2023年01月14日

単行本『マグロちゃんは食べられたい!(1)』紹介

【単行本紹介】
『マグロちゃんは食べられたい!(1)』
□マグロちゃんは食べられたい!(1/まんがタイムKRコミックス)
■はもさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
人間になった魚と同居することになった女の子を描いた4コマです。
主人公のみさきさんは魚、特にマグロ(を食べること)が大好きな魚マニアの女の子で、夢であるマグロを丸ごと食べることを目指し、ほぼ釣れないことは解っていながら一縷の望みを託して堤防釣りをしていました。
その様な彼女、ついにマグロを釣り上げたのですけれど、少し目を離した間にそのマグロが人間の姿になってしまっており…?

お話のほうは、その様な不思議な人と同居することになった女の子を描いたお話…。
マグロの他にもカジキが人間となりみさきさんの幼馴染と同居することになったりしますけれど、なぜその様なことになったのかは謎…今のところ楽しくおバカなコメディ作品であり、そこまで深く考える必要はないかと思います?
まぐろさんは釣り上げたみさきさんを運命の存在だと認識し食べられることを望んでいるのですけれども、もちろん人間の姿の存在にそんなことはできませんし、仮に元の姿に戻ったとしてもすでに情が移っており食べることは難しいでしょうし、果たして…続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月13日

単行本『ゆるゆり(22)』紹介

【単行本紹介】
『ゆるゆり(22)』
□ゆるゆり(22/百合姫コミックス)
■なもりさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『大室家』:同一作者さまの単行本・今作のスピンオフ作品
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』:TVアニメ版(この後OVA版も発売)
 『ゆるゆり コミックアンソロジー』:アンソロジー

(特記事項)
 ○過去に3期にわたってTVアニメ化されOVAも出ている作品

(作品について)
ここまで続いている、そして特にストーリーのない作品だけありやはり今巻も安定して楽しいコメディ作品となっています。

ということで特筆すべきこと自体は特にはなし…強いていえば先日紹介したスピンオフ作品である『大室家』と同じネタを使ったお話があったりしました?
ともあれ、引き続き長く続くことを願って見守っていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月12日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第177回(2021年5月13日・その2)
前回(第176回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月13日(その2)
武器
…巨大な宝石原岩を採掘しながら装備の状態を確認しています?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
先日のメンテナンスでクリスマス関連を中心とした4つのイベントが終了、代わって3つのイベントがいずれも復刻ながら発動しました。
復刻とはいえ、一つはヤエさんのおみくじイベントであり、新春の時期にぴったりのものとなっています…さらにポイントにより星霊の書と交換が可能であり、私の場合ヒノエさんをまだお迎えしていないのでその意味でもありがたいイベントとなっています。

ただ、他の2つのイベントはちょっと問題のあるものになってしまっており、まずちえさんのイベント…ちえさん自体はかわいくまた和風であり今の時期に合っているといえるのですけれど、問題はこのイベントはついこの間あったばかり、ということなのでした…。

3つめのイベントは、以前あったジビエ食材の様に安くない費用で料理を作り、その料理を作るといいアイテムが得られる可能性がある、というもの…
料理
…一番よい料理を作ろうとするとその下位の料理を複数作らないといけなかったりと、まず製作が面倒になっており、しかも一番よいものを作ろうとすると合計で600Gくらいかかりそうと、やはりお金もかかるものとなってしまっているのでした。
先日試しに一通り作ってみましたけれどやはり面倒…得られたものは超級装備強化の書×10と悪くはなかったのですけれど、面倒な上にお金も高いということで、結局ジビエ食材と同じく放置になりそう…?

また、今回のイベントは終了が2月7日、そして前回から発動し次回のメンテナンスで終了する者たちは1月31までとなっており、次回メンテナンスが3週間後、次々回はその1週間後ということになりそう、です?
一瞬イベント更新回数が『セブンスダーク』の様に減ってしまうのでは、と思ったのですけれど、年末年始を挟んだことにより日程がおかしくなっているだけかもしれず、次のメンテナンスを注意深く見守りましょう。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
園芸師のクラスクエストはメインストーリーを進めないと先へ進めないとなっていたので止まっていたのですけれど、紅玉海、ヤンサという地方に到達できたことにより受領可能となり…
園芸師クラスクエスト
…先へ進めることができました。
けれどこの次の段階になるとまたメインストーリーを進めないといけないとなってしまい、1段階しか進めなかったのでした。
ちなみに長く停止している踊り子のジョブクエストはここまでメインストーリーが進んでもまだ進めない状態でした…。

先へ進めないとクエストが進まなかったといえば新たな友好部族クエストの亀なコウジン族もそうでしたけれど、アジムステップという場所まで進んだらその先は特に要求されなさそうな雰囲気ですので一安心…?
ナマズオ族にも友好部族クエストがあるのは確実(裁縫師のリストに存在)なのですけれど、まだ今のところは発生しない模様…。

そのメインストーリー、ゼノスなる人物と2回めの対戦となったのですけれど、相変わらず手も足も出ないという描写…あの、そんな強すぎる人間が帝国の皇太子でいるのでしたら、アルテマウェポンとか完全に作る必要性ありませんでしたよね…?
ここまでおかしい人がいるとそのあたりがどうしても引っかかってしまいすっきりしません…。

その他、お得意様取引でデュランデル伯爵とマエリさんのものに続いて…
お得意様取引
…ドラゴンなエル・トゥさんのものも完了することができ、エル・トゥさんな乗り物を得ることができました。
お得意様取引はその2つの他にシロさんのものも終えていますけれど、いずれも微笑ましいお話となっておりよきものでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月11日

単行本『大室家(6)』紹介

【単行本紹介】
『大室家(6)』
□大室家【おおむろけ!】(6/百合姫コミックス)
■なもりさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ゆるゆり』:同一作者さまの単行本・今作の原作

(特記事項)
 ○『ゆるゆり』のスピンオフ作品
 ○特装版も存在

(作品について)
大室家の3姉妹の日常を描いたお話です。
この巻でも引き続き姉妹の日常が描かれていき、やはり既刊同様に楽しく安心して読むことのできるものになっています。

そうした日常の作品ですので特筆すべきことはあまりありませんけれど、高いレベルで安定して楽しいものというのは間違いなくよきものとなっています。
ですので続きも引き続き楽しみに見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月10日

単行本『不揃いの連理(7)』紹介

【単行本紹介】
『不揃いの連理(7)』
□不揃いの連理(7/カドカワコミックス)
■みかん氏さま
前巻(第6巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『先輩、美味しいですか?』:同一作者さまの単行本

(作品について)
何組かの女のかたがたの恋愛関係をメインに描いたお話となります。
この巻でもそのそれぞれのかたがたの関係を1話ごとに描かれるかたがたを変えつつ見守ることになりますけれど、この巻では第1巻の頃からのお二人の妹であり友人であるお二人の関係が大きく動くことに…?

その他の出来事としては大きなことはありませんけれど、上で触れた初期からのお二人やゲーム仲間なお二人の日常が多めとなっており、これらは微笑ましくよいものです。
一方で教師と生徒なかたのお話はほんの少ししかありませんでしたけれど、作品はまだ続きますのでこの先そのかたがたも含めどうなるか引き続き見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月09日

単行本『しあわせ鳥見んぐ(2)』紹介

【単行本紹介】
『しあわせ鳥見んぐ(2)』
□しあわせ鳥見んぐ(2/まんがタイムKRコミックス)
■わらびもちきなこさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『佐藤さんはPJK』:同一作者さまの単行本

(作品について)
バードウォッチングをするかたがたを描いた4コマです。
この巻でも引き続き鳥を観察する日々が描かれていき、安定した微笑ましい日常が見られます。

後半では鳥の動画配信の視聴数を増やすという意味もあり飛島という珍しい鳥が多くいるという島へ行くことになるのですけれど、その島へ行くにあたり翼さんの様子が少しおかしく…?
実は翼さんはその島との繋がりがあるかたでして、終盤ではそのあたりの葛藤も描かれたりし…その葛藤は一応の決着を見、そして作品自体はまだ続くご様子ですので続きも見守っていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月08日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第176回(2021年5月12日・13日)
前回(第175回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月12日
謎の暗号?
…学園広場で金色の服を着たかたがたが謎の暗号を吹き出しで出している様子です?

○2021年5月13日
謎のやり取り?
…学園広場で金色の服を着たかたがたが謎の会話を吹き出しで出している様子です?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
日々のコンジキ樹海でのデイリークエストのみでエレメンタラーに続いて剣聖もレベル80に到達しましたので、続いて現在職業進化の巻物を所持していた2つの職業のうち学者を2次職にすることにしました(もう一つはレンジャー)
2次職にするための一連のクエストの中にノヴァタワーに挑戦するというものがあるのですけれど、こちらは実はその対象職業でなくどの職業で挑んでも問題ないという…。

2次職について、それになるために必要な職業心得の切れ端というアイテムを毎日入手できる様にと、各職業ごとに城下町でデイリークエストが用意されています。
切れ端がこのデイリークエスト以外の方法で結構簡単に溜まるということもあり今までこちらを意識して実施したことはなく、2次職になった際にその職業のものを1回だけ実施した程度でしたりします(ですのでロードナイト、魔導士、剣聖、学者でしかしたことがない…)
1回実施するとコレクション可能な召喚アイテムがもらえるのですけれど…
職業クエスト成就
…よく見るとダンジョン挑戦やボス撃破などと同様に100回実施成就があり、しかもコレクション可能なアイテムがもらえるということにも気づきました。
こうなるとやはり実施していこうということになり、毎日1つだけ実施していくことにします…1職業100回を職業分ですので全職業達成までには数年かかりますけれど、のんびり…。
ちなみにデイリークエストの内容は職業によって差異があり、かなり簡単に終わるものもあれば城下町以外の場所へ行くことになるものもあり…?

成就といえば、レアモンスター撃破数をこれまでほとんど意識していなかったのですけれど、最近はこちらも積極的に達成していこうということで、立ち寄ったフィールドのレアモンスターをなるべく撃破していく様にしています。
その他、空いている時間に禁忌の工場へ向かいこちらも地道に進めていきたいところ…ダンジョン関連の成就は本当に多数ですので、こちらも気長にのんびりやっていきましょう。

その様な昨日はデザートアリーナが開催されず残念…スプラッシュアリーナや龍炎の監獄の人の集まりを見ると集まってもよさそうに感じられるのですけれども、ともあれ来週は集まることを願います。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
今週分の攻略手帳のリーヴ消化を実施した結果機工士がレベル40に到達…
機工士ジョブクエスト
…ジョブクエストが発生しました。
今回はイベント戦闘があり少々不安でしたものの特に問題なく終えることができ一安心ながら、お話の展開から次か次あたりにはナイトレベル60代の様な試合に出ることになりそうでこちらも不安です?

また、リーヴの攻略手帳達成経験値を今回は暗黒騎士に振り、レベル52となりましたので…
暗黒騎士ジョブクエスト
…そちらのジョブクエストも実施しました。
こちらは内容としてもまだまだこれからといったものとなっていますけれど、新たなスキルとして『星界神話』のパラディンが持っている様な設置型攻撃を覚えられました?

どうやらモグコレの期間は10日までの様子で、アライアンスレイドのルーレットでダン・スカーが、討滅戦のルーレットでギルガメッシュ戦がよく当たったこともありポイントが結構貯まっていますので忘れずに交換しましょう。
よく当たったこともありダン・スカーの戦闘にはかなり慣れ戦闘不能になることはまずなくなりました…マハの最終戦よりも楽に戦えるくらいかもしれません?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:48 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月07日

単行本『どれが恋かがわからない(2)』紹介

【単行本紹介】
『どれが恋かがわからない(2)』
□どれが恋かがわからない(2/MFCキューンシリーズ)
■奥たまむしさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『明るい記憶喪失』:同一作者さまの単行本

(作品について)
色々な女のかたに好かれる女の子を描いたお話です。
この巻でも引き続きその様な状況に振り回されるメイさんの日常を描いていき、完全に心惹かれている人がいる様に見えても他のかたと接近するとそのかたのほうへ惹かれていくので現状ではやっぱり特定のお一人に定まることはありません?

ですので今のところ今作がどの様なかたちに落ち着いていくのかはまだ全く解らないといったところで、そうした先の見えなさも面白いところといえます。
果たしてこの先どうなっていくのか、続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月06日

単行本『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 キズナComicBook(3)』紹介

【単行本紹介】
『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 キズナComicBook(3)』
□ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 キズナComicBook(3)
■矢立肇さま(原作)/公野櫻子さま(原案)/2C=がろあさま(漫画)
前巻(第1・2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』:アニメ版(これは第2期)
 『にじよん』:別のコミカライズ版
 『ラブライブ!スーパースター!! Liella!Kila2 Life Comic』:原案担当のかたの別の原案担当作品

(特記事項)
 ○2期にわたりアニメの放送された『虹ヶ咲』のコミカライズ版の一つ

(作品について)
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のかたがたの日常を描いたお話です。
この巻ではアニメ版第2期から新たに登場した3人それぞれに焦点を当てたお話が描かれていきます。

『虹ヶ咲』第2期を観はじめた当初はこの3人の印象は薄かったり、あるいはあまりよくはなかったのですけれど、アニメのほうでもお話が進んでいくにつれてよい印象になったのと同様、こちらの作品でもそれぞれによいお話で満足のできるものになっています。
これで一通り全員のお話が展開できたわけですけれど、今作はどうなるのか…アニメのほうもどうなるのか、今後を見守ります?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月05日

アニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期)』紹介 / その他

【アニメ紹介】
『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期)』
□ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期/1〜7/写真は第7巻のみ)
前期(第1期)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 キズナComicBook』:コミカライズ版
 『ラブライブ!』:アニメシリーズ第1作(これは劇場版)
 『ラブライブ!サンシャイン』:アニメシリーズ第2作(これは劇場版)
 『ラブライブ!スーパースター!!』:アニメシリーズ第4作(これは第1期)

(特記事項)
 ○過去に2シリーズアニメ化されているシリーズの3つめにあたるアニメ化作品(その後さらに1シリーズ増加)
 ○原作はソーシャルゲーム?
 ○第2期となる作品
 ○今期にスピンオフ作品?『にじよん』がアニメ化

(作品について)
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のかたがたの活動を描いたお話です。
今作は上で触れた通り、これまでの、そしてこれの後に放送されたものも含め『ラブライブ!』シリーズでは例外なく放送されている第2期なものとなっています。
無印及び『サンシャイン!!』では第2期となっても構成人員に変化はなかったのですけれど、今作では第2期から新たに3人のかたがメインキャラとして登場することになります(これの後に放送された『スーパースター!!』第2期でも3人のメインキャラが追加されました)
その新たな3人については序盤では出番がかなり少なかったり、あるいは立ち位置が怪しく感じられ必要性に疑問を持ちかねない印象だったのですけれど、その後の展開で今までいらっしゃるかたがたに負けず劣らず魅力的でよいかたがただと感じられる様になっています。

そうして先日届いた最終巻に収録は第12・13話となっており、第12話はラブライブに出ない皆さんが出場するスクールアイドルを応援したりするお話、最終話となる第13話は虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のファーストライブとなり1話のほぼ全てを使ってライブの様子が描かれます。
第12話で歩夢さんが留学の話を出してきたときは正直「またなの?」と思ってしまいましたけれど(無印、『スーパースター!!』第2期で実績あり…後者は今作よりも後の公開ですけれども)、その顛末も含めよいお話であり、さらに最終話は多分『ラブライブ!』シリーズでもっともきれいにまとまったとてもよい最終話になっていました(というより『ラブライブ!』シリーズの最終話って続編ありきになっていることが多いためか微妙なものがほとんどになってしまっています)
この最終巻に至るまでの流れも非常に良かったこともあり、最終的な感想としては大満足であり、文句のつけどころのない作品…ここ最近観たアニメたちの中でももっとも満足した作品と言ってもよいでしょう。

『ラブライブ!』シリーズはこれまで無印と第2作の『サンシャイン!!』は第2期の後に劇場版が公開され、第4作にあたる『スーパースター!!』は第3期の製作がすでに決定していますけれど、今作がどうなるかは今のところ解りません。
声優さんのお一人が引退されたっぽいお話もあり先行きが不透明ではありますけれど、ただひとまず今期にショートアニメである『にじよん』が放送予定とのことです?


【その他】
上で触れた『虹ヶ咲』第2期最終巻と同時に届きました『ラブライブ!スーパースター!!』第2期第4巻も観てみました。
こちらも1巻2話収録であり今回は第7・8話となります。

こちらはTV放送ですでに観ているわけですけれど、第7話は多くのシリーズで1話はあるおバカなものとなっており笑えばよいもの、第8話も普通によいお話と、ここまでは特に問題はないのです。
問題となるのはこの先なのは明らかで…ここから色々おかしくなってきてしまうので、少々覚悟をして見守らなければなりません(まずは謎の予選会ルールでサニーパッションが予選落ちというひどいお話から…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2023年01月04日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第175回(2021年5月11日・その4)
前回(第174回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月11日(その4)
謎の集団
…この時期によく学園前広場でコメント吹き出しを出していた黄色いかたがたを撮影しています。
宝石原岩
…宝石原岩採掘告知用の画像ですけれど、現在Twitterのアイコンで使用している画像でもあります。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
本来でしたら毎週火曜日にモールの商品が更新されるのですけれど、昨日はまだ1月3日ということもあり次回の更新は5日という星界ルーレットと同日の更新とされています。
その5日までで新春福袋各種が販売されており、さすがに全てを購入するのは厳しいので…
福袋アイテム
…気になるもののみを購入してみました。

今回得られたもので特筆すべきものははじめての入手となるアタックメテオストーン…これはなかなか入手できず、オークションで購入しようとすると15000Gくらいはするのでもちろん手の出ないものでした。
ですので今までのメテオストーンは全てディフェンスを使っていたのですけれど、こうして1つアタックが入手できましたので、最大強化である5段階めはアタックを使用することにします。
1から3段階めはディフェンスを使用しており、残りは4段階めが空いており、アタックの2つめが入手できたときのために開けているのですけれど、クリティカル並に価値が低いと思っていたスピードが2段階め以上になると移動速度が上がることが判明、移動速度もかなり重要な能力値であるため4段階めはスピードでいいかもと真剣に検討しています。
…ただ、段階を引き上げるには結構な現金が必要となり、福袋で結構なお金を使ったこともありますのでしばらくは様子を見ます。

その他の入手品はアバター中心となり、背中アバターの羽根がなかなかよいのですけれど、今現在使用しているふたご女神が強すぎますのでもちろん変更はありません。
星霊福袋について、公式の説明が曖昧でしたのでもしかすると好きなかたを選択できるのではと思って購入をしてみましたけれど、案の定(?)ランダム…すでにお迎えしているかたが当たってしまいました。
まだお迎えしていない星霊さんも少なからずいるのですけれど、この状態では次に誰かを新たにお迎えできるのはいつになるか…気長にいきましょう。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
昨年末まで行われていたクリスマスイベントといえる星芒祭が終わり、代わって降神祭というイベントが発動、さっそく実施してみました。
こちらは昨年にも同じ時期に行われたものでして、その昨年は専用のF.A.T.E.が発動した記憶がありそれが発動するのを待つのが大変でした記憶があるのですけれど、今年はそうしたことはなく会話イベントのみで終わりますので一安心…
おみくじ
…その流れの中でおみくじが引け、こちらはイベント終了後も引くことができます。
そうしたこのお祭りは十二支にちなんだものとなっており、今年はうさぎにちなんだ?甲冑がもらえます。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
『NGS』のほうは休止以降一切足を踏み入れていませんのでどうなっているか解りませんけれど、『PSO2』のほうは例年通りお正月仕様となり、こちらでも…
おみくじ
…おみくじが引ける様になりました。
上の画像にティナさんが写っていませんけれど、凶を引くと爆発が起こり吹き飛ばされてしまう模様なのでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2023年01月03日

その他

【その他】
昨日は先日届いたアニメDVDたちのうち『Do It Yourself!!』の第1巻を観てみました。
こちらはコミカライズ版がなかなかよい感じでしたことから購入をしてみた前期の作品となり、1巻に3話収録ですので今回は第1話から第3話までの収録となります。

お話のほうはコミカライズ版同様であり、コミカライズ版は普通にアニメのお話そのものをコミカライズしています。
そのお話のほうはかなり正統派な部活ものであり安心して楽しく観られるものとなっています…特に何のひねりもないのですけれど、個人的にはこういう安心して楽しく観られる作品が好きですのでもちろんよいことです。
まだメインキャラ全員が揃ってはいない様子ですけれど、この様子でしたら『ルミナスウィッチーズ』同様に引き続き何の心配もなく安心して見守っていられるでしょうし、続きも楽しみにしましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | お知らせ/その他

2023年01月02日

その他

【その他】
先日はこの様なものが届いていました。
-----
4作品
○ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第2期/7)
○ラブライブ!スーパースター!!(第2期/4)
○ルミナスウィッチーズ(3)
○Do It Yourself!! 〜どぅー・いっと・ゆあせるふ〜(1)
-----
…全て一連で予約をしているアニメとなります。
『虹ヶ咲』が今回で最終巻となる一方、『Do It Yourself!!』は前期の作品となり今回が第1巻となっています。
ちなみに前期の購入はそれだけ…といいたいのですけれど、前期扱いにしてよいのか謎な『水星の魔女』も実は予約済です。

昨日はこれらのうちから『ルミナスウィッチーズ』の第3巻を観てみました。
1巻3話収録ですので今回は第7話から第9話となり、第9話でワールドツアーは世界を一周してその日程を終えることになります。
第7話は『ストライクウィッチーズ』第1期のエピソードと重なるお話があったりし、その際に少々謎でしたことが解決したりし…?
ともあれどのお話もやはりとてもよく、今作は本当に安心して観ていられるよきもの…残り3話、どの様な終わりを迎えるか、最後まで見守っていきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | お知らせ/その他

2023年01月01日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第159回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:もきゅもきゅ、新年あけましておめでとうございます、今年はじめての『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:あけましておめでとうございます、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:今年も私と麻美の放送、よろしくよろしくお願いします♪
新春挨拶
あ:よろしくお願いいたします♪

か:去年は世間一般でいうとまだまだおかしなおかしな病気が収まらなかったり、物騒物騒なことが起こったり、それに伴って色々…とにかくとにかく暗いことが多い多い印象のある年だったかもしれません?

あ:そうだね、重いことが多すぎるからもうニュースとかはなるべく見たりしない様にしてるくらいだから…今年はそういうことが全然気にならない様な一年になるといいね♪

か:ですです、でもでもどうなるにしても、ここではそんな重いことは気にせず明るく明るく放送をしていきましょう♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:ですです…そんな去年についてですけど、ゲームのほうは引き続いてオンラインゲーム3つをしているんです?

あ:うん、といっても『PSO2』は『NGS』を休止したりと大幅に縮小して『星界神話』をメインに『FF14』もやってるってところかな?

か:当初は『アルピエル』『PSO2』をしてたわけですし、やっぱりやっぱり3作同時というのは大変大変ですから1つをやめるか縮小縮小していくのはしょうがないです。

あ:『星界神話』がその『アルピエル』の立ち位置になってて毎日そこでのんびりしてるけど、人が少なくなってきてて先行きが不安っていうところまで重なってきてるのがちょっとつらいところかも…。

か:あぅあぅ、今後も長く長く続いてくださることを願いたいものです!

あ:アニメのほうはまたそのうち次の放送で見ていくことになるからここでは深くは触れないけど、少なくとも最近はまんがタイムきらら系列が原作のものは私の感性とはかなり合わなくなってきてるみたいかも…?

か:あぅあぅ、そうなんです?

あ:うん、某キャンプ作品にはじまり某魔族なもの、そして某ロック作品と、私が合わなかったりそこまでかなって感じて原作そのものを切ったりアニメは気にしないでおくことにした作品たちが世間一般ではかなりヒットしてるみたいだから…。

か:そうなんですか…まぁ、一昔前みたいにいわゆるきらら系だということで特別視することはもう何も何もないですし、世間一般のことは気にしないで今後も気になる気になるものを購入したりすればいいと思います♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:ではでは、また近いうちに私たちの普通の普通の放送があると思いますけれど、今日はこのあたりにしておきましょう♪

あ:皆さんにとって今年一年がよい年になることを願っています♪
posted by 桜乃 彩葉 at 11:18 | Comment(0) | あさかな/すみりおRadio

2022年12月31日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第174回(2021年5月11日・その3)
前回(第173回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月11日(その3)
ブリーズガーデン
…ブリーズガーデンの景色のよい場所を撮影しています?
ファロン
…ブリーズガーデンで印象に残りやすいボスなファロンを撮影していますけれど、このシーンでムービースキップをすると足が速くなるという現象が起こります。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
毎週土曜日の20時からデザートアリーナという最低20人で実施され半分ずつに分かれて拠点占領をしていく対人アリーナの募集があるのですけれど、こちらは8月くらいまで以前は年末年始やいわゆる黄金週間、お盆休みといった世間一般が大型連休に入るタイミングで募集がされていました。
その流れで今回も今日は募集なしなのに対し昨日と一昨日に年末の募集ということで実施…頻度が多くなった影響か人の集まりがやや微妙になってきていますけれど、それでも開催され一安心です。

こちらへの参加メリットは純粋に大人数で楽しむことのほか、ここでしか採掘できない財宝を拾い集めることによるもの、あるいはときどき出現するドラゴンを倒し変身することによりそれぞれ得られる成就を達成するというものがあります。
私は参加当初から延々財宝を拾い続けていましたのでそちらの成就は全て達成、ですので今後はドラゴン変身成就を目指すことにし、ドラゴンが登場した際は積極的に倒しに行くことにしたのでした。

…デザートアリーナ参加時の問題として、20時台がそれへの参加になりますので、本来20時台に実施している事柄、主に魔物討伐対象ダンジョンへ向かうというものを他の時間帯にしないといけなくなる、というのが地味にしんどかったりします?(何)

一方、なかなか私の参加できる時間帯には募集はないものの、最近では週末のお昼に各種職業アリーナの募集があり、こちらへ参加するとコレクション可能なペット作成のレシピに必要な交換ポイントや作成に必要なアイテムが入手できますので、募集があればこちらも参加したいものです。

比較的開催頻度の高い秘密基地レースとスプラッシュアリーナの2つに関してはプレイヤーレベルは一切関係ないので気軽に参加できるものとなっていますけれど、それ以外の対人アリーナは普通に戦闘をすることになりますので、そのあたりしり込みしてしまい参加されないかたも少なからずいらっしゃいそうです?
現に私も手も足も出ないわけですけれども、上で触れた様な得るものがあり、また数少ない(?)他のかたと交流できる機会でもありますので、今後も都合のよいときには参加していきたいものです。

各種職業アリーナについて、以前はデスマッチアリーナともども「んまっち!」のかたが夜に募集をされていたのですけれど、この数ヶ月お姿がみえなくなってしまい、秘密基地レースやスプラッシュアリーナともども非常にさみしいことです…。
あそこまで活発に活動していらして目立ったかたがいらっしゃらなくなるというのはやはりかなりショックであり、これ以上こういうことがないことを願いたいものですけれど、ゲームに動きがない以上徐々にこうなっていくのも仕方ないというのは解っており…。

その他、先日から羊以降のストーリーダンジョンにお金を払って能力を上げられるシステムが導入され、こちらは…
深淵の穴
…羊のダンジョンだろうが…
タソガレ城塞
…タソガレ城塞であろうが、そしてノーマルでしたらソロ用であろうがPT用であろうが支払うお金も能力値上昇率も同じになっています。
能力値上昇はかなり高い値になっているうえ、さらに与ダメージ300%upというこれまでタソガレ城塞の敵側についていたバフがこちらにつくというかなり強烈なことになっており、これまでストーリーダンジョンを突破できなかったかたはインゴットキャンペーンでお金を集めて挑んでみてもよいのではないかと思われます?


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
こちらは日々のんびりストーリーを進めたりルーレット関係でお金を集めたりしています。
新たなダンジョンが登場した際にはルーレットでいきなり当たってしまい心の準備ができないままに挑むことになりましたけれど、特に問題なくクリアでき一安心です。
思いのほか対象ダンジョン等へ行く機会が多いこともありモグコレのポイントも結構貯まってきており、これがいつまで実施されるのかはよく解りませんけれどもそろそろ交換をしてみてもよいかもしれません?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年12月30日

単行本『リコリス・リコイル 公式コミックアンソロジー リピート/リアクト/リロード』紹介

【単行本紹介】
『リコリス・リコイル 公式アンソロジーコミック リピート』
□リコリス・リコイル 公式アンソロジーコミック リピート(MFC)
■アンソロジー

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『リコリス・リコイル』:原作コミカライズ版

(参加者で日誌に記載のある作品作者さま(※最新1作品のみ取上))
 若鶏にこみ:『ぎんしお少々』
 森永ミキさま:『艦隊これくしょん -艦これ- 今宵もサルーテ!』漫画担当
 桜木蓮さま:『アネモネは熱を帯びる』
 如意自在さま:『はるかなレシーブ』
 そめちめさま:『ヒーローさんと元女幹部さん』
 めきめきさま:『オンリー☆ユー』など
 あっとさま:『のんのんびより りめんばー』など
 阿部かなりさま:『はいふり』漫画担当など
 浜弓場双さま:『ハナヤマタ』
 あおのなちさま:『きみが死ぬまで恋をしたい』
 Tivさま:『こもりクインテット!』作画担当など

(特記事項)
 ○アニメのアンソロジー

(作品について)
『リコリス・リコイル』のアンソロジーです。
『リコリス・リコイル』については上で触れた通りコミカライズ版、それにアニメ版をDVDで観ていますけれどもまだ最後までは観れていない状態で、でも今作はアンソロジーらしく楽しい日常要素がほぼ全てでしたのでストーリーのほうは最後まで解っていなくても問題ない内容になっていましたかと思います?

原作はかなり物騒なところのあるものですけれど、ということで今作は安心して読めるものになっていたかと思います?


【単行本紹介・その2】
『リコリス・リコイル 公式アンソロジーコミック リアクト』
□リコリス・リコイル 公式アンソロジーコミック リアクト(MFC)
■アンソロジー

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 ※上の作品と同様

(参加者で日誌に記載のある作品作者さま(※最新1作品のみ取上))
 野上武志さま:『紫電改のマキ』など
 葉来緑さま:『ガールズ&パンツァー 戦車道のススメ』
 才谷屋龍一さま:『ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ』など
 吉田創さま:『ガールズ&パンツァー プラウダ戦記』
 槌居さま:『ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団』漫画担当など
 弐尉マルコさま:『ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!』
 伊能高史さま:『ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante』

(特記事項)
 ○アニメのアンソロジー
 ○上の作品と同一作品のアンソロジーということで同時に紹介

(作品について)
『リコリス・リコイル』のアンソロジーです。
この作品のアンソロジーは今作含め同時に3作同時に発売しています(コミカライズ版も同時に発売)

このアンソロジーについては参加者が『ガールズ&パンツァー』のコミカライズ版を描かれたかたに統一されているという特徴があります?(ちなみに『ガールズ&パンツァー』はよい作品なのですけれど、コミカライズ版についてはついていくのに疲れたので現状購入をやめています)
内容についてはかなりおバカで笑えるという意味で楽しいものが多かったという印象です?


【単行本紹介・その3】
『リコリス・リコイル 公式アンソロジーコミック リロード』
□リコリス・リコイル 公式アンソロジーコミック リロード(電撃コミックスNEXT)
■アンソロジー

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 ※上の作品と同様

(参加者で日誌に記載のある作品作者さま(※最新1作品のみ取上))
 幌田さま:『またぞろ。』
 ぺけさま:『ラブライブ!スーパースター!! Liella!Kila2 Life Comic』漫画担当
 タチさま:『かなえるLoveSick』など

(特記事項)
 ○アニメのアンソロジー
 ○上の作品と同一作品のアンソロジーということで同時に紹介

(作品について)
『リコリス・リコイル』のアンソロジーです。
上で触れた2作ともども3作同時に出たアンソロジーの一つとなり、これのみレーベルが異なるものになっています(結局はKADOKAWAなので同じなのですけれども)

内容については上2つ同様におバカなコメディメインのもの…最後のお話のみは切ない雰囲気のものになっています?
3つでこれだという差別化は感じられませんでしたので3つに分かれているコンセプト・理由は結局解りませんでしたけれど、内容自体はどれも楽しくよいものでしたかと思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年12月29日

単行本『リコリス・リコイル(1)』紹介

【単行本紹介】
『リコリス・リコイル(1)』
□リコリス・リコイル(1/MFコミックスフラッパーシリーズ)
■備前やすのりさま(作画)/Spider Lilyさま(原作)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○アニメのコミカライズ版

(作品について)
リコリスなる暗殺組織を描いたお話です。
お話の舞台は現代日本なのですけれど、こちらの世界はかなり物騒であり、けれども世間一般ではそうした物騒な事柄は一切知られず平和という認識になっています。
それは裏でリコリスなる孤児出身などの子供を使った暗殺組織が人知れず物騒な事態を防いでいるためなのでした。
その組織の一員であるたきなさんはとある事件がきっかけで喫茶リコリコなる場所にいる千束さんなる癖の強い女の子の元へ飛ばされることになったのですけれども…?

そうした今作は上で触れた通りアニメのコミカライズ版となっており、そのアニメ版はDVDを購入し観ていますけれどこの第1巻の時点ではアニメ版と全く同じ流れとなっています。
今巻ではウォールナット護衛の終盤までが描かれており、アニメ同様の流れですのでお話としては特に問題はなく、続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介

2022年12月28日

単行本『ラブライブ!スーパースター!! Liella!Kila2 Life Comic(1)』紹介

【単行本紹介】
『ラブライブ!スーパースター!! Liella!Kila2 Life Comic(1)
□ラブライブ!スーパースター!! Liella!Kila2 Life Comic(1/電撃ムックシリーズ)
■矢立肇さま(原作)/公野櫻子さま(原案)/ぺけさま(漫画)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ラブライブ!スーパースター!!』:原作アニメ(これは第1期)
 『ラブライブ!スーパースター!! Comic Book 2人の時間!』:別のコミカライズ版

(特記事項)
 ○『ラブライブ!』シリーズ第4作にあたるアニメのコミカライズ版
 ○大判サイズよりもさらに大きなサイズ(ムックサイズ?)

(作品について)
Liella!の皆さんの日常を描いたお話です。
上で触れた『2人の時間!』の様なものではありますけれど、こちらはそちらとは違い別に1話につき2人に焦点を当てるということはなく、第2期で登場した1年生なかたがたも加えた皆さんの楽しい日常を描いていきます。

一方で、その『2人の時間!』同様に今作も普通の単行本サイズではなくそれよりも大きな、でも同人誌サイズよりは多少小さなものとなっており、また表紙カバーはなくページ数も少なめになっているという特徴があります。
『2人の時間!』ともども『スーパースター!!』のコミカライズ版はなぜかサイズが特殊になるという特徴がある様子ですけれど、ともあれ内容のほうは楽しくよいものでしたので続きも楽しみに見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | 作品紹介

2022年12月27日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第173回(2021年5月11日・その2)
前回(第172回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月11日(その2)
チャームプキン
…レッドファームに登場するボスなチャームプキンの出現シーンです。
チャームプキン戦闘シーン
…そのチャームプキンとの戦闘シーンです。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
今日のメンテナンスで今現在実施されている期間限定イベントのうちクリスマス中止委員会、クリスマスなユイさんのもの、ルナさんと夢の中で雪合戦をするもの、そしてミントさんのスノーフェスといったクリスマス関連を中心としたものたちが終わります。
といっても、あと2週間継続するイベントたちもクリスマスなものが中心になっていたりして…?

最後の挑戦となった昨日のスノーフェスは無料分もゴールでき、しかもすでにコレクションしているとはいえ橙品質のアバターも出ましたので、最後はなかなか悪くない結果でした。
ただ、それでもまだ未入手なものは結構あるみたいで、来年…もまたあることを願ってあまった結晶は取っておきましょう(欠片はさすがに捨てますが…)

クリスマス中止委員会・オイラー出現も終了…ペットを入手して以降は参加を控えていましたけれど、ああいう大人数が集まるイベントが終わるのはさみしいものです。
ただ、今日更新のイベントは年末年始になりますので、また何か大人数で集まるものが発動する可能性も…インゴットキャンペーンが起こる可能性もあるはずで、どうなることでしょうか…。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
そういえば今現在星芒祭というイベントが開催されており、まだ実施していませんでしたので…
星芒祭
…実施しておきました。
こちらは普通にお話を読み進めるだけですので特に問題のないものとなっています。

お話のほうはなかなか面白いものとなっており、またイベント終了後のおまけイベントではフフチャさんや意外な人物のお姿も見えたりして…?
また、乗り物マウントがもらえるのですけれど、こちらもBGMや特殊演出含めよいものとなっていました。

イベントといえば今現在モグコレというものがあり、特定のダンジョンをクリアすると交換アイテムがもらえるのですけれど、ダン・スカーで交換アイテムが結構たくさんもらえるということでアライアンスレイドのルーレットを実施すると高確率でダン・スカーが当たる様になりました。
おかげで(?)かなり戦闘にも慣れてきて戦闘不能になることはなくなり、マハよりも戦いやすくなってきたかもしれません(マハでも交換アイテムは貰えますがダン・スカーよりも数が少ないので当たりづらい様子…BGMはマハとダン・スカーで大差なくどちらもとてもよくこの2つが当たると結構気持ちが盛り上がります)
ちなみに討滅戦は交換アイテムがもらえなおかつ楽ということからかギルガメッシュ戦がよく当たります。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年12月26日

単行本『はいふり(10)』紹介

【単行本紹介】
『はいふり(10)』
□はいふり Peaceful Diary of HIGH SCHOOL FLEET(10/MFコミックス アライブシリーズ)
■阿部かなりさま(漫画)/AASさま(原作)
前巻(第9巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ハイスクール・フリート』:アニメ版(これは劇場版)
 『ハイスクール・フリート ローレライの乙女たち』:別のコミカライズ版
 『ハイスクール・フリート アンソロジーコミック』:アンソロジーコミック
 『戦翼のシグルドリーヴァ ノンスクランブル』:漫画担当のかたの単行本

(特記事項)
 ○上で触れた通りTVアニメ・OVA・劇場版と展開された作品のコミカライズ版

(作品について)
ブルーマーメイドを目指す女の子たちを描いたお話です。
この巻でも引き続き劇場版の先のことを描いていき、事後の処理に色々追われるかたもおりつつも楽しい日々が続いていくのですけれども…?

後半では劇場版のblu-rayに付属していたドラマCDに収録されていた内容である、劇場版に登場した少女のスーさんについてのお話になります。
彼女の取り調べが終わり、けれどそのために母国へ強制送還という話になっていくのですけれども…ともあれその件はこの巻で一件落着を見、作品自体はまだ続く様子で、果たしてどこまで続くのか、そのあたりも含め引き続き見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | 作品紹介