2017年11月18日

poco a poco 少女と音楽と秘密の花園

先日読みましたコミックの感想です。
1冊完結…
□poco a poco 少女と音楽と秘密の花園
■ヒマワリソウヤさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できると教えていただけたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『さくら文通』を描かれたかたとなります。

内容としましては、音楽な学校に通う女の子たちを描いたお話、となるでしょうか。
お話の舞台は私立ムーサ芸術学院という芸術家の卵たちが集う全寮制の学校、お話の主人公はそこの中等科女子部に入学をした吉野美琴さんという女の子…明るく元気なごくごく普通の、ヴァイオリン奏者を目指している子となるでしょうか。
その彼女、学生寮で同室となったかたが弾くヴァイオリンに聴き惚れて…?

その同室となったのは春日井小夜音さんという、長い黒髪にクールな雰囲気をした女の子…美琴さんが聴き惚れるヴァイオリンの実力があるのですけれど、姉が学校でもかなり有名な奏者でありそれを気にしてしまっていることもあり学校ではヴィオラを弾くことになります。

学校で行われるアンサンブルの授業では4人のかたがグループになって演奏をすることになり、お二人も一緒のグループになれました。
残りのお二人はヴァイオリンで結構はっきりものを言う印象のある桐ケ谷舞さんとチェロでおっとりした印象の白妙聖良さん…この4人で、成績優秀なグループが出られるという芸術祭を目指すことになるのですけれど…?

その様な今作、ずっと聴いていたいと思える様な素晴らしい音楽を聴いていると獣耳が生える、という少し不思議な設定があり…?
…ですので今作と同時に新刊を購入し以前第1巻を読んでいる『みみみっくす!』あたりを一緒に読もうかとも考えたのですが…(何)

お話のほうは、その様な学校での生活を描いたお話…。
音楽学校を舞台にした百合なお話といえば以前読みました『月と世界とエトワール』や以前読みました『悪戯ちょうちょ』、そして以前完全版をしていて以前コミカライズ版を読んでいる『ソルフェージュ』あたりが思い浮かびますけれど、今作も音楽学校という場所を舞台にしたお話としても百合なお話としてもよきものとなっており、音楽学校と百合というのは相性がよいのかもしれません?
今作は最初はばらばらでした4人がよい演奏を奏でていくまでのさまを描きつつ、美琴さんと小夜音さんのお二人の関係も描いていて、後者は美琴さんの想いがはっきりしないままに終わってしまいましたけれど、それでも正統派な百合作品としてよきものといえます。
そう、今作はこの1冊で完結となってしまっています…お話としてはきれいに終わっていますので、よいといえばよいのですけれど…?

イラストは悪くありません。
百合的には美琴さんへ対する小夜音さんの想いなど、なかなかよきものです。
ということで、こちらは少し懐かしい作者さまの作品…このかたの百合な作品がまた読めたというのは嬉しいことです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm連装機銃、15cm3連装副砲、失敗、彗星
-----
【輸送船3撃沈・空母3撃沈任務】
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船2空母3撃沈・空母撃沈任務のみ達成
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐東進→分岐南下→輸送船エリア到達・輸送船2撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…昨日は長いメンテナンス時間が予想されたため、日々の任務は朝のうちに終わらせてみます。
輸送船撃沈任務について、昨日は空母3撃沈任務も発動していましたので、それも兼ねて潜水艦隊による出撃を実施…幸いそれだけで任務を終えられました。

そのメンテナンス終了予定時間は22時だったのですけれど、どうも『艦これ』のイベント前メンテナンスは予定通りに終わった記憶がなくって、今回もまた0時までかかってしまい、しかもその後メンテナンス終了の告知があってからも全然ページが開きませんでした。
結局ページが開いたのは0:25くらいになってしまい、そうなるともう演習を実施して終了、ということに…ところが演習でレベル95の山城さん単艦と戦ったのに経験値が一桁という謎の事象が…。

その様な状態でしたのでイベントはもちろん今日からということになりますけれど、運営電文によると謎の新たな陣形や艦隊、対潜支援艦隊と新しいものがかなり多くて使いこなせるか不安…特に対潜支援艦隊というものが不安で、つまりそういうものが必要なほど的潜水艦の跳梁が激しくなる、ということなのでは…?
また、海域その2を突破すると海防艦の佐渡さんが加わってくださるとのことですが、同時に海域その2では対馬さん、その3では伊400さんがドロップ限定でいらっしゃるとのこと…ドロップ限定、というのは本当につらくて見つけられるか不安になるのですけれど、だからこそ海域その2以降はもう難易度を丙にしてしまいそれらのかたのお迎えを確実にしようと思います?
ただ、その1には新しいかたはいませんので、難易度は上げてもよいのかも…もちろん、難しさ次第ですが…?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は2つめのダンジョンを踏破…ここの最下層にはボスがおり、今作は1ターンに一歩しか進めないのにそのボスは一気に5マス程度あちこちへ移動してしまい、魔法攻撃なアサミーナさん以外のかたがたがほとんど攻撃できません。
ただ、そのアサミーナさんの魔法による麻痺が結構効いたりして撃破自体はそう問題なく終了…すみれさんと里緒菜さんは遠距離攻撃できたのでしたっけ、と戦闘終了後に気付いたり…(何)

ひとまずそこから新たなダンジョンは出現せず、クエストをこなしましょうとなりましたので昨日はそこまでとしのんびり…。
ダンジョンのほうはレベルと装備をしっかり整えておけば今のところは大丈夫な印象で、やはりあさかなやすみりおで歩き回れるのは楽しくよいものです。
ただ、今作の文章にやや違和感があるというか、基本的に文章は以前している『世界樹の迷宮5』の様な独特な言い回しなものながら、どうも文章が安定していないというか…?
…ともあれ、昨日は『艦これ』のメンテナンスが長引いたためにこちらも実施できたものの、今日からは『艦これ』のイベントに注力しそうですので、こちらはしばし休止になりそう、です?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月17日

大好きな、貴女と一緒のアパート生活。

先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○まめコーデ(3)
○2DK、Gペン、目覚まし時計。(6)
○私に天使が舞い降りた!(2)
○みみみっくす!(2)
○たとえとどかぬ糸だとしても(2)
○poco a poco 少女と音楽と秘密の花園
○ロク+イチ暮らし
-----
…今回は全てコミックとなります。

『まめコーデ』から『たとえとどかぬ糸だとしても』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

その他の作品、『poco a poco』は百合が期待できると教えていただけたことから、『ロク+イチ暮らし』は百合が期待できることから購入をしたものとなります。
…今日の日誌のタイトルは『ロク+イチ暮らし』の帯から取ってみました。

今回は『poco a poco』がとても気になりますのでまずはそれを最優先に、あとは『まめコーデ』や『Gペン』あたりから優先して読んでいきます?
4冊が百合姫コミックスの既刊なのですけれど、最終巻となるものはない模様…少しは連載作品を大切にする様になった、ということでしょうか(けれど今回の『2DK』以外の作品群を2巻で終わらせないのならばこれとかも続けてもらいたかったです)
…そう、今回は百合姫コミックスが多めなのですけれど、このレーベルは毎月18日発売が基本のはずなのに今月は16日…どうしたというのでしょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12mm単装機銃、25mm3連装機銃、失敗、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○損害・エラー発生:なし
-----
…何と水曜日の時点でろ号作戦が完了したため、もうイベントへ向けてのんびりできることになりました。
いっそ輸送船任務も放棄してもよいのでは、とも考えたり…これ、い号作戦を出すために月曜日は実施しなければなりませんけれど、他の日は南西諸島任務を実施しないのならばする意味はなく、昨日のはじめの出撃の様な展開で不快な思いをすることもなくなりますから…?

いよいよ今日からイベント発動となりますけれど、メンテナンス終了予定時間は22時…毎回やや延びてしまう印象がありますけれど、今回はどうでしょうか…。


『世界樹と不思議のダンジョン2』は2つめのダンジョンへ向かいます…ここのBGMはかなりよい感じで、このあたりは以前している『世界樹の迷宮5』同様に期待できそうです?(『世界樹』シリーズの曲は以前第3作をしている『七竜』と同じかたが作っているっぽいですし…?)
ここからは砦というものが建設可能となり、そこに待機メンバーを派遣しておくことにより探索終了後に素材を追加で得られるというのですけれど、ただ魔物が襲来してくることもあるらしく、となるとそこに派遣するかたがたも装備は整えておいたほうがよい、ということになるのでしょうか…幸い、待機メンバーもレベルは着実に上がっており、またお金は比較的貯まりやすいので念のためにそうしておきましょう。

ただこれ、砦は今後結構たくさん作ったりすることになりそうで、そのうちメンバー不足になりそう…いえ、私の物語の登場人物などを登録しているのですけれどもそれも限りがありますし、足りなくなったらときどきダンジョンでお会いする人を勧誘してしまいます、か?
…今回のクエスト実施により登録枠が15人になりましたので15ある職業全てで一通りキャラクターを作りましたけれど、眼鏡かつどう見ても男性にしか見えないアルケミストはどうにもならず、仕方ありませんので「もちづき(望月)」という名前にしておきました(何)

ということで、そのダンジョンの最下層にはボスがいる様子ながら、まずはそこには行かずにのんびりお金を貯めて装備を整えましょう。
…結構面白く感じられる様になってきましたけれど、ただ今日から『艦これ』のイベントが発動するということで、そちらに注力してこちらは中断、ということになりそう…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年11月16日

マジカルモノローグ 邪神復活編

先日読みましたコミックの感想です。
実写化しています?
□ふたりモノローグ(2)
■ツナミノユウさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『STARTING GATE!』と同じものとなります。
こちらは今期に実写ドラマが放送されているといいます。

内容としましては、対照的なタイプに見えるお二人の関係を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもひなたさんとひかげさんのお二人の学校生活を中心とした日常が描かれていき、ひなたさんのことが大好きすぎるひかげさんと、その気持ちが微妙に通じておらず色々勘違いなどをしてしまうひなたさんの関係が面白く描かれていきます。
この巻ではひかげさんがいわゆるギャルになる原因を作った先輩さんが登場したりもしますけれど、このかたはこのかたでちょっとおかしい…(何)

その様な今巻は、お二人の過去などの関係はすでに第1巻で描かれたこともあり、この巻ではひたすら距離がさらに縮まりそうでなかなかそうもいかないお二人の関係を、かなりハイテンションに描いていきます。
ひかげさん、それに由依さんがとにかく色々とんでもなく、そのあたり笑えるという意味でもやはり面白い作品といえます。
その他、巻末にはおまけとして今日の日誌のタイトルにしたものなどファンタジー風味なものなどなお話が収録…。

イラストは悪くありません。
百合的にはやはりひかげさん、そしてひかげさんを見る由依さんが色々な意味で…?
ということで、こちらはやはりものすごくテンションの高いおバカな作品…これ、実写で再現するのは相当難しいというか、滑ってしまいそうな気がしてしまうのですがどうなっているのでしょうか、そこは少し気になってしまいますかも…。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、20cm連装砲、22号対水上電探、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:5(2連続:1)
○輸送船エリア行き:8(ボス前南下:6(3連続:1)・北行き2連続:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:4
○損害:中破1
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:5
○輸送船エリア到達:6
○ボス行き:1
○損害:大破1
-----
…昨日はまた演習で昼戦勝利後、5-3でのレベル上げの際の初戦終了後にエラー発生という最低最悪の事象を発生させられうんざり、げんなり…。
演習開始前などならともかく、そのタイミングで発生させられると本当に嫌になるのでやめてください…イベントも近い中、これではイベント時に最悪の事態が発生しないか不安になります。

2-2は妙に輸送船エリア行きが多く、ただその分輸送船を撃沈できろ号作戦が進行しましたので、これはこれで問題なし…高速建造材とかいう完全無意味な場所行きにならなければ問題ないのです(ただ、ボス到達4回後にその無意味な場所行きが1回発生してしまいましたが…)

2-3も輸送船エリアへ進み続けた結果、何と昨日の時点でろ号作戦が完了してしまいました。
水曜日の時点でろ号作戦が終了するなど極めて異例のはやさで、この様なことになったのは1回だけ実施した4-2で西方海域任務を消化したとき以来2回め、というところではないでしょうか。
昨日の南西諸島任務は通常の数倍の時間を要してしまいましたけれど、その分今日からはもう南西諸島任務を実施しなくてもよくなりますので楽になります…これで満を持してイベントを迎えることができます?


ゲームのほうは『世界樹の迷宮4』がとても気になるところなのですけれど、そちらはあとのお楽しみとしておくこととし、ひとまずは予定通り『世界樹と不思議のダンジョン2』をやっていくことにしました。
こちらは非常にシビアで失敗の許されない作品になっていますので、かなり慎重に…はじめのダンジョンで整えられるだけの装備を整えてから先へ進みましょう。
そしてその先も、そのダンジョンでできることを全てしてから先へ…という流れで、慎重にのんびり進めていきます?

やはり、あさかなやすみりおによる、それにその皆さんのミニキャラが走り回るさまはよく、現状それだけでこの作品を進める活力になっています?(『世界樹の迷宮』のほうは移動中はキャラクターの姿が見えませんから…以前最終作をしている同種な移動なゲームである『ととモノ。』は移動中でもキャラクターの姿が見えるのですけれど…?)
…ただ、もうすぐ『艦これ』のイベントがはじまる予定で、そうなるとそちらに注力することになりそうです?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月15日

運動、読書、ハロウィンからお泊りまで…仲良しの秋!!!

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□あんハピ♪(8)
■琴慈さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
こちらは以前観ている様にアニメ化されまた以前読んでいる様にアンソロジーも出ている作品となります。

内容としましては、不幸な体質(?)を持った人たちを集めたクラスの様子を描いた作品、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第7巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では前巻に引き続いて体育祭のお話から…学校全体を舞台にしたビンゴゲームをすることになったのですけれど、普段とは少々違うペアでそれに挑んでいくことになります。
その過程でそのペアのかたがたがそれぞれ仲を深め協力していくさまはよきものです…椿さんの出番も増えてきましたけれど、やっぱりとてもかわいくよきかたで、少しずつ、本当に少しずつですけれど皆さんとの距離を縮めていくさまが微笑ましいものです。

幸福クラスですので多少の混乱はあったものの体育祭も無事終了、蓮さんがどうして女性に好かれるのかについての謎を解明しようとしたり読書の秋を満喫したり、瑠璃さんが杏さんのお家にお泊りをしたりします。
最後のお話では牡丹さんが毎年ボランティアをしている幼稚園のハロウィンイベントに三人で参加することになったのですけれど、そこは響さんと蓮さんにとっても縁深い場所でして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはり蓮さんに対する響さんが悪くありません。
ということで、こちらははじめの頃はそれほどでもなかったのですけれど、ここにきてかなり好きな作品になってきまして、アニメの第2期はストーリーを考えてもあってしかるべきなのですけれど、きっと期待はできないのでしょうね、ね…せめて原作を引き続き見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
悪くはないです?
□南鎌倉高校女子自転車部(10)
■松本規之さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『スケッチブック』や『ひらめきはつめちゃん』『バガタウェイ』などと同じものとなります。
こちらも過去にアニメ化した作品といいます…ということで上の作品と一緒に読んでみました(何)

内容としましては、南鎌倉高校女子自転車部の活動を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第9巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では前巻に引き続き長野県の安曇野でのロングライドの様子から…ひろみさんの自転車が壊れてしまうアクシデントもあったのですけれど、それでも何とか皆さんの応援などもあり完走することができたのでした。

そうして、久しぶりの印象のある学校へ戻ってきて三浦半島のサイクリングを行った後、先生のお話から次は沖縄県の宮古島であるという160kmを走ることになるセンチュリーライドというものに参加することになりました。
やはり以前読んでいる『ろんぐらいだぁす!』など他の自転車ものに較べて大会への参加が多い印象がありますけれど、高校生の部活ものですのでそれもまたよし…いつかの疑似空間なお話の様なものにならなければ…(何)
この巻ではその大会の序盤まで…ひろみさんは全国のベテランな女子自転車部のかたがたの誘いに乗っていきましたけれど…?

イラストは悪くありません。
百合的には特にはないかとは思いますけれど、でも登場人物は女の子ばかりですのでそのあたりは安心です?
ということで、こちらは悪くない部活もので、引き続き見守ってみましょう…いけません、かなり登場人物の把握ができていない…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、21号対空電探、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4当たり編成旗風さん大破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:1
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:4(4連続:1・ヲ級さん編成:2)
○損害:大破1
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:3(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:1
○エラー発生:1
-----
…輸送船撃沈任務は久しぶりに通商破壊艦隊のはじめの出撃で任務達成、けれど色なしのリ級さんの攻撃で一撃大破してしまうくらい旗風さんは脆いのですか…(何)
ちなみに、輸送船撃沈数を増やしたいため南西諸島任務へ移行してももう一回通商破壊艦隊を出撃させたものの、ボスへ進まされた上にヲ級さん編成と、やはりひどい展開に…。

輸送船撃沈に期待して2-3への潜水艦隊も出撃させますけれど、はじめの出撃からいきなりエラー発生という最低最悪の事象が発生…無意味な疲労もつけられてしまいますし、何ですこれ…。
それでも、2-3は比較的輸送船エリア行き多めで推移…2-2は全出撃でボス行きになりましたけれど、それはそれで…?


『よるのないくに2』は2周め、全員の親密度を最大にしたうえでイベントも終了しました。
アーナスさんのものは大切な人がさらに東に逃れていることが判明し、月の女王との戦いが終わったらそちらへ向かうとのことなのですけれど、やはり数十年が経過しているのは確からしい…一体どの様なことになっているのか…。

また、以前している前作の最後のダンジョンで数回戦っただけでアルーシェさんのレベルが50に到達、これが最大レベルとなりこれ以上は上げられなくなりました。
ですのでクリアをしてしまうことに…レベルが高まったためかボスは1周めよりも楽に感じられ、けれど結末は1周めと変化なく、やはりアルーシェさんとリリアーナさんが自分たちを犠牲にしてしまいます。

ただ、エンディングクレジット後、1周めには発生しなかったエピローグが発生、これはアルーシェさんとリリアーナさん以外のかたがたのその後が見られるものとなっていて、あっさりしすぎなストーリーを少しだけ満足させてくださる程度のものではあったでしょうか。
さらにはクエストクリア時の取得従魔ポイントが250%upというアイテムまで入手…これらは何でしょうか、全員の親密度を最大にしたり全イベントを見たので発生したのか、それとも2周めクリアだったからなのか…。
とはいえ、もうやれることは全てやった印象ですので、その様なアイテムが入手できてもさすがに3周めはいいかな、と…ですのでこれで以前1周めを終えた『よるのないくに2』は終了、ということとします。


次にプレイするゲームですけれど、この『よるのないくに2』と一緒に購入、けれど『よるのないくに2』以上に微妙な印象を受けたため放置してしまった『世界樹と不思議のダンジョン2』をもう一度やってみることとしました。
こちらは少しやってみたもののグラフィックなどが以前している『世界樹の迷宮5』よりも大幅に劣化していたりゲームシステムがシビアすぎてつらかったりしてやめてしまったのですけれど、『よるのないくに2』も当初は微妙な印象でしたながら進めていくうちに楽しくなっていきましたから、そう序盤で答えを出すのはよくないかなと…。

改めてするにあたり、パーティメンバーは以前の日誌で触れたかたがたを基本としつつ…
かなさま
…かなさまのみメディックからモンクへ変更しました。
モンクもかなさまっぽいかと言われるとやや微妙かもしれませんけれど、それでもツインテールな分メディックよりははるかにかなさまっぽいですし、それにモンクも回復スキルを持っていますので…?
また、今作は待機メンバーにも経験値が入るらしく、また防衛戦なる待機メンバーを使用する機会が生じるっぽいので、ティナさんやラティーナさんなどを登録しておきました。

ミニキャラがダンジョンを走り回る今作はその点では微笑ましいのですけれど、ただゲームシステムは恐ろしくシビアですので、それに耐えられなくなった場合は正式に放棄を決定することになりそうです。
その場合別にするゲームを考えることになるのですけれど、そういえば『世界樹の迷宮5』とともに『世界樹の迷宮4』も実は購入しており、でも先に手をつけた『5』があまりに色々完璧すぎる作品でしたので過去作に戻るのが微妙な気がして放置してしまっていたことを思い出しました。
ならば『5』をすればよいとなりますけれど、あちらはすでに3周していますので、最後の手段ということで…『4』のプレイは可能かなと、こちらの様子も見てみることにしたのでした。

『4』は残念ながら『5』とは違い声がなく、また外見も『5』ほど豊富ではなくイメージにあうものが少なかったのですけれど、それでも何とか…
アサミーナさん
…ルーンマスターのアサミーナさんと…
かなさま
…フォートレスのかなさまと…
すみれさん
…ソードマンのすみれさんと…
里緒菜さん
…スナイパーの里緒菜さん、それに…
いちごさん
…メディックのいちごさんによるパーティを組めました。
かなさまは多少表情がきついもののまずまず、里緒菜さんはなかなかよい感じ、すみれさんもそう大きく外れてはいませんけれど、アサミーナさんは微妙…とはいえ以前している無印の『七竜』のアサミーナさんと里緒菜さんほどにはイメージから大きく外れてはいませんのでまだよいでしょうか。
最後の一人はティナさんにしたかったのですけれど、どうしてもティナさんに合う外見がなくって、ですのでいちごさんになってしまいました…メディックの外見はいちごさんにするとなかなかしっくりきますから。
…里緒菜さんは私の触れた『世界樹』シリーズ3作全てでかなりよい再現率を誇っていて嬉しいところ…すみれさんは『不思議のダンジョン2』と『4』とで全く同じ職業と外見…(アサミーナさんもそうなのですけれど、髪の色が違う…)

アサミーナさんが後衛になってしまったことにより先頭がかなさまとなりましたけれど、ただ今作は『5』と違いセーブ画面等で先頭キャラクターが表示されたりはしませんのでそこまでこだわる必要はなさそうです。
前衛二人、後衛三人というややバランスの悪いパーティになってしまいましたけれど、ただ今作、職業が妙に少なくって選択肢がない…下に3つほど何かありそうな枠があり、これってもしかしてゲームを進めると新しい職業が出るとか、そういうことじゃないですよね、ね…?(『5』の様な引退や転職システムがあるならば、2周めでそれを選択しよりよい外見へ、ということもできそうですが…)

その他、『4』もBGMはさすがよきもので、グラフィックについても『5』よりはさすがに残念なものの『不思議のダンジョン2』と同等かむしろ『4』のほうがいいかもといったところ…『不思議のダンジョン2』のグラフィックやシステム画面はなぜか『5』ではなくこの(2012年の作品らしい)『4』をベースにしているのでは、という印象を受けます(何)
『不思議のダンジョン2』『4』ともに声はないのは残念なのですけれど、それは無印の『七竜』も同様でしたしそこまで悲観することではないでしょうか。
ということで、『不思議のダンジョン2』を断念、あるいはクリアした際、次にプレイするゲームが特になければ『4』をします…けれど、いけません、現状では『不思議のダンジョン2』よりも『4』のほうが楽しそうに感じられてしまっています(何)
でも、『不思議のダンジョン2』を先にすると決めたからには、無理そうと感じるかクリアするまではそちらをやってみて、『4』はその後のお楽しみにしておきましょう。
…それまでによさげなRPG系ゲームを手にする機会があれば、それはそれでよいことなのですけれど、ちょっと期待できそうにない、です?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月14日

ラビットクロニクル

先日読みましたコミックの感想です。
劇場版が…?
□ご注文はうさぎですか?(6)
■Koiさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは以前観ている様に2期にわたってアニメ化されており現在劇場版が公開されているといい、以前読んだものなどアンソロジーも出ている作品となります。

内容としましては、喫茶店で働く女の子たちを描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第5巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では秋から冬のことが描かれていき、リゼさんが将来の夢に関して家出をしてしまわれたり、あるいはチマメ隊が受験勉強をされたりと、ちょっと未来へ向けてのお話も見受けられたりし…?
また、青山さんの編集な凛さんの出番も結構多くなってきたりもして…?

その様な今巻はあとがきにもある通りラビットハウスでの出来事を中心に描いていますけれど、同時にハロウィンとクリスマスといった二つの大きなイベントを描いてもいます。
ハロウィンの際にココアさんは不思議な女のかたと出会い、クリスマスの際にはココアさんやリゼさんがお忙しいということで、千夜さんやシャロさんがラビットハウスで働くことになったりもして…?
この巻の最後のお話ではモカさんと母親の様子も見られるのですけれど、ここではちょっとした縁も明らかになったりし…。
…今日の日誌のタイトルはクリスマスのお話にあったゲームのタイトルから…。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、やはりそこはかとなくはある様な気も…?
ということで、こちらはやはり安定して微笑ましい作品といえ、続きとともに劇場版のDVDが出るのを楽しみにしましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
アンソロジーです
□ご注文はうさぎですか? ラビットハウスアンソロジー 〜coffee break〜
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.6)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、原作を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じもの…一目瞭然の理由から一緒に読んでみました(何)

内容としましては、上で原作を読んでいる『ご注文はうさぎですか?』のアンソロジーとなります。
『うさぎですか?』のアンソロジーは上で触れた『チマメ隊アンソロジー』や以前読んでいる通常ナンバリングなものがあり、今回で4冊めということになります。
きらら系な作品の中では結構な数の部類にはなりますけれど、ただいたりもします?

参加していらっしゃる作家さまで私が単行本を持っているかたとしましては、作品の掲載順に以前読んでいる『JKすぷらっしゅ!』の春雨さま、以前読んでいる『ぱぺっとこーる!』のへちまさま、以前読んでいる『寮長は料理上手』などの吉村佳さま、以前読んでいる『TCGirls』のもみのさとさま、以前読んでいる『泣き虫ストラテジー』の西巳しんさま、以前読んでいる『小学生もゆるくない。』の村上メイシさま、以前読んでいる『ななかさんの印税生活入門』などのkashmirさまがいらっしゃいました。
また、巻頭のカラーイラスを描かれたかたには以前読んでいる『さくらマイマイ』などのおしおしおさま、以前読んでいる『Free!』のGANさまがいらっしゃり、表紙イラストなどを描かれたかたには以前読んでいる『なのはViVid』の漫画担当な藤真拓哉さまや以前読んでいる『もうダメかもしれない』のかにかまさまがいらっしゃいました。

内容としましては、ということでその作品のアンソロジーとなります。
そしてタイトル通りラビットハウスを舞台にしたお話で構成されています。
はじめのモカさんのお話で心あたたまったかと思えば次のお話からはおバカなコメディが結構多くなってきたりしますけれど、総じて安定して楽しめるものになっていたかと思います。
…最後に収録のkashmirさまのお話は相変わらずといえます?

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ではありますけれど悪くありません。
百合的にはどうでしょう、お話によっては…?
ということで、今回は場所を特化したアンソロジーとなっていましたけれど、安定してよきものでしたかと思います。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12cm連装高角砲、失敗、33号対水上電探、彗星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南下:2(そのまま完全無意味なあらぬ場所行き:2)
○はじめの分岐中央:2
○はじめの分岐北上:4(2連続:1)
○ボス到達前軽空母戦:3(2連続:1)
○ボス到達:6(2連続:3)
○空母撃沈数:22
-----
【あ号作戦(1-5)】
○ボス到達:18
○エラー発生:1
○損害:大破1
-----
【北方海域任務(3-3)】
○はじめの分岐北上:6(5連続:1)
○はじめの分岐渦潮突撃:5(3連続:1・2連続:1)
○家具箱前行き:9(4連続:1・3連続:1・2連続:1)
○家具箱大行き:4(2連続:1)
○家具箱中行き:3(3連続:1)
○ボス到達:5(2連続:1・北ルート:3)
-----
…先週は輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊のはじめの出撃が壊滅的な結果となってしまい、昨日は月曜日ですのでボスへ進むのはよいことになりますのに、そういうときは当然の様に高速建造材とかいう完全無意味な場所という何ら得ることのない選択肢を、しかも連発し完全崩壊してくるのですから、月曜日の早々からうんざり、げんなりしてしまいます…。

1-4は比較的悪くない結果、1-5ではエラー発生という最低最悪の事象が発生…。
その1-5では大鷹さんに夜間戦闘機と攻撃機を搭載して熟練度を上げておきました…艦載機の熟練度はここで上げられるのでたすかります。

3-3での北方海域任務も実施するのですけれど、この数週間、ここでは何連続も延々と家具箱前行きに飛ばされる事象が繰り返されており、昨日も残念ながらはじめの出撃から案の定…ため息しか出ません。
そんなに家具箱前が大好きなのでしょうか、私は心底、そこが大嫌いで仕方ないのですが…秋刀魚が出るとしても大嫌いです。
それとも、もしかしてここの羅針盤とかいう邪悪な存在はランダムではなくってそちら寄りという設定に当初からなっています?
それでも、ボス撃破5回のうち3回が北ルートになりましたので、まだましな結果…といえてしまうのが悲しい…(9回も家具箱前に吹き飛ばされているのに)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月13日

アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio 第93回

(あ:石川 麻美さん・か:灯月 夏梛さんです)

か:もきゅもきゅ、今日も無事に放送の時間を迎えられました『アサミーナとかなさまのあさ・かなRadio』、パーソナリティは「カナカナ」こと灯月夏梛と…。

あ:最近は過ごしやすくなって夏梛ちゃんともっとたくさん色んなことしたいなって思ってます、「アサミーナ」こと石川麻美がお送りします♪

か:も、もうもう、いきなりいきなり何を何を言ってるんです…!

あ:うん、この季節って春先と並んでお昼は過ごしやすくって夜は眠りやすいから…♪

か:そ、そういうことじゃなくって、私とたくさんたくさん色んなこととか…。

あ:だって、お出かけとかもしやすいし、そう思ったんだけど…夏梛ちゃんは、嫌…?

か:べ、別に別に、嫌じゃ嫌じゃないですけど…!

あ:うふふっ、よかった…彩葉さんがとっても大好きなあのかたともお会いできましたし、今日も一緒に元気に放送しようね、夏梛ちゃん♪

か:もうもう、あのかたがご無事でいらしてくださったことは確かに確かにとってもとっても嬉しい嬉しいことですけど、元気に元気にって…私の前以外では引っ込み思案な麻美よりは私のほうが元気元気なつもりですよ?

あ:はぅっ、そ、それは…うぅ、とにかく、まずはいつもの企画からしていくね?

か:今日は麻美が話をそらしちゃいましたね…それはそうと、来月発売予定のコミックですね?

あ:うん、来月は12月ということで、本当にはやいもので今年ももう終わっちゃうんですけど、そんな来月はこんなものが出るみたい♪
-----
4日発売予定:『それが声優!(5)』
7日発売予定:『笑って!外村さん(7)』
9日発売予定:『艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(16)』
12日発売予定:『邪神ちゃんドロップキック(9)』『柚子森さん(4)』『ゆるキャン△(5)』『ほおばれ!草食女子(2)』
13日発売予定:『セントールの悩み(16)』
16日発売予定:『結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!』『ラブライブ!サンシャイン!! コミックアンソロジー(2)』『ラブライブ!サンシャイン!! 電撃コミックアンソロジー 絆編』『ラブライブ!サンシャイン!! 電撃コミックアンソロジー 合宿編』『ラブライブ!サンシャイン!! 4コマ公式アンソロジー』『出会い系サイトで妹と出会う話 -333日目-』
18日発売予定:『明日、きみに会えたら(2)』『立花館To Lieあんぐる(5)』『瞬きできない』『指先から滑り落ちるバレッタ』
20日発売予定:『ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code(4)』
21日発売予定:『ふたりべや(5)』
22日発売予定:『安達としまむら(3)』『あやかしこ(4)』『ガールズ&パンツァー リボンの武者(8)』
26日発売予定:『私は君を泣かせたい(2)』『魔法少女リリカルなのはViVid(20)』
27日発売予定:『うらら迷路帖(5)』『疾風ういんどみる!(2)』『ステラのまほう(6)』『パンでPeace!(5)』
-----
【未知数ながらきらら系第1巻作品で気になります?】
12日発売予定:『にじいろフォトグラフ』
-----
か:前回の放送まで常連常連でした、『ろこどる』とかがいませんいません…ついについに今月出るということなんでしょうか。

あ:未定になっちゃった、って可能性もないこともないけど、まずはそうだってことを信じたいかも。

か:ですです…そんな来月ですけど、きらら系は少ない少ないです?

あ:うん、ちょっと少なめで、しかも第1巻な作品も4コマのほうは見なかったことにしておきたい様なものが1つだけだったりととっても残念…4コマじゃないほうの第1巻な作品は大丈夫そうだし、それに既刊も『うらら迷路帖』や『疾風ういんどみる!』に『ゆるキャン△』だから、質は悪くないって思うよ♪

か:でしたらでしたらよかったよかったです♪

あ:他にも『邪神ちゃんドロップキック』や『私は君を泣かせたい』に『安達としまむら』『あやかしこ』『ふたりべや』とかあるから、来月も結構期待できるんじゃないかな♪

か:『ラブライブ!サンシャイン!!』のアンソロジーがたくさんたくさんあるのが目につきますけど、普段に較べて月末の作品が少なめ少なめかも…年末だからでしょうか。

あ:う〜ん、そうなのかも…あと、アニメ化した、あるいはこれからする作品の単行本も結構目立つかも。

か:えとえと、発売順に『それが声優!』『艦これ』『ゆるキャン△』『セントールの悩み』『勇者』『ラブライブ!サンシャイン!!』『ガールズ&パンツァー』『なのはViVid』『うらら迷路帖』『ステラのまほう』といったところですか…確かに確かにです。

あ:今年はアニメも色々多かったけど、来年はどうなるかな…DVDの購入したいものを諦めずに購入できる程度の量ならたすかるんだけど…。

か:そうかもです…ではでは、この企画はこのくらいですけど、次は次は何を何をします?

あ:うん、えっとね、にゲームをしてる『りりくる』っていうとってもいい百合作品の新作ドラマCDが出るんだけど、その製作にあたってCDを出してもらいたいって人からお金を募ってるみたいなの。

か:えとえと、クラウドファンディングっていうものでしたっけ?

あ:私も『りりくる』は大好きだからお金を出したいって考えてるんだけど、でもいくつかコースがあってお金をたくさん出したほうが力にもなれるし特典も多くなって、でも私のお財布事情もあるから際限なく出すことはできないから、まだちょっとどのコースにしようか迷ってるの…。

か:麻美でしたら616,196円のコースでもいけそういけそうじゃないです?

あ:ううん、お家のお金は極力使わない様にしなくちゃいけないし、可能な限り自分のお仕事での収入だけでまかなわなきゃ…『りりくる』が出ない、っていうなら考えるところだけど、もうすでに目標金額は達してるみたいだし…。

か:そうでしたか…ではでは、まずは一安心一安心なんですね。

あ:それでもできることはしたいからお金を出すのは決めてて、それにあたって現状の私がどれだけのものを予約してるかっていうのをここで把握しておこうかなって思うの。

か:あぁ、結構結構DVDとか予約予約して購入購入してますものね…これからどれだけのお金が出ていくかっていうのを見て、出せる出せるお金を検討検討するのは大切大切です。

あ:それで、今後予約するものは来期以降のアニメのDVDとかで増えるって思うけど、でもとりあえず今日時点で予約してるものっていうのは、これで全部になりそう、かな?
-----
【DVD】
○BanG Dream!(残り1巻)
○NEW GAME!!(残り4巻)
○シンデレラガールズ劇場(第2期/全3巻)
○このはな綺譚(全4巻)
○ラブライブ!サンシャイン!!(第2期/全7巻)
○ひなろじ 〜from Luck & Logic〜(全2巻)
-----
【ゲーム】
○屋上の百合霊さん 〜フルコーラス〜
○きみはねCouples 〜彼女と彼女の恋する2ヶ月ちょっと〜
○カタハネ -An' call Belle-(ヴィータさん版)
-----
【フィギュア】
○『艦隊これくしょん』より鹿島さん(※通販で確認できる予約リストから消えている…)
○『艦隊これくしょん』より鹿島さん(バレンタインver.)
○『セブンスドラゴン3』よりサムライ(彩菜さんver.)
○『セブンスドラゴン3』よりゴッドハンド(里緒菜さんver.)
○『シンデレラガールズ』より諸星きらりさん&双葉杏さん
○『シンデレラガールズ』より島村卯月さん(new generations Ver.)
○『シンデレラガールズ』より渋谷凛さん(new generations Ver.)
○『シンデレラガールズ』より渋谷凛さん(スターリースカイ・ブライト)
○『シンデレラガールズ』より本田未央さん(new generations Ver.)
○『ブレイブウィッチーズ』より雁淵ひかりさん
-----
【『フレームアームズ・ガール』関連】
○スティレットさんプラモデル(赤色ver.)
○アーキテクトさんプラモデル(色違いver.)
○白虎さんプラモデル
○スティレットさんキューポッシュ(素体ver.)
○アーキテクトさんキューポッシュ
○スティレットさんぴたぬい
-----
【その他】
※『ガレット』へ1ヶ月2,000円
※単行本購入に1ヶ月20,000円程度?
-----
か:アニメDVD以外にも結構結構あるんですね…。

あ:ゲームは全部百合な作品だね…『りりくる』やにしてる『ことのはアムリラート』と並んで思い入れが深くって大好きな、にしてる『百合霊さん』のフルボイス版が出るのが嬉しいかも♪

か:『きみはねCouples』はまだ発売日が決まらない決まらないみたいですね…大丈夫大丈夫なんでしょうか。

あ:『百合霊さん』と『カタハネ』の発売予定日が1日しか違わない、っていうのもちょっとつらいかも…。

か:何だか何だか、数少ない購入ゲームの発売日が重なる重なること、結構結構ありますね…。

あ:うん、何なのかな、運が悪いのかも…あと、今までの流れだとにしてる『FLOWERS』の冬編もヴィータさん版が出る様な気がするけど、『ことのはアムリラート』もヴィータさんで出してもらえないかな…。

か:RPG系なゲームが1つも1つもないのはさみしいさみしいですけど…フィギュアも多い多い上に、卯月さんと凛さんと未央さんってもうお二人ずつフィギュアをお迎えお迎えしてません?

あ:うん、でもこの三人は結構特別だから…凛さんはさらにもうお一人増えちゃうけど…。

か:同じ同じかたっていえば鹿島さんもお二人予約予約…してる、んです?

あ:これなんだけど、1つは通販で確認できる予約リストにないんだよね…てっきり予約してないのかなって思ったら、ちゃんと注文したってメールは残ってて…。

か:発売中止とか、そういうそういうことにでもなったんでしょうか…あとはあとは、『フレームアームズ・ガール』関連のものも結構結構多い多いです?

あ:うん、でもに観たアニメがとってもよかったし、これはしょうがないかな♪

か:ではでは、まとめると…これは、この先支出はやっぱりやっぱり多く多くなりそうじゃないです?

あ:う、うん、そうだよね、夏梛ちゃんもそう思うよね…。

か:あんまりあんまり無理はしないほうがいいんじゃないでしょうか。

あ:う、うん、こうなると、やっぱり『りりくる』は15,000円のコースにしておくのがいいかな…忘れないうちに手続きをしておくね?

か:ですです、迷って迷って時間切れになったりしたら大変大変ですし、しっかりしっかりやっておきましょう!

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん♪

か:ではでは、あとはあとはいつも通り『艦これ』の状況です?

あ:昨日の日々の任務結果はこんな感じかな?
-----
【開発】
九一式徹甲弾、失敗、失敗、紫電改二
-----
【輸送船3・5撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成・3撃沈任務達成
○潜水艦隊2-3:分岐東進→分岐南下→輸送船エリア到達・5撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
か:開発の結果はなかなかいい感じです♪

あ:でも、輸送船任務は、結局先週は1回もはじめの出撃で達成することができなかったの…。

か:残念残念です…今週は順調順調にいってくださるといいんですけど…。

あ:そんな今週の金曜日からはいよいよ秋のイベントがはじまるみたいで、舞台はレイテ沖海戦という史実上でとっても激しい、そして日本が大敗して連合艦隊が事実上壊滅した戦いをモチーフにして、しかも秋と冬のイベントで分割して実施されるっていう、何だか色々不安になるお話ばかりなんだけど、とにかく新しいかたを全員お迎えできる様にやってみるね。

か:ですです、新しいかたをお迎えお迎えするのが最優先です♪

あ:そんなイベントに挑む私の艦隊の状況、今回は艦種別でこんなところ、かな?
-----
【戦艦/航空戦艦】
○レベル99:伊勢さん・日向さん・大和さん・武蔵さん・比叡さん・榛名さん・扶桑さん・山城さん・リットリオ(イタリア)さん・長門さん・陸奥さん・アイオワさん・ウォースパイトさん
○レベル98:金剛さん
○レベル97:ビスマルクさん・ローマさん
○レベル92:ガングートさん・リシュリューさん
○レベル75:霧島さん
-----
【正規空母】
○レベル99:大鳳さん・飛龍さん・蒼龍さん・雲龍さん・天城さん・葛城さん・翔鶴さん・瑞鶴さん・サラトガさん・赤城さん・グラーフ・ツェッペリンさん
○レベル93:アーク・ロイヤルさん
○レベル90:アクィラさん
○レベル50:加賀さん
-----
【軽空母】
○レベル99:瑞鳳さん・龍鳳さん・隼鷹さん・祥鳳さん・飛鷹さん・鳳翔さん
○レベル98:龍驤さん
○レベル96:大鷹さん
○レベル75:千歳さん・千代田さん
-----
【重巡洋艦/航空巡洋艦】
○レベル99:鈴谷さん・熊野さん・利根さん・筑摩さん・足柄さん・羽黒さん・古鷹さん・高雄さん
○レベル98:三隈さん・衣笠さん・加古さん・ザラさん・青葉さん
○レベル95:プリンツ・オイゲンさん・那智さん・愛宕さん
○レベル94:ポーラさん・妙高さん
○レベル76:最上さん・摩耶さん・鳥海さん
-----
【軽巡洋艦/重雷装巡洋艦】
○レベル99:五十鈴さん・川内さん・由良さん・名取さん・阿武隈さん・鬼怒さん・夕張さん
○レベル98:木曾さん・神通さん
○レベル96:球磨さん・阿賀野さん・能代さん・矢矧さん
○レベル95:那珂さん・大淀さん
○レベル94:長良さん
○レベル82:天龍さん・龍田さん
○レベル81:多摩さん・酒匂さん
○レベル50:大井さん・北上さん
-----
【駆逐艦】
○レベル165:五月雨さん
○レベル99:夕立さん・大潮さん・初春さん・潮さん・初霜さん・叢雲さん・朝潮さん・江風さん・霞さん・荒潮さん・初雪さん・深雪さん・陽炎さん・不知火さん・曙さん・漣さん・子日さん・若葉さん・涼風さん・満潮さん・夕雲さん・長波さん・弥生さん・浜風さん・谷風さん・磯風さん・早霜さん・清霜さん・高波さん・照月さん・萩風さん・初月さん・春風さん・山風さん
○レベル98:時雨さん・綾波さん・皐月さん・如月さん・暁さん・秋月さん
○レベル97:三日月さん・舞風さん・野分さん・朝雲さん・山雲さん
○レベル95:菊月さん・長月さん
○レベル94:リベッチオさん・旗風さん
○レベル93:神風さん
○レベル92:望月さん・卯月さん
○レベル91:狭霧さん
○レベル85:睦月さん・文月さん・水無月さん・朝風さん
○レベル75:吹雪さん・白雪さん・敷波さん・黒潮さん・雪風さん・島風さん・朧さん・響さん・雷さん・電さん・白露さん・村雨さん・霰さん・初風さん・秋雲さん・巻雲さん・天津風さん・浦風さん・時津風さん・春雨さん・朝霜さん・Z1さん・Z3さん・風雲さん・海風さん・嵐さん・沖波さん・親潮さん・浦波さん・松風さん・藤波さん・天霧さん
-----
【潜水艦/潜水空母】
○レベル98:伊58さん
○レベル92:呂500さん・伊168さん・伊401さん・U-511さん
○レベル91:伊8さん・伊19さん
○レベル90:まるゆさん
○レベル88:伊26さん
○レベル86:伊13さん・伊14さん
○レベル76:伊504さん
-----
【水上機母艦】
○レベル99:秋津洲さん・瑞穂さん
○レベル97:コマンダン・テストさん
-----
【練習巡洋艦】
○レベル99:香取さん・鹿島さん
-----
【海防艦】
○レベル96:国後さん・択捉さん・占守さん
○レベル95:松輪さん
-----
【補給艦】
○レベル99:速吸さん
○レベル94:神威さん
-----
【その他】
○レベル99:大鯨さん・明石さん
○レベル86:あきつ丸さん
-----
か:レベル165って、何だか何だかとんでもないですね…。

あ:他のかたがたも、(仮)なしでレベルを99以上にできる方法があればいいんだけど…とにかく、今のところは仲間になってくださる方は全員いらっしゃるはずだよ♪

か:秋のイベントでもそれが続いて続いてくださることを願いたいものです♪

あ:うん、そうだね、夏梛ちゃん…それじゃ、今日の放送はこのくらいかな♪

か:ではでは、今日も私たちの放送、聴いてくださって本当本当にありがとうございました♪

あ:よろしければ、また来月もよろしくお願いいたします♪
posted by 桜乃 彩葉 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさかな・すみりおRadio

2017年11月12日

出会いは、戦い。

先日読みましたコミックの感想です。
完全版です
□総合タワーリシチ 完全版(上・下)
■あらた伊里さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○百合度評価:★★★★☆(4.0)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去にオリジナル版を読んでいることもあり購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ブラックリリィと白百合ちゃん』や『遠藤靖子は夜迷町に隠れてる』『ダムマンガ』と同じものとなります

内容としましては、高校生の皆さんの日常を描いた作品となるでしょうか。
と、説明が以前読んでいる同一タイトルのものと同じとなってしまいましたけれどそれもそのはず、今作はそれの完全版ということになります。
このオリジナル版は元々以前最終巻を読んでいる『つぼみ』で連載されていてそのレーベルで単行本も出たものなのですけれど、そのまんがタイムきららコミックスつぼみシリーズはその後新装版や完全版が出る機会に結構恵まれている印象…他にも以前読みました『星川銀座四丁目』などが新装版などとして出ています。

ということで今作の本編はもちろんオリジナル版と同じとなりますので、詳細な説明は省略をします。
全3巻でしたオリジナル版を上下巻に収めていますのでボリュームはなかなかのもの、そして改めて読んでみても非常に面白くまたよい百合なお話となっていて、今読んでも満足感は全く衰えません…と、文章が『星川銀座四丁目』と同じになってしまいましたけれど、全くその通りなのですから仕方ありません。
特にもう神奈さんが色々とよすぎるキャラクターで大好きで仕方ありません…もう百面相なんて表現では収まりきらない様々な形態すら面白いと同時に愛おしく…(何)
また、完全版ということで単行本に収録された全てはもちろん、その他諸々の場所で公開されたイラストなども、そして描き下ろしも収録…皆さんのその後を少しだけ見られ、それもとっても嬉しいことでした。

イラストはよきものです。
百合的にも神奈さんと悠さんをはじめよきものです。
ということで、こちらは改めて読むとやっぱり笑えるという意味も含めてとても面白いもので、こうして改めて出てくださったことも嬉しく思えるのでした。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm3連装機銃、20cm連装砲、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成青葉さん大破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:無意味なボス直行ヲ級さん編成青葉さん大破任務完全失敗
○潜水艦隊2-3:分岐北上→輸送船エリア到達・任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5への3回出撃任務】
○損害・エラー発生:なし
-----
…今週に入り輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊のはじめの出撃はかならずあらぬ方向行きにされ任務失敗になっていたのですけれど、昨日はようやく輸送船エリア到達してくださいました。
ところが、どうしてもはじめの出撃で任務完了になりたくないらしく見事に大外れ編成と遭遇、2回めの出撃はあらぬ方向とされ、結局また通商破壊艦隊は壊滅…さすがに羅針盤とかいう邪悪な存在を撲滅したい気持ちを抑えきれなくなりそうです。
しかも、この通商破壊艦隊が無意味なボス行きをされると、妙にヲ級さん編成に遭遇させられます…こちらに空母がいないので大損害を被りがちですし、やめていただけないものでしょうか(そもそもボスへ行く時点でよくないのですが)

それでも、もうすでにろ号作戦は完了しているため南西諸島任務はしなくてもよくって、そこは一安心です。


『よるのないくに2』は1000円で得た『蒼い月夜に刻は彷徨う』というダウンロードコンテンツで発生した一連のイベントをこなします。
こちらは月の女王と過去に想いを重ねた人間の女性のかたの足跡を追うものとなっていて、本編ではわずかな描写から察することしかできなかったお二人の関係をだいぶ知ることができます。
とはいえ、あくまでDLCですので、これでお二人の悲劇を知ったところで、そして蒼い月の真相と現在それを発生させているのが誰なのか予測できても、結局月の女王は倒すしかなく、結末も変わらないかとは思われますが、薄い描写が補完されて気持ちは少しすっきりしました(何)

一連の追加シナリオでは最終的には以前している前作の最後のダンジョンとなる場所で月の女王の残留思念と戦うことになるのですけれど、それとはイベント終了後もこのダンジョンへ訪れるたびに戦え、また他のボスたちも合わせるとかなりの量の経験値が得られます?
ですので、ここでレベル上げをするのもよいのですけれど、ただレベル上げをしなくてもクリアはできる…ひとまずは、まだ色々クエストが残っていますからそれらを消化します?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月11日

お菓子の国のエトランゼ

先日は…
イノセンティアさん
以前アニメを観ている『フレームアームズ・ガール』からイノセンティアさんのプラモデルを完成させることができました。
こちらはこの前に製作したフレズヴェルクさんとは一転、これまでで一番シンプル…アニメでは最後の最後で一瞬だけ登場したのですけれど、それとは色違いでしたりもします?
頭部の製作で何か既視感があったのですけれど、轟雷さんと部品が共通っぽい…轟雷さんにもツインテールや猫耳の有無の選択がありましたし…。
…今回は支柱もなく、また同じく支柱のなかった迅雷さんより足が小さかったりと、ちょっと立たせづらいかも…とっても大好きなあのかたの(原色な)イノセンティアさんを見ると、無理に立たせなくてもいいかなと思えます?(何)

これで現状持っているかたがたは全員完成…こうなるとマテリア姉妹もお迎えして全員揃えたほうがいい様な気もしなくもない、ですけれど…?
ともあれそれは置いておいて(何)、今後何人かのかたが予約済でいらっしゃる予定ですので、気長にそれを待ちましょう。


その様な先日はこの様なものを購入してきました。
-----
コミックを…
○ご注文はうさぎですか?(6)
○あんハピ♪(8)
○放課後のアルケミスト(2)
○ご注文はうさぎですか? ラビットハウスアンソロジー 〜coffee break〜
○まんが家cherry!(1)
○ふたりモノローグ(2)
○女子かう生(7)
○南鎌倉高校女子自転車部(10)
○総合タワーリシチ 完全版(上・下)
-----
…今回は全てコミックとなります。

『うさぎですか?』から『まんが家cherry!』まではおなじみといるまんがタイムきららコミックス…通常この時期に出るきらら系は大判サイズでも4コマでもないものなのですけれど、今回は『うさぎですか?』とそのアンソロジーは大判サイズとなっています。
『うさぎですか?』から『放課後のアルケミスト』までは過去に既刊を読んでいることから購入…『アルケミスト』はこの巻で完結となる模様です。
『うさぎですか?』アンソロジーは原作を読んでいることから、『まんが家cherry!』は何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。

『ふたりモノローグ』から『南鎌倉高校女子自転車部』までは過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。

『総合タワーリシチ』は過去にオリジナル版を読んでいて好きな作品ということで購入をしたものとなります。

今回は『うさぎですか?』や『あんハピ♪』といったきらら系から…といいたいところなのですけれど、『総合タワーリシチ』の完全版が気になりますので、まずはそちらを最優先にしようかなと思います?
…ただ、そろそろアサミーナさんとかなさまの放送を実施しないと…『タワーリシチ』を読んだらその次の日あたりに実施します、かも?(いつもは上旬に発売するコミックを買う前に実施しているのですけれど、今月はきらら系の発売タイミングが少しはやかった様な…/何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm単装機銃、10cm連装高角砲、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行ヲ級さん編成旗風さん大破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:0
○輸送船エリア到達:1(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:0
-----
…輸送船任務での通商破壊艦隊は期待を裏切らず、はじめの出撃で5日連続のあらぬ方向行きを見せつけてくださり、しかもヲ級さん編成を出現してくださり大損害を与えてくださったりと、もうどうしようもありません。
それでも2回めの出撃で輸送船エリアへ到達し任務を達成でき、今週の結果ではまだましなほう…と言えるのが悲しいです。

ただ、南西諸島任務移行後の潜水艦隊のはじめの出撃でめずらしく南下しての2戦ルートに乗れ、それでろ号作戦が完了したためそれで南西諸島任務は放棄することとしました。
これで残り2日はのんびりすることができます。
…えっ、海上突入任務はどうしましょう、ですか…試製35.6cm砲の改修を実施していますので、それが完成するまで待とうかなと…?(何)


『よるのないくに2』について、先日エレノアさんのお菓子の国について触れましたけれど、嫌な予感がしてもしかして…という気持ちでダウンロードコンテンツをチェックしてみました。
すると…見事にそのままなタイトルな『お菓子の国のエトランゼ』なるDLCが存在、しかも無料でしたので得ることとしました。
あともう一つ、『蒼い月夜に刻は彷徨う』なるDLCも存在、そちらは1000円だったのですけれど、そのくらいならば出してもよいかなということでそちらも得てみたのでした。
以前はあまりDLCというもののチェックはしなかったのですけれど、以前している『スパロボV』で色々得いますし、やはり今後する作品については少しはチェックしましょうか(さすがにすでに終えているゲームを改めて、とまではいきませんけれども)
…アルーシェさんの全能力が上昇する衣装も得られたのですけれど、どこからどう見ても水着で、これで行動するのはちょっと…恐ろしく違和感しかなく、どうしましょうか…。

それらをダウンロードした状態でゲームを起動するとイベントが発動、お菓子の国が見つかったというお話と何やら空から船が落ちてきたというお話が聞けます。
昨日はお菓子の国へ、エレノアさんと一緒に行ったのですけれど…これ、別にエレノアさん指定されていませんでしたし、他のかたを連れて行ってもよかったのでしょうか…。
けれどそこではエレノアさんとの会話イベントがあったりしましたし、これはこれでよかったのかなと…そこであったイベントを終えると、何と全状態異常無効化というかなり強力な装備を得られました。
…究極のチョコレートを作るための材料が得られた、とのことなのですが…それはもうすでに作ってしまっています…(何)

もう一つのDLCで出現したダンジョンへも向かってみましたけれど、こちらは彷徨える聖櫃船というダンジョンの名前や雰囲気、そしてBGMと、どうも明らかに以前している前作における最後のダンジョンっぽいです?
そこでは今作におけるこれまでに遭遇したボスとの再戦が可能になっているのですけれど、それとは別に謎の黒い影…アルーシェさんに似た、けれど別人がおり、襲い掛かってきたかと思えば去ってしまいます。
そこでのイベントは、まずはそれだけ…ただその影、ボスとの再戦にもなぜか存在、しかも相当強いのでボスよりもかなり煩わしいです(ただ、ボスを撃破すればその影は残存していても戦闘終了となります)

そこからホテルへ戻るとその影らしきものが森に出現したという話になり、イベントが継続していきます。
また、クリストフォロスさんのお話ではあの船には死者がたどり着くといい、あの影はその中でも未練に満ちた存在らしい…ほぼ確実に、月の女王とかつて想いを通じ合わせた、けれど最終的に自殺してしまったという女性なのでしょうけれど、そのあたりの過去が語られたりするのかもしれませんし、他のクエストもまだ結構残っているのですけれどもまずは見守ってみましょう。
…前作と以前1周めを終えた際に書いた今作の感想とで音楽評価を同じにしているのですけれど、実のところダンジョンのBGMは前作のほうが全体的に好みでしたりもするのですよね…今作は少し落ち着きすぎの印象があって…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般作品等購入履歴

2017年11月10日

おとめサキュバス

先日読みましたコミックの感想です。
意外とよきものでした
□おとめサキュバス(1)
■ぬっくさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、異性が苦手なサキュバスを描いた4コマ、となるでしょうか。
お話の主人公は魔界の住人でサキュバスの中でも水辺に住む種族なキュリア・ネファーシさん…長い黒髪のほんわかした雰囲気な心やさしく微笑ましいかたなのですけれど、彼女はサキュバスなのに男性が極度に苦手、しかも魔力も弱くドジっ子でネガティブ思考と結構ぼろぼろ…。
その彼女は人間界で男性の精気を瓶に詰めるという学校の課題をすることになったのですけれど、男性を見ただけで気絶してしまうというほどの苦手っぷりですので、親友さんが気を利かせて人間界の女子校に転入生として入り込める様にしてくださいました。

キュリアさんとともに人間界へやってきたのは森で暮らす種族だというルナ・ディモニさん…スタイルのよいキュリアさんに対し子供っぽいが意見ですけれどその能力はかなり高く、またしっかり者でキュリアさんの保護者的な立ち位置でもあります。
お二人は一緒にとある女子校へ編入して、そこで過ごしつつキュリアさんを少しずつ男性に慣れさせていこうとしたのですけれど、編入初日にいきなりクラスメイトお二人に正体を知られてしまいました。
  
彼女たちの正体を知ったのは王子さまキャラで生徒からの人気が高いものの実はメルヘン好きで裁縫が得意な中里涼香さん、それとちみっこで元気で本を読むのが好きな紫宮みちるさん…みちるさんは知識欲も旺盛でサキュバスの生態に興味津々で観察に入りますけれど、ただお二人とも結構すんなりお二人の正体を受け入れたうえで他の人には話すことなく仲良くなってくださいました。
その他登場人物としましては、終盤から登場した、演劇部の生徒な遠藤なるかたとして入り込んでいたサキュバスなヴェロル・アビスさん…警戒心が強くまた意地っ張りな面のあるかたで、当初はキュリアさんたちを敵視していたのですけれど、後にまずはライバルにというかたちで友達になってくださいました。

お話のほうは、ということで人間界で過ごすことになったサキュバスなかたがたの日常を描いたお話…。
その設定上この作品は大丈夫なのか、という不安があってここまで読むのを後回しにしてしまいましたけれど、少なくともこの第1巻の時点では不安としていた要素は特になく、キュリアさんがとにかく微笑ましかったりと登場人物の皆さんがよい感じでしたり、お話も楽しく微笑ましいものとなっていてよきものです。
ただ、この巻の最後で課題の経過報告義務が発生、進展などないと罰則を受けるということになってしまい、果たして…もちろん個人的には、キュリアさんには今のままでいてもらいたいのですが…。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはキュリアさんに対するルナさんなどそこはかとなく感じます?
ということで、こちらはこの先の展開に少し不安を覚えるものの、今のところはキュリアさんがとてもよいかたでしたりとかなりよい作品…続きも大丈夫と信じて見守ってみましょうか(以前読んでいる『きらりブックス迷走中!』できらりさんがきらら系(きらり系)に男性キャラは不要、と強く言っていますし/何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、3連装魚雷、失敗、零戦32型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務完全失敗
○特設艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○特設艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:5(4連続:1)
○輸送船エリア行き:4(ボス前南下:2・北ルート2連続:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:2
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:3
○輸送船エリア到達:1
○ボス行き:3
○損害:小破2
-----
…演習で勝利後にエラー発生という最低最悪の事象がまた発生…減っている艦載機の補充すらできないという、ものすごくどうしようもない状態に陥ってため息しか出なくなってしまいますので、やめてください…。

任務ではようやくF6F-3の改修値を最大にでき、これを搭載した状態で大量の電探を廃棄する任務を実施、大量の資源や開発資材蒸発と引き換えに…
夜間戦闘機?
…夜間作戦型艦上戦闘機なるこれまで持っていなかった機種が得られましたけれど、これはどう運用するものなのでしたっけ…。

ともかくそれでようやく大量の改修資材を消費する任務も一段落、かと思いきやいつぞやの水上戦闘機改修任務の如く、新しい改修任務が、しかも2つも出現してしまいました。
1つはF6F-5なる私の手元には存在すらしていない機種を使用するということですのでどうすることもできず放置確定任務なわけですけれど、もう一つはTBFを搭載した状態でさっきと同じことをし、やはり同等の資源や改修資材を蒸発させよという悲しい任務…。
ただ、こちらはその機体の練度や改修値をmaxにしなくてもよく、資源と引き換えにしてすぐに実施…
夜間攻撃機?
…夜間作戦型艦上攻撃機なるやはりこれまで(以下略)
この一連の任務で10000程度のボーキサイトと20以上の改修資材が蒸発…改修資材はF6F-3の改修の時点で60以上蒸発していますし、ちょっと非情すぎませんか、これ…。

輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊のはじめの出撃があらぬ場所行きになり輸送船を1も撃沈できない、という事象が今週に入り漏れなく出てしまいどうしても悪い周期から抜けることができません。
しかも昨日はひたすらはじめの分岐で北上させられては高速建造材とかいう完全無意味な場所へ吹き飛ばされ続けるという、本当にどうしようもない展開を見せ続けられるのでした。

南西諸島任務へ移行してもはじめの分岐での北上という百害あって一利もない事象は続き、輸送船任務とあわせて8連続でそれを見せつけられ、とどめとばかりに高速建造材とかいう完全無意味な場所行きも発生…11連続とか平気でここはそれをされるわけですけれど逆にはじめの分岐で延々ボス前行きというのはほとんど見たことがなく、このはじめの分岐というのは北行きのほうが確率が高い、という結論を下してよいのですね、ね?
どうしてここまで人の嫌がることを平気でし続けるのか理解できず、本当に羅針盤とかいう邪悪な存在怒りや憎しみが湧いてきてしまいます…日々の任務くらいもう少し心安らかに実施させていただけないものなのでしょうか、これ…。


『よるのないくに2』は2周め、1周めでは見られなかったミュベールさんとエレノアさんのイベントを最後まで全て見ることができました。
ところが、エレノアさんのイベント完了の際、彼女の専用アイテムに関する会話でアルーシェさんが「お菓子の国で見つけた」という台詞を、しかも字幕にはないのに声だけ発しました。
エレノアさんは過去にお菓子の国を探しているとおっしゃっていましたけれど、結局それは最後まで出なかった上にそのアルーシェさんの、字幕にはなくって声だけに残された台詞…これ、本来お菓子の国を出す予定が結局なくなって、けれど声の収録の台本には残ってしまっていたとか、そういうことなのでしょうか…。
何だか非常に残念な感じ…むぅ。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想

2017年11月09日

いつか私は、君を裏切る

先日は…
フレズヴェルクさん
以前アニメを観ている『フレームアームズ・ガール』からフレズヴェルクさんを完成させることができました。
こちらはバーゼラルドさん以上の重装備ということで、その装備の組み立てのほうが大変でしたけれど、その甲斐のあるとっても重厚でかっこいい感じになりました。
アニメでは少々いわゆるアホの子の印象のあった彼女ですけれど、このプラモデルのパッケージや本体の表情などの雰囲気はむしろクールな印象を受けます?

これであとは、イノセンティアさんを組み立てるのみに…彼女は(マテリア姉妹同様に?)素体のみっぽいので、さすがにフレズヴェルクさんほど大変ではなさそう、です?


では、先日読みましたコミックの感想です。
かなり重苦しいかも…?
□いつか私は、君を裏切る(2)
■桜井瑞希さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.8)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.6)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。

内容としましては、学校で起こる謎を解いていくかたがたを描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では前巻の続きとして初恋さんが愛衣孤さんへ対しかなりきついことを言ってしまわれる顛末から…愛衣孤さんの過去も少し垣間見れますけれど、あの様なことを面と向かって言われれば当然普通は色々思い悩んでしまわれるわけで、彼女も当然そうなってしまいます。
その様な中で唐突にクラスの生徒のかたから色々な意味での告白をされ、前巻から続いていた事件の解決編へと…初恋さんとの関係も破綻はせず、むしろ進展しました?

一つの事件が終わり、お話は文化祭へ…演劇で初恋さんがシンデレラをすることとなり愛衣孤さんが王子をすることになる、なんてことになるのですけれど、何やらいかにも胡散臭いといった雰囲気の生徒会長さんが何かを画策している様にも見え…?
そしてその様な中、初恋さんの幼馴染でありまた愛衣孤さんとも知り合いだったという唖莉叢夂枷というかたがこの学校へ編入するといって現れ、友達などいらないと言っていた初恋さんも彼女に対しては親しげな様子を見せていました。
そのお二人、そうでなくても少しずつクラスになじみつつある初恋さんを見て愛衣孤さんはそれでよいとは思いつつも同時に複雑な想いに駆られるのですけれど、そのとき不意に大きな事件へ発展しそうなことが起き…?
この巻はその、明らかにこれまでとは一線を画しそうな事件になりそうな描写で終わりますけれど、今作と同様にミステリ要素があり以前最終作をしている『FLOWERS』の譲葉さん殴打事件も結構うやむやになったりもしましたし、果たして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはメインのお二人以外のかたがたもなかなかよきものとなっています。
ということで、こちらは第1巻の感想で「重いことは重いもののそこまで壊滅的に暗い作品ではなく」と書いたのですが結構壊滅的に暗い様な…それでも百合的に高めでしたりと悪くないものですし、引き続き見守ってみましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12cm単装砲、12cm単装砲、失敗、零戦52型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:無意味なボス直行ヲ級さん編成青葉さん大破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船4編成衣笠さん中破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:3
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:1
○ボス到達:4(2連続:1・ヲ級さん編成:2(2連続:1))
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:4
○輸送船エリア到達:3
○ボス行き:1
-----
…今週に入りかなり悪い周期に入ったらしく、通商破壊艦隊のはじめの出撃がずっとあらぬ方向行きになってしまっています…先日まではそのまま2回めも壊滅してしまったものの、昨日は輸送船エリアへ到達できたので、まだましといえばそうですが…?

2-2ではその通商破壊艦隊がボスへ流された際も含め、ボス到達時に3連続でヲ級さん編成を出現させられ損害が大きくなり、それにやっぱり高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを抑えることができず、とっても残念…。


『よるのないくに2』は2周め、第7章の妖魔ヴァルデロッサとの戦いまで進みましたけれど、ここで今までしてみたかったことをしてみます。
それはアリスさんを武器化した際に敵の遠距離攻撃を跳ね返すことができる、ということ…この妖魔はある程度ダメージを与えると天井へ昇ってしまいそこから遠距離攻撃をしてきてこちらからの手出しはできず、稀に近づいてくることがあるのでその際にダメージを与える、という流れなわけですけれど、その遠距離攻撃をはじけるかどうかというわけです。
実際にやってみると確かにはじき返してダメージを与えることができます…さらに武器化したアリスさんはビームを放って遠距離攻撃ができますので、この戦いではかなり有用といえます?(有用でなくてもアリスさんは非常にかわいいので固定メンバーですが/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想