2022年12月05日

単行本『ばっどがーる(2)』紹介

【単行本紹介】
『ばっどがーる(2)』
□ばっどがーる(2/まんがタイムKRコミックス)
■肉丸さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
学校の後輩さんと先輩さんの関係を中心とした日常を描いた4コマです。
この巻でも引き続きそのお二人を中心としたかたがたの日常を描いていき、この巻では先輩さんの友人で女好きな女のかたや先輩さんの妹さんが登場し、ますます賑やかになっていきます。

そうした新しいかたを加えつつ、お話は相変わらず明るくおバカな楽しいコメディとなっており安心して読むことができます。
終盤で個人的に…な作品をそのままタイトルを出してネタにしていたので少し気持ちが冷えましたけれど、それは置いておくとして続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | 作品紹介

2022年12月04日

単行本『デバヤシ・フロム・ユニバース(2)』紹介

【単行本紹介】
『デバヤシ・フロム・ユニバース(2)』
□デバヤシ・フロム・ユニバース(2/バーズコミックス)
■神崎タタミさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
宇宙人を相方にした漫才師のお話です。
この巻の前半ではキンコさんの身体に彼女の母親だと名乗る存在が乗り移り、シューさんにある提案をしてきて、完全なお笑い芸人であるシューさんは一時はそれを受け入れようとするのですが…?

後半ではシューさんの元相方のかたが自身の結婚式に彼女たちボイジャーズ(ユニット名)を呼ぶことにします。
これにはその元相方のかたの複雑な気持ちがあるのですけれども…ともあれ、お笑いと宇宙人の合わさったなかなか不思議な、そして勢いのあるおバカな作品としても面白いものとなっており、続きも見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介

2022年12月03日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第167回(2021年5月8日・その3)
前回(第166回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月8日(その3)
モールド
モールドその2
…引き続きコバルコタール洞窟で、モールドの出しているハートマークを撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
火曜日のメンテナンスで周年記念の前夜祭たる過去の周年記念の復刻イベントが終了、代わって7周年記念イベントその2…ではなくクリスマス関連のイベントが発動しました。
これは少々意外な展開…そして昨年はこのタイミングで配布された周年記念boxが今年はなく、これは残念…。

ということで新たな期間限定イベントはクリスマス関連のものとなっており、一つはクリスマス仕様なユイさんのお願い、一つはルナさんと雪合戦であり、これらはいつも通り簡単な流れで終えることのできるものになっています。
3つめはレアモンスターが落とすアイテムを集めるものであり、これは貯めておけるので2回目以降は問題なく、そしてそのイベントはそれとは別に…
時間ミス
…城下町にイベントボスが出現する様になっています。
ただ、上の画像では22時に出現とあるものの、22時には紅白戦が行われる関係か実際には21時に出現する様になっています…ちなみにこれまで21時に出現していたイベントボスは非常に硬くてつらい存在でしたのに対し今回のボスは非常にやわらかく、そのためにイベントへ参加するかた全員が攻撃できない可能性があるという別の問題が発生しているのでした。

最後のイベントは、昨年(今年?)の年末年始の時期に発生していた記憶のあるミントさんの宝箱イベント…クリスマス仕様なミントさんはすでにお迎えしていますので無理をして実施する必要性は薄いのですけれど、他にも得られるものがありそうですので一応お金を払う分も含め実施してみています。
…総計150Gと、ジビエ食材バッグとは比較にならないながらもインゴット集めが全て銅で終わった際には赤字になってしまう程度のお金はかかってしまいます。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
メインストーリーがクガネという東方の国にある街へ到達したのですけれども…
裁縫師クラスクエスト
…ここでレベル70以上の裁縫師なクラスクエストが発生しますので、それを受けることができる様になりました(裁縫師はジョブではなくクラスですのでクラスクエストと言うはず…?)
レベル60台のイシュガルド編までのクラスクエストでは普通のアイテム製作を要求され、素材集めなども含め自分で実施しなければならなかったのですけれど、今回からはイクサル族やモーグリ族のクエスト同様に素材はあらかじめ用意されている特殊アイテムを製作というかたちに変更され、これはそれまでと較べ非常に楽になりました。

そのモーグリ族の友好部族クエストを実施している中でふと気づいたのですけれど、ストーリーが大団円を迎えもうレベル7の誓約で完了したかと思っていたグナース族・バヌバヌ族の友好部族クエストがまだ普通にポイントが貯まることが判明…まだ終わってはいなかったということになり、これらのデイリークエストも実施していくことになりました。
ですのでそれらを優先するためメインストーリー進行はまた遅々としたものとなりそう…のんびりいきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年12月02日

単行本『〆切前には百合が捗る(2)』紹介

【単行本紹介】
『〆切前には百合が捗る(2)』
□〆切前には百合が捗る(2/ビッグガンガンコミックス)
■平坂読さま(原作)/さきだ咲紀さま(作画)/鈴木マナツさま(構成)/U35さま(キャラクター原案)
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』:構成担当のかたが漫画担当をされた単行本

(特記事項)
 ○原作はノベル、そのコミカライズ版

(作品について)
小説家のかたのお手伝いとして住み込むことになった女の子を描いたお話です。
この巻でもその様なお二人の同居生活を描いていき、ヒカリさんは相変わらず(?)〆切前になると気分転換と称し色々お仕事以外のことをしたりし、その面ではかなり多趣味に見えます?

後半ではまた気分転換と称し旅行へ行くことになるのですけれど、その終盤では結構な急展開があり、思いのほかはやくお二人の関係が進展していくことになります。
ヒカリさんは恋愛というよりも他人へ対する興味自体のない様なかたといった印象なのですけれど、それでも愛結さんには特別な感情を抱いているご様子…そうした今作、次巻は2023年春頃に発売予定とのことで、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | 作品紹介

2022年12月01日

単行本『ゆゆのゆ!(1)』紹介

【単行本紹介】
『ゆゆのゆ!(1)』
□ゆゆのゆ!(1/電撃コミックスNEXT)
■ヒナユキウサさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ゆめぐりっ!』:今作同様銭湯を舞台にしたお話

(作品について)
銭湯を再建させようとする女の子を描いたお話です。
主人公の星名柚結さんという明るく元気な女の子は高校入学を機に地元へ戻ってきて、かつて祖母が経営しており、けれど今は閉店状態なほしのゆという銭湯を再建すべく活動をすることにします。
そこで学校で協力者を募ることとし、はじめは幼馴染のかぐやさんしかいなかったのですけれど、その後色々あり徐々に協力者が増えてきて…?

お話はその様なかたがたの、古びた銭湯を再建していくさまを描いたものとなります。
同じ学校のかたがたが集って活動していますので部活ものの雰囲気も感じますけれど、ともあれ基本的にはかわいく微笑ましく楽しい作品となっており、安心して見守っていられるものとなっています…続きも楽しみにしてみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月30日

単行本『気をつけなよ、お姉さん。(3)』紹介

【単行本紹介】
『気をつけなよ、お姉さん。(3)』
□気をつけなよ、お姉さん。(3/REXコミックス)
■サスケさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
小学生に恋をしてしまった社会人な女のかたを描いたお話です。
この巻でもその様なお二人の関係を中心としたお話が描かれていき、前巻から登場したお嬢さまな優姫さんも加え賑々しく楽しい日々が続きます。

終盤ではクリスマスのお話となり、皆さんで集まることにしたのですけれど、少々…いえ、当事者からすると結構な問題が発生してしまいました。
どうにもならないまま当日を迎えるのですけれど、やはりその状況が我慢できず行動を起こした末にかなり意外な展開が発生…その意外な展開の先は次巻を見守るしかありませんけれどもともあれ色々面白いお話で、続きも楽しみにしたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月29日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第166回(2021年5月8日・その2)
前回(第165回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月8日(その2)
コバルコタール洞窟
コバルコタール洞窟その2
…コバルコタール洞窟に生息するモールドとキノコを撮影しています。
正確にいえばハートを出すモールドを撮影しようとしており、キノコはおまけです。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
今日のメンテナンスで7周年記念の前夜祭として実施されていた過去の周年記念な復刻イベントたちが全て終了となります。
具体的にいえばエルザさんのお手伝い+21時のワールドボス、ちえさんとサクラモッコのもの、2人パーティを組まないといけないもの、ジビエ食材バッグです…21時の非常に硬いワールドボスが終わるのはほっとしています。
さらに、周年記念ケーキの販売もイベント扱いとなっていますのでこれも明日で終わりということになっていますので、購入していないかたは購入を…?(ジビエ食材バッグの料理たちとは違いそこまでお高い価格ではないので…)

また、週末に22時の紅白戦なボスが出現しなかったことについて公式サイトでお詫びがありましたけれど、今後も週末は出ないと記載が修正されていたりも…イベントがはじまったはじめの週末は出ていた様な気もするのですけれど、今後も出ないと考えてよいのでしょうか…。

ともあれ、今日のメンテナンスで7周年記念のもう1つのイベントが発生しそうなのですけれど、どうも昨年のモンスターコロシアムなものが復刻されそうな予感がします。
モンスターコロシアムは全く意味が解らず、また時間を合わせるのがしんどかったので無視をしたのですけれど、今回きてしまったらどうしましょうか…?
また、昨年同様でしたらよいものが得られるboxがもらえるかも…?(そしてよいものが得られるクーポンは期限切れになっていきますので、まだ受け取っていないかたは一刻もはやく…?)


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
メインストーリーが思いがけずはやい段階でアラミゴを見限り(何)東方へ舞台を移そうとしている状況下、ふと思い出したことを一気にやってみようという気持ちになりました。
それは学者のジョブクエスト…学者と召喚士というのは少々特殊なジョブとなっており、他のジョブは一つのクラスから一つのジョブへ変化するかはじめから一つのジョブであるのに対し、この2つは巴術士という一つのクラスから同時に変化できるというものとなっており、そのためか経験値・レベルは完全に共有しています。
つまりレベル上げはどちらか片方でしていればもう片方でする必要はないわけで、私は召喚士でレベル52まで上げており、その間一度も学者は使ったことがなかったものの学者もレベル52まで上がった状態になっています。
そして、それでいてジョブクエストはそれぞれに発生、召喚士はこなしているものの学者は今まで放置していたのですからもちろん実施しておらず、ということで今回実施をしてみたわけなのでした。

巴術士から変化したものということで、レベルももちろん召喚士と同じ30から開始、途中で専用装備を入手するイベントも挟まります。
そして、上で触れた通り召喚士でレベル52まで上げていましたのでこの学者のジョブクエストも…
学者ジョブクエスト
…レベル52のものまで一気に実施することになったのでした。
スキル関係については、賢者よりはまだ解るのですけれど、それでもヒーラー全般が難しい印象…イベント時にNPCを回復しないといけない展開などがあるのがまた…。

学者のジョブクエストはダンジョンの一つであるワンダラーパレス、そしてそこに出現するトンベリという魔物とは一体何者なのか、ということが明らかになるという、かなり興味深い内容となっていました…あの場所とあの魔物にその様な秘密が隠されていたとは…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年11月28日

単行本『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(12)』紹介

【単行本紹介】
『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(12)』
□アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(12/電撃コミックスNEXT)
■稲山覚也さま(漫画)/バンダイナムコエンターテイメントさま(原作)
前巻(第11巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『アイドルマスター ミリオンライブ! コミックアンソロジー』:アンソロジー

(特記事項)
 ○元はソーシャルゲーム(?)な作品のコミカライズ版の一つ
 ○オリジナルCDつき限定版も存在
 ○放送時期は不明ながら原作はアニメ化が決定しているはず

(作品について)
一人前のアイドルを目指す女の子を描いたお話です。
この巻の前半では2つの別々な場所でお仕事を頑張る皆さんの姿を描いていき、どちらも少し問題が発生したりするものの無事乗り越えることができよい結果を得ることができます。

後半では可奈さんのお話となり、アイドルとしてのお仕事と学校行事が重なってしまい、後者を諦めることになりそうで思い悩んでいたのですけれども…?
同様なことになり、同様な方法で解決したお話として『ラブライブ!サンシャイン!!』を思い出しますけれど、ともあれこちらも無事解決、どちらのお話もよきもので満足…次巻は2023年2月27日発売予定とのことで引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月27日

その他

【その他】
先日はこの様なものが届いていました。
-----
1作品
○リコリス・リコイル(3)
-----
…こちらは一連で予約をしているアニメとなり、これの前巻の際には『ルミナスウィッチーズ』が一緒に届いたのですけれど、今回は今作のみとなってしまいました。

1作だけということもあり、昨日はさっそくこちらを観てみました。
第1巻は3話、以降2話収録っぽい様子ですので今回は第6・7話という多分中盤に差し掛かってきた状況になっています。

お話の状況としては、完全に戦闘狂という趣なテロリストとの戦いが主となっており、また主人公の千束さんの過去周りに色々因縁がありそうなのが見えてきたといったところ…正直なところお話としての面白さはこれまでほどは感じなかったのですけれど、そのあたりは今後の展開を見守りたいところです。
『銀河英雄伝説』のヨブ・トリューニヒトや『プリンセス・プリンシパル』で暗躍する卿の様なうさん臭さを出す人物がおり、序盤の描写ではただの敵だと思われたのですけれど、もう少し複雑な立ち位置にいる存在の模様…敵なのは間違いないと思うのですが…?


また、上の作品と同時にこの様なものも届いていました。
久しぶりの…
…こちらは『楽園追放』よりアンジェラさんのフィギュアとなっています。
フィギュア類は最近は購入を控えていたのですけれど、こちらは少々気になりましたので…あと3つほど予約をしてみています(アニメ1作、ゲーム1作ですが上の作品ではありません)

予約といえば、劇場版は観ていたもののOVA版は観ていない『トップをねらえ!』『トップをねらえ2!』の廉価版?が予約にありましたのでこちらも購入してみることに…機動戦士な作品もTVアニメ版を観て改めて色々感じるところがありましたのでこちらも購入してよいでしょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | お知らせ/その他

2022年11月26日

単行本『恋と呼ぶには青すぎる(1)』紹介

【単行本紹介】
『恋と呼ぶには青すぎる(1)』
□恋と呼ぶには青すぎる(1/itコミックス)
■真くんさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『姉を好きなお姉さんと』:同一作者さまの単行本

(作品について)
常連客の女のかたを好きになった居酒屋の店員さんを描いたお話です。
主人公の京子さんは弟とともに居酒屋で働く女のかたなのですけれど、その彼女は常連なお客さんなみどりさんのことが好きでした。
けれどそのみどりさんはすでにお付き合いをしている人がおり、けれどその相手がかなり浮気性な人のため心配しているのですけれど、ある日それが爆発してしまい…?

お話のほうはその様なお二人に加え、弟さんとその浮気性な(元)彼氏を加えたかたがたの関係を描いたものとなります。
色々な偶然が重なった結果とはいえこの4人の関係はかなりおかしなものとなっており、また全体的な雰囲気がややハイテンションなコメディ作品となっており笑えるという意味でも面白いものとなっており、なかなかよきもの…続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月25日

アサミーナさん・ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第165回(2021年5月8日)
前回(第164回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月8日
イゴール
イゴールその2
…敵モンスターの中では結構な人気を誇るイゴールを撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
7周年記念のクーポンはひとまず一段落、どなたかお一人の星霊を☆6まで引き上げられるというのはかなりありがたいもので、また最終日の橙品質な頭アバター(髪型)を交換できるというのも、交換候補はかなり多いのでコレクション目的だけでも十分なものとなっています。
幸いクーポンは一日限定ということはなくまだ期間がありますので、受け取っていないかたはクーポン入手だけでもしておきましょう。
…昨年は次のメンテナンスのタイミングで豪華なものがもらえる周年記念boxがもらえましたけれど、今年もそれがあるならばやはりそれの受け取りだけでもしておきましょう。

クーポンも一段落し、いつも通り毎日イベント関係のクエストを消化しつつのんびり過ごす日々となっています。
イベント関連でいえば、現在21時と22時に城下町にてイベントボスが出現する状態になっていますけれど、21時のものについて…
21時ボス交換アイテム
…これらの変身アイテム、毎日参加して2ch分こなしていれば4つ程度のものは交換できますので、去年も参加しているかたは全種揃えられそうです(私は去年は参加していたもののアイテムを重視していなかったので全然揃っていません)

22時のボスについては事前に赤白のどちらが勝利するか予想しておかないといけないのですけれど、暗黙の了解で赤チーム(選択肢で上にあるほう)が勝つ状態になっており、勝利のほうへ予想しておくとアイテムが2つもらえますので赤にしておきましょう(負けると1つになります)
こちらも、毎日参加して4ch分回収できていれば…
22時ボス交換アイテム
…これらの交換アイテムのうち、少なくとも1つは交換できるはず、です?(去年は結構負けチームに予想をしたりしていても変身アイテム1つは入手できました)


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
こちらは日々のルーレットやモーグリ族のデイリークエストを実施しつつ、合間を見てメインストーリーも進行…やはり空を飛べる様になる前のフィールドは広くて移動が大変ですけれど、でも未知の場所を歩いていくというのはとても楽しいものです。
ところで…
手も足も出なかった後
…帝国の変な将軍に手も足も出ずというお話になったのですけれど、そこまでこちらが弱いのでしたら今まで戦ってきた人たち、特にニーズヘッグなどの立場がない気がしてならないのですが…(とはいえ前半の敵の立場がなくなるのではというあたりの表現はRPGではかなり難しいところではあります)
また、今回は街に該当する場所が襲撃を受け住民が全滅近い大損害を受けたのですけれど、さすがにゲーム上でそういう場所の壊滅を完全に表現するのは難しかった様子で、壊滅後も壊滅前と変わらず普通に過ごしている住人の姿が散見されたりも…?

それは置いておくとして、レベル70となるリスキーモブが非常に強くて一人では倒せそうにないのですが…。
こちらのレベルは90であり、『蒼天のイシュガルド』編のレベル60のリスキーモブは特に問題なく倒せるのですけれど、『紅蓮のリベレーター』編に出てくるリスキーモブはこれまで2体遭遇しどちらも全然HPは削れずダメージは大きく途中で逃げることになってしまいました…これ以上こちらが劇的に強くなるのは難しい気がしてしまいますし、レベル70のリスキーモブはもはや一人で戦う様にはできていないということなのでしょうか…(ランクの低いものは普通に倒せました)


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
先週は赤いコンテナは一つしか見つけた記憶がないのですけれども…
レアコンテナ開放ランキング
…それでもレアコンテナ開放ランキングに入ることができました。
一つの場合は入れるときもあるものの入れないときのほうが多い印象です?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年11月24日

単行本『スローループ(7)』紹介

【単行本紹介】
『スローループ(7)』
□スローループ(7/まんがタイムKRコミックス)
■うちのまいこさま
前巻(第6巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ななつ神オンリー!』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○アニメ化された作品

(作品について)
義理の姉妹となった二人の女の子の日常を描いたお話です。
この巻ではお二人の関係がはじまってから1年がたった頃のお話となり、楽しく穏やかな日々が続いています。

そうした今巻では前半でひよりさんがちょっとした行動を取り、後半で描かれる恋さんの家族も含めた皆さんでの旅行での出来事につながっていきます。
この旅行では家族関係のお話にもなったりしますけれど、ともあれなかなか悪くない作品ではあります?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:54 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月23日

単行本『作りたい女と食べたい女(3)』紹介

【単行本紹介】
『作りたい女と食べたい女(3)』
□作りたい女と食べたい女(3/itコミックス)
■ゆざきさかおみさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(特記事項)
 ○帯によると実写化されるという作品

(作品について)
お料理をたくさん作りたいかたとたくさん食べたいかたのお話です。
この巻ではお二人の住む部屋の間にあった空き部屋に住人が引っ越してくるのですけれど、このかたは食べたくないという事情を持つかたで、そういうかたとも交流を深めていくことになっていきます。

また、終盤では春日さんの家庭環境について触れられるのですけれど、そのお話の末に彼女が野本さんへ抱く想いに気づいたりします。
そのお話など、前巻同様にお話の前に注意書きが入ったりしている様な重いお話もあったりしますけれども、ともあれなかなか悪くない作品であり続きも見守ってみましょう。
…『新米姉妹のふたりごはん』も実写化されていますし、お料理・お食事ものはやはり実写化しやすいということです?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:57 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月22日

単行本『スーパーカブRei(1)』紹介

【単行本紹介】
『スーパーカブRei(1)』
□スーパーカブRei(1/角川コミックス・エース)
■さいとー栄さま(漫画)/トネ・コーケンさま(原作)/博さま(キャラクター原案)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『終末ツーリング』:漫画担当のかたの単行本
 『スーパーカブ』:原作に当たる作品(これはコミカライズ版)

(特記事項)
 ○原作はノベルでアニメ化もしている『スーパーカブ』のスピンオフ作品

(作品について)
スーパーカブに乗る女の子を描いたお話です。
今作は上で触れた通りコミカライズ版を読んでいる『スーパーカブ』のスピンオフ作品となり、タイトル通りこちらでは礼子さんが主人公になっています。
そしてお話は今のところ『スーパーカブ』の前日談、つまり『スーパーカブ』の主人公である小熊さんに出会うよりも前のことが描かれていきます。

前日談ということで、『スーパーカブ』で登場した際にはすでにスーパーカブのことが大好きでした礼子さんがどの様にスーパーカブに出会い、そこまで好きになっていったのかを見ていくことができます。
はっきり言えばやはりかなりの変わり者ではありますけれど、その点も含めなかなか面白いものとなっており、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:00 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月21日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第164回(2021年5月7日・その6)
前回(第163回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月7日(その6)
英雄ダンジョン入口
…英雄ダンジョンRモードのジェルディカ峡谷へ挑もうとしています。
撃破後
…そこをクリアした直後の状況ですけれど、ここは敵の強さが普通のハーフレイドのほうが強いという逆転現象が発生しています。
ロッカー状況
…巨大な亜麻を採取しながらロッカーのアイテムを見ています?


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
今現在7周年記念の一環として毎日クーポンが発行されており、こちらで☆2〜☆6までの星霊成長アイテムがもらえます。
誰かお一人を☆6まで確実に上げることができるということで、今回は対強敵用のかたを上げようということで、着物イザベラさんなども候補になったものの、キャラクターとしても好印象であるメイリーンさんを☆6にしてみました。

さらに、7周年を迎えたゲームをお祝いする気持ちも込め、かなり高額である☆7成長アイテムを購入、これを水着小春さんへ使用…
星霊状況
…強敵へ挑む際の星霊さんはこの様な布陣となることになりました(通常時はメイリーンさんの枠をナタリアさんとし移動速度を高めています)

これでどのくらい強さが変わるかということで、まずは試しに悠久の試練ハードへ挑んでみることにしました。ここはこれまでですと小春さんのHPが削れなくてそこで終了となっていましたけれども、今回挑んでみますと何とそこを軽く越えて…
悠久の試練
…その次のルナさんも特に問題なく撃破できてしまいました。
その次のアイフロートさんについてはこちらを凍らせる攻撃があり、凍ってしまっている間にHPが回復してしまいどうにもならずそこで終了となったわけですけれど、それでも前回から木曾能力値はそう変わっていないはずですのに星霊だけでここまで撃破が進むというのはかなり驚きです。

そこまで目に見えるレベルで強さが変わっていたということで、前回ルミアさんの戦闘が長くて集中力が持たず諦めたタソガレ城塞にも挑んでみることにしました。
幸い(?)ここは前回のメンテナンスからここの前のダンジョンともどもノーマルのみ難易度が緩和されたといいますので、星霊に変化がなくても挑んでみようと思っていたのでした。

結論からいうと星霊の力か難易度緩和の力か、それが合わさった結果か、過去の苦戦は何だったのかというくらいあっさりクリア…道中の兵士や狐は逃げ回らなくても一瞬で倒せ、中ボスのスズランさんも溶ける様にHPが削れ、最後のルミアさんも近距離耐性さえついていないことを確認できれば全く時間がかからず撃破できる様になっていました。

そして、現状『星界神話』のメインストーリーはこのタソガレ城塞のあるコンジキ樹海で終わっていますので…
メインストーリー進行
…メインストーリーは現状見ることできる最後まで進んでしまいました。
ただ、あくまで現状実装されている分の最後に過ぎず、ストーリーとしては本当に驚くほど何も解決していない状態…ノヴァタワーからはじまった対古代神族との戦いがもう延々、何の糸口も見いだせない状態が続いているのですけれど、そろそろ解決へ向けた流れにしていただけないものでしょうか…(現状ではこの先が描かれるかかなり怪しいところがあるのが悲しい…)

とにもかくにも、かなり強くなったことが確認できたわけですけれど、これはあくまで星霊の力によるところがほとんどであり、今現在東方大陸などのダンジョンをクリアできずに困っているサークル激甘開拓団…異世界からにゃのかたがたなどにはとてもではありませんがお勧めできない方法なのでした。
もっとも、タソガレ城塞の前までのダンジョンは星霊は特に気にせず完全に力押しで進めていますので、何とかしようと思えば何とかなるはず…ではあるものの、昨日これだけ強い状態で改めて向かってみたらテンキョウ神古道ではアマツキさんが4回くらい復活したり、アマノハクオウ大神宮では一般敵を倒した際に残る毒の沼の処理がよく解らなくなってしまっていて数回戦闘不能になってしまったりと、よくここを過去に力押しでクリアしたものだと思ったりも…。


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
『紅蓮のリベレーター』編へ突入したことにより赤魔道士のジョブクエストが進行可能な状態となり、未知の地域が目的地に指定されたもののそのフィールドまで到達できましたので進行することができる様になりました。
それ以降のクエストではイシュガルドやマハがお話の中心となったためレベル70のお話まで一気に進行…
赤魔道士ジョブクエスト
…一連のクエストを終えることができました。
こちらではアリアさんの身体に関する不穏な事象を解決することとなり、何とか最後はめでたしめでたしで終わって一安心でした。

そのレベル70のジョブクエストが終わると、くしくもレベル60で足止めを受けたのと全く同じ場所で…
また足止め
…また足止めを受けることになり、これはまた当分先を見ることはなさそうになったのでした。

そういえば赤魔導士以外にも『紅蓮のリベレーター』編に突入しないと進められないとされたジョブがありましたっけ、ということで…
賢者ジョブクエスト
…ジョブを覚えてから何も進まなかった賢者のジョブクエストを受領、実施しました。
賢者はレベル70からはじまるのですけれど、はじめのジョブクエストでいきなり結構難しいダンジョンへ放り込まれ、しかも操作が全然解らないため一度戦闘不能になり、本当に操作が解らないので難易度最低でクリアしてしまいました。
これはちょっと、白魔道士などよりも手に終えそうにないジョブですので、レベル上げの優先順位は最低にしておきましょうか…。

レベル63まで上がっており60以上のジョブクエストが受領可能でしたナイトも実施…
ナイトジョブクエスト
…闘技会へ出ることになり、さっそく予選を数回戦い、一応戦闘不能になることなく勝利はできたもののかなりきつく、これはこの先かなり不安な状況です。
ナイトはメインストーリー進行上の経験値を全て与えていますので今後もレベルは上がるはずで、そのときどうなるか…レベル50以降のスキルをあまり使いこなせていない状態ですけれど、それを何とかしないといけませんかも…?
ちなみにさすがにメインジョブとしている赤魔道士はレベル70のマハでの戦闘も特に問題なく終えられています。

もう一つ、踊り子も止まっているのですけれど、こちらは『紅蓮のリベレーター』編に入るだけでなく、そこからさらにある程度進めないといけないとのことですのでまだ止まったままが続きます。
裁縫師についても現状行けない場所を指定されていますのでこちらも放置となるのでした。

その他のものとして、まず園芸師がレベル25となりここまでのクラスクエストを実施しましたけれど今のところ簡単な採取指示のみで問題ありません。
また、召喚士がレベル52となったのでこちらのジョブクエストも発生しましたけれど、今回は会話のみで終わりましたので一安心…。
…召喚士とレベルが連動している学者を一切触れずに放置していますけれど、まとまったジョブクエストが発生しそうですし、時間のあるときに実施したほうがよい、のでしょうか…(スキル関係をまた覚えないと行けなくなりますけれども…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年11月20日

単行本『大科学少女(下)』紹介

【単行本紹介】
『大科学少女(下)』
□大科学少女(下/ハルタコミックス)
■渋谷圭一郎さま
前巻(上巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『瑠璃の宝石』:同一作者さまの単行本
 『大科学少女』:オリジナル版
 『恋する小惑星』:今作と似た設定の部を舞台とした作品

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
大科学部の活動を描いた作品です。
この巻でも引き続きその様な様々な科学に関する事柄に触れていく部の活動内容が描かれていきます。

新装版でした今作は上下巻となっている通り今巻で完結、最終巻となり、今巻では発表会へ向けた準備などもしていきその本番が終盤のお話になっていきます。
また、今現在続いている『瑠璃の宝石』に通じるお話もあったりし、やはり改めて読んでみてもなかなか面白くよき作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月19日

単行本『うめともものふつうの暮らし(5)』紹介

【単行本紹介】
『うめともものふつうの暮らし(5)』
□うめともものふつうの暮らし(5/バンブーコミックス)
■藤沢カミヤさま
前巻(第4巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『みのりと100人のお嬢様』:同一作者さまの単行本

(作品について)
猫耳と尻尾をした双子っぽい姉妹の日常を描いたお話です。
この巻でも引き続きその様な小さなお二人が一緒に暮らす日常、春から夏にかけてのことが描かれていきます。

特筆すべきことはありませんけれど、それはよい意味で、ん既刊同様に安定して楽しく微笑ましくかわいい作品となっており、特に何も難しいことは考えずに安心して見守れるものとなっています。
今作はこのままこの先も微笑ましさをくださる作品でしょうし、この先も安心して見守っていきたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:52 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月18日

アサミーナさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
□スクリーンショットで振り返る活動記・第163回(2021年5月7日・その5)
前回(第162回)

(概要)
過去に撮影したスクリーンショットで学園生活を振り返ります。
第88回以降、学園卒業発表があったためスクリーンショット数がやや増えていきますけれど、一気に紹介するとすぐに終わってしまいそうですので一年は時間をかける勢いでかなり出し惜しみをしていきますのでご了承ください。

○2021年5月7日(その5)
また幽霊
また幽霊その2
…ゴーストフォートのモンスターである幽霊の生態を(また?)撮影しています。


【アサミーナさん(『星界神話』)活動記】
先日のメンテナンスでハロウィン関係や秘密基地のお掃除イベントが終了、代わって7周年記念となるイベントが3種発動しました。
うち2つはいつもと変わらないイベントであり、花火のほうは途中でニア草原へ飛ばされた上で3種のイベントをこなさないといけないというちょっと手間のかかるものになっていますけれど、その内容自体はどれも簡単なものですので特に問題はありません。

もう1つのイベントは昨年もあった、22時に城下町に星霊さんが登場し紅白戦を行うというもの…22時のハロウィンボスが終わって一息つけるかと思ったのですけれど、結局ボスと戦うということに変わりはなくなったのでした。
こちらはボスを倒して得られるアイテムで交換を行うのですけれど、事前に赤と白のどちらに所属する星霊さんが勝つか予想をすることになっています…何となく毎日赤組を選んでいますけれど、こちらが概ね勝っているので暗黙の了解ということでそういうことになっていそうです?
…ちなみに先日までアイテム交換をしてくれるNPCがいなかったのですけれど、今日は出現していました(何)

また、7周年記念ということで色々なキャンペーン等も行われており、例によってインゴットキャンペーン、それに強化成功率upなキャンペーンもはじまりました。
昨年もあった一週間連続クーポン発行もあり、7周年ですので星霊さんを☆7へ進化させるアイテム…はさすがにもらえないものの、昨年同様にある程度の選択肢の中から任意の星霊さんお一人をお迎えでき、またお一人を☆2から☆6まで成長させることのできるアイテムももらえます。
お迎えできる星霊さんの、選択肢のなかで私がまだお迎えできていないかたが複数いましたので迷ったのですけれど、ポイントがわずか1しか貯まっておらずお迎えへの道が一番遠くなっていた…
ノルンさん
…ノルンさんをお迎えしました。
☆6へ成長させる星霊さんはまだ検討中ですけれど、タソガレ城塞の難易度が緩和されたという話もあり、強敵用に戦闘面で強いかたを選ぶのもありかなと…?(着物イザベラさんかメイリーンさんか双子あたりを検討…キャラクターの好みを加味するとメイリーンさんなのですけれども…?)


【アサミーナさん(『FF14』)活動記】
モーグリ族の友好部族クエストをはじめましたけれど、こちらはイクサル族とは違い一日に受領できるデイリークエストがどれだけ友好度を高めても一日3回までが基本となっており、そこまで急速に友好度を上げられません(イクサル族に限らず『新生エオルゼア』編の部族は友好度を高めるとデイリークエストを受けられる人が増えていきその分回数も増えたのですけれど『蒼天のイシュガルド』編ではグナース・バヌバヌ族もこの仕様になっていたのでしたっけ…)
そのためモーグリ族のストーリーはそこまではやくは進まなくなっていますけれど、特に急ぐ理由はありませんので毎日デイリークエストを消化してのんびり進めましょう。

それでも裁縫師のレベル60までは結構あっという間に上昇、裁縫師レベル60のジョブクエストも完了…イシュガルドを舞台にした母子の物語は完結、代わってクガネなる東方の場所を舞台にしたクエストが発動したものの、現状そこへ行く手段はないので放置ということになりました。
…東方の商人がどうして今の状況で気軽にウルダハにこれていたのか、かなりおかしな話になってしまっていますけれど、竜詩戦争が終わっているのに戦場へ行くお話になっていた母子のお話同様に深いことは気にしないでおきましょうか…。

と、裁縫師レベル60のジョブクエストは特殊レシピが必要となっており、それを入手するにはクラフターのスクリップが必要となっており、どうやったらそれを入手できるのか解らなかったのですけれど、クラフター関連のクエストを進めている中で遭遇した…
お得意様取引
…お得意様取引というものを実施すると結構まとまった数が入手でき問題解決となりました。
お得意様取引は毎週6回までしか受けられないのですけれど、レベル60で経験値が1000固定になってしまったモーグリ族のクエストとは違い普通に経験値が入り、それにお得意様としてくださっているシロさんがよいかたですので毎週実施していきましょう(内容も今のところかなり簡単ですので…)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | あさかな・ティにゃさん活動記

2022年11月17日

単行本『むすんで、つないで。(3)』紹介

【単行本紹介】
『むすんで、つないで。(3)』
□むすんで、つないで。(3/まんがタイムKRコミックス)
■荒井チェリーさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『三者三葉』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
6年間行方不明の末にその当時の姿のままで戻ってきた親友さんと過ごす日常を描いた4コマです。
この巻でもそうした皆さんの日常が描かれていき、冬から1学年進級していくあたりが描かれていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻…神隠し云々の設定はあまり気にしなくてもよいかなという、最後まで特に内容が重くなることもなく楽しく微笑ましいままに終わりました。
もちろん無駄に重くなったりするよりもそのほうがよいわけで、ですので最後までなかなかよい作品でしたと思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | 作品紹介

2022年11月16日

単行本『社畜さんと家出少女(4)』紹介

【単行本紹介】
『社畜さんと家出少女(4)』
□社畜さんと家出少女(4/まんがタイムKRコミックス)
■タツノコッソさま
前巻(第3巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
タイトル通りのお二人が同居生活をする様子を描いた4コマです。
この巻でもお二人の同居生活を描いていき、年末年始や冬などの様子が描かれていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、終盤は作品の内容からして予想はできる、けれどもできればそうはなってもらいなくないという展開に…お二人の出会いから一緒に暮らすまでに至るまでの回想も見られますけれど、なかなか重いお話で…?
その終盤の波乱は思いのほかあっさりした描写でそのままエピローグへ飛びますけれど、終わりかた自体は百合的なことも含めよきものとなっています。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:02 | Comment(0) | 作品紹介