2022年04月09日

単行本『お菊さんはいちゃ憑きたい(1)』紹介

【単行本紹介】
『お菊さんはいちゃ憑きたい(1)』
□お菊さんはいちゃ憑きたい(1/MFC)
■結野ちりさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
悪霊と同居することになった祓い屋のかたを描いたお話です。
主人公の涼世さんは悪霊を祓う祓い屋という仕事をしており、その実力はかなりのものながら、そのため(性格もあり)同業者からは嫌われ、また過去の経験もあり一般のかたとの交流もない、少しさみしい日々を過ごしていました。
その様なある日、三大悪霊の一人といわれるお菊という悪霊が数百年振りに封印が解けてしまうといい、祓い屋が総力を結集して祓おうとするものの失敗、そのお菊さんは涼世さんを指名し彼女といちゃつきたいなどと言い出し、憑りつくかたちで彼女の家に居座ることになるのでした。

お話のほうは、ということでその様なお二人の同居生活を描いたもの…。
お菊さんは悪霊ではあるものの現時点では実害らしい実害はなく、また涼世さんもさみしい思いをこれまでしてきたということもありお菊さんに情が移っていきます。
そうした中、中盤では三大悪霊のその2となる人が出現しさらに別の理由で同居することになったり…ともあれ現状はおバカで楽しいコメディとなっています。
ただ色々背後事情は見え隠れしており、それがこの先どうなるか…引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月08日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第105回(2021年3月8日・その3)
前回(第104回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月8日(その3)
Dカード撮影
Dカード撮影その2
…前回同様保存用にDカードを1枚ずつ撮影しています。
例によってあまりに数が多いのではじめと最後の画像だけ載せておきますけれど、撮影終了時には巨大なオレンジの木の伐採がはじまっています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
毎日21時から21時20分まで秘密基地レースが開催されており、そこへエントリーすると概ね開催されます(土曜日か日曜日か、そのあたりは開催されない印象が…?)
そして先日は激甘開拓団のかたが初参加されていましたけれど、やはり初参加ではまともに走ることは難しいご様子で、とはいえ操作が独特な上にはじめてですのでそれは仕方なく、私もはじめのうちはまっすぐ走ることすらできなかったのでした。

秘密基地レース初心者のかたは周回遅れになったりしてそれでもう参加する気力が湧かなくなってしまわれる気がするのですけれど、ただ秘密基地レースで一番重要なのは慣れですので、どんどん参加して慣れていけば普通に走れる様になっていきます。
それでもベテランのかたがたとの着差は埋めがたいのですけれど、ただこの秘密基地レースにおいて順位は重要ではなかったりします。

秘密基地を改造するためのパーツなどを購入できるポイントがレース終了時に得られるのですけれど、このポイントは順位に関わりなく…
秘密基地レース
…レース終了時までに走ることのできた走行距離から一の位を削った値がそのまま得られますので、他の人を気にすることなくともかく走ればよいのです。
また、1回クリアすればデイリー報酬としてポイントboxも得られます。

ともあれ、秘密基地レースはキャラクターレベルに影響しない場所であり、慣れると楽しいので、参加を逡巡しているかたは参加してみましょう。
…同じくキャラクターレベルが強さに一切関係しないスプラッシュアリーナも楽しい場所なのですけれど、最近は開催頻度が極度に低くなってしまいさみしい…。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
『蒼天のイシュガルド』へストーリーが移行しイシュガルドへやってきたわけですけれど、ここから新たなフィールドへ進むにはメインストーリーを進めなければならない様子で、ですのでその前に街中で発生するイベントを一通り終わらせることにします。
これまでのウルダハ、リムサ・ロミンサ、グリダニア同様にギルドの様なかたちで新たなクラスをはじめられる場所がありました(占星術師と機工士?)

そして、それとは別に赤魔道士や侍、踊り子やガンブレイカー、リーパーに賢者あたりと同様に街中の人と話すとイベント会話が発生しそれによりそのクラスのイベントが発動するものがあったのですけれど…
暗黒騎士
…明らかに邪悪そうな雰囲気の人との話になり少し驚きました?
しかもここで得られるクラスは暗黒騎士というまた怪しそうなジョブ…
暗黒騎士クエスト
…一応はじめのイベントは終えましたけれど、イシュガルドへ庇護を受けにきて早々そこの騎士と問題を起こしたりして、大丈夫なのです?

ちなみに暗黒騎士はレベル30からスタートと、50からのスタートでした赤魔道士や侍よりも低くなっていました(踊り子などは60以上)
ですのでこれまでの場所のリーヴなどで使えるのですけれど、リムサ・ロミンサ由来のクラスをまだ一つも使っていないのでまずはそちらを使いたい気持ちが強いかもしれません?


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
先日のメンテナンスで期間限定イベントが終了、レベルの上限が引き上げられましたけれど45までということで思ったよりは上がりませんでした?
また、期間限定タスクが発動したのですけれども…
期間限定タスク
…特定の武器を3種も強化せよという、相当めんどくさい指定になってしまっています。
しかもそれで得られる報酬がよく解らないアイテム…ひとまずスルーする方向で考えています、かも?

また、これまではウィークリータスクでした…
デイリータスク化
…これらの繰り返しタスクがどうもデイリータスクにされてしまった模様です。
これらはウィークリータスクでしたので気楽に実施していたのですけれど、デイリータスクにされると一気に恐ろしく面倒なものになってしまいますので、こちらもスルーしましょう…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年04月07日

単行本『スローループ(6)』紹介

【単行本紹介】
『スローループ(6)』
□スローループ(6/まんがタイムKRコミックス)
■うちのまいこさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ななつ神オンリー!』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○アニメ化された作品

(作品について)
義理の姉妹となった二人の女の子の日常を描いたお話です。
この巻では年始のお話からはじまり冬のお話が描かれていき、過去のお話も少し描かれたりします。

中盤からはその過去のお話でも出てきた小春さんの友人にお会いしたりするために彼女の地元へ皆さんでお出かけすることになります。
そこのお話から終盤にかけては少し重いお話にもなったりしますけれども…?
ともあれ、やはりなかなか悪くはない作品であり、アニメDVDは購入を見送りましたけれども原作は引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:01 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月06日

単行本『ニチアサ以外はやってます!(1)』紹介

【単行本紹介】
『ニチアサ以外はやってます!(1)』
□ニチアサ以外はやってます!(1/まんがタイムKRコミックス)
■猫にゃんさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
特撮作品研究部の活動を描いた4コマです。
主人公のあかねさんはかっこいいことがしたいと考える高校1年生の女の子なのですけれど、友人に教えられて向かった特撮研という部活でちょっとトラブルを起こすもののそれがきっかけでスーツアクターとして入部することになりました。
その部は2年生のかたがお二人いるもののそれだけでは廃部となってしまうことから、先にこの部のことを教えてくれた友人を誘い4人で活動していくことになったのでした。

お話としては、ということでその様な部活動を描いたもの…廃部寸前の、それに主人公のあかねさんは特撮について何も知らない人であり、そのあたり含め部活ものの正統派の流れを汲んだお話といえます。
文化祭へ向け特撮作品を作ることになるものの廃部をもくろむ顧問のせいで1週間で何か作ることになったりしながら、ともあれ基本的にはかなり明るくおバカな、安心して読めるコメディ作品となっており続きも見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月05日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第104回(2021年3月8日・その2)
前回(第103回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月8日(その2)
Dカード撮影
Dカード撮影その2
…前回同様保存用にDカードを1枚ずつ撮影しています。
例によってあまりに数が多いのではじめと最後の画像だけ載せておきます。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
魔物討伐が今日で締め切りとなり、これまででしたらフィールドの一般敵300撃破やパーティ用ダンジョンのボス15撃破などのギルド討伐は無視をしていたのですけれど、指定ダンジョンを称号入手やお金入手を兼ねて1日に1回ずつ向かってみることにしましたので…
魔物討伐
…一般敵300撃破ともども達成しました。
ちなみにギルド討伐は名前の通りギルドごとの討伐目標であり、私みたいにギルドメンバーが一人ですと大変なのですけれど、人員が複数人いるとそれだけ一人一人が倒す数は減りますので楽になります。

その魔物討伐の区切りは2週間に1回、火曜日にあるのですけれど、今まではメンテナンス及び期間限定イベントの入れ替えのタイミングと同じでしたので覚えやすくなっていました。
ところが、今現在発生している期間限定イベントのうちホワイトデーイベントと誘拐阻止イベントがなぜか今までよりも1週間長い3週間となっていて来週までとなっているので、魔物討伐とずれてしまうことに…どうしてこんなことを…。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
オルシュファンさんのところへやってきたところでまたこの先進めると時間がかかるという警告が表示されたためストーリー進行を逡巡していたのですけれど、思い切って進行…
声つきタタルさん
…私の記憶にある限りではタタルさんがはじめて声つきになって驚かされました(『FF14』のイベントムービーはフルボイスではなく一部にしかついていません)

ともあれ、皆さんはイシュガルドを頼ることになったのですけれど…
エンドクレジット
…ここでアルテマウェポン撃破後に続いて2回めとなるエンディングが流れました。

そのアルテマウェポン撃破後のエンディングではそこで何かが変わるというわけでもなくどうしてあのタイミングでエンディングがあったのかよく解らなかったのですけれど、今回は明確な切り替わりといったものはなかったものの(「つづく」は表示されましたがあれはアルテマウェポン撃破後にもあったはず)…
蒼天のイシュガルド
…『PSO2』でいうところのエピソード2にあたる『蒼天のイシュガルド』のタイトルが明確に出てきましたので、ここでエピソード1にあたる『新生エオルゼア』が終了、『蒼天のイシュガルド』に移行したと考えてよさそうです。

それに伴い、今まで入ろうとしても入れなかった・・・
イシュガルド到着
…イシュガルドという都市へようやく入ることができました。
例によってメインのストーリー以外でできることを進めていきますけれど、ただどうやら現状イシュガルド以外の新たなフィールドへ出ることはできない様子で、それができる様になるまではメインストーリーを進めないといけません。
ともあれ本当に久しぶりとなる新たな地に到達したわけで、のんびり楽しんでいきましょう。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
今週は…
ステラーグレイス回収
…ステラーグレイス回収作戦が隔日程度の間隔で発動していました。

それはともかく、今日の23時から明日の17時までメンテナンスとなり、どうもレベル上限が上がったりするらしく、装備の陳腐化など色々不安…『PSO2』のときも、それに『アルピエル』『星界神話』『FF14』も全てかなりのんびり進行ですから、『NGS』も無理に最新更新についていかずのんびり実施するつもりではあるのですけれど…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年04月04日

アニメ『SELECTION PROJECT』紹介

【アニメ紹介】
『SELECTION PROJECT』
□SELECTION PROJECT(1〜4/写真は第4巻のみ)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『SELECTION PROJECT』:コミカライズ版
 『ラブライブ!スーパースター!!』:今作同様アイドルものなアニメの一例

(特記事項)
 ○2021年秋に放送されたアニメ
 ○1巻に3話ずつ収録(第4巻のみ4話収録、全13話)

(作品について)
アイドルオーディションに挑むかたがたを描いたお話です。
そのあたりの設定は上で触れたコミカライズ版の紹介で軽く触れていますので省略…もちろんアイドルものな作品となりますけれど、オーディションに参加しているかたがたということで正確にいえばアイドルのたまごといったところになっており、その点で独特なお話といえます。
最終的に合格となるのは一人ということになっていますので周囲の皆さんは全員ライバル、ということになるのですけれど、選考の過程でユニットを組むことになったり、あるいは共同生活をすることになったりしていくうちにライバルではなく仲間という意識ができてきます。

そうした今作は中盤あたりから主人公さんまわりの過去を巡って結構重い設定が出てきたりするのですけれど、ともあれ仲間という意識が出てきたことから終盤では誰かが落選するのならばとなかなか思い切った行動に出ることに…それに伴う厳しい現実も描かれますけれど、そこまで皆さんを見守ってきたこちらとしてはその判断でよかったと思えるのでした(ただ、最終審査項目をあの様にしてしまう運営側には問題がある気がしてなりません…エールとは何だったのということになってしまいますし…)
最後もきれいにまとまり、作画の面でやや微妙なところがあったものの、それを置いておけば個人的には満足な作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介

2022年04月03日

その他

先日はこの様なものが届いていました。
-----
2作品
○SELECTION PROJECT(4)
○プリンセス・プリンシパル Crown handler(2)
-----
…いずれも予約をしていたアニメ作品となります。
前者はこの巻で完結、後者は劇場版なもののナンバリングが振ってある通り続きものとなっています。

『セレクション・プロジェクト』は今回で最終巻ということもあり、昨日は『プリンセス・プリンシパル』のほうを観てみました。
今回は超威力の爆弾の所在と王室の内情を描いたものとなっており、前者は最終的には解決するのですけれども、後者は新大陸から帰ってきた王子により泥沼の展開に…お姫さまがかわいいので何とか穏便に終わってくださることを願いたいものですけれども…?

今回は王室が大変なことになって終わり、ということで例によってお話は完結しておらず…これが全何話になるかはよく解りませんけれど、まだ結構続きそうです?
お話もキャラクターも世界観もよきもので満足のいくものになっていますので、引き続き見守ってみましょう。

その他、ブックレット2種が付属している他、映像特典として新作OVAが1話…ショートアニメ程度の長さながら収録されています。
こちらのお話はこの第2話の作中であった演劇を観ての感想を巡るお話となっており、こちらは純粋に楽しいお話となっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | お知らせ/その他

2022年04月02日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第103回(2021年3月8日)
前回(第102回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月8日
Dカード撮影
Dカード撮影その2
…巨大な亜麻採取の時間に、保存用に手持ちのあるDカードを1枚ずつ撮影しています。
あまりに数が多いのではじめと最後の画像だけ載せておきます。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
毎週更新されている星界ルーレットは毎回50回(1500円分)ずつ実施しているのですけれど、今回は個人的にほしいと感じるものがあったためその2倍の100回実施してみることにしました。
結果…
乗り物
…この見た目のよい乗り物が入手できましたので、乗り物は今後これを使用してみようと思います?(今までうさぎでしたのでどうしようかかなり悩みましたけれども…)

ちなみにほしいと感じていたものはこれ…ではありません。
ただ、かなり当たりづらい場所にあるものですので、それを得るにはよほど運が向かないと…以前一度だけ★7星霊進化宝石が当たりましたけれど、そのくらいの運が向かないと無理かと思われるので悲しいですけれども諦めましょう(しかもその進化宝石の当たったときは確かルーレットが5段でしたはずで、今回は7段ですのでよりきつい…)

ところで、100回やって開始前に2つでしたチップが54個になっていたのですけれど、これはどういうことなのですか…半分以上の確率でチップ行きになっているのですけれども、これはさすがにつらすぎです…。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
メインストーリーを進めようとしたところこの先はかなり時間がかかるとあらかじめ警告が発せられ、この様な警告が出たのははじめてでしたのでなかなか先へ進めなかったのですけれど、先日ようやく多少まとまった時間を確保できましたので進めてみました。
そうした警告が出たことからも解る通り、戦闘はないもののかなり長いイベントシーンが続くことに…。

そのイベント内容はかなり急展開…ナナモさま暗殺…。
この展開だけでも衝撃でしたけれど、そこからさらにその犯人にアサミーナさんがでっち上げられてしまい、それを謀ったテレジ・アデレジなる人物はラウバーンさんにより胴斬りにされるというこれはこれで衝撃の展開…この際のテレジ・アデレジ氏の表情などがかなり衝撃でしたけれど、撮影は忘れてしまいました…。

暁の血盟なかたがたが犠牲になっていきつつ(とはいえ今後のストーリーに普通に出ている様子を見ていますのでこのくらいで死亡はしないでしょうけれども)ウルダハを脱出…お尋ね者になりましたけれど、ただその後も普通にウルダハに入ることはでき、特に何の問題もなく行動できます。
不滅隊のかたやモモディさん、一部のギルドマスターはこのイベントに関連したことを言ってきますけれど、いずれもアサミーナさんを信頼しているので一安心です。

オルシュファンさんは本当に好人物なのですけれど、彼にお会いした後…
警告
…また時間がかかるという警告が出たためそこまでとなり、もうすぐようやくイシュガルドへ入れそうな気配が見えてきた気がしますけれども、いつ先へ進めるかはちょっと不透明…。
…それにしてもクリスタルブレイブとは何だったのでしょうか…アルフィノさん哀れ…。

そうした中、昨日は何やら今後の色々な変更点が発表されたみたいなのですけれど、『PSO2』もそうながら私はそういうのは特に気にせず、見ずにいまして、特に今作の場合私は全然序盤にいるのでその様な先にある変更店など尚更気にしなくてもよいのでした。
ただ、今現在メインで使用している赤魔道士が使いづらくならなければよいのですが…とこの一点だけが不安です?


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
期間限定イベントも残り1週間となった中、緊急クエストが予告告知されたこともあってか…
期間限定タスク
…数種の特定の緊急クエストをクリアするという期間限定タスクが発生してしまいました。
とはいえ私はやはり1つ参加できればよいほうですので、これらのタスクは無視することに…報酬も無視しても特に問題ない感じですので…?

また、次回メンテナンスは火曜日の23時からとかなり長い時間になってしまっており、これは色々不安…もうレベル上限が引き上げられる様子で、今の装備がはやくも陳腐化すると思うとため息が出てしまいます、かも…?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:51 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年04月01日

単行本『もし、恋が見えたなら(3)』紹介

【単行本紹介】
『もし、恋が見えたなら(3)』
□もし、恋が見えたなら(3/角川コミックス・エース)
■みかみてれんさま(原作)/七路ゆうきさま(漫画)
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『JK小説家っぽい!』:原作のかたが原作を担当した単行本

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
人の恋愛感情が可視化され見える女の子を描いたお話です。
この巻では鳴さんが幼馴染である紗世さんへ対する気持ちを意識していくのですけれども、それをはっきりと意識した瞬間にこれまで見えていた矢印が見えなくなってしまいます。

そうした急展開からも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…3人で幸せになるというルートへは行きませんでしたけれども、それでもハッピーエンドといって問題ない、よい終わりかたでした。
ここまでよい終わりかたになったのはりんなさんがあまりにもいい人だったから、という点が大きいですけれども、ともあれ最後は数年後のお話が見られたりと、百合的にも申し分のない作品といえます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月31日

単行本『雨でも晴れでも(3)』紹介

【単行本紹介】
『雨でも晴れでも(3)』
□雨でも晴れでも(3/電撃コミックスNEXT)
■あらた伊里さま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『とどのつまりの有頂天』:同一作者さまの単行本及び本作のベースとなった作品

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
有頂天部のかたがたの日常を描いたお話です。
この巻では再びメインのお二人に焦点を当てていくのですけれど、蓮さんは美古都さんから告白を受けるものの、様々な理由から彼女を傷つけてしまうお返事をしてしまい…?

この巻ではそうした危うい状態になってしまったお二人の関係がそれを乗り越えハッピーエンドへ向かっていくさまを、さらには蓮さんの家庭事情も解決していきつつ描いていきます。
その様な展開に至ることからも解る通り今作はこの巻で完結、最終巻…ベースとなっている『とどのつまりの有頂天』と比較しメインのお二人の比重が多くまたやや重めの展開もあるものの、その分お二人の関係は深まった先まで描かれていたりとよき作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月30日

単行本『こみっくがーるず(8)』紹介

【単行本紹介】
『こみっくがーるず(8)』
□こみっくがーるず(8/まんがタイムKRコミックス)
■はんざわかおりさま
前巻(第7巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『こみっくがーるず』:アニメ版
 『こみっくがーるず アンソロジーコミック』:アンソロジー

(特記事項)
 ○上で触れた通りTVアニメ化された作品

(作品について)
寮に入って共同生活を送る漫画家さんたちの日常を描いた4コマです。
この巻では翼さんの作品のアニメ化進捗やかおすさんや小夢さんが初単行本を出されたり修学旅行へ行ったりされます。

かおすさんはアニメなどのコミカライズにはかなりの才能を発揮する様で、けれどオリジナルになるとまだまだ微妙と、一時はオリジナルではなくそちら方向へ進めばよいのでは、ということで編集さんともども悩むことになるのですけれども…?
また、はじまりのお話が寮母さんのものになっているのですけれど、彼女については終盤で急展開があったりし…ともあれやはり楽しく微笑ましく、そしてよいお話で、個人的にはこの数年のきらら系アニメ化作品の中で一番よいと思えるものであり、アニメの第2期をやってくださると嬉しいのですけれども、難しいですか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月29日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第102回(2021年3月7日)
前回(第101回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月7日
巨大な宝石原岩
…巨大な宝石原岩を採掘しながら、リーシャさんの衣装boxを撮影しています?
Dカード
…この時点でのDカード状況です?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
20時から行っていたダンジョン周回について、星霊さんが確実に出現するキャンペーン実施中の際はその対象な中央大陸のダンジョンを巡っていたのですけれど、そのキャンペーンが終わってしまいそこへ行く理由はなくなりました。
各ダンジョンのボスを100回撃破すると称号が得られるというものがあるのですけれど、その対象ダンジョンはまたキャンペーンが発生したら周回することになるので、その理由のために向かう必要もないのでした。

その対象でしたダンジョンのいくつかは一人用のノーマルとパーティ用の2つがあり、対象ダンジョンは後者でしたわけで、前者は全く行く機会がありません。
個人用でも敵の数は変わらず、そして100回ボス撃破で称号が得られるのも変わりませんので、お金と称号を目的にそれらを巡ることにしてみたのでした。
…ただしパーティ用のダンジョンも魔物討伐の対象となっている場合は話は別で、その場合は優先して1日に1回挑戦していくことになります(激甘開拓団のかたがたとの周回をこれにしていただいていますので別枠で向かっています?)

具体的には、20時からはお金のためにノヴァタワーのノーマルを周回、これが終わると徒歩で移動できる惑いの滝へ、次はすぐ隣にある砂漠の亡国、そこからワープでルカインの城、そこからは徒歩で狂気の研究所、さらには徒歩でウラヌスの砦へ向かいます。
ワープは1回使いますけれど、案外徒歩ですぐに行ける場所が多めなのが意外なところ…
中央大陸地図
…砂漠の亡国の次の行き先を対岸にある不道樹の聖殿やヴィクトリアの魔宮あたりにすればそこも徒歩ですぐに行けますけれど、時間内に回れる場所には限界があるので…?(21時までの残り20分は禁忌の工場と星霊クエストのノーマルにカウントされるダンジョン周回、それと星霊クエストクリア報告の時間に当てていますので…?)

ちなみに21時から21時20分までは秘密基地レースへ行きつつ待ち時間でコンジキ樹海のデイリークエストを消化、その後はまだ称号が得られていないストーリーダンジョンを周回したり祝福石集めをしながらスプラッシュアリーナの募集があるのを待っており、22時からは激甘開拓団のかたがたと何かしらのダンジョンへ向かったりして終了、という流れになっています。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
毎週F.A.T.Eやリーヴの攻略手帳を埋めているのですけれど、これを埋めると結構な経験値が入手でき、ですのでそれを達成する際のみはジョブを侍や踊り子といったすでにレベル90の赤魔道士、あるいは普段のリーヴを消化していてそれだけでレベルの上がる現在では白魔道士になりますけれど、ともあれそれら以外のジョブに変えて達成しています。

そうした中で侍がレベル52となり…
侍ジョブクエスト
…ジョブクエストが発動しました。
レベル50以上のジョブのクエストが発生するのは久しぶりなことですけれど、ともあれ実施…侍らしく(?)時代劇の様な展開となりました。

その中で…
フフルパさん
…個人的に『FF14』の登場人物ではタタルさんの次、オルシュファンさんと並んで好きなフフルパさんに出番があったのが嬉しいところです(これでストーリーに関わってきたのは3回めで、メインキャラでないかたがたの中ではかなり登場している部類になります?)

その他、極仕様のモーグリ王な討滅戦の募集があったので何気なく参加、8人ではじめて挑戦したのですけれど、これが恐ろしく難しく、4回くらい全滅してしまいました(クリア時は制限解除して一人でクリアしたので…)
家臣なモーグリたちが出現した際にそれらをなるべく均等にHPを減らして不用意に倒したりしない様にしないといけないなどかなり気をつけないといけないことがある様子…ルーレットでは一度も出現したことのない場所ながらもしもまた挑むことになった際は十分気をつけましょう。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
こちらは例によって特に触れることは何もなく、日々のんびりデイリーオーダー、タスクを実施しています?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年03月28日

アニメ『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』紹介 / その他

【アニメ紹介】
『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』
□劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:☆☆☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』:直近で紹介した劇場版作品

(特記事項)
 ○ミッフィー、うさこちゃんとして絵本などの出ている作品のアニメ作品

(作品について)
ミッフィーさんたちが動物園へ行くお話です。
こちらはタイトル通り色々とキャラクター展開されているミッフィー、うさこちゃんのアニメ作品…これは劇場版なわけですけれど、NHKでショートアニメが放送されているはず、です?
また、3DなCGアニメになっています。

そうしたこちらは、対象年齢としては低年齢層…幼児かそれよりももっと下の年齢のかたがたを対象とした内容になっていますので、お話としては特にいうことはなく、かわいく微笑ましいというくらいになるかもしれません?
そうした年齢層が対象ですので、製作はオランダですけれども字幕を優先する普通の洋画DVDとは異なり声は日本語吹き替えが優先されます(ミッフィーさんは案外お姉さんな声で、ときどき画面を見ているこちらに呼びかけてきます)


【その他】
先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
『うさぎさんのまちがいさがし』
○うさぎさんのまちがいさがし
-----
…こちらは以前紹介した『てこてこうさぎさんのいちにち』『うさぎさんのただいま』と同じかたの描かれた絵本となります。
こちらはタイトル通り間違い探しになっていますけれど、例によってうさぎがかわいいのでした。

今回紹介した『ミッフィー』にこの絵本はどちらもうさぎということで購入をしたもの…ミッフィーはうさぎというよりもキャラクター性のほうが強いですけれど、でも多分もっとも親しまれているうさぎキャラクターかと思われます?
うさぎ関連の映像作品は思いのほか少なく…『ピーターラビット』の劇場版がある様子なのですけれど、どうにもその映画のうさぎはかわいくなさそうに見えるのでやめておきます…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:06 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月27日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第101回(2021年3月6日・その2)
前回(第100回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月6日(その2)
ソノラ先生
ワカナ先生
ベント先生
デンジャー先生
…前回の続きとして、今回は担任・副担任な先生がたを撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
今週の星界ルーレットでハクさんの書が当たり、それに加えて今まで星界たまてばこで数冊出た分を含め残り3冊でお迎えできる中、比較的安価でちょうど3冊売っていましたのでそれを購入…
ハクさん
…ハクさんをお迎えできました。

それに加え数人の星霊のかたを成長できたりし…
星霊ポイント状況
…星霊ランクを上げることができました。
これでまた能力値が上がりましたけれど、今回の上げ幅はそこまで高くないので体感としては特に何も変わりはないというところでしょうか。
ともあれ、まだまだお迎えしていない星霊さんは多数、そしてお迎えしているかたがたもまだまだ成長できていないので、引き続き次のランクを目指しましょう。

ちなみに、今回のランクupで入手できるアイテムは、30秒間だけ移動速度が30%upするというもの…『FF14』のスプリントみたいなものなのですけれど、ただクールタイムが30分もあるという、そうそう気軽に使えるわけではない、というものなのでした…。
一応ショートカットに登録していつでも使える様にはしておきます、か…?


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
日々レベリング関係のルーレットを行いお金を集めながら、ストーリーも少しずつ進めているのですけれど、ここにきて何とタタルさんメインのメインストーリーが発生しました。
それが…
巴術士に挑戦
…タタルさんが巴術士を目指すというものでして…
巴術士諦め
…最終的には諦めることになるのですけれど、Twitterでタタルさんの画像ばかり上げていることからも解る通り現状『FF14』で一番好きなキャラクターはタタルさんですのでこれは嬉しいイベントでした。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
こちらは『NGS』におけるウィークリータスクも一通り達成でき、日々のんびりデイリータスクをこなすのみです。
イベント期間中は人の少ないリテムリージョンの老練ボスを撃破指定されたりするのが多少面倒ではありますけれども…?
…ボスなどのエネミー撃破はともかく、期間限定果物採取はリテム指定にしなくてよいのでは…エアリオでもリテムでも同じものなのですし…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年03月26日

単行本『気をつけなよ、お姉さん。(2)』紹介

【単行本紹介】
『気をつけなよ、お姉さん。(2)』
□気をつけなよ、お姉さん。(2/REXコミックス)
■サスケさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(特記事項)
 ○掲載雑誌変更に伴いレーベルも変わった模様(それに伴い第1巻が変更後のレーベルにて新装版が出ています)

(作品について)
小学生に恋をしてしまった社会人な女のかたを描いたお話です。
この巻でもその様なお二人の関係を中心としたお話が描かれていき、この巻ではまいさんのお誕生日があったりして…?

中盤ではまいさんのクラスメイトでお嬢さまな女の子が登場、彼女はまいさんが大人である多恵さんと仲良くしているのが気に入らず、お二人の関係を引き裂こうとします。
そのため一時はかなり不安な展開を見せるのですけれど、終盤ではそれが急展開に…これはこれで面白く、果たしてどうなっていくでしょうか。
…掲載雑誌が変わったとのことですけれど、はじめから4コマKINGSぱれっとなどという4コマ雑誌で4コマでない作品を連載せずにこうしていればよかっただけなのではないでしょうか?(まんがタイムきららフォワードの様な4コマレーベルなのに4コマでない専門雑誌があるなら話は別ですが…)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月25日

単行本『のんのんびより りめんばー』紹介

【単行本紹介】
『のんのんびより りめんばー』
□のんのんびより りめんばー(MFコミックスアライブシリーズ)
■あっとさま
前巻(第16巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『こあくまメレンゲ』:同一作者さまの単行本(これは新装版)
 『のんのんびより のんすとっぷ』:アニメ版(これは第3期)
 ○○『きんいろモザイク Best wishhes.』:今作同様本編完結後に出た番外編

(特記事項)
 ○これまで3期にわたりTVアニメ化され劇場版も製作された作品の番外編
 ○1冊完結
 ○OADつき特装版

(作品について)
田舎にある旭丘分校に通う女の子たちの日常を描いた作品です。
今作は全16巻で完結してしまっており、今作は上で触れた『きんいろモザイク Best wishhes.』の様にその完結後のことを描いたり、あるいはちょっとした意外な過去を描いたりしています。
その先、ということで皆さんが1学年進級された姿を見ることができますけれど、そこはよい意味で変わっていません。

その他、本編を色々と振り返る項目が収録されている他、今作は特装版ということで…
『のんのんびより りめんばー』OAD
…『のんすとっぷ』の第13話という扱いのアニメが1話収録されたblu-rayが付属しています。
こちらは『部活をがんばった』ということで、この単行本収録のお話をアニメ化したものとなっていますけれど、最後には劇場版に登場したあおいさんが登場されたりして…?
ともあれまた皆さんのお話を読めて嬉しかったものの、これで完全に完結ということでさみしい気持ちになってしまうのも『きんいろモザイク Best wishhes.』と同じ…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月24日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第100回(2021年3月6日)
前回(第99回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年3月6日
ロブ先生
ヤティリ先生
アンゴラ先生
シャム先生
…担任でない先生たちを個別に撮影していっています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
先日のメンテナンスでお団子という名の月を作るものや小さな仲間イベントが終了、それと同時にインゴットキャンペーンなども終わってしまいました。
個人的には装備強化成功率upキャンペーンを待っているのですけれども、そちらが発動することもなく…1ヶ月後を期待します?

代わって3つの期間限定イベントが発動、いずれもそう難しいものではありませんけれどもいずれもただ会話をするだけではなく少し特殊なものになっています。
桜の花びら集めは特設ダンジョンへ移動となり、クイズイベントは先日と先々日で問題が違いましたので意外と問題が用意されていそう、子供たちのイベントは…
迷路?
…この様な特殊ダンジョンへ飛ばされ一見難しそうに見えるものの特に問題はありませんでした。

2週間前から発動しているものも含め最近のイベントには星霊の書が得られるイベントがないのが少々残念なところ…。
星霊の書といえばインゴットキャンペーンとともに発動していた、一部ダンジョンで確実に星霊が出現するキャンペーンがあり、中央大陸の各ダンジョンを巡ってみていたわけですけれど、やはり一日に1回ずつではそうそう書は出ず、1週間に誰かのものが1冊出ればよいくらいの確率となっており、結局どなたもお迎えすることはできませんでした。
ただ、このキャンペーンはインゴットキャンペーンと同時に周期的に開催されているはずですので、また次回も懲りずにやってみましょう。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
リテイナーを探索へ向かわせる際、その探索先のレベルに応じて装備を変えないと装備の能力不足で出せないわけですけれど、リテイナーをアサミーナさんのメインジョブである赤魔道士にしているため使っていた装備を渡してそこを問題ない様にしていました。
その結果…
かなさま
…リテイナーのレベルが90に達しましたけれど、特に意味はない様子です?

リテイナーはララフェルなかなさまにしているわけですけれど、やはりララフェルはかわいく、主人公をララフェルにしたい気持ちもかなり出てきてしまいます…せめてこのリテイナーを『PSO2』のサポートパートナーなどの様に一緒に連れ歩けたりできればよかったのですけれども…?

…昨日は小隊の部屋でルーレット待機をしていたらいきなりフリーカンパニーなるものに勧誘されました、というメッセージが出て驚きました。
どうすればよいか解らないうちにルーレットの人数が集まってそちらへ入るとその招待は消えていましたけれども、一体何事…。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
『NGS』がはじまってからその『NGS』仕様の衣装や髪型などが多数登場しているわけですけれども…
衣装はこのまま
…ティナさんのほうはもうずっとこの衣装や髪型などのまま変更のない状態となっています。
これはけっして変更が面倒なためではなく、現状の衣装や髪型がティナさんのイメージにかなり合致していて、それ以上に合いそうなものが他にないためこのままになっているわけなのでした。

『NGS』の仕様にわざわざ変える必要性も皆無ですので、今後もよほどのこと…つまりこれ以上にティナさんのイメージに合いそうな衣装が出てこない限りはずっとこのままでいます。
それに伴い、先日コーデカタログのコメントを更新した通り最近ではスクラッチを一切引いておらず…スクラッチには衣装などの他にもエモートアクションなどもあるわけですけれども、それらは別になくても困るものではありませんし、仕方ありません…(その分『星界神話』のほうにお金を振り分けています?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年03月23日

単行本『甘えさせて雛森さん!(1)』紹介

【単行本紹介】
『甘えさせて雛森さん!(1)』
□甘えさせて雛森さん!(1/百合姫コミックス)
■tsukeさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
ひょんなことから先輩に甘えられることになった女の子を描いたお話です。
主人公の雛森いちごさんは高校1年生の女の子で、成績優秀で常に完璧な周防ややという先輩に憧れていました。
ところがある日、ひょんなことからその様な先輩の意外な一面…というより本性を目撃することになってしまいます。
そして隠していた本性を知られた先輩のほうはといえば、それで何かが目覚めてしまったのか以降いちごさんにことあるごとに甘えてくる様になるのでした。

お話はその様な意外な一面を持つ先輩と関係を持つことになった後輩さんを描いたお話…。
今作はその様な先輩さんに振り回されるかたを描いたおバカで楽しいコメディ作品となっており、そのあたりを素直に楽しめばよいものとなっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:05 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月22日

単行本『君としらない夏になる(1)』紹介

【単行本紹介】
『君としらない夏になる(1)』
□君としらない夏になる(1/百合姫コミックス)
■きぃやんさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『おとなりの天涯』:同一作者さまの単行本

(作品について)
島で暮らすことにした二人の女のかたを描いたお話です。
主人公のお二人、はるさんとひのとさんは大学生なかたで、またお付き合いをしていらっしゃいます。
お二人は就職活動の時期に入っているのですけれど、はるさんの就職活動がなかなかうまくいかず、それで精神的に追い詰められてしまうことになります。
ひのとさんはその様な彼女を心配するのですけれど、ある日吹っ切れたお二人は今までの何もかもも投げ捨てることにし、とある島にある、ひのとさんの叔母の所有する古びた別荘で一緒に暮らすことになりました。

お話はその様なお二人の島での生活を描くことになりますけれど、今巻では東京を脱出しその島へやってきてようやく落ち着けそうになるまでが描かれていきます。
事態は結構深刻な気もしてしまいますけれど、お二人とも結構気楽な性格をしており、そしてすでにかなり深い関係となっており、見守る分には楽しく微笑ましいもの…現実的に考えるとこの先かなり厳しそうではありますけれど、何とかなることを願って引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年03月21日

単行本『きみと世界の終わりを訪ねて』紹介

【単行本紹介】
『きみと世界の終わりを訪ねて』
□きみと世界の終わりを訪ねて(百合姫ミックス)
■こるせさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『少女終末旅行』:世界観の似た作品の一例(これはアニメ版)

(特記事項)
 ○1冊完結

(作品について)
人類の滅亡した地球で生きるかたがたを描いたお話です。
お話はその様な世界で起動したアンドロイドなかたと隔離された場所で生きる女の子、それに世界の上層を目指して旅をする二人組のかたの2つに分けて描かれていき、さらにその2組のかたがたを繋ぐお話として世界崩壊前の出来事やそこで生きた人の姿を描いていきます。

今作はこの1冊で完結となっていますけれど、お話の世界観としては上で触れた通りのものとなっており、個人的にはこういう世界観は好きで、お話の内容もそれに見合ったよきものとなっていました。
そうした世界で生きるかたがたや世界観のほうをしっかり描いた印象ですので百合的にはまずまずといったところではありますけれども、ともあれよき作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:50 | Comment(0) | 作品紹介