵の全滅に成功しました。
そうしてたどり着くことに成功したボス戦、航空戦は駆逐艦1を撃沈、T字有利に働き日向さん中破となりますけれど第1艦隊のみで敵の全滅に成功しました。
…帰ってくると日向さんの瑞雲が全滅しており、やはりツ級さんのせいかと思われます…。

昨日はそこまでとしましたけれど、ちょっと本当にツ級さんによる艦載機蒸発に対してかなり恐怖を覚えていますので、それとの交戦回数が少なくなる南下ルートを引き続きたどっていこうかなと思います。
その際、第2艦隊に順番が回ることがほとんどありませんので、現在リットリオさんに装備させている改修された徹甲弾を、改修されていないものを装備している日向さんと交換してもよいかもしれません。
ともかく、この海域は構成を見てもルート固定などは特になさそうです…単冠湾スタートが気になりますけれど、空母機動部隊の場合でしょうか(その地は南雲機動部隊が真珠湾攻撃へ進発した場所ですし)

それで順調にいけば、何とか今日か明日にもこの海域を突破でき、天城さん探索に専念できる様になるのではないかなと思っています…運営電文によるとイベント期間は2月26日までらしくあと2週間程度ありますので、その間資源が限界に達しない限り天城さんをお迎えできるまでひたすら海域その2へ通い続けようと思います?
…秋のイベントのプリンツ・オイゲンさん探しとは違い艦隊は通常艦隊、しかも戦艦も空母もいない編成ですので高速修復材以外の資源へのダメージは比較的軽くなると思われますけれど、果たして…?(海域その3の後半、戦艦なかたを大量に使いはじめてから資源もどんどん減る様になりましたけれど、今のところ海域その3で新しいかたを探す予定はありませんし…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年02月07日

ねこの島

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDも…
○THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS(8)
○貝とオルタナロック(3) きみが紡ぐ星のコード
○やっぱりかほごなかのじょ
○総天然色乙女組!!
○しずかな樹海のミトリ 雪の妖精のお話
○ハンマークラヴィーア
○ねこの島(前編・後編)
-----
…一番上はDVD、その他は同人誌となります。

DVDは予約をしていてこれまでも既刊が届いているアニメシリーズの最新刊となります。
1月分は『うさぎですか?』第2期が届かずじまいですけれど、そういえばこの『シンデレラガールズ』に『ゆるゆり』の第3期も第1巻が発売した次の1ヶ月はなぜか間が空きましたし、今回もそういうことなのかもしれません。
…アニメについて、今期のものは以前原作を読んでいる『魔法少女なんてもういいですから。』のDVDは予約しましたけれど、他は何もない、という結論でよいですよね、ね?

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ簡単に触れていきます。
なお、今回のものは全てオリジナルとなりまた一番下の作品以外は全て1月31日に出たらしいものとなります。

○貝とオルタナロック(3) きみが紡ぐ星のコード《【nak.moo】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…微妙な関係が続きつつもでも確実に距離の近づいているお二人を描いています。
今回はお相手のかたがライブをしているところを見ることになったりと、色々新たな一面を見ることができましたけれど、まだまだお話は続く様子ですので引き続き見守りましょう。

○やっぱりかほごなかのじょ《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…今回は4コマになっており、よりコメディ寄りといえるでしょうか。
相変わらず過保護なのですけれど、その世話を焼いてくれているかたが修学旅行に行ってしまって離れ離れになりましたのでちょっと大変なことに…百合的にはやっぱり過保護を受けているかたのほうが強めの雰囲気です?

○総天然色乙女組!!《【Randam 6】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは上で触れた『貝とオルタナロック』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に同級生な3人の女の子の日常を描いた4コマとなります。
今回はバレンタインのお話となっており、王子さまタイプのかたが主役…とはいえ、妹さんが誰かにチョコレートを贈るっぽくって右往左往するさまを描いたものとなっていたりと、ともかくやはり楽しいお話となっています。

○しずかな樹海のミトリ 雪の妖精のお話《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらも上で触れた『貝とオルタナロック』の既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、森で暮らす女の子が雪の妖精な女の子と出会うお話…。
こちらは既刊同様の雰囲気で、そして心あたたまるよいお話といえるでしょう。

○ハンマークラヴィーア《【ハイパーケトルイエスタデイ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★》
こちらは上で触れた『貝とオルタナロック』の既刊とともに購入をしている『UNOs』などを出されたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、突然あまり親しくない同級生の女の子に告白された女の子と、その告白した女の子のお話…。
こちらはその両者視点でお話が繰り広げられるのですけれど、告白された側のかたがなかなかはっきりものを言うタイプのかたで、百合的には最終的には友達で、というところに落ち着くのですけれどもその性格がなかなか面白いものでした。

○ねこの島(前編・後編)《【空白茶屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは百合が期待できそうなものでしたことから購入をした、前後編ともに冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、猫耳なかたと猫が暮らす島で暮らす猫又な女のかたのお話…。
彼女は島の外で明るくかわいい女の子に出会うのですけれど、世間一般的に猫又は忌避される存在になっていますのでその子と近づくのを少しためらってしまって…こちらは百合的にはそこそこといったところながらあたたかく微笑ましいお話で、続きを読みたくなるものとなっています。


その様な昨日は上で触れました『シンデレラガールズ』のDVD第8巻を観てみました。

第21話は『Crown for each.』ということで、プロジェクトが瓦解する危機が訪れてしまうお話…。
きっかけはあの頭のおかしい人が提唱したプロジェクト・クローネにシンデレラプロジェクトから数人が参加することになった、ということ…。
その様な中でさらに未央さんが自発的にソロ活動をされるという宣言をされ、一体どういうことなのか周囲はその真意を測りかねますけれど、彼女の真意は一度ニュージェネの外に出る経験をすることにより凛さんの気持ちを少しでも解る、ということでした模様…。
ニュージェネのリーダーとして未央さんは確実に成長していらして、かなり頼もしさを感じる様になったのですけれど、ただその分今回は…。
ラブライカのお二人もそれぞれソロになったりし、みくさんなどはこの様なことで大丈夫なのか不安になりますけれど、少なくともこの時点では致命的な事態には陥らず、秋のライブへ向け一致団結できました。
…第23話もそうなのですけれど、凛さんやトライアド・プリムスのお二人、未央さんはそれぞれに事態を招いたのは自分のせいとおっしゃられてしまうのですけれど、言うまでもなく全ての元凶は…。

第22話は『The best place to see the stars.』ということで、秋のライブがはじまります。
凛さんやアナスタシアさんがプロジェクト・クローネで参加されることもありニュージェネとラブライカは今回は参加を見送ることとなり、美波さんは別個でソロ参加をされ、卯月さんと未央さんは完全に裏方に徹することになりました。
それでも卯月さんや未央さんはかなり前向きに頑張るのですけれど、卯月さんに危うい気配…前期の未央さんに感じられた様な危うい気配が見え隠れします。
一方、シンデレラプロジェクトの皆さんのライブは成功裏に終わりますけれど、プロジェクト・クローネの皆さんは経験が少ないかたが多いからか緊張に飲み込まれてしまいアクシデントが発生したりしてしまいます…それも何とかプロデューサさんなどの機転で乗り切ることができ、あの頭のおかしい人も少しはプロデューサさんたちを認める様になった、といえるでしょうか。
けれど、その様な中にあって、ライブ後もトライアド・プリムスの活動を凛さんが並行される、と知った卯月さんのご様子が…。

第23話は『Glass Slippers.』…。
他の場所で輝く皆さんを見て、そして新しく用意してもらった小日向美穂さんとのお仕事も不調で、かなり自分を追い込んでしまった卯月さんは自らレッスンをやり直したいと、お仕事をキャンセルして養成所へ戻ってしまわれます。
凛さんや未央さんの連絡にも大丈夫、とおっしゃる卯月さんなのですけれど、事実はもちろん大丈夫ではないわけで…事態がかなり深刻になってからお二人が卯月さんにお会いすることになりますけれど、彼女はかなり思い詰めてしまっていて…。
その様な痛々しい卯月さんに対し未央さんが改めてここからはじめよう、と声をかけ、年末にあるニュージェネのライブに卯月さんも参加してくださる様にお願いしますけれど、果たして…。
…そして頭のおかしい人は卯月さんを切り捨てろ、と言いますけれど…この人、本当に何なのでしょうか…。

今回はとにかく卯月さんが、前半の未央さん以上に危ういことになってしまい、あの笑顔のとってもまぶしくてまっすぐなお気持ちを持つ彼女からその笑顔を奪う様なお話があまりに悲しく、ともかく悲しくって泣けてしまいました…(アサミーナさんも卯月さんと同じことをしそうになりましたし同じ立場なら同じことをしたでしょうし、気持ちは解るのですが…/何)
人の死による悲しみ、以外の理由の悲しくつらいという理由でここまで大泣きに泣いてしまったのはいつ以来でしょうか、というほど悲しいことになってしまっていて、卯月さんを見守りたいと思う身としてはとにかくつらいです。
もちろん、この厳しい試練ともいえる展開を乗り越えて卯月さんがより成長する展開になってくださるのでしたら、このきつい展開がこれ以上続かないというのでしたら、まだ許容はできますけれど、DVDはあと1巻残っており、ですので3話程度残りがあるわけで、次のクリスマスライブでうまくいかなくってさらにきつい展開される、ということも予想されてしまい…どうか、どうか卯月さんにこれ以上つらい思いをさせないでください…。
もちろんそれが大成功して、というよい展開になることもあるでしょうし、どちらになるかはまさに五分五分といったところでしょうか…大きな不安と期待を抱きつつ、最後まで見守りましょう。
…あと、ライブなどで流れる皆さんの曲が全てよく、またアルバムなど出ないでしょうか…。


『艦隊これくしょん』は改装設計図を得たことにより雲龍さんを改仕様にすることができ、零戦52型丙と彗星に天山の3つの六〇一空というなかなか強い装備を入手できました。
これで現状いらっしゃるかたで改装設計図待ちになるのは、他にもアイテムが必要な翔鶴さんを除くとビスマルクさんとローマさんのみとなりました…ただしビスマルクさんは2回必要になるっぽいです?
開発は12cm連装砲、失敗、水偵、流星となり、いつも通りの惨状といえます…流星は改でないと意味がありません。

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれど例によってやはりル級さん+輸送船2の外れ編成と遭遇させられ三隈さんが大破する上に任務に失敗します。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、またル級さんが存在するものの輸送船は3あり任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃でいきなりボス前で南下させられ出鼻をくじかれます。
その後も2回連続でのボス前での南下が発生したりし、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリアは全てボス前で南下し3回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、悪くない結果といえるながらでも結果ほど体感としては順調ではない印象でしょうか。

南西諸島任務後の潜水艦撃沈任務はろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務及び海上護衛強化月間と一緒に実施すべく満潮さんたちいつもの皆さんを1-5へ派遣します。
その絶望の初戦はけれど五十鈴さんへ放たれた先制雷撃が外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は龍驤さんが小破し日向さんも8の損害を受けつつも敵の全滅に成功しました。

拡張海域へは現状出撃できる場所で残された最後の場所な4-5へ、戦艦を榛名さんとした古鷹さんたちによる艦隊を出撃させます。
その初戦は大きな損害なく敵を全滅、対潜戦となる第2戦はまだ鈴谷さんと熊野さんは艦載機を飛ばしてくださりB判定勝利、第3戦は熊野さんが中破し瑞鶴さんが小破と怪しい気配が漂うものの敵は全滅し先へ進む権利を得ました。
そうしてたどり着いたボス戦、航空戦は航空優勢を取りつつ熊野さんが大破に対し駆逐艦と要塞を1ずつ撃沈、昼戦で葛城さん大破鈴谷さん中破に対し港湾棲姫さん損壊その他撃沈となり、夜戦で敵の全滅に成功しました。
…ちなみに今回は鈴谷さんと熊野さんを含め艦載機の蒸発、全滅はありませんでした。

それであと1回出撃すればゲージが破壊できる状態となり、けれど、4-5はゲージ破壊直前になるとボスが恐ろしく強力になり難航することが解っており、でも何とかイベント開始までには終えておきたくって、ですので昨日はもう1回出撃を敢行しました。
編成は比叡さんを比叡さんを旗艦に榛名さん、山城さん、扶桑さん、瑞鶴さん、葛城さんという戦艦4+空母2というイベント海域並の、先月突破に成功した際の編成としました…上で触れた様な重巡洋艦メインの編成でも先々月に突破は成功できているのですけれど、やはりこちらのほうが確実な気がしまして…?
この編成にしますとボス前の戦いがどうしても南下しての強力なお相手との戦いになりますし、昨日は2回めの出撃ということもあり、思い切ってはじめの能動分岐で左へ、つまり夜戦ルートを選んでみました。
先月ここを選んだ際にはぼこぼこにされたわけですけれど、昨日は大きな損害を受けることなく切り抜けられました…空母がいる時点で敵の全滅は不可能なわけですけれど、それでもA判定勝利となります。
第2戦は軽巡棲鬼さんとタケシーの様な艦載機を飛ばす金のヲ級さん2にル級さん改というこれってボスですよね、と思える異常なお相手の編成、3-5の北方棲姫さんと戦うときの様に突破を第一に考えて輪形陣を取ってみたのですけれど、何と大きな損害を受けることなく敵の全滅に成功という驚きの結果…。
そうしてかなり順調にたどり着くことのできたボス戦、航空戦で航空優勢を取りつつ要塞2大破、昼戦で比叡さん葛城さん中破に対し港湾棲姫さん損害その他撃沈となり、夜戦を挑み扶桑さんが大破するものの敵の全滅に成功しました。
…この編成でのはじめの能動分岐、どうせボス前では軽巡棲鬼さんの場所に飛ばされますし、それに夜戦を今回の様に無事突破できればツ級さんに遭遇しない上に戦闘回数も抑制できますから、思い切ってそちらへ進むのもよいのかもしれません?

こうして今月は思いのほかあっさりと4-5のゲージ破壊に成功、これで1-5からの4つの拡張海域を突破でき勲章が4つとなり、上で触れたとおり改装設計図を得て雲龍さんを改仕様とできました。
また、そのためか今朝の時点でアサミーナ提督が元帥になっていたばかりか、元帥になっていたのが気になりましたのでランキングを見てみると…
ランキングが…
…何と745位という位置に…今後上がる見込みはありませんので最終的には定位置に落ち着くでしょうけれど、それでもびっくりしてしまいます。
…その他、ゲージ破壊時のボス戦で得られたのは熊野さんでしたけれど、熊野さん、それに鈴谷さんも航空巡洋艦にするよりも初期のイラストのほうがよい感じがするのは私だけです?(何)

ともかく何とか無事にイベント発動までに拡張海域のゲージ破壊に成功しました。
まだ1-4への水雷戦隊任務や4-2への機動部隊出撃任務が残っていますので、前者は空母撃沈任務出現まで取っておくことにしているながら、後者は今日にでも実施しましょうか。
また、雲龍さんが改仕様になったことで彼女を含む艦隊で5-2へ、という任務が実施可能となりましたけれど、近代化改修もありますし、それはイベントが終わったくらいで実施しましょうか。


無印の『七竜』は、世界を回った結果発生した、ダンジョンへ赴いて得ることのできる武器の回収などへ赴きます。
真竜ヘイズが出現した森にはミロス連邦国に伝わる剣があるといい、フロワロの消滅したそちらへ…道中地図を回収でき、そして剣も無事に回収できました。
剣は王者の剣からもらったものなどナイトが装備できないことも多いのですけれど、さすがミロス連邦国は騎士の国でありまた盾と対になっていますのでもちろんナイトも装備可能、かなさまの攻撃力がアサミーナさんを上回りました。

次は雪洞へ赴きますけれど、剣聖の間には一振りの刀があり、ゼスさんの遺言も残されていました。
アサミーナさんが次の剣聖に指名され、その刀も受け継ぐことになりました…この際にアサミーナさんを見守るゼスさんと大統領のお二人が非常にかっこよくよい関係です。
そしてその刀は非常に強力で、再びアサミーナさんがかなさまの攻撃力を上回りました…ちなみに何気に里緒菜さんの攻撃力もものすごく高いのですけれど後衛にしていますのでその真の力は発揮できておらず、どうしましょうか…。
…その後剣聖の村へ赴くと今まで何も売ってくださらなかったお店で買い物ができる様になったものの、そこで売られている新しい刀はもちろんゼスさんから受け継いだ刀より弱く、意味がない…サムライが2人以上パーティにいるとき用でしょうか。

次はトゥキオン…東京へ向かい、マスカミ遺地にいるアイテルさんにお会いします。
すると彼女はエメルさんにお会いしたいというのですけれど、ただ現在東京ではタケハヤ氏がいなくなった影響で魔物が増えているといい、シバの森という場所にいる魔物を倒してきてほしいとお願いされます。
そのシバの森はかなり特殊で迷いやすい構造となっており、しかも転移ポイント候補の中にはHPやSPにダメージを受ける箇所がかなりあり、しかもそれは一度ダンジョンを脱出すると復活して見分けがつかなくなるという…どこが何なのかメモをしなければすぐにSPが尽きてしまいかねず、かなり厄介な場所といえます。
…しかし増上遺地、そして芝の森、ですか…近くに以前している『2020』で人竜Mや真竜ニアラのいた東京タワーのありそうな場所ですね…。

と、その様な昨日は衝撃的な事態が発生…いえ、飛空艇で飛んでいると海に光るものを発見、船に乗り換えて調べてみるとそれは何とメイジのEXスキルだったのです…。
海上の光るポイントは地図埋めの際に全て回収したかと思っていたのですけれど、全然その様なことはなかったみたいで、改めて色々飛び回り、3属性のEXスキルを全て回収することに成功しました。
もうこれで、例の暗号解読クエストなどを終えて得られるものはEXスキルでないと解りましたので、最終手段を用いてまで完了する必要はなさそう、かもしれません?
…というより、そもそも無印をはじめた理由は『2020』や『3』との明確な繋がりを確認する、という意味合いが強く、本来はほぼ完璧なアサミーナさんの再現をできる『3』をはやくやりたい、という気持ちが強かったりしますので、無印はそこまでやり込まずさくさくクリアして、いっそクリア後要素も無視して『3』へ移行する、というのもありかもしれません…とにかく『3』のアサミーナさんをはやくはやく…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年01月20日

裏表紙も!いつもの四人

先日はこの様なものが届きました。
-----
全て『艦これ』の…
○ゆっくりと、またひとつ
○フレフケ! 雨よ降れフレ、風よ吹けフケ!
○表紙は赤城さん(裏表紙も赤城さん)
○いつもの四人(裏表紙も!いつもの四人)
○いつでも四人(裏表紙もいつもの四人)
○いつもの しゅんか
○いつもの しゅうとう
○強面オトン提督の娘(2)
○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ
-----
…今回は全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。
ちなみに、今回届きましたものは全て『艦これ』の二次創作作品となっています。

○ゆっくりと、またひとつ《【木漏れ日亭】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは1月17日に出ましたらしい、五月雨さんメインのお話ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、五月雨さんと夕張さん、涼風さんと朝潮さんという2組のカップリングのお話…。
今回は五月雨さんと涼風さんがそれぞれお相手のかたに呼び捨てで読んでもらおうとされたりされるお話で、前者はもう完全にお付き合いをしている、後者はこれからといった関係になっており、百合的にも微笑ましくよいお話になっていました。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『ふたりの軌跡』を出されたりされたかたとなっています。

○フレフケ! 雨よ降れフレ、風よ吹けフケ!《【衛星ベジータG】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも1月17日に出ましたらしい、五月雨さんがメインの一人でいる作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、白露型な皆さんの日常を描いたお話…。
その中でも春雨さんや江風さん、海風さんが皆さんのところへやってきたお話が中心となっており、微笑ましく楽しいものとなっていました。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『甘くて美味しいキャンディスティック。』などを描かれたかたとなっています。

○表紙は赤城さん(裏表紙も赤城さん)《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは2013年の11月17日に出ましたらしい、とっても大好きなあのかたがこちらのサークルさまの最新刊を購入しており、またこちらのかたはアンソロジーでもお見かけしたことがあり気になったこともあり購入をしたものとなります。
内容としましては、赤城さんと加賀さんと蒼龍さんのいる鎮守府へ飛龍さんが新たにやってくるお話…。
こちらはアンソロジーでもこの4人+妖精さんのお話が定番になっていて、それのはじまりのお話といえそうな感じ…ちょっとシュールなところはありますけれど基本的に楽しく微笑ましいお話です。

○いつもの四人(裏表紙も!いつもの四人)《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは2014年の8月15日に出ましたらしい、上の作品と同じ理由で購入をしましたものとなります。
内容としましては、いつもの4人の日常を描いたお話となります。
こちらにサークルさまの作品は蒼龍さんと飛龍さんが少し小さくかわいらしく描かれていて赤城さんと加賀さんがお姉さん的な雰囲気になっているのですけれど、それはこのあたりからその様な傾向になったみたいです?

○いつでも四人(裏表紙もいつもの四人)《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは2014年の12月30日に出ましたらしい、上の作品と同じ(以下略)
内容としましては、いつでも一緒な4人の日常を描いたお話となります。
収録されたお話は主に夏と冬…年末を題材としたものとなっています?

○いつもの しゅんか《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは昨年の8月15日に出ましたらしい、上の作品と(以下略)
内容としましては、いつもの4人の日常を描いたお話となります。
タイトル通り春から夏にかけての皆さんを描いたもの…記述がかなりあっさりになってきてしまっていますけれど、それだけ安定してよいものということですよ?

○いつもの しゅうとう《【ししがみ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは冬のイベントにて出ましたらしい、上の(以下略)
内容としましては、いつもの4人の日常を描いたお話となります。
タイトル通り秋から冬にかけての皆さんを描いたもの…とにかく小さめな蒼龍さんと飛龍さんがかわいらしく、またそれを見守る赤城さんと加賀さんもよく、ですので下で触れる通り…(何)

○強面オトン提督の娘(2)《【パレス犬吠埼】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらは冬のイベントにて出ましたらしい、とっても大好きなあのかたにお勧めしていただけた作品ということで購入をしましたものとなります。
内容としましては、表情が恐めな提督さんと漣さんを中心とした皆さんの日常を描いたお話…。
提督さんは表情はかなり恐いのですけれども内面はとてもやさしくまさに皆さんの父親の様な存在…前半は色々な艦娘な皆さんとの1ページ漫画となっており、後半は出会ってばかりの頃の漣さんとのことが描かれますけれど、後半のお話は泣かされてしまいました…。
こちらは第1巻も購入しようと思ったのですけれど、品切れ…よいものでしたので、もしも再入荷などあれば購入したいものです。

○提督ちゃんと艦娘つめ合わせ《【migmig】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは1月17日に出ましたらしい、よさそうに感じられたことから購入をしましたものとなります。
内容としましては、小さめな女の子な提督さんと艦娘な皆さんの日常を描いたお話…。
女性な提督さんを主人公としたお話は先日にも購入しましたけれどそちらはほんわかお姉さんタイプでしたのに対し、こちらはやや大人しくて小さいかたで、こちらもこちらでやはり微笑ましいものです。

今回の同人誌は全て『艦これ』なものとなりましたけれど、それぞれによいもので、やはりよさそうに感じたり、あのかたにお勧めしていただけたものは購入していってよさそうです。
お金に余裕があれば、今後も少しずつ購入をしてみましょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、35cm連装砲、14号対空電探、天山となり、14号対空電探が出ましたので大当たりといえる結果です。
演習で「明石Lv低くてすみません」というコメントのかたがいらっしゃいましたけれど、明石さんのレベルは99…私の艦隊の明石さんは35で止まっていますけれど、もっと上げておいたほうがよいのでしょうか…(とはいえ現状は高速修復材が最大数ありますので明石さんを使うことはほとんどありませんけれども)
その演習、夜のほうは何と5艦隊中5、全て全員が高レベルでお一人編成となっていまして、とてもありがたいことでした。

その様な昨日はメンテナンスがあり、霞さんに改二仕様が実装された模様ながら、私の艦隊の霞さんはレベル73でなることはできませんでした…とはいえ現在満潮さんと彼女を最優先でレベルを上げていますので、そのうちきっと…?
その改二仕様になった霞さんを旗艦として4人の駆逐艦で3-1へ、という任務も出現しましたけれど、もちろん今現在は達成できません。
その他、節分な台詞が実装された他家具も増えていて…
睦月仕様の…
…1月、つまり睦月な家具でお部屋を統一しました。
ステンドグラスも2種出現していたのですけれど、1つにつき130,000以上の家具ポイントが必要、という驚異の数値でしたので足りませんでした…現在家具箱を全開放しても112,020しかありません。
そして画像の通り、瑞穂さんが鏡餅に続いて今度は三方に豆を載せています。
…艦隊防空直衛仕様艦、って何でしょうか…五十鈴さんでもできるそうですけれど、ちょっといまいち意味が解りませんので、五十鈴さんの装備はそのままにしておきますけれども…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれどそのはじめの出撃はボスへ吹き飛ばされ任務に失敗します。
2回めの出撃は輸送船エリアへ到達、けれどル級さん+輸送船2という外れ編成と遭遇させられてしまい満潮さんが大破させられる上に任務に完全失敗…。
先日に引き続いての任務失敗にげんなりしたこともあり、潜水艦隊を2-3へ派遣…南下ルートに乗ることができ任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施しますけれど、2回連続でボス前で南下させられ前途多難の様相…とはいえろ号作戦が発動していますので悪くはないのですけれども…?
その最終的な結果はボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリア6回うちボス前での南下5回と、南下率が高くやや荒れた結果、といえるでしょうか…とはいえ高速建造材という完全無意味な場所へは飛ばされませんでしたのでよかったです。

と、上で触れた同人誌の影響で…今まで使わずに放置してしまっていた加賀さんを普通に使おうと思います。
加賀さんなど、今まで放置し続けたかたも積極的に、とはいかないまでも普通に使っていきましょう、ということで同時に霧島さんと大井さんと北上さん、千歳さんと千代田さんも開放します。
空母な3人は3-2での空母枠2つのうちの1つを使って、まずは加賀さんをレベル50の千代田さんたちへ追いつかせ、その後は3人均等に使っていきましょう…空母枠のもう1つはこれまでどおり鳳翔さん、龍驤さん、赤城さん、雲龍さん、飛龍さん、グラーフ・ツェッペリンさんを均等に使います。
戦艦の霧島さんはレベル91になってしまった伊勢さんと日向さんに代わって日々の2-2で運用します。
一番困るのは大井さんと北上さんで、重雷装巡洋艦にしてしまったので遠征でのレベル上げは難しく、かといって3-2で上げるのも…日々の2-2に組み込んでみますか?


無印の『七竜』は砂漠にいる帝竜を討伐しに向かいます。
以前砂嵐が発生しているために通してもらえなかった地点の先にその帝竜はおり、思った通りそう強くない相手だったのですけれど、とどめはさせず逃げられてしまいます。
けれどそれでもルシェ王には認めてもらえ、協定の締結に成功したのでした。

これでカザン共和国へ戻ることになりますけれど、その前にその砂漠内にある洞窟に残されたドラゴンの討伐も行っておきます…これで洞窟内のフロワロも消滅します。
カザン共和国へ戻ると、世界の主要国との協定が結べたということで、学都プレロマで首脳が集って会談が行われることとなり、アサミーナさんたちもそれに参加することになりました…マレアイア群島国が無視されてしまっていますが…。
プレロマは制空権を奪回するために空を飛ぶ帝竜を、ネバンプレス帝国は謎の帝竜を撃滅するミッションを発動、一方先に逃げた帝竜はアイゼン皇国東方に逃げたのが目撃されたながら詳細は不明とのことです。
ミロス連邦国からは普通のドラゴンを減らすことが大切なのでは、という意見が出て、帝竜を優先するのも普通のドラゴンの数を減らすのもアサミーナさんたちの自由とされ、そこで表示されたメッセージからも今後自由度が急激に増すことが予想された、のですが…?

ひとまず物語が大きく動きましたので世界各地の皆さんと会話をしようと思い、まずはそのままプレロマの人々と話しいくつかクエストが発動したのを確認してから一度外へ出た…のですけれど、ここでさらに物語は大きく、しかもかなり意外な方向へ進みました。
外へ出た瞬間、星のどこかに塔が現出したらしく、しかもそこに現れたのは真竜ニアラ…全世界の人々にその姿や声が届き、以前している『2020』での真竜の領域での説明通り、今回も円熟を迎えたこの星の生命を喰らいにきたといいます。

ニアラの出現を見たエメルさんは直ちにネバンプレス帝国へ千人砲なる兵器の発射を命じ、それを受けネバンプレス帝国はルシェ王など幾人もの人々がその生命と引き換えに膨大な魔力をニアラへと放ちました(伝説の冒険者の奥さんが言っていた光とはこのことだった模様…このイベントが発動する前にあの洞窟をクリアすることが想定されていなかったっぽい?)
このルシェの人々が己の生命を犠牲にしていくさまは泣けてしまいます…。
それでニアラを撃滅することは叶わなかったものの損害は与えたらしく、ニアラはしばらく休むことになり、その間ニアラが呼び出した別の真竜、真竜ヘイズがこの星に降り立ち、ミロス連邦国の南に居座ってしまいました。

エメルさんはかつて自分の星を滅ぼしたニアラを撃滅するために再度、この星の人間全員の生命を使ってでも千人砲を放て、とおっしゃいますけれど、この星の生命を全滅させる選択肢などあり得ないとするプレロマの人々に投獄されてしまいました。
エメルさんがいなくなってはリーダーシップを取れる人が、となってしまい、カザン共和国の補佐官を頼ることに…。
…このエメルさんでしたら『2020』でアメリカにいた頃は間違いなく核兵器を使っていそうですが…?

ひとまずプレロマの南にある研究所でフアロさんに話しかけると真竜ではなくその前の会議に出た帝竜討伐の話が出て、ここでようやくカザン北の洞窟の謎の通路の先へ行けると聞かされました。
そこの敵はものすごく強いので、と前置きされたうえで勝率を計算されましたけれど、82%とされアサミーナさんたちがものすごく強くてそこの敵もぼこぼこにできる、なんて言われてしまいました…やはりちょっとレベルを上げすぎました、か?

昨日はそこまでで、カザンへ向かうことになるわけですけれど、やはりここまで急転直下の展開になった以上、その前に他の場所を回ってみるべきでしょう(その前にプレロマで発生したクエストをしますか?)
真竜ニアラが出現した際に世界が急速にフロワロに包まれた、なんて言われましたので外は消したフロワロがまた復活してしまっているのかと思いきや別にその様なことはなく、真竜ヘイズが出現したミロス連邦国南の森の周辺が包まれただけにとどまっており、まずは一安心…。

しかし、今作の真竜もニアラだとはちょっと思っていませんでした…いえ、だって、真竜ニアラは今作の5,000年前に当たるはずな『2020』ですでに撃滅されていますし、さらにいえば『3』でも歴史改変の結果『2020』よりもさらに12,000年前に撃滅されたというのですから…。
このあたりちょっとよく解らなくなってきましたけれど、ともかく焦らず物語を進めていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年01月18日

甘え姫と雪の王子さま

先日はこの様なものが届きました。
-----
ドラマCDも…
○その花びらにくちづけを 甘え姫と雪の王子さま
○その花びらにくちづけを 幸せの訪れるキス
○その花びらにくちづけを 玲緒っぽいらじお(4)
○鬼と椿(前編)
○ていとくといっしょ
○雪花水仙 一人静かシリーズ 番外編
○すきのいと(1)
○...in mind
-----
…上2つはドラマCD、その下1つはDVD、その他は同人誌となります。
なお、ドラマCDには年齢制限がありますのでご注意ください。

ドラマCDやDVDはいずれも今現在最新作の『りなぎさ』をプレイしている『その花』の作品群となります。
ドラマCD、『甘え姫と雪の王子さま』は以前している『白雪の騎士』にも登場された楓さんと紗良さんの、『幸せの訪れるキス』は以前している『にゅーじぇね!』にも登場されその『りなぎさ』での主役でもある莉奈さんと渚さんのお話となっています。

DVDは以前にも既刊を購入しているwebラジオを収録したもの…その既刊は3年前に出たのが最後で、以降ラジオは100回を超える放送を重ねているみたいですので出すのをやめたのかと思いきや今回こうして登場、しかもそれでもまだ24回までしか収録されておらず、このまま全て埋めるまで出し続けるのかどうか…?
こちらは収録時間が241分、つまり4時間というとんでもない時間になっていますので、いつ手を付けるかが問題…。

では、同人誌については以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
今回のものも全て冬のイベントにて出ましたものとなります。

○鬼と椿(前編)《【pastel*palette】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、五月雨さんが主役のお一人な作品ということで購入をしましたものとなります。
内容としましては、同じ鎮守府にいる五月雨さんと榛名さんのお話…。
お二人は幼馴染といってよい関係で幼い頃から仲がよかったのですけれど…五月雨さんと榛名さん、という組み合わせはかなり珍しい印象で、その様なこちらは多少シリアスなお話となり、さらにタイトル通り後編へ続くかたちとなっており、五月雨さんたちの出撃中に榛名さんたちの残る鎮守府に大軍が襲来したところで終わっており、提督さんの身に何があったのかなど謎なところもあり、今のところよい内容ながら最後まで見守らないと何ともいえないところがあります、かも?
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『さみだれ学園日誌』を描かれたかたとなっていました。

○ていとくといっしょ《【ゆきんこ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも『艦これ』の二次創作作品となり、よさそうに感じられたことから購入をしましたものとなります。
内容としましては、鎮守府の穏やかな日常を描いたお話…。
こちらはタイトル通り提督さんが主役なのですけれど、ほんわかちょっと天然な女のかたが提督さんですのでよきもの…お話も微笑ましいものとなっていて、アサミーナ提督もこんな感じかもしれません?(何)
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『おひるねまくら』を描かれたかたとなっていました。

○雪花水仙 一人静かシリーズ 番外編《【BiTTERSWEETS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下はオリジナルの作品となり、こちらは以前読んでいる『薄光スノウフレーク』の番外編ということで購入をしましたものとなります。
内容としましては、ということでその作品の番外編ということになります。
お二人の日常の中の一コマ、ということになり、やはり百合的にはそこはかとなくといったくらいではありますけれど、でもその様なお二人の関係も微笑ましくよいものです。

○すきのいと(1)《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前購入をしている『三年ルール』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、高校を舞台にした先生と生徒の恋愛のお話…。
生徒さんが先生を好きになるものの先生はその立場などからそれを受け入れない、というこのシチュエーションにおける正統派の流れのお話になっていますけれど、ナンバリングが振ってある様に続く模様で、引き続き見守りましょう。

○...in mind《【ランゲルハンス島】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前購入をしている『恋の条件、愛しさの価値』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、幼馴染な高校生の女の子お二人の関係を描いたもの…。
その幼馴染のかたが家族との関係を重要視しているにあたって、やっぱり血縁の関係には勝てない、と少しさみしく思う主人公さんなのですけれども…こちらは百合的には淡いものといえますけれど、それでも十分にお二人の関係がよきものとなっていました。

まだ『艦これ』を中心とした同人誌を注文していますので、いずれそちらが届くことになります?


その様な昨日は上で触れました『その花』なドラマCDたちのうち『甘え姫と雪の王子さま』を聴いてみました。
楓さんと紗良さんはお二人とも以前している『ゆりりん』にも登場しませんでしたし、かなり久しぶりの登場ということになるでしょうか。

お話のほうは、お二人はまだアイドルユニットとして活動しており、そのお仕事のために北国の雪祭りの取材へ行くというもの…。
その中でアクシデントが発生、一緒にお仕事をする予定でしたアイドルユニットがこれなくなったため、2日ほど自由時間が得られ、お二人で小旅行をされる…というものとなっています。
本当に子のお二人のお話は久しぶりでしたけれど、相変わらず紗良さんは微笑ましく、楓さんもしっかり王子さまをされておられました。

本編終了後にはおまけとして楓さんが紗良さんの一日に密着するという番組形式のものが収録されています…玉ねぎ頭の司会者って何、と思いましたけれど、黒柳さんですか?(何)
最近(時系列を考えるとこれ以上物語を進めるのが難しいためか)ゲームの新作は見られなくなってしまった「赤文字系」な皆さんですけれど、やはり『その花』の基本はこの皆さんかと思いますしよきものですので、今後も何かしら出てくださることを願いたいものです。


『艦隊これくしょん』は3-2で最優先でレベルを上げていた萩風さんがレベル98に達し…
精鋭駆逐隊…
…駆逐艦の皆さんもだいぶレベル98になってきて素晴らしいです(しかもさらに夕立さんと潮さんも98です…これは来月以降3-5の人選が悩ましくなります?)
次は満潮さんと霞さんのお二人を最優先でレベル98にまで上げていこうと思います…以降、曙さんと漣さん、陽炎さん、如月さん、初雪さんと早霜さん、涼風さんと谷風さん、初霜さん、深雪さん、時雨さん、子日さんという順番で上げていこうかと思いますけれど、子日さんまで達するのは果たしていつの日になることか…(秋津洲さんなどは自然と上がっていく傾向がありますので最優先にしなくてもいいかなと…?)
開発は7mm機銃、15cm単装砲、15cm3連装副砲、彗星となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣…けれどはじめの出撃はボスへ流され任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在し加古さんが小破したりするものの輸送船も3存在する編成となり任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、先日は空母3撃沈任務も発動しており、2-2の南西諸島任務用艦隊が1巡してボス到達2回に対しヲ級さん編成が0回でしたこともあり2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施、1回めの出撃は北上しての輸送船エリアで空母2撃沈、2回めの出撃も北上しての輸送船エリアとなり空母2を撃沈、空母撃沈任務はそれで達成となったのでした(ちなみにその後2-2でヲ級さん編成が1回出現…いえ、いいのですけれども…)
2-2のほうは4回連続ではじめの分岐での北上が発生したりと先日に引き続いて悪い展開に流れ、その後も北上→あらぬ方向へ流される、という最悪の流れが多発、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上8回、輸送船エリアへは全て北上しての3回、高速建造材という完全無意味な場所へも3回と、比較的悪い結果に終わりました。
しかも相変わらず戦艦の被弾率が高く全員被弾…何だというのでしょうか…。

先週は土曜日の時点でろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務が終了していましたので、南西諸島任務後の潜水艦撃沈任務は1-6で安全に終了します。
まだ80%達成状態な海上護衛強化月間任務については、今週のろ号作戦終了後の3回出撃任務で達成できるのではないかと楽観視しています。
そして今日は月曜日ということでまた諸々の週間任務が復活しますので、それらの消滅に注力しましょう。


無印の『七竜』はマレアイア群島国を帝竜の脅威から解放したことによりヘイメルを自由に探索できる様になりましたので、そちらから…とはいえ過去に行ける範囲の探索は行っており、それにドラゴンの強さもアイゼン皇国東方の島にある洞窟に出るものほどではありませんので問題なく探索をできました。

これで現状探索できるダンジョンは行き尽しましたので、いよいよ物語を進める…その前に、これまでに立ち寄った全ての町へ立ち寄り、何かイベントが発生しないか確認をすることにしました。
するとミロス連邦国で女王のお忍びイベントがまた発動、しかも今回はそれがきっかけで側近のかたが国外追放されるという事態にまでなりました。
その側近のかたは女王に人間の醜いところを見せない様にと自分が泥をかぶって圧政を行っていたのですけれど、女王にはその気持ちは解らなかったみたいで…忠臣であることは間違いなく、悲しいことです。
そのイベントが終わったタイミングでついにあの双子にもクエストが発動、母親は双子を一緒にするために健常な子の足を切り落とすことにしようとまでしたそうで、これは確かに何とかしないと…。

マレアイア群島国では声の出なくなった女の子のクエストが何とかなった…かと思いきやアイテムを集めてもダメで、次はプリンセスの職業の人を連れてきて、なんて言われてしまいました。
今作は職業は(外見のこともあり)完全固定で、それを実施するためにはパーティメンバーを変更することが必須になってしまい、それでは何のために今まで全員の経験値を一緒にしてきたか解らなくなりますし、このクエストは達成不能という事態に…もしも将来的に、全員がレベル99になった際には一考しますけれど、現状ではこのクエストは置いておくより他なさそうです。
…その他、チューブを買い占めた女の子たちの立っている場所が地味に変わっていましたけれど、何か意味があるのでしょうか…。

昨日はカザン共和国、ミロス連邦国、サイモン村、アイゼン皇国、学都プレロマと南の研究所、港町ゼザ、フロワロに沈んだ町、マレアイア群島国を回り、帝国監視キャンプにたどり着いたところまで…。
双子のクエストで上質な木材が必要で、それはネバンプレス帝国西方の森で採取できた記憶がありますのでまずはそちらへ、ということになりますけれど、今日は月曜日ということで『艦これ』が忙しくなりますので、手をつけられないかも?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年01月13日

卯月ルームでうづうづりんりん

先日はこの様なものが届きました。
-----
ようやく届き…
○艦これ陽炎型2016年卓上カレンダー
○なのサマ!!(6)
○ななあつしゅがなな。とらいあど
○ふるえる総集編(1〜5)
○PN48
○P1-08
○Blue Spring 冬のうづりん漫画合同誌
○レッツゴーハピハピデイズ★
○妖精雷撃隊 〜ワレ ショウカク テンザンタイ〜
○ひえーちゃんの本だよっ!(2)
○NEW WORLD
○ひみつきちをつくろう!
○あまひま*さくさく(8)
○くっつきぼし 総集編 -purity-
○Dear My Teacher(8)
○矢絣日和(2)
○ふたりなら
○表裏エモーション
-----
…一番上はカレンダー、その他は同人誌となり、今回届いたものたちは一部虎穴通販で普通に注文をしたものも混ざっていますけれど、基本的にはメロンブックス通販にて予約をしていたものたちとなります。
予約をしていた割には普通に注文をしたものたち、あるいは業界最速と書かれているメロンブックス通販の割には虎穴通販の予約品よりもかなり遅れての到着となりましたけれど、ともかく無事に届いてよかったです。

カレンダーはつまりはそういうもの…2ヶ月でお一人ですので全員はおらず、嵐さんという私の艦隊には見当たらないかたもいますけれど、かわいくよいイラストです。
これを注文したのちに五月雨さんもいる白露型卓上カレンダーも見かけましたけれど、卓上カレンダーは1つで十分ですので…?

同人誌のうち、『なのサマ!!』『ななあつしゅがなな。とらいあど』『ふるえる』については先日読みました『天色くろすおーばー』などと同様にコミックサイズなものとなっていますので、それら同様にいずれ普通のコミックとして読んで感想を書こうと思います。

それでは、その他の普通の同人誌については、以前届きましたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきたいと思います。

○PN48《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『なのは』の二次創作作品となり、以前に作品を購入しているサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、なのはさんがヴィータさんにとあることを相談するお話…。
その内容はいつも通り、つまりはのろけ話なわけなのですけれども…こちらは相変わらずちょっとおバカで楽しく百合的にもよい感じのよい作品でした。

○P1-08《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、既刊同様にどうやらゲーム中であったイベントを題材にしたりしたコメディなお話となっています。
私はゲームをしていませんから少しよく解らないところがあったり、キャラクターもほとんど把握できていないのですけれど、それでも楽しいお話になっていたかと思います。

○Blue Spring 冬のうづりん漫画合同誌《【春雨トランジスタ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしましたものとなります。
内容としましては、タイトル通り冬をテーマにした卯月さんと凛さんカップリングの合同誌となっています。
どのお話も非常に微笑ましくまた百合的にもよきものとなっており、個人的にはかなり満足…アニメのほうはDVDで観ている範囲では現在ちょっとニュージェネが危うい状況になっていますけれど、このお二人の微笑ましさを見ていると本当に何とかなってくださることを願わずにはいられません。
…今日の日誌のタイトルはこちらに収録された作品から…それか『うづきのあったか大作戦』あたりかで迷ったのですけれど…(何)

○レッツゴーハピハピデイズ★《【asada-Kan】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしましたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんカップリングを中心とした皆さんの短編を収録したもの…。
杏さんときらりさんの関係は百合的にもやっぱりよく、お話もかわいく微笑ましいたのしくよきものとなっておりこちらも満足です。

○妖精雷撃隊 〜ワレ ショウカク テンザンタイ〜《【湯加減いかが?】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.6)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、翔鶴さんの航空隊に配属されている村田隊天山の妖精さんのお話…。
戦いは南太平洋海戦をモチーフに、妖精さんの奮戦を描いたもの…こちらはやはりなかなか熱い戦いの繰り広げられる面白いものとなっています。

○ひえーちゃんの本だよっ!(2)《【かなでや】さま/百合度評価:★☆☆☆☆(1.0)/★★》
こちらも『艦これ』の二次創作作品となり、上の『妖精』シリーズの既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、既刊同様にデフォルメされた比叡さんの日常を描いたものとなっています。
こちらはやっぱり相変わらず比叡さんとイ級さんがかわいく微笑ましく楽しいコメディ作品…百合にこだわらず、こういう微笑ましい作品があれば購入をしていきたいものです(ですのでとっても大好きなあのかたがご購入されていたものも、機会があれば注文したいところ…)

○NEW WORLD《【七日分の酸素と水】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは『きんいろモザイク』の二次創作作品となり、以前作品を購入しているサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、アリスさんが進路について悩まれるお話…。
原作も皆さん3年生になっているといいますし、この問題は避けては通れなさそうでちょっと切ない…こちらのお話ではアリスさんが忍さんの通訳者という夢を叶えようと鬼になる道を選びましたけれど…?(何)

○ひみつきちをつくろう!《【橘庵】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『キルミーベイベー』の二次創作作品となり、以前作品を購入しているサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、タイトル通り皆さんが学校内に秘密基地を作る4コマ…。
基本的にはやっぱり皆さんらしくおバカなお話で、没キャラさんも(ちょっとひどい役で)登場…やすなさんとソーニャさんの関係もなかなかよいものです。

○あまひま*さくさく(8)《【Room#7001】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは『ゆるゆり』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、ちょっとした勘違いからやきもちをやいてしまう向日葵さんのお話…。
こちらはその様な向日葵さんが微笑ましく、もちろん百合的にもよい感じのもので、やはりこのカップリングはよいものです。

○くっつきぼし 総集編 -purity-《【石川プロ】さま/百合度評価:★★★★★(4.6)/★》
ここから下は全てオリジナルな作品となり、こちらは上の『妖精』シリーズの既刊とともに既刊を購入していることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、タイトル通りこれまでに発行された『くっつきぼし』な同人誌の総集編となり、サイズは小さくなっていますけれどフルカラーなのは維持されています。
とはいえ全て収録されているわけではなくって、以前購入をしている『ふたりのじっけん』から以前購入をしている『あぶないおんせん』まで…この作品はその後も刊行を重ねていますので、総集編その2もいずれ出るかもしれません?

○Dear My Teacher(8)《【味市】さま/百合度評価:★★★★★(4.5)/★★》
こちらは以前総集編を読んでいることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、大学生になった女の子と彼女とお付き合いをしている高校の先生のお話…。
この巻では女の子がちょっとした隠し事をしてしまい、先生が色々不安になってしまうというもの…もちろん最後は誤解も解けてより関係も深まってよいお話でしたけれど、最後のページで新たな波乱の予感が…?
…巻末に連載の告知がありましたけれど、タイトルからして地雷に見えますので気にしないでおきましょうか…(というより『デレラジさん』はどこに…/何)

○矢絣日和(2)《【袴っ娘推進委員会】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、既刊同様に同じレストランでアルバイトをする先輩さんと後輩さんのお話…。
同じ先輩さんを慕う女の子もいたりしますけれど、その様な子の妨害(?)も乗り越えてお二人はなかなかよい感じになっていかれ、微笑ましいお話となっています。

○ふたりなら《【ぽんぽんお】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、その既刊『ふたりだけ』のその後のお二人を描いたお話…。
その既刊では百合的にはこれから、といった関係なお二人でしたけれど、この作品ではまさにそのこれからを描いており、百合的にもよいお話となってくださっていました。

○表裏エモーション《【空色の音】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上の『妖精』シリーズの既刊とともに作品を購入しているサークルさまの作品ということもあり購入をしましたものとなります。
内容としましては、同級生な2カップリングの短編を描いたお話…。
どちらのお二人百合の正統派といえる淡い雰囲気ながらお互いに想いあっていることの解る、微笑ましいお話となっておりよきものでした。

今回は過去に既刊や作品を購入しているサークルさまの作品が多かったですけれど、それだけに安定してよきものでした…そして卯月さんと凛さんの百合分をかなり堪能できたのは非常に幸いなことでした。
これで冬のイベントのアイテムは一段落といったところながら、『その花』のドラマCDはまだですし、他にもよきものがあれば購入する機会はあるかと思います。


また、その様な先日はこの様なものを購入してもきていました。
-----
コミックも…
○L -Ladies & Girls Love-(9)
○篠崎さん気をオタしかに!(6)
○アイドルマスター ミリオンライブ!(3)
○侵略!イカ娘(21)
○あやかしぃのに(2)
○私の無知なわたしの未知(2)
○タヒチガール(2)
○魔法図書館クローネ(2)
○ハナとヒナは放課後(1)
○魔法少女なんてもういいですから。(1)
○現代魔女の就職事情(1)
○ガヴリールドロップアウト(1・2)
○終活女子高生(1)
○道割草物語(上・下)
○うさかめ(1)
○カフェちゃんとブレークタイム(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『L』から『クローネ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ミリオンライブ!』は特別版となっておりCDがついてきました。
『あやかしぃのに』『私の無知なわたしの未知』『タヒチガール』『クローネ』はこの巻で最終巻となる模様です。
…『あやかしぃのに』はどうももっと前から出ていたみたいなのですけれど、見落としてしまっていた模様…そのまま見落とし続けなくってよかったです。

その他の作品たち、『ハナとヒナは放課後』は作者のかたが以前読んでいる『お姫様のひみつ』などの森永みるくさまということで百合が期待できそうということで購入をしました。
その他の作品群は全て何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。
…最近時間の関係で本屋さんへ行ってもなかなか何となくよさそうな作品をじっくり探すことができなかったのですけれど、昨日は時間があったのでどんどん何となくよさそうな作品を手に取ってみた結果、この様な事態に…(何)

今回はやはりまずは既刊で気になる作品から優先して読んでいくことになるでしょうか。
たくさんの第1巻な作品たちについては、現状未読な作品たちにも気になるものがかなり多くたまっており、さらに上で触れたコミックサイズな同人誌3作品もありますので、それらとの兼ね合いになってきます…読むのはかなり後になってしまいそうで、昨年末までにかけて順調に消化できていた積んでいる作品がここにきてまたかなり増えてきた印象が…。
また、帯によると『魔法少女なんてもういいですから。』はどうやら今期アニメが放送されているらしく、もしかすると何もないかと思われた今期のDVD購入作品になるかもしれず、ちょっと優先して読んでみてもよいかもしれません?


『艦隊これくしょん』は遠征に出ていらした風雲さんがレベル30で改仕様になることができ、2つめとなる熟練見張員を持ってきてくださいました(でもこの装備品、秋刀魚やお飾り材料集め以外に使い道はあるのでしょうか…)
開発は失敗、失敗、12cm連装高角砲、失敗ということで、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、例によって輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれどやっぱり例によってル級さん+輸送船2の外れ編成となり球磨さんが大破する上に任務に失敗します。
2度めの出撃は高速建造材という完全無意味な場所へ飛ばされ任務に完全失敗します。
げんなりしましたので2-3へ潜水艦隊を派遣、無事輸送船エリアへたどり着き2を撃沈、任務達成となったのですけれど、なぜか昨日発動していた輸送船5撃沈任務も同時に達成…輸送船は4しか撃沈できていないのですけれども…。
…どうして一度めの出撃で輸送船エリアへ到達できた時はいつもル級さん+輸送船2の外れ編成にするのですか…ちょっと、悪意を感じずにはいられません…。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、まずは3回連続でボスへ進み順調な滑り出しを見せます。
その後は何度か輸送船エリアへ飛ばされるもののろ号作戦が発動していますのでそれも問題なく、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回、輸送船エリアへはボス前での南下2回を含む3回となり、高速建造材という完全無意味な場所へ行くことがありませんでしたので順調に推移したといえます。
…例によって戦艦のかたがたの被弾率が高くビスマルクさんが小破したりもしますけれど、高速修復材は有り余っていて3,000個とあふれ返っている状態ですので、(修理で資源が飛ぶこと以外は)損害もあまり気にならなくなってきたでしょうか。

南西諸島任務後に出現する潜水艦撃沈任務は1-6で安全に実施…海上護衛強化月間任務については、ろ号作戦後の1-5出撃任務と同時に、それでも足りなさそうな場合はい号作戦終了後の潜水艦撃沈任務と同時に実施することにしておきます。
あとはもう最前線海域などへの出撃は控えてのんびり3-2へ、を何回か実施するのみで終了…イベントが来月の上旬にあるといいますので、それまでは大きな出撃や大型艦建造は控えて資源の回復に勤しみましょう。
…ところで、赤城さんの戦闘時の台詞が村雨さんになっている、という事象について、他にも雷さんの装備変更時の台詞その2が潮さんになっていたり水上機母艦状態の千代田さんを編成する際の台詞が弥生さんになっている、という事象が新たに確認されました…本当に何だというのでしょう…。


無印の『七竜』は鉱山のドラゴンを全滅…最後は大きめのドラゴンがいましたけれど思いのほか弱くあっさり倒せ、フロワロが消滅しました。
すると鉱山の近くにある鍛冶師の集落で、鉱石を集めて新しい装備品を購入できる様になったのですけれど、何かすごいものができそうな雰囲気のした会話の割にはそう強いものではなくって残念…。
また、採取回数が10回に増えるパーティスキルを教えていただけました…さらに里緒菜さんが5回回数を増やすスキルを覚えていますので、15回採取が可能となりました。

次のダンジョンとして、マレアイア群島国の北方にある美しきヘイメルというダンジョンへ赴いてみます。
こちらは山岳や鉱山よりも多少強い敵が出現しましたけれど、ただ魅了攻撃や即死攻撃といったいやらしい攻撃は飛んでこないので大丈夫…ドラゴンも普通に倒せます。
けれど、奥へ進むとそれより先はマレアイア群島国の王族しか入れない、とかの国の兵士に止められてしまい、それより奥へは進めませんでした…。

これであと行けるダンジョンはあの敵のものすごく強い森だけとなり…一応行ってみました。
すると不意打ちを受けると全体魅了攻撃を受けて壊滅的になるもののそうならなければ何とか、ドラゴンも含め戦えないことはないとうことが判明…さらに経験値も今までの場所の4倍以上と異常に多く、これはもう少し頑張って探索をしてみますか?


『艦これ』が資源回復モードに入ったこともあり、ようやく『その花』の新作である『りなぎさ』に手をつけられました。
こちらは以前している『にゅーじぇね!』の後日談になります。

タイトル通り主役は莉奈さんと渚さんなのですけれど、ゲーム開始直後は全員が登場…何気に第三者で立ち絵まである前学生会長さんなんてかたも登場します。
お話のほうは以前している『ゆりりん』にも登場された沙雪さんと六夏さんが相談役として附属部にやってくることになり、当初は葉月さんや亜弥さんあたりはそれほど興味はなく、対して莉奈さんと藍さんと愛実さんはこの機にそのお二人にかけあって自分たちを附属部の公式なベストカップルにしてもらおうと考えます。
けれど、実際にお二人がやってくると、葉月さんと亜弥さんと渚さんは一瞬でお二人に心酔してしまい、結果お相手の3人はやきもちをやいて怒って去ってしまうことに…。

昨日はそこまででしたけれど、ここからはタイトル通り莉奈さんと渚さんが仲直りしていくお話になるかと思われ、残り2カップリングの顛末はまた別の作品で、ということになりそうです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年01月09日

あのこがわたしを女にする

先日はこの様なものが届きました。
-----
あちらの予約品はいまだ届かず…
○Lily 白き百合の乙女たち
○睦月型のほんとのチカラっ! ひとまとめ
○天色くろすおーばー
○日々艦々(4)
○荒朝wanwanフレグランス
○裸足のスターダスト
○きままにシンデレラ
○にゅージェネれーしょん!!!
○栗ちゃんと虫とスケッチブック(12)
○ゆりのあるくに
○聖騎士の休日
○SSS Secret sweetheart sentimentality
○先輩+後輩
○motomatome2014
○Share happy doll -RURI&OUKA omunibus(1)
○ご主人様といっしょ
○sweet winter
○もっとわたしはあの子に恋してる(2)
○あのこがわたしを女にする
○それが理想のクリスマスだった気がするけどそんな夢見てたの遠い昔過ぎてもう思い出せねえ
○弦のあやとり
○かほごなかのじょ
○各駅停車
-----
…一番上は同人ゲーム、その他は同人誌となります。
今回届いたものは基本的に全て冬のイベントで出たものとなり、今回は虎穴通販で予約をしていたもの+メロンブックス通販で普通に注文したもの+メロンブックス通販で個別に予約をしたもの、が届いたことになります。
メロンブックス通販でまとめて予約をしている分はいまだに発送する気配も見えませんけれど、どうやら予約しているものの中にいまだに販売開始されていないものが混じってしまっているみたい…虎穴通販はそういうものがあれば分割してくださいますのでそのあたり融通が利かなくて残念になりますけれど、やはり今月中くらいに届けばよいという長い気持ちで待つしかないのでしょうか…。

同人ゲームは百合的にもよさそうなことから購入をしたものとなり、シミュレーションRPGな作品となります。
現状『その花』の新作もできていませんので、するとすればその後になりますけれど、まずは下で触れる『艦これ』の4-5を終えないと『その花』へも移行できませんので、果たしてどうなることか…(4-5が泥沼化する気配が見えはじめまして…/何)

同人誌について、『睦月型のほんとのチカラっ!』と『天色くろすおーばー』の2作品については以前読んでいる『みりおんぱーてぃー!!』などと同様にコミックサイズなものとなっていますので、また普通のコミック同様に読んでみて感想を書こうと思います。
…『睦月型』はメロンブックス通販での予約品でしたけれど、まとめていなかったためにはやめに届いてくださいました…。

では、その他の同人誌については、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く感想を書こうと思います。

○日々艦々(4)《【あとりえ雅】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、5人のかたの参加された合同誌となり、参加しているかたにはサークル名からも解る様に以前新装版を読んでいる『いおの様ファナティクス』などを描かれた同サークルな藤枝雅さま、それと以前購入をしている『艦娘達とラムネが飲み隊』などを描かれたサークル【超あるまじろくらぶ】の源久也さまがいらっしゃいました。
収録作品は既刊同様にコメディ色の強いものとなっており、百合的にはほぼないといってもよいのですけれど、楽しく面白いものになっているでしょうか。
…一番最後に収録された藤枝雅さまの作品は秋のイベントでひたすらグラーフ・ツェッペリンさんを求めた実話によるもののご様子で、140回通ってお迎えできたそうですけれど、私は150回通ってプリンツ・オイゲンさんを迎えられず…(何)

○荒朝wanwanフレグランス《【まぐ!】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも『艦これ』の二次創作作品となり、気になるカップリングな作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、お互いにお互いのことを好きながら片想いだと思っている朝潮さんと荒潮さんの冬のお話…。
タイトルについている単語はお互いのことを犬みたいに感じた、という一幕から取っているのですけれど、ともかくその様なお二人が微笑ましく、また百合的にもお付き合いできる一歩手前といったところでそこも微笑ましくよいものでした。

○裸足のスターダスト《【APRICO*】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『ナツスキ』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、ロックなお二人が仲良くなっていく様子を描いたお話、となるでしょうか。
こちらはお二人がお会いしてまだそれほど間もない頃の様子となっていまして、ですので百合的には控えめですけれど、意気投合して仲良くなっていく様子が微笑ましくよいものです。

○きままにシンデレラ《【LEMLAML】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、ニュージェネの3人をメインとしたコメディなお話となるでしょうか。
3人のちょっと…いえ、かなり仲のよい様子を楽しく、それに百合的にもなかなか面白い感じで描いた作品となっており楽しいもので、何気に最後の智絵里さんとかな子さんのお話もよいものでした。

○にゅージェネれーしょん!!!《【Snake foot】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
内容としましては、一部のかたがたが子供になっている世界観なお話…。
ニュージェネから凛さん以外の、キャンディアイランドから杏さん以外のお二人がそれぞれ子供になっており、それに振り回されたりする姿が描かれており、そういうものですからやはりかわいらしく楽しく微笑ましいよきものでした。

○栗ちゃんと虫とスケッチブック(12)《【むぎネコ屋】さま/百合度評価:★★☆☆☆(2.0)/★》
こちらは『スケッチブック』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることから購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に栗原先輩を中心とした皆さんを描いた4コマとなります。
例によってゲストのかたも多くなっており、お話としてもなかなか面白いもの…『スケッチブック』の二次創作などこちらしか見当たりませんし、それがこれだけ続いてくださっているのも嬉しいことです。

○ゆりのあるくに《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★》
こちらは『よるのないくに』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、コメディな4コマと少しシリアスな短編を収録したもの…。
シリアスなお話のほうは、お二人のこれからを少し描いたものとなっていたりして少し考えさせられますけれど、百合的には申し分のないよきものといえるでしょうか。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『WE LOVE SONOHANA』などを出されたかたとなっていました。

○聖騎士の休日《【狐灯籠】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらも『よるのないくに』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、リュリーティスさんがアーナスさんへ休みを取る様に言ってくるお話…。
最終的には押し切られて休暇を取ることになるのですけれど…こちらもやはりお二人の関係が百合的によい感じなよきものとなっおり、あとやはりマインボマーは面白くてよい従魔です(何)

○SSS Secret sweetheart sentimentality《【-】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
ここから下の作品たちは全てオリジナルな作品となり、全て百合が期待できることから購入をしたものとなります。
こちらは3人のかたの参加された合同誌となっています…サークル名は書かれていなかったのですけれど、参加しているかたには以前読んでいる『フィダンツァートのため息』を描かれた田中琳さまがいらっしゃいました。
収録作品は大きい子供と小さな大人、双子なかたがた、そして学校の先輩さんと後輩さんというお話たちになっており、もちろんそれぞれに百合的にもよいお話となっています。
…あとがきによると田中琳さまは5年間の闘病生活を送っていらした、とのことですけれども…。

○先輩+後輩《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらも3人のかたの参加された合同誌となっており、参加しているかたにはサークル名からも解る様に以前購入をしている『夕凪マーブレット』などを描かれた同サークルな百乃モトさま、それに以前購入をしている『yurirog petit』などを描かれたサークル【先天性爆弾娘。】の桜家ゆきのさまがいらっしゃいました。
収録作品はタイトルから解る様に先輩さんと後輩さん、という関係を主題としたもの…正統派な学校を舞台にしたものが2作品、そして社会人なお二人を描いたものが1作品となっており、もちろん百合的にもそれぞれによきものとなっています。

○motomatome2014《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★★》
こちらは上の作品と同じサークルさまが2014年に出された同人誌の総集編となっています。
といいましても3作品収録のうちの2作品は以前届いている『夏彼女』と以前届いている『冬彼女』という合同誌から、となっています(あと1作品は以前届いている『茜色の記憶』です)
やはり特にその『茜色の記憶』が切なくもよいお話で泣けてしまいます…他の2作品もそれぞれによい作品で改めて読んでも満足です。

○Share happy doll -RURI&OUKA omunibus(1)《【TWIN HEART】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★》
こちらの作品は年齢制限ありなものとなりますのでご注意ください。
こちらはこちらのサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となっています。
収録作品は以前読んでいる『SIS』収録の『Broken Doll』の後日談となっており、その作品はなかなか癖のある作品だったのですけれど、その雰囲気はこちらでも多少は感じられるものの、それよりは過激な行為をされている描写のほうが目立つでしょうか。
個人的には多少あれなところ(おかしなものを使ったお話…)もありましたけれど、悪いものではありませんし百合的にも高いものですから、続刊が出た場合は引き続き見守ってみましょう(タイトルにナンバリングが振ってありますし…?)

○ご主人様といっしょ《【はちしろ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前に既刊となる『ご主人様とわたし』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊同様に獣耳で小さな女の子なメイドさんと、その主人となる女性のお話…。
今作では女の子が風邪をひいてしまい、ご主人さまが看病をされるお話となってり、やはり微笑ましいものとなっています。

○sweet winter《【ぽんぽんお】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前に既刊となる『あまなつ』を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その『あまなつ』同様に以前読んでいる『あまゆる。』の後日談なお話となっており、今回はタイトル通り冬のお話となります。
お正月のお話と炬燵のお話となり、やはり本編よりもちょっと百合的に高めなお話を見られ、そういう意味でもよいものです。

○もっとわたしはあの子に恋してる(2)《【ドリームプロジェクト】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとして、片方の子に想いを寄せる後輩さんが出現するお話…。
その子を巡ってその後輩さんともう片方の子が色々対決をすることになり、最終的には想いの強さに負けるわけですけれど、楽しいコメディなお話となっており百合的な意味でもなかなかよい作品でした。

○あのこがわたしを女にする《【そそう支部】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
こちらは以前購入をしている『彼女のくちづけ 感染するリビドー』を描かれたサークルさまということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、王子さまキャラな先輩さんと後輩さんのお話…。
その先輩さんはひょんなことからその後輩さんの世話を焼くことになり、そうしているうちに惹かれていくのですけれど、こちらはタイトル通りその後輩さんによって王子さまキャラな先輩さんがかわいくなっていく様子が微笑ましく、百合的にもよいものとなっています。

○それが理想のクリスマスだった気がするけどそんな夢見てたの遠い昔過ぎてもう思い出せねえ《【chico*】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★》
こちらは以前購入をしている『午後6時のシンデレラ』などを描かれたサークルさまということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、同じ会社に勤める二人の女のかたがクリスマスの日に残業をするお話…。
お互い付き合っている、あるいは結婚している相手がいるのですけれど、その様な日を送ることになってしまい、ちょっと吹っ切れて二人で旅行に行くことに…こちらは百合的にもこれから、という展開で、続きがあるとなるといわゆる不倫なお話になってしまいますけれど…?
…この作者さま、その『午後6時のシンデレラ』収録の『私が会社を爆破しようとした時の話』といい、タイトルが面白い…(何)

○弦のあやとり《【幸風亭】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、一緒にバンド活動をしている二人の女のかたのお話…。
なかなか売れない状況が続いており、ですので解散するというお話が出てきてしまうのですけれど…こちらは出会いの頃から結末へ至るまでのお二人の関係がよきもので、百合的にもよい関係といえるものでしょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『霜糸』を描かれたかたとなっていました。

○かほごなかのじょ《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらの内容としましては、幼馴染なお二人を描いたお話…。
タイトル通り片方のかたが片方のかたに対し非常に過保護なのですけれど、それは今のところ友情としてしている様子…ただ、それを受けている側は次第にそれ以上の感情になってきている様子で、百合的にはこれからといったところ…?
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『冬彼女』と一緒に購入をしている『spring lolita complex』などを描かれたかたとなっていました。

○各駅停車《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらの作品には年齢制限がありますのでご注意ください。
内容としましては、少し田舎で暮らす、一緒の電車で帰る二人の女の子を描いたお話…。
そのお二人はクラスも同じながら今まで話す機会がなかったのですけれど、ひょんなことからきっかけができて仲良くなるのですけれど…年齢制限ありで電車の中であの様なことをするのはやりすぎながら、お話のほうはなかなか微笑ましく正統派でよいものです。
…と、こちらのサークルさま、上で触れた『ご主人様とわたし』と一緒に購入をしている『はじまりのキス』などを描かれたかたとなっていました。

今回はやや数が多くなりましたけれど、どれもよきもので満足…これであとはメロンブックス通販で予約をしている分が届けば、ということになりますけれど、その発送を足止めしている作品はまだ発売していない模様ですし、これはもう本当に今月中に届けばよいかな、というくらいのものになってしまっています…。
それはもう気長に待つとして、まずは今回届きましたもののうちコミックサイズなもの2つ、どちらも期待できるものですのでこれらを読んでいきましょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、14cm単装砲、15cm3連装副砲、瑞雲ということで、いつも通り…。
また、資源が回復してきましたので、2月にあるかもしれないイベントへ向けての貯蓄前の最後の1回として開発資材を100投入しての大型艦建造を実施しましたけれど、結果は陸奥さんということで残念…これで大型艦建造はしばらくお休みをして、今後は資源を延々と貯めていきイベントへ備えることにしようと思います。

戦いのほうはまずはいつもの任務な輸送船3撃沈を実施するために2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれどまたいつもの様にル級さん+輸送船2の外れ編成で任務に失敗する上に三隈さん大破青葉さん小破の大損害を被ります。
2回めの出撃も輸送船エリアへ到達、今度もル級さんが存在するものの輸送船は3あり、昨日発動していた輸送船5撃沈任務ともども任務完了となります。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの分岐での北上が2回あったものの4回出撃し全てボスへ進みました。
また、昨日くらいまでにろ号作戦を終えたいという気持ちがあり、けれど幸か不幸か2-2の南西諸島任務用艦隊は1巡して全てボスへ進みましたので、2-3へ潜水艦隊を派遣、けれど何とこちらもボスへ進まされ、ろ号作戦達成失敗とともストレートでの南西諸島任務達成となり、南西諸島任務はわずか15分での終了となりました。

もう一度通商破壊艦隊を派遣した結果輸送船エリアへ到達できそれでろ号作戦が終わってくださり、1-5への3回出撃任務が出現…もう一つ1-5への出撃任務が出現していますので、その2つと南西諸島任務後の潜水艦撃沈任務を達成すべく、1日に1回ずつ1-5へ出撃を実施することにしました。
編成は萩風さんと龍驤さん、日向さんに五十鈴さんとし、その絶望の初戦は龍驤さんが11の損害、恐怖の第2・3戦は何とか無事切り抜け、ボス戦はお相手の先制雷撃が全て外れてくださり敵の全滅に成功しました。
…これで海上護衛強化月間という任務は2回1-5のボス撃破をしてまだ50%以上達成がつきません…何回出撃すればよい任務なのでしょう…。

まだゲージの残っている拡張海域は現状出撃できる場所で残された最後の場所な4-5へ、戦艦を山城さんとして高雄さんたちで出撃を敢行します。
その初戦は大きな損害なく敵の全滅に成功、対潜戦は損害なく切り抜けB判定勝利、第3戦は高雄さんが中破してしまうものの敵は全滅させます。
そうしてたどり着けたボス戦はゲージ破壊直前ということで相手が強化されており、赤いネ級さんや金の輸送船がおり、航空戦で相手に損害なくこちらは山城さんが大破、さらに昼戦で羽黒さん筑摩さん大破翔鶴さん中破に対し相手は要塞2輸送船1撃沈のみというどうしようもない状況に陥り、無傷の蒼龍さん以外は全員大破か中破となり夜戦をしても無意味になりましたので終了、何とD敗北…。
今回は艦載機の全滅がなかった、というのが唯一の救いでしょうか…。

確か先月は今回の出撃と全く同じ編成でゲージ破壊に成功していたはずなのですけれど、それが本当のことなのか、今回のぼこぼこにされっぷりを見て自信がなくなってきました…。
一応今日以降も挑戦はしていきますけれど、どうも突破の自信がなくなってきました…先月は運がよかっただけだったのでしょうか…。


無印の『七竜』は山岳地帯のドラゴンを全滅させたと思われるのですけれど、フロワロは消滅せず…。
明らかにその山岳自体がドラゴンになっている雰囲気が見られますので、そのうちその(おそらく帝竜と思われる?)ドラゴンを何とかするイベントが発生するかと思われます?

ともかくまた別のダンジョンのドラゴンを討伐すべく、今度は北方の砂漠にあるダンジョンへ向かいます。
ここは入口にいるルシェの兵士がここの敵は手強い、と脅しをかけてきますので苦戦が予想されたのですけれど、出てくる敵は砂漠にあった滅びた町に出たものと同程度で、ドラゴンも含め山岳地帯よりも弱くてちょっと拍子抜け…。
ただ、そこに出現したドラゴンが新たな武器の素材となるものを落としてくださり、それを完成させるには鉱石が必要で、その鉱石は山岳地帯で入手できましたのでそれを拾ってきます。
採取には制限回数があり、制限回数を越えると宿屋に泊まらなくては(エグゾーストゲージともども)回復せず、でも宿屋に泊まるとフィールド上のフロワロが回復することがあるといい、それが嫌ですので極力宿屋には泊まらずにいたのですけれど、その鉱石を入手してできる武器が刀というのですからこれはもう仕方ありません。
…ちなみに普段はポータルからも近くまた入口のすぐそばにある竹林の回復ポイントを使って、宿屋に泊まらず回復を行っているのでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2016年01月05日

もふもふのふゆ。

先日はこの様なものが届きました。
-----
色々と…
○のんのんびより りぴーと(よんなのん)
○ご注文はうさぎですか??(1)
○その花びらにくちづけを れぼりゅーしょん! りなぎさ
○もふもふのふゆ。
○Definition of cure
○CLOVER 2015
○KaNaRie
-----
…上2つはDVD、その下1つは同人ゲーム、その他は同人誌となります。

DVDのほうはいずれも全巻予約をしているアニメのものかつそれぞれ第2期な作品たちとなります。
『うさぎですか??』は今回が第1巻ということもあってクリアポスターがついてきました。

同人ゲームは以前している『その花』な『にゅーじぇね!』の後日談的な作品となります。
『にゅーじぇね!』は同人ではなかったのですけれど、こちらは同人ということで、今後は同人ゲームで展開される模様です?
こちらについては、現状では『艦これ』と無印の『七竜』で手一杯かつどちらも止める気はありませんので、『艦これ』の拡張海域を全て突破できたらはじめようと思います。

では、同人誌については、以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く感想を書こうと思います。
ちなみに全て冬のイベントにて出たらしいものとなります。

○もふもふのふゆ。《【苺ソーダ式】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、以前購入をしている『うさみみとれたひ。』などを描かれたサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、森で暮らす仁奈ちゃんうさぎと杏さん熊の冬の様子を描いた4コマ…。
冬になると杏さんが冬眠してしまうため仁奈ちゃんはさみしく、ですので何とか冬がこない様にしようとするのですけれど…こちらはやっぱり仁奈ちゃんが非常にかわいく、泣けてしまうところもありますけれども微笑ましい作品で、現状私が購入している同人誌のサークルさまではこのサークルさまの作品が一番大好きかもしれません。

○Definition of cure《【ロケット燃料★21】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらも『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をしたものとなります。
内容としましては、杏さんときらりさんの日常を描いたお話、となるでしょうか。
お二人が日常の中で仲睦まじくしている様子を描いたものとなっており、百合的にも高めで微笑ましいものとなっておりよきものです。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『東方儚月抄』の漫画を担当されたかたとなっていました。

○CLOVER 2015《【TWIN HEART】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
ここから下はオリジナルな作品となり、いずれも百合が期待できることから購入をしたものとなります。
こちらの内容としましては、幼馴染の女の子に突然告白された女の子のお話…。
実はこちらは以前に新装版を購入していてさらに以前その新装版を購入しているものの第2版、という少々ややこしいものとなっており、ですので購入する必要はなかったのかもですけれど、でも装丁が豪華になっていて…?

○KaNaRie《【さわーえりあ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらは美術部に所属する二人の女の子を描いたお話…。
お二人は親しい関係なのですけれど、片方の子がちょっと適当な性格をしており、そのためにちょっと仲違いすることがあって…そこから仲直りするあたりを描いた、百合というよりは友情のお話ですけれど、それでもよいお話でしたかと思います。

同人誌について、今回届いたものは虎穴通販で普通に注文をしたものたちなのですけれど、本命といえる作品たちはメロンブックス通販にて予約や通常注文をしており、けれどそれらは全く発送される気配が見られません。
以前は虎穴通販の発送が非常に遅かったためメロンブックス通販に主軸を置いたのですけれど、ここ1年程度は逆転現象が発生しており、虎穴通販で購入をしたほうが確実っぽい雰囲気が見られ、でも別に焦る必要はどこにもありませんし、今月中に届けばよいかなという気持ちで待ちましょう。


また、その様な先日はこの様なものも届いていました。
チノさん…
…こちらはアニメDVDが上で届きました『うさぎですか?』からチノさんのねんどろいどとなります。
チノさんについては普通のフィギュアも予約しているのですけれど、かわいいですから仕方ないですよね、ね?
…なんて、同じことを以前届きました『きんいろ』なアリスさんのねんどろいどでも言っていますけれど、仕方ないですよね、ね?


その様な昨日は上で届きましたDVDたちのうち『のんのんびより』第2期の第4巻を観てみました。

第7話は『思いきって飛び込んだ』で、夏休みのお話…。
ひかげさんが帰省しており、東京の写真を自慢げに見せてきますけれど、そこにひかげさんと一緒に写っているのは以前読んでいて以前新装版を読んでいる『こあくまメレンゲ』の春風さん…。
その『こあくま』ではひかげさんはかなり強いキャラクターだったのですけれど、この『のんのん』においては逆に非常に弱いキャラクターになっていて、このお話でもれんげさんに押されっぱなし…。
そのひかげさんは蛍さんたちに付き合ってバス会社まで一緒に行ってあげたりと、今回は出番がかなり多め…そしてかなり素の姿を見ることができました。
れんげさんが写真に凝っているのは、やはり第1期であった彼女の影響、ということになるでしょうか…。

第8話は『給食当番をした』ということで、2学期に入った頃のお話…。
まずは皆さんで工作をするのですけれど、その後の給食の時間になり、かつて乳児でしたころのれんげさんが巻き起こした一大惨劇が回想で語られていきます。
ここではまだ駄菓子屋さんやひかげさん、このみさんが学校に通っている頃、そして皆さんの小さな頃の姿が見られて微笑ましいですけれど、れんげさんが巻き起こしたことは…?
後半は小鞠さんが想い出のぬいぐるみを蛍さんと一緒に修復したりして、このお話が皆さんの過去を少し垣間見るものとなっていました。

ということで今回のお話もやっぱり楽しく微笑ましいよきものでした。
『のんのん』は非常に安心して、そして楽しく観られるよい作品で、これは残り2巻も何ら心配することなく見守ることができるでしょう。


『艦隊これくしょん』は遠征に出ていらしてレベル27になっていた卯月さんがいつの間にか改仕様になることができる様になっていましたので改装しておきました。
開発は失敗、10cm連装高角砲、12mm機銃、天山となり、10cm連装高角砲が出ましたのでよい結果です。

大型艦建造も武蔵さんを目指して実施するものの、結果は金剛さん…いえ、それはよいのですけれど、一緒に最低値建造をしようと思ったところ、配合が記憶されていて同じ資源量で、しかも開発資材だけは1にリセットされた状態で大型艦建造を実施してしまい、霧島さんが登場してしまいました…。
せめて開発資材がリセットされなければ武蔵さんの出る可能性もわずかにあったのかと思いますけれど、ともかく2連続でその様なことをしてしまったため資源が吹き飛び、あれだけあった鋼材がだいぶ自然回復量上限にまで迫ってきてしまいました…。
次のイベントがいつなのかは解りませんけれど、武蔵さんも大鳳さんも出る気配が全くありませんし、もう資源を貯める方向へシフトしたほうがよいのでしょうか…。

戦いのほうは例によってまずは輸送船3撃沈任務のために通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在したものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、昨日は月曜日ということでい号作戦も出現していたため空母撃沈を目指していつもの2-2に加えて潜水艦隊による2-3出撃も同時に実施します。
2-3は南下して輸送船エリア1回、そして2-2はボス撃破5回までにはじめの分岐での北上2回、そしてボス以外への進行0回、つまりストレートで終了と、極めて順調に推移し、15分とかからず完了しました。
ちなみに2-2でのヲ級さん編成は0回でい号作戦には何ら寄与しませんでした。

その様な昨日は上で触れたとおり月曜日ということで諸々の週間任務が出現、特にまずはい号作戦を消滅させるべく行動しますけれど、そういえば月間任務も出現していることに気づき、しかも月間任務で出撃する場所は確実に空母が出現する海域ばかりで、ですのでそれを同時に実施してみます。
まずは4-2へ空母2+駆逐艦2で出撃、というものでして、こちらは萩風さんと漣さん、赤城さんと飛龍さんに伊勢さんと日向さんをつけて出撃を実施、機動部隊戦では金と赤のヲ級さんが1ずつ出現し飛龍さんが小破、そこの分岐はボスへ進み、ボス戦は金のル級さんと赤いヲ級さんとの戦いとなり大きな損害なく勝利、任務達成となりました。

と、毎月実施をしているはずのその4-2出撃任務を終えるとなぜか新しい編成任務として瑞鶴さん改を旗艦とし瑞鳳さん、千歳さん、千代田さんを加えた編成をする、という任務が出現、それを実施、熟練搭乗員が得られました。
そしてさらにその編成で1-4へ出撃、という任務が出現、ここは思い切ってその4人に先ほど使用した赤城さんと飛龍さんを加えた空母6で出撃を実施してみることに…ところがそのはじめの出撃ははじめの分岐で南下させられ、そのままル級さんエリアへ飛ばされ任務に失敗します。
2度めの出撃のはじめの分岐もまた南下させられ、もちろんまたル級さんへ飛ばされ任務失敗…えっと、この海域、75%でボスへ進める海域構成をしているはずなのですけれど…?
3度めの出撃のはじめの分岐はさすがに南下はせず、ボス前で軽空母2を撃沈しつつボスも問題なく全滅させ任務達成します。
…ちなみに空母6で出撃をしても、案外航空戦で敵の全滅はできないことが多め…潜水艦6での先制雷撃で同じ相手に雷撃が集中する様なことになっているのでしょうか。

その任務を終えるとさらに新しい任務として伊勢さん改と日向さん改を編成、という任務が出現、それを達成すると六三四空瑞雲が入手できました。
さらに機種転換任務として零戦21型(熟練)を搭載した空母を旗艦として零戦52型を2つ廃棄、という任務が出現、先ほど得た熟練搭乗員を使用しその21型を作ってそちらを実施、すると零戦21型(熟練)が52型(熟練)となりました。
すると練度を最大にしたそれを搭載した瑞鶴さんを旗艦として零戦52型丙(六〇一空)を廃棄、なる任務がさらに出現、でももちろん出たばかりの艦載機の練度が最大になっているわけはありませんのでそれを上げるのが先、となるのでした(ちなみに零戦52型丙(六〇一空)は1つだけ持っていましたので練度が最大になれば実施はできます)

ずいぶん思わぬ任務が続きましたけれど、ともかくそれで一段落しましたので、もう一つの月間任務である軽巡洋艦3+駆逐艦3で1-4へ、というものを実施…こちらは相手は空母で制空権が取れませんので元から弾着観測のできない、あるいはそういう場所でこそ真価を発揮する五十鈴さんと夕張さんと阿武隈さんの3人とし、高射装置つき高角砲を装備した萩風さんと漣さんに加え照月さんも入れた編成で出撃を敢行します。
そのはじめの分岐は南下せず、ボス前で軽空母2と戦いつつ、ボス戦は微少ダメージがかさむものの昼戦で敵の全滅に成功、任務達成となりました。

そこまで実施をしてもい号作戦は80%以上達成にとどまりましたので、残りは潜水艦隊を2-3へ派遣、けれどはじめの出撃はボスへ進まされてしまいさらに空母1雷巡2軽巡1の輪形陣というかなりの外れ編成と遭遇してしまい、損害はそれほど受けなかったもののい号作戦に変動はありません。
2度めの出撃も何とまたボスへ進まされてしまい、しかも1度めと同じ編成の外れ編成と遭遇、でもそれでい号作戦は達成となったのでした。

南西諸島任務後、そしてい号作戦後に出現する潜水艦撃沈任務はゲージを減らすことも兼ねて1-5へ、萩風さんと鳳翔さんと日向さんと五十鈴さんで出撃を実施しました。
その絶望の初戦は鳳翔さんが5の損害、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は先制雷撃が全て鳳翔さんへ向かい大破しますけれど敵の全滅には成功しました。

これでゲージ破壊直前まできたわけですけれど、そういえば卯月さんが改仕様になれたということで、最後は弥生さんと卯月さんと睦月さんと望月さんによる編成で1-5へ出撃、という任務を実施してみることにしました。
その絶望の初戦は弥生さんが狙われるものの雷撃は外れてくださり、恐怖の第2戦は睦月さんが小破、駆逐艦のみの編成ということでボスへ進まない可能性が生じるわけでその問題の分岐は…あらぬ方向へ進まされぼこぼこにされて終了となりました。
仕方ありませんので2度めの出撃を敢行、絶望の初戦は望月さんが狙われますけれども雷撃はまた外れてくださり、恐怖の第3戦は卯月さんが3の損害、そして問題の分岐はボスへ進んでくださり、ボス戦は先制雷撃は全て外れてくださったものの何とT字不利、けれど皆さん旗艦へ集中攻撃をしてくださったおかげで旗艦を含む3撃沈しゲージ破壊に成功、色なしの潜水艦の雷撃で望月さんが1の損害を受けるもののA判定勝利となり任務達成となりました。
…卯月さん、攻撃時に「睦月型のホントの力っ」なんて台詞を言うのですね…あの同人誌を思い出します(その購入しているものは「にゃんこ」になっていますが、最新刊も注文済み…でも一向に届きません…/何)

これで1-5はゲージ破壊に成功したのですけれど、弥生さんたちの出撃任務が終わったためかまた新たな編成任務が出現、妙高さんと那智さんと羽黒さんによる艦隊を編成します。
それを達成すると妙高さん改二仕様を配備、という任務が出現しますけれど妙高さんはまだまだ改二仕様にはなれませんのでそれは実施できず…そして何とこの皆さんで2-5へ、という出撃任務も出現してしまうものの、2-5はすでにゲージを破壊しており、さらに南西諸島任務も終わっている昨日では疲れ果てていてとても実施する気力はありませんでした…。

それとは別に西村艦隊を、ということで扶桑さんと山城さんと最上さんと時雨さんと満潮さんによる艦隊を編成、という任務も出現したためそれを実施します。
するとその皆さんによる艦隊で南方海域へ、というものに加えて榛名さん改二仕様を基幹とした艦隊で南方海域へ、という出撃任務まで出現しました。
そしてさらに観艦式予行の遠征を実施、というものまで出現…ちょっと一気に任務が出現しすぎで手が回るはずもなく、昨日はどれも実施することなく終わりましたけれど、観艦式予行任務くらいは今日にでもできるかと思います。
ただ、南方海域出撃任務は…南方海域でしたらどこでもよいのですか…?(どこでもよいのならば榛名さんの任務はどうにでもなりそう…西村艦隊、はちょっと厄介そうですけれど…)

ともかく最後は更なる拡張海域へ…まずはすでにゲージの半分を減らすことに成功している3-5へ、引き続き五月雨さんたちを派遣します。
その初戦は浜風さんが中破しつつも敵の全滅には成功、第2戦は五月雨さんが小破しまた敵の全滅はできないもののA勝利となり先へ進む権利を得ました。
そうして迎えたボス戦、阿武隈さんによる先制雷撃は駆逐艦の大破となり、T字不利となってしまい浜風さんが大破し五月雨さんと夕立さんが中破し阿武隈さんが小破、相手は駆逐艦2撃沈のみで夜戦となり、けれど皆さんきちんと上の相手から攻撃をしてくださりしかも全て撃沈、ですので相手に攻撃を許すことなく全滅に成功しました。

そして2-5が終わったこともあり、いよいよ4-5への出撃も実施…編成は先月同様高雄さんたちと古鷹さんたちの2艦隊とし、昨日は高雄さんと羽黒さんと筑摩さんに戦艦は山城さん、そして翔鶴さんと蒼龍さんによる艦隊を編成し出撃を敢行しました。
その初戦はさっそく山城さんが小破するものの敵の全滅には成功、対潜戦となる第2戦はなぜか金色や赤色ばかり狙ってしまいほとんど損害を与えられませんでしたけれどこちらには損害なくB判定勝利、第3戦は羽黒さんが中破するものの敵の全滅には成功、先へ進む権利を得ました。
そうしてたどり着いたボス戦は港湾棲姫さんやル級さん改なお相手、航空戦は航空優勢を取りつつ翔鶴さんが小破、そのル級さん改の初撃でさっそく翔鶴さんが大破しつつ昼戦では港湾棲姫さん損害ル級さん改大破その他撃沈とし、夜戦で羽黒さんが大破しつつ敵の全滅には成功しました。
…帰ってくると筑摩さんの六三四空瑞雲が全滅していました…対潜戦には参加してくださったのに…。

こうして難関の2つの海域、3-5と4-5について、いずれも無事…とはいえないながらもゲージを減らすことには成功しました。
特にこれで3-5はあと1回でゲージ破壊ができる様になったわけですけれど、それはつまり相手が強化されるということで、ここまでストレートで撃破に成功しているもののここからが本番ともいえます…引き続き挑戦をしていきましょう。
…そしてちょっと任務が立て続けに出現しすぎてしまいやや混乱気味…どうしましょう…。


無印の『七竜』はまずは砂漠の町のドラゴンを全滅させましたけれど、フロワロが浄化されることもなく何も起こりませんでした…。
仕方ありませんので順番にダンジョンを攻略していくことにしますけれど、ひとまずマレアイア群島国の北にあるヘイメルという場所の敵まではドラゴンを含め何とかなることが解りましたので、となると結構たくさんのダンジョンが何とかなりそうな雰囲気を感じます?

まずは港町ゼザと砂漠の間にあるダンジョンを攻略しましたけれど、ここのドラゴンは弱く、フロワロ消滅のキーとなっていたドラゴンですら砂漠の町で出る相手で、特に問題なく全滅できました。
しかも逃げてばかりの敵しか落とさないと思われていたフロワロシードを落とすドラゴンもおり、ここで無事3つ入手できクエスト達成…結局、例の逃げてばかりの敵は3回倒して1回も入手できませんでした…。
そのクエストを達成すると以前第2作をしている『2020』や中断中の『3』にもある、敵の出現を観測するゲージが出る様になりました。
…クエストを達成してもフロワロシードは消滅せず、そしてこのアイテムは使い道がありませんので売ってしまいましたけれどよいですよね、ね?

クエストといえば、ネバンプレス帝国でいくつかのものが出現しており、うち1つを達成するとルシェ言語を解読できる様になりました。
あとは鳥の羽を100個集めるという大変なものや、はるか過去に行われていたというクリスマスという行事をしたい、というもの…これらはアイテムが必要ですので、のんびり集めましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2015年12月15日

恋なんてしたくなかった

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○PI-07
○anthology(4)
○anthology(5)
○百合漫歩 平溪線散策
○駄目絶対心中
-----
…今回は全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ簡単な感想を書いていきます。
なお、今回届いたものは一番上のものを除いてオリジナルな作品となります。

○PI-07《【ぱるくす】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★》
こちらは『ミリオンライブ!』の二次創作作品となり、以前既刊を購入していることもあり購入をした、10月4日に出たらしいものとなります。
内容としましては、その作品の皆さんの日常を描いたものとなりまして、どうやらゲーム中であった3つのイベントを題材にしたコメディとなっています。
今回は百合的には低めでしたけれど、でもやはり微笑ましく楽しいもので、『シンデレラガールズ』もよいですけれどこちらもよいものです。

○anthology(4)《【なすこん】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、2015年春に出たらしいものとなります。
内容としましては、5つの短編を収録した短編集となっています。
1つ1つのお話はかなり短いのですけれど、こちらは全体的には微笑ましくかわいいお話が多く収録されており百合的にもよきもの…今日の日誌のタイトルにしたお話のツンデレさんが非常に微笑ましくよきものでした。

○anthology(5)《【なすこん】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらはタイトルから解るとおり上と同じ経緯な作品となり、2015年冬(?)に出たらしいものとなります。
内容としましては、3つの短編を収録した短編集となります。
こちらは作者のかたも言っている様にやや肌色成分(何)強めなお話が多め…また、なかなか厄介なシチュエーションのお話も目立ちますけれど、こちらはこちらでよいものでしょう。

○百合漫歩 平溪線散策《【景美仙姫巌】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは7月11日に出たらしいものとなります。
内容としましては、二人の女のかたが台湾を旅行する風景を描いたものとなります。
こちらはどうやら台湾のかたが描かれた様子で、台詞も台湾の言語と日本語との二ヶ国語記載になっていたります…旅要素が強めのお話ですけれど、お二人はお付き合いをしている様子もありますので百合的にもなかなかよきものとなっています。

○駄目絶対心中《【オミキドックリ】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらは8月30日に出たらしいものとなります。
内容としましては、お付き合いをしている二人の女のかたが心中をしようとするお話…。
その心中方法についてあれこれ考えているうちに口論となり…という、こちらは最後はお亡くなりになってしまうものの、相当おバカなお話であるといえてしまいます?

そういえばもうあと半月程度で冬のイベントがありますけれど、同人誌購入は最近の傾向ですと特に抑えなくってもそう多くを購入することはなさそうですので大丈夫そう…二次創作で惹かれるものがかなりなくなってきた印象です?(某スクールアイドルなものの購入をやめて以降、大規模に購入しているものはありませんし)


また、先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックも…
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(12)
○邪神ちゃんドロップキック(5)
○[新約]魔法少女おりこ☆マギカ(2)
○魔法少女たると☆マギカ(3)
○なり×ゆきリビング(1)
○魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編](1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『艦これ』アンソロジーから『たると』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品たち、『なり×ゆきリビング』は何となくよさそうな作品ということで購入をしました。
一番下の作品はきらら系な第1巻の作品で悪くはなさそうなものということで購入をしました。

今回は数が少ないですけれど、上2冊はとても気になる作品ですからそれらは最優先で…その他の作品はこれといって、という感じですので他の未読な作品たちとの兼ね合いでしょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は8cm高角砲、失敗、10cm連装高角砲、九九式艦爆ということで、電探狙いでしたながら10cm連装高角砲が出ましたのでよしとしましょう。

戦いのほうはまずはいつもの様に輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…ところがはじめの出撃はボスへ流されてしまいしかもヲ級さん編成に遭遇し、い号作戦もまだ発動していないので空母を撃沈しても意味はなく、任務失敗…。
2度めの出撃は輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき、相手の命中率が100%で三隈さんが小破に追い込まれたものの任務は達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施しますけれど、はじめの出撃はボス前で南下させられ、輸送船4編成ながらやっぱり相手の命中率が100%といきなり暗雲立ち込める展開…。
昨日は月曜日ということで消滅させたい任務も多く、ですのでこの任務をできるだけはやく終わらせたかったのですけれど、そういうときに限って羅針盤さんが全く安定しなくなり、はじめの分岐での北上率が高い上にどんどんボスでない場所に飛ばされてしまいます。
後半はやや持ち直したものの結局ボス到達4回(1回は2-3)までに輸送船エリアへ5回うちボス前で南下2回、高速建造材という完全無意味な場所へ2回飛ばされ、あまりよいとはいえない結果となったのでした。
ボス戦はヲ級さん編成が1回で、ほんのわずかにい号作戦に寄与したといえるでしょうか。

また、昨日は上で触れたとおり月曜日ということで諸々の週間任務も出現しており、その中のい号作戦を消滅させる意味も込め、2-3へ潜水艦隊も派遣…1回めの出撃は南下しての輸送船エリア2戦ルートをたどることができました。
2回めはボスへ飛ばされましたけれど、2-2の艦隊がこの時点で2巡、8回出撃してわずか2回しかボスへ進めていませんでしたのでかえってありがたく、空母2を撃沈します。
その後南西諸島任務が終了してもい号作戦実施のため出撃を実施しますけれど、はじめの分岐で北上してしまい南下ルートには乗れずボスへ流されてしまうこともあり、しかも初戦の先制雷撃で妙に同じ敵へ集中雷撃をする傾向になってしまったりもして少なからぬ損害が出てしまったりしました…ボスに軽巡洋艦が2いても先制雷撃でそれを完全無視するものですから小破させられたりしてしまいます(しかもその編成は空母が1しかいないのでおいしくない…)

い号作戦は同時に1-4でも実施しこちらは全出撃でボスへ進めて無事い号作戦の終了に寄与しましたけれど、ボス戦のBGM…何とかなりませんか?
潜水艦撃沈任務は1-6で消化し資源の再利用を行いました。

あとはあ号作戦の消滅ですけれど、こちらは先週から実施している方法、つまり瑞穂さんに駆逐艦のかたお二人をつけて延々1-1へ出撃、というものを実施します。
先週同様に羅針盤さんがランダムではない雰囲気で8回連続でなど3/4程度の確率でボスから逸れていきますけれど、そこは数の力で押し通して任務達成としました。

最後は4-5へ、熊野さんたちの第2艦隊で戦艦を榛名さんにして挑んでみます。
その初戦は敵の全滅には成功するもののいきなり瑞鶴さんが中破、今後の戦いを思うとここで引き返すべきとも思ったものの一応進みます。
第2戦は対処方法のほとんどない対潜戦でしかも熊野さんと鈴谷さんが金の潜水艦ばかり狙いほとんど損害を与えられず、けれど相手の雷撃は全て外れてB判定勝利となり、第3戦は榛名さんが小破するものの敵の全滅には成功しました。
そうしてたどり着いたボス戦はル級さんが改ではなく金色になっており、航空戦は空振り、金色でもル級さんは十二分に脅威で鈴谷さんが一撃でHP1になり、けれど昼戦で敵の全滅には成功しました。

4-5はル級さんが改ではない場合もあるみたいですけれど、上の結果から見れば解るとおり大した差はなさそう…脅威なものは脅威、というわけです。
ただ、航空戦が空振りとなっても展開次第では昼戦で終了する可能性もある様子…今回の場合、敵の攻撃がほとんど鈴谷さんに集中したから、というのも大きいかもしれません。
ゲージの減り具合から見ると、あと2回…合計にして5回でゲージ破壊となりそう…今のところ結構何とかなっていますけれど、果たしてどうなるでしょうか。
…今回は榛名さんに出番を作ってあげられたのが嬉しい…彼女や比叡さん、それに山城さんや扶桑さんもそうなのですけれど、こうして出撃したのは夏のイベントの最終海域以来、となるのではないでしょうか…。

そういえば、運営電文によると来年に礼号作戦で旗艦を務めたりした駆逐艦のかたの改二仕様が用意されるそうで、これは霞さんで間違いないところ…史実が解らなくっても、秋の限定台詞で霞さんが礼号作戦で旗艦を務めた、とおっしゃっておりましたし。
私の艦隊の霞さんのレベルは69ですので、少し足りないかも…初霜さんも同じレベルながらまだ改二仕様にはなれていませんし…?


昨日は『艦これ』で手一杯でしたこともあり無印の『七竜』はお休み…でもやっぱり、以前第2作をしている『2020』や無印を先に終えるために中断している『3』といい、私は妙にこのシリーズが大好きです。
やっぱりアサミーナさんを主人公にできつつ他の皆さんも結構好きな編成にでき、そして絶望的な状況からそのアサミーナさんたちが逆転していくさまがよいのでしょうか…そこから色々妄想できますし(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2015年11月29日

ねこカフェ キャット・ア・ラ・モード

先日はこの様なものが届きました。
-----
色々…
○ハロー!!きんいろモザイク(6)
○のんのんびより りぴーと(さんなのん)
○りりくる キャラクターデュオシリーズ 2nd season
○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(6)
○重くて重い
○ねこカフェ キャット・ア・ラ・モード
-----
…上2つはDVD、その下1セットはCD、その他は同人誌となります。

DVDは過去に既刊が届いていて一連で予約をしているアニメの最新巻…『きんいろ』はこの巻で最終巻となります。
『きんいろ』にはクリアファイルの他タペストリーもついてきました。

CDはドラマCDが多数出ておりまたゲーム化も決定しておりすでに予約をしている『りりくる』のキャラクターソングCD…タイトルどおり第2期の皆さんによるものとなっています。
こちらはboxになっていて3枚全てが揃っています…また、特典CDが2枚ついてきました。
こちらについては昨日は聴く時間がなく、またそのうちに…。

同人誌については、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ感想を書こうと思います。
なお、今回届きましたものも全てオリジナルなものかつ11月15日に出たらしいものとなっています。

○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(6)《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様にとあるお屋敷にいらっしゃるメイドさんたちを描いたお話…。
今回もお嬢さまとメイドさんのお話になっており、けれどそのメイドさんのことを複雑な気持ちで見るメイドさんもいらしたりと、果たしてどうなっていくでしょう…続きもあるかと思いますし、見守りたいものです。

○重くて重い《【苺の塊】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★》
こちらの内容としましては、ファンタジー…というよりゲーム世界にも見えますけれど、ともかく重騎士な二人の女のかたを描いた4コマとなります。
クールでベテランのかたとまっすぐな新人さんのお話で、百合的にもそこはかとなくあり微笑ましいお話といえるでしょうか。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『センパイを制するモノは!』などを描かれたかたでした。

○ねこカフェ キャット・ア・ラ・モード《【Tirol*Cat】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらの内容としましては、猫カフェで働く女の子を描いたお話…。
主人公のちみっこでかわいい女の子は猫に嫌われてしまう体質(?)の子だったのですけれど、そのカフェで応対してくれた女のかたに一目惚れをして高校入学をした1年後にそこでアルバイトをすることに…。
こちらは微笑ましく百合的にもなかなかよい感じで、続きを読みたい作品…と思ったら続きを描く予定があるご様子で、楽しみにしたいものです。


また、その様な昨日はこの様なものを購入してもきていました。
-----
ちょっと多め…
○うらら迷路帖(2)
○まちカドまぞく(1)
○すわっぷ⇔すわっぷ(1)
○こはる日和(1)
○アイドルマスター シンデレラガールズ コミックアンソロジー SIDE:ANIMATION(2)
○ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(5)
○ガールズ&パンツァー リボンの武者(3)
○ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのは The 1st(5)
○紫電改のマキ(5)
○結城友奈は勇者部所属(2)
○シノハユ(5)
○私設花野女子怪館(2)
○よつばと!(13)
○ガールズ&パンツァー 4コマアンソロジーコミック
○ブルージェンダー 歪んだ愛欲の日々
○住めど地獄のインフェルノ(1)
○青春スウィートトラック(1)
○森山大輔短編集 魔法医猫といばら姫
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『うらら迷路帖』から『こはる日和』まではおなじみとなっているまんがタイムきららコミックスとなります。
『うらら』は過去に既刊を読んでいることから、その他は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『シンデレラガールズ』アンソロジーから『よつばと!』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品たち…『ガールズ&パンツァー』の4コマアンソロジーは好きなジャンルの作品ということで購入をしました。
『ブルージェンダー』は来月第2巻の出る気になる作品ということで購入ました。
『住めど地獄のインフェルノ』は百合姫コミックスということもあり購入をしました。
最後の2作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

今回は非常に数が多いですけれど、幸いにして未読で気になる作品はもう全て読み切れていますので(未読の作品自体はまだたくさん残ってはいますけれども/何)、今回購入したものたちを最優先で読むことができます。
まずはきらら系を中心に、あとは来月に新刊の出る『ブルージェンダー』あたりを最優先にして読んでいきましょう。


その様な昨日は届いたDVDのうち『のんのんびより』の第3巻を観てみました。

第5話は『お好み焼きを食べた』ということで、まずは夏海さんの持っていたおみくじの結果に振り回される小鞠さんのお話…。
そのおみくじどおり水難が連発する小鞠さんなのですけれど、実はそのおみくじは凶しか入っていないもので…?
創立記念日で学校がお休みの日、皆さんは外へ遊びに行くのですけれど、途中で雨が降ってきて駄菓子屋さんへ避難することに…お昼ごはんを食べていなかった皆さん、駄菓子屋さんにお好み焼きを作ってもらえることになりました。
そうした中、以前紙のお皿で顔を作ったてるてる坊主の話が出てきて、それはてるてる坊主に見えない、と言われてしまうれんげさんですけれど、でもそれを駄菓子屋さんに見せると一目でてるてる坊主だと解ったりと、やはりこのお二人の関係はよいものです。

第6話は『ホタルと仲よくなった』ということで、まずは夏休み前の大掃除、夏海さんと蛍さんが組になって掃除をされます。
今まで蛍さんと二人きりになったことはないのでは、ということで夏海さんは会話に困るあまりかなり痛々しい事態を招いてしまいます…それでも最後はほんの簡単なきっかけで共通の話題で盛り上がることができたのでした。
夏休みに入り、皆さんで勉強会をするのですけれど、その中で蛍さんが花火に皆さんを誘うのですけれど、いざ夜になると花火が売り切れていて買えなかった、と蛍さんが大泣きをしてしまいます。
困惑する皆さんをよそ目に、一穂さんは散歩をすると皆さんを山の中へ連れて行ったのですけれど、そこにはたくさんのホタルがいて皆さん大喜び、何とか一件落着となるのでした。
…蝉の幼虫にその日暮らし、と命名するれんげさん…ひらたいらさんといい、やっぱりなかなかの…(何)

今回の2話も楽しく微笑ましい、そしてホタルのお話は心あたたまる様なものとなっており満足…よい作品です。
第6話では夏海さんの豊富な知識が披露され、あれなら少なくとも生物系の内容ならテストでも満足な点数が取れる気が…以前のお話でミジンコが解らなかったとは思えません(何)
ともあれこちらはまだ3巻、続きも楽しみにしたいものです。


『艦隊これくしょん』は新たなかたとして駆逐艦の風雲さんがいらしてくださいました…こちらは夏のイベントで海風さんに続いてお迎えしようとして失敗したかたでしたので、その雪辱を果たせたともいえます。
演習に積極的に出していたこともありはやくも萩風さんがレベル35で、また遠征に出していた照月さんがレベル40で改仕様となれ、照月さんはまた高射装置つきの10cm連装高角砲と13号対空電探改を持ってきてくださいました…それらは萩風さんにお渡しして五月雨さんと並ぶ特殊装備なかたにしましたけれど、でも照月さんも普通にいいかたでまた対空値が未改造でとんでもないことになっていますので、機会があれば…?
これで照月さんを遠征から外せますので、その高射装置つき高角砲の改修を開始することができます…また、彼女に代わる遠征枠に入れるかたとしてはもちろん風雲さんを入れておきのんびりレベル上げをすることとします。
…あと、何気なく鹿島さんに90mm単装高角砲を装備させていたのですけれど、もしかしてこれでも対空電探との組み合わせだけで対空カットインが発動するのです?(演習やイベント海域その1で発生し…?)

開発は普通の魚雷、失敗、25mm連装機銃、流星ということで、いつもどおりの惨状…何だか25mm連装機銃が最近出すぎです。

朝の演習ではお相手の旗艦が5人中5人、つまり全員レベル一桁という悲劇が発生…うち1艦隊はグラーフ・ツェッペリンさん+Z1さん+Z3さん+ビスマルクさん+プリンツ・オイゲンさん+呂500さんという、もう1つは(全員レベル1の)能代さん+嵐さん+秋月さん+プリンツ・オイゲンさん+鹿島さん+グラーフ・ツェッペリンさんという組み合わせで、別にうらやましくなどは…(何)

戦いのほうはまずはいつもどおり輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、例によってル級さんは存在するものの輸送船は3存在してくださったので任務は達成となりました。

南西諸島任務は時間の関係で省略、ただ1-5出撃任務があと1回残っていましたので、まずはそちらを実施…今回は高波さんと龍驤さんと扶桑さんと夕張さんという、最近海域その4で伊勢さんと日向さんを使いすぎていたこともあり、非常に久しぶりとなるレベル98の扶桑さんを用いてみました。
その絶望の初戦はさっそく龍驤さんが中破し無力化、恐怖の第2戦と第3戦は全員が龍驤さんへ先制雷撃をしつつ全て外れてくださり、ボス戦は龍驤さんがわずかのダメージとなるものの何と夕張さんと高波さんが連続で攻撃を外すという理解不能な現象が発生、相手2番艦が大破で残る結果…MVPを扶桑さんが獲得するという、ボスで航空戦艦がMVPというはじめて見る気のする結果となってしまうながら、任務自体はA勝利でよいので達成となりました。

あとは新しいかたを求めてイベント海域へ出撃、先日まではプリンツ・オイゲンさんを求めて海域その4へ出撃していたのですけれど、それ以上に優先してお迎えしたいかたが出る場所をとっても大好きなあのかたに教えていただけましたので、そちらへ向かうことにします。
それは、卯月さんが出るという海域その1…その2でも出るといいますけれど、その1には同時に風雲さんが出る可能性があるというのに対しその2は他には特にどなたもいらっしゃいませんので、金のル級さん2という恐怖はあるながらその1を選択、この様な編成で出撃を敢行することとしました。
-----
○第1艦隊:足柄さん(67)・三隈さん(61)・伊勢さん(80)・日向さん(80)・祥鳳さん(98)・瑞鳳さん(97)
○第2艦隊:萩風さん(35)・陽炎さん(67)・曙さん(67)・鹿島さん(42)・夕張さん(83)・瑞穂さん(50)
-----
…戦艦と空母以外の皆さんについてはレベル上げの意味も含めた編成となっています(特に萩風さんと鹿島さんと瑞穂さん)
陽炎さんと曙さんについてはお気に入り駆逐艦の皆さんとレベルが一定になる様に入れ替えていきます(実際に出撃中にレベルが上がり交代しました)
夕張さんについては昼間連撃不能なため海域その4のボスルートの様な場所でない限りなかなか出撃の機会を作れなかったことからここで出撃させます。
伊勢さんと日向さんについては海域その4で使いすぎていますので陸奥さんたちにしようとしたのですけれど、海域その1だけは難易度乙で突破しており出撃制限に引っかかり無理、同じく衣笠さんや加古さんたちも無理…出撃制限のことを完全に忘れてしまっていました…。
祥鳳さんはこの海域突破時に使用しており、また軽空母でレベル98に達していないかたが他に龍驤さんと鳳翔さん(と放置されている千歳さんと千代田さん)しかいないために入れました。
瑞穂さんは第2艦隊のため航空戦に参加できませんので装備を全て甲標的しており、その他今回の編成は基本的に第1艦隊のみで全てを終わらせることが前提のものになっており、第2艦隊に順番が回ることは考慮されていません…ですので回ったときはちょっとひどいことになってしまうかもしれません?
…艦載機熟練度ができてから、大量撃墜によるリセットが怖くてなかなか機動部隊編成をする気が起きなくなってしまいました…。

そうした皆さんでの出撃での結果はこの様なものとなりました。
ちなみに1は第1戦となり水雷戦隊との戦い、2は第2戦となり金のル級さん2との戦い、ボスは赤いネ級さんや駆逐棲姫さんとの戦いとなります。
-----
○1回め:1・完全勝利→2・S勝利→ボス・S勝利→ドロップ・古鷹さん
○2回め:1・完全勝利→2・完全勝利→ボス・瑞鳳さん中破S勝利→ドロップ・川内さん
○3回め:1・S勝利→2・完全勝利→ボス・S勝利→ドロップ・夕張さん
○4回め:1・S勝利→2・完全勝利→ボス・三隈さん中破S勝利→ドロップ・那珂さん
○5回め:1・完全勝利→2・完全勝利→ボス・三隈さん中破S勝利→ドロップ・風雲さん
○6回め:1・完全勝利→2・完全勝利→ボス・S勝利→ドロップ・金剛さん
○7回め:1・完全勝利→2・完全勝利→ボス・瑞鳳さん大破S勝利→ドロップ・金剛さん
○8回め:1・完全勝利→2・日向さん中破S勝利→ボス・完全勝利→ドロップ・川内さん(ボス前・鈴谷さん)
○9回め:1・S勝利→2・完全勝利→ボス・完全勝利→ドロップ・谷風さん
○10回め:1・完全勝利→2・S勝利→ボス・祥鳳さん中破足柄さん小破S勝利→ドロップ・金剛さん
○11回め:1・S勝利→2・完全勝利ボタン押し間違いによる撤退
-----
…11回めで致命的な誤りをおかしてしまい、疲れ切っていると判断しそこまでとしました。
7回めのボス戦は第2艦隊まで順番が回ってしまいましたけれど、駆逐棲姫さん大破その他全撃沈となっていましたので雷撃戦で全滅でき一安心…。
逆にいえばそれ以外は全て第1艦隊で終了していますので第2艦隊の皆さんはかなり安全にレベル上げができ、また瑞穂さんは先制雷撃がありますので第2艦隊のMVPは全て瑞穂さんが獲得していました。
問題の金のル級さん2編成も案外何とかなっている印象で、海域その4の泊地水鬼さんルートに較べてかなり損害は少なく高速修復材の減少も多少抑えられ、また燃料についても第2艦隊の編成が軽いのでやや減少量が減っています…海域突破時にはほとんど変わらない編成で金のル級さん、さらには初戦の水雷戦隊戦でも大破撤退が相次いでいたのですけれど、この差は一体どういうことなのでしょう…?
ドロップ関係では目標としている卯月さんこそ出なかったものの風雲さんが出ましたのでまずまずの結果、でも風雲さん出現の際の背景色が空色でしたので一瞬いつもの普通の(?)駆逐艦のかたかと思ってスルーしそうになりました…(でも編成時などの背景は銀色…どうしたのです?)

風雲さんが出た、ということで卯月さんを目指すのでしたら燃料の消費の少ない海域その2へ移ってもよいのでは、とも考えたものの海域その2はこちらの編成も軽くボスで大損害を受けることも多く、またこちらでは第2艦隊の皆さんが安全にレベル上げをできるということもありますので、卯月さんが出るまでは引き続きここへ出撃を続けようと思います。
…もしも卯月さんが出たら次はまた海域その4へ戻ることになり、伊勢さんと日向さんと瑞鳳さんは本当に使い続け…これは、瑞鳳さんもレベル98に達してしまいそうな気がします。


『七竜3』も少しだけ進行…澪さんとお出かけしようとしますけれど彼女は倒れられてしまい、竜斑病であることが解ってしまいます…また、彼女の祖父はユウマさん作成に関わった人の様子で、また彼がかつて働いていたという生命科学研究所は明らかに以前している『2020-2』でエメルさんがルシェの再生を行っていた場所と思われ…?
彼女は入院することになってしまい、ただ彼女は家にいる猫のことが気になってしまい、社長の提案で会社に猫カフェを作ることに…ちょうど猫カフェの同人誌を読んだ日にこの展開、何事…(何)
普通の人間の救助同様に猫を地下鉄構内から救助してくることとなりましたけれど、その地下鉄構内は『2020-2』の頃のまま放置されている様子…猫はともかく、どうして普通の人間の要救助者もそこにいるのかはよく解りません。
ともかく猫を救助すると澪さんも一安心、そして猫カフェも開店…こちらは『2020』にあった温泉の代わり、となる模様です。

あとは社長のクエストとして2000年代の自習を行い、これで以前している『2020』や『2020-2』の頃のことが語られ、明らかになっていきました。
ムラクモ機関はやはり軍に吸収、さらに後継者がいなかった模様で50年ほど前に自然消滅してしまった模様…人類の85%が死滅したというのですからそれも仕方のない一面なのかもしれません(100以上の国も消滅したといいます…けれど現在は竜災害前の人口の50%程度まで回復してきているそうです?)
また、真竜に関する項目なのですけれど、2021年の真竜フォーマルハウトの記載はあったものの2020年の真竜ニアラについては名前が読めなくなっており、社長の話ではアトランティスでかの者を倒したため歴史が変わったのでは、とのことで『2020』をしている身としてはやや複雑な気持ちに…。


『ゆりりん』も少しだけ進行…璃紗さんは自転車を購入するために麻衣さん行きつけの自転車屋さんへ美夜さんや玲緒さんとともにいくのですけれど、そこで店員さんをしていたのは以前している『天使たちの春恋』の皐さんでした。
ちなみに皐さんと玲緒さんは中の人が同じ…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴

2015年11月22日

言い訳しても許されません!

先日はこの様なものが届きました。
-----
色々…
○ゆりりん 百合な自転車ダイエット
○レーカン!(5)
○ゆるゆり なちゅやちゅみ!+
○UNOs -ウノズ-
○あなたは私の特別なひと
○合法百合夫婦本(4)
○ふるえる(5)
○貝とオルタナロック(2)
○総天然色乙女組!
○鹿4コマまんが(2)
○しずかな樹海のミトリ 木の実拾いに魔の山へ
○言い訳しても許されません!
○アクアリウムはじめよう!
○みたないエンヴィ
○追試とキスと催眠術
○繕うふたり -繕う人々・弐-
-----
…一番上は同人ゲーム、その下2つはDVD、その他は同人誌となります。

同人ゲームはよく見るとタイトルにはついていなかったのですけれどれっきとした以前している『その花』シリーズの最新作…とはいえ今回は番外編的なものとなっており、年齢制限もありません。
ゲームのほうは現在下で触れる2作…『艦これ』と『七竜3』で手一杯すぎてとてもこちらまでする余裕はありませんけれどどうしましょう、とりあえず『艦これ』のイベントが落ち着くのを待ちましょうか。

DVDのほうはどちらも予約をしていたものとなり、『レーカン!』はこれまでも既刊を購入しているものの最新巻…この巻で最終巻となり、これまでとは異なり3話収録となっています。
『ゆるゆり』のほうはOVAとなり、以前観ているOVAの続編となるのでしょうか。
昨日はどちらも時間がなくって観られませんでしたけれど、今日あたりから何とか1作ずつ観ていきましょう。

その他のものは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く感想を書こうと思います。
なお、今回届いた同人誌は全てオリジナルかつ11月15日に出たらしいものとなっています。

○UNOs -ウノズ-《【ハイパーケトルイエスタデイ】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★》
こちらの内容としましては、以前購入をしている『Repunit or not』などを出されたサークルさまの合同誌となっています。
このサークルさまは元々複数人のかたのサークルかと思われますけれど、今回は3人のかたが参加していらっしゃいます。
その様なこちらは一部描きおろしはありますけれど、基本的には過去にイベントで配布したペーパーというものを再録したものの様子…ですので1つ1つのお話自体は短いのですけれど悪いものではありません。

○あなたは私の特別なひと《【雪狸】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、過去にこちらのサークルさまが雑誌に掲載した3作品を収録した総集編となっています。
3つのお話は王子さまと言われるかたと幼馴染の子のお話、お付き合いをすることになった学生さんお二人、そしてゾンビ(の様なもの)になる運命になったかたとそれに付き添うかたのお話で、いずれも百合なお話となっています。
はじめのお話は一見男女のお話に見えてしまったのですけれど、あとがきによるとそれを狙っていた模様…2つめのお話は切ないお話なのですけれどもでも個人的にはかなり好きなお話といえます。
…と、こちらの作品、サークル名としたのはおそらく作者さまのお名前かと思われるのですけれど、ただどこにもサークル名がなかったのでそちらを書かせていただきました(何)

○合法百合夫婦本(4)《【はちしろ】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましてはその既刊の続きとなり、拾った犬を家で一時的に世話をすることになったお話…。
今回は百合的に、というよりも犬とのふれあいが微笑ましいお話…それはそれでもちろんよいものなのでした。
…ところでこの作品、確か私が購入を切ってしまった雑誌で連載しはじめたの、でしたっけ…もしそうでしたら単行本を待ちたいものです。

○ふるえる(5)《【カーテンウォールの家】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは上で触れた『Repunit or not』とともに既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、既刊同様に先輩さんと後輩さんのお話…。
こちらの作品はこの巻で一応の完結となっており、先輩さんが後輩さんへの想いに答えを出すもの…ハッピーエンドとなっており、もちろん百合的によい終わりかたです。
とはいえ、作者さまは続きを描くお気持ちがあるみたいで、そちらにも期待したいものです。

○貝とオルタナロック(2)《【nak.moo】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…お二人の距離が微妙に近くなった様な、けれどまだまだこれからといった関係を描いています。
さらに、お二人の会社の社長さんが何やら怪しい立ち位置でしたりと、こちらは引き続き見守ってみましょう。

○総天然色乙女組!《【Randam 6】さま/百合度評価:★★★☆☆(2.8)/★》
こちらは以前単行本を読んでいることから購入をしたものとなります。
内容としましては、その単行本の3人の女の子の日常を描いたもの…。
軽い後日談、といった趣の、ハロウィンのことを描いたものとなっていまして、楽しい日常もののお話となっています。

○鹿4コマまんが(2)《【鹿嵐屋】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらは以前単行本を読んでいるサークルさまの作品ということもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、タイトルどおり4コマ…ナンバリングが振ってありますけれど、第1巻は持っていません…。
こちらはちょっと特殊な作品となっていまして、こちらの作者さまが作品を描く上でのあれこれなどを描いたものとなっています…ですのである意味興味深いともいえます?

○しずかな樹海のミトリ 木の実拾いに魔の山へ《【お手製のポトフ】さま/百合度評価:☆☆☆☆☆(0.0)/★》
こちらは上で触れた『ふるえる』の既刊とともに購入をしている『不思議な森のミント』などを描かれたサークルさまということで購入をしたものとなります。
内容としましては、森で暮らす女の子が動物たちと一緒に山へ行ってみる4コマ…。
こちらはファンタジーかつ微笑ましい、でも少し不思議なお話となっており、百合的には全くないのですけれど、そういうことを気にせず楽しめばよいものとなっています。

○言い訳しても許されません!《【モノフォビア】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらの内容としましては同じ学校に赴任を赴任をしてきた教師お二人の関係を描いたお話…。
少しきつい雰囲気の感じるかたと物腰やわらかなかたと雰囲気は違うお二人なのですけれど、共通の話題から意気投合、そして前者のかたは流されるままに後者のかたのペースに巻き込まれて一線を越えることに…?
流されるままに、といった感じでお付き合いをはじめるのですけれど、最後にはしっかりした答えを出すこともでき、よい社会人な百合のお話でした。

○アクアリウムはじめよう!《【梅の実画報】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.3)/★★》
こちらは親友さんのお勧めでアクアリウム…熱帯魚の飼育をはじめようとする女の子のお話…。
それをはじめるまでのさまを解説を交えて描いていく中でお二人の関係もよい感じに…といったところで、お二人の関係はまだまだこれからといったところで、さらにお魚も結局飼えなかったのですけれど、続編を描く用意があるみたいです?

○みたないエンヴィ《【不純喫茶はべるか】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、美術部に所属する同級生のかたお二人のお話…。
主人公さんは真面目で社交性のあるかたで、もうお一人のかたは絵の才能は素晴らしいのですけれど社交性のないかた…そのかたが主人公さんのことを好きになって、主人公さんもそれを受け入れたのですけれど、次第に彼女の才能に嫉妬したりする様になってしまって…?
こちらはなかなかドロドロした雰囲気の展開でさらにハッピーエンドではないのですけれど、でも読後感はそれほど悪くはなく、こういうお話もよいでしょう。

○追試とキスと催眠術《【まいちゃん企画】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★》
こちらの内容としましては、追試を受けた女の子がその後親友さんに催眠術をかけてみるお話…。
催眠術にかかった親友さんに色々お願いをしてみてそれがエスカレートしていくのですけれど、実は…というもので、お二人の関係はまだまだこれから、といったところではあるながら微笑ましいお話です。

○繕うふたり -繕う人々・弐-《【染色】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★》
こちらの内容としましては、18世紀フランスのお嬢さまと仕立て屋さんの女のかたを描いたお話…。
こちらは主にその時代の服飾に重きをおいた内容になっていまして、百合的にはそこそこ、友情程度といったものでしたけれど、悪くはないもの…タイトルにナンバリングが振ってありますけれど第1巻は持っていません。

今回は全てオリジナルとなりましたけれど、百合的によいものが多くてよかったかと思います。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、12mm機銃、失敗、失敗と、いつもどおりの散々たる結果…。
演習のお相手にはビスマルクさん+プリンツ・オイゲンさん+グラーフ・ツェッペリンさん+イタリアさん+ローマさん+リベッチオさんという見事な海外艦隊がいらっしゃいました…べ、別に羨ましくなんて…(何)

戦いのほうはまずは輸送船3撃沈任務完了を目指して通商破壊艦隊を2-2へ派遣…けれどはじめの出撃はボスへ飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃は高速建造材という完全無意味な場所へ飛ばされ、通商破壊艦隊は何らなすことなく任務に完全失敗しました。
仕方ありませんので南西諸島任務用の艦隊その1から空母を外して出撃しますけれど、はじめの出撃で北上した上にHP1の駆逐艦に日向さんと利根さんが6のダメージを受けた上にボスへ流されげんなり…。
仕方ありませんので南西諸島任務用の艦隊その2から空母を(以下略)、今度は輸送船エリアへ到達しル級さん編成なものの輸送船は3存在し任務完了となりました。

もうやめておこうかとも思ったのですけれど、ろ号作戦がまだ終わらないこともあり引き続き南西諸島制海権任務も実施します。
はじめの出撃でボスへ進んだのですけど、ヲ級さん編成でT字不利となり昼戦でヲ級さん1リ級さん1を残す上に空母以外の全員が被弾、さらに夜戦を挑むも上3人がことごとく攻撃を外し(カットインが発動してミス、とか…)逆にリ級さんのカットインが発動しローマさんが小破という散々な出だし…ちょっと2-2でここまでひどい戦いっぷりは久しぶりに見たかもしれません…。
その次の出撃ではまた北上し金剛さんが被弾とやはり戦艦のかたの被弾率が高くげんなりしつつその艦隊は輸送船エリアへ飛ばされ、ル級さん+輸送船2という外れ編成でしたながらそれでろ号作戦は終了となりました。
結果として輸送船エリアへはその1回のみ、高速建造材という完全無意味な場所へは2回飛ばされ、その他はボスへ進みましたのでそう時間はかからず任務完了となったのですけれど、上で触れた様なこともあり損害は多め、戦艦はビスマルクさん以外の4人がことごとく被弾し特にローマさんはあの有様、という状態になりました…。

ろ号作戦が終了したため1-5への3回出撃任務、というものが発動してしまい、イベント中なのですけれどこちらも並行して実施することになってしまいました。
土曜日に発動、ということで1日1回では足りず、昨日で2回実施することに…朝潮さん、瑞鳳さん、日向さん、神通さんで実施しようと出撃したのですけれど、なぜかイベント海域への初出撃の様な現象、つまり出撃直後にエラーが発生し無意味な疲労のみが蓄積する、という悲劇が発生しげんなり…。
何とか気を持ち直してのはじめの出撃、絶望の初戦は日向さんが微少ダメージとなり、恐怖の第3戦では日向さんが小破に追い込まれ、ボス戦は瑞鳳さんが小破しつつ敵の全滅には成功、少し意外なことに衣笠さんが得られました。
2度めの出撃、絶望の初戦はけれど先制雷撃が外れてくださり、恐怖の第3戦で神通さんが微少ダメージを受け、ボス戦は日向さんが微少ダメージにとどまり敵の全滅に成功しました。

メインはもちろんイベント海域への出撃…先日に引き続き海域その4へ羽黒さんと五月雨さんの連合艦隊を出撃させます。
先日の結果から支援艦隊はいらないのでは、ということでなしで出撃…結果としてはそれで正しかったといえます。
つまり、初戦の恐怖の対潜戦のソ級さんの先制雷撃にて浜風さんが一撃大破し終了、ということ…何なのですあの潜水艦…。

2度めの出撃、初戦は恐怖の対潜戦でけれど今回は先制雷撃が外れてくださり完全勝利となりました。
第2戦は第1艦隊のみで完全勝利となり、第3戦は飛鷹さんが小破しますけれど第1艦隊のみで敵の全滅に成功しました。
能動分岐を経た第4戦は再度恐怖の対潜戦…ここまできて大破撤退は避けたいところで先制雷撃は当たらずにすみ、敵の全滅はできませんでしたけれど撃沈か大破にできましたので雷撃戦も回避でき一安心…。
そうしてたどり着いたボス戦は戦艦棲姫さん編成との戦いとなり航空戦で駆逐艦1撃沈、第1艦隊は古鷹さん飛鷹さん中破となり随伴潜水艦と駆逐艦撃沈戦艦棲姫さん中破となり、第2艦隊は潮さん中破となりつつ潜水棲姫さん撃沈戦艦棲姫さん大破で夜戦へ…五月雨さんのみ対潜装備ではなく対空カットイン装備にしておりその彼女の連撃で無事敵の全滅に成功しました。
そして虹色背景が出たので期待してしまいましたけれど、もちろん新しいかたではなく瑞鶴さんでした…。

ということで、やはり決戦支援はなくともボス撃破は可能の様子…ソ級さんさえ何とかなれば比較的安定する印象を受けます。
ただ、ゲージがもうすでに消滅直前まで減っており、その場合敵が強化されることが予想されますので、ちょっと不安になり決戦支援を出すことに…。
その様な3度めの出撃、恐怖の対潜戦となる初戦はけれど先制雷撃が外れてくださり完全勝利を収めました。
第2戦は陸奥さんが10程度のダメージを受けつつ第1艦隊のみで敵を全滅、第3戦は陸奥さんが小破となるものの第1艦隊のみで敵の全滅に成功します。
能動分岐を経た第4戦は再度恐怖の対潜戦、けれど先制雷撃は外れてくださり完全勝利となり一安心…。
そうしてたどり着いたボス戦は戦艦棲姫さん編成との戦いとなり、しかもやはりゲージ破壊直前のためか潜水棲姫さんのHPが心なしか上昇しており随伴の潜水艦や駆逐艦も強化されています。
航空戦は駆逐艦1を撃沈、けれど支援攻撃は何もなさず、陸奥さんが中破しつつ強化された随伴潜水艦が昼戦で中破で1残ってしまい、潜水棲姫さんと潜水艦中破戦艦棲姫さん大破で夜戦へ…潜水棲姫さんと潜水艦は撃沈に成功しますけれど衣笠さんと加古さんが微少ダメージしか出せずに戦艦棲姫さんの撃沈に失敗、A判定勝利となってしまいます。
ですので当然ドロップも妙高さんで仕方なし…と、よく見ると陸奥さん中破以外全員無傷という楽勝だったのか何なのか解らない結果に…。
…そういえば結局能動分岐で選べる外れルートに進まないままに終わりました…何かあるのでしょうか…。

こうして残念な結果に終わりつつも一応旗艦は撃破しゲージの破壊には成功したということで難易度丙にて海域その4を突破、ということになりました。
突破特典としては熟練搭乗員なるはじめて見るアイテム1つと勲章1つとなり…
まだ続きが…
…更なる作戦成功となりましたけれど、まだ最後の海域となるその5が残されます。
海域その4について、現状他の海域で得られるかたが全くの不明ですので、それが解らない限りは海域全踏破後の新しいかたを求める旅の最有力候補はこの海域となり、ソ級さんさえ何とかなれば支援艦隊なしで大丈夫ということが解りました?
あまりきたくはない場所といえばそうなのですけれど、海域その3よりはましで、ル級さんによる大破が多く同じく連合艦隊な海域その1と大差なし、といえばそうなります…海域その1とその2で誰が出てくださるか次第、です?
…ともかく今回のイベントはまだ海域突破特典の鹿島さん以外誰も新しいかたを迎えられていないという悲劇に見舞われていますので、このあたり何とかしたく、せめてお一人でもどなたか、突破特典以外のかたをお迎えしたいです…。

けれどその様なその後のことを考えるより、まずは最終海域の突破を図ることが先…なのですけれど、その前に、特典として得られました熟練搭乗員について、そういえばずっと放置していた鳳翔さんの任務について、これが必要っぽかったので実施をしてみることにしました。
すると任務を達成でき、熟練搭乗員が消滅すると引き換えに零戦21型が零戦21型(熟練)となりました…もっとも、それはもう持っており、しかもあまり強くありませんので、あまり意味のある任務ではなかった模様…?

ともかくいよいよ最終海域たるその5…こちらはまた輸送用の緑ゲージがあり、さらに軽巡洋艦を旗艦とし複数の駆逐艦、あと巡洋艦級のかたを一人だけ配備できるという、通常艦隊での海域となっていました。
となると巡洋艦枠は制空権確保のための航空巡洋艦以外考えられなくなり、軽巡洋艦1+航空巡洋艦1+駆逐艦4の編成になるわけでした。
難易度はもちろん丙で行います。

もう4回連続ではじめて出撃する際はエラーが発生していますから、ここもそれを想定しまずは威力偵察な艦隊を編成し出撃、もちろん例によってエラーが発生し無意味な疲労が蓄積しましたけれど予想通りです。
改めて出撃を行うと普通に出撃でき、はじめの分岐は能動分岐となりましたので南下、その先の初戦は恐怖の対潜戦となってしまい、けれど相手は赤いもののソ級さんではありませんでしたので先制雷撃にもプレッシャーはなく完全勝利となりました。
その先の分岐は無意味に南下してしまい第2戦はまた対潜戦、今度は1-5のボスと同じタイプの潜水艦が出現し陽炎さんが中破します。
その先は北上し気のせいとなり、その先の第3戦ははじめて見るTP小鬼群なるHPわずか8の魚雷艇が5出現、なぜか普通の敵なのに声がついています…HPは低いのですけれども駆逐艦の皆さんの攻撃が当たらず1残りA判定勝利となります。
その先の第4戦は駆逐艦隊との戦いながら夜戦となり赤い駆逐艦に漣さんが大破させられ終了となりました。

この出撃の結果、能動分岐の南下はちょっと微妙な雰囲気を覚え、ですので本隊を出撃させるにはまだ不安なため、怪我をしたかたがたを交代させた上で再度威力偵察艦隊を出撃、能動分岐を北上してみます。
北上した先の分岐は気のせい、そこの分岐は北上し初戦は対潜戦となり無事勝利、その先の第2戦は金と赤の軽巡洋艦が相手なのですけれど夜戦となってしまい涼風さんが大破し終了…。

2度めの威力偵察の大破撤退した先は結局はじめの威力偵察の第4戦に行き着きますので、能動分岐は北上のほうがまし、という結果が得られました。
それにしてもまだ厳しく、ここは同じく通常艦隊かつ水雷戦隊という厳しい出撃制限のあった海域その2の様に何かルートを固定できる様な編成があるのでは、とそれを探すことにしました。
この海域の作戦名は「バニラ湾夜戦」となっており、これは多分ベラ湾夜戦を示している雰囲気ですけれど、(駆逐艦雪風が参加していないため)『連合艦隊の栄光』に載っておらず、ですので誰が参加したのか解りません…。
そこでもう一つの手がかり、イベント開始とともに追加台詞の出現したかたがたを探すと、海域その2で出撃したかたがたの他に夕立さん、川内さん、時雨さん、江風さんがまだ残っていそう、っぽいとうことが解り、特に時雨さんは川内さんと江風さんに語りかけていますので、この皆さんに五月雨さんたちを加えた…
-----
○第1艦隊:川内さん(79)・筑摩さん(80)・五月雨さん(135)・夕立さん(98)・時雨さん(66)・江風さん(33)
-----
…この様な艦隊で出撃を敢行することとしました。
これにより由良さんや鬼怒さんなど大多数のレベル98なかたがたの今回のイベントにおける出番はなし、ということに決してしまいました…。

その川内さんたちによる出撃、能動分岐は北を選択しその先の分岐は威力偵察とは違い短距離ルートになる東へ進み、その初戦は普通の駆逐艦5との戦いになり完全勝利となりました。
その先の第2戦は一度めの威力偵察で第4戦となった夜戦となり、川内さんを旗艦としているので大喜び…ともかく五月雨さんと江風さんが中破となりますけれど大破は出ずA判定勝利で切り抜けます。
その先は物資の揚陸地点、今回はドラム缶を3つ装備しています。
その先の第3戦はまた夜戦で川内さんが大喜び…相手は輸送船4に魚雷艇2という比較的安全なお相手で完全勝利となりました。
その先の分岐はボスへ進むことができ、駆逐水鬼なるHP255というかたが駆逐艦2と魚雷艇3を引き連れて登場、昼戦は五月雨さんと江風さん大破夕立さん中破に対し駆逐艦2魚雷艇1撃沈…夜戦は夕立さん大破に対し駆逐水鬼さん大破魚雷艇1残存でA判定勝利、120中28のTP減少にとどまりました。
…とにかくHPが一桁しかない魚雷艇に攻撃が当たらず、そのため駆逐水姫さんへ対する手数が夜戦での筑摩さんの一撃のみにとどまってしまいました…その筑摩さんの一撃で相手は大破しましたので、手数さえあれば何とかなりそうですが…?

ということで、全4戦かつ初戦が短距離ルートかつ弱めのお相手の場所、ということもありこの編成でルート固定はできていそうです。
また、空母の類は一切出現しませんでしたので、対空は気にしなくても問題ないということになります。
最大の問題はボス戦で出現する魚雷艇たちなのですけれど、イベント開始時の運営電文に駆逐艦の他大型艦艇でも副砲を装備すればある程度対処ができると書かれていた記憶がありますので、川内さんと筑摩さんには副砲を装備すべきかもしれません(副砲を装備した場合連撃はどうなりましたっけ…ということで逡巡してしまいますけれど、当たらなければどうしようもありませんよね…)
ただ、威力偵察の際には川内さんが昼戦で普通に魚雷艇に攻撃を当てていたのですよね…ですので副砲は筑摩さんにのみ装備をしておきました。

川内さんたちによる2度めの出撃、能動分岐を北に取り気のせいを経た分岐はやはり先と同じルートをたどり、初戦は普通の駆逐艦たちとの戦いとなり完全勝利となりました。
第2戦は川内さんの喜ぶ夜戦となり駆逐艦1を取り逃がすもののこちらに損害はなく、物資の揚陸は五月雨さんもドラム缶にしましたので4つ、その先の第3戦は輸送船団との夜戦となり完全勝利となりました。
最後の分岐もボスへ進み、何と魚雷艇が4を占める編成となってしまいさらに砲撃戦は駆逐水鬼さんの攻撃で筑摩さんが大破、雷撃戦で時雨さんも大破し駆逐水鬼さん小破魚雷艇1残存で夜戦へ…駆逐水鬼さんのカットインで夕立さんも大破、戦力の1/3が無力化とズタズタにされ駆逐水鬼さん中破で終了、TPは32の減少となりました。
…筑摩さんに副砲を装備させたところ、昼戦で久しぶりに見る電探の弾着観測射撃が発生しました。

ちょっとこれではボス艦隊の全滅を図るのは厳しそう、ということで決戦支援の派遣を要請することにします。
その3度めの出撃、初戦は駆逐艦の数が4に減っており完全勝利、夜戦となる第2戦も完全勝利を収め、揚陸を経ての夜戦となる第3戦は敵旗艦と魚雷艇1を取り逃がすものの大きな損害なく勝利を収めました。
そうして迎えたボス戦はまた魚雷艇が4存在、支援攻撃はきたりますけれど完全ミスとなり、魚雷艇にはそこそこ攻撃が当たり何人かを撃沈、雷撃戦の末に五月雨さんと時雨さんが中破に対し相手は駆逐水鬼さんと魚雷艇1が無傷で残り、夜戦は駆逐水鬼さんのカットインが炸裂し筑摩さんが中破、けれど初となる敵の全滅に成功し46のTP減少となりました。

ということで、支援艦隊は何ら意味をなさず、けれど支援の有無に関係なく運が向けばボス艦隊の全滅は可能、ということが解りました。
もっとも、全滅させられなくってもTPは減るので問題ないといえばないのですけれど、新しいかたがここで出るとすればそれを得られる可能性が…いえ、まぁ、敵を全滅させても得られる手ごたえは全く感じませんけれども(何)

TPが残り14になっていたこともあり、支援艦隊なしで4度めの出撃を敢行、その初戦はやはり4しかいない駆逐艦となり完全勝利、夜戦となる第2戦も完全勝利となり、揚陸を経て夜戦となる第3戦も完全勝利となりました。
そうしてたどり着いたボス戦は航空戦で魚雷艇1が沈没、砲撃戦で時雨さんが中破し雷撃戦で五月雨さんが中破しますけれど相手は駆逐水鬼さん小破その他全撃沈となり、夜戦で敵の全滅に成功しました。
これでTPが0となりゲージ破壊…かと思われたのですけれど、何と緑のゲージが消滅すると同時に見慣れた赤いゲージが出現しました…。
…しかもその後に虹色背景が出たかと思いきや、長門さん…。

ということで、何とこの海域その5、輸送用の緑のゲージを破壊するだけでは物足りないそうで、引き続き普通の赤いゲージの破壊も行わなければならない、とのことになりました…。
ちょっと予想外の展開に、さすがに疲れ果てていた昨日は挑む気力がわかず、昨日はそこまでとしました…ただ、2回ボス艦隊の全滅には成功していますので、魚雷艇への攻撃が安定すれば大丈夫な気がします。
ともかく本当の勝負は今日から、ということに…由良さんたちが使えなかったのは残念ですけれど、でも夜戦に喜ぶ川内さんを見るのは微笑ましいので、引き続き頑張っていきましょう。
…もう輸送はしなくてよさそうですから駆逐艦の皆さんからドラム缶を外して照明弾や電探を載せられますので、今までよりも戦いは安定するはず、ですよね、ね…?


『七竜3』は鍛治師の集落へ行って移民を受け入れることを伝えます…軍のお二人はそのための資材回収に回ってくださるといい、アサミーナさんたちは王宮へ向かうこととなります。
その前に再度帝竜のいたダンジョンへ向かってみたのですけれど、帝竜撃破の際にはいなかった要救助者が出現しており、これは一度クリアしたダンジョンへももう一度行ってみたほうがよい、ということになりそうです。

王宮へ向かうと執政のかたに軽くあしらわれ追い返されてしまいますけれど、地下の通路から王宮を目指し女王に会うことに…ただこの通路はすでに魔物とドラゴンの巣窟となっています。
新たなスキルを覚えてスキルポイントがたくさんいりますし、装備品を更新してお金も足りませんし、のんびりといきましょう(あまり時間も取れませんし…/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴