2018年01月05日

百合+カノジョ

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□百合+カノジョ
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないもの…というより、こちらは単行本なのかも怪しい感じがします(表紙カバーもなく装丁が雑誌に近しい感じで…)

内容としましては、百合なアンソロジーとなります。
こちらのアンソロジーは全てのお話が4コマ形式になっているのですけれども、それ以上に他のこれまでに出会った百合アンソロジーとは違うかなり独特なところがあります。
それが、全てのお話において主観視点になっている、というもの…つまり百合なお話におけるお二人のうちのお一人の視点でお話が進み、そのため主人公側には台詞もなければ鏡などがない限り姿も見えないことになっています。
ですので、読者自身がその主人公になりきって読んでいく、というわけ…これはある様でなかった、なかなか面白い形式です(いわゆるギャルゲーな主人公で見かけた気もしますが、百合なゲームは主人公さんも個性的なかたがたばかりですし…?)
参加している作家さまで私が単行本を持っているかたは特にどなたもいらっしゃいませんでした。

お話のほうは、ということでその様な特殊形式なアンソロジー…。
作品たちは「高校生編」「出会い」「仕事」「デート」「四季」「同棲」「成人編」というカテゴリに分けられてそのテーマに沿った、そしてもちろん百合なお話になっています。
うち「成人編」は「高校生編」に収録された4つのお話それぞれの続きとなっています。
個々のお話のほうはいずれも甘い感じのものとなっていて、たまには自分自身が恋愛しているという感覚に身をゆだねてみるのもよいと思いますよ?(あるいはゲームの主人公の様に完全になりきったり…)

イラストはアンソロジーですので玉石混淆といえますけれどもなかなかよきものです。
百合的にはもちろんどのお話もよきものでした。
ということで、こちらは単行本なのかということは置いておいて、非常に独特なアンソロジーでしたかと…よきものでした。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、15cm単装砲、失敗、流星改
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:4(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:4(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア行き:1
○ボス行き:1
-----
【5-4長波さん任務】
(サラトガさん・大鳳さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・長波さん・高波さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→第2戦・高波さん大破終了
○2回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→ボス戦・高波さん小破敵全滅
○3回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→ボス戦・敵全滅
-----
【6-5ゲージ破壊】
(アイオワさん・サラトガさん・瑞鶴さん・涼月さん・熊野さん・木曾さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→第2戦・サラトガさん涼月さん小破A判定→第3戦・涼月さん中破敵全滅→空襲・木曾さん小破→ボス戦・基地航空隊4撃沈・瑞鶴さん中破空母棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅
○2回め:初戦・完全勝利→第2戦・完全勝利→第3戦・完全勝利→空襲・損害あり→ボス戦・基地航空隊3撃沈・空母棲姫さん艦載機蒸発・空母棲姫さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅
○3回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→基地への空襲・基地1つへ1の損害→第3戦・敵全滅→空襲・瑞鶴さん中破→ボス戦・基地航空隊5撃沈・空母棲姫さん艦載機蒸発・T字不利空母棲姫さん小破第2艦隊全滅失敗・夜戦空母棲姫さん撃沈A判定
○4回め:初戦・完全勝利→第2戦・熊野さん大破終了
○5回め:初戦・敵全滅→第2戦・涼月さん大破熊野さん中破終了
○6回め:初戦・敵全滅→第2戦・熊野さん大破終了
○7回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→基地への空襲・基地1つへ13の損害→第3戦・敵全滅→空襲・損害あり→ボス戦・基地航空隊3撃沈・サラトガさん大破瑞鶴さん小破空母棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅
○8回め:初戦・完全勝利→第2戦・敵全滅→基地への空襲・基地1つへ7の損害→第3戦・敵全滅→空襲・涼月さん中破→ボス戦・基地航空隊6撃沈・ヲ級さん2艦載機蒸発・涼月さん大破空母棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅
○9回め:初戦・完全勝利→第2戦・A判定→第3戦・熊野さん中破敵全滅→基地への空襲・混乱1→空襲・損害あり→→ボス戦・基地航空隊4撃沈・航空戦熊野さん大破木曾さん小破・涼月さん中破サラトガさん小破空母棲姫さん中破ツ級さん大破残存・夜戦敵全滅・ゲージ破壊
-----
…6-5のゲージ破壊前に、長波さんを改二仕様にすることにより出現した5-4へ長波さんと高波さんたちから2人を入れて5-4へ、という任務を実施することに…面倒ですので(何)、先日の5-5への新春任務から駆逐艦を長波さんと高波さんに入れ替えただけの編成で出撃してみました。
5-5の任務よりは楽かと思われたのですが、ところが第2戦の航空戦で高波さんが一撃大破、やはりドラム缶を2ずつ装備しているので対空カットインもなく防空能力が悪化しているのでしょうか…。
しかも1回のボス撃破では任務達成率が50%以上にしかならず、2回ボス撃破が必要でした…任務を達成すると13号対空電探2つか22号対空電探2つか戦闘詳報かを選択で1つのみ、また砲熕兵装資材かプレゼント箱かのどちらか1つのみを得られましたので、戦闘詳報と砲熕兵装資材をを得ました。
こちらは季間任務となる様子ですけれど、難易度や得られるアイテムなど、季間任務の中では比較的楽な上に得られるものもよきものに分類されそうです?

そして残された最後の拡張海域である6-5、こちらは順調にいくときは結構あっさり終わってくださるのですけれど、ダメなときは毎月同じ編成や装備で挑んでいますのに延々、ひたすらに絶望的な展開が続くという、5-5同様に運が大きな要素を占める海域になっており、昨日はそのダメなパターンに入り込んでしまった模様…3回めの出撃以降、第2戦で延々大破大破大破…。
それでも、その後はボスへ進め、最後の戦いは結構ぎりぎりになってしまったものの…
6-5終了
…無事ゲージ破壊に成功しました。

これで全ての拡張海域のゲージ破壊に成功、新春任務も全て完了と、ようやく一息つけます。
残りはろ号作戦終了後に出てくる1-4と4-2、2-5への月間任務となりますけれど、それらはそう大変なものではありませんから…今日から過日届いたアニメDVDに手をつけていきましょう。
…これであとは、ご多忙かと思われとっても心配でご無事をお祈りしている、とっても大好きなあのかたが新春任務に手をつけられていらっしゃったら順調に進められていることを、そのお時間すらなかったらそのお時間ができることを、願うのみです。


『世界樹と不思議のダンジョン2』も今年はじめのプレイを少しだけ…7つめのダンジョンの探索ですけれど、ここは深さはあるものの分岐は6つめのダンジョンほどではありません。
ただ、敵の攻撃が思ったよりも大変なものになっていて、催眠攻撃というものを受けるとそれを受けた味方は混乱以上にどうしようもない行動をしてしまい、99まで溜めた鈍足の印石と1つしか持っていないアリアドネの糸を奈落の底へ投げられてしまい、いずれも消滅…ひ、ひどすぎます…(脱出は砦を作ればどうとでもなりますが…)
まだダンジョンはたくさんありそうですし、この先もっときつい攻撃をしてくる敵が存在するかと思うと、ちょっと怖くなってきてしまいます…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月04日

熱帯魚は雪に焦がれる

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□熱帯魚は雪に焦がれる(1)
■萩埜まことさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『魔法がつかえる中学生日記』『新米姉妹のふたりごはん』などと同じものとなります。

内容としましては、水族館部に入った女の子とその先輩さんの関係を描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公は天野小夏さんという高校1年生の、ごくごく普通の女の子…彼女は親が海外勤務になるのにあたり、それまで暮らしてきた東京から親戚のいる愛媛県の田舎町に行くことになりました。
そこにある七浜高校という学校へ編入をするのですけれど、その編入前日にその学校へやってきてみた彼女は、学校で水族館を公開している様子を目にして…?

学校では定期的に水族館を開いており、その際には他の生徒も手伝うのですけれど、水族館部に所属する部員は一人だけでした。
それが帆波小雪さんという2年生の女のかた…クールで品行方正なかたなのですけれど、内面は年齢相応のかわいらしい、でも周囲の目が気になりそういうところを出せずにいました。
ある日その周囲には見せない一面を偶然小夏さんが見てしまい、そういう縁があったりして小夏さんも水族館部に入ることになるのでした。

お話のほうは、その様なお二人の関係を描いたもの…。
小雪さんはその様な理由で孤独を抱えている面があったのですけれど、小夏さんのほうも転入してきてなかなかなじめないという孤独を抱えており、その様なお二人が出会い、そして次第に惹かれていくさまが微笑ましくよきものです。
特に小雪さんが非常にかわいらしく、そして小夏さんのことを強く意識していて、この巻の最後ではそれを抑えきれなくなってしまいますけれど、果たして…?
また、水族館部としての活動については、カバー下によると実際に存在する水族館部を参考にしているご様子です?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはそのお二人の関係のこれからが気になるところです。
ということで、こちらはよきものでしたかと…第2巻は春発売予定とのことで、楽しみにしておきましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
4連装魚雷、7mm機銃、失敗、天山
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行ヲ級さん編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【陽炎型/夕雲型2で2-5出撃】
(山城さん・扶桑さん・阿武隈さん・萩風さん・嵐さん・綾波さん編成)
○1回め:初戦・敵全滅→夜戦・扶桑さん綾波さん中破敵全滅→ボス戦・阿武隈さん大破嵐さん中破ル級さん2中破残存・夜戦敵全滅
-----
【2-5ゲージ破壊】
(羽黒さん・足柄さん・妙高さん・那智さん・熊野さん・鈴谷さん編成)
○1回め:分岐北上→初戦・完全勝利→夜戦(リ級さん改編成)・敵全滅→ボス戦・足柄さん妙高さん中破敵全滅
○2回め:分岐北上→初戦・完全勝利→夜戦(リ級さん改編成)・敵全滅→ボス戦・妙高さん中破敵全滅
○3回め:分岐北上→初戦・完全勝利→夜戦・敵全滅→ボス戦・完全勝利・ゲージ破壊
-----
【2-3潜水艦隊】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア行き:1
○ボス行き:1
-----
【6-4Z作戦任務】
(大淀さん・アイオワさん・熊野さん・涼月さん・江風さん・荒潮さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→空襲1・損害なし→第3戦・A判定→空襲2・荒潮さん中破江風さん小破→ボス戦(砲台3集積地棲姫さん編成)・基地航空隊砲台1破壊・涼月さん大破砲台2破壊・夜戦離島棲姫さん損害残存A判定・目的未達
○2回め:初戦・敵全滅→空襲1・損害なし→第3戦・熊野さん小破A判定→空襲2・損害なし→ボス戦(砲台3集積地棲姫さん編成)・基地航空隊砲台1破壊・江風さん大淀さん中破離島棲姫さん砲台2残存・夜戦大淀さん大破敵全滅
-----
【新春任務/5-5ゲージ破壊】
(サラトガさん・大鳳さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・五月雨さん・涼月さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→第2戦・完全勝利→第3戦・五月雨さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・航空戦五月雨さん大破潜水艦残存A判定
○2回め:初戦・翔鶴さん中破敵全滅→第2戦・完全勝利→第3戦・大鳳さん瑞鶴さん小破敵全滅→分岐南下→ボス戦・航空戦涼月さん中破敵全滅
○3回め:初戦・完全勝利→第2戦・完全勝利→第3戦・瑞鶴さん小破敵全滅→分岐南下→ボス戦・航空戦空振りT字不利レ級さん潜水艦残存旗艦撃沈A判定
○4回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→分岐南下→ボス戦・航空戦涼月さん大破敵全滅
(新春任務達成につき五月雨さん・涼月さんをアイオワさん・リットリオ(イタリア)さんへ変更、支援解除)
○5回め:初戦・リットリオさん小破潜水艦残存A判定→第2戦・完全勝利→第3戦・リットリオさん大破終了
○6回め:初戦・リットリオさん小破敵全滅→第2戦・完全勝利→第3戦・瑞鶴さん大破終了
○7回め:初戦・潜水艦残存A判定→第2戦・敵全滅→第3戦・瑞鶴さん大破終了
○8回め:初戦・潜水艦残存A判定→第2戦・敵全滅→第3戦・翔鶴さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦(編成強化)・T字不利潜水艦残存A判定・ゲージ破壊
-----
…先日の南西諸島任務は新春任務と並行しましたので、昨日は2-5のゲージ破壊とともに実施、さらに陽炎型か夕雲型のかたを2含む編成で出撃という任務も残存していたためそれもあわせて行います。
その任務を行う際、そういえば過去に航空戦艦2+軽巡洋艦1+駆逐艦3の編成で出撃する任務がありましたっけ、ということで同様の編成で向かい無事終了…水上反撃任務と一緒に行ってもよかった気がしないこともなく…?
その任務を終えると戦闘詳報か家具職人かを選択でどちらか、それと高速修復材5つか戦闘糧食2つをやはり選択でどちらか入手できました…長波さんの改二仕様を戦闘詳報が足りないことでできていませんでしたのでもちろんそれを入手、ようやく彼女を改二仕様にできました。
…新春任務その3で戦闘詳報ではなく雷電を選択したのは正解でした模様…本当に安堵しましたが、ただ特別なおにぎりは下で触れる任務でも得られ、ですのでどっちで戦闘詳報を選んでもよかった模様…。

長波さんを改二仕様にすることにより、その彼女を旗艦に高波さんか沖波さんか朝霜さんを編成、という編成任務が達成可能となりました。
これを終えると特別なおにぎりか家具職人かのいずれかを選択で得られ、特別なおにぎりも非常に微笑ましいアイテムで大好きなのですけれど、ここは今後のことを考え家具職人を得ました…誤って過去に消費してしまった特別なおにぎりは先日の新春任務で1つ得られましたし…(何)
するとこの編成を護衛とした艦隊を5-4へ、という季間任務が出現…ひとまずこれは後回し、やれることを全て終えてから行おうと思います。

2-5自体はその後はいつもの編成で無事終了、南西諸島任務も潜水艦隊のみの出撃で終えられました。

新春任務の気が重かったので、気分転換(?)にZ作戦任務で残った6-4を、かつて6-4のゲージを破壊した際の編成を再現してやってみることに…このZ作戦任務は他に6-1や6-3への出撃もあり、それらはA判定勝利でも受け付けてもらえたのですけれど、ここはA判定勝利を得ても任務達成となりませんでした…。
6-4敵全滅
…2回めの出撃で敵を全滅できて任務達成となったのですけれど、こちらはこちらできつい…江風さんと荒潮さんを大活躍させられる海域、といえばそうなのですけれども…。

そして新春任務なのですけれど、空母を旗艦とし駆逐艦2を含む編成で5-5へ反復出撃、なる異様にきつい任務が出てしまいましたので、非常に気が重いながらこれを行うこととしました。
空母がカットインで非常に強くなっていることもあり、思い切っていつもの5-5編成から戦艦2と駆逐艦2を交換、空母4はそのままにし戦艦なしな編成で挑んでみることに…はじめの2回の出撃でボスをA判定、全滅で撃破できこれでようやく任務達成率が50%達成と、敵全滅2回かA判定でもよく4回勝利かのどちかかを要求していることが解り、3回めの出撃でのボス戦でA判定を得た結果80%以上達成状態になりましたので、A判定勝利が4回必要ということが解りました。
いえ、何ですそれ、ちょっといくら何でも必要回数多すぎな様な…。

それでも、大和さん・武蔵さんたちによる道中支援艦隊を入れ、また羅針盤という存在が邪魔をしなかったこともあり…
5-5新春任務完了
…4回めのボス到達、撃破で任務を達成、褒賞として熟練搭乗員か航空兵装資材2つか紫電改二3つかの選択でどれか1つだけ得られましたので、航空資材を得ておき…
家具入手
…さらに皆さんの書初めな家具を入手、さすがにこれ以上新春任務は出現せず完了となりました(対馬さんの書初め、「危険」って…/何)
かなりの苦戦の予想された任務でしたけれど、支援艦隊を入れ、また羅針盤という存在が敵に回らずボス戦でも安定して戦えた結果ストレートでの完了となり一安心…。
今年の新春任務、最後はやけにきついですけれど、そこまでのものは問題のないレベルで…期間がいつまでなのかは不明なのですけれど、ご多忙かと思われ心配な、とっても大好きなあのかたも手をつけることができたりすれば幸いなのですけれども…。

5-5のゲージはあと1回勝利分残存してしまいましたので、あとはいつもの艦隊を、支援艦隊なしで派遣していくことに…いえ、支援艦隊を送れば駆逐艦2を入れても安定することが解ったのですけれど、あまりそれに頼りたくなくって…?
支援艦隊をなくした結果3連続大破撤退を受けたものの、羅針盤という存在がここでも敵に回ることなく、ボス到達時はT字不利になってしまったものの…
5-5終了
…無事にゲージ破壊に成功しました。

これであとは6-5を終えれば今月は一段落つけることになります…さすがに新年で時間があまりない中でここまで『艦これ』に注力しすぎると他のことが手につきませんけれど、その6-5が無事に終わればアニメDVDたちに手をつけたりしていきましょう。
それにしても…
イベント終了?
…秋雲さんのこのやり切ったご様子…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月03日

2020年の挑戦

先日読みましたコミックの感想です。
やはり面白い…
□ウルトラ怪獣擬人化計画 feat. POP Comic code(4)
■円谷プロさま(原作)/POPさま(企画・キャラクター原案)/風上旬さま(漫画)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ばくおん!!』と同じものとなります。
こちらは以前読んでいるものと同じ計画によるコミカライズ版といえそうです。

内容としましては、怪獣墓場学園に通う怪獣な女の子たちの日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではバルタン星人さんが移住先を求めやってきて、力づくで怪獣墓場を奪おうとするお話から…校長先生からの提案で折衝禁止のデュエル、試合が行われることとなり、これにバルタン星人さんが勝利すれば彼女の望む条件をのむことになりました。
デュエルは3対3で行われることになり、メフィラス星人さんとゼットンさん、そして勘違いからジャミラさんが参加することに…ところがメフィラス星人さんが敗北する一方でジャミラさんは勝てば地球へ帰してもらえるという条件を提示されたためその執念で勝利、最後はゼットンさんが貫録の勝利を見せたのでした。
その後、バルタン星人さんの移住問題は一応の解決を見せ和解に至ったのでした。

そのお話により地球へ戻る権利を得たジャミラさんなのですけれど、どうにも彼女は極度の不幸体質らしく、今回もまた…。
その他、学校の皆さんを観察して百合な物語を書いているケムール人なるかたが出てきたりもするのですけれど、この巻の最後のお話ではメフィラス星人さんとエレキングさんに謎の記憶が浮かんできて…これは本当に謎で、お話の核心に触れるものらしいですし続きを見守りましょう。
…今日の日誌のタイトルはそのケムール人さんが書いたという物語のタイトルから…。

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりそこはかとなく…?
ということで、こちらは笑えるという意味でもとても面白いものになっていて非常に楽しい…その一方で謎な描写も出てきて、これの意味するところは何なのか、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
九一式徹甲弾、3連装魚雷、失敗、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務/3-5ゲージ破壊】
(五月雨さん・夕立さん・満潮さん・綾波さん・時雨さん・阿武隈さん編成)
○1回め:初戦・A判定→第2戦・B判定→ボス戦・同航戦夕立さん中破阿武隈さん小破タ級さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅
○2回め:初戦・夕立さん小破敵全滅→第2戦・阿武隈さん小破A判定→ボス戦・T字不利夕立さん中破駆逐艦1のみ撃沈・夜戦満潮さん中破敵全滅
○3回め:初戦・夕立さん満潮さん中破敵全滅→第2戦・時雨さん大破終了
○4回め:初戦・阿武隈さん小破敵全滅→第2戦・夕立さん中破敵全滅→ボス戦・同航戦阿武隈さん綾波さん大破ル級さん中破残存その他撃沈・夜戦敵全滅
(五月雨さん・朝潮さん・初霜さん・叢雲さん・涼月さん・阿武隈さん編成へ変更)
○5回め:初戦・完全勝利→第2戦・B判定→T字不利朝霜さん中破朝潮さん叢雲さん小破駆逐艦1のみ撃沈・夜戦阿武隈さん中破敵全滅・ゲージ破壊
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:1
○はじめの分岐渦潮突撃:0
○家具箱前行き:0
○家具箱大行き:0
○家具箱中行き:0
○ボス到達:1(北ルート:1)
-----
【4-5ゲージ破壊】
(高雄さん・扶桑さん・利根さん・筑摩さん・蒼龍さん・翔鶴さん編成)
○1回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・B判定→第3戦・完全勝利→ボス戦・利根さん中破敵全滅
○2回め:初戦・敵全滅→対潜第2戦・C判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・筑摩さん大破敵全滅
○3回め:初戦・蒼龍さん小破敵全滅→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・翔鶴さん大破港湾棲姫さん損壊その他撃沈・夜戦敵全滅
○4回め:初戦・筑摩さん中破敵全滅→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・筑摩さん大破蒼龍さん中破扶桑さん小破港湾棲姫さん無傷ル級さん改中破残存・夜戦翔鶴さん大破敵全滅
(アイオワさん・リットリオ(イタリア)さん・長門さん・陸奥さん・瑞鶴さん・サラトガさん編成に変更)
○5回め:夜戦・アイオワさん小破A判定→第2戦・A判定→ボス戦・航空戦長門さん小破・港湾棲姫さん損害その他撃沈・夜戦敵全滅・ゲージ破壊
-----
【5-1水上打撃任務】
(五十鈴さん・長門さん・陸奥さん・山城さん・熊野さん・筑摩さん編成)
○1回め:初戦・陸奥さん小破敵全滅→分岐南下→第2戦・熊野さん中破敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦(空母潜水艦なし編成)・敵全滅
-----
【新春任務/南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:1
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:2(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
-----
【新春任務/南西諸島任務(2-3)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア行き:1
○ボス到達:2
-----
【南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:1
○輸送船エリア行き:0
○ボス行き:1
-----
【新春任務/1-5ゲージ破壊】
○損害:なし
-----
【新春任務/1-6ゲージ破壊】
(涼月さん・秋月さん・朝雲さん・山雲さん・野分さん・初風さん編成)
○1回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・損害あり→最終戦(リ級さん編成)・涼月さん中破A判定→帰港・ボーキサイト100
○2回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・損害あり→最終戦(リ級さん編成)・夜戦敵全滅→帰港・ボーキサイト200
○3回め:対潜戦・A判定→航空戦・敵艦載機蒸発→最終戦(軽空母編成)・夜戦敵全滅→帰港・燃料1000
(新春任務達成及び野分さんレベル99到達につき野分さん→阿武隈さんへ変更)
○4回め:対潜戦・秋月さん小破敵全滅→航空戦・敵艦載機蒸発→最終戦(リ級さん編成)・山雲さん大破敵全滅→帰港・鋼材300
○5回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・損害なし→最終戦(水雷戦隊)・山雲さん中破敵全滅→帰港・弾薬500
○6回め:対潜戦・A判定→航空戦・損害なし→最終戦(水雷戦隊)・初月さん大破秋月さん中破夜戦敵全滅→帰港・鋼材100
○7回め:対潜戦・A判定→航空戦・損害なし→最終戦(水雷戦隊)・敵全滅→帰港・燃料1000
-----
…新春任務も出現しましたけれど、まずは3-5と4-5のゲージを破壊し、さらに北方海域任務や水上打撃任務も終えておいて後顧の憂いを断っておきます。
ただ、確か昨年は新春任務の最後が3-5への出撃になっていて、今年も最終的にその様な場所になった場合、結構面倒なことになりますが…(何)
3-5と4-5は比較的順調、3-3も1回でボスへ行き、そして先月は延々あらぬ方向行きにされた水上打撃任務も1回で終えられここまではかなりよい流れです。
また、合間に1-1へ瑞穂さんを出撃させたりし、あ号作戦も消化…今週は諦めようかと思っていたろ号作戦も行えそうです。

新春任務は2-2と2-3へ水上機母艦か巡洋艦を旗艦に反復出撃ということで、2-2はいつもの南西諸島任務艦隊の旗艦を駆逐艦から巡洋艦へ変更するだけで終了…南西諸島任務用艦隊の基本編成は駆逐艦1+戦艦1+重巡洋艦1〜2・軽巡洋艦1〜2・空母1ですので…。
2-3へは瑞穂さんを旗艦とした機動部隊を派遣、1回南下ルートに進んだもののこちらも無事2回ボス撃破で任務達成、特別なおにぎりか高速修復材5つか砲熕兵装資材かのいずれか1つだけを選択で得られましたので、過去に誤って使用してしまった特別なおにぎりを得ておきました。
南西諸島任務達成にはボス撃破1が足りませんので潜水艦隊を派遣、1回でボスへ到達しました。

新春任務は引き続いて1-5と1-6へ駆逐艦か海防艦及び軽空母1を入れても可能という編成で3回ずつ作戦を成功させる、という任務が出現…1-5は問題なくいつもの編成で終えられます。
問題は1-6で、軽巡洋艦を入れられませんのでいつもの出撃より危険度が増します…が無事に3回帰港に成功、任務達成となり二式爆雷2つか戦闘詳報か雷電かの1つを選択して得られ、戦闘詳報がなければ長波さんを改二仕様にできないので非常に悩みましたけれど、ただ新春任務でしか得られない様なものを改二仕様の鍵にするとは思えないため、持っていない雷電を得ました。
…せ、戦闘詳報、そのうち得られますよね、ね…?

すると新たな新春任務として、空母を旗艦とし駆逐艦2を含む編成で5-5へ反復出撃という…えと、何ですこれ、ものすごくきつい任務が出現しました…。
新春任務は毎回最後にきついものを持ってきますので多分これが最後なのだと思うのですけれど、それにしてもきつい、きつすぎる任務…かつてあったサラトガさんの任務よりはましな条件ですけれど、荒潮さんの任務と同等のきつさです…。
一応、今日こちらに挑戦してみようとは思いますが…かなり気が重くなってしまいました…。

ともかく引き続き1-6へ出撃しそのままゲージを消滅させます。
6回めの出撃が色々散々すぎ…6人中4人が攻撃を外し大損害を受けたかと思えば、帰港して得られた資源が鋼材100って、何ですこの踏んだり蹴ったりな結果…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年01月02日

すみれと里緒菜のすみ・りおRadio 第11回

(す:山城 すみれさん・り:片桐 里緒菜さんです)

す:すみれと♪

り:…里緒菜、の?

す:すみ・りおRadio〜♪

り:…。

す:あけましておめでとうございます、パーソナリティで声優の山城すみれと…♪

り:…片桐里緒菜です。

す:お正月2日めということで、昨日はこの夏梛ちゃんと麻美ちゃんの放送を聴いてくれたかな、今日これからの私たちの放送もよろしくね♪

り:まぁ、めんどくさいですし、早々に本題に入りましょうか。

す:う〜ん、里緒菜ちゃんったら相変わらずなんだから…そういうところも好きだけど♪

り:こんなところでのろけないでください…それで、前回の放送から半年ぶりということで、今回もそれと同じことをするんですよね?

す:うん、例によってそういうことで、今日の私たちの放送では去年のお正月に2016年のものをしたみたいに、2017年下半期に読んだコミックのまとめをしてくよ♪

り:ゲームやアニメのまとめは昨日夏梛さんと麻美さんがしてくれたんでしたね…あと、上半期のものは前回やってますから、今回は7月から12月までの、あくまで「読んだ」作品をまとめますので、「買った」けど読めていない作品は除外します。

す:これも例によってに買った作品はまだあんまり読めてなくって、ほとんどは今年の上半期に入っちゃうわけだね。

り:まとめにあたって目安としてイラストと内容と百合度の3つの評価の高いものについて触れていきますけれど、これは本当に毎回言っている通りこれらはあくまで読んだ人の主観満載で、本来得点をつけるなんてこと自体傲慢でおこがましいことなんですしやっぱり全然参考にならないですししないほうがいいです。

す:ま、まぁ、目安はあったほうが解りやすいから…でも、あんまり参考にしないほうがいいのは本当だよ?

り:好き嫌いなんて本当に個人の好みのレベルで、全人類が好きだと言えるものがあるとしたら一体何なの、ってなりますよね。

す:うんうん、だからあくまでここではこんな作品が好まれてるんだね、っていう程度に考えてくれればよくって、そんな今回はこの7月2日の日誌で触れてる『エクレアblanche あなたに響く百合アンソロジー』からこの12月31日の日誌で触れてる『あやかしこ』第4巻と『ふたりべや』第5巻までが対象になって、こんな作品があったみたいだね♪
-----
○エクレアblanche あなたに響く百合アンソロジー
○けものフレンズ 電撃コミックアンソロジー ジャパリバス編(1・2)
○ウルトラ怪獣擬人化計画 feat. POP Comic code(3)
○はやしたてまつり♪(1)
●夕凪マーブレット(完全版)
○ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲 Contrail of Witches(2)
○現代魔女の就職事情(4)
○マトイ・ナデシコ(2)
○はやて×ブレード2(5)
○寮長は料理上手(1)
○明日、きみに会えたら(1・2)
○プリンスプリンス(2)
○放課後の本屋さん
○やがて君になる(4)
○篠崎さん気をオタしかに!(9)
○ブレイブウィッチーズ 第502部隊発進しますっ!
○柚子森さん(3・4)
○小林さんちのメイドラゴン カンナの日常(2・3)
○サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報(1)
○好奇心は女子高生を殺す(1)
○まっすぐ息をすって。〜朝霞北高校放送部〜(2)
○あまんちゅ!(11)
○艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(10)
○あとで姉妹ます。(3)
○終電で帰さない、たった1つの方法(2)
○アフターアワーズ(2)
○まぶしさの向こう側
○ぼっち怪物と盲目少女
○セントールの悩み(15・16)
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(5・6)
○姫のためなら死ねる(7)
○ゆえちゃんは今日も遊びたい(1)
○ウリとツメ(3)
○ツインエンジェルBREAK
○ゆるキャン△(4・5)
○きんいろモザイク(8)
○三者三葉(13)
○エプロンと加瀬さん。
○あじさいプラネット(2)
○惑星クローゼット(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編(14・15)
○おとぎのシソン
○ラブライブ! サンシャイン!! School idol project(2)
○ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ(3)
○魔法少女リリカルなのはViVid(19)
○ひなビタ♪ Bitter Sweet Girls!
○NEW GAME! アンソロジーコミック(2・3)
○北陸とらいあんぐる(2)
○広がる地図とホウキ星(1)
○ペンにまします神サマの(2)
○だーがしゅか(2)
○ティアのスペシャリテ 〜新米記者のグルメコラム〜(1)
○猫娘症候群【かとるすしんどろーむ】(1)
○Lily lily rose
○ガールズ&パンツァー リボンの武者(7)
○紫電改のマキ(9)
○三ツ星カラーズ(4)
○私と彼女のお泊まり映画(2)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(15・16)
○サクラクエスト アンソロジーコミック(1)
○カガクチョップ(4)
○45分間の魔法使い(2)
○ねこむすめ道草日記(16)
○犬神さんと猫山さん(6)
○ふたりモノローグ(1・2)
○ろんぐらいだぁす!(9)
○STARTING GATE! ウマ娘プリティーダービー(1)
○かみつき学園(1)
○ヤマノススメ(14)
○セーラー服とブレザーちゃん(2)
○はんどすたんど!(2)
○艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府(5)
○ガールズ&パンツァー 劇場版 Variante(2)
○となりの吸血鬼さん(3)
○かなえるLoveSick(2)
○新米姉妹のふたりごはん(4)
○〆切ごはん(4)
○しすたー・いん・らう!(2)
●シーズンシアターシアトリカル(2)
●ゆめのロワイヤル(2)
○けものフレンズ コミックアラカルト ジャパリパーク編(2)
○サクランボッチ(2)
○ゆゆ式(9)
○週末なにしにいこう?
○マギサ・ガーデン アクセル・ワールド/デュラル(8)
○ばくおん!!(10)
○世界征服はまた明日(2)
○結城友奈は勇者である(3)
○ひまわりさん(8)
○JK小説家っぽい!(2)
○出会い系サイトで妹と出会う話
○小林さんちのメイドラゴン(6)
○ふるまぷら(2)
○艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(18)
○放課後アサルト×ガールズ(4)
○はるかなレシーブ(4)
○サクラクエスト(3)
○月が綺麗ですね(3)
○デミライフ!(2)
○ちょっといっぱい!(2)
○パルフェ おねロリ百合アンソロジー
○ブラックリリィと白百合ちゃん(2)
○あの娘にキスと白百合を(7)
○このはな綺譚(6)
○ハイスクール・フリート ローレライの乙女たち(3)
○ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ(2)
○桜Trick(8)
○明るい記憶喪失(2)
○みゅ〜こん!(2)
○ぱぺっとコール!(2)
○ご主人様と獣耳の少女メル(2)
○リトル・リトル・アリス(2)
○晴れのちシンデレラ(10)
○シンデレラガールズ劇場(7)
○ガヴリールドロップアウト(5)
○まちカドまぞく(3)
○吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん(1)
○今日も女の子を攻略した。(2)
○お嬢様はアイスがお好き。(1)
○宮尾さんは生えている(1)
○専門学校JK(1)
○ラストピア(2)
○艦これプレイ漫画 艦々日和(8)
○うちのメイドがウザすぎる!(2)
○けものフレンズ アンソロジーコミック ジャパリカフェ編(2)
○ヨツコト(1)
○学園塔に魔女はオドる(2)
○孫子のアイドル兵法!(2)
○境界のミクリナ(3)
○citrus【シトラス】(8)
○剣姫、咲く(2)
○将来的に死んでくれ(2)
○ホームズさんは推理ができない。(2)
○私の百合はお仕事です!(2)
○白雪姫と黒タイツ(1)
○キルミーベイベー(9)
○コミック版 BanG Dream! バンドリ(2)
○バンドリ! ガールズバンドパーティ! Roselia Stage(2)
○にゃんこデイズ(3)
○しましまライオン(2)
○はいふり Peaceful Diary of HIGH SCHOOL FLEET(3)
○ガールズ&パンツァーの日常 4コマコミックアンソロジー(2)
○のけもの少女同盟(1)
○きらりブックス迷走中!(2)
○ストロベリー・フィールズをもう一度(1)
○ちーこばすけっと!(2)
○悟れ!弥勒ちゃん(2)
○ゴブリンはもう十分に強い(1)
○ビビッド・モンスターズ・クロニクル(4)
○いつか私は、君を裏切る(2)
○おとめサキュバス(1)
○総合タワーリシチ 完全版(上・下)
○ご注文はうさぎですか?(6)
○ご注文はうさぎですか? ラビットハウスアンソロジー 〜coffee break〜
○あんハピ♪(8)
○南鎌倉高校女子自転車部(10)
○poco a poco 少女と音楽と秘密の花園
○まめコーデ(3)
○私に天使が舞い降りた!(2)
○ロク+イチ暮らし
○みみみっくす!(2)
○まんが家cherry!(1)
○女子かう生(7)
○女子高生のつれづれ(2)
○普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(6)
○アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(1・2)
○魔法がつかえる中学生日記(2)
○魔法少女のカレイなる余生(2)
○いきのこれ!社畜ちゃん(3)
○いやされて 社畜女子のコミックアンソロジー
○アクションヒロイン チアフルーツ
○すくりぞ! SCHOOL RESORT!(2)
○アイドル事変(2)
○BanG Dream! よんこま ばんどりっ!!(2)
○ぽんこつヒーローアイリーン(1)
○アイドルマスター シンデレラガールズ コミックアンソロジー Bright Stars!!
○ラブライブ!サンシャイン!! コミックアンソロジー(1・2)
○ブレイブウィッチーズPrequel オラーシャの大地(1)
○ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団(1)
○ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!(9)
○ガールズ&パンツァー 戦車道のススメ(2)
○苺ましまろ(8)
○しょーがくせいのあたまのなか(2)
○乃木若葉は勇者である(3)
○結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-(1)
○エデンの処女(1)
○邪神ちゃんドロップキック(9)
○つうかあ RACING SIDECAR(1)
○放課後のアルケミスト(2)
○にじいろフォトグラフ(1)
○結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!(1)
○瞬きできない
○プラマイごはん(2)
○ほおばれ!草食女子(2)
○ラブライブ!サンシャイン!! 4コマ公式アンソロジー
○ラブライブ!サンシャイン!! 公式電撃コミックアンソロジー 合宿編
○ラブライブ!サンシャイン!! 公式電撃コミックアンソロジー 絆編
○出会い系サイトで妹と出会う話 -333日目-
○指先から滑り落ちるバレッタ
○コーヒーカンタータ(2)
○ワインガールズ(1)
○私は君を泣かせたい(2)
○安達としまむら(3)
○刀使ノ巫女(1)
○あやかしこ(4)
○ふたりべや(5)
-----
す:ちなみに、黒い●印は例によってコミックサイズながら同人誌、ってことになるみたいだね♪

り:続刊な作品が同人誌になっていますけど…。

す:うん、これはときどきあることなんだけど、続刊を普通のコミックで出せなくって同人誌で、っていうパターンになるのかな…。

り:まぁ、の夏梛さんと麻美さんの放送にあったみたいにナンバリングが振ってありながら続刊の音沙汰がない作品が結構ありますし、そうなるよりはましですか。

す:うん、そうだね♪

り:そうですね、では、私はこれで…。

す:ぶぅぶぅ、里緒菜ちゃんったらまたそんな『艦これ』の名取さんみたいなこと言って…!

り:いえ、これはもうお約束かなって…続きがあるのは解ってますから、はやく終わらせてください。

す:もう、しょうがないなぁ…時間がないのは確かだしさっそく、まずはイラスト評価から、次点も含めてこんな感じかな?
-----
【イラスト評価】
○5.0:
 『ご主人様と獣耳の少女メル(2)』
○4.8:
 『月が綺麗ですね(3)』
 『citrus(8)』
○4.7:
 『吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん(1)』
-----
り:5.0の作品と次点の作品、同じ作者のかたなんですけど…。

す:う〜ん、このあたりまでくるともうそのときの気分の問題、っていうことになるからかな…。

り:本当に主観で参考にならないんですね…。

す:ま、まぁ、そのあたりはやっぱり、ね…とにかく、次は内容評価を見てみるね?
-----
【内容評価】
○5.0:
 『エプロンと加瀬さん。』
 『あの娘にキスと白百合を(7)』
 『桜Trick(8)』
 『明るい記憶喪失(2)』
 『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(2)』
○4.9:
 『はんどすたんど!(2)』
 『このはな綺譚(6)』
 ・『ご主人様と獣耳の少女メル(2)』
 『うちのメイドがウザすぎる!(2)』
 『ヨツコト(1)』
 『総合タワーリシチ 完全版(上・下)』
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。(6)』
○4.8:
 『夕凪マーブレット(完全版)』
 『終電で帰さない、たった1つの方法(2)』
 『ぼっち怪物と盲目少女』
 『きんいろモザイク(8)』
 『新米姉妹のふたりごはん(4)』
 『マギサ・ガーデン アクセル・ワールド/デュラル(8)』
 ・『月が綺麗ですね(3)』
 『晴れのちシンデレラ(10)』
 『艦これプレイ漫画 艦々日和(8)』
 『まめコーデ(3)』
-----
り:こっちは相変わらずずいぶん多いですね。

す:それだけ下半期もいい作品にたくさん巡り会えたっていうことになるし、嬉しいことだよね♪

り:『桜Trick』はさすがですけれど、きらら系でその次につけているのが『はんどすたんど!』というのは少し意外かもしれません。

す:あれは本当に面白くって、現状連載中なきらら系作品では一番好きかも…もちろん他の作品も好きなんだけど、この作品はちょっと群を抜いてるっていうか…♪

り:その『はんどすたんど!』はかなりコメディ色の強い作品ですけど、今回ここに上がった作品はそうしたものから百合色の強い作品、はたまたプレイ漫画まであったりと、なかなかバラエティ豊かですね。

す:去年はこの中から『このはな綺譚』がアニメ化したりしたけど、今年も何かするといいな…個人的には『Blooming Clover』に期待してるんだけど…。

り:あと『終電で帰さない、たった1つの方法』は続刊が出るとは思っていなかった作品ですし、ナンバリングが振っていない作品も続けられそうならこうやって続刊が出てくれるといいですね。

す:うんうん、この中だと…『ぼっち怪物と盲目少女』の続きをぜひ読んでみたいなぁ♪

り:では次は百合度評価になりますけど、こんな感じですか?
-----
【百合度評価】
○5.0:
 ・『エプロンと加瀬さん。』
 ・『桜Trick(8)』
 ・『明るい記憶喪失(2)』
○4.5:
 ・『終電で帰さない、たった1つの方法(2)』
 『出会い系サイトで妹と出会う話 -333日目-』
○4.4:
 『アフターアワーズ(2)』
-----
り:こちらも相変わらず数が少なめですね…。

す:はっきり言っちゃうと4.0ある時点で十分百合な作品って評価みたいだから、これはしょうがないかも。

り:『出会い系サイトで妹と出会う話 -333日目-』も続刊が出るとは思っていなかった作品ですね…そしていつかと同じみたいに、5.0の3作品はどれも内容評価でも5.0になっているわけで、こうなると総合評価は見るまでもない気がしますけど、一応見ておきますか?

す:まぁ、そうだね…これらの結果を踏まえての総合評価はこんな感じみたい♪
-----
【総合評価】
○4.9:
 ・『エプロンと加瀬さん。』
 ・『あの娘にキスと白百合を(7)』
 ・『桜Trick(8)』
 ・『明るい記憶喪失(2)』
○4.7:
 ・『ご主人様と獣耳の少女メル(2)』
 ・『citrus(8)』
○4.6:
 ・『はんどすたんど!(2)』
 ・『月が綺麗ですね(3)』
 ・『このはな綺譚(6)』
 ・『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover(2)』
-----
り:…まぁ、こうなりますよね。

す:上半期に『明るい記憶喪失』と『あの娘にキスと白百合を』の既刊がいたりもして、去年もいい作品にたくさん巡り会えてよかった、っていう結論になりそうかな♪

り:それはよかったです、じゃあもう終わりましょうか。

す:もう、里緒菜ちゃんったら急ぎすぎだってば…でも、うん、今年もいい作品にたくさん巡り会えたらいいなって願いながら、今日の放送はもうおしまいにしてもよさそう♪

り:はい、お疲れさまでした。

す:じゃあ、また半年後に無事放送ができることを、それに里緒菜ちゃんや彩葉さんがとっても大好きでお世話になっているあのかた、この放送を聴いてくれた皆さんにとってこれからの一年がいい年になることを願って、今回の私たちの放送を終わります♪
posted by 桜乃 彩葉 at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2018年01月01日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第95回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:あけましておめでとうございます、今年もお正月から放送をさせてもらえました『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:あけましておめでとうございます、今年もどうぞよろしくお願いいたします、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:ですです、今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

あ:私と夏梛ちゃんの放送も、毎年お正月にこうして放送できてる上に、もう95回になるんだね…そんなに長い間放送を続けられているなんて、とっても嬉しい♪

か:これも放送を聴いて聴いてくださっている皆さんのおかげですし、本当本当にありがとうございます♪

あ:その皆さんにとって、そして夏梛ちゃんにとっても、今年一年がいい一年になることを願っています♪

か:ですです…けどけど、それを言うなら麻美にとっても、です!

あ:うふふっ、うん、ありがと、夏梛ちゃん♪

か:も、もうもうっ、去年と同じ同じ流れになってますけど、その去年と同じ同じ企画を今年もお正月からするんですよね?

あ:うん、その去年とか毎年恒例になってる、彩葉さんが昨年一年間に触れた作品のまとめをしていくね♪

か:えとえと、またまた例によってコミックについては明日、に上半期のまとめをすみれセンパイと里緒菜さんがしてくれてるみたいにお二人が別の放送でしてくれますから、ここではゲームとアニメについて触れて触れていきます。

あ:うん、まずは去年、2017年に触れたゲームについてだけど、こんな感じかな?
-----
【2017年発売】
『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-』
『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』
『スーパーロボット大戦V』
『ことのはアムリラート』
『全ての恋に、花束を。』
『FLOWERS(冬編)』
『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』
-----
【2017年発売/現在プレイ中】
○『世界樹と不思議のダンジョン2』
-----
あ:黒い丸印な1作品は同人ゲームになるよ。

か:世の中ソーシャルゲームばっかりばっかりになってきて何かするものがあるのか不安不安でしたけど、結構結構ちゃんと色々出てるんですね…安心安心しました♪

あ:うん、そこは私も一安心かな…特にRPG系ゲームの枯渇が心配だったんだけど『ブルーリフレクション』に『よるのないくに2』、そして今現在プレイ中の『世界樹と不思議のダンジョン2』があって、それに『スパロボV』もそっち系統の作品だから、まずは十分かな♪

か:よかったよかったです♪

あ:特に『世界樹と不思議のダンジョン2』は私や夏梛ちゃん、山城センパイに里緒菜さんをキャラメイクで再現して冒険できるから、やっぱりこういう作品が一番楽しいよ♪

か:でもでもそちらには声がないのが残念残念です…にしてる『世界樹の迷宮5』がそのあたり色々完璧完璧でしたので、今後またこういう作品に巡り会うことができればいいんですけど…。

あ:やっぱり、世界はソーシャルゲームの方向にしか動いてない気がするから、とっても望み薄かな…新作に限らなくってもいいから、キャラメイクした皆さんで冒険とかできる作品をしたいよ。

か:これとかこれを読んで思ったんですけど、ネットのオンラインゲームはキャラメイクしたプレイヤーで冒険するんじゃないんです?

あ:でも、あれって自分でキャラメイクできるのって結局主人公だけ、だよね…できればパーティメンバーもそうしたいから、オンラインゲームはそういうのには不向きじゃないかな…。

か:う〜んう〜ん、ではではやっぱり、一縷の望みを今後今後の新作に託すか、何か古くていい作品を探し出すか、しかなさそうです?

あ:今のところは、『世界樹と不思議のダンジョン2』が終わっても『世界樹の迷宮4』があるから当分はいいんだけど、将来的には本当にどうするか考えなきゃいけないかも…。

か:とにかくとにかく、昨年のまとめとして、まずRPG系な作品は結構結構よかったよかった、っていうことです?

あ:うん、『ブルーリフレクション』『よるのないくに2』も満足できるレベルの楽しさだったし、『スパロボV』はやっぱりさすがに色々な面がよくって大満足だったよ…『ブルーリフレクション』『スパロボV』は彩葉さんがとっても大好きなあのかたにお勧めしてもらえた作品だし、本当に毎年感謝してもしきれないかも♪

か:ですです♪

あ:百合なノベル系ゲームは『ことのはアムリラート』と『全ての恋に、花束を。』がもうとにかくとってもいい作品で、この2作品だけで去年は大満足、もう色々大好きでしょうがないくらいの作品だよ♪

か:そこまでそこまでの作品に2つも巡り会えるなんて、よかったよかったです♪

あ:『FLOWERS』もいい作品だけど、ついに完結しちゃって、そこはやっぱりさみしいかな…。

か:そちらは確か確かヴィータさん版が出るんでしたっけ?

あ:うん、そうだね、今の時点での今後の購入予定ゲームはこんな感じになってるよ。
-----
○『屋上の百合霊さん 〜フルコーラス〜(1月26日発売予定)』
○『カタハネ ―An' call Belle―(ヴィータさん版/1月25日発売予定)』
○『FLOWERS(冬編/ヴィータさん版/3月16日発売予定)』
○『きみはねCouples 〜彼女と彼女の恋する2ヶ月ちょっと〜(5月25日発売予定)』
-----
か:何だか何だか移植とかそういうのが3つも占めて占めてます…。

あ:そうはいっても『百合霊さん』はさっき触れた『ことのはアムリラート』『全ての恋に、花束を。』に負けないくらい大好きな作品だし、『カタハネ』はPC版は結局手をつけられてないから、出てくれるのはとっても嬉しいよ♪

か:あとはあとは、ここからさらにさらに新作がどのくらい出てくださるか、ですね…。

あ:うん、去年の放送でもRPG系なゲームには今回と同じ不安を抱いてたけど何とか『世界樹と不思議のダンジョン2』の1作品が望みをつないでくれたし、今年も何かあるといいな…。

か:ですです…ではでは、次は次はアニメについてです?

あ:うん、こちらもやっぱり例年通りあくまで私がDVDを購入して、そして今日までに全巻観たっていう作品に限られるけど、こんな感じかな?
-----
【2016年以前に放送】
『NEW GAME!』
『アンジュ・ヴィエルジュ』
『魔法少女なんてもういいですから。(第2期)』
『ラブライブ!サンシャイン!!』
『ViVid Strike!』
『フリップフラッパーズ』
『ブレイブウィッチーズ』
-----
【2017年放送】
『にゃんこデイズ』
『シンデレラガールズ劇場』
『けものフレンズ』
『うらら迷路帖』
『フレームアームズ・ガール』
『ひなこのーと』
『BanG Dream!』
-----
【劇場版/OVA】
『ゆゆ式(OVA)』
『きんいろモザイク Pretty Days』
『ハイスクール・フリート』
『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』
『宇宙戦艦ヤマト(劇場版)』
『機動戦艦ナデシコ The prince of darkness』
『艦隊これくしょん -艦これ-(劇場版)』
-----
か:やっぱりやっぱり結構結構多め多めですね…。

あ:これでも何作品かは購入を諦めてるんだけど、ね…。

か:そして今回今回は劇場版作品にとってもとっても浮いてる浮いてる作品がありません?

あ:『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦艦ナデシコ』は『スパロボV』で気になって、そして比較的安価な劇場版があったから購入、という流れになったの…百合に限らず気になる作品で安価な劇場版とかのある作品は、こうして購入してみるのもありかなって思うよ♪

か:なるほどなるほどです、そんな去年のアニメはどうでした?

あ:『NEW GAME!』や『ブレイブウィッチーズ』『ひなこのーと』に『アンジュ・ヴィエルジュ』と大好きだっていえる作品にたくさん巡り会えたけど、その中でも『フレームアームズ・ガール』が特に大好きでしょうがないかも♪

か:それはよかったよかったです♪

あ:その『フレームアームズ・ガール』、あと『フリップフラッパーズ』はあのかたにお勧めしてもらえて…ゲームのほうもそうだったけど、こっちも感謝してもしきれないかな♪

か:ですです…それでそれで、今年はどうなりそうです?

あ:う〜ん、そうだね、一覧の最新情報をあげてみるけど…
-----
【2012年冬期放送】
 『キルミーベイベー』
-----
【2012年春期放送】
 何もなし
-----
【2012年夏期放送】
 『ゆるゆり♪♪』
 『人類は衰退しました』
 『輪廻のラグランジェ(第2期)』
-----
【2012年秋期放送】
 『ガールズ&パンツァー』
-----
【2013年冬期放送】
 『ビビッドレッド・オペレーション』
 『ラブライブ!』
 『ぷちます! プチ・アイドルマスター』
-----
【2013年春期放送】
 『ゆゆ式』
-----
【2013年夏期放送】
 『きんいろモザイク』
-----
【2013年秋期放送】
 『のんのんびより』
 『ミス・モノクローム』
-----
【2014年冬期放送】
 『桜Trick』
-----
【2014年春期放送】
 『ご注文はうさぎですか?』
 『ラブライブ!(第2期)』
 『ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター』
 『犬神さんと猫山さん』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『悪魔のリドル』
-----
【2014年夏期放送】
 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
 『ハナヤマタ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『さばげぶっ!』
-----
【2014年秋期放送】
何もなし
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『天体のメソッド』『結城友奈は勇者である』
-----
【2015年冬期放送】
 『アイドルマスター シンデレラガールズ』
 『幸腹グラフィティ』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ユリ熊嵐』
-----
【2015年春期放送】
 『ハロー!きんいろモザイク』
 『レーカン!』
 『魔法少女リリカルなのはViVid』
-----
【2015年夏期放送】
 ○『アイドルマスター シンデレラガールズ(第2期/DVDは第1期と一緒)』
 『のんのんびより りぴーと』
 『わかば*ガール』
 『ミス・モノクローム(第2期)』
-----
【2015年秋期放送】
 『ご注文はうさぎですか??』
 『ゆるゆり さん☆ハイ!』
 ●『ミス・モノクローム(第3期/DVDは第2期と一緒)』
-----
【2016年冬期放送】
 『魔法少女なんてもういいですから。』
-----
【2016年春期放送】
 『三者三葉』
 『あんハピ♪』
 『ハイスクール・フリート』
 『パンでPeace!』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ばくおん!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『うさかめ』
-----
【2016年夏期放送】
 『NEW GAME!』
 『アンジュ・ヴィエルジュ』
 『ラブライブ!サンシャイン!!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『あまんちゅ!』
-----
【2016年秋期放送】
 『フリップフラッパーズ』
 『ブレイブウィッチーズ』
 『ViVid Strike!』
 『魔法少女なんてもういいですから。(第2期)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『ろんぐらいだぁす!』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『ステラのまほう』
-----
【2017年冬期放送】
 『にゃんこデイズ』
 『けものフレンズ』
 『BanG Dream!』
 『うらら迷路帖』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『アイドル事変』『ガヴリールドロップアウト』『小林さんちのメイドラゴン』
(原作は持っているものの購入検討せず)
 『南鎌倉高校女子自転車部』
-----
【2017年春期放送予定】
 『フレームアームズ・ガール』
 『ひなこのーと』
 『シンデレラガールズ劇場』
(気になるもののお金の関係で諦め…)
 『サクラクエスト』
-----
【2017年夏期放送】
 ○『NEW GAME!!(購入継続中)』
 ○『ひなろじ(購入継続中)』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『バトルガール ハイスクール』
(原作を持っているものの購入検討せず)
 『セントールの悩み』
-----
【2017年秋期放送】
 ○『このはな綺譚(購入継続中)』
 ●『シンデレラガールズ劇場(第2期/購入継続中)』
 ○『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期/購入継続中)』
-----
【2018年冬期放送予定】
 ○『スロウスタート(予約待ち)』
 ○『citrus【シトラス】(予約待ち)』
(購入検討中)
 ○『刀使ノ巫女』
(気になるけれどお金の関係で諦め…)
 『三ツ星カラーズ』『ゆるキャン△』
-----
【2018年春期放送予定】
 (不明)
-----
【2018年夏期放送予定】
 ○『邪神ちゃんドロップキック(予約待ち)』
-----
【放送時期不明】
 ○『けものフレンズ(第2期)』
 ○『こみっくがーるず』
 ○『はるかなレシーブ』
(原作を持っているものの購入検討せず)
 『立花館To Lieあんぐる』
-----
【劇場版/OVAで今後購入予定なもの】
 ○『魔法少女リリカルなのはReflection(予約済)』
 ○『ご注文はうさぎですか??(劇場版?/予約待ち)』
-----
あ:黒い丸印になっているのはショートアニメだね。

か:昨年も冬は何を購入するか選択が大変大変そうでしたけど、今年も冬がちょっと大変大変そうです?

あ:うん、『刀使ノ巫女』っていう2クールなアニメをどうしようかなって…もしかするとまだ何か他に私の知らないいい作品があるかもしれないし、それらを見極めたうえで最終的に決めようかなって思うよ。

か:昨年の放送でも話題にした『citrus』は結局結局今期放送アニメだったんですね…。

あ:あの作品は最序盤さえ乗り切れば本当にいい百合作品だし、よほどのことがない限りは購入、かな…『スロウスタート』は無条件での購入だけど♪

か:それ以降も『こみっくがーるず』『はるかなレシーブ』ときらら系なアニメが作品が続々みたいです?

あ:『邪神ちゃん』があるから夏は避けてくれるとありがたいんだけど、でも普通に考えたら『はるかなレシーブ』は夏のアニメになるのかな、って…?

か:まぁ、作品の題材としてそれはそうなるのが自然自然です?

あ:今現在購入継続中の作品のうち『このはな綺譚』と『ラブライブ!サンシャイン!!』の第2期はまだ1話も観れてないの…。

か:う〜んう〜ん、DVDの第1巻が届いた届いたのが本当本当に年末でしたし、仕方ないです…明日以降に観てみましょう。

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん…あと『ひなろじ』は1巻に6話も収録されてる分、発売間隔が空いちゃうみたい。

か:1巻6話…ショートアニメです?

あ:ううん、普通の長さのアニメでこれな上、1巻8000円程度と他のアニメに較べて妙に安いの…内容は普通にとっても微笑ましくって大好きな作品なんだけど、どうしてこんな安いのかな…?

か:安い安い分にはいいことじゃないですか。

あ:それはそうなんだけど、それなら他の作品もこのくらいになればいいのに、って思っちゃって…?

か:それはそうかもです…。

あ:今年もいいアニメにたくさん巡り会えるといいな、っていうことで…最後にちょっと『艦これ』について触れておこうかな♪

か:えとえと、昨日は何か何かしたんです?

あ:昨日はほとんど時間がなかったんだけど、ちょっとだけ…まず、お正月になったていうことでゲームを起動すると新春の掛け軸がもらえたほか…
新春仕様で登場…?
  …大和さんとか何人かのかたにお正月限定のイラストが実装されたよ♪

か:素敵素敵なイラストです…って、あれあれっ、麻美、この画像、何です何です?

あ:夏梛ちゃん、どうしたの?

か:いえいえ、この画像、建造完了画面ですけど、大和さん建造建造したんです?

あ:う〜ん、それなんだけど…まずは今日やったことについてまとめておくね。
-----
【開発】
失敗、25mm単装機銃、失敗、零戦52型
-----
【大型艦建造(サラトガさん狙いっぽい感じで?)】
大鳳さん・あきつ丸さん
-----
【大型艦建造(武蔵さん狙いっぽい感じで?)】
あきつ丸さん・大和さん
-----
【新春任務・1-2水雷戦隊】
(由良さん・野分さん・朝雲さん・山雲さん・旗風さん・初風さん編成)
○1回め:分岐南下終了
○2回め:分岐東進→初戦・完全勝利→ボス戦・完全勝利
○3回め:分岐東進→初戦・完全勝利→ボス戦・敵全滅・任務達成率50%
-----
【新春任務・1-4水雷戦隊】
(阿武隈さん・涼月さん・朝雲さん・山雲さん・旗風さん・初風さん編成)
○1回め:分岐北上→初戦・完全勝利→分岐南下→第2戦・敵全滅→ボス戦・敵全滅
○2回め:分岐北上→初戦・完全勝利→分岐南下→第2戦・敵全滅→ボス戦・ヲ級さん中破残存・夜戦敵全滅・任務達成
-----
あ:お正月っていうことで、運試しとして、一応全員艦隊にお迎えはしているんだけど、サラトガさん、それに建造確率が上がってるらしい武蔵さんを目標に2回ずつ大型艦建造をしてみたの。

か:その結果が、さっきの画像です?

あ:うん、大和さんと大鳳さん、あきつ丸さん2ということで、これって…狙いとはちょっとずれてるけど、これは運がいいっていえる結果、なのかな…?

か:えとえと、相当相当いい結果じゃないです?

あ:ただ、作れちゃった大和さんや大鳳さんをどう扱えばいいのか、ものすごく困っちゃってるんだけど、ね…。

か:あぁ、もう全員全員いらっしゃるんでしたっけ…でもでも、サラトガさんとか武蔵さんが出ても同じ同じことになったって思うんですけど…。

あ:そ、そうだね…あと、その反動なのか、演習で戦艦空母なお相手がいたからこっちも戦艦空母で挑もうとしたら、いざ戦闘開始すると潜水艦隊がお相手になっちゃっててどうにもならなくってD判定になっちゃって、でもまた演習画面を開くとそのお相手はやっぱり挑む前と同じ旗艦になってた、っていうことがあったよ…。

か:えとえと、それってそれって、麻美が演習を挑んだその瞬間だけ潜水艦隊に変化してすぐにすぐに元に戻った、ってことですか…確かに確かに、それは相当相当運の悪い悪い結果ですね…。

あ:あと、お正月っていうことで、例年通り新春任務が出現してて、それがまず1-2と1-4に水雷戦隊で反復出撃っていうものだったから、上で触れたみたいに出撃してみたの。

か:反復反復、っていうことでそれぞれ2回ずつだったんですね。

あ:うん、これを終えると戦闘糧食2つか開発資材5つのどっちかの選択と、あと応急修理女神がもらえて、今度は2-2と2-3に巡洋艦か水上機母艦を旗艦にした艦隊で反復出撃、っていうものが出てきたけどこれは今日以降に行うことにしたよ。

か:2回ずつだとするとそれだけそれだけで4回になって、南西諸島任務を普通普通に終えられそうです。

あ:2-5のゲージ破壊もあるけど、まずはそっちを優先させてみようかな?

か:ではでは、お正月からお送りしました今回の放送はそろそろお時間お時間です♪

あ:新年から私たちの放送を聴いてくださって、本当にありがとうございました…今年もよろしくお願いします♪

か:明日にはすみれセンパイと里緒菜さんの放送が予定予定されてますので、そちらも聴いて聴いてください♪
posted by 桜乃 彩葉 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2017年12月31日

今日も、明日も、来年も。変わらないけどいつも新鮮。

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□あやかしこ(4)
■ヒジキさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.7)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『あの娘にキスと白百合を』や『のんのんびより』『ささめきこと』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『リコとハルと温泉とイルカ』を書かれたかたとなります。

内容としましては、妖怪の共同住宅での日常を描いたものとなるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも妖怪なかたがたと真帆路さんが一緒に過ごしていく様子が描かれていき、基本的にはやっぱり楽しく微笑ましいお話…真帆路さんがかなりかわいく、クラスメイトの皆さんの気持ちもよく解ってしまいます、かも?

その様な今巻では真帆路さんが風邪を引いてしまわれたり、文化祭が行われ皆さんもそこにやってくるお話などが展開されていきます。
最後のお話では真帆路さんがエミさんの家に遊びにいくことになり、そこで彼女の妹さんにお会いするのですけれど、その妹さんに謎の小悪魔っぽい存在が取り憑いているっぽい…というところでこの巻は終了、果たして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、そこはかとなく感じる様な気も…?
ということで、こちらはやっぱり安定して微笑ましくよきもの…妹さんについての謎な存在も気になりますし、続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもよきもの…
□ふたりべや(5)
■雪子さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.6)
 ○総合評価:★★★★☆(4.3)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『うつゆり』や『このはな綺譚』『ユリ熊嵐』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『鳩子のあやかし郵便屋さん』などを描かれたかたとなります。
…第3・4巻と続けて上の作品と一緒に読んでいたことから、これはもう続けられる限り延々続けるしかないかなということで一緒に読んでみました(これも途切れることが確定していますので…/何)

内容としましては、下宿で同室となった二人の女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり上で触れました『あやかしこ』の第3巻と一緒に読んでいる第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではお二人が大学編進学してからのお話になっていきます…高校生を主役としたお話は大体卒業で終わる中、こちらは大学へ進学してもお話が続くというなかなか珍しい展開に…。
大学進学に当たり住む場所も変わるのですけれど、それでもお二人一緒に暮らすのは変わらず…また、そこで新たな友人ができます。
それが増井小瑠璃さんという長い黒髪のしっかりしたかたに見えるながらちらほらとドジな面が見え隠れするかたと、根無モカさんというかなり自由な性格をしたかたでしょうか。
そのお二人は入試時に知り合ったのですけれど、かなり仲のよい感じ…モカさんが小瑠璃さんへ対し恋人になろうと迫っているのですけれど…?
皆さん、それに紫さんも含めて文芸散歩部なるゆるいサークルに入りました?

お話のほうは、ということで大学へ進学したお二人の日常を描いたもの…。
基本的にはこれまでと変わらない微笑ましく楽しい日常なのですけれど、これは仕方のないことながら高校時代に同じアパートに暮らしていた後輩さんたちの出番は前半こそありましたけれどそこからなくなっていってしまいます。
ただ、特別編として芹さんと硝子さんのお話が収録されており、お二人の関係が一歩以上進むことに…?
この巻では入学からその年の年末までのお話が収録されておりますけれど、お二人の関係が相変わらずよかったりと楽しい作品で、こうして続いてくださり嬉しいことです。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
今年は観れない…
○「艦これ」運営鎮守府公式カレンダー2018 鎮守府月巡り二〇一八
○NEW GAME!!(4)
○シンデレラガールズ劇場(第2期/2)
○ラブライブ!サンシャイン!!(第2期/1)
○このはな綺譚(1)
-----
…一番上はカレンダー、その他はDVD(一部blu-ray)となります。

カレンダーはもちろん来年のカレンダーで、今回は『艦これ』としてみました(今年は『NEW GAME!』…)
やはり先日読みました『刀使ノ巫女』にキャラクター原案でお名前のあったしずまよしのりさまは『艦これ』のイラストを描かれているかたでしたみたいで、7月の秋月型姉妹なイラストを描かれていらっしゃいました。

DVDたちはいずれも一連で予約をしているアニメな作品たちとなります。
『NEW GAME!!』『シンデレラガールズ劇場』は過去に既刊が届いている作品たちとなります。
『ラブライブ!サンシャイン!!』『このはな綺譚』は今回が第1巻となり、前者は第1期を購入していることから、後者は原作が好きな作品ということでそれぞれ購入をしたものとなります。
『このはな綺譚』には全巻収納boxと手ぬぐいがついてきました。

この様な年末に届いてしまい、さすがに今日や明日は観る時間が作れません…来年のお楽しみとしておきましょう。
その他、『ラブライブ!サンシャイン!!』といえば…
新聞広告が…
…今朝の新聞に広告が入っており、劇場版の制作が決定したご様子です?


それでも、昨日は収録時間が20分程度しかない『シンデレラガールズ劇場』第2期第2巻を観てみました。
『ラブライブ!サンシャイン!!』も1話しか収録されていないのでそちらでもよかったのですけれど、そちらは一応第1巻な作品ですので…。

今回は『蘭子クエスト』なるファンタジーなお話からはじまり、その後は仁奈さんの出番も複数あったりと、安定して楽しいものになっていました。
特別編は基本的にプロデューサ要素強めでしたけれど、まぁそれは置いておくとして…?
スペシャルDVDには大正ロマンの回が収録…その内容自体はよいのですけれど、ですから本編17分に対して7分のスペシャルDVDに分ける必要、あります?
…ところで、武田羅梨沙多胡、って何者…ブリドカットセーラ恵美さまよりも不思議でどう読めばよいのか困るお名前なのですが…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
7mm機銃、失敗、失敗、失敗
-----
【輸送船3/空母3撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐東進→分岐南下→空母2・輸送船2撃沈→分岐東進→空母2・輸送船2撃沈両任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○損害:なし
-----
…昨日は空母3撃沈任務も発生していたため、それも兼ねてまずは潜水艦隊を2-3へ派遣、1回の出撃で両任務達成となりました。
そう、やろうと思えばここでも1回の出撃で輸送船3撃沈任務を終えられるのですけれど、ただそれには南下ルートに乗ったうえでさらに2戦ルートに乗る必要があり、ここに乗る可能性はかなり低いので、それよりは2-2のほうがまだ可能性があるかな、と…。

ろ号作戦終了後の1-5への3回出撃任務も終え、これで今年は全て終了です。
来年は月曜日が1月1日と、どうしましょう…あ号作戦→ろ号作戦は放棄することも検討します…?


『世界樹と不思議のダンジョン2』はいよいよ7つめのダンジョンへ…ここを越えれば世界樹へ到達できるといわれており、またこれまで誰も到達したことのないダンジョンということで、出発時には街の皆さんが総出で見送ってくださいました。
その7つめのダンジョン、音楽や雰囲気がかなり重く、また敵も5回くらい連続攻撃や複数人へ雷撃など苛烈に…テラーなる謎の状態異常にしてくる敵もいますけれど、これにかかるとどうなるのかよく解りません…。
何より問題なのは、ダメージを1しか与えられないプーカ系の敵が出現してしまうこと…これまで出現したニジプーカは初期状態で速度が落ちていたのですけれど今回の敵はその様なことはなく、さらにこの敵にはなぜか自動行動の味方が攻撃しようとしないという…。
アサミーナさんの2回攻撃な術で倒そうとしたものの結局途中で消えてしまい無意味にTPを消費したのみに…むぅ。

それでも、探索自体は特に問題なく進められていますので、まずは行けるところまでどんどん奥へ進んで砦などを作っていった上で、全フロアを埋めていくことにしましょう…今年はさすがにもう無理ですけれど、来年も引き続きのんびり、じっくり行っていきます?
…そう、今年ももうあとわずかもわずか…とっても大好きなあのかたがご無事な年末を迎えられていることを、心から願いたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年12月30日

大晦日のソロキャンガール

先日読みましたコミックの感想です。
来期アニメの…?
□刀使ノ巫女(1)
■伍箇伝計画さま(原作)/さいとー栄さま(漫画)/しずまよしのりさま(キャラクター原案)
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.7)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『マテリアル娘。』や『バンドリ』『ラボ・デイズ』などと同じものとなります。
漫画担当のかたは以前読んでいる『いつか静かな海で』の漫画担当をされたかたとなります…キャラクター原案のかたも『艦これ』原作のイラストを描かれているかたでした様な、運営電文でどなたかの担当をしている、というお名前を見かけた気がするのですけれど、どうでしたっけ…?
こちらは来期に放送されるというアニメのコミカライズ版だといいます…そういうことで優先して読んでみました。

内容としましては、異形の存在と戦う刀使を目指す女の子を描いたお話、となるでしょうか。
お話の舞台は現代日本なのですけれど、この世界においては以前観ている『アンジュ・ヴィエルジュ』におけるウロボロスや以前コミカライズ版を読んでいる『結城友奈は勇者である』のバーテックス、はたまた以前『ブレイブウィッチーズ』を観ている一連のシリーズにおけるネウロイなどなどの様な異形の存在、荒魂(あらみたま、ではなくあらだま)なる存在がおり、それを撃退する存在として刀使という、どうやら女性しか務められない様子な存在がありました。
全国にはそれを養成するための学校があり、お話の主人公はその中の一つ、岐阜県にある美濃関学院の中等部2年生(物語開始当初は1年生)の衛藤可奈美さんという、明るく元気でちょっと天然というアニメの主人公らしい性格(何)の、剣術が大好きで仕方のない、いわゆる剣術バカといっていいほどのかたとなるでしょうか。
その彼女、勉強は微妙そうですけれども剣術の実技の腕前は相当なものであり、剣術の全国大会に相当するところへ学校代表として選出されました。
…ちなみに荒魂は駆逐イ級っぽい雰囲気…(何)

その大会へは校内での選抜大会を経ており可奈美さんはそれに優勝しているのですけれど、準優勝となった、可奈美さんの親友で学生寮でのルームメイトでもある柳瀬舞衣さん…落ち着いた雰囲気の、可奈美さんのことをかなり気にかけてるご様子なかたでしょうか。
全国大会には各校2人ずつ出場するため舞衣さんも出場…お二人は準決勝で対戦することになってしまい、可奈美さんが勝ち進みます。

決勝で対戦することになったのは、十条姫和さんという奈良県にある平城学園という学校のかた…長い黒髪の相当鋭い雰囲気をしたかたなのですけれど、このかた、決勝開始と同時になぜか試合観戦をしている試合主催者に斬りかかり…?
それに失敗し逃げることになるのですけれど、なぜか可奈美さんもそれに付き合うことに…試合の決着がついていないからそうしたなどと言うあたり、やはり相当の剣術バカです。
…そして、どうも可奈美さんと姫和さんの持つ剣に、何か因縁がありそうで…?

お話のほうは、ということでその様な女の子たちを描いたもの…。
なかなか面白いお話なのですけれど、前半はアニメの前日譚だといいますし、可奈美さんと姫和さんが逃げることになる、というのがアニメの第1話あたりになりそうな予感が…本当にそうなるかは解りませんけれど、つまりお話はまだまだはじまったばかり、という印象なわけなのでした。

イラストはよきものです。
百合的にはどうでしょうか、登場人物は皆さん女の子ばかりみたいですので、そのあたりは安心そうです?
ということで、こちらははっきり言って気になる、他に何もなければDVDを購入したいと思える作品なのですけれど、来期は以前読んでいる『スロウスタート』が購入確定でまた以前読んでいる『citrus』を切ってこちらを購入、はさすがに難しいですし、それに他にもまだ未知なる作品が眠っている可能性もありますので、ひとまずは検討、様子見としましょう(今作は2クールだといいますし…ただ、来期に他に何もない、という場合には3作品全て購入してよいかも、とは考えています)
…そういえば、2017年冬のアニメも気になる作品が多すぎて物凄く迷いに迷ったのでしたっけ…2年連続で冬は嬉しい悲鳴となりそうでつらいです(何)


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも来期…?
□ゆるキャン△(5)
■あfろさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
作者のかたは以前読んでいて途中で切った作品の漫画担当などをされたかたとなります。
こちらも来期にアニメ化する作品だといいます…ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、キャンプをする女の子たちを描いたお話…タイトルはこう書いて「ゆるきゃんぷ」と読みます。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では冬休み…年末年始にかけての皆さんの過ごしかたが描かれていきます。
皆さん大晦日の日までアルバイトをされつつ、リンさんが初日の出を拝むべく静岡県の沿岸でキャンプをするさまが描かれていきます。

お正月を迎え、リンさんは実家へ戻る予定だったのですけれど、路面凍結のため予定が少しのび、それを知ったなでしこさんが浜松にある祖母の家へ一緒にこないかと誘ってくるのでした。
この巻ではお二人で浜松のうなぎを食べたり、祖母の家でなでしこさんの幼馴染なかたにお会いしたりといった様が描かれていき、結構食べ物描写も多くおなかがすいてしまうかもしれません?
その他、例によって巻末には野外活動サークルの放課後の様子を描いた短編がいくつか収録されている他、カバー下は相変わらずの…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、登場人物は皆さん女のかたですのでそのあたりは安心です。
ということで、こちらもなかなかよき作品で、アニメが来期放送されているといいますけれど、来期は上で触れた状況ですので『刀使ノ巫女』を購入するにしてもしなくても、こちらは見送りにするしかなさそうです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、九一式徹甲弾、12mm単装機銃、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:2(2連続:1)
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:0→ろ号作戦達成のため任務放棄
〇損害:中破1
-----
…無事にろ号作戦が完了、これで安心して年を越せます?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は小迷宮の探索を終えられましたので、いよいよ前人未到だという7つめのダンジョンへ挑んでみます、か?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年12月29日

安達としまむら

先日読みましたコミックの感想です。
先の気になる…?
□私は君を泣かせたい(2)
■文尾文さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『プラマイごはん』と同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『仲良しクイズ』を描かれたかたとなります。

内容としましては、映研に所属する二人の女の子を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続きそのお二人の関係を描いていきますけれど、その様なこの巻ではハナさんがクラスメイトの誰とでも仲良くなれるタイプのかたと親しげになっていくことでちょっとした波乱が訪れてしまいます。
といっても、波乱が訪れるのは羊さんとハナさんのお二人の関係ではなくって、そのクラスメイトの子とその親友さんの関係…。

そのクラスメイトのお二人の関係を描いていきつつ、それを見ての、特に羊さんの心境に大きな変化が生じていきます。
羊さんは基本的に他人を避ける傾向のあるかただったわけですけれど、その一件でそれに変化が見られたのとともに、ハナさんとの関係もこのまま同じ状態が続くとは限らないと思い、何か思うところができたみたいですけれど…?

イラストはよきものです。
百合的にはどうでしょうか、羊さんの心の変化が気になるところで…?
ということで、こちらはちょっと重い空気が出てきたりもしましたけれども基本的にはやはり微笑ましい作品…この先の関係も見守ってみたいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
最終巻でした
□安達としまむら(3)
■入間人間さま(原作)/まにさま(作画)/のんさま(キャラクター原案)
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.6)
 ○総合評価:★★★★☆(4.3)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『戦国スクナ』や『学園ナイトメア』『学校のせんせい』などと同じものとなります。
作画担当のかたは以前読んでいる『Girl @ Girl』を描かれた、キャラクター原案のかたは以前読んでいる『じょしけん。』を描かれたかたとなります。
こちらは原作はノベルとなるはずなものとなります。
…上の作品同様に学生さんお二人メインな百合的に高めの、そして特に気になる作品ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、高校生のお二人の女の子の関係を描いた4コマとなるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では主にバレンタインに関してのお二人の関係が描かれていき、その中でしまむらさんが小学校時代の友人に再会するお話もあったりするのですけれど…?
…実のところ、この友人さん、あるいはヤシロさんあたりはちょっと出番が少ないというか、特にヤシロさんの存在意義がよく解らなかったり…いえ、作品がまだ続くのでしたら別にこんな思いにはならないのですけれども…(何)

この巻のほぼ全てをバレンタイン当日までのお話に費やしていたりしますので、そこまでのお二人の心の動きなどが細かく見れてその意味でも楽しくよきものとなっていました。
それからお二人は進級をされるのですけれど、お話はそこで終わりとなっており…そう、今作はこの巻で完結、最終巻となっていました。
終盤のお二人の関係がより深まったさまはよいのですけれど、でもまだまだこの先の関係を見ていきたいというところで終わってしまいましたので、上で触れたことも含めその意味ではかなりさみしく残念かも…?

イラストはよきものです。
百合的にもよきものといえます。
ということで、こちらはこれで完結…ここで終わってしまう、というのがさみしくその意味では物足りなくなってしまいます?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、3連装魚雷、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所逸走任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2/下で触れる任務での出撃を含む)】
○はじめの分岐での北上:2(2連続:1)
○輸送船エリア行き:2(2連続:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:2(2連続:1・ヲ級さん編成:1)
〇損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:3
〇輸送船エリア到達:3
〇ボス行き:0
-----
【夕雲型/陽炎型2で2-2出撃任務】
〇1回め:分岐北上→輸送船エリア行き終了
〇2回め:分岐北上→輸送船エリア行き天津風さん中破終了
〇3回め:ボス直行・ヲ級さん編成敵全滅目的達成
-----
【夕雲型/陽炎型2で2-3出撃任務】
(瑞鶴さん・翔鶴さん・瑞穂さん・木曾さん・舞風さん・野分さん編成)
〇1回め:分岐東進→分岐北上→ボス到達・敵全滅目的達成
-----
【夕雲型/陽炎型2で2-1出撃任務】
(瑞鶴さん・翔鶴さん・ガングートさん・木曾さん・舞風さん・野分さん編成)
〇1回め:分岐北東→ボス到達・敵全滅目的達成
-----
【夕雲型/陽炎型2で2-4出撃任務】
(リットリオ(イタリア)さん・瑞鶴さん・翔鶴さん・サラトガさん・舞風さん・野分さん編成)
〇1回め:初戦・完全勝利→分岐東進→第2戦・完全勝利→分岐西進終了
〇2回め:初戦・完全勝利→分岐東進→第2戦・野分さん中破敵全滅→分岐西進終了
〇3回め:初戦・完全勝利→分岐北西終了
〇4回め:初戦・完全勝利→分岐北東→第2戦・舞風さん中破敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦(戦艦4)・完全勝利
-----
…夕雲型か陽炎型なかた2を含む編成で演習を3勝したうえで南西諸島海域を回る、といういやにややこしい任務が発動しましたので、まずは舞風さんと野分さんを含む編成で演習を3勝します。
演習のほうは、幸い1-5な編成や明石さん+空母1のみ、そして空母1単艦な編成がいましたので、無事に達成できました。

南西諸島海域巡回は楽な順番ということで、まずは2-2の普段の編成に2のかたをを混ぜて出撃…けれどあらぬ方向逸走を連発させられた末、到達したボス戦では見事にヲ級さん編成を出現させるのでした…。
ともかく次は2-3へ出撃、こちらは問題なく終わり任務達成率も50%以上達成マークがつきやっていることが間違いではないと判断でき一安心です。
そのままほとんど変わらない編成で2-1へも出撃、幸い1回の出撃でボス到達とできました。

そして問題の2-4へ突入、4回めの出撃でボスへ到達できこれで任務達成率も80%以上となり、残るは2-5のみとなりました。
ただ、この時点で南西諸島任務が完了したため、昨日はそこまで…ろ号作戦も80%以上達成となりましたし、できれば今日終えてしまいたいところながら、2-5はもうすぐ来月になりますのでそのゲージ破壊の際に実施しようかなと思います?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は小迷宮をのんびり探索…声こそないものの外見は皆さん結構あさかなとすみりおのイメージに近いので、探索だけで充分楽しく感じられてしまいます?
以前『3』をしている『七竜』といい、皆さんのイメージに合ったミニキャラが走り回るさまを見るのは非常に微笑ましくよきものです。

ところで、ダンジョンはクラス指定クエストがある場合以外は全てあさかなとすみりおで探索しているのですけれど、砦で待機しているかたがたのほうがレベルが高くなっているのですが…実際に戦うよりも砦にいたほうがレベルが上がりやすい、のです?
posted by 桜乃 彩葉 at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年12月28日

いざ往かん、我らの戦場へ

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
CDも…
〇第2次スーパーロボット大戦OG オリジナルサウンドトラック
〇うらら迷路帖(5)
〇疾風ういんどみる!(2)
〇ステラのまほう(6)
〇私は君を泣かせたい(2)
〇安達としまむら(3)
〇あやかしこ(4)
〇ウルトラ怪獣擬人化計画 feat. POP Comic code(4)
〇ふたりべや(5)
〇パンでPeace!(5)
〇魔法少女リリカルなのはViVid(20)
〇ガールズ&パンツァー リボンの武者(8)
〇刀使ノ巫女(1)
〇熱帯魚は雪に焦がれる(1)
〇百合+カノジョ
〇罠ガール(1)
〇魔王が宿屋をやっていぬ。(1)
-----
…一番上はCD、その他はコミックとなります。

CDは『スーパーロボット大戦』のサントラ…本当は以前している『V』のサントラはないか見てみたのですけれどそれはなく、代わりに見つけたこちらを購入したのでした。
『OG』というオリジナル作品限定のゲーム自体はしたことはないものの『スパロボ』はオリジナル作品のBGMが相当よく、前作に当たる気のする『OG』のサントラも過去に購入していましたので、今回も購入してよさそうかなと考えて購入をしてみました。
さっそく聴いてみましたけれど、こちらには『流星、夜を切り裂いて』のハイペリオンver.や今日の日誌のタイトルにしたものなど以前している『αU』のフィールド曲やイルイさんとの戦いの際のBGMなど知っている上に好きな曲も多く、他の曲もさすがよきもので、購入して大正解といえます。
…『αU』のサントラも購入しているのですけれど、あちらはちょっと編集がいまいちすぎて…しかしこれを聴いていると『αU』の2周めをしてみたくなってきてしまいます?(『αV』にも手をつけたい気はしますが…むぅ)

コミックのほう、『うらら迷路帖』から『ステラのまほう』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなり、今回は全て過去に既刊を読んでいるもののみとなります。
『疾風ういんどみる!』はこの巻で最終巻となる模様です。

『私は君を泣かせたい』から『リボンの武者』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『安達としまむら』『パンでPeace!』『なのはViVid』はこの巻で最終巻となる模様です。
『なのはViVid』にはポスターがついてきました。

その他作品群は全て何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

今回は『私は君を泣かせたい』や『安達としまむら』『あやかしこ』『ウルトラ怪獣擬人化計画』『ふたりべや』あたりを最優先にして読んでいきたいところです。
その他、きらら系の『うらら』『ういんどみる!』やついに最終巻だという『なのはViVid』『パンでPeace!』、それに第1巻な作品で百合が期待できそうな雰囲気の強い『熱帯魚は雪に焦がれる』『百合+カノジョ』あたりも優先して読んでいきたいところですけれど、『刀使ノ巫女』という作品が来期アニメのコミカライズ版らしく、来期を来期と呼べるうちに、つまり今月中に読んで来期DVD購入検討候補に入るかどうか見てみたいのでこちらも最優先候補に入りそうです?(ただこちら、2クールアニメらしい…来期は購入確定な以前読んでいる『スロウスタート』とよほどのことがなければ購入な以前読んでいる『citrus』がありますので、よほどよいものでない限りは購入には踏み切れないかなと…?)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、15cm3連装副砲、33号対水上電探、
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所逸走任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(2連続:1)
○輸送船エリア行き:3(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:3(2連続:1)
〇損害:大破1・小破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:2
〇輸送船エリア到達:1(南下2戦ルート:1)
〇ボス行き:2
-----
…ろ号作戦達成率が50%以上になってくださったので、このまま大晦日にまでもつれ込むことなく終わってくださることを願うのみです。

その様な昨日はメンテナンスがあり、長波さんに改二仕様がきた…のですけれど、戦闘詳報なるアイテムが必要だそうで、私はそれを持っていませんので改二仕様にはできませんでした…。
その他、対馬さんなど何人かのかたに年末仕様なイラストや台詞ができたり、いくつか新しい家具が得られたりしました。

任務のほうは、改二仕様な長波さんを含む艦隊の編成任務が出ていたものの、もちろん実施不能です。
機銃3廃棄任務を行うと中口径主砲と副砲3とドラム缶を廃棄する週間任務が出現、ただこれを実施して完了してもそれほどよいものは得られず…。
また、夕雲型または陽炎型なかたを二人以上入れた艦隊で演習を3回勝利しつつさらに南西諸島海域にその艦隊を投入、なるひどくややこしい任務も出現していましたけれど、昨日は演習にチェックを入れるのを忘れていましたので、今日実施してみます?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は6つめのダンジョンの最下層を除く全フロアの踏破を完了しましたので、いよいよボスへ挑戦してみました。
ここのボスは幻覚を見せてくる上に倒されると記憶を消してくるため対処法をなかなか覚えられない、とここへこれまでに到達していた唯一のギルドのかたが教えてくださったのですけれど…異様に弱く、はじめにスキル封じが効いたからか、ノーダメージで撃破できてしまいました。
5つめのダンジョンの芋虫以上に弱く、何だかダンジョンを進めるにつれてボスが弱くなっていっている様な…ボスへ挑む際はできる限りのアイテムを持っていってかなり緊張して挑んでいるのですけれど、拍子抜けがすごい…。
…なんて言っていると次あたりで反動がきそうで怖いですけれども…。

ともかくこれで6つめのダンジョンを踏破、お話によると次の7つめのダンジョンを踏破できれば世界樹に到達できるのでは、という大方の見立てがある様子ですけれど、そんなあっさりいくものでしょうか…もう少し波乱がありそうなきがしてしまいます。
もちろん先へ進んでみるしかないわけですけれど、ひとまず例によって7つめのダンジョンとともに新たな小迷宮も開放されましたので、まずはそちらをのんびり探索することになるでしょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年12月27日

コーヒーカンタータ

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□コーヒーカンタータ(2)
■からあげたろうさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『魔法がつかえる中学生日記』『新米姉妹のふたりごはん』などと同じものとなります。

内容としましては、コーヒーの専門学校に通うことになった女の子を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではいよいよその専門学校での日々がはじまることになり、スペシャルティという特待生として通うことになったのですけれど、その特待生はまだ他にもいらっしゃいました。
それが五条ルリというこの学校設立に出資をしたという財閥のお嬢さま…気位のとっても高く口調もきつめながらコーヒーに対する気持ちなどは本物なかたでしょうか。

その様なかたともクラスメイトとなりつつはじまる学校生活、喧嘩や失敗もありますけれど、それらを経てお互いを解り合ったり成長したりとそのさまはとてもよいものです。
終盤では足湯まつりというお祭りの際に皆さんで用意されたコーヒーを全て売り切る、という課題を実施することに…スペシャルティは学費免除の代わりにその様な課題を度々出されるといいます。
そしてここで明らかになる事実、スペシャルティは実は5人おり、もうお一人は極度の恥ずかしがりやであり隠れて授業を受けているということ…以前読んでいる『あんハピ♪』の椿さんの様なかたの様子で、当日の準備の際には琥珀さんの前に着ぐるみ姿で一瞬姿を見せたっぽい…?
いよいよお祭り本番、というところで大雨になってしまいましたけれど、果たして…。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、やはりよい友情のお話になりそうなのは間違いありません。
ということで、こちらは皆さんの関係がとてもよいお話…果たして5人めのスペシャルティとは一体どの様なかたなのかも含め、続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
ブドウの擬人化作品…?
□ワインガールズ(1)
■真田一輝さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『とらぶるスピリット!』や『れとろげ。』と同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『落花流水』を描かれたかたとなります。
…上の作品同様に飲み物が主題となっている作品、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、ワインガールズと呼ばれる女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
ワインガールズとはワイン用のブドウ品種を女の子に擬人化したものとなっていて、それぞれの元となった品種のブドウを育てておいしいワインを作っている様子です?
その品種は5000以上ある様子ですけれど、その中でも主人公はカベルネ・ソーヴィニョンさんというちょっと天然で子供っぽいところもある女の子となるでしょうか。

その5000以上あるという品種を擬人化したものですので、登場人物もかなり多彩となっています。
主だったところでいえば、カベルネさんの一番の親友で面倒見のよいしっかり者な、そして彼女のことが好きな様子が見られるメルローさん、明るく元気なシャルドネさん、お嬢さまな雰囲気で少しツンデレな様子なピノ・ノワールさん、お金にうるさいところのあるガメイさんといったところでしょうか。

お話のほうは、ということでワインな擬人化のかたがたのお話…。
飲み物を擬人化した作品といえば以前読んでいる『カフェちゃんとブレークタイム』がありましたけれど、今作もそちら同様に随所にワインに関する蘊蓄が散りばめられている様子で、ページ下部には用語などの解説が載ることもあります。
また、皆さんは普通に賑々しく楽しい日常を送っていて、そのさまが描かれていきますので、普通の4コマとしてもなかなか楽しいものになっています。
基本的には原産地であるフランスを中心としたヨーロッパを舞台にしていますけれど、時にはタイや日本といったと遠き地の原産国へ行ってそこのワインガールズと交流するお話もあったりします。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはカップリングによってなかなか感じられ、そのカップリングも実際のワインの諸々によって設定されているみたいです?
ということで、こちらは飲み物の擬人化作品となりますけれど、百合的なことも含めなかなか悪くないもので、続きも見守ってみましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
15cm単装砲、25mm連装機銃、21号対空電探、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行・ヲ級さん編成旗風さん大破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船3編成加古さん小破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:2(2連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所行き:2
○ボス到達:3(2連続:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:2
-----
…通商破壊艦隊での輸送船撃沈任務で無意味にボスへ飛ばされた上にヲ級さん編成にされると、あまりに不毛すぎてため息が出てしまいます。
2-2での南西諸島任務用艦隊では4つのうちの1つが連続で高速建造材とかいう完全無意味な場所行き…他の3艦隊はボス前まで直行できたりしている中でのそれですので、こちらもため息が出てしまうのでした…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想