2017年08月27日

やさしくないやさしいこ

先日はこの様なものを購入してきました。
----
コミックを…
○はんどすたんど!(2)
○NEW GAME!アンソロジーコミック(3)
○サクランボッチ(2)
○ゆゆ式(9)
○〆切ごはん(4)
○艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府(5)
○となりの吸血鬼さん(3)
○新米姉妹のふたりごはん(4)
○かなえるLoveSick(2)
○しすたー・いん・らう!(2)
○けものフレンズ コミックアラカルト ジャパリパーク編(2)
○マギサ・ガーデン アクセル・ワールド/デュラル(8)
○世界征服はまた明日(2)
○ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante(2)
○ばくおん!!(10)
○ひまわりさん(8)
○JK小説家っぽい!(2)
○結城友奈は勇者である(3)
○週末なにしにいこう?
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『はんどすたんど!』から『〆切ごはん』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなり、今回は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『サクランボッチ』『〆切ごはん』はこの巻で最終巻となる模様です。

『止まり木の鎮守府』から『結城友奈は勇者である』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『止まり木の鎮守府』『マギサ・ガーデン』『世界征服』『JK小説家っぽい!』はこの巻で最終巻となる模様です。

『週末なにしにいこう?』は百合が期待できることから購入をしたものとなります。

今回は一番下の作品以外は全て既刊を読んでいることから購入をしたもの、というこれだけの数があるにしてはなかなか珍しい事態…ただそれだけにある程度内容が推測できますので、特に期待できるものから読んでいきましょう。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
DVDも…
○ひなこのーと(2)
○BanG Dream!(4)
-----
…こちらはDVDとなり、一連で予約をしているアニメたちとなります。

『バンドリ』には全巻収納boxとタペストリーがついてきました。
…ところで先日『フレームアームズ・ガール』が届いたばかりなのですけれど、連日で同じところで予約したものが届くとは一体何事…。

その様な昨日はそのうち『ひなこのーと』のDVD第2巻を観てみました。

第4話は『かかしひろいん』ということで、ひな子さんたちが演劇同好会に参加してしばらくがたった頃のお話…。
部室には小さな、でも胸は大きな子供がおり気にするひな子さんですけれど、そのかたは何と天才子役にして演劇部の顧問をしている黒柳ルリ子さんだということが判明…顧問として世界各地の演劇の勉強をしてきてつい先日帰国したといいます。
彼女が戻ってきたということで演劇部復活かと思われたのですけれど、ひとまずはこのまま同好会のままで文化祭の演劇を行うことになりました。
その先生が演劇で使う曲を持ってきたのですけれど、ひな子さんはそれをものすごく上手に歌い上げ、先生の目に留まることに…ひな子さんは歌手になったほうがよいのではと思わなくもなく…?
そこで目に留まったこともあり、ひな子さんは文化祭で行われる演劇の主役に抜擢されることになったのでした。
その他、大家さんが演劇ばかりに目を向けているため少し拗ねてしまう真雪さんの姿も見られたりし…?

第5話は『やさしくないやさしいこ』ということで、文化祭の演劇の主役に抜擢されたひな子さんがそれへ向けて練習をされるお話…。
けれど上がり性ということもありなかなかうまくいかず、その様な彼女を見てゆあさんはどうして彼女が主役なのかなどについて納得いかなくなってきます…直接的な被害も被っていますので、これはこう思っても仕方のない面もあり…?
その様なある日、公園でひととせ荘の皆さんとともに練習に励むひな子さんを見てゆあさんは彼女を見直すのですけれど、でも同時にもどかしさも覚え、思わず一緒に練習をすると言い出し、彼女の実力上達に協力をすることになるのでした。
その他、ひととせ荘で動物の物まねをすることによる演劇の練習を行ったりしたのですけれど、大家さん…その場にゆあさんがいらしたらどうなっていたか…。

第6話は『めいどとおばけとゆめのぶたい』ということで、文化祭前日から当日にかけてのお話…。
まずは前日、衣装合わせを行うとともに通しで練習をするのですけれど、ひな子さんは台詞を間違えずしっかり言えてまずは一安心…何やら鳥に助けてもらっているところも見られた気もしますけれど…?
そうして迎えた文化祭当日、まずは出し物を楽しむことになり、くいなさんの大食いっぷりが発揮されたりするのですけれど、ひな子さんが台詞を忘れてしまっていることが判明…前日の練習の後、他の人の台詞も覚えようとしたのが原因の模様…。
それでもついに本番を迎え、ひな子さんは上がり性には見えない堂々とした演技を見せ、彼女のことばかり気にしてそのため小道具を忘れてしまったゆあさんに対してもアドリブで助け舟を出せたりと、舞台は大成功となるのでした。

ということで、第6話の時点で最終話になってもよいのでないかという非常によい流れでお話は進んでくださり、今のところやっぱり非常に満足です。
ただお話はまだ完結ではなく、ここまでは学校の演劇同好会としての演劇活動でしたけれど、劇団ひととせの活動が全く描かれていませんから、後半はそちらメインのお話になる、はず…?
真雪さんが声も合わさって大鯨さんの様にかわいいですし(何)何よりゆあさんのツンデレっぷりが微笑ましく、このゆあさんとひな子さんの関係が何ともいえずよい感じで、続きも非常に楽しみにしたいところ…『フレームアームズ・ガール』といい今作といい、とてもよい作品に巡り会えるのはやはり嬉しく幸せなことです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
20cm連装砲、15cm単装砲、32号対水上電探、九七式艦攻
-----
【大型艦建造最低値】
阿賀野さん
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成任務達成・ろ号作戦も達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○損害・エラー発生:なし
-----
…輸送船3撃沈任務でろ号作戦も完了したため、得るものがほぼなくなった南西諸島任務は昨日と今日、お休みできることになりました。
1-5への3回出撃任務も無事完了でき、そして何よりとっても大好きなあのかたがイベントを無事に進行されていらっしゃりまずは一安心…。


先日届いた百合なゲームはどちらも手を付けることができず…一応どちらもインストールはしたのですけれども…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年08月13日

今日も“魔法”学んでます!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
DVDも…
○機動戦艦ナデシコ The prince of darkness
○45分間の魔法使い(2)
○サクラクエスト アンソロジーコミック(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(15)
○カガクチョップ(4)
○ねこむすめ道草日記(16)
○私と彼女のお泊り映画(2)
○ヤマノススメ(14)
○犬神さんと猫山さん(6)
○ふたりモノローグ(1)
○STARTING GATE! ウマ娘プリティーダービー(1)
○かみつき学園(1)
-----
…一番上はDVD、その他はコミックとなります。

DVDは以前している『スパロボV』に登場した作品…劇場版があり気になる作品ということで購入と、以前観ている『宇宙戦艦ヤマト2199』と同じ経緯で購入をしたものとなります。

コミックのほう『45分間』と『サクラクエスト』アンソロジーはおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなり、前者は大判サイズでも4コマでもありませんけれど、後者はこの時期に出るきらら系なのに大判サイズ…。
『45分間』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、この巻で最終巻の模様…『サクラクエスト』はコミカライズ版を読んでいる作品のアンソロジーということで購入をしてみました。
…今日の日誌のタイトルは『45分間』の帯から取ってみました。

『艦これ』コミックアラカルトから『犬猫』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『犬猫』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、『ふたりモノローグ』『STARTING GATE! 』は百合が期待できるとおうかがいしたことから、一番最後の作品は何となくよさそうに感じられたことからそれぞれ購入をしたものとなります。

優先して読みたい未読の作品はほぼ読み切っていますので、今回購入をしたものたちを優先して読んでいきましょう…『ナデシコ』もはやめに観ておきたいものですけれど、『艦これ』のイベントで時間が…。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の天霧さんと戦艦のリシュリューさんがいらしてくださいました…天霧さんはつい先日いらした狭霧さんの姉妹艦なかたで、1-5で育てていきたいものです。
一方のリシュリューさんはフランスの、イタリアにおけるヴェネト級に相当する強力な新鋭戦艦で、こちらは近代化改修が終われば演習などで使っていきたいものです。
…これで主要各国の新鋭戦艦は一通り揃った…かと思ったのですがイギリスのキングジョージ5世級(あるいはヴァンガード)がいませんでした(ウォースパイトさんのクイーン・エリザベス級は金剛型と同時期の旧式戦艦ですので…)

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12cm連装高角砲、41cm連装砲、7mm機銃、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成・輸送船5撃沈任務同時発動のため3撃沈任務は達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○2の損害
-----
…南西諸島任務はろ号作戦が完了しましたので今週はもう実施せず、ただ現状イベント海域に輸送船を安定して撃沈できる場所はないため、輸送船3撃沈任務はいつも通りの流れで実施することに…昨日も先日ほどではないながらも悪い流れでした。
ろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務は簡単なものでしかも改修資材が得られますので普通に消化しておきます。
輸送船5撃沈任務については、イベント海域のどこかで輸送船が出現したっぽくいつの間にか達成状態になっていました。

先日に引き続いてのイベントですけれど、海域その3の新たに出現したゲージ破壊から…機動部隊か水上部隊な連合艦隊を組むことになりますけれど、今作はどうも前半の作戦では連合艦隊に全力を出させてくださらない、重い編成にするとあらぬ方向行きにさせられる傾向が強く見られますので、まずは…
-----
○第1艦隊:龍驤さん(98)・金剛さん(98)・蒼龍さん(99)・飛龍さん(99)・熊野さん(99)・鈴谷さん(99)
○第2艦隊:五月雨さん(156)・秋月さん(98)・阿武隈さん(99)・木曾さん(97)・筑摩さん(99)・利根さん(99)
-----
…この様な機動部隊な軽めの艦隊を編成し威力偵察を実施することにしました。
空母はバナーにいらっしゃるお二人を使います?

その出撃、はじめの分岐は静かな海を経て空襲戦その1は損害なし、初戦は完全勝利、能動分岐を経た空襲その2は損害なし、そこの分岐は南下し輸送とは別ルートになる第2戦は金のヌ級さん2や金のル級さんやネ級さんなどとの戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐はあらぬ方向になる北行き(西進すればボスへ行きました)にされ第3戦は金のヲ級さんや金のヌ級さんなどとの戦いとなり完全勝利、そこの分岐はボスへ進行…ボス戦は重巡夏姫さんをを旗艦とし金のヲ級さんなどの連合艦隊なお相手となり敵の全滅に成功しました。

ということで、ちょっとルートが迷走している様には感じられるもののボスの撃破は危なげなくできましたので(でも飛龍さんの艦載機が蒸発していましたが…/何)、ひとまずはこのままの編成で向かい続けることとし、この様な結果を得ました。
-----
○2回め:空襲戦1・損害なし→初戦・敵全滅→空襲戦2・損害なし→分岐西進→第2戦・完全勝利→ボス戦・飛龍さん大破秋月さん中破敵全滅
○3回め:空襲戦1・損害なし→初戦・木曾さん中破敵全滅→空襲戦2・損害あり→分岐西進→第2戦・敵全滅→ボス戦・龍驤さん中破敵全滅・蒼龍さん艦載機蒸発
○4回め:空襲戦1・損害なし→初戦・完全勝利→空襲戦2・損害なし→分岐南下→第2戦・敵全滅→分岐西進→ボス戦・敵全滅・蒼龍さん艦載機また蒸発
-----
…同じ編成でもボス前のルートが固定ではなくかなりばらばらな進みかたになり、ランダムっぽいです?
4回めのボス戦は敵編成が強化されていたのですが先制雷撃で赤いタ級さんが沈んだり敵第一艦隊が1巡めの砲撃戦で全滅したりと恐ろしく順調な戦いが見られました…ただ、その出撃も含め、艦載機の蒸発がかなり目立ちましたが…。
ともかくこれで海域その3のゲージ破壊を難易度丙にて成功、特典として洋上補給2つとSkuaなるものとソードフィッシュといういずれも弱い艦載機を得ました。
この海域その3は後半よりも前半の輸送作戦のほうがきつかったでしょうか…後半だけでしたら難易度を上げても何とかなりそうな気配も見えますけれど…?

続いて海域その4へ、もう難易度は丙のままで出撃を実施、こちらはまた連合艦隊での編成となり、どうすればよいのか全く解りませんから、海域その3の編成を基本とし…
-----
○第1艦隊:龍驤さん(98)・金剛さん(98)・蒼龍さん(99)・飛龍さん(99)・熊野さん(99)・千歳さん(75)
○第2艦隊:五月雨さん(157)・秋月さん(98)・阿武隈さん(99)・木曾さん(97)・筑摩さん(99)・利根さん(99)
-----
…軽空母を1増やしたらどうなるか、というのを見ることにしました。

その出撃、はじめの分岐は南西に進み初戦は対潜戦となり阿武隈さんが4の損害、第2戦は金のリ級さんやツ級さんなどとの戦いとなり完全勝利、第3戦は金の軽空母などとの戦いとなり完全勝利、第4戦は金のル級さん2などとの戦いとなり完全勝利とし、何もない場所2つを経てボス戦へ…ボス戦は空母夏姫さんを旗艦とし金のル級さんやネ級さんなどの連合艦隊となり航空戦で敵第2艦隊が壊滅、敵の全滅に成功しました。
左が不穏…
…あと、どう見てもこれはこの先何かありそうにしか見えないマップ編成で少しため息が…。

ということで、ルートを見ると初戦の潜水艦は回避できそうなのですけれど、戦闘に問題はなくまた減らすとしたら結局空母を減らすことになりそうでそれはきついのでこのままでもいい様な気がして、ひとまずこのまま出撃を実施していくこととし、この様な結果を得ました。
-----
○2回め:初戦対潜戦・損害なし→第2戦・完全勝利→第3戦・敵全滅→第4戦・敵全滅→ボス戦・蒼龍さん中破敵全滅
○3回め:初戦対潜戦・損害なし→第2戦・完全勝利→第3戦・完全勝利→第4戦・完全勝利→ボス戦・千歳さん中破敵全滅・蒼龍さん艦載機蒸発
○4回め:初戦対潜戦・完全勝利→第2戦・完全勝利→第3戦・敵全滅→第4戦・完全勝利→ボス戦・金剛さん中破敵全滅
-----
…これでゲージ破壊は完了、けれど予想通り…
当然の様に…?
…新たなルートとゲージが出現してしまいました。
それにしても、海域その3といい、蒼龍さんの第1スロットの艦載機が蒸発しすぎ…もっと少ないスロットの瑞雲晴嵐はもっているのに…(何)

一度そのままの編成で出撃をしてみたものの、はじめのボスのエリアへ飛ばされたためどうも機動部隊はダメっぽく、今度は水上部隊で挑戦をしてみることにして、第2艦隊はそのままに…
-----
○第1艦隊:龍驤さん(98)・千歳さん(75)・鈴谷さん(99)・熊野さん(99)・金剛さん(98)・ローマさん(97)
-----
…この様な編成で威力偵察を行うことにしました。

その出撃、はじめの分岐は南西へ進み初戦はこれまで同様に対潜戦となり完全勝利、そこの分岐は南西へ進みはじめのボスへの分岐ルートも南西へ進みその先の第2戦は何とPT魚雷群が5も出現してしまい第1艦隊が全攻撃を外すものの何とか敵を全滅、その先は空襲戦となり鈴谷さんが5の損害、そこの分岐は余計なエリア回避ルートを取りその先の第3戦は金のリ級さんや赤いル級さん2にツ級さんに何とPT2というひどい編成が出現してしまい攻撃がどんどんPTに吸収されていき龍驤さん小破に対し何とか敵を全滅し、ボス戦へ…ボス戦は戦艦仏棲姫なる謎の敵を旗艦とし金と赤のル級さんなどの連合艦隊との戦いとなり熊野さん鈴谷さん千歳さん大破ローマさん中破の大損害に対し戦艦仏棲姫さん中破その他撃沈、夜戦を挑み木曾さん中破に対し敵の全滅に成功しました。
…コマンダン・テストさんがドロップしたのですが、どうしろと…。

何とかなることにはなったのですけれど、ボス戦がひどいことになりましたので、鈴谷さんをビスマルクさんへ変更するとどうなるかを見てみることにしたものの、初戦終了後あらぬ方向へ吹き飛ばされてしまい、戦艦を増やすことは一切許されない様子です…。
ならばと戦艦を低速の長門さんとウォースパイトさんへ、軽空母を隼鷹さんと飛鷹さんへ、その他秋月さんをレベル99かつ補強増設のある照月さんへ変更、これ以上どうしようもないためその編成で出撃を繰り返すこととなり、この様な結果を得ました。
-----
○2回め:初戦対潜戦・完全勝利→第2戦(PT6)・B判定→空襲戦・損害なし→第3戦(PT2)・敵全滅→ボス戦・隼鷹さん大破木曾さん中破戦艦仏棲姫さん大破残存・夜戦敵全滅
○3回め:初戦対潜戦・完全勝利→第2戦(PT5)・完全勝利→空襲戦・損害あり→第3戦(PT3)・敵全滅→ボス戦・長門さん利根さん中破戦艦仏棲姫さん中破残存・夜戦阿武隈さん大破敵全滅
○4回め:初戦対潜戦・敵全滅→第2戦(PT5)・敵全滅→空襲戦・損害あり→第3戦(PT2)・敵全滅→ボス戦・熊野さんウォースパイトさん中破戦艦仏棲姫さん中破残存・夜戦阿武隈さん大破敵全滅・ドロップ天霧さん
○5回め:初戦対潜戦・A判定→第2戦(PT6)・航空戦第1艦隊攻撃全ミスB判定→空襲戦・長門さん小破→第3戦(PT2)・隼鷹さん中破敵全滅→ボス戦・戦艦仏棲姫さんが壊へ移行・熊野さん大破筑摩さん中破戦艦仏棲姫さん中破残存・夜戦木曾さん大破戦艦仏棲姫さん大破残存A判定
○6回め:初戦対潜戦・木曾さん中破敵全滅→第2戦(PT6)・敵全滅→空襲戦・損害なし→第3戦(PT2)・敵全滅→ボス戦・鈴谷さん隼鷹さん大破ウォースパイトさん中破戦艦仏棲姫さん中破残存・夜戦利根さん大破敵全滅
-----
…5回めの出撃などが顕著ですけれどとにかくPTというものの存在がひどく、攻撃が当たらないだけではなく向こうの攻撃が結構当たってダメージが蓄積したり何より無意味に時間がかかってしまい、かなりげんなりさせられます。
さらにやっぱりボスが相当強く、しかも夜戦になると結構的確にこちらの火力を奪ってくる上にダメージが全然与えられなかったりし5回めの出撃の様に撃破失敗も発生してしまいます…もっともその5回めの出撃以降彼女が「戦艦仏棲姫-壊」になっていましたので撃破直前となって強化されてしまった、ということなのかもしれませんが…。
それでもその様な中、4回めの出撃にて…
天霧さん
…新しいかたが登場してくださいました。

そして初戦の対潜戦で木曾さんが中破したため早々にダメかと思われた6回めの出撃でボス艦隊を全滅、何とか難易度丙にて海域その4の突破にも成功、突破特典として勲章と…
リシュリューさん
…新しいかたをお迎えできました。
ただ、この海域その4のボスはかなり強く、印象としてはこれまでのイベントの最終海域のボスと同等に感じられ、特にものすごく硬くて最後も夜戦で6番めの筑摩さんが何とか少ないダメージを与えてぎりぎり撃破という趣…難易度丙でこれなのですからもっと上の難易度でしたらどうなるか解らず、これはもう恒例になってしまっている感のあるギミックというものがある、のかも?(私は例によって力押しで突破してしまいましたが…)

そしてこれで…
前段作戦完了
…前段作戦が完了、けれど引き続き欧州救援作戦が発動してしまいます。

昨日はそこまで、次の海域その5か地中海に突入の通常艦隊での戦いとのことで、地中海はイタリアの庭ですので(何)イタリア艦隊で向かってみたい気がします?
ここまでは比較的順調、けれど運営電文によるとこの先新しいかたがお二人、ドロップ限定で出るっぽい…えっと、どうして、海域突破特典にせずにドロップなんて苦痛の大きいものにしてしまうのですか…。
…苦痛といえばとにかくPTが煩わしすぎます、エラー発生、羅針盤さんの次くらいに嫌な敵ですし、何とかしてください!
posted by 桜乃 彩葉 at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年07月28日

鮮やかな日々が満開

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○きんいろモザイク(8)
○あじさいプラネット(2)
○三者三葉(13)
○NEW GAME!アンソロジーコミック(2)
○ペンにまします神サマの(2)
○広がる地図とホウキ星(1)
○エプロンと加瀬さん。
○艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(14)
○ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ(3)
○ガールズ&パンツァー リボンの武者(7)
○紫電改のマキ(9)
○魔法少女リリカルなのはViVid(19)
○北陸とらいあんぐる(2)
○だーがしゅか(2)
○三ツ星カラーズ(4)
○ラブライブ!サンシャイン!!(2)
○ろんぐらいだぁす!(9)
○セーラー服とブレザーちゃん(2)
○ひなビタ♪Bitter Sweet Girls!
○Lily lily rose(1)
○惑星クローゼット(1)
○猫娘症候群(1)
○ティアのスペシャリテ 〜新米記者のグルメコラム〜(1)
○出会い系サイトで妹と出会う話
-----
…今回は全てコミックとなります。

『きんいろ』から『広がる地図』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『きんいろ』から『ペン』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『あじさい』『ペン』はこの巻で完結となる模様です。
…今日の日誌のタイトルは『あじさいプラネット』の帯から取ってみました。

『加瀬さん。』から『セーラー服』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『だーがしゅか』『セーラー服』はこの巻で完結となる模様です。
『加瀬さん。』は特装版ということでblu-rayや小冊子がついてきました。

その他の作品群は何となくよさそうでしたり帯に百合と明記されたりしていたりしたことから購入をしたものとなります。

月末ということで数が多いですけれど、質としても『きんいろ』『あじさい』『三者』『加瀬さん。』など気になるものが多く、どれから読もうか非常に悩ましくなってしまうところ…それらを最優先で読むのは間違いないところですけれど…?
…『ふたりでひとりぐらし、』という作品については、以前第1巻を読んではいるものの色々と微妙かつ購入数も多いということで切ってしまうことにしました…これだけ数が多いのですから、無理に合わない作品を購入する必要は皆無なわけです。

その他、帯によると『なのは』の新作劇場版がすでに公開されているっぽい他、『三ツ星カラーズ』が2018年1月からアニメ化するっぽく、さらには目に留まった雑誌の表紙によると以前読んでいる4コマでないきらら系な『はるかなレシーブ』までアニメ化するらしくって…?
ただ、現状きらら系を中心に気になる作品のアニメ化ラッシュになっていて以前読んでいる『ゆるキャン△』あたりでもDVD購入は諦める方向になっていますので、『三ツ星カラーズ』は購入はしないかと思われます…『はるかなレシーブ』はどうしましょう、購入する方向で考えたいですけれど…?
…しかし以前読んでいる『スロウスタート』に以前読んでいる『こみっくがーるず』に加え『はるかな』までとは、一体きらら系のアニメ化ラッシュはどこまで続くのか、これは一時期以上の勢いかも…某混ぜ物Sあたりが入って購入の中休みができると安堵していた頃が懐かしい…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、46cm3連装砲、水観、九七式艦攻
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス行き直行青葉さん大破任務失敗
○潜水艦隊2-3:分岐北上→輸送船エリア到達・空母3編成のため3撃沈任務も完了
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3(2連続:1)
○輸送船エリア行き:1(ボス前南下:1・2連続:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:2
○ボス到達:3(2連続:1・3連続逸れ:1→任務放棄・ヲ級さん編成:2)
-----
…輸送船3撃沈任務のはじめの出撃では連日の大外れ編成任務失敗からの無意味なボス行きというどうしようもない展開を早々に見せつけられげんなり、うんざり…幸い先日とは違い潜水艦隊で任務は完了できその時点で空母3撃沈任務も完了となりましたけれども、ただその後の南西諸島任務で空母がたくさん出てしまいましたが…。
南西諸島任務では高速建造材という完全無意味な場所行きからのボス前まで直行しつつそこからの連続南下といったものを発生させられボス到達できず3連続を見せつけられましたので、その時点で任務放棄…昨日は時間もなかった中で羅針盤さんなどというこんな悪意のかたまりみたいな機械(何)なんかにに付き合ってなどいられません。


『スパロボV』の2周めはジェイミーさんがぼこぼこにされるスペシャルシナリオを経て、分岐シナリオへ…2周めの基本方針は1周めとは違うルートをたどることにしているながらここの分岐は3つに分かれ、ですのでまだたどっていないルートが2つあることになってしまいます。
一方はナデシコやミスリルとともにエンブリヲなる人物やアマルガムと戦うためにナデシコの世界へ赴く、もう一方はヤマトやスーパーロボット系なかたがたとともにDr.ヘルと戦うため宇宙世紀の世界の地上へ降りるというもの…これまでずっと『ナデシコ』『クロスアンジュ』『マイトガイン』のシナリオをたどることができていて自然とその3作を優先していたわけですけれど、ここにきて分かれることになってしまいました。
2周めのもう一つの方針として『クロスアンジュ』のかたがたをかなり優遇して使っていく、というのもありますので、ここは彼女たちのルートへ向かうことにしたのでした。

ナデシコの世界へ戻ることになった皆さんはアルゼナルへ転移…エンブリヲなる人物はアンジュさんに執心している様子ですので、彼女のいないここは狙いから外れ、結果結構再建ができていました。
アルゼナル司令のジルさんはこのタイミングでリベルタス発動を決意、ソレスタルビーイングなどもそれに協力することに…また、ヒルダさんにラグナメイルでない新機体が用意されましたけれど、1周めでは戻ってきた時点ですでにラグナメイルになっていましたし、ものすごく短期間の機体…?
その他ジルさんは資材を放出、ロザリーさんの機体も多分強化されたはず…いえ、なぜかお二人の最優先チェックが外れていましたので、これはきっと新機体扱いだからそうなってしまったのではないかと…?

その様な中でアルゼナルへ敵が襲来、第37話はそれの迎撃…現れたのはダイヤモンドローズ騎士団とアマルガムの軍勢でした。
ジルさんはアンジュさんの出撃を差し控えさせましたので、まずは彼女なしでの戦い…敵ラグナメイルに多少のダメージを与えるとアンジュさんを出撃させなかった理由が語られますけれど、確かにこのジルさんの考えはアンジュさんにクズだと言われても仕方ないかも…。
その様なアルゼナル内部にいつかも会ったゲイツなるヤザン・ゲーブル声の頭のおかしい人物が刺客として出現、そこはタスクなる人物や宗介さんにより阻止されましたけれど、続いてエンブリヲなる人物により操られたモモカさんがアンジュさんを攻撃しようとします。
どうもマナを扱える、エンブリヲなる人物により生み出された人類…彼はホムンクルスと呼んでいましたけれど、ともかくそういう人々はエンブリヲなる人物が自在に操れるといい、けれど、モモカさんはアンジュさんの呼びかけに対しナインさんの様に洗脳をはねのけ、そしてこれ以上操られないためにと自分を撃ってしまいました…。

それを見たエンブリヲなる人物はひとまず去っていき、ゲイツなる人物、それにアンジュさんたちも機体で出現しあとは敵を全滅させるのみとなっていきます。
ゲイツなる人物は撃墜するとそのまま戦死してしまいますけれど、ダイヤモンドローズ騎士団は撤退…その際にどうしてエンブリヲなる人物についたのかについて話していき、サリアさんとクリスさんはちょっと歪んだ気持ちの果てにといったところでしょうか。
一方のエルシャさんは大切にしていたアルゼナルの幼年部のかたがたが先の敵の襲撃で亡くなってしまい、けれどそれをエンブリヲなる人物が生き返らせてくれたためについていったといいます…それは従う理由としては十分なのですけれど、ただその際にエンブリヲなる人物が幼年部のかたがたに用意したのがエンブリヲ幼稚園なるものすごく怪しい名前の幼稚園で、それを聞いた思わずアキトさんが「エンブリヲ幼稚園、だと…」と絶句してしまっており笑いを誘われてしまいました(よりにもよってあの格好のアキトさんがそう言うのでより面白さが…/何)
…このお話、ちょっと敵の数が少なすぎ…。

戦い終わり、けれどダイヤモンドローズ騎士団がまた舞い戻ってきてしまい、それに安易に突入したアンジュさんは捕らえられて連れ去られてしまいました。
けれど、上で触れた事情によりエンブリヲなる人物についたものの心に迷いのあるエルシャさんだけはその場に残り、こちらに投降してきました…エンブリヲ幼稚園は大丈夫でしょうか(何)
連れ去られたアンジュさんは、そこで同様に捕らえられているマリナさんたちにお会いするのですけれど…?

昨日はここまでといったところなのですけれど、どうしてエルシャさんはここで別に破損したわけでもないラグナメイルを乗り捨てて元の機体に戻ってしまうのでしょうか…サリアさんは戻ってきてもそのまま乗っていますし、クリスさんのものはヒルダさんが使っていますのに…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年07月20日

一生懸命がんばる子はやっぱりかわいい。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(10)
○終電で帰さない、たった1つの方法(2)
○あとで姉妹ます。(3)
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(5)
○まぶしさの向こう側
○ぼっち怪物と盲目少女
○ゆえちゃんは今日も遊びたい(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『吹雪、がんばります!』から『2DK』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『あとで姉妹ます。』はこの巻で完結となる模様です。

その他の作品群、『まぶしさの向こう側』『ぼっち怪物』は百合が期待できることから購入をしたものとなり、『ゆえちゃんは今日も遊びたい』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
今日の日誌のタイトルは『ゆえちゃんは今日も遊びたい』の帯から取ってみました。

今回は百合姫コミックスが多めですので百合的には期待できそう…ですが、まずはやっぱり『吹雪、がんばります!』から読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、15cm3連装副砲、水偵、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:1
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:3・3連続南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:
○ボス到達:0(3連続逸れ:1→任務放棄)
-----
…例によってというか、南西諸島任務ははじめの出撃からいきなりボス前での南下を連続で発生させられ、もうこれが基本的な流れとしか思えず…ため息しか出ません。
3回めの出撃もそれを見せつけられるにいたり、南西諸島任務用艦隊が1巡していない状況ながら明らかに羅針盤さんが嫌がらせをしている最低の流れになっていましたので、怒りというよりも呆れた気持ちのほうが大きくなり早々に任務を放棄して立ち去ることにしたのでした。


『スパロボV』の2周めは引き続き1周めとは違うルートから…アナハイム・エレクトロニクスのアマルガム離脱など、お話の大筋は1周めと同じなのですけれど、細部が異なる展開になっていきます。
こちらではミスリルの本拠地である島で補給を行うのですけれど、そこにどうやらミネバさんを拉致を目的としてアマルガムが襲撃、けれどそれ自体は食い止められ、彼らは機体での強襲に移行してきました。

第25話はそのアマルガムとの戦い…ガウルンなる人物とその弟子(?)の他、ヤザン・ゲーブル声の少々おかしな人物もいます。
その後者の人物は強制出撃な宗介さんの移動範囲内にいるのでそれで攻撃をしたのち撃墜をすると彼は撤退、すると彼1機のみの撃墜で早々に次のイベントが発動していきました。
それはリディ少尉がミネバさんを連れて部隊を離脱するという1周めでも見られたものなのですけれど、それを見届けると今度はフル・フロンタルが何と地上に降りて出現してきてしまいました。
ここからは1周めでもあったバナージさん暴走イベントが発動、ただ1周めでは彼を抑える鍵がジュドーさんとハサウェイさんでしたのに対し、今回はジュドーさんと宗介さんになってしまっていました。
その差異はあるものの、ただ大筋は1周めと同じ流れとなり、最終的にはフル・フロンタルの撃墜が勝利条件となります…つまりガウルンなる人物は放置しても問題ない、ということになるわけですけれど、もちろんそちらの撃破も実施します。

戦い終わり、ここからは1周めと同じルートに合流、マジンガーZやエヴァンゲリオンが初登場するお話に繋がっていきます。
さやかさんが加わりますけれど、枠が…ただ彼女は補助精神コマンドを使うかたとして必須ですし…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年07月14日

敵は自然だ!戦いたければ暖を取れ!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
DVDも…?
○宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海
○宇宙戦艦ヤマト(劇場版)
○ゆるキャン△(4)
○サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報(1)
○篠崎さん気をオタしかに!(9)
○柚子森さん(3)
○小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(2)
○まっすぐ息をすって。 〜朝霞北高校放送部〜(2)
○アフターアワーズ(2)
○セントールの悩み(15)
○小林さんちのメイドラゴン(6)
○ブレイブウィッチーズ 第502部隊発進しますっ!
○ツインエンジェルBREAK
○好奇心は女子高生を殺す(1)
-----
…上2つはDVD、その他はコミックとなります。

DVDのほうはそれぞれ劇場版なアニメ…前者は以前している『スパロボV』で特に気になった作品でしかも総集編な劇場版DVDがあるのを発見したことからそのまま購入をしてしまいました。
後者は『2199』がリメイクに対しそのオリジナル版な劇場版…こちらは安価でしたこともあり、リメイクとの比較をしてみたくなり購入をして見たのでした。

コミックのほう、『ゆるキャン△』『サクラクエスト外伝』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
前者は過去に既刊を読んでいることから、後者はコミカライズ版を読んでいる作品のスピンオフ作品、ということで購入をしてみました。

『篠崎さん』から『メイドラゴン』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『篠崎さん』『まっすぐ息をすって。』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、『第502部隊発進しますっ!』は気になる作品のコミカライズ版ということから、その他2作品は何となくよさそうに感じられたことからそれぞれ購入をしたものとなります。
今日の日誌のタイトルは『第502部隊発進しますっ!』の帯から取ってみました。

今回は百合とは関わりのないDVDを購入しましたけれど、過去にも以前観ている『スクライド』の様にゲームで触れて特に気になりなおかつ比較的気軽に購入できる劇場版のある作品はそういうこととは関わりなく購入していますので、今回もよしとしましょう(過去にすでに観ているので改めて購入報告を日誌では書いていない機動戦士な作品群…無印と『0083』『逆襲のシャア』『F91』『W』『∀』『00』も実は劇場版を購入をしていたりして…/何)
コミックのほうはやはり『篠崎さん』を最優先に、あとは気になるものから読んでいきましょうか。
…『ナデシコ』の劇場版は購入しないのか、ですか…確かに気になることは気になるのですけれど、とっても大好きなあのかたのお話をおうかがいしたり、あるいは『V』のキャラクター紹介を読む限り、どうもあまりよくない終わりかたになっていそうで逡巡してしまいます?(お勧めしていただければ購入検討をするかとは思いますけれど…?/何)


『艦隊これくしょん』は響さんがレベル70で改二仕様…といってよいのでしょうか、とにかく改仕様からのさらなる改造ができました。
するとお名前がヴェールヌイへ変更され、ロシア人になってしまいました…戦後ソ連に賠償艦として引き渡された事実を反映している様子なのですけれど、となると雪風さんの改二仕様は丹陽、になってしまうのですか…?
ともかくガングートさんに次ぐ(?)ソ連の艦娘さんとなりました…?

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、46cm3連装砲、12mm単装機銃、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材という完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:1
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:
○ボス到達:5(ヲ級さん編成:1)
-----
【空母3撃沈任務(2-3)】
○潜水艦隊:分岐北上→輸送船エリア行き空母撃沈任務のみ達成
-----
…先日は4回出撃しボス到達0でしたので早々に任務放棄をした南西諸島任務、昨日はボス前での南下を何度か発生させられつつ、はじめの分岐での北上があまりなく終えられましたので順調な部類といえるでしょうか。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動しており2-2でのボス到達4回時点でヲ級さん編成が1回のみの出現でしたのでそのタイミングで2-3へ潜水艦隊を出撃、輸送船エリア行きとさせられ空母撃沈任務のみ達成としました。
…そしてお約束というか、2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成とさせられ、潜水艦隊出撃は完全に無意味なものとさせられたのでした(何)


『スパロボV』は2周めをしていますけれど、まだ新たな中断メッセージが出てきて10ページめに達しました…一体あとどれだけあるというのでしょう…?

お話のほうは、1回めの分岐シナリオに到達…ナデシコとともに日本へ戻るかソレスタルビーイングとともにアルゼナルに残るか、というものです。
2周めの基本方針としてはもちろん1周めとは別ルートを進む、ということにしていますので、1周めではナデシコとともに日本へ戻ったため今回はアルゼナルへ残るという選択肢を選びます。

ここからのお話は、ですので1周めでは見たことのない、未知のお話になっていきます。
アンジュさんが遭難して1週間程度が経過した頃になってきますけれど、アルゼナルの皆さんとその他の皆さんとの関係はあまりよくなく一方のアンジュさんのほうは、以前読んでいる『クロスアンジュ』のコミカライズ版でもあったちょっと(いえ、かなり…)気持ちの悪いお話が展開されてしまい、それは軽く受け流しておくとして…ルート分岐をしてしまったので、納豆の恐怖のお話は今回は見られないのですか…(何)

第15話は遭難しているアンジュさんのもとにドラゴンが出現、アルゼナルの協力者で彼女を捜索していたというアスラン・ザラという人物とともにそれを迎撃することになります。
敵の数は多くなくまたヴィルキスを10段階改造していることもありあっさりと全滅…1回だけアスラン・ザラという人物が戦闘をしましたけれど、ビームサーベルといいつつあれはゲルググが使っていたビームナギナタではありませんでしたか?(何)

ドラゴンが全滅すると、代わってガーディムの無人機たちが出現、けれど味方の艦隊も現れそれと戦うことになります。
アンジュさんが見つかったことに対しヒルダさんやロザリーさんは残念そうに見えますが、ヴィヴィアンさんは素直に喜んでおり、すみれさんたちも仲間として喜びますので、全てを拒絶していた趣のあったアンジュさんの態度も多少軟化した様に見えます。
ともかくあとは普通に敵を全滅するのみ…ルリさんがいなくなったことにより祝福の精神コマンド所有者がいなくなってしまいましたけれど、フェアリーブレスが2つありますので、それで…幸運の効果って戦闘してその敵を撃破できなかったときは消滅せず残ってくださったのですね、これでしたら結構安易にフェアリーブレスを発動させても問題なさそうです。
…ところで、前々から気になっていたのですけれど、SEEDというスキルの発動したかたは漏れなく目が死んだ様な感じになってしまいますよね、ね…?

戦い終わり、アンジュさんはアルゼナルへ戻ってきて、またアスラン・ザラという人物が合流しましたけれど、ロザリーさんとクリスさんが…個人的には、すでに部隊にいる男性の中では刹那さんやロックオン・ストラトスなどのほうがその人物よりも魅力的に見えるのですが…?
アンジュさんが刹那さんの声に反応していましたけれど、そういうことでしたか…(何)

先のお話によりアンジュさんと他のかたがたの関係が良化したかと思われたのですけれど、それはヴィヴィアンさんとエルシャさんに対してのみで他のかたがたとはまだ微妙な関係で、またアルゼナルのかたがたと他の皆さんとの関係も微妙なままでした。
その様な中、アルゼナルへ外界からの侵入者が入り込みましたけれど、それは皇女時代のアンジュさんにお仕えしていた侍女のモモカさんで、彼女は純粋にアンジュさんを慕ってこの島へやってきた模様です。
ただ、この島の掟としてそうした外部侵入者は追放、処刑されるとのことで、アンジュさんは表面上では冷たい態度を彼女に取りつつ、内心では何とかしたいと考えていた模様…。

その様な折にドラゴンが出現、アンジュさんは仲の悪いヒルダさんたちを伴い出撃、どちらがより活躍できるかの勝負を挑み、アスラン・ザラという人物に立会人になってもらいました。
第16話は彼女たちによるドラゴン討伐から…ヒルダさんで大型ドラゴンを撃墜したもののアンジュさんがとどめをかっさらっていき、さらに皆さんの関係が険悪に…それを自分一人ではどうにも抑えられないと考えたのかアスラン・ザラはシンさんとルナマリアさんを呼び寄せました。

そこにこちらの艦隊がはじめてアルゼナルへやってきた際にも出現した無人機が出現、そこにこちらの艦隊も間に合いますけれど、アンジュさんたちの言い合いは収まらず、それを見かねたスメラギさんは突如サリアさん率いるパラメイル中隊をソレスタルビーイングが買い取る、という驚天動地の指令を出します。
すでにアルゼナルのジル司令も了承済みらしく、これによりこれからの皆さんの給与査定は潜水艦の所属するミスリルで採用されているものを元にチームワークや素行も考慮したものになるとのこと…ですのでお金にうるさい皆さんは嫌でもチームワークを大切にしなければならないことになり…?
戦いのほうはその無人機を全滅させて終わりとなりますけれど、一体その無人機が何の意図で出現したのか、スメラギさんは測りかねている模様…また、始祖連合国がドラゴンの死体を集めていることについてアンジュさんが気にしており…?

戦い終わり、モモカさんが追放されそうになる直前でアンジュさんによりお金で引き戻されました…ここのところアンジュさんがお金を無理に集めていたといいますけれど、その理由がこちらでした。
それはよいお話だったのですけれど、アスラン・ザラがシンさんたちを呼び寄せた理由を巡ってシンさんが激怒…こちらは笑い話です。

昨日はそこまで、1周めでは見なかったルートに入りなかなか新鮮で、サリアさんたちがソレスタルビーイングについてきた理由も解りましたけれど、こちらは意外といえば意外な展開かも…?
また1周めでは使用しなかった初の『SEED DESTINY』のキャラクターとしてルナマリアさんを使うことにしました…正直に言って機体性能は特に射程が微妙でキャラクターとしてもシンさんとどちらにしようか迷ったのですけれど、応援の精神コマンドを使用可能というのが決定打となりました(こういう補助な精神コマンドを見ると、ルリさんとさやかさんの完璧っぷりがものすごく…/何)
はやくも強化パーツが不足気味になってきましたけれど、移動力の不足はダッシュのスキルである程度補っていきましょうか…。
…すみれさんのレベルをヒルダさんが追い抜いてしまいました…一時的なことではありますけれど、でもやっぱりレベル最上位はすみれさんでないと落ち着きません(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年06月28日

人の生きる意味

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
きらら系のアニメ化作品が…
○NEW GAME!(6)
○スロウスタート(4)
○こみっくがーるず(3)
○はやしたてまつり♪(1)
○エクレアblanche あなたに響く百合アンソロジー
○ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code(3)
○ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲 Contrail of Witches(2)
○マトイ・ナデシコ(2)
○はやて×ブレード2(5)
○現代魔女の就職事情(4)
○やがて君になる(4)
○けものフレンズ 電撃コミックアンソロジー ジャパリバス編
○夕凪マーブレット(完全版)
○寮長は料理上手(1)
○放課後の本屋さん
-----
…今回は全てコミックとなります。

『NEW GAME!』から『はやしたてまつり♪』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『NEW GAME!』から『こみっくがーるず』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『はやしたてまつり♪』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『エクレア』から『やがて君になる』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『エクレア』はナンバリングは振ってありませんけれども第2巻扱いとなるはずです。

その他作品群、『けものフレンズ』アンソロジーは気になる作品のアンソロジーということで、『夕凪マーブレット』は百合が期待できることから、その他2作品は何となくよさそうに感じられたことからそれぞれ購入をしたものとなります。

今回は本来でしたら『エクレア』あたりに注目すべきところなのでしょうけれど、何と帯によると『スロウスタート』だけでなく『こみっくがーるず』までアニメ化決定だといい、これは以前読んでいる第2巻でひそかに期待したことが現実になったともいえ、もう盛り上がりの気持ちが完全にそちらに集中してしまいました。
某混ぜ物Sなど「なかったこと」にしているどうでもよい作品がアニメ化になっていたりしてきらら系はひとまず中休みできるのかなと思った矢先にこの様な良作が一挙2作品もアニメ化とか一転してアニメ化ラッシュの様相を呈してきて、DVD購入はもう両作品とも確定で嬉しい悲鳴…『NEW GAME!』の第2期も来期に放送されますしもう大変です。
ということで、今回はやはりまずはきらら系のアニメ化作品3つを最優先で、あとは既刊を並べた作品のうち上から順番を基本に、あるいは気になる『夕凪マーブレット』『はやしたてまつり♪』あたりも交えて特に気になるものから読んでいこうと思います?


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、14cm単装砲、14号対空電探、彗星一二型甲となり、14号対空電探が出ましたので悪くありません。
大型艦建造最低値は霧島さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施するため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられたうえでボスへ進まされ任務失敗、さらには長波さん大破…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました…が加古さん球磨さん中破の大損害…。

引き続いて南西諸島任務を実施、けれどはじめの出撃から4連続ではじめの分岐で北上させられ結果連続やボス前での南下をも含むあらぬ方向行き多発といういつも通りの残念な流れとなり、どうやらこの海域での荒れた流れは3週間ずっと続くらしいと感じさせられげんなりさせられます。
その後は連続でボス直行が発生したりとやや持ち直した傾向がみられたもののボス到達4回達成後にはボス前直行からの南下からしかもそこで大破2を一挙に発生させられるというげんなりする展開を見せつけられてしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア4回うちボス前での南下2回となり、いつも通りのよくない結果となってしまいました。
損害もひどいもので、本当に2-2はもう順調にいく日は二度となさそう…下で触れる『スパロボV』をする時間をこの様なことでつぶしたくありませんので、これ以上の大荒れになる場合は迷わず任務放棄をしましょう。
また、先日は空母3撃沈任務も発動しており、ボス到達4回時点でヲ級さん編成が1回となりましたので、このタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、輸送船エリア行きとされ空母撃沈任務のみ達成としました…が、2-2でのボス到達5回めにヲ級さん編成が出現してしまい、無意味な出撃と化してしまいました。


『スパロボV』はゼーリック国家元帥の謀反を止め、またバラン星崩壊前にゲートへ飛び込めてヤマト追撃を実施するゲール司令のお話から…エルク・ドメル上級大将が戦線に復帰したと知り焦りを覚えています。
その彼のもとには元々ガミラスについているザビーネ・シャルの他、あれだけ信奉していたフル・フロンタルのもとではなくなぜかここにいるアンジェロ大尉の姿もあり、ただアンジェロ大尉はどちらかというと拾われてここにいるだけの様子…。
一方のザビーネ・シャルはガミラス総統アベルト・デスラーこそ宇宙を支配する高貴なる者と(まだ実際に会いもしていないのに)見定め、彼に忠誠を尽くそうと考えている様子なのですけれど、ただ彼の雰囲気が原作や以前している『αU』の後半の様な、狂気に包まれつつあるものになってきていて…?

第45話はそのゲール司令率いる艦隊との戦いとなり、なぜか戦艦の強制出撃枠はヤマトではなくラー・カイラム…ザビーネ・シャルもアンジェロ大尉とともに出撃してきますけれど、こちらは別にキンケドゥさんもトビアさんも強制出撃ではありません。
ゲール司令はいざとなれば3分後に奥の手か何かを出す予定だったみたいなのですけれど、試しに何もせず3分待ってみても、彼にとり想定外の事態が生じたのみで彼が何をしようとしていたのかを見ることはできませんでした。
ともかく初期の勝利条件はゲール司令の旗艦かザビーネ・シャルの撃墜であり、その3分後の展開からザビーネ・シャルは後回しにして問題なさそうでしたので先にガミラス艦隊を優先的に撃沈していきます。
また、アムロさんの能力をコピーしたバイオ脳搭載のアマクサが久しぶりに登場、けれどここまでくると特に普通の敵と変わらなくって…?

ゲール司令の旗艦を撃沈すると、彼は何か奥の手っぽいものを出そうとするのですけれど、その前に謎の勢力が無差別攻撃を仕掛けてきます。
それは異形の生物で、ゲール司令はそれを見て「ば、化け物ぉ!?」と慌てふためきつつ撤退…このかたはエルク・ドメルなどガミラスの立派な将官に較べるとかなり小物なのですけれど、ただそこが微笑ましくて結構好きでしたり…(何)
一方でザビーネ・シャルは撤退せずその化け物と対峙する決意をするのですけれど、どうにも自分に酔っている様子で、戸惑うアンジェロ大尉やその他の兵士たちを半ば脅すかたちで戦わせ続けようとしたり、その表情はやはり上で触れたとおり狂気に包まれたものになっていたりして…?

現れた勢力は本当に化け物…以前第2作を観ている『トップをねらえ!』の宇宙怪獣もかくやと思われる雰囲気の異形の生物で、それはインベーダーだといい、元は宇宙世紀の世界で遭遇した存在ながら、かの世界でもあれは宇宙から来襲したというのでこちらの宇宙にいてもおかしくないとされます?
けれどこれまでDr.ヘルや早乙女博士と一緒に出てきたインベーダーとは一線を画する雰囲気で、何と3Lの大きさのものまで存在…この生物はELSとは違い悪意そのものの存在だと刹那さんも即座に断じ戦うことになりました。
この様な化け物相手ですけれど、ザビーネ・シャルはもちろん共闘を拒否、ですのでどちらも相手をすることになってしまいました。
…そういえばソレスタルビーイングはガミラスなどとの対話もしたそうな雰囲気を戦闘台詞から感じ、確か彼らにとって初の宇宙からの生命体との遭遇はELSではなくガミラスになったっぽいのですけれど、でもナデシコの世界にはそれ以前にガイゾックが襲来していたはずで、ソレスタルビーイングはそれとの対話は試みようとしなかったのでしょうか…?(何)

これであとは敵を全滅させるのみとなり、インベーダーは上で触れたとおりサイズがとても大きい上にHP回復能力まで所持してしまっています。
アンジェロ大尉は撃墜すると皆さんの呼びかけにより何とか自分を取り戻し生存はできた様子…その他のネオ・ジオン及び木星帝国の兵士についてもザビーネ・シャルに脅されて戦わされている様なものということで撃破後は回収している模様です。
そのザビーネ・シャルはキンケドゥさんと戦わせましたけれど、やはり戦闘時の台詞も狂った状態になっており、それを撃破すると原作通り貴族主義を捨てられないまま亡くなってしまいました。

戦い終わり、アンジェロ大尉は捕虜となりましたけれど、まだ迷いは捨てられない様子…。
そして艦隊はいよいよイスカンダルのあると思われる星系へ到達、ナデシコ側からも通信がありそちらにもインベーダーが現れたとのこと…ゲール司令の反応からガミラスはインベーダーの存在を知らず、また両方の艦隊に襲撃があったことからもインベーダーはこちらを狙って出現したと推測されました。
また、ナデシコ側には何と大マゼラン銀河までエグゼブなる人物やミケーネが追撃をかけてきたといい、しかもレナードなる人物によりかなめさんが再度拉致されたといいます…あの者たちがこの様な宇宙の彼方まで追撃できるとはこれも驚きに値しますけれど、やはりエンブリヲなる人物の力があると推測されるのでした。

昨日はそこまででしたけれど、ここでナデシコ側の戦力も合流、次のマップは20機出撃可能となっていますので人数的には心配なさそうです。
また、グレートマイトガインの武装が強化されており、気力は150必要ながら攻撃力8000超の武装まで出現…恐ろしいことですが、ただグレートマイトガインには魂を使えるかたはいませんので、魂を使えるすみれさんや刹那さんあたりの最強攻撃と熱血のこちら、どちらのほうが最終的なダメージが大きいのかは不明…(沖田艦長は魂があるので、ヤマトの突撃戦法が現状最強なのかも…でもすみれさんは大体の敵をお相手に再攻撃を発動できますので…?)
そして、お金に余裕がありましたので使用している全機体を10段階改造してしまいました…ボーナスは何を得ようか非常に迷いましたけれど、移動力や射程、地形補正といったものは強化パーツ+1にしておけばその増やした分の強化パーツで概ね補えることもあり強化パーツ+1にしておいたのでした。
そして武装も10段階改造しましたので、今回で使い切ったとはいえ以降入手するお金は余ることになります…初心者モードのおかげか全滅してのお金集めも一切していないのにここまで余裕が出るとは思っておらず、これは場合によっては使用機体を追加するというのもあり、かもしれません?
…ファクトリーのおすすめ商品にハロとか妙に有用なものが並んでいるのでつい購入してしまい、TacPが消えます(何)…ちなみにファクトリーの商品は全て開示できました。

…今日の日誌のタイトルはずいぶん深いですけれど、この第45話のタイトルから…ザビーネ・シャルの最期などを見てトビアさんやキンケドゥさんがそのあたりについて、原作での考えを絡めて色々思うのでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年06月17日

恋する乙女の入門書

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
百合姫コミックス…
○citrus(7)
○ふあふわ白書
○ときめく、はじめての。
○貝とオルタナロック
○私の百合はお仕事です!(1)
○ホームズさんは推理ができない(1)
○明日、きみに会えたら(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『citrus』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
こちらは特装版となっており小冊子がついてきました。

その他の作品は全て百合が期待できそうということで購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ふあふわ白書』の帯から取ってみました。

今回は先日のコミック購入からあまり間もないうちの購入となりましたのでその前回購入分をまだほとんど読めておらず、ですのでそちらとこちらの両方で気になるものから優先して読んでいこうと思います。
…今回購入のものは全て百合姫コミックスとなっているのですけれど、はっきり言えば私はもう完全に『百合姫』という雑誌に対し気持ちが冷え切っており、ですので単行本もわざわざ当日に購入する必要はないのでは、と思う気持ちもあるのですけれど、ただ中旬という中途半端な時期に発売するのは百合姫コミックスだけで、これを下旬のきらら系などとまとめて購入するとただでさえ多い下旬のコミックがさらに収拾のつかないことになってしまいますから、単行本購入時期はこれでよいのかもしれません。


『艦隊これくしょん』の開発は35cm連装砲、22号対水上電探、22号対水上電探、九六式艦戦となり、改修で必要な22号対水上電探が2個も出ましたのでよい結果です。
大型艦建造最低値は熊野さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣、けれど例により無意味にボスへ直行させられ、これで通商破壊艦隊のはじめの出撃での任務失敗は何日連続になるでしょうか、さすがにうんざりさせられてしまいます…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました…が三隈さん大破…。

引き続いて南西諸島任務を実施、先日ははじめの分岐での北上率をかなり高くさせられてしまいため息の出たこちら、昨日もまたはじめの出撃からそうなりあらぬ方向行きとさせられ嫌な予感がしてしまいます。
その嫌な予感通り、その後も連日となるその嫌な傾向を継続させられしかも高速建造材という完全無意味な場所行きまで高くさせられてしまい、ようやくボス前へ直行できたかと思えば例によってそこからの南下と、いつも通りといえばそうなってしまいかねない嫌な流れ…。
後半は連続でボスへ直行できたりと持ち直し、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所3回となり…おかしな場所行き3回って何です…。


『スパロボV』は第36話から…故あって詳細な流れは語りません(何)
ただ、同じお話を2日連続で同じことをしてクリアするのはさすがにつらいのではと思っていたものの、実際にやってみるとその様なことは全く気にならず普通に楽しくプレイできたのはよかったです。
また、あらかじめアスカさんにエースプラウドを覚えさせて置いた結果、戦闘中にエースパイロットになれました。

そちらが終わると、先日同様にボーナスシナリオが2つ開放されましたので、まず先日行ったもののクリア後にエラーの発生してしまったものを実施してみます。
こちらは何と敵対関係にあるGハウンドの皆さんの、ロンド・ベルがアクシズへ飛ばされた頃のお話となっています。
Gハウンドはコロニーレーザー接収へ向かうのですけれど、その途中で同じ目的を持つラカンさん率いるネオ・ジオン及びザビーネ・シャルもいる木星帝国と遭遇、これとの戦いとなります。
ブラン少佐は地上にいるそうですので、残りのヤザンさんとジェリドさんにレーンさん、それに新加入のリディ少尉の4人で戦うのですけれど、さすが皆さん強く特に苦戦要素はありません…リディ少尉の言うとおり、ヤザンさんは味方にすると非常に心強いです(彼は以前している『αU』のルートによっては主人公さんの上官になっていたはずでしたりと、主義主張のない純粋な戦闘好きな、そして案外部下想いな兵士なのです)
戦い終わると、ジェリドさんとリディさんはアクシズへ向かうこととなり、先の第36話につながっていくのですけれど、GハウンドはGハウンドでなかなか面白い人間関係になっていてよいものでした。
レーンさんはかなり真面目なかたなのですけれど、彼の乗るペーネロペーはガンダムなのですか…また、ビーム・マグナムを撃つ際にリディ少尉にカットインが入るのですけれど、『αU』終盤のザビーネ・シャルにも負けずとも劣らないひどい状態…(何)

そして問題のエラーですけれど…発生せず無事にインターミッション画面へ戻れました。
やはり先のエラーは第36話終了後にセーブをし忘れたことによるものでした様子…セーブはしっかりしましょうね、ね?

これで安心してもう一つのボーナスシナリオも実施、こちらは第36話終了後のお話…プルさんとプルツーさんとマリーダさんの姉妹が再会するお話となります。
マリーダさんやジンネマンさんたちガランシェール隊はラプラスの一員としてこちらへ亡命をしてくるかたの受け入れをしており、今回もその受け入れのために出撃をすることに…そこにプルさんとプルツーさんもついてきます(カミーユさんとファさんは元々ラプラスで活動していた様子ですので普通についてきます)
ところがその亡命希望はアンジェロ大尉の罠で、彼の率いる部隊と戦闘に…途中、マリーダさんが彼の罠にかかってしまうのですけれど、そこは姉妹の力で切り抜けることができました。
戦いのほうは、ガランシェールが指揮官能力を持っていますので優位に戦え、またカミーユさんがすでに魂を覚えた状態になっていましたのでそれ+スマッシュヒットでアンジェロ大尉を一撃で倒せます。
戦い終わり、姉妹の絆も深まり、またマリーダさんとジンネマンさんの関係についてもプルさんたちが理解をし…こちらは微笑ましいという意味で少し泣けるよいお話でした。

昨日はここまでとし、今日は先へ進めますけれど、次のお話…ロッティさんとヴェルトさんが強制出撃な上に他の出撃枠が0になっているのが非常に気になります。
このお二人がメインになるお話があるとは予想しておらず、しかも他に誰も出撃できないなんてことになったら…ロッティさんはすみれさんに次ぐ第2位のエースパイロットですのでいいのですけれど、ヴェルトさんは全く使っていなくって初期状態のままなのです…。
これはさすがに非常に不安になってしまいますけれど、大丈夫と信じて進めていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年06月14日

彼女は前だけを見て進む

今日は以前している『りりくる』から真優さんのお誕生日ということで、ゲームを起動させるとイベントが発動…するはずなのですけれど、そういえばPCが壊れてしまって交換してしまったため、今のPCには『りりくる』が入っていないのでした…。
もう一度やり直してもいいのですけれど、現状『スパロボV』で手いっぱいですので…むぅ。


その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○ハナヤマタ(9)
○サクラクエスト(2)
○ウィーンで歌ってみて(2)
○球詠(2)
○安達としまむら(2)
○レーカン!(8)
○邪神ちゃんドロップキック(8)
○推しが武道館いってくれたら死ぬ(3)
○サポルト! 木更津女子サポ応援記(3)
○宇宙ファラオ パトラちゃん(1・2)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『ハナヤマタ』から『球詠』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
今回のものは全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『ウィーンで歌ってみて』はこの巻で完結となる模様です。

『安達としまむら』から『サポルト!』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

一番下の作品は『邪神ちゃん』と同じ作者さまの作品で気になったことから購入…今回購入の2巻で完結となっている模様です。

今回はなかなか気になるものが多いので、もうすぐ百合姫コミックスが出てきそうな気配もありますけれど、それまでは優先して読み進めていきましょう。
…「安達」と打つとそのまま「安達としまむら」という変換候補が出現するのですが…(何)


『艦隊これくしょん』の開発は15cm単装砲、14cm単装砲、失敗、九七式艦攻となり、いつも通りとはいえあまりにひどい目を覆わんばかりの惨状…。
大型艦建造最低値は山城さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施するために通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、けれどル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃も輸送船エリアへ直行、例によって2回めで輸送船4編成が出現、任務達成とはなりましたがはじめからこれを出してください。

引き続いて南西諸島任務を実施、先日はボス前での南下を5連続で引き起こされるという、それがボスへ行くだけで任務を達成できるのにというほどの大荒れとなったこちら、昨日もまたはじめの出撃からボス前へ直行できながらのそこからの連続での南下というひどい事象を見せつけられしかもそこで待ち受けているル級さんによりZ3さん大破と、先日同様の大荒れ展開を予期させられてしまいげんなりさせられます。
ただ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下の2回となり、つまりそのはじめの2回以外は全てボス行きとなったわけで、かなり順調といえる部類の結果に収まりました。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動している中でヲ級さん編成は3回出現しこちらも達成、ただこちらに関しては下で触れる任務の際に自動達成できるものでしたので、大破1小破1などいたずらに損害を増すだけの迷惑な展開ともいえます(何)

あとは北方海域任務のために艦隊を3-3へ派遣、この海域はどうしても家具箱前に艦隊を送り込みたいらしく、先日同様にはじめの出撃から4連続でそこへ吹き飛ばされ続けます。
それでも最終的にはその4出撃で全て家具箱前行きながらボス2回家具箱中2回となり、これで今週分の北方海域任務は完了とできたのでした。


『スパロボV』は第34話、ガーディムなる謎の組織の速さにこだわるグーリーなる人物、さらにその上官が出現したところから…敵指揮官はずいぶん美しさにこだわる人物ですけれど、それならグーリーさんはダメなのでは…(何)
まずはそのグーリーさんの撃墜が勝利条件となっていますけれど、彼以外の敵は動けないヤマトに狙いをつけており一部の敵はヤマトに直進し、さらに2ターン程度敵の増援が連続します。
逆に言えば、グーリーさんを撃墜しなければあとはやりたい放題ですので、まずはすみれさんをグーリーさんではなくその後方にいる指揮官に突撃…戦闘時の台詞ですみれさんが彼女のことをジェイミーと呼ぶのですが、この時点では全く面識ないのに…(何)

その他の敵を全て撃墜したうえでグーリーさんと決着をつけると、彼が実はアンドロイドであるという事実が判明…これは彼自身知らなかったことの模様…。
それにうろたえるグーリーさんですけれど、すみれさんが機械だろうが生身だろうがスピードに変わりはないと彼を発破し何とか立ち直りそうになるのですけれど、そこにジェイミーなる指揮官が戻ってきてヴァングレイに撃破寸前までのダメージを与えます。
さらにとどめを刺そうとする指揮官に対し、グーリーさんはすみれさんだけは自分の手で、と命令違反で処分されるのが確定している中で最後の意地を見せることに…それに対しナインさんがヴァングネクスなる彼女が作っていた新機体を持ってやってきてすみれさんはそちらに乗り、グーリーさんを撃破します。
彼は満足して散っていき、けれど指揮官はそんな彼に侮蔑の言葉を投げつけ皆さんの怒りを買うことに…グーリーさんの最期は結構悲しくて泣けてしまいましたかも…。

あとはその指揮官を撃破するのみとなりましたけれど、ヴァングネクスにはサブパイロットとしてナインさんが乗っており、さらにBGMも今日の日誌のタイトルにしたものに変化…これは以前している『αU』のハイペリオンを思い起こす展開で気分が非常に盛り上がります。
しかもナインさんの所持している精神コマンドがまたすごく、他にはラクス・クラインというかたしか持っていなかった希望なる反則的な効果を持つものに加えて再行動ができる覚醒と、すみれさんの魂とあわせてとんでもないことになりました(また、すみれさんの脱力が有効でこれを敵指揮官に集中させたところ気力が50まで低下、するとトロフィーが得られました…この様に以前している『A』のイズミさん同様に乱発できます/何)
あとはその指揮官を再度撃墜するのみ…魂を使ったすみれさんの攻撃で30000のダメージが出ましたので問題なく撃破でき、その人物は撤退していきました。
また、この戦いでプルツーさんとさやかさんが50機撃墜を達成しエースパイロットなれました…さやかさんのボーナスは予想通りといえましたけれど、プルツーさんは気力130以上で常時集中がかかるっぽくかなりすごいです?

戦い終わり、すみれさんはナインさんに彼女の隠していたことを聞くことに…どうも彼女はただのAIではなく、資材があればそこから何でも作れる、地球再生システムとして月にあったものを叢雲さんがあの研究所に運んできたものの様子です。
どうして月にその様なものがあったのかはいまいちよく解らないのですけれど、ガーディムが開発したというわけではなくかの組織はそのナインさんの能力を知り目をつけた、と今のところは結論付けられたっぽい…ナインさんが相手のアンドロイドにどうして覚えがあったのかは、これではまだよく解りませんけれども…。
ともかくとんでもない技術であり、そのあたりメカニックたちと語らおうとしたのですけれど、そこにネオ・ジオンがコロニー落としをしようとしているという情報が入り…?

昨日はここまでといったところですけれど、『αU』のハイペリオンイベントの様なイベントが発動しますます気持ちが盛り上がります…新しい曲もとてもよいものですけれど、ただタイトルが日誌のタイトルにした通りですので、叢雲さんを主人公にした場合別の曲になります?(機体まで違う、ということは…どうなのでしょうか…)
そしてこのタイミングで使用している全機体の、防御重視の機体は装甲値を、回避重視のかたは運動性を、それぞれ最大にしてしまいました…使用キャラにヒルダさんを追加したこともあり、今後はよほどのかたが加入しない限りは新規で使うことはないでしょうということで思い切ってみて、残り資金が20000に…(マリーダさんが加わりそうな気がしますけれど、クィン・マンサではなくクシャトリヤではあまり…/何)
また、アキトさんがサブオーダーのみで撃墜数50に達しエースパイロットに…何とも複雑な気持ちですけれど、ただナインさんのお祝いイベント自体は今まで見たものの中では彼のものが一番よいものでしたかもしれません?
そしてエースパイロット数が15人を突破したとのことでアイアンエンブレムなるパーツが得られ、これですでに入手しているブロンズ・シルバーに続いて3つめ…プラチナエンブレムは難易度の関係上入手は絶対不可能ですけれど…?
…すみれさんとナインさんのお二人がすみれさんと里緒菜さんのお二人に結構重なって見えて、その意味でもよいものです(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年05月28日

出会っちゃった!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
〇きらきら☆スタディー 絶対合格宣言(2)
〇おちこぼれフルーツタルト(2)
〇ななつ神オンリー!(1)
〇泣きむしストラテジー(1)
〇JKすぷらっしゅ!(1)
〇TCGirls(1)
〇のんのんびより(11)
〇ひなこのーと(4)
〇乃木若葉は勇者である(2)
〇ラブライブ!(5)
〇同居人が不安定でして(2)
〇カーグラフィティJK(3)
〇少女騎士団×ナイトテイル(2)
〇マトイ・ナデシコ(1)
〇コーヒーカンタータ(1)
〇嘘酔い少女(1)
〇バトルガール ハイスクール The4コマ アイドルガール アフタースクール
-----
…今回は全てコミックとなります。

『きらきら☆スタディー』から『TCGirls』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『きらきら☆スタディー』『おちこぼれフルーツタルト』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ななつ神オンリー!』から『TCGirls』までは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『のんのんびより』から『少女騎士団』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
今回は上で触れたきらら系も含め最終巻となる作品はない模様です。
『ひなこのーと』は限定版ということでCDがついてきました。

『マトイ・ナデシコ』から『嘘酔い少女』までは百合が期待できると教えていただけたことから、一番下の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回は『のんのんびより』『ひなこのーと』とゆったりした雰囲気のアニメ化作品があり、それらやきらら系を最優先で読んでいきたいところ…また『マトイ・ナデシコ』ははやくも来月に第2巻が出る模様ですのでそちらも優先しましょう。
また、『バトルガール ハイスクール』は来期のアニメらしいので、どうなのか見極めるためにもちょっと優先度を上げてみましょう。
…その『バトルガール ハイスクール』も含め『おちこぼれフルーツタルト』『ななつ神オンリー!』『ラブライブ!』と、今回はアイドルものが多い印象です?


その様な昨日は先日届いたDVDたちのうち『バンドリ』の第1巻を観てみました。
こちらは前期のアニメになるのですけれど、その放送開始時期が妙に遅くなっており、そのためもあってか他の前期の作品よりもDVD発売時期もやや遅くなってしまった模様…?

第1話は『出会っちゃった!』ということで、主人公の香澄さんが高校へ入学して自分のやりたいことを探すお話…。
とにかく高校生活をきらきらしたものにしたいと意気込む彼女は一番自分に合いそうな部活を探すのですけれど、その様なある日の帰り道、道に星が貼ってあるのに気づき、それをたどっていった先にあった蔵でギターに巡り合います。
そこは同じ学校に通う有咲さんの家だったのですけれど、そのギターを見てさらに気持ちが盛り上がった香澄さんは強引に有咲さんをライブハウスへ連れて行ってしまい、そこでギターを弾こうと思ったもののそれは断られ、代わりにライブを見ることになったのですけれど、それを見てバンドをしようと決意をされるのでした。

第2話は『やっちゃった!』ということで、ギターを手に入れたい香澄さんのお話…。
有咲さんの蔵で見つけたギターに惚れこんだ彼女は毎日有咲さんのもとへ押しかけ、同時に有咲さんに対し一緒にバンドを組まないかと提案もするのですけれど、お相手はすげないどころかギターをオークションに出してしまいました。
それでもめげずに毎日やってくる、しかもギターが他の人の手に渡ると知っても健気な様子の香澄さんに有咲さんも少しずつ心が動いている様子で…?
その様なある日、不幸な事故により香澄さんはギターを壊してしまうのですけれど、その際の彼女の様子を見た有咲さんは彼女にギターを譲ってあげることに…掃除の終わった蔵の地下にはスタジオにできる場所があり、そこで香澄さんはギターをはじめて弾いてみることができたのでした。
一方、香澄さんはライブハウスでお会いしたりみさんにもバンドに入らないか誘いをかけていたのですけれど、りみさんは姉に対してバンドはしないとおっしゃって…?

ということでこちら、この第2話までの内容は以前読んでいるコミカライズ版と同じ内容…そもそもコミカライズ版の内容がとてもよかったということで並み居る前期の作品からこちらを選抜して購入することにしたのですから、それと同じ内容な今回も問題のないよい内容でした。
ただ、コミカライズ版は何とこの2話までしか描かれておらず、ですので3話以降は全くの未知数ということに…ここは大丈夫だと信じるしかないでしょう。
やはり主人公の香澄さんは主人公らしい前向きで明るいよいキャラクターで、有咲さんのツンデレっぷりもよいものです。
上で触れた購入コミックにアイドルものが多かったですけれどアニメも最近アイドルものが多いのに対し、こちらは音楽系ながらアイドルではなくバンドということで、そういうものに触れるのは以前劇場版を観ている『けいおん!』以来かも(コミックとしては以前読んでいる『なでしこドレミソラ』や以前読んでいる『ごにんばやし』、それに以前読んでいるこの作品の別のコミカライズ版など結構あるのですけれど…?)…そちらの点も楽しみにしましょう。
その他、作画は普通といったところ、声優さんはもちろん問題なく、今のところは安心して観ていられそう…続きも楽しみにしましょう。


『艦隊これくしょん』は神威さんがレベル60で2度めの改造ができたのですけれど、何と輸送船に戻ってしまい搭載機数が激減してしまいました…その代わり(?)二式大艇が装備できる様になっていましたが、それより問題なのは水上機母艦を必要とする遠征で使用できなくなってしまった、ということ…。
また、大鷹さんに艦攻を搭載してみたところ、何と先制対潜攻撃を実施しました…いつからこれができる様になっていたのか解りませんけれど、ただこれはつまり1-5で4の潜水艦を相手にしても先制攻撃だけで全滅できるということを意味しており、かなりとんでもないことなのでは…?

開発は失敗、41cm連装砲、失敗、天山となり、41cm連装砲が救いといえる結果…。
大型艦建造最低値は山城さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施するため2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島任務を実施、はじめの2回の出撃は連続でボスへ直行と幸先のよい出だしとなります。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリア1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、はじめの分岐で北上させられた場合ボス到達率0になってしまったもののそのはじめの分岐での北上が少なかったのでまだ順調といえる部類の結果となりました…が、ボス到達5回めの戦いは昼戦を終了しこちらは戦艦小破に対しお相手は3も残存という意味不明レベルのひどい戦いになってしまいました。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動しており、ボス到達4回時点でヲ級さん編成は1回の出現でしたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、北上しての輸送船エリア行きとなり空母撃沈任務は問題なく完了となりました…ただしその後の2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成でしたけれども…(何)

これで土曜日の時点でもろ号作戦が完了していないという結構つらい展開…一応80%以上達成はついていますけれど、今日の結果次第では南西諸島任務完了後に2-2や2-3へ余計な出撃をすることになりそう、です?


『スパロボV』はまた何者かが何かをしているさまが見られ、先の速さを求める人物の戦士は計画通りとのことで…?

そのすぐのちに第22話へ移行、赤い地球の上な宇宙で戦っている連邦軍とネオ・ジオン軍の宙域に突如ヤマトなどの艦隊が転移されてきます。
新たに吹き飛ばされてしまったこの世界はやはりジュドーさんたちの世界らしく、そこ出身のテッサさんが話をつけようとしますけれど、そこにガミラス…はじめの転移の際にともに巻き込まれたゲールなる人物の率いる艦隊がこちらに吹き飛ばされており、彼らにより連邦、ネオ・ジオン両方の艦隊が壊滅、当然こちらを攻撃しようとしてきます。
幸い、今回は全員はぐれることなく転移していますので、こちらも対抗することに…こちらが人型兵器を繰り出したのを見たガミラスは木星帝国軍を出してきますけれど、そこには何とザビーネ・シャルの姿もあり…。
相手方はこの世界へ飛ばされ3日が経っているらしく、ヤマトを奪い元の世界へ帰ろうとしている模様です。
今回は敵に増援なく、純粋にその場にいる敵を全滅させれば終了、またザビーネ・シャルも思いのほか弱いので特に問題はなし…彼はキンケドゥさんばかり狙ってきましたけれど、これってやはり過去の因縁から…?

戦い終わり、ゲール司令は撤退、ザビーネ・シャルは何か考えがある様子ですけれど…?
一方、また別の世界へ飛ばされたということで、特に『クロスアンジュ』のかたがたを中心に不安が広まりそうになりますけれど、すみれさんが何とか抑えることに成功…ちなみに吹き飛ばされたのはユリカさんがアキトさんや皆さんを守るために発動したと推測されています?
そして艦長なかたがたの今後の方針が、全員に放送で伝えられることになるのですけれど…?

昨日はここまでですけれど、またボーナスシナリオが2つ開放されましたので、今日はこれらからということになります。
また、次のシナリオは分岐シナリオになっており、果たしてどうなるか…より気になる、あるいは使いたいキャラが多いほうをまずは選択し、違うほうは2周め以降に回すことにしましょう。
…お金についてはそこそこあり、またボーナスシナリオを終えればさらに増えるかと思いますけれど、今後何があるか解らずまた使用機体は全て5段階改造ができていますので、数話は使わずに様子を見ることにしましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年05月19日

納豆に手を出すな

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(15)
○吾妻さんと板倉先輩は恋をする。
○私に天使が舞い降りた!(1)
○いつかみのれば(1)
○みみみっくす!(1)
○たとえとどかぬ糸だとしても(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『艦これ』のアンソロジーは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品は全て百合が期待できることから購入をしたものとなります。

今回購入作品たち、『艦これ』以外は百合姫コミックスなのですけれど…帯を見る限りでは、同人誌再録な『吾妻さん』以外の作品はどれも微妙そうなものばかりなのですけれど、でも今回は全てナンバリングがあるのですね…。
一応他に優先してまで読みたい作品はありませんし、そのナンバリングありな4作品も含め優先して読んでいきます、か?
以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によると『citrus』も発売するはずだったのですけれど、どうやら延期となった模様…?


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、失敗、21号対空電探、水偵となり、よくない結果…。
大型艦建造最低値は鈴谷さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられ先日に続いて高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃もまた先日同様に無意味にボスへ直行という無残さを見せつけ、通商破壊艦隊は連日何ら為すことなく任務に完全失敗…。
連日の早々からの大荒れ展開にげんなり、昨日は輸送船5撃沈任務も発動していたことから潜水艦隊を2-3へ派遣、北行きにさせられつつ何とか輸送船エリアへ到達、輸送船2の撃沈で3撃沈任務は達成としました…が軽巡混じりの編成と遭遇しつつ先制雷撃はそれを見事に無視し損害発生…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からいきなりボス前での南下を引き起こされるという、輸送船撃沈任務といいもう羅針盤さんがその邪悪さを余すところなく見せつけてきている趣のある展開にため息が出てしまいます。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、やはり悪い結果…この数日悪い荒れ気味の結果続きで、たまには気持ちよく終わらせてください…。
ヲ級さん編成も2回出現と多め、そのためもありやっぱり損害も多め…。


『スパロボV』はドラゴンの襲来を撃破したところから…その際に出現した潜水艦の乗員と話ができましたけれど、そこに乗っていた場違いなガンダムはアナハイム・エレクトロニクスの依頼で試験を実施していたそうで、その企業や機体名、そしてパイロットのハサウェイ・ノアという名前もトビアさんは知っており、それらを総合して彼はこの人たちを自分の世界の過去からきたのでは、と推測されました。
ドラゴン討伐部隊の指揮官とお会いしたルリさんは、どうしてドラゴンのことを外部に隠しているのか、連邦軍が事に当たるべきではないのかという当然といえばそうなる疑問を呈しますけれど、上層部の判断とのこと…。

一方、アンジュさんはドラゴン討伐部隊の新人として扱われ、ドラゴン襲来にさっそく出撃させられることに…第14話となりますけれど、タイトルが「???」になっています?
何体かドラゴンを撃退していくと新たなドラゴンが出現、同時に隊長も新人を連れてやってくるのですけれど、アンジュさんが恐怖のあまり戦線離脱しようとし新人さんが犠牲になり、さらに錯乱のあまり隊長機に攻撃を仕掛けてしまいます。

アンジュさんが気が付くとすでに3日後になっており、新人さんだけでなく隊長も犠牲になったといいます。
まだ現実を受け入れられないアンジュさんなのですけれど、その様なときにまたドラゴンの襲来が発生します。

その出撃選択画面なのですけれど、しれっと『クロスアンジュ』の皆さんがすでに候補に組み込まれています。
そうして改めて第14話となりますけれど、ドラゴン出現とともに何とジュドーさんやルーさん、エルさんなどが出現、あの潜水艦を捜索しているうちにここへきてしまったといいともに戦うことになりますけれど、そのさまをみてやはりこのかたがたは過去の自分の世界からやってきたという確信をトビアさんは持つのでした。
戦いのほうは、ある程度のドラゴンを倒していくと死にたがっているアンジュさんに司令が欠陥機であるヴィルキスに彼女を乗せて出撃させ、アンジュさんはドラゴンの攻撃を受けて死のうとするものの本能で回避してしまい、そしてヴィルキスの力を開放しドラゴンを一撃で粉砕してしまいました。
それはよいのですけれど、そこからパーティに加わった彼女は何とも微妙な、敵の集中攻撃を受ける位置に配置されてしまい、ですので当初の方針でした敵がこちらに迫ってくるのを迎撃するというのが不可能となり、こちらから積極的に前進せざるを得なくなってしまったのでした。
…潜水艦がかなり強く、12という超射程から巡航ミサイルを撃ち込めます…しかしトマホークにハープーンと、またずいぶん現実的な兵器…(あと、この潜水艦の艦長さんと副長さんは相当よいかたがたです)

戦い終わり、トビアさんはあの潜水艦やジュドーさんたちが過去の自分たちの地球からやってきたのでは、という推測をすみれさんに話すのですけれど、すみれさんは彼らのモビルスーツ能力や100年前に海が青くなかったという歴史が残っていないことからそれには懐疑的…どうもまだよく解りません?
アンジュさんは何をしててでも生きていく決意を固めましたけれど、ただあくまで一人で生きていくという決意で周囲と協調性を持つつもりはないっぽい…。

しかしここにきてアンジュさんたちだけではなく『ZZ』の皆さんまで登場と、ますます使いたいキャラクター多すぎ問題が加速、ひとまず『クロスアンジュ』からはアンジュさんとサリアさん、『ZZ』からはルーさんに絞って使用をしよう、と考えたのですけれど、その直後のインターミッション画面でまたまた意外な展開が生じます。
それは、次のお話に進むボタンにわざわざ分岐シナリオへ、と明示されていたのです…以前している『A』や以前している『αU』では事前にその様な告知なく唐突にルート分岐を選択しなくてはならなかったので、事前に心構えができるこの配慮はありがたいです。

そのルート分岐、ナデシコは火星の後継者の探索を続け、一方ソレスタルビーイングと潜水艦はドラゴンに対処、ただ『ZZ』の皆さんやトビアさんはナデシコについていくことになります…トビアさんのこれまでの人間関係からソレスタルビーイングについていくのが自然かとも思われ、また同じ世界からきた潜水艦のかたがたとハサウェイさんやジュドーさんたちが早々に引き離されることになりましたけれど…?
ナデシコ側にはもちろんリョーコさん、あとトビアさんやルーさんにマイトガインがおり、一方のソレスタルビーイング側には刹那さんや『クロスアンジュ』のかたがたがおり、どちらを選んでもよさそうだったのですけれど、ただすみれさんの最大の目的を思うとヤマトがいそうな火星の後継者へ向かうべきかも、ということでナデシコを選択…もう一つのルートは2周めに選択すればよいでしょう。
ちなみにロッティさんはすみれさんが選んだほうへ自動的についてきます。
…なぜかマイトガインを使ってしまう…舞人さんの声が上で触れた『αU』に登場した『ガオガイガー』の主人公さんと同じ声なのも大きいのですけれど、超AIのガインさんがよいキャラクターで…(あと下で触れる通り敵キャラさんが微笑ましくて好き、というものあったり…?)

これで当面は使いたいキャラクター多すぎ問題が先送りとなり、人数が少なくなり出撃枠に余裕ができたとはいえ今後のことを思うと今後もずっと使っていくかたのみを出撃させることにします。
ですので当面はすみれさん、ロッティさん、ルーさん、トビアさん、リョーコさん、マイトガインに戦艦のナデシコで戦っていくことになります…ルーさんの機体について、ハサウェイさんの乗っている機体がものすごく使いやすそうでしたので気になったものの、やはりルーさんといえばZガンダムですよね、ということでそのままにしておいてZガンダムを改造しました。
本当はエルさんも使いたいのですけれど、今後の枠のことを考え今回は自重…もったいないのですけれども…。

ルート分岐を実施すると、アンジュさんが行方不明になったというお話が出ますけれど、でもそれは残留するかたがたにお任せし、ナデシコは人員補強のため日本へ戻ります。
そしてリョーコさんと同じチームでしたヒカルさんたちを集めるのですけれど、その日本ではなぜか納豆が品不足…怪盗が納豆を盗んでいるというのです。
ヒカルさんのアシスタントもしていた女の子が納豆を持っており、納豆好きな舞人さんの祖父がそれにつられやってくるのですけれど、犯人もつられ…その犯人はこの間も登場した女怪盗でした。
ナインさんや舞人さんなどがその怪盗に捕まり納豆矯正工場なる納豆好きを嫌いにさせるための場所へ連れていかれ、納豆による拷問を受けそうになるのですけれど、舞人さんの祖父はむしろ喜び…そうこうしている間にすみれさんたちが救援にやってきます。
…怪盗が納豆をそこまで嫌う理由なのですけれど…まぁ、どうしようもない理由です(何)

やけになった怪盗は街を焼き払うことで納豆も消滅させようとし、けれどナデシコが出撃…第15話はその様なかたとの戦いとなり、お話のタイトルは今日の日誌のタイトルにしたものです。
少し戦うと背後からいつか次元断層で遭遇した謎の敵が出現、それを好機と見た怪盗は行動を起こし、それを止めようとしたマイトガインは納豆の直撃を受けて動きが鈍ってしまいます。
それを見たリョーコさんは両者の間に割って入り、そしてさらにヒカルさんとイズミさんも出撃し自らの機体を納豆まみれにすることにより相手の攻撃をはじくというとんでもない技を発動、両者は均衡を保ちつまり何も起きませんでした(何)
そうした展開も発動しつつ、敵を全滅…怪盗は納豆まみれになって去っていきました。

戦い終わり、皆さんは舞人さんの祖父の歓待を受けますけれど、納豆のフルコース…今回は最後まで納豆づくしでした。
『マイトガイン』の敵さんはどうやら憎めない…というより愛すべきおバカなかたがたの印象を受けていますけれど、その怪盗やチャイニーズ・マフィアのもとに何かから連絡が入ったみたいで…?

昨日はそこまで、ヒカルさんとイズミさんが加わり使いたいキャラクター多すぎ問題が加速…するかと思ったのですけれど、お二人はユニット扱いではなく、リョーコさんの最強攻撃技の際にスポット参戦するのみ、みたいです?
『クロスアンジュ』のかたがたのことを思うとこれ以上使用キャラが増えても収拾がつかなくなるだけかもですので、それはそれでいいのかも、です?(リョーコさんのサブパイロット扱いでヒカルさんたちの精神コマンドまで使える様になっていればよかったのですけれど、さすがにそれはありませんでした/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年05月14日

雲外蒼天

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○スモーキーゴッドエクスプレス(2・3)
○サクラクエスト(1)
○放課後のアルケミスト(1)
○あいたま(10)
○まめコーデ(2)
○姫のためなら死ねる(7)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『スモーキーゴッドエクスプレス』から『放課後のアルケミスト』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
『スモーキーゴッドエクスプレス』は過去に既刊を読んでいることから購入、同日に2巻同時発売かつこれで最終巻となる模様です。
『サクラクエスト』と『放課後のアルケミスト』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。
…今日の日誌のタイトルは『スモーキーゴッドエクスプレス』の帯から取ってみました。

『あいたま』から『姫のためなら死ねる』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回は『サクラクエスト』という作品が今期放送されているアニメのコミカライズ版ですので、まずはこちらを読んでいきましょう。
あとは…一番下の作品以外(何)はどれもそれぞれに気になりますので優先して読んでいきます?


『艦隊これくしょん』は春日丸さんがレベル30で大鷹さんと名前を変更、スロットも3つになり艦攻を装備可能となりましたけれど、でも彩雲は装備できません…。
また、国後さんと占守さんはレベル40で改仕様となれました…なぜ択捉さんだけ37だったのでしょう…。

開発は九六式艦戦、失敗、46cm3連装砲、失敗となり、46cm3連装砲が出たのが救いといえる結果…。
大型艦建造最低値は日向さん…まぁ、そうなるな。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ直行できル級さんが存在し球磨さんが小破するものの輸送船も3存在し任務達成となり、この時点でろ号作戦も達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は久しぶりに順調にいったとはいえはじめの出撃では連続でボス前での南下を引き起こされたこちら、昨日もまたはじめの出撃からボス前での南下…しかも2回めの出撃は高速建造材という完全無意味な場所行きと、とても嫌な感じ…。
その後はボス前での3連続南下を引き起こされるというどうしようもない展開を見せつけられ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下の5回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、ボス前での南下率の高すぎる悪い結果になり、また面白いほど皆さん被弾し損害多数…。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動しており、ボス到達4回時点でヲ級さん編成は1回の出現でしたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、南下の輸送船エリア行きにされ空母撃沈任務のみ達成としました。

ろ号作戦が完了したということで、1-5のボス3回撃破任務を、海防艦なかたがたと春日丸さんの編成で実施することとしました。
そのはじめの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は択捉さんが1の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
3回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
これで今週分のこちらの任務も完了、やはりこの編成でもかなり安定します?


『スパロボV』はすみれさんの乗っているヴァングレイに搭載されているOSの尋問が行われますけれど、完全黙秘…でもすみれさんと叢雲さんをヤマトへ乗せる命令を発したのはこのOSらしく、裏に何かありそうです?
また、木星圏を去るにあたりベラさんは木星に残ることになりましたけれど、ベルナデットさんは例により密航によりヤマトに乗ってしまい、そのままついてくることになりました。

その様な折り、土星圏から連邦軍の救難信号が検知され、遠回りになるのでどうしようか考えていたものの波動砲使用による設備破損に必要な資源がそこにあるらしいので結局そこへ向かうことになりました。
救難信号を発していた艦船の調査に古代さんたちが向かいますけれど、生存者はなし…そこにガミラス、さらに謎の敵が襲い掛かってきますけれど、黒いゲッターに乗った竜馬さんが現れたすけてくださいました。
けれど、この竜馬さんが以前している『A』や以前している『αU』に登場した彼とは別人レベルでやさぐれた雰囲気を出していたり…そして数ターンすると今度はグレートマジンガーに乗った鉄也さんが出現します。
鉄也さんが出現するとすぐにヤマトも現れ、第5話は敵の掃討に当たるのですけれど、ここで出現した敵というのが妙に気持ち悪い…撃破時の演出もまた気持ち悪いのでした(何)

それら気持ち悪い敵を撃破すると、古代さんが救難信号を出していた艦船のそばでたたずんでいたのですけれど、その艦船は物語冒頭で単艦突撃した、彼の兄の乗っていたユキカゼだった模様…史実上の雪風とは違い幸運ではなかった模様…(ですがあれだけの敵に突入すればそうなるのも仕方ない?)
一方、竜馬さんと鉄也さんには真田副長が話を聞きますけれど、竜馬さんはどうも並行世界からやってきたらしい…一方の鉄也さんは完全に記憶を失っていました。
…『Z』などの宇宙世紀な機動戦士作品が今作に絡むにはヤマトが過去に飛ばされたりする展開になるのでは、と予想しているわけですけれど、並行世界なんていうものがあるのでしたら竜馬さん同様の流れ、というのもあり得るのですか…(そういえば『A』のシャドウミラーも並行世界からきたのでしたっけ)

並行世界からやってきたっぽい竜馬さん、それに記憶がない鉄也さんも、別の世界とはいえ地球の危機、それにたすけてもらった恩もあるとのことでヤマトに同行し協力をしてくださることになりました。
竜馬さんの世界では先のお話に出てきた気持ち悪い生物との戦いがあったといい、その戦いの果てに彼はいつの間にかこちらへきていたとのこと…。
そのヤマトは冥王星にある、地球を今の壊滅状態に陥らせた遊星爆弾というものを放っている基地の殲滅をすることに決定、そちらへ向かうのですけれど、どこから撃ってきたのか解らないロングレンジ攻撃を受け損傷、冥王星にガミラスが作ったという海に沈んでしまいます…攻撃は反射衛星砲なる衛星を利用した反射兵器で、冥王星周辺でしたらどこでも狙えるっぽいです。
ヤマトの轟沈は偽装で、沈んだふりをして基地の場所を特定、そこに機動部隊を派遣…けれどヤマト自身も出撃すると決断します。
…ヤマト撃沈を敵の司令官がガミラスの総統へ報告するシーンがあるのですけれど、何だかガミラス総統は優男風というか弱そうというか…いつかなぜか見たオリジナルな劇場版ではむしろ渋いキャラだったという記憶があるのですが…(何)

第6話はその基地への攻撃、古代さんが戦闘機に乗って普通に1機体として使用可能になっていますけれど、一方で敵には何と木星帝国のモビルスーツがおり、彼らはガミラス側についたといいます。
それらを何機が撃墜していくとヤマトが反射衛星砲の破壊に成功したっぽく(このあたりはちょっとよく解らなかったかも…)基地が崩壊、敵の基地司令は部下に促され脱出を敢行することになり、ヤマトと敵艦隊が戦闘に加わり古代さんはヤマトへ戻ります。
ここで敵の名有りの艦長が司令をかばおうとしており、そのどちらかの艦を撃沈すると他の敵は全員撤退してしまいましたのでまずは他の敵を全滅、その上で入手金額の多い司令の艦を撃沈します。
すると名有りの艦長がヤマトへ特攻をかけその間に司令を逃がしてしまいました…このあたりのやり取りは、沖田艦長が感じた通り敵も人間だと感じさせられます。
…敵戦艦の攻撃に複数の艦による一斉攻撃がありかなり壮観…それを全て避けてしまうさまもまた壮観です。

戦い終わり、冥王星の基地が壊滅したことにより地球はこれ以上ガミラスの攻撃を受けることはなくなり後顧の憂いがなくなったといえます。
一方、ガミラス総統は銀河系へは暇つぶしに侵攻した、なんて言っており…オリジナル版では確かガミラスの星が崩壊するので地球への移住をしようというかなり切羽詰まった状況だったと記憶しているのですけれど、それに対し何だか危機感が…。

昨日はここまででしたけれど、そういえばボーナスシナリオってやっぱりダウンロードコンテンツだったのですね…グルンガストなどが得られたシナリオをプレイできたのはただ単にゲームを購入した特典だったのでした。
今までヴィータさんをネットワークに接続したことがなく、そして3DSも含めDLCというものに手をつけたことがないのですけれど、今作のものはお金とパーツが得られるとのことでかなり有用で気になってしまう…3000円程度とのことで、ここまで楽しいゲームでしたらそのくらいの追加投資はしてもいい様な気もしてしまいます、かも?
ここは、とっても大好きなあのかたもされていらしたらやってみようかな、と考えたりもして…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年04月29日

きっと未来のレトロなお話

先日はこの様なものが届きました。
-----
1つのみ…
○うらら迷路帖(2)
-----
…こちらは一連で予約をしているアニメのDVDとなります。
ということで、昨日はこちらをさっそく観てみました。

第三占は『仲間と友達、時々ライバル』ということで、前半はニナさんのお使いで占いの道具を扱うお店へ行く皆さんのお話…。
そこで売り物を壊してしまい、弁償としてお店で働かされることに…紺さんだけはなぜかメイドさんの服を着せられてしまい…?
店主の弁天さんは1年は働いてもらうとおっしゃり、それに対し皆さんはうららの修行をしなくてはならないので何とか許してもらえる様にお願いをします…これは弁天さんが皆さんを試したといえ、それに合格した皆さんは何とか帰してもらえるのでした。
後半は千矢さんの髪が小梅さんの服に絡まって外れなくなってしまうお話…髪も服も切るのは嫌だとなってしまい、お二人くっついたままで行動をすることになります。
その途中、どうしてそこまで髪を切りたくないのかたずねる小梅さんですけれど、千矢さんはかたくなに答えず…それに対し小梅さんは怒って自分から服のボタンを破ってしまい、そして友達なのだから隠さずに教えてほしいと伝えます。
それに心を動かされた千矢さんは理由を説明しますけれど、これは一種のトラウマではありますが…?

第四占は『良いこと悪いこと、時々くすぐったい』ということで、前半は通り雨に祟られる皆さんのお話…。
そういえばここへくるまでにも皆さんそれぞれによくないことが起きており、これは凶兆なのではと不安になります…ちょうど午前中の授業で吉兆凶兆について習っていつつ凶兆への対処を教えてもらっておらず宿題とされたのでなおさらです。
けれど、よくないことだと思っていた嵐の中に皆さんは悪いことばかりではないものを見出し、宿題の答えも見出すことができたのでした。
後半はほくろを用いた占いの試験で紺さん以外点数が悪かったため追試となってしまい、そのための勉強をするお話…。
このお話ではノノさんとニナさんの関係や、ノノさんの心中が語られていき、ノノさんが成長しようとする姿が見られます…姉離れをする妹にニナさんは少しさみしさも覚えますけれど…?

ということで、今回は第3話は小梅さん、第4話はノノさんが目立った印象…メインの4人のキャラクターもこれでだいぶつかむことができるのではないでしょうか。
こちらは安定した作品で特に心配せず見守ることができそうで、続きも楽しみにしておきましょう。
…エンディングテーマの作詞はくまのきよみさまでしたか…久しぶりにお名前を見た気がします(何)


また、先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○ゴスロリJK無人島漂流記(1)
○お願い!ロイヤルニート(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(14)
○ボウリングッド!!(2)
○魔法少女リリカルなのはViVid(18)
○ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(8)
○ギャルとオタクはわかりあえない。(2)
○バンドリ! ガールズバンドパーティ! Roselia Stage(1)
○けものフレンズ アンソロジーコミック ジャパリカフェ編
○鷲尾須美は勇者である外伝 勇者行進曲
○プラマイごはん(1)
○ひなたすたでい。(1)
○再生教室(1)
○鳩子のあやかし郵便屋さん(1)
○遠藤靖子は夜迷町に隠れてる(1)
○ライト姉妹 ヒキコモリの妹を小卒で小説家にする姉と無職の姉に小卒で小説家にされるヒキコモリの妹(1)
○美波先生の正しい性教育授業
○ミミヨリハルモニア(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『ゴスロリ』『ロイヤルニート』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスということで購入…今回は既刊が皆無となっておりこの2冊は第1巻で何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『ボウリングッド!!』から『ギャルとオタクはわかりあえない。』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ボウリングッド!!』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他作品群、『バンドリ!』『けものフレンズ』は気になるアニメの関連コミックということで購入をしたものとなります。
『勇者行進曲』は過去にもコミカライズ版を購入しているシリーズのものということで購入をしたものとなります。
『プラマイごはん』から『ライト姉妹』までは百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。
『美波先生』は百合が期待できることから、『ミミヨリハルモニア』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『再生学校』の帯から取ってみました。

数が少ないと思われた今月なのですけれど、いざ購入をしてみると思いのほか多いです?
ただ、きらら系に既刊が皆無でしたりと、全体的に小粒な印象…ひとまず『艦これ』のアンソロジーや『バンドリ』のコミカライズ版、あと原作のかたが気になる『プラマイごはん』やきらら系な作品たちを優先して読んでいきます、か?

…購入報告にも日々の感想にもあえて触れていないのですけれど、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズは新刊を定期的に購入しており、こちらも『ファントム』が完結し『DUST』という新シリーズに突入、そちらに下で触れる『艦これ』の初春さんの様な雰囲気をした、そして百合的によい感じのかたが登場して少し驚きました。
そちらの作品は百合的に全く考慮せずに購入している唯一の作品で、ですので日誌で触れるのをあえてやめていたのですけれど、ちょっと意外な展開(キャラクターとしても個人的に好きな感じで…)…でもあくまで脇役で、それに今後そちら方向が強くなることもないでしょうから、やはり引き続きひっそりと読んで見守ることにします(このシリーズには百合はなくて特に何の問題もないですし、そういうのを求めるものではないですから…?)


『艦隊これくしょん』の開発は九七式艦攻、甲標的、4連装魚雷、失敗となり、いつも通りの見るも無残な結果…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4ル級さんなしの当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、先日は高速建造材という完全無意味な場所行きを頻発させられたこちら、昨日ははじめの出撃こそボスへ到達できたものの以降ははじめの分岐での北上からあらぬ場所行きを連発させられそこにいるル級さんに連続大破という事象を引き起こされため息…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回となりボス前での南下率がやや高いものの悪くない結果に収まりました。
ただ、先日までの2日間ヲ級さん編成が出なかった反動か昨日は3回出現、輸送船エリアでのル級さんの活躍もあいまって損害は大きめ…。


『ブルーリフレクション』は原種と戦う前にコモンの探索…新種の敵と遭遇したことにより新たな素材が得られだいぶフラグメント強化も進めることができました。
そして原種との戦いへ…難易度が簡単にしてあるせいかレベルを上げすぎたせいか、妙に弱くあっさり倒せてしまい、そして今回も撃退ではなく撃滅に成功しました。
そして日菜子さんは夕月さんたちが何か隠しているとしてもそれを明かせる日が待つと、それまでお二人を信じて一緒に戦うとおっしゃるのでした。

そこからはまたフリー時間に入りますけれど、(麻央さん以外の)仲間のかたがただけでなく一般生徒の台詞がかなり穏やかでしたり日菜子さんへ対し好感情を抱いているものになってきました。
また、更紗さんの最後のフラグメントはこのタイミングで得られ、彼女のミニイベントも完了となりました…先の原種と戦う前の更紗さんとの会話が鍵となっていた様子です。
ただ、麻央さんについては好感度最大となってもやはりまだ何も起こらず、これはその更紗さん同様に時期の問題なのかどうか(でも彼女と仲良くなろうというミッションは前から発生していますし…?)…チャットは得られましたけれど、これは好感度とは関係ないと思われますし…?

ともあれ、またたくさんミッションが発動しましたのでそれをこなしていくことになりますけれど…
暴れすぎ…
…暴走した、特に怒りの感情のかたはシュールさや笑いを誘われるほどに暴れているのですけれど、これって周囲のかたがたは気にならないのでしょうか(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年04月21日

―これは想いを“伝える”ための物語。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○立花館To Lieあんぐる(4)
○かなえて!ゆりようせい
○晴れの国のあっぱれ団
○Now Loading...!
○女子高生のつれづれ(1)
○まっすぐ息をすって。 朝霞北高校放送部(1)
○センセイのジジョウ(1)
○孫子のアイドル兵法!(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

一番上のものは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品群、『ゆりようせい』から『Now Loading...!』までは百合が期待できることから…百合姫コミックスであることも考慮し購入をしたものとなります。
『女子高生のつれづれ』から『センセイのジジョウ』までは百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。
一番下のものは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『まっすぐ息をすって。』の帯から取ってみました。

今回購入したものは、過去に既刊を読んだもの…は置いておいて、他のものはどれもなかなかに期待できそうですので優先度を高くして読んでいこうと思います。
…既刊でない百合姫コミックス3冊はいずれも連載作品っぽいのですけれど全て1巻完結、それに対し既刊を読んでいる1冊(とアニメ化という狂気の沙汰としか思えないことをするらしい購入を打ち切ったもの)はまだ終わらないのですか…いえ、何でもありませんけれども…(何)


『艦隊これくしょん』の開発は4連装魚雷、15cm3連装副砲、失敗、33号対水上電探となり、何ともいえない結果…33号はもう十分すぎる数がある上に改修で消費する装備というわけでもありませんから…(改修自体もできないっぽいですし…?)

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの分岐での北上を連発させられる上に2回めの出撃ではその先の無意味な初戦でレベル96のローマさんが被弾→高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされるという負の連鎖を発生させられため息…。
結局はじめの分岐での北上は輸送船任務時も含め5連続に及び、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、やはりろ号作戦の進行率が不安…。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動しており、ここ1週間以上毎日ヲ級さん編成を出現させられているのでこちらも楽に…ボス到達4回時点で1回の出現となりましたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、南下ルートとされましたので空母撃沈任務のみ達成となったかと思いきや、エラー発生でその出撃を「なかったこと」にされるという最低最悪の事象を発生させられ、うんざりさせられつつも仕方ありませんので再度出撃、ボス行きになり空母1を撃沈し、南西諸島任務ともども任務達成としました。


『ブルーリフレクション』は引き続き皆さんの好感度を上げていき、陸上部で普通を気にしている梨佳さん、お金にうるさいジャーナリスト志望の亜子さんやテニス部でなぜか大食い属性のついている凛さんとの好感度を最大にできました。
ただ、今回の三人はいずれも会話イベントの終盤で大なり小なり問題が発生するのですけれど、その問題が解決することなく会話イベントが発生しなくなってしまい、かなりもやもや…やっぱりゲージの目盛が1つ残っているのは気のせいではなく、終盤でこれを上げる要素が出てくることによりその会話イベントも解決する、という流れになるのでしょうか。

また、皆さんとの好感度を上げていくとレベル上げに必要な能力値上昇ポイントが得られていたのですけれど、これには絆を深めたポイント合計99という上限があり、それを越えてしまったため能力値上昇ポイントは13以上得られなくなってしまいました。
これでもうレベル上げという意味はなくなってしまったわけですけれど、けれど新たなフラグメントは得られますので意味がないわけではなく、それに気分の問題もありますのでやっぱり引き続き全員上げていきましょう。


最近DVDが全巻揃ったアニメを日々少しずつ観ていて今は以前観ている『ラブライブ!サンシャイン!!』の第6巻…梨子さんがピアノコンクールへ行き他の皆さんで予備予選に出るお話まで観たのですけれど、ここまでは本当に、細かいツッコミどころ(深夜に曜さんの家の前で叫ぶ近所迷惑な、とか…/何)はあれど文句の付けどころはないとてもよいお話になっています。
それなのに最終話で残念なことにしてしまうなんて…どうしてこのシリーズはきれいに終わらせることができないのでしょうか、非常に残念でもったいないです…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年04月14日

私、貴女の恋人になります!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○さばげぶっ!(13)
○フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ(1)
○アリスの楽園(1)
○ブラックリリィと白百合ちゃん(1)
○将来的に死んでくれ(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『さばげぶっ!』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたもの…この巻で最終巻となる模様です。

その他の作品は全て百合が期待できると教えていただけたものとなり、さらにいえば『フレームアームズ・ガール』はDVDも予約したアニメのコミカライズ版だということもあり購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ブラックリリィと白百合ちゃん』の帯から取ってみました。

今回は数はそれほど多くはないものの百合的にもよさそうなものたちとなっていますので優先して…やはりまずはすでにDVDも予約している『フレームアームズ・ガール』のコミカライズ版から読んでみましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は32号対水上電探、15cm単装砲、25mm単装機銃、水観となり、水観が出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、この数日はじめの出撃では絶対に任務に失敗している中、昨日もまたはじめの分岐で北上させられた上に高速建造材という完全無意味で心のそこから消えてほしいと願う場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃は無意味にボスへ直行させられ、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗しました。
どうにもここ最近の輸送船任務の荒れっぷりにうんざりしてしまいますけれど、仕方ありませんので特設艦隊を編成して出撃、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれど例によってル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ任務失敗の上鳥海さん小破…。
2回めの出撃はまたボスへ直行させられ任務失敗…。
疲労マークが見えませんでしたので3回めの出撃も実施しますけれど、またボスへ直行…。
どうしようもない展開に突入させられ、今度は潜水艦隊を2-3へ派遣、南下ルートに乗れ任務達成となりました。
…本当に、輸送船エリアでのル級さん+輸送船2という大外れ編成と高速建造材という完全無意味な場所、この2つを何とか撲滅したいです…これらがなければボス行きさえ回避できれば任務達成できますのに…(でも昨日はそのボス行きを回避できず…)

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、上で触れた通り昨日は輸送船撃沈任務の時点でどうしようもない大荒れの展開となりはやくも心が折れ果てていましたけれど、何とか続けます。
輸送船撃沈任務であれだけ無意味にボスへ直行してくださったのですから、こちらでもボスへ直行…するはずもなく、はじめの出撃からいきなりボス前での南下と、羅針盤さんというものの嫌がらせとしか思えない展開を見せつけられます。
そしてその後も例によって4連続ではじめの分岐で北上させられそこから高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされたりする事象が頻発し、輸送船撃沈任務ともどもここ最近ずっと続く大荒れの流れが継続してしまい、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリアへはボス前での南下のみの2回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、とにかく最近続く高速建造材という完全無意味な場所行き頻発が抑えられず、結果ろ号作戦がまだ50%達成にもならないというかなりよくないペースになってしまっています。
損害も多く、特にはじめの分岐で北上させられた先の無意味な初戦で戦艦空母の半数以上が被弾という、こちらも大荒れのため息の出る展開となってしまいました…もう完全に心が折れ、高速修復材を湯水の如く使ってしまうこととしました。


『ブルーリフレクション』は、昨日はフリー期間のコモン探索をしたのみ…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年04月04日

ずっと「敵」を待ってた

先日はこの様なものが届きました。
-----
ようやく届き…
○ブレイブウィッチーズ(2)
○ラブライブ!サンシャイン!!(7)
○ViVid Strike!(4)
○うらら迷路帖(1)
-----
…こちらはDVDとなり、予約をしているアニメたちとなります。
普段でしたら木曜日から土曜日あたりで届くはずなのですけれど、今回はここまでずれ込んでしまいました…。

上3作品はこれまでにも既刊が届いている作品となり、『ラブライブ!サンシャイン!!』『ViVid Strike!』はこの巻で完結なります。
『ブレイブウィッチーズ』『ViVid Strike!』にはタペストリー、『ViVid Strike!』にはさらにアクリルキーホルダーも、『ラブライブ!サンシャイン!!』にはノベルとアクリルスタンドがついてきました。

『うらら迷路帖』は前期放送されていたもので、今回から届きはじめたものとなります…こちらにはクリアポスターがついてきました。
…同様に前期アニメな『バンドリ』はやはり放送開始時期が妙に遅かった影響からか、第1巻の発売は5月末になる模様…今回届いたものは3月末発売なものたちですので、『バンドリ』は『ブレイブウィッチーズ』同様に同クールな普通の作品たちより2ヶ月遅れで出ることになるっぽい…。


また、その様な先日は同時にこの様なものも届いていました。
あとは凛さんも…
…こちらは『シンデレラガールズ』から本田未央さんのフィギュアとなります。
未央さんのフィギュアはすでにお一人迎えていたのですけれど、こちらは以前届いている卯月さんのものとセットになる仕様…ですのでもちろん凛さんのものも予約してあります。


さらに、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
数は少なめ…
○不条理なあたし達
○小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(1)
○剣姫、咲く(1)
-----
…こちらはコミックとなります。

一番上の作品は百合が期待できることから、その下は持っている作品のスピンオフ作品ということから、一番下の作品は何となくよさそうに感じられたことから、それぞれ購入をしたものとなります。
今日の日誌のタイトルは『剣姫、咲く』の帯から取ってみました。

今回購入をしたものですけれど、前回購入をしているものたちがまだほとんど読めていないという現実があり、今のところはそちらのきらら系作品などを優先しようということで、今回のものたちは購入はしたものの読むのは少し後回しになりそうです?


その様な昨日は上で触れたDVDたちを…例によってすでに既刊を観ている最終巻でない作品→第1巻な作品→最終巻な作品、の順番で観ていくことにしますので唯一続巻かつ最終巻でない『ブレイブウィッチーズ』の第2巻を観てみました。

第3話は『第502統合戦闘航空団』ということで、ひかりさんが孝美さんの代わりに通称ブレイブウィッチーズに配属されることになるお話…。
孝美さんが配属される予定でしたところを、となってしまったこともあってか特に菅野さんがひかりさんを敵対視して全く認める気がないご様子…。
ひかりさんはニパさんに基地を案内してもらい、その後訓練に入るのですけれど、魔法力不足とみなされてしまいます。
さらにその後あったネウロイの襲来でもひかりさんは足を引っ張ることしかできず、隊長さんは彼女を扶桑へ送還する決断を下してしまいます。
その様な中、ニパさんが(ユニットにイナゴが巻き込まれ)墜落してしまったという報が入り、ひかりさんが探しに行くと志願し、隊長さんは最後の思い出にということでそれを受理します。
ユニットの壊れたニパさんを発見、ひかりさんが彼女を抱えて菅野さんとともに帰投しようとしますけれど、そこにネウロイが襲来、菅野さんが単身応戦しますけれど苦戦…そこでひかりさんはニパさんを抱えたまま戦闘空域まで上昇、ニパさんに攻撃掩護をしてもらい菅野さんがネウロイ撃破に成功したのでした。
その報告を受け、隊長さんはひかりさんの送還を1週間様子見とします。

第4話は『戦いたければ強くなれ!』ということで、1週間だけ扶桑への送還を猶予されたひかりさんのお話…。
教育係を務めるロスマンさんが彼女に試験を課しますけれど、やはり魔法力の絶対的な不足はいかんともしがたく早々に見切りをつけられそうになります。
そこを何とか粘るひかりさんに対し、ロスマンさんはペテルブルグにある尖塔の先にかけた帽子をユニットなしで取ってくるという試験を課し、これが1週間以内にできれば合格ということになりました。
手足に魔法力を集中させれば登ることができるのですけれど、やはり相当つらく…けれど冷やかしにきた菅野さんも失敗してしまいましたが…(何)
その菅野さんやニパさんが毎日見守る中挑戦を続けるひかりさんですけれど、失敗続きの中で1週間が経過…けれど最終日になり解決への糸口が見えます。
けれどそんな中でネウロイの襲来があり、塔にぶら下がったままのひかりさん以外の皆さんは出撃…ところが菅野さんが一人戻ってきてひかりさんへ罵声を浴びせ、それがやる気に繋がりついに帽子の回収に成功しました。
試験は合格ということでさっそくひかりさんも出撃、これまでうまく制御できなかった紫電改のチドリも制御できる様になっていましたけれど、それまでの塔でのことで魔法力を使い切ってはいなかったのですか…(何)
そのネウロイとの戦いでひかりさんが接触魔眼なる、ネウロイに接触することでネウロイの核の位置を見ることができるという能力があることが判明しましたけれど、魔眼の力は下手をすると孝美さんの様に自身に大ダメージを受けることがあるということもありその能力の使用は禁止されてしまうのでした。

ということでいよいよ基地での生活がはじまったお話ですけれど…うん、やはり今のところ何の文句の付けどころもない、とても面白くてよい作品です。
主人公のひかりさんも主人公らしいまっすぐな、能力は体力しかないかたですけれども頑張り屋さんで交換が持てますし、今回のメインとなった菅野さんとニパさんにロスマンさんもそれぞれによいかた…特に菅野さんのツンデレっぷりが非常によいです。
お話も面白く、作画なども良好でこれは続き…まだ背景程度な登場な他の皆さんの活躍ともども期待したいものです。


『艦隊これくしょん』の運営電文、実寸大瑞雲製作はエイプリルフールの話題ではなく本当だった模様…(何)
開発は7mm機銃、25mm連装機銃、水偵、烈風となり、扱いに困るものも出ましたがいつも通りの惨状といえます。
そして改修ですけれど、月曜日はどうにもこれだというものがありませんでしたので…
改修資材が…
…思い切って改修資材20を投じてアイオワさんの主砲を上位兵装へ改装、でも命中率が上がっただけっぽいです?

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで各種週間任務が出現、ですのでい号作戦消化のために潜水艦隊を2-3へ派遣していきます。
こちらは南西諸島任務終了までに2回出撃しいずれも輸送船エリア1戦のみのルートとされました。

さらにい号作戦消化のために南西諸島任務用艦隊の1つを2-1へも派遣、こちらは南西諸島任務終了までに2回出撃ボス到達1回輸送船エリア1回となり、いずれも空母2編成でやや残念…。

その他の南西諸島任務用艦隊3つはいつも通り2-2へ派遣、どうにも最近ボス前での南下が多く特に先日はボス前直行からの4連続南下という悪意に満ちたことをされてしまいましたけれど、昨日は輸送船エリア行きにされた際にエラー発生というため息の出る事態が生じ嫌な流れとなります。
それでも最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへはそのエラー発生の1回となり、ボス前での南下をようやく抑えられましたのでよい結果といえます。
ヲ級さん編成は1回出現しい号作戦へ多少寄与しました。

南西諸島任務終了までに空母撃沈数は10となり、引き続きこちらの消化をしていくことになりますけれど、月間任務の4-2への出撃というものが残存していますので、まずはこちらを日向さんを旗艦にして同時に実施して空母を撃沈していくことにします。
その出撃、はじめの分岐は北上し初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は大きな損害なく敵を全滅し空母3を撃沈、問題のそこの分岐はボスへ進行…金のル級さんを旗艦に赤いヲ級さん1などの編成との戦いとなり航空戦で4の撃沈に成功したこともあり完全勝利としました。

それで4-2への出撃任務は完了しましたけれども空母撃沈数は14ということで、まずは2-3へ潜水艦隊を派遣してどうなるか様子を見ることにしました。
するとボスへ進んでしまい空母1しか撃沈できず、再度出撃をしてこちらは輸送船エリア行きとなるものの2の撃沈のみ…。
これで残り3でい号作戦完了となることから1-4へ機動部隊を派遣、けれど案の定というか、はじめの分岐で南下させられあらぬ方向行き…2回目の出撃はボスへ進みこれでい号作戦完了となりました。

あとはあ号作戦完了のために1-5へ延々艦隊を派遣…磯風さんがレベル99に達してしまいましたけれど、時雨さんだけでなく初霜さんと初春さん、叢雲さんも先制対潜攻撃が可能となっていましたので、彼女たちのレベルが均一になる様に使っていくことにします。
こちらは16回のボス到達で既定の回数に達し、もちろん海上護衛強化月間任務も自動的に達成、それまでの損害は那珂さん中破1回神通さん小破1回となりさらに那珂さんの中破は最後の出撃での発生でしたので高速修復材の使用0という極めて順調なものとなってくださいました。

これであとはのんびりろ号作戦を実施しつつ…といいたいところながらまだ2-5への水上反撃任務が残っていますので、今日はこれを実施することになるでしょうか。


『ブルーリフレクション』『マイソロ2』はどちらも時間なくお休み…『艦これ』が落ち着きましたので、今日からは多分…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年03月28日

結び音リボン

先日はこの様なものが届きました。
-----
CDも…
○魔法少女なんてもういいですから。(第2期)
○結び音リボン
-----
…上はDVD(とはいえblu-rayですけれども)、下はCDとなります。

DVDのほうは以前第1期を観ている作品の第2期となります。
ポストカードや同じ原作雑誌と思われる他の作品と一緒のシールがついてきました。
こちらは今日にでも観てみようと思います。

CDのほうは霜月はるかさまのNewアルバム…今回は2枚同時発売になっており、プレミアムボックスということで『Sora no Oto』と『Daichi no Oto』の2枚両方がセットになったものを購入しました。
こちらにはシモツキンなアクリルキーホルダーがついてきました。
さっそく聴いてみましたけれど、やはりさすがとてもよいもの…しばらくはこの2枚を聴いているだけでよさそうです。


また、その様な先日はこの様なものも購入してきていました。
-----
コミックも…
○カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。-(2)
○Aチャンネル(8)
○黒髪巫女とマリアウィッチ(1)
○どうして私が美術科に!?(1)
○パンでPeace!(4)
○シンデレラガールズ劇場(6)
○ひなこのーと(3)
○ラブライブ! School idol diary(4)〜真姫・花陽・ことり・海未・にこ〜
○ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン(2)〜μ'sの夏休み〜
○ウリとツメ(3)
○ひなこのーと 公式コミックアンソロジー
○ガールズ&パンツァーの日常 4コマコミックアンソロジー
○けものフレンズ コミックアラカルト ジャパリパーク編
○艦隊これくしょん -艦これ- おねがい!鎮守府目安箱(1)
○今日も女の子を攻略した。(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『カラフル・マキアート!』から『どうして私が美術科に!?』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
前者2つは過去に既刊を読んでいることから、後者2つは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『パンでPeace!』から『ウリとツメ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ウリとツメ』はこの巻で完結となる模様です。

『ひなこのーと』以下3つのアンソロジーやコミックアラカルトは気になる作品のアンソロジーということで購入をしたものとなります。

その他の作品たち、『鎮守府目安箱』は好きなシリーズの、一番下の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回は月末恒例となりつつあるやや多い数になってしまい、また以前先行で購入をしたものも2冊しか読めていませんので、それらと勘案しつつ気になるものから読んでいきましょう。
ただ、はじめの作品は上で触れた『魔法少女なんてもういいですから。』と一緒に読むことに決めていますので、つまり…そういうことです(何)


『艦隊これくしょん』の開発は25mm単装機銃、15cm単装砲、12cm連装砲、失敗となり、いつも通りとはいえあまりにも無残で悲惨などうしようもない惨状…。
大型艦建造最低値は山城さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど昨日は月曜日ということで各種週間任務が発動、い号作戦消化のために2-3への潜水艦派遣も同時に実施します。
はじめの出撃の初戦からいきなり小破が生じる嫌な出だしとなりつつ、南西諸島任務終了までに2回出撃しボス到達1回輸送船エリア1回となり、輸送船エリア行きの際は南下の2戦ルートを取りい号作戦に寄与しました。

また、同様にい号作戦を消化するために南西諸島任務用艦隊の1つを2-1へも派遣、南西諸島任務終了までにボス到達1回あらぬ方向行き1回となりました。

その他の南西諸島任務用艦隊3つはいつも通り2-2へ…はじめの出撃からあらぬ方向行きとされてしまい嫌な気配が漂います。
けれどその後はボスへ進行、最終的にはボス到達3回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリア1回となりました。
ヲ級さん編成は0となりい号作戦には何ら寄与せず…。

南西諸島任務終了までに空母撃沈数は11となりましたのであとはいつも通りに1-4へ機動部隊を派遣しますけれど、はじめの出撃からいきなりはじめの分岐で南下させられ嫌な気配、けれどそこから滅多に進まないボス行きとなって下さいました。
ところが2回めの出撃も連続となるはじめの分岐での南下を発生させられもちろん奇跡は2回も発生しませんのであらぬ方向行き…。
うんざりしましたので潜水艦隊の2-3への派遣を実施、初戦の先制雷撃で何と1しか沈めないというこちらでもひどい惨状を見せつけられつつ南下しての輸送船エリア行き、そして2戦ルートに乗れこの時点でい号作戦を完了できました。

あとはあ号作戦を完了させるために延々1-5へ…1-4での結果が散々でしたので18回のボス到達が必要になってしまいました。
こちらは大破5、さらに第3戦での大破撤退が1回と結構な損害を受けつつも達成しました。

これであとはろ号作戦をのんびりしながら、というところ…今週末は4月1日になってしまい拡張海域のゲージ破壊などが生じますので、それまでに終われば色々と楽になるのですけれど…?
改修資材が…
…ところで、このアイオワさんが持っていた主砲を上位兵装へ改修すべきかどうか、なかなか踏ん切りがつかないのですが、どうしましょうか…いえ、改修資材が20も消えるってあまりに大変すぎですから…(確実化しなければ多少の消費は減らせますけれど、上位兵装への改修は確実化しなければ失敗する可能性のほうが高いので、かえって消費量が多くなりそうで…)


『マイソロ2』のほうは、昨日は時間を取れず…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年03月12日

ふたりが暮らした小さな街。

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDが…
○きんいろモザイク Pretty Days
○フリップフラッパーズ(3)
-----
…こちらはどちらもDVDとなります。

『きんいろ』のほうは好きな作品の劇場版(?)となります。
こちらにはクリアポスターにタペストリー、さらに大きなカバー(?)と色々ついてきました。
『フリップフラッパーズ』は一連で予約をしていて過去に既刊が届いているアニメ作品となります。


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックも…
○なでしこドレミソラ(2)
○はるかなレシーブ(3)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(7)
○Lガールズ(5)
○柚子森さん(2)
○DNAは教えてくれない(2)
○みかはな週末とりっぷ(2)
○放課後アサルト×ガールズ(3)
○小林さんちのメイドラゴン 公式アンソロジー(2)
○星川銀座四丁目(上・下)
○あかねのハネ(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『なでしこ』『はるかな』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないもの…いずれも過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

『艦々日和』から『メイドラゴン』アンソロジーまでは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『DNA』『みかはな』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、『星川銀座』は以前読んでいるものの新装版ということから、一番下の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『星川銀座』の帯から取ってみました。

今回はなかなかよいものが多く、また以前しているアサミーナさんとかなさまの放送通り来月はどうも単行本の数がかなり少なくなる模様ですので、焦らずゆっくり読んでいきましょう。
ひとまずは『艦々日和』『Lガールズ』やきらら系、そして『星川銀座』あたりを最優先にして読んでいきます?


その様な昨日は上で触れたDVDのうち『フリップフラッパーズ』の第3巻を観てみました。

第5話は『ピュアエコー』ということで、すでにヤヤカさんたちにアモルファスなる例の欠片をいくつか奪われている状況という中でのお話…。
変身する呪文とアイテムを得たお二人が向かった次なる世界は、ココナさんが通っている学校…なのですけれど、1日が永久にループしてしまう世界でした。
そこに通う生徒は皆さん顔がなく怖いのですけれど、慣れてしまうとその世界に順応してしまい平穏な日々を送ってしまうお二人…けれどヤヤカさんにお会いして本来の目的を思い出したココナさんは行動を起こします。
何とかループを脱したお二人はアモルファスのありそうな場所を目指しますけれど、ヤヤカさんたちも現れ争いに…変身の末、何とかそれを得ることができました。
ヤヤカさんがそれを集める覚悟があるのかココナさんへ問うてくるのですけれど、ココナさんはまだそれを集める意義はよく解らないながらパピカさんの力になりたいこととヤヤカさんを止めたいことを理由にします…このあたり、私のほうもそれを集める意義がまだ解っていないのでヤヤカさんの警告が正しいのかどうかよく解らない…。

第6話は『ピュアプレイ』ということで美術部の先輩さんのお話…そしてココナさんよりパピカさんのほうがクッキー作りが上手なことが判明します(何)
また新たなピュアイリュージョンの世界でヤヤカさんたちと欠片を巡り争うお二人ですけれど、その様なお二人の前に謎のゲートが出現、それに入るとお二人は何やら第三者の過去を追体験することになりました。
それは近所のやさしいおばさんを慕う女の子のお話…おばさんがココナさんのおばあさんにしか見えないのですけれど、これはイメージ映像っぽい?
その追体験の途中で元のピュアイリュージョン世界に戻ったお二人、欠片はその間にヤヤカさんたちに奪われてしまいそこにいる意義はなくなったのですけれど、その追体験の続きが気になりその門へ再び身を投じました。
女の子とおばさんの交流は心あたたまるものだったのですけれど、やがて悲劇的な結末を迎えることに…けれど、その結末の前に交わした約束を思い出したお二人は、その世界でその約束を果たすことにしました。
結果、元の世界へ戻ってくると、どうやら過去が変わったみたいで、その女の子…美術部の先輩さんの現在がよい方向に変化していたのでした。

ということで、今回は前半はホラーで恐いお話、後半はつらいお話になりそうかと思われたものの最後はよいお話で終わってくださり一安心…第6話は泣けてしまいました。
個々のお話は面白いのですけれど、でもヤヤカさんもフリップフラップの上層部の人もアモルファスの欠片を集める意義や危険性を全然説明してくださいませんので、そのあたりはやっぱりまだ謎に包まれていて、それは引き続き見守るしかなさそうです。
そして、設定資料集を見るとどうもココナさんの立ち位置やおばあさんにも何か裏があるっぽい…あのループしている様な夢から目覚めた際の描写からもしかすると何かあるのではと思ってはいたのですけれど、やはり何かあるっぽく…?
何かあるらしい以上のことはやっぱり解らなくって、おばあさんがどういうかたなのか少し不安にもなってしまいますけれど、ともかくそのあたりも含め引き続き見守りましょう。


『艦隊これくしょん』は松風さんがレベル50で改仕様となれました…神風型な皆さんは全員レベル50という高レベルになっている模様…。

開発は九一式徹甲弾、20cm連装砲、13号対空電探、失敗となり、久しぶりとなるよい結果を得ました。
大型艦建造最低値は日向さん…まぁ、そうなるな。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣しますが、無意味にボスへ直行させられた上にヲ級さん編成と遭遇させられるという踏んだり蹴ったりのどうしようもない展開とさせられ磯風さん小破など複数人が結構な損害を被り任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在し磯風さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、何だかこの最近恒例になってしまっている2-4への出撃を、仕方ありませんので昨日も実施していきます。
そのはじめの出撃、初戦は完全勝利、最大の問題であるそこの分岐は早々にあらぬ方向行き終了…。
2回めの出撃、初戦は完全勝利、最大の問題であるそこの分岐はまた早々に(以下略)
3回めの出撃、初戦は完全勝利、最大の問題であるそこの分岐はまた(以下略)
結局昨日も何ら得るものなくただいたずらに羅針盤さんへ対する敵意を募らせるだけの、本当に心底うんざり、げんなりさせられるどうしようもない結果に…一体あと何日ここへの出撃を繰り返せばよいのですか…。

あとはいつも通りの艦隊を2-2へ派遣していき、はじめの出撃はあらぬ方向行きにされますけれど、その後は3連続でボスへ直行できよい流れとなります。
けれど2-4への無意味な出撃を挟んでしまったためかそこで流れが崩壊、南西諸島任務用艦隊の2巡めはボス到達0回どころか高速建造材という完全無意味な場所3回ボス前での南下1回というどうしようもない展開を繰り広げられてしまい、2-4での展開とあわせてもうため息しか出ない流れに…はぁ…。
その際も含めはじめの分岐での北上を5連続とさせられ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上7回輸送船エリア3回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、結局昨日もまたここでも羅針盤さんへ対する敵意を募らせる結果に…何とかしてください、本当に…。

ろ号作戦が完了、羅針盤さんとの戦いにほとほと疲れて果てていましたので、それと戦わなくてもいい1-5への3回出撃任務を一気に実施してしまうことにしました。
そのはじめの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。
2回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は鳳翔さん小破に対し敵の全滅には成功しました。
3回めの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦は鳳翔さん大破に対し敵の全滅に成功しました。
これで今週分のこちらの任務は完了、やはり羅針盤さんをお相手にしなくてよいだけでものすごく気が楽になります…5-3でのレベル上げをやめたため高速修復材も余り気味ですので大破も撤退にさえならなければ問題ないので尚更です。

1-5のレベル上げでは初戦で香取さんが先制攻撃を外す事態が1回生じましたけれど、中破で収まりましたので一安心…。
ただ、羅針盤さんよりもさらに強大な敵であるエラー発生も1回発生してしまい残念…この敵はどうにもなりません。


『NEW GAME!』のゲームと『マイソロ2』はそれぞれほんの少しずつ…ですので特筆すべきことはないです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年02月28日

月下の光に導かれて二人の愛は永遠に……

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
少し多め…
○ガレット(創刊号)
○棺担ぎのクロ。懐中旅話(6)
○うらら迷路帖 アンソロジーコミック(1)
○夢見るプリマ・ガール!(1)
○アニマエール!(1)
○魔王城のお姫様(1)
○ななかさんの印税生活入門(1)
○小学生もゆるくない。(1)
○はいふり(2)
○ハイスクール・フリート ローレライの乙女たち(2)
○艦隊これくしょん -艦これ- いつか静かな海で(3)
○新米姉妹のふたりごはん(3)
○いきのこれ!社畜ちゃん(2)
○ガラスの花と壊す世界(下)
○ガールズ&パンツァー リボンの武者(6)
○ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:大学選抜
○紫電改のマキ(8)
○ガンズ&ガールズ(2)
○ガールズ&パンツァー 戦車道のススメ(1)
○ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ(1)
○月に濡れる
○アイドル事変(1)
○クロちゃん家の押入れが使えない理由(1)
○明るい記憶喪失(1)
-----
…一番上は雑誌(?)、その他はコミックとなります。

雑誌のほうは、同人誌扱いなもののはず…ですので虎穴通販やメロンブックス通販で委託されるか待ってみたのですがどうやらされない様子でしたので、仕方ないので久しぶりに某店舗へ赴き購入しました。
次回からは購入方法を再検討する必要があるっぽーい!

コミックのほう、『クロ』から『小学生』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『クロ』は過去に既刊を読んでいることから、『うらら』アンソロジーは原作を読んでいる作品のアンソロジーということから、その他の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今月はきらら系の既刊は1冊のみという事態…その分第1巻の作品が多めです?

『はいふり』から『ガンズ&ガールズ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『いつか静かな海で』『ガラスの花』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、戦車道関係の2冊は気になるシリーズということから、『月に濡れる』は百合が確実と思われることから、下3冊は何となくよさそうに感じられたことからそれぞれ購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『月に濡れる』の帯から取ってみました。

今回はやや数が多く、どれから読もうか迷うところなのですけれど、何とここにきてまた新たに今期放送されているというアニメのコミカライズ版が出現…『アイドル事変』という作品がそうで、一応これを最優先で読んでみようとは思いますが、ただもう本当によほど強く惹かれる作品でない限りお金の関係でDVD購入は不可能なのです…。
その後は『はいふり』や『艦これ』、きらら系の第1巻な作品などを中心に読み進めていきます、か?
…その他、思うところあり『社畜ちゃん』は『NEW GAME!』のアニメDVD最終巻かゲームクリアか、そのどちらかのタイミングでそのどちらかと一緒に読もうと思います(何)


それでは、上で触れました…
同人誌です?
…『ガレット』の創刊号について軽く触れます。
こちらは同人誌とはいえ以前購入をしている『ゆりぼん』以上に本格的な雑誌な趣を出しており、またこの1冊で終わりではなく続刊も出るとのことで、ますます普通の雑誌な趣です。
百合の漫画雑誌といえば『百合姉妹』『百合姫』を思い出しますが、前者は途中で消滅、後者は…路線が合わなくなり数年前に購入をやめてしまっており、定期的に発刊される百合アンソロジーも少なくなった今、こういうかたちで新規の百合雑誌が出るというのは恐ろしく喜ばしいことといえるでしょう。

定期刊行前提ということで、収録作品にはいくつか連載作品もありました。
その連載作品、そして読み切りも含め、正統派な作品好きな自分が驚くほど正統派な作品揃いになっており、これは相当よきもの…某雑誌は広く浅くの考えの様子ですので百合の正統派ではなく緩い方向を目指している模様でそれは別に否定はしませんけれど、やはり百合を主題とする雑誌である以上こういうもののほうが嬉しいのはいうまでもありません。
執筆されているかたも百合な単行本や同人誌でよくお見かけするかたも多く、その点でも嬉しいものでした。

ということでこちらはかなり正統派で質の高い百合雑誌といえます…広く浅くな雑誌は切ってしまいましたけれど、こちらは続刊も購入したいものです(ですので購入方法を次回はもっとしっかりしておかないと…)
…あと、百合なADVをPCも含め夏に配信予定とのことで、こちらも期待したいものです(現状百合な新作ゲームのお話は全く聞かないのですけれど、なさそうでしょうか…)


『艦隊これくしょん』の開発は三式弾、12cm連装高角砲、失敗、失敗となり、いつも通りとはいえ見るも無残な惨状…。
大型艦建造最低値は能代さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施のため通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの分岐で北上させられしかも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃もはじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれどル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ、通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務失敗…。
月曜日からため息の出る残念な展開にさせられますが仕方ありませんので特設艦隊を編成、輸送船エリアへ直行し輸送船4ル級さんなしの当たり編成と遭遇でき任務達成…ですから、はじめからこれを出してください…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで各種週間任務も発動、い号作戦を進めるため潜水艦隊を2-3へ派遣しますけれど、潜水艦も数が増えてきてどなたを出せばよいか迷うことになってきました。
こちらは南西諸島任務終了までにボス到達1回のみとなり、空母2の撃沈…。

さらにい号作戦を進めるべく南西諸島任務用艦隊のうちの1つを2-1へも派遣、こちらも南西諸島任務終了までにボス到達1回のみとなり、空母2の撃沈…。

残りの南西諸島任務用艦隊3つはいつも通り2-2へ派遣しますけれど、2回めの出撃ではやくも高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされため息…。
けれどその他の場所のボス到達率が高かったこともあり、最終的にはボス到達3回までにはじめの分岐での北上1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、悪くはない結果に収まり、またヲ級さん編成が1回出現しここでも空母2の撃沈…。

南西諸島任務終了時点で空母撃沈数はわずか6にとどまり、先週が南西諸島任務のみでい号作戦が終わったのに対し対照的な結果になってしまいました…南西諸島任務が順調に終わった、という意味ではよいことなのですが…。
ですので1-4へ機動部隊を派遣することになりましたけれど、はじめの出撃からいきなりはじめの分岐で南下→あらぬ方向行きを発生させられげんなり、うんざり…ですので2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施することとしました。
1-5は結局い号作戦終了までに3回出撃しボス到達1回はじめの分岐での南下からそのままあらぬ方向行き2回というげんなりさせられる悪い結果とされてしまいます。
一方の2-3はい号作戦完了までにボス到達1回輸送船エリア2回うち南下しての2戦ルート1回となり、ボス戦も南西諸島任務同様に空母2の当たり編成と遭遇でき、こちらの結果がなければ1-4で悪い結果を積み重ねていた可能性も…。

あとはあ号作戦を終わらせるべくひたすら1-5へ…谷風にお任せだよ、出撃!
こちらは大破2回であ号作戦終了に対する規定ボス到達回数に達し、エラー発生もなく順調に終えられました。

これであとはのんびりろ号作戦…なのですけれど、明日ははやくも3月ということで拡張海域のゲージが復活したりしてしまいますので、そちらの対処がはじまってしまいます。
そしてイベントもいよいよ今日まで…とっても大好きなあのかたは無事終えられたでしょうか…。


昨日は時間がなく『NEW GAME!』のゲームも『マイソロ2』もお休み…明日からは上で触れた通り『艦これ』のゲージ破壊や月間任務消化がありますので、それが落ち着くまでは時間を取れなさそうかも?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年02月18日

盆栽って、かわいい。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○境界のミクリナ(2)
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(4)
○ねこむすめ道草日記(15)
○ヤマノススメ(13)
○selector stirred WIXOSS
○雨天の盆栽(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『ミクリナ』から『ヤマノススメ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品たち、『WIXOSS』は気になるシリーズということで、『雨天の盆栽』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。
…今日の日誌のタイトルは『雨天の盆栽』の帯から取ってみました。

今回は数からしてやや小粒にも感じられるながら『ミクリナ』など期待できる作品はしっかりあり、それらを優先して読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は25mm連装機銃、12cm連装高角砲、失敗、失敗となり、いつも通りとはいえ目も当てられない惨状…。
大型艦建造最低値は扶桑さん…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、輸送船エリアへ直行できけれどル級さん+輸送船2という一目見ただけでうんざりさせられる大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の編成と遭遇でき任務達成となりました…はじめからこれを出してください。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、どうにもこの数日大荒れ傾向となってきてしまっており何とか流れを変えたいものですけれど、昨日もはじめの出撃からボス前での南下を発生させられてしまい、そしてその後は3連続ではじめの分岐で北上させられたりし南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達わずか1回とその傾向は変わりません。
その後はボス前へ3連続で直行し持ち直し…とはならず、3回めの際にそこから南下させられそこからは5連続ではじめの分岐での北上とさせられ、さらにはエラー発生という最低最悪の事象まで発生させられ南西諸島任務用艦隊の3巡めはボス到達0回ともうどうしようもなくなります。
さらにその後もボス前での南下を全く抑えることができなかったりし、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上9回輸送船エリア7回うちボス前での南下4回高速建造材という完全無意味な場所1回エラー発生1回となり…言うまでもなく、先日まで以上の大荒れとされてしまいました。
損害も戦艦1重巡洋艦1小破をはじめひどいもので、イベントが終わってからずっとこちらがひどい惨状になっています…本当に、はやくイベントが終わった代償だとでもいうのですか…?
また、先日は空母3撃沈任務も発動しており、ボス到達4回時点でヲ級さん編成は1回のみの出現でしたので、そのタイミングで2-1へ艦隊を派遣、あらぬ方向行きとされ空母撃沈任務のみ達成となりました…が、2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成となり、この出撃は全くの無意味なこととなりました。

あまりに輸送船エリア行きを連発されたためもちろんろ号作戦は完了、1-5への3回出撃任務が発動したものの、昨日は疲れ果てたためそちらは今日以降に実施します。
ただ5-3でのレベル上げは先日に引き続きかなり安定していて、C判定敗北は2回ありましたけれどそれも大破や中破は一人しか出なかった上での結果…南西諸島任務の結果と引き換えだというのでしょうか…(何)


『NEW GAME!』のゲームを優先、そして『マイソロ2』はおまけ…にしようと思ったのですけれど、やはりはじめると『マイソロ2』が面白く、そちらをどうしても優先させてしまいます。
今作のカノンノさんはとてもよいかたですのでお二人めは極力彼女固定で進めたいものです…カノンノさんの満面の笑顔がもう微笑ましすぎて…。

採取や採掘に消費アイテムが必要、という以前している『3』に較べずいぶん厳しい仕様があり、そうでなくてもパーティメンバーは装備を持ってこずまたレベルが上がるとすぐ装備品が変えられるのでお金が大変ですけれど、それ以上の問題が…。
いえ、主人公の里緒菜さんの再現度はなかなか高くそれはとっても満足していて、今作で以前している『世界樹の迷宮5』以来長らく不足していたあさかなやすみりお分のうちの1/4を補充できたのですけれど、ただ…里緒菜さんにもっとも合う職業は何なのかなと、本当に剣士のまま進めていいのかな、って…。
『世界樹』、あるいは以前している『七竜3』などに参加した主要な皆さんの、私の中での最適職業のイメージは…
-----
○アサミーナさん:剣士・聖騎士・僧侶
○かなさま:魔術師・僧侶
○すみれさん:格闘家・モンク
○里緒菜さん:魔術師
○ティナさん:魔法剣士・狩人・ガンマン
○彩菜さん:剣士
○サリサディアさん:ガンマン?
-----
…魔法剣士や聖騎士などは今作にあるのか解りませんけれど、『3』準拠で考えるとこの様な感じでしょうか。
里緒菜さんはとにかく『世界樹5』での再現度が素晴らしかったのでそれもあって魔法使い系のイメージが強いわけですけれど、ただ詠唱時間短縮ができない序盤から魔術師にするのはとてもつらいのでした。
ではやはり剣士に落ち着くのかとなりますけれど、服装も重視したりすると案外(?)弓使い…狩人あたりがよさそうな気がしているのでした(鎧より軽装装備のほうが似合いそうなものが多そう、ということで…/何)
剣士は各作品の主人公など多いですし、思い切ってそちらにしてみようかなとも検討…ただ弓使いも『3』でもナナリーさんやナタリアさん、チェルシーさんにチェスターさんと結構いましたけれども…(一番少ないのはガンマン…一人しかいない様な…)
…ティナさんは本来弓使い、あるいは似ているかた(何)のイメージからガンマンなのですけれど、『七竜3』でルーンナイトでした影響から『世界樹5』でも剣(刀)使いになり二つ名もそのまま「ルシェのルーンナイト」でしたので、その影響でルーンナイト、魔法剣士な印象も…?

ということで昨日は里緒菜さんを狩人へ転職させ、そしてレベル1なかたがたを引き連れてはじめのダンジョンなどへ通ってみました…途中でルークさんたちらしき人々が砲撃に遭っており彼らの避難した洞窟へ行くクエストが発生しましたけれどひとまず無視します(何)
結果、やはり服装は狩人のほうがよい感じに見え、そして弓でも十分戦えますので以降里緒菜さんは狩人で行ってしまおうと思います。
…すみりおカップリングで考えると、前衛確実なすみれさんを弓で掩護する里緒菜さん、ということでなかなかよい感じ…あと、他にも弓を使うクールな長い黒髪のかたがいた様な、と思えば以前観ている『ビビオペ』のれいさんでした(何)

…それにしても『七竜3』に『世界樹の迷宮5』、どちらもキャラメイクの声はともかく外見のほうは選択肢が少なかったはずなのに、どちらでもかなり再現度の高いあさかなやすみりお、ティナさんを作れたのは非常に素晴らしくよいことでした。
この様な作品、また巡り会いたいものですけれど、何かないものでしょうか…。


『NEW GAME!』のゲームはゆんさんルートを目指すのですけれど、今作は前半の育成モードを飛ばせないので、周回はどうしても時間がかかってしまうのです…まだその育成モードの2/3を終えたあたりといったところです。
ルートで残っているのはゆんさんの他、コウさんとりんさん、うみこさんに葉月さん…まだまだ先はかなり長そうです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年12月28日

本当のともだち

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
きらら系が微妙…
○神様とクインテット(2)
○すわっぷ⇔すわっぷ(2)
○明日はアイドルれいかちゃん(2)
○ビビッド・モンスターズ・クロニクル(3)
○ステラのまほう(5)
○疾風ういんどみる!(1)
○ジューンフレンド
○にゃんこデイズ(2)
○Collectors コレクターズ(2)
○ばくおん!!(9)
○咲日和(6)
○シノハユ(7)
○咲 -Saki-(16)
○ぺたがーる(2)
○ブレイブウィッチーズ 公式コミックアラカルト
○ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミック
○ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲(1)
○怜 -Toki-(1)
○安達としまむら(1)
○猥らにアイして
○おねだりしてみて
○けものフレンズ ようこそジャパリパークへ!(1)
○ちーこばすけっと!(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『神様とクインテット』から『ジューンフレンド』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『神様とクインテット』から『ステラのまほう』までは過去に既刊を読んでいることから購入…『神様とクインテット』『れいかちゃん』はこの巻で完結となる模様です。
『疾風ういんどみる!』『ジューンフレンド』は何となく悪くなさそうでしたことから購入をしました。

『にゃんこデイズ』から『ぺたがーる』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『コレクターズ』はこの巻で最終巻となる模様です。
『ばくおん!!』は限定版ということでオリジナルアニメ収録のDVDがついてきました。

その他の作品群、『ブレイブウィッチーズ』『ろんぐらいだぁす!』はそれぞれ原作やコミカライズ版を読んでいる作品のアンソロジーということで購入をしました。
『ワールドウィッチーズ』『怜』はそれぞれ原作やコミカライズ版を読んでいるシリーズの作品ということで購入をしました。
『安達としまむら』は気になるノベルのコミカライズ版ということで購入をしました。
『猥らにアイして』は百合が確実な、『おねだりしてみて』は帯に百合と明記されていたことから購入をしました。
その他2作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回は正直に言うときらら系の数は多いものの特に既刊を読んでいるものがどれも微妙で惹かれるものが特になかったり…しいて言えば第1巻な『疾風ういんどみる!』が気になるかもというくらいで、きらら系の中ではそれを一番はじめに読もうかとは思うもののまずはそれ以外の特に気になる作品たちを優先して読もうと思います。
特に気になるものとしては『安達としまむら』『にゃんこデイズ』『コレクターズ』あたりでしょうか…これらは年内に読んでみたいです?

その『にゃんこデイズ』、さらには『けものフレンズ』も帯によると来期にアニメ化するといい、来期はすでに以前原作を読んでいる『うらら迷路帖』と以前コミカライズ版を読んでいる『バンドリ』が購入確定となっており、もうよほどの作品でない限り購入追加はないかと思うのですけれど、果たして…(ただ『にゃんこデイズ』はショートアニメではないかと思われ、それでしたら迷わず購入しようと思います)
また、帯によると『咲』が映画化するとのこと…実写で…はぁ…?


その様な昨日は先日届いたDVDたちのうち『アンジュ・ヴィエルジュ』の第2巻後半を観てみました。

第5話は『本当のともだち』ということで、赤の世界へやってきた皆さんの顛末…。
闇堕ちしたレミエルさんは去っていきましたけれど、絶交されてしまったという事実と彼女の言葉はエルエルさんを深く傷つけてしまいました…その様な彼女に紗夜さんが声をかけ、何とか立ち直るきっかけを作ることができます。
その様な折り、赤の世界の世界水晶のある場所がレミエルさんの襲撃を受け、皆さんでそこへ向かうことに…途中妨害が発生しますけれど皆さんが防ぎ、エルエルさんは単身レミエルさんの元へ向かいます。
そこでエルエルさんはレミエルさんに自分のまっすぐな気持ちを伝え、闇堕ちしているレミエルさんにもそれは伝わり再び友達となれ…そしてそれとともにレミエルさんは闇堕ち状態から開放、戦わずして言葉だけで終えることができたのでした。
…もう恒例になっている軍人姉妹の訓練は戦車の操縦…戦車を洗車…(何)

第6話は『愛しさの理由』ということで、今度はステラさんが主役…まずは彼女と天音さんとの出会いが描かれますけれど、天音さんはステラさんをはじめて起動させた存在だったといいます。
けれどステラさんの記憶によると、その後天音さんは彼女が言いそうにない台詞をステラさんへ言ったとステラさんの記憶にはあり、それまで天音さんのことを大切に想っていたステラさんは以降彼女との関係を純粋な利害関係のみのものと割り切ってしまったといいます。
その様な折り、白の世界からセニアさんから救難メッセージが入り、皆さんで向かうことに…その白の世界は世界全体が仮想空間として成り立っているといいますが、エルエルさん同様に私もよく解りません(何)
ステラさんは単身セニアさんの元へ急行しますけれど、そこにいたのはすでに闇堕ちしていたカレンさん、そして同様の状態になっているセニアさんで、つまりは罠でしたわけ…お二人は究極の愛のかたちと称して融合、そこにステラさんも取り込もうとします。
それはひとまず追いついた紗夜さんたちにより阻止されるのですけれど、カレンさんたちは白の世界の世界水晶を守る結界を破壊するためのウィルスを作っており…?
…もちろん今回も例のお二人の寸劇はあり、休むことに対する訓練を実施…妹さん強い…(何)

ということで今回で赤の世界編が終了、白の世界編となりましたけれど、レミエルさんとの対峙は戦いではなく会話で解決となり、多少意外でしたけれどもでもこれはこれで泣けてしまうよい展開、お話でした。
そしてエルエルさんも紗夜さんにかなり懐かれ、これは紗夜さんに皆さんが深い感情を抱く様になっていく、ということになるかもしれず、もしそうなるとこれも少し意外な展開かも…いえ、天音さんと皆さんとの出会いのお話からてっきりその紗夜さんの立ち位置には天音さんが立つのかと、あるいは紗夜さんと天音さん、そしてメインの皆さんは闇堕ちしたかたがたとのカップリングになるかのどちらかになると思っていましたから…(紗夜さんは紗夜さんでよいかたですのでもちろんその展開でもよいです)
ともあれ残り4話ということで、これまでの分量からすると1話で白の世界編完結、2話で緑の世界編となり、そうすると最後が1話しか残りませんけれどどうなることでしょうか…最後まで見守りましょう。
…次はいよいよ完全に未知数、謎が謎を呼ぶ全く不明な作品な『ViVid Strike!』を観ることになります?


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、25mm3連装機銃、12mm単装機銃、水偵となり、25mm3連装機銃が出たのが救いでしょうか。
大型艦建造最低値は扶桑さん…本当に最近何も得るものがないのですが…。
…演習では弾着観測射撃→4〜5のダメージ、という意味不明な事態を連発させられたのですが、何だと…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施するために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、輸送船エリアへ直行し輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からいきなりボス前で連続南下という頭を抱える展開…。
そこで貴重なボス到達の可能性を潰したために、それからははじめの分岐で北上を連発させられさらに高速建造材という完全無意味な場所などあらぬ方向行きにされボス前にすら到達しなくなり南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達0回ともう大荒れ、どうしようもなくなってしまいます。
ようやくボス前へ到達できてもそこから見事に南下を連発させられ怒りすら覚える展開…7回めの出撃でようやくはじめてボスへ到達できるという惨状、しかもヲ級さん編成でないのにアクィラさん中破…。
それからは何とか数回に1回はボスへ進む様になり、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上7回輸送船エリア7回うちボス前での南下5回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、ボス前での南下率が高すぎる大荒れそのものの結果となってしまいました。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動していたもののボス到達4回達成時点でヲ級さん編成は0回でしたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、北上しての輸送船エリア行きとなり空母2のみの撃沈、ですのでもう一度出撃を実施しまた北上しての輸送船エリア行きとなり空母撃沈任務のみ完了としました…ところが2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成が出現し2回めの出撃が無意味と化しました(何)

南西諸島任務が荒れ果てたためか、5-3でのレベル上げは6回連続で無傷勝利となり高速修復材が溢れそうになるレベルの順調さ…。
7回めの出撃にして北行きにされたのですが、こちらは大破1お相手は撃沈3中破2でC判定敗北…これはいくら何でもあんまりではありませんか…?


以前している『世界樹の迷宮5』は2周めで星喰を撃破できたのですけれどその際はアルコンさんがいなかったので、3周めでアルコンさんを連れた状態での星喰撃破を実施…やはり流れに乗れば戦闘不能者も出さず結構楽に倒すことができました。
そしてもちろん今回はアルコンさんがいますので感謝の言葉をかけてもらえ、そしてそのままエンディングへ…実のところ図鑑完成と同時にエンディングになったりもしましたが…。

4周め…をしてもいいのですけれど、さすがにそこまでくるとあさかなやすみりお、ティナさん分を補充する以上の意味はなくなってしまい、ややつらいところがあるかも…?
とはいえ『よるのないくに2』の発売は2月予定とまだ先で、年末年始を度外視しても1、2ヶ月を何かで埋めたい…『うさぎですか?』あたりをすればよいのかもしれませんけれど、でもできれば誰かの成分を補充できるゲームをしておきたいです?
…1、2ヶ月では何かRPG系ゲームを一からはじめてクリアするには足りませんので、何かの2周めとかでしょうか…アサミーナさん分、とまではいかなくても彩菜さんな以前している『αU』やサリサディアさん分な以前している『A』あたりでも…?(そういえば『スパロボ』は『V』なる新作の広告を見かけましたけれど…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年12月18日

High Free Spirits

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
CDも…
○High Free Spirits
○これでわかってよ!
○citrus【シトラス】(6)
○マナビヤゴラク(2)
○現代魔女の就職事情(3)
○セントールの悩み(14)
○ブレイブウィッチーズ 第502統合戦闘航空団(1)
○コミック版 BanG Dream! バンドリ(1)
○Bang Dream! よんこま ばんどりっ!!(1)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは以前観ている『はいふり』のオープニング…今更の購入ですけれど、ただとてもよい曲でしたので購入をしたのでした。
アニメの主題歌には惹かれるものが多いのですけれど、CD購入をするほどに惹かれるものとなるとどうでしょうか、以前観ている『ゆゆ式』や以前観ている『ハナヤマタ』あたりなどかなり限られてきます?(『ハナヤマタ』はアルバムで出てくださったのでありがたいところです)
以前観ている『シンデレラガールズ』については、いずれ以前劇場版を観ている『けいおん!』や以前劇場版を観ている『ラブライブ!』の様にいずれアルバムが出てくださるのではと期待して何もしていないのですけれど、ダメっぽい…です?(何)

コミックのほう、『これでわかってよ!』『シトラス』はおなじみとなる百合姫コミックスとなり、後者は過去に既刊を読んでいることもあり購入をしたということになります。

『マナビヤゴラク』から『セントールの悩み』までは過去に既刊を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
『マナビヤゴラク』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、『ブレイブウィッチーズ』は気になるシリーズの作品ということで購入をしてみました。
下2冊は何となくよさそう、というより前者の漫画担当のかたが以前読んでいる『少女惑星』を描かれたカシマミ…柏原麻実さまでしたこともあり購入し、後者はそれと同じシリーズの作品でしたことから一緒に購入をしたのでした。

『ブレイブウィッチーズ』は今期放送アニメのコミカライズ版なのですけれど、帯などによると『バンドリ』は来期放送予定のアニメのコミカライズ版らしく、さらにいえば『シトラス』『セントールの悩み』もアニメ化企画が進行中と書かれており、アニメ関係のものが結構多めの印象です?
ともあれ特に気になるもの…『これでわかってよ!』『ブレイブウィッチーズ』『バンドリ』あたりを最優先にして読んでいきます?

その『バンドリ』など来期に放送される予定のアニメが徐々に見えはじめてきました?
私が把握している限りでは現状来期はその『バンドリ』の他、以前原作を読んでいるきらら系な『うらら迷路帖』、それに以前原作を読んでいる『南鎌倉高校女子自転車部』に以前原作を読んでいる『ガヴリールドロップアウト』に以前原作を読んでいる『小林さんちのメイドラゴン』があるっぽいです?
今のところDVD購入確定なのは『うらら迷路帖』だけとなっており、あと1作品くらいは購入してもよいかもとは考えていますけれど、もちろんまだ把握していないものでとてもよいものがあるかもしれず、しばらくは様子を見たりとっても大好きなあのかたからのお話をお待ちしたりしてみます?(何)
…もしも『うらら迷路帖』以外で現状何か1つだけ選ぶとすると、コミカライズ版未読で未知数な『バンドリ』を置いておくと…『ガヴリールドロップアウト』でしょうか?


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
少し似ている気も…?
…こちらは『シンデレラガールズ』から神崎蘭子さんのフィギュアと『艦これ』から鹿島さんなねんどろいどとなります。
蘭子さんについては以前にも購入していますけれど、今回は別仕様…上で触れたアニメにおける単体ユニット仕様なものとなっています。
鹿島さんについてはちょうど今の時期で限定イラストが実装されているクリスマスver.にすることも可能でしたりします。
…蘭子さんと鹿島さん、髪の色や髪形の印象がかなり近しいかたがたが偶然か同時に届き…?


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、41cm連装砲、九一式徹甲弾、失敗となり、相当よい結果を得られました。
大型艦建造最低値は金剛さんデース!

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からあらぬ方向行きとされ不穏な空気…その空気通りにボス前まで直行できたかと思えばそのまま南下させられるという事象も発生し残念…。
最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア3回うちボス前での南下1回となり、よくはない結果となりました。
損害について、プリンツ・オイゲンさん小破ローマさん金剛さんが小破近い損害を被り大きめ…特にプリンツ・オイゲンさんはなぜか最近連日の様に大損害を被ってしまい、またローマさんははじめの分岐で北上させられた先の無意味な初戦での大損害となり非常に残念…。

また、昨日は空母3撃沈任務も発動していたのですけれどボス到達4回時点でヲ級さん編成が0回でしたのでそのタイミングで潜水艦隊を2-3へ派遣、はじめの出撃は北上しての輸送船エリア行きとなり空母2を撃沈、2回めの出撃はボス行きとなり空母1軽巡2複縦陣編成と遭遇させられ軽巡1の撃沈に失敗するものの大きな損害は受けず南西諸島任務と空母撃沈任務を同時に達成できました。

昨日でろ号作戦が完了し1-5への3回出撃任務が出現しましたけれど、もう今日3回一気に実施すればよいかな、ということで昨日は実施せず…。
いえ、5-3でのレベル上げで6回連続を含め北行き率が異常に高くなってしまいげんなりさせられてしまって…しかも長距離練習航海での高速修復材持ち戻りが(また)何と0という踏んだり蹴ったりな状況で気力が…。
…眠そうな羅針盤の妖精さんが出てきた場合、概ね悪い方向へ吹き飛ばされてるのですが、偶然なのでしょうか…彼女が出てきた瞬間にため息をついてしまうほどになってしまったのですが…。

48時間もかかってしまう遠征を実施する任務について、以前1回遠征を実施したところ任務が50%以上達成状態にしかならず複数回実施しなければならないと考え、けれどその様な長時間遠征など何回も連続で出したくないので来週に回そうと思っていたわけですけれど、先日の日誌に寄せられたコメントによると海外艦との接触なる2時間の遠征も実施することにより任務が達成するといいます。
その様なもの、任務の説明文にどこにも書かれておらず教えていただけなければ永遠に達成できなかったかと思われますけれど、ともかくそれに遠征を出してそして今朝がたその遠征艦隊が無事帰還、任務が達成となりました。
それにより新型航空機設計図が得られたのですけれど…何とまた別の任務として同じ48時間遠征を要求してくる任務が出現、結局また送ることが確定、これは前回同様に30回遠征任務が完了してから実施することにします…(すでに50%以上達成マークがついていましたけれども…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年12月13日

ふたりで観ると、映画はもっと楽しい。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(13)
○邪神ちゃんドロップキック(7)
○アイドルマスター ミリオンライブ!(5)
○なぎさ食堂(3)
○NKJK(2)
○サポルト! 木更津女子サポ応援記(2)
○悪魔のリドル(5)
○小林さんちのメイドラゴン(5)
○ラストピア(1)
○私と彼女のお泊り映画(1)
○柚子森さん(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『舞鶴鎮守府編』から『メイドラゴン』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ミリオンライブ!』『なぎさ食堂』『NKJK』『悪魔のリドル』はこの巻で完結となる模様です。
また、『ミリオンライブ!』は特別版ということで画集とCDがついてきました。

『ラストピア』はおなじみとなっておりますまんがタイムきららコミックス…こちらは実は先月末発売分でして、それは以前購入した際にはちょっと怪しい気配を感じたので購入を回避していたからなのですけれど、そこに寄せられたコメントによるとどうも大丈夫そうでしたので今回改めて購入をしたのでした。

下2冊は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『私と彼女のお泊り映画』の帯から取ってみました。

今回は既刊を読んでいる作品に気になるものがとても多く、また上で触れた先月末に購入をしたたくさんの作品も1日に2冊ずつ読んだりすることにより幸いほとんど読めていますので、今回購入をしたものを最優先にして読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、20cm連装砲、33号対水上電探、天山となり、何ともいえない結果…小型な対水上電探は一番性能が低いものがほしいのです(改修資材として)
大型艦建造最低値は鈴谷さん…。
…演習なのですけれど、翔鶴さんが航空戦時に謎のジェット機を発進させてきてしまい、それを含め航空戦が2回発生してしまったのですが…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…けれどこの数日ずっとこうされている気がするのですけれど昨日もまた無意味にボスへ直行させられた上にヲ級さん編成にされてしまい航空戦で球磨さん大破の上、夜戦を挑もうと思ったらエラー発生であ号作戦にすら寄与しないという、はじめのはじめからいきなりどうしようもないほどの最低最悪の展開を繰り広げられてしまいました。
2回めの出撃、はじめの分岐で北上させられた上にまた無意味にボスへ進まされ、通商破壊艦隊は連日のその任を何ら為すことなく任務に完全失敗という無残さを見せつけます…。
月曜日からこの様な展開となりもう早々にうんざりしてしまいますけれど、仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、はじめの分岐で北上させられさらには高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃もまたはじめの分岐で北上させられつつも輸送船エリアへ到達、輸送船4編成に遭遇し任務達成…もっとも昨日は輸送船5撃沈任務も発動していましたのでどの様な編成と遭遇しても任務達成になっていたのですが…。
…何なのですこの数日の輸送船任務の難航ぶりは…どうしてはじめからこうも人の心を折ろうとするのです…?

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活してしまいましたので、2-3への潜水艦隊派遣も実施しい号作戦を同時に進めます。
こちらは南西諸島任務終了までに2回出撃し2回ボスへ到達、空母1編成1回と2編成1回となりい号作戦への寄与はやや微妙です。

さらにい号作戦を進めるべく、南西諸島任務用艦隊のうちの1つを2-1へ派遣してみる、という試みも実施してみました。
こちらは意外なことにはじめの出撃でボスへ到達したのですけれど、ル級さんが旗艦であり秋月さんを中破させられてしまいます…そして出撃はこの1回で終了となり、い号作戦に有効なのかどうかはちょっと判断つきかねます…確実に空母2を撃沈はできますけれど…?

一方の2-2は2連続でボスへ直行、上の2海域とあわせて4連続でボスへ進めていたのですけれど、その次の出撃はまたボス前まで直行できながらそこから南下させられ変則ストレートならず…しかもル級さんにより長良さんを大破させられます。
最終的にはボス到達3回までにボス2回輸送船1回となり、結局2-3でも輸送船エリア行きがなかったためここでの輸送船1が唯一となりそれがなければ輸送船5撃沈任務は達成できませんでしたので、最低出撃回数で目的を達成できたという意味では相当順調な結果といえ、またヲ級さん編成は1となりい号作戦にも多少寄与しました。
ただ、輸送船任務からここまでの一連の出撃での損害は大破2中破1をはじめかなり大きく、こちらは大荒れと表現して問題ない非常に残念な結果となってしまいました。

まだまだい号作戦達成には足りませんので、1-4への機動部隊派遣を実施していきます。
どうにも昨日は損害を抑えることができない様子で、この様な場所でもレベル96の木曾さんを小破させられたりとどうしようもない展開となってしまいます。
南西諸島任務では大人しかった羅針盤さんも、輸送船任務のときの様に当然の如くここでも牙をむいてきてしまいはじめの分岐で3連続で南下→あらぬ場所行きをされてしまいげんなり…何なのですこれ…。
最終的にはい号作戦達成までにボス到達3回うち軽空母戦を挟むこと1回に対しはじめの分岐での南下3回うちあらぬ方向行き3回となり、はじめの分岐での南下率の高い悪い結果となってしまい、損害もいうまでもなく…。

最後は延々1-5へ艦隊を出撃させあ号作戦達成を目指しますけれど、何と那珂さんがレベル60という他の皆さんからすると相当な低いレベルの時点で先制対潜攻撃に必要な条件を満たせることが判明…ですので彼女を入れて周回を繰り返します。
こちらは出撃15回で既定のボス到達回数に達し、それまでに鳳翔さん大破1回、五月雨さん中破1回、神通さんと那珂さん小破1回ずつとなり、他の海域での大荒れっぷりと比較するとかなり落ち着いた結果となりました。
また、ここで千歳さんがドロップしたことにより任務に必要でした12cm連装高角砲を揃えることができ、家具職人を得られました。
…それにしても那珂さんのMVP台詞はやはり世界観を解らなくしてきます(何)

昨日は任務は達成できたものの、南西諸島任務を例外としてやはり羅針盤さんが敵に回った上に損害が異様といえるほど大きくなってしまい、しかもそれに対し長距離練習航海での高速修復材持ち戻りが何と0という悲惨極まる展開となってしまい、どうにも昨日はこのあたりに強烈な悪意を感じずにはいられませんでしたかも…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年11月19日

もうパンの耳は卒業しますわ

先日はこの様なものが届いたり購入したりしました。
-----
DVDも…
○三者三葉(6)
○カワイイとサヨナラ、
○ふたごはん 〜ふたりでゆる楽 しあわせレシピ〜
-----
…一番上はDVD、その他はコミックとなります。

届いたDVDは一連で予約をしていたアニメDVDとなります。
こちらはこの巻で最終巻…そのこともあり、また下で触れるドラマCDを聴いたこともあり、こちらは今日にでも観て最終的な感想を書こうと思います。
…今日の日誌のタイトルはこちらの第12話のタイトルから取ってみました。

購入をしたコミックのほう、前者は百合姫コミックスであることもあり購入をしたものとなります…帯に以前読んでいる『あの娘にキスと白百合を』などを描かれた缶乃さまの推薦文がありましたけれど、確かこのかたと今回の単行本のかたは同じサークルのかたがたでしたはず…(【ハイパーケトルイエスタデイ】?)
後者は何となくよさそうに感じられ、また以前読みました『てとらポット』などを描かれたかたということもあり購入をしたものとなります。

コミックについてはまだ未読で気になるものも残っているのですけれど、ただ今回購入した2冊はどちらもそれ以上に気になりますので最優先で読んでいこうと思います。


また、その様な先日はこの様なものも届いていました。
青葉さん
…こちらは先日にはカレンダーも届いた『NEW GAME!』から主人公の涼風青葉さんのフィギュアとなります。
以前にはねんどろいどの彼女が届いていたりもして…?


その様な先日は上で触れたカレンダーとともに届いた『FLOWERS』秋編の付属ドラマCDの2枚めを聴いてみました。
こちらは『怪談夜話・其の伍』ということで、ドラマCDではもうすっかりおなじみとなった怪談なお話となっています。
1枚め同様に千鳥さんとえりかさん、林檎さんと苺さんの4人が出演し、林檎さんと苺さんが怪談を語っていくのですけれど…これは相当怖いお話…。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装砲、15cm3連装副砲、12mm単装機銃、失敗となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうなのですけれど、昨日はメンテナンスがありそれが長めでしたこともあり、日々の任務は朝に実施…まずは輸送船3撃沈任務のために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、例によってル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられますけれど、昨日は輸送船5撃沈任務も発動してたため2のみの撃沈で3撃沈任務は達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施…するのですけれど、2回めの出撃ではやくもエラー発生という最悪の事象を発生させられてしまいます。
その出撃も含めはじめの分岐での北上が多めに推移してしまうものの、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回エラー発生1回輸送船エリアへはボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、エラー発生や高速建造材という完全無意味な場所行きがありましたので明らかによくない結果ですけれども輸送船5撃沈任務は最低限の輸送船エリア行きで達成となったりと大荒れというほどでもありません。
ただ、やはりイベント開始へ向け、エラー発生という事象が発生したという事実はかなり気がかり…。

そして夜はメンテナンス終了を待つばかり…だったのですけれど、何とメンテナンス終了時間が延長…。
前回の夏のイベントがそれほど延長なしではじまった記憶がありましたので油断していましたけれど、そういえばその前の春のイベントは結局翌日の午前3時くらいまで延長していたのでした…。
告知では23:20とされていましたので、何とかそれまで待ってみることにしてみました…最終的に開始できたのは23:50という非常に厳しい時間となってしまいましたので、昨日はそのまま演習だけをして終了、ということに…。

ですのでイベントへの参加は結局今日から、ということになってしまいました…ただ南西諸島任務を朝のうちに終わらせたのは正解、とはいえそうです。
運営電文によると海域その3を突破するとコマンダント・テスト(?)なる聞いたことのない海外のかたが、その5を突破するとアメリカ空母のサラトガさんが突破特典として得られるほか、海域その2と3では山風さんが得られる可能性があるといいます(3人ということはないと思いますし、まだ新しいかたがいるかも…あと私の艦隊の場合酒匂さん…)
もちろん私の目標は得られるかたを全て得る、ですので海域突破は難易度を早々に丙にしてでもさくさく終えて新しいかたを求める旅を実施したいですからどんどん進めてみましょう。
…海域その1はいきなり私が苦手とする輸送作戦からになっています…はじめから難易度丙にしてしまおう、かな…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年10月28日

今は届かない夢も明日こそは届くと信じたい!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
やや多め…
○桜Trick(7)
○廃校ドールズ(2)
○へんてこバスと飴玉くるり(2)
○まちカドまぞく(2)
○ステラのまほう(4)
○しましまライオン(1)
○ひなまるすまいる(1)
○すくりぞ!(1)
○このはな綺譚(4)
○アイドルマスター ミリオンライブ! バックステージ(2)
○アイドルマスター ミリオンライブ! コミックアンソロジー(3)
○シンデレラガールズ劇場(5)
○ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(7)
○パンでPeace!(3)
○ちゅうふれ。(2)
○魔法少女リリカルなのはViVid(17)
○ヴァルキリードライヴ マーメイド(2)
○三ツ星カラーズ(3)
○制服のヴァンピレスロード(2)
○てーきゅう(12)
○ハイスクール・フリート ローレライの乙女たち(1)
○かなえるLoveSick(1)
○ななつぼしティータイム
○龍宮寺さん家の悪魔ちゃん
○魔法少女の親友(1)
○JK小説家っぽい!(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『桜Trick』から『すくりぞ!』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『桜Trick』から『ステラのまほう』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたもの…『廃校ドールズ』『へんてこバス』はこの巻で最終巻となる模様です。
『しましまライオン』から『すくりぞ!』までは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『このはな綺譚』から『てーきゅう』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ちゅうふれ。』『ヴァルキリードライヴ』はこの巻で最終巻となる模様です。
『バックステージ』は特装版ということで小冊子がついてきました。

その他の作品群、『ハイスクール・フリート』は現在DVDを購入しているアニメのコミカライズ版ということで購入をしました。
『かなえるLoveSick』は作者のかたが気になったことから…『桜Trick』とおなじかたということで購入をしました(作者さまで購入、というのは非常に危険な行為なのですけれど、このかたは大丈夫そうに感じられて…?)
その他の作品群は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。
…今日の日誌のタイトルは『ななつぼしティータイム』の帯から取ってみました。

今回はちょっと数が多くやや収拾がつかない状態になってきてしまい、現状でも未読な作品が増加傾向にある中でさらにこれだけ増えては、可能な限り1日に2冊読まないとどんどん未読な作品が溜まる一方になります…以前しているアサミーナさんとかなさまの放送を見れば解る通り来月も同様の傾向になりそうですからなおさらです。
とりあえず作者のかたが同じ『桜Trick』と『かなえるLoveSick』は一緒に読むとして、他のものたちも現在未読な作品群を含め何か繋がりを少しでも感じるものを中心に一緒に読んでいけるものはそうする方向で動きましょう。
まずはきらら系や『このはな綺譚』などから最優先にして読んでいきましょう。
…ただ、今日は今日で同人誌が色々届きそうですので、コミックを読むのは明日からということになりそうですが(何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、46cm3連装砲、25mm連装機銃、九六式艦戦となり、改修に必要な46cm3連装砲が出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…輸送船エリアへ直行でき、けれどもう何だか毎回の、いつものことになってきていてげんなりさせられる、ル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ三隈さん中破のうえ任務失敗…。
2回めの出撃も輸送船エリアへ直行、また大外れ編成と遭遇させられるもののその様なことに関わりなく任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、はじめの出撃でボスへ直行でき幸先がよいと感じたのも束の間、2回めの出撃ではやくもボス前での南下を惹起させられしかもそこでローマさんが12もの損害を被ります…やる気のない羅針盤の妖精さんが出てくるとおかしな場所へ吹き飛ばされる率が高い印象があり、彼女を見ただけで諦めの気持ちになります…。
さらにその後はあらぬ方向行きを連発させられ南西諸島任務用艦隊が1巡しボス到達は1回にとどまってしまい、以降もう何も期待せず無心で出撃を繰り返すことに…最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上8回輸送船エリア4回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所3回となり、はじめの分岐での北上率も高くまた高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされた回数も多い大荒れといってよい残念な結果となりました。
また、損害もひどく、特にビスマルクさんとローマさんとザラさんとアクィラさんといういずれも海外のかたがたが修理時間3時間以上の大損害を被ってしまいました。
その他、昨日は空母3撃沈任務が発動しており、ボス到達4回時点でヲ級さん編成は1回のみの出現でしたのでその時点で潜水艦隊を1回2-3へ派遣、南下しての輸送船エリア行きとなりました…ただ、こうしたときの常として、2-2でのボス到達5回めはヲ級さん編成だったわけですが…。

運営電文によると次のメンテナンスは一週間後、秋刀魚イベントはそこで終わるといいます…とっても大好きなあのかたも順調に集められていると願いたいものです。
また、そこで鬼怒さんの改二仕様も登場するということで、楽しみ…鬼怒さんと比叡さんは足して2で割ればすみれさんになるかと思いますし(何)
…アーケード版のイベントもはじまったみたいですけれど…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年10月19日

言えなくて、キス

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○茜色のキスは屋上で
○恋愛ログ
○ジャックポットに微笑んで
○悪夢の楽園
○課金済ガールフレンド
○ハルユリ(2)
○ウリとツメ(2)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『茜色のキスは屋上で』から『課金済ガールフレンド』まではおなじみとなる百合姫コミックスとなります。
今回は全て単体作品になる模様…今日の日誌のタイトルは『茜色のキスは屋上で』の帯から取ってみました。

『ハルユリ』と『ウリとツメ』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ハルユリ』はこの巻で完結となる模様です。
…『てーきゅう』が17日に出ていたらしいながら、帰ってきてからはじめてその事実を知りました…まぁ、あの作品は次の機会で全然問題ないでしょう(何)

今回百合姫コミックスを発売日に購入してきましたけれど、実のところ先日購入したものたちの中でまだ未読なものの中から気になっている作品がまだいくつか…『おはよーございますっ!』『ごにんばやし』あたりが気になってしまっています。
ですので、百合姫コミックスの中から特に気になる上4つあたりとその2冊の合計6冊の中から気分で選んで読んでいき、その他のものはその後で、という感じで…まぁ、コミックが逃げるわけではありませんし、いいですよね、ね…。
…それにしても、大判サイズでない百合姫コミックスの顔に見えるレーベルマーク、見ていて何とも言えず気持ち悪いと感じるのは私だけです?(何)


『艦隊これくしょん』の開発は九三式ソナー、4連装魚雷、20cm連装砲、天山となり、四式ソナー改修に必要な九三式ソナーが出ましたので悪くありません。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈の任務を実施するために2-2へ通商破壊艦隊を送りはじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船4ル級さんなしの当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、はじめの出撃から連続でボス前まで直行できながら当然の様にそこから南下させられせっかくの好機を完全に潰し早々にげんなり…以降もう何も期待せず無心で出撃を繰り返します。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアへは全てボス前での南下の3回となり、ボス前での南下が抑えられなかったもののはじめの分岐での北上は少なめ、そしてそこからのあらぬ方向行きは抑えられましたので悪くはありません。
損害はリベッチオさん大破などやや大きめ…。


『世界樹の迷宮5』は全員を引退させかつレベル1へ戻しましたので、2周めを実施します…終盤のことを思うと、難易度はやはり簡単なほうにします(随時変えられるのですが…)
2周めに入るにあたり、まず1周めのセーブデータから何を引き継ぐかを、パーティメンバーや所持アイテムにお金、図鑑登録状況、そして地図と結構細かく指定できます…パーティメンバーについては、レベル上限開放も引き継がれる模様です(開放を示す星印が残っていますので)
今作の楽しさの一つは地図製作にありますから、それがはじめから完成しているのはどうかということで、地図のみは初期状態へ戻し、他のものは全て引き継いだ状態で開始をすることにします。

すると…評議会での図鑑報告、モンスターとアイテムで延々報告が続き一気に達成となってしまいました。
いずれも星喰とそれが落とすと思われるアイテム欄のみ埋まっていないのが残念なところ…それらも埋まっていたらさらに何かもらえたりしたのでしょうか…。

レベルを1にしたとはいえ装備が最強状態ですのでさくさく進みます…マップ上に姿の見える敵(F.O.Eというのでしたね…以降こう表記しましょう)も赤表示でもあっさり倒せてしまいます。
それでも地図を作り、ところどころで冒険に関するイベントが発生するのは、それにかなりイメージ通りで再現できているあさかなやすみりお、ティナさんで冒険をするのは、例え2周めでも楽しく、1周めのつもりでののんびり、イベントなども楽しんで進めていきましょう。
…初登場時のリリさん、顔色が顔色ですので相当胡散臭い雰囲気をまとっている様な…何か裏がある様に感じてしまいかねませんが、彼女は本当に純粋にとてもいい子なのでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年10月14日

動物女子の楽園 アニマリウムへようこそ!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○はるかなレシーブ(2)
○なでしこドレミソラ(1)
○スケッチブック(12)
○まめコーデ(1)
○ごにんばやし(1)
○おはよーございますっ!(1)
○DNAは教えてくれない(1)
○のーどうでいず(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『はるかなレシーブ』と『なでしこドレミソラ』はおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
『はるかな』は過去に既刊を読んでいることから、『ドレミソラ』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

『スケッチブック』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品は全て何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『DNAは教えてくれない』の帯から取ってみました。

今回は第1巻の未知数な作品が多いですけれど、まずは何を差し置いても『スケッチブック』を最優先で、あとは『はるかな』から以前購入をしていてまだ未読なものを交え気になるものから読んでみましょう…どんどん未読作品が溜まっていってしまい、今後の様子を見るとこれは解消されるどころかどんどんひどくなっていきそう…(何)
…『ごにんばやし』と『なでしこドレミソラ』の2作品がかなり重なる点が多いっぽい…どちらも和楽器系の作品となっている様子ですので、一緒に読んでみます、か?


『艦隊これくしょん』の開発は零戦52型、12cm連装高角砲、12cm単装砲、瑞雲となり、改修で必要な零戦52型が出ましたので悪くありません。

戦いのほう、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を行うために2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれどル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…本当に、この編成を見るとげんなりさせられます…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在しつつ任務は達成しました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの分岐での北上を連発させられしまいには高速建造材という完全無意味な場所へ連続で吹き飛ばされ、さらにはようやくボス前へ直行したかと思えばそこから当然の様に南下させられ特に南西諸島任務用艦隊の2巡めはボス到達1回となってしまい、以降もう何も気にせず、期待せず出撃を繰り返します。
終盤は何とか連続でボスへ直行しましたが、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上8回輸送船エリア6回うちボス前での南下1回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、はじめの分岐での北上、それにあわせてそこからのあらぬ方向行きを連発させられ大荒れと表現してよい残念な結果となりました。
損害もレベル97のザラさんが中破させられるなど大きくやはり残念…。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動していましたけれど、ヲ級さん編成が3回出現しそちらは問題なく達成となりました。

5-3でのレベル上げも実施しましたけれど、分岐を北上させられたのではなく普通に潜水艦へ進んだのに大破3中破1という意味不明なほどの大損害を被り…それでもB判定勝利とはなりましたが…。


『世界樹の迷宮5』はお金を貯めるべく採取の連続…やはりこれで相応のお金が貯まり、(高額武器のないかなさま以外の)全員分の高額武器を購入することができました。
現在のレベルは93ですので、明らかにお金のほうがはやく貯まってしまいます。

30階にある3つ固まっての採取地点では連続で「!!ああっと!!」を受ける悲劇が発生…それでもここまでのレベルと装備になってくるとある程度安定して戦える様にはなっており、マップ上に姿の見える敵とも普通に戦えます。
そして何と25階にいたいわゆるラスボスに相当するはずのドラゴンまで復活していましたので試しに戦ってみたところ、4ターンで撃破…ただこの敵はレアアイテムは持っておらずまた落とすアイテムもよいものではありませんので、戦う意味はないのですが…。
ドリアードも復活しており、こちらはレアアイテムを得るために戦わなければならないのですけれど、八つ当たりにより1ターンでこちらが壊滅…この様な敵をどうやって倒したのでしょうか、と疑問になってしまったりし…。
そう思ったら次の挑戦では早々にお相手が麻痺したためかわずか3ターンで終了、レアアイテムを得るためのアイテムを使う間もありませんでした…ですので三度挑戦、今度も麻痺が効きそして今度こそはアイテムを使用しレアアイテムを得られ、そのレアアイテムからはかなさま用の高額防具が作れる模様です。
ドリアードは普通に落とす素材からもよい防具が作れ、そして展開が向けばこの様にあっさり勝てたりもしますので、また復活したら倒しておきたいところです?
…これであとはオリファント、ドラゴンゾンビ、ラミアのみ…いずれもぎりぎりで勝利できた相手ですけれど、果たして…そもそもドリアードも含めそれらとは6人で戦ったのですけれど今回はソロルさんもジュネッタさんもギルド長もメリーナさんもおらず、その分手数が減ってしまうのですよね…(その分こちらのレベルや装備が上がっている、というところでバランスを取っているのでしょうか…ソロルさんやリリさんを自由にパーティに入れられる様になればいいのに…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年09月24日

葛藤、決意、いつかの記憶。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
『のんのんびより』は見送り…
○あの娘にキスと白百合を(5)
○ガールズ&パンツァー リボンの武者(5)
○紫電改のマキ(7)
○ひまわりさん(7)
○ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941
-----
…今回は全てコミックになります。

一番下の作品以外のものは全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『のんのんびより』については限定版があるはずなのですが通常版しかなかったので今回は見送り…月末に別の場所を見てそれでも通常版しかなければその際はそちらにしておきます?
今日の日誌のタイトルは『あの娘にキスと白百合を』の帯から取ってみました。

一番下の作品は好きなシリーズのコミカライズ版ということで購入をしたものとなります。

今回購入したものは本来月末にきらら系な作品などと一緒に購入をしてくる予定だったのですけれど、月末はかなりコミックの数が多くなりそうで、また以前購入をしているものでまだ未読なものにはこれといったものは残っていませんので、今回思い切って先行で購入をしてきたのでした。
ですのでその月末のきらら系などの作品を購入するまでは、今回購入をしたものを優先して読んでいこうと思います。

と、来期のアニメについて、とっても大好きなあのかたのお話では以前原作を読んでいて以前観ている『魔法少女なんてもういいですから。』の第2期があるとのことで、これは楽しみ…もちろんDVDは購入します。
その他『ViVid Strike!』なる謎のスピンオフや『ブレイブウィッチーズ』なる以前OVAを観ている『スト魔女』のスピンオフといたスピンオフ作品もいずれも来期ということで、前者はちょっと様子見ながら後者は購入をしましょう。
今のところはこのくらいですけれど、あのかたのお話ではどうも他にも何かありそうな気配が見られ、それは実際に来期になってから改めて様子をうかがうということに、でしょうか…?


『艦隊これくしょん』は浦波さんがレベル30で改仕様になれました…水無月さんがレベル20で改仕様になれたのは特別でしたみたいですけれど、30でしたらまだ…?
近代化改修が終わったら、1-5への出撃任務に挑戦してみます、か?

開発は失敗、15cm3連装砲、15cm単装砲、瑞雲となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は扶桑さん…これを繰り返していると弾薬が全く貯まりませんので、秋刀魚イベントや秋のイベントへ向けて10月からは控えることにします、か?

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、けれどはじめの出撃からいきなり2回連続で高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされたかと思えば次はボス前へ直行しながらそこから連続での南下と、先日とは一転し大荒れ模様となってしまいます。
そこからは3回連続でボスへ進め多少持ち直し、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上3回輸送船エリアへは全てボス前での南下の3回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、よくはない結果ながら大荒れとはならず一安心…。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動しており、ヲ級さん編成が2回出現したためそちらも達成となりました。


『世界樹の迷宮5』は12階にあるという過去の勇者が残した装備の探索を実施…ここにはマップ上に姿の出現する敵がどんどん沸いてきて、日光を当てれば消滅はするのですけれどでもなかなか回避の難しい場所もあります。
ですので戦う局面も出てきて、倒せることは倒せるのですけれど、麻痺が効かなければ厳しい…逆に麻痺が効けば2体同時にお相手しても勝てます。
…昨日は3回ほど麻痺が効かずに戦闘不能になってやり直しになりましたのでやや時間が…いえ、一人でも戦闘不能になったらやり直し、ということにしていますので…?

調子に乗ってそのまま上の階へ進んでみると、通路をすり抜けて移動する幽霊がおり、折り悪い場所で通常戦闘となってしまい戦闘の途中でその幽霊が乱入してきてしまいました。
幸い倒せたのでよかったのですけれど、その幽霊が落とす布がローブやナックルなどかなりの武器防具の素材となる模様ですので、その階の探索が一段落したらそれを集めることになりそうです。

戻ってくると新たなクエストが発動していましたのでそれを受けたのですけれど、ゴーストという魔物と戦うと憑依という敵の技のせいか相手を倒すとこちらも戦闘不能にされてしまいます…。
いくら何でも何も打つ手がないはずはない、ということで色々試してみたところ、毒のダメージで倒すとその一種のカウンターの様な大損害は被らないことが判明…倒した後で図鑑を見てみると憑依される前に頭を封印すれば、と書かれているのですが相手のほうが素早く先手を打たれるので、現状毒で倒すしかなさそうです?

…その様なこのシリーズ、あのかたのお話では相当難しいとのこと…確かにプレイをしていて、以前最新作をしている『七竜』や以前最新作をしている『ととモノ。』などよりも数段上の難しさを感じます。
特に10階を越えるとかなり考えて戦わないと難しくなってきた様子で、もっと上になるとどうなるのか…。
そうはいっても今作は難易度選択ができて私は低いほうでしていますし、またアサミーナさんたちの再現度はかなりよい感じでその魅力で十二分に頑張れますので引き続き何とかやっていきましょう。
…私が過去にプレイしたRPG系ゲームで一番難しいと感じた作品は何なのでしょう、数値上では以前している『ヴィオラート』と以前している『エリー』と以前している『P3P』あたりになっていますけれど、前者2つは期限ありが厳しいという意味が強いですし、後者はおまけ的なボスが強いだけでクリアするだけならむしろ簡単ですし…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年07月28日

恋心つなぎっ♪

以前クリアしている『りりくる』について、昨日は彩愛さんのお誕生日でしたことから、以前の伊吹さんのお誕生日の日同様にゲームを起動すると彼女のお誕生日イベントが発動しました。
その『りりくる』、ゲームはすでにクリアしているのですけれども、何だかまだこの作品が大好きという気持ちが収まらず、PCの壁紙もこちらにしてしまっていますし、最近はこの作品のボーカルCDばかり聴いているかも…本当に何もかもよい作品だと思いますので、明るく楽しい百合作品がお好きなかたでしたら非常にお勧めです、よ?
…今日の日誌のタイトルはそのボーカル曲から彩愛さんと陽奈さんの曲から…。


その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○ごきチャ(5)
○NEW GAME!(4・5)
○〆切ごはん(3)
○ランキンガール(2)
○サクランボッチ(1)
○ペンにまします神サマの(1)
○はんどすたんど!(1)
○平成生まれ3
○艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(12)
○ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ(2)
○新米姉妹のふたりごはん(2)
○アンジュ・ヴィエルジュ cross†L.I.N.K.s
○ギャルとオタクはわかりあえない。(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『ごきチャ』から『平成生まれ3』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『ごきチャ』から『ランキンガール』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『ごきチャ』『ランキンガール』はこの巻で最終巻となる模様…また『NEW GAME!』第5巻は『THE SPINOFF!』というサブタイトルが付与されています。
『サクランボッチ』から『平成生まれ3』までは何となくよさそうに感じられたことから購入…とはいえ『平成生まれ3』はかなり特殊な立ち位置ですが…。

『艦これ』アンソロジーから『新米姉妹』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

下2冊は百合だと教えていただけたことから購入をしたものとなります。

今回は数が多く、事前に以前購入したものたちを先行で購入していなかったらますます収拾のつかないことになりそうでした。
でもその先日購入したものたちのうち『小百合さんの妹は天使』は結局ここへ至るまでに読むことができませんでしたので、まずはそちらを最優先で読もうと思います…それと一緒に同じく姉妹ものな『新米姉妹』を一緒に読んでみます?
あとは『艦これ』アンソロジーや『ごきチャ』『NEW GAME!』に今期アニメが放送されておりとっても大好きなあのかたにも期待できそうと教えていただけた『アンジュ・ヴィエルジュ』という作品のコミカライズ版などを優先して…?


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、15cm3連装砲、15cm単装砲、九九式艦爆となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれど本当にいつも通り、例によってル級さん+輸送船2という見ただけでげんなりする大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃もまたはじめの分岐で北上させられさらに無残にボスへ進まされ、通商破壊艦隊はその任を全うすることなく任務に失敗しました。
げんなりしましたので潜水艦隊を2-3へ派遣、けれどこちらも無残にボスへ進まされ任務失敗…昨日は空母3撃沈任務が発動していたのですけれど、ボス戦は空母1雷巡2軽巡1輪形陣の大外れ編成と遭遇させられ伊58さん大破伊401さん中破呂500さん小破という無残な大損害を受けてしまいます…。
2回めの出撃も無残にボスへ進まされ、ボス戦も空母1軽巡2複縦陣の外れ編成と遭遇させられ任務失敗の上に伊168さん大破…。
相当嫌になってきましたが、三度通商破壊艦隊を2-2へ派遣、またはじめの分岐で北上させられ4人が被弾し、それでも何とか輸送船エリアへ到達…またル級さんが存在し三隈さんと球磨さんが大破させられましたがともかく任務は達成となりました。
…あの、本当に、はじめの出撃で輸送船エリアへ到達できた際に高確率で大外れ編成と遭遇させられるの、やめてくださいませんか…?

引き続いて南西諸島制海権任務を、もう輸送船任務の時点で展開、損害ともに大荒れの様相でげんなりしつつも実施することに…こちらははじめの出撃でボスへ到達できしかも完全勝利となり、幸先のよい出だしを得られました。
ところがこちらもその後は迷走をはじめ、はじめの分岐で8回連続北上させられさらにあらぬ場所へ吹き飛ばされたりし、南西諸島任務用艦隊の3巡めはボス到達数0というもう無残で目を背けるしかない結果を得られ、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上10回輸送船エリア7回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所4回となり、ちょっと最近では見られないほどの極々控えめな表現をしても大荒れ以外の何物でもない、久しぶりにもう途中で全てを投げ出したくなる結果となりました…特に高速建造材という完全無意味な場所へ4回も吹き飛ばされたことが人の心を大いに折ってきてしまい、あのエリアを何とかしてください…。
また、はじめの分岐で北上させられ無意味に進まされた初戦での損害が続発したりと、修理に時間を要する戦艦が4人全員小破近くまでをはじめ出撃24人中21人が被弾という、こちらもここ最近では最悪のものとなってしまい、輸送船任務とあわせて本当にどうしようもない感じ…。
唯一の救いは、ボス到達4回めでヲ級さん編成が出現したためにそこで何とか空母3撃沈任務は達成された、ということくらいでしょうか…あと、多少進行に不安を覚えていたろ号作戦が50%以上達成になったことも、一応は…?
…輸送船任務で無意味に進まされた3回のボス到達を回数に含めさせてください、本当に…。

しかも、潜水艦撃沈任務も兼ねた5-3へのレベル上げな出撃も3回連続で北ルート行きという、昨日は羅針盤さんがことごとく敵に回ってしまう流れ…。
もう何もかも嫌になりましたので、日々節約している高速修復材を完全開放、湯水の如く使ってしまいました。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年07月17日

夏の思い出作ってみた。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
CDも…
○普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ミュージック・アルバム〜夏の思い出作ってみた。〜
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(3)
○立花館To Lieあんぐる(3)
○あとで姉妹ます。(1)
○従者の休日
○放課後にじげんめ!
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(8)
○セントールの悩み(13)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは以前OVAを観ている作品のキャラクターソングを収録したCDとなるでしょうか。
そのOVAの主題歌の他、奈々子さんのご友人のかたがたの歌う曲、というなかなか珍しいものもあったりして…?

コミックのほう、『2DK』から『放課後にじげんめ!』まではおなじみとなる百合姫コミックスということで購入をしました。
うち『2DK』『立花館』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

『艦これ』『セントール』はともに過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回は『あとで姉妹ます。』『従者の休日』『艦これ』がとても気になるところですのでこの3作品を最優先で読みましょう。
後の作品は過日購入している『ミリオンライブ!』など現在未読の他作品との兼ね合いになりますけれど、某1作品以外は優先度高めで読んでみます、か?(『放課後にじげんめ!』からはその某作品に似たにおいを感じますが…いえいえ、先入観や偏見はいけませんし、優先度高めで読んでみましょう/何)


また、その様な先日はこの様なものも届きました。
高雄さん
…こちらは『艦隊これくしょん』から重巡洋艦の高雄さんのフィギュアとなります。
高雄さんは重巡洋艦のかたがたの中では羽黒さんと並んで特に大好きなかた、特に高雄さんの場合は私の艦隊にはじめてきてくださった重巡洋艦のかたという意味でも特別な存在、ですので迷わず予約をしていたわけでした。
同型艦の愛宕さんのフィギュアもあり、そちらも注文しようかどうか迷ったのですけれど、お金や置く場所の問題もあり、そちらは見送りました…今回の高雄さんとセットという趣のデザインでしたのでかなり気になったのですが…。

これで現状予約しているフィギュアとしては、あとは『艦これ』からは夕立さんと瑞鶴さんと榛名さん、『シンデレラガールズ』から卯月さんと凛さんと未央さんにみくさん、あとは『七竜3』からティナさ…ルシェな女のかた、といったところになるはず、です?(記憶から漏れている人が存在するかも…)
ねんどろいどとして翔鶴さんと瑞鶴さんも予約しているはず、です?(お二人セットのものもあったのですが、それが出る前に予約してしまい単体でのお二人に…)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、3連装魚雷、7mm機銃、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、けれど例によってル級さん+輸送船2の大外れ編成と遭遇させられ任務失敗…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行でき、輸送船4の大当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。
…もう輸送船2の大外れ編成は嫌です…どこかに確実に輸送船3の撃沈ができる場所があればいいのに…。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃からいきなりボス前で南下させられ嫌な雰囲気…ただその時点でまだろ号作戦が完了していないという状態でしたので悪くはないといえばそうなのですが、ル級さんにより長波さんがいきなり大破、というげんなりする展開はどうにも…。
輸送船エリアのル級さんにはその後も大淀さん大井さん大破など異様に大損害を受ける結果となりため息…ボス戦ではヲ級さん編成が3回も出現し矢矧さん小破などここでも損害が多発、昨日はかなり損害の大きな結果となってしまい、ヲ級さん編成は空母撃沈任務が発生しているときだけでいいですって…。
南西諸島任務自体はボス到達5回までにはじめの分岐での北上1回輸送船エリアへはいずれもボス前で南下しての2回となり順調な結果…そして何と土曜日のこの時点でもろ号作戦が終了しないという、半年単位で記憶にない限りの遅い結果となってしまっています。
ろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務自体は以前ほどの恐怖がなくなり月曜日には28回連続で通ったくらいですので1日で3回終わらせるのに何の問題もないのですけれど、とにかく今日でろ号作戦を終わらせないと時間切れになりますので、今日は積極的に輸送船を撃沈しにいってでも完了しないといけません…と思ったのですけれど、下で触れる通り意外な場所で…?

江風さん改二仕様の近代化改修が雷装以外最大になったこともあり、4-1へ川内さんと時雨さんと江風さんの改二仕様+駆逐艦2+αによる艦隊で4-1へ、というものを実施してみることにしました。
駆逐艦2は旗艦の五月雨さんと照月さんとし、+αは空母がいないと不安ということで赤城さんを入れてみます。

そうして出撃した、多分海域突破以降一度もきたことのなかった気のする4-1、はじめの分岐は西進し初戦は金の軽巡1赤い軽巡2などとの水雷戦隊との戦いとなり大きな損害なく敵を全滅、その先の第2戦は対潜戦となり敵の全滅には失敗するものの損害なし、そこの分岐は…南下しボスへ進むことに成功しました。
ボス戦は金のリ級さんと赤い軽空母2などが出現、航空戦は制空権を確保し軽空母1と軽巡洋艦を撃沈、昼戦でリ級さん小破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
ドロップが…
一瞬どなたかと…
…一瞬どなたかと思ってしまいました(何/ですのでもちろん山城さんも水着仕様になっていました)
水着仕様といえばさらに風雲さんや沖波さんなどの他、昨年水着になっていたかたがたもまた水着になっているのですけれど…曙さんって焼き鳥食べていましたっけ?

これでこの任務は完了、給糧艦を得られました。
幸い1回の出撃で任務完了となりましたけれど、ただ…この海域、南下すると明らかにそのままあらぬ方向へ進まされそうな分岐が3つもあり、非常に厳しそうな雰囲気を醸し出しています。
1-3も妙に南に全てを吸い込む様なエリアがありましたけれど、まさにそれと同じ感じ…はじめの分岐で南下させられなくてよかったです。

そう、それはよかったのですけれど、何と新たに赤城さんを旗艦とし加賀さんを含む艦隊で4-5へ、なる恐ろしい…非常に厳しい任務が出現してしまいました。
レベル94の赤城さんはともかく、加賀さんはレベル41に過ぎず、またそもそもどの様な編成であれ4-5というのは(5-5を現在無視ししている)現状確実に一番厳しい海域で、ちょっと逡巡してしまいます…。
さらに今月はすでにゲージを破壊していますから、するとしても来月でいいかも…とは思ったものの、思い切って挑戦をしてみることにしました。
編成について、ボス戦の編成がゲージ破壊後ですとどの様な編成になっているのか全く解りませんので、ゲージ破壊直前の編成…つまり戦艦4+空母2で向かうこととし、赤城さんを旗艦に扶桑さんと山城さん、長門さんと陸奥さん、そして加賀さんとしました。

この編成ですのでルートは最短ルートを取り、その出撃、問題その1の夜戦は陸奥さんが中破しB判定勝利、問題その2の軽巡棲鬼さんたちボスとしか思えない編成な艦隊との第2戦はその陸奥さんが大破し終了、軽巡棲鬼さん小破その他撃沈としA判定勝利…。
せっかく夜戦を越えられたのに第2戦で中破したかたを集中攻撃されたのがあまりに痛いです…しかもその夜戦、赤城さんが旗艦ですので確実に敵が先制してきてしまいますので、より運に天を任せる要素が強くなってしまってさらにつらいです…(第2戦も夜戦を挑むと軽巡棲鬼さんが確実に先手を取ることもあり、敵残存1ながら昼戦で終了しました)

大破した陸奥さん以外は無傷、というある意味で悲しくなる結果でしたので2回めの出撃を敢行、問題その1の夜戦は長門さん扶桑さん加賀さん中破と大損害を受けつつA判定勝利、大破はなかったので一応先へ進み問題その2の第2戦は加賀さんが大破しB判定勝利終了…。

本来でしたらもうここで1日1回の挑戦にとどめようと思うところなのですけれど、この任務は非常に苦しく嫌な感じで、ですので一刻もはやく抹消しておきたい気持ちが勝り、突破できるまで挑み続けてみることに…。
その3回めの出撃、問題その1の夜戦は損害なくA判定勝利、問題その2の第2戦は長門さんが小破しつつA判定勝利とし、先へ進む権利を得ました。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手の編成は港湾棲姫さんに護衛要塞ル級さん改赤いネ級さんが1ずつに赤い輸送船2というはじめて見る気のする編成が出現、航空戦は制空権を確保しつつ護衛要塞1を撃沈、昼戦は扶桑さん中破に対し港湾棲姫さん混乱その他撃沈とし、夜戦を挑み陸奥さん小破に対し敵の全滅に成功しました。
…ここのボス戦で航空優勢ではなく制空権確保をできたのをはじめて見た気がします…いつもは確実に護衛要塞が2いるところが今回は1でしたからでしょうか。

これで何とかこの任務は完了、熟練搭乗員を得ました。
新たに出現する任務はなく一安心…ですが、ボス戦の輸送船2撃沈でろ号作戦が完了となりました。

ろ号作戦が完了したということで、つまり1-5への3回出撃任務が出現、昨日は上で触れた任務の連続で疲れたのですが、ただ1-5は以前に較べて負担がかなり軽くなっているということもあり、五月雨さんを旗艦に阿賀野さんと矢矧さんに鳳翔さんという先制攻撃3人の編成で一度だけ向かうことにしました…なお、月曜日に28回出撃し一度も攻撃することのなかった鳳翔さんには缶2つと彩雲を装備しておきました。
その皆さんの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利、ボス戦も完全勝利としました。

今日は1-5で2回勝利、といったところ…とはいえ、明日はその1-5でまた20回以上勝利をしなければなりませんから、それに較べると全然…?


『七竜3』の能力値upは全員どの職業になっても素早さは255になりましたので、ローテーションから素早さupのエージェントを除外することにしました。
ただ、エージェントは最速全体攻撃+不意打ち防止スキルを持っていますので、今までかならずパーティに加えており、この職業がいなくなることにより不意打ちを受けることがあったり、フロワロシードと他の敵がセットで出現した際にサムライの14回攻撃の前に確実に他の敵を倒すことができなくなったりと、戦闘がやや面倒に…後者はゴッドハンドがジャブを使えばよい、ともいえますが…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年07月13日

たった一度の青春だ!バカになっちゃえ!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
ゲームも…
○ハナヤマタ よさこいLIVE!
○ご注文はうさぎですか?? Wonderful Party!
○ようこそ幻界集落へ!(3)
○ゆるキャン△(2)
○篠崎さん気をオタしかに!(7)
○アイドルマスター ミリオンライブ!(4)
○マーメイド・ラヴァーズ(2)
○あまんちゅ!(10)
○Lガールズ -Love Girls-(1)
○サポルト! 木更津女子サポ応援記(1)
-----
…上2つはゲーム、その他はコミックとなります。

ゲームのほうは両方ともヴィータさんなものとなります。
どちらもきらら系を原作としアニメにもなった作品のゲーム化作品で、前々から気になっていたものを今回思い切って購入をしたわけでした。
ただ、ジャンルとしては前者は音ゲー込み、後者はよく解らなかったり…今のところ、購入しただけで満足してプレイはしない、かも?(何)
…本当はアサミーナさんたちを主人公にできる様な作品がないか探そうとしたのですけれど、どうもこれといって何もなさそうで…11月に以前第2作をしている『Fate/EXTRA』関連の新作が出ますのでそれに期待します、か?(本当に惹かれるゲームが見当たらなくってさみしい…やはりスマートフォンなゲームなどに飲み込まれてしまっているのでしょうか、さみしい…本当にさみしい…)

コミックのほう、『幻界集落』と『ゆるキャン△』はおなじみとなるまんがタイムきららコミックス…とはいえ両者とも4コマでも大判サイズでもないものとなり、いずれも過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『幻界集落』はこの巻で最終巻となる模様です。

『篠崎さん』から『あまんちゅ!』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『篠崎さん』の帯から取ってみました。

その他の作品群、『Lガールズ』は百合なアンソロジーということで購入…とはいえ、こちらは実質以前読んでいる『L』の続刊となる模様です。
『サポルト!』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

ということで、ゲームはともかく、コミックのほうは最優先で読みたい作品が『幻界集落』『篠崎さん』『ミリオンライブ!』『Lガールズ』とたくさんありますので、まずはこの4作品を最優先で読みたいものです。
…その4作品の優先順位はつけられませんので、やはり気分次第で、というところで…(何)


『艦隊これくしょん』の開発は10cm連装高角砲、12cm連装高角砲、32号対水上電探、九九式艦爆となり、電探の扱いは難しいところながら10cm連装高角砲が出ましたのでよい結果といえます。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ直行、ル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられます…が、昨日は輸送船5撃沈任務も同時に発動していましたので、2の撃沈のみで3撃沈任務は完了となったのでした。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、はじめの出撃からいきなりボス前まで直行できながらそこで南下、しかもル級さん+輸送船2の大外れ編成で加古さん衣笠さん大破、というもうげんなりする出だしとなってしまいました。
それでも最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上1回輸送船エリアはボス前で南下しての1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、ボス以外の場所へは2回しか飛ばされませんでしたので悪くない結果といえます。
ただ、損害は戦艦被弾2空母小破1などとやや大きめ…また、この調子ではろ号作戦が不安になります?

あとはのんびり5-3でレベル上げなのですけれど、最近2-2の羅針盤さんが比較的落ち着いているせいなのか、この5-3の羅針盤さんがおかしいことになってきてしまいました。
大鯨さんor明石さんという低速なかたを加えていますので分岐で潜水艦へ行く確率が高いはずなのですけれど、そこの分岐で北ルートに進まされる確率が50%になってしまっていて…つまり2回に1回はあらぬ方向へ進まされる、ということです。
ボスを倒したいときはそれでよいのでしょうけれど、私はあくまで潜水艦と戦いにきているだけですので、参ってしまいます…低速なかたがいれば確実に潜水艦へ行けばよいのに…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年06月28日

行き倒れたら施すのが友情、ともに行き倒れるのが愛情

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
きらら系など…
○キルミーベイベー(8)
○ゆゆ式(8)
○アイドル声優★上村とまり17歳(2)
○カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。-(1)
○ふたりでひとりぐらし、(1)
○となりの吸血鬼さん(2)
○ろんぐらいだぁす!(7)
○放課後のプレアデス(2)
○うさかめ(3)
○ハイスクール・フリート アンソロジーコミック
○しすたー・いん・らう!(1)
○イイタさんペイロード(1)
○カノジョと私の秘蜜の恋
○ゆたさんはままならない!
-----
…今回は全てコミックとなります。

『キルミー』から『ふたりでひとりぐらし、』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『キルミー』から『上村とまり』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『カラフル・マキアート!』『ふたりでひとりぐらし、』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『となりの吸血鬼さん』から『うさかめ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『放課後のプレアデス』はこの巻で完結となる模様です。

その他の作品たち、『はいふり』アンソロジーは気になる作品のアンソロジーということで、『しすたー・いん・らう!』は以前読んでいるその『はいふり』のコミカライズ版の巻末の広告で気になったことから、『イイタさんペイロード』は作者のかたが気になったこともあり、『カノジョと私の秘蜜の恋』は百合が期待できそうなことからそれぞれ購入をしました。
『ゆたさんはままならない!』は何となくよさそうに感じられたことから…というより、以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によると百合姫コミックスという扱いになっていた気がしたこともあり購入をしました(けれどどうも百合姫コミックスではない…百合的には普通によさそうな作品ですが)
…今日の日誌のタイトルは『イイタさんペイロード』の帯から取ってみました。

今回は数も多く、またよさそうで非常に気になる作品が多くてどれから読もうか非常に悩ましくなってしまいますけれども、まずは『キルミー』から読む、ここは間違いありません。
あとは『ゆゆ式』『カラフル・マキアート!』『となりの吸血鬼さん』『はいふり』アンソロジー、『しすたー・いん・らう!』『イイタさんペイロード』『カノジョと私の秘蜜の恋』『ゆたさんはままならない!』あたりから…ってやはり全然絞り込めませんし、気分で読んでいくしか…。


『艦隊これくしょん』の開発は7mm機銃、甲標的、4連装魚雷、失敗となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ直行できさらに輸送船4の大当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活、い号作戦遂行のために2-3への潜水艦隊派遣も同時に実施します。
2-2はいきなりはじめの出撃から2回連続でボス前で南下させられ前途の多難さを思わせる、月曜日から最悪の出だし…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上6回輸送船エリア4回うちボス前での南下2回となり、はじめの分岐での北上率が高めでよくも悪くもない結果、といったところに…ヲ級さん編成は1回で、い号作戦にわずかに寄与しました。
2-3への出撃は、南西諸島任務終了までには輸送船エリア1回といったところ…。

さらに引き続いてい号作戦を実施、2-3は輸送船エリア3回うち南下しての2戦ルート1回ボス1回となり、まずまずといったところでしょうか。
一方の1-4ははじめの分岐での南下率が高く、それはつまりボスではない場所へ吹き飛ばされるということになり、最終的にはボス2回南下→ル級さん行きが2回となってしまい、理論上ボス到達率が75%あるはずですのであ号作戦も兼ねて1-4でい号作戦を遂行しているのですけれど、実際のボス到達率がここまで低いのでしたらわざわざここでする理由がなくなるのですが…より多くの空母が撃沈できそうな4-2や3-3あたりにしたほうがよいのですか?
ともあれそれでい号作戦は完了しましたので潜水艦撃沈任務は5-3でのレベル上げとともに実施、資源の再利用を行いました。

そして最後は1-1へ瑞穂さんたちを派遣しあ号作戦を遂行、序盤はボスと分岐での北上が1/2で進んでいきます。
その後は残念ながら北上率が高くなってしまい、最終的に16回ボス到達であ号作戦が完了したのに対しそれまでの分岐での北上は20回となり、こちらもあまりよくない結果となったのでした。
それでもこれで月曜日に終わらせたい週間任務は全て終わりましたので一安心…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年06月19日

にんげんっていいな

先日はこの様なものが届いたり、あるいは購入してきました。
-----
CDも…
○アイドルマスター シンデレラガールズ Passion jewelries!003
○12分のエチュード(2)
○住めど地獄のインフェルノ(2)
○犬神さんと猫山さん(5)
○ラストワルツ(2)
○あやめ14(3)
○プリンスプリンス(2)
○マイ・ファーストレディ
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(14)
○境界のミクリナ(1)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは以前にも届いているシリーズのPassion編…今回は仁奈ちゃんがいますけれど、歌っているのが『にんげんっていいな』でまさにぴったりな感じです?

コミックのほう、『12分のエチュード』から『マイ・ファーストレディ』までは百合姫コミックスとなります。
『12分のエチュード』から『プリンスプリンス』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなり、『犬神さんと猫山さん』「以外」の全作品はこの巻で完結となる模様です。

『艦これ』アンソロジーは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『境界のミクリナ』は色々気になったことから購入をしたものとなります。

コミックのほうは一部百合姫コミックスとその他の2作品がかなり気になりますので、それらは最優先で読んでいこうと思います。
その他の百合姫コミックス作品はちょっと気の進まない作品も少なからずありますので、その他の未読作品と勘案し気の向いたときや、あるいは追い込まれたときにでも…購入時はいつもそういう順番にしているのですけれど、並び順で(続刊でない『マイ・ファーストレディ』を除いて)下に行けば行くほど気が進まない作品、ということで間違いありません(何)
また、百合姫コミックスの帯によると以前しましたアサミーナさんとかなさまの放送で紹介した7月発売予定の百合姫コミックスに含まれていないものとして以前読んでいる『コキュートス』と以前読んでいる『残光ノイズ』という作品の完全版も7月に出る予定とのことながら、この作者のかたの作品はそこまで熱心に追いかけなくてもいいかなって、今現在の連載作品を思うと考えてしまい…ですので購入は見送ります(何)
…相変わらず約2冊の百合姫コミックスは帯の煽り文句からして(もちろん悪い意味で)頭がおかしいとしか思えません…これに(その完全版購入を控える原因となった)とある作品を加えた3作品の帯が異常としか思えず…。


その様な先日はさらにこの様なものも届いていました。
ねんどろいども…
…こちらは以前アニメを観ている『シンデレラガールズ』より北条加蓮さんのねんどろいどとなります。
過去にすでに凛さんと奈緒さんなねんどろいどが届いていますので、これでトライアド・プリムスも全員揃ったことになります。
ちょっと現状フィギュアの予約数が把握できないほど多くなってきている気もするのですけれど、ねんどろいどはひとまずこれで全員届いたはず…以前読んでいる『NEW GAME!』の青葉さんが出る模様で、そちらも気になってはいるのですが…。


『艦隊これくしょん』は演習で隼鷹さんがレベル99に達しました…これでレベル98に位置していた空母のかたがたでまだレベル99になっていないのは瑞鳳さんだけ、ということに…。
開発は12cm単装砲、15cm単装砲、25mm連装機銃、失敗となり、いつも通りの惨状…。
また、大型艦建造を実施するものの、結果は加賀さん…あの、ですから、ちょっとこの人出すぎです、せめてあきつ丸さんとか他の空母のかたにしてくださらないでしょうか…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施するために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃も全く同じルートをたどり完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗しました。
昨日は輸送船5撃沈任務も発動しておりですので輸送船2撃沈で任務達成となるため、そしてげんなりしてしまいましたので潜水艦隊を2-3へ派遣、北上しつつも輸送船エリアへ到達でき、昼戦で輸送船を1残してしまい夜戦を挑むことになってしまったものの2の撃沈に成功し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、輸送船エリアへ流された先で無印の重巡洋艦2の攻撃がローマさんに両方命中し一気に20もの損害を受けいきなりげんなり…このかた改仕様にしたはずなのに毎回回避が悪すぎなのですが、何なのでしょうか…。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアへはボス前で南下しての1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、4回連続でボスへ進んだのちに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされたのは残念でしたけれどもそれでもかなり順調にいったといえる結果となったかと思われます。

1-5への3回出撃任務があと1回残っていますので、そちらへ艦隊を派遣します。
その絶望の初戦はけれど清霜さんを狙った先制雷撃は外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は神通さんが6の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
これで日曜日である今日を残して今週分の1-5への出撃任務は完了、特に昨日は損害が物凄く軽微で済みましたしかなり順調な結果でしたといえます。

これで今日は南西諸島任務しかすることがなくなり、そちらが損害軽微で順調に終えることができれば…未知の最前線海域への出撃、してみます、か…?


『FLOWERS』秋編はなかなかどうしようもない展開になってきましたけれど、その中でやはりえりかさんと千鳥さんが非常な癒しの存在になっています。
思えば以前オリジナル版をしていて以前ヴィータさん版をしている春編も途中経過や結末など暗いところがあったのに対し、以前オリジナル版をしていて以前ヴィータさん版をしている夏編はお話自体微笑ましいものでしたし、何なのでしょうこの全てが癒しの存在は…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年05月28日

叶わぬ恋でも想い続けることができますか―

先日はこの様なものが届きました。
-----
ちょっと後回しになってしまう…
○FLOWERS -Le volume automne-
○FLOWERS ORIGINAL SOUNDTRACK -automne-
-----
上はゲーム、下はCDとなります。

ゲームは以前にオリジナル版及び以前にヴィータさん版の春編を、以前にオリジナル版及び以前にヴィータさん版の夏編をしているシリーズ作品の秋編、そのオリジナル版となります。
これまでの流れではいずれヴィータさん版が出てくださる、はずです?

CDはその作品のサントラです。

この作品もよい百合作品でしたリ登場人物も魅力的ですのですぐにでもはじめたいところなのですが、今現在『りりくる』を進行しておりそこそこそちらが進んでいますので、先にそちらを終わらせることにします。
『艦これ』のイベントも一段落着きましたので、時間はこれまでよりは取れるはず…?


また、その様な先日はこの様なものを購入してきてもいました。
-----
コミックを…
○うらら迷路帖(3)
○ミソニノミコト(2)
○きらきら☆スタディー 絶対合格宣言(1)
○ガヴリールドロップアウト(3)
○現代魔女の就職事情(2)
○ろんぐらいだぁす!(6.5)
○ユリ熊嵐(3)
○ニョロ子の生放送!(2)
○ハッピーシュガーライフ(3)
○ガールズ&パンツァー 劇場版 ハートフル・タンク・アンソロジー(1)
○いきのこれ!社畜ちゃん(1)
○むしとりニスタ
○ぷにっと放課後のプレアデス
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『うらら迷路帖』から『きらきら☆スタディー』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなります。
『うらら』『ミソニノミコト』は過去に既刊を読んでいることから購入…後者はこの巻で最終巻となる模様です。
『きらきら☆スタディー』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

『ガヴリールドロップアウト』から『ハッピーシュガーライフ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『ユリ熊嵐』『ニョロ子』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、戦車なアンソロジーは気になる作品のアンソロジーということで購入をしました。
『社畜ちゃん』はとっても大好きなあのかたが触れていらした作品ということで購入をしました。
その他2作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

今回は数は多いのですけれど、案外と小粒な印象の作品たち…そこまで強く気になる作品があまりないのですけれど、その中で特に気になる『うらら』や戦車アンソロジーあたりを最優先にして読んでいき、その他の作品は現状の未読の作品とあわせて気分次第の順番でいいでしょうか。

そして衝撃的でしたのは、帯によると何と『うらら迷路帖』がアニメ化決定、とのこと…今期の2作品を置いておいても来期以降すでにきらら系作品は以前読んでいる2作品アニメ化決定していますのに、そこにさらに加わるなんて、やっぱり最近ちょっと勢いがすごいです?
しかも『うらら』ですか…『ステラのまほう』は置いておくとして『NEW GAME!』よりも上、現状のアニメ化決定作品群では最優先で購入したい作品かもしれません?


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の嵐さんがいらしてくださいました…連日の新しいかたの登場に驚きを隠せません(何)
一人称が「俺」でしたりと思った以上にかっこいい雰囲気でこれまた少しびっくり…ひとまずは遠征でのんびりレベル上げを実施しようと思います。

開発は失敗、20cm連装砲、失敗、彗星一二型甲となり、彗星一二型甲が出ましたので悪くありません?

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務を実施するために通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの出撃ははじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ任務失敗…。
2回めの出撃もまた全く同じルートをたどり、これで通商破壊艦隊は3日連続でその任を何ら為すことなく任務に完全失敗…どういう嫌がらせなのでしょうか…。
仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、輸送船エリアへ直行でき輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、いきなり2回連続でボスへ進みさらにヲ級さん編成と遭遇し早々に昨日発動していた空母3撃沈任務が終了となりました。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアへはボス前で南下しての1回となり、かなり順調に推移したといえます。
ただ、ろ号作戦の進行度がいまだ50%以上止まりで、これが少々不安…日曜日までには完了しないと手遅れになってしまいますが…。

あとは引き続き新しいかたを求める旅をイベント海域その2で実施したのですけれど、わずか2回めの出撃で…
嵐さん
…上で触れた通り嵐さんがいらしてくださり、ついに目的を達しました。
-----
○浜風さん:7回
○谷風さん:6回
○照月さん:3回
○春雨さん:4回
○天津風さん:4回
○浦風さん:2回
○磯風さん(新):1回
○秋月さん(新):3回
○嵐さん(新):1回
○まるゆさん:1回
○衣笠さん:3回
-----
…最終的にその場所で出たかたは以上の様になり、恐ろしいほどの珍しいかたがたの登場する場所でしたといえます。
ただ、常時金のル級さんが1〜2存在し、こちらは重巡洋艦2軽空母1という軽めの編成ですので一度の出撃ごとにかなり損害がかさみますので、高速修復材はどんどん飛んで行ったでしょうか…けれども目的を達することができたのでよしとしましょう。
本当に、ボスでない場所で目的を達したのは今回がはじめてですので非常に嬉しいです。

今後どうするかがなかなか悩ましいところですけれど、まだ時間はありますので、海域その3でU-511さんが出るという運営電文を信じ、またその他の持っていないかたがたがどこで出るのかなどがいまいちよく解らないこともあり、そちらへ行ってみることに…U-511さんはすでにいらっしゃるのですけれど、お二人いないと呂-500さんをお迎えできないので…。
海域その3は輸送護衛部隊による連合艦隊限定で編成が物凄く絞られるのですが、この様な編成で実施することにしました。
-----
○第1艦隊:春風さん(10)・清霜さん(75)・暁さん(66)・海風さん(44)・熊野さん(98)・筑摩さん(98)
○第2艦隊:阿武隈さん(97)・初雪さん(80)・谷風さん(80)・涼風さん(80)・足柄さん(96)・妙高さん(78)
-----
…第1艦隊の駆逐艦はほとんど戦力にならないことから、思い切って春風さんを遠征から外してレベル上げを実施することにしました…彼女の抜けたところに嵐さんを入れます。
その他海風さん及び初雪さんたちもレベル上げの場所で、レベルが上がればどんどん他のかたに交代していくことにします。

昨日はその編成で数回旅を実施、まず確実にボスまで撃破できますけれど、さすがにボスは強く相応の損害を受けます…けれど嵐さん探しの旅の際もぼこぼこにされていましたので…?
また、道中では妙に白露型の皆さんがドロップします…癒しですか?

ともあれ、イベント終了までの残り日数は少ないですけれど、最後までどなたかを求める旅を実施しましょう。


『りりくる』は10月まで終了したのですけれど、これまでメインの3人のルート分岐と思われるものでしか出現しなかった選択肢が、何でもなさそうなところで出てきました。
いずれも星良さん視点の際だったのですけれど、どう変化するのか気になって同じイベントを2回見てみました…が、そのイベントの流れが極々わずかに変わるのみで、大勢に影響はありませんでした。
ですので、今後もこの手の選択肢が出た場合はどちらも見てみようと思います…メインの皆さんの選択肢については、一度クリアするまで放っておきますが…。
…それにしても星良さんは非常によいツンデレさんです…声優さんが藤田咲さま、というのもまたよろしく…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年04月28日

美少女狙い撃ち!!!!!

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○そよ風テイクオフ(2)
○こみっくがーるず(2)
○ばーどすとらいく!(2)
○おちこぼれフルーツタルト(1)
○となりで。(1)
○三者三葉 アンソロジーコミック(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(11)
○THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS あんさんぶる!(3)
○やがて君になる(2)
○カフェちゃんとブレークタイム(2)
○私のシュミってヘンですか?
○ガンズ&ガールズ(1)
○ほたるこい(上・下)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『そよ風テイクオフ』から『三者三葉』アンソロジーまではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『そよ風テイクオフ』から『ばーどすとらいく!』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります…『そよ風テイクオフ』『ばーどすとらいく!』はこの巻で最終巻となる模様です。
『おちこぼれフルーツタルト』から『三者三葉』アンソロジーまではよさそうに感じられたりしたことから購入をしたものとなります。

『艦これ』アンソロジーから『カフェちゃんとブレークタイム』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『あんさんぶる!』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群…『私のシュミってヘンですか?』は百合が確実な作品ということで購入をしたものとなります。
『ガンズ&ガールズ』は帯に百合が期待できることが書かれていたことから購入をしました。
『ほたるこい』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ガンズ&ガールズ』の帯から取ってみました…この作品はサバゲーを題材にしているらしく、以前読んでいる『さばげぶっ!』といい、サバゲーを題材とした作品が案外とある模様です?

今回はどれも気になる作品ばかりで優先したいところで、さらにその中でもきらら系な作品が既刊、第1巻な作品ともに非常によさそうに感じられますので、『艦これ』アンソロジーあたりともどもそのあたりを最優先で読んでいきたいものです。
本来でしたら『シンデレラガールズ』なコミカライズ版も最優先で読みたいところなのですが、今回の作品、帯の煽り文句で少々げんなりしてしまって読む気持ちがかなり減衰してしまって…いえ、以前読んでいるもののそこで切った某学校暮らしの作者、ということって強調することじゃないです…。

…とはいえ、これだけ購入しておいて何ですけれど、先日先行で購入をしたもののうち戦車道なコミカライズ版がまだ1つ残っていますので、まずはそちらを先に読んでしまおうかなと思います(何)

 
『艦隊これくしょん』は演習に優先的に出していた天城さんがレベル98に達しました…空母については3-2でのレベル上げ頻度が減りましたので、そちらへ出撃していた皆さんを演習に出していきます、か?
開発は10cm連装高角砲、12mm機銃、15cm単装砲、零戦52型となり、10cm連装高角砲が出ましたのでよい結果といってよいでしょうか。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣しはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在し球磨さんが大破させられるものの輸送船も3存在し任務達成となりました。
…この1週間ほどずっと通商破壊艦隊ははじめの分岐で北上しかしないのですが、一体何だというのでしょうか…北上してもいいことは一つもないのですが…。

引き続き南西諸島制海権任務を実施しますけれど、はじめの出撃からいきなり高速建造材という完全無意味な場所へ2回連続で吹き飛ばされてしまい出鼻を大きくくじかれます。
その様な昨日は空母3撃沈任務が発動していたのですけれど、ボス到達のはじめの2回で連続してヲ級さん編成が出現しそちらはすぐに達成となりました(ヲ級さん編成は3連続で出現…)
南西諸島任務自体はボス到達5回までにはじめの分岐での北上7回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、はじめの分岐での北上率が高かったりと荒れた結果、といえます…本当にはじめの分岐で北上させられるときの徒労感といったら…。
昨日は損害も多く、24人中17人も受けてしまっていました…。


『つい・ゆり』は1周め、やや一果さんにゲージが偏った状態でエンディングへ…何事もなくかなり平穏無事に終えることができました。
ただ、このボリュームは相当少なく、それに後半はずっと双葉さん視点でしたこともあり、ハッピーエンドも一果さんと双葉さん、両方の視点があるのではないかと考えられるかもしれません?(バッドエンドについては、冊子なCG集を見る限り両者の視点があるっぽいですから…)
ですので今後はその一果さんルートを探すとして、バッドエンドは…その冊子である程度内容を補完できてしまいますので埋めなくってもいいですよね、ね?(以前完全版をしている『白恋』のなぎさ先輩ルートや以前している『白愛』の妹さんルートの様な非常に暗く病んだお話になる、というのは解りますので…恐ろしいのは『白恋』『白愛』のその2つのルートはそのお話自体は別にバッドエンド直行というわけではない、というところ…/何)

その様な今日あたり、おそらく『りりくる』が届く気配が見られますけれど、(思ったよりお話が短そうなこともあり)まずはもちろんこの『つい・ゆり』を終わらせます。
ただもうあと数日後には『艦これ』のイベントがはじまり、そうなるとそちらに注力したいのでノベル系ゲームはそちらが一段落するまでお休みとなりそうで、そして一段落着くころには以前夏編をしている『FLOWERS』の秋編が届きそうでそちらを先にするかと思われますので、『りりくる』は相当後回しになりそうです。
…でもこれは発売を1ヶ月延期した『りりくる』のせいなのですから仕方ありません…予定通り発売してくださっていればちょうどいい順番に3作品をプレイできたはずなのですから…(何)

…ゲームといえば、こちらに公式サイトがあり7月29日に発売予定だという『カタハネ』という作品は百合な作品、と判断してよかったのでしたっけ…?
もしそうでしたら、もちろん予約を実施しますけれど…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年04月20日

やっぱり、となりのキミがスキ

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
百合姫コミックスなど…
○月が綺麗ですね(1)
○桃色トランス(1)
○ぷくゆり
○てーきゅう(11)
-----
…今回は全てコミックとなります。

上3冊はいずれも百合姫コミックスということで購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ぷくゆり』の帯から取ってみました。

一番下の作品は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

今回は最近の百合姫コミックにしては珍しく(?)連載作品な単行本も含め期待が持てるもの揃いになっていますので、もちろんその3冊を最優先で読んでみましょう。


『艦隊これくしょん』の開発は10cm連装高角砲、41cm連装砲、7mm機銃、零戦21型となり、前者2つが出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を目指して2-2へ通商破壊艦隊を派遣しはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれどやっぱり本当にいつも通り、例によってル級さん+輸送船2の大外れ編成と遭遇させられ任務に失敗しました。
2回めの出撃も何とか輸送船エリアへ到達、またル級さん+輸送船2という大外れ編成と遭遇させられるものの任務は達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、ボス到達5回までにはじめの分岐での北上2回その他の場所への到達0回となり、ストレートで終了という極めて順調な結果となりました。
損害も少なく、ここまで順調にいったのは本当に久しぶりといえます?

5-3は高速修復材がまたあふれそうになったので、1度潜水艦ルートではなく高速ルートにレベル上げを主目的とした艦隊を派遣、江風さん中破のみの損害でボスへ進んでしまい…
戦術的敗北
…昼戦での妙高さんの初撃が輸送船に命中したのであわやと思われましたけれど中破止まり、結局C判定敗北となってしまいました。
けれど、やっぱりこのレベル上げ目的でレベルの高いかたがたを組み込まない編成な艦隊でもボスへ到達でき、そしてこの雰囲気なら運がかなり向けば旗艦撃破までできてしまいそうな印象…レベル上げのついでで別に期待はしないで、という感じでしたら非常に気楽ですし、5-3でのレベル上げは基本的には駆逐艦5+明石さんによる潜水艦撃沈ルートなのですけれど、高速修復材に余裕があるときにはこの様にレベルを上げたい駆逐艦3+軽巡2+重巡1による高速ルート狙いの艦隊も派遣してみましょう。

『艦これ』といえば、昨日はこの様なものが届いてもいました。
かも!
…こちらは秋津洲さんなねんどろいどとなります。
秋津洲さんは非常にかわいいことからこうしてねんどろいどを購入しましたけれど、やはりかわいい…表情は他にも2種類あってどれもよいものだったのですけれど…?

フィギュア類について、今現在他に予約しているものとしては、記憶のある限りではねんどろいどでは『シンデレラガールズ』のトライアド・プリムスのお二人だけ、のはず…?
普通のフィギュアは『艦これ』から秋津洲さんと高雄さんと夕立さん、『シンデレラガールズ』からみくさんと過去に購入したものとは別仕様の卯月さんと蘭子さん、『七竜3』からティナさんな外見のかた、『うさぎですか?』からチノさん…のはずです(記憶漏れでまだ何かあるかも…?)
うちチノさんはどうも今日あたり届くっぽいです…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年03月13日

私が死んでも笑ってくれますか?

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○おにまん(2)
○双角カンケイ。(1)
○はるかなレシーブ(1)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(5)
○魔法少女ここねはかく語りき(3)
○東京自転車少女。(11)
○ヤマノススメ(11)
○セントールの悩み(12)
○うさかめ(2)
○NKJK(1)
○ヴァルキリードライヴ マーメイド(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『おにまん』から『はるかなレシーブ』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスですけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
『おにまん』は過去に既刊を読んでいることから購入…この巻で最終巻となります。
『双角カンケイ。』『はるかなレシーブ』は何となくよさそうに感じられたりしたこともあり購入をしました。

『艦々日和』から『うさかめ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『魔法少女ここね』『東京自転車少女。』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他の作品群、『NKJK』は色々気になったこともあり購入をしたものとなります…今日の日誌のタイトルはこちらの帯から取ってみました。
『ヴァルキリードライヴ』は別の意味で気になったので購入…いえ、とっても大好きなあのかたがこの作品のアニメにかなり厳しい評価をされていらっしゃり、今回こうしてそのコミカライズ版が登場していましたので、怖いもの見たさで…(何)

今回は以前読んでいる『桜Trick』の作者さまな作品な『双角カンケイ。』が非常に気になりますのでまずはそれを最優先で読むことにして、あとは『艦々日和』や他のきらら系作品などから読んでいきたいものですけれど、現状未読の作品もかなり溜まっていますので、そのあたりとの兼ね合いが難しいところです
以前読んでいる『L』の最新刊も昨日発売だったのですけれど、こちらはお店で購入するのがなかなか難しいところがありますので虎穴通販で注文しています…あの通販は同人でない単行本の発送はかなり遅かったりしてこちらもいつ届くか解りませんけれど(もしかして1ヶ月単位で遅れることも…次巻購入をどうするかは少し考えましょう)、未読の作品がかなり多く溜まっていますし焦らず待ち、届いたときに読むことにしましょう。
…そちらは昨日みたいにお仕事帰りに本屋さんへ軽く立ち寄って、という買いかたは不可能ですのでそうしたのですけれど、実は月曜日にお休みを取っていてそこでその日に発売予定な『艦これ』なコミックなどを購入してこようかなとも考えており、そのタイミングでしたら購入機会もあったかもですけれど、もう注文してしまったのですからそれを待ちましょう(そもそもそれなら今回のものたちも月曜日にまとめて購入してこればよかったのですけれど、どうしても『双角カンケイ。』が気になってしまって…/何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、25mm単装機銃、20cm連装砲、九九式艦爆となりいつも通りの惨状…なのですけれど、何気に25mm単装機銃という装備ははじめて見る装備でしたりし、妖精さんがかわいいです。
…そしてまた3-2へ出撃していたザラさんから瑞雲を降ろすのを忘れていて演習で熟練度が消滅してしまいました…せっかく回復したのに…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの出撃で輸送船エリアへ到達し輸送船4の当たり編成との遭遇となり、珍しくはじめで任務達成となりました。
…もっとも、昨日は輸送船5撃沈任務も同時に発動していましたので、例え2撃沈にとどまっても3撃沈任務はなぜか達成となったわけですけれども(何)

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの3回連続でボス前へ直行したかと思えば次の4回は連続ではじめの分岐で北上と、結局いつも通りにはじめの分岐での北上のほうが多くなってしまいました。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上はその4回輸送船エリア2回うちボス前での南下1回となり、まずまず悪くない結果となりました。

出撃任務はもはや厳しいものしか残っていないのですけれど、それでもあのかたのお話をうかがうと非常な恐怖しか感じない5-3へ向かうよりはまだましなのかも…ということで、それらのうち3-5へ戦艦2+軽空母1で、というものに挑戦をしてみます。
確かこの海域はこれ以上戦艦や空母を増やすとルートが逸れてしまい、なおかつ任務条件に正規空母不可と明記されていますので、残りは重巡洋艦以下で組むしかありません。
ただ、この編成ですともちろん北上ルートとなるわけながらそちらは敵艦載機の跳梁が激しく、ですのでもう3-5はずっと水雷戦隊ルートでやっているわけで…空母3でも厳しい戦いとなるここを軽空母1で向かうわけですから、相当な覚悟が必要になります。
幸いというべきか、ボス艦隊はそれほど強くありませんので、思い切った編成を実施…旗艦は対空カットインの五十鈴さん、戦艦の比叡さんと榛名さんには徹甲弾ではなく三式弾を装備、軽空母の隼鷹さんには艦戦のみを装備、そして残りお二人は航空巡洋艦の筑摩さんと利根さんとし瑞雲を1スロットに装備、そして第3戦は3-5水雷戦隊ルートの第2戦や4-5南ルートの軽巡棲鬼さん戦同様に輪形陣を取るという、対空装備を充実させて逃げ切る作戦を取ってみます。
…上で触れた通り演習で瑞雲12型の熟練度が1つリセットされてしまいましたので、利根さんの瑞雲は六三四空のものとなってしまいました。

その皆さんによる出撃、初戦は空母なしな赤いタ級さんたちとの戦いとなりここは単縦陣を取り完全勝利で切り抜けます。
問題その1な第2戦はタケシーの様な艦載機を飛ばす金のヲ級さん2に金のタ級さんとの戦いとなり複縦陣を取り、五十鈴さんの対空カットインが発動しつつ航空優勢は取れ完全勝利を収めることに成功しました。
そして最大の問題の第3戦、北方棲姫さんとの戦いは当初の予定通り輪形陣を取り逃げの構え、相手編成がゲージ破壊直前な編成の護衛要塞5になってしまっておりしかも五十鈴さんの対空カットインも不発で制空権は優勢すら取れず、五十鈴さんが中破し榛名さんが小破に対し護衛要塞2の撃沈に留まるもののB判定勝利をし先へ進む権利を得ました。
そうしてたどり着いたボス戦はツ級さんを旗艦に金のタ級さんに金の輸送船2というやはりゲージ破壊直前の編成となっており筑摩さんが中破しますけれども水雷戦隊ルートとは違いこちらの編成もかなり強力ですので昼戦で敵の全滅に成功しました。
筑摩さんと利根さんの瑞雲は熟練度が低下してしまったものの全滅はせず低下するにとどまりました。
…そういえば、北方棲姫さんが明石さんなどと同様に牛丼を食べているイラストになっていました…こういう機会でもないと彼女に会う機会はありませんので、その意味では悪くなかったのかも、です?

これで戦艦2+軽空母1で3-5へ出撃、という任務は無事完了、何と一式徹甲弾が得られました…この様な装備が得られるということは、こちらは別に月間任務というわけではなさそうです。
そして引き続いて今度は航空母艦を旗艦とした空母機動部隊で3-5へ出撃、なる任務が出現してしまいました…これ、月間任務ではない雰囲気ですのでもう来月のゲージ破壊時に回してしまえばよい気もするのですけれど(現状相手編成がゲージ破壊直前の状態になっていてよりきつくなっていますし)、でも他に受けられる出撃任務は水上反撃部隊で2-5へ、というものくらいですし、それも放棄すると後は5-3へ、ということになりますので、引き続いてこの3-5出撃任務その2を受けてみましょうか…(というより、空母中心の編成って普通の北上ルート突破編成になりそう…)
…五十鈴さんによる艦載機迎撃は案外有効な雰囲気…でもたまたまでしただけ、かもですし今日の編成はどうしましょうか…。

あとは1-5への3回出撃任務が発動していますので海上護衛強化月間とあわせて1回実施、伊勢さんには熟練度が低下してしまった瑞雲たちを載せます。
その絶望の初戦は阿武隈さんが3の損害、恐怖の第3戦は満潮さんが3の損害、ボス戦は満潮さんが中破し伊勢さんも10の損害を受けるものの敵の全滅には成功しました。

瑞雲の熟練度を回復させる意味も込めて秋津洲さんや瑞穂さんを含む艦隊で3-2へ向かうのですけれど、よく見ると…瑞穂さんの三方に牛丼が載っています。
一時期高角砲になっていた気がしたのですが…もう瑞穂さんのイラストは何が載っているのが通常状態なのか解らなくなりました(何)
…秋津洲さん+瑞穂さん+空母1or速吸さん+航空巡洋艦1orザラさんという4人の編成での3-2出撃は、あるいは空母2編成よりも安定した戦いができたりします…ただ、空母2編成に較べて枠が少々少なくなりますので、後は駆逐艦2を入れるのが限界でプリンツ・オイゲンさんを入れることはできなくなりますが…。


無印のレベル上げも実施しつつ進行している『七竜3』はいよいよやり直す前にたどり着いた最後よりも先へ進むことになり、遺跡とかした封印区レデインの探索を実施します。
少し上へ上がると何かを探して幽霊の様に現れ消えるアイテルさんがおり、それとは別に大量のドラゴンが見つかりましたので一時撤退します。
エメルさんはアイテルさんの話を聞くと自ら塔へ赴くとおっしゃりますけれど、その前にアサミーナさんたちのパーティを強化することとなり、新たな外見と職業が追加されるとともに3組めのパーティを組み込める様になりました。

その3組めのパーティは悩んだ末…
かなさま登場…?
…この様にし、メイジのかなさまとバニッシャーのサリサディアさん、それに職業はそれで全て埋まりましたので最後はエステルさんと同じフォーチュナーなティセちゃんとしました。
ついにかなさまが登場したわけですけれど、外見は以前第2作をしている『2020』の様な完璧なものはなく、髪の色も緑がかってしまいました…声も『2020』と同じものはなく(同じ声優さま、はいるのですが…)今回は一言で言えば高町なのはさんになってしまいましたけれど、でも案外声は違和感なく合っています。
サリサディアさんについては金髪にしての真綾さんとで悩みましたけれど、いずれにしても一番イメージに合わせづらい…。
最後のティセちゃんは猫耳枠…いえ、ルシェで少し幼い外見ということで彼女とし、声も意外と合ったものがありました。
…カザン共和国で得られる職業が2つ、というのは少々さみしい気が…無印からプリンセスあたりを持ってきてもよかったのでは…(それか『2020-2』にあったアイドルとか…)

これでついにパーティが全員分埋まり…
第1パーティ
…第1パーティはアサミーナさんとすみれさんとティナさん…
第2パーティ
…第2パーティは彩菜さんと里緒菜さんとエステルさんとなりました。
メインは第1パーティなのですけれど、今作はアサミーナさんとすみれさんの再現度が極めて高いので今後もこのお二人は完全に固定、変更があるとすればティナさんをかなさまと変更するかどうかなのですけれど、再現度でいえばティナさんのほうがかなさまよりも高いので悩ましいところです(かなさまは『2020』で極めて高い再現度を誇っていましたからそちらで満足して今回は控えに回ってもいいのかも、って…?)
この9人について、それぞれの皆さんの声の出演と外見と声がどれだけイメージに合っているか、という再現度を書くとこの様な感じになるでしょうか。
-----
○アサミーナさん(茅野愛衣さま):声95%/外見90%
○すみれさん(瀬戸麻沙美さま):声100%/外見100%
○ティナさん(佐藤利奈さま):声95%/外見80%
○彩菜さん(甲斐田裕子さま):声60%/外見100%
○里緒菜さん(井上麻里奈さま):声75%/外見60%
○エステルさん(豊崎愛生さま):声70%/外見25%
○かなさま(田村ゆかりさま):声80%/外見60%
○サリサディアさん(寿美菜子さま):声40%/外見40%
○ティセちゃん(金元寿子さま):声80%/外見80%
-----
…特に外見について非常に限られた選択肢しかない中でこれだけの再現度を得られたのは上々といえるでしょう。
声優さまについて、『2020』では一貫してアサミーナさんの声は水樹奈々さまだったのですけれど、今回はほんわかしたものがありましたのでそちらに…水樹奈々さまや堀江由衣さまに沢城みゆきさまなど錚々たるかたが他にもいらっしゃるのですけれど、今回は使う機会がなく…。
アサミーナさんの声はほぼ完璧なのですけれど、料理を作る際の台詞に違和感しかなくってそこが減点(超完璧、って…そんな言葉づかいアサミーナさんはしないです…)ながら、ただ料理は第1パーティのリーダーでいる限りすることはありませんので、気にしなくてよいといえばそうだとも言えてしまいます(ではその台詞はどこで確認したのかといえば、セーブをしない状態でリーダーを変更したのでした…ナガミミさんぬいぐるみへ声をかけた際の皆さんの台詞も聴きましたけれど、やはりすみれさんが完全にすみれさんで完璧すぎます)
ちなみに『2020』のかなさまは今作のすみれさんと同等の再現度といえるでしょう(声優は悠木碧さま)

また、第3パーティは他の皆さんとのレベル差が激しくなってしまいましたが、これは転身をすることで解消することができます…つまりかなさまたちよりも先にレベル99に到達するアサミーナさんたちには悪いのですけれど、全員がレベル99に達した時点で転身を行うことで全員をレベル89かつ経験値も統一できるということで、以降延々転身を繰り返し能力値を最大にします。
それを実施するのはどうしましょう、『2020-2』は第7の帝竜のいる場所で実施しましたし、今作でもラストダンジョンに至る1つ手前あたりで実施したいものです。
…スキルポイントの差はどうにもなりませんけれど、せめてスキルポイントupのアイテムをかなさまたちに優先して使用しましょうか。

ここまで私にしては比較的さくさく進めてきましたけれど、パーティメンバーも最大人数になりましたので、ここからはのんびりレベル上げをしても問題ないことになります…ちょっとのんびりしましょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年02月20日

冷静とモフモフの国境線

先日はこの様なものが届きました。
-----
DVDが…
○ご注文はうさぎですか??(2)
○ゆるゆり さん☆ハイ!(3)
○ガラスの花と壊す世界
-----
…今回は全てDVDとなります。

上2つは一連で予約をしていてこれまでも既刊が届いているアニメシリーズの最新巻となります。

一番下の作品は以前コミカライズ版を読んでみてなかなかよさそうに感じられ、また劇場版な作品ということで購入は1本ですむということもあり購入をしたものとなります。


その様な昨日は届いたもののうち『うさぎですか?』第2期第2巻のDVDを観てみました。

第3羽は『回転舞踏伝説アヒル隊』ということで、こちらはチマメ隊メインのお話…。
前半は写生大会があるということで皆さんで絵を描くことに…チノさんは意外と(?)独特な絵を描かれるご様子で…?
後半は創作ダンスがあるということで、そういうことが苦手なチノさんやメグさんは気乗りしない…のですけれど、そのメグさんの家がバレエ教室をしているということが判明、メグさんの母親にレッスンをつけてもらうことになりました。
はじめは3人でしていたのですけれど、様子を見にきたココアさんたちも一緒にすることになっていき、メグさんが珍しく楽しそうにバレエのレッスンをすることができたみたいなのでした。

第4羽は『ココア先輩の優雅なお茶会チュートリアル』ということで、卒業式から春休みにかけての時期のお話…。
前半はココアさんたちが進級祝いにアフタヌーンティーを楽しむことになり、そこへチノさんたちもお邪魔をすることになるのですけれど、ココアさんたちは先輩らしいところを見せようと空回りされたりしてしまい…?
後半は春休み、姉からの手紙を見た翌日のココアさんは妙に張り切っており、皆さん不思議になってしまいます…どうやらお話によると春休みにココアさんの姉が様子を見にやってくるといい、自分の成長した姿を見せようと張り切りだしたといいます。
このお話ではその姉がもうすぐ街に到着するところまででしたけれど、次のお話でいよいよ登場されるご様子…果たして…?

ということで、こちらはやっぱり安定した微笑ましさとかわいらしさで安心して観ていられます。
そしてはやくも(?)ココアさんの姉が次回登場されるということで、どうなるでしょうか…続きも楽しみに待ちましょう。
ちなみに今日の日誌のタイトルは一緒についてきたリゼさんの曲のタイトルです。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、甲標的、21号対空電探、水偵となり、比叡さんが当たりといってよいのか非常に微妙といえるものを2つも作ってくださいました(ちなみに毎日はじめは10cm連装高角砲狙いで五月雨さん、2つめは主砲と徹甲弾狙い、3つめは電探と徹甲弾狙いで比叡さん、4つめは艦載機狙いで瑞鶴さんが担当しています)
大型艦建造は扶桑さんと阿賀野さんとなり、はやくも鋼材の在庫数に底が見えはじめ、今日にも自然回復量にまで低下しそうです。
…何とか武蔵さんは出てくださったものの、とても大鳳さんや伊401さんが出てくださるとは思えない、全く手ごたえを感じない現状…演習でこのお二人によくお会いする印象を受けますけれど、皆さん出せているということなのでしょうか…。

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務を実施すべく、最近調子の悪い通商破壊艦隊を2-2へ派遣、昨日ははじめの出撃で輸送船エリアへ到達でき、しかも珍しいことに輸送船4の当たり編成との遭遇に成功、任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、先日まで輸送船エリアへ艦隊が全然進まなかったのが一転、昨日ははじめの出撃から2回連続でボス前での南下による輸送船エリア行きとなりました…ただ、いずれもル級さん+輸送船2の大外れ編成との遭遇にさせられ中破が生じたりしましたが…。
もっとも輸送船エリアへ飛ばされたのは結局その2回のみに終わり、最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上4回輸送船エリア2回となり、南西諸島任務自体は順調に終わったもののろ号作戦は終了しませんでした…。

金曜日に至ってもろ号作戦が終わらなかったということで、1-5への3回出撃任務との兼ね合いもあり、残りはイベント海域その2をボス戦まで進むことによりろ号作戦を終了させます。
幸い一度の出撃でろ号作戦は終了、ですので以降はボス手前で引き返すことにします。
…昨日もまた金のリ級さんに清霜さんが一撃大破され撤退、という事象が発生、やや安定しない印象を受けはじめました…つい先日までは撤退率0%だったはずなのですけれども、でも金のリ級さん相手では仕方ないとも思え…?

ろ号作戦が終了しましたので1-5への3回出撃任務が出現、いつもの皆さんで向かうことにしますけれど、ただ満潮さんも霞さんもイベント海域その2へ出撃を繰り返していますので駆逐艦は次点の皆さんからまだレベルが74に達していない時雨さんとします…ちなみに時雨さんも限定グラフィックになっています。
その絶望の初戦はその時雨さんがさっそく中破、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は龍驤さんと五十鈴さんが微少ダメージを受けつつ敵の全滅に成功しました。
…第3戦では日向さんの攻撃で102のダメージが出ていました…やはりこれからは航空火力艦の時代ですか…。

…『うさぎですか?』のアニメを観ていて、やはりチノさんと弥生さんに重なるところを感じますけれど、リゼさんと那智さんあたりもなかなか重なる印象を受け、となるとあとの皆さんで重なるかたはいらっしゃらないでしょうか…?(何)
那珂さんとココアさんが少し重なる様な気のする印象も…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2016年01月28日

容赦なしのプリチースタイル

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
少し多め…
○アンネッタの散歩道(3)
○リメインズ・JC(2)
○NEW GAME!(3)
○スクール・アーキテクト(2)
○ステラのまほう(3)
○明日はアイドルれいかちゃん(1)
○ひとりぼっちの○○生活(2)
○三ツ星カラーズ(2)
○艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(10)
○ガールズ&パンツァー リトルアーミーU(2)
○ゆるゆり(14)
○悪魔のリドル(4)
○ぷあーなんてもうしまい(2)
○マギサ・ガーデン アクセル・ワールド/デュラル(6)
○SHIROBAKO 〜上山高校アニメーション同好会〜(2)
○立花館To Lieあんぐる(2)
○ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code(1)
○未満アイドル、ハジメます。
○わたしのご主人様は人間じゃない気がする(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『アンネッタ』から『れいかちゃん』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『アンネッタ』から『ステラ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります…『アンネッタ』『スクール・アーキテクト』はこの巻で最終巻となる模様です。
『れいかちゃん』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『ひとりぼっち』から『立花館』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『もうしまい』『SHIROBAKO』はこの巻で最終巻となる模様です。
『ゆるゆり』『立花館』は特装版となっておりそれぞれ小冊子とゲームがついてきました。
…今日の日誌のタイトルは『三ツ星カラーズ』の帯から取ってみました。

その他の作品群、『ウルトラ怪獣擬人化計画』は色々と気になったことから購入をしたものとなります。
下2冊は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回も数は多めなのですけれど、きらら系にこれといって強く惹かれる作品がありませんので(一番気になるのが第1巻な『れいかちゃん』というくらい…)、まずはそれらよりも気になる作品から手をつけようと思います…まずは、以前類似作品を読んでいてとっても大好きなあのかたにもあるいはお勧めできそうな雰囲気な作品である『ウルトラ怪獣擬人化計画』から読みましょう。
また、『ひとりぼっち』『三ツ星』は作者さまが同じ、『NEW GAME!』『ステラ』はきらら系でアニメ化決定、『れいかちゃん』『未満アイドル』はアイドルもの、とそれぞれに共通点がありますので、数が多い現状、これらは一緒に読むことになると思います。
その他、以前しているアサミーナさんとかなさまの放送によると明日には『この靴しりませんか?』の完全版が出るといいますけれど、今回これだけのコミックを購入してしまいましたのでそれを購入してもいつ読めるか解りませんし、そちらは次の…2月上旬の作品購入のタイミングで一緒に購入をしましょう。
…『ゆるゆり』ではない百合姫コミックスはそもそも購入しようか迷ったのですけれど、ゲームという目新しいおまけが少し気になって購入してしまいました…でもいつ読んだりそのゲームをするかは全くの未定、少なくとも今回購入した他のコミックを全て読んでさらに未読で気になる作品も読み尽した後、あるいは当該作品の第3巻が発売しそうになったら、ということになるでしょうか。

そう、帯によるときらら系から『NEW GAME!』『ステラのまほう』が新たにアニメ化決定らしいです。
現状すでに『三者三葉』『あんハピ♪』が決定している中でさらに2作品と、本当に最近のきらら系のアニメ化は恐ろしい勢いがあります。
ただ、お金の問題もありますし、この4作品では『三者』が購入確定、『あんハピ♪』『NEW GAME!』が状況により判断、『ステラ』は見送り確定、となるでしょうか。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm単装砲、4連装魚雷、20cm連装砲、水偵となり、いつも通りの惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣…けれどはじめの出撃はボスへ進まされてしまい任務に失敗します。
2回めの出撃は輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施するのですけれども、1回めの出撃は霞さんを旗艦とした駆逐艦3を含む艦隊で2-5へ、というものを実施してみることに…その様な編成で挑むには厳しい海域ですから駆逐艦は五月雨さんと夕立さんとし、残り3人は羽黒さんと筑摩さんと熊野さんで挑んでみました。
ところがはじめの分岐で南下させられこの時点で終了といってよい気配…それでも初戦は損害なくA判定勝利で切り抜けられ一応先へは進み、第2戦は金のル級さんや金の雷巡2に赤いリ級さんなどの強烈なお相手との戦いとなり熊野さんが中破するもののA判定勝利、その先は南下させられることはなくボスへ進みました。
ボス戦は金のタ級さんに赤いル級さん2というかなり優勢なお相手、いきなり羽黒さんが大破しさらに霞さん中破に対し、相手はタ級さんのみ残存となり、ですのでもちろん夜戦を挑み霞さんがタ級さんを撃沈し敵を全滅、彼女がMVPを獲得し勝利しました。
これで無事霞さんを旗艦とし、という任務を達成、20mm3連装機銃集中配備なる見たことのない機銃が得られました…とっても大好きなあのかたのお話では五十鈴さんは高角砲+機銃+電探の装備組み合わせで対空カットインが発動するそうですのでこれを装備してもよい気がしたものの、でもそれでは夜戦連撃が維持できませんのでやはりこれまで通りの装備とし、ですのでこのアイテムは現状ちょっと使いどころが…?
…そしてこの編成でしかも南下させられても何とかなる、という衝撃の事実が発覚…けれどこれは五月雨さんと夕立さんでしたので大丈夫だっただけかと思われますし、ゲージ破壊時はこれまで通りの重巡洋艦4航空巡洋艦2の編成で挑みましょう。

あとのボス到達4回は普段通りに実施するわけですけれど、昨日は空母3撃沈任務も発動しておりまたろ号作戦も発動していますので、まずは潜水艦隊での2-3出撃からはじめてみまして、北上しての輸送船エリアでまずは空母2の撃沈となり、その後下で触れる様に2-2で空母が出ましたのでこちらの出撃はこれで終了としました。
2-2のほうは1回めの出撃でいきなり画面がフリーズするものの出撃ボタンを押す直前でしたためか疲労は溜まっておらず一安心…さらに再度の出撃ではボスへ到達しヲ級さん編成と遭遇、空母3撃沈任務が終了しました。
ただその後もヲ級さん編成が出現、2-3へ潜水艦隊を派遣しなくてもよかったということになりましたけれど、そこは輸送船を撃沈できたのでよしということで…。
2-2は最終的にははじめの分岐での北上3回ながら4回全てボスへ進みストレートクリア…ただ相変わらずといいますか、戦艦を中心に被弾率が異常といっていいほど高く、艦隊が1巡しかしていないはずなのに損害を受けた人が多すぎで、いくら高速修復材が余っているとはいえ修理には資源も消費しますからやはり悲しいです…。
そしてろ号作戦に対する輸送船撃沈数がいよいよ不安になってきました…これは今日以降も2-3へ潜水艦隊を派遣したりしたほうがよいかもしれません?

ですので最後に清霜さんを旗艦としややレベルの低めな巡洋艦の皆さんで2-2へ2回出撃、2回ともはじめの分岐で北上させられつつ、1度めの出撃は輸送船エリアへ到達できしかも輸送船4の当たり編成と遭遇できたのですけれど、何とリ級さん2をどちらも昼戦で撃沈できないという…輸送船4は全て撃沈しましたので夜戦はやめておきましたけれど、少し情けない気が…。
2回めの出撃も輸送船エリアへ到達しル級さん+輸送船3の普通の編成との戦いとなり、6人中5人損害を受け鳥海さんは小破というちょっとひどい損害を受けるものの、ろ号作戦に対する多少の足しにはなったでしょうか(でもまだ50%以上達成マークもつきませんが)

その様な昨日は、実家にこの様な書籍がありましたので持ち帰ってきてしまいました。
参考文献?
…2月からあるという冬のイベントは礼号作戦がモチーフになるといい、こちらはその作戦について書いたものの様子ですので、何かの参考になるかもしれません。
とはいえ、礼号作戦に参加した皆さんについては、すでにあのかたに教えていただけていますので、もうあまり参考にはならないかもですけれども…そしてすでに私の艦隊にはいない人が必要そう、ということも解っており…(何)


無印の『七竜』はコルリアの宿や遺跡の先のフロワロを消滅させていき、ついに徒歩と船で行ける範囲のフロワロは全て消滅、残るは山に囲まれた1ヶ所と北極の真竜の領域と思われるものの浮いている箇所のみとなりました。
昨日フロワロを消滅させた範囲にはポータルのほか、遺跡その2があり…ポータルはあと1つ空きがあるのですけれど世界はほとんど探検し尽しましたし、残りは一体どこにあると…。

さっそく見つけた遺跡の探索も実施、そこの敵やドラゴンはそう強くなく、ドラゴンはあっさり全滅させられましたけれど、妙に隠し通路が多く、また隠し通路を探索し尽しても最奥にある扉を開ける方法が見つかりませんでした。
ところがその扉のそばの何もない壁を調べるとスイッチが発見されるという非常に解りづらい事態が発生、その奥の宝箱へ…行くもののそれはすでに何者かに取られており、でもそのそばにある骸骨を調べると薬草が見つかりました。
その薬草はイベントアイテム扱いとなっており、いずれどこかで必要となりそう、です?

これで現状探索できる帝竜のいないダンジョンも探索し尽したことになり、いよいよ帝竜討伐へ赴くことになりそうです。
ミッションで示された難易度の低い順に実施していきますので、まずは砂漠にいるという謎の帝竜討伐となるでしょうか…おそらくずっと動きのない、でも明らかに山自体がドラゴンになっている様にしか見えない砂漠南方にある山岳地帯が舞台となりそうな予感です?(あれだけ巨大ですと真竜ニアラより強そうな雰囲気を感じますが)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2015年12月28日

やさしい日常つまってます。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
ちょっと多め…
○セブンスドラゴン3 code:VFD オリジナル・サウンドトラック&ソングス
○幸腹グラフィティ(6)
○箱庭ひなたぼっこ(2)
○○本の住人(7)
○たびびより
○のんのんびより(9)
○ブルージェンダー(2) 歪んだ愛の行く末
○小百合さんの妹は天使(3)
○ふたりべや(2)
○ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:黒森峰女学園
○selector infected WIXOSS -Re/verse-(2)
○ろんぐらいだぁす!(6)
○ハッピーシュガーライフ(2)
○純水アドレッセンス(完全版)
○あやかしこ(1)
○にゃんこデイズ(1)
○大上さんとケルベロスゥ!(1)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは以前第2作の第2編をしている『七竜』の最新作のサントラとなります。
とはいえ『3』は現状中断していて先に無印をしていますので、このサントラを聴く日がくるのはかなり先のことになりそうです。
むしろ今は無印のサントラがほしいのですけれど…。

コミックたち、『幸腹』から『たびびより』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『幸腹』から『○本の住人』までは過去に既刊を読んでいることから購入…『箱庭』『○本』はこの巻で最終巻となる模様です。
『たびびより』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

『のんのんびより』から『ハッピーシュガーライフ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしました。
『ブルージェンダー』『WIXOSS』はこの巻で最終巻となる模様です。

『純水』は以前読んでいるものの完全版ということで購入をしました。
その他の3作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。
今日の日誌のタイトルは『あやかしこ』の帯から取ってみました。

今回はやや数が多くてどれから読もうか悩ましくなりますけれど、『のんのん』『幸腹』あたりを最優先にしてその他きらら系や百合的にかなり期待できそうなものなどを優先して読み進めていきますか?
…ところで、今回PCを変更してからはじめて画像編集を行いましたけれど、PCを交換するたびにどんどん使いづらくなってきています…どうして改悪をしていくのでしょう。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
DVDと…
○THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS(7)
-----
…こちらはDVDとなり、これまで既刊が届いていて全巻予約をしているアニメの最新巻となります。

ですので昨日はさっそくこちらを観てみました。
第18話は『A little bit of courage shows your way.』ということで、キャンディアイランドの皆さんときらりさんのお話…。
『とときら学園』は順調に進んでおり、その中できらりさんと杏さんの身長差に注目したスタッフが番組内でお二人に新コーナーを企画します。
こちらはその動機はともかくとしましてもお二人の組み合わせなものを見られるのは幸せなことで、ちょっと百合的にも高めになっていた印象が…?
問題はもう一つの企画で街頭インタビューを二人ですることになった智絵里さんとかな子さんのお二人…杏さんのサポートがなくなってしまい、緊張しやすいお二人はかなり危ういことになり、一度はお仕事を失敗してしまいます。
けれどそこは先輩さんの助言などにより何とか立ち直ることに成功、そのお仕事にもう一度挑戦して今度はよい結果を得られ、お二人とも成長したご様子を見ることができました。
…このお話は頭のおかしい変な人が全く登場しなかったこともあり、非常によきものでした(何)

第19話は『If you're lost,let's sing aloud!』ということで、アスタリスクなお二人のお話…。
李衣菜さんはロックが好きなわけですけれど、その様な中で真のロッカーな夏樹さんと親しくなっていき、ロックへの気持ちをより強くしていきます…このお話での序盤でのお二人の会話は李衣菜さんの知識が危うすぎて痛々しかったですけれども(何)
そのため李衣菜さんはアスタリスクのお仕事に身が入らなくなってしまい、みくさんはそれを自分の責任と感じてしまったりして…本当にみくさんはいい子で、ですので李衣菜さんも最後はそのみくさんの気持ちに応えるかたちになりました。
一方、夏樹さんはあの頭のおかしい変な人のプロジェクトに参加要請をされていたのですけれど、非常に縛りのきつい内容でしたのでロックな自分には合わないと判断、楓さん同様にそれを蹴って、李衣菜さんとみくさん、それになぜかいるウサミン星人(何)の4人でユニットを組まれたみたいです?
その他、凛さんについて伏線が発動しましたけれど、その結果は次のお話で…。
…そのウサミン星人さんのお話といい今回といい、今作の後編で一番その魅力を十二分に出しているのはみくさんではないでしょうか…彼女のことがどんどん大好きになってきます。

第20話は『Which way should go to get to the castle?』ということで、あの頭のおかしい変な人の主導するプロジェクト・クローネなる企画が始動します。
各部署から頭のおかしな変な人が選抜した人が入るその企画、シンデレラ・プロジェクトからは凛さんとアナスタシアさんが選ばれます…その企画に入ったからといって現状のユニットを解散させる、ということはとりあえずはないとのことです。
アナスタシアさんはソロでの参加となり、こちらはソロということもありみな美波さんも応援してくださり問題はなさそうです。
問題は凛さんで、彼女が選ばれたということでもちろんトライアド・プリムスになります…凛さんはそのユニットに新しい可能性を見たのですけれど、未央さんにしてみるとそれはニュージェネではダメなのか、ということになりちょっと不穏な気配になります。
ところが翌日になり予想の斜め上を行く事態が発動…なんと未央さんがソロでの活動をはじめる、とおっしゃられたのです。
お話はここで終わりましたけれど、未央さんの真意はいかに…?

ということで今回は第20話はとりあえず置いておくとして、第19話までの2話は相変わらずよきもので涙まで誘われました…特にやっぱりみくさんが本当にいい子でして…。
第20話は波乱かと思われたのですけれど、最後は別の意味での波乱がはじまりました…果たしてどうなるのか、これは先を見守るしかなさそうです。
…とにかくやっぱりあの頭のおかしい変な人が相変わらずおかしくって存在価値が引き続き認められません…どうにかならないのでしょうか。


また、その様な先日はさらにこの様なものも届いていました。
ねんどろいども…
…こちらは『きんいろモザイク』からアリスさんのねんどろいどとなります。
アリスさんについては以前普通のフィギュアも届いていましたけれど、こうしてねんどろいども登場…かわいいですから仕方ないですよね、ね?


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の初風さんがいらしてくださいました…登場時の台詞がかなり意味深でしたけれど、もちろん私の艦隊にとってははじめてのかたとなり、遠征でのんびりレベルを上げましょう。
開発は12cm単装砲、12cm連装砲、7mm機銃、九九式艦爆ということで、いつも通りの惨状です。

戦いのほうは、まずはじめの2回出撃任務で1-4へ2回出撃を実施、けれどなぜか2回ともはじめの分岐で南下させられそのままル級さんエリアへ吹き飛ばされ終了…75%でボスへ進める海域構成のはずなのですけれど、どうしてこんな嫌がらせをするのですか…。
しかも2度めの出撃では軽空母との航空戦で瑞穂さんが中破…。

それからはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施するために通商破壊艦隊を2-2へ派遣…ただ、下で触れる任務がありますので重巡洋艦な皆さんは温存します。
そのはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、さらに輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施しますけれど、もうろ号作戦などを気にしなくてもよくまたお飾り材料がそこそこ出てくださる印象もある、ということで先日に引き続いて2-5に重巡洋艦な皆さんの艦隊を2隊派遣し実施をします。
古鷹さんたちの艦隊によるはじめの出撃、はじめの分岐はまた南下、しかも初戦で敵の全滅に失敗した上に加古さんが大破終了と、先日に引き続いてこちらの艦隊はいいところなしに終わりそうな予感がしてしまいます。

ちょっとげんなりしてしまいましたので、先に高雄さんたちによる艦隊による出撃を敢行、その皆さんによる艦隊のはじめの分岐は北上、初戦は完全勝利となり、問題の夜戦は羽黒さんと利根さんが中破に追い込まれますけれども敵は全滅、ボス戦はT字

有利となり妙高さんが小破するものの昼戦で敵の全滅に成功、お飾り材料を発見、同回収に成功しました。
高雄さんたちによる2度めの出撃、はじめの分岐は北上し初戦は大きな損害なく勝利、問題の夜戦は羽黒さんが中破し敵の全滅にも失敗しますけれどともかく先へは進め、ボス戦は利根さんが大破し筑摩さんが中破に追い込まれますけれども昼戦で赤いル級さん1が残りHP1で残った以外は全滅させることができましたので夜戦で問題なく全滅に成功、けれど何も得られません。
6人全員に高速修復材を使用してしまったこともあり引き続き3回めの出撃を敢行、そのはじめの分岐は北上し初戦は完全勝利、問題の夜戦は利根さんが中破し敵の全滅にも失敗しますけれども先へは進め、ボス戦は昼戦の1巡めで敵の全滅に成功しお飾り材料を発見、同回収に成功しました。
疲労が見られなかったので引き続いて高雄さんたちによる4回めの出撃を敢行、はじめの分岐は北上し初戦は敵の全滅に大きく失敗しB判定勝利になった上に足柄さんが大破し終了…こちらの艦隊もボス到達率100%ではなくなってしまいました。

古鷹さんたちによる2度めの出撃、はじめの分岐は北上し初戦は完全勝利、問題の夜戦は加古さんが大破し最上さんが小破となり終了…。
彼女たちによる3度めの出撃のはじめの分岐は北上、初戦は敵の全滅に失敗した上に衣笠さんが中破、問題の夜戦で古鷹さんが大破し終了しました。
…結局先日に引き続いて古鷹さんたちによる艦隊のボス到達率は0%とあまりにひどすぎる結果となりました…ゲージ破壊時はそうでもないのですけれど、何だというのでしょうか。

高雄さんたちによる5度めの出撃、はじめの分岐で南下してしまい初戦は敵の全滅に失敗するものの大きな損害はなく勝利、第2戦で羽黒さんが中破し筑摩さんと愛宕さんが小破という大損害を受けつつ敵は全滅、そこの分岐は南下させられてしまいヲ級さん改との第3戦は羽黒さんと愛宕さんが大破しC敗北という無残な結果となり終了します。
彼女たちによる6度めの出撃、はじめの分岐は北上し初戦は大きな損害なく敵を全滅、問題の夜戦は筑摩さんが中破し敵の全滅にも失敗しますけれど先へは進め、ボス戦は利根さんと愛宕さんが大破し相手はタ級さんとル級さん1が大破で残りますけれど夜戦で全滅に成功、お飾り材料を発見、同回収に成功、さらに上で触れた様に新しいいかたも登場しました。
疲労の色が見えませんでしたので引き続き7度めの出撃を実施、はじめの分岐は北上し敵の全滅には失敗するものの大きな損害はなく、問題の夜戦は羽黒さんが小破し敵の全滅にも失敗するものの先へは進め、ボス戦は羽黒さんが大破しますけれど昼戦で

敵の全滅に成功、お飾り材料を発見、同回収に成功し、鬼怒さんの登場とともにこれで南西所要任務も達成となります。
…疲労の色が見えない場合出撃を連続させたのは、装備変更が面倒でしたから…改修済み装備を使いまわしていて、それを変更するのに時間が結構かかってしまうのです…。

この様に一応2日にわたって2-5での南西諸島任務達成はできましたけれども、思った以上に戦いが安定しなくってボスへ到達するまでの大破撤退が続出、特に上でも触れた様に古鷹さんたちによる艦隊がボス到達率0%とあまりにひどすぎる結果となりました…。
損害が大きすぎて高速修復材をどんどん使用してしまいましたけれど、高速修復材はもともとは3,000個あったので問題ないといえばそう(80個くらい吹き飛びました?)…というより、それが溢れてしまっていたので今回こうして無茶をしてみた、という背景もあったりします(何)
ボスへさえ到達すれば確実に全滅できる、という結果にもなりましたけれど、南西諸島任務に関していえばろ号作戦が終わっても2-2で実施するのが正しいといえそうでしょうか。
そうはいいましても主目的でしたお飾り材料はそれなりに回収に成功し、また初風さんという新しいかたも得られましたので損害に見合うだけの結果は得られた、といってよいかもしれません?
…2-5、そして4-5でも出撃のかさむ重巡洋艦なかたがた、中でも高雄さんは五月雨さんに次ぐお二人めのレベル99到達の最有力候補になってきました…経験値のうえでは飛鷹さんがあと10,000ともっとも近いのですけれど、軽空母なかたは拡張海域での出番がありませんので…?

もうこの2-5出撃だけでおなかいっぱいの感はあるものの1-5出撃任務があと1回残っていますので南西諸島後任務後の潜水艦撃沈任務ともども実施します。
その絶望の初戦は何と伊勢さんが一撃大破を受け終了…今までこの初戦で航空戦艦は微少ダメージですんでいたのですけれど、やはり絶望の相手は絶望の相手、ということみたいです。
そして2度めの出撃のその絶望の初戦では今度は夕張さんが大破し終了…2-5同様に最悪の展開になってきました。
夕張さんは先日も大破撤退を誘因しましたので今回はもう外し代わりに五十鈴さんを入れて3度めの出撃を敢行、絶望の初戦では五十鈴さんが中破し引き続き暗い気持ちにさせられますけれど一応先へ進み、恐怖の第2・3戦は何とか切り抜け、ボス戦は雷撃が外れてくださり何とか敵の全滅に成功、箱を発見、回収しました。
…ということで、やはりここも2-5同様に荒れるときは大いに荒れる海域、ということが改めて解ったのでした。

あとは何度か1-4へ出撃を実施、はじめの2回同様に妙にはじめの分岐での南下が多く、というより何と全ての出撃で南下という嫌がらせとしか思えない現象が発生、その先でボスへ進んでくださることもあるもののもちろん外れることも多いのでやはり精神的によくありません。
これ、はじめの分岐はランダムではなくって南下させられる確率が80%くらいある、ということなのでしょうか…そうでないと意味不明です(完全ランダムでしたらはじめの分岐は66%で南下しないはず…)
それでもボスへ進めば結構な確率でお飾り材料を発見、同回収に成功でき、5つの回収に成功しました。
これで現在29個となり、あと3つで任務が達成できます…今日は月曜日ですし、引き続き1-4へ出撃してい号作戦遂行とともに達成を狙いましょう。
…というより、実質期限は今日までですので、何とか達成したいものです。


無印の『七竜』は少しだけ進行し、引き続き地図を埋めていきます。
普通の海域はおおむね埋められましたので、いよいよ色が少し違い敵が強化される海域の地図埋めへ移行となりそうです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2015年12月20日

笑って、泣いて、いっしょの明日にすてっぷあっぷ♪

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(2)
○ななゆり
○新米姉妹のふたりごはん(1)
○星屑ネバーランドガーデン(1)
○ラストワルツ(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『2DK』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

『ななゆり』は百合が確実なことから、その他の作品は何となくよさそうに感じられたこともあり購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ななゆり』の帯から取ってみました。

今回はやはり百合姫コミックスで現状唯一高いレベルで安定している同人誌の再録である『ななゆり』が一番気になるところ…その『ななゆり』は以前読んでいる『あまゆる。』を描かれたかたなのですけれど、『新米』も同じくきらら系な以前読んでいる『Good night! Angel』を描かれたかたの作品ということで気になり、まずはこの2作品を最優先で読みましょう。
あとは『星屑』なかなかよい感じに見えますので、そちらと『2DK』を読んで…と、その『2DK』はともかく、その他の大判サイズでない百合姫コミックスをなかなか読む気になれなくってどんどん溜め込んでしまっているのはいけないこと、おかしいことでしょうか…(何)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、失敗、10cm連装高角砲、彗星一二型甲ということでかなり大当たりといえる結果を得られました。
また、大型艦建造を武蔵さんを目指して実施しますけれど、結果はまるゆさんということで(費用対効果としてはどうなのかということは置いておいて/何)これはこれでありです。

戦いのほうは、まずは日々の日課である輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれどもちろん(?)例によってル級さん+輸送船2の外れ編成との遭遇となり任務に失敗します。
それでも2回めの出撃でも輸送船エリアへ到達でき、今度はまたもちろん(?)例によって輸送船4の当たり編成となり任務達成…ですからはじめからこの編成を出してくださいって…。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの2回連続でボスへ直行となり幸先のよい出だしとなります。
けれどその先は突如羅針盤さんが不安定化、今度は2回連続ではじめの分岐で北上の上輸送船エリアへ飛ばされることに…その後もはじめの分岐での北上は続き4回連続で北上するものの存外にボス到達率は高く、むしろボス前へ直行した際ほどその先で南下させられる印象が前々から強かったりして…?
最終的にははじめのボス撃破5回までに輸送船エリアへ3回うちボス前で南下1回、はじめの分岐での北上は1回となり30分程度で任務完了となりましたので順調にいったほうといえます。

ろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務が発動していますので、南西諸島任務後の潜水艦撃沈任務ともども昨日も1回、萩風さんと龍驤さんと日向さんと夕張さんにて実施します。
その絶望の初戦は日向さんが狙われけれど攻撃は外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜けられ、ボス戦は夕張さんが2のダメージにとどまり敵の全滅に成功しました。
昨日はかなり順調に終わったといえ、あと1回、今日も出撃することになりますけれど、この調子でいってくだされば…。

あとは4-5で消耗した、そして開発でできた艦載機の熟練度回復を込め3-2でレベル上げ…やはり秋津洲さんや瑞穂さんがいるほうが航空戦が安定し、さらに瑞穂さんは討ち漏らした敵に先制雷撃までできますから相当楽になってしまいます。
そしてついに鳳翔さんと龍驤さんのレベルが66まで上がり飛龍さんに追いついてしまいました…グラーフ・ツェッペリンさんももうすぐ追いついてしまいますし、この4人+現在レベル67の赤城さん、雲龍さんの6人を均等に使っていくことになるでしょうか。

その4-5が先日で終わりましたので、最前線海域…5-2への出撃を実施します。
とっても大好きなあのかたのお話でここは正規空母2、軽空母1でルート固定ができると解っており、また翔鶴さんと瑞鶴さんの艦隊での出撃任務も出現していますけれど、確かその任務は同時に朧さんと秋雲さんも含んでいた気がしますのではじめからそのメンバーでの出撃は厳しいかな、ということでまずは五月雨さんを旗艦とし比叡さん、高雄さん、瑞鶴さん、葛城さん、祥鳳さんという編成で出撃を実施することにしました。
…戦艦を比叡さんとしたのは、ボスなどに潜水艦が含まれるかを見極めるため…山城さんたちにしてもしボスに潜水艦がいたら戦力が激減してしまいますので…(そして軽空母を祥鳳さんにしたのは彼女が好きということもありますけれど、飛鷹さんあたりは秋のイベントで使いすぎてもうすぐレベル99に達してしまう、ということもあり…今のところ一番レベル99に近いのは飛鷹さんです/何)

その皆さんによる出撃、初戦は金のリ級さん率いる巡洋艦隊との戦いとなり完全勝利、そこの分岐は北上し第2戦は対潜戦となりつつも赤い軽空母や金の駆逐艦を含んだ戦いとなり、潜水艦は金や赤いものばかりでこちらは対潜装備なしかつ反航戦、ということで潜水艦は撃沈できませんけれど水上艦艇は撃沈しこちらは大きな損害はなくB判定勝利となりました。
そこの分岐は南へ飛ばされ(東へ進むのが最短距離に見える…)第3戦は金のル級さんを旗艦とする危険な艦隊ながら完全勝利となりました。
そこの分岐は北上し弾薬を入手、その先はボス戦…4-4でお会いした気のするHP270の装甲空母姫さんとHP150の装甲空母鬼さんが同時に出るという驚きの編成ながら、航空戦で制空権確保となり下3人を撃沈、T字有利となり比叡さんの初撃で装甲空母姫さんを撃沈しその後も順調に推移、大きな損害なく昼戦で全滅に成功しました。
…ちなみに道中の戦闘曲は過去に1-4のボス曲でしたもの…ここで流れるので1-4のボスは『加賀岬』で我慢しておきます、か…?

ということで5-2のはじめの出撃は無事終えることができましたけれど、これは航空戦が全般的にうまくいったのが大きな要因の印象も受けます…航空戦はかなり運が絡みますので、いくら空母や攻撃機を多くしても外れるときは外れますし…。
ともあれこの5-2にもゲージが存在し1回の出撃では突破できませんのでまだまだ出撃の必要があります…翔鶴さんと瑞鶴さん編成での出撃任務をどうしようか悩みますけれど、駆逐艦を2にするということはかなり火力が減ってしまうので悩みどころですけれど、挑んだほうがよいでしょうか。

その様な中、衝撃的な事態が発生しました。
高速修復材が…
…これまで節約に節約を重ねて貯めてきた高速修復材なのですけれど、何と3,000個以上増えなくなってしまいました。
遠征や任務での入手数が0になることはないのですけれど、ただ入手できたと表示されても3,000個からは増えなくなってしまい、どうやらこの数が入手限界数の模様です。
てっきり最低でも9,999個貯まるかと思ってここまで貯めてきたのですけれど、こうもはやく限界が訪れるなんて…こうなってしまっては、毎日得られる分は遠慮なく使ってしまうべきっぽいです?


無印の『七竜』はアイゼン皇国の皇帝にお会いしますけれどドラゴンについてはかなり楽観視している模様…ただ、帝竜の出現した洞穴へ向かうとその国の将軍が協力を仰いできますのでもちろん受諾、帝竜討伐ミッションが発動しました。
そこの帝竜は光に弱いそうで、アイゼンで入手したガラス玉を台座にはめ込むことにより光を地下へ送れる様になりました。

その洞穴なのですけれど、ドラゴンの数もそこそこしかおらず、広さもそうなくって、地下3階ではやくも帝竜しかいなさそうなフロアになってしまいました。
2階には回復ポイントもありますし、ちょっとだけレベル上げをしてから挑むことにします、か?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2015年12月18日

それは、すなわち、娯楽の始まり

先日はこの様なものが届きました。
-----
来年のカレンダーなど…
○アイドルマスター シンデレラガールズ 2016年カレンダー
○ゆるゆり さん☆ハイ!(1)
○ラブライブ! The School Idol Movie
-----
…一番上はカレンダー、その他はDVD(といってもblu-rayもありますが)となります。

カレンダーは来年のもの…『きんいろモザイク』などもあって迷いましたけれど今回はこちらを購入してみました。
アニメ版のイラストではありますけれどもそれでもなかなかよいものです。

DVDたち、前者は今期放送されている、後者は劇場版なアニメのものとなります。
劇場版なものにはさすが特典が少なからずついてきました。

その様な先日はさらにこの様なものも届いていました。
ねんどろいどの…
…こちらは『艦これ』から北方棲姫さんのねんどろいどとなります。
彼女に関しては以前にもミディッチュなものを購入していたのですけれど…ま、まぁ、いいですよね、ね?(何)


昨日は上で届いたDVDたちのうち『ゆるゆり』の第3期なDVD第1巻を観てみました。
こちらはすでに3期めなうえに以前観ているものなどOVAも2作出ていますので特に何も心配することなく観ることのできるものでしょう。

第1話は『それは、すなわち、娯楽の始まり』ということで、そのOVAで描かれた夏休みの後、2学期がはじまったあたりのお話…。
まずはごらく部の皆さんで王様ゲームをされるのですけれど、ここではチーナさんが主役…その黒さを存分に見ることができます、けれど報われません。
あとは2年生の皆さんで調理実習をされたり、あかりさんが櫻子さんの妹さんな花子さんと偶然出会ったりと、ごらく部の皆さんや生徒会の皆さんそれぞれにきちんと出番がある感じ…あかりさんは影の薄さを克服したっぽいですけれど、代わりにドジっ子になってしまいました(何)

第2話は『さぁおびえるがいい』ということで、まずは蜘蛛に怯える皆さんのお話…ごらく部の皆さんは京子さん以外蜘蛛は苦手の様子です。
ごらく部の皆さんがホットケーキを焼いたり、綾乃さんが京子さんと公園でお話しされたり、向日葵さんと櫻子さんが一緒に勉強されたりする様子が見られますけれど、その裏ではあかりさんの姉のあかねさんがあることをしていて…?

ということで、お話自体は日常な風景を描いているのですけれど、やはり安定して楽しく面白いものになっていて、安心して観ることのできるものとなっていました。
そのあたりOVAや2期までのお話同様で、雰囲気なども特に変わっておらず問題なし…しいていえば2期までの冒頭にあった「アッカリーン」がなくなっていますけれど、そう気にしなくってもよいです?
メインのかたがた以外の皆さんの出番も多めになっており、そのあたりも悪くないところ…あと、百合的にはこれまでよりそこはかとなく上がっていた印象を受けます?
ともあれこちらは気楽にして、続きも楽しみに見守りましょう。
その他、ブックレットにはそれぞれのお話の後日談な原作者さまの描きおろしが収録されています。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、失敗、25mm連装機銃、流星ということで、いつもどおり…流星は背景は虹色なものの、その背景の割には8cm高角砲と並び使い道がありません…。
また、大鳳さんを目指して大型艦建造をしたものの結果は蒼龍さんということで、残念…。

戦いのほうはまずはいつもどおり輸送船3撃沈任務を実施すべく2-2へ通商破壊艦隊を派遣…はじめの出撃で輸送船エリアへ到達、今回はそれで輸送船4の当たり編成と遭遇することに成功し任務達成となりました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの2回は連続でボスへ直行できなかなか幸先のよい出だしとなります。
けれどその先は2回連続ではじめの分岐を北上してからの輸送船エリア行きとなりいつもどおりの不安定化となり、結局下で触れる様に2-3で2回ボスへ到達したこともありボス到達3回、はじめの分岐での北上ならびに輸送船エリア2回で終了となりました。

また、昨日は空母3撃沈任務が発動しており、けれど2-2を一巡、3回ボスへ到達した時点でヲ級さん編成が0回でしたこともあり潜水艦隊を2-3へ派遣、はじめの出撃はボスへ流され空母は2存在、けれどT字不利となり危うく討ち漏らしそうになりましたけれど夜戦の最後でU-511さんがカットインを発動したこともあり撃沈に成功しました。
2度めの出撃もボスへ流され1度めと全く同じ編成の相手と遭遇、空母3撃沈任務と同時に南西諸島任務も、結果的に20分程度というかなりの短時間で終了となりました。

4-5は古鷹さんたちの艦隊で、戦艦は比叡さんを入れて出撃を敢行します。
ゲージ破壊直前ということで敵の編成が強化されている恐れが大きい中の初戦は特に今までと変わらない様子、それでも十分強力なお相手で瑞鶴さんが小破します。
第2戦は対潜戦で古鷹さんが小破してしまいC敗北となってしまいしかも鈴谷さんが艦載機を飛ばさなくなってしまっており、第3戦も相手編成は特に変化なくそれでも強力な相手で比叡さんが小破します…そしてそこでドロップしたのも比叡さん…。
そうしてたどり着いたボス戦は港湾棲姫さんのHPが490とものすごく上がっている気がしてさらに相手編成も変化、ル級さん改は変わらないのですけれども赤いネ級さんや金や赤の輸送船が出現しました。
その航空戦で鈴谷さんが中破、昼戦で瑞鶴さん大破古鷹さん熊野さん中破で相手は港湾棲姫さん以外撃沈はできたものの、夜戦を挑んでも彼女のHPを半分までしか減らせず、葛城さんまで中破させられた上にゲージ破壊に失敗しました。

今回は重巡洋艦の皆さんが全員中破していたとはいえ、それにしても港湾棲姫さんの耐久度がかなり高まっていた印象を受けます。
三式弾装備の皆さんが全員無事なら撃破できるのでしょうか…それでも無理となると、ちょっと根本から考え直さなければならない事態となってきますけれど、どうしたものでしょうか…(というより、あの編成ってイベント時に連合艦隊で挑む様なお相手の気がしてしまいますかも…それを通常艦隊で戦うのですから、やはり厳しい…)
その他、鈴谷さんと熊野さんに搭載していた六三四空瑞雲が全滅したっぽく熟練度がリセットされていました…秋津洲さんか瑞穂さんに載せて3-2などへ出撃して回復を図りましょうか。


無印の『七竜』はアイゼン皇国周辺の地図作成とクエストの一つをこなす、といったところ…。
クエストの一つは竹を回収するだけのことだったのですけれど、竹を回収した瞬間かなり強いボスが出現しましたので油断は禁物です。
…ちなみにアイゼン皇国は愛染皇国、その北に位置するサイモン村は西文村、と書くっぽいです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2015年11月13日

SMASHING ANTHEMS

こちらの公式サイトに特設ページができていましたけれど、どうやら11月20日に以前最新作をしている『その花びらにくちづけを』から『ゆりりん』という同人ゲームが出る模様です。
こちらは年齢制限はなく、どうやらこちらの商業版公式サイトその2で連載されていたものをゲーム化したもの、という『あまとろちゅ』に似た経緯を感じるものっぽいですけれど…?
…それにしても、私の購入している自転車系コミック3作中2作がアニメ化決定となっていたりと、やはり自転車ってブームか何かなのでしょうか…?


先日はこの様なものが届いたり購入したりしていました。
-----
CDも…
○SMASHING ANTHEMS
○ようこそ幻界集落へ!(2)
○手と手を合わせて(1)
○ゆるキャン△(1)
○L -Ladies & Girls Love-(8)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(9)
○ストライクウィッチーズ 紅の魔女たち(3)
○ヤマノススメ(10)
○制服のヴァンピレスロード(1)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは虎穴通販で予約していたもので、水樹奈々さまのNewアルバムとなります。
特典として写真の他、CDの特典としてはめずらしい気のするタペストリーがついてきました…ともかくこちらはさっそく聴いてみましたけれど、やはりよきものでした。

現状CDは他に『りりくる』のキャラクターソングとみとせのりこさまのアルバム、それに『そんぐわーくす♪えくすとら』を予約している…のですけれど、一番最後のアイテムについてはこちらの公式サイトの特設ページを見るとどうも以前購入をしている『そんぐわーくす♪』に+αがついただけのものみたいで、あえて購入する必要はなかったのかもしれません?

コミックのほう、『幻界集落』から『ゆるキャン△』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、今回のものたちは4コマでも大判サイズでもないものとなります。
『幻界集落』は過去に既刊を読んでいるもの、その他2冊は何となくよさそうに感じられたことから購入をしました。

『L』から『ヤマノススメ』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『紅の魔女たち』はこの巻で最終巻となる模様です。
以前読んでいる『高宮なすのです!』の第2巻はもういいかな、ということで購入を控えました…そ、その判断でいいですよね、ね?(何)

一番最後の作品は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
…この作品の隣に魔法少女な作品もあったのですけれど、帯の煽り文句がかなりひどい感じでしたので回避…そ、その判断でいいですよね、ね?(何)

コミックのほうは気になるものが多く、まずは『幻界集落』を最優先で読んで、あとはアンソロジー2冊や『手と手を合わせて』あたりを中心に優先して読んでいこうと思います。


『艦隊これくしょん』の開発は12cm単装砲、12cm単装砲、普通の魚雷、天山ということで、いつもどおりの惨状…。
演習もいつもどおりの惨状で、名取さんや古鷹さんの活躍と比して金剛さんとビスマルクさんとローマさんの3人があまりにひどく、もう演習に出してのレベル上げをやめようかと思ってしまいかねません…レベル71と結構高いはずですのに制空権の有無に関係なく命中率があまりにひどく0%のときも多く、彼女たちは戦力に数えないほうがよい状態になってしまっています…。

戦いのほうはまずは例によって輸送船3撃沈任務のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、今回ははじめの出撃で輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成となり(なぜか夜戦までもつれ込みましたけれど)任務達成となりました。
引き続き南西諸島制海権任務を実施、4回連続ではじめの分岐で北上→ボス戦という羅針盤さんに2回勝つルートというある意味非常に運のよいといえる結果となり、さらに5回めの出撃はボスへ直行、久しぶりにストレートで任務完了となりました。

ただ残念なことに、昨日は輸送船5撃沈任務が発生しており、もちろんこれでは数が足りませんので再度通商破壊艦隊を派遣することになります。
ここまでボスに進み続けていると嫌な予感がし、そしてその予感は的中、はじめの出撃はもう無用なボスへ流されてしまいました…。
しかも2度めの出撃は高速建造材という完全無意味な場所へ流されてしまい任務完全失敗…。
仕方ありませんのでレベル27な磯波さんと巡洋艦の皆さんに速吸さんをつけて出撃、輸送船エリアへ到達しル級さん+輸送船2という外れ編成となり多摩さん中破速吸さん小破という損害を被りつつも任務は達成となりました。

昨日は南西諸島任務後の潜水艦撃沈任務も1-6で安全に実施しましたし、この輸送船5撃沈任務さえなければ完璧な結果でしただけに、非常に残念…。
あと、こうも輸送船エリアへ到達できないと、先日は楽観視したろ号作戦完了がやっぱり不安になってきます、かも…土曜日くらいまでには終えたいものですけれど、果たして…?

あとは3-2でのんびりレベル上げなのですけれど、龍鳳さんのレベルが98に達しました…レベル97な葛城さんと祥鳳さんと蒼龍さんがそうなる日も近いですし、瑞鳳さんもレベル95になりましたし、やはり3-2でレベル上げをしていると空母のかたがたがどんどん育っていってしまいます。
これではいずれ全員育ってしまいそうで、やはり次のイベントでは新しい空母のかたを期待したいです…まだ大鷹・神鷹・冲鷹の商船改造空母群が残っているはずで、史実では低速かつ搭載機も少なかったので輸送用にしか使われなかったながら今作では鳳翔さんでも十分戦力になりますので、同程度の能力になるはずな彼女たちでも登場すれば十分戦力になるはずなのですけれど、どうでしょう…?


『よるのないくに』はクリスさんのイベントも終わり他にすることが見当たらなくなってしまいましたので、ひとまずもう一度エンディングへ向かってみることにしました。
聖域ではまた結界の破壊からとなってしまいましたけれど、石の竜を含めてボスがかなり弱い…さらにいえば、ミストラルさんやクリスさんと戦った今となっては教皇もかなり弱く感じられてしまうのでした。

エンディングは1年が経過するところまでははじめと同じだったのですけれど、そこから先が少々変化…記憶を失ったリュリーティスさんが戻ってくるのですけれど、その彼女の危機にアーナスさんも戻ってきてめでたしめでたし、となりました。
黒猫がその正体を現さないのは、はじめのエンディングで見ることができたのでよいのですけれど、それでもちょっとあっさりしすぎの印象…。
…商人のお話では、件の教皇が消滅したため教皇庁という諸悪の根源も崩壊状態みたいで…?

そのクリアデータを読み込むとまた聖域突入直前にまで戻されるのですけれど、ホテルへ戻るとメインシナリオが全て終わりヨルドの巫女のところでリュリーティスさんの好感度を任意で変化させることができる、というメッセージが出ます。
彼女との好感度がエンディングに影響しているのか全くの不明なのですけれど、一応確認はしてみたほうがよいのかもしれません。
また、もう本当に他にイベントが残っていないのか、一通り(歌劇場以外)の場所を回ってみて、それで今作はクリア認定を出してしまおうと思います…『七竜3』も控えていますし、アサミーナさん分を補充しないと…。
…そういえば、聖域で依頼をクリアした状態でエンディングを迎えたためか、クリアデータを読み込んだところそれらが達成されているのにでも受領されたまま、という状態になっていました…これは一度どこかに行って帰ってこないといけないっぽいです(また、聖域で得られたアイテムは持ち越されないっぽい…大器晩成の印が得られていましたのに…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2015年10月28日

幸せの魔法、信じてみますか?

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
多いかも…
○桜Trick(6)
○アリノス☆ワンダーランド(2)
○いちごの入ったソーダ水(2)
○裏庭には…!(1)
○オリーブ! Believe,"Olive"?(1)
○神様とクインテット(1)
○このはな綺譚(2)
○艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(9)
○ひまわりさん(6)
○L -Ladies & Girls Love-(1〜7)
○やがて君になる(1)
○ちゅうふれ。(1)
○マナビヤゴラク(1)
○さくらマイマイ(1)
○ハッピーシュガーライフ(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『桜Trick』から『神様とクインテット』まではおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなります。
『桜Trick』から『いちごの入ったソーダ水』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります…『アリノス』はこの巻で最終巻となる模様です。
『裏庭には…!』から『神様とクインテット』までは何となくよさそうに感じられたことから購入…今日の日誌のタイトルは『オリーブ!』の帯から取ってみました。

『このはな綺譚』から『ひまわりさん』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

『L』は百合なアンソロジーということで購入…こちらは年齢制限ありな作品となりますのでご注意ください。
…年齢制限のついた単行本を購入するのはこれがはじめてで、ちょっと探せませんでしたので以前のお買い物の際に店員さんにたずね、なかったのでこうして取り寄せを行ってしまったのでした…恥ずかしいことはそうだったのですけれど、でも今までこれだけ単行本を購入しているのですし今更、ですよね(何)

『やがて君になる』から『ハッピーシュガーライフ』までは何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回は数が多い上に、第1巻な作品にも百合的にかなり高そうな作品があったりとよさそうなものばかりで、どれから読もうか非常に嬉しい悲鳴…もちろん今回購入したものたちを最優先で読んでいくことになります。
とりあえず『桜Trick』『アリノス』をその中でも最優先で読むことにして、その他の作品たちはきらら系を中心に気分で読んでいくことにしましょう。
…この中で一番のネックは7冊にも及ぶ『L』ですけれど、こちらはさすがに1日に全巻読むのは難しいでしょう…アンソロジーですし毎日少しずつ読んでいくしかないかも、です?


また、その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
3人揃い…
…今回届きましたのは写真の真ん中にいらっしゃる『シンデレラガールズ』の本田未央さんのねんどろいどです。
写真の通りこれまですでに卯月さんと凛さんはいらっしゃっており、今回でにゅーじぇね…New Generationsの3人が揃ったことになります。
普通のフィギュアはすでに3人揃っており、またfigmaも卯月さんと凛さんはすでにいらっしゃっており未央さんが予約済みですので、いずれは全てにおいて全員揃うことになります。


『艦隊これくしょん』は如月さんがレベル65で改二仕様となることができました…強化型艦本式缶や12cm連装高角砲(後期型)に加え、何気にはじめて見る装備として3連装酸素魚雷なる普通の酸素魚雷の弱体化(普通の酸素魚雷は4連装)を持ってきてくださいました(ただ3連装酸素魚雷は微妙に回避と装甲が上がる模様…)
改二仕様になった如月さんは(睦月さんを除く)睦月型の皆さんがつけている月の飾りをつける様になってくださり、睦月さんも改二仕様になればそうなる、とコミックのほうで見かけましたっけ…ちなみに初霜さんはレベル65でも改二仕様にはなれません…。

開発は九四式爆雷、15cm3連装砲、14cm単装砲、失敗ということで、いつもどおり…。
そういえば、運営電文によると秋のイベントで新たな練習巡洋艦が登場するそうで、でしたら無理をして香取さんを建造で狙う必要はなさそう…いえ、出たら出たで新しいかたをお迎えできるということでそれだけで嬉しいことではありますから、一応毎日1回ずつレア駆逐艦の配合を試し続けはしますけれども(秋雲さんはすでに2回登場…)
…演習では夜戦を挑むとこちらの攻撃の命中率が0%になるという悲劇も発生…勝てるものも勝てません。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣しますけれど、最近ははじめの出撃では任務に失敗してばかりで今回もその例に漏れず、北上し無用なダメージを受けた上に高速建造材という無意味な場所へ飛ばされてしまいます。
2度めの出撃は輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇でき輸送船20撃沈任務ともども任務達成となりました。
引き続き南西諸島制海権任務を実施…と、はじめの出撃はなぜか北上しての初戦後に撤退をしてしまいました…。
それはノーカウントとして、昨日は比較的羅針盤さんが安定しておりその後は4回連続でボスへ直行できました。
ただ、最後の1回になると高速建造材という無意味な場所へ一度飛ばされましたけれど、でもその次の出撃はまたボスへ直行となり、結局その高速建造材1回以外は全てボスへ直行し、10回出撃任務が80%達成状態で任務達成となったのでした。
それだけの出撃で、しかも1回無意味な出撃をしたにも関わらずその様な結果となったのはもちろんとてもいいことなのですけれど、すでにろ号作戦が発動している中でのその結果でしたので多少複雑な気持ち…ま、まぁ、明日からもありますし、ね、ね?
その他、ボス戦は5戦中4回がヲ級さん編成となり、この時点で昨日発動していた空母3撃沈任務が終了、またその様なお相手でした割には完全勝利が3回もあり、ですので損害も普段に較べて少なくすみました。

南西諸島任務が終了し潜水艦撃沈任務が出現、さらにそこでの損害が少なかったこともあり、懲りずに1-5で潜水艦撃沈を行うことに…朝潮さん、瑞鳳さん、伊勢さん、名取さんの艦隊を派遣します。
その絶望の初戦は伊勢さんが微少ダメージにとどまり、恐怖の第3戦では名取さんが微少ダメージ、ボス戦は瑞鳳さんと伊勢さんが微少ダメージを受けるにとどまり敵の全滅に成功、でももちろん何も得られません。
…やはり絶望の初戦でも伊勢さんや日向さんが狙われると損害が微少ですむことが多い印象を受けます?

あとは北方海域主力撃破任務も発生したこともあり、例のものを求めて例の艦隊を例の海域へ出撃させます。
はじめの出撃は赤い軽空母3→ボス前→家具箱となり、ボス前は航空戦で空母を全て無力化したうえ赤いル級さんの撃沈に成功したこともあり大きな損害なく勝利、けれど何も得られません。
2度めの出撃は渦潮→ボス前→家具箱となり、ボス前は航空戦で赤いル級さんを撃沈できたこともあり完全勝利、無傷で出撃を終えられましたけれど何も得られません。
3度めの出撃は渦潮→ボス前→家具箱となり、ボス前は航空戦で赤いル級さんの撃沈に成功したこともあり大きな損害なく勝利、けれど何も得られません。
ちょっと残り期間も少なく不安になってきたこともあり、4度めの出撃も敢行、渦潮→ボス前→ボス戦となり、ボス前は航空戦で赤いル級さんを撃沈できたこともあり大きな損害なく勝利、ボス戦も大きな損害なく勝利を収められましたけれど何も得られません。
損害も少なくそしてやはり不安でしたこともあり5度めの出撃を敢行、けれど初戦で航空戦が不発でした上にHPが1だけ残った駆逐艦をビスマルクさんが攻撃→攻撃されなかった軽巡洋艦にビスマルクさんが12ダメージという負の循環が働いてしまいちょっと嫌な予感、ともかくその先は赤い軽空母3→渦潮→ボス戦となり、ボス戦は完全勝利となりましたけれど(舞風さんが登場した以外)何も得られません。
…こうして昨日は何と5度も出撃を敢行、完全無傷のままに出撃を完了することもあり概ね損害は軽かったのですけれど、例のものは全く得られず…ボスへ2回到達し北方任務が進行したので(そして下で触れる様に別の場所で例のものを得る結果となったので)よしとしましょう。

一方、1-1へも数回艦隊を派遣したのですけれど、何と潜水艦隊が秋刀魚を発見、同回収に成功しました。
潜水艦隊はソナー装備しておらず、もちろん他の装備品は装備すらできないのですけれど、でもこの1-1で結構な頻度で秋刀魚を発見、同回収に成功しており、頼りになる存在でした。
…3-3へあれだけ出撃をしておきながら結局得られたのは1-1で、というのはちょっと複雑な気持ち、かもです?

これで30尾集まったことになり、無事任務達成、四式水中聴音機という今まで持っていなかったソナーのほか…
30尾で終了…
…執務室の壁に掛けられている艦隊大漁旗なる笑顔の魚のイラストもそこに書かれたコメントもかわいく微笑ましい家具を入手できました(同じく旗を持っている潮さんを立たせるとよい感じ…/何)
装飾はしばらくこれでよさそうですけれど、ただこれに変更したところでBGMが秋刀魚のものになる、というわけではなかった模様…。
これ以上新たな任務は出現せず、秋刀魚集めはこれで一段落といったところ…秋刀魚はイベント終了時に消滅するそうで、ですのでそれまでに使用したほうがよいわけですけれど、ただ今週は北方海域主力撃破任務が終わるまでは引き続き3-3へ出撃し続けようかなと考えていて、ですのでまだ秋刀魚を得られる可能性があり、ですのでその任務が終わった時点で秋刀魚を使ってみようと思います(木曜日までに達成できなかった場合は、その時点で使用ということで…)
ちなみに来週からは秋刀魚を集めるという理由が消滅しますので、北方主力撃破任務はまた放置することにしようかと…いえ、これを行っていると燃料弾薬の収支が苦しくって…。
…そして1-5を本当にどうしましょう、新しいかたはやはり縁がなかったということで…?


『よるのないくに』は古城へ行ってみると教授や商人のイベントが発動した、くらいでしょうか。
ただ、その際に新たな従魔として獅子の石像が加わってくださいました。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2015年10月23日

夏空の光

先日はこの様なものを購入しました。
-----
数は少ないけれど…?
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(6)
○はやて×ブレード2(3)
○あやめ14(2)
○シーソー×ゲーム
○プリンスプリンス(1)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『吹雪、がんばります!』から『あやめ14』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品…『シーソー×ゲーム』は百合が確実な作品ということで購入をしたものとなります。
下の作品は百合姫コミックスで男性主人公ではない作品、ということで購入をしたものとなります。

今回は数が少なく、ですのでもう月末のきらら系などと一緒に購入をしようかな、とも考えて、でも昨日は機会がありましたのでこうして購入をしてきまして、ですのでここまでタイミングが遅くなってしまったのでした。
数は少ないながら『艦これ』『はやブレ』、そして何より百合的にかなり期待できる『シーソー×ゲーム』と質の高い作品が揃っていて、もちろんこの3冊を最優先で読んでいきましょう。
…ただ、その他2冊の帯の煽り文句が、悪趣味にしてもひどすぎるここではとても書けない様なことでしたり、あるいは百合姫コミックスなのに○の娘を強調したものとなっていたりともう気が狂っているとしか思えないレベルのひどさ…百合姫コミックス、以前読んでいるものや以前読んでいるものといい、個人的に内容が微妙と感じている連載作品ほど帯の煽り文句も読む気力を削ぐものになっているのですけれど、こういう煽り文句で読みたい気持ちの増すかたはいらっしゃるのです、か…?(ちょっと真剣に解らないです…)


また、先日はこの様なものも届いていました。
-----
移植版です
○FLOWERS(夏編/PSVita版)
-----
…こちらはヴィータさんなソフトとなり、好きなシリーズの作品ということで購入をしたものとなります。

こちらはタイトルどおり以前している『FLOWERS』夏編のヴィータさん版…以前オリジナル版をしている春編が以前しているヴィータさん版となったのに続く移植版となります。
ちなみにPSPでも出ています。

個人的に夏編は千鳥さんという非常に素晴らしいキャラクターの存在のため春編以上に好きなのですけれど、ただ現状ゲームは『よるのないくに』をしていてその後もアサミーナさんを主人公にできる『七竜3』をすることが確定ですので、こちらに手をつけられるのはそれらを終えた後、つまり相当先のことになってしまいます。
ただ、こちらはすでにオリジナル版をしていますので、そう慌てることはないかなと思っています。

その様なこちらにはオリジナル版についてきたものとはまた違ったドラマCDがついてきており、オリジナル版を終えてストーリーやキャラクターにはすでに触れていることもあり、こちらのみ昨日のうちに聴いてみました。
お話は2つ収録されており、どちらもすでにえりかさんと千鳥さんの関係が親密になった後のこと…1つは蘇芳さんを巡りお二人がお二人とも勘違いをしてしまいやきもちをやきあうお話、2つめは『FLOWERS』のドラマCDではすっかりおなじみとなっている怪談話となります。
今日の日誌のタイトルはこのドラマCDのタイトルにしてお二人が一緒に歌った曲の名前でもあります。
千鳥さんといえばツンの印象の強いかたですけれど、このドラマCDの様にすっかりデレになっている終盤の彼女もかわいく微笑ましくよいもので、またドラマCDのボリュームもかなりのものとなっており、これはオリジナル版をしているかたもこのドラマCDを聴くために移植版を購入しても損はないのではないでしょうか、少なくとも私は満足です。
…その様な内容ですので、もちろん夏編を一度もプレイしたことのないかたは本編終了後に聴きましょう。


百合なゲームといえば、これまでドラマCDを6枚も聴いている『りりくる』について、こちらの公式サイトに…
りりくる Rainbow Stage!!!
…『りりくる Rainbow Stage!!!』の特設ページができていました。
こちらは百合なPCゲームとなり、サイトによると来春発売予定とのことです。
バッドエンドのない、全員が主人公の作品とのことですので、安心してプレイできそう…期待して待ちましょう。


『艦隊これくしょん』は遠征に出ていらした海風さんがレベル30で改仕様となり、12.7cm連装砲B型改二を持ってきてくださいました…そして彼女もよい感じのかたですので戦闘で使っていきたいところです(ちょっとレベル30あたりで使いたいかたが多くなりすぎてきましたけれど…これでレベル35まで上がると次は朝雲さんや山雲さんたちが控えていて…?)
ちなみに瑞穂さんはレベル35でも改仕様にはなれません…。
開発は12cm連装砲、7mm機銃、14cm単装砲、天山ということで、いつも通りの惨状…。

戦いのほうはまずはいつもどおり輸送船3撃沈任務のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣、はじめの出撃は輸送船エリアへ到達するもののル級さん+輸送船2という外れ編成と遭遇し任務失敗…ただ2回めの出撃も輸送船エリアへ到達、こちらは輸送船4の当たり編成と遭遇し、昨日発動していた輸送船5撃沈任務ともども任務完了となりました。
引き続き南西諸島制海権任務にも挑戦しますけれど、昨日は(も?)羅針盤さんが安定せず、特にはじめの分岐で東へ進んだ場合は次のボス前分岐でかならず南下してしまう現象が発生…結果、南西諸島任務達成までに輸送船エリアへ4回、高速建造材へは1回飛ばされましたけれど、そのためろ号作戦が80%以上達成ともう安全圏に達したと考えてもよさそうな達成率となってくださいました。

南西諸島任務が終わったということで潜水艦撃沈任務が出現、ここ最近何も得られないどころかボス艦隊全滅にすら失敗していたりしてあたら無為に損害を出している印象が強く非常に気が進まない1-5へ、高波さん、瑞鳳さん、日向さん、夕張さんで出撃を敢行してみます。
絶望の初戦は瑞鳳さんが微少ダメージ(いえ、11ですので結構なダメージ…)となり、恐怖の第3戦で高波さんが中破、ボス戦では日向さんが微少ダメージとなり敵全滅には成功、けれどもちろん何も得られません。

その後は最近の日課になってしまっている例のもの集めのため、北方海域主力撃破任務を同時に実施すべく3-3出撃をいつもの皆さん…夕張さんと古鷹さんとビスマルクさんと葛城さんと蒼龍さんと飛鷹さんで敢行します。
はじめの出撃は初戦でHP残り2の駆逐艦に蒼龍さんが10のダメージを受けてしまいながら渦潮→ボス前→家具箱となり、ボス前では金のヲ級さんの攻撃が必中し古鷹さんと蒼龍さん中破という結構な損害を被りやはり何も得られません。
中破の時点で9時間以上の修理時間となっていましたのでやはり高速修復材を使わざるを得ず、他の皆さんは無傷でしたことからそれを使用し2度めの出撃を敢行、今回の初戦は航空戦で敵旗艦を含む5を一挙撃沈、その先は赤い軽空母3→渦潮→ボス戦となり、軽空母戦でも航空戦で一挙5の撃沈、ボス戦は航空戦で金のル級さんの撃沈に成功したこともあり大きな損害なく終えることができこの時点で北方海域主力撃破任務が完了、そしてボス戦では秋刀魚を発見、同回収に成功しました。
2度めの出撃の損害が非常に軽微でしたこともあり3度めの出撃を敢行、初戦ではまた航空戦で敵旗艦を含む5を一挙撃沈、その先は赤い軽空母3→ボス前→家具箱となり、軽空母戦でもまた航空戦で一挙5の撃沈に成功、ボス前では葛城さんが小破し何も得られません。

ということで昨日の3-3での秋刀魚入手は1尾のみ…でも得られただけありがたいもので、任務のほうも80%以上達成となりやはり30尾でいいっぽく、この調子で1日に1尾ずつでも得ることができれば、イベント終了までには普通に30尾集めることができますけれど、果たして…?
そしてやっぱり敵全滅は前提として、味方の損害が少ないほうが秋刀魚が出やすい印象は変わらず…ヲ級さんとル級さんをいかに沈黙させられるかにかかっているわけですけれど、やはり運が…。
その他、1-1へも何度か艦隊を派遣しますけれど、やはり何も得られず(というよりボスにしか進みません…ボスでは一度も出たことがありませんのでそういうことなのでしょう)…こちらは来週のあ号作戦に期待しましょう。


『よるのないくに』は教会の奥へ向かい、ボスを倒して祭壇を見つけますけれど偽物でした模様…でもそれがきっかけでアーナスさんとリュリーティスさんはお互いの気持ちを吐き出すことができ仲直りができたみたいです。
第4章はそれで終了、幕間に入り様々なイベントが発動しますけれど、闘技場にいた何人かの従魔たちがリュリーティスさんのカップケーキにやられ消滅した模様…あと、ようやくあの黒猫の正体を明らかにできるかと思われた矢先、邪魔が入ってしまったりもして…?

それらイベントをこなそうかなと思ったのですけれど、ノートにあった羽根の持ち合わせがない悲劇が発生…お店を回っても売っておらず、これを回収するのが先決となってしまいました。
丁度よい機会ですので羽根が得られることを狙って色々なダンジョンを、色々な従魔を使いつつ回ってみるのもよいかもしれませんけれど、ただ回復のできる従魔が一人しかいないっぽいのがきついです…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴