2018年03月03日

すなおなこの普通の反抗期生活

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□ひとりぼっちの○○生活(4)
■カツヲさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『魔法がつかえる中学生日記』や『新米姉妹のふたりごはん』『鎮守府目安箱』などと同じものとなります。

内容としましては、極度に人見知りな女の子がクラスメイト全員と仲良くなろうとする4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では2年生に進級されたぼっちさんたちの1学期から2学期に差し掛かる当たりの日常が描かれていき、まだまだ人見知りなのは確かながらそれでも友達も増えて楽しい日常になっていくさまが描かれていきます。

ぼっちさんはクラスメイト全員と仲良くなろうと努力をされ、この巻でも数人のかたが友達になってくださいました。
田舎から上京してきて訛りがあるため1年生のときはぼっちさん同様に友人のいなかった稲金真理さんやクラスの人気者の美奈川らうさん、そして登校拒否をしている布藤香さん…。
らうさんは性格上すぐにお友達になったのですけれど、残りお二人の友人になるまでの流れがかなりよい…特に後者は少し泣けてしまいます、かも?
この巻は文化祭が行われたところで終わりますけれど、その香さん、さらに佳子さんともきちんとした友人にるに至り、この終盤の流れはかなり好きかも…?
…今日の日誌のタイトルは恒例のバッドエンドから…。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはりそこはかとなく…?
ということで、こちらは順調に友人が増えていますけれど、やはり楽しく少し泣けたりもするよいお話…続きも楽しみにしましょう?
…クラスメイトですけれど、第1巻の描写では男子生徒がいた気がするのですけれど、どうも女の子しかいなくなっている様な…いえ、それでしたらそれでもちろんよいのですけれども。


また、同時にこちらも読みましたので…。
アニメが放送されています?
□三ツ星カラーズ(5)
■カツヲさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.6)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じものとなります。
こちらは今期にアニメが放送しているという作品となります。
作者のかたは上の作品と同じかた…ということで一緒に読んでみました。

内容としましては町の平和を守るカラーズという組織の日常を描いたお話となります。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもカラーズな小学生3人の女の子が上野周辺で繰り広げる日常が描かれており、よい意味で相変わらずな作品となっています。

ですのでやっぱり特筆すべきことはないかも…七夕のお話にはじまり年末のお話で終わっています。
やはり安定して楽しく笑える作品となっていて、そのあたり上の作品にも負けず劣らず、といえるのではないでしょうか。

イラストはなかなかよきものです。
百合的には特に気にしなくてもよいかと思います。
ということで、こちらもよい作品で、アニメも楽しいものになっているのは間違いないと思われ、他に何もなければDVDを購入してよかったのですけれど、今期は今まででもっともといえるほど熾烈な状況になっていますので以前読みました『ゆるキャン△』ともども泣く泣く諦め…。


その様な昨日は先日届いた『りりくる』ドラマCDのうち第3巻となる『好きって、言って、ちゅってして!』を聴いてみました。
こちらはアリスさんと伊吹さんのお話で、1学年進級しているということは、つまり伊吹さんは高校を卒業しているということ…大学生となり、独り暮らしをはじめています。
その意味において今回の3作の中でお二人の関係がもっとも大きく変化しているといえ、序盤ではそのために少し波乱の展開もあったり…もちろん最後はとてもよい方向にお話は進んでくださいます。
そして伊吹さんはやっぱり相変わらずで愉快なかたです。

これで今回発売した3作を聴いてみましたけれど、やはりいずれもとてもよいもので、これは残り3組、そして以前しているゲーム版登場の3人の新作も出ていただきたいと思わずにはいられません。
あと、おまけのCDが3枚ありますので、そのうち…?


『艦隊これくしょん』はジャーヴィスさんがレベル45で改仕様になれたのですけれど…対潜値が100に達していないのに先制対潜攻撃をされました?
つまり五十鈴さんや龍田さんと同じっぽいわけですけれど、かわいい上にその様なことまでされるとは…。

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、12mm単装機銃、零戦32型
-----
【4-2出撃任務/輸送船3撃沈任務】
(日向さん・葛城さん・天城さん・雲龍さん・初月さん・初風さん編成)
○1回め:分岐南下→対潜初戦・完全回復→第2戦・敵全滅→分岐北上→ボス戦・葛城さん中破敵全滅
-----
【輸送船3/5撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐東進→分岐北上→輸送船エリア到達・3撃沈任務完了
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐東進→分岐北上→ボス逸走伊8さん小破任務失敗
○潜水艦隊2-3・3回め:分岐北上→ボス逸走任務失敗
(下記3-2出撃で5撃沈任務達成)
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-6へ航空戦艦or輸送艦2含む編成で2回出撃任務】
(速吸さん・神威さん・初月さん・初風さん・藤波さん・嵐さん編成)
○1回め:対潜戦・完全勝利→分岐最短→航空戦・損害なし→最終戦(軽空母含)・航空戦神威さん中破・初風さん大破速吸さん中破A判定→帰港・ボーキサイト200
○2回め:対潜戦・B判定→分岐最短→航空戦・損害なし航空戦速吸さん大破終了
○3回め:対潜戦・A判定→分岐最短→航空戦・神威さん小破→最終戦(軽空母含)・藤波さん大破A判定→帰港・燃料1000
-----
【1-6ゲージ破壊】
(阿武隈さん・初月さん・初風さん・藤波さん・嵐さん・親潮さん編成)
○1回め:対潜戦・A判定→航空戦・複数人損害→最終戦(金のリ級さん)・藤波さん中破夜戦敵全滅→帰港・ボーキサイト200
○2回め:対潜戦・A判定→航空戦・敵艦載機蒸発→最終戦(軽空母含)・嵐さん中破敵全滅→帰港・燃料300
○3回め:対潜戦・A判定→航空戦・損害あり→最終戦(水雷戦隊)・完全勝利→帰港・弾薬500
○4回め:対潜戦・完全勝利→航空戦・敵艦載機蒸発→最終戦(水雷戦隊)・初月さん中破敵全滅→帰港・弾薬500
○5回め:対潜戦・嵐さん中破A判定→航空戦・敵艦載機蒸発→最終戦(水雷戦隊)・敵全滅→帰港・燃料1000・ゲージ消滅
-----
【3-2出撃任務】
(阿武隈さん・五月雨さん・朝潮さん・満潮さん・荒潮さん・霞さん編成)
○1回め:分岐南下→初戦・完全勝利→第2戦(ル級さん2単縦陣)・完全勝利→分岐東進→ボス戦・敵全滅・輸送船5撃沈任務も達成
-----
【3-1出撃任務】
(由良さん・葛城さん・天城さん・雲龍さん・アーク・ロイヤルさん・アクィラさん編成)
○1回め:分岐南下→初戦・完全勝利→分岐北上→ボス戦・完全勝利
-----
【6-3出撃任務・Z作戦任務】
(由良さん・阿武隈さん・瑞穂さん・神通さん・夕立さん・五月雨さん編成)
○1回め:対潜初戦・B判定→第2戦・A判定→分岐南下→第3戦・完全勝利→ボス戦(タ級さん2)・由良さん阿武隈さん瑞穂さん中破駆逐艦2撃沈・夜戦夕立さん大破リ級さん残存その他撃沈A判定
○2回め:対潜初戦・B判定→第2戦・完全勝利→分岐南下→第3戦・完全勝利→ボス戦(タ級さん2)・夕立さん阿武隈さん大破五月雨さん神通さん中破リ級さん駆逐艦2撃沈・夜戦瑞穂さん大破駆逐棲姫さん残存A
-----
【Z作戦任務(6-4)】
(大淀さん・アイオワさん・熊野さん・涼月さん・満潮さん・荒潮さん編成)
○1回め:初戦・敵全滅→空襲1・損害あり→第2戦・涼月さん大破満潮さん中破終了
○2回め:初戦・涼月さん小破敵全滅→空襲1・損害なし→第2戦・満潮さん中破荒潮さん小破A判定→空襲2・損害あり→ボス戦(砲台3集積地棲姫さん)・基地航空隊砲台1破壊軽巡洋艦撃沈・アイオワさん大破熊野さん中破離島棲姫さん損害その他撃沈破壊・夜戦敵全滅
-----
【1-4出撃任務】
(由良さん・阿武隈さん・能代さん・初月さん・初風さん・藤波さん編成)
○1回め:分岐南下→初戦・完全勝利→分岐どうしようもない場所逸走終了
○2回め:分岐中央→初戦・敵全滅→分岐北上→ボス戦・T字不利リ級さん大破残存その他撃沈・夜戦完全勝利
-----
…4-2への出撃任務があり、これのルートが逸れた先には輸送船がいることから輸送船撃沈任務はまずはこれとともに実施することにしましたが、1回の出撃でボスへ進み輸送船撃沈任務は何も進みませんでした。
そして昨日は輸送船5撃沈任務も同時発動しましたので、潜水艦隊による2-3出撃を実施…ところがどんどんボスへ逸走、通商破壊艦隊へ移行してもよかったのですけれど、どこまで逸走を連発するか見守ることにしました。
ところが、並行して出撃していた3-1のボス戦に輸送船が1おり、それで5撃沈任務は達成、それで完了となったのでした。

残された拡張海域のうち、1-6のゲージ破壊を、そこへ出撃する季間任務と一緒に実施することに…したのですけれど、さすが速吸さんは狙われると一瞬で終わります(しかも最終戦の砲撃戦でなく赤い軽空母1の航空戦で…警戒陣意味なし…)
その大破要因となった最終戦における赤い軽空母は3連続で出現したのですけれど、3回めは航空戦で艦載機を蒸発させることに成功し一矢を報いたといったかたちに…それでも大破するかたは大破するのですが、ともかく任務は完了しました。

残りの1-6はいつも通りの編成で出撃、大破撤退なく完了することができました。

季間任務も少しずつ手をつけていくこととし、3-1から3-3出撃任務のうち、3-3は来週の北方海域任務の際に一緒にすればよいので、まずはもっとも厳しい戦いの予想される3-2を実施します。
こちらはボス前できつい編成が出現したものの警戒陣のおかげか完全勝利となり、さらに1回でボスへ進めた上に輸送船が2存在したことから輸送船撃沈任務も達成となったのでした。

続いて3-1へも出撃、この北方海域3つの出撃任務は軽巡洋艦1を含む、という条件がついていますので、3-3への出撃艦隊を基本に由良さんを加えてみました。
この海域は1-3並に羅針盤という存在が猛威を振るう場所なのですけれど、幸運にも1回の出撃でボスへ到達、そして一切損害を受けることなく終えることができました。
これで任務達成率は80%以上となり、あとは来週の北方海域任務の3-3出撃の際に軽巡洋艦を入れ忘れない様にするだけとなります。

次は6-3の2回ボス撃破任務をZ作戦任務も兼ねて実施…
A判定で6-3完了
…結構ぼこぼこにされますけれど、A判定勝利で問題ありませんのでこれで任務達成となります。

Z作戦任務を達成するには他の海域のボス撃破も必要になりますので、そこへ必要な場所の一つである6-4へ向かいます。
警戒陣を使用するものの、第2戦で結構な損害が頻発、しかもこの海域はボス戦A判定では許されず全滅しないと任務が進まない中早々にアイオワさんが大破し嫌な空気が流れますけれど、陸上用装備をした他のかたがたがかなり強く荒潮さんが一撃で無傷の集積地棲姫さんや砲台を破壊したりと昼戦で離島棲姫さんのみとすることができ…
6-4完了
…夜戦の大淀さんの攻撃で敵の全滅に成功しました。

これでZ作戦任務は50%達成状態となり、あとは2-4と6-1という、前者は羅針盤という存在が、後者は編成条件上敵がとてもきついという、どちらもはっきり言って6-4以上に遠慮したい海域…。
前者は2-4への2回出撃任務も別にあり、また南西諸島任務が発動している際に実施することにしますので来週に回すことにし、6-1ですが…昨日はちょっとそこまでやる気が起きず、昨日の最後は1-4への出撃任務を実施、例によって羅針盤という存在が立ちふさがるものの2回めの出撃でボスへ到達、任務達成となりました。

今のところはまずまず順調、あと問題になるのは5-5と6-5のゲージ破壊、2-4への2回ボス撃破任務、6-1のZ作戦任務といったところ…はっきり言ってどれもしたくないのですけれどどうしましょう、まずはゲージ破壊から手をつけていきます、か?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年03月02日

あ〜 待っれ 待っれ れんりょん

先日読みましたコミックの感想です。
劇場版が制作されます?
□のんのんびより(12)
■あっとさま
 ○イラスト評価:★★★★★(4.6)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『あの娘にキスと白百合を』や『あやかしこ』『ささめきこと』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいて以前には新装版も読んでいる『こあくまメレンゲ』を描かれたかたとなります。
こちらは以前観ている様に二期にわたってアニメ化もしており、また以前読んだものなどアンソロジーも出ているものとなり、帯によると今年夏に劇場版が公開されるといいます。

内容としましては、田舎にある旭丘分校に通う女の子たちの日常を描いた作品となります。
と、説明がやはり以前読みました第11巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも皆さんの楽しい日常が描かれていき、この巻では夏にかけてのお話が収録…皆さんでキャンプへ行かれたり、自由研究な宿題をされたりします。
前巻から登場したあかねさんも引き続き登場しますけれど、なかなか面白いかたで…?

その他、れんげさんが迷子になっていた年下の女の子に会ったりと、この村にまだ子供がいることが解ったりしつつ、やっぱりここまで巻数を重ねると高いレベルで安定した楽しいお話が繰り広げられます。
蛍さんのこまぐるみがパワーアップしたりしつつ、最後のお話では昔の皆さんの様子を見ることもできて…?

イラストはよきものです。
百合的にはやはり蛍さんが悪くなく…?
ということで、こちらの第13巻は2018年初秋発売予定ということで引き続き、劇場版ともども楽しみにしたいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
まだ続きます?
□こはる日和。(3)
■ねこうめさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★☆(3.7)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
…上の作品と同じ単語がタイトルに含まれていることから一緒に読んでみました(何)

内容としましては、高校生の女の子の日常を描いた4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも皆さんの日常が描かれていくのですけれど、この巻では皆さんが進級、あるいは進学…こはるさんの妹さんやアーニャさんとみるくさんは皆さんこはるさんたちの学校へ進学され、やはり仲のよい様子です。

そうした変化がありつつ、皆さんの楽しい日常は続いていきます。
そのあたり安定したお話といえますけれど、あとがきに変化を意識しているとある通り、皆さんの関係も徐々に縮まったりするさまが見られます?
あとがきに終わりを見据えて、といったことを書かれると少しさみしい印象も受けますけれど、ただきらら系で2巻どころか3巻の壁を越える作品ってごくごう少数ですから、その様なことを意識されるのも仕方ない、かも…?
…多少、いえ結構あざといシーンも多いですけれど、何かの作品の様に下品な印象は受けませんので気にしなくてもよいでしょう(何)

イラストはなかなかよきものです。
百合的には思いのほか高めの印象が…。
ということで、こちらは何か百合的に高くなってきている印象を受ける作品…第2巻どころか3巻の壁も越えるとは意外でしたけれど、続きも見守りましょう。


その様な昨日は先日届いた『りりくる』ドラマCDのうち第2巻となる『mellow linkage』を聴いてみました。
こちらは真優さんと真衣さんの姉妹のお話となり、何気ない日常を送ったりしつつ以前よりも距離の縮まっているお二人のご様子がよきもので、やっぱりかわいく微笑ましいものとなっています。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、三式弾、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務/3-5ゲージ破壊】
(五月雨さん・夕立さん・満潮さん・霞さん・綾波さん・阿武隈さん編成)
○1回め:初戦・A判定→第2戦・完全勝利→ボス戦・夕立さん綾波さん中破タ級さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅
○2回め:初戦・B判定→第2戦・A判定→ボス戦・阿武隈さん大破夕立さん中破タ級さん残存その他撃沈・夜戦敵全滅
○3回め:初戦・A判定→第2戦・B判定→ボス戦・T字不利ツ級さん残存タ級さん小破輸送船1大破その他撃沈・夜戦敵全滅
(綾波さん→照月さんへ変更)
○4回め:初戦・A判定→第2戦・満潮さん中破A判定→ボス戦・夕立さん大破霞さん阿武隈さん中破照月さん小破タ級さん小破輸送船1小破1大破その他撃沈・ゲージ破壊・夜戦敵全滅
○5回め:初戦・B判定→第2戦・A判定→ボス戦・照月さん阿武隈さん中破タ級さん輸送船1小破輸送船1大破残存その他撃沈・夜戦敵全滅・北方海域任務・ろ号作戦完了
-----
【2-5ゲージ破壊/南西諸島任務】
(羽黒さん・足柄さん・那智さん・妙高さん・鈴谷さん・熊野さん編成)
○1回め:分岐北上→初戦・完全勝利→夜戦・A判定→ボス戦・足柄さん那智さん中破敵全滅
○2回め:分岐北上→初戦・敵全滅→夜戦(リ級さん改)・敵全滅→ボス戦・完全勝利
○3回め:分岐北上→初戦・完全勝利→夜戦(リ級さん改)・敵全滅→ボス戦・那智さん大破妙高さん中破敵全滅
○4回め:分岐北上→初戦・完全勝利→夜戦・敵全滅→ボス戦・鈴谷さん小破タ級さん小破その他撃沈・夜戦敵全滅・ゲージ破壊
○5回め:分岐北上→初戦・敵全滅→夜戦(リ級さん改)・鈴谷さん大破熊野さん中破終了・南西諸島任務放棄
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5ゲージ破壊/3回出撃任務】
○損害:なし
-----
【4-5ゲージ破壊】
(羽黒さん・扶桑さん・利根さん・筑摩さん・蒼龍さん・翔鶴さん編成)
○1回め:初戦・蒼龍さん中破利根さん小破敵全滅→対潜第2戦・羽黒さん小破B判定→第3戦・筑摩さん小破敵全滅→ボス戦・扶桑さん中破港湾棲姫さん損壊その他撃沈・夜戦敵全滅
○2回め:初戦・筑摩さん中破敵全滅→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・利根さん中破敵全滅
○3回め:初戦・敵全滅→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・航空戦翔鶴さん小破・扶桑さん蒼龍さん中破港湾棲姫さん損壊その他撃沈・夜戦敵全滅
○4回め:初戦・蒼龍さん中破敵全滅→対潜第2戦・B判定→第3戦・敵全滅→ボス戦・航空戦蒼龍さん大破護衛要塞1駆逐艦1撃沈・筑摩さん中破港湾棲姫さん損壊その他撃沈・夜戦敵全滅
(アイオワさん・リットリオ(イタリア)さん・長門さん・陸奥さん・瑞鶴さん・サラトガさん編成へ変更)
○5回め:夜戦・A判定→第2戦・A判定→ボス戦・瑞鶴さん大破陸奥さんサラトガさん中破港湾棲姫さん混乱その他撃沈・夜戦リットリオさん大破敵全滅・ゲージ破壊
-----
【5-1水上打撃任務】
(五十鈴さん・長門さん・陸奥さん・山城さん・筑摩さん・熊野さん編成)
○1回め:初戦・山城さん小破敵全滅→分岐東進→分岐東進逸走終了
○2回め:初戦・完全勝利→分岐東進→分岐東進逸走終了
○3回め:初戦・筑摩さん小破敵全滅敵全滅→分岐南下→第2戦・陸奥さん小破敵全滅→第3戦・筑摩さん中破敵全滅→ボス戦(ヲ級さん旗艦潜水艦なし編成)・T字不利山城さん小破駆逐艦2のみ撃沈・夜戦敵全滅
-----
…昨日から3月ということで拡張海域のゲージが復活、それの破壊を行うべく、輸送船3撃沈任務は3-5へ出撃を行います。
3-5は警戒陣があるおかげで道中の損害を抑えることができ、ですのでゲージ破壊後もそのままもう1回出撃し北方海域任務もそこで完了してしまいました。
同時にろ号作戦も完了、これで今週は2-2で苦しまなくてもよくなりました。

続いて2-5、こちらは夜戦で警戒陣を使用…警戒陣というのは下に駆逐艦を置くのが最良、と運営電文にありましたので重巡洋艦や航空巡洋艦なかたがたでは大丈夫なのか少し不安でしたけれど安定して夜戦を抜けボスまで行けゲージも破壊できました。
安定しているのならば、ということでそのまま南西諸島任務も行おうとしたのですけれど、その出撃の夜戦で大損害…割りが合わないということとなりそのまま放棄することにしました。

1-5はろ号作戦が完了しましたのでその後出現する3回出撃任務と兼ねられました。

4-5は道中で損害が多発するものの大破撤退はなく、最後の重い編成も1回でボスへ到達、損害はかなり出ましたけれどゲージ破壊に成功しました。
ところで…
三式弾
…三式弾を装備していると航空戦の際にそれを斉射したというメッセージが出ますけれど、どのくらいの効果があるのでしょう…?

続いて月間任務からもっとも嫌なものである5-1への水上打撃任務を実施します。
この任務の何が嫌って、羅針盤とかいう誰も幸せにしないどうしようもないシステムと戦わされるということで、過去には9回くらい連続で延々と逸走を繰り返させられたことがありました。
悪い流れに陥るとそうなるわけで、そして昨日はその恐れていた事態が現実のものに…見事悪い流れに入り込んでしまい、はじめの出撃から逸走を連発というげんなり、うんざりさせられる展開に…。
それでも、3回めの出撃でその悪い流れから脱せ任務達成となりましたので、過去の様な最悪の事態とまではいきませんでした…海上突入任務といい、この海域嫌い…。

昨日はそこまでで、これからなのですけれど…
-----
【残存拡張海域】
1-6・5-5・6-5
-----
【残存月間任務】
○1-5ボス10回勝利
○1-4水雷戦隊
○4-2空母機動
○2-5水上反撃
-----
【残存季間任務】
○2-4ボス2回勝利
○6-3ボス2回勝利
○2-4・6-1・6-3・6-4ボス勝利
○3-1・3-2・3-3ボス勝利
○1-6航戦or輸送艦2含む艦隊で2回帰港
○5-4長波さんたち駆逐艦4含む艦隊で2回ボス勝利
-----
…思った以上に季間任務が増えていて、下3つは完全に存在を忘れていました。
この中から選択し選んでいきたいわけですけれど、どうしましょうか…いくつかの任務は兼ねられるものがありますのでそれはもちろんそうするとして…?
あと、廃棄任務などにも季間任務があるのですけれど、それは月曜日の廃棄任務の際に一緒に実施しようと思います。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年03月01日

艦娘たちのお悩み相談に完全対応!?

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□艦隊これくしょん -艦これ- おねがい!鎮守府目安箱(2)
■種十号さま(漫画)/「艦これ」運営鎮守府さま(協力)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『魔法がつかえる中学生日記』『新米姉妹のふたりごはん』などと同じものとなります。
こちらは元はブラウザゲームとなりヴィータさん版なゲームも出たり以前観ている通り劇場版が制作されたり以前読んでいるものなど別のコミカライズ版や以前読んでいるものなアンソロジーも出ているシリーズのコミカライズ版の一つとなります。

内容としましては、目安箱解決実行委員会の活動を描いたお話となります。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもその結社が鎮守府の艦娘たちから様々な依頼を受けつけ、それの解決に通じそうな艦娘を派遣して問題の解決にあたっていきます。

その様なこちら、第1巻での感想でも触れたとおり、とてもおバカで気楽に楽しめる作品となっています。
このあたり、他のコミカライズ版とは一線を画しており、どちらかというとアンソロジー収録作品の様なノリなわけですけれど、本当にとても楽しく笑えるものになっていますので、これはこれで問題なく、むしろどんどんやってもらいたいものです。

イラストは悪くありません。
百合的にはお話によってはそこはかとなく…?
ということで、こちらはやはりとても面白いもの…『艦これ』のコミカライズ版って(以前読んでいるものの続刊の出る気配が見えない『Side:金剛』を除くと)今作と上で触れた『艦々日和』しかもうない様な気もしますけれど、その2作品はどちらも本当にとても楽しくよいものですので、このまま長く続いてくださることを願いたいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
黒幕出現?
□紫電改のマキ(10)
■野上武志さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ミカるんX』や『ふたごはん』『ぽかぽかばんぱいあ』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『リボンの武者』を描かれたかたとなります。
…上の作品同様にミリタリー要素のある作品、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、飛行機のある日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第9巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、前半ではみかぜんさんがかつていた学校のかたが制空権を支配すべく行動を起こしその顛末が描かれるのですけれど、やはり彼女の背後にはこれまでにも見え隠れしていた謎の存在があって…?

後半では文化祭が開催されるのですけれど、まだ5月か6月に入った頃らしく、作中の経過時間は物語開始から現在までで1〜2ヶ月しかたっていないことが判明…そして最近1学期に学園祭を開く作品に結構巡り会いますけれど、最近はそうなのです?
文化祭の後夜祭前に、東京中の飛行機乗りたちが集結して現状の異変について話し合う場が設けられ、相手の思惑が見えそうになるものの、一歩遅かったみたいで、相手が全面的な行動に出てしまいました。
それを指揮するのは、マキさんの前に「紫電改のマキ」という異名を持っていた存在みたいで…?

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、なかなか悪くない作品ですけれど…?
ということで、こちらはいよいよ元々その二つ名を持っていた存在が、敵として出現…果たしてどうなるか、見守っていきましょう。


その様な先日はこの様なものが届いてもいました。
-----
『りりくる』の新作…
○りりくる Rainbow Stage!!! -Pure Dessent-(1) 恋心リフレイン
○りりくる Rainbow Stage!!! -Pure Dessent-(2) mellow linkage
○りりくる Rainbow Stage!!! -Pure Dessent-(3) 好きって、言って、ちゅってして!
-----
…こちらはドラマCDとなります。

これらは以前ゲームをしている『りりくる』のドラマCD…『りりくる』は元々ドラマCDとして始動したものとなっていて、その続編というかたちとなるでしょうか。
本編CDが3作に加え、おまけのミニドラマなるCDも3枚ついてきました。
その様な今作はクラウドファンディングというもので資金を集め製作されたものとなっていて、私も多少のお金を出しましたので、その特典として発売日よりも1ヶ月ほどはやくドラマCDが届いたほか、クリアスタンドや差し替えジャケットがついてきました。

その様な昨日はこれらのうち1作めの『恋心リフレイン』を聴いてみました。
こちらは陽奈さんと彩愛さんのお二人が2年生へ進級された後のお話…お二人は別々のクラスとなってしまいましたけれど、休み時間の度に互いに会いに行ったりするのを楽しんでいるご様子です。
その様な中、彩愛さんは試験の結果が思わしくなく、夏休みが潰れるのを回避するために陽奈さんに勉強を教えてもらうことになりました。
放課後の誰もいなくなった教室や、あるいは彩愛さんのお部屋で勉強会が行われることになって…?

このお二人に限りませんけれど、『りりくる』の皆さんははじめのドラマCDでもうすでに結ばれていますので、今作はゲーム同様に結ばれた後のお二人の様子を楽しむことになります。
以前している『その花びらにくちづけを』も(最近は出なくなりましたが…)そういう結ばれた後のお二人の関係を描いてくださっていて、幸せになった先も見守りたいと思っている身としては、とっても嬉しいことなのでした。
とってもかわいく微笑ましく、百合的にもよきものとなっていて、エンディングのキャストトークで声優さまがおっしゃられていた様に、次はアニメ化を…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、35cm連装砲、失敗、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→どうしようもない場所逸走任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成・5撃沈任務同時発動のため3撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:0
○輸送船エリア行き:1(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所逸走:0
○ボス到達:3(2連続:1)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:3
〇輸送船エリア到達:1
〇ボス行き:2
-----
…先日は南西諸島へ移行してから羅針盤とかいう誰も幸せにしないどうしようもないシステムが極度の嫌がらせを見せてきましたけれど、昨日は輸送船3撃沈任務の時点で嫌な展開に…輸送船5撃沈任務が発動していなければどうなっていたでしょうか…。
ところが、南西諸島任務へ移行すると、先日とは打って変わって極めて順調な結果に…はじめの分岐で北上しない、というのは本当に嬉しくありがたいことです。

今日からは3月ということで、拡張海域のゲージ破壊など…月間任務や季間任務も出現しますので、相当大変そうです。
3-5あたりは警戒陣を使用してみるのもありでしょうか…ろ号作戦は80%以上達成状態となっており、3-5で終わってくださればありがたいですけれど…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年02月28日

いっしょに暮らすと、毎日しあわせ。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○はるみねーしょん(7)
○こはる日和。(3)
○スロウスタート アンソロジーコミック(1)
○また教室で(1)
○艦隊これくしょん -艦これ- おねがい!鎮守府目安箱(2)
○のんのんびより(12)
○ひとりぼっちの○○生活(4)
○百合+カノジョ -好きになってもいい?-
○三ツ星カラーズ(5)
○紫電改のマキ(10)
○乃木若葉は勇者である(4)
○ガールズ&パンツァーの日常 4コマコミックアンソロジー(3)
○少女騎士団×ナイトテイル(3)
○現代魔女の就職事情(5)
○いきのこれ!社畜ちゃん 後輩ちゃんオタ活動記(1)
○つうかあ えぶりでぃ
○同棲生活 わたしを好きってことでしょ
○百合鍵 -先輩の秘密をのぞいてみた-
○ゆりなつ -民宿かがや-(1)
○世界で一番おっぱいが好き!(1)
○キャッチャー・イン・ザ・ライム(1)
○宇宙よりも遠い場所(1)
○ジャヒー様はくじけない!(1)
○暗黒騎士団長と青春ガール(1)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『はるみねーしょん』から『また教室で』まではおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
『はるみ』『こはる』は過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『スロウスタート』アンソロジーは原作を読んでいることから、『また教室で』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『鎮守府目安箱』から『現代魔女の就職事情』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『乃木若葉』『少女騎士団』『現代魔女』はこの巻で最終巻となる模様です。

その他作品群、『社畜ちゃん』『つうかあ』は原作やコミカライズ版を持っている作品のスピンオフということから、『同棲生活』から『ゆりなつ』までは百合が期待できそうなことから、『世界で一番おっぱいが好き!』『キャッチャー・イン・ザ・ライム』は百合が期待できると教えていただけたことから、下3冊は何となくよさそうに感じられたことから、それぞれ購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『同棲生活』の帯から取ってみました。

月末ということで今回もやや数が多く、また気になる作品も多々…まずは『鎮守府目安箱』『のんのんびより』『ぼっち』『百合+カノジョ』あたりを最優先にして読んでいきたいものです。
『三ツ星カラーズ』『宇宙よりも遠い場所』と今期に放送しているアニメの原作やコミカライズ版もあり、やや優先して読もうとは思いますけれど、ただもうどうやってもこれらをDVD購入することはありませんので…(何)
…一部作品のチラシに百合系新刊情報が載っており、今回購入したものや来月発売予定のものが書かれていたのですけれど、すでに3巻まで出ているという『かりん歩』という作品だけ知らない…3巻まで出ているなんて今更ですし、気にしないでおくことにすべきか、それともやはり購入すべき…?(今のところ、もう気にしないでおこうかなと…?)


昨年の今頃は以前している『ブルーリフレクション』を教えていただいたりと百合系、RPG系問わずとっても大好きなあのかたにはよきゲームをよく紹介していただいているのですけれど、あまりに甘えてばかりでもご負担をかけるばかり、ということで昨日は自分で何かよいRPG系作品の新作はないか見てみて…まだ出ていない作品に1つだけ気になるものがありましたので公式サイトを見てみました(一つしかないとか、さみしい…)
それがこちらの『あなたの四騎姫教導譚』という作品で、主人公は男女選択式である程度キャラメイクが可、メインキャラはお姫さまのみということで、私にとっての最良はパーティメンバー全員がキャラメイク可な作品なわけですけれど、その次くらいには妥協できそうな雰囲気が見られます。
主人公とお姫さまの関係は以前している『サモンナイト3』のティアさ…アティさんとベルフラウさんやアリーゼさんの様なものっぽく、アサミーナさんとまではいかなくても彼女かすみれさんか里緒菜さんかティナさん、かなさまのいずれかに近しいかたちにできればいいかな、って…?(RPG系ゲームの主人公候補における再現優先順位はこの通りで、実はかなさまは優先順位低め…いえ、ヒロインは似合いますけれど主人公という感じはあまりしなくって…/何)
公式サイトを見る限り結構ややこしいゲームシステムっぽいですけれど、たまには自分で0から探し出したゲームをやってみる、というのも悪くないはずで…予約してみることにしましたけれど、多分大丈夫ですよね、ね…?
発売日は3月8日ともう間近で、一番の問題は『世界樹と不思議のダンジョン2』がその日までに終わる確率が限りなく0に等しい、ということでしょうか…同時にやってみるか、それとも…。

あと、『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作な『X』が3月29日発売予定で、あのかたのお話では主人公が男女選択式ということでとっても気になる…こちらの公式サイトを見てみましたけれど、よい感じのかたで…?
ただ、お話が未知数で、主人公に百合でない恋愛要素が絡むとちょっとつらいところがあって…主人公にそういうものがなければ、百合な要素は別になくても問題ありませんし(あればあったで大歓迎ですが)以前している『V』もよきものでしたので、ぜひ購入をしたいところですけれど、ここはあのかたがご購入されたとしてそのご意見を待つことになるでしょうか(…って、結局あのかたに甘えてしまっていたり…あぅあぅ、下の件やこの数日の傾向で危うく今すぐ甘えてしまいそうになりましたけれど、何とか我慢…)
…参戦作品も見てみましたけれど、『X』なのに『ガンダムX』がいない…いえ、そんなこと言うと『V』にも『Vガンダム』も『コンバトラーV』もいなかった、となりますけれども…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、35cm連装砲、14号対空電探、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:12(7連続:1・4連続:1)
○輸送船エリア行き:6(ボス前南下:4(2連続:1))
○高速建造材という完全無意味な場所逸走:4(4連続:1)
○ボス到達:5(3連続:1)
○損害:中破2
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:2
〇輸送船エリア到達:4(南下2戦ルート:1)
〇ボス行き:
-----
…昨日から久しぶりに2-2での南西諸島任務を実施することになりましたけれど、はじめの出撃から4連続ではじめの分岐で北上と、さっそくいつも通りな嫌な流れを見せつけられていきました。
その前半はどんどん輸送船エリア行きになり、それは全然構わないのですけれど、ボス到達4回後はまたはじめの分岐での北上連発から、さらにはどうしようもない場所への逸走連発というげんなりさせられる展開へ…4連続でそこ行きとか、よほど不運でないと怒らないことかと思うのですけれど…。
昨日のはじめの分岐での北上率は悪質な嫌がらせとしか思えないほどにひどく怒りや悲しみすら覚えるほどのものとなり、結果南西諸島任務完了までに普段の4倍程度の時間を消費させられ、イベントでの高速修復材消費も回復していないのに損害も多発という、観るも無残な惨状に…ろ号作戦は1日で50%以上達成状態になりましたけれど、どうしようもない場所への逸走が4回も発生している時点でそれも救いとはなりません。
本当、はじめの分岐での北上という行為は百害あって一利のないもので、それを連発してくるのはやめていただけないでしょうか。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は11個めのダンジョンを探索、ここは分岐は単純なのですけれど階層が深く、昨日ようやく最下層一歩手前まで到達しましたけれど、その時点で50階に達していました。
あとはいつも通り未踏破なフロアを全て埋めてからボスへ挑もうと思うのですけれど、上で触れたとおり次にプレイするRPG系ゲームが確定してしまいましたから、どうしましょうか…しかも、明日からは『艦これ』の拡張海域ゲージ破壊や月間任務、そして3月は確か季間任務まで出現するはずと、下手をするとその作品が届くまでこちらにも一切手をつけられない恐れが…。
…あと、このダンジョン、D.O.Eが一切出現しない…。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2018年02月27日

もふかのポプリ

先日読みましたコミックの感想です。
悪くはないです?
□もふかのポプリ(1)
■喜月かこさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できるとお教えいただけたこともあり購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『まめコーデ』や『まんがの作り方』『ねこむすめ道草日記』などと同じものとなります。

内容としましては、獣人な村へ引っ越した女の子の日常を描いたお話、となるでしょうか。
この作品の世界観では人間の中に人族と獣人族という2つの大きな区別があり、人族は現実世界同様の人間、獣人族は獣の姿をした人間、ということになります…獣人族はさらに犬や猫、爬虫類や鳥類など様々な動物がいます。
獣人要素のある作品には往々として耳やしっぽだけ獣、というものがありますけれど、今作は以前観ている『けものフレンズ』の様なかたち、といえば解りやすいでしょうか。
外見がかなり違う種族ですので過去には対立もあり現在も差別がある雰囲気が見られ、平等区という特区が作られたりしている模様…?

主人公のミカさんは人族の女の子、ほんわかかわいらしい女の子なのですけれど、ある日突然人族なはずの母親が獣人化するという事象が発生…通常は生まれたときの種族はその後変わることはないはずというので、かなり特異な事態です。
周囲の目もあり、家族は獣人族の町である六色町へ引っ越すことになり、ミカさんもそこにある六色女子高校という学校へ通うことになるわけですけれど、他の生徒は全て獣人ですのでかなり珍しがられることになって…?

そのミカさんが町へやってきて早々にお会いし、また学校の案内を先生に頼まれてすることになったのはケイさんという、長身でちょっと怖い雰囲気もある犬な獣人の女の子…。
彼女はどうやら人族が嫌いらしいこともあり基本的に冷たい態度なのですけれど、でも本当はやさしいかたな様子…?
その彼女、嗅覚が失われてしまっているとのことなのですけれど、なぜかミカさんのにおいだけは感知でき、ですのでリハビリということでミカさんのにおいをかがせてあげることになったのですけれど…?

お話のほうは、その様な世界観の中で獣人の学校に通うことになった女の子のお話…。
裏に種族間の差別問題なども見え隠れする、というと同じコミックスである以前読んでいる『セントールの悩み』が思い浮かぶところですけれど、今作はそこまで重いことはなく、絵柄もあいまって基本的にはかわいく微笑ましい雰囲気のものとなっています。
互いの問題を抱えつつも少しずつ距離を縮めよい友情関係を結べそうになるミカさんとケイさんなのですけれど、この巻の最後、文化祭の末に突如ミカさんの身体に異変が生じて…?
かなり急転直下の展開といえますけれど、果たしてどうなるのか…。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、帯などには百合と明記されていましたけれど、これからの展開次第かと…?
ということで、こちらは少し不思議なお話ですけれども悪くないもので、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、15cm3連装砲、水偵、紫電改二
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:5(3連続:1・そのままどうしようもないあらぬ方向逸走:4(3連続:1))
○はじめの分岐中央:2
○はじめの分岐北上:1
○ボス戦前軽空母戦:2(南下ルート:1)
○ボス到達:4(2連続:2)
○空母撃沈数:20
-----
【あ号作戦(1-1)】
○ボス到達:10(3連続:1・2連続:1)
○あらぬ方向逸走:18(9連続:1・4連続:1・2連続:1)
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:10
-----
…先週はイベント海域で実施した週間任務を、昨日はいつも通り通常海域で行ったわけですけれど…やはり、羅針盤とかいう誰も幸せにしないどうしようもないシステムが立ちふさがり、この存在の脅威のないイベント海域のほうがまだましなのでは、と思えてしまいました。
い号作戦は1-4、そしてイベント海域で艦載機の熟練度がかなり吹き飛びましたのでそれを回復させるべくあ号作戦はく1-1へ空母を出撃させ実施したのですけれど、いずれも逸走が多くてつらいです…。

幸い、今週の北方海域任務は3-5がありますので、ここにきてさらに3-3でそのシステムと戦うということをしなくてすみましたけれど、危うく心が折れてしまうところ…この数日では他にもさみしくなってしまう様なことが頻発してしまっていますけれども、でも先日久しぶりにとっても大好きなあのかたにお会いできましたので、これらくらいのことでは心は折れずに何とか我慢できます?
そのあのかた、インフルエンザにかかってしまっていらしたのですけれど、元気になられて、そしてイベントも順調に進められることを心から願いたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年02月26日

トモダチヅクリ

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□トモダチヅクリ(2)
■GAGAGAさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.9)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、友達のいない二人の女の子が友達になった4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではお二人が新たな友達を作ろうと、ひょんなことで接触する機会のあった子を一緒にお昼に誘ったりされるところから…。
誘われたのは遠宮アカリさんという小柄でかわいらしい女の子、そして彼女の親友で快活な虎口巴さんもアカリさんのことを心配してついてきます…麻乃さんと静さんは周囲には番長と裏番長として恐れられる存在なので…。
ただ、実際に一緒にいるとお二人が実は怖いかたではないということをアカリさんや巴さんにも解っていただけ、無事友人になることができたのでした。

こうして新たな友人ができて友情が深まっていきますけれど、周囲の皆さんはまだお二人を恐怖の対象として見ており、あろうことかそのお二人と一緒にいるアカリさんたちまで白い目で見ようとしてきます。
麻乃さんなどは申し訳なくなるのですけれど、巴さんなどはそれが許せなく、その勘違いを解くべく文化祭で何かをしようという作戦を練ることになりました。
終盤はそれを成功させるべく行動する皆さんを描いていき、その友情にちょっとこちらも泣けそうに…今作はこの巻で完結、最終巻となりますけれど、よき終わりかたになっていたかと思います。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはことあるごとに麻乃さんと静が過剰に関係を否定するのでこのくらいかと…よい友情のお話なのは間違いありません。
ということで、こちらはその過剰な否定がやや鼻につくものの、よき作品でしたかと思います。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも最終巻でした
□笑って!外村さん(7)
■水森みなもさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『レーカン!』や『桜乃さん迷走中!』『パトラちゃん』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読みました『サチウス』を描かれたかたとなります。
…上の作品が少しこちらの主人公さんに似ていたことから一緒に読んでみました(何)

内容としましては、諸々の理由から不良と思われている外村さんと周囲のかたがたの日常を描いた4コマとなります。
と、説明がやはり以前読みました第6巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもやはり周囲に怖い人と勘違いされてしまう外村さんの日常が描かれており、新しいかたとして保健室の虚弱体質な先生を加えながらもその日常が続いていきます。

やっぱり周囲からはまだまだ不良と勘違いされながらも、外村さんたちは3年生へ進級していきます。
姫木さんと本当の友人になれたりと少しずつですけれども確実によい方向への変化が見られる中、ある日春野さんが笑顔を失って元気をなくしてしまっていて…それを元気づけるために、外村さんは自然な笑顔を彼女へ見せられる様になりました。
それ以降、まず委員長さんが外村さんの内面に気付き、少しずつ誤解が解けていき…卒業する頃にはかなり自然な笑顔を見せることができたりする様になりました。
その様な展開になっていくことからも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…最後はきれいにまとまったといえます?

イラストは悪くありません。
百合的にはよい友情のお話ではありますけれど、三雲くん絡みのお話を思うと低めといえます。
ということで、今作はついに完結…百合的なことは置いておいて、やはり面白い作品でしたかと思います。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
九一式徹甲弾、46cm3連装砲、12mm単装機銃、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
(実施せず)
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…先日でイベントが完了、そこまでちょっと急ぎ過ぎて疲れ果ててしまいましたので、昨日はのんびり…。
今日は月曜日ということでまた週間任務が発動、先週はイベント海域で実施しましたけれど今週はいつも通りとなるでしょうか…ただ、あ号作戦はまずは艦載機の熟練度回復も兼ねて1-1で空母を周回させ、また北方海域任務は木曜日に3月に入り3-5のゲージ破壊が発動しますのでまずはそちらに回すということで3-3はなしにしておきましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年02月25日

暁の水平線に勝利を― 〜第二次エンガノ岬沖海戦

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…?
□漫画家ちゃんは眠れない(1)
■ゆあみさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.7)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『にちぶっ!』や『水曜日の夜には吸血鬼とお店を』と同じものとなります。

内容としましては、漫画家の女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
主人公の白咲こころさんは高校生のかわいらしい女の子なのですけれど、彼女は漫画雑誌で新人賞を取りそこで恋愛漫画の連載をはじめることになった、抹茶みるくというペンネームを持つ漫画家さんでした。
ちなみに彼女の妹で中学生な心愛さんは以前読んでいる『うさぎですか?』の(名前はココアなのに/何)チノさんに似た雰囲気の女の子なのですけれど、彼女も同じ雑誌でファンタジー漫画を連載をしており、しかも漫画家としては先輩な上にその連載作品がアニメ化するほどの売れっ子でしたりします。

こころさんの通う高校のクラスには大月澪さんという快活でちょっとおバカなかたと雪城琴羽さんというおっとりした関西弁をしゃべる二人の親友さんがいらっしゃいます。
こころさんが漫画家をしているということについて、彼女が告白をしようとしたところお二人がその作品をほめるものですから言うに言えなくなってしまい、ということになってしまったのですけれど…?
その他登場人物としましては、こころさんと心愛さんのアシスタントをする田中愛さんという心愛さんを信奉している女の子といったところでしょうか。
また、終盤ではこころさんたちのクラスでそばに座る女の子が、心愛さんの描く漫画のアニメの声優であることが判明…世間が相当狭いです?

お話としましては、ということで漫画家な女の子を描いたお話…。
漫画家の女の子のお話、といえば以前読んでいる『こみっくがーるず』を思い出しますけれど、あちらに負けず劣らずこちらも絵柄といいかなりかわいらしい作品となっています。
基本的には絵柄通りのゆるくて微笑ましい作品となっていますので、そのあたりを楽しめばよいものかと…最後のお話で隣の席のかたが声優さんだということが解りましたけれど、果たして…?

イラストはよきものです。
百合的にはどうでしょうか、よい友情のお話にはなりそうですけれど…?
ということで、こちらはかわいらしい作品…続きも見守りましょう。


その様な先日はこの様なものも届いていました。
アニメにはいない…?
…こちらは『フレームアームズ・ガール』から白虎さんのプラモデルとなります。
これまで購入しきた今作のプラモデルは色違いがあったりイノセンティアさんみたいに最後に一瞬出ただけのかたもいらしたりしたものの全員以前観ているアニメに登場したかたがたでしたのに対し、今回のかたはアニメには登場していません。
そして、まだ赤色ver.のスティレットさんにも手をつけられていないので、こちらも当然…うぅ、い、いずれ…。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして空母のイントレピッドさんをお迎えできました…雰囲気が以前新装版をしている『ユーディー』のキャラクターっぽいです?
このかたは初期の時点で艦載機搭載数が93というかなりの数…エセックス級は元々100機の搭載機数があるはずですので、改仕様になったらどうなるのか、ともかくここまで多ければ艦戦+彩雲で演習に出せば勝手にレベルが上がってくださいます。

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、3連装魚雷、失敗、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
(実施せず)
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【イベント海域その7・対深海鶴棲姫さんゲージ】
(編成は下記参照)
○1回め:(下記参照)→ボス戦・鶴さん翔鶴さん中破深海鶴棲姫さん中破ネ級さん1大破残存その他撃沈・友軍艦隊(霧島ささん・比叡さん)深海鶴棲姫さん大破ネ級さん撃沈・夜戦敵全滅・グラーフ・ツェッペリンさんドロップ
○2回め:初戦・完全勝利→空襲・損害あり→第2戦・涼月さん中破敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦・アイオワさん大破サラトガさん中破深海鶴棲姫さん大破その他撃沈・友軍艦隊(最上さんたち)・夜戦敵全滅・瑞鳳さん
○3回め:初戦・完全勝利→空襲・損害あり→第2戦・完全勝利→第3戦・敵全滅→ボス戦・航空戦航空優勢・瑞鶴さん熊野さん中破深海鶴棲姫さん中破その他撃沈・友軍艦隊(高雄型)・夜戦木曾さん中破深海鶴棲姫さん大破残存A判定・那智さんドロップ
○4回め:初戦・A判定→空襲・損害あり→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦・T字不利大鳳さん中破深海鶴棲姫さん小破その他撃沈・友軍艦隊(高雄型)深海鶴棲姫さん中破・夜戦阿武隈さん大破深海鶴棲姫さん大破残存A判定・鈴谷さんドロップ
○5回め:初戦・完全勝利→空襲・損害あり→第2戦・瑞鳳さん大破終了
○6回め:初戦・A判定→空襲・損害なし→第2戦・瑞鳳さん中破敵全滅→第3戦・涼月さん瑞鳳さん大破阿武隈さん中破熊野さん木曾さん小破終了
○7回め:初戦・A判定→空襲・損害なし→第2戦・完全勝利→第3戦・五月雨さん大破瑞鳳さん中破涼月さん小破敵全滅→ボス戦・航空戦涼月さん中破・大鳳さん中破深海鶴棲姫さん大破その他撃沈・友軍艦隊(最上さんたち)・夜戦敵全滅・春雨さんドロップ
(決戦支援艦隊投入)
○8回め:初戦・A判定→空襲・損害なし→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦(深海鶴棲姫さん壊に変化・敵編成強化)・航空戦涼月さん中破・支援艦隊完全不発・アイオワさん大破サラトガさん大鳳さん中破深海鶴棲姫さん無傷戦艦棲姫さん大破残存その他撃沈・友軍艦隊(最上さんたち)時雨さん大破・夜戦深海鶴棲姫さん大破残存A判定目的未達・川内さんドロップ
○9回め:初戦・A判定→空襲・五月雨さん中破→第2戦・完全勝利→第3戦・涼月さん中破敵全滅→ボス戦・支援艦隊2撃沈・T字不利涼月さん大破瑞鶴さん中破深海鶴棲姫さん小破戦艦棲姫さんネ級さん1大破残存その他撃沈・友軍艦隊(高雄型)愛宕さん中破戦艦棲姫さんネ級さん撃沈・夜戦深海鶴棲姫さん大破残存A判定目的未達・榛名さんドロップ
○10回め:初戦・五月雨さん中破A判定→空襲・損害あり→第2戦・完全勝利→第3戦・熊野さん小破敵全滅→ボス戦・航空戦涼月さん小破・支援艦隊こず・五月雨さん大破翔鶴さん中破深海鶴棲姫さん小破戦艦棲姫さん大破残存その他撃沈・友軍艦隊(最上さんたち)・夜戦木曾さん中破夜戦深海鶴棲姫さん大破残存A判定目的未達・千歳さんドロップ
○11回め:初戦・完全勝利→第2戦・損害あり→第2戦・完全勝利→第3戦・完全勝利→ボス戦・支援艦隊2撃沈・榛名さんサラトガさん中破深海鶴棲姫さん小破戦艦棲姫さん大破残存その他撃沈・友軍艦隊(高雄型)戦艦棲姫さん撃沈・夜戦涼月さん大破友軍艦隊(高雄型)・夜戦深海鶴棲姫さん中破残存A判定目的未達・千歳さんドロップ
○12回め:初戦・完全勝利→空襲・損害なし→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦・航空戦涼月さん中破・アイオワさん大破大鳳さん瑞鳳さん中破深海鶴棲姫さん残存その他撃沈・友軍艦隊(霧島ささん・比叡さん)深海鶴棲姫さん中破・夜戦深海鶴棲姫さん大破残存A判定目的未達・瑞鳳さんドロップ
(難易度丁に変更・ゲージ2回分回復?・五月雨さん→時雨さんへ変更)
○13回め:初戦・完全勝利→空襲・損害なし→第2戦・完全勝利→第3戦・時雨さん阿武隈さん中破敵全滅→ボス戦・砲撃戦までに深海鶴棲姫さん以外全撃沈・完全勝利・陸奥さんドロップ
○14回め:初戦・A判定→空襲・損害あり→第2戦・完全勝利→第3戦・完全勝利→ボス戦(壊に変化)・支援艦隊3撃沈・大鳳さん大破アイオワさん小破深海鶴棲姫さん中破その他撃沈・友軍艦隊(霧島ささん・比叡さん)夕立さん中破深海鶴棲姫さん大破・夜戦敵全滅・ビスマルクさんドロップ・ゲージ破壊
-----
…イベントは海域その7、2つめのボスへ…出現位置からして機動部隊編成でないとダメっぽく、先日のはじめのはじめの出撃を参考にこの様な編成としました。
-----
○第1艦隊:榛名さん・アイオワさん・サラトガさん・瑞鶴さん・翔鶴さん・大鳳さん
○第2艦隊:五月雨さん・涼月さん・阿武隈さん・瑞鳳さん・熊野さん・木曾さん
-----
…これでは最短ルートを通れないことは解っているのですけれど、ただ戦力を減らすのも心配ですので、ひとまずはこれで行くことにしました。
ボス弱体のギミックもありそうな気配はあるのですけれど、難易度丙なら大丈夫なのでは、という希望的観測のもとに…。

その出撃、はじめの分岐は新たに出現した短縮ルートを通れ、その先の初戦は潜水艦を含む水雷戦隊との戦いとなりA判定、そこの分岐は遠回りルートになりその先では空襲を受け瑞鳳さん小破、その先の第2戦は赤いヌ級さん改2などとの戦いとなり完全勝利とし、そこの分岐は新たに出現した北東へ進みその先の第3戦は警戒陣なネ級さんやツ級さんなどとの戦いとなり木曾さん中破…その先はボス戦となり、ボスは深海鶴棲姫なる何やら瑞鶴さんにしか見えない空母を旗艦としヌ級さん改3やネ級さん2などの連合艦隊との戦いとなり、航空戦で航空優勢を取れず、瑞鶴さん翔鶴さん中破に対し深海鶴棲姫さん中破ネ級さん1大破残存その他撃沈とし…
霧島さんたち
…友軍艦隊として霧島さんと比叡さんたちがいらして深海鶴棲姫さん大破ネ級さん撃沈、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。

空襲を1回減らせそうなのですけれど、一応問題なく戦えていますので、このままの編成で向かうことに…ボス戦で航空優勢が取れないため徐々に艦戦を増やしていき3回めの戦いの際に取れる様になりました。
ただ、それとともに深海鶴棲姫さん撃沈に失敗し続ける様になってしまいましたけれど、大破でもゲージは結構削れますのでゲージ破壊直前になるまではそのままでいいかなと出撃を続けました。
ところが、そこからは道中で大破連発になってしまいボスに到達すらできないという惨状に陥ってしまいました…特に6回めの出撃はボス戦でも行ったのかというほどの意味不明レベルな大損害になってしまい…。

7回めの出撃を終えた時点でゲージがかなり減っており、1つめのゲージ破壊時の経験を鑑みてこの時点で決戦支援艦隊を投入してみることとしました。
そのボス戦は深海鶴棲姫さんが壊状態に変化しヌ級さん改が金色に変化した上に戦艦棲姫さんまで加わってしまいさらに支援艦隊が不発となり敵旗艦撃破失敗、その後もボスへ到達はするものの撃沈失敗が続き何だかどうしようもない気配が漂い、何かギミックがないか多少のエリアを回ってみたものの見つけられず疲れ果て、さらにここまでの戦いで艦載機の熟練度がかなり蒸発したりと心が折れてしまったため、とっても大好きなあのかたに甘えようとも思ったのですけれど、あまりご迷惑をかけてもいけませんので…思い切って、難易度を丁に下げました。
するとゲージが2戦闘分程度回復したものの、ルートなどはそのままでボスも2番めのままで挑めました。
難易度を下げるならばもう五月雨さんにこだわる必要もないかな、ということで第2艦隊旗艦はもうすぐレベルが99に達する時雨さんへ変更しました。

難易度丁にしたので敵編成が弱体化するわけですけれど、道中の敵は相変わらずヌ級さん改が待ち受けていたりボス前ではやはりネ級さんやツ級さんが警戒陣で待ち受けていたりと、あまり変わらなかった様な…特にボス前では難易度丙と変わらぬ大損害を被りました。
ボスの編成は赤いヌ級さん改3が普通の赤いヌ級さんに変化と若干緩くなってくださっており、そのためか基地航空隊だけでヌ級さん3全ての撃沈に成功、支援艦隊も合わせ砲撃戦までに深海鶴棲姫さん以外全撃沈となったりし昼戦で敵の全滅に成功しました。

その出撃でゲージが破壊される直前まで減りましたので、引き続き支援艦隊を入れて出撃を実施、深海鶴棲姫が壊となったボス戦の編成、難易度丙と比較し戦艦棲姫さんが赤のタ級さんに、金のヌ級さん改が赤のヌ級さん改となっていたりとかなり弱体化…
難易度丁でゲージ破壊
…丙でしたら夜戦の最後まで順番が無事に回っても大破で止まってしまったところを、丁ですと4番めの熊野さんでとどめを刺すことができました(ただこれ、友軍艦隊で一番強力なかたがたがきてくださったという幸運にも恵まれた結果、ともいえますけれども…)
これ以上新たなゲージが出現することもなく、このまま終了へ…。

これで海域その7を、難易度丁にてクリア、突破特典として…
イントレピッドさん
…新しいかたをお迎えしました。
そしてこれで今回のイベントも終了…
イベント終了
…武蔵さんや瑞鶴さんと翔鶴さんによる会話が交わさた後に『月夜海』が流れ、最後は瑞鶴さんの台詞で幕を閉じました。
前後編にわたったレイテ沖海戦イベントもこれにて完全終了、皆さんの台詞や友軍艦隊など、かなり盛り上がるものになっていたのではないでしょうか。

今回のイベントは7海域、難易度は甲丙丙丙丙丙丁にて完了、新しいかたがどこで出るか解らなかったのでその2から丙にしましたけれど、その3までは乙くらいにしても問題なかった気がします。
丙の場合海域その6までは特に問題なくスムーズにいったのですけれど、最終海域になると一気に難易度が跳ね上がり、1つめのゲージの時点で決戦支援を入れなければゲージ破壊直前がつらく、2つめに至っては決戦支援を入れても最後はどうにもならなくなってしまいました…初イベント以来一応最終海域まで難易度丙で何とかなってきていましたのに、ここにきてさらに下の難易度でないと突破できなくなってしまうなんて、成長が見られません…?
ただし、新しいかたはドロップ限定のかたも全員お迎えできましたので、個人的には問題のない、満足のできる結果を得られたといえそうです。

今後ですけれど…
資源が…
…イベント開始前には3000個あった高速修復材が200個ほど、鋼材以外270000程度あった資源もずいぶん減少、しかも木曜日からは3月ということで拡張海域のゲージ破壊がはじまってしまい、資源はしばらく回復しそうになく、日々の任務やそれら拡張海域や月間任務以外は1-5で新しいかたがたのレベル上げをするくらいになりそうです。
ただ、今回の海域その7で艦攻艦爆の熟練度がかなり吹き飛んでしまい、それの回復に一苦労しそう…1-5へ出撃するガンビア・ベイさんに載せておきますけれどそれだけではとても手が足らず、明日のあ号作戦はまた空母で1-1を周回してそれらの回復を行うことになりそうです。
ともかく、少し急ぎ過ぎたこともあり、とても疲れました…今日からはのんびりしましょう。
…グラーフ・ツェッペリンさんやビスマルクさんがドロップしましたけれど、すでにいらっしゃいますしどうすればよいと…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年02月24日

同居人が不安定でして

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□同居人が不安定でして(3)
■タカダフミ子さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『魔法がつかえる中学生日記』『新米姉妹のふたりごはん』などと同じものとなります。

内容としましては、ルームシェアをする二人の女のかたの日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもお二人の同居生活が描かれていき、ときどきお隣なお二人の様子も垣間見ることができます…こちらのお二人の関係もなかなかよきもので、このあたり以前読んでいる『ふたりべや』に通じるものがあります。

その様な今巻の中盤では不安定さんが里帰りをするお話があり彼女の姉が登場するのですけれど、この姉の存在が終盤でちょっと波乱を巻き起こします。
つまりお二人はいつまで同居をするのか、という問題を突き付けてきて…家族としてはそこが心配になるのは当然といえます。
それに対ししっかりさんが出した答えは、かなり大それたものといえ…今作はこの巻で完結、最終巻となっていますけれど、あそこまで大きな答えを出したのですから、このお二人の関係はもうルームシェアという枠を越えているといってよいでしょう。

イラストは悪くありません。
百合的には終盤の流れを見ると十分、といってよさそうです。
ということで、こちらはこの巻で完結となりましたけれど、百合作品だといってよい終わりかたでしたかと思います?


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦のタシュケントさんをお迎えできました…ソ連な駆逐艦のかたで、初期状態でスロット数が3つあります。

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
3連装魚雷、33号対水上電探、7mm機銃、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
(実施せず)
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【イベント海域その7・対戦艦水鬼さん改ゲージ】
(編成は下記参照)
○1回め:(下記参照)→ボス戦・リシュリューさん熊野さん中破戦艦水鬼さん改中破その他撃沈・夜戦羽黒さん中破敵全滅・筑摩さんドロップ
○2回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・木曾さん中破敵全滅→第3戦・A判定→第4戦・敵全滅→ボス戦・サラトガさん大破ローマさん熊野さん中破戦艦水鬼さん改中破ネ級さん大破その他撃沈・夜戦木曾さん大破敵全滅・瑞鳳さんドロップ
○3回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・敵全滅→第3戦・A判定→第4戦・敵全滅→ボス戦(戦艦水鬼さん改-壊に変化・敵編成強化)・木曾さん大破金剛さん熊野さん中破戦艦水鬼さん改健在タ級さん大破その他撃沈・夜戦戦艦水鬼さん改大破残存A判定・文月さんドロップ
○4回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・A判定→第3戦・敵全滅→第4戦・敵全滅→ボス戦・ローマさん大破リシュリューさん熊野さん中破戦艦水鬼さん改小破その他撃沈・夜戦木曾さん中破戦艦水鬼さん改大破残存A判定・吹雪さんドロップ
(決戦支援艦隊投入)
○5回め:初戦・敵全滅→対潜第2戦・瑞鳳さん中破B判定→第3戦・完全勝利→第4戦・完全勝利→ボス戦・支援艦隊4撃沈・ローマさん瑞鳳さん大破榛名さん小破戦艦水鬼さん改大破その他撃沈・夜戦敵全滅・利根さんドロップ・ゲージ破壊
-----
…もう輸送船撃沈任務は月曜日まで実施しません。

イベントのほうは、海域その6で新しいかたを求める旅を行うことに…先日のゲージ破壊の際は結構安定して周回できていましたので何とかなる、と思ったわけです。
ところが、はじめの出撃から大破連発で5回出撃し1回しかボスへ到達できないという、一挙に不安定化…ここまで順調にきていたのですけれど、ここにきてその反動が一挙にやってきた趣があり、どうしようもなくなってきます。
でも、新しいかたは何とかお迎えしたいので、心が折れそうになるのをこらえて出撃を実施…
大破撤退多め…
…それ以降は比較的安定してボスまで進める様になっていって、友軍艦隊として先日は見かけなかった綾波型なかたがたや高雄型なかたがたがくることもあったりしつつ…
タシュケントさん
…新しいかたをお迎えすることに成功しました。
これで最終海域突破で自動的にお迎えできるというかた以外の新しいかたは全員お迎えできたことになり、一安心…。

思ったよりもはやく目的を達成、先日無理をし過ぎましたので昨日はそれで終わりにしようかとも思ったのですけれど、もう少し進めることに…最終海域であるその7へ向かいます。
その最終海域は第二次エンガノ岬沖海戦となり、大淀さんの説明によると連合艦隊全水上部隊及び機動部隊本隊の戦力をもって機動部隊撃滅という一大決戦…どちらの連合艦隊の使用もありそうで、どうすればよいのかやはり解りませんから、まずは機動部隊を編成してみることにし…
-----
○第1艦隊:榛名さん・金剛さん・瑞鶴さん・翔鶴さん・サラトガさん・大鳳さん
○第2艦隊:五月雨さん・涼月さん・阿武隈さん・瑞鳳さん・熊野さん・木曾さん
-----
…最終海域なのですし、ということでこの様な極めて重い編成で、難易度はもちろん丙とし出撃を実施してみました。

その出撃…
初期状態
…スタート地点が2つかつボスエリアの見当たらない海域で上のスタートとなり、初戦は空襲を受け損害なし、そこの分岐は北へ進み基地が空襲を受けつつ初戦は潜水艦を含む水雷戦隊との戦いとなり完全勝利、そこの分岐は北東へ進みその先は空襲を受け損害なし、その先は赤いヌ級さん改2などとの戦いとなり完全勝利、そこの分岐は東進し行き止まり地点は空母棲姫さん2などな連合艦隊との戦いとなり航空優勢を取れず翔鶴さん中破に対し敵の全滅に成功…
新たなルートとボスエリア出現
…ボスエリアを含む新たなルートが出現しました。

明らかに下からスタートしなければならない位置にボスエリアがあり、機動部隊で上スタートならば水上部隊でしたでしょうということで…
-----
○第1艦隊:榛名さん・金剛さん・ローマさん・リシュリューさん・熊野さん・サラトガさん
○第2艦隊:五月雨さん・涼月さん・阿武隈さん・瑞鳳さん・羽黒さん・木曾さん
-----
…この様なやはり相当重い、国際色豊かな艦隊を編成してみました。

その出撃、はじめの分岐は北東へ進みそこの分岐は南下し初戦はヌ級さん改を旗艦とする艦隊との戦いとなりローマさん中破、その先は能動分岐となりボス方向を選択、その先の第2戦は潜水新棲姫さんがソ級さん3を引き連れ出現してしまい五月雨さん中破、そこの分岐は北東へ進みその先の第3戦は空母棲姫さんを旗艦とする艦隊が出現してしまいつつ完全勝利とし、その先の第4戦はネ級さん2などとの戦いとなり完全勝利とし、ボス戦へ…ボス戦は戦艦水鬼さん改を旗艦とし赤いタ級さ2などな連合艦隊との戦いとなりリシュリューさん熊野さん中破に対し戦艦水鬼さん改中破その他撃沈とし、夜戦を挑み羽黒さん中破に対し敵の全滅に成功しました。

ということで、潜水新棲姫さんが出てくる対潜エリアがつらいうえ、ボスエリアに陸攻隊が届かないという悲劇も発生しましたが、何とかなるということが解り引き続きこのままの編成で出撃を実施、上で触れた様な結果を得ました。
ゲージ破壊直前になると敵の編成が強化され、2回連続でボス撃破に失敗したため、今回のイベントではじめて決戦支援を投入してみまして、潜水新棲姫さんに夜戦火力の要である瑞鳳さんが中破し行動不能となった際にはどうなるかと思ったものの、決戦支援の甲斐ありゲージの破壊に成功しました。

ただ、海域その5以降複数ゲージが普通になっていますから、当然この海域でも…
さらに新たなルートとボスエリア出現
…新たなボスエリアとルートが出現してしまい、果たしてこれで終わりなのか、海域その6みたいに3度めが生じたりするのか…。

さっそくそこへ向かってもよいのですけれど、謎の能動分岐が引っかかるため、これまでの編成でそちらへ向かってみることにしました。
能動分岐を北へ進んだ先は金のヲ級さんを旗艦とする艦隊がおり、それを撃破しさらに北上した先は赤い軽空母2などとの戦いとなり、それを撃破しそこの分岐は果て…ではなく北西へ進みその先には潜水新棲姫さんがソ級さん4とともにおり敵を全滅、その先は機動部隊と同じルートに乗り赤いヌ級さん改2などとの戦いとなりリシュリューさん大破終了…。
…その最後のエリアには基地航空隊を送っていないのになぜかきました…何でしょう…?

ともかく謎の能動分岐は何もなかったので、2つめのボスを目指すこととし機動部隊を編成するわけですけれど、思い切って戦艦を武蔵さんと長門さんにしてみることにしました。
その出撃自体は、明らかな遠回りルートへ飛ばされましたので最終海域とはいえ低速なかたを入れてはいけない、という結論に落ち着いたのですけれど…
新たなルート出現
…はじめのはじめに出撃をした際に通過した場所で勝利をした瞬間、なぜか新たなルートというか、短縮ルートが出現しました?

それはよいのですけれど、実のところはじめのはじめの出撃の編成はまだ重いっぽい…最短ルートを通れていないのです。
昨日はそこまでとし、今日は2つめのゲージ破壊に挑戦することになりますけれど、編成をもう少し考える必要性がありそう…普通に考えたら、正規空母4か瑞鳳さんが悪影響を及ぼしているというところなのでしょうけれど…?
運営電文によると、どうも海域全ての敵を撃破するか、あるいは水上部隊と機動部隊の両方でボスに挑むかあたりのことをすれば何かありそうな気配があるながら、それはあくまで難易度甲乙のみっぽいですし気にしないでおこうとも思いますけれど、ただどうにもならない場合などは、海域の全エリアを踏破する努力などをしてみます、か?
新しいかたがた…
…この素敵なかたがたのレベル上げもしていきたいところですけれど、先制対潜攻撃をしないタシュケントさんのMVP獲得率が高い…と思ったら、そういえば彼女は初期から3スロットありそのためっぽいです?(最終海域突破で得られるかたは運営電文によるとアメリカのエセックス級正規空母とのことなので、艦戦満載で演習の対空役として出せば自然と上がりますからレベル上げは意識しなくてよさそうです)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年02月23日

追撃!第二遊撃部隊 〜レイテ沖機動反撃作戦

先日読みましたコミックの感想です。
ファンタジーな…
□万葬不踏の欺神迷宮(1)
■武川慎さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できそうなことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなる百合姫コミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズではないものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『道割草物語』を描かれたかたとなります。

内容としましては、迷宮に挑む冒険者を描いたお話、となるでしょうか。
お話の舞台はファンタジーな世界観な地となり、はるか過去に栄えたという魔法王国の遺跡、欺神迷宮なる自動生成迷宮…今現在プレイ中な『世界樹と不思議のダンジョン2』の様なダンジョンがあり、そこには現代では得られない高度なアイテムや魔石が発掘されるため、それを求めて冒険者が探索をしているといいます。
ただ、そのダンジョンには呪素なる防衛物質が発生していたり、巡霊者なるモンスターがいたりし、一筋縄ではいかない場所…そのため冒険者はギルドを組んで行動していますけれど、主人公のかたは冒険者の等級の中でもかなり上位におり他のギルドに勧誘されるものの個人で行動をしています。

お話の主人公は、チノことチノルクルムという女のかた…普段は凛とした雰囲気のかたながら妹には甘い、強力な魔法障壁を張ることのできるかた…。
彼女はある日強力な巡霊者に自身が暮らしていた屋敷で(屋敷が迷宮の膨張に巻き込まれ)遭遇、妹を瀕死にさせられてしまうのですが、そこに現れた欺神姫を名乗る存在に自分に力を貸すなら秘薬を作って妹をたすけてやると言われ、何をしてでも妹をたすける決意をされるのでした。
妹をたすけるためには巡霊者が落とす魔核というものが必要らしく、以降彼女はそれを求め迷宮へ赴くことになるのでした。

チノさんの妹さんはアリサことアリサフィリアという14歳の女の子で、呪素にやられてしまった結果定期的に姉から口移しで魔力補給をしてもらわなければならなくなってしまったっぽい、です?
ただ、それは一時しのぎであり、このままでは3年くらいしかもたないらしく、ですのでチノさんは秘薬を作らなければならず…。

欺神姫というのは古代魔法王国が作り上げた人間の姿に変化することのできる魔導具でありものすごく希少価値の高いものながら、現状チノさんは数体の欺神姫を持っているご様子…戦闘時には魔力を消費しそれと合体することもできます。
アリサさんが瀕死となった際に声をかけてきた欺神姫はエネリというのですけれど、彼女は他の欺神姫とは別格の雰囲気を持っており、また何か裏がありそうですが…?

お話のほうは、ということで妹さんを救うためにダンジョンへ挑む女のかたのお話…。
世界観がほぼ『世界樹』に重なる印象を受けなかなか面白い設定…(百合姫コミックスなのに/何)かなり本格的なファンタジー作品になっており少し驚いています。
どうにもエネリさんには裏がありそうでこの先波乱が待ち受けていそうなのですけれど、そのあたりはともかく今後を見守るしかないといえます…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、チノさんとアリサさんの姉妹愛、というところかも…?
ということで、こちらはずいぶんしっかりしたファンタジー作品…ずいぶん百合姫コミックスっぽくない作品でもありますが(何)、引き続き見守りましょう。


『艦隊これくしょん』は新しいかたとして駆逐艦の浜波さんをお迎えできました…何やら以前している『スパロボV』に登場した『クロスアンジュ』のクリスさんっぽい雰囲気を感じます?

日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12mm単装機銃、九一式徹甲弾、7mm機銃、零戦21型
-----
【輸送船3/5撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→初戦・小破1→無意味なボス行き任務失敗
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐北上→無意味なボス行き任務完全失敗
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成・3撃沈任務達成
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行・ヲ級さん編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→無意味なボス行き・ヲ級さん編成任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・4回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成・5撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【イベント海域その5・輸送ゲージ】
(那智さん・熊野さん・阿武隈さん・涼月さん・霞さん・潮さん編成)
○1回め:(下記参照)→ボス戦・完全勝利・ドロップなし・TP55減少
○2回め:空襲1・霞さん中破→空襲2・熊野さん小破→通常戦闘1・A判定→通常戦闘2・完全勝利→ボス戦・潮さん大破軽巡棲姫さん小破その他撃沈・夜戦敵全滅・長波さんドロップ・TP60減少
○3回め:空襲1・損害なし→空襲2・損害あり→通常戦闘1・完全勝利→通常戦闘2・完全勝利→ボス戦・軽巡棲姫さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅・霞さんドロップ・TP68減少
○4回め:空襲1・損害なし→空襲2・損害なし→通常戦闘1・敵全滅→通常戦闘2・A判定→ボス戦・軽巡棲姫さん小破その他撃沈・夜戦敵全滅・神通さんドロップ・TP82減少
○5回め:空襲1・損害あり→空襲2・阿武隈さん中破→通常戦闘1・完全勝利→通常戦闘2・A判定→ボス戦・T字不利軽巡棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅・大東さんドロップ・TP82減少
(編成に+照月さん)
○6回め:空襲1・損害なし→空襲2・損害なし→通常戦闘1・完全勝利→通常戦闘2・完全勝利→ボス戦・軽巡棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅・ドロップなし・TP97減少
○7回め:空襲1・照月さん小破→空襲2・損害なし→通常戦闘1・完全勝利→通常戦闘2・A判定→ボス戦・軽巡棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅・鬼怒さんドロップ・ゲージ消滅
-----
【イベント海域その5・通常ゲージ】
(上記同様の編成)
○1回め:(下記参照)→第2戦・涼月さん大破終了
○2回め:(下記参照)→ボス戦・那智さん大破重巡棲姫さん中破・夜戦涼月さん中破敵全滅・卯月さんドロップ
○3回め:空襲・損害あり→初戦・照月さん中破敵全滅→第2戦・A判定→ボス戦・重巡棲姫さん小破ネ級さん大破その他撃沈・夜戦敵全滅・早霜さんドロップ
○4回め:空襲・霞さん中破→初戦・潮さん中破A判定→第2戦・完全勝利→ボス戦・涼月さん中破重巡棲姫さん中破その他撃沈・夜戦敵全滅・榛名さんドロップ
○5回め:空襲・霞さん中破→初戦・完全勝利→第2戦・B判定→ボス戦(敵編成強化)・重巡棲姫さん中破その他撃沈・夜戦完全勝利・愛宕さんドロップ・ゲージ破壊
-----
【イベント海域その6・対水母棲姫さんゲージ】
(上記同様の編成)
○1回め:(下記参照)→ボス戦・水母棲姫さん中破その他撃沈・友軍艦隊(西村艦隊)水母棲姫さん大破・夜戦完全勝利・ドロップなし
○2回め:空襲1・損害あり→初戦対潜戦・照月さん小破B判定→第2戦・A判定→第3戦・敵全滅→空襲2・損害なし→ボス戦・水母棲姫さん大破その他撃沈・友軍艦隊(ソ連)・夜戦敵全滅・能代さんドロップ
○3回め:空襲1・熊野さん中破→初戦対潜戦・B判定→第2戦・完全勝利→第3戦・霞さん中破A判定→空襲2・損害なし→ボス戦・潮さん小破水母棲姫さん大破その他撃沈・友軍艦隊(ソ連)・夜戦敵全滅・ドロップなし・ゲージ破壊
-----
【イベント海域その6・対戦艦棲姫さん改ゲージ】
(榛名さん・金剛さん・鈴谷さん・妙高さん・愛宕さん・涼月さん・藤波さん編成)
○1回め:(下記参照)→ボス戦・妙高さん大破藤波さん中破戦艦棲姫さん改大破その他撃沈・夜戦敵全滅・ドロップなし
○2回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・涼月さん藤波さん中破敵全滅→ボス戦・鈴谷さん中破榛名さん小破戦艦棲姫さん改大破その他撃沈・夜戦敵全滅・白露さんドロップ
○3回め:初戦・敵全滅→第2戦・完全勝利→第3戦・涼月さん大破終了
○4回め:初戦・敵全滅→第2戦・敵全滅→第3戦・敵全滅→ボス戦・鈴谷さん中破敵全滅・利根さんドロップ・ゲージ破壊
-----
【イベント海域その6・対空母水鬼さんゲージ】
(那智さん・熊野さん・阿武隈さん・涼月さん・霞さん・潮さん・照月さん編成)
○1回め:空襲1・涼月さん中破→初戦対潜戦・B判定→第2戦・A判定→第3戦・A判定→空襲2・霞さん中破→ボス戦・空母水鬼さん中破戦艦棲姫さん大破その他撃沈・友軍艦隊(ソ連)・夜戦敵全滅・早霜さんドロップ
○2回め:空襲1・損害あり→初戦対潜戦・B判定→第2戦・完全勝利→第3戦・A判定→空襲2・損害なし→ボス戦・阿武隈さん潮さん中破空母水鬼さん戦艦棲姫さん中破・友軍艦隊(独ソ)空母水鬼さん戦艦棲姫さん大破・夜戦敵全滅・舞風さんドロップ
○3回め:空襲1・損害なし→初戦対潜戦・B判定→第2戦・完全勝利→第3戦・敵全滅→空襲2・損害あり→ボス戦・基地航空隊空母水鬼さん以外全撃沈・空母水鬼さん艦載機蒸発・空母水鬼さん大破その他撃沈・友軍艦隊(西村艦隊)・夜戦完全勝利・青葉さんドロップ
○4回め:空襲1・照月さん大破終了
○5回め:空襲1・涼月さん中破→初戦対潜戦・B判定→第2戦・完全勝利→第3戦・B判定→空襲2・霞さん中破→ボス戦(敵編成弱体化?)・敵艦載機蒸発・空母水鬼さん大破その他撃沈・夜戦完全勝利・Z1さんドロップ・ゲージ破壊
-----
…ろ号作戦も完了していますので輸送船撃沈任務はもう放棄しようとも考えたのですけれど、昨日は5撃沈任務も発動していましたので実施することとし、潜水艦隊から出撃させたのですけれど、そういえば今週に入り潜水艦隊はほとんどボス行きにされており、昨日もまた見事にというか、無残な展開を見せつけられ羅針盤とかいう誰も幸せにしないどうしようもないシステムにうんざり、げんなりさせられるのでした。
通商破壊艦隊もその羅針盤とかいう存在にどうしようもない目にあわされ、しかもヲ級さん編成連続遭遇と、何ですこれ…さすがに怒りや悲しみの感情がわいてくるのですが…。
もう、今日から日曜日の3日間はこの様などうしようもない任務は絶対に放置します。

運営電文を読む限り昨日の朝8時くらいに後段作戦海域が開放されましたので、そちらへの挑戦を行います。
海域その5は戦艦及び航空母艦が出撃不能で通常艦隊または遊撃部隊で出撃可能な輸送作戦…輸送作戦なのですけれど、運営電文によるとこの海域で新しいかたのドロップが期待できるということで、ただどういう海域なのか全く解りませんので、潜水艦隊を出撃させて様子を見てみることにしました。
…その運営電文、何だか一時見られなくなっていたっぽいのですけれど…?

難易度はもちろん丙とした、その出撃…
右側が…
…明らかに右側に何かが出現しそうな海域となり、はじめの分岐は南西へ進行し初戦は対潜戦、そこの分岐は遠回りルートへ行きその先は空襲、その先は基地へも艦隊へも空襲、その先は何もない場所と港湾を経て三度空襲を受け、その先はPT小鬼群を含む水雷戦隊との通常戦闘となりA判定、その先は揚陸地点となり、その先は第2戦となる水雷戦隊との通常戦闘となり完全勝利、そこの分岐はあらぬ方向行きとなり終了となりました。

ということで、ボス戦以外の傾向はつかめましたけれど、明らかにゲージを破壊した後に何かありそうなので、新しいかたを探す旅はそちらが有力な気がし、ですので輸送ゲージは大発等を積んでしまいなるべくはやく終わらせることにしました。
また、画面上から出撃艦隊に志摩艦隊のマークが付与されることが解りますので、志摩艦隊のかたがたを中心に艦隊を組むことにしました。

その出撃、はじめの分岐は南東へ進行し何もない場所を経て空襲その1でいきなり涼月さん中破、空襲その2は損害なし、通常戦闘その1は完全勝利、通常戦闘その2は敵を全滅、そこの分岐はボスへ進行…ボス戦は軽巡棲姫さんを旗艦としPT小鬼群などを含む連合艦隊との戦いとなり基地航空隊で軽巡棲姫さん以外撃沈としつつもこちらが非力なためそこから昼戦では大破にまでしかできず、夜戦で敵の全滅に成功しましたが、何とドロップなし…。
前回のイベントでの海域その3の防空棲姫さん戦などがドロップなしでしたけれど、これでここは本当にただの通り道だということとなってしまいました。
ですので新しいかたのことは考えずどんどんゲージを減らしていくことに…編成は同じながら装備の見直しをしていきましたのでTP減少量は出撃ごとに変わったりしています。

何と二人めとなる大東さんがドロップしつつ5回ほど出撃してから、それまで通常艦隊で出撃していたのですけれども実は遊撃部隊でも出撃可能ということに気付き、照月さんを加えて遊撃部隊で出撃、問題なく同じルートをたどれました。
そしてゲージの消滅に成功しましたけれど…
新たなルート出現
…予想通り、新たなルートとゲージが出現してしまいました。

どの様な編成で出撃すればよいか解りませんので、ひとまずそのままの編成で出撃、その新たなルートでのスタートとなりはじめのエリアは空襲を受け涼月さん小破、そこの分岐は南下し通常戦闘初戦は赤い軽空母2やツ級さんなどとの戦いとなり敵を全滅、そこの分岐は最短ルートを通りその先の通常戦闘第2戦は色なしのタ級さんや潜水艦を含む艦隊との戦いとなり涼月さん大破終了…警戒陣効果なし…。
2回めの出撃、空襲は損害あり、初戦は潮さん中破、第2戦はA判定とし、そこの分岐はボス戦へ…ボスは重巡棲姫さんを旗艦とし赤い軽空母やネ級さんやツ級さんなどの連合艦隊との戦いとなり、那智さん大破に対し重巡棲姫さん中破その他撃沈とし、夜戦を挑み涼月さん中破に対し敵の全滅に成功しました。

ボスへさえ到達できれば問題ないことが解りましたので、このままの編成で出撃を実施、無事ゲージを破壊し、難易度丙での突破特典として洋上補給2つ、130mmB-13連装砲、533mm3連装魚雷を得ました。

次は海域その6となるわけですけれど、この海域その5では新しいかたが出ることが確定していますので、まずは引き続きそのかたを探す旅に出ることとし、ジャーヴィスさんの際同様に記録をつけることとし、この様になりました。
1回で…
…何と1回の出撃で…
浜波さん
…新しいかたをお迎えできました。

新しいかたを求める旅が予想以上にはやく終わったため続いて海域その6へ向かうこととし、これまでの艦隊から対潜能力の高い駆逐艦等を分派し前路哨戒を実施というよく解らない、通常艦隊や遊撃部隊で出撃する海域となり、引き続き空母、それに高速戦艦を除く戦艦の出撃は不能とされます。
例によって全くどういう艦隊で出撃すればよいのか解らず、海域その5同様に潜水艦隊で出撃しようかとも思ったのですけれど、遊撃艦隊がすでに組まれているため試しにそれでそのまま出撃を実施してみることにしました…画面を見る限り、志摩艦隊と栗田艦隊で出撃するのが正しそうですし…?

その出撃…
スタート地点が2つ…
…スタート地点が2つあり、遠いっぽいほうからのスタートとなり、何もないエリアを2つ抜けた先は空襲を受け早々に涼月さん中破、何もないエリアを通過した先は対潜戦となり大きな損害なく切り抜け、そこの分岐は南下しその先は水雷戦隊との通常戦闘となり損害なく切り抜け、その先の通常戦闘第2戦は赤い軽空母2などとの戦いとなりA判定とし、そこの分岐は北上しその先では空襲を受け霞さん中破、そこの分岐は北上しボス戦となり、ボスは水母棲姫さんを旗艦とし赤い軽空母2などを含む連合艦隊との戦いとなり、水母棲姫さん中破その他撃沈とし、夜戦を挑むと…
時雨さんたち…
…時雨さんたち西村艦隊の駆逐艦が友軍艦隊として出現しつつ完全勝利としました。
ただしまたドロップはなく、ここもまた最後ではないということが解ってしまいます…。

ルートが微妙な気もするのですけれど、何とかなっていますのでそのまま出撃を実施、友軍艦隊は…
ソ連艦隊
…謎の駆逐艦を含むソ連艦隊もやってきつつゲージ破壊に成功したのですけれど、新たなゲージが出現せず、かといって次に進めるわけでもないという状態になってしまいました。

試しに栗田艦隊を編成してみるものの、同じ場所からスタートしてしまい水母棲姫さんのところへ飛ばされてしまい、色々ぐちゃぐちゃになるまで試した結果、榛名さん・金剛さん・鈴谷さん・妙高さん・愛宕さん・涼月さん・藤波さんの編成でようやく2つめのスタート地点からの出発となりました。
最終的に熊野さんを妙高さんへ変更したらこうなり、熊野さんの何が悪いのかよく解らないところながら、熊野さんについていたマークが「西村艦隊」なのに対し妙高さんは「栗田艦隊」となっていてその最終的な編成のかたがたは全員それになっていたのが要因、なのかも…でも、難易度丙はそういうのは影響しないのではありませんでしたっけ…?

ともかく何とか2つめのスタート地点からの初戦は重巡洋艦な艦隊との戦いとなり完全勝利、その先の分岐は能動分岐となりましたので南を選択してみて、その先の第2戦は敵を全滅、そこの分岐はさらに南下し…
新たなルートとゲージが出現
…新たなルートとゲージが出現しつつ、そこの戦いは完全勝利としました。

新たなルートへ乗る編成が解りませんので、ひとまず同じ編成で向かってみることに…第2戦までは先と同じルートをたどり、そこの分岐は新たに出現したルートに乗れ、その先の第3戦は巡洋艦隊との戦いとなり妙高さん小破に対し敵は全滅、そこの分岐は南下しボス戦へ…ボスは戦艦棲姫さん改なるル級さんやヲ級さんに続く恐ろしいお相手率いる連合艦隊との戦いとなり、妙高さん大破藤波さん中破に対し戦艦棲姫さん改大破その他撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
…が、何とここでもドロップが何もなしと、恐るべきことにこの海域はここでまだ終わりではないそうです…。

戦艦棲姫さん改のゲージを破壊すると…
さらに新たなルートとゲージが出現
…またまた、新たなルートとゲージが出現…さすがに、これで終わりと信じたいです。

その新たなルートへ進むわけですけれど、まずは榛名さんたちで出撃して能動分岐を上へ進んでその分岐点へ進んだものの、そこからあらぬ場所に飛ばされてしまいました。
ですので今度は那智さんたちの艦隊を再編成し出撃、するとそこの分岐を新たなルートへ進みましたので、こちらの艦隊でなければ進めないっぽいです?
分岐の先は空襲となり霞さん中破、ちなみに空襲その1ですでに涼月さん中破となっており、ともかくその先はボス戦となり、ボスは空母水鬼さんを旗艦とし戦艦棲姫さんや赤い軽空母を含む、難易度丙なのにかなりきつい編成…何がきついって、こちらには空母がいないのにお相手は機動部隊というひどさ…。
それでも昼戦で空母水鬼さん中破戦艦棲姫さん大破とし、夜戦を挑みまたガングートさんや謎の駆逐艦を含むソ連艦隊がやってきつつ、流石に非力で何もできませんでしたけれど、夜戦で敵の全滅には成功しました。

この編成で敵の全滅が可能ということが解りましたので、引き続き出撃…
独ソ連合艦隊
…謎の駆逐艦率いるソ連・ドイツ連合艦隊や…
最上さん追加
…最上さん旗艦の西村艦隊も友軍艦隊としてやってきましたけれど、もっとも驚いたのは基地航空隊が戦艦棲姫さんを撃沈したことでしょうか。
そしてゲージ破壊直前になるとボスの編成が強化…かと思いきや、戦艦棲姫さんがタ級さんになってヌ級さんが消えるという、明らかな弱体化という不思議な現象が見られ、問題なくゲージ破壊に成功しました。

これで今度こそ海域その6は終了、難易度丙での突破特典として応急修理女神、SKレーダー、勲章が得られました。
残すは海域その7のみとなったわけですけれど、ただ昨日はあまりに無理をして急ぎ過ぎて疲れ果ててしまいましたし、それに海域その6でも、友軍艦隊としていらしたあの謎のソ連人(何)が加わってくださると思われ、そして意外と安定して周回できそうですので、今日はそのかたが出てくださるまで海域その6を旅することにします。
…ここまで、難易度丙とはいえ極めて順調…この調子でいっていただきたいですけれど、あとはとっても大好きでお会いできない日々が続いてさみしく心配ですけれどもひそやかにご無事をお祈りしているあのかたも順調にいってくださることを願うばかりです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2018年02月22日

鋼鉄のモノローグ

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□ふたりモノローグ(3)
■ツナミノユウさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『STARTING GATE!』と同じものとなります。
こちらは実写ドラマ化されたといいます。

内容としましては、対照的なタイプに見えるお二人の関係を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもひなたさんとみかげさんのお二人の学校生活を中心とした日常が描かれていき、相変わらず会話がかみ合っておらずお互いの想いがすれ違い続けるさまをかなりハイテンションに描いていきます。
特にひなたさんのみかげさんへの想いは危険水域に達しており、お祭りの際には絶命するに至りました…その後の皆さんの会話からも、やはりあそこで本当に一度死んだっぽい…(何)

その様なこの巻では、お二人が過去にすれ違うきっかけを作ったとおっしゃる、田中弘美さんという長い黒髪をした風紀委員のかたが登場しました。
このかたもこのかたでどこかおかしく、そしてお二人が自分のことに気付いている前提で話しているのですけれど、お二人は彼女のことに気付かない…。
また、由依さんが洸さんに惹かれていっているご様子で…?
…今日の日誌のタイトルは例によって巻末収録の謎のおまけ漫画から…。

イラストは悪くありません。
百合的にはメインのお二人などなかなか悪くありません。
ということで、こちらはとにかくハイテンションでおバカな、笑えるという意味でとても面白い作品…浴衣姿のみかげさんを見た際のひなたさんの反応には笑わされてしまいました(何)


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらもなかなか…?
□将来的に死んでくれ(3)
■長門知大さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。
…上の作品同様に何やらハイテンションなおバカさを感じさせる作品、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、高校生の女の子お二人の日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、やはり説明が以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では夏休みから2学期にかけてのお二人を中心としたかたがたの様子が描かれていき、俊さんの兄が登場したりします…兄は基本的には好人物なのでしょうけれど、以前観ている『ひなろじ』のリオンさんの父親あたりと同様に当事者からすると煩わしく感じる気持ちも解ります(何)

お二人の関係は相変わらずで、やはりとにかく俊さんが暴走しがちで、そのあたりのノリはやはり上の作品に通じるハイテンションなおバカさを感じさせ笑わせられます。
その様な中、2学期を迎えたある日小槙さんが微熱を出して保健室へ行くことになり俊さんもそれに付き添うのですけれど、眠った小槙さんに俊さんは…この巻はそこで終わりますけれど、次巻予告によると小槙さんは起きていたっぽく、果たして…?

イラストは悪くありません。
百合的にはやはり俊さんの小槙さんへの想いが、です。
ということで、こちらはなかなか気になるところで終わっており、次巻は7月9日発売予定らしいので引き続き見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
九一式徹甲弾、25mm3連装機銃、12mm単装機銃、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→どうしようもない場所逸走任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成三隈さん小破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○損害:なし
-----
…ろ号作戦も完了しましたので1-5への3回出撃任務実施しておきます。

イベントのほうは昨日の21:30に海域その5以降が開放予定と運営電文で告知がありましたので、昨日少しやってみようかなと思ったものの、いつも通り(?)延長となって何とまだ終わっていませんでしたので、今日から実施することに…ここまでかなり順調にきていますので、このまま最後までいきたいところですが…。
ただ、イベントの後半は開放されていなかったものの、瑞鳳さんに改二仕様がきていました?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は11個めのダンジョンへの探索ですけれど、このダンジョンは通路などは真っ暗になってしまっていて、部屋の状況が見づらくなっています。
ですので部屋へ一歩入る→直線距離で待ち構えていた遠距離即死攻撃のできる敵がそれを放ってきて即死、という理不尽に近い攻撃を受けてしまうことがあり、昨日はそれで1回即死させられました。
世界樹の葉で復活できるとはいえ、料理効果が消滅してしまいますので、戦闘不能が発生した場合基本的にそこで探索終了、脱出としていますので、悲しい…同種のものとして、部屋へ入った瞬間複数回攻撃が放たれる→部屋には先頭のかたお一人しか入っていないので全攻撃集中、というものもあり、つらい…。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想