2017年10月14日

提督と、渚に向かって

こちらの公式サイトによると以前ゲームをしていて元はドラマCDな『りりくる』の新ドラマCDシリーズが製作されるといいます。
これはとっても嬉しいお話なのですけれど、ただそれに当たってクラウドファンディングなるシステムでお金を集めるらしく…よく解らないのですけれど、製作費が足りないという認識でよいのでしょうか、こういうのって…。
私もお金がない身ですので616,196円はさすがにちょっと出せませんけれど…ただ『りりくる』は以前していてフルボイスが出ることが決まった『百合霊さん』や以前している『ことのはアムリラート』、以前最終作をしている『FLOWERS』に以前最新作をしている『その花』と並んでかなり思い入れの深い百合作品ですので、できればお金を出したいところでは、あります…?


では、先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□艦これプレイ漫画 艦々日和(8)
■水本正さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては特に何かのレーベルがついているわけではなさそうに見えます?
作者のかたは以前読んでいる『ハナレビの楽園』を描かれたかたとなります。
こちらは元はブラウザゲームとなりヴィータさん版なゲームも出たり以前観ている通り劇場版が制作されたり、以前読んでいるものなど別のコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも出ているシリーズの作品となります。

内容としましては、『艦隊これくしょん』というゲームのプレイ漫画となります。
と、説明がやはり以前読みました第7巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもやっぱり作中ではひよこな水本提督が実際にゲームをプレイされた結果を基にした艦隊行動が描かれていき、今回は2016年の梅雨時から2016年の秋にかけてのことが描かれていきます。

今回は先制対潜攻撃が実装されたタイミングのお話ということで、それ実装のお話やその後のイベントでの対潜攻撃の要となる五十鈴さんが結構目立っていた印象があります?
また、ひよこ提督はまだ通常海域では5-2までしか突破していないのですけれど、その5-2突破での祥鳳さんと菊月さんの関係がとてもよきもの…今作はこの鎮守府独特の艦娘の関係に微笑ましくなったり泣かされたりします。
イベントはウォースパイトさんたちの出た昨年夏とサラトガさんたちが出た昨年秋のお話…そして今年もやっぱりあった秋刀魚イベントの、去年の様子も収録されているのでした。
その他、例によってカバー下には霧島さんによるゲームシステムなどの解説なお話も収録されています。

イラストはよきものです。
百合的にはその独特の関係の中によい感じなかたがたも…。
ということで、こちらは私が実際にやっている中での事柄を思い返したりもでき、その意味でも面白いもの…続きも楽しみにしましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、25mm単装機銃、水偵、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(4連続:1)
○輸送船エリア行き:2
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:2(ヲ級さん編成:1)→ろ号作戦達成につき放棄
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:1
○輸送船エリア到達:2(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:0
-----
…今週に入ってからなぜかあらぬ方向行きを連発させられ壊滅的な結果が続いてうんざり、げんなりしつつある輸送船撃沈任務ですけれども、昨日ははじめの出撃で輸送船エリアへ到達…できましたが、大外れ編成と遭遇させられ結局任務失敗、そこから例によってあらぬ方向行きにされてしまいました。
その時点で出撃した全員が損害を被るという無残な展開にもなっていたのですけれど、全員に高速修復材を使い連続出撃を行い輸送船エリアへ到達でき、この数日よりはまだましな、けれど嫌になってしまう様な展開には変わらない結果となってしまったのでした…日々の任務くらい順調に終わらせてくださらないでしょうか…。

羅針盤とかいう邪悪な存在は南西諸島任務へ移行しても当然の様に牙をむき、はじめの出撃から延々とはじめの分岐での北上という百害あって一利もない事象を連発…。
ただ、高速建造材とかいう完全無意味な場所行きはなく、2-3ともども輸送船エリア行きが多めになった結果ろ号作戦が完了、その時点でのボス到達は2回に過ぎませんでしたのでその時点で南西諸島任務は打ち切りました。

ろ号作戦が完了したということで、今日からは南西諸島任務は実施せず、で…輸送船任務もあまり実施する意味がなく、最近の様に荒れるというのでしたらそちらも無理せず早々に放棄してしまっていいかもしれません。
…あと、開発の結果も最近ぼろぼろなのですが…たまにはよいものを出してくださらないものでしょうか…。


『よるのないくに2』は第3章でサブクエストをこなしていったのですけれど、全て消化しきることができないままに月齢が新月1日前になってしまい、カミラ博士の廃都探索クエストとヴェルーシュカさんの学園にいる邪妖退治、それにエレノアさんのアーメット集めと三つも持ち越しになってしまいました…後者は森で他のクエストと一緒に実施しようとしたのですけれど靴ばかり落ちて結局アーメットは1つしか出ず、そのときに得た印象では多分これって倒した敵によって出現するアイテムが違いそうです。
それらサブクエストは次の章へ持ち越せるのですけれど、ただこの第3章の前半で結構効率の悪い時間の使いかたをしてしまっていてそこが残念で…ですので、思い切ってやり直してしまうことにしました。

やり直す、といってもはじめからやり直すわけではなく、今作は月齢による時間切れによるゲームオーバーに対する救済という意味かと思われる、いつでも章のはじめからやり直せる機能がありますので、それで第3章のはじめに戻ってしまおう、というわけです。
これをするともちろん取得経験値などは全て巻き戻され、けれど何と総プレイ時間までその章の開始時の時間にまで巻き戻されるというなかなか驚きの仕様…ですので憂いを残すよりは思い切ったほうが気持ちが晴れるはずです。

展開も解っているため、やり直す前に4日使用してしまった学園の探索を2日で完了でき、これで幾分サブクエストに使えるはず…それでも1日足りなくなりそうな気がしますけれど、それは素直に持ち越しましょう(1日で学園の探索を終えるのは無理…)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月13日

想いは伝わる、魔法にのって

先日はこの様なものを購入しました。
-----
コミックを…
○いつか私は、君を裏切る(2)
○ヨツコト(1)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(8)
○うちのメイドがウザすぎる!(2)
○けものフレンズ アンソロジーコミック ジャパリカフェ編(2)
○孫子のアイドル兵法!(2)
○剣姫、咲く(2)
○小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(3)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『いつか私は、君を裏切る』『ヨツコト』はおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、いずれも4コマでも大判サイズでもないものとなります。
前者は過去に既刊を読んでいることから、後者は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
今日の日誌のタイトルは『ヨツコト』の帯から取ってみました。

その他の作品は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『孫子のアイドル兵法!』はこの巻で完結となる模様です。

優先して読みたい様な未読作品もこれといって残されていませんので、今回購入したものを優先して読んでいきましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、25mm単装機銃、失敗、水偵
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→無意味なボス行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊(その2)2-2:輸送船エリア直行・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:2
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:3(3連続:1・ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア到達:0
○ボス行き:2
○損害:大破1
-----
【輸送船5撃沈任務】
○潜水艦隊2-3:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○特設艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成巻雲さん大破任務達成
-----
…どうにも最近の輸送船撃沈任務はこれまでにも増して無意味なボス行きや高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを発生させられて任務を全然進行できない、羅針盤とかいう邪悪な存在に対する憎しみばかりが募り誰も幸せにしない展開が多くてつらいです…。
結局昨日も輸送船撃沈任務の時点で羅針盤とかいう邪悪な存在のせいで崩壊、壊滅状態…本当にあのどうしようもなく不快な存在、何とかしてください…。

南西諸島任務へ移行してもはじめの出撃からいきなり高速建造材とかいう完全無意味な場所行きにされ心底うんざり、げんなり…。
その後は潜水艦隊の2-3も含めボスへしか進まず南西諸島任務自体は完了したものの昨日は輸送船5撃沈任務も発動しており、それが未達という事態に…潜水艦隊はなぜかボスにしか進みません。
…もう早々にろ号作戦を達成してこの苦痛しか感じない任務から今週は一刻もはやく解放されたいのですが…(けれどまだ50%以上状態…昨日は全然輸送船エリアへ行きませんでしたし、これはダメそう…)


『よるのないくに2』は第3章のストーリーを進め、ボスがいる場所の直前までたどり着けましたけれど、そこまでの探索で思った以上に時間を使ってしまいました。
サブクエストもかなり残っており、さらに新キャラさんも一挙に二人も加入、そちらのかたがたのサブクエストもあったりと、時間制限がある中でこういうことを多数発生させるの、『アトリエ』シリーズを思い出しますけれどやめてください、私はのんびりしたいのです…。
ゲーム自体は結構楽しくなってきましたのに、この常につきまとう時間制限の不安が余計な要素で残念です…。

その様な中、サブクエストをこなすとホテルの管理をしていたカエデさんというかわいい人形のかたが何と従魔になってくださいました…これはもう、今後は基本的には彼女を従魔にしていくしかないでしょう(もうお一人は今のところ一番アルーシェさんとの関係が深い猫のネーロさん…ただ、障害物排除のスキルを持つかたがたを初回探索時などは入れるべきでしょうか)
従魔の数も多くなってきてしまい、その従魔を育てるにはクエストなどで得られるポイントを消費しなければなりませんのでなかなか悩ましいところなわけですけれど、同様にリリィと呼ばれるパートナーをどう使っていくのかもなかなかに悩ましいところです。
やはり一緒に戦闘をしたりすると親密度が上がるみたいですけれど、時間制限のある中で全員を上げることなどもちろんできない…(時間制限のなかった以前している『ユーディー』を除く)『アトリエ』シリーズでももちろん親密度は全員上げたりはしていませんでしたし、今回も特定のかたを優先しましょう(ルートがあるのならばそうすべきでしょうし…)
今のところは(他のかたがたも魅力的ではあるもののそれ以上に素敵キャラな)ルーエンハイドさん一択なわけですけれど、お話を思えばリリアーナさんが自然なのでしょうか…彼女が仲間になったらどうするか考えます?


以前読みました原作の完結記念ということで改めて以前観ました『桜Trick』のアニメを観返してみたりもしました。
こちらのアニメ、ちょっとあざとさを出している面があってそこが多少残念ではあるものの、そこを除けば改めて観てみてもかなり面白くよきもの…最近観たアニメたちにも負けていません?
春香さんと優さんがやっぱりあさかなにかなり重なるところもあり大好きでしたり、美月さんが色々な意味でよいキャラクターでしたり、その美月さんが最後までみかんさんと呼び続けたゆずさんもかなりよいかた…全員大好きといってよいかなと思います?

惜しむらくは、1年でお話が終わっていますので澄さんが出てきたかと思えば、それに百合的にも美月さんのおかげもありこの時点で十分高いものでしたけれどもこの先もっと…というところで終わってしまったところですけれど、それでもアニメでここまで百合的に高い作品は『ストパニ』や以前観ている『ささめきこと』あたりと並んで最高レベルではないかなと思います?
とにかく色々とても楽しませていただけました…そういえばコトネさんには妹さんもいらしたのでしたっけ…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年10月12日

また楽園で会いましょう。

こちらの公式サイトによると、以前している『百合霊さん』のフルボイス版が来年の1月27日に発売する予定みたいです。
もちろんゲームそのものはすでにプレイしているのですけれど、フルボイス版というのはそれはそれで嬉しいもので、また『百合霊さん』自体かなり好きで愛着のある百合ゲームでもありますので、もちろん購入しましょう。


では、先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□ラストピア(2)
■そとさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
作者のかたは以前読んでいる『ハルソラ行進曲』を描かれたかたとなります。

内容としましては、とある島で過ごすことになった記憶喪失のかたを描いた4コマ…。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き記憶を失ったリッタさんが田舎の島で過ごす日常が描かれていき、基本的にはのんびりとしたものなのですけれど、その中で彼女は自分の記憶の手掛かりを探していきます。

やがて、彼女の双子の妹であるという、かつては病弱だったというライアさんが島を訪れ、リッタさんと彼女のお二人が過去にこの島を訪れていることや、その際にエミさんとお会いしていたことが明らかになっていきます。
そして、どうしてこの島で記憶喪失者が多く出ているのか、ということも明らかになるのですけれど、それはマノさんが関わっており、ただこれは相当吹き飛んだお話といえばそうなってしまいますかも…?
そうした真相が明らかになっていくことからも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…最後は落ち着くところに落ち着く、なかなか悪くはない終わりかたでしたけれど、結局エミさんの過去はどういったもので、ユーさんはどういう存在なのでしたっけ…?(第1巻を読み返せば見えてくるのでしたっけ…?)

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、リッタさんとエミさんの関係が悪くなく…?
ということで、こちらはこの巻で完結となりましたけれど、なかなか悪くないものでしたかと…リッタさんの性別が完全に巧妙にぼかされたまま終わりましたけれど、第1巻冒頭の描写を見ると女のかたでよい、はず…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm3連装副砲、20cm連装砲、零戦21型、彗星一二型甲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行最上さん大破任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○特設艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○エラー発生:1
○ボス到達:3(ヲ級さん編成:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:2
-----
…先日は輸送船撃沈、南西諸島任務ともにはじめの分岐での北上が1回も発生せず順調に終えられたのですけれど、先週ストレートに終わったのに対し今週は大荒れに荒れた北方海域任務同様に反動がやってきてしまい、輸送船撃沈任務の時点で大荒れ、崩壊状態…いえ、そういえば今週は月曜日も壊滅状態に陥りましたっけ…。
本当に羅針盤とかいう邪悪極まるエラー発生に次ぐ最低最悪の存在に対し憎しみが募ります…こんな嫌がらせをして、楽しいのですか…?

南西諸島任務ではもちろんはじめの分岐での北上が連発、そしてようやくボス前へ直行できたかと思えばその直後にエラー発生という最低最悪の事象を発生させられ人の心をずたずたに折れ果てさせてきます…何ですそれ…。


『よるのないくに2』は第2章終了まで…月齢が新月に達する前日になると警告文が表示されるので、それまでにできる限り効率よくお話を進めたうえでその警告の出る前日までレベル上げをして極力有効に時間を使っていきます。
その月齢システムはやはり今作における一番残念なところで、あとはカメラワークが以前している前作よりも微妙に悪化している様な…でもそちらはそれが悪すぎて断念した『Fate/』よりは全然問題のないレベルではありますけれども…。

一方で、従魔を得る方法が運任せでした前作に対し今作はマップ上の固定アイコンから入手ということに変更されていますので、それさえ見逃さなければ確実に入手できる様になっています。
そう、見逃しさえしなければ…ダンジョン内には炎や雷以外にも氷や跳躍(?)能力がなければ先へ進めない場所がかなりあり、それらの能力が使える従魔が仲間になったタイミングで探索をできるのかどうか、時間の意味でも覚えているかという意味でも少し不安かも…?
第3章に入り、また一気にサブクエストが発動しましたけれど、きちんと全てこなせるのか不安に…そして、邪妖ではなくルルド教団からの刺客を倒したら月齢が回復、とは一体何事…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月11日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第92回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:もきゅもきゅ、今日も無事に放送の時間を迎えられました『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:今日は10月11日、彩葉さんがとってもお世話になっていて大好きなあのかたのお誕生日です、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:わぁわぁ、それはとってもとっても素敵な素敵なことです、おめでとうございます♪

あ:うん、お誕生日おめでとうございます…こんな日に放送をすることができるって、とっても幸せなことです♪

か:ですです、あのかたのお誕生日をお祝いして、今日も元気に元気に放送をしていきましょう♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:ではでは、まずはいつものいつもの企画、来月発売予定のコミックを見ていきましょう♪

あ:来月は11月、多分かなり過ごしやすい時期になっているはずだけど、そんな来月はこんなものが出るみたい♪
-----
9日発売予定:『ご注文はうさぎですか?(6)』『あんハピ♪(8)』『ご注文はうさぎですか? ラビットハウスアンソロジー 〜coffee break〜』『放課後のアルケミスト(2)』
10日発売予定:『女子かう生(7)』『南鎌倉高校女子自転車部(10)』
13日発売予定:『まめコーデ(3)』
16日発売予定:『2DK、Gペン、目覚まし時計。(6)』『みみみっくす!(2)』『私に天使が舞い降りた!(2)』『たとえとどかぬ糸だとしても(2)』『立花館To Lieあんぐる(5)』『ロク+イチ暮らし』
22日発売予定:『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(6)』『再生学校(2)』『ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(9)』『ガールズ&パンツァー 戦車道ノススメ(2)』
24日発売予定:『ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地(1)』
25日発売予定:『アイドルマスター シンデレラガールズ コミックアンソロジー(仮)』『ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー 聖グロリアーナ女学院&プラウダ高校(2)』『ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団(1)』『咲 -Saki-(17)』『シノハユ(8)』『怜 -Toki-(2)』
27日発売予定:『すくりぞ!(2)』『魔法少女のカレイなる余生(2)』『魔法がつかえる中学生日記(2)』『艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(15)』『いきのこれ! 社畜ちゃん(3)』『アイドル事変(2)』『BanG Dream! よんこま ばんどりっ!(2)』『苺ましまろ(8)』『けものフレンズ 電撃コミックアンソロジー ジャパリバス編(2)』『乃木若葉は勇者である(3)』『コーヒー・カンタータ(2)』『ぺたがーる(3)』『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-(1)』『ラブライブ! サンシャイン!! コミックアンソロジー(1)』
29日発売予定:『プラマイごはん(2)』
-----
【未知数ながらきらら系第1巻作品で気になります?】
9日発売予定:『まんが家cherry!』
27日発売予定:『ぽんこつヒーローアイリーン』
-----
【未知数ながらその他第1巻作品で気になります?】
20日発売予定:『アクションヒロイン チアフルーツ』
27日発売予定:『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover』
30日発売予定:『同棲生活 社会人百合編』
-----
か:う〜んう〜ん、またまた『ろこどる』がいます…。

あ:うん、そうだね…前回はもちろんこの6月放送のときとかにもいたから、もう本当に出るのかいよいよ怪しくなってきたかも…。

か:ですです…あとあと『ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー 聖グロリアーナ女学院&プラウダ高校』とか、他にも他にもいくつかいくつかこれまでこれまでにも出てきてた作品がいますよ?

あ:発売延期になった作品が多い、っていうことかな…出す気持ちがあるだけ、まだいいのかもしれないけど…。

か:そんな来月ですけど、まずはまずはきらら系はどうですどうです?

あ:『うさぎですか?』がいるけど、これがなぜか月末じゃなくって4コマや大判サイズじゃない前半に『あんハピ♪』とかと一緒に出るみたい…どうしてかな?

か:不思議不思議です。

あ:あとは『すくりぞ!』とかだから悪くはないけど目立つ様な作品はなさそう、かな…きらら系以外だと『魔法がつかえる中学生日記』とかあるし、後半を中心に数もかなり多いから、質量ともに期待できるかも♪

か:なるほどなるほどです…『苺ましまろ』なんてものもあるんですね…。

あ:あっ、本当、その作品ってに読んでる前巻から結構間隔が空いちゃってるみたいに毎巻間隔がかなり大きいんだけど、まだ無事に出てくれるんだね…まさに忘れた頃に、っていうところなのかも。

か:あとはあとは、一番最後の最後の3つは何です何です?

あ:うん、『チアフルーツ』は前期アニメのコミカライズ版のはずで、『ミリオンライブ!』はプロデューサの扱いが未知数、一番最後のものはタイトルからして期待できそう、っていうことでそこに置いておいたの♪

か:なるほどなるほどです、もしもしもしもその『チアフルーツ』のコミカライズ版がとってもとってもいいものでしたら、アニメは購入購入するんです?

あ:う〜ん、前期作品はもうDVDの第1巻が出はじめてるところだし、後で触れる通り今期以降も色々あるから、もうよっぽど、ものすごくいいって感じない限りは控えるって思うよ?

か:ですです、コミカライズ版がとってもとっても面白いって感じてもいざアニメを購入すると期待よりは微妙微妙かも、っていういことがありますし、慎重慎重にしたほうがいいです。

あ:あぅ、それってもしかして『バンドリ』のことを言ってたりする、のかな…あれはに読んだコミカライズ版がとってもよかったからアニメも期待して購入することにしたんだけど、今のところ期待したほどじゃなくって…。

か:そのクールではにコミカライズ版を読んで読んでます『アイドル事変』っていう作品もコミカライズ版が負けず劣らずいい印象でしたけど、最終的に『バンドリ』を選んだんでしたっけ…そっちにしておいたほうがよかったよかったんじゃないです?

あ:ところが、そのクールにはに読んでる『ガヴリールドロップアウト』もあったりして、買うならコミカライズ版じゃなくって原作が安定してたそれにしておいたほうがよかったかも、なんて…うぅ、いまさらだし、こうなったら『バンドリ』の残り2巻が盛り返してくれることを信じようかな。

か:今回はもう遅い遅いですけどそのあたりはくれぐれも慎重慎重に、っていうところですね…ではでは、この企画はこのくらいにしておきますけれど、次は次は何を何をします?

あ:うん、10月に入ったっていうことで秋のアニメがはじまってきたはずなんだけど、そこでまた今後どんなアニメを購入予定なのかとかを見ていこうって思うよ♪

か:おなじみおなじみの企画ですね…。

あ:でも、前回の放送で過去にしてきた百合なゲームをかなり振り返ったから、今回は今までリストに記載してきた作品の他にも、今の形式の感想が残ってるアニメをできる限り振り返ってみることにするね♪

か:そうなんです?

あ:ただ、リストにない作品はもうどのクールで放送されたのか全然解らなくなっちゃってるから、最終巻をいつ見ているか、っていうのを年区切りで上げていくことにするね?

か:きちんときちんと調べれば解る解るかもですけれど、そこまでそこまでしなくてもよさそうですね…。

あ:あと、もっと古いアニメもいくつか持ってるんだけど、今回上げるのはあくまで今の形式の感想ページが残ってるアニメだけ、っていうことで…こんな感じ、かな?
-----
【リストにない、これ以前に購入した作品】
『ストロベリーパニック』『魔法少女リリカルなのは』『貧乏姉妹物語』など?
-----
【2007年購入】
 『ひだまりスケッチ』
-----
【2008年購入】
 『スケッチブック 〜full coler'S〜』
 『ARIA The ORIGINATION』
【2009年購入】
 『ストライクウィッチーズ』
-----
【2010年購入】
 『咲 -Saki-』
 『GA 芸術科アートデザインクラス』
 『ささめきこと』
 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』
-----
【2011年購入】
 『ストライクウィッチーズ2』
 『侵略!イカ娘』
 『魔法少女まどか☆マギカ』
-----
【2012年購入】
 『ゆるゆり』
 『けいおん!/けいおん!!』
-----
【2013年以降に購入】
 『モーレツ宇宙海賊』
 『はいたい七葉』
-----
-----
【2012年冬期放送】
 『キルミーベイベー』
-----
【2012年春期放送】
 何もなし
-----
【2012年夏期放送】
 『ゆるゆり♪♪』
 『人類は衰退しました』
 『輪廻のラグランジェ(第2期)』
-----
【2012年秋期放送】
 『ガールズ&パンツァー』
-----
【2013年冬期放送】
 『ビビッドレッド・オペレーション』
 『ラブライブ!』
 『ぷちます! プチ・アイドルマスター』
-----
【2013年春期放送】
 『ゆゆ式』
-----
【2013年夏期放送】
 『きんいろモザイク』
-----
【2013年秋期放送】
 『のんのんびより』
 『ミス・モノクローム』
-----
【2014年冬期放送】
 『桜Trick』
-----
【2014年春期放送】
 『ご注文はうさぎですか?』
 『ラブライブ!(第2期)』
 『ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター』
 『犬神さんと猫山さん』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『悪魔のリドル』
-----
【2014年夏期放送】
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
 『ハナヤマタ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『さばげぶっ!』
-----
【2014年秋期放送】
何もなし
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『天体のメソッド』『結城友奈は勇者である』
-----
【2015年冬期放送】
 『アイドルマスター シンデレラガールズ』
 『幸腹グラフィティ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ユリ熊嵐』
-----
【2015年春期放送】
 『ハロー!きんいろモザイク』
 『レーカン!』
 『魔法少女リリカルなのはViVid』
-----
【2015年夏期放送】
 ○『アイドルマスター シンデレラガールズ(第2期/DVDは第1期と一緒)』
 『のんのんびより りぴーと』
 『わかば*ガール』
 『ミス・モノクローム(第2期)』
-----
【2015年秋期放送】
 『ご注文はうさぎですか??』
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』
 ●『ミス・モノクローム(第3期/DVDは第2期と一緒)』
-----
【2016年冬期放送】
 『魔法少女なんてもういいですから。』
-----
【2016年春期放送】
 『三者三葉』
 『あんハピ♪』
 『ハイスクール・フリート』
 『パンでPeace!』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ばくおん!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『うさかめ』
-----
【2016年夏期放送】
 『NEW GAME!』
 『アンジュ・ヴィエルジュ』
 『ラブライブ!サンシャイン!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『あまんちゅ!』
-----
【2016年秋期放送】
 『フリップフラッパーズ』
 『ブレイブウィッチーズ』
 『ViVid Strike!』
 『魔法少女なんてもういいですから。(第2期)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ろんぐらいだぁす!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『ステラのまほう』
-----
【2017年冬期放送】
 『にゃんこデイズ』
 『けものフレンズ』
 ○『BanG Dream!バンドリ(DVD購入継続中)』
 『うらら迷路帖』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『アイドル事変』『ガヴリールドロップアウト』『小林さんちのメイドラゴン』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『南鎌倉高校女子自転車部』
-----
【2017年春期放送予定】
 ○『フレームアームズ・ガール(DVD購入継続中)』
 ○『ひなこのーと(DVD購入継続中)』
 『シンデレラガールズ劇場』
(気になるもののお金の関係で諦め…)
 『サクラクエスト』
-----
【2017年夏期放送】
 ○『NEW GAME!!(DVD購入継続中)』
 ○『ひなろじ(DVD予約済)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『バトルガール ハイスクール』
(原作を持っているものの購入検討せず)
 『セントールの悩み』
-----
【2017年秋期放送】
 ○『このはな綺譚(DVD予約済)』
 ●『シンデレラガールズ劇場(第2期/DVD予約済)』
 ○『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期/DVD予約待ち)』
-----
【2018年冬期放送予定】
 ○『スロウスタート』
 ○『citrus【シトラス】』
(気になるけれどお金の関係で諦め予定…)
 『ゆるキャン△』
-----
【放送時期不明】
 ○『けものフレンズ(第2期)』
 ○『こみっくがーるず』
 ○『はるかなレシーブ』
(気になるけれどお金の関係で諦め予定…)
 『三ツ星カラーズ』
-----
【劇場版/OVA】
 『MURDER PRINCESS』
 『TOHO PROJECT SIDE STORY 〜星の記憶〜』
 『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』
 『星の海のアムリ』
 『Candy boy』
 『その花びらにくちづけを あなたと恋人つなぎ』
 『青と空』
 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
 『たまゆら』
 『SOS TV ワルプルギス ナイトフィーバー』
 『Aチャンネル+smile』
 『くっつきぼし』
 『トップをねらえ!』
 『トップをねらえ2!』
 『けいおん!(劇場版)』
 『スクライド オルタレイション』
 『STRIKE WITCHES THE MOVIE ストライクウィッチーズ(劇場版)』
 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』
 『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』
 『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』
 『ゆるゆり なちゅやちゅみ!』
 『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow』
 『ゆるゆり なちゅやちゅみ!+』
 『ラブライブ! The School Idol Movie』
 『ガラスの花と壊す世界』
 『ガールズ&パンツァー(劇場版)』
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(OVA)』
 『ゆゆ式(OVA)』
 『きんいろモザイク Pretty Days』
 『ハイスクール・フリート(OVA)』
 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』
 『宇宙戦艦ヤマト(劇場版)』
 『機動戦艦ナデシコ The prince of darkness』
 『艦隊これくしょん -艦これ-(劇場版)』
 ○『魔法少女リリカルなのはReflection(DVD購入予定)』
-----
【総集編】
 『ギャラクシーエンジェル(無印〜Z)』
-----
か:例によって黒い丸印はショートアニメっていうことになります。

あ:『モーレツ宇宙海賊』『はいたい七葉』より上にある作品たちが、いつものリストにはない作品たちになるかな…『宇宙海賊』『はいたい』は購入時期が『キルミー』以下よりも以降のものになってるけど、『けいおん!』ともどもリアルタイムで購入したわけじゃないからちょっとややこしいかも。

か:こうしてこうして見ると、2011年くらいまでの購入作品が今と較べて物凄く物凄く少なくって、2009年なんて『スト魔女』だけっぽいですけど、本当本当にこれだけなんです?

あ:うん、多分…昔は本当に購入する作品のほうが珍しくって、今の状況がちょっと多すぎっていう印象はあるかも。

か:1クールで2、3作品とか買ってて、これでも諦め諦めてる作品があるくらいですものね…これじゃ確かに確かにお金も大変大変になるはずです。

あ:今の感覚なら確かそのときは購入作品が重なってお金が厳しいってことで諦めた『かなめも』とか『Aチャンネル』も普通に買えそうな気もしないこともないんだけど…とにかく、その分購入する価値のある作品が昔よりも多くなってる、っていう意味もありそうだから、それはそれで喜ぶべきなのかも♪

か:そうかも、です…OVAや劇場版も結構結構たくさんたくさん買ってます?

あ:こっちのほうがTVアニメを全何巻で購入するよりも気軽かもしれないから…そうそう、リストにはないけど某機動戦士な作品の劇場版とかも、借りた後で自分で持っておきたいなって感じてある程度購入してて、これらは手元にあるの♪
-----
 ○機動戦士ガンダム(劇場版3作)
 ○機動戦士ガンダムMS IGLOO -1年戦争秘録-
 ○機動戦士ガンダムMS IGLOO -黙示録0079-
 ○機動戦士ガンダムMSイグルー2 重力戦線
 ○機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
 ○機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY ジオンの残光
 ○機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
 ○機動戦士ガンダムF91
 ○新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
 ○劇場版∀ガンダム
 ○劇場版機動戦士ガンダム00
 ○機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
-----
あ:本当は『X』や『G』あたりも好きだからほしいんだけど、TVアニメ版全巻はやっぱり手が伸びなくって、ね…『ギャラクシーエンジェル』が一連の総集編BOXで買えてるんだから、やろうと思えばやれそうなんだけど…。

か:それは仕方仕方ないですね…あとあと目につくところだと、『イカ娘』とか『ひだまりスケッチ』『咲』は第1期だけ購入購入してたんですね…。

あ:うん、『ひだまりスケッチ』と『咲』は第1期だけでいいかなっていう気持ちになって第2期は普通に見送ったんだけど、『イカ娘』はお金が厳しくって泣く泣く見送った記憶があるかも…。

か:う〜んう〜ん、それは残念残念です…。

あ:本当はここから特に印象に残ってる作品を紹介しようかなって思ったんだけど、ちょっと放送時間が足りないみたいだからそれはまた今後の放送での企画として検討しておくね?

か:ですです、仕方仕方ありません…ではでは、今期以降の作品についてお話ししておきます?

あ:今期は『このはな綺譚』と『シンデレラガールズ劇場』第2期がすでに予約してあって、第1期を購入してる『ラブライブ!サンシャイン!!』もよほどのことがなければ購入予定かな…来期以降きらら系を中心に絶対購入したい作品が多いし、今期はあとはよほどのものがない限りは購入を控えるかなって思うよ。

か:あのかたがお勧めお勧めしてくださる作品があれば、というところですか…無理のない範囲で購入購入していきましょう♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:でもでも、そのあのかたにお勧めお勧めしていただけたわけでも、さらにはさっきお話に出た『バンドリ』とか『アイドル事変』『ガヴリールドロップアウト』みたいにコミカライズ版や原作すら読んで読んでいない『ひなろじ』って作品を購入購入することにしてますけど…大丈夫大丈夫なんです?

あ:う〜ん、確かに不安要素は大きすぎるくらいあるんだけど、でも作品の雰囲気が大丈夫そうって確信を持てそうなほどの感じになってる上に、普通に全12話なのにDVDが上下巻でそれぞれ約8000円っていう破格の安さだったから…。

か:1巻に6話ずつ収録収録っていうことですか…だいたいのDVDが1巻2話収録で同じ同じくらいの値段だということを考えれば、確かに確かに良心的な価格です♪

あ:うん、だから思い切ってみたの♪

か:なるほどなるほどです…ところでところで、来期以降『スロウスタート』に『こみっくがーるず』『はるかなレシーブ』とか『ゆるキャン△』とアニメ化ラッシュに感じられるきらら系の作品、今期はさすがに何も何もないんです?

あ:えっと、今期は存在はするんだけど、某混ぜ物Sだから気にしなくていいと思うよ?

か:あぁ、確かに確かにそれでしたら某城下町の蒲公英とか某学校で暮らす作品並に気にしなくてしなくていい作品ですけど、でもでもおかげでDVD購入ラッシュに中休みができますからある意味ではありがたいありがたいですね。

あ:うん、でも今期はすでに3作品購入する予定になってるから…ううん、だからこそそこにさらにきらら系がいないのはありがたいこと、かな♪

か:ですです、ではではこの企画もこれくらいにして、あとはあとはこれも毎回毎回恒例の企画になってます『艦これ』についてです?

あ:そうだね、まずは私の艦隊にいらっしゃる皆さんの今の状態を、今回は艦種別に見ていくね♪
-----
【戦艦/航空戦艦】
○レベル99:伊勢さん・日向さん・大和さん・武蔵さん・比叡さん・榛名さん・扶桑さん・山城さん・リットリオ(イタリア)さん・長門さん・陸奥さん・アイオワさん・ウォースパイトさん
○レベル98:金剛さん
○レベル97:ビスマルクさん・ローマさん
○レベル83:ガングートさん・リシュリューさん
○レベル72:霧島さん
-----
【正規空母】
○レベル99:大鳳さん・飛龍さん・蒼龍さん・雲龍さん・天城さん・葛城さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・サラトガさん・赤城さん・グラーフ・ツェッペリンさん
○レベル89:アクィラさん
○レベル80:アーク・ロイヤルさん
○レベル50:加賀さん
-----
【軽空母】
○レベル99:瑞鳳さん・龍鳳さん・隼鷹さん・祥鳳さん・飛鷹さん・鳳翔さん
○レベル98:龍驤さん
○レベル94:大鷹さん
○レベル75:千歳さん・千代田さん
-----
【重巡洋艦/航空巡洋艦】
○レベル99:鈴谷さん・熊野さん・利根さん・筑摩さん・足柄さん・羽黒さん・古鷹さん・高雄さん
○レベル98:三隈さん・ザラさん
○レベル97:衣笠さん・加古さん・青葉さん
○レベル94:プリンツ・オイゲンさん・妙高さん・那智さん・愛宕さん
○レベル89:ポーラさん
○レベル75:最上さん・摩耶さん・鳥海さん
-----
【軽巡洋艦/重雷装巡洋艦】
○レベル99:五十鈴さん・川内さん・由良さん・名取さん・阿武隈さん・鬼怒さん・夕張さん
○レベル98:木曾さん・神通さん
○レベル96:球磨さん・阿賀野さん・能代さん・矢矧さん
○レベル94:大淀さん
○レベル93:長良さん・那珂さん
○レベル80:天龍さん・龍田さん
○レベル76:多摩さん・酒匂さん
○レベル50:大井さん・北上さん
-----
【駆逐艦】
○レベル164:五月雨さん
○レベル99:夕立さん・大潮さん・初春さん・潮さん・初霜さん・叢雲さん・朝潮さん・江風さん・霞さん・荒潮さん・初雪さん・深雪さん・陽炎さん・不知火さん・曙さん・漣さん・子日さん・若葉さん・涼風さん・満潮さん・弥生さん・夕雲さん・浜風さん・谷風さん・磯風さん・早霜さん・清霜さん・高波さん・照月さん・萩風さん・初月さん・春風さん・山風さん
○レベル98:時雨さん・綾波さん・皐月さん・如月さん・暁さん・長波さん・秋月さん
○レベル97:三日月さん
○レベル95:菊月さん・舞風さん・野分さん・長月さん
○レベル94:朝雲さん・山雲さん・リベッチオさん
○レベル91:神風さん
○レベル90:望月さん・卯月さん
○レベル82:睦月さん・文月さん・水無月さん・朝風さん・旗風さん
○レベル79:狭霧さん
○レベル73:吹雪さん・白雪さん・敷波さん・黒潮さん・雪風さん・島風さん・朧さん・響さん・雷さん・電さん・白露さん・村雨さん・霰さん・初風さん・秋雲さん・巻雲さん・天津風さん・浦風さん・時津風さん・春雨さん・朝霜さん・Z1さん・Z3さん・風雲さん・海風さん・嵐さん・沖波さん・親潮さん・浦波さん・松風さん・藤波さん・天霧さん
-----
【潜水艦/潜水空母】
○レベル97:伊58さん
○レベル92:伊401さん・呂500さん
○レベル91:伊168さん・伊8さん・伊19さん・U-511さん
○レベル88:まるゆさん
○レベル85:伊26さん
○レベル84:伊13さん・伊14さん
○レベル70:伊504さん
-----
【水上機母艦】
○レベル99:秋津洲さん・瑞穂さん
○レベル97:コマンダン・テストさん
-----
【練習巡洋艦】
○レベル99:香取さん・鹿島さん
-----
【海防艦】
○レベル94:国後さん・択捉さん・占守さん
○レベル87:松輪さん
-----
【補給艦】
○レベル99:速吸さん
○レベル92:神威さん
-----
【その他】
○レベル99:大鯨さん・明石さん
○レベル86:あきつ丸さん
-----
か:五月雨さんのレベルがすごいすごいことになってます。

あ:うん、最大レベルが165になったから、そこに向けて演習で常に旗艦にしたりしてるの…他の皆さんのレベルも上げたいんだけど、()以外でレベル100以上にできる方法があればいいのに…。

か:運の上昇はなしで、ということでそういうのがあってもよさそうよさそうなんですけどね…ではでは、昨日はどうでした?

あ:昨日はこんな感じかな?
-----
【開発】
失敗、3連装魚雷、33号対水上電探、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
○通商破壊艦隊2-2・2回め:(ボス直行)
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:0
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:4(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:1
-----
あ:昨日は輸送船撃沈、南西諸島任務ともに2-2のはじめの分岐での北上がなかったからとってもいい結果だったかも♪

か:はじめのはじめの分岐で北上させられるとおかしな場所へ飛ばされることもありますし、それがないだけでも十分十分ですよね♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:適度に適度に輸送船エリアにも進んでいるみたいですし、よかったよかったです♪

あ:秋刀魚のイベントが思ったよりも長いみたいだけど、あのかたも無事に集められているかな…そうであることを願いたいです♪

か:ですです♪

あ:ゲームといえばずっと放置していた『よるのないくに2』を再開してみて、時間制限が厳しくなってたりと色々微妙なところはあるんだけど一応悪くない感じでプレイはできそうだから、ひとまずこのまま進めてみることにするね♪

か:ですです♪

あ:あと、そういえば、数日前にサイトが消滅したって思っていたこの『その花』シリーズの商業版サイトその1、URLを変更したってなってたっけ…。

か:ということは、このその2に移行移行して以降もう忘れ去られてたって思って思ってましたそちら、存在は忘れ去られてなかったってことですか…その点で少し意外意外かもです。

あ:うん、そうだよね、もちろんその商業版サイトその1にそれ以上の動きはないんだけど、ね…『その花』自体、最近はちょっとついていけてないところが大きいんだけど…。

か:あぅあぅ、もうゲームは出ない出ないんでしょうか…とにかくとかく、あのかたのお誕生日を祝福祝福して秋刀魚漁も順調順調に進んでいらっしゃることも願いながら、今日の放送はこのくらいにしましょう♪

あ:うん、今日はお誕生日、本当におめでとうございました…また次回の放送も、よろしくお願いします♪
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2017年10月10日

専門学校JK

先日読みましたコミックの感想です。
ちょっと特殊…?
□専門学校JK(1)
■ほっけ様さま/代々木アニメーション学院さま(協力)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★★(3.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『新米姉妹のふたりごはん』『つむじ風の少女』などと同じものとなります。

内容としましては、アニメ系の専門学校に通う女の子を描いた4コマ、となるでしょうか。
お話の舞台は東京にある代々木アニメーション学院という専門学校…この専門学校には高校卒業資格も得られる高等部も存在し、お話の皆さんは中学卒業後にそこへ入学をされたかたがたとなります。
お話の主人公は大宮はるこさんという、どうやら大企業の社長令嬢らしくお金持ちではあるもののちょっとおバカな、多分アニメ関係が好きなかた…ですので進路もそう深く考えることなくここを選び、神絵師なる単語がかっこいいことからそれを目指すべくイラスト科へ入りました。

入学に当たってはるこさんは女子寮に入ったのですけれど、そこで同じく1年生な三人のかたに知り合います。
まず岡山みにぃさんは背の低い岡山出身で訛りの強い、まさにはるこさんが目指す神絵師という存在なイラストの上手なかたながらなぜか声優を目指すべく声優科に入ったかた…でも登場人物の中では一番真面目に夢を目指しています?
茅ヶ崎あやねさんは妄想好きなマンガ科に入ったかた…周囲の皆さんを見ては百合なカップリングを妄想しています?
そのあやねさんと中学校が同じでした辻堂ゆきさんはかなり突き抜けたおバカなかたで、アニメーター科に入ってはいますが色々大丈夫なのか…本人は本当に何も考えていない趣なのですが…?
あとはその寮に入っている3年生の八丁堀ちえさん…ちょっと暗い雰囲気の、これまでいくつもの科を転科し続けてきたかた…。

お話のほうは、ということで専門学校に通う女の子たちを描いたもの…。
学校を舞台にした一種の日常ものであり、基本的には皆さんのそれを愉快に楽しく描いたものなのですけれど、今作には少し特色があったりします。
それは、代々木アニメーション学院、それにその高等科は実在する学校であり、そこを舞台にした今作はその学校や生徒さんの真実を結構描いているっぽく、実際にそうだというシーンには「本当」という印が押されています。
かなりおバカな作品なのですけれど、その意味でも面白い作品といえるかと思います(もちろん実際の場所には許可を得ているとのこと…)

イラストは悪くありません。
百合的にはあやねさんの妄想もあり、それにそこはかとなく感じられるシーンもあり…?
ということで、こちらはなかなか特殊な作品ではありますけれども面白いもので、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
20cm連装砲、失敗、水偵、瑞雲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:ボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→初戦終了後エラー発生終了
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:5(3連続:1・2連続:1・そのままあらぬ方向行き:5)
○はじめの分岐北上:5(3連続:1・2連続:2)
○はじめの分岐中央:0
○ボス到達:5(軽空母ルート:1)
○空母撃沈数:20
○損害:大破1・中破1
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:18
○損害:中破1
○秋刀魚:6
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:7(6連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:6(3連続:2)
○家具箱前行き:12(12連続:1・大破終了:2・秋刀魚:3)
○家具箱中行き:2
○家具箱大行き:4(2連続:1)
○ボス到達:5(北上ルート:1・2連続:1・秋刀魚:1)
-----
○秋刀魚合計:42
-----
…演習のお相手に「提督経験値カンスト」というコメントのあるかたがいらしたのですけれど、確かに提督経験値がひどいことに…私も司令部Lvが120になってしまったのですけれど、それでもまさに桁が違う状態になっていて、カンストは当分(ずっと?)しなさそうです?

昨日は月曜日ということで各種週間任務が発動しますけれど、その前段階である輸送船3撃沈任務の時点ではやくも羅針盤とかいう邪悪な存在に加えエラー発生などという最低最悪の敵まで出現、完全に崩壊、壊滅状態に陥ってしまい、い号作戦すらなかなか発動させられません。
本当、高速建造材とかいう完全無意味な場所は消滅してもらいたいです…。

その羅針盤とかいうどうしようもない邪悪な敵は1-4でも当然の様に出現、艦隊を連続であらぬ方向行きにしあ号作戦やい号作戦を妨害、輸送船任務で荒み切った心をさらに抉ってきます…1-4のマップ構成はボスへ行きやすく見えますのに、ボス行きは1/2の確立に過ぎないらしい…。
しかも軽空母戦での航空戦でレベル98の秋月さんが対空カットインを発動させ制空権も確保したうえで中破など、異様なレベルで損害が発生…レベルの意味が…。

こうなるともちろん北方海域任務の3-3でも当然の様にその羅針盤とかいう邪悪な敵は牙をむき、はじめの出撃から延々、12回連続で家具箱前へ流され続け、そこでボスへ到達することなくレベル99の葛城さんが2回も一撃大破を受け撤退まで発生してしまい、こちらでもレベルの意味が…先週がストレートで終了でしたのでその反動がきたともいえてしまいますけれど、はじめの分岐で6回連続で北上しながらそのまま6回連続で家具箱前行きって何です、どうしてそんな嫌がらせするんです…。
それでも13回め、最後の出撃では北上ルートでのボスに進むことができ、昨日で任務を完了できましたのでまだよしとします、か?

何だか色々嫌になってしまうかなりよくない結果ばかりでした昨日ですけれど、ただ1-5や3-3で期待はしていなかった秋刀魚を少なからず発見、同回収に成功しました。
運営電文によると次のメンテナンスは来週の水曜日とのことで、つまり来週の週間任務はまだ秋刀魚を得られる可能性があるということとなり、まだもう少し増える可能性もありますので調理はそれまで待ちましょう(調理し忘れない様に気をつけないと…)
ともあれ、何とかこれであとは日々の2-2出撃でろ号作戦を終わらせるのみになりましたので、今日からはまた『よるのないくに2』をしてみます?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月09日

宮尾さんは生えている

先日読みましたコミックの感想です。
なかなかよき…
□宮尾さんは生えている(1)
■TOもえさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『今日のノルマさん』や『晴れのちシンデレラ』『なぎさ食堂』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『青春スウィートトラック』を描かれたかたとなります。

内容としましては、猫な女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
この作品の舞台は現代日本なのですけれど、現実とは少し違うところがあり、それは全ての人に何らかの動物の耳としっぽがついている、ということ…そしてその動物に応じた本能などがあり、それを抑えられなくなってしまう人もいるみたいで…?
お話の主人公は宮尾なおさんという高校生の女の子…黒猫なのですけれども黒猫は不吉だということで髪を染めている、真面目にしようと心がけている普通の女の子でしょうか。
ただ、彼女はどうにも猫としての本能を抑えることができない面が強く、何かにじゃれたり暖かいと自然と昼寝をしてしまったりし、そのため学校に遅刻したりすることが多く先生によく注意されてしまっているのでした。

その他登場人物としましては、同じ学校に通うかたがた…特に出番が多いのは宇佐美ミツキさんはじぶんのかわいさに自信のあるうさぎなかたでしょうか。
なおさんは自然と人に好かれる傾向が見られ、その傾向が強いのは生徒会長さんできつねらしくあろうとしている稲荷塚妖子さんや大人しいねずみな女の子の根津実憂さん、そして序盤に登場しほぼ毎回登場しているのに口下手なためいまだに声をかけられていないオオカミな大賀美るうさんといったあたりのかたがた…このかたがたに対するなおさんはまるで以前読んでいる『今日も女の子を攻略した。』の風澄さんの様…(何)

お話のほうは、ということで獣耳やしっぽを持った女の子たちの学校生活を描いたもの…。
基本的には普通の学園ものな作品に動物要素を少し加えた、なおさんが本能を抑えられずに受難が降りかかるさまを見守る楽しいコメディ作品といえるでしょう。
動物の耳などがありその動物の本能に振り回されるさまを描いた作品といえば以前読んでいる『みみみっくす!』あたりが思い浮かびましたけれど、あちらは後天的な作業で動物要素を付加しているのに対しこちらは元から…いえ、そのあたりのことは特に気にせず楽しめばよい作品です。
個人的にはなおさんに惹かれている三人が特に好きなのですけれど、るうさんはいつなおさんに声をかけられるのでしょうか…(何)

イラストは悪くありません。
百合的にはなおさんを気にしているかたが少なからず見られ…?
ということで、こちらは楽しくよい作品で、続きも見守りたいものです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
14cm単装砲、12cm連装高角砲、失敗、彗星
-----
【輸送船3・5撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐東進→分岐北上→無意味なボス行き伊14さん大破任務失敗
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐東進→分岐北上→輸送船エリア到達・3撃沈任務のみ達成
○通商破壊艦隊2-2:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成・5撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○秋刀魚:2
-----
【5-5ゲージ破壊(3回勝利済)】
(リットリオ(イタリア)さん・アイオワさん・サラトガさん・瑞鶴さん・翔鶴さん・大鳳さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→第3戦・翔鶴さん小破敵全滅→分岐南下→ボス戦・潜水艦以外撃沈
○2回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→分岐南下→ボス戦(敵編成強化)・航空戦サラトガさん小破・昼戦サラトガさん大破潜水艦以外撃沈
-----
…昨日は輸送船5撃沈任務が発動していたためまずは潜水艦隊を2-3へ派遣、けれど無意味な行為が1回発生したためそれだけでは任務達成とならず、通商破壊艦隊を派遣することにより達成としました。

ろ号作戦後の1-5への出撃任務では秋刀魚を発見、同回収に成功しました。
今日からのあ号作戦での1-5出撃と北方海域任務の3-3出撃が最後の機会になるかと思われ、すでに任務は達成しているもののこれ以上増えることはあるでしょうか。
そして次のメンテナンスまでに秋刀魚を調理することを忘れない様にしないと…。

先日で5-5への出撃任務を終えたのですけれど、その時点でゲージが3回削れてしまいましたので、今月はこのまま5-5のゲージを破壊することにしました。
ただ破壊すればよいだけですので先日の様にきつい編成に縛られることもなく、ですので極めて重い編成で出撃、支援艦隊はもちろんなしです。
今月は(任務で苦戦した分)運がよかったのか、レ級さんや羅針盤とかいう存在に邪魔をされることもなく…
5-5終了
…ゲージ破壊に成功しました。
5-5と6-5のゲージは先月はじめて破壊し今月で二度めになったわけですけれど、先月は5-5のほうがきつく感じ、今月は(任務は度外視すると)6-5のほうがきつく感じ…やはりこのあたりの海域までくるとどちらも同様にきつい、ということになりそうです(ただ5-5には羅針盤とかいう邪悪な存在がいるのでその分そちらのほうが嫌かも…)
そしてそれと同時に司令部Lvが120に達してしまいました…これ以上は上がらないみたいですけれど、そんなに強くないのに…。

ともあれ、これで(5-1任務は霧島さんの改二仕様到達待ち、6-5任務はすでにゲージ破壊済のため来月なので)現在実施可能なゲージ破壊や出撃任務は全て終了、今月は月曜日の各種週間任務さえ終えることができればかなりのんびりできます。
そして運営電文によるとレイテ沖海戦に参加した西村艦隊の駆逐艦から改二仕様がお一人出てくださる雰囲気…満潮さんか朝雲さんか山雲さんということになりますけれど、満潮さんはレベル99、朝雲さんと山雲さんもレベル90を超えていますのでどなたがきても大丈夫なはずで、全員大好きですのでどなたがきても嬉しいです(今回の大漁旗を見ると満潮さんの様な気がします?)
…あとは、とっても大好きなあのかたが秋刀魚を集めきることができていらっしゃることを願うのみ…。


『艦これ』の5-5が思った以上にはやく終われて一段落つき、また以前している通り『FLOWERS』も終わりましたので、1ヶ月以上振りに『よるのないくに2』に手をつけてみました。
ところが今作、マップ探索にも初期値で10分という制限時間がある上に、1日経つごとに月齢が1つ減ってこれが新月になるとゲームオーバーだという二重の縛りをつけてきてしまっています。
何ですこれ、どうしてガストさまはこういう縛りばかりしてくるのですか…『アトリエ』シリーズに愛想を尽かした最大最低の理由はまさにそこなのに、ここにまでそういうことしないでください…(ですので『アトリエ』シリーズで一番好きなのは時間制限がない以前している『ユーディー』なのでした)

しかもサブクエストも含めその限られた時間の中で行わねばならず、さらに別のダンジョンに行けば自動的に1日消費してしまいますから、複数のダンジョンでサブクエストが発生してしまったら悲惨なことになりかねない…。
さらに悪いことにリリィと呼ばれるパートナーがかなり多く存在、彼女たちには個々に好感度があり、それを上げる条件がパーティに入れて一緒に冒険をすることっぽく、以前している前作がリュリーティスさんの好感度さえ気にしていればよかったのに対しかなりややこしい事態に…いえ、ですからどうして『アトリエ』シリーズでもないのに時間制限下でここまですることを多くしてくるのですか…。
同じくガストさまな以前している『ブルーリフレクション』も時間経過はあったもののそちらは抜け道があって時間経過なしでサブクエストや好感度及びレベル上げができたのですけれど、こちらは仕様上そういうことは不可能そうで…むぅ(ただ、ボスを倒すと月齢がある程度回復するのですけれど、試してみたところ残り月齢に関わらず一定の位置まで回復するみたいですので、ぎりぎりまで時間を粘った後にボスを倒すと少しは効率よくできそう、です?)

とはいえ、その点に目をつぶればルーエさん…ルーエンハイドさんが相当よいキャラクターでしたり、戦闘も難易度を下げていれば今のところは大丈夫そうで、その他BGMなどはさすがによいものと、完全にやる気を失わせるまでには至っていません。
これと同時に購入をしている『世界樹と不思議のダンジョン2』はもっと微妙な仕様でこちらは全くやる気が出ませんので、ひとまずどうにもならない、完全にお手上げと感じるまではこちらを頑張ってみます?(でも『よるのないくに2』を終えるor諦めたら次にする予定のものはありませんので、あさかなやすみりお分補充の意味も込めてそれも改めて手をつけてみます、か?)
…そう、あさかなやすみりお分の不足が深刻な事態になってしまっていますけれど、ときどき少しずつでも以前している『世界樹の迷宮5』をして補充しましょうか…この正規ナンバリングの『世界樹』の新作が『5』と同等のキャラメイクで出てくだされば全ての問題が解決するのですけれど、出ません、か…?(『4』のキャラメイク要素がもう少しよければ声なしは我慢してプレイしていたかと思うのですけれど…以前している無印の『七竜』もイメージとは結構違うイラストで妥協しましたので、できないことはなさそうなのですが…/何)


…いつの間にか以前最新作をしている『その花』シリーズの商業版のうち以前しているいわゆる青文字系などを出したゆりんゆりんのほうの公式サイトが消滅していましたので、そちら由来のバナーは消しておきました(あえてこのページのみいじらずに置いておきましたけれども/何)
まぁ、商業版はこの後発のブランドに完全移行していましたからそれはよいのですけれど、最近の『その花』はラジオやどこかとのコラボばかりでその動きには全くついていけていません…ノベルの連載がはじまったという様子は見られますが、もうゲームは出さないのでしょうか…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月08日

お嬢様はアイスがお好き。

先日読みましたコミックの感想です。
アイスクリームのお話…
□お嬢様はアイスがお好き。(1)
■はなこさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『明るい記憶喪失』や『にゃんこデイズ』『わたしのご主人様は人間じゃない気がする。』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『しましまライオン』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、アイス好きな女の子とお嬢さまの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
お話の主人公は相沢スイさんというごくごく普通の、ちょっとアイス好きが過剰なくらいであとは普通の明るい女の子…。
その彼女はクラスへ転入してきた、周囲となじめない様子のかたが気になって…?

そのかたは有栖川氷香さんというクールな雰囲気を出したお嬢さまなのですけれど、見た目通り非常にクールで話しかけてくる人たちに冷たい態度を取って凍らせてしまっていました。
その彼女と仲良くなりたいと考えていたスイさんは、ちょっとした事故から彼女を強引に家へ連れていき(氷香さんが食べたことがないという)アイスクリームふるまうのですけれど、それがきっかけで距離を縮めることができました。
ちなみに氷香さんが冷たいのはただのコミュニケーション能力の欠如によるもの…彼女の母親もそうみたいです?

その他登場人物としましては、スイさんの幼馴染な藤原モナカさんというコンビニエンスストアでアルバイトをしている、スイさんたちよりも1つ年上のかた…基本的には常識人ですけれど、チョコミントが好きで仕方ないという一面があります。

お話のほうは、その様なお二人が仲良くなっていくさまを描いたお話…。
アイスクリームを通じて、当初は冷たかった氷香さんがスイさんに心を開いて仲良くなっていくさまは微笑ましくよきものです。
また、その様な今作はほとんどのお話にアイスクリームが出てくるのですけれど、それは実在しているものでありそれの紹介になっている面もある、というあたりは以前読んでいる『だーがしゅか』に通じるものがあります。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはスイさんと氷香さんの関係が悪くなく…?
ということで、こちらはなかなか悪くない作品で、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
20cm連装砲、失敗、失敗、九九式艦爆
-----
【輸送船3撃沈/空母3撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・空母3輸送船2撃沈・空母撃沈任務のみ完了
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【荒潮さん改二任務5-5】
(荒潮さん・アイオワさん・瑞鶴さん・サラトガさん・大鳳さん・朝潮さん)
○1回め:初戦・大鳳さん中破敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・荒潮さんアイオワさん中破A判定→分岐東進終了
○2回め:初戦・荒潮さん中破アイオワさん小破敵全滅→第2戦・完全勝利→第3戦・瑞鶴さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・ヲ級さん改艦載機蒸発・荒潮さん大破朝潮さん中破ヲ級さん改小破金のヲ級さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅
○3回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・アイオワさん大破終了
○4回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・朝潮さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・T字不利ヲ級さん改レ級さん残存・夜戦何も起こらずB判定任務失敗
○5回め:初戦・敵全滅→第2戦・サラトガさん中破敵全滅→第3戦・朝潮さん中破A判定→分岐東進終了
○6回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→第3戦・朝潮さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・T字有利朝潮さん大鳳さん大破ヲ級さん改レ級さん残存・夜戦敵全滅
-----
【サラトガさん任務5-5】
(サラトガさん・アイオワさん・瑞鶴さん・五月雨さん・由良さん・夕立さん編成)
○1回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・瑞鶴さん夕立さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・航空戦瑞鶴さん大破・昼戦アイオワさん砲撃全外し夕立さん大破五月雨さん中破ヲ級さん改レ級さん駆逐艦1残存・夜戦旗艦残存A判定
○2回め:初戦・敵全滅→第2戦・五月雨さん小破敵全滅→第3戦・瑞鶴さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・夕立さん中破上三人残存・夜戦ヲ級さん改HP20残存A判定
○3回め:初戦・敵全滅→第2戦・夕立さん小破敵全滅→第3戦・夕立さん大破終了
○4回め(支援出し忘れ):初戦・五月雨さん中破敵全滅→第2戦・五月雨さん大破終了
○5回め:初戦・敵全滅→第2戦・五月雨さん中破敵全滅→第3戦・サラトガさん大破終了
○6回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→第3戦・アイオワさん小破敵全滅→分岐南下→ボス戦・航空戦五月雨さんアイオワさん中破・T字不利夕立さん大破潜水艦撃沈失敗終了
(決戦支援投入)
○7回め:初戦・夕立さん中破敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・由良さん大破終了
○8回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・夕立さん中破敵全滅→分岐東進終了
○9回め:初戦・瑞鶴さん小破敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・由良さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・支援艦隊ヲ級さん等3撃沈・レ級さん先制雷撃瑞鶴さん大破・昼戦敵全滅
-----
…昨日は空母3撃沈任務も発動しかつろ号作戦がすでに完了しているため南西諸島任務の放棄が確定していたため、輸送船3撃沈任務はまず潜水艦隊を2-3へ出撃させ空母撃沈任務と並行させてみることにしました(が、下で触れる通り後に5-5への出撃を実施したため、無理に空母をここで撃沈する必要性はなかったわけなのでした/何)
こちらは結局潜水艦隊だけでは任務失敗、ただ通商破壊艦隊も例によって大外れ編成との遭遇となってしまったため潜水艦隊が2の輸送船を撃沈していてよかったということになったのでした。

先日あれだけ大破撤退と羅針盤とかいう最低の敵に翻弄され心が折れたにも関わらず懲りずに荒潮さんの5-5出撃任務を実施、はじめの出撃からいきなり羅針盤とかいう邪悪な存在に先日と同じことをさせられ心が折れそうになったものの、2回めの出撃でようやく、通算12回めにしてはじめてボスへ到達…
1回撃破成功
…敵の全滅にも成功しました。

これでようやく任務完了…かと思いきや、何と任務達成状況が50%以上達成状態にしかなっていませんでした。
これはつまり、この任務はボス撃破2回必要ということになり…えっと、敵がもっとも強い海域で編成制限を受けさらに羅針盤とかいう存在が立ちふさがる海域で複数勝利を要求してくるとか、正気なのですか、か…。
これには羅針盤とかいう存在とは別の意味で心が折れてしまい、さらにもう一度ボスへ到達した際にT字不利を受けてしまいB判定にとどまりもちろん任務達成にも失敗、それからの羅針盤とかいう邪悪なる存在の妨害のコンボ攻撃を受け完全に心が折れそうになったものの…
2回撃破成功
…何とかもう一度ボスへ到達、朝潮さんが早々に大破したもののT字有利でしたためかその状態でも潜水艦の撃沈に成功、敵の全滅を行えました。

これでこちらの任務は今度こそ完了、補強増設が得られました。
ちなみに支援艦隊は敵全滅を目指すため駆逐艦を加えた際に不安でしたため道中支援を出した長門さん任務よりもさらに不安な編成になっていることから同様に道中支援のみ出しました…これまでの5-5の傾向から決戦支援は必要ないと判断しており、事実ここまでは何とかなっていた…の、ですが…(何)

勢いに乗りもう一つの5-5の任務である、サラトガさんを旗艦とし軽巡洋艦1+駆逐艦2+αという編成で、というものを実施することにし、五月雨さんに対潜装備をします(荒潮さん任務の際はもちろん朝潮さんがそれを担当)…1回目の出撃でボスへ到達しA判定勝利をしたものの任務未達であり敵の全滅が必要ということが判明してしまいました。
また、今まで瑞鶴さんは改二仕様で運用していたのですけれど、ジェット機で手数を増やせばどうなるかと思い、装甲空母にしてみました…装甲空母にすることにより搭載機数が大幅に低下するものの外見が迷彩から元に戻るという副効果があり、これは今後瑞鶴さんはこのまま装甲空母として、翔鶴さんは改二仕様という形式で運用しようかなと思います。
ちなみにジェット機の橘花はどうだったのかというと、missが8割となかなかつらい結果…しかも使うだけで鋼材が消費されていきます(ただ対空値も上がり、爆戦の上位互換としては有用です…5-5にはツ級さんもいませんし)

そのサラトガさん任務、2回めの出撃でもボスへ到達、夜戦で最後の順番になる夕立さんまでに旗艦以外を撃沈、夕立さんの初撃がヲ級さん改をHP20まで追い込み2撃めに期待したわけですけれどそれはmissになってしまい…
撃破失敗
…かなりつらい結果になってしまいました。
ただ、その2回の結果からこの任務も達成は可能となり、以降も挑んでいくのですけれどよい結果は得られず、ですので思い切って決戦支援も初投入をし(はじめの2回めの出撃の悲劇を防ぐ意味で)万全を期することとしました。
-----
○道中支援:長門さん・陸奥さん・蒼龍さん・飛龍さん・荒潮さん・綾波さん
○決戦支援:大和さん・武蔵さん・翔鶴さん・赤城さん・江風さん・霞さん
-----
…道中支援は荒潮さん任務から夕立さんと荒潮さんを交代したのみの後はずっと同じ編成のもので、決戦支援は大和さんたちを投入してみました。

ところが、決戦支援はボスへ到達しなければ無意味なわけで、でも大破撤退や羅針盤とかいう邪悪な存在に阻まれボスへ行けません。
何とか、決戦支援の効果を見てから昨日を終えたいという気持ちで出撃を繰り返し、ボス到達へ成功、支援艦隊は敵2番艦のヲ級さんを含む3を一気に吹き飛ばし、五月雨さんの先制対潜も決まって昼戦開始時点で残存敵数が2のうえに同航戦となりましたので…
撃破成功
…昼戦で敵の全滅に成功しました。

荒潮さん任務とは違いこちらは1回の敵全滅で任務完了、クリア報酬としてF6F-3と熟練搭乗員と航空兵装資材のいずれか、TBFと夜間作戦航空要員のいずれかが得られましたので、航空資材と夜間作戦航空要員を得てみました(最近選択式が多くてつらい…どちらがよいのか全く解らないので持っていなさそうなものをメインで選んでいますけれど、こんなきつい任務なのですから両方くださってもいいのに…)
2回めの結果を見ると決戦支援がなくてもいずれは何とかなった気がしなくもないですけれど、ただそれは運が相当向くのを待たなければならないことになってでしょうし、ここまで編成のきつい任務の場合は決戦支援を含め支援艦隊を活用すべきかと思われます?

これでついに残る出撃任務は5-1への駆逐艦3などのきつすぎる編成のものだけ…になったかと思われたのですけれど、サラトガさんの任務として新たに6-5へ出撃、というものが出現してしまいました。
こちら、条件を読む限りさすがに編成条件はサラトガさんを旗艦にするだけでよいみたいですので鈴谷さん任務を完了できているならば問題ない…のですが、どうも装甲空母仕様ではダメっぽい雰囲気が…。
いずれにしても今月はもう6-5はゲージ破壊をし終えていますので、実施するとしたら来月ということになるでしょうか…あぁ、来月も挑む理由ができてしまった…(何)

5-5のゲージが3回も削れてしまったため、これはもうこのままゲージ破壊を目指さなくてはいけなくなりました。
今日で今週が終わってしまいますのでろ号作戦終了後の1-5出撃任務を忘れない様にしつつ、そちらも実施していきましょう。
…『よるのないくに2』か何かを実施する予定ではありますけれど、それは『艦これ』が落ち着いてから、ということになりそうです…5-5と来週月曜日の週間任務が終われば完全に落ち着く、はず…(それにしても昨日はイベントでもないのに無理しすぎ…疲れ果てました/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月07日

FLOWERS

先日クリアしましたゲームの感想です。
ついに完結…
□FLOWERS -Le volume sur hiver-
 ○イラスト評価:★★★★★(5.0)
 ○グラフィック評価:★★★★☆(3.5)
 ○システム評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○音楽評価:★★★★★(4.5)
 ○声優評価:★★★★★(4.5)
 ○難易度:★★☆☆☆(2.4)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○付加要素(おまけなど):★★★★☆(3.6)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは過日届いたものとなり、過去にシリーズをプレイしていることもあり購入をしたものとなります。
こちらはPCなゲームとなり、特に年齢制限などはありません…またPCなゲームとしては珍しく普通のCDサイズのパッケージとなっています。

内容としましては、全寮制の女子校で起こる冬の出来事を描いた作品、となるでしょうか。
と、説明が以前している秋編から少しだけ変えたものとなりましたけれど、その秋編の続編となる今作はもちろん冬編ということになるのでした。
そして以前オリジナル版をしていて以前ヴィータさん版をしている春編、以前オリジナル版をしていて以前ヴィータさん版をしている夏編、その秋編、そして今作で、四季ごとに出たこのシリーズも完結ということになります。
…秋編、ヴィータさん版していない…購入してはいるのですが…。

秋編の続きとなる第4作めになる今作は冬休みからはじまり、おかしなルートに飛ばない限りは春休みまでの冬の出来事が描かれていきます。
夏編はえりかさん、秋編は譲葉さんが主人公でしたけれど、今回は春編の主人公でした蘇芳さんにその座が戻ってきます。
蘇芳さんは春編終了以降、突然消えてしまったマユリさんとの再会に精力を傾けてきたのですけれど、今回でその顛末…夏編以降ずっと最大の謎として残ってきたそのあたりのことが解明されていきます。

過去作恒例の百合ゲージもあり、多分今回は結構まともに機能しているはず…ですが、1周めではどう頑張っても中途半端なエンディングにしか到達できなさそうです。
立花さんのルートも用意されており、多分それも含め全てのエンディングを見た場合、グランドフィナーレというシリーズ最後を飾るエンディングが開示、これはGOODエンドに後日談のついたものとなるでしょうか。
もちろん推理パートも健在、1つめの推理は恐ろしく簡単で誰にでも解りそうな解答になっているのですけれど、その代わりなのか以前している『ことのはアムリラート』のおさわり勉強モードの様なシステムが登場…残り2つの推理パートはやや難しいものの春編ほどきつくもない、かも?

その様な今作、先日でグランドフィナーレに到達し全てのルートを見終えていました。
バッドエンドは色々とおかしいので度外視するとして…概ねシリーズの謎が全て解けますので、一連でシリーズをしているかたはぜひ最後までしてみるべきでしょう。
マユリさんの出番はやや少なく、その点ちょっと物足りなさはあるかも…ただ、その分立花さんやえりかさん、千鳥さん、林檎さんと苺さんの魅力は十分楽しめるかと思います?
ちなみにマユリさんと再会した後の展開ですけれど、蘇芳さんとはもちろん親密な関係ではあるのですけれど、そこに立花さんを入れて三人のアミティエでこれから何があってもともに歩んでいく、という面が強くなっています…立花さんも本当にいいかたですのでそれでよいかと思います。
ただ、母親の幻影が思ったよりあっさりしていたのは置いておくとしても、マユリさんが姿を消していた理由というのは理解できないことはないものの個人的には納得できない…蘇芳さんがあそこまで苦しむに値する様な理由ではなく、隠し通そうとしていたのは学院側の身勝手さとしか思えません?(ただ、誰が悪いというわけではないですけれども)
あと、譲葉さんはえりかさんへ直接謝ってください(何)

ともあれ昨日は、過去作や上で触れた『ことのはアムリラート』などと同様、特典としてついてきたドラマCD『Candytuft』を聴いてみました。
こちらは千鳥さんとえりかさんとバスキア教諭、林檎さんと苺さん、譲葉さんとネリネさん、立花さんと外間先輩と石蕗さん、そして蘇芳さんとマユリさんと立花さん、それぞれの後日談を語ったものとなります。
それぞれ個々の視点で独立したお話になっていて、さすがに人数が多いだけあり秋編までの恒例でした怪談は今回はありません。
グランドフィナーレの後日談ということでさすがにどれも幸せでよいお話…特筆すべきは立花さんを巡るサブキャラなお二人で、そういえば今作はそのお二人などサブキャラにも立ち絵や出番がちょっとあって…?(ネリネさんのアミティエのかただけドラマCDで出番なし…さみしい…/何)
…石蕗さん、そういえば千鳥さんと同時に編入してきたのでしたっけ…。

イラストは過去作同様でとてもよいものです。
グラフィック、システム面も過去作と変わりありません…既読ジャンプ機能はこの手のゲームの中ではかなりよいものになっているかと思います。
内容については、どうにも納得できなかったり描写不足を感じたりするところはあるのですけれど、蘇芳さんの想いが報われたり彼女がマユリさんだけでなくかけがえのない友人たちを得ていくさまはよきものです。
音楽や声優さまも過去作同様でよきものです。
難易度について、推理パートは夏や秋よりは難しいかも、というところ…ルート探索はちょっとややこしいかもしれません?
百合的には蘇芳さんがマユリさんと再会してからのことがあまり描かれないのが残念…それでもかなり正統派な趣で十分なものになっています。
おまけとしても過去作同様にドラマCDもついてきまして、それにギャラリーにもやっぱり4コマなどあり十分です。
ということで、これでついに『FLOWERS』も完結…貴重な正統派百合ゲームでしたので、これはやはりさみしいものがあります。
過去作通りならヴィータさん版が出ることを期待したく、その場合は春編から一連でやり直してみます、か?

今年はこの『FLOWERS』はもちろん、上で触れた『ことのはアムリラート』や以前している『全ての恋に、花束を。』と、大好きで愛おしく思える百合作品たちに巡り会えてとても幸せ…今後は現状発売日未定の『きみはねCouples』のみが購入予定として予約されていますけれど、(もう『FLOWERS』がヴィータさん版での冬編しかないでしょうし)来年は何かよい百合作品は出てくださるかどうか…。
…ひとまず今後のゲームはどうしましょう、現状予約をしているものも(上で触れた発売日未定の1作品しか)なく、放置してしまっている『よるのないくに2』あたりをします、か…?


その様な先日はこちらのコミックを読んでもいました。
よきものでした
□今日も女の子を攻略した。(2)
■むくさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『明るい記憶喪失』や『にゃんこデイズ』『わたしのご主人様は人間じゃない気がする。』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『ひなたすたでい。』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、知らず知らずのうちに女の子に好かれてしまう女の子を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも自然と女の子に好かれていく風澄さんの日常が描かれていくのですけれど、確かに彼女は非常に素敵で、またそれに全く自覚がないのもよく、個人的にもかなり好きなかたかもしれません。

その様な彼女、この巻ではひそかにガーデニングをやっている女の子やツンデレなお嬢さまと親しくなっていきます。
そしてその魅力を聞きつけた演劇部によって王子さま役として舞台に立つことになるのですけれど、そこでもその魅力を発揮し、のちには小説家志望の女の子にモデルになってと申し入れをされたりされるのでした。
その様な今巻では最後に何か、昔の彼女の知り合いっぽい女の子が出てきましたけれど、果たして…?

イラストはよきものです。
百合的にはどうでしょうか、風澄さん自身はただ友人を作りたいだけなのですけれども…?
ということで、こちらはやっぱり風澄さんがかなりよいかたで大好き…百合的にもなかなかよきもので、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
4連装魚雷、失敗、失敗、彩雲
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成衣笠さん大破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行任務失敗
○特設艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:6(5連続:1)
○輸送船エリア行き:5(ボス前南下:5(3連続南下:1・2連続南下:1))
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:5(3連続:1)
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア行き:4
○ボス行き:0
-----
…相変わらず2-2の輸送船エリアでレベル97のかたがたが一撃大破され、レベルとは一体何なのかということになってしまいます。
しかも大外れ編成で輸送船撃沈任務失敗になるのですから、ため息しか出ません…はぁ…。
さらには3連続でボス直行とかいう、南西諸島任務で起これば運のよい、けれどその前に引き起こされても最低としか言えない事象を引き起こされ早々に大荒れ…先日の5-5から羅針盤とかいう邪悪な存在が牙をむき続けてきており、怒りや憎しみの感情すらかの存在に大きく向かってしまいます。

南西諸島任務もボスへ3連続で進んだ後は羅針盤とかいう邪悪な存在に翻弄されはじめ、ボス前での南下はろ号作戦が進むのでよいものの、はじめの分岐での北上連発というそこからおかしな場所へ吹き飛ばされてしまう可能性すら生じてしまう百害あって一利もない事象を発生させられます…実際高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを発生させられてしまいました。
はっきり言ってしまえば荒れた結果なのですけれど、ただ延々輸送船エリアへ飛ばされたおかげでろ号作戦が完了、これで今日と明日は南西諸島任務を放棄してよくなり気が楽になりました。


…ユリノミクスとかやめてください、百合が汚された気持ちになります…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月06日

吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん(1)
■嵩乃朔さま
 ○イラスト評価:★★★★★(4.7)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『新米姉妹のふたりごはん』『つむじ風の少女』などと同じものとなります。
作者のかたは(名義は違いますが)以前読んでいる『アンジュ・ヴィエルジュ cross†L.I.N.K.s』の漫画担当などをされたかたとなります。

内容としましては、いわゆる吸血鬼なかたに選ばれた女の子を描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公は絢藤沙羅さんという高校2年生の女の子…長い黒髪をしたやや小柄な、一人称が「僕」な赤面症で内向的で友人を作るのがかなり苦手なかたでしょうか。
その彼女は家庭の事情もあり私立藤ヶ嶺学院という学校へ編入、ここで友人を作ろうと意気込んでいたもののそれは失敗、行き場がない中でふと見つけた建物の中でとある光景を目撃します。
それを発見され捕まりそうになるものの何とか逃れ、でも翌日にはその件で生徒会室に呼び出されてしまったのですけれど…?

沙羅さんを呼びだしたのは生徒会長である花厳アイリスさんという3年生の女のかた…長くてきれいな髪をしたかなり美しいかたといえます。
彼女は実は蝶姫と呼ばれるいわゆる吸血鬼であり、その蝶姫は花贄と呼ばれる血を吸う相手の人間を作る風習があり、沙羅さんはそれに目をつけられたのでした…アイリスさんは当初はそのつもりはなかったのですけれど、呼び出しをした際に色々感じるところがあったみたいで…?

その他登場人物としましては、同じく蝶姫である先生とその花贄になる生徒のかた、でしょうか。
蝶姫はいわゆる吸血鬼なものの、ちょっと独特な設定も色々あり、血を吸われた人間は別に眷属になったりはしないものの、この巻の最後のお話でそれ以上にちょっととんでもないといえる設定が出てきてしまい、どうなるでしょうか…。

お話のほうは、ということで吸血鬼なかたと彼女に血を吸われる立場になった女の子を描いたお話…。
吸血鬼ものなお話、というとここ数年でお料理ものと自転車ものとあわせてよく見かける印象のあるものとなりますけれど、正統派な百合のお話にするにはもちろんその三者ならば吸血鬼ものが一番そうなりやすく、今作はその中でもかなり正統派な百合な展開の印象の強い作品になっています。
今の関係になることについて、当初は両者とも結構乗り気ではない様子でしたものの、次第に惹かれていき最後にはお互いにただの吸血関係以上の関係を意識していき、組織からのお金を沙羅さんが断るあたりのくだりに至るさまはとてもよいものといえます。
それだけに、今巻の最後で明らかになった事実(?)は…どうもアイリスさんも知らなかった様子でかなりショックなものでしたけれども、どうなるでしょうか…(でもそれが本当でももうどうしようもないのではないかと…)

イラストはよきものです。
百合的にはもちろんお二人の関係がよきものです。
ということで、こちらはよきものながらかなり不穏な終わりかた…果たしてここからどうなるのか、引き続き見守りましょう。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
色々購入…
…こちらは『フレームアームズ・ガール』から源内あおさんのフィギュアにスティレットさんのキューポッシュ、それにコトブキニッパーとなります。
あおさんはアニメで非常によいかたで大好きですので思わず購入、手には轟雷さんが乗っている他、色紙がついてきました。
キューポッシュはねんどろいどにも見えますけれどとにかくかわいくよいもので、マグネットで立ってくださいます。
コトブキニッパーがあれば今後も安心…ですが、現在持っているニッパーの様に錆びたりしないか…(何)

今回のこれらはコトブキヤさまの通販にて注文したものとなり、スティレットさんの装備つきなプラモデルもあり非常に迷ったのですけれど、すでに装備なしなかたがおり色違いなものも予約していますので、購入は見合わせることに…アーキテクトさんは品切れになっており、残念…。
また、アニメにはいませんでしたけれどもデザインがよかったので白虎さんのプラモデルを、あとスティレットさんの素体ver.のキューポッシュ、それにスティレットさんのぴたぬいというぬいぐるみの予約もしてみました…えっ、キューボッシュなスティレットさんをお二人お迎えするのならばプラモデルも購入してよかったのでは、ですか?(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
14cm単装砲、12cm連装高角砲、水偵、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成加古さん青葉さん大破任務達成
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成青葉さん大破
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:1
○輸送船エリア行き:1(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:3(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア行き:1
○ボス行き:2
-----
【荒潮さん改二任務5-5】
(荒潮さん・アイオワさん・瑞鶴さん・サラトガさん・大鳳さん・朝潮さん)
○1回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・アイオワさん大破終了
○2回め:初戦・朝潮さん大破終了
○3回め:初戦・瑞鶴さん大破終了
○4回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・サラトガさん大破終了
○5回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・朝潮さん中破敵全滅→分岐東進終了
○6回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・朝潮さん中破敵全滅→分岐東進終了
○7回め:初戦・敵全滅→第2戦・完全勝利→第3戦・大鳳さん朝潮さん大破終了
○8回め:初戦・敵全滅→第2戦・朝潮さん大破終了
○9回め:初戦・サラトガさん大破終了
○10回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→分岐東進終了
-----
…最近いつにも増して2-2の輸送船エリアに出現するル級さんに大破を連発させられるのですけれど、何なのでしょうか…レベル97とか意味ないのでしょうか。
そして南西諸島任務は2-3の潜水艦隊がやっぱりボスへ行く確率のほうが高くなっていたりと輸送船をあまり撃沈できず…ろ号作戦が日曜日までもつれ込みそうな気がしてしまいます?

秋刀魚漁も一段落し、また高速修復材が余っていることもあり、残存任務を消化することに…したのですけれど、その残存任務というのが5-1への比叡さんと霧島さんと長良さんと暁さんたち駆逐艦三人で5-1へというものと、荒潮さんを旗艦に第八駆逐隊のどなたかお一人+αで5-5へというもの、サラトガさんを旗艦に軽巡洋艦1+駆逐艦2+αで5-5へというものという、いずれも恐ろしくきつくてやる気のしないものしか残っていません…。
それでも何とか、5-1のものは霧島さんが改二仕様になるのを待つことにしましたので、荒潮さんたちのものを実施してみることにしたのでした。

結果は上で触れた通りで、やはり大破は頻発したものの、何度かは…
第3戦突破…
…第3戦の突破に成功、したのですが…
…
…そこからあらぬ方向行きを連発、羅針盤とかいう敵が立ちふさがりボスへ進めなかったのでした…。
何ですこれ、さすがに2-2の羅針盤とかいう存在とは比較にならないほどの怒りや憎しみがわいてきてしまいます…ここまで負の感情を増大させてくださるなんて、本当に何なのですか…。
ちょっと、これをこのまま続けては心が限界まで荒み果ててしまいかねませんでしたので、5-5任務はひとまず放置することにします…また精神的に余裕ができたら挑戦してみるかもしれませんけれど、当分はちょっと無理そうかもしれず、やっぱり拡張海域で羅針盤とかいう存在を出してくるのは…。
…ちなみに、橘花が得られたので瑞鶴さんを装甲空母にすべきか検討しましたが、空母であることの最大の弱点である中破で攻撃不能という事象を鑑みても、5-5では別に中破行動不能状態は1回も発生しなかったのでこのままでいいかなと…(大体攻撃を避けるか一撃大破かのどちらかになり、中破で止まるという事態が少なくとも昨日は一回も見られず…なら搭載機数の多い今のままでいいかなと…)


『FLOWERS』冬編は残り一つのエンドリストを埋めるため新たなルートを探します…けれど、百合ゲージを全て緑に光る様に進んだところGOODエンド後にさらに新しいお話が追加、これは他の全てのエンディングを見た後に開放されるとか、そういうルートなのかもしれません?
マユリさんが戻ってきた後の皆さんの日常を描いたお話ということで、エピローグ的なもの…譲葉さんたちが会いにきたり、その際に彼女の殴打事件について少し真相が見えたりと、今作における謎はおおむねすっきりしていきます(が、全てすっきりとはいかず…あとは蘇芳さんばりに推察しなさい、ということなのでしょうか…)

そのルートはエンディングもGOODエンドとはまた違ったボーカル曲や演出となり、その後はタイトル画面もまた変化、エンドリストとしてグランドフィナーレとされ、これでついに『FLOWERS』シリーズが完結したことを思わせます。
おなじみの4コマも開示され(ダリア先生以外の)メインキャラそれぞれの皆さんのお話があり満足…これであとはドラマCDを聴くのみとなりましたので、今日それを聴きましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年10月05日

アパートの隣に魔法少女が引っ越してきました。

先日読みましたコミックの感想です。
なかなかよきもの…
□ガヴリールドロップアウト(5)
■うかみさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『新米姉妹のふたりごはん』『つむじ風の少女』などと同じものとなります。
こちらはアニメ化した作品となります。

内容としましては、人間界で暮らすことになった天使の日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも天使や悪魔の皆さんの人間界での日常が描かれていき、この巻ではタプリスさんが別の、新キャラになる悪魔なかたと知り合います。
そのかたは黒奈さんと呼ばれていますけれど本名は解らない、ちょっといわゆる中二病な気配を感じるかた…知識が悪魔の常識になっているためちょっと物騒に見えるものの基本的にはいい子かと思われます?

その様な新しいかたも登場しつつ、お話はよい意味で相変わらずのまったりしたものです。
サターニャさんがヴィネッタさんとともにカラオケへ行くお話では、ヴィネッタさんの口からどうしてガヴリールさんがあの様なだらしないことになるに至ったかが語られますけれど、要するに感化されてしまったというわけです(何)

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、登場人物は皆さん女の子ばかりですのでそのあたりは安心です。
ということで、こちらはやはりなかなか面白い作品で、本当に同じクールに他に特に何もなければ普通にアニメDVDも購入していたかと思うのですが…ともかく続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
まだ続く…?
□まちカドまぞく(3)
■伊藤いづもさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.7)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
…上の作品同様に悪魔の関わる作品、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、ある日突然魔族の力に目覚めた女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、皆さんが夏休みを迎える中、ミカンさんが優子さんの暮らすアパートの、その隣のお部屋へ引っ越してくるところから…成り行きで(?)桃さんも夏休みの間はそのアパートで暮らすことになりました。

そして、優子さんと桃さんは桃さんの姉である桜さんの行方を捜すことになり、今巻はその顛末が主題となります。
途中、別の魔族が経営する喫茶店へ偵察に行った優子さんがアルバイトを強要されたりするのですけれど、その後そこのマスターのお話などから重要な事柄が判明します。
その末に姉の謎は解けるのですけれど、少々難しい問題が絡んでおり、すぐそばにいるものの姿を見せることは不可能ということが解ります…ただそれでひとまずは桃さんも納得されて…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはり優子さんと桃さんの関係が悪くありません。
ということで、こちらはきらら系作品ではかなり珍しい部類に入る3巻の壁を突破しました…ストーリーを見る限りアニメ化はないでしょうけれど(3巻分の内容を1クールに収めるのはきついのではないかと/何)、ともあれ続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
4連装魚雷、15cm3連装砲、失敗、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
(南西諸島任務完了後)
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成球磨さん大破
○通商破壊艦隊2-2・4回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成加古さん大破
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:3(3連続:1)
○ボス到達:3(3連続:1)
○損害:中破1
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア行き:1(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:2
○損害:初戦大破1・小破1
-----
…先日は北方海域任務ともどもストレートで終了した南西諸島任務ですけれど、昨日はその反動が思いっきりやってきてしまい、輸送船任務ともども高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを連発という、輸送船撃沈すらできない、ゲームそのもののことを嫌いになりかねないどうしようもない展開を見せつけられてしまいます。
心底任務放棄をしたい気持ちにさせられますけれど、輸送船20撃沈任務すら完了していない非常に危うい状態ですので、何とか続けることに…そこからはボス行きを連発し南西諸島任務自体は完了できた、のですが…。

輸送船を撃沈したいので潜水艦隊の2-3出撃も並行していますのに、なぜかボス行き連発…南西諸島ボス到達合計4回後の出撃でようやく輸送船エリアへ1回行ったかと思えば、その次の出撃は初戦大破終了…。
結局南西諸島任務終了の時点でも輸送船20撃沈任務すら未達という非情に危うい状況に陥りましたので、そこから再度通商破壊艦隊を派遣、何とか輸送船エリアへ到達するものの2回出撃し両方大外れ編成で輸送船が少ない上に大損害…一応輸送船20任務完了という最低限のことはできたものの何なのでしょうこれ、そんなに輸送船を撃沈してもらいたくないという悪意すら感じてしまうのですが…。


久しぶりに再開できた『FLOWERS』冬編はルート探索を行います。
立花さんルートがあるはず、と選択肢で彼女の好感度が上がりそうなものを優先して選んでいったところ、彼女のルートには入らなかったものの、別の新たなルートに入りました。
それは演劇会の後にマユリさんを引き止めることに成功、皆さんとともに真実を知りに行く、というもの…そのルートで概ねの謎は解けていきました。
最後は少しだけあっさりしていた印象もあるもののハッピーエンドといってよい終わりかたとなり、エンディングもボーカル曲が流れ、その後のタイトル画面も変化…エンドリストにはGOODエンドとあり、もしかすると2周め以降しかこのルートには入れないのかもしれません。

それでもまだエンドリストには2つ未開示がありましたので、3周めとして2周めと同じことをしてみたはず…なのですけれど、お話の途中でこれまでには出現しなかった選択肢がいくつか出現、立花さんへお誕生日プレゼントを渡すに至りました。
そこからさらにお話を進めると、マユリさんが去っていく1周めと同じお話に入っていったのですけれど、ただ1周めはそこで終わったのに対しこちらは後日談が入り、立花さんエンドとなりました。

これで未開示なエンドリストはあと1つ、今日はこれを探すことになりますけれど…マユリさんの行動がいまいち納得できない…。
いえ、介護している人のそばにいたいという気持ちは解るのですけれど、かといってルートによっては蘇芳さんに何も話さないどころか突き放す、というのはどうなのかなと…?(学院側も、学院側の私的な事情でその生徒のことを想う他の生徒を苦しめてよいのでしょうか…)
立花さんルートでの展開に至っては、お二人とも学院の職員になる道を選んだのですから、その際に学院側から真相を普通に説明してもよいのではないかと思われるのですが…というより、それだけの年月が経ってもマユリさんが戻ることのできる状況にはならないのですか…。

そのあたり、ちょっと納得のできないところもあるのですけれど、概ね謎も解消…何とか残り1つのエンドリストを開示し、それが達成できたらドラマCDを聴かないと…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想